「情熱」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 情熱とは

2021-05-11

ある場所にA君という子がいた

A君はプロ野球選手になる夢を持っていた

当時A君は池沼グループと付き合っていて、おとなしいA君は池沼達にバカにされていた

それでもA君は誰にも文句を言われないように、いつも隠れて野球練習をしていた

その甲斐があって、小さいころからの夢が叶いA君はプロ野球チームに入団できた

そんなA君に池沼達は嫉妬した

ある日池沼達は口元を歪めながらA君に「自分達もプロ野球に入れるか?」と聞いてきた

A君は池沼を怒らせないように「俺にもできたんだからきっとやれる、頑張れ!」と言った

彼としては頑張れば誰でも夢が叶う事を伝えたつもりだったが、池沼達はそうではなかった

池沼達はA君の球団に押しかけ「自分はAより優れた人間からこの球団に入れて当然だ」と球団関係者に詰め寄った

A君の事を舐めきっていた池沼達はA君を入れたチーム丸ごと舐めきっていたのである

しかし陰で血のにじむ努力を重ねたA君と、おとなしいA君を物差しにして自分推し量っていた池沼には雲泥の差があった

球団関係者は無謀な池沼達に呆れかえって、つい嫌そうな顔をしてしまった

その様子にキレたプライドの高い池沼はその担当者を見下しながら

「Aはこんなチーム楽勝で入れたと言っていたぞ!」とA君をダシにして球団バカにした

この事がA君のチームの先輩たちに伝わると、新人だったA君はイジメを受けるようになった

そんな事はつゆ知らず、A君をコネとして手放したくなかった池沼

「俺は駄目だったけどあいつは入れるか?」と別の池沼をA君に薦めたが、

もうA君は二度と利用されてはいけないと思って「無理だ」と言わざるをえなかった

池沼グループはそれを言質に「あいつはうぬぼれている!」とA君を非難した

やがてA君はこちらでもイジメを受ける事になった

球団地元いじめられ、公私にわたって仲間外れになったA君は自暴自棄になった

池沼集団を「バカ死ね!」と口汚くののしり、殴りつけ、やがて野球への情熱を失った

プロ野球を諦め、何もかも諦めて、浮浪者の様な格好で怒りだすA君を見て、池沼達はこう言った

あいつは前からあいう奴だった」と

2021-05-10

「壊れてしまった人間」を救える思想運動など存在しない。

https://note.com/mefimefiapple/n/n7d700fe79960

正直、このアカウントかなり釣りくせーな―と思うのだけれど、仮に釣りだとしても

わざわざ釣り道具一式を揃えて釣り堀にルアーを投げ込むその情熱の根源はやはりこの note に書かれてあるとおりなのだと思う。

幼少期・思春期トラウマ

自分が圧倒的に破壊されてしまった経験

こういう経験をしてしまった人間は男女や時代を問わず多い。どうも多いらしい。

ネットでたまにどうしもようなく負のオーラを放っている人間を見かけるだろう。見た瞬間に一生関わらないでおこうと誓い、ブラウザのバックボタンかその機能もつショートカットキーを押させる恐怖。あれだ。

あれらのひとびとが「壊れてしまった人間」だということを俺は知らないでいた。

それは幸運であり、幸福なことだったのだと思う。

少なくとも半径五メートル範囲では深刻ないじめ尊厳蹂躙を見聞きせずに育って(本当に存在しなかったのかは別だろうが)、フィクションで描かれる凄惨いじめ描写や「男子いじめ女子」などは完璧想像産物だと思っていたし、ネットでたまに見かける悪意と憎悪の塊のような人々を我々の生活とはまったく関係ない、外宇宙から来た得体のしれない何か、天災じみた純粋悪みたいなものと考えていた。


きっかけは大学オタクサークルを選んだことだった。

そこには二三人、「壊れてしまった人間」がいた。

「壊れてしまった」という言い方が正しいかどうかはわからないが、当時の俺の直感と語彙では「壊れてしまった」としか言いようがなかった。

まず挙動が明らかにおかしい。

オタクサークルに入る人間は大なり小なりオドオドしているものだろうが、その人たちのオドオド加減は度を越していた。

日常の問いかけにまともに応えられればいいほうで、なかにはまともなやりとりすら成立しない人間もいた。

極端に大人しい人なのかな、と思えば、時々冗談なのかなんなのか、突拍子もないことを言い出すこともあって、そのたびにこちらは面食らった。

何の連絡もなく一ヶ月も二ヶ月もサークルに来なくなったので、心配して連絡しようとしても全然返信が返ってこない。やめたのかな?と思っていたら突然何事もなかったかのように復帰する。

大学もまともに行ってるんだか行ってないんだか。

大学とは色々な人がいるのだなとその頃は思った。実際、田舎では出会わなかったバリエーション豊かな人々と遭遇していたので「壊れてしまった人たち」も「色々な人」のカゴに雑に突っ込んで適当に過ごしていた。

「壊れてしまった人たち」という認識を得たのは、ある日の飲み会のことだ。

深酒をした同期のAくん(仮名)が珍しく高校以前の過去語りを始めた。

いじめられていた、という。そのいじめの内容というのが、朝登校すると机に花を活けられていただの、机に「死ね」とほられていただの、トイレに入っていたら水をぶっかけられただの、とそんな感じ。ほぼクラス全員から標的にされていたらしく、女子にもいじめられ、かなり性的いやがらせもされたという。

直前まで全然そんな陰惨な話をする雰囲気ではなかったところにいきなりぶっこまれたのもショックだったが、それ以上に衝撃的だったのは、

「そんな『マンガに出てくる典型的いじめっ子のやるいじめ』を行う人間がいるのか!?

という事実だった。

だっていじめっ子って悪いやつであるフィクション世界においては極悪人バカで愚かな人間しか描かれているのである。それをあえて模倣するバカが世にいるのか。しか女子にも。空想上の生き物じゃなかったのか。信じがたかった。

そして、納得もした。

「ああそうか、だからAくんは”こう”なってしまったのか」と。

Aくんは基本的大人しい人物でまあいいヤツだったのだが、ネットでやっているブログでは稀に普段の彼から想像できないような憎しみを発することがあり、内心ちょっとヒイていた。かなりの部分、女性蔑視的なところもあった。Aくんはおおむね良いやつなのだけれど、そういうところはよくないな、と思っていた。


だが、彼の過去を聴いてしまたからはうかつに「よくないな」とは思えなくなった。いや、不特定であれ他人攻撃性を向けるのはよくないことはよくない。けれど、俺にはAくんを責められないな、と思った。俺もきっと同じ環境にいたら「壊れてしまった」だろう。

そして、ネットでみかける”純粋悪”たちの正体もわかった気がした。

どこかでいつか誰かから「壊されてしまった」人たち。

そのせいで(おそらくはネット限定で)呪い言葉しか吐けなくなった人たち。

そういう人たちのなかにはたまに特定思想運動に乗っかってるひともいて、まあ陰謀とか宗教とかもあるんだけど、ともかく、最初noteの人はそれが「男性としてフェミニズムを支持すること」あるいは「男性フェミニストを装うことでフェミニズム攻撃すること」だったんだろう。この際どっちでもいい。


社会に出てから、他にも「壊れてしまった」男女に少なからず会った。

少なからず。意外と多く存在していることも知った。壊れ具合の結構差が出ることも。

そういう人たちに危害を加えられることもあった。まともな人間関係を築けることもあった。

でも常に共通して、互いに一線を引きあっている感じがあった。俺とあの人たちは違う。どこかでそう思ってしまっていた。


Aくんは大学卒業した後、縁もゆかりもない地方都市就職して、しばらくそこそこに暮らしていたらしい。

直接にやりとりすることはほとんどなかったから具体的に何を考えて生きていたのかはわからない。

ただ社会人になるころはブログでの攻撃性は薄れて、あのアニメヒロインは良い、声優かわいい最近Vtuberにハマっている、といったようなことしか書かなくなっていた。学生時代週三ペースだった更新頻度も隔月更新みたいなゆるやかさになっていた。漠然と、いい兆候のように思えた。俺にも俺の生活があり、彼のことは漠然しか心に留めていなかった。

Aくんが自殺したと聞かされたのは、サークルOB連絡網を通じてだった。サークルの現会長に親御さんから連絡があったらしい。息子がそのサークルに属していたことだけは知っていたから、もしかしたらそのツテで友だちをたどれるかもしれないと。

葬式に行くと案の定親御さんに捕まり、「大学時代の息子のことをきかせてほしい」と頼まれた。

良いやつでしたよ、楽しかったですよ、よく笑っていましたよ。

やさしいウソをつくつもりでそういうことを言ったのだが、よくよく思い返してみれば、たしかに彼は良いやつで、サークルでは笑って楽しそうにしていた気がする。

まあしかし、その程度では救われなかったのかもしれない。

どうすればよかったのか。どうしようもなかったことも、自分がどうする気もなかったこともわかっているのだが、その疑問がどうしても消えない。

東大生でもないのに東大に詳しい

この情熱があれば東大に行けたのではないか

そうしたらもっと人生がよいものになったのではないか

もう少し、研究者とか、なんちゃら総研とか行って活躍していたのでは

金もあるしモテモテ、、女は切らさない、頭のいい友達もいっぱいいて、、

もう今頃は起業してて、起業してないサラリーマン東大生をバカにしてる

そういうことになってたんじゃないか。そういう気がする、確信がある

anond:20210508203951

話の筋とはあまり関係ないんだけど、おれは人のスプレイニングを聞くのが結構好きなんだよな。

マンスプレイニングって批判されがちだけど、おれはマンスプレイニングでもウーマンプレイニングでも、知識情熱ある人が語ってくるのを聞くのが好きなので、マウンティングさえしなければもっとみんなスプレイニングしていってほしい。

実際、スプレイニングが問題ではなくてマウンティング問題なのでは?、と思ってる。

ヒューマンマウンティングだけを禁止していってくれ。

2021-05-05

anond:20210505103503

少なくとも、詩を書く行為には技巧と情熱の双方が必要だし、その双方に対して適切な審美眼を持ってないと、作者に不快な印象を与える可能性があることを留意しておこうね

YouTubeレコメンドに表示されたので昔の貞本キャラ動画をいくつか観ていたのだけど、

ロボットカーニバル女の子とか今になって観ても不細工とは思わないけどなあ

オネアミスの絵柄がそんなに不細工とは子供の頃にも思わなかったんだけど

あと、絵柄は違うのに怒って表情が崩壊したときにどことなナディアアスカを感じさせる片鱗がある気がする

なんだったか、貞本氏が昔はわざと不細工に描いてたけど、

今の判で押したように同じ顔で髪型だけ変えるような描き方をした方が他人評価されるし、

仕事なんだから自分が描きたいものより他人評価されるものを描くべきだよね、

だったかみたいな話で、これはこれで良くも悪くも老いを感じたし、

庵野氏にもシンゴジラを観ていて、良くも悪くも大人になったというか老いたんだなあ、と思ったので、

不謹慎な言い方だけど、庵野氏も貞本氏も、死ぬ間際ぐらいは若かりし頃のほとばしる熱いパトスでというか、

情熱けが暴走したような作品を作って○んでくれないかなあ、と思ったりしたけど、

自分肥満だし持病もあるしそもそも障害者だしコロナで失職したし、

俺の方が明らかに先に氏にそうなので、

寧ろ、俺の方がなんか若かりし頃の感覚ゴミを作って氏ぬべきなんだと思いました

2021-05-04

家族や友人などに「問題撮り鉄」が周りにいる方へ

特に家族問題撮り鉄がいらっしゃるならぜひ読んでいただきたいです。

https://anond.hatelabo.jp/20170503040457

4年前こんなことを書いた、とある会社中の人であり撮り鉄だった人です。

昨今、撮り鉄という文字が悪い意味トップニュースをかけめぐることが多くなりました。

正直嘆かわしいし、あと仕事的に見れば迷惑、そして迷惑しかない。

ただこの問題はもう撮り鉄同士で解決できるものではなくではないと同時に感じています

問題を起こしている撮り鉄にはコミュニケーション能力の欠如があり、当事者同士での解決など図れない状況が見えています

個人所感だと、問題撮り鉄本人を基準してみたとき、その問題撮り鉄本人の迷惑行為を防止できるのは、その問題撮り鉄本人の家族の人たちで本人締め上げてもらわないといけないレベルになってきました。

記憶に新しい例として、撮り鉄同士でもめ事を起こしているときに、その行為撮影した撮り鉄がいて、さらトラブルに発展し、最終的にけがを負わせることになってしまったという話です。

このニュースを見ても改めて思ったのは、コミュニケーション能力が無いってところですよ。動画を回し始める人も別の意味問題がありますが、手を出した本人は本当に手を出すしか最終手段なかったのでしょうか?

本題に入ります

問題撮り鉄がご家族や親しいご友人にいらっしゃるみなさん。

本当に申し訳ないのですがご協力をおねがいします。問題撮り鉄を締めてください。

もう我々良識ある撮り鉄だけでは限界です、現地で顔を合わせるだけの赤の他人では口を出すだけで、人によっては威嚇する対応をされ、もうどうしようもないのです。

問題撮り鉄本人は「出来ているつもり」なのでしょうけど、ほぼ確実に日常的な会話や雑談、ある程度の世間での話題ができない人が多すぎて困るのです。

鉄道のことになれば、とびっきりうきうき話すくせに、それ以外ができない人が多い。

端的に、偏った表現で言えば「友人少ないんだろうな」、みたいな人なのです。

まわりに撮り鉄しか友人がいない、TwitterなどのようなSNS自分の都合のいい世界しか出来上がってない、好きやつ同士でしか付き合っていない世界

その結果、鉄道に対する情熱が熱すぎてファインダー液晶画面しか見えてなく、線路際での撮影(一部の撮り鉄では乱入表現したります)だったり、最初撮影禁止にするつもりもないのに警備する駅員に撮影邪魔からと心無い言葉を飛ばすことも。

また、マナーがあり、コミュニケーションにも問題がないような撮り鉄勇気を出して問題撮り鉄本人にやわらかく注意をしても、コミュニケーション能力がない問題撮り鉄自分目的を達成できないための邪魔認定をして反抗し、挙句の果てには喧嘩や手を出すようなことをする。

注意されても自分の置かれている状況がわからなかったり、反省すらできなかったりするのですよ。

ましてや明らかにダメなことを注意したもの偽善者扱いしだす始末。これがニュースに乗るような迷惑行為を行う問題撮り鉄を無くせない大きな点なのです。

日本語を話しているのに日本語が通じないのです。

しかしたら、こんな状況が日常でもありご家族やご友人でもあきらめているケースは多いかもしれません。

ご友人っていうよりはご友人の関係を切られてる方もいるとは思います、こんなコミュニケーション能力じゃ付き合っていられないと。

どうか、ご協力をお願いします。

anond:20210504121009

いつも一緒だよ君と生きる情熱のランプだよ

2021-05-03

友人がジャンルを移ったオタクの話

別に相手非難するわけでもなんでもなくただ吐き出したかったので書いてます

身バレをしたくはないので、少しぼかしながら書きます

私の最推しマイナージャンルだ。ソシャゲのように毎月新しいイラストストーリーバンバン投下されるわけでもなく、数行ほどのコメントが追加される程度のコンテンツ公式ツイートですら、3桁いくといい方だ。

当然付いているオタクは少なく、相互でなくともこのジャンルにいる人達は大体顔見知りか、フォロワーフォロワー、みたいなレベルの規模のジャンル。そんな界隈で私はコスプレイヤーとして活動している。

公式更新が少なくても、いやむしろ少ないおかげで自分達が想像できる余地は多く、二次創作自由度が高いジャンルだとすら思っていたし、界隈では更新のたびにワイワイ盛り上がってるので、これはこれで居心地が良くて、私はそんな自ジャンルが今でも大好きだ。

そんなジャンルに、私は友人と共にどっぷりハマっていた。彼女とは最推しカップリングこそ別々だったが、お互いの推しキャラへの理解はあったし、こんなマイナージャンルともなるともはや全員愛しくて箱推し状態だったので、当時は毎週のように一緒にコスプレをしていた。同じくらいの情熱を注いで存分に萌え語りをしたし、毎日狂ったように作品に愛を注いでいた。業者製の衣装なんてもちろんないので全部自作していた。推しに限らずジャンル内のマイナーキャラまで色んなコスプレをした。周りから見ても明らかにニコイチだっただろう。もはや私達は他の人との予定はほぼ入れてなかった。時には辛いなと思うことすらあるくらい予定を詰め込みまくって毎週二人でコスプレをしていた。死ぬほど充実していた。彼女は私にとってこれ以上ないほど最高のパートナーだった。でも、そうこうしている間にコロナ自粛期間が始まり、私達はやむを得ず活動を停止した。

最初の頃はリモ飲みとかもしていたが、それもすぐに飽きた。ジャンルへの想いは冷めてなかったが、会う機会はほぼなくなり、コミュニケーションを取るのはツイッター上が殆どになっていった。

そしてある日、彼女は別の友人に布教されてとある某有名ソシャゲジャンルにどハマりした。

それはもう見事なハマりっぷりで、当時自ジャンルに注いでた情熱をそのまま某有名ソシャゲに注ぎ出した。宅コスで初出ししている写メがあがり、衣装を作っているツイートも上がるようになった。彼女推しカプは、ハマってない私でも知ってるくらい人気のカプだった。毎日そのソシャゲ二次創作絵がバンバンリツイートされるようになった。まさに水を得た魚である

気持ちはわかる。

今までのジャンルと、供給の量とスピード、周りの賑わい、共感できる人の数、全てにおいて比べ物にならなかったんだろう。そりゃ私も同じ立場だったら楽し過ぎて毎日赤飯炊いて踊り狂ってしまうと思う。

かく言う私は、これまで2人でずっと一緒に活動していただけに寂しい気持ちもあったが、何にハマるのも彼女自由だし、こればっかりは仕方のないこと…、そう思って草葉の陰から見守っていた。

ある時、自ジャンル更新があって私や他の友人達ツイッターで盛り上がっていた時、ツイッター上に浮上していたにも関わらず、会話に加わることのない彼女を見て、私はとてつもない喪失感に襲われた。彼女は完全にジャンルを移ってしまったのだ。片足突っ込むとかではなく、完全に抜けてしまった。そう思った瞬間だった。でも、何度も言うようにこれは私が強制できるものでもないし、気持ちが冷めてしまったものに無理に反応することほど辛いことはないのだ。

人気ジャンルレイヤーもたくさんいるだろうから併せの人にも困らなそうだ。繋がりたいタグでもやればすぐにフォロワーも増えるだろう。そう思うと彼女が羨ましくもあった。

幸か不幸か、緊急事態宣言のせいでコスプレをする機会がないので、今はそんなに気にならないが、今後また再開しようと思っても私は完全に一人になってしまった。こんなドマイナージャンルに今から同じテンションコスプレに付き合ってくれる稀有存在が現れるとは到底思えない。

作品は知らずとも撮影してくれるカメラマンさんはいるかもしれないけれど、もう彼女と併せをすることはないのだと思うと私は本当に悲しいし寂しい。

でもそんなことを彼女に言っても困らせるだけだし、言われて戻ってこられてもそれは彼女の本意ではないだろうし、メンヘラになりたいわけでもないので言わない。むしろもう作品を追いかけていない彼女に無理やりコスプレさせるのは申し訳ないし、こっちもなんだか虚しい。自発的に好きだからやりたいと思ってもらいたいんだよ。もう無理なんだが。

なんなら、これは私の被害妄想かもしれないが、私が自ジャンルの話で盛り上がっていると、彼女投稿を控えているようにすら感じる時がある。居づらいのかな?と思うが、それに私が配慮して呟くのをやめるのもまた変な話だと思うので、これに関しては私はスタンスは変えていない。たまたまなのかもしれないし、私が気にしすぎなのかもしれないが。

ジャンルに移ったことを恨んだりはしていないし、それはそれで彼女人生なので、いっそ思う存分ツイッターでも萌え語りして、バンバンコスプレ写真もあげたらいいと思う。その方が変に気を遣われてなくていい。むしろそれはそれでいいと思うし、彼女と縁を切りたいと思っているわけではない。

そりゃもちろん本音を言えば、彼女に対して未練タラタラなので昔みたいにまた戻ってきて欲しい。でも、作品に対して全力で向き合うタイプの何一つ取りこぼしたくない系のオタクに、このブランクを埋めるのはもう無理だ。一度違えてしまった道はもう交わらないだろう。

私は大事な友人を失った。正確には失っていないし彼女は引き続き私の大切な友達の一人だけど、もうあの頃の関係には戻れないんだろう。でも誰も悪くない。誰かが何か間違えたわけでもない。だから余計に悲しくて切なくて、あの頃が恋しくて仕方ない。

40代で子無しの♂って普段何してる?

20代後半なんだが、異性のために心血を注ぐ日々なんだわ。

仕事趣味も、全部モテるためにやってる。そう言い切れる。

しかしだな、性欲がこの頃落ちつつあり、今のように異性を貪る日々は終わるのだろうと思う。

ゲーム漫画も割とするが、映画も見るしスポーツもするが、こう、異性に対する情熱はどれもない。

30代とか40代って、生き甲斐は一体なんなんだ?

その頃には性欲も無く、20代の異性に見向きもされんだろうし、おれこのままだと無人間になりそうだわ。

出来れば、子供がいないやつに聞いてみたい。

子供生き甲斐!」って回答は予想つくから、なるべくそれ以外だと嬉しい。

2021-05-02

二次創作は、愛でできている(場合もある)と思う

もちろん、テンプレエロを売りさばくアレな輩もいるけど。

二次創作をしてる多くの人は、愛で動いてると感じる。

自分電子書籍オリジナルBL小説配信してるんだけど、自作への愛はハッキリ言って、そこまでない。

ウケる話なのかとか、トレンド意識した設定なのかとか、考えることがたくさんあって、キャラ萌えてる暇がない。

キャラの好きな食べものやら、靴のサイズやら好きな音楽やら、考えたこともない。作劇の都合上、必要になったら決める程度。

二次の人たちはすごい。

ファンブックが出ようものなら、データがすべて頭のなかに入っている。

他にも、作者がそこまで考えてないだろうってところまで思考の射程を広げて、作品から多くのメッセージを受け取ったり。考察を重ねて作品キャラへの愛を深めたり。

公式よりも上手い絵やら文章やらを毎日のようにアップしてるところもすごい。

しかも、二次の人には、同じ作品カップリングが好きな仲間もいるじゃないですか!!

愛と友情、どちらも兼ね備えている二次の人はすごい。

自分には無理。

自分創作で欲しいのは、金だから

BLは嫌いじゃないけど、ジャンル小説一定セールスが見こめるから書いてるだけ。いいネタが浮かべば、高額賞金の新人賞に応募しますわ。BLより、一般文芸の方が世間体もいい。

他人作品考察する手間ひま。

もとはBLでもなんでもない作品と、ゲイではないであろうキャラクターを強大な磁力でBL変換する労力。

どっちも自分にはかけられない。

自由時間はすべて、自作の売り上げアップのために使いたい。

金、かね、カネ。

自分の頭のなかには、ろくなものが入っていないことに愕然とする。

二次はいろいろ叩かれるけど、自分二次の人たちの情熱に頭が上がらない。

自分は金のために腕を磨こうとしてるけど、うまくいっていない。

でも、二次の人たちは作品への愛と仲間たちを喜ばせたい一心でがんばって、どえらい画力や筆力を備えている。

やっぱり最後に勝つのは、愛だね。

……それにつけても金の欲しさよ

anond:20210502184901

リサーチが足りなかったということでFA

商品ダメ出しへの強い情熱を感じるんやが、もしかして怒ってる?

anond:20210502101215

入力値と出力値から計算式を算出したなら感嘆するわ

サーバサイドからプログラムぶっこぬくことも出来ないしどうなってんだろうね

膨大なトライエラーありきで算出?ゲームにかける情熱じゃないね

2021-04-30

まだまだネット筋肉リテラシー低すぎ

最近ちょっと筋トレブームみたいになって改善されたと思ってたけど全然そんなことなかった。

 

筋肉質の人や太くなるか心配な人にこそやって欲しい“ふくらはぎ超痩せ運動”がこちら「O脚も直る」「足ってこんな変わるもんなんだ」 - Togetter

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1706934

これ、一目でわかるぐらい完全に低レベルインチキデタラメなんだけど、

togetterコメントはてブコメントも何がおかしいのかわかってない。

ピントのズレたツッコミしかついてない。

ちゃんと分かってほしいので何がおかしいか説明する。

 

 

明らかに別人

ふくらはぎ超痩せ運動

1枚目見てもらうとわかるように私元々ふくらはぎが異常に太くて最強に悩んでたんだけど、この運動を週2回、1セット15回を3セットやるようになって明らかに細くなったので紹介したいし

筋肉質な人や太くなるか心配って思ってる人にこそ全力でおすすめしたい。しかもO脚も直る pic.twitter.com/ixxsk6IWCF

https://twitter.com/ino18b/status/1387704784472449027 

わかる人ならこのツイート画像見ただけで鼻で笑って話は終わりなんだけどね。

 

まず何がおかしいか

beforeの脚は明らかにafterとは別人の脚です。

また間違いなくツイ主とも別人です。

 

だって、このbeforeは明らかに鍛えた人の脚だもん。

女性でこんなに立派な脚になるには、スクワットなりカーフレイズなりで何年も相当頑張らないといけません。

それなりの才能と努力意志があって初めて出来上がる脚です。

まりこの脚の持ち主はフィットネスボディビルに強い指向がある人です。

ポーズからも誇らしげに見せてるのが分かるでしょ?

  

私元々ふくらはぎが異常に太くて最強に悩んでたんだけど

ツイ主のような、こんな意味不明なことほざく女とは明らかに別人なんですよ。

しろ正反対の、「ふくらはぎは太いほどかっこいい」「太腿は太いほどイケてる」という価値観の女です。

 

このツイ主は明らかにウソつきで、

そのうえフィットネスに関する知識も皆無です。

人の脚を拾ってくるにしても脂肪ブヨブヨの脚拾って来ればいいのに

わざわざこんな鍛え上げた脚持ってきちゃったのでより嘘がバレバレになってる。

 

 

勧めてるのはただの自重カーフレイズ

これやったって身体も脚も痩せません。

なんでかっていうと消費カロリーめっちゃ少ないからです。

痩せたいなら食事の量減らすか走るかしたらいいよ。

 

筋肉もつきません。

自重でこんなピコピコやるだけじゃあね。

虚弱な人や老人の健康維持というか血行増進効果ぐらいはあるかもだけどね。

beforeの人は100kg以上のバーベル担いで、更に足首の角度出すために台を使ってこれやってたと思う。

 

それだけの情熱犠牲を払って作り上げた脚を

私元々ふくらはぎが異常に太くて最強に悩んでたんだけど

こんな寝言とともに「ダメ状態」みたいに扱ってるのが何より許せない。

 

 

筋肉を舐めてるよね?

このバカ女が大ウソつきであることは既に述べた通りですが

そもそも知識の無さや価値観も許せないんですよね。

 

女の脚が細ければ細いほどいい?

そんなわけないじゃん。

脂肪が付きすぎてたらそれは醜いという価値観もわかるけど

筋肉まで落としてただ細くしてどうする?

それはただの老人の脚です。

その脚が欲しければしばらく寝たきりとか車いす生活してたらいいよ。

筋肉が落ちて棒みたいな骨のシルエットの脚になるから

 

beforeほどいかなくても(お前等では仮にあれを目指して頑張ったってああはなれないか安心しろ

適度の筋肉がついてその上に適度の脂肪が乗ってるのが

から見ても男から見ても魅力的な脚なんですよ。

 

この「適度の筋肉」っていうのはかなり頑張らないとつかねーから

男でもそうなのに女性ならなおさらですから

 

リテラシーの高いモデルとかは日本ももちゃんウエイトトレーニングやってます

腿とか尻とかかっこいい形にするためにバーベル担いで頑張ってるんですよ。

もちろん見た目がカッコよくなるだけでなくQOLも大向上します。

バーベルを使ったスクワットデッドリフトは老若男女誰にでもお勧めできる、絶対にいいことがある、素晴らしい運動です。

 

からこういうただのインチキが許せない。

筋肉価値もわかってなければ痩せる方法もわかってなくて

画像動画自分のじゃないものを嘘ついて切り張りしてて

「脚を細くしましょう」って、アホか!

  

 

まとめ

脚を太くしましょう。

健康的な筋肉で、適切に。

そうしたらもう気持ちも明るくなるし体温も上がるし免疫も上がるし

階段バンバン登れるし体力や集中力も持つようになるし怪我は減るし

おまけに見た目が明らかにかっこよくセクシーになってモテモテですわ!

 

いから、ジムへ行って、バーベルを担げ!

コロナ収まるまで行きたくないなら、ブルガリアスクワットでいいから、限界まで、

腿が焼けつくような痛みを感じるまで、自分限界まで、追い込め!

その直後から気分が明るくなるからおすすめです。 

 

この@ino18bってのはtiktokバカを騙して2万フォロワーも持ってて

満を持してtwitterでもインチキウソデタラメ拡散し始めたというアカウントらしい。

とんでもねえな。

インチキフィットネスアカウント滅ぶべし。

2021-04-29

今ハマってる曲

SHOP99テーマソング

無駄ベースラインがかっこいい

店内でベースの音なんかほとんど聞こえないはずなのに

無駄ベースラインがかっこいい

作曲者のこだわりと情熱を感じる

ハイレゾアップコンバートして聴いてる

2021-04-28

競馬動物愛護ジンギスカン

競馬ファン動物愛護の話。

競馬ファンは、ウマという動物をそれぞれの名前で呼び、その容姿性格能力などの個性を愛で、感情移入し、それぞれの毎回の競走や生涯の物語を熱く語る。その一方で、同じウマという動物調教試験能力試験合格できなかったり、競走成績が奮わなかったりしたときはセリにかけられて食用に屠畜される、という運命リアリストっぽく擁護する(何なら「それが彼らにとって一番の幸せだ」ぐらいなことまで言っちゃったりする)。「華やかなステージに登壇できたウマ」は賞揚して「できなかったウマ」については関知しない、その割り切りっぷりというか、情熱と冷静の温度差に、おれは戸惑ってしまったりする。

これがブタやウシとかの食用経済動物なら、おれたちみたいな一般人はなるべく感情移入しないで済むような仕組みができあがってるわけじゃん。ふつうは顔も名前も知らないし、飼育現場との生活上の接点はないし、屠畜という一番血なまぐさいところは徹底的に隠蔽されてるし、食肉として流通・陳列される段階では「生きた動物痕跡」は徹底的に消されてる。とにかく「動物を殺して食う」ということへの罪の意識なり、後ろめたさなり、「かわいそう」という感情なりを初手から持たなくていいような仕組みになってるじゃん。

でも競馬ファンにとってウマという動物はそうじゃないでしょ。オートレースの競走車やボートレースエンジンペラとはわけが違うわけでしょ。人と同じように知能があり、感情があり、性格があり、人馬一体のアスリートであり、そこにみんなは思い入れを持つんでしょ。JRAだってだってそれぞれのウマにフォーカスして物語を紡ぎ、感情移入させまくるわけでしょ。だからこそウマを擬人化した「ウマ娘」という企画が成立して人気を博したりもするんでしょ。でもその背後で、競走馬としての能力を満たさなかったことで屠畜されるウマたちがたくさんいるし、むしろそういう運命にあるウマたちの存在によって競馬業界が成立してるという陰惨な現実(とおれには思える)は、競馬ファンの頭のなかでどう処理されてんのかな〜とおれは思うわけよ。だって走るのが遅いウマには知能や感情がない、ってわけじゃないじゃん。それは競馬ファン自身が一番よく知ってることでしょ。

たとえばこれがイルカの話だったとして、おれは「イルカは賢くて愛らしいから食べるなんてかわいそう」という人の気持ちはわかるし、「イルカは昔から食用にされてきた伝統的な水産資源だ」という人の気持ちもわかる。でも「イルカは賢くて愛らしい、人と同じような感情があり、人と心を通わせられる、自分もこれまで何度感動させられたことか」って言いながらイルカを食うやつがいたら、それはちょっとサイコパスじみてるじゃん。愛でられるに値しないイルカ食堂で「イルカ定食」として出される水族館で「イルカはやっぱり賢くてかわいいよね」ってうっとりしてるやつがいたら怖いじゃん。と思ったけど、牧場で羊を見た後にジンギスカン食えるとこって結構あるな。んで女の子ワンワン泣いてたりするな。そっかそっか。

以上この話おしまい

2021-04-27

根性を消費」とかい意味不明概念何?

根性は消費されないよ。

根性無限だ。

スタミナは有限だ。

根性という無限のパワーがスタミナという有限の力を支える原動力だ。

終わらない情熱永遠根性

それがスタミナを極限まで絞り切ることはあっても、根性が使い果たされることなんてない

anond:20210427194407

そりゃあお父さんからの目がこれまでより熱く、情熱の籠ったソレになる訳で

 

まったく、モテる男は困るね!

anond:20210427084253

でも子供が独り立ちして自由時間が出来た途端になんの合図もなしに突然情熱的に盛り始めるんでしょ?

2021-04-26

anond:20210426095112

推しが居ない感覚、わかる。

オッサンもずっとそうやった。

ストーリーが好きだが萌えとかわからんと、ずっと言っていた。

結構そういうやつ居ると思う。

 

この年になってやっとわかってきたのは、俺が興味ないのは、キャラクターではなくてもっと広い。人間だ。人間に興味がないから、人間の要素を詰め込んだ存在としてのキャラクターを愛することがない。

最近は、では自分キャラクターではなくて何を愛しているのかを考えるようになった。

自分場合文脈とかだな。○○のシーンの○○のカメラワークが○○という作品踏襲してて最高すぎる、ということをちゃん言語化して喋れば、推しキャラ勢も案外聞いてくれるものだ。自分自身の情熱内面反射で高まるしな。

anond:20210426133611

他のエントリで「結婚できない人は努力方向性おかしい」ってバズってたけど、

これも似たようなもんで一部の女性って何で変な方向に仕事情熱向けちゃうんだろうね

まぁ恨み辛みを情熱って言い換えているだけかもしれないけど

宗教化はまさにその通りだね

2021-04-25

anond:20210405102425

才能っていうのは好きだという気持ちを持ち続けることじゃないか

何かを習慣づけて一生懸命に続けられる人はそれが才能だと思う

下手の横好きと言われようと好きなことに打ち込めるのは本当に尊敬する

 

俺はなんでもこなせる方だけど、熱しやすく冷めやすくてできたらすぐ飽きてしまってプロフェッショナルになれない

何をやってもセンスあるっていわれるけどそんなのは自分の脳と身体の使い方を意識できてるかどうかにすぎなくて

箸を使うのが上手だね、と褒められてるのと同じくらいくだらない

そんなだから何やってもつまらなくて続かない

唯一続いてる生業も恩人に請われなければすぐにでも辞めたいくらいつまらなくなってる

 

旨いもの食ったり作ったりは好きだがそれを極めようというほどでもないし

情熱を持てない人間は何ができようとほんとゴミだと思う

anond:20210425121021

いまの与党が引き続き支持されるなら、いまの状態が続くだけなんだけど

いまの野党政権を取ったら「経験はないけど情熱だけならあります」って新人クンが日本を動かすんだよな。

情熱は枯れる

学生時代ゲーム作りに情熱を燃やしていた。

作品を公開したらちょっと有名になり、いくつかのゲーム企業からウチに来ないかオファーも貰った。


でも結局それらは全部断って、全然関係のない業界に俺は就職した。

俺が作りたいのは「自分作品」であって、自分の作りたいものと異なるゲーム仕事で作るのは耐え難いと思ったからだ。

今なら起業して作るという選択肢もあるかもしれないが、当時はちょっとそれは考えられなかった。

から俺は、ゲーム作りは今後も趣味として続けることにして、仕事余暇時間重視で選んだ。


そして20年近くが過ぎた。

働きながらも10年以上はゲーム作りに情熱を燃やしていたが、様々なことに忙殺されて、今やその情熱は枯れ果てた。

他に大した趣味もなかった俺は、ただの無趣味人間になってしまった。


ふと、あの時オファーを断っていなかったらどういう人生になっただろうかと思うことはある。

仕事に対して情熱は注げただろうか。

その情熱はいつまで維持できただろうか。


もはや夢見る歳ではなく、自分選択に後悔もしていないが、

キラキラした新卒の人たちを見て、なんとなくそんなことを考えた。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん