「バリア」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バリアとは

2017-09-10

じゃんけんに「一度、グー・チョキ・パーを決めたらそれ以降は死ぬまで何があっても変えることが出来ない」というルールがあったとしよう

正確にグー・チョキ・パーを1/3づつ振り分けた上にタイマン勝負場合は、

勝てる確率は1/3

負ける確率は1/3

引き分け確率は1/3

でもそこに新星の如くに現れた全てに勝てる最強手

地方によって呼び名が違うがピストルみたいな形のヤツ)が出てきたとすると、

勝てる確率引き分け確率は下がり、負ける確率が上がる。

確かにこれは不平等なので、最強手を規制するもしくは反則負けとするルールを定める。

これであれば分かる。

 

一方、FPSTPSなどの対戦ゲーで複数種類のキャラ武器を誰しもが選び放題

レベル課金による解放もあるので一概に選び放題ではないが)

ただ、一部の武器が強いってだけでそのキャラを弱体化しろって言うのはいささか乱暴ではないだろうか。

上記のじゃんけんの例のように、再選択が不可ならば確かにわかるが、

強いと言われている武器自分でも選ぶことができる状況下で、

強い武器を使わずに負けて嘆くだけに留まらず、強い武器を弱くするように圧力をかける。

こんな所にも出る杭を引っこ抜いて燃やして祭り上げる

日本人陰湿国民性が表れてしまっているのが残念でならない。

 

からこそ任天堂はこの糞みたいな陰湿野郎の言うこと等一切気に留めず、

ヒッセンをリリース直後のインクバリア180で展開できたあの状態まで戻すべきだとここに主張する。

2017-09-05

例の体罰の件で思ったこと

体罰ダメ

それは大前提として。

あのニュース読んで一番最初自分が感じたのは

「なんだこのガキ」なのね。

正直なところ。

バンドのみんなで練習して頑張ってきて、

緊張するわーとか大丈夫だってーとか

お客さんに楽しんでもらおうねーとか自分らも楽しもうねーつってさ。

当日になってみたら一人がトランス入って

イキって勝手にやりまくって台無しにしてるわけじゃん?

注意されても嘲って無視じゃん?

客もドン引きじゃん?

現在進行中じゃん?

演奏中の時間ってそれこそ1分1秒がすごい大事なわけじゃん?

どーすんのこれって話じゃん?

そこで教師なら、そういう生徒にもある意味慣れてると思うのね。

他の先生連携組んで、数名で舞台袖に引きずってって、

「夢中になりすぎてしまったようです。これもJAZZの魅力ですね(棒)」

みたいなアナウンス入れたりもできるじゃん。

で、日野氏よ。

長いことプロやってて、名前も売れてる人なわけじゃん?

その名前を出してやってるイベントなわけじゃん?

でも教師じゃないじゃん?

教育に関する知識は皆無でも、

演奏舞台に対するプライドとかはバリバリなわけじゃん?

先生関係者の方々もサポートし辛いじゃん?

オレが仕切んなきゃって思っても不思議ではないと思うのよ。

で、仕切ろうとしたらガキが嘲笑うわけじゃん?

舞台の上から

聴衆の前で。

……どんだけ腹立しかっただろうかって、オレはどうしても考えちゃうのよ。

昔は子供だったけど、今は大人から

この件が出る前は、世論にも体罰カンよねっていう大きな流れができてたと思うのね。

それが今回のビンタでまたちょっと戻っちゃったみたいじゃん。

なんでかって言ったらそれはまあ早い話、

オレみたいに「なんだこのガキ」って感じた人が多かったからだと思うの。

日野氏を気の毒に思う人が結構いたってことだと思うのね。

体罰ダメ

それは大前提として。

教える側・大人の側へのサポート必要よねって今回すごい思ったわけ。

体調とか家庭の事情とかプライドとか、大人だってしんどいこといっぱいあるわけじゃん。

ムカつくしだってつのよ。

人間だもの

そういう時にどう判断してどう行動するか。

なんかそういう指針というかマニュアルというか、

最低限心をガードできるバリアみたいなの、

大人にも超必要だなって思ったの。

それだけ。

体罰ダメ

それは大前提として。

2017-08-29

まり自衛隊を捨てさって初めて九条バリアは完成する

小さい頃からマウンティングに勤しんでいた

ファイナルビーム!」

バリアー」

バリアを破るビーム!」

バリアを破るビームを守るバリア!」

「どんなものも破る爆弾!」

常に自分の技が一番であろうとしていた。

から僕は今も必死なんだと思う

2017-08-17

世の中、理屈が全てではないんだ

から9条バリア存在する、という極論

ならもう、魔法を使って世界平和にしてくれていいよw

2017-07-24

任天堂信者ばっかのはてなで言ってもしょうがないんだけどさ

スプラトゥーン2ってびっくりするぐらいつまんねーよな

俺はやっぱりバリアダイオウリッターダイナモ俺TUEEEEしたいわ

2017-07-01

車椅子利用者事前連絡を強いるのは、なんちゃってバリアフリーでは

バニラ・エアの件、論点が増えすぎてうやむやになって終わりそうだったので、論点をいくつかに分類した上で私が思う問題点について書いてみます

長いので結論だけ先にまとめておくと、車椅子利用者のみが自主的事前連絡を求められていることはバリアフリーでなく、より確実なバリアフリーを目指すために航空会社システムの側で対応すべきということです。

ちなみに私は健常者ですが、中学の時にこのエントリと同じような趣旨卒業レポートを書いたり大学車椅子利用者向けのインターフェースについて勉強したりしていたので、どちらかと言うと車椅子利用者側の意見になっているかもしれません。

論点の整理

今回の騒動話題になった記事http://b.hatena.ne.jp/topic/300611893821289425 が割とよくまとまっています(おそらく自動生成ではありますが)。これらのエントリを見ると、論点は大きく4つに分けられます

エントリでは4つめについて主に述べたいのですが、一応私の立場の表明がてら他の3つについても軽く触れておきます。長くて読むのが面倒だという方は飛ばして次のセクションを読んで下さい。

バニラ・エア側のその場の対応問題であったか

その場の対応についてはバニラ・エア側も謝罪対応しており、搭乗拒否したことが問題である点については多くの方が同意するところでしょう。「バニラ・エア車いす利用者搭乗拒否に対するDPI日本会議声明 : DPI 日本会議」でも、やはり搭乗拒否についてが問題として指摘されています

LCC車椅子利用者対応を期待するのは過剰サービスだ」という批判も中にはあるようですが、これは障害者差別解消法でいうところの差別にあたりますコスト理由だけで搭乗拒否することは「合理的理由であるとは言えないでしょう。

報道の仕方に問題があるのではないか

報道の仕方については、やや見出しが過剰にセンセーショナルであったことは否めないように思います

【ラジオ書き起こし】荻上チキ×木島英登×石川准「誰もが暮らしやすいバリアフリー社会を実現するためには何が必要なのか(2017/06/29 TBSラジオより)- "シュプレヒコールを歌え" 」に、「あの、私は、階段を這って上ったことは、僕にとっては屈辱でも何でもなくて。 」とあります。つまり這って上る事自体木島氏も問題視していません。

一方で最初話題となった記事タイトルは「車いす客にタラップはい上がらせる バニラ・エア謝罪」でした(今は修正されたようです)。このタイトルからは「はい上がらせ」たことが問題であったようにとれる点で、そもそも論点がずれていたと言えます。結果として話題となったのは良いかもしれませんが、論点のずれによって初期の議論が迷走し、木島氏へのバッシングなども引き起こししまったのではないかと感じています

木島氏の行動・人格問題があるのではないか

3つ目の木島氏の人格についてですが、私はあまり問題であるとは思っていません。「プロ障害者」という批判があるようですが、当事者として声を上げられるのは当然当事者だけです。「 なぜ声をあげた障害者がバッシングを受けるのか?バニラ・エア問題、本当の争点はどこにある 」にもある通り、「声を上げた」ことは他の車椅子利用者の方にとっても救いとなるのではないかと考えています

一方で「本来必要とされている事前連絡をしなかった」という非が木島氏にあることはたしかで、この一点のために個人責任を問われているところがありますしかしながら、事前連絡必要であることそれ自体問題があるのではないでしょうか?すなわち、搭乗拒否差別であることだけでなく、事前連絡必要性もまた差別であり解消されるべきものであるということも、今回の件から考えるべきではないでしょうか?これについては次のセクションで詳細に述べたいと思います

事前連絡必要なことは差別なのか?

木島氏への批判理由として、「本来必要とされている事前連絡をしていない」ことがあるようです。今回のケースでは連絡していても搭乗を拒否されていただけであろうことを考えると、この批判は当たらないようにも感じますしかし一方で、木島氏は普段から事前連絡をしていないようなので、そのことを問題視する方がいるのも理解は出来ます

特に車いすで飛行機に乗る時は | いすみ鉄道 社長ブログ」によって、航空会社側の安全管理上の都合が多くの人の知るところになって以降、その傾向が強いようです。

この航空会社側の都合とは、車椅子利用者の方があると事前に分かっていれば対応できるのだから事前連絡をして欲しい、ということのようです。対応できる事自体は素晴らしいのですが、この考えには飛躍があります。その飛躍とは、「航空会社が事前に把握するための負担を、乗客である車椅子利用者が負わさせられている」という点です。

少し話は逸れますが、他のケースとの比較を通じてこの問題点について考えてみましょう。

機内食についての事前連絡必要性に関して、ベジタリアンや信教、健康上の理由からマイノリティでも事前に連絡しているという意見がありました。バニラエア確認してみると、機内食としてベジタリアン用の食事は予約時に選択できるようになっていますバニラ・エアグループ会社であるANA確認してみると、さらに多くの種類の食事が選べるようです。

さなお子さんがいる場合航空会社は把握する必要があります。この場合も、システム利用者誕生日入力させることによって航空会社は把握することが出来ます

すなわちこれらの2例では、マイノリティ存在を把握するための仕組みがシステムの中で事前に準備されているということです。

話を戻して、車椅子利用者についてはどうでしょうか?ANAでは「おからだの不自由なかたへの空の旅へのお手伝い|ANA 」にあるように、事前に電話で連絡する必要があります。今回問題となっているバニラ・エアではFAXまたはフォームからの連絡が必要です(「お手伝いが必要なお客様|ご利用ガイド | バニラエア Vanilla Air」)。すなわち、航空会社システムとして主体的車椅子利用者存在を把握しようとするのではなく、車椅子利用者の方から航空会社自己主張をするという構図になってしまっています

この対応の違いこそが差別的であると私は思います

もちろん食のマイノリティ幼児に比べて車椅子利用者は少ないという数の問題はあるでしょう。しかし、だからといってその存在例外として扱って良いわけではなく、存在するのが当然と見なして対応するべきです。マイノリティについて事前に把握する必要があるならば、そのコスト利用者側でなく航空会社側が負担すべきではないでしょうか。実際「障害者への差別的な対応しないよう航空会社に指示へ 国交省 | NHKニュース」でも、「搭乗前に乗客に聞きとる」という航空会社主体的な行動が要請されています(この記事に対して、やはり木島氏は事前連絡すべきだったとする意見があるようですが、それには前述した飛躍があります)。

一方で、電話で連絡すれば搭乗がスムーズになるというのは、搭乗できないよりは遥かにマシでもあります。それ故この対応を「差別である」と切り捨てることもできません。

まり重要なことは、「ある行動が差別であるかどうかは0/1で決まるものではなく、比較可能ものである」ということです。今回のような「比較差別的」な状態は、「比較バリアフリー」を継続的に目指すことで解決されると私は考えています

なんちゃってバリアフリー比較バリアフリー

差別が0/1で決まるものではないという話をしましたが、それは「バリアフリー」についても同様です。事前連絡をすれば搭乗できることは、全く搭乗できない場合よりはバリアフリーであるといえますしかし同時に、事前連絡せずに搭乗できる場合よりはバリアフリーではありません。本当にバリアフリー社会が目指すべきなのはこの、「事前連絡せずに搭乗できる」という状態でしょう。

つのバリアフリー手段が用意されていることだけをもって「バリアフリーだ」と言い張るのは簡単です。しかし、それによって既存バリアフリー施設問題点改善点が見えなくなってしまうという新たな障壁もあります。そのような「なんちゃってバリアフリー」の状態に甘んじることなく、全てのバリアがない「真のバリアフリー」を目指すことが、社会全体としては必要とされています

もちろん「真のバリアフリー」は理想論であり、全てのバリアを一度に完全になくすことは現実的不可能です。だからこそ、一つのバリアフリー施策実施するだけでバリアフリーになったとするのではなく、既存バリアフリー施策で足りないところを改善しながら一歩一歩「真のバリアフリー」を目指していくことが必要となります。この、漸近的に解消していくプロセスこそが合理的配慮である、と私は考えています

今回のバニラエア場合は、例えば予約時にモビリティ上の特記事項があるか否かのチェックボックスを用意すれば、航空会社車椅子利用者の利用を把握できる上、ユーザーの手間もそれほど変わらないでしょう。その上で航空会社がどのように対応するか、主体的に決めることも可能になります。多くの種類のマイノリティ存在する中でどれに対応するのかという問題はありますが、サポートする範囲を少しずつ広げながら、差別を減らしていけるはずです。

差別バリアフリーを0/1で捉えるのではなく、連続的に改善していける社会になればいいなと思います。長い文章でしたが、読んでくださった方ありがとうございました。私より中立的立場の方からコメントや、車椅子利用者の方のコメントが頂ければ嬉しいです。

https://anond.hatelabo.jp/20170630101133

電動階段昇降機って御茶ノ水駅階段にあるようなやつかな。空母エレベーターみたいに上っていくやつ。

普通に利用されてるようにしか見えないが…。

もっと御茶ノ水駅エレベーターがないから、今の改修工事が終わるまでの暫定措置だろうが。

なにしろわざわざインターフォンで駅員呼ばないといけないし、昇降スピードが遅くてラッシュ時は邪魔。挟まれそうで危ないし。

というような合理性問題から電動階段昇降機ダメだってんじゃなくて、心理的問題で嫌だってんじゃ障害者わがままなんじゃないかバリアを作ってるのはどっちだっていう。

いちいちそういうのでバリアを感じない・感じさせない社会構築こそ必要だと思うけど。

2017-06-30

障害者の同行者の視点からバニラ・エアとK氏とバリアフリーの雑感

バニラ・エアとK氏が炎上している件。

障害者と同行経験のある者として、意見を書いておきます

参考になればと思います

空港設備について

奄美空港にはボーディングブリッジがあったが、何らかの理由(おそらく他の機体が使用中)で使用できなかったとのこと。

奄美空港は改修中でボーディングブリッジ増設工事中。今年11月から運用可能とのことで、以降はバリアフリー対応となる予定。素晴らしい!

http://amamishimbun.co.jp/index.php?QBlog-20160923-2

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1706/28/news109.html

バニラ・エアの事前アナウンス

バニラ・エア関空奄美間ではボーディングブリッジが使えないため、WEBサイトで以下のようにアナウンスしていた。

奄美空港施設要件にともない、おからだが不自由お客様/車椅子希望お客様安全確保およびSTEP利用時の不意の事故を未然に防ぐために、お客様自身またはお連れのお客様の補助を得てSTEPを昇降いただけるかの事前確認必要となります。事前のご確認は予約センターまでお問い合わせいただきますようお願い申し上げます

バニラ・エア対応

バニラ・エアは上記アナウンスによる事前確認があった場合について、以下のように説明しています

車椅子ごと担いだり、利用者の体を抱えたりしてタラップを乗降することは、大変危険なので安全上の理由から認めていない。関空奄美線では、自力で歩けない車椅子のお客さまから事前に連絡があった際には、搭乗をお断りしていた」

お断り」が搭乗拒否なのか、お願いしていただけなのかはよくわかりません。ここはメディ確認すべきだと思います。後述しますが、問答無用で搭乗拒否していたのなら明確な違法行為なので同情の余地なくアウトだと思います

ストレッチャーについて

階段昇降用のストレッチャーという介助器具がありますバニラ・エアは用意すべきだったという方がいます。有名なところでは乙武さんもそう主張されています

http://www.huffingtonpost.jp/hirotada-ototake/post_15315_b_17326010.html

ただ、障害者を介助する側からするとストレッチャーは使いたくないのです。快適じゃないし、危険からです。車椅子からストレッチャー、ストレッチャーから車椅子への乗り降りが大変だし、階段でのストレッチャーは事故が多い。それに、ストレッチャーに乗るのは恥ずかしいという方が多いのです。

現状、積極的ストレッチャーの使用を勧める航空会社はないだろうと思いますし、ストレッチャーと聞いたらほとんどの障害者とその同行者は諦めると思います

ストレッチャーはほとんどの障害者にとって無意味であり、かえって不快もの(新たなバリア)だと理解してもらいたいです。

電動階段昇降機について

タラップ(階段)には電動階段昇降機がついていませんでした。この点も批判されています

もちろん電動階段昇降機があるのは良いことです。介助者が人力で動かすストレッチャーよりは安全性は高いです。ただ、障害者目線だとストレッチャーよりはマシというだけで、あまり解決にはなりません。

車椅子との乗り換えが大変ですし、目立つことが恥ずかしいというのもあって、かなり多くの障害者使用拒否します。「これに乗せるのか」と怒り出すひともいるくらいです。

これも新たなバリアを作り出す装置だと理解してもらっていいと思います

電動階段昇降機があるからバリアフリーかといわれると、違うと思います

パッセンジャーボーディングリフトを用意すべきか

パッセンジャーボーディングリフト(PBL)という特殊車両があるようです。

http://www.love-narita.com/entry/2017/06/boarding-support

これを用意できればよかったかもしれません。しかし、特殊車両なのでかなり高価ですし、奄美大島輸送する手間を考えると短期的な使用のために用意するのは現実的はいえないでしょう。特にLCC運賃利益を考えるとここまでの投資必要なら路線開設を取りやめるという判断になるのではないかと思います

根本的な解決策はボーディングブリッジしかない

普通障害者旅行飛行機に乗るなら段差を解消したボーディングブリッジ以外の選択肢はないに等しいのです。階段って聞いたら諦める人がほとんどなのです。なので、一日も早くボーディングブリッジを用意してほしいというのが障害者の願いだと思います

ただ、ボーディングブリッジはとても高価で、簡単に用意できるものではありません。土木工事必要で、億単位投資になります公共施設なので予算をつけて設計施工、年単位時間必要です。一日も早くと願いますが、現実は待つしかありません。

奄美空港11月には新たなボーディングブリッジ運用開始予定です。おそらく3月に就航した関空奄美を受けての増設を決めたのでしょうが予算設計施工などを考えると可能な限り最速で対応したのだろうと思います奄美空港関係者努力は素晴らしいと思います

K氏は障害者アスリート

K氏は高校時代ラグビー中の事故脊椎損傷した障害者ですが、障害者と言ってもその障害の程度は千差万別です。

K氏は腕で階段を昇り降りできるなど、障害者の中ではかなり「健常者に近い」行動ができる人だと思われます普通の健常者より元気なんじゃないかと思うくらいです。しかし、K氏のように行動できる障害者はとても少ないです。車椅子競技をしているアスリートなど、年齢が若く鍛えている人だけです。普通多数派)の障害者はとてもじゃないけど自分の腕で階段を昇り降りなどできませんし車椅子の乗り換えが苦痛です。

普通障害者なら上記の空港設備を聞いたら諦めるでしょうが、K氏は「健常者に近い」行動力があるので突破しようとしたのでしょう。良く言えば積極的、悪く言えば無鉄砲気持ちは分からないでもありませんが、やはり良くないと思います事前連絡のない状態だと現場でできることには限りがあり時間のない中で正しい判断ができるとも限りません。多数の乗客を乗せ安全に定時運行をしないといけない飛行機ですので、二度とすべきではないと思います

バニラ・エアは行動できる障害者を想定していなかったのではないか

バニラ・エアストレッチャーや電動階段昇降機を用意していなかったわけですが、他方で障害者対応をするつもりがなかったとは思えません。11月ボーディングブリッジが使えるようになるのでそれまでは申し訳ないけれども我慢してもらうという姿勢だったようです。

これは多数派障害者にとっては理解できる話です。ボーディングブリッジがないなら他があってもあまり意味がないし、ボーディングブリッジ建設するには時間必要なので完成まで待つしかありません。

しかし、K氏のような行動できる障害者にとってバニラ・エア対応は許せないでしょう。ボーディングブリッジがなくても自力もしくは介助者の力を借りて搭乗できるからです。ストレッチャーくらい用意してほしいと思うのはよくわかります。行動できる障害者を想定していなかったのではないかと思いますバニラ・エアストレッチャーを用意して事前にアナウンスしておくべきでした。大いに反省すべきだろうと思います

バニラ・エアバリアフリー対応する義務がある

なお、バニラ・エアバリアフリー対応する法的義務があります。条文は引用しませんが、障害者が利用できるように「合理的配慮」をしなければなりません。ストレッチャーを用意してほしいという要望合理的配慮として義務付けられるでしょう。仮に事前に要望があったにも関わらずストレッチャーを用意せず搭乗を拒否したのならば、それは違法です。糾弾すべきです。

障害者事前連絡について

一般論として、事前連絡障害者にとってとても重要です。とくに高齢障害者のようにストレッチャーや電動階段昇降機を使いたくない人にとってはすべての経路にエレベータースロープがあることを確認するのは必須です。また、航空会社特に配慮してもらいたいことなどを伝え、航空会社から要望や注意点を確認することはスムーズ飛行機にのるために必須です。事前連絡しない障害者は極めて少ないと思いますし、対応ができずに搭乗を断られても仕方ないと思います

K氏はなぜ事前連絡しなかったのか

今回、K氏は事前に何も言わず、突然、空港カウンターに現れてトラブルになりました。事前連絡すると搭乗を拒否されるからと主張しています

http://www.kijikiji.com/self/vanilla.htm

バニラ・エアは搭乗を「お断り」していたと言っていますので、事前連絡すると最初は断られたと思います

ただ、バニラ・エアバリアフリー対応する法的義務があります。(内容証明郵便などの書面で)ストレッチャーを用意するように要望すればいいだけです。それを拒否することは明確に違法なのでできないでしょう。

仮に拒否された場合も、国交省鹿児島県島に改善を求めるための窓口がありますし、記者会見等で世論に訴えることもできます。(実際、K氏は事後にそのような対応をしています。)

事前にバニラ・エアにそのように話をすればストレッチャーの用意を拒否するという対応には出ないでしょう。話せば解決できたと思いますし、話す時間がない急ぎの旅行でもないようです。

話し合いで解決すべきです

今回の騒動アマチュアが知らずに引き起こした話ではありません。

K氏はバリアフリープロとしてコンサルや講演活動などで生計を立てているプロです。プロであるならば、法律知識経験武器に話し合いで解決すべきです。

奄美空港設備や今後の整備予定、自分が登場するために必要な道具や人員など、詳しいことを調べる能力もあるはずです。飛行機に乗り慣れているようですので航空会社空港の決まりにも詳しいことでしょう。

そういう人が法律規則があることを知りながら事前に話し合いもせずにいきなり実力行使に出てはいけないと思います

企業も人が運営するものから間違いはあります。間違いを正すことは大切ですが、それはまずは話し合いによるべきです。実力行使は話をつくしても理解されない場合の最終手段であるべきです。いきなり問答無用でやると必要のない波風が立つだけです。とても残念に思っています

最後

世論法律が変わり、今、驚くべきスピードバリアフリー対応が進んでいます。実力で戦わなければならなかった時代理解していますが、しかし、今はもうそういう時代ではありません。法律がありますので話し合いをすればほとんどのことは解決します。

活動が先鋭化して大衆の支持を失うようなことになれば障害者やその家族、ひいては社会全体の損失です。そうならないことを願います

2017-06-29

https://anond.hatelabo.jp/20170629182558

その差別まみれの脳みそをありがたいブクマカ様の言葉を何百回もみてあらためろよアホが

miraimemory この件で多くの障害者が「事前連絡するのが当たり前なのに」と語ることに驚いた。バリアフリーって何なんだろう。事前連絡必要っていうのも一つのバリアだよね。だからこの増田事前連絡の捉え方には賛同する。

事前連絡が当たり前という時点で日本ダメ

バニラエアの件で主題が混迷している

増田ブクマ議論が盛り上がっているが、ネットでの議論に付きものの「主題の混迷」が起きているように感じるので、今思いつく範囲で出てきている主題をまとめてみる

(→から先は個人意見でそこを主張したいわけではないことを分かってほしい)

1.バニラエアの社内規則及び当日の対応について

→これを擁護している人は見たことがない。バニラエア謝罪の上改善すると言っている

2.車イスの人の当日の動きについて

→あれもダメ、これもダメと言われれば、残っている選択肢自力タラップを登るか、諦めるしかないと思う。行動に関して問題はないというか、仕方がなかったかと思う

3.事前連絡のなかったことについて(今回の車イスの人がどういった人物かなどをすべて無視し、介助の必要障害者事前連絡なしに搭乗しようとしたことについて)

事前連絡があればスムーズに乗れる(もしくは事前に搭乗拒否される)など、当日ごたごたすることはなかったと思う。しかし急に移動が必要になったり、障害者の手間などを考えると「事前連絡をしておくのが理想」ぐらいか

4.今回の人物について

5.今後の航空会社等の対策について(理想

バリアフリーというのであれば、事前連絡バリアになる。どんな人でも分け隔てなくスムーズに移動できるべきである

6.今後の航空会社等の対策について(差し当たりの対応

→5.の意見理想論であり、障害にも種類があり、重さも人によって違う。それによって必要対応、道具等も出てくるだろうし、それを当日その場で職員などが対応するのは難しいのではないかと思う

手間ではあるが事前連絡をしてもらうのが現時点では妥協案となるのではないか

多分まだあるだろうが、とりあえず思い浮かぶのはこのくらい。先にも書いたように、→の後は個人意見で、そこを言いたいわけではない

上の1〜6が同時に話に出てきているので、たとえば事前連絡すればよかった(6)という人に対してそれは障害者人権侵害している(5)という意見が出て、それが支持されているのではないだろうか

タラップを自力で登ったことが仮に当人にとって過剰なアピールだった(4)としても、今回の場合において搭乗したければそれ以外の選択はなかった(2)ように思える

主題の混迷を見るたび、ネットでの議論には限界があるように思えてしま

2017-06-17

周りアニメオタクネトウヨだらけが同意をかき集める問題

アニメオタク馬鹿にしていいって感じがはてなリベラルごっこの限界だよなといつも思ってたんだけど

これがいわゆる「きもくて金のないおっさん問題なのだろう

きもいとか、金がないとか、おっさんとか、アニメオタクとか

そういう何かしらのカテゴライズ問題というよりも

俺が気に入ったもの以外は擁護しない問題、あげく叩く側に回る問題なのだろう


韓国人問題みたいに「一部の人問題です」バリア擁護してやればいいのに

アニメオタクにも一部のアニメオタクだけですって言ってあげればいい

おれはアニメオタクなんてしらねーけどな、一部だけなんでしょ?どうせ

はてなリベラルっていつも言ってるじゃん、一部だけですって念仏のように

なんでアニオタはいってやらないんだろうね。


トランプとき低所得者白人男性アメリカリベラルから無視されているってさんざんやっといてこれ

シャルリー問題とかもそうだけど、とにかく俺が気に入らないマイノリティ問題どうする問題でしょ?

君らの馬脚がよく出てておもしろいね

2017-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20170608002116

多分、この人と似た人生を歩んでいる人です。

もう十五年くらい前でその後埋没し忘れかけていたけれど、この人の言っていることには一々思い当たることがあります

そう、薬が入って移行期の頃は色々驚いた。確かにそうなんよね。性欲の感じが。普通の女はあの男性性欲の恐ろしさを知らん!と思ったよ。

あと、ホルモン状態女性に入ると、あの男性性欲的面倒臭さから解放されたけれど、ガードがもろくなるというか、精神的なバリアが弱くなった。

なんというか、例えば何か失礼な言動とかイヤな言葉があったとして、以前は聞きながらどこか他人事のように「確かにそういう面もあるよね」くらいで流せていたのが、物理攻撃されてるみたいにズバーッと刺さるようになった。

これがわたしだけなのか、一般的なのかわからないけれど、結構ホルモンに皆んな振り回されてるものなんじゃないかなーと思う。その辺、お互いに思いやって生きていきたい。

2017-06-05

キーボード入力って面倒だ。

増田とか打っているとき別にどうってことなくできるけど、

いざちゃんとした文章をしたためようというときには

キーボード入力ってとてつもなく面倒な代物に思えてくる。

アイデアの表出を記録するに際し、バリアがあるんだろうな。

2017-05-10

キリスト教十字軍をやったから酷い、では他宗教は?

昨今テロばっかりやってる、名前言ってはいけないあの宗教平和的で、誰も殺していない?世界一平和宗教

いいや全くそんな事はない。

ローマ帝国崩壊後、地中海はサラセン海賊に荒らされまくった。

奴隷にされた数は120万人以上、殺害された記録は探せなかった。だがそれを以て「被害者0人」と言うのは浅はかだろう。

十字軍は元々、フランス狂信者が言いだしっぺだが、それが支持された背景には数々のテロ行為存在していたからだ。

サラセン人とエルサレム関係ないという指摘はその通りである

双方、勝てるところとしか喧嘩しないから、いつも平和的な人々が被害に遭う。

サラセンが収まると、次に現れたのがバルバリア海賊だ。19世紀まで続いた。

列強がよってたかって北アフリカ制圧した!という話は、北アフリカに住んでいた無実の住人に対してはまあそうなんだけど、

海賊に襲われていた側からしてみれば、自国攻撃してくる国に対しての攻撃である

このあたり、奴隷にされても「あの宗教は寛容だから奴隷になっても幸せキリスト教非人道的!」なんて言う人が平気でいるけど、

タリバンポコハラムを見ててもそう言えるか?

あれは特殊な例で、中世近世は優しかったと思えるなら花畑と言わざるをえない。

現代も何も変わらない。

一部の賊が異教徒一般人を殺す。

賊は駆逐されるかもしれないがしわ寄せはあの教徒一般人に来るのだ。必ず。

そして「罪もない一般人を苦しませた異教徒、酷い!」と大々的に言われる。

テロ一般人関係ないって言うなら、賊を駆逐した軍隊一般人関係ないよね?

いいや軍隊は賊の駆逐の時に一般人にも手を出した。って言うなら、先に一般人に対してテロった件についてもそちらの宗教全体で責任持てよと。

宗教を貶めてのかの宗教擁護は、見てて気持ち悪い。

2017-05-07

食器を洗うのが嫌い

嫌いっていうかもはや苦痛

もともと肌が弱くて特に手の皮膚のバリアが薄くて水仕事するとすぐに手荒れする。ほぼ一年あかぎれしてる。学生一人暮らし家事もそこそこ+たまにカフェバイトで洗い物くらいしかしてないにもかかわらず、そこら辺の主婦よりは手荒れしてる自信がある。

定期的に皮膚科に行ってステロイド系の真ん中くらいの強さのやつ(アンフラベート)と保湿クリームもらってるけど、良くて小康状態しか保たない。指の関節はやたらシワシワ・カサカサだし、指先はいっつも皮が剥けてる。

ゴム手袋してもだめ。ゴムの上からでも痛痒くなる。洗剤も市販のじゃなくて無添加っぽい石鹸使ってるけどダメ。お風呂シャンプーとか体洗うのは全然大丈夫だけど、水仕事とりわけ食器を洗うとてきめんに手がボロボロになる。

料理は好きだし家でご飯作ってちゃんと食べたいのに、食べ終えた後の食器洗いのことを考えると憂鬱を通り越して怖くて自炊する気が失せる。

似たような感じで手の肌が弱い人、普段家事とかどうしてるのかな。

女子からネイル指輪もしたいんだけど、指や手の肌が汚すぎて全然かわいくない。わりとつらい。

2017-04-13

ホモセクハラ適用されるのか

ホモの先輩が自分を舐め回すような目で見てくる

たまに尻や胸を触ってくる

チンコタッチもされる

怖い

そのうち掘られそう

でも怖くて強く拒否できない

これセクハラ適用されますか?

LGBTバリアでセーフですか?

2017-04-12

http://anond.hatelabo.jp/20170412085744

はてなの賢人達ネトウヨ兵士として戦ってくれるから大丈夫!(使い古された仲間内ではバカウケの皮肉)」

ネトウヨ九条バリアでなんとかしてこいよwww(妄言)」

  

で溢れてるんだろうなと思ってきてみたら

2017-04-06

面白かったということを伝えたい時

ワロタ」ってもう多分古いんだよな。未だに使いそうなるんだけどグッとこらえて、書き直してる。最近だと「草生える」とかがトレンドなんだろうけど、これは気恥ずかしくて使えない。もういい年で若くないから、こんなノリノリの流行りのスラングは使えない。

結局「吹いた」に落ち着く。砕けた表現ではあるが、別にうわついたスラングじゃないですが何か?的なバリアも張れるのがちょうどよい。

2017-03-13

私のニキビ対策

普段の洗顔→アクネバリア プロテクトメイククリア使用

ニキビのでき始め→洗顔直後の患部をタオルで優しく拭き、ティーツリーオイルをほんの少し塗る(あれば綿棒で)。表面が乾くまで待つ。

(眼の周りや粘膜近くには塗らない)

化粧水無印のもの使用(私はしっとりor高保湿)

その後は必要に応じて美容液や保湿クリーム使用

これででき始めのニキビ比較悪化せずに治せている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん