「認知症」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 認知症とは

2018-11-14

認知症のやつが人を殺しても無罪って言うなら認知症のやつを殺しても無罪にすべき

2018-11-13

バス利用者としてはありがたいが

バス運転手MRI義務付けるってニュース見て、それってある意味私的領域への介入でもあるよな…と思った。

ちなみに、政治家認知症テストくらいは受けてるの?

2018-11-12

anond:20181112172730

逆、認知症になると性格がかわり怒りっぽくなるので、性格悪い人は若いから少しずつ認知症が始まってる可能性がある。

お母さんも自戒のために言ってるのねと思えば腹もたたない

認知症性格悪い人がなる

と母(67)が言っててドン引きした‥‥

すごいブーメラン発言に思えるんだが。介護フラグ立ってる?

子供の頃はそんなこと言う人と思わなかったのでびっくり。これが本性なのか、性格が変わり始めてるのか‥‥

2018-11-11

認知症の予防で

指先体操がいいとか言ってる人がいるけど、原因が特定されて予防法が確立したら「昔あんなこと言ってたけど、あれなんやねんww」とか言われるようになるんだろうな。

増田のやべーやつ番付2018年11月

(今回からまりやばくない増田は除外しています

横綱

安倍叩きコピペを連投する増田。出現頻度・攻撃性・連投頻度の三拍子揃った、やべー増田筆頭。Twitterでも多数の垢を使いこなし安倍叩きにいそしむ。増田では通報するとBANされるようになったためか、10月最後に休場中)

追記 11/12に戻ってきたが、いつものように一瞬で削除された。一応言っておくと党派性以前にやべーやつであり、いつものコピペなぜかバズった際にはネトウヨなりすまし扱いするブクマカまで現れている。

増田に何かのリンクを貼ったり何かを紹介したりすると、即座に「ゴミを〇〇するな」とトラバ飛ばしてくる増田安倍botが休場してからは堂々の横綱を張る存在。張るな)

大関

(あまり関係のない話題にやってきては「でもキモくて金のないおっさんは……」と誰から無視されるKKOの悲哀を語る増田。君は己の差別感情直視できるか!?)

(やたらスペースの多いトラバ飛ばし、だいたいすぐに消す増田。内容はいかに団塊老人じみたもので、これだけならまだ愛すべき老害キャラだったのだが、最近過去ネタ執拗な再投稿が目立っており認知症が疑われる)

こちらを参照。ポリコレキズナアイなど特定単語が含まれ増田意味不明トラバを繰り返す人力スパマー個人的には今場所優勝レベルのウザさ)

関脇

パンティー)

同カテゴリー参照。猫が嫌いらしい。出現頻度はさほどでもないが、闇の深さは他の追随を許さない)

  • マスダとマスダの冒険

同カテゴリー参照。ワードサラダじみたSSを垂れ流すも、まるでバズる気配がない。人呼んで増田ヘンリー・ダーガー

小結

  • うんち

(当初は女っぽい増田に対して「うんち」トラバを飛ばす増田がいたが、今ではそれに限らず気に食わない投稿全般に広まってしまった。なおこれに対して「そうだね。うんちだね。💩」と書いて回る増田がいる)

推し作品も全て違うのに、いつも同じ文体・同じネタ・同じ結論クローン軍団。あまりに多いのでこんなパロディまで出た。キャラ格差だの周りのファンが気に食わないだのはもうわかったので、できればよそでやってほしい)

前頭

自称バカイカンの色物学部アトピーブサイク。闇属性版チンフェのようなしつこい自虐自分語りが特徴。でもパパが金持ちなのはうらやましい。インターン辞めたい編から続報がないが、そのうちまた出てくるだろう)

(女増田ありがちな毒親叩きを叩く増田毒親叩き以外のバリエーションもあり、たまにTwitterの女ネタも拾ってくる。これにも「毒親に苦しんでるやつを揶揄する奴は〇〇して死んだらいいのに。」と反応する増田がいる)

過労死運輸業が多いことを指摘して回る増田

十両

(同一人物説があるので一緒に掲載話題が他に移ったため今ではさほど目立たなくなったが、また盛り上がった際には出現するはず)

トラバ飛ばしてすぐ削除すると、元の文章にはそのトラバが残るが、トラバに返信することはできない。前述した大関・スペース増田など、フェミに限らず同様の手法を取る人が割といる)

(気に食わない投稿があると「朝の〇時から起きているんだ」「〇時まで寝ていたんだ」などとわけのわからない因縁をつけてくる増田。当たっているか不明

幕下

(隠す気もない某idによる、その名の通りゲームに関する日記基本的には無害だが、たまに闇が入ることがありちょっと心配になる)

三段目

(その名の通り再投稿ネタを指摘する人。複数人いる模様)

序二段

anond:20181108080226anond:20181111054310anond:20180924193700など。増田には以前から車を叩く増田電車を叩く増田が生息している)

序ノ口

京都ゴミ大学フォロワー。よく彼と同一人物扱いする人がいるが別人で、こちらは親にも恵まれていない。現在は悪い道を歩んでいるらしいが、正直ただイキっているようにしか見えない)

引退

沖縄叩きのコピペを連投していた増田安倍botにちなんで命名された。一時はその安倍botすら凌駕する勢い(およそ30分間連投)を見せたが、BANされてからは再出現していない)

親方



(※前回→anond:20180628203405

2018-11-10

anond:20181110124117

脳の萎縮が始まってきてて

認知症の始まり

辛いわ

anond:20181110121441

認知症って30年ぐらいかけてゆっくり進行するんだけど、うちの祖母も今にして思えばこういうのも兆候だったんだなあと思う。

まあ重症化する前に他の病気寿命が尽きることもままあるから、今から構える必要もないが頭の片隅に入れておいてもいいかも。

後期高齢者胃ろう人工透析廃止すれば教育予算を上げられるのでは

例えば胃ろう患者現在、全国で30万人とも40万人と言われており、

そのほとんどが、80を過ぎた認知症の寝たきり老人とのこと。

胃ろう患者生命を維持するためには、一年あたり4、500万円ほどの税金がかかり、

また老人であれば年金生活保護受給しているわけで、さらに多額の税金がかかってしまう。

本来寿命を終えた人間を無理やり生かし続けるために、兆単位税金が毎年使われているのだ。

 

私としては胃ろう人工透析以前に、食事や排泄を一人でできなくなった老人を強制安楽死にしてほしい。

私は介護などしないし、他人にもさせたくない。

2018-11-09

anond:20181109035437

歯周病認知症になるとか腰痛になるとか

ポストとか現代みたいな高齢者向け週刊誌によく書いてあるな

はじめて死体を見た時

ぼくがはじめて人の死体を見たのは成人してからであった。

就職してから、1年目の冬、会社電話が掛かってきた。電話に出ると父親からだった。

「御祖父さんが亡くなった」

ぼくはその時、ああ死んだのだなとただ漠然と思った。年齢も90歳を超えていていつ亡くなってもおかしくはなかったから。

電話を切って、その死がまだぼんやりとしたものだったので何とも言えない気持ちになった。

その日は早めに仕事を切り上げて、実家に戻ることにした。

和室の部屋に布団が敷かれていて、その中でおじいさんが目を閉じて寝ているようだった。

祖父さんに最後にあったのは3年くらい前だろうか。御祖父さんは認知症になり、ぼくは兄と間違われ、母のこともわからなくなっていた。

夜の町を徘徊するようになり、施設に入れられた。

最後の再会が死ぬときだなんて、あんまりだ。でもその死がまだリアルものには感じられなかった。

また後日葬式をするということで、自宅に帰ることにした。

帰りの新幹線の中で、御祖父さんの人生のことを想った。ぼくの母を育て、そしてその母がぼくを産み、命を繋いでいく。

はいつか必ず死ぬのだけれど、命を繋いでいくということはやめない。

急に死というものが怖くなって自然と涙が溢れた。

死というものは悲しいけど、御祖父さんは命を繋いでくれた。

ぼくもまた誰かの命を繋いでいきたいと思った。

友人がコンプレックスの塊になっていった話

大学の頃はそいつとよく飲みに行った。女の話がほとんどだったけど、心の底からしかったし、ああこいつとなら一生友達でもいいなあと思った。

社会人になると、やつは変わっちまった。もともとナルシスト系ではあったんだけど。「おれ、先輩にすげー認められてて」「周りがマジで使えねー」「やっぱ俺ってさ、仕事ができるから」。はじめは「おまえすげーじゃん」と持ち上げてた。

ところが、飲みに行くたびに「認知症かこいつ」とツッコミたくなるほど、「給料がよい。俺は仕事ができる。周りはクソ」。そればーっかりだ。女の話になっても、出会った女を貶すだけの、クソつまらない話になっちまった。…ちなみに、給料がよいというのはデマカセだったと後日知る。

どんどん変わり果てていく彼を見て、ああこいつ本当は辛いんだあ、と憐れんだよ。そんな俺はドライ対応、「オレスゲー」を無限に聞かされるのは正直ストレスが貯まるだけで、ある時からそいつと飲む回数を減らしたんだ。

しばらく経った。一年いかいくらいの某日。そいつたまたま鉢合わせちまった。長々と立ち話するのもなんだし、久々飲むかあという流れになって、まあ今日くらいはいいか、おれ太鼓持ちやるぜ。楽しく飲むために、なるべく話の主導権握るぜ、ってね。

でもね、いつの間にかそいつ、俺まで貶すようになっちまったヨーヨーヨーヨー、おまえはなんでそんなに変わっちまったんだい。俺はただ、大学の頃みたいにただただ笑い転げたいだけなのに、どうしてそうなっちまったんだい。社会の荒波がそうさせちまったのかい。教えてくれ俺のキンニクン。ファック。

2018-11-08

anond:20181108163207

性犯罪者が身障者を装う事例は多いらしい、が

年齢70〜80歳位

だと単なる認知症老人だった可能

2018-11-02

メンヘラの世話って社会はどれくらいすればいいの

女性子供搾取されてると思うといてもたってもいられなくなり猛烈に怒りだすのは自分搾取されたPTSD状態だったという体験談を見た。

https://sorakiyoshiko.com/blog/267

もっとラフに、男に傷つけられてメンヘラ化してフェミになっているというようなことを書いている記事も見た。

https://note.mu/kohakuiro/n/ncf6a1658baf5

これらが事実の一部を指摘しているとして、じゃあ精神を病んでる人の世話って社会はどれくらいすればいいんだろうか?

フェミニストとかメンヘラかに限らない、鬱、統合失調症認知症発達障害パーソナリティ障害とかで他人を傷つけたりする人間社会はどれくらいカバーすればいい?

そういう人間へのセーフティネットがないと不安蔓延して社会崩壊するが、彼らの保護村長優先順位を上げすぎてもやはり崩壊するだろう。

おばあちゃんに会ってきた

病院入院してるおばあちゃんに会ってきた

病院って言っても、認知症の人がたくさんいる精神病院

私の住んでるところは都心から少しズレた田舎で、手がつけられない人がぶちこまれるところが何個かあって、見た目がモロそれだったからおばあちゃんとんでもないとこ入れられたなと思った

働いてる人が皆お年寄りでびっくりした、看護師さんが最初患者さんかと思った

でもおかんいわく「自分最初見た目にビビったけど、何故か一番元気」らしい

おばあちゃんに会う機会は今までたくさんあった。

でも全部逃げた。

最初仕事が忙しくて母方の実家に行かなくなった。

そのうち体も心も壊して仕事やめて、おばあちゃんに「今何してるの?」って聞かれるのが怖くて行けなくなった。

少ししておばあちゃんが目が見えなくなったって連絡きて、目の手術した。母はほぼ毎日通ってた。その時にも私は何もしなかった。

更におばあちゃん心臓の手術を何回かして、もうすぐ死ぬんじゃないかって母は心配で寝れなくなった。母は「今の内に会った方がいいよ」って言ってくれたけど、おばあちゃん死ぬなんて信じたくなくて、怖くて会えなかった。

母がそんなこと言った1週間後ぐらいにおばあちゃんが完全に認知症になった。その時の施設にも行かなかった。

そして今は「もうここしか引き取ってくれない」ってとこに入院してる。

おばあちゃんと同時進行で、おじいちゃんも体調がすごく悪化していた。でもすぐ元気になったと思ったら、亡くなってしまった。

おじいちゃんとは会えないままだった。

通夜には頑張って出たけど、親戚の目と狭い部屋にずっといるのが耐えられなくて、葬式は出れなかった。骨も見るのが怖かった。

私はずっと逃げてきた。言い訳ばかりして怖いことから逃げた。

今日おばあちゃんに会いに行ったのは、おじいちゃんが亡くなって、会わないまま死んでしまうのは嫌だと思ったからだ。

目も見えないし認知症だしずっと会ってない私のこと分からいかもしれないと思ってた。

会ったらおばあちゃんは私のこと覚えててくれた。分かってくれた。嬉しかった。

おばあちゃんは「俺の世話でお母さんとってごめんなぁ」と私の目を見て言った。謝りたいのは私なのに。

泣いた、少し。おばあちゃんの前で泣きたくなかったか我慢した。その分今泣いてる。

ずっと会わなくてごめんなさい。ずっと逃げててごめんなさい。何もしてなくてごめんなさい。

最後に「お前は幸せになれよ」って最後みたいなことを言われた。そんなこと言わないで。また行くから。来週でも、また手術しても、私のこと解らなくなっても行くから

頑張るから。生きるから幸せになるから。だからおばあちゃんも生きてよ。

今回が最後にしないから。

2018-10-28

鬱になるとウンコすらまともにできない

認知症が進行すると、脳が呼吸することを忘れて死んでしまうっていうやん。脳の病気って怖いよな。鬱ってそれと似てて、脳がやられて無意識領域がやられちまう。なまじ意識的ことならヨイショー!とやる気出してやることもできるんだが、なにせ無意識になるもんだから意識ではどうにもできない。脳様の機嫌しだい。さすがに呼吸はできるが、排泄、睡眠食事、朝が来たら起き上がるということ……当たり前のことが全然できなくなる。脳がバグるってそんだけ恐ろしいんだ。そのくせ理性はちゃんと残っていやがるから自分の無力さを嘆くということは一丁前にできるんだよなあ。鬱って怖いよほんとに。部下を鬱にする?殺人だと思う。

2018-10-26

anond:20181026001111

おばあさん側も認知症ということなので、他人に対する興味は急速に失いつつあると思う

お互い様、気にすることはない

人に興味がない

バイトしている時、増田さん人に興味がないでしょと言われた。

大学時代所属ゼミ教授に人に興味を持ちなさいと言われた。

初対面の人と会話が続かないのはコミュ障ではなくその人に興味を持たないからだと言われた。



から祖母がもうすぐ死ぬと連絡があった。最後に関わったのは小学1年の時でそれから20年経っている。認知症も入っているらしいしもはや赤の他人である。何も感想がなかったので返信していない。たくさんメールが来ているが読む気もない。



たぶん私という人間に何かしら欠陥があるのだろう。

2018-10-20

ちょっと寒くなりすぎだろ〜と思ったら

エアコン付けてたわ

やべえな認知症始まってるのか

2018-10-14

急激に脳のパフォーマンスが落ちてきたので増田を始めることにした

『 一生使える脳 (専門医が教える40代からの新健康常識) 』 という本を買って読んでみた

50歳を目前にして、脳のパフォーマンスの低下をひしひしと感じるようになった。

集中力の低下はもちろんのこと、記憶力や判断力が低下をひしひしと感じる。

もしかして、このまま行くと認知症になってしまうのではないか

心配になり、この本に辿り着いた。

アウトプットする機会が無いことが原因

中間管理職になって、自分の考えを話す機会が減ってしまった。

客先に出る機会が減った。

会議などでも取りまとめる側になったことで発言の機会が少なくなった

こんな風になりたい

メモ魔

・講演をしたり人前に立って話をする場面が多い

・本を読み、興味のあるセミナーに足を運ぶことで新たな知識を得ている

家族仲もよいようで、SNS には妻、娘と過ごす休日写真がアップされている

SNS での情報発信も含め、多くのアウトプットの機会を持っている

運動食事ケア体重コントロールしている

・顔色もよく年齢よりも若く見え、精悍である

これから身に付けたい習慣

ワーキングメモリに負荷をかけない

・今、ここでしなければならないことに集中する

記憶のフックを刺激する

情報インプット以上にアウトプットを重視する

・すぐやる、メモする、書き出す ことでワーキングメモリを解法する

・A4 1枚アウトプット読書

・思い出せなかったノート

・回想療法 → 一日の終わりに日記を書くことによって一日を振り返る

デュアルタスクトレーニング有酸素運動と頭を使う脳トレを行う

・卵を食べる

・片足立トレーニング

そろばん

京都検定受験する

・週3回、15分~30分程度のウォーキング

2018-10-12

ここに200人の植松がいます

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.sankei.com/affairs/news/181011/afr1810110023-n1.html


看護師が薬を飲ませてるってことは自力では薬を飲めない認知症か何かの患者可能性が高いわけだけど

そういう要介護者にツバを吐かれたらぶん殴っていいんだって

きっと知的障害の子供とかも問題行動したらバンバンぶん殴ってしつけるべきって考えてるんでしょうね

いやあはてなー人権意識の高さに驚かされます

2018-10-08

祖父の青い貯金箱

 家にある猫の貯金箱は地が青く、耳と首輪緑色で鼻と口は橙色に塗られている。正面から見て左の耳は折れており、中には私が毎年一度は通っている銭洗い弁天で洗ったお金が入っている。

 これは父方の祖父作品で、祖母に頼んで譲ってもらったものだ。これを見た人は皆、認知症典型的な症状だという。痛々しいものを見ているような顔をする。

 しかし、私にとってそんなことはどうでもよかった。色覚異常だろうとなんだろうとその色使いは美しかったし、これが手元にある限り祖父を忘れずにいられるような気がした。

 祖父はまだ死んではいないが、管に繋がれて味のしない病院食を食べ、たまに訪れる私を誰だか知覚できないまま死を待ち続ける日々を送っている。多分。

 多分というのは、会ったところで話をしないので実際はどうだかわからいからだ。もしかしたら、もう会話もできないのかもしれない。

 義務感に突き動かされ、時々動けなくなった祖父のいる病院に行く。寝ているんだか、テレビを見ているのだかわからない祖父背中を眺め、無性に悲しくなって時々泣いてしまう。

 どれだけ悲しくても時間が経てば水分は足りなくなって涙は止まる。それをわかっているので、適当にその場をやり過ごす。

 そのうち祖父が死んで、祖父を知る人たちも少しずついなくなって、最後にはほとんどのものがなくなると思うと少しだけ気が楽になる。

anond:20181008195929

ちょっとググったら記憶違いだった、認知症のなかでもピック病と呼ばれるタイプによく見られる症状でした。念のため追記

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん