「享受」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 享受とは

2017-11-17

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.お腹の中の赤ん坊が蹴ってきたとき、蹴り返すにはどうすればいいですか。

手っ取り早いのは酒を飲むことだな。

いい感じに体が柔らかくなって、自分の腹に蹴りを入れられるようになる。

ウォッカオレンジスクリュードライバーが至高。

忘己利他

Q.3万円と、3万円分の石は同じ価値ではないと以前に回答していましたが、同じ価値にする方法はありますか。

この手の質問よく来るな……。

答えはNOだ。

それを同価値だとするには、“3万円の分の石”で3万円を交換できないといけないし、“3万円の分の石”を3万円払って欲しいものかという条件もいる。

だが一応、例外というか、“3万円分の石”を同価値として扱う方法はある。

そもそも金という貨幣のものが交換のための道具だが、この“3万円分の石を貨幣として扱う”とするならばどうだろう。

現代貨幣で様々なものが買えるというのも、ある意味で“社会というゲーム”に参加しているようなものだ。

それに参加した以上その石が貨幣、同価値だと了承しているというわけだ。

当然これは運営、つまり社会における強者の決めたルールしかない。

だが社会における強者の決めたルールに従うのは、電子ゲームでも同じことさ。

ジェットコースターと同じ、乗った人間は笑って振り回されるしかない。

弱者はそれを享受するか、或いは・・・・・・。

まあ自由参加なだけ、現代社会よりはマシなんじゃないかな。

自由だと無秩序になりやすいという意見もあるが、そんなこと私は知らんよ。

流水行雲。

Q.ワンタンメンはカツカレーになれますか。

なれるわけがないだろ。

何を言っているんだ君は。

脳みそ発酵しているのか?

Q.『飲む、打つ、買う』の人が精神的に未熟であるならば、そうじゃない人は精神的に強いことになりますか。

現代的な話で例えようか。

ゲームで欲しいキャラがいるとして、それをガチャ課金で手に入れるとしよう。

この時に「もう手に入れること前提で課金する」、「○円払っても出なかったら諦めよう」、「そもそも課金しない」、「というかゲームプレイしない」には決定的な違いがある。

俯瞰して見てどれが良いかというのはともかく、少なくともこの中で最も耐え忍んでいるのは、理屈の上では「○円払っても出なかったら諦めよう」の人ということになる。

そもそも酒を飲まない人間を、「我慢強い」とは言わないからだ。

耐え忍ぶというのは、酒を飲みすぎないことをいうんだ。

「酒は飲んでも飲まれるな」、つまり“飲むな”とは言っていないわけである

本当の意味我慢強い人間とは、飲まない人間ではなく、飲んでも飲まれない人間だということだ。

臭い言葉ではあるが先人から学べることは未だ多い。

……「分かっちゃいるけどやめられない?」

学ぶ対象は選びたまえ。

子虚烏有。

2017-11-16

日本を正しく導く党

設立したいと思います公約は以下の通りです

NHK解体。代わりに偏向報道をしない、中性な報道を行う、そして国民が信頼できる情報提供を行う組織設立する

教育環境の再構築。教員、生徒、家庭における不利益を見逃さない仕組みを作り、全員が利益享受する環境をつくる

不正行為排除政治家企業との癒着不倫ロードレイジなど、大小さまざまな不正を適正に裁く。また、加害者には強制的に支払いを行わせる強制力等も付与していく。

かにしてほしいことあれば参考に意見聞きます

日常生活に現れる「意識の高さ」

意識高い系という人種揶揄対象となって久しいが、「意識の高さ」という言葉本質を突いていると痛感する近頃だ。人間は日々を無意識に過ごし、ただあるものをあるがままに享受し続けることもできる。しか生活意識的に閲し、改善することで自分をより幸福にすることもできる。例えば、昼食にコンビニ弁当を買っていた人が、ある時もっと美味しい弁当はないのかと考え、近所に美味しくて安い弁当屋を見つけた、としよう。この発見でその人の生活利益があったことに疑う余地は無いだろう。要するに意識の高さ、とは小難しいものでも高尚なものでもないのだ。単に何も考えずにいるよりも、考えて何かする方が自分にとって良い、というそれだけの話なのである。こうした改善は、意識高い系ありがちな特別経験知識価値を見出す思考とはむしろ真逆で、万人共通日常生活の中でこそ発揮されるものと言える。

では、具体的に意識の高い人間というのはどういう行動をとる人を言うべきなのだろうか。いくつか考えてみた。

・手軽に手に入る美味しい食べ物を探す。

・自室を整理整頓する。単に片付けるという意味ではなく、日用品の配置を考えることで部屋を過ごしやすくしている。

・日々の暮らしをよくするアイテムを探す(Amazonで買える捗るグッズとか)。

anond:20171116144427

東大は頭いいから入れるとこじゃないような気もうっすらする、あれはある意味学業キチガイさん向けだから

んで、国民全員が高等教育を余裕で修了できる能力を持ったとして、じゃあ何が起こるかというと、まあ国際競争力は上がる

アフリカのどっか適当内陸国がどっか適当ヨーロッパの国に「経済力として勝てない」のは国民全員が享受する教育のせいだから



ただし、社会はさほど変わらないし政治も特段変化ないし経済界もだいたいそのままだろう

なんでかというとこのへんは損得勘定激情支配するエリアから

それは勉強や自頭の良し悪しではたいして変化がない

2017-11-15

anond:20171115201718

いやいや、生産能力が劇的に向上して生産コストが大幅に下がれば、当然ながら価格も下がり、消費者はその恩恵享受することになるでしょう。生活費が下がるからね。

これは実質的所得移転では?

anond:20171115141727

まあ、なんだ。じゅうぶんな生産能力が確保できて各人が必要に応じて財やサービス享受できるほどになれば、それは資本主義社会の最終段階であり、必然的共産主義社会に移行するのではなかろうか。

マルクス予言成就するっちゅうこっちゃね。

2017-11-14

anond:20171114114627

「男女はどうせ分かり合えないんだから…」うんぬんみたいな話から来ているのかも知れないけど。男女の価値観が違うという事と、そういう解り合える事で解りあわない事とは全然違うと思うんだよね。

話を面倒くさくしていく事で政治的メリット享受するタイプの人は、オレは面倒くさくて大嫌い。

2017-11-10

ベーシックインカムに関する試算についての報告

過日、ベーシックインカム推進派の仮定した税率で試算したところ生活保護年金生活者を除く年収300万程度の世帯利益享受できる、となりました

anond:20171110015226

対等に話せると思っていた男友達の目の色が変わる

というフレーズから漂う地雷

自分相手との人間関係を利用するが、相手負担やそれが暗示する相手から自分への期待については軽視するから、突然相手の目の色が変わったように見えたんだろうね。

相手に払わせている代償(金銭的なものに限らず時間即応性等々)が過大でないか、深く考えてみよう。無償搾取する人間関係など、対等な個人間では持続的ではあり得ないのだから

追記

「『女』への期待」以外のメリット相手享受させてないんなら、そこに期待されても仕方ないのでは、という話。特に相手負担を強いているならばね。

「『女』への期待」以外のメリット」というのは例えば、何か相手が深刻に困った時に助けてやれただろうか、とか、興味深い見識を提供してただろうか、とか、ごくごくレア趣味の共有ができていただろうか、とか、そういう話。一般に「男の友情」と言われるものは、上記のような関係互恵的に成立していることが多い。性的関係抜きの「男女の友情」が長続きしている場合も概ねそう。「無償」ではなく「相互有償」。

逆に「男女の友情だと思ったのに言い寄られた」事例は、よくよく聞いてみると、言い寄った側にとって性的関係期待以外のメリットが皆無としか思えない事例が多い。共通するのは、言い寄られた側からその相手への尊重や敬意が見られないこと。

対価として相手に与えられるものについて深く考える、というのは、相手尊重する人間関係の基本ではないのかな。

[] #41-1「注文の多い客」

料理店で金を払うとき、それは何に対する等価交換か、深く考えたことはあるだろうか。

ほとんどの人は料理飲み物だと答えると思うし、その認識別に間違っているってわけじゃない。

だが、この世には様々な価値がある。

俺たちは目の前の単純な価値に気がいって、それらを漠然享受しがちだ。

そのことを忘れて、実は当たり前じゃないものが当たり前だと思ってしまう。

その状態の俺たちは、いったい何を値踏みしているのだろうか。


ある日、タイナイと雑談をしていたら唐突に切り出された。

「マスダ、話は変わるけどさ、週末は一緒にランチでもどう? 僕の奢りで」

クラスメートの何気ない誘いだが、俺がその誘いをいぶかしく思うのには理由があった。

タイナイは、俺の知り合いの中で最もリアルネットが地続きの人間だ。

常にネット世界と繋がり続け、リアルへの原動となっている。

当然、その言動も紐付いている。

俺はその強固な繋がりを見て、いずれパソコンと融合するんじゃないかと、あらぬ心配をしたこともあった。

そんなタイナイからリアルでの誘いがあるということは、つまり“そういうこと”だ。

遊びの延長線上にランチがあるのではなく、それをわざわざ用事に挙げ、奢りを強調。

しかも昼飯休憩中という、未来食事予定なんて考える気のない、間の悪いときに。

ここまで懸案要素の材料が揃っていれば、何か裏があると考えるのは当然のことだ。

タイナイ、お前とはそこそこ長い。ただランチのために誘うような人間ではないことは知っている。明確な目的があるなら、ちゃんと説明しろ。ましてや俺を巻き込むのならな」

「うーん、隠し事はできないか。といっても、わざわざ言うほどのことでもないんだけどね」

「それはお前が決めることじゃない」

「分かったよ。ほら、これが小目的さ」

タイナイはスマホ画面を見せる。

そこには料理店の情報がつらつらと書かれていた。

いわゆる“グルメサイト”って奴だ。

「それを参考にして店を選ぶってことか?」

ちょっと違うかな。参考にするんじゃなくて、参考にさせる側さ。僕はこのサイトレビュアーなんだ。こう見えて、そこそこ知名度ある方なんだよ」

から見れば大して意外でもないので何が『こう見えて』なのかは分からないが、話が少しずつ見えてきた。

「今回は複数人で利用したケースでレビューを書こうと思ってね」

「それで俺を誘ったと」

「確かマスダは飲食店バイト経験あっただろ。その視点から意見が欲しいんだ」

「なるほどな。まあ、お前が奢ってくれるのなら文句はないさ」

「よし、決まりだ。あ、そうそう、出来れば弟くんも誘っておいてくれ。子供目線での意見が欲しい」

このときの俺は、単にタダ飯を食らえる程度にしか考えていなかった。

ロクに分かっちゃいなかったんだ。

同じ世界にいても、俺とタイナイが見えている世界は、同じようで実は違うということに。

(#41-2へ続く)

2017-11-05

AI人類幸せにするには

相対的に不幸な人間」「嫌われ役」をAIやらせる。

絶妙に不幸で、それでいて不幸を感じない哲学的ゾンビを人工的に作り出してしまえば、多くの人間相対的幸せ享受できる。

あなた職場の出来ない人、実はAIかもしれない。

2017-11-01

今日失業した

会社都合による解雇である

今年は特にお騒がせすることとなった遊技機業界に身を置いている。

IRやら依存症やら規則改正やら、内も外も何かと忙しかったように思う。

といっても、どれもこれも作業者レベルではどうしようもないことだから、私に求められていたのは遊技機を制作することに没頭することであるし、私もまた仕事を完遂させた。

かくして私たち不要となり、今日失業した。

遊技機の業界は日を追うごとに厳しい状況に追い込まれている。

20年前には売上30兆円、3000万人の遊技者(ユニーク数ではない)を擁していたが、20兆円、940万人と減少が続いている。

http://www.nichiyukyo.or.jp/gyoukaiDB/m6.php

遊技人口が60%減少したのに対して、売上が30%しか減少していないのには、一つにはホールによる魅力的な店舗作りが、一つにはメーカーによる魅力的な遊技機作りが功を奏したものと推察する向きもある。

もちろん、射幸性煽り、一人当たりの遊技回数と投資金額を大幅に上げてしまった業界非道さは認識している。それこそが依存症の根源の一つであることも。

だが、作業者レベルでは、経営者に騙されてか、あえてなのかは問わず、魅力を生み出そうとしていたことが偽りだけだと言われるのも寂しい。

私たちは(比較するのもおこがましいかもしれないが)SNSゲームやその他の娯楽と同じく、より良いものを作ることを使命として仕事をしてきたのであり、そのこと自体には一片の迷いなく誇りに思っている。

だが、同時に、社会必要悪に加担していた。

非道を知りながら、見て見ぬふりをしてきたが故に、更なる悪辣非道さに気づかなかった。

社員は知らずして、人生を貸玉として、遊技させられていたのだ。

そして負けた。

そりゃそうだ。

遊技機は産業機械であり、ホール利益享受し、遊技者は負けるように、私たちが心血注いで作ってきたのだから…。

2017-10-30

anond:20171030123103

43 : 名無しさん@12周年[] 投稿日:2012/02/15(水) 01:38:02.72 ID:oK1RNnGE0 [2/2回(PC)]

[団塊言い訳]

・「今日日本を築き上げたのは団塊

=0.1秒でばれるウソ

戦後復興経済成長を牽引したのはその上の戦前まれ世代

こいつらは享受しただけ。

日本のために身を粉にしてきた世代の方々には敬意を払う必要があるかと。

でも、それは決して団塊ものことじゃ無いか

・「団塊はお前らの親の世代だろ?親を見捨てるのか?w」

そもそも団塊ジュニアイコール団塊の子供ではありません

また、子を虐待する親なら子に復讐されても当然じゃ無い?

だいたい、お前らも自分の親の世代を見捨ててきたくせに見苦しい

・「そういうお前らもいつか年寄りになるんだぞw」

=ああ、なりますね。でも、どのみち、その時待ってるのは地獄だって分かってますが、何か?

我々には「老後」の希望なんか既得権世代に奪われたせいで初めから無いんですよ。とにかく「今を生きる」ことで精一杯なんですよ。

・「世代分断工作だ!」

=え?単に既得権世代が譲歩すれば良いのでは?問題すり替えに過ぎないですよ。

あれだけニートだの無能だのと若者に冷笑を浴びせかけたあげく負担を押しつけ、そして自分既得権だけは絶対に手放そうとしないエゴイスト世代のほうが「分断」の原因でしょう。

 

・・・・・・・・・・今となんらかわってないな

高度人材の不足解消を目指して

私がG社で見たイベントはこれです↓

(私もまだプレイヤーの1人に過ぎず、VCではありません)

 

ベンチャーキャピタル投資会社

私が尊敬しているVCは、「ふるさと納税制度提唱した村口和孝さんです。

 

1人では使い切れないほど多くのお金を得た人は、もうお金を集めるために働かなくても済みますよね?

金儲けだけじゃなくて、社会貢献するために投資できる立場になった人は、いろんな良い意見提言してます

投資家の質(良し悪し)を検討するとき、村口さんのような方を比較基準にしたらいいんじゃないかと思います

(村口さんは一例であり、他にもいろんな方がいますが。)

 

経営者

尊敬してる経営者は、稲盛和夫さんなどです。

 

仕事をする上でフィロソフィー哲学)、確固たる考え方を持てと提言されており、参考にしてます

「何のためにしたいのか?」という目的動機付けがやる気の源になってくるので、そこが確定していればぶれないで前進できると思いました。

 

高度人材の不足

日本ではプログラマーエンジニアなど、高度な技能を持った人材が不足していると言われています

ヘイズ日本法人マネージング・ディレクターマーク・ブラジ氏は「日本失業率の低さは各国の羨望の的だが、必要とされる高度な技能を持った人材供給されておらず、生産性の高さにつながっていない」と話した。

複数言語能力や、IT(情報技術)などの専門知識を持つ高度人材給与についても、日本中国などに劣り、人材を引き寄せられていないとしている。

 

結局、日本が住み良い社会環境になるためには、多くの日本人が各人の才能を発揮して、優秀な人材として活躍してもらう必要があるでしょう。

高度人材の不足を外国人で補う話もあるようですが、日本人が高度人材になる可能性に期待したいところです。

 

コンピューターを道具として活用プログラミングができれば、いろんな業務が捗り、多くの問題解決できるでしょう。それなら、より多くの日本人になるべく楽にプログラミング習得して欲しいし、(それが無理でも)ある程度慣れてもらえたら良いかなと思います

さらに一歩踏み込んで、自分達で新しい道具・商品事業を作ろうとしてる起業家には、多くの成果を生み出してもらえたら良いと思います。そうなれば、(自分も含め)多くの日本人恩恵享受できますよね?

 

そんなわけで、私も今ある課題に取り組んで、より良いものが作れるように頑張ってみたいと思います

お互い頑張りましょう!!!(^^)/

2017-10-29

anond:20171029205630

なんで?

啓蒙することによりワイが享受するメリットひとつもないで?

ただ鼻息の荒い当事者自称・分かってる人たちがメチャクチャ知識を「一般人啓蒙」してるのを見て鼻で笑ってるだけの話や。

2017-10-28

今思えば20世紀の時に抱いていた21世紀のワクワク感は異常だった

35~54歳の未婚者 半数が「あえて結婚していない」

http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000113232.html

---

35に到達してないのでアレだが、独身でいる理由上位の「家族を養うほどの収入がない」は実感あるね。

独身でも食費やら何やらを意識しないといけない上で、結婚となると子供養育費もかかってくる。

子供貧困問題の例を見てもわかるように、親の収入子供の今後の将来に直結していくので、

親子の幸福を願うならいっそ結婚しないのも手だと思うし、この行動を非難してはいけないと思う。

---

貧困脱出するには多くの収入を得らなければならないが、今以上の収入を得る事はそう容易くはない。

待遇の良い求人を出した途端、真っ先に派遣会社に見つかり、営業攻勢に遭い、取り込まれしまう。

コネ就職重要になってくるが、上級階級にあるコネが無ければその分、必死に探さないといけない。

起業するにしても外国人留学生日本起業していたりと、自分が行動を起こす前に先回りされている。

---

彼らは外国語の利点と日本で学んだ知識を生かした上で勝負してくる、レベルも意欲も違いすぎる。

西川口中華街がその例かもしれない。日本中国人商売ができる分、収入で勝てるわけがない。

今後はベトナム人留学生起業競争に入ってきて更に競争に激しさを増すとか、そんな話さえある。

---

まあ競争による豊かさを享受できる位、人生をかけた戦いが激しさを増しているって事なんだろう。

独身は死なない程度に親のスネをかじって、細々と食っていく事で精一杯で、現実はそう甘くはない。

どうすればいいか政治家の腕にかかってくるけど、この前の選挙結果は変わらず。多くは望めない。

未来を諦めていないけど、20世紀に見た未来21世紀って、こんなもんだったんだなって思っている。

---

1964年の時に「2020年にまた東京オリンピックやるんだよ」って言いたいよね。ちょっと悲しいけど。

勝ち組

駅直結のマンションに住んで、地下鉄で駅直結の職場に通う。

社内に食堂も売店もある。

打ち合わせはこちらに来させる。

そうなると真冬の雪の日でも薄手の上着を羽織るくらいで1日全く問題ない。

雨の日でも傘は要らない。

未来のような都市生活享受している反面、人間らしさがないというか、気味の悪さを感じる。

サラリーマンとして成功したらそんなふうに思うのかな、と妄想した仕事の帰り道。

2017-10-27

anond:20171027172500

うーん、俺個人として嫌という気持ちよりも

貧乏学生派遣労働者への負担が大きいか経済的に消費が加速しない原因をまず少しでも取り除くべきではないか

という観点年金は終わらせるべきではないかという発想をした。

もちろん自分個人問題として実際にどうやって年金をもらえないで老後生きていくつもりだという話になるんだけど、

俺は単純明快死ねばいいと思う。

 

端的にいうと安楽死制度を導入して欲しい。

現在年金受給して生きている人たちには年金という信仰を元に生きているといっても言い過ぎではないと思う。

団塊の世代の中には今も金さん銀さんを目指さんとしている人たちがたくさんいるはずだ。

彼ら彼女らは死ぬまで長生きすることが自分人生幸福、終わること、死ぬことに対する幸福だという疑いを微塵も思っていない。

それが起き上がることもままならず、糞尿の始末を人の世話でしてもらい、ようやく気付く。

ああ、これは、楽しくないんだな、と。

誰もがそう思い、そう感じても、口にはできない。

それを認めてしまうと何も縋るものがなくなるから

俺は2人の祖母を間近で観察して死ぬときの青ざめた体を見て、表情をみて、話を聞いてみた1つの実体験を元にした結論が、

人間長生きよりもいかにして幸福に死を選べるのかを考えるのが、

最も生産性のある、同時に魂の救済になる行為だと信じている。

今の年金制度廃止への反発感情は、長生きが全ての幸福であるという洗脳教育創発させている思想だと断言する。

 

この考え方に抵抗を持つのは極めて自然だと思う。

なぜなら今の国民感情価値観がそういう風に教育された結果だからだ。

長生きをすることがよい。

生涯現役を目指すのがよい。

そう社会扇動してきて、だからこそ年金制度は良いという肯定がされ続けた結果、

今を生きる若者弱者が救われもしない世界に至った。

もちろん老人も若いときは苦労をしたことは認める。

しかし老人の苦労と今を生きる若者が受けなければいけない苦労と苦悩は決して等価ではないと私は思う。

若者はこの先この国を支える柱となり支え続けなければいけない骨子そのものであり、

これからにゆく老人たちには決してそれはなしえない偉業である

支え続けてきた先人、骨子となった老人たちには申し訳ないが、私は見捨てるべきである

使えなくなった者は捨てるべきである

それは死という平等権利を元に肯定されるべきである

そして国家とはそれを肯定するべきでもある。

国家とは存続すべきものであり、生活保障するものでもなければ、守るべきものでもない。

継続するべきものである

継続若者必要であるという素朴な考えを私は正とし、

若者幸福を老人の幸福より重要であるということも同時に正とする。

また若者に老後の心配をさせる方策を私は誤だとし、

死ぬ選択肢を与えることを正とする。

 

私は死ぬべきであり、

それを選択できるべきでもある。

私には死ぬ権利がある。

死を望む意志尊重されるべきであり尊厳されるべきである

老人が心やすかに死ぬ権利を今の国家は奪っている。

死ぬことにただただ、不安を産み付け危機感を煽る行為を続けるだけで、

事実現実として目の前に迫る恐怖、死への理解享受姿勢を学ばせる機会を老人から一切奪っている。

保護する、補償するという甘い言葉で実質は利権を太らせ続けているだけである

死により行き場のない不安焦燥感から解放させてやるべきであり、

それを望む意志社会が咎めてはならない。

またそういった選択が間違いではないことを社会が支持してやらなければならない。

2017-10-24

「イキイキママ」にはノーブレスブリージがない

「イキイキママ」に頭を下げられて休日出勤する独身女性愚痴に、彼女らはマウントする。

id:AyanoIchijo ちょっとどうかなー。自分は優しいと言い張るひととか、自己犠牲自称するひととか、私はあまり信用できない。デートドタキャンしても残業ばかりしてても結婚するひとはしてるし、それたぶん原因じゃないんじゃ

id:guinshaly 結婚生活にも一定の図々しさは必要からなぁ。まあ、増田のようなタイプ人間は気にせずこれからもイキイキさせてもらうので、こっちの足を引っ張るような愚痴の垂れ流しとかはホントやめて下さいね

id:haburashi13 嫌な人だと思う。独身理由ちゃんとわかってるじゃん。産休関係ないよね。産休とってる人はこの内容見て罪悪感感じると思う。

まり自分強者だと理解しているわけだ。なのに特権享受して、弱者嘲笑うだけだ。

大人しく踏み台になっているうちはいいが、弱者愚痴を言っただけでも攻撃する。

「そんな人間から結婚できない」

これはつまり産休とった同僚がいなくて時間が余っていようとどうせお前は結婚できないだろう。私がお前を子無しにしているわけじゃない、という意味だ。

彼女だって少子化責任の一端を担っているはずなのに。

さらにこのマウント、どこかで見たことがないだろうか。

そんな人間性から結婚できない、そんな人格からモテない。

そうだ、キモくて金のないおっさんへの罵倒だ。

配偶者仕事子供、すべてを得た者が何も持たない者へマウントし、踏み台にする。

悪いのは長時間労働だ、会社だ、マネージメントだ、家父長制社会だ、もちろんそうだ。そちらも当然変えねばならない。

投票行ったけど負けたけどな!

からといって、変わるまでの間、目の前にいる罵倒マウントしてくる者を許さねばならぬのだろうか。

独身女性たちよ、仲間面をして陰で嘲笑し、搾取してくる彼女らに騙されてはいけない。

今は「将来的に自分子供を産むからお互い様だ」、そう思って耐えているかもしれない。

だが君たちの妊娠可能年齢はもうあまり残されてないのではないか社会が変わるまでに間に合うのだろうか。

彼女らは、女の敵は女、というのは男社会による分断作戦だと言う。

だが、君らの貴重な若い時間を浪費させておいて、人格攻撃をする、真に分断しているのは、切り捨てているのはどちらか。

よく考えてみて欲しい。

邪悪な「イキイキママ」は下げた頭の裏で、実は舌を出しているかもしれないのだ。

2017-10-21

anond:20171021183346

戦後インフラを整えてきたのはいまのジジイババアからなあ…。高度成長期地方から金の卵と呼ばれ上京日本経済成長を土台で担った。道路電気水道などのインフラが整ったのもこの頃。その当たり前の便利をいま享受している。バブル期24時間戦えますかと働いた。男女雇用均等法が施行されたのもこの頃。

ジジイババアになって弱者になったらポイ捨てかぁ〜。弱者排除していけば数十年後には姥捨山ができてるでしょうね。あなたはそこに行きたいのね。

子育て世代や若年層の不満を高齢者にぶつけるのは理論すり替えですよ。どちらの福祉も両立する方法模索することすら放棄してるのですか。

でも性欲が存在しなかったらお前らが散々享受しているマン特権存在しないんだから皮肉ですよね

2017-10-19

[] #39-4「タオナケの正義

ところ変わって兄貴のほう……

へとへとになりながらもバスギリギリで駆け込み、いつもの席に勢いよく座りこんだ。

「やあ、マスダ」

「はあ……あ、センセイ……はあ、どうも」

センセイは兄貴が通学でよく利用するバスで乗り合わせる人で、何度か見かける内に話すようになったらしい。

センセイといっているが兄貴勝手にそう呼んでいるだけで、この人が実際は何をやっているかは知らない。

バスに乗っている時だけ話す間柄だし、必要以上の詮索は無用かららしい。

「朝から随分お疲れのようだけど、あまり眠れなかったのかい



兄貴は今朝起きた出来事かいつまんで話した。

「まあ、大事にならなくて何よりだ。その子供たちも、もちろん君もね」

「それにしてもタオナケのやつ、どうして自ら危険可能性を上げるような真似をするんでしょうね」

「ふーむ……一口には言えないが、“可能性を肯定していない”からじゃないか

「なんすかそりゃ。可能性って肯定するかどうかってものじゃないでしょ」

「勿論そうだけど、現にそうやって生きている人は多いよ。私たちが乗っているこのバスだって、何らかの事故が起きる可能性は常に横たわっている。でも、それを恐れて乗らないという選択をすることは、まずないだろ?」

「そりゃあ確率が高くないですし、享受できるメリットを捨ててまで考慮すべき可能性じゃない」

「そう。可能性はあって、それが低いかいかの差だ。重要な差ではあるが、個人にとって参考材料の一つに過ぎないのも確かなんだ。その可能性をいちいち恐れていては何も出来ない。だから時に、人は“可能性を肯定しない”んだ」

「ああ、“可能性を肯定しない”ってそういうことですか……でも、それって危機管理能力を鈍らせることになるんじゃ」

「その側面もある。例えば原発への反対の声が強くなったのは、実際にそれで事故が起きてからだ。可能性そのものは常にあったけれども、それを肯定したという好例だな」

「センセイって原発反対派なんです?」

「ははは、例え話で持ち出しただけで別にどっちでもないよ。私が言いたいのは、人間ってのは可能性を正確に知覚できない生き物だってこと」

「だから肯定するかどうかが重要だと」

「そういうことだ。“否定”ではなく、あくまで“肯定しない”。同じ意味のようで、ちょっと違う」

「なるほど、つまりセンセイがこうやって俺に話をしてくれているのは、乗り過ごす可能性を肯定していないからなんですね」

その時、到着場所アナウンスが流れた。

『イアリ~イアリ~』

「これをより深く理解するためには、蓋然性という概念についても……あ!」

センセイがいつも降りる場所は、その時点で既に通り過ぎていた。

どうやら話に熱が入りすぎてしまったらしい。

「……誤解しないで欲しいんだが、“可能性を肯定しない”のと“気をつけない”ことはイコールじゃないからな?」

「……勉強になります。じゃあ、俺ここで降りるんで」

「私も降りよう」

(#39-5へ続く)

2017-10-18

あの頃は苦しくて苦しくて、もうずっと絶望していて。リスカする子の気持ちにだけはピッタリと共感していた。自分で切ることは出来なかったけれど、深夜に一人で刃物を手首にあてたまま、長時間ぐるぐると、気持ちが落ち着くまで考えているのだった。自分は消えなければいけない、死んだほうが家族に喜ばれる、というのが、日々痛感し過ぎて自分の基本思考になっている現実だった。妄想ではなく、正確な現実だった。だからニュースで親から虐待死が流れてくると、その子絶望がありありと感じられて、自分もまたあの絶望の苦しみを味わいなおすものだった。そう、家庭が辛くて辛くて。学校でも相当イジメられていたらしいけれど、そんなに感知出来ていなかった。それどころじゃなかった。家庭の苦しさでもういっぱいいっぱい、擦り切れていた。

学校卒業して、家から出て、絶縁して、今は別の家族暮らしている。幸せだと感じる。幸せになりたいとは思っていなかったのだが、今の幸せには感謝している。驚いたことに、あの絶望の中でも、実は光は最初からずっと存在していたのだ。単に届かなかっただけで。愛されぬ者の心の歪みは、愛されれば治せるけれど、愛されすぎた者の心の歪みは如何ともし難いので、今はそれが心配。なんて贅沢。親が死んでるのか生きているのか、私にはもう関係無くてよいと思えるようになった。親ごと忘れてしまって良いと思う。それは、自分幸せであることを肯定できるようになったということだろう。自分肯定できるようになったのだろう。とはいえ、夢の中ではあの頃が繰り返し上演される。目が覚めると涙が出ているので、舜が五十になっても叫ぶのは止まないのかもしれない。それでも、起きている間は、あの頃あんなに求めた心の穏やかさを享受している。知的障害自分家族、この生活で更に鈍く鈍く、より愚かにかになっていても、日々を否定出来ない。幸せ記憶こそ人生の思い出だから。…やっと手に入った。

2017-10-15

ますます便利になる世の中、家電製品も充実して家事もラクしてんだろって言われたらそんなこと全然ないと思う。家事に限らず仕事だってパソコンやら電子制御された機械やらで昔よりだいぶんラクになっているはず、なのに残業は増すばかりではないか。今の人はいいよねー、なんでも自動でできてさ、あたしらの頃なんか…、とは姑にも上司にも言われるけど、忙しいのは「いま!」なんだからこれ以上余計な仕事は増やさないでほしい。あなたたちのような先人の苦労や努力はとてもよく理解していますから、それをありがたく享受させてほしい。世の中のモノは進化してるんだから、ヒトをもっとラクにさせてほしい。

2017-10-14

anond:20171014135752

エストニアの人もそうだし。メイさん?もそうだけど。

日本とは違うらしい外国で素晴らしい環境享受しているくせに。日本語でばっかり発信し英語公用語では殆ど発信せず、日本人に向けて石をぶつける事ばかりに熱心な人には本当に胸糞が悪い。地元の人との素敵な日常生活の話も極めて少ない。彼らは日ごろ何して暮らしているんだ?リアルが充実しているなら、クソみたいだと彼らがいう処の日本欠点なんてどうでもいい事だろう。ダンゴムシを突っつくような真似をしている人を誰が尊敬すると思うんだ?自分の事を彼らは地元友達になんて紹介しているんだ?「一日の多くの時間出身国悪口を書く事に費やしています」とでも言っているのか?そんな事恥ずかしくて言えないだろう。恥ずかしくて言えないような事を続けている事に自覚的になってほしい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん