「内緒」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 内緒とは

2018-01-23

anond:20180123164159

核は爆発しちゃったけど内緒にしているのじゃないか

日本国内でも原発事故って時々あるけど、チャイナでは事故がないと思う方が不自然だ。

2018-01-21

凪のお暇が嫌い

感想を探しても「分かる~」「共感した!」「凪チャン頑張れ!」などしか出てこないので、自分のような人に向けて感想を書きます

読んだのは3巻までで、下記感想個人のとても偏ったものです。

・あらすじ

空気を読みすぎて過呼吸になった主人公「凪」が、会社を辞めボロアパートでお暇をいただく。

シンプル生活自分に素直に生きるアパートの住人とのふれあいによって生き方?を見つけていく……といった内容です。

なぜ嫌いなのか

主人公クズ

・私は意見がなくて嫌々あなたたちに付き合ってて流されてるだけだけど尊重して!!!

同僚とのランチ

A「今のままの会社でいいのかな~。転職もアリだよね!」

B「私はプライベートが充実してればいいかな~。こないだ行った海外旅行でさ~」

C「私は転職におわせたら上司に泣きつかれちゃった~」

凪「(ど…どうしよう…っっ!私もなにかカードを切らなきゃ…私も今幸せですよ♡ってカード…何か何か)」

モノローグランチタイムデュエルタイム

そしてなにも言えない凪に同僚からダメ出しタイム(凪曰くサンドバックタイム)

邪推しすぎでは?嫌なら断れ!

・私も今幸せですよ♡という表現気持ち悪さ。

流されてるだけのくせにどうしてそんなに批判的なんだ。

というか、本人は空気読んでるつもりでもこの周囲への適応力のなさからすると、この人じつは空気読めてないんじゃ……?という気持ちになります

・友人に無理やり連れて行かれた婚活パーティーで男の人たちに囲まれた!やっぱり私みたいな気の弱い女の子は格好の獲物だよね……

でも参加者の女の人が助けてくれて……って、元同僚の足立さん!?!?

パーティーの後、一緒にお茶をすることになったんだけど、どうして私またこの人にひどいこと言われなきゃいけないの!?ふざけんなよ!!!

「男のこと扱き下ろすけど、足立さんもそんな肩とか脚出しててあからさまだよね!なのに収穫ないってかわいそう(笑)

赤くなっていく彼女を見て胸のすくような思いがしました♪

2ちゃんで見た展開

彼氏カード扱い】

・唯一の生きがいは節約のみ。でも私はたった1枚だけカードを持っている。

会社のみんなには内緒だけど、私は営業部エースイケメン慎二くんとお付き合いしてま~~~す!!!から同僚のクソ女にサンドバックにされても平気だもん☆☆☆

ふたり関係

私は慎二のことをとくに好きではないけれど、周りに自慢できる存在から付き合っています!早く結婚して私を勝ち組にして!

え……?慎二は私のこと好きじゃなかったの?ハアハア!ひどい!ショックで過呼吸なっちゃう!私は慎二を好きじゃないけどひどい!慎二が私を好きじゃなかったなんて~~~~~!!!!!この最低男!!!クズ!!!

ナチュラルに人を見下す】

仕事を辞め家賃節約のためボロアパートへお引越しすることを「都落ち」と表現

・上の階に住む独居老人を見て「もしかして私、このままじゃあぁなっちゃうかも!?

・隣人を「昼間から部屋に篭ってるってろくな人じゃないよね!」と自分を棚上げ。

主人公万歳!】

元カレには「貧乏臭い」と貶されるが、凪チャンが作るシンプルでおいしい節約料理は大好評♪

ちょっとした工夫で日々の生活を豊かに

クラブイベントフライヤーは凪チャンの新鮮な(どこが?)ひと言で新しい風が!

・「今思えばすごい子だったのかも。大島さんて」

凪に仕事押し付けていた同僚の発言ニコニコこなしていたから気付かなかったそう。

しかし分量的に言えば単に元の自分仕事+凪の仕事なので大変なのは当たり前では?

・「いつも空気読もうと必死笑顔貼り付けていっぱいいっぱいになってるあいつ見て、超人間じゃん。って思った」

凪は自分が浮かないように、嫌われないようにと思っているだけで、相手ことなんて考えてなかったと思う。

【おとなりのうららちゃんのおうち】

シングルマザーを見下しマウンティングするママ友

6畳のワンルームで3万・近所に激安スーパーがある地域立川だそうです)で母子家庭をそこまで露骨に見下す?

母親建設現場で頼りにされる職長。資格がいるであろう重機を乗り回している。

しかお金がなく娘と6畳のワンルームふたり暮らしおもちゃも買ってやれず、娘はあやとりで遊んでいる。

・お給料資格等の手当て+母子手当てでそこそこの生活可能では?

・というか大きなショッピングモール建設現場の職長ってお給料良いのでは?

主人公の見た目】

・月に1度の矯正ストパー?)と毎朝の念入りなブローで保っていたサラサラストレートヘアー

・あのギャグみたいな癖毛、その程度でなんとかなる???

登場人物の中で凪だけ胸の大きさやくびれが強調して描かれる。

巨乳って言うより胸部が爆発してるみたいだけどギャグ

【結局なぜこんなに嫌いなのか】

・NOと言えない人、自分意見を言えない・持っていない人が嫌い

・健気に頑張るも周囲からいいように扱われるかわいそうな主人公と、主人公を良い子に描くための周囲の人たちがかわいそう(元同僚・うららちゃんママママ友等)で嫌い。


【今後の展開予想】

ゴンさんが実はバイorゲイ

・凪の母「あの頃はごめん……あんたを見てると昔の私or別れた父親みたいで……」


作品が好きな方ごめんなさい!

2018-01-17

付き合えなかった男の話

もう結婚してて、それなりに幸せ暮らしてる主婦

それでもたまに思い出してしまう人がいる。

その人は、元カレでもなんでもない、告白したら振られてしまった人。

でも今まで付き合ったどんな元カレよりも印象深く、忘れられない人だ。

彼とは同じバイト先で、私はフリーター、彼は学生

4つくらい年下の彼のことを、最初は真面目で謙虚好青年だと思っていた。

バイトで同じ内容の仕事をしているのもあり、そのうち彼とは自然とよく話すようになっていった。

私は当時よくバイト仲間とお酒を飲みに言っていた。男の子と飲むことも多々あったけど、あくまでもバイト仲間としてワイワイするだけで、誰のことも異性としては全く意識していなかった。

彼は、いつ誘っても忙しいからと断ることが多かった。同じ周りのバイト仲間の学生たちも、「○○くんは謎が多いから」「○○くんは真面目だから」と、一線を置いていた。私自身も何度か断られているうちに、きっとお酒の席やワイワイしてる空間が苦手なんだろうなと思うようになっていった。

その日のバイトは彼も私も17時上がり。(彼は日中講義のない日だった)予定もなかったので、私はダメもとで彼を飲みに誘ってみた。

すると、彼はこう言う。

今日は、他の人は一緒じゃないんですか?」

私は、もしかすると二人きりだと嫌なのかな?と思い、ああ、じゃあ誰か呼ぼうか?と提案した。けれど、彼はこう言う。

増田さんと、二人きりなら行きます

それを聞いて、思わず私は目が点になってしまった。

二人きりなのは、もちろん構わないのだけど。

どうしてなのか、それ以上の意味はらんでいる気がする。

その当時、私には彼氏はいなかったのだけど、恋愛対象として見るつもりの全くなかった彼に、まだ働いてる時間なのに不意打ちでそんなことを言われ、(誘ったのは私からだが)少しだけ舞い上がってしまった。

結果、じゃあ、二人きりで行こうか。と、いう流れになった。

はいえ、この時点では全く好意を持ってるとかそんなんではなかった。

なんだか緊張するので、店は個室居酒屋かい雰囲気場所ではなく、バイト仲間の野郎どもと良く行くタイプの、焼き鳥日本酒ビールしか出てこない、常に親父がテレビ野球中継見ているみたいな雰囲気大衆飲み屋へと連れていった。普通、男女のカップルでは絶対に行かないタイプの店だ。

彼は、「僕、こういう雰囲気の店、好きですよ」とにこにこしていた。こうやって二人で飲みに行くまで知らなかったけど、きれいめのファッションがよく似合うおしゃれな男だった。正直、ファッションセンスはとても、ものすごく好みだと思った。

とりあえずビール枝豆乾杯する。飲んでる彼のことを初めて見た。酒が苦手だと勝手に思っていたので、ビールガンガン空けていく彼にものすごくショックを受けた。こんな話、聞いてない。知らない。そんなに飲めたんだ?と聞くと、「酒は好きなんですよ」と、いつもはしないタイプのにこやかな笑顔で笑った。

酒が進むにつれ、彼はどんどん饒舌になっていった。

普段飲み会を断るのは、本当の自分とのギャップに周りがびっくりしそうだから、というのが一番の理由らしく、真面目そうに見えるが実はお調子者で、どんな相手でも絡んでいってしまうので敢えて避けているとの事だった。

また、普段は気をつけているが、そこそこ口が悪いらしく、友達の前だとくだけた口調で話すらしい。

これは、内緒ですよ。なんて口に指を当ててしーっとするジェスチャーをされて、不覚にもどきっとしてしまった。

なんだか、開けてはいけない扉を開けてしまった気分だった。

一軒目の店を出て、そこそこ酔いも回っていたけれど、なんとなく解散ムードにはならなかった。

「もう少しだけ、一緒にいません?」

なんて聞かれて、正直ちょっといい気分だった。

二軒目は、普通に個室居酒屋に連れていかれてしまった。もうどこでもよかった。もうすこしだけ、二人きりで話がしたかった。

そこでした話は、今ではもうほとんど覚えていない。でも、向かい合わせでも座れるのにいつの間にか隣に座ってて、彼が

「酔った増田さん、全然バイトの時と印象違ってかわいいです」

「これ食べます?あーんして」

なんて感じであやされているのは記憶にある。久しぶりに、ものすごく、女として扱ってもらえて、すごくドキドキした。その日の夕方までなんとも思っていなかったはずの彼が、信じられない位かっこいい男の子に見えて、つい、私も、普段隠してた自分の女っぽい部分をさらけ出し始めた。

「このままじゃ帰れないです。責任とって…」

なんて、わかりやすく甘えて。

彼は、そのままタクシー自分の家まで私を持ち帰って、その夜は、最後まではしなかったけれど、それなりにエッチなことを沢山した。

夢みたいな時間だった。

それまで、自分はあまり自分のことを女だと思ってなかった。それなのに、彼は、たった一晩で私の女の部分をこじ開けた。

あんなに真面目そうに見えたのに、どうして。

別に今まで私のこと好きだったとかそんなんじゃないのに、どうして。

家にコンドームがないからと最後のそれは断ったくらい遊び慣れてなさそうなのに、どうして。

たくさんの「どうして」で胸がいっぱいで、でもなんだか嫌ではなかった。

結果、彼とどうなったかというと、このあと彼のことを好きになった私は、次のデート約束を取り付けるものの、そこでふられた。

理由は、「増田さんは僕と似すぎてるからダメ」で、今思い出してもなんじゃそりゃって感じだ。ふられた直後はショックで顔も見たくなかったけど、バイト先で会う手前平然としていなければならなかったし、他のバイト仲間は私たちにそんなことがあったなんて誰も知らない(知ってても困る)から、この期間が一番きつかった。

やがて彼と私は、バイトの中でもお互いに違うポジション仕事担当するようになり、一緒のシフトに入っても、休憩時間さえ被らなければ、顔を合わせることもめったになくなった…………はずだった。

彼は、あの夜以降、なぜかよく飲み会に顔を出すようになった。

今まで真面目で通してきたキャラが一転、女の子大好きキャラになり、女の子からは嫌がられていたもの男の子から面白いと絶賛され、バイト内での友達も増えたようだった。

それを別の輪の中から見ながら、(元気そうでなによりだな)と思っていた私だが、しばらくは彼と会話をする気にもなれず、半年くらいはずっと無言か、業務上必要な会話も明らかに塩対応だったと思う。

年下にいいように遊ばれたな、というのが正直な気持ちだった。そんな自分が恥ずかしくて、なるべく早く次の恋がしたかった。

そんなある日だ。

閑散とする時間だったので、自分ポジションを私一人で回していたとき、急に彼が私のところへ来たのだ。

お久しぶりです」

なんでもないような感じで普通にしかけてくる彼に、私は全身から警戒オーラを放っていたと思う。すると彼は、近寄ってきて、急に手を取って私の手になにか握らせる。

びっくりして中を覗くと、クッキーだった。

「一人で頑張ってたから、ご褒美……」

困ったみたいに言う彼に、なんだかおかしくなって私は大笑いしてしまった。ありがとう、って言ったら、彼は、

「やっと俺に笑ってくれた」

と嬉しそうに笑うので、すこしだけ、やっぱこの人のこういうとこ、スキだな…と思った。

それ以来、つきあってるわけではないのだけど、バイト中に遊びに来たり、一緒に食事に言ったり、バイト帰りに自転車二人乗りでどこかに行ったりと、私がバイトをやめるまでよく遊ぶようになった。

彼は、バイト先では絶対に言わないが私のことを増田さんではなく名前で呼ぶようになり、慣れ親しんだ友達に接するみたいに私をぞんざいな態度で扱うようになった。でも、たまに○○さんの名前かわいい。なんて言いながら頭撫でたりするので油断ならなかったが。

私も、彼のことを好きだったのかどうなのか、思い出してもわからない。けれど、ものすごく一緒にいて楽だった。あの日以来、キスも何もしなかったけど、彼の前では無理せずに、女の子でいられた。女扱いされてなかったのに。

今思えば、お互いに、別に理想相手でも付き合いたい相手でもなかったんだと思う。

ただ、どうしようもなく、性癖に刺さる相手だった。

それはきっと、うぬぼれでなければそうだと思う。

だって、当時こっそり覗いた携帯メモリー、女の名前は私だけだったから。

それがすごく、嬉しかった。

まぁ、彼女じゃなかったんだけどね。

というわけで、私が県外に就職し、3年もしたら別の男とあっさり結婚したのでこの件はわたくしだけの思い出話なのだけど、何が恐いってつい最近私は一方的に知ってしまったんだよね。彼、今わりと近くに住んでるっぽい。偶然見つけてしまった。

なんでなんだろう。

県外も県外、行き先も何も知らせてないのに。

どうやら今は向こうにも相手がいるみたいだし、私も太って誰だかわからなくなったので大丈夫だと思うけど。

でも、今が幸せから願う。どうか、出会いませんように。

たぶん彼がまたあんなふうに仕掛けてきたら、どうなってしまうかわからないなととっさに思った自分がいた。

こんなこと、誰にも言えない

そのくらい、どうしようもない恋を、してしまたことがあるんだ。

2018-01-16

仕事をやめたのを家族内緒にしていた人の話

元同僚の友人の話

僕の友人は40代後半に妻をガンでなくした

それまで人並みの給料をもらっているのに贅沢を全くといっていいほどしなかったのでただでさえ金があったのに、さらに妻の退職金保険金、あわせて3000万円がはいってきた

妻が死んで働く気力がなくなった

子供はまだ小学生だったがある程度の金融資産があるのでやっていけると思い、年老いた同居している母にはいわず小学生の娘にも言わず会社をやめてしま自分退職金も手に入れたのだ

それまでは休日も月に3度くらいしかなく朝7:00に出社する毎日だったのだがそれから毎日することがないが家族には内緒なので、図書館に行ったりスーパー銭湯に行って過ごしていたという

そんな生活を3年以上続けていたがあるとき、別の家に住む妹に「ボロいか実家を建て替えろ」といわれた

余計なお世話と思いながらも母親のこともあるし無碍にはできず一応母親相談した、老人というのは生活が変わるのを嫌がるので反対すると思ったのだ

ところが母親はぜひ建て替えたいといい、見積もりをすぐ取るように言ったのだ

見積もりは約2000万、もちろん仕事をやめているのでローンは組めないので現金で払うしかない

現在7000万ほどの現金はあるもののそこから2000万をひかれ、年間200万ほどの生活費さらにこれから子供教育費がある、自分の老後の金がほとんどなくなってしまうのだ

会社のある地方都市まで車で45分かかっていた酷い田舎子供地元で就学、就職することはないため、子供独立したら高齢者賃貸に引っ越す予定だったのだ

10年後に誰もすまない家に2000万もかけられない」と言っているのだが果たしてどうなるか

2018-01-05

anond:20180105221440

まあ男がニートで金がないか生活費のためにやってる人もいれば

自分の小遣いのために内緒でやってる人まで色々なんじゃないでしょうか

一概にクソビッチとも言えないと思います

2017-12-26

童貞だけど風俗に行けない。

童貞だけど風俗に行けない。

所得が低いってのもあるが、それ以上に風俗トラウマがある。

昔、大好きだった女の子が居て、なんとか付き合うところまでは辿り着けた。もちろん初めての彼女だった。

彼女セックスが嫌いだった。「あなたの事は好きだけど、エッチな事をするのが嫌だから、付き合いますと即答できない」と言われたので、そっちがその気になるまではそういう事しなくていいから付き合ってくださいって言った。もちろん男としてセックス出来ないのは残念という気持ちもあったが、当時の俺は処女厨だったので「むしろこれくらい堅い子の方がいい」なんて馬鹿な事を考えていた。

はいハグキスくらいはさせてくれた。ハグは向こうからしてきてくれた。大好きな女の子の呼吸を身体全体で感じられたのは幸せだった。キスは恥ずかしすぎてよく覚えていないが、特に何もしてないのに舌を入れようとしていると勘違いされたのは相当恥ずかしかった。

しかしそんな幸せな日々も終わりを告げる。彼女自分内緒デリヘルで働いていたのだ。処女厨だった俺の発狂ぶりは想像が付くだろう。今思うとわざわざデリヘルで働くなんてなにかあったのか?と彼女に寄り添うところなのかもしれないけれど、当時の精神状態でそれは無理だった。彼女は別のバイトを頑張っていて高校生ながら月10万くらい稼いでいたし、家庭に金を入れてる感じでも無いし、ジャニーズコンサートに全通するような子でも無かったから、何のためにデリヘルバイトをしていたのかは今でも見当がつかない。

それから俺は何も信じられなくなった。一応自殺をせずに生きているが、ずっと空っぽで生きてる気がしない。あれから六年くらい経つが、未だに誰かを好きになる事が怖くて、彼女を作ろうという積極的な行動が出来ないし、大学では四年間で誰も好きにならずに卒業した。もちろん未だに童貞である

デリヘル風俗にも強いトラウマがあって、歓楽街なんかで看板を見るだけだしんどくなる。というかそれ以前にラブホ看板を見るだけで身体を売る彼女想像して吐き気がする。

童貞ソープに行けとよく言われるが、気持ち悪すぎてソープに行けない。トラウマを解消するきっかけも何もない。時間はなかなか解決してくれない。俺は一生童貞なんだな、と思う。そして増田のような人間馬鹿にされる。辛い。


anond:20171226162206

anond:20171226135948

あ、なんかありがとう。よくわかんないけど。

ええと、まずはこっそり手術出来ない。同意書とかいるし子供いない、30以下だと断られるらしいから注意。

あと、手術後麻酔との相性が悪かったらしくて顔が腫れて軽く発熱たか家族内緒で手術とかも無理だから注意。

あとはまあ楽でいいというか、少なくとも妊娠リスクが無くなった点においては心理的に楽ではあるけど

その一方でオスがもっているであろう孕ませ願望みたいなものがかなえられなくなった点においては一抹の寂しさもあったりはする。

でもってここいらへんが興味おありなんだろうけど出るものはちゃんと出ます

言われて気づいたんだけどそういや賢者タイムが無いのはどうやら事実

ホルモンバランス的な何かが変わった感じはしないなあ、全く。

現場からは以上です。

2017-12-19

anond:20171219152243

心配ありがとう。とっくに知ってたから気にしないでくれたまえ。

ところで「粉おとし」ってなんだよ馬鹿なんじゃないの?って思ったことがあるのは内緒だ。

携帯を手に取って増田掲げ火か出す魔てっと二手を幼気(回文

スマホの画面を見ようと思って、

サイドのボタンなどを押してもすぐには画面が点かなくて

待っても点かないもんだから

もう一回押すんだけど、

その瞬間に画面が点いて、

さっき押したもんだから

画面がすぐに消えちゃうちょっとイラッとする現象

名称を付けるとすれば何?って100回ぐらい思うぐらい思うわ。

ちょっと何言ってるかよく分からないと思うんだけど、

超絶説明下手であいすいませんでございますわ。

タクシー運転手さんに聞いた話だけど、

タクシーつかまえるとき

暗くて運転手さん分かりにくいらしく、

スマホの明るい画面を掲げて手を振ってくれたら

すっごい分かりやすくて助かるって言ってたわ。

なんかタクシー運転手さんでも

おしゃべりな人そうじゃない人いるけど

こっちがしゃべりたいタイミング

乗ったタクシーがおしゃべりな運転手さんだと、

あんがい話し込んじゃったりするのよね。

要はタイミングだわ。

タイミング

うふふ。


今日朝ご飯

厚焼き玉子サンド

ちょっとまたサンドイッチばかり増えてしまってるわ。

年末年始の不摂生がニントモカントもだわ!

デトックスウォーター

香り高く急須で急いで注ぎあげた

グリーンティーホッツウォーラー

もはやホッツ!

ただの緑茶だって事は内緒ね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

https://anond.hatelabo.jp/20080904210047

 これを書いてから、早いものでもう九年が経った。

>でもきっと、まだまだいろいろあるんだろうと思う。

 と当時書いた通り、驚くようなことがいろいろあった。長くなるけど、書く。

---

 北海道に戻って直後に開設していた、自分ホームページ。内容は、パソコン関係タイインド旅行記録だった。いわゆるテキストサイト

 その自サイト掲示板Teacup)にふらっとSF作家のOさんが現れて、常連になった。当時開設されたばかりのGoogle検索の性能の良さに二人で驚いたりした記憶がある(なにせそれまでのロボット検索ノイズまみれで使い物にならなかったので)。

 Oさんは、文章を褒めてくれた。

 ネタ系の駄文はいえ、褒められるのはうれしいものだ(この前、本人にこの話をしてみたらすっかり忘れていて拍子抜けしたのだけども、まあ褒められたほうは覚えていても褒めたほうはそんなものなのだろう)。

 で、こちらも試しにOさんの本を読んでみたら予想以上に面白く、すっかりファンになった。

 なんやかんやであれから二十年近くが経った現在、Oさんはすっかり著名なSF作家になっている。

---

 2008年祖母が亡くなり、その翌年の正月。十万円ほどのお年玉というか、遺産をもらった。

 どこかに旅行に行きたいと思っていた自分に、降って湧いたあぶく銭。いろいろ行き先を考えているうちに「自分北海道の端っこに住んでいるのだから、ここから青春18きっぷを使って鈍行列車に乗りまくれば一万二千円で日本縦断できるんじゃね?」というプランを思いついた。

 鈍行列車日本縦断すれば、今までネットを通じて知り合った全国の知り合いとリアルに会える。

 このプランmixi日記に書いたところ、青森東京名古屋九州などの知り合いが同調してくれた。Oさんに至っては名古屋から鹿児島まで同行するという。

 JailBreakして無理やり動画を録れるようにしたiPhone 3Gで、記録を取りながら旅行を楽しんだ。

 これが祖母遺産の正しい使い方はどうかは怪しいが、経験という意味では間違いなく面白かった。

 Oさんにリアルで会うのは初めてだったが、ネットでは結構長い。会った時だけ作家センセイとして持ち上げるのもなんか違う気がしたので、なかば意識的タメ口で通した。たぶんかなり失礼なことも言ったと思う。

 ただ、内心ではOさんの行動や会話の端々に出る、無限想像力好奇心に圧倒されていた。

---

 鈍行日本縦断旅行の翌年。2010年年末頃に、地元のバーのマスターに呼ばれた。

 行くと、何やら会合中だった。メンバー農家さん・公務員自営業などバラバラ

 世界一大きなでんぷんだんごを作ってギネス登録したいということで、ネット経由の手続きを頼まれた。

 でんぷんだんご地元に古くからある郷土料理、というかおやつだ。団子といっても串には刺さず、じゃがいも澱粉と金時豆と砂糖を熱湯で捏ねて、鉄板で平べったく焼き上げる。

 当時、ギネス社は公式サイト日本語の申込みフォームを置いていなかった。約六万円の申請費用を払い、Google翻訳を使った怪しげな英語でなんとかギネス社とやり取りをする。

 翌年の二月二十六日、巨大でんぷんだんごを焼くイベントを開催。十台以上のビデオカメラ撮影した証拠映像編集してギネス社に送ると、数ヶ月後に無事に認定された。

 だが、本当にすごいことはギネス登録とは直接関係なく起こっていた。

 もともとギネス登録にはメディア報道記録が不可欠。そのため新聞テレビ局にも来てもらっていたのだが、それが九州深夜ラジオでも放送されたのだそうだ。

 そしてそれを寝床で聴いていたのが、九州土産として有名なせんべい製造会社社長だった。当時は世界的に澱粉が品不足だったらしく、ラジオを聴いたその社長は「なんてもったいない使い方をしてるんだ!」と思ったとのこと。

 社長は翌日に町役場電話を掛けてきて、紆余曲折の末に、町の廃校改装してせんべい工場を作ることになった。雇用経済効果結構ものだ。

 この件では自分基本的に言われるままに動いただけなのだが、「まあやってみよう」から始まったことが結果的に大きな結果を出したことに、強烈な印象を持った。

---

 さて、自分自身は、というと。

 前回書いた小さな文房具屋のあとを継ぐことになるかと思いきや、家庭の事情もあり、店はあっさりと閉店。自分独立して隣町に引越し、かねてからやっていたパソコンサポート業やWeb制作業に専念することになった。

 そして前回の投稿でも書いた、東京時代からの友人であり、タイインドの一ヶ月強制放浪の発端になった男、T君。

 東京IT企業派遣社員をやっていた彼は、リーマンショックの余波で仕事を失い、別な仕事に着いていた。

 東日本大震災の直後、多少心配になって「こっちに来たら?」とメッセージを送ったところ、その年の夏ごろに本当にこっちにやってきた。変なところが身が軽い。自分基本的同類なのだろう。

 ノリと勢いで呼んだ割に未だに大した仕事も振れなくて少々申し訳ないのだが、T君は今もなんとかこっちでやっている。こっちで嫁さんまで見つけているので、まあ結果オーライということにして欲しい。

---

 で、時間は進み、2016年のこと。

 いつもの通りネットをだらだら見ていると、こんな記事が。

そう言えば2012年世界は一度終わりかけていたそうです、太陽嵐

https://www.gizmodo.jp/2014/03/2012_22.html

 なんだそれ、と思っていろいろと調べると「今後10年間で巨大太陽嵐が起こる確率12%」という記事も見つかった。

 なにそれ、危ないぢゃん! なんで大騒ぎになってないの? それとも自分が知らなかっただけ?

 そう思っていろいろと調べたが、学術的な資料は見つかるものの、あまりわかりやす解説はなかった。

 巨大な太陽嵐を喰らうと夜空には真っ赤なオーロラが出て、その後数年間に渡る停電が発生するらしい。

 怖いけど、なんというか、絵になるな。そう思った。

 今までこういう内容を書いた映画とか小説とか、無いのだろうか。そう思って一通り調べたのだけど、なぜかほぼ皆無だった。

 なんでこんな面白そうなネタ、誰も物語にしてないの? というか、これって学者さんだけじゃなくみんなが知っておかないとまずい話じゃないの?

 そう思い、実際に太陽嵐による災害が起こったらどうなるのかを調べて、その後の世界想像した文章を断片的に書いていった。

 この災害世界レベルでの停電が起こるからテレビ携帯ネットも一瞬で使えなくなる。

「何が起こったのか」すらわからないという状況から事態を探っていく姿を、災害に遭った主人公一人称で書く。この方針が決まると、迷わず書けた。

 毎日仕事が終わって寝る前に約二時間づつ、コツコツと書いていく。

 そういえば自分は絵とか写真とか映像とか、スキル活用した元手のかからない仕事を常に模索しているのに、文章に関してはなぜか仕事にしようと思ったことがなかった。実際、どこまでやれるのだろうか。

 どこに発表するかは、すぐに決まった。2017年3月末が締め切りの、SF小説コンテストだ。

 日本沈没などのディザスターものSFなら、これもSFと言っていいのではないか。そう思ったからだ。

 そして何より、このコンテスト審査員にはOさんがいた。賞を取れるとか取れない以前に、もしこれが最終候補まで残り、Oさんが読むところまで行ったら実に面白い

 そういういたずらのような動機で、Oさんに完全に内緒で応募した。

 さっさと結果を言うと、大賞は取れなかったけど最終候補には残った。初めて書いた小説の結果としては上出来だろうし、Oさんが読むところまでたどり着いたのだから一応目的は達したことになる。

(ただ、間抜けなことに、最終候補まで行ったという連絡を聞いた段階で「初めて書いてここまで来たなら、このまま賞取れるんじゃね?」と妙な自信を持ってしまい、発表当日には身内で待ち会までやっていたという……)

 その日の夜に電話でOさんに言われて初めて気づいたのだが、古くからの知り合いという時点で審査員としての客観的評価が難しくなる(対外的意味でも)。

 こっちはOさんがそんな贔屓をする人でないことは重々わかっているのでなんとも思わずに応募してしまったが、言われてみれば当たり前の話だ。

 結局Oさんは私の作品のみ、採点をパスしたそうだ。結構迷惑をかけてしまった。

(後日「なんでわざわざ不利になるようなことするの」と言われて笑ってしまった)

 なんやかんやあったけど落選したので、作った小説Webに放流して供養しようかと思っていた数日後。出版社から出版検討しているので公開は待って(意訳)」というメールが届き、仕事中にスマホで読んだ自分はその場で膝から崩れ落ちた(うれしくて)。

 後日、コンテストの講評を読んだ。大雑把にいうと「SFとは違うかもしれないがリアリティはある」という評価だった。

 そりゃそうだ、と思う。明日あるかもしれない災害を書いている上に、登場人物のほぼ全員が実在人物なんだから

 今回の小説では、自分の周りの人を名前だけ変えてほとんどそのまま出している。

 これは、書く時にものすごく良い効果があった。読ませたい相手がはっきりするのだ。

 モデルとなった地元の人・Oさん・そして、太陽嵐災害をしらないすべての人に向けて、書く。

 そのため、途中でほとんど悩まなかった。やっぱりモチベーションって大事だよな、と思う。

 そして、興味があることに関してとことん調べられるという意味インターネットはやっぱりすごい。知の高速道路と言われる理由もよくわかる。

---

 でんぷんだんご工場誘致の時にも思ったことだが、リアル世界って、自分が動けば動くだけきっちり反応があって面白い

 まさか四十も過ぎてからこんなことがあるとは思わなかった。もはや自分にとって、ファンタジーよりもファンタジーな展開がリアルに起こっている。ゲームとして見ても、これは相当面白い

 今日発売になる自分小説の帯裏には、同日に発売されるOさんの小説宣伝が載っている。

 これでほーんの少しは、恩返しできるかなあ。

2017-12-18

五番煎じぐらいの、2017増田50選

個人好き嫌い、分類てきとう、長いので寸評は省略、他の方との被り御免、年間まとめ乱立ごめんなさい、ちょっぴりタイトル修正

・2016.12中旬~2017.2中旬は、はてブやってなかったので含まれない

タイトルなし増田は1文目をタイトル代わりに

・大変すぎるので来年自分も何人かの方を真似して「2018増田タグを使おうと思いました。

 

【男女・夫婦・性】

ぼくはきみの服の中のオッパイを見たかった anond:20170313221100

元カレ童貞を貰った anond:20170505013342

昔の話だけど、後に夫になる人と付き合いだしたとき anond:20170427125940

恥ずかしい話、夫以外に anond:20170508185252

夫の誕生日が今までと全然違います。 anond:20170513124105

失恋 anond:20170627114513

どこまで入ったかメモ anond:20170807175858

ラーメンを食べている最中に水を飲むか?飲まないか? anond:20170821150113

元増田だけど!!的外れブコメ死ね!!!! anond:20171005084947

 

家族

父の日に、高校生の娘とカービィオーケストラを観た親父の内緒日記 anond:20170619135108

日曜日に anond:20170628153705

妹と私 anond:20170714192319

思春期の娘の前で下ネタをかました anond:20170726172949

息子に泣いた anond:20170727102351

妹が彼氏を殴った anond:20171126175003

さっき駅の階段を降りてたら anond:20171127215241

 

趣味

旦那ドルドルンうるさい車を買ってきた anond:20170508181335

藤井聡太四段で学ぶ「観る将」入門 anond:20170623083815

 

【食】

専業主婦の嫁がアツアツご飯を出してくるので離婚危機 anond:20170518204136

食べたことないものを食べる anond:20130925221311

雪見だいふく anond:20171105150133

末長くよろしくお願いしたい近所の居酒屋 追記有 anond:20171128224436

 

動物

うちの犬は私が泣くと anond:20170520113842

フクロウが鳴くので anond:20170523221405

犬が「へっへっへ」ってしてたから anond:20150617164213

うちのねこウンコ事情 anond:20170628135521

愛犬がお星さまになった。 anond:20170707213824

虐待されて育ったうちの犬 anond:20171111115905

猫許すまじ anond:20171115135712

猫が癌告知された話 anond:20171127124834

 

人生文学

私はかつて差別主義者だった、『けものフレンズ』を観るまでは anond:20170315024413

最近食べていないもの anond:20170418090212

これからどうしよう anond:20170519100937

透明人間 anond:20170623104031

夜明け前だけ生きている感じがする anond:20170728022108

みそ煮込みうどん anond:20170930012630

2か月ぶりに家から出たとりとめのない話  anond:20171011224506

アイドルやめたらAVオファーとかきた話。 anond:20171022113705

空港が好き anond:20171107141129

初めて階段ベビーカーを下ろす手伝いをした anond:20171111215057

抗がん剤治療 135日目 anond:20171214085701

 

ネタ

ブラック・ジャック包茎手術をした時にありそうな事 anond:20170522230500

いくら面倒くさいからって anond:20170825204446

会社の壁掛け時計 anond:20170905110704

お姉さんの年齢は素数に限る anond:20171010201700

じゃあ好きにしろ!!!!!! anond:20171019123120

見よ!これがアラサー独身男の検索履歴だ~ anond:20171030224021

今までで一番腹立った煽り anond:20171027134228

人を殺してはいけない理由 anond:20171119231254

知らない人の自転車の鍵を閉めたら怒られた anond:20171204231829

 

(参考)

その後が気になる増田 2017 anond:20170801030340

好きな増田 2017 anond:20171217083142

2017年:印象に残った増田10本 anond:20171218111341

2017年好きな増田(5ブクマ以下) anond:20171218212227

2017-12-17

ソシャゲ史上最大の炎上って何だろう



まだあるかなぁ?

2017-12-15

主人がはてブに殺されて1日が過ぎました。

いきなりのメール失礼します。

増田さやか、29歳の未亡人です。

お互いのニーズ合致しそうだと思い、日記を書いてみました。

自分のことを少し語ります

昨日、わけあって主人を亡くしました。

自分は…主人のことを…

死ぬまで何も理解していなかったのがとても悔やまれます

主人ははてなブックマークに頻繁にコメントを残していたのですが、

それは遊びの為のコメントではなかったのです。

収入を得るために、私に内緒あん危険出稼ぎをしていたなんて。

一日が経過して、ようやく主人の死から立ち直ってきました。

ですが、お恥ずかしい話ですが、毎日孤独な夜に、

身体の火照りが止まらなくなる時間も増えてきました。

主人の残した★は莫大な量です。

まり、謝礼は幾らでも出きますので、私のはてブ欲を満たして欲しいのです。

ブコメを頂けましたら、もっと詳しい話をしたいと考えています

http://www.asahi.com/articles/ASKDD0C4SKDCUTQP03H.html

連絡、待っていますね。

2017-12-14

○井○介くん

お前、2歳の息子がいながら19歳の女子大生と援交してるだろ!

嫁に内緒元カノTwitterイチャイチャもしてるしな!

はっきり言うけど、キモいぞ!

○井○介くん

お前、2歳の息子がいながら19歳の女子大生と援交してるだろ!

嫁に内緒元カノTwitterイチャイチャもしてるしな!

はっきり言うけど、キモいぞ!

2017-12-13

メロディの話。

さいころ、映画館にいつも「お供」を連れて行っていた。

人形か、ぬいぐるみだ。ポケットに隠して持っていけるぐらいの人形。あるときシルバニアファミリーだったこともある。そういう感じの。

いつも遊んでいる友だちのどれかひとりを、お供として、楽しみを分けてあげるつもりで持っていった。

持っていって、映画が始まるときにこっそりポケットから取り出して。自分の隣に座らせて、最初のところだけ見せてあげる。そういうお遊びだった。

親には内緒だった。なんとなく。

知られたら怒られるような気がしていたし、「お供」に分けてあげるその行為ちょっと気恥ずかしく、親には立ち入られたくなかった。

ある日。その日の映画に、小さな白い猫のぬいぐるみを持っていった。

とても可愛いぬいぐるみで、誰かにクリスマスか何かのプレゼントにもらったものだった。タグメロディと書いてあった(たぶん商品名か何かだったのだろう)ので名前はそのまま「メロディ」。横文字名前なんて思いつかない、メロディという単語もよくわからない年齢だった私だけれど、白猫の可愛さに見合う軽やかな音の響きにぽおっとなって、名前ごとお気に入りの子だった。その子を見ると、小さなお姫様を手にしたような気持ちになった。

けれど映画を見た帰りの電車の中で、私はその子映画館の席に座らせたまま忘れてしまたことに気がついた。

それまで映画を楽しく見た気持ちがさあっと引いていったのを覚えている。うつむく私に、親がどうしたのって聞いてくれたことすらも覚えている。なのに。

今思えば、親に言えばよかったのに。

気がついた時点で映画館に戻って言えば、絶対にあったのに。

だけど私はとても内向的子供で親に何かを自分から相談するという選択肢すら思い至らなかった。そもそも秘密のお遊びだったのだ。

映画館の人が拾って、大事にしてくれるんじゃないかって思ったこともあったけど、いま考えるとそんなことありえない。ずっと後悔していることのひとつ

そのあと私は映画館に「お供」を連れて行くことはなかった。

トイ・ストーリー3」を見るといつも思い出す。忘れられ置いていかれたオモチャの話。

ごめんね。わざとじゃなかった。大事な小さなお姫様だったのに。忘れて帰ってごめんね。迎えに行かなくてごめんね。

大好きな映画を見るのにもどうしても思い出してしまうから、一度吐き出し懺悔たかったので書いた。ごめんね。

2017-12-12

これか

はてなでよく見るウン〇漏れ案件だ。

ちゃんとコンビニトイレに行ったにも関わらず地下鉄駅手前でウン〇のコントロールがつかなくなりトイレへ。すでにパンツズボン汚染されておるが幸い替えのパンツとロングコート持ってる。

終電も気になりトイレ簡単に処理して替えパンツコート帰宅

因みに女性40代とか。職場では絶対内緒

anond:20171212120537

気付いてもらえてよかった。また長くなっちゃった

お褒めに与かり光栄です。変に感傷的にならないように気をつけました。

相手がにこにこしてるだけで全然接し方変わるね。類を見ないほど居心地のいい時間を過ごせたし、最後の方は自分もびっくりするぐらいゆるゆるっと自然に甘えてて、本当にこの人と継続して過ごせたらいいのになぁって思った。相手エンジンキー挿したぐらいのところかもしれないけどね。次会うときもこうだといいなぁ。平常心で無駄意識しないようにすればきっとどうにかなる、はず。

素直で正直なところが長所であり短所でもあるタイプ心理学でもかじったのか、素でやってるのかはわからないけど、相手は手札全開で接してくるから面白いなぁと思ってる。つられて折りを見てしゃべるつもりの隠し事は今は黙っとこ、とか隠してることあります、って申告してる。もちろん人から聞いた内緒話とかは話さないけどね。

先週の土曜日相手がケガしてるから無理してたんだよね。約束取り付けた日も当日も念押ししたんだけど本人が大丈夫って言うし、でも出先で動けなくなった話とか聞いてると内心気が気じゃなかった。

それより前はどうとして。この人相手に限らず、◯◯して"もらう"って思うの気をつける。どうしても潜在的思考にくせがあるんだ。言い訳してないで治す。あと向こうも楽しんでくれているっていう確信がもてなかったからこういう書き方したっていうのもある。今回で9割方確信できた。

飲み行ったところはカウンターだったから隣に座ってたんだけど、口説いてるとき顔が…好みすぎて…直視できなかった…。けどちらっと見たらすんごい笑ってた。もったいなかったー!満更でもないってこの表情のことね。でももう向こうから口説かれるまで絶対口には出さない。態度は…漏れちゃうから難しい。気をつける。手繋ぐとかあざといモテテクとか小細工はバレバレだけど嫌いじゃないって言ってた。正直な人だ。

そういえば流れで向こうからクリスマスの話振ってきた。人肌恋しい時期だもんねーとか友達と話さない?って言われた。案外気にするのね。フリー友達同士で飲み行く約束してるみたい。

連絡の口実ありがとう

季節のイベントいいね。楽しそう。付き合ってたら自然にできそうだけど、落とそうとしてる段階だとどうなんだろう。誘い方の問題?双方喪中なので初詣はなしとして、お花見は誘ってみる。

情報交換。映画鑑賞共通趣味なんだけど、ジャンルが合わない。アクションとかアメコミ系に関しては向こうの方が詳しい。どっちも食わず嫌いしてたか相手おすすめ聞いて、観たら感想送ったりしてる。向こうの友達もそのジャンル好きな人いか劇場公開したらそっちで観に行くし、そこと被らなくて興味ありそうなところを誘ったらいいんだろうけど…それだけの制約かかると凄まじく難易度上がる。ひとまず2本誘っといたけど相手の都合もあるし、1月中に行けたらいいなー。

酔って連絡。自分以外の子がやるの見てるとすんごいかわいいよね。落とすためには恥も外聞も捨てるしかない。やるか。

帰り際、駅まで歩いてる途中で握手してもらったんだけど、(肌感覚?を知りたかった。けど馬鹿正直に話せるわけもないからそれっぽい言い訳した)すっごい手冷たくてびっくりした。あのとき自販機ホット飲み物でも買って渡せばよかったなぁと後悔してる。あざとすぎ?



あの振られた増田10歳下だったねー。早いうちに経験しといた方が後々楽だからね。拗らせきってるからからフラれたときのこと考えて今なら幸せなままで死ねるのでは!?まで考えてるからね。未来ある若い子はこうなってほしくない

2017-12-11

anond:20171211172517

母親が強烈なので怒るのを止めるのは至難の業。まあ母親が怒るので基本私は怒らない、母親内緒ゲーム禁止されている)させるとかそういった息抜きくらいかな。

2017-12-07

anond:20171111195105

いいなー!

でもなるべく内緒にしておいたほうがいいと思う

2017-11-29

[]緊張してくるな。。。

やべー明後日からじゃん、うちもネタ考えんと。。

なお、12月2日から25日まで24枠空いてて絶賛参加者募集なのはここだけの内緒な!!

anond:20171122124445

嫁に内緒で100万円貯金した

今後も副業が続けられれば年100万ペースで貯められる。

・ロボアドバイザーに預けて放置

・VTI

iDeCo

あたりが現時点の候補

株とか為替は大変だし才能ないし。

さて、どう運用しよう。

風俗代は別に少しだけ用意してある。

2017-11-28

anond:20171128130359

子供心に象さんの方が強そうなのになーとは思ってたのは内緒

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん