「アート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アートとは

2020-05-28

咳がゴッホ

俺の名はチャックカウパー

好きな歌手は「シンディローパー米国美空ひばりと言われる人物である

好きな女優は全盛期の「アリシア·シルヴァストーン」今や見る影もなしと言われるのもむべなるかな。

好きなドラマは「ウォーキングデッド 」かの養老 孟司先生が「ウォーキングデッド」の面白さを理解きぬ人間は下等生物に等しいと評した名作。

好きな食べ物は「虎白のテイクアウト二段弁当見城徹が舌鼓を打つ1万6千円のお弁当だ。

好きな旅館強羅花壇もとい「あさば」小佐野賢治愛人としけ込み、許永中先生銀座ママと喧嘩したことで有名なルレ・エ・シャトー認定されている老舗旅館

好きな漫画は「サンクチュアリ」いわずもがな小泉進次郎が一番好きな漫画

好きな選手は「松山英樹日本最高峰アスリートイチローを超える日も近い。

好きな絵画は「ラッセン」いまや糞アートシャガールリトグラフ以下。

 

あなたの好きなものも教えてくれませんか?

 

漏れなく一言コメントさせて頂きます

長文失礼m(_ _)m

2020-05-27

anond:20200527071359

人が「見て見て!」と言って見せてくるもの基本的例外なく広い意味での局部だけである

まりエクセルアート局部なのである

露出狂はみな好奇心と興奮が繋がって自己の中で完結しているためその見せようとするもの他者にとって局部のようなものであることに気づいていない

幼いころは誰もが「見て見て」をやるものだが次第にその行為局部露出性質に気づいてしなくなるものである

anond:20200527205046

低俗ファン低俗運営者もいるけどそれとは距離を置きつつ、慣例化したアレゲビジネススキームに飲まれないよう欲をコントロールして賢く付き合えば

文芸的にも映像的にも総合芸術的価値はなかなか高い作品もそこそこあるんだよ

オタク文化らしい先進的な価値観についていけるなら意外と高尚に楽しめる

時代の核心をつくような表現に打ち震えて涙するような場面も個人的には何度も経験してきた

まあ玉石混交の中から光るものを選ぶコンテンツ選びが肝要なんだけど

少し触れてみて思想性を感じるものアート的に洗練された雰囲気のものを選べばそこそこアタリ率が高い

良いものが売れているかどうかはまた別なんだけど、そこがまた奥深いところで発掘の楽しみもある

anond:20200527191436

今まで「情熱があった」と思ってるもの全部受動的だね。

音楽は聞くだけ。アートマンガを見るだけ。料理は食べるだけ。何か一つでもいいか死ぬ前にクリエイティブなことをしてみたら。

2020-05-24

ベーシックインカムから快適な配給制

https://anond.hatelabo.jp/20200521211842

当初政府はその問題を、不況と同じレベルで考えていたらしい。時代適応できない事業が淘汰され、自殺者が増えても、全体としてはやがてバランスが取れていくだろうと。

エコシステムってやつね。何かが壊れたり死んだりしても、時代に沿った形で自然復元し、バランスが保たれるはず、そう考えたのよ、政府は」

ところがそうはいかなかった。専門家の試算によると、復元不可能なほど、人も事業経済的理由死ぬことがわかった。あるいは海外に身売りする企業が増えるだろうと。実際、その兆しが見え始め、政府支持率も落ち始めた。

焦った政府は、そこで本格的に救済措置検討し始めた。それまでも単発的な給付金や貸付などは行っていたが、それでは間に合わなかった。

「結局いろいろあった後に、有望な事業は国が保護することになったの。うーん、半分国営化みたいな感じ?」

その経緯についてもっと詳しく聞きたかったのだけど、サタさんは「カショウに聞いて」と言って、説明を端折った。

一方、個人に対しては、継続的給付金、つまりベーシックインカム検討され始めた。

「その話が出たとき、もうみんな大盛り上がりだったわよ。そんなのできっこないって言いながら、本心ではみんなワクワクしてた。でもやっぱりね」

そうはいかなかった。財源が足りないのは明白だった。

ベーシックインカムの話が出るずいぶん前に、政府マスクと一時給付金を配ろうとしたの。でも、IT化の遅れのせいで、あちこちトラブルが起きたの」

IT化の遅れ。これはカショウも言っていた。簡単にいうと、それまで政府は、既存産業エコシステムに気を使いすぎて、新しい技術を取り入れることができなかったらしい。あと、かたちを伴わない情報データを軽く見ていたのも、IT化が遅れた理由ひとつだったと。

「そんなときおとなりの国がね、IT専門家――専門家って言っても学者というよりガチコード書くプログラマのほうね――を招き入れて、マスクをみんなに、均等に行きわたらせることに成功したの!」

その様子を見た役人か誰かが、本格的なIT化と、配給制検討することを政府に進言したらしい。そこではじめて、その技術価値に見合う予算が組まれ、実務的なプラン技術の選定が行われた。どういったリーダーエンジニア必要かも、“おとなりの国”を参考にして割り出し、その発案者は政府を説得した。

「そんな案、コロナ以前は絶対通らなかったわ。政府は、それまでの社会の基盤となっている業界を優先せざるを得なかったから。でもそのつながりを断ち切ったのがコロナだったの。コロナが新しい可能性のリミッターを外したの」

古い社会的基盤を維持するために、新しい可能性は活躍の場を奪われていた。そのことをサタさんはリミッターと表現したらしい。サタさんは、配給制バックグラウンドに、労働力不足があったことにも触れた。

「外出や人との接触制限されるじゃない?そしたら、必然的労働力も減るのよ。労働力が減ればつまり……、モノが減るの。外国との行き来もできないから、輸入も難しくなって……」

まり資源は限られている。その資源を過不足なく、国民に行きわたらせるには、現金よりも物資のほうが有効との考えで、配給制が有力となった。

「もうみんなガッカリよ。SNSは荒れまくって。配給制って、戦争の貧しいイメージしかないじゃない?あと、社会主義っぽい感じ?完全に私たち管理されてるような?」

しか政府へのネガティブイメージは、数年後にはまったく真逆のものに上書きされることになった。

「着いたわ、ここよ」

サタさんは大きな建物を指さした。その配給所は、この一帯の集積所も兼ねていて、ここからさらに小さな配給所にも送られるらしい。サタさんたちは、たまたまこの大きな配給所の近くに住んでいた。

「よくここで買い物したのよ昔は。いろんな服屋さんとかレストランが入ってて。懐かしいわ」

今は、積み上げられた荷物以外は人も物も少なく、がらんとしている。

サタさんは並んだ端末のひとつに、自分の小型タブレットをかざした。

指輪型とか時計型とかあるけど、私、指輪時計も苦手なの。だからずっとスマホ型のを使ってるの」

サタさんのタブレットに、荷物の格納場所が示される。その案内に沿って、僕たちは移動する。

「よう!サタちゃん

初老の男がこちらに笑顔を見せる。作業着らしい服装に身を包んでいる。サタさんも満面の笑顔あいさつを返す。

「前言ってたやつ。届いてたよ」

彼はそう言って、僕たちをその場所まで案内した。

配給所では、必ずこういったおじさんを見かける。彼らはたいてい、荷物を下ろすのを手伝ったり整理したりしている。

すでに紹介したとおり、この世界では、生活のための労働というのはほとんどない。たいていはロボットによって自動化されている。

じゃあなぜ、彼らはここにいるのか。

それは、ちょっと説明がむずかしいのだけど、彼らのパッションしか言いようがない。

まり彼らは、ここで作業を手伝うことを喜びとしているのだ。誰かと立ち話をすることを楽しむものもいる。黙々と作業するものもいる。

いずれにせよ、誰かから感謝言葉や、あるいは作業のものを、自分の喜びとしている。

カショウと行った盛り場なども同じで、過去にそういった経験のある年配の男女が、食事飲み物提供を手伝っている。配給所や盛り場に限らず、こういった自主的労働は、あらゆる場所で見られる。

「昔はみんな、生活のためとか、それが普通からって理由しかたなく働いてる人が多かった。労働苦痛だと思ってる人がほとんどだった。だけど今は、楽しみや自己表現でさえありえるのよね、働くことが。自由から

ちょっとした小遣いももらえるしな」

おじさんが笑顔でそう言った。

おじさんのような有志の労働には、ポイントが付加される仕組みになっている。ポイントは、この世界通貨のようなもので、モノやサービスなど、何とでも交換できる。僕たちは基本的政府の配給とサービスだけで生活ができるので、ポイントはまさに、趣味嗜好品のためのおこづかいと言える。

「昔のポイントカードのなごりね。もうちょっと気の利いた名前なかったのかしら」

ポイントが使われるシーンとしては、誰かのハンドメイド家具アート作品と交換したり、何か作業を頼んだ時に、その謝礼として送ったり。たいていは個人取引で利用される。

おじさんは振り返って棚のひとつを指さした。

「これだ。降ろしてやる」

配給物資だけでなく、個人取引荷物もここに届く。サタさんはうれしそうに小包を受け取った。

「これ、遠くに住む作家さんの作品なの」

おじさんは自走式のカートにすべての配給物資を積んでくれた。3、4日分の食料や生活雑貨なので、そこそこの量がある。

「前回は雑穀を頼みすぎたから、今回は減らしたのよ。その代り、今回はペーパー類がかさむわね」

配給制も、最初の頃はめちゃくちゃだったが、こんなに細かく調整が利くようになるとはな。便利なもんだ」

最初はね、あれが足りないとか、システムトラブルとか、大混乱だったわよね」

機械化が追いつくまでは本当にモノがなかったしな。でもあっという間に、人間労働力の不足を機械が埋めてくれた。それに今は……、ストレスが少ないから、ストレス解消のために無駄に消費することもなくなった。そんな気がするんだよな」

「リミッターもはずれたしね」

「ん?リミッターって?」

サタさんはフフフと笑ってごまかした。

「ほんと!何もかもストレスなくてラクになったわ。昔ほら、オンラインショップサービス定期購入ってあったじゃない?あれを政府が一括でやってくれてるような感じね、今の配給制って」

そう。配給制と言っても、一律で配給されるわけではなく、その家庭の消費傾向が反映されているので、不満を感じることはほとんどない。

各家庭ごとに一定の枠があり、その枠の中でならどんな組み合わせで発注してもかまわない。そしてその消費傾向はコンピュータ記憶され、次回からの配給プランに反映されるので、放っておいてもある程度その家庭の生活傾向に合った物資が届く。

「ただ、昔ほどバリエーションがないのは寂しいわね。昔はね、石鹸ひとつとっても、いろんな企業が、いろんな色や香りのものを売ってたのよ」

「今は需要の大きいものしか作らないからな、政府の一元管理から

技術品質コスト的に洗練されたものしか作らないとも聞きました」

僕も勇気を出して、会話に参加してみた。

「昔あった企業の、すべてのノウハウ技術結集させて作ってるからな。どの製品も、最高のところでコスト品質バランスが取れてる。まあ、どれも無難個性がないと言えばそうなんだが……」

「でもちゃんと、個性的なものもあるんだから。ほら!」

サタさんはさっきの小包を開けて、中から半透明のなにかを取り出した。鼻元に近づけ、においをかぐ。中に鮮やかな花が埋め込まれているのが見えた。明らかに量産された配給品とは違う、“誰かの作品”だった。

わたしこの香りが大好きなの!はい

そう言って、それをひとつおじさんに手渡した。かすかに清々しい香りが漂う。

「いやぁオレはこういうのは……」

「じゃあ奥さんに。ふふふ」

おじさんにお礼を言って、僕たちは配給所を後にした。自走式カートの後を、僕たちはゆっくり歩いた。

「ああいいにおい」

サタさんはその間ずっと、“誰かの作品”を鼻に押し当てていた。

anond:20200524161312

これすごい分かる話で、マンガとかアニメもそうだけど、アート界隈の友人も例のトリエンナーレ以降余計なもの(てか検閲)を内面化してしま制作に悩んでたな

世間芸術に冷たい理由を知っている

音楽アートについて、コロナによって世間が無関心であることが浮き彫りになった。

無くても生きていける。これが理由だと思われているがそれだけではない。もう少し具体的な理由があるのだ。


簡単に言ってしまえば芸術を単体で楽しむ人が少ないのだ。

音楽で言えば、思い出と共に音を楽しむ人が大半で音を楽しんでから思い出に浸る人が少ない。アートで言えば、価値価格ブランド)が有ってからアート凄さに浸る人が大半で、アート凄さから価値を見いだす人は少ない。

何かとともにあるのが芸術なのだ。今、その”何か”が揺らいでいるか芸術は後回しになってしまう。これは必然である

単体での価値大衆に響かせる工夫がないと基本経済回復待ちになってしまう。

2020-05-22

anond:20200522090505

指摘はそこじゃないと思うんだ

最近ってさ、IT開発者イメージって、みんなWEBサービスでさ

手を動かせという場合、なんかサービスを作ってみろ、なんだよな

それこそ、知識中途半端でも動かして公開するのが大事、みたいな

この考え、反吐が出るほど嫌いなんだよ

なんでって、WEBで公開して、誰でも触れるのに、それがどんなトラブルを産むか想像できない奴になるから

色んな所で公開されてるコード切り貼りしてサービス作っても、むしろマイナスだよ

意図的に削除した部分とか

面倒だから書かなかった部分とかに、学ばなければならないモノが詰まってるのに

手習いでサービス公開して、秘匿すべき情報ばらまいたり、クラックされて公害になったりしても

この界隈の連中、寛容なんだよな

アート無罪みたいな、ハック無罪思想気持ち悪い

2020-05-20

プログラミング簡単

デザイン畑(インタラクティブアートからIT系行って年収1000万超したけど

正直プログラミングって簡単だよ。

アートと違ってセンスが無くても日々の研鑽とかしなくても大丈夫

例えば25歳で0から弁護士とか物理学者とかアーティストになるのはほぼ不可能だけど

プログラマーならよほどIQ低くなければ誰でもなれるレベル

ネットIT系の人の声がデカからドヤ顔知的アピールしてる人が目立つだけ。

ただ、プログラミングしかやってこなかった人は年収500万止まり

プラスで何か一芸が無いとこれからは厳しいと思う。

2020-05-19

自粛警察喧嘩を売るのはいいが

連中はみみっちい不法行為を「正義」と勘違いして平気でやれるようなアホかサイコパスの集まりなので、「正義の敵」としてターゲットされないようにしような

個人情報探られて晒し上げとか、家への嫌がらせとか、袋叩きとか普通にしてくる

かつてタピオカを捨てる人間皮肉ったアート作ったり女だけの国という皮肉漫画描いたら、フェミが怒り狂ってそいつ個人情報晒し上げや集団リンチしてたじゃん

自分こそが「正義」って思うやつは、その「正義」を疑われた瞬間に制御不能狂人になるから







自粛警察ちゃんちゃらおかしいわ

自粛ゲシュタポだなありゃ

2020-05-18

anond:20200518110217

ブルーピリオド』読むと、作る側は自分作品に込めた意図ちゃん言語化できる人ばっかりみたいだ。

から、作る側が今度評する側に回ったときも、アート言葉説明する行為自然とできる人が多いのかもしれない。

観て楽しむだけなら別に、「よかった!」「すごかった!」だけでいいんじゃないかとも思う(何がよかったか自分に対してちゃん言葉で残しておくと、似たようなものを探しやすい、似て非なるものを避けやすい、というのはありそうだ)。

芸術がわかる人って頭良さそう

美術手帳とかの記事をたまに読んでると、作品解説にここまで遠回しで難しい言葉使うんだってくらいよくわからんこと書いてあって、芸術がわかる(解説できる?)人は語彙力があって知識量も豊富なんだなぁといつも感心する。

自分も、興味のある展示があったとき美術館とかアートイベントにいくんだけど(正味一年に数回)、周りに浮かないようにえりなしの白シャツ着て、いつもはかけない眼鏡かけて、観賞慣れしてる人を演じたりするけど、浮かぶ感想はごくごく単純なものだ。

キャンバスサイズが大きい絵画を見て)

でっけー!描くの大変だっただろうなぁ、書き込みすげー!

印象派絵画を見て)

なんかぽやんとしてて曖昧な感じが逆にええ感じやなぁ〜きれいや〜

(よくわからん現代美術見て)

なんだこれよくわかんね〜な、タイトルみても結局よくわかんね〜な。これ評価してる人もほんとに意味わかってんのか

からくり系の展示を見て)

ルンバに劣る無駄しかない動き、これを作ろうと思った根性がすげえ!

(裸の彫像をみて)

えろくはないなぁ。立体物とか彫刻って、平面より見るの楽しいなぁ

こんな感じだ。小学生並みの感想だと我ながら思う。基本観に行った後の総評は、

うん!おもしろかった!

今回はいまいちだった。

綺麗だった。

くらいだ。たぶん海外小学生の方がよほど自分言葉自分なりの感想を語れそう。

から芸術を語れる人はすげえなと思う。

2020-05-17

anond:20200517195844

プログラムの使命は要件仕様を過不足なく満たすことであると同時に

日々変化する要件仕様デバッグ状況に応じて修正を重ねられていくもの

名文というものがあるとしたら、プログラムとしての本分を忘れ、用を成さず、理想を語るだけのアートしかない。(キリッ

anond:20200517074002

イスラム幾何学カリグラフィー確立した人々が如何に偉大だったか

誰も傷つけないアートだ。

強いて言うなら文字を消費する。

2020-05-13

絵描きもっと政治的発言

 

イラスト業界に詳しい人が政治的発言仕事が減る事は無いと言ってますよー。

私の観測範囲でもイラストを描いてる人の政治発言はとても少ないように感じます

自分がやってるのはアートではないと思う人もいるでしょうけど、表現に関わる以上、政治距離を置く事は決して褒められた事ではありません。

もっと政治的発言を。政治批判しましょう。政治を盛り込んだ作品を作りましょう。

このまま悪政が続けばイラストだって描けない世界になるかもしれません。

イラストレーター達がアーティストとして一歩踏み出す事も、日本イラスト文化繁栄させる上で大事仕事です。

勇気を出して声をあげられる事を期待します。

2020-05-10

Playストアでの金の使い道を教えて

Googleアンケートモニターをゆるくやって半年、1500円ほどのGooglePlayの残高が溜まった。

8月から残高が減り始めるので、今のうちから使ってしまいたいと思っている。

せっかくコツコツ貯めたので、何か有意義な事に使いたいのだが、膨大なコンテンツを前に何を買うべきか悩んでしまっている。

Playストアで買える1500円以下のもので何かオススメがあれば教えてほしい。

スマホゲーはやらない

・有料アプリ必要ものは大体入れてしまった

歴史雑学アート系にフックしがち

子育て関連も歓迎

2020-05-09

anond:20200507193435

申し訳無いんだけど、合格センター9割も要らないよ。少なくともファインアートに関しては。

極端だけど彫刻科の友人は3科目で5割程度だったし、とりあえずセンターに関しては常識的な点が取れていればそれで良いとされていた。

結局1次2次と実技で決まっていくし。これでも最近は昔よりか学力も参考にしているらしいけど。

しろ受験期は私大志望(特にデザ。多摩グラとか)の方が学科試験対策勉強してた印象。あっちは単純に実技と学科総合点で決まるから

でも藝大のハードル学力だと勘違いしている人が結構いるんだよな。頭いい〜、とか。それが信じられん。

普通は実技を連想するもんだと思うけど、、、

実際賢いのもいたけど、おバカも沢山いたよ。

もちろん専攻によって事情は全く違うけどね。

2020-05-07

バンクシーアート理解できないバカたち

バンクシー新作 新型コロナ治療にあたる看護師たたえる | NHKニュース - はてなブックマーク

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20200507/k10012419971000.html

バンクシーのあの絵にある風刺を読み取れないバカが大量にいてビビる

単純な賛美だったら後ろのゴミ箱に見えるオモチャ箱は描かないだろうし、

ガキみたいなメンタル大衆医療従事者をヒーローと持ち上げて使い捨てにすることと

医療従事者への感謝問題なく両立するでしょ。

物事に二つの意味があるとパニックになるのかな?

頭悪いね

そしてバカもの反応で盛り上がり、高値で売れて医療施設への寄付金になるところまで含めてアートとして完成する。

やっぱすげえわバンクシー

今度、2001年宇宙の旅ドキュメンタリーNHKでやるらしい

それを聞いてふと2001年宇宙の旅を思い出した

この映画が退屈であるという意見に関して、俺も部分的には同意する

しかし、2001年宇宙の旅は、それを認めたとしてもやはり映画史上にも燦然と輝く名作、記念碑

映画が到達した一つの頂点であることには些かの疑いもない

この映画を見てわからない、つまらない、解説してみろ。というバカ戯言にはウンザリである

ヨーロッパシネフィルアートフイルム業界から

ハリウッド製の銃弾ミサイルが飛び交うゲップが出そうなエンタメSF業界からも、

こんな作品排出されることは二度とあるまい

もちろん日本からこんな作品が生み出されることは絶対にない

アメリカ映画産業のみがなしえる巨額予算と超絶特撮技巧の集積を背景に、

完全主義者キューブリックが創り出した人類文化遺産と言えよう

これどうなの。できれば良さそうだけど前例ないの。教えて演劇に自信ニキ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん