「再婚」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 再婚とは

2018-09-19

anond:20180919091812

何人も子供がいるおっさんが十代と不倫して離婚して再婚して今度は元妻を不倫相手にして子作りってすごい父親

健やかな精神を得ることと『子ども』の存在価値無関係

https://anond.hatelabo.jp/20180918120625

親権押し付け離婚した元増田に、私もひとつ話を添えようと思う。

私の両親は若い内の恋愛結婚で、結婚後三人の子どもを生んだ。

だが、三人目が二歳になろうか、というところで父親浮気発覚。相手は当時女子学生留学のために暫く日本をはなれるから、それまで付き合わせてくれ、というのが、発覚した時の父の言だったそうだ。

もしその言い訳

はいそうですか、わかりました」

と言えるほど彼女が『母親』という生き物だったなら、こじれなどしなかっただろうが、そうじゃなかった。

本来なら唯一女性として見てくれる対象人間がそっぽ向いているんだ。屈辱にもほどがある。

父は仕事仕事の日々。

三人目の子病気がちで入退院を繰り返していたし、上二人は小学生に上がって間もないがまだ手はかかる。

その上で発覚したそれは、一人の女性から気力という気力を奪い尽くしただろう。

離婚騒動はなかなか揉めたらしい。

双方両親、兄弟仲人浮気相手家族も巻き込み、色々な人が、思い直せとか三人も、とか、別々には…とか好きに言ってくる。

しかし母は、離婚離婚を父に突きつけ、慰謝料を断り、三人のそれを全て父に押し付けた。

「こいつらを簡単幸せにして堪るものか」

母が27の時の決意だった。

自身はとても子ども好きだ。近所の子や親類の子など、分け隔てなく可愛いがる。

それでも、親権より、自身が健やかに過ごせる手段をとった。

とはいえその先の生活自暴自棄で、夜中の一般道を120km/hで走るとか、一人で踏切傍に佇んだりとかしてたみたいだけどね。

就職して海外で働いたり、なりふり構わず色々して気を紛らわせてたらしい。

さて、晴れて独り身になった母だったが、意外なことに、時折離婚した父に会っていた。

そのときできたのが私になる。

それでようやく、『この子を生かすために生きよう』と思えるようになったそうだ。

私がこの話を母から聞いたのは16歳の時で、当時とても物分かりよくませた子で。

子どもながらに、何を選んでも大変だったことが想像ついたんだよね。

ついでに父が100%悪いとも思えなかった。それは母にもちゃんと原因の一部があると思ったからだった。

実はこのあと、私が成人してから父と兄姉と会うことができた。

母も一緒に。

会うことが叶ったのは、父が母の悪口子どもたちに吹聴しなかったからだと思う。

父は当時の相手再婚して、更に下に子どもも設けてた。私の存在は今後も公にはならないけど、別にいかって感じ。

何が言いたいかなんだかわからなくなったけど、案外ある話だってこと。

幸せを望んで何が悪いの、自分を追い詰めた人間に対してその不幸を望んで何が悪いのってこと。


元増田の人、どうか健やかにね。

そして幸せになってください。

あなたは母でも女でもある前に、一人の人間なんだし。

2018-09-18

anond:20180918120625

私はもう、再婚もしないし子供も産まないと決めた。

この部分から既に肉体関係を持った人がいるのかなと邪推してしまった。

それなら情にほだされないよう頑張ってほしい。


夫の面影子供見出ししまったようだけど、

今回のことで夫と義母子供あなた面影を見出すようになるだろう。


おそらく、子供は相当苦労する。


あなたがそうだったように、夫も義母生理的嫌悪から逃げられない

子供権利はおろか、あなた権利さえも自分の一存でふいにするような人間に、生理的嫌悪には抗うような理性はないよ。

嫌悪というとても冷えるもの家族血縁に感じながら育つと、金銭だけの繋がりが言い訳しか感じられなくなる。

金を稼ぐということは尊いけど言い訳にもできることだから

あなたの夫がそうだったでしょう。


よって、稼いだお金あなた自身のために使うのが一番いいのにと最初からずっと思っている。

人間から過ちはあるし、親だからといって過剰に責任を感じる必要もない。

親権を手放して離れた以上もう他人から早く忘れて人間として一個人幸せを追求しなよ。

あなたも誰かの子供だったのだし。


これは、金銭しか繋がりのない親を持っていた人間の嫌味です。

anond:20180918145606

失礼な邪推をするが、元増田は闘病中の親御さんかかえて養育費とか進学費用の貯金とかあるから、よほどじゃないと気にするほどの遺産が残るかどうかは分からないんじゃ。

仮に元増田大富豪幸せ再婚をして子供に恵まれたとしても、元増田の生んだ子と大富豪との間の子(仮)の間にはある程度以上の年齢差があるだろうし、大富豪死亡→元増田遺産1/2取得→増田死亡、その時点で元増田子、大富豪との間の子(仮)生存、という状況じゃないと遺留分減殺という状況は起こらないわけで、日常生活において考慮するに値するほどの確率ではないように思うし、大富豪再婚したらちょっとぐらい遺留分を上げたってへでもないと思う。

anond:20180918120625

私はもう、再婚もしないし子供も産まないと決めた。

元旦那との間に子供がいる以上、その方が良い。

仮に子供を作って、遺言書で全財産を新しい子供相続させる、と書いても遺留分減殺請求というのをされると遺産を持っていかれるしな。

女だけど親権押し付け離婚して、それから

https://anond.hatelabo.jp/20180906123716

もうすぐ2回目の養育費の支払い。毎月こどものまれた日付に振り込むことにした。

もう興味ないかもしれないけど、後日談みたいなものを書くね。

養育費について

養育費について思うのはまず「やっっっす!!」。弁護士相談して決めたんだけど、私が時短勤務だったとはいえ、あまりに安くて驚いた。進学や医療費に多額のお金がかかった場合は追加で払うことにはなってるけれども、月々たったこれだけのお金育児から手を引けて、一応『責任は果たした』ことになるなんてヤバすぎる。ちょっとずつ貯金をして、子供が成人する時にでも渡せればいいなと思う。

②元夫について

子供を強く希んでいた。子供好きで、結婚から姪と甥をすごく可愛がっていた。

「僕は子育てを『手伝わない』。僕たち二人の子なんだからふたり平等に助け合おう」なんて言ってたのに、早々にお手伝いに成り下がった。不倫相手が出来てからは、お手伝いさえほとんどしなくなった。彼が欲しかったのは意思の疎通が出来る子供の子育てファンタジーで、夜泣き、排泄、よだれに癇癪各種手続き、そういうリアルはいらなかったらしい。手が汚れること、匂いのあることは特に嫌がった。

ワンオペ育児がつらすぎて、もう少し早く帰ってこれないかとお願いした時、

子供のためにも仕事を頑張る、それの何が悪いんだ」とため息をつかれた。結局私が謝ったんだけど、残業の半分以上は不倫相手とのデート(笑)だったと知った時、申し訳なさが怒りに変わった。

義母が良くできた人だったからか、母親という存在神聖視しすぎているように感じた。疲れていても子供に笑みを向け、家事をきちんとこなし、愚痴を言わない。欲しいものは「子供のもの」。母親自分の靴や服なんていらない。華美なものにも興味がなくなると本気で信じていたらしい。私がそれに反するといちいち驚いていた。「えっ、そんなのまだ要る?ママなのに?」

彼がメルカリにハマったときコテ(髪を巻くやつ)やブランドピアスを「これ使ってないなら売っていい?」と悪気なく聞かれて死にたくなった。ちなみに不倫相手は、ふわふわの髪に揺れるタイプピアスを身につける女だった。 

不倫相手について

実家内容証明を送った&本人には到底払えない高額慰謝料をふっかけたので親が出てきた。親子ともどもしおらしく謝罪。本人は慰謝料を払い終えたら彼(元旦那)と結婚したいと涙ながらに訴えていたけど、親が猛反発。(私の前だったとはいえ)元旦那が「妻と別れても君とは結婚できない」と言っても意志は揺らがなかったのに、旦那親権を持つと知った途端に引いた。他人旦那を奪うなら、子供ごと引き受ける度量を見せてほしいと思わなくもないけど、子供のことを考えるとそれでいいんだろう。

大事な箱入り娘だったらしく、彼女の両親と元旦那で揉めていたっぽいけどもう興味も沸かなかった。最終的には相場よりちょっとだけ色のついた慰謝料をいただいておしまい

④元夫の母親について

離婚騒動の前までは、関係はかなり良好だった。旦那ともめれば私に味方してくれるような義母だった。

旦那浮気を知った時は、真っ先に旦那の頭を叩いて怒鳴りつけた。それから、私の手をとって、ごめんね、ごめんねと謝ってくれた。態度が変わったのは、私が親権を取らないと言い出してからだ。

義母慰謝料なしで女手ひとつふたりの子供を育てた人。そんな人から見たら、母親子供を手放すなんてありえないだろう。

私の両親は地方在住の上、母は闘病中で父はその介護をしている。近くに元気な義母がいて、ローンの支払いのない広い家(夫の実家)がある元旦那側の方が、よっぽど環境が整っている。それを伝えても、母親そばにいないことが何より子供を不幸にすると、彼女は信じて疑わなかった。だから誰よりも怒っていた。

養育費もいらないと言われたが、「子供権利あなたの一存でふいにしないでください」と目を見て返せた。夫相手には強気を貫いていた私の足は、その時ガクガク震えていた。

子供について

不倫に気づいた時、旦那に対してだけじゃなく子供への愛情も一気に引いて、そういう自分ドン引きした。気づいてる人もいたけど、子供旦那にとても似ている。子供に罪はないと何度も思おうとしたけど無理だった。愛情がなくなると、子育ては苦行でしかなかった。義務感・責任感でこなす育児は本当にしんどい。変な話だけど、失ってから愛情母性?)の凄さに気づいた。タスクは変わっていないのに、精神的な疲労の度合いが全然違う。

離れてからしばらくたって、子育てタスクから解放されてから、やっと他人ごとめいた感覚が消えた。確かに自分の子だなと思う。愛情についても不倫騒動の前ほどとは言わないけど、ある程度戻ってきたような気がする。でも、親権をとらなかったことに後悔はない。あの子にとって最善の環境元旦那の、いや、義母のところだ。私はもう、再婚もしないし子供も産まないと決めた。だからたったひとりの子供のために、できる限りのことをしたい。親権を捨てた母親に、どれほどのことができるかはまだわからないけど。

前回の記事にすごい反響があって、騒がせてすみませんでした。ブコメトラバ全然流れが違うんですね。読める限り全部読みました。最低限、子供金銭面で不自由はさせないように、頑張って働こうと思いますありがとう

2018-09-17

本当に申し訳ないのだが

中学生ぐらいの主人公

父親再婚相手父親よりも自分の方が年齢が近い)とエッチなことをする漫画を読んでいるときだけ

俺の中に表現規制するべきだの精神が現れ、これを批判するんだ

なんでだろうな

いやなんでかはわかってるんだ、認めたくないだけで

百万人のために歌われたラブソングじゃないんだ

2018-09-16

デレステクレイジーコミュ しきフレを見て

アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージより

 結構面白かったので

コミュ2話


 ポイント1

志希「じゃあ、まずは幸せ定義づけから始めよっかー!」

フレデリカ幸せは、みんながハッピーなことだよー♪」

フレデリカ「(間を挟まず)それでー? シキちゃんがここに来たかったのって――(以下略)」

 間を挟まなかったのは、友人との論争を避けるためだろうか?

 宮本フレデリカにはもうある答え、一ノ瀬志希にはまだない答え。

 志希には「愛に生き続ける」「一瞬で愛に死ぬ」「楽しく生き続ける」「一瞬で楽しく死ぬ選択肢があるのではないか

 どれもこれも魅力があり、しかし全ては選べない。迷っているのだ。

 「秘密のトワレ」なんて歌いながら、Pへの深い愛情を持ちながら、絶対に行動に移さな理由だろう。

 志希は「他に迷惑を掛けても、自分のしたい事はする」と考えているが、フレデリカは迷うことなく「みんなハッピー

 …書いていて思ったが、フレデリカは志希が致命的な事を起こす前に「娯楽」を提供しているのでは?

 考え過ぎだろうか。


 ポイント2

志希「(父親デスク家族写真を見つけた後)……ん? 隣にもう一枚、隠してある……?」

フレデリカ「(嬉しそうに)シキちゃん、だね。 アイドルの……お仕事の、写真

志希「(少し考え込む)…………。」

志希「こっちの写真は、あたしがもらってこっかなー。」

フレデリカ人間の目が前についてるのは、未来を見るためだからねー♪」

志希「フレちゃんときどき、いいこと言うよねー。」


 これは面白かった。

 志希と父親関係、志希とフレデリカ関係が見える。

 フレデリカの「未来を見ないと」という発言同調する志希。

 つまり父親にとって「今の志希」を見つめるのは「過去に縋る行為」の可能性がある。

 もう再婚とかしているのか?

 いや、それなら家族写真は何故OK? 娘の反対を押し切って再婚しかし上手く行かず離婚

 そして、この時の志希の発言は暗くない。 父親悪感情を抱いている訳では無いようだ。

 もう一つ、フレデリカ発言を見るに

 「フレデリカは志希の過去を知っている」「志希の”ときどきいいこと言う”発言

 これが気になった。

 Pには言わず、フレデリカには言える過去

 しかし、フレデリカへの信頼がPより上かどうかは謎。

 フレデリカは「みんなハッピー」なので志希が嫌がれば口を噤む。

 だがPは”志希が納得している”事実があっても「可哀想だ!」というかも知れない。Pが事あるごとにその過去をを持ちだせば志希はウンザリするだろう。

 これは「Pを理解する」まではおあずけ。

 後に奏から「海の向こうはどうだった?」と聞かれ「何も無かった」と志希は答えている。

 話したくなければ「この話はまた今度」と言うはずなので、本当に「ケリがついた事」なのだろう。

 そして「ときどきいいこと言う」

 志希は普段から人の発言をしっかり聞き、それを評価している事が分かった。

 最も親しいと思われるフレデリカさえそうなら、志希が「誰かに依存する、身をゆだねる」事は無いのでは?

 感情のまま生きる志希、だがいつも理性を手放さない。

 矛盾はしていない。「理性の反応ライン」が広いのだ。

コミュ3話


 ポイント1

志希「わかんないことが怖いなんて、あたしにはぜんぜん共感できなーい! なんでなんでーっ!」

奏「あのね、志希。これは一般論だけど…普通、分からない事は怖いわよ(以下、一般論は要約)」

奏「人は怖いから分かり合うために努力する、だが完全には分かり合えない だから自身矮小化し分かり易く記号化する」 

志希、フレデリカ、少し茶化す

奏「ちょっと。せっかく人が真面目に話したのに、台無しじゃない」

フレデリカ「でもさー。退屈になってくだけなら、『本当の自分』とか『理解』なんて、いらないのにね」

フレデリカ「それよりは、みーんなが楽しくなれる『ウソ』のほうが、ハッピーハッピーだと思うんだ♪」

~ここで桃華の発言が挟まり話題が切り替わる~


 まず、奏は志希へ「分からいかも知れないけど、教えてあげる」

 そしてフレデリカが茶化し、志希も続く。

 そして、フレデリカも奏へ意見を述べる。

 「みんなハッピー」が好きなフレデリカが何故「真面目な話」を率先して茶化したか

 当然「みんなハッピー」のためだ。

 ここで茶化さなければ、奏は志希へ「理解できたか」聞くだろう。

 そして志希は真面目に返す。「理解した」「理解できない」「途中までは理解している」

 意見が奏と重ならなかった場合「誤魔化しをを好まない」志希では以前の心理テストの焼き増しになるかも知れない。

 フレデリカが警戒するのも当然。

 そして、奏とフレデリカと志希のスタンス

 奏は「僅かでも理解し合う事」を大事ものだと考え、だから志希にも解説した。

 フレデリカあくま理解より「ハッピー」優先。

 話が切り替わったので意見は述べていないが、志希も持論は持っているだろう。

 例えば…「もっと頑張って理解しないの?」

 この後、志希は桃華に「分からないと言えるのは良い事だよ、半端に分かった気になるより、ずっとね(要約)」

 こう発言しているので、二人とも違う上記の予想となった。

 ……いつかもう一度「LiPPS」コミュが来た時は「Trinity Field」並みだと、私は期待している。

 ここまでバラバラなのだから


 ポイント2

桃華「(二人のアイドルとしての姿勢に疑問を持ちながら)あなたたちはいったい、なにがしたいんですの?」

志希「(少し勿体ぶって)あたしはね、あたしがしたいことをしたいの。それ以外は、どーでもいー」

フレデリカ「フレちゃんは、みんながハッピーになることをしたいなー♪」

~フレデリカ、ここで「あとはお楽しみ、ご期待あれ」と言って会話を切る~


 また答えを待たず切ったなコイツ

 だが嫌いじゃないぞ絶対自分信条を曲げないスタイル

 ここで大事、というか再確認

 周囲からは「いつもふざけていて何がしたいかからない」

 だが二人はしっかり”軸”がある。

 志希は「自分がしたい事をやる」

 誰でもそう、と思うだろうか? だがそれならわざわざ口に出す必要も無い。

 これは恐らく「自分に噓はつかない」と言っているのだろう。

 相手を気にして自分意見を出さない…何とも「家族関係がこじれそう」とは思わないだろうか。

 これは志希の「過去経験から来ていると思われる。

 対してフレデリカはブレない。

 「みんなと楽しく」こそが目的。 そのためならば嘘も厭わない。

 いつかこじれそうですなあ。


 ポイント3

フレデリカちょっとだけ、そろそろ真面目にやろっかー」

志希「……ふぅん?」

フレデリカ「なんだかさー、嫌だったんだー。シキちゃんのこと、勝手にわかられたみたいで」

     「『本当は寂しがり屋の可愛いオンナノコ』なんてさ、すっごくわかりやすくて、つまんないでしょ?」

     「カナデちゃんはそれが普通だって言ってたけど……、だーれも楽しくならない、退屈なだけのホントウなんて、アタシたちに       くっつけてほしくないの(口調は明るい)」

志希「(笑顔になって)その退屈なものが、本当に真実(ホントウ)だったとしても?」

フレデリカ「だったら、ウソをついてもらおっかなー♪」

志希「……ふふ」

フレデリカ「それに、シキちゃんは、誰かに理解させてあげられるほど、簡単じゃないでしょ?」

志希「……ねーねーフレちゃん。フレちゃんはさ、あたしのこと、怖い?」

フレデリカ「ぜーんぜん、怖くなーい♪」

志希「(笑い声を上げて)いいねいいねいいね! やっぱり、フレちゃん、すっごく面白い!」

  「うん、いいよ。興味湧いてきた。フレちゃんとなら、あたしは何ができるのか。あたしたちの実験を、始めよっか」

以下略


 長い。ひたすらに長い。

 でも面白いぞ。今回のコミュの山場だ。

 ちょっとまとめる。

 フレデリカが「アタシたちを舐めないで、そんなに退屈な存在じゃない」と言う

 志希は「いや、実際はそんなものだよね」

 (今回のSR2枚中、志希だけ「自身は退屈な部分も有る」と発言しているので、これは志希の事)

 フレデリカは「だったら嘘をつけばいい」志希はこの答えに思わずクスリと笑う

 そのまま続けて「それに、シキちゃん理解できる人いないよね」

 そして志希から自分が怖いか」との問いか

 フレデリカは「怖くない」と返しそれを聞いた志希は堪えきれず、といった感じに笑い声を上げる

 志希は「やっぱりフレちゃん面白いね いいよ、興味湧いたし付き合ってあげる」


 ……フレデリカから志希への評価が高い!

 そして志希は自己評価が低い! 「自分は他より少しは頭が回るだけ」とか思ってたりするのだろうか?

 ここでフレデリカは「だったら嘘をつけばいい」

 話を伏せても誤魔化すことは無かった志希に「嘘をつけばいい」!

 真意は恐らく(でも、その必要はないよね)(でも、そんな事しないでしょ?)こんなところ。

 それが分かるから志希は笑う。

 そして追い打ちに「それに、理解できる人いないよね」

 これは、志希へのメッセージ

 志希にとっては志希は単純な存在。でも「客観的」に見れば志希はとんでもなく難しい。

 ねえ、そうでしょう? だと。

 最後に志希から自分が怖いか

 フレデリカは「全然怖くない」と返す。

 そして志希は笑い、フレデリカに付き合う、と言った。

 志希が笑ったのも納得だ。

 フレデリカが怖いかどうかは「わからない」のだから

 嘘をついても「幸せ」を大事にするフレデリカ。なら、恐怖を隠しているのか?

 志希が「簡単ではない」事を知るフレデリカ。なら、口では「簡単じゃない」と言いつつ自分は志希を理解しているのか?

 本当に怖くないか、本当は怖いのか。

 わからない。そして志希にとって「分からない事は面白い」!

 そんなフレデリカからこそ、志希は本気になったのだ!

 まあ、多分。


コミュ5話


 ポイント

 ここは短い。

 志希とフレデリカからメッセージ

 「私たちをわからなくても、それでいい」

 「でも、理解する努力は止めないで」

 これだけだが…Pとしては大事だろう。

 書いとく。



 後は…蛇足だろうから止めよう。

 ここらで失礼致します。

 ああ楽しかった。 デレステに幸あれ。

2018-09-11

anond:20180911225834

あと元々男と結婚してて子供産んだ女性離婚して子供引き取って女と再婚(?)して二人で育てるパターンもあるとか

同じパターン子供を持つゲイ(と言うかバイ?)カップルもいるそうで

同性愛者だから子供がいない、と決めつけてはならんそうだ

2018-09-08

お兄ちゃん彼女ができてほしい

私には“お兄ちゃん”がいる。

お兄ちゃんとは言っても血もつながっていないし、親同士が再婚してできたわけでもないし、つまるところ戸籍上なんの関係もない、ただネットで知り合い、体の関係を持ち、付き合いもせずだらだらと関係を続けているだけの赤の他人なのだが、私にとっては大事なお兄ちゃんなのだ

そんな人をなぜお兄ちゃんなどと呼んでいるかについては色々な理由がある。一つに私が(本当の)姉妹の中で一番年上であること。これは本当にしょうもない理由なのだけれど、私は長女で少し年の離れた妹が(血の繋がった本当の)二人もいて、オタク気質だったので、兄という物に過度に憧れ、いわゆる近親相姦を扱った作品などを読み漁るような青春を過ごすような人間だった。そこに現れたのが“お兄ちゃん” 少し年が離れていて、社会人として自立していて(ネットメンヘラ女の子を漁るような人を自立していると言っていいのかはわからない)顔も悪くなくて、少しナルシスト女の子になぜかモテて、ある程度距離をとって接してきて、たまに肉体関係を求めてくる。近親相姦モノの少女漫画洗脳された私にとってこれ以上の理想の兄はいなかった。

二つ目、これは私にとっては真面目な理由。単純に彼を大好きな“お兄ちゃん”と思いこんで接していれば、彼の、遊び人ですぐに女の子を家に連れ込んでセックスするような彼の本当の一番でなくても、傷付かずにすむ気がするから

少なくとも、今現在このチラ裏を書いている時点では、彼の、お兄ちゃんの一番は私の自信がある。お兄ちゃんは今誰とも付き合ってないし、家の唯一の合い鍵だって持ってるし、毎週時間が合えば週末一緒に過ごして、どこかに行きたいと言えば車を出して連れて行ってくれる。お兄ちゃん母親も仲良くしている子くらいの認識だけど私の事を知っていて実家に帰るたびに私の事を気にかけてくれるらしい。だけど私は“お兄ちゃん”とは付き合えない、なぜならお兄ちゃんから

彼も私の愛の告白冗談でもyesと一度でも言ってくれたことはない、なぜなら私には生まれつき子供を作る能力がないから。

お兄ちゃん子供が好きだ。実家に帰ると姪っ子の写真可愛い可愛いと送ってきてくれる。そして幸せそうな家庭を見て帰ってくると焦ったように私に当たる。

会う前からずっと、私に子供を作る能力が無いことを知った上で仲良くなってしまって、それから関係がズルズル続いている。付き合ったりはしない。私には子供が産めないから。

お兄ちゃんとの共通友達は酔っ払ったお兄ちゃんと話したときの内容を内緒で喋ってくれる。私の事が可愛いだとか、好きだとか、でも俺は子供が欲しいから、子供の産めない彼女の事を貰ってやったり、結婚できる自信がないとか、そういうことをいつも言ってるらしい。私はお兄ちゃんのただの妹なんだから、そんなこと考えなくてもいいのにね。

最近また「(私の名前)に話したら怒るだろうけど」と前置きをした上で女の子を連れ込んでセックスした話を懺悔された。私のでも、お兄ちゃんのでもない髪の毛が落ちてたし、ずっと前から知ってたよお兄ちゃん。私は「そんなこと気にしなくても好きにしたらいいのに」って笑った。私はお兄ちゃんの妹で、そんなことに口を出す権利は無いのです。

最近は早くお兄ちゃん彼女が、子供の産める彼女ができてほしいなと、お兄ちゃんの事を考える度に思うようになった。そうして幸せになってくれたら、私も諦めがつくのに。

早くお兄ちゃん彼女ができてほしい

2018-09-07

anond:20180907120735

本人はwinwinだもん!と見せかけてるけど実際は増田(夫)側が一方的lose、だな

よくいる「育児全くせず子供に関心もなく女作って離婚となっても養育費も払わない糞夫」の女版でしかないので

今後は増田育児に苦労して再婚も出来ないが、元妻はさっさと再婚相手見つけるんだろう

世のシングルマザーとその元夫がやってる事を男女逆転させてるだけ

2018-09-06

anond:20180906140939

さらにこのツリー見てたら

みたいな展開になってて、なんかすごいことになってるなあと思った

あと、子ども幸せが云々言う人に対して、「母親親権とってもシングルマザーほとんどは貧困だし、再婚すれば虐待被害」って指摘すると「男の浮気ぐらい許して一緒に暮らせ」という結論になりつつあって地獄っぽさある。でも、それは一昔前によくあった、仮面家族アダルトチルドレンコースじゃん。子ども凶悪犯罪起こすパターンだよ。

まあ「男が浮気すると女の母性は枯れるか歪む。子ども作ったら腹くくって浮気やめろ」が結論だよね。

anond:20180906123716

将来 父親再婚したりなんかして 行き場の無くなった子供母親のところに行きたいなんて言ったらどうすんのかな

ひょっとして家出して行くかもね

冷たく追い出すのかなぁ

anond:20180906151458

これ読むに子供を捨てあってるだろ。

夫も再婚すりゃ子供は養護施設きじゃねぇかね

anond:20180905185135

ブコメで「可能性がゼロになった」って書いてあるけど、別に離婚して再婚すればいいだけだろうからこれは説明としては落第点ではないだろうか。

好きな人公式設定の確定が嫌だとか、私「だけ」を見てくれなきゃやだとか、

そういうことを考えると案外女ドルオタ処女厨的な発想の持ち主なのかもしれん

Rよ。

Rよ。

変な夢だったけれど、気になって連絡して良かったよ。

最後に会ったのはいつだろう。

Fとひつじを食べたときじゃないかな。

10年経っているかな。

お節介ながら、伝えたいことがあったんだよ。鬱陶しい文章になってしまったけれど。

わたし場合だけど、離婚はつらかった。

以前に、「人生ストレスランキング」で離婚配偶者の死に次いで2位だという記事をみた事がある。

そんなの全く信じていなかったけれど、経験してみて感じた。すごくつらかった。

いいなと思う人ができて、気持ちが確かなものになって、愛を確かめ合って、あらゆることを共に生きようと決意をして、準備をして、祝福されて、幸せを噛み締めて。離婚の決意はそうやって辿ってきたものをひっくり返していく作業だった。

もしかしてまたあの幸せ状態に戻れるんじゃないか、と問う日々がたくさんあった。でも、もう二度とそんな日が来ない事も分かっていた。ただ、それを受け入れるのがすごく難しくて悲しかった。どこかに一縷の望みを探している自分が悲しかった。ないのは分かっていたのにね。

わたしが決意をしたときは、誰1人として話せる人がいなかった。職場でもウワサになりたくなくて、離婚したこともずっと隠していた。再婚するまで知らなかった人もいた。スのことを訊かれることもあった。「旦那さん元気?」って。住んでいるところはもちろん、生きているか死んでいるかすらさえ知らない人の事を、さも一緒に暮らしいるかのように話すのは面倒くさかったよ。

Rよ。

あなたわたしの大切な友人の1人です。

随分会っていないし、同級生や幼馴染のように、長く時間を共にしたとは言えないけれど、それでも大切な友人の1人だと言わせて欲しい。出すぎていたらごめん。

Rが覚えているかからないけれど、わたしの身にしんどい事があったとき「なぜかRの顔が浮かんだ」とRにメールしたら、その足でうちまで来てくれた日のことをわたしは覚えているよ。すごく嬉しかったし救われたよ。ありがとう

わたし入院したときも、お見舞いに来てくれたのも覚えているよ。今言おう。あれは痔だったんだよ。気付いていたかい。内痔核というものを切除したらしいよ。

nujabesを教えてくれたのもRだった。

ブログでお互いあぶり出しをしたのも面白かったよね。

わたし東京を離れるときに、黒糖だったか焼酎を瓶でくれたのも覚えているよ。

就職が決まって、かっこいいお手紙を送ってくれたのも、なんだか誇らしかったよ。いまも保管してあるよ。

まり何が言いたいかというと、Rには幸せでいて欲しいし、R自身が納得のいく選択をして欲しい。そしてそれに後悔をして欲しくない。これはわたし勝手な願いです。

Rのこれまでに至った経緯は分からない。それぞれの決意にはそれぞれの事情がある。他人には分かり得ない温度感だってある。だからわたし無責任なことは言ってはならないなあって強く思っている。

ただね。

Rには、わたし経験したような悲しみや虚無に対峙して欲しくないんだよね。だってすごく悲しかたから。お腹の中に穴があいたような。ぽっかりとした気持ちだった。今までの、スを大好きだった時間が全部ゼロ、というかマイナス記憶になった。励ましてくれる人はいなかった。親でさえ。だから竹内まりやの「元気を出して」とハナレグミの「サヨナラcolor」を何回も聴いていた。サヨナから始まることがたくさんあるんだよ、と歌う永積タカシを心の支えにしていた。

あのような悲しみには、出来ればわたしの大切な友人には遭遇して欲しくない。

からRにどうしろこうしろっていう事ではない。離婚した方がいいとかしない方がいいとかそういうことでもない。要は、抱え込まない方がいいみたいよ、ということ。

うんうん、って話を聞いてくれる人がいるだけで違う。全然違う。わたしに話して、って言っているのではないよ。素直な気持ち吐露できる信頼できる友人がきっとRにはいると思う。経験者だとより一層Rの状況を理解してくれるんじゃないかな。誰も思い当たらなかったら増田にでも書けばいい。

わたし離婚に至るまでにからだじゅうに蕁麻疹が出ていて、ステロイドを飲んで塗って会社に行っていた。離婚した後も数年引きずっていた。昇華できたかもしれない、と感じられたのは人に話せるようになってから。Rの場合はこれまた事情が違うと思うけどね。

だらだらと書き綴ってしまったけれど、とにかくわたしはRに悲しい思いをして欲しくないのです。中長期的に出来るだけ悲しくならない選択をして欲しいなということを強く願っています。どのような選択であってもRにとって総合的に勘案した結果それが最善だと思えるものであって欲しい。そしてそのためにわたしに何かできそうな事があれば喜んで引き受けようではないか

いつでも味方であろうと思っているよ。

久しぶりだねこういうポエムみたいな。感じ。ね。じゃあね。また。

ちなみにだけれど、昇華させることができてからさらっと普通に話せるようになった。あれはあの状況下で最善の選択判断だったと思っているし、過ぎてしまえばどうという事はない、と言える。よ。

ではまたね。

anond:20180906013033

祖父母や親戚もしくは施設に預けられる。

早々に再婚するのどれかかと。

2018-09-05

まって

よくよく考えたら小さい頃に遊んでもらってた叔父さんと、いまの叔父さん違うぞ…!?!?離婚して再婚したってこと??

もしかして知らずのうちに修羅場だったのかな…

2018-09-03

胸の奥で泣いている幼い私

30年以上住んだ場所を離れる転職を決めた。多くの人と「またね」「げんきでね」と一旦の別れの連続。母もその1人。でもうまくいかなかった。

親の愛を、子供はどこまで要求できるものなんだろう。親にも都合があり限界がある。

母は勤勉で忙しくしながら私を愛してくれた。でも私は満足できなかった。母の再婚相手に母を取られてしまたからだ。再婚相手についての描写は控えたい。自身の心に刻まれた傷や憎しみを見たくない。「あの家庭でグレなかったのを尊敬する」そのような場所思春期を過ごした。「あの人は丸くなったよ」そう言いながら母は未だその人と共にし、最後相手として受け入れている。

今日、母と帰りの車内で「あなたが暴れず静かに戦っていてくれたから保てた」そう言われた。

でも私には激しく事を荒げる術が分からなかった。荒げたところで何が変わる。今思えば諦め泣き寝入りしていただけのように思う。そしてこのような文を書くように、あの頃の私が消え去らずにずっと胸の奥底にいる。母を求め寂しくて泣いている、幼い私がずっと心にいる。

2018-09-01

anond:20180901224333

俺は初カノが25で、童貞喪失は27だったけど

バツ再婚もできたし、23の彼女がいるぞ。

方面にタガが外れたとも言えるが。

2018-08-25

anond:20180825083543

下方婚あきらかに成功している例として自分を挙げたいがもうすでに終わったのとソースを出せないので、

リアタイ例としてhttp://www.kawauchisyun.com/ こちらの主夫さんを挙げておく。

また、勝間和代さん、女性芸能人(覚えてる限りで夫は歯医者など比較的高給とりだけでなく、ADや脚本家などもいる。歯医者にせよさほどの高給取りではないと思える)なども

おそらくすべて下方婚にあたるとおもう。

そのすべてが失敗例とはとても見えない。

(あとりゅうちぇるご夫妻なんかも最初色物扱いで女性のほうがしっかり稼いでいたように見えた。これは逆転婚とでもいうべきか)

勝間さんなど、結局は離婚しているものの、また再婚というかパートナーを見つけて子供を育てている。

旦那さんの意識を変えるのと、自分の属している方の意識を変える簡単な手として、

離婚協議転職おすすめするが、それはおそらく今ではない。

今は産休・育休を使って将来を見据えたり、あと体にうめこまれ出産ダメージという爆弾を除去してほしい。

 

だれにとってもこどもという愛しいくびきをつけたままの自己実現というのは難しいけれど、そのすべてが下方婚のせいではない。

これを言うのは残酷なことかもしれないが、あなたよりちゃんとできてる下方婚女性現実にいる。

だんなさんも「生まれたての子供さえいなければ今すぐにも転職して上方婚状態にしてあげたい」と思っているかもしれない。

話し合うことが第一歩。

===

26日の追記みたけど、貼ったリンク先を一個も読んでないよなーと。

ようするに、「男がこんなに気が利かないなんて。下方婚なんてするんじゃなかった」は二重に誤認がある。

あなたの男だけが気が利かないのであって全体に演繹してはいけない。

下方婚はするべき場合もある。

なので炎上ネタとしては男女ともにケンカを売るという基本的なやり方で成功してますが、

ほんとに胎盤剥離とかしたんならネットなんかしてないでとりあえず寝れば。

親戚に写真送って子守相談できそうな人を探すとか保育園活動とか解禁と同時に注射しまくりとか、別にやるべきことが相当あるわけで。

2018-08-15

anond:20180802000907

大体、母親再婚した家庭で育った女性は義父に裸を見られたり触られたりしている。

男性恐怖症の女性が増えれば少子化さらに加速するのに、なぜ対策されないのだろう。

2018-08-13

anond:20180813225640

違うぞ?

離婚してまた再婚する男が、再婚する女より多いからだぞ。その分未婚の女が減るの。

男はじじいでも子供作れるから、金さえありゃまた結婚できるのさ。その点は女よりも有利。

anond:20180813093732

嫁が先に死んだ家庭は、たいてい、再婚してる。

2018-08-10

訳あって母子手帳を開いたら、実父の本名が載っていた。

苗字は知っていたけれど名前は初めて知った。自分が憧れていた名前だった。

なんとなく、フルネームネット検索してみた。逮捕されたかなとか、実はすごい人だったのかなとか期待していたけれど、当然そんなことはなかった。

小さい頃、母に離婚理由を聞いたことがある。詳しい言い分は覚えていないが、とにかく父が悪いという内容だった。

当時はそのことを鵜呑みにして母がかわいそうだと思っていたけれど、今になってみたら絶対母にも非はあるし、子供産んどいて離婚再婚しないでほしい。仕方ないけど。

もっと父と関わりたかった。なんかあった時に普通の家庭みたいになんかしたりもしたかった。

義理父とは全く話さない。親子っぽいことも一度もしたことがない。何かあったら家にいてもメールだし、そのメール敬語だし。そもそも最近は何かがないのでメールすらしていない。よく子持ちの母と結婚したな、と思う。

父に会ってみたい。会ってなんで離婚したのか、子供のことどう思っていたのか、ていうか産ませといて離婚すんなとか聞きたい。

まあでも、俺のことなんか覚えていないか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん