「ユーモア」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ユーモアとは

2017-09-20

アンパンマンユーモアが身に付く訳がない

アンパンマンの終わりの歌はひたすら食品にちなんだキャラ名を連ねるだけの生真面目なものだし

アンパン食パンカレーパンジャムバタチーズどんどんどん」

「優しい顔のジャムおじさん」「バタバタ走るよバタコさん」「ドキドキさせるよドキンちゃん」「火を噴く辛さだカレーパンマンマン」「イキりヲタク食パンマン」「みんなのアイドルチーズさん」「いつでも首切りアンパンマン

anond:20170920050725

素直な意見というのが太宰治アンパンマンユーモアを身に付けろっていうなら

そんなのくだらないし人をバカにしてますよねっていうのが俺の素直な意見ですし

そんなことでキモくて金のないおっさん人生問題解決すると思っているなら思考が凝り固まっているのはそっちでしょとしか思わないです

とりあえずこっちの書き込みは読まないで言いたいことだけ書くのは読んでて疲れるだけなのでやめてほしいですけどね

2017-09-17

水原希子「私はジャップじゃないから叩かないで!」

人間は窮地に本性が出る

人間の絆は生まれでも育ちでもなく心による

水原日本人のことを同胞どころか友とすら思っていない

窮地に陥れば「間違えてるよ!ジャップはあっちだよ!」と言い出す人間

日本人さんサイドも水原には親しみや遠慮のような気持ちを持たなくてよいだろう

個人的にはラモスは我々の同胞だし厚切りジェイソンユーモアある友だと思う

水原・・・特になんでもない人

2017-09-14

anond:20170914083345

まあ、きっと投稿者ユーモアが足りない人間なんだね。

した側だって同じ事を返されるだけじゃつまらないだろう。勿論、それを求めてる訳でもない。

相手が本当に求めてるのは、何を期待しているか察してそれ以上の贈り物をすされる事だよ。

鸚鵡返しみたいに、ただ返報性の原理に基づいて同じ事を繰り返して欲しい訳じゃない。

2017-09-12

https://anond.hatelabo.jp/20170912165015

星新一エッセーだかで「戦争記述歴史上の記録から抹殺して、戦争という言葉禁止すれば、何世代か先に戦争が無い世界が出来る」みたいな事を(一種皮肉ユーモアーで)書いていたが。それに近い感じにはなっていると思う。

現実的交通の便の良さや何やらが良ければ、遠い昔○○地区でしたみたいなの、あんまり関係無いんだよね住む人にとっては。

余談だけど。最近本が売れてホクホクの東京DEEP案内の執筆者は、たびたび地区説明文の中で「この辺りは被差別地区で…」みたいのを入れてきて、それ自体は確かに単なる事実だろうし、差別的意図は無いって事なんだろうけど。ネットに公開され続ける事には、ちょっとひかっかりも感じるし、かと言って禁止しろ!ってのも変だしなぁ…と、なかなか難しい面がある話だなと。

2017-08-29

https://anond.hatelabo.jp/20170827230856

普段強気なことばかり言っているネトウヨも、自分労働者だというリアリティを感じる話題では、とたんに弱者の味方になるんじゃないの?

  

ユーモアと女の関連は知らんw

Call Me By Your Name@miffレビュー

8月29日、思ったより拡散したため追記。自分ではネタバレなしのつもりで書いて、ツイートにもそう明記してしまったが、ネタバレという言葉には個人差があることをすっかり忘れていた。ネタバレ見たら死ぬタイプの風上にも置けない。地雷を踏んでしまったら申し訳ない。配慮したつもりですが、どうぞご注意ください。太ももの話以外もします。

なにせ太ももがすごいらしいのである

俳優アーミー・ハマーの太ももである

サンダンス映画祭直後、賞賛と祝福の声とともに、あまりの刺激のために悩殺されてしまったという感想ツイート散見されて、映画祭参加の幸運に預かれなかったファンはもどかしさに身悶えしたのであった。

Call Me By Your Name1983年北イタリアとある町のひと夏を舞台にした、二人の青年あいだの恋を描いた映画である。くわしくはimdbを参考にされたい。

http://m.imdb.com/title/tt5726616/

この映画2016年5月世界中の一部界隈にて話題になった。言わずもがなアーミー・ハマーファン界隈である。そのあまりに蠱惑的なあらすじにつられて手に取ったのが原作小説である

そんなごく軽くかつ不純な動機で読み始めたAndré AcimanによるCall Me By Your Nameだが、回顧体で描かれた物語に一瞬で虜になった。

冒頭のシーンからして心憎いのである

まりにも印象的な出会い、一生を変えてしまうたった一言から語り始められるその物語は、意識の流れを実に巧みに取り込んだ、プルースト研究者でもある著者ならではの文体で読者を陶酔させる。やがて語り手であるエリオと一体化した読者はオリバーの冷淡さに苦しみ、意外な素顔を見せられはっと息を呑み、ただ呆然と結末を迎えることになる。

ツルゲーネフの「はつ恋」やらナボコフの「ロリータ」やらをこよなく愛するわたしにとっては好み直撃ど直球であり、そのうえアーミー・ハマーの太ももやばいとあってはなにがなんでも映画を見なくてはという気持ちになった。

しかネタバレ見ると死ぬタイプオタクにつき、どうしても世界公開より先に見たいという気持ちを抑えられない。はたしてMIFF(メルボルン国際映画祭8月3〜20日、CMBYNは4日と6日上映)に飛んだのである

笑ってほしい。

かなり早い段階でチケットも売り切れ(一度キャンセルが出たが、最終的に上映日までには両日完売!)ていたため、予想はしていたが、当日は冬のメルボルンにて1時間から長蛇の列である

席は早い者勝ちなのでみんな普通に必死だ。特に二度目の上映での、劇場をぐるり半周する列は写真に撮らなかったのが悔やまれる。みんなが手の端末にQRコードを表示させ、南半球ならではの冷たい南風に身を縮めながら待機している。

2度のCMBYN上映の他は同じくアーミー・ハマー出演のFinal Portraitに参加したばかりだが、それに比べるとやや平均年齢が下がるかなという感じ。

それでも、老若男女ということばがふさわしい、実に幅広い客層。

そんなことより映画だ。ここからネタバレはなるべく避けて進める。なにせネタバレ見ると死ぬタイプなので安心してほしい。後日一部シーンバレ感想もあげるつもりでいる。万全の態勢です。

さて、本編はピアノ音楽によって始まる。

劇中曲について、MIFFのQ&Aにてルカ・グァダニーノ監督が語っていたことだが、基本的には登場人物が耳にした音楽……エリオの弾くピアノ曲ギターオリバーが身を委ねて踊るダンスミュージック家族が耳を傾けるラジオレコード……に限った、とのことである。それを知らされるまでもなく、最初楽曲から没入感があり、一息に世界に引き込まれる。

そしてオリバーが現れる。イタリア太陽である。明るい陽光主人公エリオのいる部屋の暗がりを際立たせる。

エリオを演じる当時弱冠20歳ティモシー・シャラメは終始少年健全さと病的な魅力をひとしくたずさえて美しいが、とりわけ夜、ベッドでのシーンでの肌は内部から光を放つようだった。

アーミー・ハマーが、その見せ場においてはつねにイタリア太陽に照らされて灼けたなめらかな肌とあかるい金色に見える髪を輝かせているのと好対照で、一場一場面が絵画を見るようだった。あるいは、冒頭でわれわれを一息に映画世界に引き込む、連続的な彫刻群のショットのようだ。

この対照関係意識されたものだと思う。

エリオオリバーに魅了されるのはかならず真昼の屋外だし、エリオオリバーを室内に引き込むと、オリバーは初めて(ようやく、と言ってもいい)エリオに見とれるのだ。

野外と屋内、昼のシーンと夜のシーンが交互にさしはさまれて、われわれ観客はふたりうつくしい青年に2時間超の間目まぐるしくも目移りしてしまうのだった。

そしてくだんの、アーミー・ハマーの太ももである

ももに殺されたひとびとのツイートがいまならよくわかる。

しかしいざ太もも談議をするとなると血で血を洗う戦争になるにちがいない。

短いショーツか、あるいは水着でのシーンが大半で、太ももは終始晒されているので各人のフェイバリットももがあることだろう。

マイフェイバリットももとある場面にてエリオとともに床にぺったりと座るオリバーの太ももである。だが自分多数派である自信はない。これについてはまたあとで。

オリバー原作よりもなお複雑で謎めいたキャラクターになっていると感じる。

原作では物語がすすむにつれ、読者はエリオとともにオリバーの知らなかった一面に驚かされるのだが、映画ではむしろ序盤からオリバー大人の男としての魅力と奔放な子どものような無垢さが入れ替わり立ち替わり現れてエリオないし観客を翻弄するのである

(シーンバレありの記事にでも書くつもりだが)序盤からオリバーエリオよりも幼い子どものようないとけない振る舞いを見せ、グァダニーノ監督言葉を借りるなら、エリオより「なおイノセント」だった。

アーミーハマーファンの同志は心してかかってほしい。奇声を発するか原作エリオ言葉を借りるならswoonに至らないよう上映中握りしめるなり揉みしだくなりできる柔らかい布など持っていくことをおすすめする手ぬぐいとか)

そのような差異こそあれ、アーミー・ハマーオリバー原作を読みながら夢想していたオリバーほとんど完璧に一致していた。

この結論にはアーミーハマーのじつに感情たかな目の表現が大いに寄与しているのだと思う。たとえば「J・エドガー」でのクライドトルソン役において彼が見せたような目つきだ。沈黙の場面で熱っぽく目が話す。このものを言う目がとくに生きるのは、逆説的だが目の映らない場面で、たとえば映画の中でもひとつクライマックスにあたる戦争慰霊碑のシーンがその一例だ(トレーラーにも引用されていた)。

もうひとつ、結末に近い重要な場面でピントを外したカメラオリバーをとらえる。オリバーの顔が長く映されるのだけれど、けして鮮明な像を結ばない。観客は食い入るようにスクリーンを見つめてはじめて、自分エリオと同じようにオリバーの目に浮かぶ表情を読み取りたいと熱望していることに気づかされる。

目について語るならばティモシー・シャラメにも言及しなくてはならない。

ティモシー・シャラメは今後少なからず目にする機会が増える役者だとつくづく思いしった。身体の使い方が素晴らしく、手足の隅々まで神経を張り詰め、あるいは意図的脱力し、髪の先まで演技していると感じさせる。(この先エリオ面影を振り払うのが難しいのではとも感じるが、むしろその印象を己に利するものとして使ってほしいしこの期待は報われるにちがいない)

だがなによりも、その目つきである! トレーラーにも含まれていた、踊るオリバーをじっとりと見つめるあの目が全てではない。映画から小説通底する一人称の語りが省かれているものの(あれば安っぽくなり得たと個人的には思う)それを補って余りあるティモシー・シャラメの目つき。

まさに小説が羨む技法で、文字で書かれたフィクションを贔屓しがちな身としては、こういった映画化を見せられるとただひたすらに喜びを感じてしまう。

さてトレーラーといえば、あの実に夢見心地で幻惑的で、緊張感とせつない予感に満ちた映像を、わたしだってリリース直後には再生する手が止まらなかったほど熱愛しているが、 本編とは少しトーンが違っているとも思える。

トレーラーから、そして原作から想像していたものにくらべると、より明るく、ユーモアがあり、笑いだしてしまう瞬間がある。

かなりの頻度で笑いが起こっていたが、これは映画祭だったのと、おそらく英語圏中心とおもわれる観客層も関係してくるのかもしれない。

ただ、エリオ食卓でのとあるシーンについては国内映画館でも笑いが起きると予想できる。そしてその直後におとずれるエリオオリバー官能的な接触に息をのむことになることも。(さてくだんのマイフェイバリット太腿はこの場面で登場する。すくなくとも個人的にはこの場面はお祭りだった。細いのに肉感的な大腿部に釘付けになるあまり台詞をごっそり聞き逃したのだ……)

こういった感覚の急激な転換は映画全体を通して言えることで、一瞬たりとも気を抜けないと感じた。ほほえましく口元を緩めた直後に、心臓が指でひっつかまれるように締め付けられる。

ところどころに埋め込まれた、笑える箇所について、今ふと思ったが、これは原作にて重要役割果たしているが本来映画だと表現しにくい「時間性」をどうにか持ち込もうとした結果なのかもしれない。

10代のころの恋愛とか、恋愛でなくてもエモーショナルなやりとりは当時は必死真剣なんだけれど、そのときの行動を大人になって振り返ってみると、わがことながらおかしくて笑ってしまう、あの感じがよみがえるみたいだ。

そのようなノスタルジーを引き起こす展開に身を委ねるうち、二度の上映は割れんばかりの拍手でしめくくられた。自分も同じように手を叩きながらLater、と軽やかな別れの言葉脳内で繰り返していた。原作で読んで想像していたよりもなおあっさりと、冷淡で、なのに奇妙に耳に残るオリバーの声。

一夏の客人のその挨拶を、エリオが、母が、父が真似たように、自分もつい口にしたくなるはずだ。

じつは原作を読んだ時から自分は最適な読者じゃないと思っていた。

小説として心から好んではいものの、「この物語自分物語だ」「この物語によって救われた」「こういう物語が描かれるのをずっと待っていた」と感じる人がいることを、一行読むごとに、確信し続けたからだ。

この映画現代を生きるごく若いセクシュアルマイノリティに届くことを願っている。

キャロル』がそうであったように、相手性別特別なのではなく、ただその相手特別だっただけ、ということを描いた映画。だが一方で、両親という存在の描かれ方において、この作品はこれまでのクィア作品と一線を画している。

そして、『ムーンライト』があまりにも普通恋愛映画であるという事実特別だったのと同様に、Call Me By Your Nameエリオの一夏の恋愛は美しいと同時に「ごく普通青少年悶々とする」という部分が色濃くて、その事実をとにかく祝福したい。

自分はこの映画クィア映画だとは思っていないのだとグァダニーノ監督がQ&Aで語っていたが、この言葉がすべてだと思う。

10代の頃に出会ってたら人生が変わっていたなと確信を持つ映画はいくつかあるけれどCMBYNはそのトップに躍り出た。

現在のところレーティングはR18のようだけれど、そこまで直接的なショットはなかったように思う。

何かが起こったこと、そして何が起こったかから目をそらすという悪い意味での曖昧さは無いが、物語破綻させないように、そして必要以上にセンセーショナルに煽らないと努めての結果なのかもしれない。

からこそ、PG12かR15バージョンが作られるといいなと思っている。エリオと同年代の、この映画肯定感を本当に必要としているひとたちに見てもらいたい。

キャストきっかけに興味を持ったCMBYNだが、自分の中にそびえる金字塔を打ち立てた。日本に来た時にも従来の俳優物語ファンに愛されるのはもちろん、新しい映画として多くの観客に愛してほしい。そして本当に必要としているひとにぜひとも届いてほしいと思う。

ちょうどこのレビューを書いている最中8月23日)にMIFFの観客賞が発表され、Call Me By Your Nameが晴れて1位を獲得した。http://miff.com.au/about/film-awards/audience#

もちろん自分も最高点の星5つで投票したし、あの盛り上がりを考えると納得の結果だ。

アジア内では台湾映画祭での上映が決まっているCMBYN。東京国際映画祭に来ないはずがない、と信じている。

お願いします。

邦訳本もどうぞよしなに。

2017-08-27

アホなネトウヨだと思ってた奴が労働問題に関しては良い事言ってて見直したわ

一方ユーモアのある人だと思ってたら女性が絡むと…

2017-08-25

教室トースター 生徒会室にたこ焼き

中学生とある日、担任先生が「コッペパントースターで焼くと倍美味いぞ!」といい出した

先生の話し方も上手かったが生徒全員「焼いたコッペパン」が食べたくて仕方がなかった。

 

しかし、コッペパンのあまりなんて無いし学校トースターも無い。

私も焼いたコッペパンが食べたくてスーパーコッペパンを探すも売っていない、

やはり学校で手に入れるしか無いと思った。

 

そしてある日、たまたま廊下教頭先生に会った。

教頭先生学校祭だけでなく朝礼でも手品披露するなどユーモアのある先生だったので

ダメ元で「トースター教室に置きたいです!」と頼んでみると意外(でもないけど)とノリノリで話を聞いてくれた。

 

何とかなるのだろうか……と、半信半疑で過ごしているとコッペパンの日に男子が「やばいやばい!」と騒ぎ出した。

その後ろを見るとトースターを担いだ教頭先生と二人の男子生徒、合計3台のトースター教室に運び込まれた。

 

内緒ね、内緒」とにこにこ笑う教頭先生と「どうだ。焼いたコッペパン美味いだろう」と得意げな担任先生

焼いたコッペパンの美味しさに感動しつつ、いけないことをしてるみたいで(実際してるけど)

とても楽しかった。

 

この時の感動が忘れられず、高校生の頃生徒会所属していた私は勝手生徒会室にたこ焼き器を持ち込みタコパを決行した。

しかし、そこそこ焼いた所で私のことが嫌いな生徒会副担当の先生にバレてしまった。

めちゃめちゃ怒られただけでなく、肩を超える程度の髪を「髪が長い」だとか

「成績が悪い」(先生が「馬鹿」と決めつけてるだけで評定平均4を下回ったこと無いけど)とか言われ

結構短めのスカートを指差して「水商売みたい」等と関係のないことまで怒りが飛び火。

 

さらには、

「声を聴くだけでムカつく」とか「お前のせいで忘れ物をした」とか「タコ可愛いそう」とか精神病んでるんじゃないかってレベル意味不明なことまで言われた。

一通り言い終わった先生自身も言い過ぎた自覚があったのか先生お気に入り生徒が説得するとすぐに沈静化し、なんやかんやでタコパは続行になった。

 

嫌いな副担当の先生が来たってのもあるけど、

それ抜きでも、焼いたコッペパンの感動は超えられなかったなぁ……。

多分、性格が悪くなったからかな……。

2017-08-24

好きなブクマカがいる

よくみる人。

いつも客観的差別偏見なく、かつユーモアに富んだコメ書く人。

自称、未婚のおじさんらしい。

気になるな〜

知り合えないかな?

どうしたらアピールできるのか教えてください。

追記

なぜかホッテントリ入りしてた。ありがとう

現在好きな人にはまだブクマしてもらってません。

twitter探したけどやってなかった…

2017-08-23

https://anond.hatelabo.jp/20170822073915

シャレのわからない人がもれなく愚鈍とまでは言わないけど、自分観測範囲はいユーモアセンスを持っている人や人の言った冗談に機敏に反応できる人はもれなく聡明なので、できるだけ敬うようにしてる。

相手も同じことを考えていた場合、お互いに「こいつはどこまで俺の冗談についてこれるか」みたいにどんどんハイブロウギャグの打ち合いになってしまって疲れることもある。

2017-08-22

https://anond.hatelabo.jp/20170822133505

なんだこのつまんねー奴…この長文から微塵もユーモアセンスが滲み出てこない感じ…

https://anond.hatelabo.jp/20170822015112

オタクとしては自分達の好きな表現利益を守りたいだけで表現の自由なんかと連帯する気は無いのよ

表現の自由私物化するリベサヨ側もオタクのことは仲間とは思ってない(俺達に頭を下げて便利な手下になるべきだ、ぐらいには思ってる)わけだし


そして

お前がpixivで嫌われてるのは単にお前の立ち回りの問題であってオタクともリベサヨとも関係ない

グロ政治ネタを好む自称ブラックユーモア」「今となっては少数派の硬派」なんて

その短い自己紹介だけでどんだけ痛い奴かさっせるレベルだし

正直、オタクが守ってる〝表現の自由〟の恩恵に与れてる気がしない

pixivニコニコオリジナル漫画描いてる者だが

性的描写レベルGくらいまでは許されるけど、

グロ表現はBくらいでもう運営からのお通知が来ちゃうのどうにかならん?

 

今となっては少数派の硬派な作風描くと

どうもグロ表現が入るんだが

コレってなかなか避けずらいし、黒塗りはやっぱり萎え

 

あとブラックユーモアとかで実在人間皮肉ったり

政治差別問題言及すると、運営は気づかないが

その代わり米欄炎上気味になったりする(ある意味オタクサイドが自主的表現の自由弾圧してくれてる訳だよなコレ)

それが酷くなるとやっぱり運営が動く 通報しまくってんだろうなぁ~

 

特定の人にオフェンシブなのはわかるけど、政治関連だと

まなざし村みたいな過剰反応は許されるの?

 

オタクの言う〝表現の自由〟なんて大義二の次

本当は単に〝性的描写自由〟だけを許してくれ、っつ感じしない?

なんかいまいち周りのリベラル死すべし!みたいなノリについていけない

 

表現の自由ってもっと包括的概念だよね?

受け入れ難きを受け入れるものだよね?

都合のいい表現の自由で「俺たちオタク正義側だ!」と言われると

まるでリベラルオタクの味方面してるような

鼻白んだ気分になる・・・

2017-08-16

彼氏がいるのに元カレとやったこと、お盆のおじいちゃんのこと

先月、彼氏一年ブラジル留学日本へ帰ってこないことをいいことに、元彼とヤってしまった。私はものすごく単純なので 元彼に強く抱きしめられた時、昔のことを思い出して一瞬 好きになりかけてしまってたけど、やっぱり彼氏が一番好きだし、何よりも今はいちばん、彼氏への罪悪感が半端ない

そんな中、先日お盆帰省した時にこんな話を聞いた。おじいちゃんはおばあちゃんと結婚する前にアメリカへ3年留学し、3年間会えないおばあちゃんへ毎日手紙を書いていたそうだ。かつて、一度だけ「僕はメアリーを好きになってしまった。」という書き出しから始まる、現地の女性メアリーへの恋情が綴られた手紙がおばあちゃんのもとへ届いた。おばあちゃんは怒りに震えながらその手紙を読んだ、そして、手紙最後に「…という物語を考えました。」とあったそうだ。ユーモアあふれるおじいちゃんらしいねと、おばあちゃんと笑った。

今の状況の私としては、もしかするとメアリーへの恋心は本物だったのかもと思ってしまう。やっぱり、科学技術が発展しようとも、男女はそばにいるべきだなあ、という物語を考えました。

2017-08-13

友達が死んだ

まだ19歳。病死中学クラスが分かれて教室が1Fと3Fで分かれて部活も別で、塾に通いだしたせいで学校であった時に話すだけになって、高校は別の学校だったかほとんど疎遠と言えるくらいになって、入院したという話を同じ高校に行った友人から聞いて、一緒に見舞いに行って、それからすぐだった。

人生6ありゃ9もあるさ」というセリフの書かれたペンケースを持ってて、ユーモアがあって、オカルトの話に詳しい子だった。

の子の家の仏間がいつもオレンジの薄明かりで子供心にめちゃくちゃ怖くて、遊び部屋が仏間の上の部屋だったもんだからTVゲームしながらいつもビビってた。その部屋の、うっかり下に仏壇があるあたりを歩いてしまって、仏壇を踏んで霊的なものと通じてしまたから祟られると私たちが怖がっていると、その子は「目を閉じて三回取り消しっていうと許してくれるよ」と言って、みんなで必死で取り消し取り消し取り消しと呪文を唱えた。今思えば仏壇はご先祖なのだから失礼でこそあれ怖がる必要はないのだが、当時はとにかく死者というものがこわかった。

形見分けに、ぬいぐるみをもらった。私は中学からまり遊ばなくなってしまっていたので、もらっていいのか戸惑ったが、その子のお母さんが「◯◯だと思って」と渡してくれた。

そのお母さんが出棺のとき、悲痛な声で友達名前を呼び続けて棺をおいかけて、そのお母さんを取り押さえる親族の方が、顔をぎゅっとしているのがたまたま見えて、それが本当に辛かった。

帰り道、友達と、やはり「取り消し」の呪文の話になった。万能の呪文だったので友人もやはり覚えていた。私は20になっても頭のどこかで幽霊を怖がっていて、夜の自宅マンションの長い廊下ながすごく怖くて(夜の病院のような雰囲気なので)、よく呪文に助けられていた。とりあえず恐怖を感じる気持ち区切りをつけられるので。友人とはそのまま駅で分かれて、電車に乗りながら、目を閉じて、「取り消し」と三回心の中でつぶやいた。普通にさよならを言うより、こう言った方があの子らしいなと思った。人生6ありゃ、9もあるよね。

2017-08-11

食べ物を汚いもの見立てるな

うんこ味のカレーカレー味のうんこならどっち食べる?という質問あるじゃん

あれどうにも嫌いなんだよね。生理的に無理。

どっちか決めれないとかじゃなくて考えたやつとかオモシロイと思ってるやつの衛生観念を疑っちゃうくらい心底気持ち悪い。

先日上司奈良出張行って、おみやげ買ってきたのよ。

時間無くて美味しそうなもの探せなかったわ〜ごめ〜ん」とか言いながら、”大仏のハナクソ(菓子)”と”鹿のフン(チョコ)”を取り出したのよ。

うわ〜〜〜〜〜〜!いた〜〜〜〜〜〜〜!!小学生の頃の純粋眼差しを忘れてない大人〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

自分は死んでもいらないから「あ、ちょっとお昼食べすぎちゃって...」とか言ってしのごうと思ったけど、

ぴったり人数分買ってあるから食ってないの誰だよみたいな空気になるのね。

仕方ないと思って泣きたい気持ちでえづきながら鹿のフンの方を小さく小さくかじっていたら、当の上司通りすがりに、

「おっ!鹿のウンコ食ってんじゃん!スカトロ趣味?」とか聞いてくんのね。

キッショ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!マジで死んでくれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

俺も立場ある社会人として「ヘヘヘ...あざっす...ゴチッス...」くらいしか言えなかったけど頭のなかではアイツにダガーナイフ10本は突き立ててるからな。

言いたいことは二つだ。

1.大人のくせに、ジョークおみやげみたいな心の貧しい人間しか手に取らないようなものを買うな

2.糞菓子くそがし)メーカー自分のとこの品質イマイチからっておもしろに逃げんじゃねえ。くだらねえこと考える暇があるならおいしいものを作ろうとしろ

3.食べ物排泄物とかに見立てるやつ、マジでキモい。人として終わってる。ユーモアゼロ明日から絶食しろ

2017-08-02

第2次安倍政権で色々な発言が飛び出してきたわけだが

結局第1次の、それも就任直後の「責任ですかね」を越えられないんだよな

最近のはネタ要素よりガチ批判に結びついてしま

「云々」はユーモア寄りだが、所詮ただの読み間違いでひねりがない

「当たらない」系はわりとポテンシャルを感じるけど、あれは長々と喋ってこそのものであって、一つのワードとして取り出すとどうしても弱くなる

政権末期とも言われているが今後に期待したい

2017-07-29

小倉智昭カツラいじり

小倉自身カツラ使用に関しては以前から認めていることであり、

ひた隠しにしているような事実存在しない。

しかしそれを知ってか知らずか、小倉氏の絡む話題になると、

あいつがヅラ隠してんの俺知ってるぜ!プゲラみたいなテンションでそのことを持ちだす性根の悪い人間がいる。

そして、それを見て一緒になってゲラゲラ笑う人間も同様にいる。

代表例がとくダネ!番組内でとんでもないミスを犯してしまい、

それを謝罪したと報じる記事ブクマにおける下記ブコメである


http://b.hatena.ne.jp/entry/342546642/comment/sakuya_little


記事内容とはズレにズレた内容かつ非情無礼コメントにもかかわらず、星がつきまくり

小倉氏のカツラいじりは正義の名の元に行っていい正当ないじりだってか。

ビートたけしもよくやるけど、本当あきないよね。

ここまでしつこくやり続けるんだから、唐澤弁護士いじって楽しい人達と同じ神経してるんだろうね。

ういういじりを簡単に出来る人間や、それをユーモアだと思って笑える人間が、

他でどんないいことを言ったとしても全く響かないね

2017-07-28

セントールの悩み」はキャラクターの背後に作者の人格が見えすぎてしんどい

13巻まで読了

主役各キャラ(三人組+翼人学級委員長)がどいつもこいつもニヒルつうか老成しすぎつうか厨二つうか

それは良いんだけどこじらせてる痛々しさとかユーモアとかがなくてただ冷めてるだけでしんどい

女子高生ってポジションのせいかもしれない

https://anond.hatelabo.jp/20170511181211

中庸とはまた違うだろうけど

シニカルさとか

皮肉っぽい人種って日本人にスゴい少ない気がする

 

「常に何かしらの政治思想に全幅の信頼を寄せて、肯定的に見る 敵対者絶対悪)には容赦しない」

っていう、性善説的な見方しないといけない感じ

 

中二でもなんでもなく、

あらゆる思想から多少の距離を保つの

うってつけの考え方だし

ブラックユーモアも率直に笑える考え方なのに

消耗してんなぁって思うわ

2017-07-21

ニュース11コメントが辛すぎて死にそう

NHK総合で夜11時にやってるニュース11で、コメントツイッターから拾って流れるのね。これが本当に酷くて辛い。

ツイッターで#NHK11 というタグをつけてツイートすると、画面の下にユーザ名付きで流れという仕組み。多分制作会社で多少のフィルタはしてると思われる。

これが本当に低レベル

ツイートした本人は評論するつもりで書いたのかもしれないけど、骨髄反射で書いたみたいな浅はかで無知晒すコメントばかり。とても軽薄。

ユーモアのかけらもない。

誰に何を伝えたいの?それは誰の意見なの?どういうロジックでそう思うの?野次馬のような事言って恥ずかしくないの?

せっかくニュース見てるのに、ワイドショー見てるような気分になる。

みんなあれ見てイラっとしないの?

仕事から帰って見るニュースがこれしかなくて辛い。

2017-07-20

もやもやTシャツ

さっき、大学構内で

I think he is a gay

プリントしてあるTシャツを着た(おそらく)女性をみて、もやもやした。

(おそらく)彼女はそのTシャツで何を表現たかったんだ?ユーモアだとしたらゲイである事のどこが面白いのか分からないし、大学生なのにそんなもんなのかと、もやもやする。

親友気持ち悪い

小学生から幼なじみがいる。何でも話し合える素敵な親友だった。

中学高校も同じで、大学は同じところを受けたのだけど、私だけ落ちた。

だが、大学が違っても週一のペースで会い続け、就職してもコンスタントに遊んでおり、それは28歳になった今でも続いている。

彼女はずっと私の憧れだった。頭が良くて、スポーツ万能で、ユーモアがある人だった。根は優しいのだけれど、気が強く誤解されやすくもあった。彼女といると毎日が楽しかった。

彼女は昔からの夢を叶えて教師になり、私はなんとなく事務員として働いている。

お互い、恋人は出来ても長続きしない事が多く、二人で呑みながらそのことについてうだうだ話したものだ。

2年前に私に恋人が出来た。その彼と今も付き合っている。

恋人が出来た時、彼女はとても喜んでくれた。恋人が出来たからといって私達の仲は変わらず、今まで通りのペースで遊んでいた。彼氏が欲しいと言うので、恋人の友人を何度か紹介したが、彼女の反応はイマイチだった。

最近、そんな彼女彼氏が出来たらしい。彼女はとても幸せそうだった。

ある日、恋人を紹介するね。と言われてそこに来たのは、ガキ使ヘイポーのような冴えないおじさんだった。

年齢は57歳。妻子持ち。しかも娘は私達よりも2歳上の30歳。

二人は目の前で幸せそうにイチャイチャしていた。

唖然としたが、何も言えず、その場をやり過ごした。

その後、何度も彼女に別れるように言ったが、彼女は聞かない。彼の事が好きで好きでたまらなく、とても幸せなのだという。

自分父親より年上のおじさんと不倫している。そんな彼女生理的に物凄く気持ち悪く思ってしまった。

相手の奥さんと子供の事なんか一ミリも考えず、自分の事しか考えず、人を傷つけても平気な所にも嫌気がさした。

今まで通り、彼女と遊んでいても楽しくなく嫌悪感生理的拒否感が出て来てしまう。

連絡が来るたび嫌な気持ちになる。

そして、親友に対してそのように思ったことへの罪悪感でいたたまれなくなる。

苦しいので、そっと距離を取ろうと思うが、今までずっと仲良くしてきたので距離の取り方がわからない。

とても寂しいが、今まで通り仲良くする方が辛い。でも今までの関係性も好きだし、彼女と仲良くしないなんて考えられないとも思う。

どうしたらいいかからない。

宮城県PR動画っていうほどエロいのか?

しろそう思って声を出した人が性的欲求不満だっただけでは??

性のメタファーだ、なんだって言うけど。

多分知らないと、または言われないと気づかないレベルだと思う。

もしも言われずに気づいた少年青年はほどほどに楽しんでいいればいいと思う。

しろ壇蜜さんのエロさというよりも綺麗な人のイメージが出ていると思うけど、

多少のセクシーさは個性だと思う。

竜宮城モチーフなんだから亀が出てくるのは自然だし、むしろ出すなっていうほうが難しいだろ。

裸になっているわけでもなし、唇のアップくらいで卑猥だなんて、考えすぎだろう。

観光推進のCMだとするのであれば、むしろユーモアがあると思う。

こんなに言われるのって男性目線表現からなのかな。

女性だってそういう目線はあるでしょうに。。。

風俗ダメ

エロ本エロ漫画ダメ

ジャンプのちょっぴりえっち漫画ダメ

男性目線は全部ダメなのか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん