「飲み物」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 飲み物とは

2020-05-29

近所の小さな公園

朝、昼、夕とそれぞれ木陰ができて、いい感じにベンチが設置してあって素晴らしい設計だなと思う。とても癒される。

ローラー滑り台みたいな目立つ遊具はないけど、そのおかげで使用禁止テープも貼られず、ブランコ、滑り台、砂場など毎日近所の子たちが代わるがわる遊びに来る。

近くの病院リハビリしてるお年寄り、お昼を食べるサラリーマン飲み物を手におしゃべりに来る若者、近くの保育園児、いろんな人が来る。

10メートルくらいある大きな木が公園を取り囲むように立ってて、もともと丘陵地帯だったのを切り開いて宅地にした名残なんだろうなと思う。この辺は森のような大き目の公園もあり、自然が多くて助かる。そのぶん坂は多いけど。

コロナ休園中毎日のように子供を遊ばせてたけど、しみじみこの公園に助けられたなと思った。育児が終わって年を取っても忘れられない思い出になりそう。

2020-05-26

anond:20200525203445

4枚カード問題

人の論理的思考プロセスが、論理だけによって構成されているわけではないことを示す問題

以下の2つのような問題のことである

4枚のカードテーブルに置かれている。

それぞれのカードは片面には数字が書かれ、もう片面には色が塗られている。

3・8・赤色茶色が見えている状態である

このときカードの片面に偶数が書かれているならば、その裏面は赤である」という仮説を

かめるためにひっくり返す必要があるカードはどれか?

4枚のカードテーブルに置かれている。

それぞれのカードは片面に年齢が書かれ、もう片面には飲み物が書かれている。

16歳・25歳・コーラビールが見えている状態である

このときアルコール飲料を飲んでいるならば、その裏面の年齢は18歳以上である」という仮説を

かめるためにひっくり返す必要があるカードはどれか?

これらは論理的には差がない問題だが、後者の正解率は前者のそれを大きく上回る。

コイン分配問題

6人が均等にコインを持つとする。

サイコロを2つ振り、1つ目の出目の人が、2つ目の出目の人にコインを渡す。

コインを渡す側の人がコインを持たない場合、何もしない。

これを繰り返すと少数の金持ちと多数の貧乏人ができる。

ビザンチン将軍問題

ビザンチン将軍問題は、将軍達がそれぞれ軍団を率いてひとつ都市を包囲している状況で発生する。

将軍達は伝令よるやりとりだけを頼りに、攻撃するか撤退するかの合意決定する必要があるとする。

(一部の将軍だけで攻撃を仕掛けても敗北することは明らかでであるため、全員一致で攻撃撤退かを決めなければならない。)

将軍の中に裏切り者が混じっている可能性があるとき、どのようにすれば正しい合意を決定することができるか?

2020-05-25

特に緊急でもないのに出社して、通勤経路の電車の中にコロナ患者がいましたといわれたばあい

通勤電車が全員で自分対象の上、会社が全員で、帰宅にわからないと、社員家族全員になるんだが

こどもが学校に行っていたら、学級全員の上、その親が全員

緊急でもないのに出社という考え方がよくわからない。さらにいろいろな話があるからだめじゃないし、きちんと情報読んで自分がどのパターンに当てはまっているかを大卒以上が判断できませんでしたとかききたくもないだろ。

条件を読んであてはまるなら出社すればいいし

条件を読んであてはまるなら、自粛継続だし

なにいってんだ?という意見を聞く

から、なんで都市ごと閉鎖になったのか理解してないやつがいて驚いた

で、第2声がじゃぁ!とか提案をしてきて、だから、その場合・・・というのを何個のアイデアに言い返さないと

自分素人で、相手プロなんだけどという 質問することは大事なんだけど・・・どうしたらいいかな。でも質問することは大事

あたまいたいから、飲み物飲んでくる

2020-05-24

ベーシックインカムから快適な配給制

https://anond.hatelabo.jp/20200521211842

当初政府はその問題を、不況と同じレベルで考えていたらしい。時代適応できない事業が淘汰され、自殺者が増えても、全体としてはやがてバランスが取れていくだろうと。

エコシステムってやつね。何かが壊れたり死んだりしても、時代に沿った形で自然復元し、バランスが保たれるはず、そう考えたのよ、政府は」

ところがそうはいかなかった。専門家の試算によると、復元不可能なほど、人も事業経済的理由死ぬことがわかった。あるいは海外に身売りする企業が増えるだろうと。実際、その兆しが見え始め、政府支持率も落ち始めた。

焦った政府は、そこで本格的に救済措置検討し始めた。それまでも単発的な給付金や貸付などは行っていたが、それでは間に合わなかった。

「結局いろいろあった後に、有望な事業は国が保護することになったの。うーん、半分国営化みたいな感じ?」

その経緯についてもっと詳しく聞きたかったのだけど、サタさんは「カショウに聞いて」と言って、説明を端折った。

一方、個人に対しては、継続的給付金、つまりベーシックインカム検討され始めた。

「その話が出たとき、もうみんな大盛り上がりだったわよ。そんなのできっこないって言いながら、本心ではみんなワクワクしてた。でもやっぱりね」

そうはいかなかった。財源が足りないのは明白だった。

ベーシックインカムの話が出るずいぶん前に、政府マスクと一時給付金を配ろうとしたの。でも、IT化の遅れのせいで、あちこちトラブルが起きたの」

IT化の遅れ。これはカショウも言っていた。簡単にいうと、それまで政府は、既存産業エコシステムに気を使いすぎて、新しい技術を取り入れることができなかったらしい。あと、かたちを伴わない情報データを軽く見ていたのも、IT化が遅れた理由ひとつだったと。

「そんなときおとなりの国がね、IT専門家――専門家って言っても学者というよりガチコード書くプログラマのほうね――を招き入れて、マスクをみんなに、均等に行きわたらせることに成功したの!」

その様子を見た役人か誰かが、本格的なIT化と、配給制検討することを政府に進言したらしい。そこではじめて、その技術価値に見合う予算が組まれ、実務的なプラン技術の選定が行われた。どういったリーダーエンジニア必要かも、“おとなりの国”を参考にして割り出し、その発案者は政府を説得した。

「そんな案、コロナ以前は絶対通らなかったわ。政府は、それまでの社会の基盤となっている業界を優先せざるを得なかったから。でもそのつながりを断ち切ったのがコロナだったの。コロナが新しい可能性のリミッターを外したの」

古い社会的基盤を維持するために、新しい可能性は活躍の場を奪われていた。そのことをサタさんはリミッターと表現したらしい。サタさんは、配給制バックグラウンドに、労働力不足があったことにも触れた。

「外出や人との接触制限されるじゃない?そしたら、必然的労働力も減るのよ。労働力が減ればつまり……、モノが減るの。外国との行き来もできないから、輸入も難しくなって……」

まり資源は限られている。その資源を過不足なく、国民に行きわたらせるには、現金よりも物資のほうが有効との考えで、配給制が有力となった。

「もうみんなガッカリよ。SNSは荒れまくって。配給制って、戦争の貧しいイメージしかないじゃない?あと、社会主義っぽい感じ?完全に私たち管理されてるような?」

しか政府へのネガティブイメージは、数年後にはまったく真逆のものに上書きされることになった。

「着いたわ、ここよ」

サタさんは大きな建物を指さした。その配給所は、この一帯の集積所も兼ねていて、ここからさらに小さな配給所にも送られるらしい。サタさんたちは、たまたまこの大きな配給所の近くに住んでいた。

「よくここで買い物したのよ昔は。いろんな服屋さんとかレストランが入ってて。懐かしいわ」

今は、積み上げられた荷物以外は人も物も少なく、がらんとしている。

サタさんは並んだ端末のひとつに、自分の小型タブレットをかざした。

指輪型とか時計型とかあるけど、私、指輪時計も苦手なの。だからずっとスマホ型のを使ってるの」

サタさんのタブレットに、荷物の格納場所が示される。その案内に沿って、僕たちは移動する。

「よう!サタちゃん

初老の男がこちらに笑顔を見せる。作業着らしい服装に身を包んでいる。サタさんも満面の笑顔あいさつを返す。

「前言ってたやつ。届いてたよ」

彼はそう言って、僕たちをその場所まで案内した。

配給所では、必ずこういったおじさんを見かける。彼らはたいてい、荷物を下ろすのを手伝ったり整理したりしている。

すでに紹介したとおり、この世界では、生活のための労働というのはほとんどない。たいていはロボットによって自動化されている。

じゃあなぜ、彼らはここにいるのか。

それは、ちょっと説明がむずかしいのだけど、彼らのパッションしか言いようがない。

まり彼らは、ここで作業を手伝うことを喜びとしているのだ。誰かと立ち話をすることを楽しむものもいる。黙々と作業するものもいる。

いずれにせよ、誰かから感謝言葉や、あるいは作業のものを、自分の喜びとしている。

カショウと行った盛り場なども同じで、過去にそういった経験のある年配の男女が、食事飲み物提供を手伝っている。配給所や盛り場に限らず、こういった自主的労働は、あらゆる場所で見られる。

「昔はみんな、生活のためとか、それが普通からって理由しかたなく働いてる人が多かった。労働苦痛だと思ってる人がほとんどだった。だけど今は、楽しみや自己表現でさえありえるのよね、働くことが。自由から

ちょっとした小遣いももらえるしな」

おじさんが笑顔でそう言った。

おじさんのような有志の労働には、ポイントが付加される仕組みになっている。ポイントは、この世界通貨のようなもので、モノやサービスなど、何とでも交換できる。僕たちは基本的政府の配給とサービスだけで生活ができるので、ポイントはまさに、趣味嗜好品のためのおこづかいと言える。

「昔のポイントカードのなごりね。もうちょっと気の利いた名前なかったのかしら」

ポイントが使われるシーンとしては、誰かのハンドメイド家具アート作品と交換したり、何か作業を頼んだ時に、その謝礼として送ったり。たいていは個人取引で利用される。

おじさんは振り返って棚のひとつを指さした。

「これだ。降ろしてやる」

配給物資だけでなく、個人取引荷物もここに届く。サタさんはうれしそうに小包を受け取った。

「これ、遠くに住む作家さんの作品なの」

おじさんは自走式のカートにすべての配給物資を積んでくれた。3、4日分の食料や生活雑貨なので、そこそこの量がある。

「前回は雑穀を頼みすぎたから、今回は減らしたのよ。その代り、今回はペーパー類がかさむわね」

配給制も、最初の頃はめちゃくちゃだったが、こんなに細かく調整が利くようになるとはな。便利なもんだ」

最初はね、あれが足りないとか、システムトラブルとか、大混乱だったわよね」

機械化が追いつくまでは本当にモノがなかったしな。でもあっという間に、人間労働力の不足を機械が埋めてくれた。それに今は……、ストレスが少ないから、ストレス解消のために無駄に消費することもなくなった。そんな気がするんだよな」

「リミッターもはずれたしね」

「ん?リミッターって?」

サタさんはフフフと笑ってごまかした。

「ほんと!何もかもストレスなくてラクになったわ。昔ほら、オンラインショップサービス定期購入ってあったじゃない?あれを政府が一括でやってくれてるような感じね、今の配給制って」

そう。配給制と言っても、一律で配給されるわけではなく、その家庭の消費傾向が反映されているので、不満を感じることはほとんどない。

各家庭ごとに一定の枠があり、その枠の中でならどんな組み合わせで発注してもかまわない。そしてその消費傾向はコンピュータ記憶され、次回からの配給プランに反映されるので、放っておいてもある程度その家庭の生活傾向に合った物資が届く。

「ただ、昔ほどバリエーションがないのは寂しいわね。昔はね、石鹸ひとつとっても、いろんな企業が、いろんな色や香りのものを売ってたのよ」

「今は需要の大きいものしか作らないからな、政府の一元管理から

技術品質コスト的に洗練されたものしか作らないとも聞きました」

僕も勇気を出して、会話に参加してみた。

「昔あった企業の、すべてのノウハウ技術結集させて作ってるからな。どの製品も、最高のところでコスト品質バランスが取れてる。まあ、どれも無難個性がないと言えばそうなんだが……」

「でもちゃんと、個性的なものもあるんだから。ほら!」

サタさんはさっきの小包を開けて、中から半透明のなにかを取り出した。鼻元に近づけ、においをかぐ。中に鮮やかな花が埋め込まれているのが見えた。明らかに量産された配給品とは違う、“誰かの作品”だった。

わたしこの香りが大好きなの!はい

そう言って、それをひとつおじさんに手渡した。かすかに清々しい香りが漂う。

「いやぁオレはこういうのは……」

「じゃあ奥さんに。ふふふ」

おじさんにお礼を言って、僕たちは配給所を後にした。自走式カートの後を、僕たちはゆっくり歩いた。

「ああいいにおい」

サタさんはその間ずっと、“誰かの作品”を鼻に押し当てていた。

俺の時だけ無難写真

推しの嬢と遊ぶとお礼日記画像付きでサイト掲載してくれる。

他の客には、胸の谷間がチラッと見えてたりサービスしてるんだけど、俺の時だけ無難画像(差し入れお菓子飲み物、盛大に盛ったセルフィ)ばっかり。

無理にサービスしなくても良い(ある意味、心を許してる)客という認識なのかな?って解釈してるけど、やっぱちょっと寂しい。

2020-05-22

臭くならない水筒運用

  • 口をつけて飲まない。カップに注いで飲む
  • 中身は熱い飲み物(熱湯を注いで作る)

メンテナンスが超楽だしお茶コーヒーも熱いのがうまい

冷たい飲み物欲しいときには自販機で買うか水道の水を飲むという割り切り

2020-05-21

机の上のペットボトル

飲み物どこだろうと1分探すほどの疲労

でも作業継続するぞっ!と思う気持ちをぐっとおさえて、まず増田

 

追記:はやく作業を再開して、すこしでも先にすすめなきゃっ!と思う気持ちをぐっとおさえて、まず増田

2020-05-18

最強の惣菜

その名はコロッケ

コロナのせいで「買い物は3日に1回」とか言われたんで、買いだめできて、満足度が高くて、飽きがこない食事を色々試行錯誤してみたのだが、

コロッケが最強という結論に落ち着いた。

一人暮らしが長いんで、自分が食うもののために手間をかける気は無い。材料が4つ以上書いてあるレシピ最初から失格である

適当に焼くか茹でるだけ、またはレンジorトースターで温めればできる物に限る。

すると、おかずのメインを張れるのは、肉を塩胡椒で焼くか、出来合いの惣菜を買ってくるしか無いのだが、

惣菜と言ってもチキンカキフライなどはそれなりに高い。それに毎食食ってれば飽きがくる。

肉も、毎食焼肉などやってられないし高い。サバは美味いしそこそこ安いが、米としか合わないのでレパートリー問題がある。

その点、コロッケは最高だ。

しろ安い。スーパーなんかだと一個50円程度だ。

ハンバーグチキンなら、安くても一個100円はする。

唐揚げなら一個50円でいけるが、流石に唐揚げ一個でおかずのメインを張るのは無理がある。

その点、コロッケなら一個で張れる。主食野菜飲み物に加えてサクサクアツアツのコロッケを一つ食べられれば、なんか「それなりの食事」をした気分になれる。

しかも、コロッケは大抵の調味料と合う。

ソースはもちろん、ケチャップマヨネーズ醤油焼肉のたれ、味噌、塩胡椒、スィートチリソース

豪華に行きたければ目玉焼きを乗っけても良い。

気分次第で何とでも合う。和食とも合うし、洋食とも合う。

米とも合う。パンとも合う。そばにも入れられる。パスタラーメンには投入できないが、横に置く分には問題ない。

冷蔵しても、トースターを使えばすぐさまサクサクホッカホカだから、肉や魚のように鮮度でクオリティが激減する事もない。

ということで、冷凍庫コロッケを常備。冷蔵庫では次の食事に使うコロッケを低温解凍中。

美味いし簡単だし、安いし飽きないし日持ちはするし。

コロッケは偉大だぜヒューッ。

現実に檜の棒で勝てるわけないだろ

発達障害とかが世間一般認知されるようになってから努力しないやつがその名を騙るようになった気がする。

自分はたった2年で4社もクビになった挙げ句鬱になって病院に駆け込んだら発達と軽度の知的認定を受けた人間なので、そういうのが許せない。というか同じにすんな。

私はエスカレーターの乗り降りができないし人とコミュニケーションとれないしストローじゃないと飲み物が飲めないしスプーンで飯が食えないし話を聞きながらメモがとれない。

だけど今は普通にクローズ正社員として働いてる。こんな田舎知的障害者雇用の出来損ないとか村八分だし、フリーターだと同居の親にも迷惑かけるから

エスカレーターいか階段使うしコミュニケーションとらなくていい仕事必死で探したし常にストロー使って飲み物飲むし飯は洋食でもほぼ箸をつかうしメモは話聞いてからあとで論点整理する。

いつまで檜の棒で現実つつき回してるの?私よりもいい武器持てる力があるんだから、「お前はいいよな」「人生イージーモードじゃん」て私に当たらないでくれ。

発達障害かも?って言うんなら病院行け。頼むから自称発達ってSNSプロフィール免罪符みたいに書くな。

下で飲み物買ってこようかと思ったけど別に買ってこなくてもいい気がしてきた

でも郵便受けは見てこなきゃ

左を向いてばかりで疲れた

バランスよく向いてないと病気になりそう

でも寝るときは右向いてる気がする

2020-05-17

anond:20200517105516

ハトムギゲンマイ、ツキミソウ

爽健美茶

ってあるけどさ

この中に入ってるもんがなんなのかさっぱりわかんねーのに、正体不明飲み物を飲んでる俺やばいよな

2020-05-16

小さい頃の思い出の場所が次々と駐車場になっていく

自粛中ではあるけどフラット散歩してみると、思い出の場所がどんどん無くなっていることを痛感する。

かつての思い出の場所は次々と駐車場になっている。

先頃の不景気では店を閉めようにも、物件をどうしようもないから、駐車場にしちゃった方がいいって判断なのかな。

かに一軒は店主が◯吊りで死んでたって聞いた。

そうなると次入れないもんなあ。

見事に後がコンビニになったり飲食チェーンが入った場所もあるけど。

俺が子供だった頃とはかなり様変わりしてるが、たった数十数年でこんなに明暗別れるか。

魚屋スーパーになった後駐車場になった。

八百屋飲み物屋になった後駐車場になった。

カメラ屋はそのまま駐車場になっていった。

カメラ屋は店主のお爺さんがうちの死んだほうの祖母ちゃんと昔恋人感覚だったなんて話も聞いたことあるから他人事では無かった。

まあ、元はと言えば俺が中学時代に初めて童貞を失った場所でもあるのだが・・・その話は勘弁してくれ。

まあそんな話は置いといて、本当に悩んだんだろうな。

悩みに悩み抜いて悩んだ結果。

本当は孫の代まで続かせようとも思ってただろう。

でも高齢化社会では後継者も到底OKしてくれないだろうし。

結局月極駐車場にするのが鉄則なのかな。

はぁーやっぱ緑茶が一番美味しいな。

砂糖とかアルコールとか変なもんが入った飲み物所詮2流なのだよ。

[] #85-3「幻の10話」

≪ 前

それから数日後。

「それでは第○○回、『チキチキ! ヴァリオリ制作委員会』の会議を始めます

総務である父の宣言と同時に、その会議は厳かに再開された。

ズズズッ」

「ジュルジュル」

「フーッ……フーッ…………フーッ!」

談合室に集まったスタッフたちは、拍手の代わりにコーヒーをすすって応える。

前回の反省点を活かし、今回は昼食後のブレイクタイムに行われていたんだ。

「フーッ……なあ、いつも思うんだが、砂糖入れすぎじゃないか? フォンさん」

青汁しかり、こんなもの割り切らないと飲めません」

フォンさんの前には、フロストシュガー入りの小袋が大量に開けられていた。

彼はコーヒーが好きなわけでも、甘党というわけでもない。

ただ体が欲しているか摂取している。

「ふっ、何らかのフィードバックを期待するなら、俺は栄養ドリンクでいいな……フーッ」

栄養ドリンクだってほとんどカフェイン砂糖がメインでしょ」

「だが煩わしくない」

先ほどからコーヒーを吹いてばかりなのはシューゴさん。

彼も黒い飲み物は好きではない。

それでも体が欲するから嫌でも飲んでいる。

他のスタッフたちも似たようなものだ。

必須ではないし、好きでもない。

ないならないで構わないが、あるならば漫然と求める。

それは社会人に許された強い味方(合法麻薬)だからだ。

「では飲みながらでいいので聞いてください。三回目となるヴァリオリの完全版制作について……」

昼食後で腹もふくれ、スタッフたちの精神は穏やかだった。

「前回の会議では、三回目となるヴァリオリの完全版制作において、特典映像として“幻の10話”を追加するかどうかで話し合いました」

それでも“幻の10話”と聞くと、室内は途端にピリついた。

カフェイン効果を発揮するには些か早すぎる。

「……そこで情報共有のため、今回は当エピソードについて資料をまとめてきました。お手元の資料を御覧ください」

スタッフたちは言われるまま、“幻の10話”に関する資料を読み始める。

中には絵コンテキャラクターデザインなどがまとめられていた。

「“お手元の資料を”……はんっ、一度は言ってみたいセリフだ」

シューゴさん含む古参スタッフたちは、まるでパラパラ漫画のように読み進めているが、新人スタッフにとっては興味深いものばかりだった。

特に彼らの関心を引いたのは脚本だ。

内容とかではなく“脚本があること自体”に。

「え、ヴァリオリにも脚本あったんですか!?

新人スタッフが驚くのも無理はない。

ヴァリオリの制作には、これまで脚本と呼べるようなものがなかったからだ。

次 ≫

2020-05-15

マスク着けたまま飲み物飲んじゃわない??

紙一重回避し続けてるけど、そろそろ危なそう。

anond:20200515103552

新しいものを試しもしないで否定するのは年寄りくさいって話と、売り言葉に買い言葉で老人って煽ってただけなんだよ。

実際に流行ものに興味を持たないのは老人だろ、若い人の中でも「タピオカ」という飲み物に興味が無くても、「タピオカ」に付随する情報は消費してる人は多い、まあ試しもせずに否定するってのは斜に構えててキモいけどな。

2020-05-14

一人暮らしQOL爆上がりアイテム

今まで生きてきた中で、買って使って「うわー!QOL爆上がりだー!」と思ったものをあげる。

なにせ10年以上も一人暮らしをしているので、「今コレかよ!」みたいなのもあるだろう。

もっと爆上がりしたいので、みんなもこのくらいの衝撃を教えてほしい。

しかしこういうのって、お金をきちんと払って爆上がりしても「爆上がりだー!」とはならないところあるよね。

「うむ、爆上がりである」みたいな、納得の爆上がりというか。

そういうわけで除外だ。すまん、dyson(エアクリーンめっちゃいい)。

・おだしがしみたきざみあげ

https://sagamiya-kk.co.jp/odashi/

一人暮らしなので、味噌汁インスタントである。そこにこれをたたき込む。

概して、インスタント味噌汁は尖った塩分の味がする。減塩にすると、やる気がなさ過ぎる。

それにこの甘いだしを真正からぶつけてやる、それだけで味噌汁に光が満ちる。

これを150円前後で世に送る相模屋はみんなにほめられていて欲しい。

Google nest mini

https://store.google.com/jp/product/google_nest_mini

Home miniを3000円で買った。

最初は天気だけ聞いて終わっていたけど、何ができるのか改めて見てみたらめちゃくちゃよい。

ラーメン湯がくときタイマーも叫べば勝手にセットしてくれるし、醤油が切れたとき買い物リストに追加もできる。

タイマーを叫ぶだけでセットできるのは本当に強くて、漂白剤のつけ置きもほったらかしにくくなった。

あと、おはようって言ったら朝のラジオニュースを流してくれる。少しこちらが心を許せば(許可設定)今日の予定も教えてくれる。

ラジオストリーミングができるもこのご時世にとても便利。

サーモスタンブラー

https://www.thermos.jp/product/detail/jde-420.html?color=S

サーモスタンブラー買った人あるある「氷が一晩経っても溶けきってなくてビビる」を経験して以降、虜である

まりタンブラーしか使わないので、先日、マグカップガラスコップをほとんど処分してしまった。

これは、偽物を買ってはいけない。偽物は、何か飲み口が分厚いのである

欠点レンジにかけられないことと、透けないので、きれいな色の飲み物を飲むとき寂しいこと。

暖房便座

バストイレ別で通常の便座が取り付けられていること、あると思う。

コンセントトイレ内にあるのを確認できたら、ウォシュレットまでいかずとも暖房便座は買うべきだ。

(退去時に前の便座にしてくれたら文句言われないはず…たぶん…)

便座がひんやりしていない、ただそれだけで人は優しくなれる。

anond:20200514104143

単純に、体内にまだ存在している食べ物飲み物(汚い言葉は使わない)の量じゃないかなと考えている。

2020-05-11

薬を飲むのが下手

自分子どもの頃から薬を飲むのが下手だ。いい大人になった今でも薬を飲むのが下手だ。



錠剤。小さい粒のものは二錠までならすんなり飲めるけど三錠になるとつらくなってくる。四錠以上は分けて飲む。

よほど苦い薬でなければ、いつも先に錠剤を口に放り込んでから飲み物を含んで飲むけど、その飲み物を飲み込む時に一緒に薬も飲み込むということができなくて、どうしても口の奥でいったん止まってしまう。

いったん止まってしまうと数秒〜数十秒は何故か喉の奥に力が入ってしまってすんなり飲むことができない。

さっきも正露丸三錠を飲んだけどやっぱり止まった。一度に含む飲み物の量はそんなに多くないはずだけど、なんでか力んでしまう……。



次は散剤。一番苦手。

なんであんシンプルにそしてダイレクトにめちゃくそ苦いんだ??と問いたくなる心を抑え、水→薬の順番で口に含むがやはり喉の奥が力んですぐに飲み込めない。

そして口の中に溶けていく散剤、広がる強い苦味、緩まらない喉奥、控えめに言って地獄である

中学生ぐらいの時、顆粒の胃腸薬を飲もうとしたら下手くそスキルが発動し思い切り噎せ、そのままゲロたことがあり、十年以上は経った今でもそれがトラウマ市販の散剤は買えないでいる。処方されたものは飲む。



カプセル剤。作った人は天才

苦味もなければ一度に飲む量もそんなに多くないので一番苦しまずに飲める薬。世の中の薬はみんなカプセル剤や糖衣錠シロップになればいいのにと思わずはいられない。




まりにも薬を飲むのが下手なもんで、恥ずかしながらヨーグルトに混ぜるとかゼリーに混ぜるとかやったことはあるけど、よくよく考えれば苦いから無理なのではなく(それでも苦いのは嫌だけど)、変に力んでしまうから駄目なのだ気づき、手間もかかるのでやめてしまった。

家族や身内は普通にすんなり飲めているようなので、逆になんでそんな下手なん?と聞かれてしまう。自分も聞きたい。

来世はすんなり薬を飲める大人になれたらいいなあ。

2020-05-10

マシュマロって古臭いおかしなの?

スーパーに買い出しに出かけた。

ちゃんと朝一の空いてる時間に行ってきた。

家族からマシュマロ買ってきて、とリクエストがあった。

なんでも、コーヒーに入れて飲むんだと。

なんか自宅の普通インスタントコーヒーがお洒落飲み物進化しそうなので、自分も一緒にやってみたくなった。ので、野菜や肉など一通りカゴに放り込んでからお菓子売り場を覗いてマシュマロを探してみた。

でも、チョコや飴の並びにないし、ゼリーラムネ菓子っぽいようなところにもない。

じゃがりことかポテチとか、スナック菓子系統の棚にもない。

そもそも取り扱ってないのか??と散々歩き回って、最終的に煎餅とかオブラートに包んだゼリーとかのある隅っこのスペースで見つけた。

おばあちゃんの家にあるようなお菓子系と一緒に並んでた。

マシュマロってお洒落お菓子じゃないのか?おばあちゃん系なのか?

考えてみたらマシュマロなんて自分で買ったの10年以上ぶりかも。その間にマシュマロさん、年取っちゃったの?なんかショック。

でもマシュマロ入ったコーヒーはおいしかったです。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん