「寝取られ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 寝取られとは

2020-05-27

野菊の墓破瓜とかかっている

これは間違いないことなんだよ。

ヒロイン寝取られ死ぬから流行ったんだよ。

そうでないならこんな作品歴史に残るはずがない。

何も知らない少年少女純愛の傑作といって読ませて絶望させたい奴らがその実態を隠して名作と持ち上げてきたんだ。

実に気持ち悪いだろう?

2020-05-26

お前の手元にあった永遠永遠ではなかった

きっと状況しか見ない奴ならそんなことを言い出すんだろう

でもなんであのラブプラスダメだったんだろう

というかもうみんなあの子達は同人誌寝取られ尽くして俺の嫁では無くなったってことなんだろうか

俺君は魅力的な彼女釣り合う僕じゃなかったから情けなく鬱勃起しまくってた頃にあの頃の僕を大好きな君がやってきて、その眩しさを直視できなかったのだろうか

まぁ単純にあのアプリが出来が悪かったんだろう

俺君がその時の潮流によって嫁が変わること、自分と似た声の女の子が好きになるかと思ったらただ若い声の女の子が好きだったこととかは関係ないんだろう

実際、嫁さんにしたら中古臭くなって抱けなくなったりしても、恋人っていうかなんか家族って感じになったらなんか膨れなくなって会社の後輩や新人にムラムラしないように家族にバレないように風俗バリエーション豊富さでスッキリするようになってもそういうのは関係ないんだろう

あの時ちゃん付けしたあの子も、さん付けしたあの人も、本当に一生を添い遂げるつもりなんてなかったし、そうならなかったか

からこれはあのアプリの出来が悪いから終わるんだ

ずっと前に終わってたものを掘り出して、また出会っても大してドキドキしなかった自分が悪いんだ

やっぱり永遠なんてものはなかったのだと、いつまで続くかわからない退屈な人生を進むんだ

2020-05-23

第二波が来る前に光太に寝取られそう

2020-05-22

世の中の論争たいてい俺に関係ない

アニメキャラ白人に見える…から何?

べつに勝手に言わせときゃいいだろ 白人と実生活で関わりないし、今後関わるとしても仕事とかだろうからアニメのことはどう思っていただいてても結構

ジェンダー感覚の話もどーでもいい 俺が女性と関わるのは仕事関係だけだし、雑談みたいなのもほとんどない 結構願望もないから今後婚活なんかをやることもない 女性上昇婚志向だろうと男性女性蔑視を内面化していようとどうでもいい 俺には関係ない 勝手にやってればいい

なにか関係ある論争があるとしたら、まあ政治関係か 行政は俺にも降りかかってくるから

でもそれにしたって、俺にできることって言ったら結局は選挙に行って一票投じるだけだ それにしたって政権監視頼んだ!とおもって共産党に入れてるだけだ 

なんつうか、全部どうでもいいんだよな

なのに怒りだけ受け取ってしまう 俺が怒ったってしょうがないんだ 関係ないのに

 

「寝取りと寝取られNTRで括るな」派のタカ派だったんだけど、結局のところ誰に感情移入するか・させるかの演出上の匙加減の話に過ぎないのではないかと思い始めているんだけど、どう思う?

これなあ そうなんですよ 寝取られあるところに寝取りありですからね 「日本国内にある上り坂と下り坂はどっちが多いか」みたいな話だ

でもやっぱりその演出上のさじ加減がどっちに寄ってるかってのが大事なんじゃねえかな 寝取りモノでビデオレター撮影して郵送するシーンとかあんまりないじゃないですか せいぜい写真とってLINEで送るくらいでしょ

寝取る側にしか見えないものもあり、寝取られる側にしか見えないものもある どちらを見たいかっていうのが寝取り派・寝取られ派を決めているんであればやっぱりそこは峻別した方がいい気がするなあ

まあハイブリッドというか、双方視点作品も増えてきてて、確かにそういうのは解釈次第としか言いようがないけどね!

2020-05-20

妹の友達が俺の欲しかったマンションを買った

俺が欲しくて欲しくてたまらなかったマンションを買ったということで呆然としてしまった

俺は数年前からここにマンションができるのかいいなぁいつかこマンション買いたいなあなんて言ってた

しかし当然そこまで収入がない俺には夢物語みたいなもので、きっと一生手に入らないだろうなあとため息ばかりでていた

そしたら、だ

から友達があのマンションを買ったんだよと言われて大混乱した

友達ってなんでそんな買う金はどうしたんだとかもう質問責めにまくった

俺が実家にいた頃に何度も連れてきたことがある子で俺も知っている子だった

どう考えても金持ってるように見えないと思っていたが

社長の娘ということを初めて聞いた

くそっ!!金持ちかッ!!!!!!

そう叫び俺は狂った。

ガキのように地団駄を踏み、全身を掻きむしり、あの女とは縁を切れッ!!!

そこまで妹に言ってのけた。

あのマンションが欲しかった

毎日毎日見上げていた。

だけど手に届かない。

それをあの、あの妹の友達が!!

あああああああああああああああああああ!

屈辱!!!

衝撃的な屈辱!!!

からそんな話を聞かせられたくなかった!

悔しい!悔しい悔しい悔しい!!!

あああああああああああああああああ!!!

増田あああああああああ!!

俺は悔しいぞおおおおおおお!!!

まるで俺の(俺のじゃないが)マンション寝取られた気分だああああああああ!

ああああああああああ悔しいいいいいい!

ああああああああああくぁああああああ!!

2020-05-06

寝取られた」より「捨てられた」のほうが興奮する

「寝盗られた」って言葉は、彼女じゃなくて間男主体性がある感じになるじゃん

そうじゃなくてさー

彼女自分意思で、俺という男を捨てて他の男に走ったって事に興奮するんだよね

こういう細部がオナニー大事なんだよな

2020-05-02

夕べのナイナイANN聞いてて、俺も死にたくなった

結婚しない男って視野が狭い、一人前じゃ無いって、あそこまでサンドバッグにされて俺も死にたくなった。

そんな俺は45歳独身彼女10年以上居ない。性欲も無いので風俗も行く事は無い。(ここが岡村と違うところか)

交際歴は3回ほど有るけど、寝取られとか他の男が出来たとかいつも俺の目の前を去って行く。

好きになって告白しても振られるし、裏でKKOが年甲斐も無く告ってきたキモいとかLINEで別の友人に情報が流れたり。

会社でも結婚しない男は一人前じゃ無い、なんで結婚しないんだと何百回言われたか課長昇進の人事も結婚していないという理由で流れた。

非モテとか言って元々KKOサンドバッグにされているけど、改めてKKO人権無いんだな。

死にたい

2020-05-01

anond:20200430223251

自分も人として尊敬できる人と性的にそそられる人は違うタイプ。ただ中二病時代寝取られものとか近親相姦ものみたいなエロコンテンツを嗜んでいたんでセックスに対する認知が歪んでいるせいだとは思っている。男性向けの美少女エロ漫画じゃなくて女子向けの少女漫画読んでれば違ったのかなぁ。

2020-03-25

anond:20200325101452

俺には異性の幼馴染がいたけど

俺より学歴年収も上のイケメン結婚たか寝取られた気分だよ

2020-03-11

NTRジャンルは真面目で正しい男性像の否定ファンタジー

NTRというジャンル醍醐味をいままでイマイチ理解できなかったのだが、最近作品読んでみて、とある共通点があることに気がついた。寝取られヒロイン彼氏の描かれ方がみな同じ、真面目で正しく、見た目も悪くないイケメン努力なのだが、彼女に手を出さないためにブサイクなおじさんに彼女寝取られしまうのだ。この共通した展開と描かれ方からNTRというジャンルは真面目な男性像をバカにすることが一つの楽しみ方として成り立っているのではと結論づけ始めている。時には彼氏の側にも非があったかのように描くことで話の流れを正当化しようとしたりもする。

現実に真面目な彼氏よりもKKOおじさんのチンコを選ぶ女性など見た目も内面もロクな女な訳ないのだが、NTRというジャンルでは見た目だけでも清純な美少女として描くことができる。だからsexさえうまければ、こんな可愛い娘がイケメン彼氏を蹴ってまで貴方を選んでくれますよという夢を見させてくれるのだ。

NTR全部がイケメン彼氏おっさん彼女寝取られる展開というわけではないのだが、割とよく見るので彼氏男性性を馬鹿にすることもこのジャンル醍醐味なんだろうなと思っている。

2020-03-09

続・続・デリヘル嬢してた時にこんなお客さんいたなっていう思い出。

anond:20200309152728

結露が凄いなんてもんじゃない部屋に住む人

新宿駅西口側の、どこか栄えてる感じの商店街から、一本裏道に入ったところに、その二階建てアパートはあった。住人の方は変に記憶にこびりつくような癖のある人ではなかったが、とにかく部屋が!特殊過ぎて記憶に残った。

どんな部屋なのかというと、間取り普通ワンルーム台所ユニットバス付な何の変哲もない部屋だったのだが、部屋全体がとにかく湿気っぽかったのだ。湿気てるというより、びしょびしょ、みたいな。

そこに呼ばれたのは1月下旬頃。関東地方が一番乾燥しているシーズンだというのに、そのアパート梅雨以上のジメジメだった。まずドアノブを触ると、ビッチャァ……ってする。シャワーを使うと、部屋全体が霞みがかったようになる。ガラスと金属の表面に結露がびっしり着く。そんな室内で、そこの住人は普通洗濯物を部屋干ししていた。

新宿は海に近いから」

と、その人は言った。いやいやいやいや、そういう問題じゃなくない?と思った。湿度の高い部屋の高い所にある本棚に、六法全書とか会社法の専門書などか並んでいた。これらも猛烈に湿気を含んでいるのだろうなあ、と思って眺めていると、「弁護士ではなくて普通会社法務関係仕事をしているんだ」と教えてくれた。弁護士裁判官検察官以外でも法律勉強をしなければいけない人がいる、ということを、私は初めて知った。

スッパマンとDr.マシリトを足して二で割ったような容貌の人だった。まだ商店街には沢山人が歩いている時間に、部屋の明かりを消してプレイするというのは中々乙なものだった。明かりを消しても外が明るいのであまり暗くないし、外が賑やかなのだ

ところで、ある女性エッセイストでやっぱり西新宿に住んでいた人が、部屋の湿気が凄かったとエッセイに書いてたような気がしたが、同じアパートあるいは同じ商店街に住んでいたのだろうか。

プロオーケストラ奏者

1月下旬ですでに花粉症にかなりやられている人だった。演奏中にくしゃみをする訳にはいかないので、きつめの薬を飲んでいるが、そうすると今度は眠くて仕方ないと言っていた。

弦楽器をいくつも持っていて、それらを見せてくれた。楽器名前を当ててみてって言われたので、左からヴァイオリンヴィオラチェロコントラバスですって答えたら、感心された。どこで教わったのって聞かれたので、中学音楽教科書に載ってましたって答えたらなんかガッカリされた。

普通プレイした気がする。

変わった灰皿を持っている人。

鰻の寝床状のやたら細長ーい部屋に住んでいた。騒音をとても気にしていた。部屋の一方の端にテレビ、もう一方の端にソファー、その裏手にマットレスとお布団を敷くという、変わったレイアウトのお部屋だった。棚の横に弦の張られていないエレキギターが三本くらい飾られていたので、ギターを弾くのですか、と聞いたら、いや全然弾けないから、という答え。後に気づいたが、部屋にエレキギターを飾ってる人って大抵、エレキ言及されるのを、何故か嫌がる。

その人は喫煙者で、煙草の吸殻を円筒形の灰皿に捨てていた。その灰皿は蚊取線香の入れ物にちょっと似ていて、そして蓋の中央に黒いボタンがあって、それをポチっと推すとプロペラみたいなものビューンと回って、吸殻を缶の中に落とす。そんな仕組み。

初めて呼ばれた時に、その人はソファーに座って煙草を一本吸い、灰皿に押し付けて揉み消し、ボタンを押した。吸殻がビューンと灰皿の中に消えたあとで、その人は言った。

楽しい?」

「何が?」

と、私は答えた。

「日々」

と、彼は言った。

日々!?なんかよくわかんないけど凄くカッコいい!!私はこくりと頷いた。

そんなカッコいいその人の趣味飲尿だった。

そして、お竿があまりにも大きくて太すぎるのに苦労しているようだった。なんとか本番をしたいといって頑張っていたが、どうやっても私の中に巨大なお竿は先端数センチも入らず、最終的にはおしっこ飲ませてくれればそれでいいよ、みたいな妥協をしていた。

(どう見ても明らかに入らない巨大さなので、私はあえて本番を断らなかったのだ。どうせ無理だから

その人はドライバーさんに女の子の尿を飲みたいとオーダーしていたらしく、その人から指名が入ると、私はドライバーさんから、さあ沢山お茶飲んで!と急かされた。

でも、お茶を大量に飲んでもいざプレイになると緊張して一滴も排尿出来ず、プレイ後にマンションを出た途端にトイレに行きたくなって、ドライバーさんにトイレくらいお客さんのとこで済ましなよー!と文句を言われたのだった。

ロックな見た目だがギターは弾けないと言い張る、エレキギター所有者

一体何でそんなにギターは弾けないと強調するのか謎。別に弾いてって無茶ぶりした訳でもないのに。

「ただ聞きたいってだけで他意はないのだけど、その傷って何?」

と私に聞いてきた唯一の人である子供の頃に病気の手術をしたときの痕で、結構目立つのに、お客さん達はその人以外は誰一人としてツッコミを入れて来なかった。

私が正直に手術の痕だと答えると、

「ほー。これまたただの素朴な疑問だけど、気にしたりとか全然したことないの?」

というので、

赤ちゃんの頃についた傷なので、あるのが当たり前で気にしたことないです。お客さんとしては気になるものですか?」

と聞き返したら、

「いや全然気にしないよ!」

とのこと。

気にしないのかぁ。

職人さん。

あるものを拵える職人さん。何を作る人だったかは、身バレしそうなくらい珍しいものなので、内緒

お部屋の調度品がオリエンタルな感じだった。中国のもの韓国のものかよくわからなかったがとても良いもののように見えた。

私がお絵かきをすることが好きな癖にアートに関する知識サッパリ持っていないと知るや、ビアズリーの版画の画集を出して見せてくれた。世の中には観るべきアートが沢山あるよ、と。

オリエンタル家具を置いた部屋の隣の寝室にはロードバイクが突っ込まれているという謎。しかも本人は運動とは全く縁の無さそうなポヨポヨ体型だった。万引き常習犯と同じくらい腹筋がない。でも七十歳前後のお爺さんなので腹筋がなくても別におかしくはないのかもしれないが。

こうの史代の『夕凪の街、桜の国』を絶対に読むべきだといって、無理矢理押し付けるようにして貸してくれた。

「君には化粧なんか不要だ」

といって顔面シャワーかけるのは迷惑以外の何ものでもなかった。風俗嬢が素っぴんで出勤して、誰が喜ぶんだよぉ。

その人は過去お気に入りの嬢をドライバーのNさんに寝取られた(?)とかで、Nさんをやたら敵視していた。

小説家

私は指名されただけで、実際会ったことはない。指名をされた日、丁度私は休みだった。

当時私はその小説家の大ファン著作殆どを読んでいるほどだったが、かといって作家本人には会いたいと思わないので、指名された日に丁度休みだったのは、運が良かったかもしれない。

店長は、その小説家常連客だというのに嫌っていた。一方的ライバル認定していた。

「そんなヤツより、増田ちゃん誰か他に有名人で会いたい人っていないの?」

店長が言ったので、

「んー、強いて言えば、Gackt

と答えたら、

「何でGacktなんか!?

店長はぷりぷり怒り出した。何でそんなにGackt嫌われているのか謎。お笑い芸人なら結構会わせられるツテがあるよっていうから

「じゃあレイザーラモンHG

って答えたら、「無理。」って即答された。

好きな風俗嬢の出勤日を確認するだけで寝取られたみたいな気持ちになって興奮する

2020-03-03

anond:20200303184026

強姦ではない範囲で女が寝取られしょうがない。新しい恋をみつけるまで数ヶ月、失恋旅行でもしてまたがんばるしかない。

anond:20200303182624

女のほうに感情移入してるから、「寝取り」と「寝取られ」良さの違いがあんまり判らないのではと感じるときはある

2020-03-02

人気ジャンルフォロワー寝取られた話

別によくある話だろうと思ったけれど、もやもやは治らないので書き記しておく。

私はオタクである推しのいる二次元オタクである

ある一人の推しを至高とし、別ジャンルでも一応推しを見つけたりするけど結局その最上推しに戻ってきてしまう、自ジャンルから離れられない、そういう人間である

推しジャンルは既に終了したジャンルである。そしてマイナーである

旬が過ぎたこからたくさんいたはずの同ジャンル仲間はほぼ皆無となっていたし、私は拗らせすぎて自分以外の解釈を受け入れられなくなっていたので、そもそも同担拒否をしている孤独オタクだった。(私の解釈を受けて語ってくれるフォロワーツイートは喜んで食べていた)

かつてジャンルで繋がっていたフォロワーはそのほとんどがジャンル移動し、私は新規で繋がるときジャンル関係なく「信頼できるフォロワーフォロワー」という観点で繋がるようになった。

名前も知らないジャンルごった煮なのは私のTLでは普通だし、知らないジャンルでもフォロワーが楽しく創作しているのを見るのはほっこりした。

けれど私がそういうジャンル違いの人達と絡むことはあまりなかった。

結局みんな自ジャンル同士で語り合うのが一番楽しいのだ。

そうした中で、ジャンルは違えど馬合い、特に仲のいいフォロワーが数人できた。彼女ら同士も繋がっており、グループのようなものができた。

いわゆる、身内というやつである

全員が全員ジャンルが違うというわけではなく、共通の自ジャンルを持つ人達もいたが、まあ、バラバラではあった。

最近アニメ化などで爆発的に人気が出た巨大ジャンル」みたいなのに属している人は一人もいなかった。雑食ゆえサブでそこにも手を出してる人はいたが。

同じジャンルにいる者同士ならそこで盛り上がることもあったが、基本的に何かを話すときは身内みんなでわいわいとやっていた。

こういうネタを私の推しでやったら、○○さんの推しなら、といった感じであったり、他愛無い日常ツイートであったり。

とにかく、私のTwitter人生で一番楽しい時間であった。

ジャンル関係なく仲良くしてくれるフォロワーは貴重だし、向こうもそう言ってくれていた。

転機は一人が某人気ジャンルにハマったことで訪れる。

元々自身フォロワーが多く人望もあった彼女は、次々にフォロワーに新しい自ジャンル布教していった。

私も熱心に布教されるも、当初そのジャンルに刺さるキャラがおらず、TLの名も知らぬジャンルと同じように「ふーん? よくわかんないけど沼で暴れてるフォロワーは好きよ」みたいな感じで眺めていた。

作品自体面白かったし、あとから顔がいいな〜声もいいな〜という程度の推しもできたので、履修そのものはしておいたけれど、二次創作に手を出すほどではなかった。

布教の手が身内にまで伸びたことで状況は変わった。

ジャンルバラバラで、だからこそお互いを尊重し仲良くできていたところもある私たちだったが、身内の大半がそのジャンルに染まったのだ。

私は「そこまででは…」というレベルだったが、そのジャンルが好きになれなかったフォロワーが一人いて、身内グループから離れた。

創作ネタを語る時も、枕にそのジャンル名がつくようになった。

居心地は確実に悪くなった。

布教主による布教はまだ続いていた。今度は別の人気ジャンルだ。

今度は私も作品を触ろうという気にもならなかった。そんな余裕はなかったし、先のジャンルと違いいいと思えるキャラクターが一人もいなかった。

身内グループガッツリ次の人気ジャンルにもハマった。

日常ツイもほとんどなくなり、ツイートするのはそのジャンルのことばかり。身内と絡むことはほとんどなくなり、ジャンルに苦手意識すら抱くようになった。

私の男趣味はみんな知るところだし、あまり反応せずにいたらそれで察したのか、彼女から私への布教はなかった。されても困ったが。

ジャンル違いといえど身内内でお互いの原作は把握していたので、○○さんの推しってこういう話似合いそうだよねだとか、そういうのもあったりしたのだが、私に対してだけ完全になくなった。

身内グループは、完全に共通の人気ジャンル民だけで固まっていた。というかそれでハブられるのは私だけだった。

ジャンルが違っても仲良くしてくれたフォロワーは、既にいなくなっていた。

ジャンルの切れ目は縁の切れ目という言葉がある。今回のことはそれに近いのかもしれない。

しかそもそも私達はジャンルいである。切れ目というか元々切れていたのだ。

まり、私と彼女らに元から縁などなかったのだろう。

笑ってくれ。

2020-02-27

[]安野モヨコ脂肪と言う名の服を着て 完全版」

太ってるけど彼氏いる女

OLやってるけどストレスたまってて食いまくる

彼氏は同僚に寝取られてるのに

彼氏主人公を見下して安心してる

ひたすら逃げるように食いまくる

途中でダイエットしようとするけど今度はひたすら食べて吐くようになる

最後はぶったおれるけどまた太るか食べて吐いてを繰り返すことになるんだろうなという救いようのないオチ

つまんなかった

2020-02-23

悔しがるオタクに興奮してNTR好きなのかも

俺は処女厨のくせにハーレムを好むようなオタクがなぜかわからないがめちゃくちゃ嫌いで、出てくる女キャラが全員主人公にどんどん惚れていくような作品を見るとかなりイヤ〜な気持ちになる

一時期ハマって見てた小説家になろうはそういう「処女厨・独占厨かつハーレム好き」みたいなウンコ野郎ものまり場になってて、ちょっとでもNTRっぽい展開が出てきたら感想欄が罵詈雑言で埋め尽くされてた

俺はたぶんそこでキレてる独占厨たちを見て興奮を覚え、NTRジャンルにハマったんじゃないだろうかと思う 

自分がどうこうというより、処女厨・独占厨が自己投影してそうなキャラクターからヒロイン寝取られることが一番大事 

から、かなりの助走があってかつ最初から人妻寝取られ」みたいなタイトルではないような作品しか抜けなくなってきた 

普通作品っぽい流れを長々やったあとに主人公好意的だったヒロインが敵なりなんなりに寝取られないと興奮しない

オタクのせいで性癖がもうめちゃくちゃだ どうしてくれるんだって気持ちがずっとある

anond:20200222045511

オタク特有純愛至上主義処女厨の裏返しだと思ってる

学生時代に、白いワンピースと麦藁帽子黒髪ロング少女ひまわり畑でデート」的な行為が出来なかった

そういうオタク恋愛文化カップル文化貶める行為快感を得るように倒錯した結果じゃないかな?

NTRスキー寝取られ彼女の姿ではなく、その向こう側にある「恋愛至上主義」をレイプする事に興奮しているんだよ

ゼロ年代ポストモダン言論

anond:20200222045511

女性価値観バカにしてるからに決まってるだろ

どうせチンポ大きければ良いんだろう

マンコ濡れたらいいんだろう



そのくらいしか女性感性に興味がないんだよ

から女性の言う「清潔感がない」に対しても食って掛かるんだよ

理解する能力がないからね

レイプで好きになっちゃうと思ってるから寝取られ物でもそういう表現しかできないだけのかわいそうな存在なんだよ

anond:20200222045511

エークセレン

ところでマスタはどんな寝取られシチュがビンビンエクセレンなんだい?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん