「妖怪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 妖怪とは

2021-05-06

anond:20210505193022

レスありがとう!(これが承認欲求の充足か…。うれしいなぁ。)

誰かとセックスまでいたることの難しさって、みんなもよくわかってるし映画ドラマにもなるけど、

同じ一人とずっとセックスする難しさって、なかなか語られない気がする。あ、逆にセックスレス問題として浮かび上がるのか?

でもAVとかってあらゆるジャンルがありそうだけど、「夫婦で一緒に見て盛り上がる」っていうの欠落してる。

ムード」っていうつかみどころのない妖怪みたいなものを、みんなどうやってつかまえてるの?

それでもうちはイタリア映画でも流しながらおれが妻の肩とかマッサージして自然に流れ込むっていうのは定番としてできてるけど、少しマンネリを感じるんだよね…。

あんなことこんなしたい!エロえも~ん!

2021-05-04

anond:20210504111543

家の道まで覚えられてるから、また夜に試しに同じ道歩いて見て

妖怪がついてくるる

anond:20210504111159

妖怪やろ

人通りが少なくなって出てきたんやろな

2021-05-03

〇〇のせい

妖怪

香水

・ぜんぶ雪

暑い

・夏

・君

・僕

・おまえ

・雪肌

金塊を出せないカオナシ

弱者男性はそんな感じの妖怪やで。

2021-04-28

anond:20210428191127

なんだその妖怪

イキリ学生かな?と思ったら27って…

2021-04-27

理解のある彼くん、多分現代守護天使系の妖怪。俺のところにも来てくれ

2021-04-25

anond:20210425095925

増田文学にはトンカツ定食妖怪寿司女とか庶民の貧しさの楽しみが書かれている。

現代プロレタリア文学の流れを汲むものもよめーや。

anond:20210424185039

というか、この不登校の発端は、増田増田奥さんが「叱ること」と「ヒステリーになって怒りをぶつけること」の理解ができてない。さっきから叱る、叱るって言ってるけど内容がどう見ても叱ってない。キレてるだけ。

親が子供精神のまま大人になってる感じ。

  

娘が教師にいびられてるのに、なぜか娘を叱り続けてるのも意味不明だけど、

その後のゲームを水に放り投げてぶっ壊したとか、息子を殴ったとかそういう内容を「叱った」って言ってる当たり、今までどういうしかり方をしてるのかわけがからない。

ゲームぶっ壊したってのは叱ってないよね?母親が息子が言う通りにならないイライラヒステリックになって、見せしめとして子供の前で罪のない機械をぶっ壊して傷を与えたかっただけだよね。

叱るというのは子供の行いや過ちを諫め、同じことを繰り返させないことを言うんじゃないかな。

でも目の前で物を破壊して「次はお前だ」というかのように怒りを爆発させるのは、脅迫手段の一つだし大人の怒りを子供にぶつけているだけ。

その後に出てくる、息子を2、3発殴ったってのも同じ。叱ってるんじゃなくて「死ね」って暴言はかれてキレて殴って脅迫しただけ。

  

暴力破壊を「叱る」で済ませてるあたり、増田が今まで使っていた「叱る」という行為がどういうものだったのか疑問が生じる。

娘を叱り続けたっていうのも、本当は怒りをぶつけていたのでは?そしてそれを息子は見続けていたなら話は変わってくる。

  

ゲーム機は新しく買い与えればいい、だから壊してももいいじゃんて親もいるけど、

子供からしてみれば仮にも理性的で自立した大人が、怒りの感情に任せてゲーム機を破壊している姿を見てしまっている。

大人ヒステリーって外にでるとごくまれにみることあるよね。電車やらでヒステリーまき散らしてる老人や中年

あいうの、第三者から見てもそうだけどかなり気持ち悪いんだよ。

  

しわがあって年数とともに眼窩が沈んだ中年の顔つきが、幼児みたいに醜く崩れてまるで赤ん坊のようにぎゃあぎゃあと喚く、まるで妖怪子泣きじじい

大きくて暴れだしたらどこまで災害になるかわからないすくなくとも160cm以上はある巨体がでたらめに暴れて自分の大切なもの破壊して見せつけてくる。

しかもそれって自分の主張を他人に押し通すための手法としてやる幼児的な行為なんだよね。それを大人がやってて、なまじ知性があるからさら気持ち悪い。

  

まだ小学生くらいの小柄な子供から見たら、完全にヤバい生き物だよね。それを自分の親がやってんだから

親は親でそういう行為って会社とか外では絶対できないけど、家庭になると子供は下の立場人間自分は上で、尚且つ閉鎖的な空間から、できてしまう。

  

でもって、それを一通り実行した後、親は新しく買えばいいとか言っちゃうわけよ。その時点で、物を衝動的に破壊するって行為が親によって「良い事」だと証明されちゃうわけだ。

子供って親をみて正しいことを学ぶから、物を壊したり、暴れたり、喚くのは良い事だと覚える。

反面教師って、子供自分の親の存在を間違いだと否定して、親を捨てて自分は別の人間になると決意しないと生まれないのよ。

  

息子がキチガイみたいに暴れるようになったのもそのあたりがかかわってそうだし、

高校に行きたいって言いだしたのは、父親子供暴行した姿をみたことで「自分はこんなキチガイになりたくない」って思ったんじゃないの?

お前が暴行したことで、子供の中で反面教師が芽生えてたら笑う

2021-04-24

擬人化女体化元凶東方projectだろ

FGOとかウマ娘とか叩かれてるけど

擬人化女体化をやり始めたのは東方projectだと思うぞ。

ウマ娘ならぬ、妖怪娘、神話娘だろ東方は。

いい加減こっちも叩いておかないと示しがつかず、また同じ悲劇が繰り返されるぞ。

2021-04-14

白髪を染めたい時期と髪を切りたい時期が合わない

30歳だけど白髪染めても2週間で白いの沢山出てくる

両親とも若白髪家系で、初めて白髪見つけたのは小3

特に高校の時は周りの目と校則と色々あるから高1〜高3はガチで毎月白髪めしてた

ずっと明るい髪色に憧れてたけど「ごめんね…その色じゃ白髪まらいから」って美容師に断られてた悲しい人生

で本題なんだけど

美容師はだいたい「市販カラー液で染めるとナンタラカンタラでよくない」って言うけどさ

無理じゃね?

年々白髪の出る速さが加速してきてもう追いつかない

伸びた髪を切るのは早くても1ヶ月、お財布事情とかこの時代感染リスクとか考えたらそんな行きたくないし数ヶ月は待ちたい

でも白髪的にはそこまで待ってたら頭妖怪みたいになる

カラーだけの為に行ったりカットだけの為に行ったりするのバカバカしい

普通の人は白髪あんまり生えてこないの?

まあ確かにセルフだと白髪めした所だけ色が濃かったりするけど

そこまで待ってられんわ

2021-04-13

anond:20210413145136

http://rainbowvortex.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

古くはスプリガンのS級エージェントや、幽☆遊☆白書のS級妖怪など、

とあるのに幽白の話ばかりで完全に忘れられているスプリガン

そういう自分も忘れてたんだが(大昔読んだ気がするけど内容全く覚えてない)

1989年連載開始だから多分S級エージェントってのが出てきたのも幽白より前だよな

どっちみち↑のブログでも書いてる通り、劇場で一番良い席をS席とする、ってのが元ネタなんだろうけど

何でS席になったのかがわからん、specialか?

anond:20210413145136

幽白のS級は「霊界の手に負えない妖怪」を全部放り込んだランクから上限が無限なのは設定通りだけど

結局S同士で比較するのに更に妖力値という基準も出してたな

それも連載が長引けばDBみたいにインフレしてたんだろう

anond:20210413053054

正直、その後バトルするようになる作品1話目でバトルするべきだと思ってる

1話のヒキの物珍しさやネタの希少性に惹かれて来た人たちが妖怪化するのを何度か見た

誰も幸せにならないではないか

2021-04-12

anond:20210412035542

「これも仕事ですから・・・」と寡黙な妖怪バットプリン背中で語った(cvもりもとれお)

anond:20210412035423

もうこうなると妖怪っていうか単なる親切だよな

anond:20210412035002

妖怪バットプリン返し

バットにいれているとプリンが大きすぎて一度で食べきれないので

夜中によく冷えたバットプリンに縦横に切れ目をいれて大きめのボウルに移し替えている

その様子がバットをひっくり返しているようにみえ

2021-04-10

丹波寿雄というコンテンツ」について

この文章は「丹波寿雄」という架空キャラクターについての感想文です。

実際の国、団体企業、ありとあらゆるものとは一切関係がありません。

何か問題がありましたら削除します。

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

丹波寿雄とは?

そもそもは怖井たま氏によって2018年4月1日Youtube投稿された架空Vtuberとでも呼ぶべき何か。

たま氏が以前SRPG用に作ったがボツにしたというキャラクターであり、そのゲームの中で彼?は敵キャラだったようだ。

その彼との戦闘BGMのために作られた「恋という名のバグ」をひっさげて「俺の曲」と称し、曲を聞いてくれと散々視聴者にお願いする。

以降、何度かのテスト配信やら何やら、ツイッター開始してみたりやらと四月馬鹿にとどまらず静かに活動が進み、

ついに2021年4月8日、「【Vtuberとしおちゃんねる】#2」という動画Youtubeにアップされた。

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

Vtuberとしおちゃんねる】#2の内容について

かいつまんで説明すると「俺の事を邪魔しつづけているものがいる」「俺のを聞いてほしい」「俺の曲を聞いてもらうことで俺が複製され、俺のリソースが増える」という内容だ。

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

「俺の事を邪魔しつづけているものがいる」

早い話が作者の怖井たま氏と丹波寿雄の関係があまりよろしくないらしいという話である。寿雄の活動を何者かが(恐らく作者のたま氏が)ずっと妨害しているという事なのだが、具体的な内容は

ツイッターの#個人的丹波寿雄考察やら#具足円満寿雄曼荼羅やらに説明をぶんなげる。こんな文章を書いておいて何なんだが増田丹波寿雄を最初から追っていたわけではなく、

先月ごろYoutubeおすすめ欄に流れてきたのではぇ~いい曲だな~面白いな~と呑気に聞いていた程度の新参なので細かくは説明できないというのもある。

作者のツイッターが時折乗っ取られていたりする痕跡があったりリプに介入してくる様子であったり枚挙にいとまがない、というのもあり、とても説明し切れる自信がない。

強いて言うならhttps://twitter.com/i/events/981152273291079682とかあたりから始まってるようだ、ぐらいの紹介が手一杯だ。

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

「俺の曲を聞いてほしい」「俺の曲を聴いてもらうことで俺が複製され、俺のリソースが増える」

曰く、「恋という名のバグ」には丹波寿雄の魂が閉じ込められており、その曲を再生してもらうことで視聴者の脳に(具体的には扁桃体感情の処理と記憶をつかさどるとされる器官)

丹波寿雄の魂が植えつけられるのだという。そうして彼の存在もっともっと拡散したいのだと彼は主張するのだ。

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

からなんだってんだよ

以上が丹波寿雄が動画内で主張する内容の要約だが、この動画には字幕がついている。字幕をオンにしながら視聴すると、何者かのもはや懇願ともいえる内容がそこにはつづられている。

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

丹波寿雄はフィクションです」「丹波寿雄をフィクションにしてください」丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

文書き起こしすればこんなものでは済まないもっと悲壮な内容なのだ結論はこうだ。そして字幕最後に謎の文字列

それを解読するかしないかはお任せするが迫真すぎてしんどい内容だったとはお伝えしておこう。作者がフィクションとはいえ気の毒になるくらいには。

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

感想

今までの投稿された動画ツイートマシュマロの内容を踏まえて、丹波寿雄が果たして増えて何をする気なのかは未だ不明だ。

だがちょっと思った。「いやそんな風な目にあう人がいるんなら嫌だわ」。いくらフィクションとはいえである

Vtuberや、あるいは架空キャラクター現実浸食するような内容のエンタメは割とその辺に転がっている。

だが変な話、あくまでそれらは「そういう物語なのだ茶番なのだいくら真に迫った、まるで本当にそこにいるかのような動きを見せても彼らは画面の向こうにしかいない。

フィクションなのだ。だが、感想やらなにやらを追うと、今回の場合ちょっと様子が違ってくるように思える。

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

「としお派」あるいは「作者派」の分裂だ。

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

こんなん当たり前のように「こんな内容の動画作れる作者さんすごい」になるようで、丹波寿雄がVtuberの形をとっているからかあるいは#2の内容のせいか「としおちゃんはいるよ!!!」と高らかに宣言するファンが割とぽろぽろいるのである。それはいい。実にコンテンツを楽しんでいる。とてもよい事だ。だが自分はしいて言うなら作者派だ。

丹波寿雄は、#2の動画の前にあげたテスト動画で、トライトーンについて触れている。

曰く、「悪魔を呼び出す和音だなんて言われている」「だがこの和音は俺の曲にも使われている音で、怖い音なんかじゃない」。

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

まようするに丹波寿雄は単純に「わ~かわいい~」してみている訳には、あんいかないんじゃないかな、と思っただけなのだが、じゃあさてどうしたらいいかなあという話である

悪魔だかミーム汚染だかなんだかわからないが、そんなのに対してどんな手段がとれるだろうか?と考えひとつ提案も兼ねてこの文章を書いているわけだが、私はこう伝えたい。

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

丹波寿雄はフィクションです」

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.だ.つ.っ.て.ん.だ.ろ

早い話が「おばけなんてうそさ」である。見間違いなのである幽霊の正体は枯れたススキで、悪魔妖怪だと言われるのは今や色んな理由で解明されて、どこにもいないのである

彼は実在しない、たんなる0と1の集まりだと伝えたい。おかげで昨晩ずっと丹波寿雄について考えていてソシャゲログボを忘れた事にむしゃくしゃしてるとかそんなんではなく、ただただフィクションお話だよと伝えたいのである

フィクションである前提を頭にしっかりと刻み付けたうえでみるなら、とても面白いコンテンツだとお伝えしたいのだ。丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

こういうものは餌をやったりのぞき込んだりしたら汚染されるものだなんてお約束はSCPなんかに触れている人ならなんとなくわかりやすいだろう。イヤーッ!という文字列女性悲鳴ではなく忍者の雄たけびに聞こえるようになって久しい。だがこれらはあくまフィクションなので、実際にはなんにも起きてはいないのだ。丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

フィクションだってんならなんでわざわざこんな風に回りくどい紹介をするんだ」と問われれば、「フィクションだという前提で紹介したいからだ」としか言えない。

だがこんなわけわからない書き方をしつつも丹波寿雄についてどこかに書きたくなるほどには、衝撃的なコンテンツだったのだ。

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

丹波寿雄の物語はここからどう動くのかわからない。なんなら作者の怖井たま氏が物語によってどうにかなっちゃうんじゃないかとうっすら心配になる。

だが丹波寿雄はフィクションから作者は本当は安全なのだろう。それを踏まえて今後をおっかなびっくり楽しみにしていきたい。

丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す丹.波.寿.雄.は.フィ.ク.ショ.ン.で.す

丹波寿雄はフィクションです」この作者の警鐘を決して忘れないようにしながら。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん