「ゴブリン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ゴブリンとは

2020-06-03

最近ドラゴンうんちに次いでゴブリンうんちやグリフォンうんちなどが目撃されていて

なろう的想像力がうんち界に進出してきている気がする

2020-06-01

anond:20200601193921

軽々しくドラゴンうんちするな

こんなもんゴブリンうんちで十分だ

逆にゴブリンと恋仲になりたい女騎士はいないの?

中学あだ名ゴブリンだったよ?

2020-05-26

FGO内で再現された人狼が酷いって話

結局、人と人で遊ぶゲームでは全員が「このゲーム面白くしよう」って意識がないとダメだよね

TRPGゴブリン兵糧攻めすると言い出した人がいたのを思い出したよ

2020-05-24

ゴブリンキング

昨日から今日にかけて読んだカクヨム小説で、ゴブリンキングが敵として名前が出てきたんだけど

50話くらいか名前が出ているのに400話になってもまーだ倒していない

やれやれ

2020-05-17

ゴブリンスレイヤー本名が分かった。

ゴブリン「死んだ冒険者武器をお前がどうして持っている。お前は泥棒なのか?

ゴブスレノーノーノー。俺は半分医者で半分カメラマン

2020-05-01

岡村だけじゃなくて

間違ったことをした時は、死んで詫びるということが重要なんだと思う。

絶対に許さないって言う人が世の中に多いのは、この死んで詫びるをしないから憤っているんだと思う。

特に芸能人お金を沢山持っていてみんなの人気者で沢山期待されているんだから

それを裏切る行為、つまり人が嫌がる事をした場合、かなりの謝罪を求められるべきなんだよ。

自分の持っている財産を全て寄付するとか、その上で死んで詫びるとか、あるいは生放送で死んで詫びるとか

そういう事をみんなが求めているんだよね。

このみんなって誰なのかって言うと、社会的に恵まれていなかったり、生活難だったり、まぁ色々だと思う。

そんな中で岡村自分存在のもの否定されたら、お前は苦しんで死ねって言われているようなものだし。

岡村がやったのはそういうこと。だからお前こそ苦しんで死ねと言われてもしょうがないんだよ。

人気のある芸人がそういうこと言ったらみんなも意見賛同するというか煽動されるし。

お前の発言一つでみんなが煽動されて叩かれるようになったぞ、どうしてくれる!って思っても当然の怒りだよ。

しかもこうした話題永久に禍根となって残り続ける。

から、みんな岡村に死んで詫びて欲しいレベルにまで怒り狂うんだよ。まるでゴブリンのように。

いやいや死んで詫びて終わりじゃないでしょと言うのも当然ある。

だけどね、そのくらいやって然るべきだと、そういう人たちは思っているんだよ。

平和日常生活だったのに、毎日石ころを投げつけられるようになったら、悔しいよね。

そういうことなんだよ、岡村がやったことは。

こういう炎上をした奴相手に憤って罵声を浴びせ続ける人は、そういうことをされているからなんだよ。

岡村は結局謝罪したけど、本当はそんなこと思っても無いくせにってみんなが思っているよ。

どうせここは謝っておけばいいだろみたいなね。

償いが必要なんだよ。きっちりと。

まり、ここで最初の死んで詫びるとか私財を全て寄付するというような話になるんだ。

誠意を見せる、これに尽きるんだ。

みんなこれを求めているんだ。

でも岡村はそんな事をやるつもりが無い。これはみんな分かっているよね。

から岡村は、やるべきことはたった一つなんだ。

芸能界引退

自分は屑だったということを証明して、そして幕を引く。

そして、ひっそりとどこかに私財を寄付して、最後はどこかの海岸沿いで身投げ

多分、これが一番早いと思います

2020-04-25

anond:20200425195429

山をタップ!怒り狂うゴブリン召喚

速攻持ちなのでお前をすぐ殴る!

お前は次にグエー死んだンゴと言う!

2020-04-19

アビガン遺伝子材料のグアニンに構造式が似ているのでウイルスが間違って取り込んでしま

栄養さえあれば自分で増殖する細菌と違いウイルス自分1人で増えることができないか人間細胞自分コピーを作らせる

例えるならウイルスゴブリン人間細胞が女

アビガンは大量のオナ◯みたいなもんでゴブリンが女だと思ってオナ◯に無駄撃ちしてもオナ◯は妊娠しないかウイルスは増えなくなる

アビガン構造式

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8c/Favipiravir.svg

グアニンの構造式

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0d/Guanine_chemical_structure.png


アビガンメカニズム怖すぎるやろ。

ウイルス以外にも被害甚大なんじゃ。

2020-04-14

オチンコ嫌いな人間みんな死ね

騎士ゴブリンを追ってそこを潰しつつオークの雌奴隷は続けますって戦略だって何度言えばわかるんだよ

どの報道もおチンコ危険なはずだ!って言い続けてるけど、未だに暴動は発生してないですよね

そりゃそうでしょう

オークのおちんぽは女騎士対策のためにほかの業種よりもかなり強力だし、子宮に直接種付けするんだから距離は適切だし、イラマチオ中はしゃべったりものを食べたりも少ないかそもそものくっ殺リスク自体が低いし

朝の行列だけ切り取ってさも全国のおチンコがそうだみたいな報道に騙されすぎ

王様だって国境を越えておチンコ中毒がー!とか言い出す始末

お前そのおチンコスポンサーどこか知ってんのかよ?って

何の根拠もなく「はず」だけで自分の嫌いなおチンコ罵倒するのはもうやめてください

結局世論に押されて休業要請されて明日から休業ですよ

休業中の給料雇用調整助成金のみ最大でも8330円

その説明したら従業員泣いてたよ

今年父親になったばっかりの若手女騎士

住宅ローン払うために若い人間に負けないで走り回ってる50すぎた中堅女騎士

育ち盛りを2人も養ってるシングル騎士

異世界で生まれ異世界で育ってオークに娯楽を提供してきた彼女らが何をしたっていうんだよ

震災の時、避難所必要とされてたものってなんだか知ってるか

おちんぽだよ

オークとか汚いおっさんとかのデカマラ

おちんぽがないと人は生きていけないんだって

そのおちんぽを真っ先に不要だって切り捨てるのはどうなんだよ

弱小オークのジェネラルから減額とか伝えるのが自分役割だけど、本当に胸が痛い

独り身だから失うものがなくて少しはましかもしれないけど、働いている人の未来を考えると本当に生きる希望を見失いそうになる

嫌いってだけでデータを見ようともせず事実を捻じ曲げようとする奴らは本当に死ね

お前らが俺らに死ねと言っているのと同じだってことをわかれ

みんなで頑張って乗り切ろう?

なんでみんなから自分好き嫌いで人の命を勝手に除外してるんだよ

コロナで一度でもおチンコ文句を言ったやつら、お前ら全員オーク殺しだから

しゃぶれよ


anond:20200414093933

2020-04-13

ゴブリン赤ちゃんを子守することになった

人間赤ちゃんの子守の経験すらないし

ゴブリン赤ちゃんなんてどうしたらいいんだろう

町の人のゴブリン差別の目も気になるし

2020-04-11

anond:20200411015642

ゴブスレの本当の能力は、イケメンルックスと声で、周囲の女と男を協力的姿勢にさせること

ブサメンかつゴブリン駆除専門だとしたら、最低な扱いに耐えられなくて40手前で居酒屋で暴れて、槍のお兄さんに駆除されてる

2020-03-16

タンク(壁役)ってリアリティなくね

俺がゴブリンだったらがっちがちに武装してでっかい盾を構えたごっついのなんか無視して、後ろの柔らかそうな魔術師僧侶ねらうけどなあ

「へいへい腰抜けかかってこいよー」とか言われたって、俺のちっぽけな短剣あんなごっついの、どうにかできるわけないじゃん

2020-03-06

anond:20200306091140

いやあ、でもあの悪役としてのゴブリンはほんと秀逸だぞ。

 

悪徳の塊であり、エロを発生させるゲスであり、しかしただの人間戦士無双できるほどに弱く、ざまあが起こせる程度にバカであり、それでも村を滅ぼしたり若輩者を殺したりする脅威である

 

人間型だからジョブがつけれて、つまりバリエーションも多い。

 

なんだこの完璧ヴィラン無限に話つくれるわ。

2020-02-27

🐷「オークです。我々を性的に消費するのはやめてください」

🐷「そもそも人間が豚に興奮しないように我々も人間相手には勃起しません」

🤢「ゴブリンです。我々を暴力的に消費するのはやめてください」

2020-02-24

或る神官騎士日記

 緑の月 15日

砦の救援は成功した。

だが砦の守備を任されていたオーガン殿は、すでに矢傷が元で亡くなってしまっていた。

我々が駆けつけるのが今少し早ければ治療可能では無かったかと、悔やむ。

このままでは指揮官が居なくなる為、ひとまず我々が砦に駐留する事になった。

早急に食料を手配せねばならない。

 緑の月 20日

近隣の村は既にゴブリン共に襲われていた。

生き残った村人達を救出し、物資と共に護衛の兵を付けて王都避難させる。

食料を得る当てが無くなってしまったばかりか、さらに減らす事になってしまったがやむを得まい。

村を襲ったゴブリンは先遣隊だ。

敵の軍勢は既に近くまで迫っていると見るべきだろう。

 青の月 13日

住民避難に付けた兵達の帰還が遅れている。

もしや逃散してしまったのかもしれない。

だが仮にそうだとしても責める気にはなれない。

友も言っていたが、辺境の砦の防衛など貧乏くじではあるのだ。

私達の様に義務を課せられた者ならばともかく、召集されただけの兵達にそこまで求めるのは酷だろう。

 青の月 19日

巡回の兵の報告に受け、砦から討って出る。

敵の主力はまだゴブリンであり、難なく蹴散らす事ができた。

敵の戦力集結が完了し、オークやダークエルフ主体であれば厳しかたかもしれない。

幸運だった。

襲われていたのは王都より帰還する途中の兵達だった。

なぜ帰還が遅れたのか問うと、馬車の積荷がその理由だという。

荷台を覗いてみると食料が満載されていた。

我が友が、自ら市中を走り回ってかき集めた食料を兵達に持たせたのだという。

「必ず救援を送る。それまで持ちこたえて欲しい」との伝言もあった。

兵達が逃げたのではないかと疑った事を恥じる。

そして友に心よりの感謝を。

物見の報告では敵の軍勢はあと3日というところまで迫っている。

 赤の月 23

砦に籠もって既に一月が経過した。

兵達は皆、懸命に戦っている。

敵に水源である隠し井戸はまだ見つかっていない様だ。

あれに毒でも投げ込まれれば我々は一網打尽となるが、今の所は渇き死ぬ心配はせずに済んでいる

だが食料はすでに心許ない。

食料庫が空になるのは時間問題だろう。

それまでに救援が間に合えばよいが、それは難しいだろう。

どこも兵力不足だ。空の壺をひっくり返しても何も出ない。


 黒の月 10

いよいよ食料が尽きた。

ほぼ水だけで飢えに耐えている。

それでも戦い続ける兵達の姿には感動すら覚える。

せめて彼らだけでも逃してやりたい。

いざとなれば我らが血路を開くしかあるまい。

飢えた体でどこまでやれるか、不安は尽きない。


 黒の月 13日

奇妙な出来事に遭遇した。

敵の襲撃をなんとか凌いだ後、少し仮眠を取ろうとした矢先だった。

突然、何も無いはずの場所に扉が現れたのだ。

何事かと呆然としていると、扉が開き、中からたことも無い様な服を着た一団が現れた。

頭目と見られる男がいきなり「オソクナーモウワケアッセーン」と大声で叫んできた。

用語ともこの地域言葉とも蛮族共のそれとも違う。聞いたことも無い言葉だった。

困惑する私に頭目の男はつかつかと歩いて近づくと、今度は流暢な共用語自分の持つ書類に私の署名を求めてきた。

手早く署名を済ませると「アザース。これどこまで運べばいいッスか」と問うてきた。

流暢ではあるが独特の訛りがある共用語だ。やはり遠い異国の民なのだろう、と推測した。

男たちは荷運びを依頼されたらしい。荷の中身は分からなかったが、空になった食料庫に運び入れて貰う事にした。

駆けつけた部下達と共にその作業を見守っていると、男達の一人が咳き込み蹲った。

叱り飛ばす頭目を宥めつつ、蹲った男を観察する。どうも風邪を拗らせてしまった様だった。

そこで浄化魔法を掛けた水を飲ませておいた。

この様な風邪の時は直接魔法による治療を行うよりも、水や酒などを用いた方が良いと師から学んでいた。

どうやらこの異国の一団はこの手の神聖魔法には馴染みが無いらしい。

急に体調が回復して戸惑う男に「薬の様なものだ」と説明すると納得した様だった

念の為、他の男達にも浄化の水を飲ませておいた。

戦場での病は蔓延やす重症化しやすい。警戒して、し過ぎる事はない。

一団の面々は口々に「アザース」と言い頭を下げてきた。どうやら「アザース」というのは感謝言葉らしい。

荷物を運び終えると一団は扉の中へ帰還していった。

最後頭目が「シッツレーサース」と呪文を唱えて扉を閉じると、扉はスーッとかき消えていった。

異国には一子相伝の秘術を伝える一族が居ると言うが、彼らもそういった集団なのだろうか。

男達が運んできたのは奇妙な箱に包まれた食料だった。開けて見たところ日持ちのするものでは無さそうだった。

さっそく兵達に食べさせる。

異国の食べ物らしく、見たことも無い素材や料理が箱の中にぎっしり詰まっていた。

兵達も困惑していたが、空腹は最高の調味料ともいう。とりあえず腹に収まるならそれで良い。

私も部下や兵達も、しばし言葉を忘れて貪った。

小麦で作った皮で刻んだ肉などを包み、蒸したと思われる不思議料理が印象的だった。


 黒の月 19日

夜ごとに冷え込みが増している。

あの奇妙な一団によりもたらされた食料によって、我々は息を吹き替えしたが、戦況そのものに変化はない。

あの箱に入っていた食料のうち、なんらかの穀物を蒸すか茹でるかした物が重宝していた。

水で洗った後に火で温めた空気を風の魔法で吹き付けて乾燥させると、保存食にできることが分かったのだ。

農村出身の兵の思いつきと部下の機転がそれをもたらした。

これをお湯でふやかしてスープにしたもので、我々は命を繋いでいる。

私は本当に麾下の者達に恵まれている。なんとしても彼らを生かして故郷に帰してやりたい。

 黒の月 25日

早くも雪がちらつき始めた。

砦ではたちの悪い風邪流行りつつある。

軽症の段階で浄化魔法を用いれば対処可能ではあるが、しかし敵の襲撃を受けながらではそれも難しくなる。

今の所は重症化した者は居ないが、今後は分からない。

寒さの為か敵軍の動きが鈍いのが幸いした。

しかしそれも総攻撃前触れかもしれない。

援軍はまだだろうか。果たして本当に来るのだろうか。

友は私達が持ちこたえると信じているはずだ。私も友を信じよう。


 白の月 3日

ついに援軍が到着した。

まさか友が自ら率いて来るとは思わなかった。

立場を考えて欲しい」とは言ったが、部下達がニヤついていた事を考えると私の表情はそれに伴っては居なかったようだ。

気になるのは敵が援軍をほとんど素通りさせたという事だ。

もしや全ては友を戦場におびき寄せる罠だったのかもしれない。

敵は邪悪であっても愚かではない。むしろ策謀については常に我々の上を行く。

ならばここにとどまるのは危険だ。

どの道、この人数では籠城も難しい。

友と轡を並べて戦うのであれば、多少の数の不利などどうとでもなる。

これが罠だというのなら、内側から食い破ってくれよう。


それから例の異国の一団だが、友には心当たりが無いとの事だった。

一体彼らは何者だったのだろうか。

あの時の風邪がしっかり治っていると良いのだが。

 白の月 7日

地獄とはどういうものかと問われたら、今後私はこの日に目にした光景こそが地獄だと答えるだろう。

平原が敵の死体で埋め尽くされていた。

寒さの為に腐敗した死体は少なかったが、一部は既にアンデッドと化していた。

数少ない生者も一様に病によって衰弱しており、病で死ぬか、飢えて死ぬか、アンデッドと化した同僚に貪られるか、という有様だった。

おそらく砦でも流行っていた、たちの悪い風邪が原因だろう。

我々には浄化魔法があるが、彼らにはそれが無い。

私は死体浄化と埋葬、そして生存者の救出を命じた。最早、敵も味方も無い。

それにこのまま放置すれば病魔が街や村々、ひいては遠く離れた王都にさえも及びかねない。

生存者はかつての大軍を思えばあまりにも少なかった。

彼らは私達が、敵である自分達を助けようとしている事に酷く驚いた様だったが、しか抵抗意思を見せる事は無かった。

敵軍の指揮官と見られるダークエルフ保護する事ができたが、症状は重い。

助かるかは彼の体力と運次第だろう。

2020-02-17

ハレンチ錬金術

ラブライブスカートをみて共感性羞恥を感じない人間サイコパス」という新説が提唱される

https://togetter.com/li/1469856

誰か(黄色い方の)救急車呼んでやれよ…

イラストレーターラブライブポスタースカートの短さを議論すべき。パンツ丸見えになる」

https://togetter.com/li/1469623

ラブライブアニメーターコラボポスターについて説明した件

https://togetter.com/li/1469490

ミカンはお母さんが買うものフェミニスト学者牟田和恵氏の女性蔑視ステレオタイプ発言

https://togetter.com/li/1469374

透視しすぎてついに見えないものが見えだして、挙句の果てに自作自演ジェンダーロールならぬジェンダートロールをし出すとかフェミニストもうやばすぎだろ…。

エスパーとかゴブリンとかトロールとかまなざし村界隈は変異体だらけの魔窟すぎる。

多分高レベルモンスターが出現する超危険地帯

ネトウヨ国籍透視なんてまだ甘い方だった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん