「眠る」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 眠るとは

2017-06-20

眠れないっつってスマホいじってる

朝方チュンチュン鳥のさえずりと共に眠るの辛すぎワロタ

明日もやっぱり同じことの繰り返しでつまらバイトに私は行くんだと思うとうんざり……といいつつ辞めたからといって収入が0になるので辞められずー

それに学生から、変えたってどうせ1年も経たずに辞めるのに仕事覚えたり人間関係築くのも面倒だしで今のバイト続けざるを得ない感じになってるのがぐぎぎ……

ていうか寝たい

2017-06-18

https://anond.hatelabo.jp/20170615145435

私見であるが、生物意味は究極的には子孫繁栄かと。

それが真だとすると、自身の子が居ないならば、血縁者の年少者や親しい知人の子自身リソースを配分することで、代替的な意味を見いだせるかもしれない。

そういう子供未来を明るいものにするために、仕事をすると考えると価値観が違ってみえるかもしれない。

他の方法で生を実感するには、原始的生物の部分を刺激してみるのはどうだろうか。格闘技などの対人スポーツであれば、競うことでアドレナリンが分泌されるなどして昂揚した気分になるかもしれない。もうそれを習慣としているのであれば、より過激スカイダイビングなどの物理的な危険が高いものはどうだろうか。

あるいは、もっと原始的な衣食住の部分を意識的に揺らしてみる、例えば断食などをすると実感できるかもしれない。

(くれぐれも、最低限度の身の安全と、社会的に認められる範囲の行動で、の前提だが)

私の体験では、一人で旅行をするのが退屈な日常から離れるには、良いと思う。

というのは、慣れない道を歩き、耳慣れない言葉を聞き、いつものとは異なる食べ物を食し、初めての部屋で眠る。私がビビりがちな性格であるからか、かなり生物的な危機感が煽られる。十分な準備をしても落ち着かない。

また、知らない土地歴史を知るのが楽しい。今ある街並み・建築物・展示品が人の手で作られるに至るまでの過程想像すると、人の文化に触れられる気がする。人工物でなく自然の中でも発見があり、日に焼けたり、森や海の臭いかいだりし、キャンプで火おこしをすると、人間も一匹の獣から始まったことを体感するようで楽しい

人生意味は「自分の血を残す」部分が大きいと思う。しかし、子供を持たないという選択をするならば、自分の生を満たすためのちょっとした冒険してはどうだろうか。

2017-06-13

金縛り幻覚幻聴現実とのつながり

とりあえずWindowsから培ってきたマルチタスク癖で精神的に死ぬというもの恨み節は置いておくとして、10年ぶり2回目の体験である金縛りの詳細は軽躁状態であるうちに記載しておこう。

10年前はあんまり公にしたくないオイタをしでかしてしまい非常に頭がハイテンションになりすぎ脳が疲弊してしまったあとに金縛りが起きたわけです。ベッドで目が覚めると全く体が動かない、そうすると凶器を持った人間玄関からのっそりとやってくる。おれは動けない。恐怖が絶頂に達したときにわっと起き上がる。部屋にはは何もない、誰もいない。ただのマンションの一室がある。

研究で解明されているようなのだが、金縛りというのは非常にリアリティのある夢を見ている状態らしい。自分の部屋で寝ており、そこで動けないという現実を脳が作り出しているに過ぎないということ。だから実際は起きて動けていないわけではなく、浅く眠り続けたまま現実トレースした夢を見ているだけらしい。そんなのは当人にとって知ったことではないけど。

今年起きた理由は、普段やっている仕事範疇とは大きくかけ離れたテンションを上げざるを得ない作業従事を命じられたためだった。別に嫌ではなかったが、仕事を終えたあとは憔悴しきっていたものの、それとは別の企画書を一気に作るくらいのテンション作業をしてしまった。

今回はそれほど大きなクライシスが起こったわけではないのだが、10もの年令を重ねたこともあり自分限界を超えたテンションに身を包まれ眠れなくなり、無理やりアルコールで寝たことが最大の原因だと思われる。また、朝の起き抜けに神経痛を穏やかにする鎮痛剤を飲んでふわふわしたことも大きい。

朝6時半頃起床。家を出るのは8時半頃。7時までにシャワーを浴びて換気のために窓を開ける。胃の調子が悪いので野菜ジュースのみの朝食。その後、頚椎ヘルニアの痛みを抑える神経痛の薬を飲む。出勤まで時間が少しあるので布団で横になりながらスマートフォンネットニュースを読む。痛み止めのせいでぼんやりとしており眠るか眠らないかの浅い睡眠状態でいきなり幻聴が始まる。

NHKラジオ想像してもらえればいいのだけど、あの淡々としたニュースの語りが突然頭の後ろから聞こえ始める。もちろんラジオなんてつけていないから、それは幻聴だとすぐに分かる。しかも、日本語である認識できているにも関わらず内容の理解は全くできない。何かしらの言語を喋る、聞き覚えのある声が頭の後ろからAMラジオの音質で聞こえてくる。あーこれは幻聴だ。体も動かないし完全に金縛りだ。一度経験はあるのでそれはわかる。どうせ大したことはないし目が覚めればそれまでだろうと思っていたのだが、突然首や胸に見覚えの痛みが走る。シェアハウスに住んでいたとき、猫に噛まれた同様の痛みがチクッとする。見えない猫がおれを襲っている。大した痛みはない。大したことはないがそれはそれで。あれ。

その直後に誰かが体をまさぐり始める。腹を、胸を、手のひらが性欲を掻き立てるように優しくなでつける。気持ち悪い。はじめは交際相手かとも思ったが、こういうことをする人間ではない。痛みは何もないが見えない人間と見えない猫がおれを噛み、まさぐっている。

感じたことのない恐怖が浮かび上がる。おれの体を犯そうとするやつが居る。

10年前の金縛りも、殺人への恐怖が布団をはねのける動力源だった。

体をまさぐられながら吐息のような唸り声を聞いた瞬間、布団をめくり上げて初めて金縛りから解き放たれる。

金縛りに合いながら同時に聞こえていた音が聞こえる。道を走る車の音、冷蔵庫駆動音。布団の感触がする。毛玉でざらついたシーツ感触自分の臭がする枕。

明確に死をもたらしに来た殺人鬼妄想から10年、何故か反抗するペットやいやらしく体をまさぐる何かの手が脳に宿っていた。わかりやすくおれは快楽を求めているのか、それとも人間に対する意識が変容しているのかはわからないんだけど、とりあえず知らない人間に体をベタベタ触られるのは怖いよ! 痴漢痴女もだめ! マジで気持ちいからやめろ! 男だっていからな、変な人間ベタベタ触られるの!

そんなことを今回の金縛りで思いました。

2017-06-12

http://anond.hatelabo.jp/20170612013603

政治が「頭の悪い人」を冷遇しない保証がないからね。頭の悪い人の選挙権を奪うと、彼らを代表すること自体も難しくなる。というか、誰も彼らの代表をしなくなるということでもあるね。それは他の大多数にとっても居心地のいい政治とは言えないと思うので、選挙権を奪うこと自体には賛成できないな。


ただ、政治に興味のない人、関心を持とうとしない人は、長期的には選挙権を奪われるよね。現状ですら、本人らは自分意志で「行ってない」と思ってるだろうけど、そういう状況を放置することによって国は不作為にそうしてるも同然なわけで。そして、さらにそういう状況が長期的に続けば、たとえば「税金を納めない限り選挙権ない・義務権利は表裏一体だから」みたいな理屈で、彼らを排除する方向へとむかったりするだろうね。まさに「権利の上に眠る者は…」だよ。

自己責任」というゴマカシの美名に基づいた差別を振り回すつもりではないんだけど、これは結局本人らが気づいてなんとかしようとしない限りどうしようもないことではあると思うよ。

2017-06-11

スリープクリニックに行ってみた

仕事関係で何日か深夜時間帯の作業をすることになった。

それ以降、眠るタイミングがまったく狂ってしまい、

数週間は夜眠れない状態になってしまった。

一年に何回かそういう状態になることがあるのだが、

いい加減、この状態はよくないと思い、睡眠薬ももらえないかと思って医者を探してみた。

探してみると眠れない場合精神科よりもどうも睡眠専門の医者に診てもらうのがいいらしい。

近くに睡眠専門の「スリープクリニック」というもの存在していることがわかった。

実は以前からこの医者存在自体は知っていたのだが、どういうものかさっぱりわからず、なんとなく怪しいので

受診を渋っていたのだった。

まあダメでもともとなので受診してみようと思った。

夜なかなか眠れないというのは、一生続く問題でもあるわけだし、もしも眠れるようになればこんな嬉しいことはない。

何回かの診察と入院による検査を経て、睡眠時無呼吸症候群であることがはっきりした。

(ここで一か月くらい経過しているのだが、面倒なので省略する)

この病気は寝ているときに何らかの理由で気道が塞がってしまい、

息できなくなることが頻繁に発生する、というものらしい。

このためにうまく眠ることができていないし、疲れもとれず、日中眠くなるというものだ。

しか平均余命有意に減少するようだ。

で、「CPAP」という、どうもふざけているような名前機械使用することになった。

これは寝ているとき空気を送り込むことで気道がふさがってしまうことを防ぐものだ。

なにしろ強制的空気を送り込むので、使い始めは結構苦しく、眠るまで苦労するのだが、いったん眠ってしまえばわからない。

ここ何十年もなかったことだが、朝に目が覚めたときに頭がすっきりしている。

昼間もあまり眠くならないようになった。

今までは休みの日ともなれば昼過ぎまで寝ているのが普通だったが、

休みの日に昼まで寝ていることもなくなった。

不思議効果としては、休日複数タスクをこなすと疲れやすい体質だったのだが、

複数タスクをこなしてもなんともなくなった。

結局、当初の目的であった眠れない点については特に目立った改善はなかった。

これについては「コーヒーを極力飲まない」といった個人的努力対処している。

起きた時にすっきりしないとか、なぜか疲れやすいとかの症状のある人は、

スリープクリニックに行くと改善することがあるかもしれない、という話。

ただし、CPAPは毎月5千円のレンタル料金がかかるので、これが地味に痛い。

日本国内で購入すると40万かかるようなので、海外から個人輸入することを検討中

そもそも7万で買えるものを40万で売っているのがどうかしているのだが。

2017-06-10

 子どもの頃から寝付きの良いたちで、眠ることができずに苦しんだことはありません。わたし睡眠に関してだけは恵まれているのかもしれません。電車に乗っている時などに眠ることはありません。新幹線飛行機に乗ったとき目的地に着くまでの間に読むつもりで本や雑誌を持参するのですが、いざ車中の時間がぽんと手渡されても、ページをめくるその気が起きないようなことがあります。そんな時に「それでは時間つぶしに少し眠ろうか」と思って目をつむるのですが、眠ることができないのです。昼間にはどうも眠られない。しかし、夜になって布団に入り、それが自宅であろうと旅先であろうとも、わたしは必ず(おそらく)10分ほどで眠りに落ちているように思います。その過程はうまく説明できませんが、たいへんスムーズなはずなのです。ところが今夜、眠れません。

 通常わたしは寝つきが良い上に早寝であり、ふだん22:00には眠くなり、遅くても23:00には布団のなかで熟睡しています。今夜もそのように布団カバーを交換したばかりの気持ちの良い寝床に入りましたが、眠りにつくことができない。経験したことのない事態に1時間ちょっとで参ってしまいました。きっかけは昼間にあった少し腹のたつ出来事でした。仕事をする上でよくある陳腐出来事。そのことをつらつらと思い出すうちに、わたしに接する小さな関係に思い至り「だから君は駄目なんだ」と、自分が不甲斐なく情けなく、いつの間にか涙を流しておりました。ラベンダーゼラニウム香りを寝室いっぱいに満たし(無印良品のアロマディフューザー使用し)ても、涙が止まらなかったのです。

 起き上がってビールを飲みながら、眠りの時間が訪れるのを待っています

2017-06-08

妻が可愛すぎる。

手を叩くと駆け寄ってくる。

名前を呼ぶとにっこり微笑む。

アイスをあげると無言で食べる。

夜中に一人でトイレに行けずに僕を起こす。

風呂上がりにドライヤーをかけられながら眠る

なんなんだろう。奥さんとはこんなに可愛いものなのか。

異常に可愛いぞ。

メイアンドディッセンバー。

年の差を、童顔が更に引き離す。

気持ちは意外と男前

いつも笑顔の妻が可愛く頼もしくもある。

最近お腹が大きくなった。

ポコポコ蹴るのを楽しんでいる。

女の子だろうか、男の子だろうか。

お母さんのマインド胎児に伝わるらしい。

奥さんをめいいっぱい甘やかして、お腹の子にも幸せ気持ちでいさせてあげたい。

眠れない

過去の過ちを悔いると同時に将来に不安を感じている。過緊張になり眠ることができない。

心の整理が着くまでもう少し時間がかかりそうだ。

2017-06-07

パキシルの恐ろしい離脱症状

うつ病で7年間服薬してきたパキシルを切って、3か月たったころ。

吐き気やふらつき、船酔いのような違和感が徐々に収まってきた一方で、

情緒不安定悪夢、不眠がひどくなってきていた。

体調不良で1日有休をもらい、ほぼ寝たきりで過ごして目を覚ました夕方

異常な不安感とのどが締め付けられるような違和感、落ち着いて着席していられないほどの焦燥感が現れた。

一人暮らしの部屋にいるのが恐怖で、実家の母に電話し、眠るまで切らないでとお願いして2時間つないだままにしてもらった。

翌日からなんとか1週間出社した。

得体の知れない不安とひどい焦燥感は日増しにひどくなった。

時間くらいしか眠れない状態が2週間近く続いていた。

頭も回っていなかった。

「あと少し、あともう少し」と言い聞かせ、何とか出勤していたが、とうとう

職場でも着席していられない症状が現れた。

限界だった。

休職して実家で療養することになった。

主治医は、離脱症状ではない、うつの再発だからと服薬の再開を強くすすめてきたが、薬をやめたい一心だった私は最低限の睡眠薬安定剤だけ飲んだ。

症状は日増しに悪化していた。片時もじっとしていられず、家じゅうをうろつき食事も着席してとれない。

夕方~夜は多少落ち着くものの、寝起きから午前中は地獄だった。

ほかにも、のどが締め付けられるような違和感ヒステリー球というらしい)。

車やバスなどの狭い空間にいると閉塞感で落ち着かず、窓を開ける。

トンネルを通るときなどは恐怖で、運転席に座る母の腕にしがみついていた。

明け方日中も一人でいられず、常に誰かのそばにいて、それでも不安と恐怖が強いときは手を握ってもらっていた。

窓とドアを開け放しておかないと閉じ込められているような閉塞感があり、真冬なのに網戸にしていた。

テレビラジオで「殺人」「強盗」などの言葉を聞くとひどく恐ろしかった。

火星に一人で取り残される宇宙飛行士映画オデッセイ」も、恐怖でまったく見られなかった。

目にするもの、耳に入るもの全てが恐怖の連想につながり、今までどうしてこんな世界で生きてこられたのだろうと思った。

今思えば、脳内不安や恐怖の感情コントロールする偏桃体が、過度に興奮した状態だったのだろう。

こんなに辛いなら死んだほうがいいと思うほど、文字通り生き地獄だった。

2017-06-06

日光アレルギーになって生きがいを奪われた大学生どうすりゃいいんだ

タイトル通り。国立大学工学部男です、あまりに辛いのでここで吐き出させて貰います

所々にフェイクを入れてます

現在大学3回生。去年の冬に日光アレルギー(日光過敏症)を発症した。

休日部活中、よく晴れた日だった。

最初は、なんだか顔や身体が痒いなって程度だったんだけど、そこから1時間もしないうちに全身が熱くなって

顔や腕は真っ赤に。顔はパンパンに腫れていた。フラフラになりながらトイレにいって鏡を見て、

このまま治らなかったらどうしようってとても怖かった事を覚えている。

その後、どうやら日差しを浴び続けるとこの症状が出る事が経験的に分かってきて、ネット日光アレルギー存在を知り、

アレルギー科に駆け込んだらビンゴだった。治療法はなく日焼け止めを塗りたくって、日差しを避け、どうにか発症しないようにするしかないと言われた。

部活は辞めざるを得なかった。外で汗まみれになる競技だし、いかんせん晴れの日に1時間練習できないんじゃどうしようもなかった。

発症すると部員にも迷惑心配をかけてしまう。みんな良い人達で励ましてくれたんだけども、俺はそれも申し訳なくて、自ら退部を申し出た。

大学生活2年間、部活、この競技に週5日で捧げてきた。中学から続けてきた。

中学高校顧問に怒鳴られながらやる部活とは違って、自分達で考えて合理的に強くなろうという大学体育会雰囲気はとても好きだった。

全国的ではないけど、地域ブロックの中ではそこそこ強くて、部員意識も高く、下積みと体力強化の1年生を耐え

やっと試合にも出させて貰えて楽しくなってきた時の出来事だった。

3回生に進級して、部活を失って俺にはもう、ただただ喪失感しかない。

好きなものを、青春を、頑張ってきたものを突然奪われた。

アニメ好きな人は、突然二次アレルギーになってアニメを見ると、凄い頭痛がするとか、

読書好きな人は、活字アレルギーになって本を読むと高熱が出るとか。

下手な例えだけれど、本当、自分が好きな者が突然どうしようもない理由で奪われるという事を想像して欲しい。

ただただ辛い。

真面目に学校の授業に取り組もうかと思ったけれど、自分いかに遅れているのか嫌でも気づかされる。

1,2年生。部活の事ばかり考え一夜漬けごまかしてきたつけで、力学工学数学も基礎ができていない。

授業が何一つ理解できない。周りの学生達は,やれインターン研究室やらtoefl,toeicだと真剣に将来について考えだしてる。

俺は部活スポーツ現実からの逃避先にしていたのかもしれない。好きな事に打ち込んでいると嫌な事を忘れられるし、

それに体育会系出身就活でそこそこ有利だっていう甘い考えもあった。事実、先輩達も、なんだかんだ留年したり、成績が悪くても就活は上々だった。

そんな俺に見かねた神様悪魔かご先祖様か、居心地の良い逃げ場への道をばっさりと絶たれ

いい加減、現実に向き合わなければならない時が来たのかもしれない。

結果として3回生になって大学にはほとんど行けていない。次の目標もやりたい事も見つからず、

散らかった部屋で昼過ぎに起きる。そしてまた自己嫌悪と自嘲を繰り返して死にたくなりながら眠る

このアレルギーで、外に出るにも日焼け止めをべったりつけて糞暑い中、長袖長ズボンを着て、夏になると日傘なんかも考えなければならない。

予防のおかげで顔や腕がパンパンに腫れることは少なくなったけど、それでもよく晴れた日は、夕方風呂上りみたいに身体がのぼせているみたいになって

微熱が出て、倦怠感に襲われたりもする。アレルギーのせいなのか精神的なものなのかも分からなくなってきた。


暗い話を長々と綴ってすみません

アレルギーのせいにしてグチグチといつまでも拗ねている自分が情けなくて、悲しくて、勢いで書いてしまいました。

楽しい大学生活の未来が、青春が、閉ざさてしまったような気がして、何をする気にもなれないんです。

2017-06-04

[]6月4日

○朝食:麻婆豆腐クックドゥ的なやつで自分で作った、辛くなる粉を入れたら辛いを通り越して痛くなった)

○昼食:野菜サラダ

○夕食:考え中

調子

なっんにもできなかった。

というのも、まず昨日の夜寝付けず朝の五時ぐらいまで起きてて、

それでも頑張って午前九時には起きて、Netflix映画でも見ようと思ったんだけど、なぜかここで何度も何度も見たことがある1stガンダムというチョイス。

しかも、眠くてうつらうつらするせいで「フラウ、君は強い子だろ!」のあと、意識が飛んで「笑うなよ兵が見ている」まで一気に進んだと思ったら、そのあともすぐ寝てしま

連邦の新兵器でしょうか!?」まで一気に進んでしまった。

そのあとも、ほぼ無意識で続きの哀戦士を見始めるももう丸々覚えてない。

これはまずい、真面目に見るならまだしも半分以上眠りながら劇場版ガンダム見るだけの休日はよくない! と思い、めぐりあい宇宙は見ずに、

散歩に出かけた。

はいえ、お金はないので、本当にぶらぶらするだけ。

いい天気だなあ、とか呟きながらぶらぶらぶらぶらして、二時間ぐらい散歩して帰って来たら、

もうまた眠くなってしまい、夕飯も食べずにこんな時間までぐっすり寝てしまった。

あーーーーもう、本当よくない。

なんかここ数週間、こんな感じで休日ただ眠るだけみたいな、面白みがない休日を送ってる気がする。

あれなんよ、ゴールデンウィークポケとるがひと段落ついたせいで、ゲームもろくにプレイしてないし。

(SINE MORAクリアしたのがまともにプレイした最後な気がする)

なら、据え置きやればいいのに、据え置きに対して本当腰が重くなってるし。

もうトゥームレイイダプレイしたいって、一年ぐらい言い続けるの、本当自分自分不愉快

やりたいゲーム山ほどあるんだからちょっとずつでもプレイすればいいじゃん。

反省しよう、反省

まず、XboxOneを起動したら無意識のようにNetflixを立ち上げる癖をやめよう。

ゲームを起動しよう、ゲームを。

ゲームがしたいんですよ、ゲームが。

3DS

ポケとる

デイリー要素こなし。

iPhone

○はねろコイキング

トレーナーランク22。

コイキングは、24代目。

コマスター

ログボのみ。

2017-06-03

セックスレスに一回なったら復活するとかあるの?

一度セックスレスになった二人が

もう一度セックスフルになることなんてあるだろうか。

夫とは付き合って6年、結婚して1年。

すごぶる仲良しで、動物のように戯れあって、

一緒のベットごろごろして、身を寄せ合って眠る

それはとても安心する。

でもその戯れに、性的湿度はいっさいない。

しろ思春期以前の男児女児が、犬っころのように遊んでいるのによく似ている気がする。

夫と私が、セックスをしなくなってから3年ほど経っている。

楽ちんで心地いいこの状況に、深刻な名前を与えるは何か違う気もするけれど

まあ、紛れもなくセックスレスなんだろう。

そんなこんなで3年間、とりわけ問題なかったのだが

ふと最近発情期なのか、ああセックスしたいなあと無性に思うようになった。

しかしこの発情を、犬っころのように仲の良い夫に手向けるのは、

何かとても気持ち悪いと感じ、気持ち悪いと思っていることに愕然とした。

もしかして私はもう、夫を裏切るか、失う形でしか

一生セックスできないんじゃないか

ああ、恋愛結婚セックスを一緒くたにしたのはどこのどいつだ。

2017-06-02

生活リズムってなんだ

仕事が終わって、疲れ切っているのにねれない日がある。2時間しか寝てねえわw状態で出勤し、さらに疲れ切って帰ってもねれない。翌日吐き気頭痛に耐えながら働き終えて帰ると、やっと倒れるようにして眠る食事すら取らない。頭痛で目が覚め、市販の鎮痛剤でおさめる。ボーとする頭で働き、また寝れない日々が始まる。

生活リズム大事!なんていうけれど、それってどうすればいいんだ?どうなおすんだ?就寝前1時間にはスマホテレビも見ないようにしているのに。軽いストレッチをしているのに。何が問題なんだ?変わりたい!と思って見ても、なかなかうまく行かずに困っている。5時間ベッドで横になりながら、寝れねえなあと1人しりとりを始めるのはもう嫌だ。

2017-05-28

http://anond.hatelabo.jp/20170528165844

2020年火星の旅… 超小型衛星で水などの検出目指す

山崎啓介2017年3月13日20時16分

シェア

46

ツイート

list

ブックマーク

1

メール印刷


[PR]

 総務省専門家会議は13日、火星を周回する超小型衛星を2020年に打ち上げ方針確認した。水分を検出するセンサーを搭載し、火星の地表や上空にある水や酸素の検出を目指す。成功すれば、日本衛星で初めて火星軌道に投入されることになる。

特集もっと!ロケット

 打ち上げ予定の人工衛星は、同省所管の情報通信研究機構(NICT)や東京大などが開発。重さ100キロ以下で、費用は数億~数十億円程度の見込み。打ち上げ用のロケットは未定。火星を目指す、他の人工衛星相乗り打ち上げる予定という。順調なら20年末ごろに軌道投入される。

 搭載予定のセンサーはNICTが開発。月や火星などで深さ数十センチほどに眠る資源探査を、広範囲にわたり実施するための技術もつなげる。

 日本火星探査では、1998年に打ち上げられた探査機のぞみ」が近くまで到達したが、必要装置が動かず、03年に宇宙航空研究開発機構JAXA宇宙科学研究所軌道投入を断念している。JAXAでは20年代打ち上げを目指し、火星を周回する衛星からサンプルリターンを目指す計画検討を進めている。(山崎啓介)

http://www.asahi.com/articles/ASK3F4TH3K3FULBJ00D.html

2017-05-27

大学生だけど日本土木業界を見下してる

正直彼ら仕事してない。

頭もわるい。器も小さい。声が大きくやたら騒ぐだけ。

親父がゼネコン営業部長してるけど、接待で酒飲んできた後、毎回荒れ狂って帰宅する。 

家の物を破壊する。母に怒鳴り散らす。

ひとしきり大声で暴れてから潰れて眠る。次の日は二日酔いなので遅く出勤したり休んだりする。

それでいて次の日に昨晩のひどい有り様を、破壊した皿を、(大分控えめに)指摘されてもケロッとしてる。

ごめんごめん笑おぼえてないけど気を付けるよ(ニコ

みたいな空気で謝る。

それが仕事だと思ってるから

嫌で嫌で仕方なくても、酒をしこたま飲みながら、お客さん笑をヨイショして、それで仕事を取ってきて、億を越える金が動く。

それが彼がプライドをかけて仕事だと思っていること。

ほんと下らないと思う。

億の金っていったい幾つの家庭の生活環境が変わる?

幸福を左右する?

その大金のかかった仕事行方が、おじさん同士のヨイショで決まってるんですかそうですか。

ヨイショしている方は内心めっちゃ嫌嫌だし。

やめろよそんな仕事バカじゃないか

幾つもの家庭の幸福が、酔っ払ったおじさんのご機嫌ひとつで決まるって、

今すぐ乗り込んでその場にいる全員メチャクチャに引き裂いてやりたいくらい間違えていると思うのですが。間違ってるよ、間違ってるよ、欠如してるよ良心が、共感力が、想像力が、世の中大変な中で生活してる家庭が沢山あるのに

理性的に、エビデンス判断しろよ!

最適な仕事相手を見つけるのに、接待っている?

社会的に大きな影響力を持つ仕事するならちゃんと責任持てよ!

あー、こんな感じで回ってるんだ少なくともこの業界は、

って言う印象。

下らないマウンティングをしていたい50歳以上のおじさんたち、早く退場してくれよ邪魔から、俺らこれから世代もっと真剣日本ヤバいと感じてるから、じゃれてふざけてるだけなら、そんな暇ないから、何でそんなノーテンキなんだよ、本当に邪魔から早く退いてくれ、いくらでもヨイショして気持ちよくしてくれるAIを搭載したロボット作ってあげるから配ってあげるから早くいなくなってくれ頼む。

50歳以上の奥さん方、あなた旦那さんが気持ちよく帰宅する晩、その裏に荒れ狂う親父が帰宅する家庭が存在していて、その家の小学生の息子と娘は、只ひたすら暴れる父親に怯え震えているかもしれないので、旦那調子に乗ってないかしっかり手綱を握って欲しい。

あーあもう

こんなバカばっかりならさっさと日本捨ててシンガポール行くわ

ウンコ漏らせ日本バカ親父ウンコウンコ

息子世代より

2017-05-22

RTA走者が最近話題にしている「腐界に眠る王女アバドーン」をセールの勢いで購入したものの完全に積んでいる

エロRPGは好きだけどホラゲが苦手すぎるということに気づくのが遅すぎた

かなしい

2017-05-21

適応障害会社を辞めた話

前職はそこそこのブラックだった。

サービス残業は当たり前、頻繁にある出張では移動時間は勤務時間に含まれず、出張すればするほど働かなければいけない時間が増えていく。

それでも制作として働いていた三年間は楽しかった。今思うとやり甲斐搾取ってやつだったのかもしれない。しかし同部署の先輩が二人辞め、いつの間にか案件外注してまとめる営業側に立っていた。

慣れない営業と、社内で処理したい小さな制作業務と、辞めていく人達の引継ぎに追われて、元々身体が弱かったこともあり、ある日ぽっきり折れてしまった。

不眠と動悸と頭痛と、今まで感じた事のない不安感に苛まれ心療内科に駆け込み、倒れこむように休職をもぎ取った。病名は適応障害だった。

それから傷病手当金会社で止まっていただの、退職届を出しても辞められないだの、しょうもない事で私の精神時間を消費し、病気は治る事もなく一年が過ぎた。転院したり、薬が増えたり、労基に会社をどうにかするよう頼み込んだが、労基に親に頼めと言われた事もあり、結局は親に連絡してもらってようやく辞められた。(傷病手当金会社経由で振込まれていたが、計算の合わない額が振込まれており、そこでも無駄に消耗した)

まったく休まることのなかった一年を経て、私の頭はどんどんおかしくなっていった。焦燥感不安感が常駐し、光や音に過敏になり、思考は胡乱になった。とにかく何かを作ってみようとアイディアノートに書き留めても、明日自分が引き継いでくれない。継続した日々ではなく、苦しみながら起きて安定剤を服薬し睡眠薬眠る、分断された一日を送るようになった。

最初休職してから、もう二年が経ったが、まったく良くなる気配がない。傷病手当金給付も昨年で終わり、貯金を崩しながら死んでないだけの日々を送っている。

はやく良くなりたい。

働きたい…。

2017-05-18

anond:20170517215920

「もし朝起きた時に知らないオッサンが俺のちんぽフェラしてたらと思うと」 うた/増田

 

目が覚めたとき オッサンに フェラされてたらと思うと  

怖くて眠れない 怖くて眠れない

フェラしてる オッサンは 知らない奴だと思うと

怖くて眠れない 怖くて眠れない

仮にオッサンの フェラテクが 身悶えするほどとしたら

振り払えるだろうか 振り払えるだろうか

俺は快楽に 勝てるだろうか

きっと気持ち悪いオッサンなんだろう

 

ハゲててデブで 脂ぎってて ウンコ口臭と思うと

ちんぽは臭くなる ちんぽは臭くなる

でもとんでもない テクニシャン 声出るほどと思うと

そのまま射精したい そのまま射精したい

イッたあと オッサンを 追い出せばいいとしたら 

抗えるのだろうか 抗えるのだろうか

俺は快楽に 勝てるだろうか

きっと自分の理性は敗北するだろう 

 

から俺は オッサンが いないことを願いながら

眠るしかない 眠るしかない

怖くて眠れない 怖くて眠れない

起きるのが怖い 起きるのが怖い

2017-05-17

もし朝起きた時に知らないオッサンが俺のちんぽフェラしてたらと思うと

怖くて眠れない

仮にオッサンフェラテクメチャクチャ上手くて

身悶えて声が出るほどの上手さだとしたら

はたして俺は快楽に勝ってオッサンを振り払うことが出来るだろうか

きっと気持ち悪いオッサンなんだろう

ハゲていて腹が出ていて脂ぎってきてタバココーヒー大好物ウンコ口臭

終わったあとちんぽはメチャクチャ臭くなるのだけども

それでもとんでもないテクニックのオッサンだとしたら

俺は快楽に勝てるのだろうか

射精したいという欲求に抗えるだろうか

イッてからオッサンを追い出そうと思わないだろうか

俺は自分の理性が信用できない

から、俺はオッサンがいないことを願いながら眠るしかない

起きるのが怖い

2017-05-15

夫が出張で居ない夜

ひとりだと、なーんもしたくない

飯も風呂も面倒

ごはん冷凍うどんチンして適当めんつゆと卵を落として食べるレベルまで落ちる

普段はなんだかんだ主菜副菜くらいは用意するのにね

眠ることすらおっくう

早く帰ってこないか

2017-05-09

大好きだった

先日ついに夫と別れた。嫌な面は山ほどあった。私にもいたらない部分があったんだろう。

高校大学社会人思春期からずっとともに過ごしてきても終わるときはあっけないものだ。

最後の会話は短かった。

「まあ……いろいろありがとな。じゃあ元気で」

それだけ残して夫は玄関を出ていった。

家の片付けはわたしがひとりでやった。台所には灰皿替わりのペットボトルタバコ100円ライターが残されたままだった。そういうところが本当に嫌いだった。

でもそんなタバコ一式を見ていたら思い出したことがある。

あれは高校三年の冬休みだった。まだ夫ではなく彼氏という存在だったときのことだ。

その日彼とわたし渋谷で飲んでいた。そして店を出てふたりブラブラしているうちになんとなく路地裏のほうへと足を向けていた。

気づくと「空室」のランプがともっているお城が目の前にあり、人目を気にしながらこそこそと入っていった。

ふたりともそういった場所へ足を踏み入れるのは初めてだった。鏡張りの浴室や足を包み込む絨毯より、ベッドの白さがなぜか印象的だったのを覚えている。

わたしは鞄もコートソファに放り出すと勢いよくベッドの上に乗った。

「ねえ、ねえ、すごい跳ねる。うちのと全然違う」

そんなことを言いながら飛び跳ね、部屋中を見渡していた。彼はソファ腰掛けながらタバコに火をつけ、煙で輪っかを作る練習をしていた。

ふたりとも枕元の避妊から意識的に目をそらしていた。わたしたちは無邪気さと冷静さを演出し合うことで、互いに緊張を見破られないようにしていたんだと思う。

そのうち飛び飽きたわたしは彼の隣に腰を下ろし煙を眺めていた。目が合うと、彼はふっと輪っかを私に向けて吐き出してきた。

「うざいし」

私は顔をしかめると鞄から香水を取り出し仕返しとばかりに彼に吹き返した。彼も顔をしかめていた。

ふたりをくるんでいる羽毛布団の中でのことはよく覚えていない。ただ彼の腕の中で眠るのが幸せだったのは確かだった。

翌朝、寒さで目を覚ますと彼はひとりで先に朝食サービスパンをかじっていた。わたしがベッドから這い出すと

「寒くない?」

と言ってわたしをベッドに押し戻し、布団の上から抱きしめてくれた。そういうところが本当に好きだった。

お城を出たわたしたちは、パン1枚じゃ足りないのでマックに入っていった。わたしハンバーガーを食べていると彼はまたタバコの輪っかを投げかけてきた。

「うざいし」

わたしは笑いながら顔を背けると香水瓶を掴み彼の鼻先に向けてプッシュした。

煙と香料の入り混じった匂いに包まれながらふたりでけらけらと笑いあった。

書いていて恥ずかしくなるくらい甘ったるい思い出だ。今となってはもう下らない思い出だ。

社会人になって思うことを書くよ!

この世は生きられない人間墓場だ。

朝起きて、遅くまで仕事という無意味時間を費やし、夜遅く眠る。つかの間の食事が唯一の楽しみ。

この愚行に生の半分を費やす

そんな人間否定をしているのではない。無価値みえ行為でも、自身が望み、

それを糧として生きているならば、それを笑う権利は誰にもない。

でもそんな人間は少ない。無意味ルーティンに甘んじている割には、不満が多すぎる。

俺は私はこんなところで終わる人間じゃない。

毎日歯を食いしばって頑張っている。家族を食べさせるためしかたなく。俺は。私は。

でも起きて働いて寝るのである

生きるための目標もなく、ただ時間を浪費する。屍も同然だ。

きっと一度はあがくのだ。

どうにか無意味生活から脱却し、今ここに我あり と大声で叫ぶ未来へ踏み出せないかと。

。。。そしてこの墓場に戻ってくるのだ。

だれもが、理想未来絶望し、自分が生きていること自体すら見失いのだから

それだけの悲惨な結末を前にしながら、おおよその人間は死を選ぶことはない。

他社と比較し、自己価値を無理に作り出すのである。より下の人間をつくり、愉悦を感じることでしか自己肯定を行えない。

しか見ることのできない人間ばかりが増えていく

これを墓場と呼ばずしてなんと呼ぶのか。

平日は不平不満を吐きながら、他社評価を気にし、

休日には自由時間謳歌した風を装い、自己肯定をせまる発信をする。

この生き物の存在は害ではないのか。

未来を臆し、弱きを悦す。この生に意味はあるのだろうか。

2017-05-04

かれこれ10年くらいセックスレス

でも抱き合うのは好き。おやすみキスをしていつも一緒にくっついて寝る。

むらむらする時はセフレと遊ぶ。それでしばらく落ち着いていられる。

以前は断られると、私の事が好きじゃないんだ、もう私には魅力がないんだって

悲しくなって沢山ケンカをしたけれど、今は平和倫理的問題はあるけれど平和な方がいい。

そんな1人が30代で立たなくなった。

毎日残業上司とうまくいかないらしい。会うと抱き合って昏々と眠る。ただそれだけの24時間

一見健康そうに見える。マラソン趣味で体力はある。だけどさわると玉が小さくなっている。うずら位。

もうずっと性欲がないそうだ。結婚たかったけれど、諦めたという。

最近子供ができないから、セックスができないから別れたという話を何度も聞く。

結構早いうちにヤレナクなる人は少なくないように思う。

ひょっとしたら、男の人にもあがり、、、があるのかもしれない。

そうなったらどんなにエロい事をしても苦痛しかならない、、、ように見える。

それでも、1人で居たくないっていう。

それでも、浮気は嫌だっていう。

それでも、結婚したいっていう。

みんな幸せになれたらいいのに。

2017-05-03

http://anond.hatelabo.jp/20170222153252

>気付いたら俺は彼女を俺から奪うアニメが嫌いになってて、彼女は俺よりアニメキャラのほうが好きになってた

>それで別れた

という箇所はどうかと思ったけれど、私も恋人配偶者家族親友などに自分趣味領域に入って来られるのは嫌だ。

それは趣味対象が単純に好きなだけでなく心の逃げ場になっているからなんだろうと思う。

同じ釜の飯を分かち合う事も一緒のお布団で仲良く眠る事も出来るのに、同じ趣味を楽しむ事だけは私は本当に出来ない。

私の場合趣味を取られたと感じた時、大嫌いになるのは相手ではなくて趣味の方だ。

(でもやっぱり相手に対して恨む気持ちも少しはあるが。)

膨大な情熱時間と金を注ぎ込んだのに、横から手を出されるとあっさり興味が失せてしまう。相手から、一緒に楽しもうとかこれが好きなんでしょうとか言われると、奪っておいて何を言うかと思ってイライラするし、益々冷める。

かといって、

相手趣味

という訳ではない。その逆もまたない。それとこれとは別なのだ

ただ、あまり趣味の事でずけずけ口を出されると、それが好意的共感的なものであっても精神的に支配されている様な気分になってしまう。この件に関しては私は何故か被害者意識旺盛だ。

でも、自分趣味を「もう飽きたから。」と言って棄てればそれで済む事なので特に問題になったりすることもなく、今まで生きてきた。

私的には結構問題だったんだけど、相手が怒ったり悲しんだりなんだりという意味問題になった事はない、という事なのだけれど。

本当は、私の事が本当に好きなら、趣味に関してはむやみに介入して来ないで欲しいと思っている。

2017-05-01

大学をヒイコラ言いながら卒業したけど未だに就職できてない 眠れない 眠るのが怖い 自分ができの悪い人間だと思うとこの時間を何かに使うべきだと思って眠れない

酒飲まないと眠れない 飲んで半狂乱で就職支援サイト見てるけど 優秀ではない 目立った資格もない 健康な体を持ってるだけ 病気で生きられない人に申し訳ない

こう言ってるけど本当は自分が甘えたがりで何もしてないくせに被害者ぶって味方が欲しいからこんなこと書いてるんだ

何がなんだか分からない いや 本当はわかってるはずだ 早くどこでもいいから働くべきだ

いつまで続けるんだ

早くしろ

そうやってお前はいつも逃げ続けている 自殺すらできない卑怯人間だ お前の頑張るはいだって常人のそれではない

明日からまた頑張ろう

許して

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん