「アラサー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アラサーとは

2017-11-23

anond:20171123191529

いやー、体育の時間ブルマがなくなってるからな。

アラサー漫画家体操着ブルマは、リアルでみてないらしいし。

表現の自由を求めた結果なのだろうな。

もっと撤去していいよ

俺はアラサー男だけども、男性向け成人誌だけじゃなくもっとやればいいと思う。どの事業者も。

世の中の表側からアダルト(性的かつ下品淫蕩的なもの)はぜんぶ撤去するべき。ティーン誌とか青年コミックも含めてね。厳しすぎるくらいでいい。

対象商業誌だけじゃない。

コミケなんかのイベントでもエロ同人での参加は禁止して、エロ通販DL販売に完全移行したらいいと思う。

同好の士との触れ合いの場がほしいならまず外で話せるレベルの、健全ものも作ってから話してくれ。エロしかコミュニケーションが取れない人間ネットから出てくるべきじゃない。

店舗を持つ同人ショップからエロ同人アイテム撤去公共の場には存在しちゃダメだ。

はいえ、厳重にゾーニングされ、入店時にピピっと成人認証されるアダルト専門ショップ、といった感じなら商業同人わず店舗もあっていい。あと現状のように歓楽街隔離された形の風俗店問題ない。

要するに、現実世界では非エロエロが混在する空間があってはならない。健全ものを求める人間(未成年含む)がアダルト方面に迷い込むのが問題

ただし、ネット上ならそういった類の迷い込みがあってもいい。もちろんフィルタリングなどの必要性否定するわけではないが。

根本的にネットというのは、ほとんど精神世界だ。精神に歯止めは掛けられない。だから強い意志があれば未成年でもフィルタリングを抜け出せるくらいで構わない。

そういう空間と、現実空間との区別は厳格であるべきだし、その分別を誰もがつけられる国民性志向するべきだと思う。

昨今は、ネットリアル混同しすぎているのだ。

 

誤解されそうだが、成人向けコンテンツ流通を縮小させる意図はない。むしろ、厳格に分ける一方で萎縮が起きないように気を配るべきだ。

アダルトを含めたあらゆる表現を手厚く守って、エロアイテム流通は倍増させるくらいの勢いでいいとすら思う。

ただしその流通は、パブリックとは隔離された場所で、プライベート空間に直送される感じでやってください、という、一言で言えばそれだけの話だ。

中国じゃないんだから、アレなモノからソレなモノまで、公共空間にごっちゃ混ぜで陳列する必要はもう無い。

日本はもうカオスでいられる時期を過ぎた。もっと洗練されたスマート社会のありようを本気で考えて、変えていかなくちゃならない。

平たく言うとみんなネット通販活用しろって事だ。ついでにドローンとか無人トラックの認可を急げってね。

既存流通からの変化を促すと、それについていけない人への配慮を~という批判が来る。

だが思うに、ネットも使えないような、コンピュータ音痴の年配というのは、大概知ろうとしない、学ぼうとしない。

必要に迫られてもできるだけ避け続ける。たとえば高性能なスマホを息子に見繕ってもらい、教えてもらっても、

難癖をつけるばかりで最低限の通話メッセージング以上のことを断固としてしようとしない。興味を持とうとしない。

使っているモノの事をなにも知らないまま使い続けるような、恐ろしい感覚を持っている。

コンビニエロ本を買っていた人間のうちで、撤去されたから焦って他の入手手段を調べ出せる能力のある人はまだマシだ。

そうでない人はきっと先に述べたような気質の人だ。入手を諦めてまた別のもの(風俗とか)に流れるのかもしれないが、

いずれにしても、自ら賢くなろうとしない人間が取り残されることまで配慮していては、人間ダメにし、社会ダメにする。

何か事情があって取り残されてしまう人の保護ならともかく、健常な人間は生きている限り常に賢くあろうとし、学び続ける姿勢がなければならない。

さもないと、資本主義自由主義経済下の社会ではうまく生きていけないのが当然だし、なんならカモられハブられるの致し方ないことだ。

童貞の人が気になってる

アラサー女。

同じ職場童貞の人がちょっと気になってる。

童貞かどうか知ってる理由は、前に同期だけの飲み会で「彼女いない歴=年齢だよ!」って言ってたのを聞いてたから。

いまの仕事は悲しいほど出会いがなくて、彼氏と別れてからの期間も長い。

そんな中同じアニメが好きだったりして仲がいい彼のことが少し気になっているのだけれど、正直、寂しさに負けてるだけなんじゃないかという気もしなくはなく。

浮ついた気持ちで、彼の「はじめて」を簡単に奪ってしまっていいのか、というところで踏みとどまっている。

デートとかそれ以上のこととか、もっと彼が本気で好きになった女の子としたほうがいいんじゃないかって。

最近の楽しみ

アラサーの男

結構高学歴

年収600万円

都内で独り暮らし

長男ではない

婿養子OK

・体型普通

・会えば一目で分かる一級の障害持ち

で、最後の項目だけ隠して婚活で知り合った人に会ったときにどんな反応をするか見るのがちょっと楽しい

2017-11-21

私の息子が産まれときの話

10:00

この日段階で予定日を10日過ぎていた。これ以上は延ばせないということでクリニックに入院開始。診察中に破水先生方慌てるものの嫁は平常心。

診察の途中から私も参加、促進剤についての同意書にサイン入院部屋に行く。

部屋はワンルームをやや狭くしたくらいの場所

3人部屋だがカーテンで仕切られており、なにより今は私ら夫婦しかいない。

窮屈さはないし清潔感あって居心地悪くない。

入って早々地元訛りの助産師さんから説明、促進剤の点滴開始。まずは20mlから

 

11:00

10mlずつ増加させるものの変化なし。

自体は当面は動きそうにないので、ここで一人散歩に出かける。薬局マスク買ってファミレスカツ煮定食を食す。アラサーカツ煮定食コスパに感動。

途中で胎児心拍低下による促進剤停止という事態があり飛んで戻る。

 

12:00

ランチ野菜カレーカレイの揚げ浸し、スープサラダパイナッポー。目を閉じ多幸感に包まれながら食事を楽しむ嫁。

まりに美味し過ぎたためか完食した嫁、お腹いっぱいになりすぎその後やや後悔したようだ。

 

13:00

Toco値(なんの値かよくわからなかったが出産までの進行度合いと解釈した)を注視してみたが高い値になっても「生理痛よりはマシ」とのこと。

やはり痛覚は個人差あるのかな。

入院開始時は前駆陣痛が5〜7分間隔だったものがこの時点で3分間隔に。まだまだ笑顔。この時点で促進剤60ml。

 

14:00

2度目の外出。動けない嫁に雑誌を買おうと近くのコンビニを探す。

地元で有名な産科が近いからか出産関係雑誌が1角を占める。澤穂希表紙が目立つ。

めぼしい雑誌はなくクリニックに戻ると駐車場から車が消えていた。どうやらこの日は通院する人が少ないようだ。

 

15:00

促進剤追加。現在100ml。

痛みが生理痛をやや超えるレベルになってきたとのこと。

Toco値がMAX127なのは何か意味があるのだろうか。

本日中の出産可能性低そうだと看護師さんと会話する。

 

16:00

本日3度目の散歩。最寄り駅まで歩いてみる。

その間嫁は昼寝しながらラジオリラックスできている。

 

18:00

嫁と食べ物縛りしりとりをしたりアキネイターごっこをしたりして穏やかに過ごす。

 

20:00

面会時間が終わったためお義母さんに送ってもらい一時帰宅明日再度促進剤投与をする方針になった。

 

21:32

から電話胎児への負担考慮して急遽緊急帝王切開を取ることになったと嫁。

一時的心拍がかなり下がったこともあり無理はできないという医師判断だった。

急行

ハンカチある?ないなら貸すね。何用かって?出産後に感動した時用よ」とお義母さん。ハンカチを受け取る。

 

22:00

オペの説明を受けて嫁は早速手術場へ。

元々立会い出産希望ビデオカメラを持参していたが、使うこともなさそうだ。

廊下オロオロしながら歩き回る昔ドラマでよく見た典型的なパパっぽい感じになる。

 

22:17

手術開始。手術室前のロビーにてお義母さんと二人。時間永遠に感じる。

 

23:20

手術が終わったらしく先生から説明を受ける。

手術は成功。嫁の出血も少なく終わった。

しか胎児への負荷が大きかったようで、胎児に呼吸器をつけてなんとか酸素補給をしている状態とのこと。

状況によっては緊急搬送もあると説明される。

 

23:50

赤ちゃんに会いますか」と看護師さん。

手術後の胎児に対面する。

顔が青ざめており、ひゃっくりのような小さな呼吸をかろうじてしている状態

我が子への最初の声掛けは「頑張れ」だった。

 

24:10

産後の嫁に付き添う。労いの言葉胎児の容態が気になりトーンダウン。もうここは祈るしかない。

しばらくして先生から緊急搬送を取ることにしたと説明救急車で隣町の大型病院へ。

 

25:30

大型病院到着、胎児の無事を待つ。

義母さんの運転が優秀だったのか、救急車より早く着きすぎる。書類記載して提出。

緊急病院の待合室は独特のピリピリ感があって苦手だ。

この日はなぜかオカマさん(顔以外は限りなく女性に近い)がいて視線を奪われる。

 

26:23

係りの方に呼ばれる、NICUがあるエリアへ。

胎児の容態についてネガティヴ思考が強まっていった時間帯。

 

26:33

カンファレンスルームへ。ここからどれくらい待っただろう……時間永遠のように感じられた。

部屋には山ほどの赤ちゃん関係の本が。その中には「赤ちゃんの死を乗り越える」というタイトルのものもあり思考ネガティヴループが加速する。

気づいたら私もお義母さんも文字通り祈るポーズをとる。ただただ生きていてくれ。ネガティヴモードを振り切ろうと廊下散歩する。

 

27:30

病院看護師さんに呼ばれて私一人でNICUへ。熱を計り徹底的に手を洗い清潔な状態で入室。

 

胎児は全身を管に繋がれながらもさっきより顔色のいい状態スヤスヤ寝ていた。なんと可愛い寝顔だろう。

全体的にむっちりしていて丸顔で。天使ってほんとうにいるのだなと確信した。

「触ってあげてください」と看護師さんに促され頭を撫でる。剛毛で真っ黒でややパーマ。これはお母さん似かな。

よく頑張ったねと声が自然と口から漏れた。看護師さんも笑顔だ。

 

息子は「胎便吸引症候群」により体に強く負荷がかかり、更に肺炎を併発させて窒息ぎりぎり手前状態だったという。

クリニックの先生の緊急搬送判断(別のお母さんがその時間に手術予定だったが、我が家を繰り上げで対応して下さったよう。感謝しかない)、

大型病院のベッド空き状況/立地……などなど様々な幸運が重なったことによって生きることができた息子。

まだ頑張るところだがまずは人生スタートラインに立てたぞ。本当によかった。

 

27:50

NICU責任者先生から契約書類説明を受けサイン。息子の名前を初めて書面に記す。出生届よりも先に書くことになるとは。

「**(名前、産前にもう決めていた)っていい名前ですね!私の親友が同じ名前なのですよ。いいやつでね……」と先生。この人は信頼できるとなんとなく感じた。

具体的な検査結果は翌AM11時に説明させてくださいと先生先生寝る時間ほとんどないじゃないですか……おつかれさまです。

看護師さんから書類を受け取ったのち「忘れてた!」と息子の写真を渡してくれた。

処置中は目を開けてて「ここはどこなんだろー」って周りをキョロキョロしていたんですけどねー」と目をつむった胎児写真説明する看護師さん。

ここにいる人はみんな味方だ。

 

28:30

一通り手続きが終わり、お義母さんと一緒に里帰り先に帰る。

気持ちハイになっているのか眠気は全くない。

安心感からか涙が滴り落ちる。自身がめちゃくちゃ強張っていたことにやっと気づく。

iPhoneを起動、嫁と使っていた妊娠/出産情報管理アプリを開くと表紙が親子3人になっていてまた涙。

ハンカチ、ここで使うべきなんですかね」と涙を拭いた。

 

 

 


上記は息子が産まれときメモとして残していた日記

その後息子2ヶ月弱の入院を経て帰宅、順調に成長し、障害もなく元気に育ってる。

先日1歳の誕生日を無事迎えた際に懐かしくなったのと、コウノドリで近い例のお話があったので……増田投稿してみた。

出産にはこんな例もありますよってのを知ってもらえれば。

2017-11-20

アラサーエンディングノート

エンディングノートを書いている。

数ヶ月前から

二回連続相手浮気婚約破棄

気付けば29歳、世間的には行き遅れのオバサンだ。

衰える身体、周りは幸せな家庭を築いていく。

焦って躍起になっていた三ヵ月前に、遺書書いて死んでしまおうかと思った。

若い時分はそれなりにモテた。周りは美人だの何だの褒めてくれたしスタイルも良かった。

二十歳からずっと結婚願望はあったし、お付き合いした人とは全員結婚したいと思っていた。

でも付き合っていた男のお眼鏡にはかなわなかった。

から自分に自信が持てなくて、嫌われないように必死になってばかりで自分の主張なんてしたこと無かった。

典型的なこじらせ女。そんな奴を嫁に選ぶわけがない。

そんなこと繰り返しながらあっという間に29歳。

半端なプライドも捨てられず、日々劣化していく全身と、周りの評価が怖かった。

死のうと思ってエンディングノート書いた時、いつでも死ねることに気づいて憑き物が落ちた。

いつでも死ねる。好きなタイミングで好きな方法死ねる。いつでも終わらせられる。

からどんなに嫌なことがあっても、いつでも死んで逃げられることに気づいてから、生きるのが楽になった。

自分蔑ろにする男に媚び売る必要は無い。後先考えず自分の為だけに生きればいい。

死ぬことがこんなに心強いものだなんて知らなかった。

エンディングノートおすすめ

大学4年生が経験した恋愛の記録

私には3年半付き合った彼氏がいました。

大学生になってから付き合い始めた初彼氏社会人

アラサーで、多忙職種の人で、仕事が大好きで、多趣味で、友達仕事人間との関係構築も良好で、兄弟実家との関係問題なし。

何より私が勉強したいことや興味のあることを応援してくれる、まさかこれまで彼女がいなかったとは到底考えられないほど素晴らしい人でした。

私はこの人と結婚するつもりでいました。

一人暮らしが長いため生活力があったこと、自分能力を以って稼ぎ続ける人だったこと、友人や家族上司・部下といった人間関係の構築に一切の難がなく人望が厚いこと、貯金ができること、何より私を心から気遣って大切にしてくれる人だったことです。

結婚相手にはこの上なく素晴らしい、最高のひとです。

そんな彼と私にはある共通認識がありました。

自分みたいな非モテなんかが、ここまで異性に気に入ってもらえることなんて今後ありえない」です。

彼はアラサーになるまで仕事一筋、恋愛にも興味がないため、モテの何たるかを一切心得ていません。

デートでも鼻毛は伸び放題、身体微妙にあっていないサイズの服。

でも私にとってそれは、好きな人と一緒に過ごす上では瑣末なことなので、鼻毛カッター買いなよと言ったくらいで別に気にしませんでした。

彼の誠実で実直な人間性を好きになったからです。

それゆえに彼は、彼のままでありつづけながらも離れない私を見て、前述した共通認識を持つようになりました。


一方私は、高校大学時代全然モテませんでした。

もっと言うと、女性として扱われることが少なかったです。

彼氏がいると公言していたり、飲み会では自らを犠牲に笑いをとって盛り上がる側になる他、見た目にもそれほど気をつかわずに生きてきた期間も長いものでした。

またそもそもの人相があんまり良くない上にそれをカバーすることも特にしませんでした。

そんな自分でも彼は私を好きでいてくれたからです。

それゆえに私は「自分なんかにはもう異性に言い寄られることなんかないし、それでいい」と思うようになりました。

まり、「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係の一致が、学生社会人カップルを長く続かせる要因になりました。

しかし、もうすぐ4年目にさしかかるところでこの関係は終わりを告げました。

原因は私の浮気です。


きっかけは某SNS

オフ会出会ってから仲良くなった男性がいました。

いい友達になれるかも!と思い、2回目に会って食事をしたときお酒の勢いで家に連れ込まれました。

なぜ断らずに家に入ったか

彼氏多忙でなかなか会えない寂しさをまぎらわせるため

・正直、男性に求められることが嬉しかった

彼氏以外の男を知る経験をしてみたかった

から、です。

寂しさを紛らわせるための浮気、よくありますね。

そこに、自分が信じ込んでいた「自分にはもう異性に好かれる可能性がない」という思い込みを壊してくれる期待が重なります

それに、男性経験が一人の人生でいいのだろうか…?という考えもよぎります

その上お酒の力で気分がいいので尚更判断力は鈍り、結果男の家にほいほいと入って行きました。

こうして私は初めて、彼氏以外の男と唇を重ね、セックスをしてしまいました。

その男は私とそれほど年が変わりませんが、かなりの高学歴かつ稼ぎも相当良く、身長が高く、運動部にいたためガタイもよく、見た目や服装に気をつかえて、人の話を膨らませて聞き役に回ることが非常にうまく、連れて行くと女性が喜ぶお店をたくさん知っていて、またセックスもとても上手でした。

彼氏が持っていないものをたくさん、たくさん持っていました。

ことを終えた後、酔いも覚めてきて、罪悪感に支配されました。

しかし男が持つハイスペックぶりと彼氏スペックを比べたり、「私を好きでいてくれる男がいる喜び」に味をしめるようになったり、これまで経験たことがない性的快感にハマったこともあり、オフ会で知り合った男に入れ込むようになりました。

何度も何度も逢瀬を重ねるようになりました。

何日か経って、彼氏に会った時、自分の中に異変が起きていました。

デートなのにあまりにモサっとした見た目… 行く飲食店も変わり映えのしないところばかり… セックスもあの男の方が全然気持ちいいじゃん… といったこれまで気に留めなかったことばかりが目につくようになりました。

私は彼氏以外の男と交わることで、初めて比較対象というものを得ました。

これによって私は、これまで良しとしていた彼を「無理!!」と感じました。

何より「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係崩壊たことが決め手でした。

こうしてもう彼氏として見ることができなくなり、気持ちが離れていきました。

3年半も付き合ってきたのに、あっけない終わりでした。

長かった彼氏との関係を解消し、オフ会で知り合った男にいよいよ本気になった私は徐々に、自分所詮セフレ以上の存在にはなれないことを悟ります

私以外にも同じように、オフ会で知り合ってセフレにしている女が何人もいたことを男本人から伝えられました。

私を好きになってくれたのではなく、ただの暇を繕う玩具として扱っていただけのことに気づきました。

まり経験が浅い私は、こんな人本当にいるんだ…というショックを受けました。

今まで彼氏は私一人を大事に扱ってくれたので、それと同じように、オフ会で知り合った男も私を大事にしてくれるのだと思い込んでいたのです。

私はやっと、彼氏がどれだけ愛情を注いでくれたか気づきました。

自分勝手な都合で、彼氏気持ち裏切りました。

男は私がだんだん本気になり始めたとわかると、連絡を無視するようになりました。

嫌われたんだというショックよりも、自分はもう用済みなんだという屈辱的な扱いに愕然しました。

何より「気持ちが離れたから捨てた」というこの男の行動は、私が彼氏にしたことと同じです。

因果応報、彼をいかに傷つけたかに気付きました。

なんとか彼女に昇格しようとして気を引くのも、気に入られようと努力するのも、全てが虚しく感じました。

こんなことをしても私は結局幸せじゃない。

結果として私は多くを失い、今フリーとして生きています

しかし、その最低と言わんばかりの男からは、いくつかの素晴らしい贈り物をもらいました。

・恋をしたので見た目に気をつかうようになった(事実母親女友達インターン先の女性社員から見た目を褒められることがグッと増えました。美容室で髪の毛を整えたり、自分に合うメイク研究したり、ジムに通い始めたのも、オフ会で知り合った男がきっかけです。)

・「私を気に入ってくれる異性なんかいない、私にはもう次がない」などという後ろ向きな思い込みを捨てさせ、未来希望を持たせたこと(穴扱いとはいえ、頭脳や見た目はハイスペックの選別するレベルにかなったようなので、私はちゃんとすればまだまだイケるんだ!と思うようになりました。これがたとえ盲信だったとしても、後ろ向きなまま生きるよりはきっと健康的です。)

・人はスペックではなく、人間性を何よりも重要視すること。スペックだけに目がくらんで作った人間関係では幸せになれない。

自分もまた、見た目やスペックに加え、最後人間性によって選ばれているということ。

・人から好かれるためには、まず自信を持つこと。その自信を持つために、自分がやるべき仕事をきちんとこなし、よりよい仕事をするための勉強を欠かさず行い、時間厳守挨拶気遣いといった人として当たり前のことを当たり前のようにやる。そうして昨日の自分より頭のいい自分になる努力を重ねていくこと。

フリーになって自分を見つめ直したとき、気づいたのはこれでした。

自分を無理やり切り替えて前向きに生きなおすための思い込みですが、「あの男との出会い自分を次のステージに進めるための必然出会いだったのだ。私はもう二度と同じような過ちをしない。これ以上不必要に人を傷つけずにうまくやっていくための気づきを与えてくれたのだ」と思うことにしました。

そう思いながら、学生の本分である勉強を、心を入れ替えて始めました。

そしてもうしばらく、恋愛はいらないなぁと思いました。

こうして大学生活、終わると思います。読んでくださってありがとうございました。

2017-11-16

いまだからわかる僕っ子のよさ

僕はアラサー会社員

僕が中学生とき、同じ塾に通う僕っ子がいた

全くかわいくなかった、趣味は「ネットサーフィン」と答えていたっけな

あのとき、僕っ子はかわいくないし、わざとらしいし、変だとネガティブイメージがあった

でも

最近テレビで僕っ子をみた

ああ、いいなあ、しみじみとエエなあと...

そして、僕っ子を受け入れた僕は年をとったなあと思った

大人になると味覚が変わってミョウガとか、シソとか好きになっていくのね

僕っ子を「しみじみとエエ」と思ったのはこんな感じかもしれんね

anond:20171116102822

いや、初デートサイゼリヤで喜ぶ結婚適齢期アラサーって、そもそも美味しい物を食べたいか努力みたいな食にこだわりが無いのでは

男も美味しい物が食べたいとか相手を喜ばせたいみたいなのが皆無だからサイゼリヤ吉牛になる訳だし

手作りケーキは金がかかるし一日仕事なのに家でケーキを作るみたいな感じの人は、手作りしか味わえない雰囲気や形、子供の喜ぶ顔が見たいとか、ケーキ作りに自信があるとか、食にこだわりがあるからやってるわけで

妹毎回ケーキを作ってるけど、美味しい店は妹に聞けってくらい外食もこだわる子だし

同じ予算ケーキ屋の美味しいのを買えるけど面倒だからスーパー適当クリスマスケーキを買う食にこだわりがない夫婦になりたいとかを目指す方がイメージに近いのでは

実在14歳巨乳女性性的な目で見て二次元創作SNS共有するのはなぜ

https://togetter.com/li/1171485

俺はアラサーの男で、人に性的な目で見られることがたぶんほとんどない。なので人に性的な目で見られることが不快かどうかは、正直よくわからない。

ただ電車に乗ったある日、ふと気づくと露骨に顔を覗き込んでくるちょっと普通雰囲気じゃない真顔の汚い人がいて心底ビビたことがある。そして俺が気づいて顔をそらした後も、俺が下りた後もずっと俺を見ていた。自意識過剰承知の上でとにかくかなり気持ちが悪くて、…まあいいや、すぐ忘れるだろ!と思ったけど3年以上たった今も覚えている。

たぶん「人に見られる」ということや「人に見られていると感じる」ことは、それだけでわりとストレスになるんじゃないだろうか。知らない人ならなおさら。あまり人の視界に入らない同族の方にも是非想像を張り巡らしてみてほしい。

そしてそれが「性的」となると、ただ不気味なだけではなく、より現実的危機を予感させるものになるのだ。

性的な目で見られたことをきっかけに直接身体的な危機被害があったり、そういうエピソードを伝え聞くことによって、性的な目で見られる=危険回避すべき=不快、という感情トリガーと結びついて回避しようとするのは生き物として合理的だ。「性的な目で見られることが不快」という根底にはきっとこういう経緯と感情が流れている。

(他にも「性的=いやらしい」みたいな洗脳教育の影響があるのかもしれないけど、こっちは意味がわからない。いやらしいって何?)

ともあれ「性的な目で見られること」は危機を感知させるものであり、「常に性的な目で見られているかもしれないと感じること」はいうなれば危機感センサーが常に警報を鳴らし続けるということでそれはたいそう疲れ滅入るというか、結果として「キモイ」「ムリ」という感情が表れるのもある意味正常だよな、と想像する。

そしてそれがまして14歳などという中二前後、ヒトの最も繊細で危なげで多感な時期に「危機感センサー」を鳴らし続けるのはさぞかし辛かろう。自意識過剰感情の行き場がなくなりやすくてべらぼうに傷つきやす人達が「これはもしかして自分のことでは…?」と悩んでしまうとしたら、それはなんだかかわいそうだと思うのだ。その後の価値観・考え方にも大きく影響するだろう。

から、本人が特定されようがされまいが、「もしかしてこれって私のことだろうか、私は常にこんなふうに誰かから見られているのだろうか」と誰かを不安にさせることは、思いやりの心を持った人間としては、極力なくしていきたいというものだ。人の目に触れないところで楽しむなり、創作だと断言したり、やりようはあるはずだ。

ちなみにあの件、SNS拡散すればするほど、創作物を目にして自分のこと?と不安になる人も増えるだろう。作者だけでなくシェアした方々は己の影響力を過不足なく見極めていただきたい。想像力と思いやりのある人間ならば。

はいえ人が人を性的な目で見ること、とくに男性女性性的な目で見ることは避けられそうにない。なぜならその外見の性的魅力への感情トリガーになって生殖してきたのがヒトだから。なので本当の本当は、性的な目で見られる→危険!→イヤ!!という感情の結びつきが、その原因となる事案がなくなるといいよね。ヒトがヒトに優しくなれるように、できることや抑止力はないかなぁ…。

ところで、性的な目で見られること、あるいは二次元として創作されることが「消費される」「モノ扱いされる」とはどういうことなのだろう。それは何がいけないのだろう。記事を読んで懸命に考えたが引き続きわからないままだ。

2017-11-13

アラサー男(28

2つ上の女性が好きになったかもしれん

若い子が好きだと思ってたのに

でも最近若い子と話が合わんし、若い時みたいに顔が整ってるだけでは惹かれなくなった。話が合わないと。

2つ上か…。向こうも多分そんなに悪い気はしてないと思う。一緒に御飯でも行ってみるかな…。

2017-11-11

友達ツイッターの裏垢を知っている。

一緒に行ったイベントのことを検索してたら、その裏垢がイベントのことを写真付き(私たちしかなし得ないアイテムとか入ってたのでわかった)で載せてたのがきっかけで見つけてしまった。

見ちゃいけないと思って本人含めて誰にもバラしてはないんだけど、面白すぎると思ってたまに見に行ってる。

その裏垢での内容で、彼がナルシストであるこのも、女に対して最低な考え方をもってることも、自分がオシャレだと思ってることも(アラサーなのにいつも大学生みたいな格好してる)、ときどきフォロワー1000人くらいの可愛い女の子クソリプおじさんみたいなリプとばして無視されてることも見てしまった。

面白すぎるし、内面内面の彼のことが嫌いになった。私自身には害がないので普通に遊ぶけど。

誰にも言えないから、ここにかいた。

anond:20171111175459

TV、車その他色んなものから離れてる若者世代ももアラサーだというのに、まだネット非モテブサイクだけのものだと思ってんのかよ

2017-11-10

ランス10やりたいけど

エロゲやってるの家族に見つかったら色々まずいのでできん

まあゼス崩壊までしかやってないんだけど(それ以降は結婚しちゃったので出来なかった)

シリーズ長くなり過ぎだよなあ

最初からやってた人はもう50近く?

鬼畜から入った人も若くてもアラフォーくらい?

だともう大多数は結婚してるだろうに

戦国辺りからだったらまだぎりぎりアラサー独身かもしれないけど

ドラクエだったら堂々とできるし子供と一緒にやってもいいけど、こっちはなあ……

何でこんなにシリーズ引き伸ばしちゃったのよアリス

しかドラクエと違ってストーリー続いてるんだよねえ

コンシューマ含めてもこれだけ同一主人公で話も続いてる長期シリーズ他にないよな、RPG以外でもないわ

2017-11-09

バリバラ

録画してたバリバラを見た。

バリバラは気が向いたときに見てる。

自分は、難病を患って闘病生活送った後に重度の身体障害が残ったアラサー女。

障害は今でも少しずつ進んでる。

NHK バリバラ | 特別企画 脱・MZK! (最もズレてる健常者)

http://www6.nhk.or.jp/baribara/lineup/single.html?i=590#top

私は、バリバラに出演されている方ほど自分障害についての考え方を確立できていない。

できることなら今すぐ障害を取り去って走りたい、シロツメクサの上を転がりたい、海に飛び込みたい、雪に身体を埋めたい、境目がわからなくなるぐらい誰かを抱きしめたい

放送を見てハライチ岩井さんについて思ったのは、たぶん素直な人。障害のある人を身近に感じられなかったがゆえの他人事感。

でも、障害のある人だって障害のない人や自分と別の障害のある人の苦労とか存在を身近に感じられていないことが多いと思う。

障害のある人同士でも障害の種類や程度が違えば、壁を作ったり差別している現場を見たこともある。

何が言いたいかというと、岩井さんと友達になりたいなってこと。

岩井さんが好きなロックバンドは、私が20年以上愛してきたバンド。同じバンドを深く愛せるっとことは、心の深いところでつながれるということだと思ってる。

一緒にライブに行きましょう。そうすれば、障害があるから違うこと、障害があるけど同じなこと、わかると思う。

自分障害が無くなる代わりに、他の誰かが障害者になるとしたら」という岩井さんの質問に対する私の答えは、

みんなで分け合えたらいいのになということ。約100年の人生の中の少しの時間障害のある時間を生きてみたら誰しも得るものがあるはず。

障害のある人も、障害のない時間を生きてみたらどう思うかな。想像するほど自由じゃないかもしれないよ。

でも、そんなことはできない。でもでも、想像はできる。経験や想いを共有することはできる。そのことを加速させるために、学校職場趣味の場、街で、障害の有無とは関係なくつながれる社会にしていきたい。

岩井さん、ライブ会場で客席を見回してみてください。絶対障害のある人がいます。同じ空間で同じように音楽を楽しんでいる障害のある人がいます。実は身近にいるんですよ。

姉とわたし

姉に会いたい、と今朝コーヒー一口含んだ時、不意にそんなことを考えた。わたしを甘やかしてくれる姉のことが、わたしは大好きだった。捉えどころのないあの人は、言ってみればこの漂うコーヒーの煙のような人であった。

わたしは誰がどう見たって可愛くない子どもだったし、自分でもそれを分かっていたけど、姉はいつも「あんたはこの子に似ているね」と外国の儚げな美しい女の子を指差した。姉は海外雑誌を読む姿が様になる、姉が指差したような少女とはまた違った、けれどとても美しい人だった。父にも、母にも、勿論わたしにも似ていない人だったが、母方の祖母には、少し似ていた。わたし祖父母も大好きだったが、やはり一番姉が好きだった。

姉は美しい人であったが、決してお淑やかな性格ではなく、奔放なところがあった。頑固者で、一方では生真面目でコツコツ努力する人間であった。さらさら流れる水のように美しくて、掴み所のない女性だった。

姉とわたしとは四つ離れた姉妹で、似ても似つかぬ容貌性格であったと思う。しかし背丈は似たり寄ったりであったし、服の趣味も似ていたので、髪型を姉に似せていたときには、双子かと尋ねられたこともあった。思わず姉と顔を見合わせて笑ったら、仕草までぴったりですね、なんて言われて、益々大きな声で笑ったこともある。懐かしい思い出だ。

姉に会いたい、というのは、姉が今はもうここに居ないためである。亡くなったわけではないが、年に一度便りが届くだけなのだ

姉が大学卒業した年、わたし高校卒業した。姉は家を出て、少し離れたところで一人暮らしを始めた。そうしてわたしがまだ大学に通っている学生だった頃、ひょいと家に戻った姉が布団にもぐったわたしにこっそりと、「日本を出るんだ」と告げた。まるで子どもの頃一緒に悪戯したときのような口調で、ニコニコ笑いながら、そんなことを。

姉には年の離れた恋人がいた。出会いは知らないが、大学生の頃に知り合ったのだ。彼を追いかけて、姉は就職先を彼の住む街に決めたことをわたしは知っていた。それで、その人が海外に行くというので、仕事を辞めてついて行くのだと姉は言った。前に言ったように姉は頑固者だったので、引き止めることは何の意味も持たなかった。だからわたしは代わりに「そっか、元気でね」と言った。姉は頭の良い人だったし、特に姉の英語はとても美しい響きを持っていたから、向こうでもきっと上手くやるだろうと思った。そしてまた、姉は恋人と別れても、きっとここには帰ってこないだろうなとも。この家も、あの街も、姉には窮屈すぎたし、姉はもっと広い世界に行くべきだと思っていた。だから当然だと、これで良いと自分に言い聞かせた。本当は、姉を奪っていくあの男が許せなかった。顔も知らない姉の恋人を、心の底から恨んだ。それでもわたしはもう一度、「元気でね」と言って笑った。少し声が震えた涙声になったのが恥ずかしかった。姉はわたしの頭をいつもと同じように撫でて「ごめんねぇ」とあまりすまないと思っていない風に言った。

あんたはとびきり可愛いからね、これから先も、誰からも愛されるよ。私が言うんだから、間違いないよ」

わたしは布団にもぐったまま、声を殺して思わず泣いてしまった。わたしは可愛くないし、誰からも愛されるなんてわけはないのに、飛び立つ姉は無責任にそんなことを言ってわたしの頭をただただ撫でていた。酷い女だ。同時に、この人が世界で一番幸せになったらいいなと思ったし、できたらこの人が世界で一番幸せになるのを、隣で見ていたかったなとも思った。勿論、もう過ぎた願いだ。

姉は駆け落ちをしたわけではなく、きちんと両親には話をつけていて、わたしに報告をした翌日、家を出た。そして確かその三ヶ月後くらいに、日本を出て行った。最後空港で見た姉の恋人は思っていたよりもずっと普通の、しっかりしたお兄さんという感じの人で、わたしは少し安心した。姉が飛行機に乗る前、二人で抱き合ってわんわん泣いた。ようやく泣き止んだところで姉は「あんたにあげる」と言って、大好きだった外国モデル女の子の切り抜きを沢山くれた。「この子あんたに似てるから好きだったんだ」と姉は言ったけど、何回眺めても、やっぱりわたしには似ていなかった。それでもその言葉は嬉しくて、大切で、わたしはその切り抜きの入ったファイルを有り難く受け取った。

あれからもう随分経って、初めはこまめに届いていた姉からの便りも、今では年に一度、元旦の頃に届くだけになった。今でもあの恋人と一緒のようで、手紙には腹が立つほど仲の良さそうな二人の写真が同封されている。遠くに行ったとはいえ、今の時代、帰って来られない距離とも思わない。帰って来たらいいのに、と思う。とはいえ姉はあの時も思った通り、あの家には戻らないだろうなとも思っている。

わたしは、姉のお告げ通り誰からも愛されたというわけではないが、それなりに人の愛を受けて、人並みに成長した。きちんと独り立ちをして、今は都内会社員だ。大企業ではないが、そこそこの収入と、有給をきちんと消化できる環境を手にしている。姉が会いに来てくれないのなら、わたしが会いに行ったって良いだろう。もうそのくらい、お互い良い歳になった。あの頃はまだスマホが普及していなかった。あと一年ばかし我慢しておけば、ちょうど普及していた頃だった。姉も流石に今は手にしていることだろう。SNSIDなんかをしっかりと聞いて帰ってこよう。必ず、そうしようと考えている。

姉の誕生日は冬と春の境の、曖昧で美しい季節の只中だ。姉のそうした偶然のような美しささえ好きだったなぁと思う。好きだったのだ。なので、ちょうどその頃、きっと姉のもとを訪ねてみようと決めた。すっかり冷めてしまったコーヒー匂いを嗅ぎながら、そんなことを考えた朝だった。

追(11/11) あん時間に書いたのにこんなにたくさんブクマがついててびっくりしました。普段は夜中か夜明けに疲れたとかしか書いてないので姉のこと書いたのは初めてですが、こんなに伸びたのも初めてです。コメント返すのとかは面倒なのでしないですけど、わたしは本当にただのしがないアラサー会社員ですし、匿名である以上そんなの嘘かもしれないですし、創作だと思う方はそう読んでいただければと思います。褒めて下さった方も、色々と評価下さった方も、こんな長くてヤマもオチもない文章を読んで下さってありがとうございますコーヒーの煙は自分でも笑いました。小説家でもないので、許してやって下さい。

2017-11-08

離れられなかった友達と縁を切る決心をした話

高校からの付き合いの友達がいて、私達も気づけばアラサーなので、もう10年以上の付き合いになる。

出会い文化系部活で、この仲間を中心とした友達グループは今でも年数回飲んだり旅行に行ったりしているし、メンバー結婚式にも招待し合う(私のときも)ので、まあまあ良い関係を持続していると思っている。

ここ数年だと、よく集るのは私含めた3人ぐらいが中心。美術館博物館ちょっと素敵な店など興味が共通しそうなものを見つけると他の2人をよく誘ったし、旅行の後は楽しくて「おばあちゃんになっても一緒に旅行に行こうね」なんて言い合ってた。

その雲行きが怪しくなってきたのはここ1年程。

よく会う3人衆のうちの一人、Aに疲れてしまったのだ。

彼女自分の話が多い。家の愚痴毒親持ち)、職場愚痴職場いか自分活躍しているか職場業務プロセス(超興味ない)を微に入り細に入り話してくれる。

彼女他人の話を聞かない。他人の話に相槌も質問もしないし、最近はずっとスマホゲームしている。

彼女は協力しない。旅行先では友人同士で「あそこ行きたい」「何に乗ってく?」「あれ食べたい」とか相談したり調べたりすると思うが、彼女はしない。我々はツアコン状態

彼女ダサいユニクロなのは全然オッケーだけど、服に穴が空いてたり、旅行先では複数日同じ服だったりするので(まじかよ)となるときがある。

彼女常識がない。例えば私の結婚式の時、(特定されそうだから詳細はぼかすが事前に回避できる理由で)ほとんどの時間行方くらましていた。

上記のことが悪化してきたのはここ1年程で、それでも、結構ニッチ趣味が合うっていう部分とか、上記の彼女の嫌なところの大半は親の影響(というか押さえつけ)の所為だと分かっていたので、実家脱出することで改善が見込まれると思っていた部分があった。

あと単純に、Aには私達しか友達がいないので見捨てるのは気分が悪いという理由もあった。こういう難しい子なので、大学時代友達とかもいない。

他の友人とも「我々は長い目で付き合っていきましょうよ」なんて結論に達していたのだ。

ここからが本題。先週、私がとうとうAと友達を辞める決心をした出来事についてだ。

出来事としてはとてもどうでも良いことだった。

その日は地方就職した子が帰省するということで、久しぶりにほぼフルメンバーで集まることになった。

平日だったこともあり、夜の飲みがメイン。段取りは私が。

段取りをするうちに11月はAの誕生日だと気がついて、ちょっと早いけどケーキを用意することにした。

前日には銀座三越で美味しいチョコレートプレゼントとして用意した。このチョコレート屋さんは私の夫が結婚記念日に買ってきてくれたところで、美味しいしパッケージ可愛いのであげるのが楽しみだった。

伊東屋メッセージカードを選んで、動物好きの彼女が後で飾っても楽しめるような絵柄を用意した。

当日プレゼントを渡すと、彼女は(私のも他の人のも)プレゼントを袋から出すこともなくカバンしまった。

それを見た瞬間は(えー、開けてみてよー!)とちょっとがっかりした程度。まあこういう時の振る舞いがよく分からないんだろうなー、喜んでくれると周りも嬉しいのになーとは思った。

帰りの電車で改めて、がっかりした気持ちについて考えていた。

私がプレゼントを開けてほしかった気持ちは、私が勝手に期待していただけのことで、期待が裏切られたか相手への好感度を下げるのって身勝手だよな!とか。

そうやって納得しかけた瞬間、ふと別の友達のことを考えた。次の週には別の友達誕生会があって、そちらにもプレゼントを用意していたのだ。

そして、その子絶対に、その場で開けてくれるし、自分が気にいるものでもそうでなくても喜んでくれるよな、と思った。プレゼントのもの以上に、友達が気にかけてくれた気持ちとか労力とかに対して喜んでくれる。

それに気がついた瞬間、ちょっと泣けてきてしまって、Aとは友達を辞めなくちゃいけないと決心してしまった。

いままでどんなことをされても友達を辞めようとまで思わなかったので、プレゼントをその場で開封しなかったなんてことですっぱり辞めようと思ったことにびっくりした。

今後、Aが参加する会には参加しない。他の友達と会う機会が減るのは残念だけど、Aと付き合い続けることで減ってしまものの方が大切だ。

周囲が自分に向けてくれる愛を受け止められないA。多分彼女は、どうしてまた友達が減ったのか気がつかないだろう。

5年後とか10年後に他の友達から、今より幸せになったAの状況を聞いてまた連絡を取る…なんてことになれれば良いな。

死ぬっていうこと

死ぬのが漠然と怖くなってきた。いまアラサー20代後半男子

前は怖くなかったんだけど。なんか現時点十全人生楽しめてない実感があるから

俺頭悪いし、仕事もできないんだけど。

それでも都内一人暮らしできてるし、十分恵まれてるとも思う。

あーあこんな歳になっても自分他人を比べて苦しんでるのか。つまんないな。どうせどこまで言っても他人と比べたら大したことないのは変わらないのに。

パートナーとすげえ幸せ結婚したら変わるのか。こんな期待持ってる時点でダメなのか。

anond:20171108143916

バブル世代おっさん人口が多い&採用数も多かったので、社会において絶対数が多い。

バブル世代のオッサンは、今40代後半~50代前半。バブル世代にもデキるおっさんは当然いて、

 そういう人はもう現場からは離れた管理職になっている。

 現場若いものに威張り散らして足を引っ張ってるのは、デキないバブルおっさんだけ。

バブル世代若者だった頃には、飲み屋などで、上の世代への愚痴文句が垂れ流されていた。

 これらはログには残らない。

 私はバブル崩壊世代オバハンだが、私の入社当時バブル世代おっさん(当時アラサーぐらい)は

 団塊の世代やシラケ世代(彼らの上の世代)を、それぞれ暑苦しい、とか面白くないとか言って腐していた。

2017-11-07

あるいは金持ちでいっぱいのインターネット

例の「稼ぎすぎて困ってる」とか、「アラサーだけど好きの人ができた」とかあの手の話で思い出したんだけど、

ネットには20代で600とか700とかいく人が沢山いてびっくりするよね。

自分とそう歳も違わないのに、自分より100万も200万も多く稼いでる…

どういう生き方したらそんな稼げるのか教えてもらいたい。

あい人達はどんな仕事してるんだろう?

医者とかファナックとかならまぁまぁまぁ分かる。そりゃハードワークだしね。

あるいは金融総合職とかメディア関係?いきそうか。ハードワークだしね。

それともあるいは外資?うぅーーん・・・

正直、羨ましい。妬ましい。

2017-11-06

https://anond.hatelabo.jp/20171106122055

ブコメちょっとずつついてる…

倫理観が合うか…そうね…

でも倫理観が合えば話も合うのでは…?幼いのか…?俺もうアラサーやぞ…?

現実社会オタク

ネットにいると麻痺してくるんだけどさ

現実社会は俺らの想像以上にオタクじゃないんだよな

特に地方だとより顕著だ

例えば

ファイナルファンタジーなりドラゴンクエストの最新ナンバリングタイトルはわかるか?

最新のガンダム長編テレビシリーズ)は何かわかるか?

おそらくネット…例えば増田で聞けば

こんな質問

現在日本首相は誰?」レベル質問

政治にまったく興味がなくても安倍晋三とわかるように

ゲームアニメに興味がなくても15と11オルフェンズとわかるはずだ

そんなことも知らない奴がいることがにわかには信じられないと感じる人すらいるだろう

でもそうじゃないんだ

世の中の人間は俺らの想像10倍くらいアニメゲームに興味がない

例えば俺の職場田舎市役所)で最初質問をすれば正答率は一割を切るだろう

そういうものなのだ

アラサーになってもジブリ以外のアニメ見たり

スマートフォン以外でゲームをする人間

例外なくオタクマニアック人間なのだ

子供がいないのにニンテンドースイッチ転売目的以外で欲しがる奴は筋金入りのコアゲーマーだ(転売目的で→転売目的以外でに訂正)

パソコンゲームしていると言えば殆どの人にひたすらソリティアマインスイーパーをしているのだと思われるだろう


最も、逆に彼らからすれば

話題恋ダンスが使われたドラマは何」という質問に皆目検討がつかない俺が

から見たドラゴンクエストの最新ナンバリングがわからない人間に見えるのだろう

ネット世間化」なんて言われているけど

みんながネットを「使うようになった」だけで

旧来のネットユーザーとの感覚の断裂は未だ健在なのだ

若い子が好きなんだけど

ロリっぽい若い子の見た目が好きなんだけど、

アラサー突入してから若い子と話が合わなくなってしまった。年上の女性の方が楽しく話せる。

20代前半の子は話す内容がバカっぽい…主語がでかいけど…。

若い子ですげえ話せる子、もしくは年上でも見た目すごく若く見える人、どちらかを待ってる。あ、年上でも話がバカっぽい可能性もあるのか。

結局ピッタリの相手を探すしかない…。

アラサー女だけど本気で人を好きになったよ

現在27歳。都内OL。昨日で交際1年半を迎えた今の彼氏が本当に好きでびっくりしてる。

元彼が6人いる。美人ではないので学年1のイケメン彼女なんかにはなれなかったけど、友達に紹介しても恥ずかしくないスペックの人と付き合っていた。友達に紹介しても恥ずかしくない、というのが重要で、逆に言えば、そのレベルなら誰でも良かった。自分に自信がないから、誰かに選ばれている証明がほしかった。"誰か"はxであり代入可能だった。

20代も半ばになると、みんな婚活意識しだしてスペック重視はますます加速した。

私にも結婚願望があったが、半分くらいは「婚活とか頑張らなくてもそれなりのスペックの人と結婚できるんですよ私は」という見栄だった。婚活サイトへの登録や、アプリでのマッチングはしたくなかった。友達がしていても何も思わないけど自分がするのは無理だった。普通の女だと思っていたけど、私のプライド鬼高いのだろうとその時気づいた。

んで、今の彼氏の話。会社の同僚で、付き合い始める半年前くらいに異動してきた。

見た目は普通新宿を歩けば彼に似た人1000人くらいにすれちがいそう。周りを引っ張っていくタイプじゃないけど、意外にも皆をフォローして、要領よく仕事をこなしていくタイプ。私もかなり助けられて、そこからちょっと仲良くなった。平日にランチに行くようになり、デートに誘われたのでOKした(正直に言えばこの時は、彼氏と別れたばかりだったのもあり、誰でもいいからちやほやされたかったのもある)。

多分、昔からモテてきた人ではないんだと思う。初デートスマートさはなかった。でも、「予約しとけばよかったです・・・」としょんぼりした顔はなんだか可愛かった。最初は「万が一告白とかされたらきまずいから、要所要所で恋愛対象じゃないですアピールいれとこ・・・」なんて高飛車なことを思っていたけど数回のデートでコロッと好きになったので自分でも呆れた。もう、超好き。1年経ったこからなお好きになった。

彼のいいところは沢山あって、優しいところ、約束を守ること、喜ばせようと(結果がイマイチでも、その努力を)してくれるところ、などなど本当にめちゃめちゃある。

はじめ、彼が何に対しても「何でもいいよ」と言うことにイライラしていたけど、それを伝えたらびっくりしていた。全部選ばせてあげた方が、私の思い通りになるので嬉しいだろうと思っていたらしい。それからはきちんと案をだしてくれるようになった。一度伝えれば、きちんと改善してくれること(当たり前のようで、できない人は多い。私も気をつけなければ・・・)もいいところ。

あと、彼と付き合って初めて気づいたんだけど、私は甘えただった。今までの彼氏にはしたいと思わなかった、バカみたいな甘え方を彼にしてしまう。

2人の時は、彼のことを「可愛い可愛いパグちゃん」と呼んでいる。ヤバイと思う。ちなみに私は「ふわふわマカロンちゃん」と呼ばれている。これもヤバイ。「抱っこして〜」「ぎゅーして〜」なんていう甘ったるい発言が録音されていて、万が一親兄弟同僚上司後輩などに聞かれたら死ぬ

結婚したい、したいと思っていたけど、今の彼氏と付き合い始めてから、そこまで結婚に焦らなくなった。結婚という餌(ゴール?)なしでも彼と一緒にいたい。上に書いたような見栄もどうでもよくなった。あと私は、彼氏よ頼む幸せにしてくれ!!といつも考えていたけど、今の彼氏のことはめっちゃ幸せにしてあげたい。支えたい。彼の誕生日前には「彼氏 喜ばす」みたいなキーワードで何回も検索した(あまり参考にならなかったけど)。

彼が元気で、快適で、楽しく日々を過ごしてくれるといいなぁと思う。彼もそう思ってくれてることが伝わるから、コレ以上の幸せってあまりいかも?とアラサーになってから本当の恋愛(書いててちょっと恥ずかしい)を知った気分。彼との出会いアプリだったら、そもそもマッチングしなかったかもしれない。私は年上の、年収700万円以上の男性を探しただろうし(ちなみに彼は同い年で、収入は私(600万)とそんなに変わらないと思う)。だから会社の同僚で良かったかも。

この度彼の転職が決まった。お祝いに焼肉を食べてる席で、結婚視野に入れて一緒に暮らそうと言われた。やばいめっちゃ嬉しくてこんなに嬉しいと思わなかったからもうぴょんぴょん飛び跳ねてるので寝れない。結婚焦らなくなったと書いてたけど、嘘じゃないけどなんか本当死ぬほど嬉しくて万歳三唱したい。彼とずーーーっと一緒にいられる!!!やばい可愛い可愛いパグちゃんとの同棲生活絶対楽しい

彼にも楽しいって思われるように努力する。絶対幸せにするよ〜!わーい

2017-11-05

物心ついた時からずっと不景気なんだが

おれはアラサーなんだが不景気不景気言われて育って今もまだ不景気って言ってる

もしかして普通景気なんじゃなかろうか

そう表現した方が前向きで良いと思うんだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん