「客観的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 客観的とは

2017-08-21

人は死ぬ間際になると手のひらを見つめることが多くなると

 どこかで聞いたことがある。

 ここ数日、ふと気づくとそれとなく手のひらをみつめている自分がいる。その度にネガティブイメージを振り払い、何か楽しいことを考えようとするがうまくいかない。抱える問題は様々ではあるが、冷静に考えれば些末なものだという客観的かつ観察者的視点も持ち合わせている。持ち合わせてはいるが、うまく心をコントロールすることができない。コントロールする方法も、この三十年ほどの人生の中である程度は身に着けて来たつもりだったが、そもそもコントロールする気にもなれない。自分がこんなにも精神弱者だと思わなかった。死ぬつもりはないが、生きることにそれほど執着できない。

 寝て、起きて、食べたいものを食べ、会いたい人に会い、行きたいところに行く。経済的制限はあれど、ある程度自由に選ぶことのできる選択肢が目の前にあるのに、そのどれもが億劫に感じられて予定がなければ日がなスマホを触っている。頭ではこんなことをしている場合ではないとわかっていても身体がついてこない。言わずもがな心はどこかに置き忘れてきた。社会における自分を鑑みたときのとりとめのない不安感、言いようのない焦燥感孤独感、それから諦めの思考脳みその大半が支配されているらしい。とにかく金を稼がなければならないと思っても具体的な行動に出ることができない。どうにかスマホ副業のためのアルバイト検索なんかをしてもそこで集中が切れてしまう。

何をしていてもこの不安気持ちが付きまとい、目の前のことに集中できない、或いは熱中したフリをしている自分がいる。掃除洗濯家事・炊事にすら手をつけられず、シャワーを浴びることや、食事をするといった生活の根源を成すことですらハードルが高く感じられる。ましてや書類に目を通したり、友人に連絡を返すといった高度なことにはその一切に手をつけられないと来ている。最近玄関の鍵を閉めることや靴をそろえることにもその都度気合いを入れる必要があり、電気を消す気力もなく明るいままの部屋で眠っていることが多い。エアコンリモコン操作すら気力を消耗する。

 どうにか出勤はしているが、サボり癖がついているため、いか仕事をしているフリをするかに長けて来た。この文章も勤務中に書いている。二週間に一度くらいのペースで体調不良による遅刻を重ね、職場での信用もガタ落ちだ。悪循環にハマっていることは頭ではわかっている。頭では重々承知の上だが、心がついて来ない。個人的には、頭と心を繋いでいるのが身体だと思っているか身体を動かすようにしているのだが、以前ほど効果を発揮しなくなった。

 水は低いところに流れるというが、たどり着いた先はに沈殿したものたちの中から夢や希望を救いだすのは至難の技だ。そんなことをしている間に世の中は自分を置いて先に先に進んでいく。何のために生まれ何をして喜ぶのか。立て直す方法はわかっているようでわかっていないのかもしれない。単純だった個々の問題が複雑に絡まり合って、思考支配されているようだ。

 最近幽霊妖怪の類が在るとすれば、それに憑りつかれているというのはこういう感覚なのかもなとも思う。気力を取戻し、“憑き物の取れたような”状態に戻りたいものだ。

中国人圧勝だった

きのう、秋葉原パソコンショップに買物に行ったら、中国人スタッフが、日本人スタッフに指示を出している姿を2回も見た。こういう光景は、もはや当たり前になっているのかもしれないが、私にはとても新鮮に感じられた。

一日かけて色々な店をまわったが、中国人接客のほうが、圧倒的に優れていた。こちらがどんな質問をしても、分かりやすく簡潔に答えてくれるし、愛想もいいし、とても気持ちよく買物ができた。

日本人店員は、質問しても答えが曖昧で、どうにも自信なさげで、信用に足らない感じがした。元気も無いし、「売れても売れなくてもどうでもいいです」という印象を受けた。

いちどや二度なら、たまたまだと思えたかもしれないが、ことごとくそうだった。

結局、購入した商品は、中国人スタッフに薦められたものばかりになった。

今後、秋葉原で買物をするときは、必ず中国人スタッフ接客してもらうことにした。

日本人スタッフを減らして、中国人スタッフをどんどん増やすべきだと思った。

煽りでもなんでもなく、冷静に客観的に見て、明らかに中国人圧勝だったよ。

私はツイッターリアルでどっちの影響力が強いんだろ。

自分肩書地位にはこだわらないし複雑だが人に見られたくないし関係ないようだ。

でも、客観的指標評価受けてない人間が影響力を持つの問題から無視して自分考察すべき。

から私は人と関わらないようにして静かにするべきだった。

https://anond.hatelabo.jp/20170821000415

「◯◯やったことある人間なら分かるけど」論法信憑性

運動やったことある奴でも走り方はそれぞれのスポーツで違うしそれをビデオに撮って客観的に眺めたことも少ないだろうから絶対」とまで言い切れるわけがない。

2017-08-20

https://anond.hatelabo.jp/20170820211647

「AはBだ!」だと主張されてる時に

「AはBではない」という反論はだいたいすでになされている

それは単なる思い込みではないでしょうか。というよりも、軽々しくこのようなことを書いてしまう時点で終わりなんですよ。

となると、非論理的人物であるという蓋然性が高いであろう増田氏の主張も霞んで見える、といったところですなあ。客観的には。

https://anond.hatelabo.jp/20170820211647

別にそういう場合でも「言わなきゃいけなくな」ったりしないってことを言ってるんだけど。

カッコ内の「客観的にBの定義とAはBだという根拠を示せ」の方が言いたいことならそれを直接言えば済むじゃん。

それを言って聞く耳持たなかったとしても「お前に健康に悪いものを決める権利はない」なんて馬鹿みたいなこと言う必要ないじゃん。

https://anond.hatelabo.jp/20170820211520

言わんとしてることはわかるけど、そのレベルでめちゃくちゃどうでもいい意見を何百件も食らうと大体へこむし、それがいい状況を生み出すとは全く思わんけどね。

からそれが甘えだっつーんだよ

顧客の声を集めてて感情的になるビジネスマンなんかおるか?

ただただ客観的な目で有効感想を選り分けて取るべきオプション分析するのがお前の仕事だって話だろ

漫画家だって社怪人でありプロだろ?

なんでビジネスマンと同じことが出来ないんだよ

出来ないならアウトソースするか死ね

https://anond.hatelabo.jp/20170820210942

敢えて一番最初質問に立ち返ってやろうか

お前が観測できてないだけで

「AはBだ!」だと主張されてる時に

「AはBではない」という反論はだいたいすでになされている

というかそもそも定義根拠をまともに示せてないのだから反論する段階ですらない

それでも自分主観

「AはBだ!」って繰り返すバカが多いか

「お前にAがBだと決める権利はない」(そう主張したいなら客観的にBの定義とAはBだという根拠を示せ)

って言わなきゃいけなくなるんだよ

https://anond.hatelabo.jp/20170820165008

いいんじゃないですかそれで

客観的に何も変わらなかろうが本人が救われた気分になりさえすればよいのでしょう

一昔前だとこういうのは宗教お仕事だったんですけどね

2017-08-19

女は男の性欲に支えられている

男に性欲がなかったら女性は今のようにチヤホヤされることはありません。

肥え太り、運動神経は皆無で、体力、腕力もない。平均的に知能指数も低い。

飛びぬけた才能がある人間ほとんどいない。生理というハンデがある。

客観的女性という生き物を見れば能力が低いことがわかると思います

 

もし男に性欲がなかったら・・女性は男のいじめターゲットになったり

社会に出ても単純労働しか働くことができず社会の最底辺に属するのではないでしょうか。

性的な魅力の皆無な女性悲惨な現状を見ればそれはわかると思います。)

皮肉にも女性が一番嫌う男の「スケベ心」のおかげで生きていけるのが今の社会です。

快適に生きていけるのは決して女性の実力ではありません。男の「性欲」のおかげです。

2017-08-18

ある男のお陰でアイマスを好きになり嫌いになった話

アイドルマスターが好きだ••••った。765もシンデレラミリオンもだ。ゲームも買ったしCDも買ったり借りたりしたしアニメも見たしライブにも行った。ニコニコ動画もいっぱい見た。それもこれもとあるブロガーの影響だ。

はてなで留まってすぐ溶解

http://d.hatena.ne.jp/gouzou/

ただそのために

http://i-mas.at.webry.info/

そんなことよりアイマスの話しようぜ

http://ch.nicovideo.jp/gouzou

いつもいつもずっと「アイマスは素敵だ」「アイマスが好きだ」と言っていた人だった。この人も言っていたことだけど好きだって言い続けている事自体にパワーは宿る。この人の熱気に当てられていつしか自分アイマスに興味を持ったしいつの間にか好きになっていたし、少なくない金額をつぎ込んでいた。人の「好き」にはそういうパワーがあるらしい。

それがなぜかいからか変わった。なぜかこの人はいつのまにかブログを止めtwitterで「アイマスはクソ」って言論RTするだけのbotに成り果てていた。

「好き」がパワーを持つように「嫌い」もパワーを持つものらしい。いつしか俺は「ああそうか、アイマスってクソなのか」「アイマスってクソだな」「アイマス嫌いだな」と思うようになってしまっていた。「いやいや他人からそういう影響を受けるなんてありえないから、俺はアイマス好きだから」と思うようにしていても、そう思うように努めている自分に気付いた時点でもうだめだった。この人の「好き」に心を侵食された時と同じように、この人の「嫌い」に理論では補えない感情の部分というか心の奥底から毒のように侵食されていたらしい。

そして他界した。円盤もほぼ全部売った。残ったのは「時間お金無駄にしたなー」という後悔だけかな。

我ながら客観的に見ても他人からそういう負の影響を受けるなんて愚かな事だと思うけど、「プロデューサー」って人たちは「アイドルをよろしく」って正の影響を広めようとしてるんだけど負の影響も同じように広がっていくんだよねー。どちらかだけが伝わるなんて都合のいい話なんてないしさ。だから言い訳になるけどこの男から正の影響を受けた自分が負の影響も受けただけの話。

正にも負にも影響を受けやす自分の話。(でもこれってそんなに変なことか?)

それだけ

https://anond.hatelabo.jp/20170818103815

学問世界じゃなくても法律世界でも

世の中のありとあらゆる客観的で厳密な議論が求められるところでは

普通にルールだと思われ。

大人なら社会性は必要だと思うにょ?

掲示板2ちゃんねる)で粘着する人について考える その4

その3では仮の結果として粘着する人のまとめを書いた。

また、対策も書いた。

これらについて掘り下げていこうと思う。

順序は逆になるがまず対策を掘り下げる。

無視が鉄則であり大前提と書いた。

ここには条件があり、一切粘着する人と触れないということである

粘着する人の目に触れない状態を作るようにすることである

掲示板上ならば書き込みをしていて粘着対象者無視して他の人に返事を書く等の行為禁忌である

まり相手の視界から自分を消さなくてはならない。

完全に消えたと確認するには当然自分が書き込まなければいいわけだが、

粘着からすると実は違う。

彼ら粘着者は客観的に見えない傾向が強い、勝手主観を持ち込んだり推測や断定をしつつ、

対象者粘着される側)がまだいると思い込んで語りかけをしたり揺さぶりをかけてくる。

実はその発言相手の視界から自らを消せているという目安でもある。

粘着者の心理である暇という状態やかまってほしいという状態を利用する。

相手がいないと不安になる、不安になると語りかけたり揺さぶりをかけてくるのだ。

もしくはターゲットを他に変えてくる。

ターゲットを変えて時間経過したのちまたこちらに語りかけたり揺さぶりをかけてくる。

このサイクルが続くわけだが、そこで書き込む(粘着者の視界に入る)ことは禁忌であるのだ。

つづく

掲示板2ちゃんねる)で粘着する人について考える

概略

1発端はあるスレッド(以下スレ)で固定ハンドルネームコテハン)を使い発言していたこと。

発言内容は多岐に渡るが私以外の第三者との応酬(もちろん言葉での)があったこと。

現在コテハンはやめているのとほとんど書き込みはしていないこと。

(1年程度の無言期間や、半年以上に1回程度の名無しによる書き込み第三者からみてそれが私だと分かるよう意図的にしてある)

これらの状態であるが、依然としてスレでは私の話の引き合いに出す人がいる。

問題

まり粘着されている、ねばりついている人がいるという事実

そのような行為をする人の心理しりたい。

予想

純粋好意的である、もしくは純粋敵対的である、いずれにも属さないが興味がある。

2暇だから、つまり他に相手がいない。

3かまってもらいたいから。

予想に対する補足

これらが多数だろう。また予想3については多くの粘着する人、荒らす人の特徴である

概略に対する補足

概略3については徹底して数年無言ではなく、

期間を置き発言をしているのでそれについて第三者(以下粘着者)を刺激しているのかもしれない。

が、数年徹底して沈黙したとしても粘着者の心理は薄れるのかどうかは怪しい。

客観的にみて予想から思うところ

予想1については好意的であるなら当然相手話題を出すだろう。

男性女性へ、男性男性へ、女性女性へ、女性男性へ、の4通り。

同じく4通りであるが、敵対的であるのならばそれも当然だろう。

が、どちらにせよ相手がいないと始まらない。

スレ相手名前を叫んだところで反応が無ければ無駄になる。

それを分かっているのか分からないでやっているのかでどうのような人かわかる。

興味があるというのは好きだから興味があるというのと、

嫌いだからこそ興味があるという2つがあって、これらの根本純粋に好きか純粋敵対的かの結果的ものといえる。

予想2については暇だから、つまり他にスレ話題になることがないということになる。

他に相手がいないから暇ともいえるし、暇だからこそ他に相手がいないともいえる。

予想3

予想2と関連するがつまりかまってもらいたいから。

相手をして欲しい(他に相手がいない)、暇(だからかまってもらいたい)。

※当該スレは私以外の者もよく話題にされているので、

書いてる粘着者にとっては多数の人を話題に出したいものと思われる。

まり

こちらが一切反応せずに無視書き込みもしなければ)粘着者にとって退屈なものになってしまう。

よって無視が最強といえる。

が、昨今ではそれが必ず良い結果ではなく言い返す(きっぱり否定する)も効果的という見方もある。

やはり興味(好きからくるもの、嫌いからくるもの)というものは薄れることはないわけで、

それをどう忘れさせられるかが問題か。

粘着者が本当の気狂い(障害病気的)だった場合、彼等の根本治癒がされない限り解決は難しいとも思う。

ともかく、

好きか嫌いが発端で興味があり、粘着する。

暇であり構って欲しいか粘着する。

この2つに絞られた。

より深く考えてみようと思う。

2017-08-17

https://anond.hatelabo.jp/20170817154437

お前が恵まれない家庭で不満を貯めてるのはわかったか

それを勝手映像作品投影して幻を見るのはやめましょう

この件に関してはそういうのばっかりなんだよな

https://anond.hatelabo.jp/20170816113637

こいつだってそうだろ

客観的に見れば崩壊家庭なんか描かれてないにも関わらず被害者意識満載の文章を読んで気持ちよくなっちゃう奴ばかりだ

https://anond.hatelabo.jp/20170817112805

女(に限らないけど)がダメなのって、こうやって人の感情無視して一方的にモノを言うとこだよな

過去自分にも感情があって、ぶつけて聞くどうかとかそういうの全然考えてないの

いかにも高所から客観的に言ってるような顔してるけど、単に本人を無視してるだけだ

他人欲望そいつ努力で無制限に抑えられると思ってるし、

他人努力はタダだと思ってるからそれを苦労とも思わない

2017-08-16

https://anond.hatelabo.jp/20170816221157

から嫌われるかどうかは解釈問題でそう思わない人もたくさんいる

自分が嫌いだからみんな嫌いなはずだはやめた方がいい

賛否ある内容だって客観的に見ることはできないの?

2017-08-15

メンタル弱いのはどっちだよwwww」

はい

見事に相手と同じレベルまで落ちてます

しろ最初から向こうと同じレベルだったと考えた方がいいでしょう

そこから這い上がってきてください

そこは猿がキャッキャと無意味喧嘩をするステージです

カンガルーの殴り合いにすら劣ります

問題本質はどこなのかを見誤ってレッテルの張り合いに終止するのはいい加減卒業しなさい

中卒未満からせめて中卒レベルまで這い上がって来なさい

そこに辿り着くまではROMって良く考えるべきです

何か言わなきゃ自分アピールしなきゃと必死になるから『噛み付きやすい所』ばかりが目につくのです

無理に何か言おうとするから視野が狭まるのです

発言しようとする意志を一度脇において冷静に盤面を見つめなさい

当事者にならなければ岡目八目の形で自然と物がよく見やす位置に陣取れます

まずはそこから俯瞰的客観的に状況を観察する目を養うのが大事です

見ることが最初稽古なのです

人としての

社会の一員としての

2017-08-13

https://anond.hatelabo.jp/20170813055516

それを確認して何がしたいのか謎

知人だったみたいだし、客観的証言もあるからそうなのでは

2017-08-12

30歳から手帳人生設計

私はもうアラフォーですが人生設計ぼんやりしています。けれど手帳を書きあれこれと考えるのは好きです。手帳を持ち、日々の出来事や予定を管理するようになったのは30になる少し前からです。読み返したりすると、この日に何をしていたか、誰といたか、何を感じたかいくら使ったかを把握出来るので楽しいです。それを活かして、今度はこうやってみようかと考えて1人でニヤニヤしている週末の時間が好きです。ふと、中学生くらいか手帳を書く習慣があったなら、もっとしかっただろうなぁと思うことがありますアラフォーだと予定もある程度固定してきますし、時間も確保しづらく、出会いも減り、遊ぶ相手も減っていきますタイムマシンがあったなら過去自分手帳を渡して、使い方をレクチャーしてあげたいなぁと空想したりします。しかし、実際に昔の自分手帳を持っていても使えなかっただろうと思いました。実家にいた頃はプライバシーは無かったんだと、実家を出て大人になって初めて知りました。高校の頃、一時期日記を書いてみた事があるのですが、ある日の夕食時に母親が当然のことのように、日記しか書いていないことを話題として出してきました。今考えるととても怖いことですが、当時は日記というもの自分の考えを知られる恥ずかしいものだと思いました。それ以来書くのをやめました。実家にいた頃は自分の考えや意見を言えば拒否され、両親の意向だけを飲み込むしかありませんでした。自分の考えというものを構築できないまま、両親の操り人形としてまず18年を浪費しました。進学して故郷を離れ、親の干渉から逃れられたものの、自分の考えを自分設計出来ない。今度は周りに流されるまま行動するしかなくなりました。今は客観的に当時の状況を見れますが、当時は自分フラストレーションの原因が何なのか分からないまま、どうしていいかからないまま30が目前に迫りました。合計29年の浪費となりました。今振り返るとメモなど一切とらずによく働けていたなと思います。その分生活は荒んで、仕事ブラックでしたが。ちょうど仕事の都合で更に故郷から遠くへ引っ越しました。その頃には両親の老いが進んだこともあり、気軽に会いにこられることもない環境が出来ました。新しい職場心機一転頑張って仕事を覚えようと思いノートを買いました。仕事ノートから見られても恥ずかしくないと自分に言い聞かせたことを覚えています。教わったことをノートに書いて整理すると驚くほどスッキリします。こんな風に自分の考えや悩みも書いて整理すれば解決出来るのではないかとあれこれ試してみるようになりました。その頃はまだ手帳ではなくノートを使って時々書く程度でしたが手帳に移行するのは結構早かったです。当時は何を買っていいかからず、ほぼ日手帳を買いました。ホームページを見ると、とても楽しそうに手帳について語られていて、恥ずかしいことではないのだと思いました。通勤時間が長かったので、手帳本を読んだり読書に充てました。沢山の言葉自分の中に注ぎ込まれ、30を過ぎた頃からやっと自分意見を持てるようになり、言葉表現できるようになってきました。そしてそれを手帳に書き、後から読み返す。書き始めの頃はグチャグチャだったノートの取り方も段々と綺麗になっていきました。通勤時間読書アルジャーノンに花束をを読みましたが、それと同じように感じて面白いなぁと思いました。と同時に自分人生いかに惨めかも把握出来て悲しくなったりもしました。今はほぼ日手帳をやめて、複数手帳ノートファイルで項目ごとに管理をしていますアイアンマン自分自分アップデートしていくように、自分手帳システムアップデートしていきます。落ち込んだ時はアイアンマンを見て元気を取り戻します。今はお盆休みなので、手帳を見てじっくり考える時間が確保できます連休中のやらなきゃいけないことやちょっと先の事を考えたりしています。私はもうアラフォーですが人生設計ぼんやりしていますしか手帳を見て今後の事を考えて1人で過ごす週末が好きです。

アンガーマネジメント入門」

職場の年長組さんがおそろしく小さいことで揉めてて「歳重ねても感情コントロールってできないもんなのかな…」と思ってたときに見かけた本

「人は反射で怒っているわけではなく 1.出来事に対して 2.自分価値観出来事意味付けして 3.それが許せないと怒る ので 2の時点で対策すれば怒らなくなる」っていうところから対策の仕方をいくつかさらっと説明してる

なんかこの話に近い話読んだことあるな…と思ったら「反応しない練習」だった (無駄な反応をせず客観的物事を観察・理解しようみたいなのをお坊さんがわりとロジカル説明してる本) 「嫌われない勇気」とか「明日幸せ科学する」とかあたりも込みで考えると、人間過去未来想像に常にふけってるからそこから離れて「今この瞬間」をちゃんと意識できるようになれば過去の怒りとか将来の不安とかから脱却して割合うまく生きられるようになるのだと思う

あとアンガーマネジメント入門に書いてある対策の仕方が「認識エラー修正するために怒ったときログつけましょう」「そこからわかったことをもとにいつもの行動を1つずつ変えてみましょう」「一度に複数変えると何が原因で直ったのかわからないので」みたいな感じになってて「えっこれプログラムデバッグ手法と一緒じゃん」みたいな変な面白さがある (行動 = コードね)

2017-08-11

不幸をこじらせる

不幸をこじらせてる人は面倒くさい。

私もかなり不幸なほうだとは思うけど

少なくとも『不幸オーラ』みたいなのはさないようにしている。

こじらせてる人は、いつもそれを全開にしてるのだ。

それでいて、話を聞こうと歩み寄ると

「どうせあんたには分からないし」という態度をされる。

厨二病ってのとよく似ている。

基本的自尊心が低くてプライドが高い。

ということに自分で気付いていない。

あ、私は気付いてますから

勝手に周りと比較して、自分卑下する。

それはいいんだけども、なにかと攻撃しかけてくる。

自分が偉いとでも思ってるんでしょ?私のこと下に見てるくせに」

面と向かってそんな風に言われると、呆然としてしまう。

苦しい。

ただひたすらに苦しい。悔しい。

主観的な考え方で、自分自身をがんじがらめにしている。

先の見えない真っ暗な迷路に迷い込んでいて

他人はみんな上から嗤って見てくるから

昔の私がそうだった。

泣いて泣いてひたすら恨んで妬んで。

自分けがそうだと思っていた。

ある日ふと考えた。

周りが誰も私のことを認めてくれないのに

自分自分を認めなくてどうするの?

ただ一人の味方を、自分で殺してどうするの?

今ここにいるのは、偶然だけじゃなくて

選んだ道の積み重ね。

大人なんだから自分意志ほとんど自分で決めてきたはずだ。

精一杯努力したし、我慢もした。

選んだ道は多くが失敗だったと認めよう。

でも私が私の味方にならなくて、一体他の誰がなるの?

そうやって少しずつ客観的に見られるようになって

ようやくこじらせ状態から抜け出すことができてきた。

から、分かるんだ。

不幸をこじらせてる人の気持ちが。

そして、少し楽になる方法はあるって気付いてほしいんだ。

ところで、どうやって改行するのかな?

2017-08-10

https://anond.hatelabo.jp/20170810121440

そんな趣旨ではないな。貴族のようなやつしか得られないのが教養なら、ネットや実生活教養があるように振舞うやつは偽物で良いんだねってこと

そんな曖昧だけど実体があり貴族生活をしないと得られないものをどこでどういう風に理解把握してるかは知らないけど

結局ほとんど偽物ってことで意見の相違もないし

客観的には判断のしようのないものだって話だしね

2017-08-08

https://anond.hatelabo.jp/20170808173434

マツコの場合は「野球部員は人間性が育てられる」の反証として言っているんだから

「会ったことのある野球部出身者はクソだった」という自身経験談だけで十分に目的を達成できて、

自分が会ったことのない人も含めて野球部出身者は総じてクソだ」とまで主張を拡大する必要がない。

Googleの人は「Google女性エンジニアとして雇うべきでない」という主張の根拠を述べているので、

「私はたまたまそういう女性によく当たって生きてきた」というだけでは済まずに、

「全ての女性エンジニアに向いていない」という主張をしなければいけなくて、

からストレスに弱い」や「協調性ありすぎる」といった客観的な(しか根拠のない)傍証を持ち出した。

違いがあるとは思わない?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん