「無気力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無気力とは

2019-02-21

anond:20190221170413

何するにも無気力状態でどっちかを健康にする為に行動するのが難しいんですよね。身体くそうかな。

2019-02-18

無気力感がひどい

助けて、どうしたらいい

2019-02-14

修論が無理になった

本提出はした。副査の先生査読もしてもらい貴重なご助言も賜った。

追加実験して、足りないデータを足して差し替えた後、スライド作って発表するだけ。


だけど、ここで何故か気持ちが無理になった。

モチベが出てこない。追加実験はやっているけれど一向に進まない。

ADHDのケがあると言われたら多分そうだと思うし、無気力性とか集中力のなさとかに関係してくると思う。

ただ「修論も出し終わったから週の進捗報告会も復活させます」と上からのお達しが出ていて。

データを取りつつ前にも進まなければいけない地獄しかもこれが三月末まで続くとなると改めて絶望しかまれない。

やらなきゃいけないのに、やる気が基底状態から動かないのでまずい。

まずいと感じながらもできていない時点でダメなのだけれど。


本提出前にホイホイやってた二徹三徹が出来なくなった。

日中眠気に襲われるようになり、視界が半分くらいボヤけて見えるようになった。

追加でやってる部分、あわよくば発表時に出そうと思っている部分の進捗が芳しくない。

一日十何時間実験やってて、半分泊まり込みでやっててもダメだ。

その割に本気で死のうと思う自分もいないし、かといって死ぬ気でやろうと思う自分もいない。


この前の東北大学自殺した学生とはまた違うけれど、いつ死んでもいいと思いが過ぎる。

それくらい目の前に茫漠な死が突きつけられている気がする。


支離滅裂だし、甘えだし、ここに吐き出す暇があるならさっさとなんかやれと言われるけれど。

なんか、ぼんやりとした無理に囲まれている。そんな感覚が続いている。

誰か、助けてくれ。

2019-02-12

働きたくね〜

楽して生きて〜

出来ないなら死にて〜

もう無気力すぎてつらいつらい言いながら生きている人の気持ちが分からない

…けど俺と同じようなやつでよりガッツのあるやつが実際に昇天してるんだろうな…

まりにも社会不適合者すぎてやりたいことがあっても出来そうな事が無い

2019-02-05

anond:20190204235233

虐待する親は子供に対して愛情の歪んだ執着を持っていて、子供嫌いな人間とはまったく真逆ベクトルにいると思う。

だいたい虐待死する子供にはきれいな名前がついてて、そんな親でも産まれときには愛情を持ってたんだよ。それが思い通りにないから手を上げたり、逆に無気力になって放置したりする。

2019-02-03

https://anond.hatelabo.jp/20190131164910

いつものように現れる「クソだと認識したらなぜお前がそれを変えていく努力をしないんだ!つまりお前もクソだな!」っていう人たち。

違うんですよ。現場から変える為の声を上げて提案をすると物分かりの良さそうな管理職が「そうだな、お前の言うことは尤もだ!変えていかなきゃならんことは間違いない。でもウチは大きい組織だからすぐには変えれない。だからこれからも声を上げ続けて欲しい。一緒に頑張ろう」って言ってくれる。

で、それを毎年繰り返しても改善どころか悪化しかしない上、その言い訳ばかりを垂れ流され続けたら学習無気力感に襲われるのは当然である

NTTグループ管理職になると多分最初研修で「声を上げ続けて欲しい、とだけ言えば部下は黙る」って習うんだと思うよ。

2019-01-23

20年近くの自分人生を整理したい。

何となく、今ここで自分人生文章に起こして整理をするべきだと思った。

かなり長い文章になっているかもしれないので、とてつもなく暇で好奇心旺盛な人だけ読んでくれ。

公開する必要性は無い気はするけど、鈍感な私に誰かが何かを気付かせてくれるかもしれないと期待して公開することにした。

とはいえ身バレすると面倒なので所々フェイクは入れさせてもらう。

そして、私やここに出てくる登場人物が、貴方の周りにいるあの人だと勘付いたとしても何も言わず、仄めかしたりもしない事を約束して欲しい。


前置きはさておき、出来るだけ時系列にそって思い出しながら書いていこうと思う。

私は物心付いた頃には母と祖母と一緒に暮らしていた。

この頃は何も知らない純粋子供で、毎日を楽しく生きていた。

母や祖母と一緒にお出かけをしたり、クリスマス誕生日の時はケーキを食べたり、多分その辺の家族と何ら変わりない幸せな家庭だった。

今の私にとってもこの頃の思い出はかけがえのない大切な宝物だ。

でも、この頃から周りとの違和感をずっと感じていた。

母は毎日沢山の薬を飲んでいた。

幼稚園友達は爪が綺麗なのに私だけ真っ黒だった。

それを見た先生ちゃんと綺麗にしなさいと言われて、ちゃんと一週間に一回お風呂に入ってるのにって思った。

私の家は床がゴミで埋め尽くされていたから、夕方テレビで映る綺麗な家や友達の家が羨ましかった。

周りの友達と同じお稽古に通う度に、先生ちゃんと家でも練習しなさいと言われる。でも、ゴミだらけの家でどうすればいいかからいから何もしなかった。

書き出してみると私は何も知らなくて、何も出来なかったのだと改めて実感した。

知らないのは子供から当然だとしても、行動くらいは起こせたのではないかと思う。

もし、そうしていれば私が今こうして整理する必要もなかったかもしれない。

小学校に上がってからはその違和感がより強くなってきた。

いじめにあったからだ。

一部のクラスメイトから臭い、頭の上にフケが積もってると言われ続けたけど、何故自分けが言われているのかわからなかった。

仲の良い友達先生も誰もそんな事を言わなかったから、私が気に食わなくて傷つけたかったのだろうと思っていた。

でも、悪いのは自分だった。

当然だ。一週間も風呂に入っていない奴が同じ教室に居て耐えられる訳がない。

臭いと言われて当然で、それを指摘しない仲の良い人達はあまりにも優し過ぎた。

今思いだしたが、お稽古先の講師でさえ「私ちゃんって、ちょっと臭くない?」と私の影で言っていた。

それでも、この頃の私は皆と同じで、何故か自分だけ不当な扱いを受けていると思っていた。

気付けよ、鈍すぎるだろ。

それか、心の奥底で幼い自分にはその現状を変えられないと諦めて思考停止していたのかもしれない。

結局、そのいじめは学年が上がるに連れて収束していった。

イジメっ子も気付いたのだろう、コイツは訳ありなんだと。

もう一つ、小学校時代に思う所がある。

母が私をアーティストライブに連れ回すようになった。

毎週何処かしらのライブイベントに連れて行かれ、気付いたらファンクラブにも入っていた。

それについてよくクラスメイトと話していたら、授業参観の時にその子の親に「どうしてそんなにお金があるの?」と聞かれた。

私は上手く答えられなかった。何故なら、知らなかったから。

大人お金事情はきっと子供の私には理解出来ないだろうと思って一切考えて居なかったから。

でも、母がお金をかなり切り詰めていたのはわかっていた。

母がその事で祖母に怒られたり、よく家の電気が止まったりするのを何度も見ていた。

働いても居ない母が何故あんなにお金を使えるのかは大人になったらわかる事と思い、考えるのは先回しにしていた。

そして、段々とライブイベントに行く頻度はどんどん落ちていき、一年後には全く行かなくなっていた。

そういえば、何故母に連れて行ったのかと聞いたら、辛い思いをしている私を元気付ける為と言っていたのを覚えてる。

それは違う。きっと私を自分繋ぎ止めて置く為なのだろうと、今の私は思う。

中学時代は素敵な青春を送ることができた。

いじめにあう事もなく沢山の友達純粋に向き合う事が出来て、良い先生にも恵まれてかなり充実していた。

とはいえ、何度か辛い思いをした。

一つ目は学校休みがちだった。

中学の頃になるとちゃん毎日風呂に入っていた。家の風呂が壊れるまでは。

直す為には金と家のゴミ掃除が不可欠だった。

でも、家族全員働いていないし、私は学校生活で忙しく、祖母と母は体を悪くしているので、あのゴミ屋敷を掃除できる人間は誰も居なかった。

から、一番近い銭湯で体を洗わなければならない。

前述の通り、金が無くて毎日なんて行けないから2日に1回だけ通っていた。

それもまた異常だと気付いているから、また臭いと言われて苛められないか友達不快な思いをさせないかとずっと心の底で怯えていた。

たまにどうしても疲れて銭湯へ行けなかった次の日は母と適当理由を考えて学校を休んだ。

ベタベタ臭い身体学校に行けるはずがない。

二つ目友達を家に招けなかった事だ。

休日は仲良しグループの皆の家に行ってパーティをしていたけれど、私だけは人を家に入れられるような環境じゃないから、何とか理由を付けて断っていた。

友達は行きたいのにと少しはゴネていたけどすぐ引き下がってくれた。

本当は皆と同じように自分の家に人を招いてパーティをしたかった。

"皆がしているから"じゃなくて、皆が楽しそうなのが羨ましかたから。

三つ目は身バレするので詳細は書けない。

言えることは、母の衝動的な行動によって私の心が大きく傷ついた事だけ。

今まで点と点だったものが線になったのは高校の時。

きっとここまで長ったらしい文を読んでくれた人の何人かは気付いているだろう。

私の母は呪われている。

急にファンタジー要素が入ったと思うかもしれないが、ただのフェイクを交えた言い回しだ。

具体的な呪い名前が浮かんだとしてもそっと胸の中に閉まっておいて欲しいし、詮索は控えてくれ。

きっかけはふとエゴサしている時に、SNSで母を探しているといった投稿を見かけた時。

名字名前普遍的から違うだろうとは思ったが、読み進めていくと自分の母の事だとはっきりわかった。

何故あの時あんなに金があったのか。

答えはそこら中の金融機関や知り合いに借金をしていたから。

そういえばと思い、ポストを見ると弁護士から封筒が沢山入っていて内容は全て借金

私があの頃楽しめたのは母が返せもしないのに人から金を借りたから。

裏切られた気分だった。

今まで家族とは絶対的な物だと思っていて心から信頼していたのに。

世界が崩れ落ちたような気がした。

からといって、問い詰める勇気は無いし、その後の居場所が無くなるからととりあえずは様子見する事にした。

そして、その数週間後母の友人から相談が来た。

「母が私の部費が足りないかお金を貸してくれと言われた。どうすればいい。」と。

例年同じ時期に部費を徴収する習わしで、顧問に言われる前からわかっていたので予め母に伝えておいた。

流石にきちんと取っておいてくれているだろうと信じていたから、徴収する前に母とちょっと良い外食をしたり買い物をしたりした。

でも、そうしなければ余裕で払えた額を借りようとしていた。

母は何の計画性も無く、後の事なんて一切気にしない人間だと気付いた。

それから、別の母の友人から相談された事もある。

「母が金を返さない。問い詰めればその場しのぎの理由を作りだしたり、逆ギレする。」と。

その人への申し訳無さと母に対する呆れしかなかった。

そういった出来事がいくつか重なった後、母は自分呪いについて初めて打ち明けた。

そして、今まで悩み苦しんできた出来事根本的な原因は母にあった事に気付いた。

とはいえ、私は母を悪人だと、巷でよく聞く毒親だとは思わない。

ただの他人迷惑をかけ続けて生きる種類の生き物だと思った。

生きているだけで周りの人間を不幸にする生き物なのだと。

からといって、今すぐ縁を切れるような状態では無いから、それなりに努力しなければならない事にも同時に気付いた。

このような出来事が立て続けに起こる度に、今までぼんやりとしていた輪郭がはっきりしていくかのような気分だった。

私の家は異常なんだ、人と違うのだと。

そう気付いた瞬間、心にずっとあった霧が晴れた。

でも、霧が晴れた先に見えたのは茨の道だけだった。

自分は人と違うから人と同じようにレールに乗る事は出来ない事がわかった。

自分は人よりも辛い思いを乗り越えて生きなければならない人間だとわかった。

それに絶望して私は何もかも出来なくなり、高校不登校になった。

幸い環境に恵まれていたか卒業は出来たけど、かなりギリギリだった。

今は何となく無気力でぼーっと生きている。

一回精神病院に行こうかなと思った事はあるが、別に頭痛もしないし健康体だから行かなくても良いかなと思う。

とはいえ、やりたい事は沢山あるし、その為にやるべき事も頭の中ではっきりわかっている。

から、もうウジウジ悩んで足踏みするのを辞めようと思い、この文章を書く事で全て自分の中で終わらせる事にした。

実際問題は何一つ解決しないけれど、一度何がしたいか、どうするべきかを自分の中で明確にさせる為に、一度全て振り返って決着を付けたかった。

そして、私は決めた。

もうこの事で悩まないと。

暫くはそういう事が付き纏う人生を送らなければならないけど、これは私の人生から絶対にその邪魔はさせないと。

努力して、ゆくゆくはそれを全て消し去ってやると。

これでもう全て終わりだ。

追記➝沢山の人が読んでくれて凄く嬉しいけど、まさか創作扱いされるなんて思わなかった。

それくらい私の人生普通の人とかけ離れた物なのだろうと改めて自覚させられた。

からといって傷付いた訳では無く、もっとこの現実味の無い人生を大切に楽しんで生きていこうと思うよ。

2019-01-22

鬱じゃないけど、気持ちが浮上しないことが良くある

嫌な感じ。モヤモヤした感じ。

薄暗い、霧の中をずっと歩いている感じの時。

普段なら楽しいと思えそうなことも受け入れられない。

何をしても全然気分が浮上しない。

そういうことがたまにある。鬱ではない。死にたいとは思わないから。

単に、ナマケモノなんだろう。

自分無償で尽くしてくれるような奴隷を心の奥底では望んでいるのだろう。

正直に言えば、面倒だと思うことは一切したくないんだろう。

この怠け日は1ヶ月以上続くことがある。

仕事ストレスチェックで引っかかって、「引っかかったので任意ですがお医者さんと面談できます」というメールも来た。

鬱じゃない。ストレスだって特に無いはずだ。だって死にたくないから。

仕事ストレスないですか?」と聞かれたら、「もちろん無い」と答えるだろう。

だって仕事とは辛いし面倒だし我慢しないといけないものから徹夜仕事したりしている友人や、他人と比べたらずっと楽だと思う。

怠けたいだけなんだ。ぐーたらしていたいだけなんだ。無気力なだけなんだ。だるいんだ。

1、2ヶ月くらい過ぎたあと

映画見て泣き、漫画を読んで泣き、運動をしたところ何故か急にスイッチが入ったように元気になってきた。

風呂換気扇なしで締め切ったような息苦しい場所から脱出みたいな感じだった。

怠けたい気持ち特に変わっていないけれど、モヤモヤがスッと晴れたんだ。

ネガティブに沈みきることが無くなったというか、考え方が少し明るくなったんだ。

元来、どちらかといえばポジティブ思考の持ち主だ。

1年に1回くらいはあるけど、結構何とかなってる。病気か何かなんだろうか。まぁ面倒だからどうでもいいけど。

2019-01-18

優越感を手軽に得たいか課金ギャンブルにハマるのだ

ギャンブルにハマったことがある身のため、課金ギャンブルにハマるのはよく分かる。

一応、俺の場合は月々2万までと決めていたし、ギャンブル専用口座を作っていたので借金等は無い。

今はギャンブルにつぎ込んだ金を思うと残念でならず無気力になる。過去自分馬鹿だなぁという思いでいっぱいだ。

ギャンブルにハマった理由

大きく分けて4つある。

ビギナーズラックで良い思いをした

・暇だった

・ハマっている趣味が無かった

優越感を得たかった

たぶん、課金する人と同じような答えだろう。

まず、ビギナーズラックで良い思いをした。500円が10万に化けた。ハマってしまった。

暇で、趣味特に無く休日を過ごしていたことも理由にある。

ハマった理由としては「優越感を得たい」が一番だろう。

人と比べて「秀でている」と感じるもの特になく普通に過ごしてきた。

仕事をしていて褒められることはあれど、関係者1人とか少人数から言われるだけで

どれだけ苦労したか、どれだけ便利になったかなど分かってくれる人は殆どいない。

その点、ギャンブル簡単だ。

10万稼いだ(プラスになった)」そして何より、「当たったときの周囲の反応」が最高だ。

「アイツ当たったのか、羨ましい」そんな声が聞こえるようだ。

スロットやるときなんかは、ドル箱積んでいるとメチャクチャ見られる。

人の「羨ましい」という眼差しで、俺は自分を認められたような気になっていた。

スマホとかPCパチンコが出来るサービスがあるが、あれはダメだ。待望の眼差しで見られない。

からパチンコスロットをやめるのに2年かかってしまった。

費やした時間を時給換算して、使った金を合計すれば、200万以上は使っているだろう。

課金もそうだ。自分には何も無いが、待望の眼差しで見られたい、人より秀でていたい。

そんな思いが課金にハマらせるんだろう。

俺は、ギャンブルの他にやりたい事があった。

だが、何をするにも「勉強」がついてまわり、夢を実現するのにはハードルが高く

どうしても、どうしてもやる気になれなかった。

今年は気合をいれて、少しずつやっていこうと思う。

2019-01-16

コレが好き!好きすぎて死にそう!って物がない

無気力怠惰、面倒くさがり。

何かエサで釣って行動に移したいけれど

3日坊主の飽き性な自分には無理だ。

良い大人から、やりたい事は自分で全て出来てしまう。

仕事以外で我慢する必要はあまりないのだ。


から、やりたいなと思っても途中で飽きる。

そしてダメになる。

好きなもの自分釣りたい。

どうやったらメチャクチャ好きなもの出会えるのだろうか?

2019-01-15

無題

代謝しかしてない日が増えた

少し考えてみた

去年の今頃までは、遊びの予定が立ったら、たとえ締切日まで余裕があっても、レポートをそれまでに終わらせることができていた

かに今はめんどくさいが、その日は気兼ねなく遊びたい

先の報酬を考えて行動することができていた

今は、締切日の前日になって終わってなくても、徹夜すらできない

終わってない いいや 出さんでも

そう思って、目先のめんどくさいに気を取られるばかり

ついに、昨日は卒論を出さなかった

なんでかは自分でもよくわからないけど終わってなかった

どころか、一文字も書いてなかった

テーマ9月には決まっていたし、

文献も10個くらいは読んだ しか英語

でもなんでかよくわからないが

書けなかった 書くことは決まっているのに

ずっと好きなことがあった

大学に入って、多少頻度は落ちたが

それでもテストレポートから解放されて真っ先にやりたいと思うことはそれだった

部活執行代になって忙しくなって、めっきりその機会が減った

でも、それはマイナスではなかったと思う

何かそれの他に、一生懸命打ち込むことがあったのはよかった

でも最近、好きなことのはずなのに、やってても全然楽しいと思えなくなってしまった

以前は確固としてあった理想形が全く見えなくなってしまっていることに気が付いた

周りの人々にも恵まれ

友人も、決して多くはないが、素晴らしい人々に巡り合えた

共通趣味を持つ友人は、大学に入ってからほとんどできなかったが、特に苦ではなかった

もともと、趣味他人と共有したり、趣味コミュニケーションの道具にすることが好きではなかったからだ

一人で楽しみたいタイプだった

まれからこれまで、本当に嫌な人に出会たことがない

剥き出しの悪意に晒されたり、理不尽に踏みにじられたりしたこともない

誰しも人見知りな私のことを認めてくれた

しかしたら、表面的な付き合いなのかもしれないが、

それでも、私は他人と接していて、他人によって、嫌な気持ちになったことがない

自分うんざりしてへこむことはしょっちゅうだけど)

私の知り合いに、両親、友人知人、バイト先の人々、教師から病院先生に至るまで、悪い人は一人もいなかった

みんな親切だった

自分で言うのもなんだが、私は世間から見れば非常に恵まれ位置にいると思う

学歴、家庭環境、友人、恋人、人並みの容姿

自分環境に不満を持ったことはほとんどなかった

思春期少年らしく、容姿については相当悩んだが、今はさほど気にしていないつもりだ

自分の様子がおかしいと気づいたのは、

部活引退して就職か、進学かを迷っていた時だった

自分にはまるでやりたいことがない

焦った

とりあえず並行してどちらの準備もしたが

色々調べたり、友人と話すうちにその焦りがどんどん自分の頭を食っていった

みんなやりたいことがある

もしくは明確でなくても、ちゃん方向性を定めて、舵を切り始めている

少なくとも、『ある』フリをして、

自分の将来を言語化することができている

私も必死で考えて、何かにこじつけようとした

やりたいことは何だろう

興味があることは?

関わりたいことは?

やりたくないことは?

好きなことは何だ?

将来何をしていたい?

何が欲しい?

この時、誰かに相談していればまた違ったのかもしれない

でも、誰にも相談できなかった 

他人の目を誰よりも気にする そういう性分だから

なんだこいつ、まるで中身がないと思われるのが怖かったんだと思う

実際空っぽなのは自分が一番わかっていたことだった

このころから、夜になってひとりで部屋にいると、涙が止まらなくなることが増えた

部屋にいると、どこまでも自分で、自分しかいなくて、自意識に押しつぶされそうになる

声をかけてくれる人はいなくて、気を紛らわしてくれるものもない

ネットを見ればキラキラして一生懸命自分より若い子ばかりでつらい

結局誰にも相談せずに、まだ働きたくない、この気持ちだけで進学を決めた

勉強するうちにまた気持ちも定まってくるだろうという甘い気持ちがあった

けど、ちゃんと、興味ある分野が見つかった

勉強も、おもしろかったし、はかどった

でも今、卒業できなくなってしまった

夜になると涙が止まらないし

意味もなくYouTube動画ちゃう

そしていま、やりたいと強く思うものがついになくなった

どうすればいいんだろう

かに話せばきっと呆れられる 早く人生をどうにかしなきゃ、そう思うけど、体が動かない

今日はついに、大好きな先生の授業を初めてさぼった 最終回なのに

幼いころから、人にお悩み相談をするのがすごく苦手だった

悩みのないふりをして、ほとんど自分の中で消化してきたし実際できてた

それで問題なかった

から4月から今まで意味もなくほぼ毎日泣いてるけど、誰にも言ってない

恋人にも親にも友人にも言ってない

わかんない、こういうこと言うと、同情をひこうとか、健気アピールに見えてしまうのかもだけど、本当に、

ひとりじゃないときは、飄々として、何も考えていない人っぽくあろうとしてる

不真面目で、明るくて、てきとうで悩みのない人間を演じている、つもり

というかそういう人間だと自分でも思い込んで、それで悩みを消化していたんだろう

事実最近まで自分は不真面目でテキトー人間だと思っていた

でも、そうやって問題根本的な解決をせずに逃げてきた、その負債に今苦しめられてるんだろうな

自分が6歳の時に弟が事故で亡くなった

かにしかったけど、つい最近まで、この出来事自分の今に影響してるとは思ってなかった

なんでかっていうと難しいけど、弟が亡くなってからも両親は今まで通りに接してくれていたし

学校も少し休んだけど、すぐ復帰した

それまで通りの日常はすぐに戻ってきたし、何より自分は幼かったから、あまりわかってなかったもんだと思ってたのかも

何より、それから十数年生きてきて、それによる自分不具合は一度もなかったか

だけどよく考えたら、事故現場に私もいたし、そのあと友達の家で私だけ一時待機でご飯食べてたのも、

お母さんが「頑張ったんだけどね、」って迎えに来たのも、

棺を飛行機に乗せるために木板でまわりを固めてるのを見て可哀想って誰かが言ってたのも、

謎にガラス張りだった葬儀場の周りにいた野良犬も、幼稚園同級生が来たお葬式も、

全部覚えてる 小学校低学年以前の記憶ほとんどないのに、そこだけ鮮明なのは、やっぱり強烈な記憶だったからだろう

それに、弟が亡くなってから私は一度も両親の前で泣いていない

これだけは断言できる

泣いちゃだめだ、悲しんだらダメだって思った記憶がある

当時発症してた小学生特有の謎の天邪鬼の影響も多少あると思うが

今までの日常を失いたくないという一心で、何も気にしてないフリをしなきゃ、と思ってたのかもしれない

自分さえ我慢すれば、自分ちゃんとすれば、すぐに日常が戻ってくると考えていたのかもしれない

まあ正直この辺の思考回路は今の自分と照らし合わせて想像したものから、本当のところはわからない

ただ自分がもともと、感情をむき出しにしている人間出会うとかえって冷静になってしまタイプ人間だった、というだけかもしれないし

とにかく、ここ半年ぐらい考えていたことは、

この経験が今の、人に相談事をするのが苦手で、自分の中で決着をつけようとする自分につながっているのではないか、ということ

現在無気力代謝マシーンであるゴミ人間自分まで、この経験帰結させようとは思ってないけど

でも、全部を全部、自分のせいだと思うのはしんどいから

こういう不可避の経験に無理やりでも結びつけないと、やってられないです どーしよ

2019-01-12

社畜して家畜になろう!

例のサロン参加者10人くらいちぇっくしてみた。入会しなくても、そのサロンに入ってるやつはすぐ見つかる。おそらく尊師の指示に従ってるんだろうが、自分サロン生だと表で公言してるやついっぱいいた。

思った以上に夢も希望もない、ただ搾取されるためだけに存在する家畜みたいなやつばっかりしかいなかった。

せめて欲に目がくらんだ元気なバカとかだったらまだましだったんだけど、実際はもうほんとに畜産業現場を見させられてる気分。

とにかく参加してるやつのレベルが低い低い低い。しゃれにならん。

働きたくないどころか、そもそもいたことがないやつばっかなの。社畜にすらなれない社畜下の人間ばっか。

みんな性格は悪くないっぽい。むしろ温厚で素直な印象を与える。

でも、本当に救いようがないくら頭が悪い。それだけじゃなくて、何にも自分でやろうとしない。自分では何一つまともな努力ができない。


尊師に言われたとおりに自撮りYoutube動画上げたりしてるやつが大半なんだけど、とにかくつまらない。ただしゃべってるだけ。覇気がない。見てるだけでエネルギー吸われそうなくらいに弱い。尊師はなんの教育してんだよ。

Twitterブログ運営開始して、5ヶ月目で収益ゼロ。 それでも会社勤めは無理なので、自己啓発本情報商材に頼る」みたいなことをtwitterプロフィールに正直に書いてるやつがいるわけ。

あのさ、お前は乞食として金をめぐんでほしいのか、誰かから金を出してもらって儲けたいのか、その区別もつかないの? ネットお金稼ぎたいって言ってるのにそのプロフィール? 何を勘違いしてんの?尊師は何を教育してんの?

こんなんばっかり。

このひとら、社会人になろうとしてもなれなんです。

まっとうな道で勝負するにはすでに絶望しかない負け犬なんです。


そして、その現実と向き合って受け入れるメンタルもないんです。

ついでに言うと、友達が全くいない雰囲気の子が多い。フォロワー数30以下ばっか。普通に生きてたらフォロワー数30しかない人間にはならんやろ。

完全に詰んでるか、あらゆる困難に立ち向かう気力がない。

本当に何一つない。今までなにして生きてきたのか全くわからない。空虚しかない。

この人たちに、自分たちの常識当てはめても意味ないよ。

まっとうな道で頑張れっていうの無理だよ。


この人たち、何も考えたくないんだよ。信じてたら救われるっていう夢がないと生きていけないところまで追い詰められてる。


数年後には後悔しかなくても、夢見させてくれるところに吸われるのはしょうがないわこれ。 

この人たち、自ら進んで家畜になりたいんだよ。なにかに支配されてなにかの一部になることでこの世に存在することをや誰かに認知してほしいだけ。

このごにおよんでキャバクラみたいに都合のいい存在を求めてる。そういう思考から今まで負け続けてきたってのが全然わかってない。

こんな家畜志願者がが同じ日本にわんさかいるって全然知らなった。もう人間として形をとどめてない。もう魂の形が家畜なんだよ。


こういうかわいそうなやつらを食い物にして心が痛まない人間からしたらそりゃ美味しいだろうな。


消費者庁はさ、被害者から通報待ってても意味ないよ。こいつら消費者庁なんて絶対知らないし知ってても通報すらしないよ。


だって無気力だもん。自ら進んで人間以下の家畜になることを求めてるんだもん。 

家畜に神はいない。


でも、本当は人だ。ちゃん人権を持ってる。誰かなんとかしてやってよ。私はこんな奴ら助けたくないけどそのくらいの権利は彼らにもある

俺もフォロワー数30人もいないわー。こういうサラッと人格人生否定する人苦手やわー。おめー人間じゃねーわ、って言われてももうどうしたらいいかわからん

この増田読んで、フォロワー数30もいないという共通項だけで自分がここで否定されてると思っちゃう人、読解力なさすぎ&共感力高すぎていつも傷ついてませんか? メンタル大丈夫ですか?

インフルエンサーサロンに入ってる人の顔ぶれを見ていろいろと察した

入会しなくても、そのサロンに入ってるやつはすぐ見つかる。おそらく尊師の指示に従ってるんだろうが、自分サロン生だと表で公言してるやついっぱいいるから何名か見てみた。

思った以上に夢も希望もない、ただ搾取されるためだけに存在する家畜みたいなやつばっかりしかいなかった。

せめて欲に目がくらんだ元気なバカとかだったらまだましだったんだけど、実際はもうほんとに畜産業現場を見させられてる気分。

とにかく参加してるやつのレベルが低い低い低い。しゃれにならん。

働きたくないどころか、そもそもいたことがないやつばっかなの。社畜にすらなれない社畜下の人間ばっか。

みんな性格は悪くないっぽいんですよね。むしろ温厚で素直な印象。 

でも、本当に救いようがないくら頭が悪いし、何にも自分でやろうとしない。自分では何一つまともな努力ができない。


イケハヤに言われたとおりに地鶏Youtube動画上げたりしてるやつが大半なんだけど、覇気がない。見てるだけでエネルギー吸われそうなくらいに弱い。

Twitterブログ運営開始して、5ヶ月目で収益ゼロ。 それでも会社勤めは無理なので、自己啓発本情報商材に頼る」みたいなことをtwitterプロフィールに正直に書いてるやつがいるわけ。

あのさ、お前は乞食として金をめぐんでほしいのか、誰かから金を出してもらって儲けたいのか、その区別もつかないの? 

ネットお金稼ぎたいって言ってるのにそのプロフィール? 何を勘違いしてんの?

こんなんばっかり。

このひとら、社会人になろうとしてもなれないんです。


まっとうな道で勝負するにはすでに絶望しかない負け犬なんです。


そして、その現実と向き合って受け入れるメンタルもない。


ついでに言うと、友達が全くいない雰囲気の子が多い。フォロワー数30以下ばっか。

普通に生きてたらフォロワー数30しかない人間にはならんやろ。

完全に詰んでるか、あらゆる困難に立ち向かう気力がない。

この人たちに、自分たちの常識当てはめても意味ないよ。

まっとうな道で頑張れっていうの無理だよ。


何も考えたくないんだよ。信じてたら救われるっていう夢がないと生きていけないところまで追い詰められてる。


数年後には後悔しかなくても、夢見させてくれるところに吸われるのはしょうがないわこれ。 



こんな底辺人間が同じ日本にいるって全然知らなった。


こいつら、人間として形をとどめてないよ。もう魂の形が家畜だよ。


こういうかわいそうなやつらを食い物にして心が痛まない人間からしたらそりゃ美味しいだろうなぁ。


消費者庁はさ、被害者から通報待ってても意味ないよ。こいつら消費者庁なんて絶対知らないし知ってても通報すらしないよ。


だって無気力だもん。人間以下の家畜だもん。 

家畜に神はいない。


でも、本当は人だ。ちゃん人権を持ってる。誰かなんとかしてやってよ。

2019-01-10

みんなの人生の1番の課題を教えて

誰しもが、普通に生きてて「この問題さえ無ければ」っていうのあると思うんだけど。自分は少なくともあって。

僕はそれがひどいアレルギーなんだよね。

厄介なのが目に見える症状がアトピーくらいしかないんだけど、なんか普段から人より体力・余裕半分くらいなイメージ

休日無気力こたつから出れないとか部屋が散らかりまくってるとか、人を誘ってご飯とか行きたいけど何もしてないのに疲れた顔してたら迷惑させちゃうんじゃないかって思っちゃう

最近は良いアレルギー科にかかっててマシになってきた。(その代わり副作用か太ってきた)

みんなの課題は何?

ちなみに上司単身赴任って言ってたけど、比較してしまうとそんなもん??って思ってしまうよね

各位吐き出して上手く社会をやっていこうな

大学生で、ずっと不登校なんだけどさ、

こんなこと、面と向かって言えないから吐き出させてよ。

中学は、1年生の頃は行っていた。

2年のとき、家の都合で転校した。人と違うことが好きだった私は、みんなが寂しがってくれることも、新しい学校で『転校生』になれることも、非日常で嬉しかった。

田舎から都会に行けることも嬉しかった。スターバックスを初めて飲んだ。

2年の途中から学校に行けなくなった。いじめられたわけでもない、嫌な友達がいたわけでもない、急に学校に行かなくなった。理由は、自分でもわからない。悲劇転校生を演じたかったのかもしれない。勝手な都合で転校させられて、かわいそうな私と思っていたのかも。あんなにワクワクしていたのに。

一転、3年生はほぼ皆勤賞だった。

受験を頑張ったのは事実だ。正直、もともと頭は悪くなかった。1年間不登校しても、成績は中の上くらいだった。夏頃から塾にも行って、順調に成績をあげて、最終的にはほぼオール5。第一志望校に余裕で合格した。

高校は、結局1年の途中から全然行かなくなった。理由として、思い当たる節は、バカみたいな内容だけど2つある。ひとつは、受験燃え尽きたこと。もうひとつは、同じクラス女の子を好きになってしまたこと。

の子に会う度に、話しかけられる度に、笑顔を見せられる度に、後ろめたい気持ちになった。そんなつもりで仲良くしてくれているわけでは決してないのに、勝手性的興奮を覚える自分に嫌気が差した。彼女を裏切っている気持ちだった。

耐えきれなくなって、告白したのが2年の冬だった。そのときは、出席日数が足りなくて、留年することがほぼほぼ決まっていた。この際どうなってもいいからこの状況を抜け出したい、そんな気持ち告白した。

もちろん断られたけど、友達でいたいと言ってくれた彼女とは、今も交流がある。あの時はあんなに投げやりだったのに。本当に感謝している。

高校の方は、2年で留年したとき、退学して、予備校に通いながら高卒認定をとって、志望校にも合格、現役と同じタイミングで進学した。

今、大学2年生。結局大学にも行けていない。サボっていると言われたらそれまでだ。実際、サボっているのかもしれない、甘えているのかもしれない。でも、どうにもこうにも、身体が全く動かない。何をやろうにもやる気がわかない。理由もなく涙がでてくるし、世の中の全てがどうでもいい。無気力些細なことに苛ついてしまう、母親足音とか、同級生の何気ない一言とか。

これから先、将来なにも見えてこない。私のやりたいことってなんだろう。毎日学校に行く、なんてこともできない私に、なにならできるんだろう。この世界に私が居る意味って?居たいと思える理由を誰か頂戴よ。

2019-01-07

京大受験などの思い出

私も自分語りマンする。

[中学受験]

兄弟中学受験していたのと、当時わたし結構賢かったので母親の薦めで小5から塾に通い始めた。

小学校ではお勉強ができることで馬鹿にされているように感じることが度々あったけど、塾だと「勉強ができる=すごい」という価値観カルチャーショックを受けた。頭がいい人は性格が悪いみたいな偏見あるけど、勉強についていけなくなったらだんだん性格が良くなるの?そんなわけない。

小学校担任先生がお塾(笑)とかお受験(笑)とか言ってたせいか同級生から「受検頑張ってね(笑)」って書いてある年賀状をもらった。

第一志望はA判定しかもらったことがなくてあまり病まなかったけど、早く2月が来てくれ、全部終わってくれ、と思っていたことは覚えている。

受けたとこは全部受かって、地元国立大付属校に進んだ。

[高校受験]

内部進学だったのでなかったようなもん。

[大学受験]

周りに京大東大を目指す人が多かったのと、実家を早く出たかったのもあって(母が若干過干渉だったと思う)、京大を目指すことにした。

東大を目指さなかったのは、進振り不安だったのと、自由英作文が圧倒的に書けなかったのと(文才がない)、関西のほうが地元から近くてなんとなく親近感があったから。

それまで悩みがないのが悩み、みたいな人間だったのに一気に病んだ。模試は一番良くてC判定、だいたいDかE判定だった。受からないと思ってるのに一縷の望みにかけて頑張り続けないといけないのがつらかった。

[その後]

なんとか現役で合格したものの、結局大学あんまり勉強しなかった(留年もした)。大学でやりたいこと考えてから受験勉強するべきだったよな~という感じ。京大キャリアサポートルームの「留年しても病まないで」みたいなコラムちょっと前に話題になってたけど、入学してからずっと無気力、とか、病んでるから留年した人のほうが多いんじゃないかと思う。

結局、研究室に入ってから初めて試験勉強以外の勉強をしたし、その時点で身に付いているべき基礎知識がすっぽり抜けてることをめちゃくちゃ後悔した。(特に統計英語!!)

京大の良くないところはそんなに勉強しなくても卒業できることであるよ。自由ってことは全部自分責任ってことだもんね、、大学は悪くないぞ☺

高学歴を持っていることよりも、主体的自分の進路を選択してきたかのほうが圧倒的に大事だと思うし、私もこれからはがんばる。

2019-01-05

食事依存症

しかしたら私は食事中毒なのかもしれない


一日最低二食、酷い時は三食取らないと体調が悪くなる

食べている時は多幸感とやる気が出てくるし

食べた後も一時間くらいは作業調子よくなるんだけど

だいたい六時間くらい経つと集中力が切れてくる

それ以上続けると今度は胃痛や虚脱感、果ては目眩まで襲いかかってくる

一時は脱依存を目指して食事を絶ってみたことがあるけれど、それがまた辛い

上記の症状に加えて幻覚無気力ダブルパンチ

最終的には身体を動かすことも出来ないほどの状態になってしまった


なので私は悪いと思いながらも、今日まで食事依存から抜け切れないでいる

誰か寛解して食事の誘惑から抜け出せた人がいたら、是非対処法を教えてください

また食事依存していない人からお話も伺ってみたいです


かしこ

2019-01-04

anond:20190104183149

もうどこもかしこ思考の浅い無気力な痰壺ばかりの中、増田はかなり頑張ったほうだと思うよ

残念でならない

2019-01-03

北大までの受験の思い出

https://anond.hatelabo.jp/20190102063518

こういった大学の話になると、全く登場しないことで(自分の中だけで)お馴染みの北海道大学。きっと旧帝大の中では人権が与えられていないので遠慮しているのだろう。

ということで、帰省したものの朝まで寝付けなかった私が、タバコを吸いながら書いてみようと思う。完全なる自分語りとなることを許して欲しい。

中学時代

まれも育ちも北海道だったため、なんて事のない普通の市立中学に通っていた。しかしながら、赤ん坊の頃に白内症を患い、日中殆ど目が見えず、親譲りの喘息と、アトピー性皮膚炎まで完備という、キャラメイク時のステ振りダイスが完全にファンブルっていたため、集団の中では嫌でも浮く存在になっていた。

自然光の中ではほぼ目が見えないので、通学途中に普通電柱にぶつかったりするし、体育の授業でサッカーなんてやろうものならゴールポストにぶつかったりするし、10cmくらいまで近寄らないと顔も判別できないしで、他の人から見ればどう考えても頭のおかしいやつに見えたことだろう。当然ながらいじめもあった。小学生から中学2年生くらいまでが人生で一番きつかった(しか小学生6年の時に面白キャラへの展望見出し、そのおかげで幸運にも友達もいた)。

目が見えない道中はひたすら脳内イメージを描いて妄想していた記憶がある。

そんか日々の妄想のおかげか、何故か文章能力だけはあったようで、小学生の頃書いたなんかの感想文が先生の心を打って、私に内緒で突然全文プリント掲載されたり、中学の頃書いた読書感想文では国語先生から普段から小説書いたりしているの?」などと言われていたので、自分は将来文字を書いて生きていくことになるのかと思っていた。

そんな私の勉強法はというと、まず白地のノートが見えない(日中は黒板も見えない)ので、一度だけ集中して読み込んで、短期間で暗記することにしていた。なんの参考にもならなくてすまんな。人工光の中ではなんとか目が見えていたので、普通テスト勉強などはした。

そして同じく人工光の塊であるテレビゲームが私の心の支えであった。喘息がひどくなっても、ゲームに集中していれば、なんとか発作をやり過ごすことが出来た。

ちなみに目は中学3年のときに手術を受けて人並みに見えるようになった。病院から帰る車中で見た、生まれて初めての鮮やかな景色の衝撃は今でも覚えている。

また、小学生の時から通っていた塾で出会った女の子のことを、中学から高校の終わり頃まで片思いするハメになるのだが、その子は頭が良く、とてもレベルの高い高校を志望していた。その子に出来る限り近づきたくて、志望校は少し無理をして高い所を目指したが落ち、このあたりからいよいよ根暗ロードへの扉が開いていく。

高校時代

滑り止めで受けた私立高校入学する。

特待生だったので格安で通えるという理由だけで選び、格安で通える以外何も良いことは無かった。

例の好きな子のことはいまだに好きで、その子と話すためだけに塾を続けていた。高校二年生の時に人生で唯一告白されたときも、好きな子が居るからという理由で断った。その子北海道のどこか偏差値の高い大学を受けるらしいということだけは耳にしていたため、その子との関係を続けたいがために、北大を目指した。というのは嘘だ。

実際のところは、高校受験に落ちたショックで完全に無気力になっていた。自分は何をやってもダメなんだと考えるようになっていた。物理化学テスト偏差値は当時30とかで、今思えば大学に行けるかどうかも怪しかった。特に行きたい大学も無かったし、先生からも見放されていた。

勉強に本腰を入れたのは高校三年の夏休みの終わり頃だったと思う。いよいよ将来を考えるという時期になった時、私は自分の心を支えてくれたゲームを作る側になりたいという気持ちが強くなったのだ。

そして、ゲームを作るのにはプログラム必要だということを知り、情報工学系の大学に行きたいと考えるようになった。

そのことを塾の先生相談したら、何をするにせよ基礎的な学問を学んだ方が良い、そのためには良い設備のある良い大学に行くべきだと言われ、東工大電通大に行きたいと考えるようになった。

そこから毎日塾でセンター問題を解きまくった。学校の授業中も全て無視してひたすらセンター問題を解き、過去に参加した模試を何度も何度も繰り返した。

偏差値が最低のところからスタートしたのが、結果的に功を奏した。模試過去問を繰り返すたびに必ず少しずつ点数が増えた。これが凄く面白くて、そこに自分ゲーム性を見出したのだと思う。

また、過去問を解くのに使ったルーズリーフを捨てずに毎日積み上げることにしていた。そこもゲーム化しようと思ったのだ。結果的に、自分のやったことがルーズリーフの山という形で可視化されて、それがモチベーション維持に繋がった。

そして願書を出す直前に受けたセンター模試でかなり良い結果を出し、今まで私のことは眼中に無かった担当教師も興味を示し始めた。

しかし流石に東工大には手も足も出ないだろうと思っていたので、前期も後期も電通大を受けようと思っていた。しかし件の教師にそれを伝えると、前期は北大情報工学系を受けてはどうだろうかと勧められた。

かくして私は北大生になることが出来たのであった。

当時を振り返ると、理系志望者ながら国語英語が得意だったため、センター対策二次試験対策勉強時間の配分を理系教科だけにほぼ全振りできたのが良かったと思う。

【その後】

その後は紆余曲折あって、現在ゲーム関係仕事をしている。

ちなみに好きだった子には高校三年の時に告白したが振られた。人生とはプラマイゼロだなあと思う日々である

完全に自分語り過ぎて草も生えないが、そういう人生もあるということで、どうかひとつ大目に見ていただけると。

2018-12-27

「いい歳して正社員じゃない」が何を表すか

俺は「誰からも求められなかった」ことであり

「何も目標がなかった(無気力だった)」ことの表れだと思っている。

正直、新卒のうちに何処にも正社員として受け入れられないって

「相当な能無し」をアピールしているようなもんだ。

ブラックだって正社員で入れるんだぞ?それすらNGってヤバいだろ普通に

anond:20181227131532

ちゃんと訓練させた上で「俺より才能ないかプロは無理」なら分かるけど、

第一歩を踏み出そうとしたところで叩き潰すのは無気力子供を生むだけでしょ。

体力-/10

6

精神力-/10

6

安心10<=>-10不安

うれ10<=>-10さみ

  • 4

たの10<=>-10かな

active10<=>-10passive

  • 2

positive10<=>10negative

  • 2

ステータス異常(ギリ仕事できる基準

悪夢

1

混乱

なし

無表情

なし

信仰

なし

2018-12-26

体力-/10

6

精神力-/10

6

安心10<=>-10不安

うれ10<=>-10さみ

  • 4

たの10<=>-10かな

active10<=>-10passive

  • 2

positive10<=>10negative

  • 2

ステータス異常(ギリ仕事できる基準

悪夢

1

混乱

なし

無表情

なし

信仰

なし

2018-12-25

anond:20181225135551

生活費折半で、家事は全部私→元々家事折半するから生活費折半という話だったのに夫が家事を一度もやらなかった

同僚に対する人格攻撃放任主義無気力上司のもとで楽に働けていたのが、数字を問われる部署に異動し意識高い上司の下になってから同僚に対する人格攻撃が激しくなった

セックス文句→私は昔から淡白でややマグロ気味、執拗文句を言われるようになったのは前述の異動後

こうして書き出してみると異動で弱った途端に捨てる薄情女みたいだけど、私もいい加減つらいし、夫が元気になってもまた暮らしたいとは思えない…

法テラス収入資産要件で不可だから弁護士探すしかないな

2018-12-24

医者彼氏と付き合ってみたが、モラハラされた。仕事中心の生活に、自分も振り回された。

休日でも深夜でも携帯電話での呼出が、鳴りやまない。

私が風邪の時に看病して貰えなくてつらかった。

すると、そのうち彼の方が疲れてきてウツになったようで。無気力になった。

朝も晩も、深夜も休日も働いていたのに。

その彼とは、別れることにした。

彼を捨てた私。さようなら

それから6年。最近結婚して第一子が産まれた。

子育ては大変だがやりがいがある。

あの頃の彼と結婚していたら今の幸せは無かったと思う。

  

どうか、みんなが暮らしやすい世の中となりますように、クリスマスイブに祈る。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん