「不可能」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不可能とは

2018-05-25

anond:20180525190632

左翼が全員感染してしまって、診断不可能になってしまったのでは?

セックスでスベるのがこわい

今までの人生自分童貞を散々ネタにしてきた。お笑いになればいいと思っていた。

案外焦りのようなものはなくてこんな人生でもいいでしょと割り切っていたが、最近あることに不安を覚えた。

これは散々童貞ネタにしてきたお笑い意識の高いピエロが仮にセックスをする場合の話。

仮定の話には付き合ってられないという方はどうぞお帰りください。

セックスをする際の誘い文句や導入部分の会話、やりとりをどうすればいいのか分からない。

あとはふるまいとかも分からない。

どうしてもセックスをしている自分想像できない。

場の雰囲気セックススネークインする姿、本能を爆発させ暴走する様、どれも自分に似合わない。

もしそれらをしたとしてもそれは仮の自分を演じているとしか考えられない。

しかし、そのようなセックスできる自分を演じず、素の自分セックスしたとき

セックス中にスベる気がしてならない

ここで自分セックスでスベるプロセスを記したい。

1、何かしらする

2、言葉を発する

3、その言葉と素の自分とのギャップに耐えられず自分で笑う

4、それを見て、相手が「は?」となる

5、スベる

もしくは

1、なにかしらする

2、お笑い意識が働いて変なことを言っちゃうやっちゃう

3、相手が「は?」となる

4、スベる

これはもうほぼ確実に起きると思う。もう、自分セックスしているだけで何だか面白い気がしてくる。「おいおい、俺セックスしちゃってるよ~散々童貞ネタにしてきたくせに~」みたいな。

童貞をこじらせるとここまで頭がおかしくなるのか。我ながら驚きである

これを解決するのは前述のように完璧セックスをする仮の自分を演じなければいけない。ただ演じるのはセックスをするときだけではないのだろう。相手といるときは常に演じなければいけないような気がする。

いやいや無理無理だ。そんな演じられない。

今まで生きてきて出来上がった自分を変えるのはもはや不可能だ。劣等感からまれピエロを切り捨て新しい自分になることもできない。誰からも愛されない自分が生んだピエロを切り捨てるなんてあまりにも残酷だ。

きっとこうなったのもこれまでの人生で「セックスが似合わない自分になるような選択」をしてきたからだろう。

性欲と理性とお笑いバランスおかしくなるような生き方をしてきたからだろう。

セックス以前に異性と付き合うことすら「お前、異性と付き合う気あったんかい!」とセルフツッコミしてしまいそうだ。

自意識過剰と言ってしまえばそれでお終いかもしれませんが、自意識過剰なやつに「お前自意識過剰だぞ」と言っても何にもならない。具体的な解決方法を知っている。もしくはセックスバカウケする方法をご存知な方はコメントにお書きください。お願いします。

もはや、普通AVじゃなくてお笑い芸人がセックスをしている様子を見たくなってきた。おそらく色んな感情が混ざってめちゃくちゃおしろい気がする。「あいつ、セックス普通だな!」みたいな。

こんなことを書くから、どんどんセックスが似合わなくなるんだろうな。

P.S.このことについて割と真剣に悩んでいて風俗に行ってプロの方に相談するかと考えていたが「セックスでスベるのがこわい」と言っても(ローションプレイをご所望かな)と思われるだけなのでやめた。

男性構造

まず自分は既婚、子供2人。普通会社員として普通に生きている。セクハラは良くないと思っている。

人間にも生物としての本能があるとすれば、男性には基本仕様として“異性と交配したい”という欲求が組み込まれている。すべての男性が必ずそうとは言えないかもしれない(全ての個体が基本仕様通りとは限らない)があくまで基本仕様としてそういう欲求が組み込まれている事は生物学的にも間違った認識ではないと思う。

まず男性女性対峙した際にはほぼ必ずその欲求が発動する。違うのはそれを自分認識できるかできないかという程度の差であって、おそらく毎回発動している。

相手自分の好みと近しいほど自分でも認識できるほどの欲求となり、そうでない場合もしくは意識がそこにないような場合であるほど自分では認識できない程度の規模で、しかしながら発動はしているのだと思われる。

例えば仕事に集中している時など初めは認識できないほど小さかった欲求だったものが、ちょっとしたきっかけで膨れ上がったりするような場合は、その時にゼロから発動するのではなくそもそも発動していたが認識できないほど小さかった欲求認識できる程度に膨れ上がった、という動作になる。

欲求が発動している状態というのは、それはあたか棒高跳びの棒をぐぐぐぐっと曲げてテンションがかかっているような状態で、それを理性で抑えている状態。気を抜いて手を離したらその瞬間にバビョーンと弾け飛ぶようなそんな状態日常的であり、どちらかというと常にその状態にある。テンションがかかっているものをずっと抑え続けている状態というのが男性デフォルト状態だと思った方がいい。

男性自分コントロールできるのは、そのテンションを発生させないようにすることではない。それはまず無理であり、というかそれができている状態がいわゆる“賢者タイム”なのである男性自分意志で“欲求が起こらないようにする”というのは女性が“生理にならないようにする”というのと同じく不可能な事だと思う。

男性コントロールできるのは欲求が起こらないようにすることではなく、どうしても起こる欲求を抑え込む部分に関してである一般的社会人男性はその欲求を抑え込む手段を会得し日常を過ごしている。

世の男性ほとんどがそういったテンションを抑え込んでいる状態にあるので、中にはうっかり手を離してしま個体が出てくる。それが性犯罪であったりセクハラだ。

それまでぐぐぐぐっと抑えていたものがぱっとリリースされてバビョン!と弾け飛ぶ時には、何かの拍子についうっかりそうなってしま場合もあれば日常的に意図してわざと手を離すような場合もある。

後者がクソ野郎なのは当然なのでしっかり糾弾し止めなければならない。というか、こういうクソ野郎場合事故ではないので本人が止めると思えば止まるし、逆に言うと本人が止めようとしない限り止まらないのでそうなった時は物理的に身柄を拘束するしかない。

一方で前者の場合、例えば普段はしっかり抑え込んでいるがアルコールの刺激などでつい気がゆるみ手を離してしま場合。これは程度の差こそあれ事故に近いのでまた必要対処が異なる。気がゆるむきっかけたりえるアルコールを控えるとか女性対峙しないとかそういう対処療法的なものになる。しかしながらそもそも事故なのでそれでも起こってしま可能性がある。

このような動作仕様なので、それに対処するために必要なのはスタンガンではなくて“一瞬のうちに男性射精を促す装置である緊急時にピッとあてるとピュッとその場ですぐ射精してしま装置を作り女性全員に配布できれば、世の中のセクハラ性犯罪はかなり減らせると思う。

いやまじで。

5/25 文面一部修正しました

修正前:緊急時にピッとあてるとその場ですぐ射精

修正後:緊急時にピッとあてるとピュッとその場ですぐ射精

タバコやめた

20年吸い続けたタバコをやめた。

やめようやめようと思ってずっとやめられなかったけどとうとうやめた。

思い立って最後の一箱を握りつぶしてゴミ箱に入れた。

この箱を吸い終わったらなんて遅い。やめたいと思ったならすぐに行動するほうがいいに決まってる。

翌日ライターもオイルも全部処分した。

思い入れのあるジッポも捨てた。

火をつける道具を持ち歩くことができれば、タバコさえ買えばまた吸えてしまう。だから捨てた。家事で困ったらその時あらためて買えばいい。なんとかなる。

タバコをやめると決めた時、自分におまじないをかけた。

「今、タバコをやめたいという気持ち100%自分本心であり、自分決断だ。これをあとで覆すようなことがあれば今の自分は死んでしまたことと一緒だ。今の自分を殺したくなければやめたいという気持ちを覆してはならない。」

そういうことを延々と考えて、時間をかけて自分を追い込んだ。

そうして追い込んだ気持ちを忘れないように「自分に負けてもいいのか?」という一言落とし込んで、タバコを吸いたいと思ったとき自分に問いかけるようにした。

これは効果的だった。タバコを吸いたい気持ちが盛り上がってきたときも、たった一言自分ねじ伏せることができた。

かわりにコーヒーマシンを買った。結構高いやつだ。

でも、タバコ我慢すればすぐにペイできるはずだ。

そうしてタバコを吸いたくなった時、今たばこを買ったら支払いができなくなると自分を追い込んだ。

そのかわりに、せっかく買った高価なマシンから作られるコーヒー香りをできるだけ時間をかけて楽しむことにした。

あとあと、これがタバコをやめたことの一番のご褒美になった。

やめて数週間もすると、目覚めが全然変わってきたことがわかった。

口の中のねとつきもないし、目覚めの変な頭痛もなかった。

こうして毎日がすっきりと目覚められることがかけがえのないありがたさだとあえて大げさに感謝として自分に言い聞かせ、それを失いたくなければ二度とタバコなんかに手を出すなと自分を追い込んだ。

一度もタバコを吸わなかったかと言えばそんなことはなかった。

やめてから数ヶ月後、お酒が入ってしまった時にどうしても吸いたくなって知人にもらったりしたこともあった。

かに少し落ち着いたような気もしたが、味は全然美味しく感じなかったし、何より翌朝の身体の重さが苦痛だった。

とにかくその気持悪さを後悔として自分に言い聞かせた。

それによって、次に吸いたい気持ちが盛り上がってきても、その時の後悔を思い出して我慢できるようになった。

実は、こうしてタバコをやめたのはすでに10年以上も前のことである

今ではタバコ臭いには嫌悪感しかないし、吸いたいだなんて気持ち微塵も湧いてこないようになった。

ただ、やめて数年の間は、タバコ臭いがいい匂いだと感じていたのは事実だ。

それがいい匂いだと感じなくなって、さら嫌悪感に変わるまでは8年以上かかったかもしれない。

思ったよりも時間はかかったが、もう今なら胸を張ってやめたと言っても認めてもらえるだろうか。

タバコを辞めたのをきっかけに、他にも色々と生活を変えることができた。

ひとつギャンブル。そしてもう一つは肥満の解消だ。

メカニズムは同じ。

やめたいと思う気持ちがあれば、それを最大限に掘り下げて自分を追い込み、欲との戦いではなく、自分決断との戦いに置き換える。

そのかわりに、我慢できたときは別のご褒美を用意して自分を褒める。

その後得られた生活上の恩恵は日々大げさに感謝して、もし欲に流されてしまったときは強い後悔として言い聞かせた。

何かをやめたい時、我慢だけではやめることは不可能だ。

なぜなら、そこには満たされない欲求けが残ることになるからだ。

ならば別に満たすことのできる欲を用意してアドレナリンを飼いならすことができれば、ストレスとの戦いを最小限に習慣を変えることができるはずだ。

これが万人に通用する方法かどうかはわからない。

ただ、万人に共通して言えることは、今の自分とは習慣の結果に成り立っている産物だということだ。

ならばもし今の自分を変えたいと思うなら、変えるべきは自分ではなく自分を取り巻く習慣にほかならない。

anond:20180524231652

日本北朝鮮問題蚊帳の外なのは安倍首相のせいというか日本アメリカ属国からだろう。アメリカと話せば日本はそれに従うんだから日本と話す意味いか相手にされないんだよ。あと日本拉致問題を重視しているけどアメリカ中国ロシアもいままでに桁違いの人間さらって虐殺したり奴隷にしたりしてるから正直どうでもいいと思ってるんだろう。今の日本安全保障で影響力を持つの不可能憲法改正とか日米安保解消とか核武装とかしないとアメリカ中国ロシアという大国と対等に渡り合うのは無理だと思う。でも「日本蚊帳の外~うんぬんかんぬん」と言っている人たちはそういう改革は嫌いみたいだし・・・彼らは日本にどうなってほしいと思っているのだろうか。

2018-05-24

投資には向かない資質

トラバつかないかブクマつかないかスターつかないか

そんな風に日々を過ごしている増田には

長い目で見て利益が出るまで耐える事は不可能だったのだ

anond:20180523222809

吉田寮生として簡単に。一応二十年前くらい前に住んでた絡みで。

現在築100年を超える吉田寮では、大学当局より新吉田寮(2015年入居開始)への移転を求められ、

過去数年にわたる団交が不調に終わった事により、最終的な退寮期限を当局に定められ、強制代執行を匂わす措置に対しての抗議活動が行われている。

京都大学自由な学風」とは全く違うのが、「大学当局」または「学生部」でして。

実の所、あんまり握手できるような団交はありません。

団交はほぼ毎年行っているかと思います

https://sites.google.com/site/yoshidadormitory/kakuyaku

確約書は、団交の結果を貰ってハンコついてもらってるもので、実の所、ここに上がっているよりも前のやつもまだ寮にあるんじゃないかなと。

去年ちょっと都合あって近くに行ったので覗いたんですが、未だに自分が貼ったポスターがありました。「季節を抱きしめて」というやつですが。

文化財認定による宿舎保護、又は構造改修による現状維持

誰もがこの方法による現状保存を思い浮かべるが、逆になぜ誰もが思い浮かぶこの①の方法が未だに達成されていないのか。

寮生の生活空間としての寮を維持したいというのが主であり、文化財であれば退去が求められるかと思います

なので、二十年前の時も内部で議論が分かれた所です。

なお、大学当局(っていうと大げさですが、学生部とか文科省から出向してくる人とか会計監査院とか)にはその考え方はありません。

無いんだからどうしようもない。

学内認知度も低く、学生部のところには「京大に来る謎のバイト」とか「月一万で住める間借り」とかあったりするんですが、知る人ぞ知る魔境ではあります

日本初の合成繊維を作った研究室」とかも潰れてますし、大学感覚としては、「残しているんじゃない、残っているだけだ」という感じでしょう。

大学敷地内に、廃墟みたいな温室があったりするのも京大らしいと言えば京大らしい。らしいじゃなくて多分廃墟だと思うけど。

b 構造改修が事実上不可能、又はほぼ新築と同額の予算がかかり、実際に予算を出す当局としては二の足を踏む構造改修費用である

ここはちょっと突っ込んで置きますが。

独立行政法人と言われても、結局の所、文科省申請国家予算に計上~みたいな流れになるんですね。

で、毎年どうも勝手適当予算申請はしているっぽくて、たまに通ると急に通達やってきたりとかします。

寮だけではなく、大学運営問題ではあるんですが、そもそも独自に使えるお金なんてほとんどないのと、後付けでお金補填する事も難しいという事があります

「急ぎなんで建て替えるけどちゃんと後で補填してよね」という話が通じないんですよ。

故に、職員給料しわ寄せがいくような運用がなされるんですよね。

という事は、社会人になって地震後の官公庁お仕事してみてよく分かりました。予算申請してて取れるとか言われてたけど蓋開けてみたら取れてなくて来年とか、マジで平気であります

日本国内において築100年程度築浅(?)のたか木造宿舎に、保存価値はないとみられている可能性が非常に高く、

保護を得られない前提で耐震改修が必要となるが、所詮学生向けの安普請なので、耐震改修を行ったうえでのPL法責任を負う

稀有建設会社はこの世に存在しないと考えられる。また現在耐震基準で改修した場合は、ただ置石の上に支柱が立っているだけであろう

日露戦争賠償金で建てられたとかのネタがある寮ですが、「安普請」ではありません。

http://tabenokoc.blogspot.jp/2012/03/blog-post_9674.html

とか読んで貰えば。

あとは疲れたので適当に流しますが、そこそこ情報出てるんですけどね。。。。。。

現在住民が出してますよね。。。。。。

頼みもしないのに勝手に湧いてきて寮かくあるべし論を述べられる方も、二十年前にもだいたい二年に一人はおられました。

まあそんなところです。そんな憧れる所でもないと思いますけどね。

anond:20180524120121

まあ、特殊ケースはあるにしても

大凡そこらへんのHTTPクライアントツールでも解決が難しかったりそもそも不可能だったりするパターンもあるので、総合的に見て(勿論用途次第ではあるが)

wgetなどで完結させた方が工数は少なくなる傾向にはあるぞ

anond:20180524114716

wgetcurlだけではクローラは終わらない

世の中には基地外が書いたとしか思えない、未だにtableレイアウト、iframeの多様、子にしてはならないタグを平気で書いている、ウンコみたいなページが多くある。

横浜市のページとか見てみるといいよ。HTMLクソだから

ただ、wgetcurl的なもので取得した後に「webマンティクス?何それ?うまいの?」みたいなバカかいHTML解釈しなければならない。

当然、見た目しか考えてないので、意味としては無茶苦茶になってることがあるので、無理やりそれを抽出する方法を考えなければならない。

あ、AI必要な分野でもあるよな、こういうのも。

その上、半角全角の混在、そもそも住所が間違ってる、役所データそのままコピペしてるだけだろうから、多分役所の中のDBの住所も間違ってると思われる、文字コード上困難、不可能漢字名前、等々、スクレイピングは色々考えさせられる。

永遠にオナ禁をするのは実質不可能なので

オカズの方に縛りを設ける方がいいと思う。「乳首以上のエロ禁止」とか。

健全グラビアだとか少年誌サービスシーンだとかのみになって想像力が鍛えられる。ある程度貯まってないと抜けないので結果として回数も減る。

中学生ラノベちょっとえっち挿絵で抜くみたいな、童貞力をもっと鍛えていくべき。

2018-05-23

吉田寮

このようなタイトルを書く割に、全く京都大学のもの関係がない環境にいる人間であるが、

断片的に流れてくる情報から、私個人の考えのまとめとしてこの記事を書く。

現在築100年を超える吉田寮では、大学当局より新吉田寮(2015年入居開始)への移転を求められ、

過去数年にわたる団交が不調に終わった事により、最終的な退寮期限を当局に定められ、強制代執行を匂わす措置に対しての抗議活動が行われている。

この情報に初めて触れたのは、昨年の秋ごろにはてぶのタイムラインに流れたのを見つけたのが最初だった。

高校時代森見登美彦氏の「四畳半神話体系」を見ていた私は、あのバンカラ書生風の生活に憧れた事もあり、

そのような環境が消えるのはどうかと思い、以下の方法に対する結果を予測してみた。

文化財認定による宿舎保護、又は構造改修による現状維持

誰もがこの方法による現状保存を思い浮かべるが、逆になぜ誰もが思い浮かぶこの①の方法

未だに達成されていないのか。

a 文化財認定による保護を行うだけの価値がない、もしくは優先順位が著しく低い

b 構造改修が事実上不可能、又はほぼ新築と同額の予算がかかり、実際に予算を出す当局としては二の足を踏む構造改修費用である

c 何らかの改修を行うことにより、現況や新築した場合より学生生活に著しい制約が発生する

d ①は可能だが、単純に予算がない

恐らく何らかのアクションは試されている方法であるので、これは予測に過ぎないが

日本国内において築100年程度築浅(?)のたか木造宿舎に、保存価値はないとみられている可能性が非常に高く、

保護を得られない前提で耐震改修が必要となるが、所詮学生向けの安普請なので、耐震改修を行ったうえでのPL法責任を負う

稀有建設会社はこの世に存在しないと考えられる。また現在耐震基準で改修した場合は、ただ置石の上に支柱が立っているだけであろう

建物既存構造耐震数値を期待するのが馬鹿馬鹿しいので、外側だけ残して、内部総取り換え程度の改修(という名の新築工事を行う必要があり、

そのような自慰的保存を行うのであれば、新築の方が快適な学生自治寮としての環境を確保できる。

強硬策としての当局から勧告無視を行い、現状のまま生活を続ける

木造なので火事はともかく、地震による倒壊を免れない以上、そのような事態が発生した場合責任

誰も取ることが出来ないだろう。火災保険を運よく掛けられたとしても、現状の寮費¥2,500/月で済むのは難しく、

当局としても、大学財産であり、最終的な管理権を持っている宿舎に対する責任を負わざる得ず、

いずれ代執行は免れない。むしろこの何十年の間、自治会要請消極的に応じる形で、

具体的な行動を行わなかった当局の優しさを感じるのである

そしてこの「優しさ」どこから来たものなのか。

大学自治寮というシステムは、ほぼ国ないし大学管理の元、自治権を与えられた形で存在する。

自治寮における寮費は、あくまで与えられたインフラを最低限の予算運営する前提で考えられ、非常に安い寮費にて

大学生の生活の助けとなっているわけだが、インフラには当然耐久年数があり、減価償却を行わなければならない。

では、減価償却を行った場合の正当な寮費は幾らなのだろうか?

参考例として、真横に建てられた新吉田寮を参考にすると

この寮の建設には5億4千万円の予算が発生している。※京都大学2013年度の公共工事に係る入札結果等の公表より

当局が設定を希望している新寮費¥4,500/月と旧寮費¥2,500/月の差額は¥2,000/月で、

240名の入寮者がある場合、¥5,760,000/年の償却可能となる。完全な償却には約100年。

寮生活という物は、金で買える類のものなのであるインフレ率を考えず償却を50年と設定した場合は、

60年代後半から寮費を¥6,500/月に設定し、かつ数億の資金を適切に管理できる自治会運営可能であれば、

今日のような事態は避けられたと結論できる。実際は大人が与えてくれたインフラに対する運営自治権範囲活動しかしておらず、

仮に真の自治を求めるのなら、50年前から具体的なアクションを起こさなければ仕方がない状況だったのである

償却に約100年と設定し、実際に学業生活を考えなければならない寮生に対する当局恩情(というか管理権に付随する責任なのだが)を

もっと早くに受け止めるべきだったのではないだろうか。

最も、現自治会執行部の不幸は、過去50年の不作為による「負債」をすべて押し付けられ、

その抗いようのない現状に対して、抗議活動を行わなければならない環境にあるという事で、いささか同情するが、

実は当局の方が数十年「自治」の範囲拡大を行う為の実力を付けられるよう待っていたのではないのだろうか。

この現状を招いたのは過去吉田寮生活拠点を持っていた人間と、旧寮のイメージに囚われ、学業に専念しなければならない学生に対して、

無責任にも現状維持が素晴らしいと吹き込んだ学外の人間にもあるのではないだろうか。

多大な時間を浪費し、すでに自治会当局は物別れに終わっているようだが、せめて現状を認識し、新寮での条件闘争

移るべきであった。それさえせず、新寮における条件も当局により設定される始末なのである

私は高校時代かに吉田寮にあこがれていたが、この寮は少なくとも現在において誰に対する福祉責任を負っていないのに気づくのである

しか時代が下るに連れて、武士が増加すると諸藩・幕臣にあっても、馬廻はあくま格式にすぎなくなった。

例えば長岡藩の「安政分限帳」(『長岡藩史料集(6)長岡藩の家臣団』所収)によれば、50石未満の低位の知行である藩士が大組(馬廻相当)に119名確認され、最小俸給者は知行20石または5人扶持の藩士である

50石未満の低位の知行である藩士が馬一頭を飼う事は常識的には不可能であり、その家臣に馬上を許しながら、実際に馬を飼っていなかったという事態が発生した。

また、薩摩藩でも状況は同じで馬廻相当から家老となり、近思録崩れで処分された秩父伊賀も馬を保有していなかったことが「文化朋党実録」で述べられている。

馬が飼えない給料なのに馬上武士

名目だけのみなし店長かな?

江戸しぐさ江戸しぐさ江戸しーーーーぐさーーーーーーーー

anond:20180523022649

俺等の世代痴呆になってしまった原因の一つに「ポジティブ思考勘違い」があります

俺等の世代性格は、一言で言うと「酔っぱらい性格」ですね。

自己中で図々しく、時として凶暴です。

なんでこんなん成っちゃったかと言うと、「ポジティブ思考勘違い」の影響が大きいと言えるでしょう。

 

ポジティブ思考って、物事を良い面からとらえるって事ですよね。

たとえば、自分英語が苦手な時、「日本では英語なんか使う必要無いんだから全然問題無い」とか、

英語が苦手だという事実ポジティブな面を考えるという事です。

 

ところが俺等の世代バカは、勝手ポジティブ思考意味勘違いしちゃって、

ネガティブ事実からは目を反らせて見ない事にする。

ポジティブ妄想事実と信じる。

という甘えた思考をオッ始めちゃったわけです。

英語が苦手な時は、

英語が苦手だなんてネガティブな考えを持っちゃいかん」

「誰が何と言おうと俺は英語が得意だ」

と考えるのを「ポジティブ思考」だと思い込んじゃったんですね。

 

おっさんそれ完全に間違いだよ」って誰かが言ったとしたって、

自分が間違えてるなんてネガティブ事実は認めちゃダメだ」って頑として認めません。

ネガティブ事実は見えない聞こえないように入力ポートを塞いじゃってますしね。

 

という訳で、俺等世代は説得不可能です。

諦めて下さい。

 

http://aoyagi246.blog55.fc2.com/blog-entry-296.html

から出た鱗がまた生えてる

いや全然別の人だったりするからそうとは限らないんだけどね。

https://togetter.com/li/1229446

この手のまとめ見てて思うのは、相手側(今回で言えば男性)の行為よろしくないのは当然オブ当然なんだけど、じゃあ向こうが悪いって言えば何か改善すんの?ってことなんですよ。

ツイッターなんて独り言を好きに言う場所解決なんか求めてねぇんだから愚痴らせろ、共感だけ寄越せってのもひとつの使い方だろうけど、こうしてまとめられた内容を元に議論(?)してる人たちは「クソはクソとして、配偶者がクソであるという事実を元に今後どうすれば女性側の環境改善できるか」ってなったら、マクロ視点社会的相互理解を深める機会を増やしていくんでなければ、個人間で女性側が男性側に働きかけるか逃げるかしかないじゃないですか

男性側が突然改心したらハッピーエンドかもしれないけどそんなの「なるほど完璧作戦っスねーーっ 不可能だという点に目をつぶればよぉ~~」でしかないじゃない。

まとめの漫画では女性側の苦労、しんどさが男性側に伝わってないので真剣対応して貰えてないので、それならどうやってしんどいのだと分かって貰うかって言われたらそんなの女性からもっとしっかり伝えるしかなく、放っておいて向こうが勝手に気が付いてくれるはずもなく、女性側が働きかけないと女性側は楽にならない。

「それって女性側が不公平!」「なんで女ばかり努力しないといけないのか!男が気が付くべき!」とか聞こえてきそうですが、そうですね不公平です。でもその不公平をまず一旦飲み込んで働きかけなければ改善はできません。

そこまで頑張ってまで改善する価値がないと言うなら、もう離婚しかないんじゃないですか?離婚が悪いとか逃げとかは思わないしむしろ解放されるための手段として有効活用して下さい、頑張れ、という話にしかならないです。

という該当のケースに関する対処案をあげたらなぜか男性側の擁護として取られるのはどういうことなんだろうと。

改善しようとするならもうそのくらいしか手段残されてなくね?他にどんな手段を用いたらこの家庭の改善ができるの?現実的対処法で。謎の改心とかなしで。

空き巣流行っているから戸締りをきちんとしましょうって言ったら空き巣擁護してることになるんですか?なりませんよね?

相手いかダメだろうと、むしろダメからこそそれをどうにかしようとしたら問題を分かっている側が問題提起せずしてどうやって改善できるんですかっていう。

あ、女性側にそんな問題提起できるような体力なんて残ってないから無理、というのには一理あるかとは思います。その場合ミクロでの対処が困難なレベルに達しているのならマクロで働きかけていくしかいかもね、という方向に行くんじゃないかと。

それでそこまで考えてて思ったのが、この手の対立煽りまとめ(のつもりがなくてもコメント欄がいつものそんな感じになってるっぽいので)なんかでよく「ハッとして」るじゃないですか。

その「ハッとして」る中に、効率的仕事の仕方だとかで「犯人探しをしない」とか「相手を責めない」とかあるじゃないですか。

育児という仕事をするために、今回の問題の原因究明と改善案の提出は必要だとは思いますけど、悪いのは男性だと「犯人を捜し」てこの男はクズだと「責め立て」て改善なんてできるんです?

そこでなるほどと「ハッとした」なら男性側にあれこれ言うのは随分なダブスタだなーなどと。

まあ、別にハッとなんてしてない人たちが文句を言ってるなら別にダブスタではないのでそういうこと言う人が全部ダブスタだとか思ってるわけじゃないです。

ただ、不要犯人探しをやめるだとかそういう仕事の在り方に納得してる人ならこの件について、問題点に気が付いている側が議題に上げるべきとなるのはごく当然な流れだし、それは男性擁護したわけじゃなくて単なるなるべく効率的問題解決しようとした結果でしかないんじゃないかと。

改善とか考えてなくてとりあえず似たような状況なので愚痴りたいだけとかとりあえずクズクズと言いたいだけな人はそれで構わないと思います改善するには○○するよりないのではないか、という意見に対して具体的な反論や別の解決方法提示ではなくて男性が改心すべきという実現の可能性が見えない夢物語押し付けてくるタイプの方々を見てなんでやねんと思っただけです。

2018-05-22

anond:20180522204629

SNS対応不可能なんでテキストに対して解析する形になりますね。

しかし、現在自然言語解析だと未知の情報新規性のある=価値が高いニュース)への真偽判断は出来ないと思います

例えば、地球が広く平らだと信じられているとき、実は球体だったという情報が出てきたら偽と判断すると思います

anond:20180522192635

全ての低能を殺すことが不可能であるという悟りであっても毎日の熱心な活動の結果であればそれは十分に深いでしょう

栗城氏の件は、

・氏がお金を集める才能に長けていた事に対する嫉妬

・大した事のない実績をさもあるかのように喧伝している事への批判

・実現不可能なことを大言壮語してお金を引っ張ってくる事への批判

だよな

anond:20180522123522

・あの盾でモビルスーツ作れば最強じゃね?

あの盾は攻撃を食らえば普通に壊れる

現実に使われてる盾も想定以上の破壊力を食らえば壊れるのは当然

盾が壊れないのはゲームの中だけ

シャア強すぎてもボール1万機でかかればさすがに倒せるんじゃね?

出来るちゃ出来るけど一人倒すのにそんなに兵力を使うのは無駄すぎて現実的に不可能だろう

シャア一人倒しても戦争には勝った事にはならないのでやる意味もない

・接近肉弾戦じゃなくて遠くから狙ってビームとかミサイルで撃って倒せばいいんじゃね?

出来る。ってかガンダムビームライフルで劇中やってる

anond:20180522111710

五輪ボランティアの一番のむつかしさは、宿と交通手段の確保なんだよ。

宿と交通手段は、自分で確保してねって言われてるけど、五輪間中にこれを個人で確保するのが限りなく難しいんだ。

良さげなホテル旅行会社が速攻で押さえるだろうし、電車移動は混雑で不可能とか言われれている。

熱意と一般的金額お金を出すだけで、宿と移動ができるなら全く問題無いんだが、

それが困難な場合日本人は「やりたいけど、ご迷惑をおかけするかもしれないから。」と考えてしまう。

吹部出身者がリズと青い鳥が見て(ネタバレ有)

ネタバレ有なのでそれでも構わない方のみご覧下さい。






昨日レイトショーに駆け込んで観てきました。

まず初めに、私は吹奏楽におおよそ10青春を捧げた男です。担当楽器ユーフォニアムトロンボーンでした。

映画感想一言、素晴らしかった。

久しぶりにパンフレットを買いました。

吹奏楽出身者として映画を観ながら思ったことを書いてみたいと思います

まず、冒頭のシーンからずっと希美さんとみぞれさんは少しずつ演奏がズレています

音程(ピッチ)が悪いと希美さんは言っていましたが

二人で吹いていればそれとなく寄せて合わせていこうとするのが普通です。

冒頭の演奏ではそういった様子が2人からは感じられませんでしたし、

からだけでも2人は、ほんの少しだけずれた

平行線を辿っているような、

そんな印象を受けました。

吹奏楽部において人間関係不和が音に影響する、というのは良くあることでして、

ある程度歳を重ねると人間関係音楽に持ち込まない、ということが出来るようになったりもするのですが、

高校生というのはその辺りむき出しです。

感情がそのまま音に出ますし、

技量的にも不和による練習不足から

すぐにアンサンブルに支障をきたすようになります

しかし、だからこそ面白いという部分もあります

良い演奏を聴いて耳が肥えてきても

お世辞にも上手とは言えない高校生演奏に胸を打たれることがあるのは

の子たちがどういった高校生活を送って来たのか、それが演奏から透けて見えるような気がするからです。

まり上の話とは関係がないですが

冒頭のシーンを見たときに、

みぞれさんは、美人だなと思いました。

オーボエファゴットなどのダブルリードという楽器アンブシュア(吹く際の口の形)がやや特殊でどう頑張っても横顔が若干不細工になってしまうんですよね

アニメ表現ですから現実とは違う部分もあります

みぞれさんが楽器を吹く姿は美しかった。

話が逸れました。映画の話に戻ります

吹奏楽出身者として、

新山先生の件はちょっとないなと思いました。

いくら他に目にかけている生徒がいるとはいえ、

3年生の、しかフルートという花形楽器の中心人物で、コンクール自由曲でソロがあるような子の名前トレーナー先生うろ覚えだということは、まずあり得ません。

しかし逆に、あり得ない状況だからこそ、

希美さんの挫折感を更に煽る結果になったとも言えるかもしれません。

あそこまでの状況はないにせよ、

他人の才能に嫉妬する瞬間、というのは吹奏楽をやっていると感じたことがある人は多い気がします。

先輩、同級生、後輩、講師先生指揮者

この人には敵わないなと思わされた経験

私自身何度もあります

もちろん、他人との差に愕然としたとしても

その後、諦めず努力して、上手くなってやろうという気持ちはとても大事ですし、

高校生であれば追いつき、追い抜くということも不可能ではないでしょう

しかし、高3のコンクール、これで最後だというタイミングでそれを見せつけられることは

絶望です。

そして決定打になったあのオーボエソロのシーン。

希美さんの心情を考えると胸がしめつけられるような気持ちにはなりましたが、

あのシーンはただ、ただ素晴らしかった。

アニメにさほど詳しい訳ではありませんが、

後世に残る映像なのではないでしょうか。

京アニ楽器演奏シーンというとやはり思い出すのは涼宮ハルヒの憂鬱God knows…のギターソロですが、あれから10年が経ち、ここまで表現進化したのかと、圧倒されました。

みぞれさんや希美さん、その他の部員の表情だけでなく、

被写体深度が次々と移り変わり、映像がボヤけ、直接希美さんの視界を映している訳ではないのにまるで泣いているかのような表現

そして涙を堪え切れなくなった希美さんのフルートが息絶え絶えになってしまって音がかすれ、抜けてしま表現

そして何より、あのオーボエ

上手なオーボエは、

音が飛ぶんです。浮くんです。

それこそまるで鳥が飛び立ち、自由に空を舞っているような、本当にそんな音がします。

あのシーンはそれまでのみぞれさんの音にはなかったオーボエの独特な浮遊感が表現されていました。

名演としか言いようがないです。

音響の良い映画館であればオーボエの音が上から降って来るような感覚に襲われた人もいるかもしれません。正直、あの演奏聴くだけでも映画館に行く価値があると思います

あのシーンを見たとき

「音だけで、こんなにも繊細にものを語ることが出来るんだ」と、

そう思いました。

エンドロールに奏者の名前がありませんでしたが、あれはどなたが吹かれたものなんでしょうか。

あの演奏は、音で、芝居をしていました。演技をしていました。ブラボーと言わせて下さい。

最後に、

この映画ラスト差し掛かった辺りで

劇場版けいおん!!が公開された後に、宇多丸さんがラジオ評論していたのを思い出しました。

宇多丸さんは映画を観るにあたってTV版も全て視聴されたらしいです。

概ね絶賛されていましたが、一つだけ、

軽音部の面々が同じ大学に進学するという選択したことに苦言を呈していました。

というのも、軽音部は本来高校だけの期間限定、終わりがあるからこそ、儚いのだと

まぁそんなようなことをおっしゃっていたような気がします。(記憶曖昧なので大分脚色が入ってる気がします)

私も当時その通りだと思いました。

高校部活動には終わりがある。

からこそ楽しくて仕方ない一瞬一瞬が

一種の切なさを纏うのだと。

リズと青い鳥の終盤、希美さんとみぞれさんは各々別の進路選択します。

そのことがハッピーエンドなのかどうなのかというのは微妙なところだと思いますが、

この選択によって

リズと青い鳥という映画の切なさ、儚さ、美しさ、そういったものは際立ったのではないかなと

また、平行線だった2人が別々の方向を向くことで、コンクールに向けて1つに交わることが出来たんじゃないかな、と、そう思いました。

以上です。

とにかく、映画館で観ることが出来て良かった。機会があればもう一回観たい。

とりあえずサントラを買おうと思います

2018-05-21

エベレスト酸素登頂は不可能

通常の人の心配機能適応力では、エベレストの無酸素登頂は不可能だと言うことはもう科学的に明らかになってる

頑張れとか言ってたやつは、人殺しも同然だぞ

FFT黒本の件はエルムドアはメンテナンス持ってるんだから盗むの不可能じゃね?って攻略本読まないでやってた当時思ったけど

周りが実は盗める派ばかりだったし攻略本にそう書いてあるんだったら

本当は低確率メンテナンスを貫通できるということなんだろうって推測してしまっていた。

メンテナンスを持っているんだから盗めるわけがないというネタ振りだとしても

解析などのグレーな手段を使わなければメンテナンス自体仕様プレイヤーが完全に検証することができない以上あれはやはり悪質な嘘でしかないし誤魔化されてはいけない

anond:20180521095712

許されてないが、日本外食チェーン加工食品ブラジル産かなり浸透してるから自炊しない限り除去は不可能レベルにまで到達してる。

二度あることは三度あった

anond:20180513231931

↑に書いたリズと青い鳥感想については、まだまだ読みが足りないという趣旨ツッコミを、読者諸兄からいただいた。

これは確かにその通りで、ダイレクト感情移入できたのはみぞれだったので、最初見た時はそれだけで胸がいっぱいになったからかも知れない(言い訳)

あと、ハープ普通の中高吹奏楽部にあるというご指摘にも、自身不見識を恥じるばかり。

でもハープはそれだけでかなり難しいと思うので、打楽器パートの中の誰かが担当になったらそれ専任というか、他の楽器との掛け持ちなんて不可能だろうし、かと言ってコンクールアンコンで必ず使うわけでもなさそうだし、そこらへんどうマネージメントしてるのかは気になる所。


というわけで、またまた作品を観に行ってきた。

それも2日連続で2回。初回と合わせて通算3回観たことになる。

どちらも、努めて希美立場に立って、あるいは希美キャラに入り込んで観るよう心がけたつもりだ。

以下ネタバレ込の、自分語りも含めた再レビュー

自分で書いといてなんだけど、物凄く独りよがりしかも長いです。それでも読みたい人はどうぞ。


まず、希美能天気というのは撤回させていただく。

これはもう、自分の読みの浅さの最たるもので、今はむしろ難しい子」というのは彼女みたいなタイプではと思うに至った。

しろみぞれの方がある意味では非常に単純というか、超不器用かつ裏表が無さ過ぎなだけとも言えるのだ。

なんというか、希美コミュ力とか社会性はリア充グループでも充分通用するレベルなのに、本人自身はそういうのにあんまり乗り気じゃないタイプなのだろう。

しろ、そういうコミュニケーションは程々に、リア充とは別のベクトルの本気で、何かに打ち込み、なおかつグイグイ進んでいきたい人物なのだと思わされた。


そしてこれが多分、彼女のとても難しい部分の核心というか、どうにもままならない所の最たるものだと感じた。

ぶっちゃけ中学1年の時にみぞれに声を掛けたのも、高校1年の時に泣く泣く退部という事態に追い込まれたのも、多分根っこは一緒。

というか退部の一件を、優子や夏紀と話しているときも、みぞれにツッコまれた時も「昔の話」という前置きないし返答している所とか、逆にそのままならなさや、彼女性格を端的に表しているとも言える。

更に、同学年の優子や夏紀よりもみぞれといる時間がずっと長いのに、優子から「どこまでみぞれを振り回せば…」と言わせてしまうほど、みぞれと噛み合わなかったり(少なくともちょっとしたやり取りレベルでは、優子や夏紀のほうが遥かに上手くコミュニケートできている)、入部当時の3年生との関係において、結果的に香織先輩に守ってもらえた優子や、「何も知らない新入りポジション」として日和れた夏紀と明暗を分けた事にも繋がっていると思われる。

本人の意志気持ちとは裏腹に、いや、その意志気持ち故にままならないのはなんとも皮肉というか、本当に不憫である


そんなふうに感じた自分にとって、物語クライマックスは、みぞれハグされた希美が笑い出す所だったりする。

いやもうあれ、自分希美立場でも笑うしかないわ。あるいは笑い泣きかな。

あのシーンで、ようやく希美はそれまでの出来事と、みぞれ吐露と、自分の気持を総合的に整理して、そこから自身立ち位置というか、自身の在るべき様を理解したのだろう。

そしてみぞれとの向き合い方も。

まあその意味ハッピーエンドではあるが…。


それで思い出したのは、自身の知り合い2人のことだった。

両方共リア充レベルコミュ力の持ち主の既婚者で、しか自分とは10年を優に超える付き合いだ。

片や去年まで頻繁にやり取りしていたのだが、付き合いが長くなるにつれ、お互いの見えている世界が違い過ぎることからだんだん噛み合わなさが露呈し、とうとう自分のほうが耐えきれなくなって一方的チャンネルを閉じてしまった。

もう一方は月イチくらいで会う程度だが、正直言って「血の繋がっていない姉」のような存在として、時に励まされ、時に叱られる関係だったりする。

同じような社会性を持ち、似たような文化圏(?)にいる2人だが、決定的に違うのは結婚相手性格

疎遠になった知り合いは要するにリア充カップルなのに対し、「姉」の旦那さんはリア充コミュニケーションが元来苦手な人で、しかも今の旦那と知り合う前に付き合っていた彼氏もそういう人だったと聞いた。

まり「姉」の方はそもそもそういう不器用人間が超好みのタイプで、色々苦労した結果、通じ合う・噛み合う「プロトコル」を獲得し、今も楽しくやっていると。


結局の所、通じ合う事の難しさや面倒くささは誰にでも、誰と誰の間にもあるが、「プロトコル」が合えば色々解決するのだと思う。そう、問題の大半はプロトコルなのだ

あるいはそんな難しい言い方しなくても「ちょっとしたコツ」という話である

尤も、そのコツはその人が見えている世界によって形作られていることが多いので、中々気づけないし、気づくのが難しいわけだが…。

そこまで考えると、自分が長く付き合っていた知り合いと一方的に疎遠になったのは、今更ではあるがちょっとあんまりだった気がしている。

そんな話を、今度「姉」に会った時に相談してみようと思う。


ということで話を戻すと、本作の希美も、どうやらそういう「プロトコル」を体得できたようであるみぞれは…まあ今は音大受験に集中するのでいいと思う。

二人の未来に幸多からんことを。

ハッピーアイスクリーム

誘いの断り方がわからない

最近昇進してから、飯や飲みや遊びの誘いの断り方がわからなくなった。仕事終わった後に飯に誘ってくる同僚くらいならまだいい、飲みたい日は定時退社せずにグズグズ時間潰しして「あ~今日はどうしよっかな~」とか誘い受けするやつ、各種コミュニケーションツールで反応があるまで今日飯食う?って順番に聞き続けてくる奴、自分用事他人用事すり替えて終業後のこっちの行動を束縛するやつ(これから飯行くんですか? だったら俺もそっちに用事があるんで一緒に行きましょう、みたいな感じで引っ付いてくるやつ)、エトセトラ、、、

昔だったら「何こいつ、いい年こいて構ってちゃんだな~」みたいに適当に遠目で見てたけど、肩書きだけでも人の上にいる立場になったら、恐ろしいことに公私混同がかなりの領分で発生してて、最近xxさん付き合い悪いよね、みたいなところから仕事モチベーション下げるやつが当然のように発生して、小学生かよと思うものの、結局しわ寄せは俺に来るから、顔色伺いの会をローテーション組んでいろんな人とやることになってしまう。

そうすると帰ってからやれることなんてシャワー浴びて寝るくらいしかなくて、じゃあ休日ぐらいは自分のためにと思うと、今度は休みの日くらい付き合ってくださいよ枠みたいな奴が沸いてきて、いやもう何歳だよ、土日とか出かけるの無理でしょと思っても、本音で無理だよ殺すぞとか言えないし、そうやって週7日大体飲みなり外食なりが発生した結果貯金は消し飛んだしエンゲル係数意味不明になって、自分趣味に使えるお金時間もなくなってしまった。なんなら休みがないので体調もボロクソだ。、

そいつらにとっては「たまに俺と飯食ったり飲んだりしてる」ぐらいの認識なんだろうけど、俺はいろんな奴相手にほぼ週の全部を散財してるようなもんだから生きていくことすら不可能になりつつある、もちろん今の役職につくときに多少は私生活犠牲することはあるかもしれないと言われたけど、それってこういうことなのか?? 働けば働くほど金も時間もなくなっていく、きつい無理、その無理は平日に突然病欠したりすることでなんとかチャラにしてるけど、それで休みすぎとか言われても困る、いや確かに休みすぎなんだけど、むしろ休みが少ないくらいだよ俺は、そうでもしなきゃなににも追い立てられることなく休むことができないんだから、。助けて欲しい、こんなことなら一生付き合い悪いヒラ社員として人生を終えたかった、、本当に金がないから無理と誘いを断っても、金くらい出すから来いよと結局予定を束縛されてしまう、そういう話じゃなくてただ休みが欲しい、折れて金を出されてしまうこともあるが、それは呪いのようなもので、金を出せば予定を縛れるという逆転現象にでもならないだろうか、おれは金だけ払うから1秒でも早く帰りたい

ほんとうはもっと適当でもいいのかもしれない、付き合いが悪いくらいで壊れる人間関係とか、働かないやつとか俺の妄想で、適当にやっても案外どうにでもなるのかもしれない、でもそれを保障してくれる奴がいない、おれの付き合いが悪いせいで仕事がポシャったりしたらおれの管理責任になるのかとおもうと回っている形を維持しなくてはならないのかとおもう、今も飲みの後で頭痛吐き気がとまらない、たぶん明日は休むことになるだろう

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん