「客観的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 客観的とは

2017-10-19

転職すべきか迷ってるので客観的意見を下さい

某士業のアシスタント業務としてパートを始めてから4年。パートは私一人であとは全員が正社員

少しずつ任される仕事が増えて、今はパートなのに担当先を持たされている。

最初は期待されてることにやりがいを感じて楽しかったけど、私以外の正社員仕事の内容が全く同じで、むしろ勤務時間が長い正社員のんびり仕事をして、私は限られた時間必死にやって、それなのに給料待遇全然違うことに最近疑問を感じている。

ちなみに家庭では家事育児はほぼ全て私がやってるので、時間的、体力的な事情から正社員で働く希望はない。しか専業主婦になるほど経済的な余裕もない。

今の仕事内容は性に合ってるし職場人間関係もいい。子供風邪で突然休むのも全く問題なくて、ありがたく思っている。

でも今日上司から仕事上のミスをやんわり責められていよいよ心が折れそう。確かにミスをしたのはすごく申し訳ないけど、パートなのになし崩し的に難易度の高い仕事任されて、気が重いながらも文句わずに何とかやってきたのに。

時給も地域の平均くらいだから、辞めてもっと時給なりのパート探し直そうかな。

でも転職先の方が環境悪かったらどうしようとか、転職にまつわる諸々の気苦労を考えると一歩が踏み出せない。

現状から、どうするのがベストだろうか。ちなみに夫は私の決断に任せると言っている。

率直な意見を下さい。

anond:20171019164056

飯炊き女程度の価値しかないならブランドバッグ無理だろ

もう少し客観的自分評価したら

君はお姫様じゃないか王子様は来なかったんだよ

論のお作法議員候補演説

昔、家庭教師として小論文指導していたことがある。

小論文の基本は、弁証法構成にある(と思う)。

その構成を具体的に示すと次のようになる。

導入部の後には、まずテーゼ(命題)としてある説・論・主張を略記する。

そしてテーゼに含まれる美点、たしかにと首肯できるところを挙げる。

続いてアンチテーゼ、つまりテーゼの汚点、賛同できない点を挙げる。

最後ジンテーゼ、つまりテーゼの美点は継承しつつも、アンチテーゼとして掲げられた汚点は克服されている、素敵な第三案を提示する。

以上だ。

テーゼテーゼの美点、アンチテーゼジンテーゼ

具体例の挿入とか論拠の提示とかの肉付けは残っているが、論の骨子としてはこの4つが揃っていれば、必須要件を満たしていると言える。

裏を返して逆に見ると、つまり対偶をとると、論の骨子が必須要件を満たしていないという時は、必ず4つのうちのいずれかを欠いていると言える。

さて、ここまでは前置きとしてのヘーゲル弁証法の紹介だ。

ここからが本題なのだが、同時にここからは単なる主観でもある。

経験則で言うと、この4つのうちでもっとも欠きやすいのが「テーゼの美点」だ。

しかし、テーゼの美点を踏まえていないジンテーゼは、美点の継承 + 汚点の克服という要件の前者を欠いたものとなるために、単なるアンチテーゼの焼き直しになる。

そのような論には進歩も深化もなく、ただ話者の言いたいこと投げっぱなしジャーマン痕跡があるだけだ。

はいえ、一般人が何かを私的に論ずる時、常にヘーゲル弁証法的な構成手続きを踏むのは現実的ではない。

議論目的が必ずしも進歩や深化を求めるものばかりではないからだ。

さて、翻って政治議員の話である

議員とは、主権者幸福度をより効果的に維持・向上するよう、行政司法コントロールするための立法に、(少なくとも形式上は)議会での議論を通じて取り組む労働者を指す言葉だと思う。

果たして現実議員がそのような定義に沿った実態を伴っているかについてはさて置くとして、定義からすれば彼らに求められる必須技能は以下の3つになる。

すなわち、

■ 1. 正しい目的意識

= 主権者幸福度の維持・向上

■ 2. 適切な統治能力

= 現況の中での目的への最適解を適切に見出し行政司法を最適解に向かうよう制御できる能力

■ 3. 適切な議論能力

= 議会での議論を適切に行える能力

だ。

ここで問題としたいのは3番目の、適切な議論能力である

選挙演説討論番組を観ていると、どうも耳目にする議員(候補)のほとんどすべてが、その論説に「テーゼ(ここでは議員対立する意見政策)の美点」の提示継承を欠いている。

自分には資質があるから票をくれと訴えるプレゼンテーションたる演説ですら、アンチテーゼとその焼き直したるジンテーゼもどきを延々垂れ流す人たちが、どうして議会対立意見を持つ別の議員たちと健全議論を繰り広げられるのだろうか。

これは別に右派は」とか「左派は」とか、枝野氏風に言うなら「上からの人は」とか「草の根からの人は」とか、そういう話ではない。

しろ、そのいずれに属していたとしても、揃いも揃って議論のお作法が出来ていないという話なのだ

自公について言うならば、民主党政権には本当に何も功績や合理的取り組みがなかった暗黒時代なのか、あるいは安保改憲反対派の言うことにはまったく理解できるところはないのか、ぜひ顧みて欲しい。いや、どうせ顧みられないだろうけど。

立憲や共産党社民について言うならば、アベノミクスは本当にすべてまやかし格差を拡大しただけの何ら益ないものだったのか、あるいは安全保障上で米国の協力を引き出そうとみっともなくもがくことを本当に完全に無意味と断じられる客観的根拠があるのか、ぜひ顧みて欲しい。どうせ顧みられないだろうけど。

希望の党について言うならば、いや、希望の党そもそも何をテーゼとしているのか理解が難しいので、何も言うまい

ともあれ、テーゼの美点を継承しつつ汚点を克服する、真のジンテーゼ提示する不断努力を見せて欲しい。

そうでなければ、対立するアンチテーゼ同士のどちらが好きかを選択するだけの、単なる人気投票に堕してしまうだろうというか、もうずいぶん長いことずっと堕したままだ。

こんな状況を見れば、プラトン先生も「ああ、やっぱ民主制ってダメだった」とニンマリ笑うだろうし、子ども政治活動ってのは耳を塞いで言いたいこと言い合うだけのお祭りだと思うし、はてサ彼女はできないし、ネトウヨ財産はできないし、俺はオナニーして死ぬ

2017-10-17

才能を紐解く

プロ棋士の中には5手先まで読める人がいるらしい。ラマヌジャン数字を見て瞬時に素因数分解出来たという。カレンダー計算が早いサヴァンの人もいる。

これらの能力努力では身につかないような気もする。気もするけど、筋の良い訓練と強い関心、情熱によりある程度は目覚めるものもあるのではないか?と思った。

というのも、自分場合、ふとした瞬間に曲が頭に浮かんで、頭の中で作曲することがある。音楽が好きで、物心つくかつかないぐらいから、クラシックばかり聴いていた。いや、そういう環境から、好きになったのかも知れない。

友人にこのことを話すと、誰しもがそういうことが出来るわけではないと言う。和音を分解したり、対位法的な旋律自然には組み立てられないらしい。何をやっても続かないダメ自分だと思っていたけど、人とは違う能力カケラ客観的に得られて驚いた。

自分から見れば、獲得パスの見えない他人能力にも、こういう感覚が伴っているのではないか、と思った。つまり、彼らは、自然にそれをやっている (好きだから+苦もなくできるから+いつでも頭の中はそのことを考えている)。

ひよこの雌雄選別の能力は、師匠について2, 3年、その作業を見続けることで涵養されるらしい。

一見自分には無理だ、と思われる目標も、リラックスして、うまく取り組み続けることで、道が見えてくるものなのかも知れないという希望を抱いた (例え幻想であったとしても)。

anond:20171017153741

黒人巨根っていうアドバンテージあるからまだ良いわ

黄色人種って何?欧米比較して給与低いし子猿みたいなもんじゃん?って思わん?客観的に見て

2017-10-16

anond:20171016111432

あんまり映画は観に行かないがたまに娯楽として観に行くタイプの人かな

いつも思っているのだがそういう人たちって、なるべく面白いとかオススメっていう言葉を頼って作品を決めるよりも、客観的ストーリー雰囲気ラストまで書いてある感想を探してしっかり読んでからその作品自分に合うかどうか検討しておくほうが楽しい体験を得られる可能性が高まるようになると思う

作品の楽しみ方を瞬時に理解して身を委ねる感覚が冴えてるならその必要はないのだが、それは多くの人にとっては映画をしこたまみないと磨かれない感覚だと思うし、映画好きや評論家の人たちでもその感覚を持ってないみたいにみえる人もいる

たいていのつまらない映画体験談作品にその原因を探されがちだけれど、実際にはほぼ自分作品対峙する下準備が足りてなくて乗り切れてなかったという点に問題があるようにみえ

映画をしこたまみて作品のいろんなタイプに対しての経験値を蓄積してる人は準備しなくてもたいていの作品を乗りこなすことができるし、絶対にこれは乗り切れないだろうという作品を確実に避けられる

でもそういう人じゃない場合、つまらないとか合わないと感じる要素をみつけたら無視できずにそこで楽しい体験おしまいにしてしまうし、乗り切れない作品をその場の嗅覚回避することもとても難しい

そういう自覚があるならばなるべく準備するのは大事だと思う

もし面白い映画体験だけを望むならばね

2017-10-14

仕事に関わるメンタルの不調について

長々と申し訳ありませんが、吐くところがないためここに書かせてください。

現在24歳、今年4月既卒現在会社入社しました。

現在働き始めてから半年ほどが経ち、通勤前の家や通勤中に電車で泣くことが目立つようになり、仕事に行かなくなる日々が増えました。

通院していた精神科診断書いただき休職ということになりました。

気持ちとして苦しいのは苦しいのですが、メンタル面には出ているものの体調面ではそこまで影響がないので、ただの甘えでは?と感じます

行けば仕事ができる日々もあったため、

まだ頑張れば仕事できるのでは、私の意思が弱いだけではないのかと不安や罪悪感が襲ってくることがあります

頑張れば、努力をすれば何とかなっていたため、苦しいとは言えず、わたし能力不足にもかかわらず、要望だけ言うなんて図々しいと思っていました。

心の中には自分が悪いとは思えない自分もいて、自分が悪いって思わないといけない、思えない自分が悪いんだという考えに至るようになりました。

休むことに対して等自分を責めなくて大丈夫と味方してもらえたり、励まされたり、褒められたりすると自然と泣くようになりました。

毎日ではないものの、通勤前に家で泣くようになり、仕事に行く気にならず、通勤中に仕事のことを考えると涙が出る、行かなくてはと思いつつ戻ってくることが数回起こりました。

職場には着くものの、自分部署まで行かなくなったり、駅で降りなくなったりしました。

私は仕事ができない人間だと思っていたし、今もできないんだと思っています

こんな風に逃げて最低で、周りの人はみんな心配してくださって、上司人事部の方もすぐ対応してくださいました。とても恵まれていていい職場です。

こんなにいい人たちいい環境に恵まれているのに、適応できないでいる自分が悔しく、こんな程度で休んで何してるんだろうかと思っています

客観的にみたらきっと私は自分は甘えてて弱いだけ、ゆとりって言われるようなだめな性格をしているだけ、うつ病ではないだろうと思っていますうつ病ってこんなもんじゃないんだろうと思うし、私は無理だと思ったら逃げてしまうからうつ病にはならないと思っています

自分にも甘いし、遅刻しそうなことも多かったし、残業もしたくなかったし、楽しくなくて早く帰りたかった、早く時間が来ないかと思っていたし、責任感がなく、泣いて仕事に行かなくなってしまうくらい弱い奴でしかないんです。

世間で騒がれているように休日出勤残業時間が長いわけでもない、パワハラなどがあるわけでもない、有給もきちんと消化できるいわゆるホワイト企業職場でした。

でも本音としては自分なりに頑張った、ここまでなるまでは普段仕事放棄することはなく、仕事拒否することもなかった、なんとか騙し騙し出勤して仕事をした、なんとかこなせる範囲でこなしたと思っていて、

でもそんなのは社会では当たり前のことだから私だけが頑張っているわけではないと頭では理解しています

でも正直もう頑張るエネルギーが残っていないと思うところもあります

どうすればいいのかたくさん考えますが、こんなダメな私では働くところもまともにないのではと考えてしまます自分にとにかく自信がありません。

病院診断書を書いていただいたとき

先生は症状的にはうつ病だと言っていました。

ただ、私の性格の歪みや甘え、私が子供なだけであって決してうつ病ではないのではないかと思っているのです。

病名をつけるとしたら…ということだとしてもショックでしたし、数回の通院であまり話していないにもかかわらずそんなに簡単うつ病休職になるのか、先生への不信感を抱いてしまいました。不信感を抱いていることも申し訳なく思います

この状況を打開したいのか、したくないのか自分でもよく分からなくなってしまっています

どこに相談したらいいのか、わたしはどうすればもう少し楽に生きられるのか、悩んでしまっている日々です。

正直、自分判断に自信がなく、誰かに味方をしてほしい、肯定してほしいと思ってしまうのかなと思っています

もしこのような経験をなさった方、近くにこのような経験をなさった方がいる方等いましたら、どうかこんな私に知恵をお貸しください。

ありがとうございました。

■追記

こんなに長い文章を読んでくださって、また丁寧に反応をくださって感謝していますありがとうございます

書いたときはとても落ち込んでいましたが、書いたことによって気持ちがすこしスッキリしました。

これを機にブログ等書くのも気持ちがすっきりしていいのかもしれないなと発見になりました。

いただいたアドバイス等とても参考になりました。思ったよりも多くの方が反応をくださって、嬉しいです。

調子のよい時に見ると、自分の落ち込んだとき文章が本当に痛々しく、後ほど削除をしようと思っていましたが、皆さんがくださった反応でかなり冷静になれてきたので取っておこうと思いました。

休みをいただくことに罪悪感をもたなくてもいいのかなと思えました。

気分が落ち込みそうになったら、いただいたアドバイスをまた見にこようと思います

イジメられる側にも原因があるのは当然だろうが

子供はそこまでカオスじゃない

サイコロ振っていじめ対象を決めてるわけじゃない

そりゃあだいたい原因はあるだろう

もちろん全く無差別ということもあり得る

逆に攻撃を受けて当然の振る舞いをする子供もいる

そんな当たり前のことも認められずに、いじめられてる側わ悪くないんだ

なんの原因もないに決まってるとするのは正直全く理解できない

イジメられてる側を擁護したい気持ち理解できるけど、客観的に色んな可能性を考えられないってのは正直超ヤバイだろ

こういう考え方の人間が親になると考えると怖い

恐らくどんな悪ガキであろうと自分の子供は悪くないと言って傍若無人振る舞う人間ってまさにこうい発想なんだと思う

本当に親になる前に反省した方がいい

anond:20171014142808

それを実名投稿したり、YouTubeで顔出しで発表できたら本気でそう思ってるんだと信用しよう

客観的には単なる安倍嫌いの偏った人だと思われるのが嫌だから増田まで逃げ込んで来てるんでしょ?

女同士のセクハラは難しい

学生時代女友達に抱きつかれたり、冗談で胸を揉まれたりスカートめくられたりしたことのある女性も多いことだろう。学校友達同士のこういう光景は珍しくないし、アニメ漫画でもこういったシーンは平和で微笑ましいものとして描写され、特に男性向けの美少女アニメにはほぼ100%登場する。

しかし私はそんな女性からの過剰なスキンシップがどうも苦手だ。

もちろん他人友達同士でやっている分には一向に構わないし、アニメ漫画文句をつける気も更々ない。

ただ、自分がされるのはあまり良い気持ちはしないし、自分友達にそういったことは出来ないしやりたくもない。

私がこの「女→女セクハラ問題」について考えるきっかけとなった人物がいる。大学とある女性先輩である

ある日私が大学内を一人でブラブラと歩いていると、突然背後からかにガッと胸を掴まれた。私がびっくりして振り返ると「おっ、E(カップ)くらい?」とにこやかな表情で笑いかける部活女性先輩(以下M先輩とする)。突然の出来事に多少戸惑いつつも「凄~い!よく分かりますね~!」などと適当な返しをする私。

自分で書いていて思うが、わざわざ事細かに描写するのも馬鹿馬鹿しい、実に「よくある」光景である

この出来事において私がまず引っ掛かったのは「M先輩と私は大して仲良くもない」ということである。このとき私とM先輩とは知り合ってから日も浅く、当たり障りのない会話くらいしかたこともなかった。その程度の仲でこういった行為ができることにまず驚いたのだ。

M先輩は私と仲が良いつもりだった、あるいは仲良くなりたかったのかもしれないし、いずれにせよ彼女なりのスキンシップだったのだろう。

だが、仲良くなるためのスキンシップ、あるいは仲良し同士のスキンシップとしてもこれは少々危険ではなかろうか。

この一件でM先輩がまず私にしてきたことは「後ろから胸を掴む」である

まず 後ろから、つまり誰か認識できない状態で突然こんなことをされたら相手が誰であれ怖い。正直「チカン!」と悲鳴を上げられ突き飛ばされても文句は言えない。実際ひどいビビりの私は心臓が止まるかと思った。

また身体的特徴は本人にとってコンプレックスである可能だって高い。胸なんて最も分かりやすい例で、小さくて悩んでいる人もいれば 反対に大きくて変に目立つ・太って見えると悩んでいる人もいる。幸い私は胸に関してのみ言えば 自分のもの特に不満はない。M先輩は、私にはコンプレックスがないと思ってやったのかもしれないし、実際ないのは確かだが、そんなことは結果論にすぎない。しかし恐らくはそんなことまるで何も考えずにやったのだろう。そもそもコンプレックスがあろうとなかろうと、いきなり触られてサイズを外で言われれば愉快ではない。

ここでM先輩の人物像について言及したい。彼女簡単に言うと「体育会系」の人間で、上下関係にうるさく、男勝りで、かなりハッキリと感情表現をする人だった。

またM先輩は女性にしてはかなりの長身かつショートカットボーイッシュ雰囲気も相まって、特に部内の女性からイケメン」扱い、例えるなら宝塚男役スターのような扱いをされていた。

M先輩自身もその扱いに満更でもなかったからなのか、「可愛い女の子が好き」などとよく言っており、私を含む女性陣にハグをする・頬にキスをするなどといったボディタッチをしていた。一応補足しておくが、M先輩には彼氏がおり、同性愛者というわけではない。

そんな彼女からスキンシップは、少なくとも女性陣の間では「王子からサービス♥️嬉しい♥️」という空気があった。

私はM先輩からこのスキンシップを受けるたび「も~やめてくださいよ~(笑)」というような態度を取るしかなく、結局最後までこういった行為は止まらなかった。

客観的に見れば「嫌ならはっきり本人にそう言えばいいじゃん」と思うだろう。しかし実際この立場に立ってみると、それがなかなか難しい。

私はスキンシップが苦手なだけであってM先輩のこと自体別に嫌いなわけではなかった。M先輩も私のことを恐らく後輩として気に入って、そういう風に接していたのだろう。

そんな彼女に「実はあのスキンシップ嫌なんですよね」と言うのは結構勇気がいる。M先輩は話せば分かってくれたかもしれないが、彼女を傷付けてしまうかもしれないし、以前のような接し方をお互いにできなくなってしま不安があった。

また、私以外の人が彼女スキンシップをどう思っていたのかは分からない。

しかし私が感じた限りでは、当時の部内では、M先輩からスキンシップは喜ぶべきで、下手に「やめてください」などと言えば、こっちが「好意的なノリを拒否してM先輩を傷つけた」悪者になりかねない雰囲気だった。

男性に同じことをされたら、(少なくとも大学内では)どんなイケメンの人気者だろうと躊躇なくやめろと言えるし、周りもこちらの味方になってくれるだろうに、相手が女だからということでそれが難しくなる。

結局この一件以降も私はM先輩と特別仲良くなることはなく、彼女卒業し私も部活を辞めた今、私と彼女の接点はほぼないのだが、未だに部内では「イケメン王子様のM先輩」という風潮が残っており、私はこのことを愚痴ることもできず モヤモヤしたものを感じている。

セクハラは何も男女間特有のものだけでなく女同士でも存在し、それ故に悩ましい。

2017-10-13

anond:20171013131303

客観的に見られるのって大体の人にとってムカつくからだよ。

客観視って俯瞰視とも言い換えられるでしょ?

そんで俯瞰なわけだから上から目線なわけだ。

から見られたらムカつく、わざわざムカつかせてくるってことはなんか悪い意図があるんだろう、って感情の流れ。

昔っから音楽でも、文学でも、スポーツでも、サブカルでも、オタクでも、社会でも、評論家とか分析屋がだいたい当事者からは嫌われてるのは、そいつらが「自分客観的で冷静で、岡目八目で君たちのことをよくわかってますよ」って感じのウエメセなのが頭にくるからよな。

そんで現代は、普通の人でもネットで多くの人間言動を目にすることができるようになって、それを元に客観視っぽいことを簡単に言えるようになって、プロ批評家ですらムカつくのにそういう素人批評やろうなんてなおさらムカつくわけで、だから古来以上に客観視だのウエメセだのマウントだの知ったかだの評論家気取りだのが嫌われてる時代だと思う。

勝手に人を定義するなみたいなのもそうだし、主語がでかいとか述語がでかいとか対象語がでかいとかあの辺の手軽な反論がめちゃめちゃ使われるようになったのも、結局客観して分析してます感が腹立つからだと思うわ。

というこの書き込み俯瞰して知った風な口を利いてるムカつく書き込み

客観的にみた話を底意地の悪い解釈にする人たち

どうしてそういう物の見方流行るようになったんでしょうね。

なんでもかんでも屁理屈ばっかりで。

例:

1「Aくんはここが悪いよ。Bくんはここが悪いよ。お互いに悪いところ直して仲良くしよう」

2「対立煽りかよ」

1「」

どこに対立煽りがあるのか…捻くれてるなぁ。

個人が誰に一票入れるかなんて鼻くそレベルにどうでもいいことで

責任なんて発生しえないってのは客観的事実から

2017-10-12

anond:20171012132940

単に自己客観的視できないだけだろ。

「認めたくない」のではなく「認識する能力がない」

オタクは昔は差別されてたかもしれないけど今は改善されてるんだから叩かれてるのは妄想

女性は昔から差別されてたんだからちょっと改善されたからといって女性差別客観的事実

アホか

anond:20171012131939

女性差別されている事は客観的事実だし

女性というだけで叩く男性が多数いるのも客観的事実だけど

でもオタクというだけで叩く非オタクが多数いるというオタク認識はどう見ても事実じゃない

しろオタクの方が非オタクを理不尽に叩きまくってる

愚かではあっても馬鹿ではありたくないもんだ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/346120993/comment/vox_populi

こういうさ、自分意見の正しさを確信していて反対意見を掲げる相手無知蒙昧扱いする馬鹿は、どうやったらいなくなってくれるのかねぇ。

自称リベラル陣営なかにこういう言説スタイルのやつが目立つようじゃ、そりゃ自民一強は揺るがんわ。

どっちが正しいかの前に、異論に敬意を払え。

そもそも世の中、正しい・誤ってるを客観的に断定できることの方が少ないけどな。

2017-10-11

お母さんが楽しそう、そして犬の顔

たまに見かけるのだが、母と子で二人で楽しそうにしている親子、と思いきや

よくよく見ているとお母さんだけがはしゃいでて子供が真顔な場面がある。割と良く見かける。

お母さん、とても幸せそうで楽しそうに見えてそれはそれで微笑ましくもあるのだけれど、

もう少し子供の表情を良く見てあげないと、と勝手に思う。


表情、という事で思う事がある。

ペットは飼い主に似るというが、その視点ではなく、犬の表情に注目したい。

つい数年前まで都内近郊に住んでいたが、犬そのものをあまりかわいいと思う事はなかった。

どの犬も、元気に走り回っていてたとしても、皆おじさんみたいな表情で、少し気難しく見えていて、

犬とはそういうものだと思っていたため、あまり好きにはならず、私はどちらかというと猫派であった。


ところが、現在住んでいる場所引越してきて、犬がとてもかわいいものである認識した。

どの犬も表情が良く本当に幸せそうに見える。犬派に傾きそうなくらい、見ててかわいく思える。

場所柄、飼い主は所得が高い部類の方々で、その犬における環境がとてもよく、それが少なからず犬の表情に表れている。

全てがそうというわけではないが、これまでと現在では、幸せそうな犬を見る割合が違いすぎる事に少し驚く。

過去に見てきた気難しそうな犬達はきっと、住環境や、もしかしたら飼い主そのものに対して

少なから本能的に不満のようなものを感じ取っているのではないだろうか?

飼い主の皆さま方は、もう少しご自分ペットの表情を冷静に客観的に見てみるべきだと思う。


ついでに、そのエリアの子供達の話をすると、皆表情がいきいきしていて利発である子が多い。

親御さんの身なり等を見る限りは裕福で環境もよいのだろう、小学生でありながら既に将来有望であるというのがわかる。

こういう人がエリートになるのだなと。まったく何の嫌味も感じられない。

何より傍から見ていて、表情が違うことに驚かされる。

これらは、電車に乗ってこの地区学校に通ってくる子供達と、この地区居住している子供達との対比でよりわかりやすく映っている。

親御さんは我が子の表情を、冷静に客観的に観察した方がいいかもしれない。

anond:20171011015151

とりあえず、沖縄基地問題については

基地賛成派の議員ゼロになる(基地賛成と言うと当選できない状況)くらい

基地に賛成する地元民が少数派なのは客観的事実なんだけど…

それともそれは反日外人選挙の時だけ住民票移動してるんだ!なんてネトウヨの世迷言でも信じていらっしゃるんだろうか。

まあ個人的には駒崎弘樹も立派な差別主義者だと思ってる(今回だけではなく普段言動からして)ので

どっちもどっち」という陳腐感想しか抱いてないが

2017-10-09

幸せについて考えている

 最近幸せについて考えている。

 自己啓発書を読み漁ってみたり、幸福学の本を読んでみたり、瞑想をしてみたり。

 客観的幸せ指標については知ることができたが、しかし、私が知りたいのは「どうしたら私自身が幸せになれるのか」ということだ。大学生とき「私は幸せにはなれない人間だ」と直感した。悲観的で自己肯定感が低い私は、どんなに恵まれた状況でも「幸せ」を感じることが出来ないだろうと考えたのだ。こんな私が幸せになれるには、性格から改善するしかないのではないかとある新書によると、楽観的な性格は、幸せ人生には重要らしい。

 そこで私はまた考えてしまう。満足な豚と不満足なソクラテスのたとえ話を。

 楽観的な性格になること、あるいは趣味に没頭したり、スポーツで体を動かすことは、満足な豚になることではないのか。気の持ちようは大事だ。体と感情思考はつながっているだろう。となると満足な豚は決して不幸とは言えないのではないか。ここまでくると「どう生きるべきか」という問題につながってしまう。そりゃあ倫理学的に考えると、「いい人生」とは「不満足なソクラテス」になることだろう。でもそれが決して幸せの実感とはつながらないとしたら。

 私がほしいのは「べき論」ではない。じゃあ豚で満足しろよという話なのだが、しかし、そう簡単に割り切れないか悶々としているのだ。私は満足な豚にも不満足なソクラテスにもなれない、中途半端人間だ。

 そもそもどうして私は幸せについて悩んでいるのか。

 前に書いたように、私は自分自身を「幸せになれない人間である認識している。不幸せなりに生きていくしかない、と思い、割り切って生きてきた。結婚相手を決めた理由も「この人となら一緒に不幸になっても構わない」と思ったかである。が、実際に結婚してみたところ、自分の不幸に配偶者をつきあわせるのは申し訳ないという気持ちが今さらながらに湧いてきた。私は配偶者私たちの子供に不幸になってほしいわけでは決してない。

 そして、そのうちに「もしかしたら私も幸せになれるのではないか?」といった希望までもが芽生えてきたのだ。

 私も幸せになってもいいのだとしたら? 幸せになれるもんならなってみたい。

 ところで、そもそも私は不幸なのか?

 第三者から見れば、私は十分に幸せだろう。衣食住については満たされているし、スキルはないがいちおう働いている。家族自分健康だ。特別欲しいものはない。

 これ以上、何を求める?

 だけど、どうしても、人生に対する漠然とした不安が拭えない。

 私はよく宝くじが当たればいいのに、と妄想しているのだが、もしも億単位(生涯賃金相当)の高額当選たらこ不安はなくなるのかもしれないとは思う。結局、私が求めているのは、「何があっても大丈夫」と思える人生担保なのではないか。と考えると、結局幸せになるのに必要なのは、「私は何があっても大丈夫」と思える自己肯定感なのかもしれない。

anond:20171009173111

人気を二分って言い方もあるかも知れないが、よくあそこまで上手い事スライドさせたもんだよ。当初想定されていた程ファンは減らなかったというのが客観的評価だろ。

まり嬉しくないモテ期が来た

まり嬉しくないモテ期が来た

 

中学生の頃、

ちょっとたこから壮絶ないじめが始まった。

人気者の女子の筆箱が俺のカバンの中から発見された、というだけ

書いてて思ったけどけっこう重大事件?でも俺は犯人じゃない。だが誰も信じてくれなかった。

実は筆箱の女子とは小学生の頃ずーっと同じクラスだったので実は結構仲がよく、

イタズラだよとかばってくれたが周りは聞く耳を持たずいじめが始まった。

俺は先生相談したが「盗んだお前が悪いんだろう」と相手にしてもらえず、

それどころかHR先生に告げ口したことをバラされる始末で、

筆箱の女子も色々手を尽くしてくれたり励ましてくれたがイジメは収まらなかった。

イジメが2年続き、

特に高校受験に乗り気じゃない生徒でも高校受験視野に入れ始めた頃自然イジメ消滅した。

あの壮絶なイジメたかだかこの程度で終わるのか、と何故か残念に思ったのを覚えてる。

 

そして高校に進学し、知り合いもそれなりにいるけれどイジメは続行されなかった。

幸運にもイジメには飽きたらしくイジメの主犯には一言スマン」と言われた。

正直許せないけどまた虐められても困るので「もうしないでね」とだけ伝えて仲直りの握手をさせられた。

変な噂が広がる前に「冤罪で虐められてた」とやんわーりと伝えた上で新たな友達を作り、

中学同級生とも微妙空気感を保ちつつ高校生活をエンジョイしていた。

 

学校祭の準備が始まり、ガヤガヤとしている頃筆箱の女子に呼び出された。

身の丈も知らずに告白されるんじゃないかとドキドキしてたら、ある意味物凄い告白をされた。

カバンに筆箱入れたの私なの」と。

 

何故そんなことしたかというと、実は俺のことが好きだったらしいが当時俺には好きな人が居た。

なので告白しても無理だろうと思い、筆箱作戦で外堀から埋めれば付き合えるんじゃないかと思ったらしい。

だが結果は、予想外の壮絶なイジメが始まり、怖くて言い出せなかったらしい。

 

まりにも衝撃的だったが、筆箱女子は更に凄いことを言い出した。

「そんなわけで、付き合ってほしいんだけど……」

実は唯一の味方の筆箱女子のことが好きだったが、さっきの告白の後じゃ流石に無理だなと思ったので断った。

すると、筆箱女子ストーカー化した。毎日異常な量のLINEが来るし、Twitterの呟きに事細かに反応してくる。

クラス違うのに待ち伏せとか日常茶飯事で、夏休みなんか突然家までやってきた。コレは正直ちょっとしかった。

謝罪」と称して事ある毎に近づいてくる。数か月前まで最も信頼と安心ができる人だっただけに少し不気味に感じた

「もしまた虐められたら私を頼ってね」と言われたけど、流石に無理なので「友達相談するわ……」と断った。

 

のらりくらりと過ごしていると同じクラス女子好意を持たれた。

の子も虐められていたらしく、

俺に対して親近感を感じてたらしいが学祭準備で色々と協力している内にいつの間にか好きになったとのこと。

元気で可愛い子なのに虐められたのか……と思ってたらリスカ癖を告白してきた。流石に無理だなと思ったのでやんわーり断った。

 

内心付き合いたい気持ちは凄くあるんだけど虐められてたものでもうちょっと安心感のあるひとじゃないと怖くて堪らない

筆箱女子はともかくリスカ女子の方は同じクラスなので接触が多く、刺激してリスカ悪化しても困るので慎重に接していたが

そこで爆弾を投入(告白)する女子が現れた。

イジメ主犯格女子だった。

 

実は好きだった、筆箱女子と仲良くしてるのがムカついてイジメちゃったけど好きだった

私はそんなに酷いことしてないと思う、寧ろイジメ主犯格男子を静止してた

 

そんなことを言われて「どうかな?」と言われたが、一番無理だと思った。

自分でも馬鹿だと思うけど筆箱女子の事は実は今でもちょっと好きで、最近関係も以前に戻り掛けてるがリスカ女子彼女気取りでちょっと不安

「昨日またやっちゃったんだー」と手首を見せてくるのでその度にもうやっちゃダメだよと言うけどあまり意味も無さそう。

 

放っておくべきなんだろうけど虐められた経験がその判断を選ばせてくれない

モテるのは嬉しいけど、なんか全てのものが怖く感じる

・・・・・

思った以上に反響がありましたので少し書き足す

 

まず俺は男(高校生)です、ごめんなさい。

俺は別に良い人では無いけど、3年間虐められたので人と話せるのが嬉しくてたまらない。

からちょっと嫌な人が相手でも話しかけられるとそれが嬉しくて凄く話をしてしまうところがある。

みんな手酷く振るとかは絶対無理精神的にキツい

告白の返事は保留とかじゃなくはちゃんと断ってるから大丈夫

他の友だちにも言えるけど正直言って誰かと一緒にいると楽しいから距離置くのは寂しい……

 

筆箱女子待ち伏せとか突然家に来たりとか今でも少しストーカーだけど、極度に避けないようにし始めたら徐々に前みたいに戻ってるし

単純な性格なので友達しかも好きだった女子からLINEの連絡くるのは何だかんだ言って少し嬉しくも感じてしまう、頻度に引くけど

 

リスカ女子は、そもそも何か酷いことされたわけじゃない

若干人見知りな感じだけど、友達相手には明るくて優しい気の利く良い人で虐められ仲間で今一番心を許せる女子かもしれない。

放っておくともっと凄い自傷しそうだし、俺自信の見捨てられたトラウマからどうしても放っておけない。でもリスカ癖はちょっと無理。

時々傷口が痛むから撫でてって言われるけど、血や傷が駄目なのでキツい。でも女子に触れるのは実は結構嬉しい。

 

リスカしないように慎重に接してるからか目の前でリスカされたことは一度もない。

普段は病んでるって感じはしなくて時々テンションがガクーンもの凄く下がって励ましたりするとすぐ元通り。なことが時々ある。

最低なフォローだけど凄く可愛いので、多少面倒くさいモードに入っても結局可愛いのでそれで乗り切れてる感ある。

リスカ報告も凄く爽やかで、マジで切ってんの?と疑ったこともあるけどマジで切ってた

もうやっちゃダメだよという度に「もうやらない」と言うんだけど少し経つといつの間にか見えない所でリスカしてる。

 

因みにリスカ女子彼女っぽい雰囲気出したじめたのは誕生日プレゼントあげた位から(他の仲の良い友達にも購買のパンとかあげてた)。

丁度リスカ痕隠しのシュシュ先生に怒られてて、その代用品として本人希望腕時計(3000円位の安物)あげた。

お揃いがいいと言われたのでお揃いにしたからか、若しくはその時に「いつも心配してくれて嬉しい」みたいなこと言ってたのでそのどっちかがキッカケかもしれない。

友達としてだからね。って言ったら「すごく嬉しい」と言ってくれたので誤解はなさそうだけどやっぱり彼女気取りな感じ。

 

嫉妬とかしてる感じはしないから刺されるとか考えてもなかった

筆箱女子リスカ女子そもそもクラスが違うし、筆箱女子は「私に嫌がる権利ないよね」とリスカ女子に対しては無関心。

リスカ女子は嫌いな相手を煽る癖があって筆箱女子を何度か煽ってた(冤罪仕掛け人な事は知らない)けど、相手にされてなかった。

俺や友達から止められてから煽り行為も無いし、そもそも喧嘩する理由もないので今はお互い無関心っぽい。

会っても話したりしないし、家の方向全然うから遭遇もあんまりしないっぽい。

ただ、リスカ女子は元いじめられなのでイジメ女子を凄く嫌ってて偶にすれ違い様に舌打ちして喧嘩になりかける。

イジメ女子とは少し話せるようになったけど、今でも好かれてるかはわかんない。俺は苦手、ちょっと嫌い

 

あと、

自分自分クズだと思うけど、皆可愛いから雑に拒否できないという下心もある。ごめんなさい。

でも他人は大体、格好いいか可愛く見えるので客観的可愛いかは分かんない。ただ、リスカ女子客観的に見ても可愛いと思う

友達は「リスカ女子好きな奴はロリコンっぽい」「筆箱女子は背は高いけど見た目は普通」って言ってた

因みにイジメ女子の事は「俺も嫌い。見た目は好き」と言ってた

 

 

昨日の夜書いたから深夜テンションで変なこと書いてる気がするけど直すの面倒なのでそのまま投稿する 

今日リスカ女子風邪引いたらしく学校休みなので少し静かで寂しい

・・・

数日たってもコメント等あって驚きます

俺は優しくは無いが虐められた経験は大きいと思う

お揃いの腕時計の件だけど丁度腕時計しかったしリスカ女子だけ特別というわけじゃない

筆箱女子か「安物でも、私もお揃いの欲しい」って言われたので金額相談するけど何かプレゼントするつもりだし、

今すぐ何か欲しいと言われたのでとりあえずLINEスタンププレゼントした。

男の友達から俺も日用品系が欲しいと言われたので、勿論ちゃんと考えた上でプレゼントするつもり。

逆に「誕生日は期待してろよ」と友達に言われたので友達というのはこういうモノなんだろうなと思ってるけど違うのかな

物で繋がってるわけじゃなくて、高校生からこそ少ない金額でも誠意が伝わる……と勝手に思ってる

 

流石に筆箱女子にお揃いの何かをプレゼントする件はリスカ女子にはやんわりと伝えたが、

「これ(腕時計)より安いなら何でもいいよー。同じくらいのでも別にいいけど」とそんなに気にしてなかった

彼女じゃないことは本人も認めてるし「万が一私より良いのあげても別に切んないよ」「安心して」って笑われた

でも彼女気取りなの所は凄いあるのでそこはやっぱり不安に感じる

2017-10-08

バイト始めた友達社会人気取りで痛々しい

タイトル通り、居酒屋バイトを始めた友人Aの社会人アピールが凄くウザい

 

いや、バイトだって立派な仕事だし、社会人扱いでも良いんだけどAの社会人アピールは本当にウザい

10年以上も友達やってて、結構仲の良い私でも聞いてて凄く痛々しいのだから相当なものだと思う。

 

具体的にどんな感じかというと、

・「シフト入ったから俺今日は休むわ」等と言い出す

 →何とか説得に成功するも「本当は仕事休むとか社会人として失格だからな」とほざく。お前は学生として失格だから

・「バイト終わりー」のLINEが真夜中に来る

 →返事をしないと「ま、学生は寝てるわな笑」。じゃあ送ってくんな

・昔から要領は良いので頼りにされているらしいがシフト尋常じゃない。疲労と寝不足フラフラしながらも本人は「社会人はみんなしんどい思いして働いてるんだよ」とドヤ顔

 →明らかにヤバイ状態だと見て取れたので、何故か私が店長に頼んでシフト減らしてもらうが本人は"店長に対して"凄く申し訳なさそう。もう学校やめて社員になれよ

・「俺のバイト先紹介するか?」と執拗に誘われる

 →コールセンターで働いても「社会人」には分類されないらしい。理由は「誰にでも出来る簡単仕事」(A談)だから。確かに楽だけど人に「簡単」と言われるのはムカつく

・客としてヤクザがよく来るらしく「日本ヤクザは優しい」等とほざく

 →「使ってる金どこから出てると思ってのさ」と返せば「客を差別するようじゃ社会人にはなれんわ」等とほざく。

   というかヤクザ来る居酒屋に私を誘うんじゃねえよ。そもそもヤクザって居酒屋来るのかよ、恐いよ。

バイト優先しすぎて彼女にエグい方法で振られるも「次は仕事理解のある子探すから」とかいい出す

 →仕事じゃねぇ、バイトだ。そして彼女優先してやれよ。元彼女結構クズだったけど、ちょっと可哀想だよ

最近またシフトが異常に増え始めたが「今が踏ん張りどきだからさ」と店長みたいな事言い出す

 →「もう辞めたほうがいいって」と言っても「そんな無責任なことできねぇ」とほざく。何故か得意気に

 

上げればキリがない、もっと沢山ある。というか彼女に振られ件で上記の倍は余裕で書ける。

 

言動も痛々しいけど、時々凄くやつれてて心配になるくらい痛々しい。

何で自分のことでも一杯一杯な私が私より優秀なAを心配したり、Aのためにアレコレと手を回さねばならないんだ……。

 

 

■追記

かに私はそこまでAを救う気は無いです

10年以上も付き合いあるんで、何だかんだAなら自分でなんとかできるだろうなと思ってます。寧ろ私が助けて欲しい位の気持ちです。

Aが振られた件ですが、(何故か)私にも原因の一端はあるようです。

 

一言で言うと、元カノは裏垢でAに狙いをつける→振るまでの期間を面白おかしTweetしてました

もの凄~~~~く要約した流れです

1,皆から頼られるAに目をつける

2,超積極的アプローチしかける

3,Aと付き合う(けど、別に好きではない)

4,Aと私の悪口書きまくる(悪口というより元カノワガママ言ってるだけ。元カノは何故か私に敵意むき出し)

5,好きでもない相手と付き合ってた私超優しい、でもも限界……

6,別れたいけど誕生日プレゼント貰うまで我慢する、私頑張れ!

7,我慢してもらった誕生日プレゼント元カノ指定腕時計)だけど、なんかもう要らない。冷めた。

8,LINE一方的に別れることを告げブロック

9,付き合ってた事を知らない店長に嘘を吹き込みAを悪者に、シフトかぶらないようにしてもらう

10,バイト中のAのスマホ勝手操作し、元カノとのLINE履歴を削除

11,私との会話履歴を「元カレ浮気相手」と称しTwitter晒す

12,1~11までの流れを、Aの友人(結構仲がいい)が最初方知っていた事が判明

   Aに言わなかった理由元カノから口止めされてた&○○さん(私)と二股してると思ったか

   この友人は「二股してたら堂々と元カノと○○(私)を合わすわけねーだろ」と言われて、そこで初めて納得したらしい。

 

↑これは要約しすぎなくらい要約してるので実際はもっと長くてもっとエグい、人を悲しませることに関しては元カノの文才は神がかってる

コレを長期に渡ってやられてたのだからそのダメージは計り知れないと思う。当事者じゃない私でもしんどい気持ちになった。

元カノはAを好きではないけどAに近づく女性には嫉妬してた。というより女性が嫌いなのかも。

こういう気持ちは正直多少わからなくもない(友達彼氏ができるとちょっと寂しいし……)けど、

元カノ嫉妬か抜きに私のことを見た目(元カノコンプレックスを刺激するらしい)や少し暗い(ウェーイなノリは無理)性格で単純に嫌ってたらしい。

私も正直元カノのことずっと嫌いだったし、もっと早く別れればいいのにと思ってた。Aの歴代彼女と比べるとダントツクズすぎる。

 

元カノと私で何度も話をしたことがあるけどその際必ず喧嘩売ってくる(「無駄可愛い服似合ってるー、何でー?」や「絶対頭悪いと思ってました~~」、「無駄巨乳ですよねー」

「○○ちゃん可愛いのに何でモテないんですか~?あ、性格いから~~?」「○○ちゃんって絶対男の人に幻滅されるタイプですよね~~」「なんでAと友達なの~~?」等など)ので本当の本当に嫌いだった。

かに元カノ可愛い。守ってあげたくなるような、そんな感じ。そしてソレを自覚してる節があるがソレも含めてなんか可愛い

だが面と向かって喧嘩売られれば普通にムカつく

 

対する私も、短い人生の中で人から視線とか対応とか評価とか、そういうの諸々含めて

「私、凄いモテる客観的に見ても美人じゃないか」と思ってるくらいの性格クズだが面と向かって他人を貶めたことはない。

 

Aはとても幸せそうだったけどいつか絶対酷い振られ方をすると思ってた。

以前、元カノと付き合う位なら私と付き合ったほうがまだマシだと思う。と言ったけどAにはキョトンとされた。

私に喧嘩売るのも若い故、コンプレックス(クセ毛・低身長幼児体型)故だ。可愛いじゃないか、と。

かに元カノは凄く可愛いけど中身はクズだ。バイトバイト元カノを優先できなかったAも酷いとも思うが元カノクズだ。

 

Aは女運がビックリするくらい悪く毎回ヒッドイ振られ方をする

正直、いい加減慰めるのも面倒くさい。何故私が毎度毎度、しんどい思いして傷心のAを慰めなくちゃならんのか、と。

 

社会人気取って身を滅ぼすくらいなら気ままな学生気取って欲しい、どうせ数年で嫌でも社会人になるんだから

でも、Aを慰められるのもあと僅か数年と思えば少し名残惜しさを感じる、不思議感覚

傷心のAを慰めるのはしんどくて凄く面倒くさいのに、10年以上やってるとそれも悪くないと思えるから不思議だ。

 

とりあえず、

久しぶりに旅行とか映画とかドライブでもいいから行きたいな。馬鹿学生みたいに思いっきり楽しみたい。

久しぶりに昔の友達皆で集まりたいよ、二人でも別にいいけどさ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん