「地方都市」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 地方都市とは

2020-06-03

anond:20200603121942

実際のところ1億円ぽっち配っても、ねぇ

地方都市に住んでるんだけど今年の予算規模が500億くらい

個人で考えたら1億のスケール感って1万円くらいじゃん

好きに使っていいよ、って1万円貰ってもせいぜいちょっといい道具買うとか美味しいもの食べるとかそのくらいしかできんじゃん

anond:20200603105305

スケールメリットがあるからねえ。各自治体に全額回すのは難しいんじゃないの。地方都市駅前ありがちな、2億円のでっかいオブジェが増えて終わりになりそう。

なんで人は村八分するん?

わしゃあ転勤族地方都市住まいで、自治会以外のご近所付き合いなんてせんタイプ人間なんじゃが、このあい地元の親とご機嫌伺いの電話してたら我が街のコロナ一号の家族が無事快癒しものの周りの目に耐えられず引っ越したっちゆーんじゃ。

ニュースでも看護師差別されとるっちゅー話じゃろ?

なぜ治った人や対策がされとる人を差別するんか、わしにはいっちょーわからん

宅地より田畑の方が広い地元におったときも、お隣さんを監視するような街でもなかったように思う。

令和の世の中になってもはだしのゲンにでてきょーるキチ○イババァみたいなやつはまだおるんか?

世の中もっと優しいならんといかんじゃろ?

地方都市で3番目に大きいビルに入居してるとこに入社したら

入社からテレワークだし、ちかぢか小さいビル移転するらしい

2020-06-02

やっぱり死んじゃうのは勿体ないんじゃないのかね

最近在宅勤務が続いていて精神的によろしくなく、気持ちになったので20才台のうちに死んじゃった友達のことを書く。

死んじゃったNちゃんが、一度目に死にかけて入院して一時退院して会いに来てくれた時、ビール飲みながら俺は彼にこう言った気がする。「死ぬのも生きる俺の人生じゃないからどうしようもないけど、Nちゃんが死んだら俺は悲しいから、死なないで欲しいなあ」結局彼は目的を完遂してしまった。彼はなんていうか、精神的にパンクでありつつ、小心者でもあり、一緒にバンドをやっていた時に俺のベースを1本ぶち折ったりするようなハチャメチャなところがあった。ガキ大将的に人に好かれる才能があったと思うし、彼のことを好いている人も多くいた。雨が降る地方都市の、線路っぷちの斎場に彼の友達がたくさん集まった。彼の両親は彼がどのように生きているか細かくは知らなかったらしく、長髪の、刺青の、金髪の、強面の若者たちがどんどん集まって彼を送ろうとしていることに驚いていた。斎場スタッフ椅子が足りなくなって走り回っていた。俺はどうしても彼の死に顔を見られなくて、はっきり言えばリアル確認することにブルって、とうとうそのまま彼を灰にしてしまった。葬式最中思い出した出来事。昔Nちゃんと他の友達カラオケに行ったときに、誰かが人を失神させるにはこうするんだみたいな話題になった。Nちゃん実験台になって、あっけなく頸動脈をグッてされて失神した。戻ってきたときNちゃんはきれいに落ちるとスゲエ気持ちいいわ、みたいなことをテンション高く話していたな。そんな情景がグルグル回っていた。

うちのバンドボーカルだったMが行方不明だ、という知らせを聞いたのが何きっかけだったか覚えてない。ドラムのSが電話してきたのか、フェイスブックだったかツイッターで回ってきたのか。Mが車ごといなくなって、俺たちのライブは1週間後に迫っていた。出ないっていう選択肢はなかった。まだひょっこり戻ってくる可能性もあったから、メンバー全員で出演するって話になったと思う。なんかMがヤ○ザ関係トラブルに巻き込まれたんじゃないかとか、結局前と一緒で借金で首が回らなくなってどっか隠れてるんじゃないかとか言っていた。Mのツイッターはいなくなる直前まで普通に人生を楽しんでる風だった。ぽっかり空いた穴に落ち込んだ、そんな感じさえ覚えた。

結局ライブの数日前、Mはこの世からいなくなってしまった。海岸で車ごと燃えてた、って話だけ聞いた。それって映画みたいだな、北野武映画だなって思った覚えがある。何となくだけどそういう結末もあるだろうなと思ったのでそこまで驚いた覚えはない。いろんな人に迷惑かけるだけかけて、そのままいなくなったような感じ。葬式密葬で行われたようで、俺は結局Mが本当に死んだのか、いまだによくわからない。メンバーと一緒に墓参りにでも行くか、って話も出たけどそのままになっている。

その後バンドには新しくボーカルが入り、新しくギターが増え、新しくメンバーが出戻り、元気にやっている。死んでしまった2人には悪いけど、あんなところで人生辞めてしまったのはもったいないなと思う。あと、死んでしまったがためにもう彼らは若さを失うこともないし、思い出は美化され続けるんだろう。そんなところもズルいと思う。結局俺たちはそれぞれにそれぞれの人生を抱えて、ほんの一部の人生を共有して生きていくのだ。

医療従事者にエールを、への違和感

医療従事者にエールを。って毎日のように聞くし、ブルーインパルスも飛んじゃったけど。

医療従事者って、そんなに大変か?

東京は知らんけど、地方都市なんてコロナ患者ほとんどいないんだぞ?

医療従事者が何に大変で、何に困ってるの?

嫌味じゃ無くて、大変で困っている事を把握して、解決してやる方が大事なんじゃないの?

エールを送ろうって、またいつもの欧米猿まねやん。

ダセーからやめようぜ、エールとかオベーションとか。

年収0のリアル

そこの学生君!年収0なら悲惨で食うものも食わず暮らしをしていると勘違いしていないか

今日はそんな誤ったイメージを正し、実際にどれくらいの生活レベルか教えよう。


まず自分スペック

44歳男、独身地方都市在住、年収ガチで0。0も1200円も変わらないのでこれは誤差だ。

なおマウンティングなどと言われるかもしれないが、そんなつもりは全く無く、

ただただリアルを伝えるために書いた記事である

家賃について

家賃は0、付き合ってる女性宅の一室を自分の部屋にしてる。別に広くもない普通の6畳間。

わりと金持ちの多い地域治安は良いが、部屋自体普通

別段キレイとかお風呂特別広いとか全く無い。普通

から眺めはよく綺麗、夜景田舎から真っ暗。シャンデリアはある。

駐輪場駐車場もある。普通マンション

普段食事について

料理してる。ザ・普通

スーパーで買う時はイオンヨーカドー

安いスーパーの売れ残った半額総菜は多用、それは普通

成城石井は高いからあまり行かないけどたまには行く。

食材彼女カードで払うし月給60万円時代食生活はほぼ変わってない。

飲み会などの食事について

さすがに学生価格帯の居酒屋は行かない。

友達いないしワイワイ飲むことはない。

たまに彼女フレンチなどで一人あたり1万円を超えると、

今日ちょっと贅沢したなうまかったなって感想

基本的飲食店はそこまで高級店はたまに行く。

その代わり普段ちょっとした外食では値段気にしながら。

自宅で高級ウイスキーワインを飲むようなことはほぼ無い。

300円のワイン買ったら奮発したな、という程度。

コンビニスーパーでの買い物

成城石井以外でも、値段は気にして買う。

78円の第三のビールと98円の第三のビールを悩まず買うくらいで、

豪勢な生活と呼ぶには程遠い。

炭水化物割合が多くなりすぎないように気をつけてます

ファッション

ユニクロ

女性関係について

「カネ目当ての女性がやってくる」というのは婚活パーティーとかであるらしいけど婚活とかしたこといから知らない。(結婚歴は複数あり)

イケメンじゃないし自分でもなぜだか分からないがモテるよりどりみどり選べると言う程ではないけど、普段生活で気をつけないと女が仲良くしようと寄ってくるからガード必須。全部相手にしてたらきりがないから。

さすがに年収0程度でこれをイメージしている人は少ないと思うが、

ホテル代払うしごはん奢るから遊びでセックスしようという女が現れたことすらある。

女性との飲食代はすべて相手持ち。価格帯は色々で、高級店行くこともあればファミレス行くこともある。

車について

二台ある。当然年収0だからお金は全く負担してない。普通の新しめの国産車

タクシー田舎から使う機会はない。


というわけであまり普通すぎて、やま無しオチ無しになってしまった。

良くも悪くも、田舎年収0でも普通すぎる生活なのです。

普通というと「もっと高等遊民がたくさんいる、わかってない」と言われそうだが、

学生が抱いているようなただれたイメージとは程遠いということをお伝えしたかったのです。

結論

年収0に夢を見るな。待っているのは普通生活

anond:20200530164357

はいいよな 簡単特殊性癖が満たせて

地方住みの独身アラサー

自分マゾヒストだと自覚したのは20歳前後だったと思う。

処女を失い、オナニー気持ちいいのだと気付き、暇な夜はネットの海でオカズをふらふら探すようになった。

割と性欲と好奇心が強いので、色々なジャンルエロコンテンツに触れたが、SMが一番興奮した。

初めの頃は、イケメンちょっと意地悪される程度のものが好きだったが、次第に深みにハマり、今は剃毛落書きプレイをよく見ている。痛みを伴うものより精神的に服従を感じるプレイ性癖に刺さる。

しかし、現実SMしたことはない。

そして、今、とてもやってみたい。彼氏も1年ほど途切れ、SMコンテンツを眺めながら自慰に耽る日々の中で、体験してみたい気持ちがどんどん大きくなっている。

だが、実際どうすればできるか、と考えるとなかなかどうしてハードルが高い。

まず、彼氏を作って自分マゾヒズムを打ち明けるのには抵抗がある。

恋人には、ある程度対等な関係性を求めているし、虐げられた数時間後に笑顔で一緒にイタリアンランチ、とかできる気がしない。

そもそも普通に出会って恋愛関係になった彼女セックスときに体に肉便器と書いてくれなどと頼んだら破局案件ではなかろうか。

では、プロに頼もうと思っても、現住所は県全体が田舎と言っても過言ではない地方都市である

一応県庁所在地だが、ネット検索してみても、SMバー女性風俗もない。出会い系や掲示板初心者には流石に怖い。

そんな我が街だが、男性用の風俗結構色々あるみたいだ。SMから熟女ニューハーフに至るまで検索すれば一通り出てくる。純粋に羨ましいと思い始めている自分がいる。

東京大阪に行けば、女性用のSM風俗もあるようだが、交通費プレイ費用宿泊費等考えると10万円近くなりそうである。私の現在生活水準では、欲望ブレーキをかけるには十分な金額だ。

そこに今回の新型コロナである緊急事態宣言が解除されたとはいえ、この時期に自分欲望を満たすため、都会に行ったり知らない人と性的接触を持ったりするのは褒められた行いではない。

八方塞がりの私が、満たされる日は来るのだろうか。

p.s 男性への羨望から煽るようなタイトルになってしまったが、書き始めてパッと思いついたので、私の素直な気持ちなのだろう。そのままにしておく。

2020-06-01

福祉車両の横幅問題

朝の通勤時間帯はデイケアサービス等の送迎時間と重なることが多い。

住宅街の道を車や自転車で通り抜けようとする時、毎朝大型のバン道路の横幅いっぱいに拡がって徐行しているか停まったまま動かない。車の横を通り抜けることはできないので、動き出すのを待つしかない。

車の後部についているロゴを見ると、〇〇センターと書いてあり、高齢者向け介護サービス提供する施設の車だとわかる。

これは不幸なことだと思うのだけど、福祉車両メーカーユーザーのために内部のスペースをゆったりと取って横幅のとても広い車を作り、結果的に周囲から邪魔になってしまっている。

こうした車両地方都市国道沿いで一時停止するぶんにはなんの支障もないのだが、道幅が狭い都市部住宅街(そして主にこういうところに高齢者が多い)で止まったり徐行したりすると、完全に道路をふさいでしまい、居合わせた通行者はただ待つか、自分の車をバックさせるしかない。福祉車両基本的安全運転ゆっくり走るので、道路をふさいでいる時間がとても長く感じられる。そしてこういう事態が毎朝起こる。

誰しもいつかは自分家族がこうした車のお世話になるかもしれないのだから、面と向かって声をあげにくいデリケート問題だと思う。だが福祉車両運営する側や利用する側が自分たちの車が周囲に与える影響に気付いていないか、気付いていても黙っているという点で、これはやはり問題なのだと思う。

福祉車両メーカー都市部向けの運用に特化したスリムな車体を開発すればよいと思うのだが、どうなのだろうか。

2020-05-31

大学生活は東京が一番良い

大学学問ができる程度の

知性と経済的余裕があるなら

東京大学

狭くて古くて汚くても都心部アパートに住んだ方が

若さを活かせると思う

地方都市国道沿いにチェーン店ばかりのファスト風土なところで

休みゴロゴロしながらNetflix見てる

とかより

新宿のやっすい汚い居酒屋で仲間と飲んだり

丸の内とか新宿とかの高層ビル多いけど、持ち味の違う街をブラブラしたり

神保町行って

田舎TSUTAYAには全く置いてない本を眺めて「ふへー」ってなったり

ラーメンとかカレーとかの非チェーン店食べ歩いたり

4年間程度いるなら、飽きのこない生活が間違いなく待ってる

財布が無くなった

 中学二年生の夏、とある地方都市で小さな事件が起きた。少し動けば汗ばむくらいの日差しが降り注いでいて、移動のたびに頻繁に上着の脱ぎ着を繰り返していたので、自分の持ち物がどこにあるかという注意が散漫になっていたかもしれない。僕の財布が見当たらなかった。

 僕たちは特に何をするわけでもなく、どこに行くわけでもなく、なんとなく公園で遊んでいた。公園といっても小中学校のグラウンド程度のものであり、8分に1回来る快速バス停留所が隣接するような、比較的人の行き来のある公園だった。

 僕は自分の財布が無くなったことに気づくや否や、自分の血の気がすっと引くのを感じた。しかし次の瞬間、僕はこれまでの行動を思い返していた。1時間前にスーパーに寄ってじゃがりこを買った。だから1時間前は財布を持っていたはずだ。これは間違いない。その後はーー

 公園バス停で友達3人でじゃがりこを分け合っていた。バッグからじゃがりこを取り出したまま、バックを閉めた記憶はなかった。周りに怪しい人はいなかったか・・・。一人だけいた。浮浪者の男が一人、隣のベンチに座っていたことを思い出した。

 バス停の方に視線を移すと、先ほどと同じように男は座っていた。僕は少しだけ自分の血が煮えるような体温の上昇を感じた。走るでもなく、でも出来る限り早歩きで近づいて、僕はあえて男に尋ねた。

すみません、ここら辺で財布の落とし物を見ませんでしたか。」

僕は人の顔色を読むのには昔から自信があった。だから僕はこの質問で8割は何らかの収穫が得られると思っていた。

「お兄ちゃん、財布落としちゃったの。一緒に探そうか」

彼はむしろ心配そうな顔をしてこう言った。この野郎、白々しい。どうせボロが出てくると思いながらとりあえずその臭い芝居に付き合うことにした。

しか10分経っても財布が出てくることは無かった。浮浪者の男は警察に紛失届を出すことをすすめた。そのポケットの中、少し見てもいいですかという言葉が喉まで出かかるのを抑えて、押し殺した。とりあえず警察に行き、状況を説明しよう。何か動いてくれるかもしれない。

その公園から100mのところに交番があった。僕は経緯を全て説明し、紛失届を書いた。すぐに探してくれるでもない、警官のなんともにえきらない態度に僕の怒りは収まらない。

僕はじゃがりこと一緒に買った爽健美茶を飲もうと、バッグの奥に手を伸ばした。





















財布があった。

ホームレスおっちゃん、本当に疑ってごめん。

2020-05-30

田舎賃貸派には厳しい

地方には良い賃貸物件が少ない。下を見ればいくらでもあるけど、上をちょっと目指すと賃貸では限界がある。

地元は近場に東京に出られる路線と駅があったが、転職を機に引っ越した先には駅や路線が通っていない。

今までは自家用車をあまり使わなくても良かったけど、今は通勤必須。といっても大きめの街道沿いにスーパーレストランがあるよくある地方都市なので不便はない。コンビニも歩いていける距離にある。

というより地方にしては豊かな方だと思う。

ただ、賃貸に関してちょっと不満がある。

地元ならば上限を決めなければ意外と良い賃貸物件があった。なのにここに来たら賃貸物件が軒並み地元中央値ものに偏っている。レオパレスなどの激安物件は論外として、高くとも良い物件がことさら少ないことに気づいた。

新築物件はなくはない。というか周辺の都市に比べれば多いほうだと思う。だけど新築からと言ってもいいものばかりじゃない

anond:20200530104859

マジかあ。地方都市からかなあ。

都会だとまた違うんだろうか・・・

2020-05-28

地方都市で育ったというニセ記憶

キリンジの『エイリアンズ』って曲のレビューで、「公営団地とかバイパスとかそういうニュータウン的なものノスタルジーを帯びるようになってきた」的なことが書かれていた

どこかで見つけた『ニュータウン青春』って映画トレーラーと「さよならけが人生だ、いやマジで」ってコピーが好きだった

Twitterで「田舎ってのは田園風景神社・山って感じじゃなくてもっとゴチャゴチャしたショボい都会の下位互換だぞ」みたいな意見をよく見る

Fozztoneってマイナーバンドの『平らな世界』って曲の"つまらない話ばかりでごめんよ つまらない街なんだよ"って歌詞が気に入った

 

こういうのが積み重なって、俺はガチのど田舎育ちのはずなのになんか半端な地方都市とかベッドタウン衛星都市で育ったような気がしてきてしまった

俺が育ったのは人口500〜600人、小学校の全校児童45人、その辺にサルイノシシアライグマなどが出没するマジの山村だったのに

「つまらない街なんだよ」じゃねえよ そもそも街ですらないんだよな 森に阻まれ全体像全然掴めないからまとまりとして把握すらできねンだわ

山を2キロ下りたところにある最寄駅の周りはさすがにちょっと町っぽい!と思ってたんだけど、前に帰省したとき「駅の歩道橋から町を見渡してエモくなるやつやるか」と思い立って見渡したら全然町じゃなくてただ「道路に家々がへばりついている場所」でしかなくて絶望したんだよな この程度のものを町と思ってしま環境暮らしてたのか!と

公団バイパスもないし てか何もねえわマジで 山だから田んぼすらまばらなんだよな 何があるんだ? あんなとこに住むなよな 

2020-05-24

anond:20200523113153

地方都市平成合併背伸び政令市)のマンションテナントビルが多いエリアコンビニでも売ってたな。一昨日くらい。10枚500円だったか。そう言えば、昨日には厚労省からの布マスクポスティングされてた。

2020-05-23

anond:20200523185956

Uber東京でやってないだけで、地方都市ではやってるよ?

人生真面目に過ごすと損する話

色々波乱万丈な人生みたいは話が世間にあふれているじゃん?例えば中高不真面目だったとかさ。

でもだいたいそういうやつって、過去にあれていても結果うまくいったりするわけ。そもそも中高生ときはわりと学生生活エンジョイしてるわけよ。

じゃ、おれにちょっと半生語らせてみてみ?

------

地方都市中流家庭に生まれる。

小学生低学年で逆上がりがなかなかできず、運動神経がよくないことに気づく。宿題はこなすことはできるので、なんとなく勉強は人並みにできるのかもしれないと思い始める。

高学年でバレンタインデーなどのイベントを知るが、全く数にはいってなく、チョコはもらえず。しかし異性に興味をもちはじめる。

中高生では優等生

はいいほうで模試でもだいたい学校の上位10%に入る。通知簿にはおとなしく真面目の評価。年によっては皆勤賞も。

一方で軽いいじめキツイいじりの中間のような扱いをされて、「学校楽しい」というワードイマイチぴんとこない。

似たような雰囲気の男同士で教室の端っこでもそもそしている。陽キャ女子と仲良く話しているのを尻目に、必ず逆転してやると負のエネルギーをためこんでいく。もちろん自分女の子と仲良くなったり告白されることもなく、大してコミュニケーションもないまま大学へ進学。

名大学へ入学サークル学業は充実する。ここでも真面目さを発揮し、GPAは良いほう。

研究室希望のところへ入るも、研究自体泣かず飛ばずサークルで仲良くなった女の子告白するも撃沈。就活に精を出す。

そのまま大手企業就職大企業のため親は大喜び。でも結局、童貞のまま。社会人になってもガールズバーキャバクラの類には行かない。でも、さすがに童貞のままじゃいかんと思い、会社の同僚とともに風俗へ。「なんだ、あれほど切望していたセ●クスってこんなもんか..」と27歳にしてやや幻滅する。

30前後彼女がいないことに本気で焦りだし、出会い系サイト女性と知り合う。そこで体の関係をもってくれたことに感激しつつ責任を感じ結婚する。しかし、体の相性もテクニックもしらない俺はまたたく間にセックスレスへ。家庭内自分価値を少しでも上げようと掃除洗濯・炊事と家事ほとんどをこなし、優しい夫をアピールしている。

せっかく入った大手だが、思った以上に収入はのびない。ホワイトっちゃホワイトだが、年収500〜600万がいいとこ。結局学生ときフラフラしてたやつらとそう変わらないどころか、彼らは自分で店を経営してたりする。学生ときに誓った逆転も、全くできていない。

------

はい、ここまで書いたが、これ真面目系クズの話に近いよね。でも別にクズ要素ないよね。で、増田結構当てはまってるんじゃないかと思う。もちろん、仔細は異なるだろうが、共感するところがある読者も多いのではないだろうか。

学生あいだは大人の言うことを疑わずに信じ、要領を得ることを知らず、モテに対しても斜に構え、特段の努力もしてこなかった。

今でも青春コンプレックスはぬけないため、日本ドラマはキツくてみれない。現実であっても、彼女に外でフ●ラさせたとか、会ったばかりの女とヤったとか、信じられない刺激的な話題で溢れている。自分人生にはそういう体験は訪れないんだろうと思うと、呆れ、絶望する。

大人は俺をこう育てたかたからこうなった。しかし、今になって自分人生でない気がしてくるのだ。

2020-05-19

日本人って踊らないよな

ちょっとヨーロッパにいた時期があるんだけど、わりとみんなディスコみたいなとこに行ってた(俺は一回も行かなかったが…)

首都とかじゃなくて、地方都市くらいの街でそれ

欧米映画観ててもわりとディスコのシーンが出てくる 家で音楽に合わせて踊ったりもする

日本人だってまあ運動会で踊ったりはするんだけど、日常生活なかにダンス文化がないよな

別になくていいんだけどな 

でも洋楽聴いてて出てくる"Dance"は踊ってるんだろうなと思えるけど、邦楽の「踊ろう」はホンマに踊ってんのか?言ってるだけじゃねえか?と疑ってかかってしま

実際は全然踊らない根暗野郎が「踊ろう」だの「ダンスしよう」だの言ってるのは見苦しいよ それともミュージシャンくらいになると日本人でも踊りまくってんのかな 俺が踊らないだけか?

2020-05-17

関東から地方に戻って振り返る関東の良し悪し

ただの感想


イベント開催の多さ。博物館美術館等の施設の数と規模。非チェーン店専門店の充実。

そこからくるマイナー趣味運営やすさ。

現在居住している地方都市博物館美術館都市の規模的には十分に立派だし小さな趣味サークル活動しているが、こういうところはやはり首都圏が強い。

東京大都市圏というものの強さを見せつけられた思い。

公共交通の充実。地方は車無しでは活動範囲が大きく狭まる。

老人になっても運転をやめられない理由であるインフラ面だけれ見れば首都圏は間違いなく老人にやさしい。

あと飛行機利便性が強い。地方からだと一度関東に出て羽田or成田になる。

飲み会が多い。職場にもよるので一概には言えないが。

工業団地勤めでみな車通勤のせいか飲み会首都圏の前職より大幅に少ない。送迎バスもないし。

せいぜい帰りにラーメンとか食べるくらいでアルコールは無しが基本。

人が多い。これを嫌と見るかは育ちによると思う。

地方都市育ちの自分にはどうにも窮屈だった。満員電車苦痛以外の何物でもなかった。地方に戻ったら血圧が正常値に下がった、あの血圧満員電車のせいだったと思っている。

家が狭い、壁が薄い、断熱概念希薄、それで家賃が高い。

まあ、狭いのは理解できるし我慢できる。単身向けの住まいなどどこもそんなもんだろう。人が多いのだし家賃も上昇するのは不満はあるが理解はできる。

しかし、壁の薄さと断熱の弱さだけはどうにかならなかったのか。冬など暖房を止めると室温がみるみる下がる感じがあった。

昼も夜も暑い太陽、熱せられた路面、建物四方から熱せられる夏の東京オーブンに突っ込まれピザトーストの気分だった。

学校がたくさんある。選択肢が多い。

なんか中学受験もあるとかテレビ雑誌で見た。首都圏の子育ては大変そうである地方育ちで地域で一番いい公立はいれりゃご立派という地域育ちの私はこの選択肢の多さに対応しきれる気がしなかった。

配偶者もいないうちから悩む話でもないんだが。

2020-05-15

医者聖人君子である必要はないが

特定警戒都道府県指定が解かれた当日の小さな地方都市での出来事

縮小営業を再開した小さな居酒屋に飯を食いに行った。

カウンターに一人陣取るが、背後の座敷席には10名近い20代ぐらいの男女の集団

すぐ近くにある地域の中核病院若い医師達だろう。(看護師も多分いる)

病院からかなり近いし、価格リーズナブルな店なので、このような集団がいるのは普段なら珍しいことではない。

ただ、コロナ患者が多く出ている地域ではなく、その病院自体コロナ患者現在入院していないらしいと噂は聞いていても、こんな時にこんな集団で飲みに来るんだなというような違和感は持った。

「○○科の○○先生が~」とか大声で話していて、医者、少なくとも病院関係者であることは間違いない。

客はもう1組いたが、こちらも顔見知りの病院関係者のようで、集団客の周りに対する遠慮はほとんど無いように感じた。

時折学生ノリのようなコールもかかったりして、盛り上がりはさらに最高潮

こちらも酒が入っている、ただの飲み客。

居酒屋なのだし、ある程度賑やかなのは許容範囲、というかむしろ良いことだと思う。

ただ、間仕切りも無い狭い店。

さすがに他の客への配慮がなさすぎる(作業着姿のオッサン一人客の私は、彼らにとっては眼中にも入ってなかったのかもしれない)なと思っていたところ、さすがに店の人が声をかけた。

「一応今日特定警戒は解けたけど、営業あんまり遅くまでできないし、本格的な営業は来週からと思ってるから、もうちょっと押さえてね。」

少し論点はずれてるが、もう店も閉めるし、他のお客さんもいるしもう少し静かにねというニュアンスを込めつつ、あまり飛沫も飛ばさないでねみたいな事も言っていた。

それに対しての一人の医者の答え

大丈夫医者コロナからいから」

酔っ払いの言ったことだし、もちろん本気で言っているなんて微塵も思わないが、あぁ本当に他人に見られているという認識がないんだな、ということはよくわかった。

その後、22時を過ぎた頃、その集団は一部を残して2軒目へと移動していった。

現在コロナに関わっているもいないも関係なく、医療従事者の責任ストレスは大変なものだと思う。

人間だもの、酒を飲んで、仲間と大いに話してストレスを発散するのは全然構わない、むしろ良い。

ただ、どんな場所であろうと、どんな状況であろうと、他人に見られているということは意識しないとなと思った。もちろん、医師医療従事者に限らずだが。

自戒を込めて。

anond:20200514161618

東京23区内生まれ育ちで、就職してから地方に長期出張してるけど、そんなことはごめん被る。

しろ東京コピーもっと地方都市にも。

こじるりちゃんと生年月日が同じ

12月23日まれの顔触れはなかなか豪華だ。

まず何といっても、上皇陛下あなたのおかげで、20余年間僕の誕生日は毎年休日でした。

再度祝日になるのは陛下がお隠れになってからというのが、なんとも複雑だ。どうか長生きしていただきたい。

次に、山崎まさよし兄貴子ども音楽的嗜好は、親が車内で流す曲によって決まる。

母はさして音楽に興味がなかったのに、なぜか兄貴アルバムドミノ』が置いてあって、惰性のようにかけていた。

「僕はここにいる」なんかを聴くと、今でも胸がキュッと締まる。好きな子CD貸したりしたなあ。

残念ながらまだライブに行けていない。いつまでもその甘く鋭い声を聴かせてください。

さらに、倉科カナさん。可愛い女優の尻を追っかけている僕にとって、最初ミューズになった人だ。

深夜に何となくテレビを点けたら、あるドラマが流れていた。甲斐性なし片桐仁が営む喫茶店で、チャキチャキ働く女の子

まぶしい笑顔と、はち切れんばかりにたわわなお胸。極太の眉毛チャーミングだ。メロメロになった。ほぼ毎日ブログをチェックしていたっけ。

(「根津サンセットカフェ」という超短編ドラマ熊本から上京したての頃の初々しい姿が収められている。蒲田TSUTAYAレンタル落ちDVD投げ売りされていたので確保した)

その後の演技派女優としての活躍ぶりはご存じの通り。特に名前をなくした女神」での性悪ヤンママ役には目を瞠った。

最近舞台に重心を置いているのか、映像作品が少なくなっているのでさみしい。お元気でしょうか。

本人はちょっと嫌かもしれないけど、深キョンみたいにグラビア復活してくれないかなあ。

そして、小島瑠璃子ちゃん。これは最近知った。ウィキペディアの「12月23日」のページで見つけた。

通常なら、ほーんと悦に浸る対象が増えて満足するところだが、今回は事情が異なる。

小島瑠璃子1993年12月23日まれ、26歳。僕と同じ生年月日だ。

この事実を知った僕は、ひどく落胆した。

片や、抜群のトーク力でバラエティ番組に引っ張りだこで、小麦色のムチムチボディで日本中男子を虜にする26歳。

片や、東京で夢破れ都落ちし、地方都市の湿気た会社でのブルシットなジョブに消耗する浅黒い26歳。

僕たちは同じ日に生を受け、よーいドン‼でスタートした。それなのに、どうしてこうも差がついてしまったのだろうか。

それ以来、テレビ雑誌彼女を見かけると、脊髄反射で溜息をつくようになってしまった。

こんな似ても似つかぬ二人だが、一つだけ共通点がある。中国語勉強していることだ。

https://www.youtube.com/watch?v=ZsFApxMqYWM&vl=ja

彼女努力の人なのだと思う。多忙だろうに、1年間の勉強でこんな綺麗に発音できるのはすごいよ。(特に"湯"がちゃんと"-ang"になっているのが很好)

しかも始めた動機が「西安料理がめちゃ旨かったから」で、将来の夢は「湖南省テレビに出ること」っていうガチぶりがまたいいよね。

営業目的で雨後のタケノコのように微信を開設するAV女優とは大違いだ。蛇足失礼)

もう勝手に落ち込むのはやめた!

こじるりちゃん、同じ日に生まれた一人として、ちょっとでも君に追いつけるように、僕もがんばるよ。

応援してます

2020-05-14

東京一極集中をやめたら

東京に集中してる文化資本が多少は地方に振り分けられたりすんのかな

気になるイベント開催地が全部東京で、見るたび暗い気持ちになるってことも少しは減るのか?

グルメ番組をつけて、画面の左上あたりに「恵比寿の絶品レストラン!」とか書いてあるの見てため息つきながらチャンネル変えることもなくなるのかな?

はじめて東京に行って山手線路線図を見たら駅名をほとんど全部知ってて敗北感に打ちのめされる、って思いをする人もいなくなるだろうか

ネットで見た美味しそうな食べ物がどこで売ってるか調べたら「東京限定発売」でがっくりすることも減るかな?

東京の街並みを再現したゲームに関する記事で「見慣れたあの景色が〜」って書いてあるの見て見慣れてねえよと疎外感を味わうこともなくなるといいな

科学館とか博物館みたいなのに関する記事最後に「東京のどこそこにある○○館に実物がありますので皆様も是非!」とかまったく悪気なく書いてあってやり場のない怒りを覚えたりする必要もなくなる?

 

いいな ぜひ東京普通地方都市に「落ちて」ほしい

2020-05-11

anond:20200511141352

田舎暮らしは無理だと思う

ワイも東京出身だがガチ田舎ではなく地方都市暮らしとるな

せっかく地方に来たのだし自然豊かな地域田舎暮らししたいけど

青年会やら婦人会やら貧乏ヤクザやらなにかとヤベー印象

でもそれと同じくらいに心温まるエピソードもあるけどな

とても大柄な軽度の知的障害者が誰にも警戒されることな自然生活している、なにかと誰かが手助けしてくれたりとかな

車のないご家庭のためにボランティアで車出してくれる人がいたりとか

いろいろあったかエピソードあるよ

ただし、他人へ手助けするということは他人干渉するということ

助かる干渉もあればごめん被りたい干渉もある

いいところ取りだけは出来ない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん