「生存」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生存とは

2018-04-18

anond:20180418214251

下げはいくらでもあってその最たるものが逃げたいけど生存自体が終わる恐怖(実際にはまずは逃げ出せばなんとかなることも多いがそう思わせない)で縛るブラック企業

上げがブラック企業以外でも激レア過ぎて頑張れない人ばかりになっている

2018-04-17

以前の暇な女子大生はどこに行ったの?

暇な女子大生と言えば今や高学歴ちんぽの食べログだけど

その前に別の暇な女子大生いたよね?グルメレポしたりナンパしたり漫画描いてた

と思ったらちゃん生存してた

よかった

どの世代だってサバイバー生存バイアスは酷い

氷河期世代のヤバさはサバイバー以外はとっくにくたばってるか

ろくに声もあげられないぐらいすり潰されてるのでサバイバーけが目立つ

2018-04-16

小説家になろうお気に入りリスト

ブックマークからお気に入りのものを。誤字脱字や「せざる"お"えない」みたいなのが目についたり、一人称視点変更の多さが気になる作品もあるが、とりあえず目をつぶっている。

完結済み

2126年 状態生存

SFポストアポカリプス人類が滅びたと思われる近未来で、コールドスリープから目覚めた主人公は生き残りを探す。あらすじ、前書き、後書き、のテキストがすごく好き。

あなた未来を許さな

異能力バトル。ちょいSF能力バトルものだけど、いろいろあって主人公だけは特殊能力なし。フィールド主人公に有利気味とか終盤の展開が読めちゃうとかあるけど、主人公の戦い方が好きなので。

「「神と呼ばれ、魔王と呼ばれても」」

SF群像劇。超越者となった旧人類の生き残りが、進化していく新人類を観察する話。ちょっと中二感ある主人公惑星連盟あたりは時間の設定がちょっと気になる。

私は戦うダンジョンマスター

異世界転移ダンジョン運営ダンジョンマスターになった女子高生が頑張る話。ダンジョンマスターなのに貧乏で何も作れないので自分で戦うところからスタート異世界人には容赦しないタイプ主人公

伝説シャベル

異世界転移砂漠のような場所転移した主人公漂流しつつ、世界の謎にせまる話。中盤まで誰とも出会わない。途中からずっと穴掘りしてる。

ホームレス二人旅

異世界転移ホームレスの二人が飛ばされた異世界でお手伝いしたり。二人がかかわる事件の設定が面白い。この人ホームレスっていうかサババリストですよねという気持ちもある。

迷宮惑星

SF12個の迷宮を持つ惑星。全ての迷宮共通の敵対生物が存在している。それぞれの迷宮でのそれぞれの物語オムニバス。章ごとのジャンルバラバラ

原初の地

異世界転移。完結マークないけど話は終わっている。主人公転移した森のなかで一人で生き抜き、人間痕跡を探す。

終焉世界

異世界転移クラス集団転移。だけど、転移先は滅ぶ寸前。破滅へと進む世界でのお話。全体的に暗い。

予言経済学 ~巫女姫と転生商人異世界災害対策

異世界転生。いわゆる知識チートもの。商会のために奔走したり、魔法科学したり。主人公自分には知識はあるけど技術がないので、助けてくれる人がいないと何もできないという認識の人。

サラリーマンの不死戯なダンジョン

異世界転移。デスゲーム。死に戻り。スキルシステムあり。とテンプレを揃えながらもとてもシビアなデスゲームの話。途中まで一人。同作者の作品は他にも読んでいるけど基本的にどれも好き。

暗殺100人できるかな

ファンタジー。超凄腕暗殺者の主人公敵対勢力の街で100人殺してこいという依頼を受けて、殺人を繰り返す話。

更新止まってるやつ

迷宮の歩き方

異世界転移? 迷宮の最奥からスタート。途中まで一人。主人公どんどんボロボロになっていく。主人公特に強いわけでもないので逃走と策で戦うことが多い。

異世界遭難日誌

異世界転移SF異世界へ行く技術のある世界ファンタジー世界の森で生き抜く話。基本的にずっと一人。病気にかかるし怪我もする。いいところで更新停止してしまった。

連載中(更新してる)

その無限の先へ

異世界転生。ダンジョン攻略ものHPとかスキルとかある。主人公あんまり強くない。風呂敷すごい広げてるけど大丈夫なのかなとちょっと心配

いらないスキル買い取ります 【連載版】

ファンタジー。なろうによくあるスキルのある世界で、スキルを売買できるスキルをもった商人の話。一話完結もの

獣の見た夢 -父親殺しの転生綺行-

異世界転生。チートとかスキルとかない。魔法はある。ファンタジー主人公基本的に卑屈。

僕は御茶ノ水勤務のサラリーマン新宿転職の話をしたら、渋谷で探索者をすることになった。

異世界転移舞台東京スキルはある。現代銃火器を持つ人物もいる。東京に住んでる人は舞台光景想像やすい。渋谷スタバ冒険者ギルド出張所。

異世界薬局』『異世界居酒屋「のぶ」』とかもそこそこ好き。

2018-04-14

anond:20180414171611

自爆営業が出来るほど忠実な犬コロに効率的作戦考えてやれば最高じゃん?

そして作戦を考えるのは経営者仕事サラリーマン資質とは関係ない

いや、言いたい事はわかるよ。「サラリーマン自身もっといい作戦を考えろよ」っていいたいんでしょ

ところが兵卒自主的判断をさせると往々にして戦線崩壊するんだよ。生死がかかってるとどうしても自分生存が最優先になって大局的な判断なんて出来ないもん。

2018-04-12

ポッド達は再起動する事を期待して、3人のパーツ群を再構成していますが、そもそも再起動するとは限りません。

朗読劇の配布版台本のように。

A2の最後の姿は、長髪で再構成されたのかも知れませんが、長い年月が経っても起動しなかった、もしくは、起動したくなかった結果かも知れません。

無事に再起動出来たとしても、バンカーやデボルポポルを失った中、ヨルハ機体の高いメンテナンスコストをどうするのか。過去のA2のように、メンテナンスコストを跳ね返すような、強烈な生存意識が生まれるのか。

人類が既にいないという事実に対して、存在意義アイデンティティを維持できるのか。ゲーム本編の9Sのように自暴自棄にならないか

パスカル選択肢真珠湾降下作戦以降のA2やアネモネのように、生きているが故に、苦しまなければならないかも知れません。

と、

将来に対して、ネガティブ想像は、かのように色々と出来てしまます

それでも、

先々の事は今は分からないけれども、

生きてさえいれば、明るい未来を獲得出来るかも知れない。

あれだけ荒んでいたA2が、他者との触れ合いの結果として、Cエンドの最後世界の美しさを再認識したように、

そういう希望(厳しい面はあるが…)を提示しているので、ハッピーとまでは言えないまでも、良い余韻を残すエンディングだったと思います

2018-04-09

機械室で働いて(略)から日常の話と私信

 この記事過去つの記事を前提としていることを、最初お断りしておく。

https://anond.hatelabo.jp/20170315161240

https://anond.hatelabo.jp/20180403003916

 うつの揺り戻しの勢いで後日談投稿した後、自分で読み返して「これ書いた人相当病んでるな」と他人事のように引いてしまった。

 可哀想な元派遣社員が身も心もすり潰されて不幸のドン底にいる、という筋書きの方が読み物としては面白いのだろうが、実際はそうでもないので、もう一つの後日談を綴っておく。「同情や心配して損した!」と思って頂ければ幸いである。





 仕事を辞め、諸々の手続きを終えて少し経った頃、タンポポを堀りに行った。

 子供の頃使っていた植物図鑑を見つけたのだ。野草を使った遊びが色々書かれており、ほとんどは試したことがあるのだが、大きな刃物を使うもの、食べるものは母が許してくれなかった。

 で、そこに書かれていた「タンポポの根のコーヒー」を大人の力で作ってみようと思い立ち、近所の土手でタンポポを探した。長い根を掘り出して、洗って晒して刻んで炒って煮出す、二日がかりの大仕事である

 手間暇かけてようやく出来上がった飲み物は、格別に美味しいわけではないが、喫茶店で「そういうブレンドです」と言われれば納得するような、中途半端な味がした。いっそまずい方が、ネタ的に美味しかった。

 この話を友人にしたところ、「そんなにお金に困ってるの?」と心配された。好奇心ゆえとの主張も空しく、彼女から誕生日プレゼントとしてコーヒーチケットを頂戴した。

 同じ野草を食す行為でも、「山菜狩りに行きました」「自分で摘んできて七草粥を炊きました」はSNSイイネを集めたというのに。美しい言葉には、現実を捻じ曲げる力がある。

 粥に使ったお米は、親戚の田植えを手伝ったお礼として貰ったものだ。

 手伝いと言っても、PC仕事しか携わったことのない私の貢献度は、その辺で虫取り網を振っていた子供たちと大差なかったと思われる。だがお婆ちゃんは「遠いところを来てくれただけで嬉しい」と、後日お米を送ってくれた。

 親戚の家の最寄り駅までは、着替えと文庫本を鞄に詰めて、特急料金の掛からない電車を乗り継いで行った。

 大学生の頃、そうした小旅行を何度かした。本を読みながら電車に揺られ、行ける所まで行って、適当な店で夜を明かす。知らない街を少し見て回って、また本を読みながら帰ってくる。あれは結構しかった。

 貧乏旅行は年を取ると辛いというのが一般的見解だろうが、今の私は完全インドアだった学生時代よりも体力がある。

 働き始めてすぐの頃、背中が痛むようになった。病院で「体の前面の筋力不足で背面にばかり負担がかかっている」と指摘され、ジム通いとジョギングを始めた。

 以前は多くて週二回だった運動が、最近は三回に増えている。体組成計の表示はもちろん、筋肉が補修材を欲するらしく、味覚まで変わってしまった。豆腐や卵がすごく美味しい。こういう時は肉を食べたがるのが普通じゃないか、とは思うのだが、安上りなので助かっている。

 先日、桜吹雪の中を走るのは気持ちいいに違いないと思って川沿いのコースを選んだら、花びらと同じくらい大量のトビケラが舞っていて閉口した。文字通り、という納得と、しょうもねぇ、というツッコミ交錯して、一人でフフッと笑ってしまった。



 今の私は、結構いいご身分だ。

 この調子なら仕事も出来そうな気がして、求職活動に挑戦する度に泣いたりゲロ吐いたりするものの、生活自体は概ね楽しい



 比較的元気だった、二年前の自分へ。

 あなたの「頑張れば必ず良くなる」は、視野狭窄思考停止だ。「雇用主はそんなに悪い人じゃない」も同様である。そう考えているのは既に危険兆候なので、転職先を探すか、休職視野に入れた方がいい。

 嫌だと思ったら、それは表明しておくこと。この人は多少薄暗くても嫌がらない、周囲がうるさくても集中出来る、汚れた場所なら掃除をする。そうした自他から評価の積み重ねは、あなた労働環境改善するどころか、より暗く、うるさく、汚い場所へ連れて行く。

 なるべく早く、我慢をしている自覚を持って欲しい。

 それが出来ずにブッ壊れた、一年前の自分へ。

 安心して逃げていい。収入はないし夢見は悪いし、揺り戻しで病んだ文章を垂れ流す夜もあるが、一年後も生きている。

 逃げるタイミング判断を誤ったのは自分のくせに悲劇主人公気取ってバカじゃねーの?とか、そういう自責全然要らない。ズタボロのメンタル自分トドメを刺すのはやめろ。自己憐憫も陶酔も、心の麻酔としてはすごく効くから、痛みが引くまでは好きに使え。中毒廃人化の危険を伴うのは体の麻酔と同じだから、そこだけは気を付けような。

 過去二件のエントリに、うっかり共感を覚えてしまった人へ。

 まだどうにかなりそうなら、上記を参考にして欲しい。

 自殺を考えるほど追い詰められている場合別に死んでもいいと思う。「生きてて良かった」は文字通りの生存バイアスに過ぎない。

 ただ、私は「この世から消えたい」という感情ピークに文章を書く作業で手が塞がっていたため、なんとなく死に損なった。結果、なんとなく生きている。

 そういう風に、死ぬことは確定だが今は保留にしておく、という選択肢もあることは覚えておいて欲しい。私は近々好きな作家新刊が出るし、友人の誕生日も祝いたいので、少なくともその間は保留だ。たぶん自ら死ぬより先に、事故病気寿命死ぬ

 最初記事に温かいコメントを寄せてくださった方へ。

 当時の私は、「死にたくない」と「消えたい」の間でグラグラしていた。今でもよくする。生き延びて良かったのか怪しいとも思っている。

 それでもやり直しの利く方を選び続けて来られたのは、あなたのお陰だ。厚くお礼を申し上げたい。

 一週間前の自分へ。

 いいから早く寝ろ。もう少し暖かくなったらザリガニ釣りに行くんだろうが。



 野草食ったりザリガニ釣ったり、心の病とは別の意味可哀想心配されるかも知れないが、私自身は割と楽しい。さすがに用水路で釣ったザリガニを食べる勇気はない。

 躁鬱の波をやり過ごしながら、伸びきったゴムみたいな日常を、なんとなく生きている。

キモカネおっさんは年上ブルジョア女性を狙うべきでは

瀬戸内寂聴細木数子系統女性ならキモカネおっさんが仮に40歳でも充分若い男だから食べさせてくれるんじゃない?

とりあえず、「俺達は弱者に女をあてがえ」「女は男を養え」と空に向かって叫ぶよりまず母ちゃんの年齢こえたブルジョア女性特攻してみようや。

その方が生存率はあがるで。

容姿にも学も才にも見放された弱者女性は生きるためなら自分の父より年上、何なら爺さんに近い男性にも特攻するよ。

KKO代弁者の皆様もKKO生存戦略として弱者女性処世術を教えてあげればよいのでは?

2018-04-08

starcraft2での兵士救助

スタクラ2の兵士を救助するミッションってどれも今ひとつですね。

救助した後はそのまま自軍一般兵に紛れてしまって、生存しても戦死しても関係なくなるからまり達成感がありません。

工画堂スタジオシミュレーションのような、兵士を救助しどこそこまで護衛せよ何割は生存させること とかの方が好き。

でも、スタクラ2では宇宙船を護衛するミッション面白かった。

[]

状況

被害は表裏とも「なし」。

季節外れな寒波襲来ですね

 活動報告

家の軒先に目標発見

埠頭を投げつけたかったけど私有地・・・ってわけには

行かないので、見せつけるように公道に!!

旅に出るので、改善努力は当面休止。

 成果について

妻が(割と美人って言われます

最近声を聞かない。発情期なのにね」

って言ってた。

 蓋し至言なこと

GLAYの曲の歌詞に「路地裏の片隅で、したたかに生まれ生きてく子〇の様に」って

フレーズあるけど、

実態非道な輩のせいでは生存しているに過ぎない!!!!!

非道な輩は、糞尿被害についてはどう考えてるんだ???

2018-04-06

友達の子

高校の頃知り合った友達20歳くらいで結婚出産

友達ではあるけど今はSNS生存確認している程度の関係だ。

どうやら3人目が障害を持って生まれてきたみたい。

大変そうだなぁ。

2018-04-05

親父と僕

親父「一生懸命やっていれば誰かが必ず見ててくれるから

僕「一生懸命やってても誰も見てくれなかった人は表には出てこないよ。生存バイアイってやつだよそれ」

親父「屁理屈言うな」

  

anond:20180405121139

面白い提案だと思う。ただ、

そこそこ人気のあるアカは15年、超人気のアカは20年みたいにする事で、希望を残しつつ質を高める事ができる。

例えば、このはてなだったら、月産スター数100以下みたいなカスは次々と淘汰され、本当に優れたはてなーだけが生存し、皆の憧れの存在になる。

スターを稼いでるはてなーが優れたはてなーかというと疑問が残る。たとえば、はてブ政治カテではスターが乱れ飛んでいるが、都合のいいコメントを人気コメントに仕立て上げ不特定多数押し売りするための工作という意味合いが強い。

「読まれるべきコメントからスターがついて、自然発生的に人気コメントとなる」のではなく、「スターをつけることで、人気コメントねじ込み、読まれるべきコメント人為的に仕立て上げる」という本末転倒事態が起きているように見える。

人気や面白さといった指標を基にユーザーを選別してもいい結果にはつながらないのではないか。ではどうするのがいいのだろう。指標に頼った選別を否定するのだから、後はランダムに選別するしかないように思う。

なんならアカウントの寿命を延ばす権利ガチャの景品にしてもいい。SSR…1年延長、SR…1か月延長、R…1週間延長、N…1日延長といった具合に。金払いのいいユーザー寿命確率的に延ばすのは利用者運営の双方にとって納得があると思う。

SNS定年制を設けるべき

SNSソーシャル・ネットワーキング・サービス)に定年制を作るべきだと思うんだよな。

SNSってmixiとかFacebookとか数多現れ、このはてなも然りたけど、結局こんな流れになって廃れていくんだよな。

  1. 若い連中がアカウント取る
  2. その連中が年寄り化する
  3. その年寄り大勢を占める
  4. 新たな若い人達が「ここは養老院かよw」となって寄り付かなくなる

そこで提案だが、全てのアカウント定年制を設けるのがベストだと考える。

例えば、新規アカウント取って10年経ったら強制退会

そこそこ人気のあるアカは15年、超人気のアカは20年みたいにする事で、希望を残しつつ質を高める事ができる。

例えば、このはてなだったら、月産スター数100以下みたいなカスは次々と淘汰され、本当に優れたはてなーだけが生存し、皆の憧れの存在になる。

俺は本気でこの案を推し進めたいと思うが、普段から改革改革言ってるはてなーは当然賛成だよね?

2018-04-02

2018-03-31

anond:20180331001440

シベリア抑留謝罪受けて生存者はもう帰ってきてるでしょ

納得できるかは別にして

拉致謝罪は受けたけどまだ全員は帰ってきてないからなぁ

2018-03-28

anond:20180328001404

そうだよ

からずっと怒られて辞める人はいたんだよ

そこに気付かないのが生存バイアス

2018-03-27

学校でオナテクを教えるべき

性犯罪者ってのはオナテクを知らないだけなのではないか

セクハラに過敏な人ってのは、ここが戦場であることをわかってないんじゃないか

性教育まわりで炎上してるんで持論を展開するぞ(何番煎じだろうけど)(知らんけど)

人間は成長して性徴すると性的戦場に投入されるのが不可避なので、せめて正しい銃の撃ち方、避け方を学ばせてあげなければならない。それをしないで見過ごす親や教育者はとても酷いと思う。非人道的でしょ。だから例えばナンパのやり方と受け流し方を教えればいいんじゃないの?と言っている。あとオナテクオナニーのやり方。

性教育せず思春期を迎えてひどいことになるのって、条約がないまま戦争やってるみたいな、第一次世界大戦で加減がわからないので大量破壊兵器かいすぎて人が死にすぎてビビったみたいな構図と重なるんだよね。「死にすぎないように仲良くケンカしよう」っていう"程度"というもの人類は学んで、条約を作ったり大量破壊兵器の根絶を試みたりしてるわけでしょ。

日本女性がやたらセクハラに過敏になってしまうのも、戦場であることを理解してないからなのでは?とも思う。「いや、ここは戦場だよ?流れ弾が飛んでくるのは当たり前じゃあないですか、何言ってるんですか..(困惑)」って感じなんですよね。いわゆるQBK、「急にボールが来たので」と同じ滑稽さなんですよ。ここが戦場であることを教えていないことが悪いと思うんですよ。

性的加害の正当化をしているのでは無いですよ。抑制してもなお加害はゼロにはならない、だからかわし方を身につけて、(精神的・肉体的)ダメージを低減しましょう、生存率を上げましょう。と言っているんですよ。性的自衛隊各自自分の中に訓練しておけ、と。

性的欲求安全な処理の仕方を教えないのも罪だと思っている。三次元の生身の異性にいきなり触るとかダメナンパして交渉せよ。性交OK成功率を上げたければ魅力や交渉術を磨いて出直すんだな。それで間に合わないならシコって処理しろ。シコってスッキリすれば衝動も抑えられるぞ。床オナはペニスに良くないから気をつけろよ。ちんちん傷つけないようにローション使え。まんまん傷つけないよう爪切れよ。あとちゃん風呂入って洗えよ。歯みがけよ。オナテク宿題やったかちゃんと教えようよ。

そう言っているんですよ。

性教育に限らずだが、子供が生きていけるために子供を脅かすものを無くすとかい方向性意味不明すぎるんですよね。それ子供を弱くするだけじゃないですか。逆教育ですよ。戦場だよ? なぜ「子供を強くする」方向に行かないのか不思議でならない。どういう認知してるんだ。

なぜか「自然食品や素材は無条件に良いもの」とされてるが、それだったらなんで人間には肝臓かいう巨大な浄化装置が付いてるんでしょうね???? 自己浄化しなきゃならん毒がいっぱいあるからですよ。自然界には。

世の中を見てて最近知ったんだけど、世の中には三次元とのセックスしか性欲の処理ができない人間が居るらしくて、カルチャーショックだった。性欲をずっと二次元と向き合って自己完結してきた人生だったからね。

性欲を自己完結できない人間って、しんどいなぁ。自分社会でやっていくための、外部への依存度が高い状態、つまり性的自立度が低い状態ですよね。それはそれで生きるのが大変そう。それって「彼氏/彼女を切らしたことがない」と豪語する人種ことなのかな。知らない世界すぎる。

それって見方によっては身体障害なのでは?とも思える。二次元で処理して自己完結する人間にしてみればそう見える。これは差別としての身体障害認定ではなくて、体がキツいなら適切な医療措置を受けた方がいい、との提案です。風邪ひいたら耳鼻科行けとアドバイスするのと同じ。セックス依存症という精神障害もあるみたいですね。

からセクハラ被害者女性metooだので悲鳴をあげてるようなエピソードに出てくるセクハラオッサン気持ちがずっとわからなくて、「非モテなら二次元でシコればいいじゃない」と性的マリアントワネットになってしまっていたんだ自分は。

だけど、少しわかってきた。三次元じゃないと満足ができない人がいるのだ。

二次元で性欲を処理できない人間が、三次元という人里に出没して人を襲っているわけです。

から緊急避妊薬が必要なわけで、理解できた。

から二次元性的コンテンツを強化し、性教育によって二次元コンテンツでシコって性欲処理して自己完結するスキル、オナテクを教えることが、三次元女性への性被害を減らせるのでは?との推測ができる。

ただ、二次元で完結する悟った賢者ばかりになってしまうと、性被害者は減るだろうが、今度は三次元への性的関心が薄れていき、少子化拍車がかかるような気もする。

anond:20180327135819

人類全体が、対自然などに対して生存やす底上げされつつある世界では、

王様自体がもう意味のない機構になっていると考えているんだけど。宗教にもう意味がなくなりつつあるのと一緒で。

2018-03-25

anond:20180324215049

組織に属してるなら周りに合わせて流された方が生存確率高くなる。みんなそれが分かってるから飲み会行くんだよ。

一人で生きていける能力あるならやりたいようにやれば良いよ。

2018-03-24

[][]「父から聞いた話」/「安倍首相にガッカリした」

から聞いた話

15年程前、父と話していた時に父がこんな事を言い出した。
「実はな、俺の中学時代同級生北朝鮮拉致された人が居た。」
と言っても、父とその同級生は仲が良かった訳では無い。
そもそも、父が中学の頃は一つの学年で40人のクラスが6組まで有ったらしい。
その中で、1年だけ同じクラスになった事のある人の中に、後に北朝鮮拉致された人が居たという話。

調べてみたら、その拉致被害者は確かに拉致被害者に認定されていた。
父もそんな同級生が居た事は忘れていたらしい。
珍しく同窓会に行ったら、そこで話題になり「あいつは北朝鮮拉致されたぞ。」と言われて知ったらしい。

ただ、やはり、そういう話を聞くと感傷的になるのだろう、父も、その同級生日本帰国して欲しいと思ったらしい。
その同級生は未だに、北朝鮮拉致されている。
からこそ言いたい。「私は今、安倍首相にガッカリしている」と。

安倍首相にガッカリした

父の同級生北朝鮮拉致問題拉致被害者が居るという事を知り、北朝鮮拉致問題に興味が出て、拉致問題について調べる様になった。
その中で、ある一人の拉致被害者の話に興味が出た。その拉致被害者の名前有本恵子さん。
有本恵子さんの拉致の経緯について説明する。

有本恵子さんは神戸に生まれ神戸市外国語大学という大学に進学した。大学生を卒業ロンドン語学留学に行った有本恵子さんは
現地で出会った人物仕事を紹介され「市場調査」の仕事を始めたという。そして、帰国予定の昭和58(1983)年8月9日に「仕事が見つかる 帰国遅れる 恵子」
という電報実家に届き、同年10月中旬コペンハーゲンから手紙が届いたのを最後に音信が途絶えた。

この「市場調査」の仕事を紹介した人物北朝鮮工作員だったらしい。
よど号ハイジャック事件北朝鮮亡命した人達北朝鮮工作員として当時ヨーロッパに出向いて、
語学留学ヨーロッパに来ていた日本人を誘い、北朝鮮に連れて行っていたらしい。)

音信が途絶えてから5年後の1988年9月北朝鮮拉致されたとされる石岡亨さんという人物札幌実家に一通の手紙が届く。
その手紙には石岡亨さんと有本恵子さんと松木薫さんという三人が北朝鮮平壌で一緒に暮らしている事が書かれ、写真が同封されていた。
この手紙ポーランド消印が押されており、非常に小さく折りたたまれていたらしい。
おそらく、北朝鮮旅行に来たポーランド人に出国する際にこっそり手渡された物なのだろと考えられている。

有本恵子さんが生存していて北朝鮮に居る事を知った有本恵子さんの両親は、当時、朝鮮総連と繋がりが有ると言われていた社会党議員で、
地元の有力議員だった土井たか子議員に話をしに行った。しかし、社会党が動く気配は無かったため
有本恵子さんの両親は、当時外務大臣だった自民党安倍晋太郎議員事務所に連絡を入れた。
安倍晋太郎有本恵子さんの両親に自分秘書を同行させて、警察庁外務省へ赴き話をする様に指示したという。
しかし、警視庁外務省も「国交がないのでどうにも出来ない」としか言えず、外務省は「危険ですので、秘密にしておきましょう」と口止めをしたという。

後に、小泉内閣の時に北朝鮮から日本政府に渡された報告書では、石岡亨さんと有本恵子さんは、石岡亨さんの実家ポーランドから手紙が届いた二カ月後の
1988年11月に死亡したと記されていた。

この、安倍晋太郎議員秘書をしていたのが、安倍晋太郎の息子で、現在内閣総理大臣安倍晋三だ。
謂わば、安倍晋三政治家としての心得を父親から学んでいた頃から北朝鮮拉致問題に触れた立場に有る。そして、
拉致問題解決こそがライフワーク」と豪語していた事さえある。

それなのに、第二次安倍内閣になってからの数年間、北朝鮮拉致問題は進展していない。
拉致被害者の帰りを待つ人は80代後半~90代の年齢になっている人も居る。もう時間は残されていない。

森友・加計問題野党自民党に難癖をつけているだけと言えば確かにそうかもしれない
だが、「拉致問題解決こそがライフワーク」とまで豪語した安倍首相からこそ
今の任期内に拉致問題解決する気概を見せて欲しい。

正直、拉致問題解決へ向けた進展を出せていない安倍首相にはガッカリしている。

もし、今期の任期中に安倍首相拉致問題解決する事が出来なかったなら、私は
次の衆議院議員選挙では、自民党を見限り、立憲民主党民進党投票するつもりだ。

今期の任期中に、安倍首相には政治家生命の全てを賭けて北朝鮮拉致問題解決して頂きたい。

2018-03-22

anond:20180322014102

こういうのにブクマ付けてお久しぶりですー!とか生存確認良かった!とか言ってる人たちは互助会と変わらんよな。

別に店長批判するつもりは全く無い。

マウンティング中毒者の絶妙距離感

当たり前だけど、自分比較する他者が近くにいないとマウンティングはできない。しかし、マウンティングをする者は嫌われ人が去っていく。そこで生かさず殺さず、マウンティング世間体のために友人などを保有する必要が出てくる。周囲を見渡すと、マウンティング中毒者はこの、他人を生かさず殺さずつなぎとめておくための苦労を日常的にやっているように思う。

まずコミュニティ内で格下と思われる人全員に総当たりでマウンティングする。逆に格上には仲間に入れてもらえるようご挨拶をしておく。ファーストマウンティングで去ってしまう獲物は追いかけない。ヘラヘラしている獲物を品定めしちょっとした贈り物をしたり、親身に話を聞いているフリをして親密な、しかし私のほうが一段階しっかりしているというポジションを得る。あとはマウンティングと獲物のご機嫌取りを繰り返すだけである。彼ら、彼女らはこういった行動をほぼ無意識のうちにやっている。彼ら・彼女らのように、他者依存型で生存してきたものはとにかくターゲティングがうまく、感心すらしてしまう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん