「妖怪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 妖怪とは

2018-09-16

ラノベエロ表紙ゾーニング問題

今日わりとデカめの本屋に行ったらエロい表紙のラノベばかりが置かれていることはなく、BLだのティーンズラブだの性的表現が強めの漫画ちゃんゾーニングされていた。

俺が小学生の頃は週刊少年ジャンプで連載されていた電影少女っていう結構エロい漫画があってそりゃもう毎週ジャンプを楽しみにしていたし、単行本も買ってた。

親に中身見られたらヤバイと思ったけど、親は漫画に興味がなかったから助かった。

電影少女単行本持っているというと同級生の中ではヒーロー扱いで、みんなに貸してボロボロになった。

俺は今でも夜に散歩している時、見たことのないビデオ屋さんが散歩コースに突然建っていたりしないだろうかと空想にひたることがある。

それで何が言いたいかというと、こういう小・中学生でも手の出せる範囲エロって本屋マンガコーナーみたいな購入しやす場所にあってもいいと思うんだ。

矢吹健太朗先生くらいのエロさだったら少年漫画でアリってことだから、小・中学生が買いやすいところにあっていいと思うんだよね。

じゃなかったら今時の小・中学生はどうやってエロ補給するんだよ?

インターネットがみんな与えられているわけじゃなかろうし、昔のようにエロ本が公園の片隅に落ちているなんてこともめっきりみなくなった。

いやあれは妖怪が落としたまだ心が純粋子供しか見えないエロ本だったんだろうか?

エロいことに興味が出てくるのは自然なことで、それを適度に年齢にあわせて与えることって必要じゃないのかなと思った。それがラノベとか矢吹先生役割じゃないの?

2018-09-10

妖怪幽霊

妖怪は会ってみたいけど、幽霊はやだ。

妖怪はなんというか、動物っていうか、UMAっていうか、そういう「人とは違う存在」っぽくてワクワクする。(牛鬼とか)

幽霊は結局人間なので、出てきてもらっても気を遣っちゃう。例えば、枕元に武士がいたら「まぁまぁ、座ってください」となるじゃん。

幽霊にはロマンがない。

2018-09-08

初心者ラノベを書き始めるための、たった3つのステップ

重版出来が決まったので記念に。

自分がいつもやってる作品の作り方を3ステップで投下。

作品概要をしっかり決める

「元気な男の子が」「宝物を探して」「大海賊になる」(ワンピース

天涯孤独女の子が」「妖怪の嫁になれと言われるが」「得意の料理スキルできりぬける」(かくりよの宿屋

博士の遺志を継いだ青年が」「小さくなる体で」「悪と戦う」(アントマン

異世界とつながった居酒屋が」「いろいろなお客様と」「料理を通じた日常を送る」(異世界居酒屋のぶ)

 

これによって

大海賊になる【冒険】」を売りにすればいいのか

「おいしそうな料理」をたくさん出せばいいのか

日常に誰でもありそうな物語」を集めればいいのか

自分の中で迷子になったとき羅針盤に。

 

物語を膨らませる

勇者に目覚めた少年」が「魔王を倒す」という物語場合

 

最初に全体を

1:勇者に目覚める

2:仲間と出会

3:苦難を乗り越える

4:魔王を倒す

に分けたとする。

 

その各要素をまた膨らませていく。

たとえば2なら

2-A:モンスターに襲われていた旅の魔法使いを救って

2-B:街の闘技場で戦ったチャンピョン意気投合して

2-C:モンスターに襲われていた村の教会シスター正義感燃え

2-D:モンスター集落から追い出された、モンスターに育てられた人間を助けて

みたいな感じ。ボツになりそうなもの最初は書いておくと、あとから使えるときがくるかも。

 

また、「3:苦難を乗り越える」から「3-1:偉い人から無理難題」と細分化した先から

3-A1王様から姫の救出を

3-A1村長から西の森の怪物盗伐を

3-A1成仏できない幽霊から思い出の品の探索

みたいな、細かい派生をつけていく。

 

それを最初バランスよく並べて、物語の緩急を決めておくと筆が進みやすい(あくま個人的に)

 

■メインキャラは「位置づけ」から考える

例えば女性ヒロインがいたとして「主人公に対してどんな人物か」から始めていくといい。

おせっかいクラス委員長」なのか「暴走気味な主人公ストッパー」なのか

「昔から親友で、ウジウジしがちな主人公をいつも奮い立たせてくれる」とか

「何でも教えてくれる、優しく主人公知恵袋なばっちゃん」とか。

それに必要な設定を載せていくと、あとはキャラ勝手にしゃべり始める。

 

「ああ、そんな雑なセリフはこいつらしくないな」なんて言うレベルに仕上がってくれば上出来。

自分場合、3割程度は意図的に作って、あとはどこかで見聞きしたキャラセリフかぶせていけば

そのうちオリジナルキャラに近くなってくるパターンが多い。

 

この3つを、自分担当さんとしゃべる時のプロットって言ってる。

この設計図大元ができたら、あとは自分の好きな文体で書くだけ。

 

ここを読んでる人は、それなりに活字を読むのが苦痛ではない人種だと思う。

アニメマンガ映画も、すべてはこの活字から生まれる。

ぜひ世の中に、一つでも多くの楽しい作品を送り出してほしい。

 

何よりも、僕がそれを楽しみにしている。

2018-09-03

作者、監督が屑だと作品まで嫌いになるよね

蛭子能収さくらももこ

説明いる?蛭子能収に至っては畜生エピソードwikipediaにまとめられるレベル

山本寛

説明いる?WUG!がいまいち人気出なかったのもアニメの出来以前にこの人のイメージがちらちらしていたせいだろ。無関係になった二期にも外野からあれこれ言ってたのは腹がたった。

高橋陽一

キャプテン翼パチスロ化の際、東日本大震災を口実にした所が嫌い。

パチンコマネーが欲しいならはっきりそう言えばいい。いかにもそれっぽい言い訳で誤魔化すなよ。そもそも全国各地で設置されるのに被災者の娯楽??『今度はぱちんこ友達だ!』のキャッチコピーも最悪。

パチンコに魂を売ったとか下らないこと言わないから。武論尊みたいに大儲けしましたって言えばいいのに。

富野由悠季

自分過去作品批判するのは勝手だが、それを見ていた、好きなファンまで一緒に貶す意味がわからない。

視聴者を軽視しエゴを通したGレコが「訳が分からない」という理由でそっぽを向かれ、SEEDには当然遠く及ばずAGE、鉄血と並ぶ10年代の失敗ガンダムの一つになってしまったのは当然の結果。

谷川流

続けるでもなく終わらせるでもなく中途半端な所で話を放置したまま毎日麻雀三昧。某所にある雀荘に行けば会えるという噂も。パチンコに魂を売って得た金でやる麻雀楽しいか?楽しいんだろうなぁ…。

和月伸宏島袋光年押切蓮介

なんでこの人達さらっと復帰してるの?身内に甘すぎない?

香月日輪

なぜか没後に2クールかけてアニメ放送された「妖怪アパートの幽雅な日常」の作者。

BL趣味政治的思想に関しては自由だし別にいいのだが、他の児童書キャラを使ったホモ話を書いてそのことを批判してきた読者を反論不可能場所から一方的攻撃したり、

会員制の裏サイト挿絵絵師を叩いたり、自作へのパクリ指摘にキレたり。とにかく痛い人だった。

妖怪アパートもやたらに上から目線主人公とそれを持ち上げる仲間たちが一方的説教する、独善的で作者の人格を疑うよな話が多くて引いた。一番やべぇと思ったのは喫煙肯定シーン。なんでこれを今アニメ化したんだろう?

なおアニメは大コケし、作者も死んだので黒歴史全開のホームページはそのまま放置されている。痛い物見たさで覗かないように。

2018-09-02

ネットに見る創作怪談類型

1.なんか拾った・見つけた・貰った

捨てられてるものを拾ったり遺品の整理などで見つけたりしたものがヤバかったパターン施設建物発見して潜入するバリエーションもある。

※意外と登場人物が死んだりするハード展開が多い。おすすめ

2.しんみりエロゲ

田舎で育った俺と美少女の幼馴染(なぜか巫女をやってたりする)が体験するちょっぴり怖くて切なくも悲しい話パターン

※大体つまらないのでおすすめしない。昔はかなりの勢力だったが最近はあまり見なくなった

3.廃墟肝試し

タイトルそのまま。大体霊だけど基地外に怖い目にあわされるというパターンもある。

※最大派閥リアルでやってるやつには会わないけど創作怪談の中ではみんながやってる肝試し

4.差別

中国人韓国人部落出身者が自業自得で酷い目に合いましたというパターン海外旅行で見聞きしたという体の都市伝説(いわゆる達磨女など)も含まれる。

※昔は後者がメインだったが、日韓ワールドカップぐらいかヘイト感情の高まりとともに前者がジャンル化するほど増えていった。

5.未知との遭遇

霊なのか妖怪なのか神なのかわからないものに遭遇してしまった、というパターン

くねくねの爆発的流行とともに一大ジャンルにのし上がった。神的なものに遭遇する場合、なぜか山が舞台であることが多い。

6.学校会社

忘れ物を取りに帰ったり、一人で居残りしているときに、という王道パターン

登場人物生還率が高い。怖すぎるのは嫌という人におすすめ

7.人間のほうが怖い

タイトルそのまま。基地外に目をつけられたり、痴情のもつからストーカーされたりするパターン

※エグめの話が多い。4との合わせ技のケースも。

8.異世界へ行っちゃいました

きさらぎ駅以降増加。異世界からこの世界へ来ました・時空のおっさんに会いましたなどなど。別世界のつくりこみによって完成度に差が出るため、作者の力量が問われるパターン

他にもあったら教えてほしい

ゲゲゲの鬼太郎世界って危機感無さ過ぎだろ

タヌキの時に国家規模の危機に陥ったのに妖怪への根本的な対策をしないどころか、テレビネット報道されていたのに未だに一般人は「妖怪なんているわけねーよ」で妖怪存在すら疑ってるし。

妖怪がそこら中にいて被害があるのに、いざ現れた時の対策妖怪ポストを使って鬼太郎に助けを乞うくらいしか出来ないって恐怖しかないだろ。

あと目玉の親父に対して一般人の反応薄すぎだろ。初めはちょっと驚くけどその後普通に会話してるが、目玉と会話できることに疑問を感じないのかあの世界の住民は。

妖怪になんか用かい

なにかあれば聞くよ

2018-09-01

anond:20180901005029

夫の思いやりではなくて、

元増田人間性を捨てたモンスターなだけですね。

人生ベネフィットだけを考える妖怪とも言えます

人としての尊厳や、子どもを育てる意義、損得を超えて人生なすべきことなど、それらを投げ捨ててるわけです。

2018-08-31

高校生告白された

毎日のように行くコーヒーショップがある。常連なので顔が覚えられているどころか、数分程度なら会話もする位には仲良くなってる店員さんも何人もいる。

昨日、いつものようにコーヒーを買いに行って、つまら冗談を言ってから職場に戻って来ると、エンベロープの内側にメモが挟まれているのに気づいた。

LineIDメアドに加えて、連絡が欲しいと一言書いてあった。なじみの店だし無視して足が遠のくのもどうかと思って、連絡をとってからタイトル。初々しくてよいw

俺は既に30代で、その子とは10年以上も年の差がある。はっきり言えば倍だよねw

「もうオッサンだぞ。童顔で若く見えるかもしれないけど34なんだ。今、高3の君から見ると、倍の年数を生きた妖怪じゃん」

と暗に「そんなに年上だと思ってなかったです。ごめんなさい」「いいよ、いいよ。めっちゃしかったし、店であった時は宜しくね」で笑い話にする流れにしようと思ったのだけど、「その位だと思ってましたよ」と思いのほか意志は固い。

日々の雑談で聞かれるままに答えてて、独身だし彼女なんぞはいないし、男ばかりの職場出会いもないし、好きな人すらいない事は既に把握されている。だからステレオタイプな傷つけない断り方は難しい。

プライベートな話はするつもりなかったから、実は嘘で彼女がいるんだ」なんてのは卑怯すぎるだろう、というか同じ店の女子大生デートに誘えなくなるから論外。

好意を寄せられてうれしくない人間なんていない。だからそれ自体は嬉しい。女子大生は好きですが、高校生はいかん。条例違反ニュースになるのは避けないといかん。

と言って、相手子供からという理由で袖にするのではなく、人を見て上手く行く行かない、好きになれるなれないを判断した体を崩したくはないとは思う。年齢なんぞラベルに過ぎない。

近いうちに昼飯でも一緒に食って「君が大学生になったときに同じ気持ちでいてくれたら、その時は遊びに行こうな。」て感じで、社会ルールを盾にとって、冷静になる時間を取れるように言って聞かせるしかあるまいと思うが、お前らならどうする?

なお、美少女ではないから、ブックマーカーどもは嫉妬すんな。


追記

人気トップコメに持っていかれた感ww笑いました。

ありがとうございます

俺が考えている対応で良さそうですね。付き合う気があるのかないのかで言うと、全くない訳ではないけど、初めからその気で迫れる様な年齢ではないというのが心理的な壁になってます

大学3,4年生なら喜んで行くくせに何言ってんだ?って話でしょうけど、17,8歳ってのはなかなかの壁を感じますよ。

会ううちに好きになるかもしれないし、彼女が俺に対する良い思い込みを捨てられるかもしれないと思ってもいます

いずれにせよ公序良俗ってものを考えても、互いの気持ち人生を考えても、少しクッションになる空白時間を置いた方が良いのかなと思っています

昼飯に誘って話をしてみます

しかし、何人か仲良くなってる店員さんがいるのに、もうこの子卒業してバイト辞めるまでは、誰にもちょっかい出せなくなったなぁというのが微妙に悲しくw

anond:20180831160513

みんな集合だ!!集まれまれ!!

妖怪手受け精液マンを倒すぞー!!

2018-08-30

妖怪ウォッチワールド個人的攻略ポイントを置いておく

https://youkaiww.gungho.jp/member/

ブログに置いておきたいんだけど色んな事情があるので増田で。書き足す気はあんまないしあくまでも現時点な。

プロフィール・設定

ひとことで予定や普段ルーティンをしゃべる人が増えたのはとてもよいと思う。

例えば都内でサーチして、「福岡」とか出ててもプロフ見ただけじゃ「この2週間以内に福岡に行って帰ってきた」のか「福岡拠点だけどたまたま都内にいる」のかがわからいからどのみち憑依させづらい。よっぽどメダルに余裕があるときじゃない限り「現在地都道府県以外の表示」で「プロフなし」なのはやめてる。それで東京から地方にもちょいちょい飛ぶけど不安だし割とリスクある。

道しるべ妖怪・好きな妖怪もなるべくセット。称号は「~~の人気者」<「実力者」<「制覇者」、あと特殊系(「祭りだワッショイ」「セントラル派/パシフィック派」「のぞみ英雄」)。拠点に対して珍しいやつを置いといた方がいい気がする。都内だとパシフィック派が取りづらいか(意外と北に行く人が少ない)。

自分が移動するとき

マップ品質」を低レベル(最低近く)まで落とす/「バックグラウンド実行」を許可する。移動終了までアプリ絶対に落とさない。

一旦落として移動先で再起動すると「移動距離が最終ログイン地点から現在地までの直線距離」かつ「途中で立ち寄った市区町村称号が取れない(移動先としてカウントされない)」から、滅多なことがない限り移動中はずっとバックグラウンド実行しておくのをおすすめする。

あとは主要移動ポイント(ターミナル駅とか)は憑依されることも多いのでこまめに確認

ちなみに駅メモと当時並行でやるとどっちもめちゃくちゃ落ちるので注意。妖怪WWは落ちた時も↑と同じ挙動になる。

・憑依させるとき

プロフィール・予定がしっかり整ってる人をきちんと選ぶ。

自動承認があるのはAndroid。「待機中」→承認拒否。気づき次第憑依させなおした方が吉。

コメントはサーチかけた時に一瞬冒頭7文字が見えるから、そこに重要情報を詰めるといい。「31日午前千葉」とか。全角半角はあんまし確認してないです。

10000ヨーカの再憑依は「普段自分が行かないところに運んでもらった」ならその地方を埋めるチャンスだから積極的に払うといいと思う。その土地地力が低くても妖怪の木を植えるといい(各地方妖怪友達になるミッションがある)。

・バトル・育成

種族「とくい」と「ニガテ」が違うやつを2-3匹くらいは育てておいた方がいいんじゃないか。2種族つの4つ巴だけど。

バトルの時は5匹出せるから前衛の2は種族/「とくい」が違うアタッカー前衛後衛回復1ずつ、あとは育てたいのを後衛に1、にしてる。

向こうが1匹倒れたら、空いているところに回復妖怪を移動させてなるべく攻撃を受けないようにしてる。

妖怪が仲間になりたがってる場合は低ランクでも基本承認させるといい(ミッションの都合)。

ランクが被ったら合成して技レベルをあげる(こっちもミッションがある)。限定ジバ・コマを合成させるのに迷ってホルダー圧迫されてるんだけどどうすればいいんだろう。

バトル向きの妖怪とヒョーイ向きの妖怪がいて、ここら辺をバランスよく育成させるのが難しいな……って思う。

2018-08-22

スリッパをはけ

同居人いくら言っても室内でスリッパを履かない。

仕事から帰ってくると裸足でぺったぺったぺったぺったと

足を床に張り付かせる音をさせながら歩く。

うちはフローリングCFで、絨毯やカーペットの部屋はない。

その音が耐え難いほど不快で、聞きたくないか耳栓をしている。

集合住宅なので、夜に大きな音を出すのは嫌だし

 イヤフォンでずっと音楽を聞いてたらこっちの耳がおかしくなりそうだから

何故履かないのかというと単純に「履きたくない」かららしい。

ずっと靴を履いているから家では開放されたいのだろうが。

何も自分の部屋内で履いてくれとは言わない、共有部分では履いて欲しいだけだ。

足の裏にも汗をかく、床に汗と一日繁殖させた菌をばらまきながら歩くのは不潔だ、

もしかして水虫菌をばらまいているかもしれない(気づかずなっている人もいる)、

誰しも無菌と言うわけではないしいっさい汚すなと言うのではない、

毛が落ちるなどどうしても防げない現象には文句を言わないが、

ただスリッパを履いて欲しいだけで、それで防げるものを、何故履かないのか。

言うとへらへら笑って逃げ出すかごまかすかで、絶対にわかった、履くとは言わない。

理屈として自分のほうが分が悪いことは理解しているからか、

「え~~でも~~」などと言いながら逃げるだけ。

こちらを論破するくらいの理屈反論を並べたててくるならば、

まだ「そこまでの思い入れがあるならば」とこちらも思えるものを、それもない。

(まあ、言い返せないのだろうが)

帰ってきてすぐに風呂に入るとか、足を清潔にする配慮をしてくれればまだしもそれもない。

いつまでもだらしなくリビングテレビを見て、そのまま風呂にも入らず寝落ちしてたりする。

今夜もぺったぺったぺったぺった、汗と汚れを床にスタンプする音が聞こえる。

正直、育ちが悪いと思う。他人の家にも裸足で上がる人間なのだろうか。

うその音が妖怪が歩いている音にしか思えなくて、

ぶっちゃけ奴はチビデブブサイクおっさんなので、もう妖怪しか見えなくて、

心の底から気持ち悪いし怖気がする。

奴にスリッパを履かせられるならそれで解決する問題だ。

だが無理だろう。40過ぎた人間はそうそう変わるまい。

そもそも自分から変わる気のない他人を変えることなどできないし

他人を変えようとするなんて傲慢なのかもしれない。

変わってくれればという期待もとうに捨て去った。

そんなわけで、一番合理的かつ早い方法として

離婚して出ていくことにした。

今夜はお祝いだ。

2018-08-16

怖い話

さっきシャワー浴びて出るとき、いつもはしないんだけど結露落とし?みたいなワイパーやってたら、シャワーの水が出しっぱなしになってた。

すぐ寝たかったのでシャワー温度を下げるべく、いつものお湯蛇口に加えてちょろちょろの水蛇口をおひねりしたからなんだけど。

うっかり忘れてて、いつもどおりそのまま浴室を出てたら、一晩中、なんなら一日中出しっぱなしになるところだった。

危ない危ない。いったい何リットルの水を無駄にするところだったんだろう。一分間にペットボトル1本分としても、1時間で60本。

6時間360本、12時間で720本、24時間で1440本。やべえやべえ。とんでもない量だ。浴室にためたら天井との隙間はどれくらいになるだろうか。

確実に重みで死ねる。崩れたペットポトルの山の下敷きになったら死ねる。想像だけでも圧倒的な存在感重厚感。

それを無駄にしてしまうところだった。

いつもどおりの行動でうっかりに気付けなかったら思うと、とてつもなくもったいないというか、オカルト的な恐怖を感じた。

そもそも人間にとっての恐怖とは、命を守るのに必要本能的な感情で、日本在住の現代会社員の俺には持て余すものだ。

駅のホームうつらうつらしてしまってハッとする恐怖や上司ミスを暴かれる恐怖や飲みすぎて怒られるから家に帰りたくない恐怖とは別物だ。

バーンってきてドーンってなってウワー!っていうのも恐怖だけど、隙間からにゅるって入ってきて気付いたら足元に絶望がいた、みたいな恐怖。

一度でも体験してしまうと、二度と思い出したくない感情。雪を見てフラッシュバックしたり、体が震えたり。

から、そういう「タグ」を作っておく。幽霊とか、妖怪とか。

水のもったいないお化けがいたんだ。

そのお化けが、いつもはしない結露落とし?みたいなワイパーをやらせたんだ。

お盆だしな。

2018-08-14

フリースタイルラップ 戦極18章の雑感

全体の雑感

17章より18章のほうが盛り上がってるなと感じた、理由は分からない。

ビートの音のバランス悪かったような気がした。ビートチェックの時、聞こえるかな?と不安になることもあった。二階席だからかもしれなかった。

二階席は今回完全自由席だったけど、形式的には前回の先着順の指定席のほうが安心できるなと思った。二階を選ぶのはある程度環境的にリラックスしたいからで、時間的余裕もそこ(環境)に含まれいるから、ギリギリにきて席が無い人はかわいそうだなって思った。数的には足りてても結局一席開けて座ったりしてるから座れない人とか居た。

毎回毎回八文字って本当に有能だなって思った。ラッパーへのリスペクト、進行のリズム(めちゃ大事)、観客のコントロールラップバトル(ゲーム)としての筋を曲げないなど、とか挙げるとキリがない。

トーナメント人数しぼったのは正解だった。時間的余裕と試合クオリティ確保の面からみて。次もこれでいい。

梅田サイファーのショーケースは全然良くなかった。ドイケンだけめちゃ上手かった。ただ韻踏の曲一番長くやってどうすんねんと思った。ならERONEだせよ。

ベストバウト

一番良かったのはSAM対IDだった(一回戦)

初戦(NAIKA対MAVEL)から会場があがっていたのは間違いないけど、このバトルが会場の盛り上がりを決定づけたと思う。

正直ビートはローテーション形式だった時点で当たりはずれがあるなと思っていたけど、

ズゴックビーツが一番シンプル(三人の中で)でバトルビートぽかったのもかなり良かったと思う。

1バース目のID良すぎてびっくりした。wrepも聞いていたかIDの肩を持つ形でバトルを聞いていたけど、最後はSAMに声をあげてた。どっちも最高だった。

他、ラッパー別の雑感(順番適当)

智大キマりすぎて目がうつろだったの笑った。

GOTIT強く感じた、パパラッパー的なポジションで勝つにはバイブス以外にもなんか寂しさとか悲哀があればなあって思った。一回は勝てるけど連勝するのは苦しいかも。でも強い、格好いい。

だーひーが頑張ってた主人公ポジをゲットしてた、もう少しタレント性(キャラクタービジュアル)があれば勝ち上がってたかもしれない。芋臭さが抜けない。

SIMONJAPが昔のSIMONJAPだった、ちょうどいい俺様感とフロウ、ただ最後しゃしゃりすぎて負けてた。

GILに貫録がついてきた。喋れば喋るほど対戦相手との格の差を見せつけるようだった。昔の比較的韻を重視したスタイルから韻というよりも内容重視なところもスタイルチェンジだと思った。17章一回戦のときのGILはかなり喋りにフロウも混ぜあってた印象があった分、18章はかなりその差が気になった。語尾EEAで踏んでばかり。

HIBIKIめっちゃラップ良かった、一番音源が聞きたいと思った。

SAMは過去大会の中でめちゃめちゃ良かった分、後半の失速が残念だった。ラップしながら言葉を探してる様子も見受けられたのも観客から見て苦しさが目立った。それでもめちゃ強かった。今回獲るかと思った(①)

漢は強かった。いつも通り頭韻踏みまくって対話で圧倒してた。相手に恵まれたのもあると思うけど、勝ち上がっていく姿は痛快だった。

上野さんはもっとエンタメで戦うことのカッコよさを語ってたらmol53にも余裕で勝ってたかもって思った。バトルじゃなくても戦ってるのさ的な、残念。

輪入道は声枯れてた? なんか本調子じゃないままだった。

JAKE本当にプロップスについてきたなって思った。会場があの余裕な表情から出る相手へのマウントと話の落とし方にすごく期待してたように感じた。ついでに対輪入道とき言った妖怪倒すのは鳥取県って決まってるみたいな最後の話の落とし方もよかった。

とにかくmu-tonのプロップスヤバすぎた。今回獲るかと思った(②)

から思ってたけど9forがやっぱり《高校生ラップ》の完成形だと思う。ビジュアルキャラクターさえ決まれR指定に余裕で匹敵しても全然おかしくない。こういう言い方は良くないけど、良いブレインが付いたら化けると思った。

GOLBYは草むしりのおじさんみたいな格好してた、頑張ってた。好き。

mol53は負けた後のフリースタイルがとてもカッコよかった、文字書こうって思った。

じょうはキャップかぶってたほうがいいと思った。ビジュアルからでも今までの立ち位置と変わってるってことを観客にわからすことも大事かなと思った。浪人生みたいな格好で対戦相手茶化すスタイルから、少しタイトめにビジュアルから締めていくと、みてる側の印象も変わるなあって思った。2016のkokからうっすらそう感じてたけど、今回は単純にキャップ似合ってた。

呂布カルマは対GILで、最後バースで「GILと真っ向対立して観客にどちらが勝者か問う」という試合運びは呂布カルマのほうが後攻だからこそ出せた内容だったと思うし、言い切った格好よさがあった。

他はわりといつも通り。

18章は最高だった。

2018-08-10

コンビ名が一般名詞っぽい芸人

思いついたやつだけGoogle

てきとに目測で判断

誰かもっと精密にやってくれ

コンビトップ検索結果すべて(一ページ目)画像動画(一ページ目)
ダウンタウン芸人9割芸人芸人芸人
ハイヒール芸人Wikipedia以外は靴
ネプチューン芸人ほぼ名倉本芸人、たまにアニメ絵芸人
チュートリアル一般名詞半々芸人芸人
アメリカザリガニ芸人ザリガニ強いほぼザリガニたまにザリガニ
ハリセンボン芸人ほぼ芸人魚8対芸人2くらい魚と半々
たんぽぽ店の地図芸人Wikipediaくらい芸人は4割位
オセロリバーシリバーシ芸人Wikipediaすらないリバーシリバーシ
磁石マグネットWikipediaすら出てこないほぼマグネットほぼマグネット
アジアン芸人ほぼ芸人芸人ハーブが多い
天津天津ほぼチャイナ天津夜景天津爆発事故
流れ星芸人半々ほぼ星芸人
ピースPiece翻訳、次が芸人タバコとか平和とかピースサインの素材米津玄師ピースサインに負けてるぞ
サバンナ一般名詞芸人率5割位ほぼ雄大景色7割芸人
ペナルティ芸人サッカーペナルティSEO話が多い芸人サッカー用品とコントサッカー用品・SEO
オードリー芸人芸人たまにヘップバーンっぽい女芸人オードリーって一般名詞じゃないな
キングコング芸人映画とかも多いほぼゴリゴリ映画やったばっかだから、というかこれも固有名詞だった
フルーツポンチクックパッドスイーツが多いスイーツスイーツ
かまいたち芸人妖怪も出てくるほぼ芸人芸人
麒麟芸人神獣やビール会社も強いほぼ神獣ほぼビールCM
鬼ヶ島桃太郎が強すぎる鬼ヶ島イメージ画像が多い
カンニング芸人6割芸人半々カンニング方法動画がたくさんあって闇深
アンタッチャブル芸人映画と半々映画芸人半々くらいたまに映画映画が強いのか、アンタッチャブルアンタッチャブルになってるからなのか
和牛芸人芸人芸人たまに肉
ライス芸人最後食べログ白米レシピと半々
とろサーモン芸人芸人芸人芸人
ニューヨーク
レギュラーregularの翻訳ほぼ芸人芸人時々服(レギュラーサイズ)あるあるは強いがドラムとかも出てくる
アイデンティティ単語意味同名のゲーム攻略が多いほぼ芸人ほぼ芸人


結構「お前が検索したいのは芸人か?一般名詞か?」と泉の精みたいなことを右で聞いてくる

なんかシークレットで検索しても履歴とかバレてんのかなみたいなことよくわかんないしめんどくさくなってきた

あと一般名詞がなにかわかんなくなってきた 千鳥とか芸人しか出てこないけどどうだっけ?

くりぃむとかU-turnとかダイノジも考えたけど表記ブレがあると普通に分かたれて検索されるので面白くなくてやめた

バカルディは酒しか出てこない アルファルファはほぼ植物 海砂利水魚くりぃむ

食べ物は意外に強くない 動物は強い 神話とか昔話も強い

2018-08-09

いただけるでしょうか

依頼の文面で「〜(して)いただけるでしょうか」を使う同僚がいて、見るたびに違和感を覚えていた。

書類を頂けるでしょうか」

「教えていただけるでしょうか」

「返却いただけるでしょうか」

などが用例。この人は会話でもこう言う。最後の例は「ご返却」としてほしい。

「いただけるでしょうか」ググってみたらそれなりに使われている。例えば「ご理解いただけるでしょうか」とか。これはなぜか違和感があまりない。しかしよくよく検索結果を見ると、依頼ではなく質問ばかりだ。あるいは、質問の体だけど答えは求めていない投げかけが多い。やはり依頼の「〜(して)いただけるでしょうか」は珍しいのではないか

動詞終止形に「でしょうか」が付いているから変なのかと思ったらそうでもない。

「まだ使えるでしょうか」

「雨は降るでしょうか」

これらには違和感がない。どちらも質問だけど。

自分は「〜(して)いただけますでしょうか」を使う。経験的に、他の人もよくこれを使っていると感じている。念のためこちらもググってみたら、誤用として複数ビジネスマナー指南サイトで紹介されているようだ。「ます」「です」が二重敬語なのだと。なるほど。

はいえ、検索上位にくるのは薄っぺらなページばかりで、これなんて特に酷い。

https://www.rirekisyodo.com/study/doublehonorific-point.html

日本語論理も内容もおかしい。こんな記事にとやかく言われたくない。

このページも酷い。

https://careerpark.jp/53907

「いただけますでしょうか」は二重敬語から NG と言いながら、「よろしかったでしょうか」は相手への配慮から OK とか。実際に NGOK かは別としても、この論理でよく記事にできたなと思う。

そしてこの「専門家」とは誰なのか。その専門家に「いただけますでしょうか」について聞くことはできなかったのか。まあ、そこだけ何かを読んで適当にぼかして引用したのだろうけど。

ここで感じたのは、「〜(して)いただけるでしょうか」は、こういったゴミみたいなビジネスマナー指南に従って「〜(して)いただけますでしょうか」を避けた結果として使われているんじゃないか、という疑問だ。

以下について知りたいけれども、検索だけでは答えが出そうにない。

1. 依頼の「〜(して)いただけるでしょうか」は昔から使われていて、これがむしろ自然だという人がいるのか。

2. 依頼の「〜(して)いただけるでしょうか」は「〜(して)いただけますでしょうか」を避けた結果という仮説は正しいか

3. 「〜(して)いただけますでしょうか」は、専門的にはどういう扱いなのか。

皆様のご意見、ご感想をお寄せいただけるでしょうか。

追記

そういえば便利な日本語コーパスがあったのを思い出した。

KOTONOHA 現代日本書き言葉均衡コーパス

少納言

http://www.kotonoha.gr.jp/shonagon/

まず「ますでしょうか」で調べてみた。「いただけ」は二重敬語の指摘に関係ないので。検索対象からヤフー国会会議録は除く。かなり例が出てくる。有名な執筆者ソースを幾つかピックアップしよう。

山本周五郎「人は負けながら勝つのがいい」1998

山﨑豊子「沈まぬ太陽」1999※

安部公房「方舟さくら丸」1984

京極夏彦本朝妖怪盛衰録」2003※

赤川次郎人形たちの椅子」1992

村上春樹東京奇譚集」2005

宮部みゆき「誰か」2003

曽根綾子「この悲しみの世に」1986

ここには、依頼でなく質問の「ますでしょうか」の例も含まれる(※印)。でも二重敬語が駄目なら依頼・質問区別関係ないだろう。

さて、「いただけるでしょうか」を検索たかったが、検索文字列10 字までということなので「けるでしょうか」で検索した。例はかなり少なく、依頼の用例はさらに少ない。とはいってもゼロではないこちらも有名どころを挙げておこう。

瀬戸内寂聴「女人源氏物語」1999

陳舜臣陳舜臣全集 第1巻」1986

というわけで、ここまでの個人的結論としてはこうだ。

1. 「いただけますでしょうか」は、文法的な是非はともかく、今後も自信を持って使っていいといえる十分な用例がある。

2. 「いただけるでしょうか」はそれなりに古い用例が存在するので、とやかく言うほどではなさそうだ。

2018-07-31

汗で洪水になるタイプ

もうね、とびっきりの汗かきなの!暑がりではないんだけど、とびきり汗をかくの!

今日なんて都内近郊が暑かったでしょ?いや、詳しく分かんないけど、私の汗腺の蛇口が開きっぱなしで、もう大変!

まず、駅から最寄りまで7分くらい歩くんだけど、みんな涼し気なお顔で歩いてる中、私は滝汗なわけ。え?みたいな!こっちは、頭からふくらはぎ裏にかけて吹き出してるわけよ。で、駅のホームで一息つくとまた溢れるんだよね!扇子でどうこうならないわ!みたいな。

そこから、また乗り換えで少し歩くんだけど、電車で少し閉まった蛇口が、すぐに全開になるわけ。で、20分位かけた化粧がほぼ半浮きになった状態で、顔も拭けないし、汗はまた止まらんしで、隣のタオルで顔ゴシ男性を恨めしく思ったね。妖怪よ、妖怪。汗かきババア。もう満員電車とか少し見送って乗るけど、本当にごめんなさいって感じで乗るよね。妖怪湿り気。

自分の汗腺がおかしいってのは重々承知だけど、どうやったらダラ汗をかかないのか知りたい。ズボンなんか履いた日には、あっ…この人、漏れちゃってる…?ってなるからね。絶対履かない。

こういう体質の人に対してのフォローって大体「代謝いいんだね〜」だけど、ただただ汗腺の蛇口がぶっ壊れてるようにしか

やり場のない悲しさに勢いで愚痴ったけど、汗かき同志は夏を乗り切ろうね………

2018-07-28

anond:20180728161647

大島弓子綿の国星もいいけど

実際に一緒に暮らしてた猫を擬人化した絵で描いてる「サバシリーズ」もすごくいいよね

姿は人間なんだけど描写は猫そのものっていうか

猫を飼っている人にはわかりやすくああこれは猫だ、と思える感じで描かれてると思う

かわいいのとはちょっと違うんだけど萩尾望都の「レオくん」「菱川さんと猫」も愛嬌ある描写で悲哀もあっていいし

有間しのぶ「やぶとはなもも」は擬人化されてない猫漫画だけど表情豊かな猫とその周りの人間物語でいい

木村わさびの「めしねこ大江戸食楽猫物語」は奇抜な展開と描写に目を奪われるけど

作者さんめちゃくちゃ猫の事よく観察してるな!ってくらい猫が本当にうまいと思う 猫の絵だけでも満足できる


北道正幸プ~ねこ」も猫の絵だけでもずっと眺めていたいくらい猫がかわいい

サライネス作品に出てくる猫も猫そのままの、でも個体の魅力がものすごく出てると思う

最近出たnoho「となりの妖怪さん」は普通の猫が猫又になるエピソードのある話だけど

姿そのものはそんなに擬人化されてるわけじゃなくて猫らしさがそのままあって、

この方も本当に猫をいつもよく見て描いてるんだなあと思う

深谷かほる先生もとても観察眼のある方でふくふくした猫の描写がうまくて

とにかく猫をよく見てるな!って感じられる絵の方の描く猫がすばらしいなと感じる

竹本泉ねこめ~わく」もしゃべる猫だけどかわいい

追記

手原和憲「ミル」もよかったよね!

女の子としてのかわいさだけに決してよらない猫としてのいじらしさ存分に出てたし

猫の絵自体も本当にかわいかった 遠慮がちな表情とか最高だった

2018-07-23

anond:20180723161845

別に俺に不都合はないので目も耳もふさぐ理由がない。

奇形児子供しか見えない妖怪の類だと思って生きているので、視界に入ることもない。

切断処理されるレベル不細工には同情するけど、それが世の中だと諦めてほしい。

anond:20180723160822

うん、だからね。不細工を見てしまったら、そこに居なかったかのように脳内変換していくわけよ。もしくは妖怪か変化かを見たように考えるわけ。そこから怪異譚が生まれるの。

2018-07-18

anond:20180718110114

オレは小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。

当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいない。

いつしかオレはノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていた。

それをばあちゃんに見せては

「ここでモンスターが出るんだよ」

「ここに止まったら三回休み~」

ばあちゃんニコニコしながら、「ほうそうかいそいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれる。

それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。

やがてオレにも友達が出き、そんなこともせず友達と遊びまくってたこ

家の事情も解消され、自分の家に戻った。ばあちゃんは別れる時もニコニコしていて、

「おとうさん、おかあさんと一緒に暮らせるようになってよかったねぇ」と喜んでくれた。

 

先日、そのばあちゃんが死んだ。89歳の大往生だった。

遺品を整理していた母から、「あんたに」と一冊のノートをもらった。

開いてみると、そこにはばあちゃんが作ったすごろくが書かれてあった。

モンスターの絵らしき物が書かれていたり、何故かぬらりひょんとか

妖怪も混じっていたり。「ばあちゃん、よく作ったな」とちょっと苦笑していた。

最後のあがりのページを見た。「あがり」と達筆な字で書かれていた、その下に

 

「義弘(オレ)くんに友達がいっぱいできますように」

 

人前で、親の前で号泣したのはあれが初めてでした。

ばあちゃん、死に目に会えなくてごめんよ。そしてありがとう

2018-07-17

[]

今回は少年ジャンプ+

探偵放課後に笑う

個性ギャグ漫画が何かとは一口はいえないけれども、本作は数週間後には存在のもの記憶からなくなってそう。

これといって特徴のないプロットに、ギャグ漫画的なキャラを押し込めた感じ。

プロットのもの面白みが皆無だからキャラクター紹介以上の意味を持っていない。

台詞回しとか、ツッコミポイントを無理やり作って何とか体裁は保っているけれども。

別にまらなかったというつもりはないけれども、ジャンプ+は掲載作品が多くてギャグコメディも粒ぞろいだから、それで培われた基準から見ると、このレベル作品はどうしても下から数えた方が早い部類になってしまう。

あやかされて家族計画

プロットに関しては、まあそういう作品だと割り切るなら可もなく不可もなくって感じ。

妖怪人間カオス状態ちゃんと描いているシーンが少ないから、どうも舞台装置的な感はする。

気になるのは構図とコマ割の方かな。

ヒロインとかの顔面ドアップのコマが多すぎるのと、コマキャラセリフもろもろ詰め込んでいるから全体的にページが窮屈に感じる。

作家の見せたいものと、構成上見せるべきものの配分がちょっといかなあ。

巨大化したヒロインたちの構図にいまいち重厚感がないのは、巨大なもの効果的に見せるための原則がないからだと思う。

巨大なキャラ主人公との対比のみの絵で済ませてしまっていて、影のつけ方とか独特な構図だとか、分かりやすい背景を置いて対照的に見せるだとか、そういうのがおざなりになってる。

あと、オチに関しては何となく読めた。

主人公のことごとく裏目に出る不幸体質から考えて、その主人公可愛いと思った相手がタダ者ではないことは明白だったし(そこにもうワンクッション置いてミスリードさせようとしているのは評価したい)。

周学旅行

超常現象の壮大さに対して、問題主人公のごく狭い範囲での解決に終始しているあたり、ジュブナイル的というか。

構図や、キメ絵を合間にしっかり挟んでいて、絵的に中だるみしにくいよう配慮している。

本作の問題解決の決め手は卓球なわけだけれども、ちゃん卓球での勝負シーンも派手に描いていて手を抜いたり誤魔化したりしていない。

決着そのものは描かれていないけれども、そこは描く必要がないってことを割り切っているあたり、構成力もあると思う。

ループの原因と、主人公がそれを脱却するために奮闘するのが対照的になっているのも良い。

兄の妻と旅行する話

終始、男視点で語られるけれども、極めて女性的な物語ではある。

いや、別にジェンダー論をあれこれ語るつもりはないし、この作家女性かどうかは知らないけれども。

自己感情の向き合い方とか、傾向の話として、レディース漫画チックっていう印象を持ったってことね。

そういう漫画って、「自分がどう思えたか」っていうことがそのままアンサーに繋がりやすい。

そこに行動は必ずしも直結せず、なんなら自分以外の当事者言動必要以上の意味を持たないこともある。

主人公の兄やその妻は人格を読み解きにくいよう描写されていて、セリフで断片的に語られこそするものの、実際は何を考え、どう行動しているのかってことは最低限。

主人公客観的にみて愚かな言動をしてしまったとしても、二人はそれを強く諌めたりしない。

なぜなら本作で重要なのは主人公劣等感や、それとない交ぜになった恋慕に対して自身がどう向き合うかだから

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん