「飛行機」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 飛行機とは

2018-07-24

自分アダルトチルドレンだと気づいた話

社会人になってからなぜだか生きづらいと感じることが多くなって、気分的には余生を過ごしてるようだった。短期的な楽しみはあるけど、中長期的な楽しみはなくて、これはいつ死んでも後悔しないな、と思ってた。

から初対面の人への人当たりは良く気に入られるのだが、長期的な関係構築がものすごく苦手で、友だちもとても少ない。だから休日は寝てるか一人で家で過ごすかふらっと出かけるか。一人旅大好き。もちろん恋人はいない。

で、今日仕事中先輩と雑談してて、最近感じたもやもやしたことを話して、「それって生きづらくない?」と言われ、はたと気づいた。生きづらい。たしかに。

そういえば何でこんなに生きづらいんだろうと、Google先生で「生きづらい」と調べた結果、アダルトチルドレンの特徴が見事に当てはまって、もやもやがぱっと晴れたような気がした。

具体的にはこんな感じ。

・人の気持ちを汲み取るのが苦手。

自分の考えてることは他人も同じように考えてると思ってた。

上記と同じで、自分ができることは他人もできると思ってた。逆も然り。他人ができることは自分もできること、できないのは努力が足りないからだと思ってた。

・友人が誰かに傷つけられたと聞いたら、その誰かを嫌いになったこと多数。人間関係を作るのが難しかったが、「友達にああいうことしたあいつが悪い、私は悪くない」くらいにしか思ってなかった。

自分認知できる範囲をとにかく整えたがる(精神的に)。自分理解できない行動をする人が許せない、もやっとする。

・許せない他人が多い一方で、仲良い人や家族の前では「その人の求める自分にならなければ」という意識が強い。それに対応しすぎて疲れてしまうことが多い。反動で一人が好き。

これって典型的に「自分他人区別がついてない状態」じゃんね。

アダルトチルドレンの特徴の1つとして、「完璧主義に陥りやすい」というものがあり、幸いなことに今の仕事は合ってるのか、仕事上の評価比較的高い。だが、同時にアダルトチルドレンの特徴である自尊心の低さ」から、高い評価に「本当は私そんなに高い評価をもらえる人間じゃないのに、うまく見せてるだけなのに」と逆に落ちこみ、かつ後輩には「こんな私が出来てることを出来ないのはまずい!」と厳しく指導していた。道理で「厳しすぎる」と怒られたわけだ。申し訳ないことをした。

で、他人自分区別がついてないことと、人間関係構築しにくいことがやっとつながった。

私にとって「誰かの理解できない行動」は「私がやってしまった理解できない行動」で、自分のやりたいことに反するからイライラするし嫌いになる。同じように、「誰かがやってしまったミス」は「私がやってしまったミス」だから、なんで防げなかったんだろうて謎の自責の念に襲われる。こんなふうに自分がたくさんいるから、疲れちゃって、できるだけ自分を減らそうと、友だちも少なくなっていたんだと。

私の生きづらさは、たくさんの「自分」のことで手いっぱいで、コップの水が常に満杯で溢れそうなところから来てると思う。他人を受け入れる隙間はないのに、世の中は他人をうまく拒絶してうまく受け入れて幸せそうにしてる人もたくさんいて、なんであなたは私なのに、あなた幸せそうで私は1人なんだろう、ていう思いから来てるんだとわかった。すごい。泣きそう。

こういうのは親との関係から来てるときいて、親との関係も考えてみた。

私の家は世間一般の家よりはおそらく裕福で、年に1回は全員で家族旅行に行く、比較的仲の良い家族だと思う。社会人になって飛行機距離に離れた今でも、年に2-3回は1週間ほどの休みを取って実家に帰る。その間、地元の友だちには会わず親や兄弟と過ごしている。

ただ、思い返してみて、なんとなく思い当たる節はあった。

世間体重視。子供がどう感じたか、よりも子供を見た他人がどう感じたか、を優先させる。

・小さなから太っていたため、その事を怒られたり笑われたりしていた。親の行動に泣いたり怒ったりすると「冗談も通じないのか!このままでは冗談を言うことも出来ない!」と逆に怒られ、謝らされた。

家事全般苦手なことに対して「育てかたを間違えたなぁ」と愚痴を言われた。

・それなのに「他の子供たちと違ってあなたは本当に理想の子に育ってくれた」と、積極的に授業で発表したり生徒会に参加したりすることを褒められ、「あなたは他の人とは違う、自分運命自分で切り開けるタイプ」と言われていた。

・姉が結婚していないことにずっと怒っており、「こんなにこの子が行き遅れるとは思わなかった」と愚痴を言われ、「あなたは痩せたら美人だし愛嬌もあるから大丈夫よね?」と何度も言われている。

母親は決して悪い人ではない。多忙な父と20代前半で結婚し、子供4人をせっせと育て、大学までいかせてくれた。悩みも聞いてくれるし、実家に帰るとよく買い物に一緒に行く。ただ母は母で、自分が信じていることを決して曲げない人で、自分の思い通りにならないと少し機嫌が悪くなる。私は母が不機嫌になるのが怖かった。

母の顔色を窺って、趣味ではない服を買ったり、やりたくない行動をする自分がいるのも事実だな、と今書きながら思った。

1番上の兄と私は折り合いが悪いのだが、多分、好き勝手振舞っているのに母から愛されている兄が羨ましいんだと思う。私はいい子じゃなければ愛されなかったのに、ずるい、という考えが抜けきれないから兄のことを好きになれないんだと気づいた。

お母さん、私、そんなに積極的人間じゃない。めんどくさがりだし、家事だってできなくても何の問題も無いと思ってるし、太ってることだって、本当はそんなに悪い事だと思ってない。既製の服入るからいいじゃんて思ってる。発表が好きでしょ、プレゼンが好きでしょ、て言われるけど、人前で話すとき自分ジャッジされているようで毎回吐きそうになるし、本当はバックに下がって数値分析してる方が好き。全然明るい人間じゃない。あなたの嫌いな、ただの根暗オタク

この性格でもこの容姿でも、「そのままのあなたが好きだよ」て、一度でいいから言われてみたかったなぁ。

というのが根底にあって、自分アダルトチルドレンになったというのがわかった。とてもスッキリした。先輩ありがとう

で、ここまでわかったところで、私はこれからどうすればいいんだろう。

2018-07-21

ちょっと恥ずかしいぞ///

4月に新しい部署に配属になって、頻繁に地方飛行機出張で乗るようになった。

田舎路線なんで、80人位で満席になる。そんなこじんまりした飛行機

月に6回は乗るようになったせいもあって、CAさんに顔を覚えられたみたいで

乗客が乗り降りの際に

「ご搭乗ありがとうございます」、「(いつも)ご搭乗ありがとうございます」、

「ご搭乗ありがとうございます・・・

俺だけ、「いつも」と付け加えて挨拶されるようになった。 んー 配慮はすごく

嬉しいんだけど、ちょっと恥ずかしいョ。

2018-07-20

anond:20180720090229

飛行機なら30分くらいじゃないか

羽田から厚木あたりまで5分ちょいだろう?

2018-07-18

anond:20180718202909

美人ストレスがないから鬱にならない

強い男が警備を志願するからストーカーにも会わない

美人に生まれるということは常にファーストクラス飛行機に乗ってるようなもの

2018-07-17

anond:20180717150032

紛らわしい言い方をして

俺は難しい言い回し意味理解している(キリッ

をやめろという話だろ

外国マイルキロを間違えて飛行機を落としたのもお前の仲間だろ

言葉選民意識むき出し星人

2018-07-16

毒親ではないと思っているけど、親子関係がつらい

母親しんどい

私は30歳、母親は70歳。そして一人っ子の私は今、母が一人で暮らす実家飛行機距離暮らしている。

前提として、私は実家に帰る気がある。母もそれは認識している。

実家には年に3,4回帰っているし、電話も度々する。

みんなは、合わない実親とのかかわりをどうやっているのか、どうやって気持ちに折り合いをつけているのか、とても気になるので投稿します。長いです。

しんどいこと① 過干渉自分の思い通りにならないと攻撃してくる

つい最近の例としては、婚約者との同棲を決めたことを事後報告したらとても不機嫌になられた。

「事前に何の話もなく自分たちで決めてきたことがとても悲しかった」そうだ。

悲しい、というだけならまだしも、それについてとてもネチネチ言われた。

しまいには「昔から全部自分で決めてしまって人(=母自身)の言うことを絶対に聞かなかった」と言われた。

「いや、そんなことはないでしょう」と反論しても「いいや、あんたは絶対に人の言うことを聞かなかったよ」と強く否定された。

一万歩譲ってそうだったとしても、私の人生一般的な水準からみて成功している部類なので、母がそれを今否定してくる意味が全く分からない。

自分の頑張りをすべて否定された気になり、非常につらいし涙が出てくる。

母の言う通りにしないで一番人生に大きな影響があったのは、大学編入を決めた時だった。

ストレートで入った大学は強く望んだ学校じゃなかったが、母の意見や家庭の金銭的な事情気持ちを押し殺して入学した。

結局精神的にダメになり、せっかくの授業もまともに受けられず、お金時間無駄、そして自分人生にとって良いことがないと判断したので

学費生活費は自費でも極力出すから実家を離れてしまうが別の大学編入させてくれと言った。

その時は非常に険悪な仲になったが、一年休学して勉強して志望校合格したとき母は半泣きで喜んでくれたのですごくうれしかった記憶がある。

周りの人に、「あの子は○○大学に受かった」とうれしそうに吹聴していた。

それなのに、こういう話をさっきのように「人の言うことを聞かない」と否定材料にしているのだとしたら、まともに話し合いをすることはできない人だなと感じて辛くなる。

しんどいこと② 自律心、自立心がない

とにかく、自分自身で何かを成し遂げたりすることが極端にできない。おまけにそれについて、「甘やかされて育ったから」「周りがみんなやってくれたから」と開き直る。

父が死んだとき、死亡手続きや諸々の手続きなど、すべて当時大学生だった私が行った。喪主は母だったが、「挨拶なんてできない」と言われたので私がやったし、火葬スイッチも私が押した。

参列してくれた人たちには少し驚かれたが、「母がこういうこと苦手ですし、私は平気なので」とフォローした。母の兄弟たちは母の性格を知っているので何も言ってこなかった。

父が残した遺産全然ないw)や、借金手続き相続等、必要書類の取り寄せ・行政書士とのやり取りもすべて私が遠方から行った。大学の授業やバイト掛け持ちと並行していて時間的に辛かったが、父の親族とそれで揉めて縁が切れたりしたことが一番精神的にきつかった。

こういう重い出来事以外でも、日常的に新しいことを始めたり改善する気概がまったくない。「習い事に行こうかな」「最近お客さんが減った(母は小さなお店をやっている)」などは十年以上言い続け、それを自分で実行・改善したことはない。

お店の客数については「チラシを配ったら?」「店を綺麗にすれば?」など優しく提案しているのだが、「そんなことやって今のお客さんが来なくなったら困る」「「お客さんが増えすぎても困る」などと言って何もしない。

母の妹などには「あんたのお母さんは本当に自分で何かをしようとしないね…」と言われた。昔からそうなんだろうと思う。

しんどいこと③ 平気で矛盾したことを言う、感情的

例えば「早く結婚しろ」「孫見せろ」というのに、私がこれまで恋人婚約者を紹介しても喜んでくれたことが一度もない。

おそらくいざとなると、「実家に帰ってこないかもしれない」という自分にとって辛い想像のほうが母の中で強くなるのだろう。

結婚して孫が見たい」のは私のためではなく全部自分のためなんだろうな、と思う。

これも機嫌が良いと相手のことを聞いてきたりするのに、そうじゃない時はあまり良くないことを言ったりする。

別れた人のことを「だからあの人はダメだって言ったでしょう」と得意げに言ったりもされた。

あと論理的な話し合いはまったくできないので、重要なことを決めるときに母の意見を仰がなくなる(大学のことや同棲ことなど)のは当然のことなのだが、その説明をしても最終的には何故か母が被害者になって終わるので説明はしなくなった。

同棲はまだ早い」と反対されたことがあるのだが、付き合ってどれくらいで早くなくなるのか聞いても答えてもらえなかったし、結婚しろって言われてる30歳の女であることを考えてもまったく早いとは思えない。

ちなみに今の彼氏ではない人と同棲を考えた時に母親の言う通り同棲をやめたことがあるので、①のような「人の話を絶対に聞かない」ことはない(結果的にこれはやめて良かったので感謝してる)。

そんな感じで、とにかく感情否定してくることが多い。

しんどいこと④ 被害者意識が強い

何が一番つらいかって、①②③に被害者意識の強さを乗っけてぶつけてくることだ。

一番顕著な例は、私が県外の大学に通い始めてから父が病気になったので、母は一人自宅で介護してくれていたときのこと。

これについて毎晩のように電話がかかってきて「お前は両親を捨てた」「介護が辛いか離婚したい」「結婚しなければよかった」と愚痴を話す。

介護が辛いものなのは理解しているつもりで、母にそれを任せる形になってしまたことは申し訳なかったが、将来のため進学しているのに「両親を捨てた」と言われたのは本当に驚いたし悲しかった。

いずれ実家に戻るから、とその時から言っていたのに、勉強を頑張っている最中でそんなことを言われるなんて思わなかった。頻繁に実家にも帰っていたのに…。

何で私が加害者になっているのだろう。そして、周囲に反対されても結婚を決めたのは他でもない自分じゃないか

から、「あんたとお父さんは頭が良いから私は何もできないかバカにされている気分になる」とグチグチ言われ、とても辛かった。物心いたこから勉強しろ死ぬほど言ってきたのはあなたじゃないですか。

「じゃあなんで努力しないの?」という疑問が湧くのだが、それができないから②の「自立心がない」人になったんだろう。

あとよくあるパターンは、体調が悪いときに「どうせ死んでもいいか病院には行かない」とアピールしてくることだ。

「こういう体調で一週間くらい寝ていない」「あんたのことを心配して寝ていない」など。とにかく自分がかわいそうらしい。本当に心配から病院に行け、と言っても「私なんてどうせ」としか言わない。

で、話を聞く限り結局病院に行ってることもあるのだが、大抵その報告はない。

総合すると「マジで母とウマが合わない」。

ハッキリ言ってしまうのも心が痛いのだが、母親じゃなければ絶対に付き合いたくないタイプ人間なのだ

他責志向被害者意識が強く、自分の都合のいいように記憶微妙改ざんし、同じテーマでもその時の気分で私に対する接し方や発言が異なる。

何よりも私が苦しんでいるのが、「愛情はとにかくたっぷり注いでもらったし、すごくかわいがられている自覚がある」ということだ。

母にはすごく感謝しているし、とても愛している。だからこそ実家に帰って面倒を見たいと思っているけど、うまくやっていける自信が年々なくなっていく。

母には長生きしてほしいし、孫の顔も見せてあげたいと思うけど、最近はふとした時に「長生きされたらつらいな…」と思ってしま自分がいて、それがめちゃくちゃ辛い。

これが毒親育ちの特徴だと言われたらぐうの音も出ないのだが、母はほんとうに優しくてお茶目で人に好かれるし、よく友人たちからもうらやましがられた。

それだけに、先述したような悩みを友人に打ち明けると「あんたのお母さん、意外なところがあるんだね…」と口をつぐまれることも良くあった。

70歳の人間に今さら人格を直してもらうことなんて不可能で酷なことだと思っているし、文字通り伝えても理解できず直せないことも分かっている。

たぶん、多くの人には「縁を切れ」とか「関りを薄くしろ」と言われるんだと思うけど、母を愛しているだけにそれができないのが苦しくてしょうがないのだ。

私のような葛藤を抱えている人ってたくさんいると思うんだけど、みんなはどうしているんだろう。

泣きながらこの増田を書いていて、私もしかしたら結構限界なのかな?と思っている。

2018-07-12

TVブックメーカーって深夜番組があってね!

欠かさず見てたんだけど、もう20年以上前の話かー。

で、今日飛行機に乗って音楽聞いてたんだけど、そこでTVブックメーカーの「先週の結果発表」のテーマ局が流れてきたんだよ!

もー超ビックリして流れてる音楽プログラムを見て、この曲名が「王宮花火音楽」って事が分かった。

20年越しの発見が嬉しくてね〜。

早速図書館で借りて、今日は酒飲みながら録画したビデオ見て懐かしさに耽るわ。

どこでも寝れない

どこでも寝れる人が羨ましい。

バンドをやっていた頃よく地方に行っていたが、移動は必ず車なのでその中で寝ないといけないのに全然寝れない。メンバー爆睡いびきかいている。

なぜ?なぜそんな体制で寝れるんだ?!といつも思っていた。

家で友達と集まってじゃあ寝ようぜつって皆その場に横になって自分の腕を枕にして寝始めた時、自分は一睡も出来なかった。

会社でも凄く眠い時は机に伏せて仮眠を取る人もいて、自分もそうするのだが全然寝れない。

電車で寝るなんて絶対に無理。

飛行機で初めて海外へ行った時、嫁は離陸前既にいびかをかいていて、爆音で離陸した時もグースカ寝ていた。

途中出た機内食をもそもそと食い、ビールを一本サッと飲み干して、嫁はまた寝た。

自分飛行機が揺れる度にエアフォースワンを思い出し震えていた。

ビールを何本か飲んだか結局一睡も出来なかった。

嫁は着陸のドンという衝撃で目を覚まし、「んあ、もう着いたの?」

という漫画しかたことのない言葉を放ち惚れ直した。

どこでも寝れる人が羨ましい。

どこでも寝れる人って強い。

自分は家の布団以外(ホテルとか旅館も正直落ち着かない)で寝れない。

自分が知らないどこでも眠れるコツを皆小学生の時に習っているのではないかと疑いたくなる。

あー。もしかしてビビりだからなのか。

肝っ玉が小さいからなのか。

とにかく、どこでも寝れる人が羨ましい。

2018-07-09

anond:20180709095054

田舎は車がないと買い物も出来ないし、最悪、買い物する場所もない。ネット回線がないところもあるし、電波が届かないところもある。

閉塞的な村社会だし、変な噂が立つのだって早い

東京まれ東京育ち30年、数県の田舎暮らし9年経験の俺から言わせてもらうと

田舎暮らしをやったことない奴が妄想ネット受け売りドヤ顔で語る時点でお察しって感じ

当たってる部分と外れてる部分が多すぎ、大きすぎて笑ってしま


結論から言うと特殊技能ITを含めた生産系)を持ってれば田舎暮らしの方が圧倒的に楽

まず、収入東京大手IT会社の頃と比べて1.8倍ある

車がないと買い物ができないのは半分当たってるが半分間違ってて電車バスは間隔は長いが存在してるから問題ない

買い物する場所ショッピングモールがあるし、場所によっては商店街のような専門店がある

ネット回線普通に光回線が通じてるし、電波は当然届く

閉鎖的という定義がわからないが、近所付き合いに問題はないし変な噂なんて知らない

コミュ障を前提としてるならわからない


ちなみに今、俺が住んでるところは熊本田舎

東京への飛行機移動は楽だしイベントへの参加も都内にいるときと変わらない

物件は安いし都内暮らしの頃と比べて近所付き合いがあって楽しい


ネット受け売り妄想で語る前にまずは、外に出て経験しろ・・・

2018-07-08

お盆休みがとれないかもしれない

2ヶ月も前に休みますって言ったのに


それ以前に土日祝休み仕事からそもそもお盆休みのはずだし

本来会社に申告する必要すらないけど

休日出勤言い渡されないよう念押しのために事前に言っただけなのに。



しか拒否された理由お盆は突発の仕事が入るかもしれないから」って何?

絶対仕事からじゃないんだ


底辺SEからクライアントの都合で突然の休日出勤とか徹夜とか普通にあって

不満がまったくないわけじゃないけどこの仕事する以上は覚悟して納得して、

今までわかりましたって引き受けてた。


でも2ヶ月も前に休むって言ってんだからさあ。

人員スケジュール調整するのはお前ら管理職仕事じゃないの?



今までずーーーっと仕事の都合で休み潰されてきてスケジュール組めなくて

やっと遠距離恋愛中の彼女と1年ぶりに会えるって飛行機チケットも買っちゃったのに。

彼女イベントチケット取ってくれたのに。



こんなことで不満タラタラとかSE向いてないのかもしれない。

でも納得いかないんだよな…。 仕事辞めて地元に帰ろうかな。

彼氏ができてからしなくなった妄想

まれて初めての彼氏ができてから一年半、夜寝る前のある妄想をしなくなった。

その妄想の中で私は幼女だった。色白で痩せていて、さらさらの長い髪を持つ幼女だった。

基本的に白い全円ワンピースを着て白いサンダルを履いていた。

私は人のいない世界を旅していた。動物もいなかった。虫もいなかった。魚はいた。スーパーには肉も魚も果物普通に並んでいた。

人がいなくても電車も車も飛行機も動き続けた。タクシーに乗って行き先を告げても車は動かなくて、信号待ちをしている車の屋根に登っておくと、信号が変わった時に動いた。

家には基本的に鍵がかかっていて入れないことが多かった。自動ドアは開いた。エレベーターも動いた。目を離した隙にコンビニ商品が入れ替わっていることがあった。

私にかかる重力はいくらか弱かった。スカイツリーてっぺんから足を滑らせて落ちても怪我はしなかった。

私は汚れなかった。水の上を歩けたし潜っても溺れなかった。南極でも一定以上は寒くないし、真夏砂漠でも一定以上は暑くなかった。喉が渇いてもカラカラにはならなかった。怪我病気もすぐに治すことができた。一定以上はお腹も空かなかったし、食べすぎで苦しくもならなかった。トイレもお風呂必要無かった。

デパート可愛い服に着替えた。朝ごはんも食べた。本屋さんで座って本を読んだ。車に乗ってどこかに行った。ビル屋上から他のビルジャンプして行き来した。飛行機に乗って無理矢理途中で降りた。時計塔の針にぶら下がったり名画に触ったりお墓の上を渡ってみた。どこか知らない森を抜けた。海にも潜ったし砂漠足跡も残したし草原で昼寝したし洞窟で雨宿りしたし満天の星空の下、湖でくるくる踊った。

久し振りに思い出したのでメモしとく。これをメモしてると眠くなった。眠れない時にはおすすめ妄想だよ。

2018-07-06

anond:20180706182250

あなたは、たとえわずかな確率であっても、あなたあなたの大切な人が、冤罪死刑になってしまうことを許容できますか、と。

確率的に低すぎるので、許容できます

例えるなら、飛行機事故は怖いけど、確率が低すぎるからみんな飛行機に乗るでしょ。

それと同じ。

それより、死刑にされなかった奴が娑婆に出てきて再犯する可能性のほうがよっぽど高い。

だって再犯率3割以上でしょ?

死刑にされなかった奴が出てきて再犯する確率>>>>>>>>>>無実の人が死刑になる確率

なんだから殺人犯再犯しそうなやつ(低能先生とか)はガンガン死刑にしてほしい。

anond:20180706180612

そう言ってくれてありがとう自分から警察への相談も考えたが、先に親族の方がいいかなと思った。しか飛行機距離なのですぐ動けるのかはわからないな…

anond:20180706174800

低気圧のせいの人は飛行機に乗れないな

頭痛薬がぶ飲みか

フォロワー12万人越えのツイッタラー

「頭が重くなったと思ったら低気圧か!」とか言っててくらくらする

まず第一に、今日東京の気圧は午前0時からずっと上がっている。

第二に、軽井沢あたりだと気圧は900hPaくらいしかないのだが、どんなに強い台風でもこんなに気圧は下がらないし、大抵の低気圧は980hPaにもならない。低気圧接近による気圧降下より新幹線軽井沢に行く方がよほど早い。「低気圧が近づいてくると体調が悪くなる」という人は、軽井沢に行ったりしたら体調が悪くなって大変なんだろうか。50秒で35hPaほど気圧が下がるスカイツリーなんかに登ったら死んでしまうかもしれないし、地上と比べて大体210hPaほど気圧が低くなる飛行機に乗ったら頭が割れしまうのではないか

何が言いたいかというと、「低気圧のせいで体調が悪くなる」は疑似科学だということ。

もちろんプラセボはあるだろうが。

2018-07-05

anond:20180703210030

頑張っている人が辛い、時代時代の間の過渡期。

2018年の今、私たちはまさに人類の変革期の直前にいます。これは、食べ物、つまりエサを得るために働いていた時代が終わりを迎えることを意味しています

今までの人たちは、食べるために働き、余ったお金で欲しいものを手に入れ、人生寿命を使い果たしても全ては手に入れられず死を迎える時代を過ごしてきました。

私も28才ですが、誰よりも努力して起業して稼いで、幸いにも既にお金で買える欲しかったモノは全て手に入れることができました。

正直、ここまでは思っていたより簡単でした。羨ましいと思う人もいるかもしれません。

ただその状態が続くと、何のために生きているのか、実際にもう死んでもいいと思いました。生活に何の不自由もなく、食べ物にも一生困らない、他にやりたいことがなければ、生きている意味はないと。うつ病ではないようなのですが、いまは病院セロトニンを安定させる薬をもらって早急な決断をしないようにして生きています

今はどれだけお金を稼いでいる人でも、同じスマホで同じインスタをやっているような時代です。

金持ちバーキンを持ってプライベートジェットに乗っているかもしれませんが、たかが鞄と飛行機です。誰もが大して変わらない生活水準で暮らしています

散財したところでストレスを全て発散できるなら、もしそんな素晴らしいものが売っているのなら私も欲しいです。でも実際は散財しても苦しかった分のストレス発散はできず、そんな生活継続していくことはできません。

今日パン1つあれば…明日を迎えられる」なんていう生活をしている人は日本はいません。生活保護も厚いですし、隣の家でもパンくらいは頼み込めばもらえます戦争時代しかり、100年前以前は餓死していた人がいたのですから、急速な改善が起こりました。

どんだけ借金を抱えようとも、重い病気自殺犯罪で殺されない限りは死なない時代なのです。逆に辛いと思います

では、今後の人類はどう生きていくのでしょうか。物質欲望がほぼ満たされた人類は、ユートピアを作りだせるのでしょうか?逆に危機的状況に陥るのでしょうか?

2018年の今、私も生きるのが辛いです。でも、そんな中でも何とか生きる希望を見つけるために今までよりもさらに、起きてから寝るまでの空いた時間食事しながらでも専門家書籍技術論文などを読み漁り、少しは先が見えてきました。

誰もこれから時代生き方を分かっている人はいません。今まさに人類の変革期だと思いますし、実際次の時代スタートまでの期間が一番大変だと思います

もしご興味がありましたら、手始めに

レイ・カーツワイルシンギュラリティは近い」

などお読みになってはいかがでしょうか?最近ダイジェスト版も出て読みやすくなったようです。今となっては内容が少し古く間違っている部分もありますが、希望を見つけるきっかけにはなるかもしれません。

anond:20180705121754

羽田鹿児島ANA機NH629が非常事態宣言コーク7700→一時レーダーから消えるも無事関西空港に着陸

https://togetter.com/li/1241420

ゆのみてると、なんで君ら飛行状況についてそんなに詳しいねんって思うんだけど、

彼らが飛行機オタなんだろうな。

2018-07-04

盆に帰省する飛行機を取った後仕事が入った場合どうすればいいんだ???

2018-07-03

anond:20180703003604

名前書けば入れるレベル高卒だけどめちゃくちゃ納得した!

考えてみたら、飛行機で窓開けたら吸い出されるんだし空気密度が平均になるように移動してるんだよね。

それが風ってこと?地球サイズで考えるとすげー!

ビニールハウスで考えるとまた違いそうだね!

ありがとうございました!

2018-07-02

グライダーでもいいですよね。

なぜ僕には自力で飛べないのだろう。都合の良い風が吹かなければ頼りなく墜落してしまうのだろう。

きのう吹いていた僕をどこかに連れていってくれる希望に満ちた風は、今日になったら荒れ狂う向かい風にかわってた。

飛行機はいいな。そのハイテクエンジンを僕にもくれよ。でももらったところで積載オーバーか。

そもそも空を飛べてるだけで十分なのかもしれない。僕に翼があることに感謝しなくちゃ。僕はただ甘えていただけなんだ。

僕は飛行機を目指す必要なんてないじゃないか

飛行機のようにスピードはでなくても、派手に墜落したりハイジャックされることもないもんな。

自力で飛べないグライダーならグライダーらしく優雅滑空してやろう。

これが僕のアイデンティティグライダーでもいいですよね。

旅行経験盛るつの思考回路がわからない

ちょっと前、そういう人にはじめて遭遇した。

海外旅行であちこちを駆け巡っているという人と話していたときとあるアフリカ危険地域の話になった。すると、彼が唐突に「自分はそこに行ったことあるよ」と自慢を始めた。

自分旅行経験が多いわけじゃないけど、海外のことを調べるのが好きで、アフリカ中東の「治安的に外国人アクセスできないような地域」について以前調べたことがある。

また、妙な地域旅行する趣味を持った友人から聞いたような情報もある。

から、彼の話が嘘なんじゃないかと思った。

はいえ、自分根拠ネットで聞きかじった情報だけだから嘘とは断言できない。情勢が変わっていることだってあり得る。だから興味本位で彼に話を聞いてみることにした。

どういう経路で行ったのか、どういう飛行機に乗って近くまで行ったのか、入境は面倒じゃなかったのか。ネットで「行くならばこういう困難がある」と書かれていたようなことについて、純粋に聞いてみた。

すると、それまで饒舌だった彼がしどろもどろになって話を誤魔化し始めた。

ハワイグアムのような観光地ならともかく、少なくともそんな辺境の地に行く人間が行き当たりばったりで行けるようなことはありえない。

しろ、そういった地域に行くような人は聞いてもないのにドヤ顔で詳細な経験を語り始める事すらある。だから彼はほぼ確実に嘘をついたんだと自分は思っている。

よく考えてみると他の、危険じゃない地域についての旅行経験も彼は怪しい事を言っていた気がする。

旅行話題はどこに行った、行ってないでよく盛り上がると思うし、本当に旅行したことがある人なら容易く嘘に気づけるだろう。

これがセックスの話とかであれば確認しようがないかいくらでも盛れると思うが、なぜ気付かれやすい内容で話を盛るんだろう。よくわからない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん