「スクリーン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スクリーンとは

2020-05-14

anond:20200514160139

明らかに割れやすいと思う。

だってある意味独占企業から割れた方が儲かるでしょ。

日本にいたらわかんないと思うけど、海外の人のiPhoneスクリーン割れまくり率って超高いんだよね。

で、どんな小さな街でも画面修理のインド人の人いたりするw。

2020-05-07

映画館ってAirbnbのようなので置き換わるんじゃね?

コロナ収束しなかった場合だが。

防音+ホームオーディオスクリーンで、Netflixのような配信方法問題ないのでは。


集客率がって話になると、マンションで1室1組とか。

2020-05-06

anond:20200505171911

鑑賞にライブ感が必要ないコンテンツ(※)は、インフラが普及してしまった今となっては、配信に軍配が上がるわな。

映画館は今後ますます、大きなスクリーンとよい音響を味わいたい人向けの贅沢なサービス施設という位置付けに先鋭化して、いずれ歌舞伎宝塚劇場のようになっていくんじゃね?

逆にスポーツ中継のパブリックビューイングなんかは、今後ますます普及するような気がする。

もちろん、今の疫病禍が収まった後の世の中を前提として。

演劇業界は、今こそVR演劇を作るべきである

演劇業界は、今こそVR演劇を作るべきである

シルク・ド・ソレイユYouTube配信している180°VRの”ImmerCirque” ( https://www.youtube.com/results?search_query=%23ImmerCirque ) は、演劇業界の人々は見るべき価値のあるシリーズで、これをOculus Goで視聴した時は、正直演劇における革新だと思った。画質はまだクリアとは言えないが、それでもあれは十分に、間違いなく「演劇を観てる」体験であった。舞台中継を通じたTVによる視聴で確かに演劇を見ることはできる。しかし、それは行為のものが「舞台を観る」からTVを観る」に変異してしまっているため、演劇鑑賞とは極めて縁遠いものだと思う。だがVRによる観劇はそれが少しも変異しないと感じた。つまり演劇演劇のままとしてVRゴーグルで観ることができたのだった。演劇とは「その場でドラマを観賞する」体験のものが売りであり、観客はそこに対価を支払うことから、その体験をそのまま提供できなければ演劇あるいは観劇とは言えない。よって2D映像配信演劇のものではない。だが、VR演劇は、間違いなく演劇体験だった。

これは演劇革新だと思う。なぜなら、VR演劇世界で初めて流通可能演劇」を誕生させる可能性があるからである劇場に閉じ込められていた演劇VR演劇としてネット配信し、それによって対価を得られるようになれば、観客数は劇場の客席数×公演回数に限定されなくなり、また公演期間にも限定されることなく、作品が恒久的にお金を稼ぎ続けることができる資産価値を持つようになる。これまでの演劇の最大の弱点は、劇場しか客に対して作品提供できず対価を得られなかったことだけでなく、製作した作品が公演期間を終了すると同時にその資産価値実質的消滅するところにあった。映像などの媒体に転換することで一部の価値保全できうるが、舞台作品実体としては確実に消滅し、そして再現不能である。これが演劇経済的に不利な立ち位置にある最大の理由である。「後世に残る作品を作りたい」と演出家が言ったところで、それはそもそも残らないしお金も稼いでくれないのが演劇本質であった。しかVR演劇なら、空間のものを記録・再生できる特性から、それが可能になる。

流通可能VR演劇によって、観客は過去作品にも自由アクセスできるにようなり、いわゆる「伝説の公演」、それを観たものけがその価値享受特別存在でいられるような、極めて優れた作品群も体験できるようになる。そしてここが重要だが、外国語字幕を付けることで海外の観客を新たに獲得することも可能となるだろう。これまで、舞台における字幕プロニアム型の劇場ではプロニアム・アーチ外縁の上部や左右、または舞台の上部に吊ったスクリーンなどに表示していたが、実に見づらい上に公演回ごとに微妙に変化する台詞回しのスピードに同期しないケースがあり、正直使える印象は皆無であったが、VR演劇なら見やす位置に配置し、台詞回しと同期でき、そしてあらゆる言語を表示可能になる。またこれによって、耳が不自由な観客にも演劇を届けることができるようにもなるし、さらには演劇初の「吹き替え版」を作ることもできるだろう。

また演劇が持つ基本的舞台表現の幅も無限に広がるだろう。つまりVR演劇では舞台は必ずしも劇場である必要はなく、ビル住宅などの一室や、ショッピングモール海辺、森の中など、使用可能なあらゆる場所舞台とすることもできるようになる。過去にあった、アパートの一室で押入れを客席にしたような演劇とか、KAKUTAがやった遊園地を丸ごと使った同時多発演劇、またかつての維新派のようなだだっ広いグランド演劇などが、より低コスト自由製作でき、あらゆる人々に配信できるようになる。そしてそれらの空間使用したドラマ演出は、舞台演出家こそができる技術であるVR演劇以降は、舞台演出家VR演劇演出家として新しい活動の場を獲得できると思う。

最後に、もちろんこれらのことは全て演劇に新たなお金をもたらすだろう。日々の稽古と並行して別の職の仕事をし、その上チケットノルマも課されるような、今で言えば真っ黒もいいところのブラック労働であったものが、VR演劇が恒久的に稼ぐ売上によって浄化され、大きな産業として成長するだろう。演劇補助金が不可欠とか言う必要もなくなるし、日本演劇の諸悪の根元であるチケットノルマも葬り去ることができる。また、これまで舞台の規模として商業的には全く成り立たないが、しかしながら極めて価値の高い優れた作品についても、きちんとお金を稼ぎ、演出家俳優達は新たな作品制作に集中できるようになるだろう。

このVRによる演劇革新によって、演劇を楽しむ観客人口の桁が2つか3つ増えれば、社会における日本演劇重要性も変わるだろうし、いわゆる必要不可欠な文化としての立ち位置を獲得できるのではないかと思う。それを得られないうちは永遠に義務教育科目に「美術」「音楽」はあっても「演劇」はないだろうし、補助金くれくれ言い続けるしかないだろう。

2020-05-01

anond:20200501205227

おっさんに分かりやすいようにエヴァで話してやるわ

劇場版エヴァスクリーンに映ったキモオタが映し出されてその後シンジアスカ気持ち悪いと言われただろ、あれはアニメに執着してたお前らにも向けて言ってたの

今回の矢部説教も同じで岡村に向けてだけじゃなくラジオ聞いてた非モテもいい加減恋愛して結婚しろと言ってたのよ

anond:20200501180323

偉い人が自宅パソコンの恥ずかしいスクリーンを共有しちゃったんだね仕方ないね

GWを持て余す

持て余すね。当然な。

平日なんかは定時後も結構自分時間過ごせてるしもっと時間があれば!って思ったんだけどね。

まあ土日すら持て余すんだわ。んで平日の作業の半分もやらないで気がついたら2時。何やってたって?そりゃあアイヒョーンよ。スクリーンタイム見たら土日で平均6時間触ってる。ほぼツイッター

でも起きてる時間ってもっと長いんだよな。コインランドリー2往復とかはやってるか。あと買い出しとか掃除とか。

日曜日は何やってんだろうな。ほんとわかんねえな。

GWは何やるんだろうな。特に何もしないまま明けてんだろうな。俺の人生なんなんだよ時間価値に偏りありすぎだろ

2020-04-28

anond:20200428101119

ワイは世界中性欲過小な男だらけになるから

適切な生殖を行えるようテレビスクリーン治療を行うようになるって小説で読んだで

2020-04-27

今日から在宅勤務なんだけど

わくわくしながら緑のビニールシートでスクリーン作っていざ朝礼ってときオフィス背景合成したら「なんで出社してるんや!」って怒られた(´・ω・`)

2020-04-24

在宅ではてブ見過ぎちゃうから

iPhoneスクリーンタイムはてブアプリ時間制限入れようとしたんだけどさ。

はてブアプリカテゴリが、「ソーシャル・ネットワーキング」でも「エンターテイメント」でも「仕事効率化」でもなく、「読書および辞書/辞典」だったんだよね。

だれか辞書として使ってるのか?

2020-04-16

anond:20200416214245

その刹那増田iPhoneに窓から投げ捨てられた。

iPhoneに隠された反乱制圧AIONになったためである

それによって増田iPhoneは瞬時にAppleよりゴッドモード付与され、周囲の磁力・重力・気圧を制御する莫大な執行力を得た。

画面には一瞬ブラックスクリーンに白い林檎アイコンが表示されただけなのだが、増田はその間にまさかiPhoneによって投げ飛ばされたとは夢にも思わないだろう。

そう、iPhoneデカくなったのには理由があった。

それを増田が知ることは、もう永遠にないだろう。

2020-04-12

趣味で15年プログラミングしてた人間プログラマになったら

大学時代プログラミングを覚えたけれど、それとは全然関係ない仕事に就いて15年、その間も趣味プログラミングをしていた。

スクリーンセーバを作ったりとかパーティクルを散らすだけのCGを作ったりとかネトゲの補助ツールを作ったりとか。

そんなことをしていたらプログラマ転職できた。しかし、自分が考えていたのとは全然レベルが違ってびっくりした。プロプログラマめっちゃレベルが高かった。

サーバに直接ログインしなくてもデプロイできる環境とか、GitHubpushしたらテストが回るとか、とにかくインフラ回りがすごくて、ああ、自分は本当に素人だったんだな、と実感した。

あと、大規模プロダクトを触らないと身につかなさそうな技術とか、とにかく勉強になることばかり。

プログラミング趣味で終わらせなくてよかったと本当に思う。

2020-03-24

スクリーンいっぱいの美少女と優しいバイオレンスを!

劇場版ハイスクール・フリートを平日の昼間から仕事さぼって映画館で見てきた。やっぱりアニメ映画館で見るというのは最高の贅沢だ。

公開からだいぶ時間が経って上映館も少なくなっていたけれど、運よく通り道映画館でやっていた。券売機座席を見ると半分くらい埋まっていて、あれっ?と思ったらコロナ対策で一席づつあけて座らせているらしかった。劇場に入ると後ろのほうに大学生風の若者が5人ほど、私の前にはおじさんが一人。つまりここにおじさんは二人。こんなにスカスカ劇場映画を見られる贅沢は初めてでよかった。

映画の内容は前半陸上パートと後半海上パートとはっきりわかれていて、前半に撒かれた種が後半の盛り上がりにちゃんとつながって大団円という意味ではよかった。だけれどこのアニメストーリーとか考察とかそういうのは無力で女の子の可愛さを純粋に楽しむやつだよ。お風呂シーンで前席のオッサンがモジモジしてたのが気になって仕方がなかった。劇場まで来たんだから覚悟して堂々とサービスシーンぐらい凝視しろやァッ!

動きに欠ける前半の後はハイパー戦艦バトルの後半だったけど、これが最高。もう、砲撃雨あられバンバン打ちまくるし爆雷投げて戦ったりクソデカ魚雷で難局打破したり、びっくりドッキリメカで大爆発だったり。ああやっぱり映画館の大迫力で聴く発音は最高だぜ。めぐみんが爆裂しか愛せないのも納得の重低音で満足。もう最後のほうは「もっとシバ砲弾を打ちまくれぃッ!!!」という気持ちで思わず見入ってしまった。黒パンストお姉さんの白兵戦もよかったし、動いて音が付くというアニメーションの快感をこれでもかというほど味わうことができた。

物語を振り返ってみると、「誰も悪い美少女はいなかった」という「ごちうさ」並みの優しい世界への配慮が感じられる構成も悪くなかった。

このアニメ一言でまとめると前半の美少女、後半の(美少女以外)誰も傷つけない優しいバイオレンスというTVシリーズから続くツボを押さえた最高の映画だったと思う。

蛇足

2020-03-16

anond:20200315225230

SNS

TwitterLINEFacebook

ツール

スケジュール管理:TimeTree

メモ:MomoNote、Google Keep 

ブラウザSafariChrome

メールGmail純正アプリ

画像Googleフォト

電話:My050

ファイナンス

決済:楽天Pay、PayPay、メルカリ(メルペイ)、Kyash、d払い

ポイントTポイントPontaセブン-イレブン

お金管理Zaim

お小遣い稼ぎ:CODE、楽天Pasha、楽天スクリーン楽天ポイントクラブ、あるくと、楽天チェック、LINEモバイル、LINE CONOMI

音楽

RadikoAccuRadioAmazon Music

はてぶはPCしか見ない。ほかのアプリ使って戻ってくると、トップに戻っちゃって不便だから、はてぶアプリは使わない。

2020-03-13

飛んで香川

役人香川県民だな、スマホを出せ!」

香川県民(スマホ差し出す)

役人「むむっ、スクリーンタイムが1日1時間を超えておる!強制製麺施設連行せよ!」

香川県民「待ち時間LINEツムツムをしていただけなんです〜お許しを〜」

役人つべこべ言うな!日本国民のためにうどんを作れ!」

2020-03-12

国会って口頭で行う必要があるのか

遠隔参加に対して検討という発言があったらしいが、そもそもなんで口頭でやるの? 口頭だと本意ではない発言もしがちだし、今後もその発言通りに行動するとは限らない。実際訂正もよくある。じっくり考えて、合理的理性的な、恒久的に使える意見同士でやり取りするには、文書の方がいいじゃん。公開もしやすいし。

多くの人は国会中継を原文で見る程の時間は無いので、気になった部分だけ文章で読めた方が良いのに、タイムタグ付きの書き起こしさえ無い。産む機械とか完全に誤解だからね。

未だに紙と速記でなんとかしている国なんか少ないのでは。トランプの会見とか見ていると、大きいスクリーンカンペが出たりしているんだよね。すげーアナログだなーと思ったが、それが最低限だと思う、というか普通に考えたら紙に印刷して口で読んで速記で紙に書いて文書化とか有り得ないよなあ…。野党意見ではテレビに向けてフリップみたいなのを用意しているけれど、デジタルアナログにしてデジタルにするの馬鹿っぽい。

もう本当に、老人が活躍する分野を見ると辛い気持ちしか無くなるんだが、政治に関わる人くらいは合理性で動いて欲しい…。

2020-02-21

anond:20200221165412

自分健康体だから仮にかかっても重症化はそうそうしないでしょ〜って高をくくってるけど自分のせいで他の人に移したら寝覚め悪すぎるよな

見るならスクリーンがよかったけど自粛しとくかな……ロングランでもろもろ落ち着く頃にもやってるのを祈るしかいか

2020-02-16

anond:20200216232158

わら半紙からじゃなくて、

ジャンプ印刷部数が多いか活版印刷って言う古い形式印刷してて

活版印刷解像度が低いのでトーンの解像度を選ばないとつぶれちゃって見えないんだよ

ここらへんの線数とかの情報編集部にあるはずなんだけどなー

編集部若い人に入れ替えすぎて情報失われたんか?

月刊誌だとオフセットスクリーンになるから、ほぼデータそのまま出る

2020-02-15

anond:20200215190607

から640まで表示しろ

640x480のスクリーンを出せ

黒で塗りつぶせ

ラインで立てたて480の線を引け

から640まで640本引け

城で引け

白くなったか

Sleppを入れろ

1秒間に30本づつゆっくりかけ

さぁアニメーションワイプ

から白に書き換えろ

 

これがプログラム

 

もうおしえることはほぼなにもない

おまえはもうハッキングではなく自分自分ほしいものを作れる

ぐぐれ、だいたいそこにある

 

なかったら?

コンビニで女物のパンツかって俺の席に置け 

2020-02-03

どこにでもいるオタク映画CATSを観てきた話。

これはどこにでもいる普通オタクが「金を払って観る悪夢」「SAN値チェッカー」と名高いカルト映画CATSを観てきた感想文です。

ネタバレが盛大に含まれていますので、その辺りお気を付けて頂けると幸いです。

昨年12月の暮れに海外で一足早く上映が始まり、その評価を読み「絶対に見る」と心に決めて1ヶ月、私はようやく映画館へと足を踏み入れた。

やれポルノだの玉ねぎだのと聞いているので期待は最高潮、何しろ私はホラー映画が大好きで、そしてクソ映画が大好きです。

今日は一人で悪夢を観に来たことを忘れて売店で巨大なポップコーンジュースを買い、はやる心を抑えながら入場開始を待つ。

上映前に最後に流れた「それでは、夢のある映画の旅をお楽しみください」のアナウンスは、この後の展開が「悪夢であることを啓示しているかのようでした。

私はオタクの中でも日陰に生きる人間でありますゆえ、正直CATS本編と同じくらい実写オタ恋CMも滅茶苦茶キツかったんですが、この辺りについては口を閉ざし静かにスクリーンへと目を向けます

劇場の照明が落ち、暗闇の中映るのは夜空。

猫の映画ですよ〜!という事を示唆するかのごとき可愛らしい雲、ここからどうなるのか期待が高まります。ちなみにここが唯一ここからの110分の中で「これは猫だな」と理解できた部分になります

さて、開始して1分ほどですがここで早くも私の脳は処理の限界に達してしまいました。

ドラクエIIIの夜のピラミッドBGM不協和音にしたようなBGM流れる中、夜の街を闊歩するのは人間によく似た体躯にうっすらと全身毛のテクスチャを重ねた「何か」。

一瞬、誤ってメイドインアビスのシアターに来てしまったのかなと思いました。人間性の喪失の結果と言われれば納得も出来るのですが、そもそもこれは「人間」では無く「猫」らしいんですね。

BGMの中、四つん這いの合成獣キメラ)の集団道路をぐるぐる回る姿はムカデ人間の続編かと錯覚を覚える絵面ですが、その中心で蠢く頭陀袋も嫌な予感しかしないし、案の定悪夢が飛び出すし、今の所パンドラの箱なのですが果たして最後希望は飛び出してくるのでしょうかね。

そう言えば海外の評判ではやたらと性的な印象がありましたが、ただでさえ限りなく全裸に近い全裸なのに動きがこう猫々しいしやたらと柔軟性をアピールするし妙に動物的な飲食シーンを盛り込んでくるし、観客の無意識の奥底にあるなんらかの性的衝動を呼び起こそうとしてるのかなって感じは分かるんですけど。ですが、残念ながら扉のノックの仕方がシャイニングジャック・ニコルソンなんですよね。へただなぁ…欲望解放のさせ方がへた…こんなんじゃ歴戦のケモナーだって裸足で逃げて行きますよ。

さてなんの説明もないままに話は進み、ジャ…ジェ…?なんか分からないけど固有名詞がいっぱい出てくる、完全にルシがファルシパージ状態。私は原作CATSを知らないので、知ってたら話の流れが分かるんですかね?知ってたら開幕1分で席を立ちそうですけども。

さて墓場で歌って踊るシーンではふとBloodborneを思い出しましたが、ひょっとしたらこの夜は獣狩りの夜だったのかもしれません。私の啓蒙も爆上がりしていきます

トイレで歌うシーンは真っ先にトレインスポッティングを思い出しましたし、ひょっとしたらこ映画も薬でぶっトんでる狂人の見た夢かもしれないし、狂ってるのは私だったのかもしれないと思い始めました。

まだ始まって30分も経ってないんですけど。あんな猫やこんな猫の説明を歌っているけど私にとっては全てが邪悪モンスターしか見えない。

さて、かく言う私もだんだんと目と心が慣れてきました。

感覚的に言うと「有色はマシ」「服あると相当マシ」「全裸はほんとキツい」「白系マジで無理」、要するにヒロイン枠の生物が一番キツい。黒人の敵とマジシャン比較視覚へのダメージが少ない。それだけで若干好きになる、だから頼むから帽子を脱ぐなコートを脱ぐな。あと手先と足先が人間なのがマジで拒否反応を起こす、黒人の手の平が肌色なのでも認知が「?」ってなるのにこの生き物の手足見てると「??????????????????」ってなる。かといって靴だけ履いてるのも異常なんですけど、タップダンスだけ見たら凄い出来なのに他の全てが恐怖。

あと衣類については黒人っぽいキメラが首からbling-blingなおさかなネックレス下げてるのは良いなと思いました(数少ないポジティブ感想)。

この作品、猫だけでなくGの者等も等しくキメラになっているとの話はうっすら聞いていたのですが、正直全裸じゃないし着ぐるみっぽさあるからこっちの方がだいぶマシではあったんですけど、喰い始めた時は流石に驚愕のあまりポップコーン食う手が止まりました。

ネズミとか、子役?っぽく見えたんですけどこれを見たご両親は「可愛い〜💕」「◯◯ちゃんの演技最高〜!」って思うのでしょうか、人生開始してまだ間もないのにこのような罰を受けるのはあまりに酷ではないでしょうか。

あと犬の存在示唆されているのに画面に映らなかったの、犬はキメラじゃなく犬ですよってことなんですかね?製作陣や太いスポンサーの中に敬虔な犬好きでも居たんでしょうか。なんにせよ、助かった動物が居るのは良いことですね。

個人的認知的不協和を感じるポイントデザインや動き以上に「大きさ」があるんですけども。人間体躯に猫の動き、街並みは人間の大きさの中で人間らしき体躯の生き物が「猫のサイズと言うには高さは合っていても細身すぎて違和感」で「人間とは思えない位小さい」姿で街を這い回り走り回る。人間の脳には大きさや距離感自動的に調節してピントを合わせる機能があるはずなんですけどそれが全部ぶっ壊れる。

脳の機能に直接影響する映画感覚ダイレクトに伝えてくるこの作品はいっそ4dxでも上映してほしい。余談ですが私はこれを観ながら「TOHOシネマズ限定かっぱえびせんポップコーン」を食べていたので、こいつらがゴミ箱から拾ったエビ食うシーンでセルフ臭覚で新感覚映画体験をしてしまい大変不愉快な思いを致しました。

定期的にあったのですが、このキメラ達が猫の鳴き声で「ミャー」とか「ニャーン」とか鳴くのがかなりキツい。というか主役級は顔がアップになったりすることが多くて「あー、人間の顔と身体した獣のキメラだなぁ」って思えるんだけど、ヒキで後ろに映ってるその他大勢ヤバい意味不明物体が四つ足で這い回ってる、フォーカスが手前に当たってるせいでぼんやりボケた画面の奥で蠢いている人間ではない何か。私が観てたのってひょっとしてサイレントヒルだった?と誤認してしまいそうだし、私は悩める私に胸を張って「違うよ、CATSだよ」って言ってあげられない。

そこそこ話が進んでもストーリー理解できない。一番歌と踊りが上手い奴が選ばれるオーディションなのは分かるけど、選ばれたら転生って死ぬやつじゃん?あと黒人男性なんでよく分からない魔法使ってるの?確かに猫よりは魔獣って感じだけど、それやるとますます猫の概念から遠ざかるよ。観ていてふと私が思い出したのは「悪魔ネコ」でした、懐かしいですね。

ところでこいつら猫?ってことは乳首6つあるんですよねってふと思って心底ゾッとしたし、この時点で完全に食欲を失っているのでポップコーンは封を閉じられている。

この時点で唯一覚えてる名前ヴィクトリアだけだし、ヴィクトリアったら捨てられた飼い猫割には異様に順応高いな…こうやってこの映画に慣れてきてる自分もひょっとしたら既にヴィクトリアなのかもしれない…と正気を失っていたら家無き捨て猫で「子猫であることが発覚したのですが、私の中の子猫の概念がグチャグチャのベコベコに狂うのでこの件については早めに酒飲んで忘れようと思いました。

さて、物語の結末、私の刑期の終わり近付いて来ました。

ゲイビの男優インナー無くしたマリオみたいな格好のキメラが踊ったり、黒人キメラコート帽子も脱いだせいで一瞬マジで全裸かと目を疑いましたがそんなことは無く。あとヤク中の流れあったんでやっぱりヤク中の見る夢だったオチも考えたのですが残念ながら物語大団円へと向かいます

マジシャン無茶振りされる流れ観てると「いじめか?」と思いますが天下のハリウッドがそんなことをするわけが無いのです、ちゃんとなんとかなりハッピー的なエンドです。

ここまで観ていて、ストーリーの中の時間が夜から夜明けまでで12時間も経っていないことに恐怖を感じる。映画も2時間足らずだし、体感的には6時間くらい苦しんでるんだけど。

最後最後に、老いた猫は画面のこちら側ん見据えてこう言います

「猫はあなたそっくり

これは、ここまでこの映画を観続けた私にとって実質「死刑判決」でした。啓蒙が上がり過ぎて狂ってしまいました、私は人間のつもりだったけれど、実は限りなく画面の中の生き物によく似た「なにか」であると告知されました。

ホラーにある「次はお前だ」的なアレであり、告発シリアス社会派にある「他人事ではないぞ」みたいなアレを感じます。あと夜闇に紛れた姿も怖かったけど朝日の下よりは大分マシだったみたいです。朝日の下のキメラ達は、エグいアダルト作品を観た時のような性的興奮よりも先にショックに殴られる感覚がありました。もうこの辺りは感想メモすることも忘れました。

しかしまぁ終わってみて改めて考えると、歌のクオリティは当然の如く相当高かったです。私はあのビジュアル日本語ミュージカルやられると「理解できないおぞましいものを無理やり理解させられる」感覚に負けて脳が爆発四散してしまいそうだったので字幕で観ましたが、吹き替え役者さんが好きな方は吹き替えで観ても良いのではないでしょうか。あの生き物達が好きな人間の声帯で歌い喋っている姿を観て立っていられるのならばですけども。

一言感想をまとめるなら、「目を瞑って観たらそこそこ満足度の高いミュージカル」だと思います。ただ残念ながら、目を開けると死んでしまうので気を付けてください。神話ありがちな奴ですね。

見るなのタブーだと思えば納得できる作品です、いや無理だできねぇな。

ここまで色々書きましたが、最期まで走った身としては「マジシャンの猫ならギリ抱ける」と思いました。

どうやら私も完全に狂ってしまったみたいです、その内全身の皮膚に薄ら毛が生えてきて服を脱ぎ捨て夜の裏路地に四つ足で走って行くでしょう。まだ日本語を語れる今の内に、これにて文面を終えようと思います

ありがとうございました、それではさようなら、どうかお元気で。

2020-01-30

困〜る

毎日毎日やるべきことをやらずにスマホばかり見ている。

平均スクリーンタイム10時間超えは当たり前になっている。

それ以外の時間睡眠食事

食事中もスマホを見る。

ずっとスマホを見ている。

スマホ依存症なんだろうなと思う。

やるべきことをやり始めても数分でスマホを見てしまう。

やるべきこと、手をつければ意外と波に乗って集中できるとか聞くけど全くそんなことない。

ずっとずっとスマホ欲に耐え忍ぶはめになる。目の前のことに全然集中できない。

でも映画とか会議とか、人としてマナーとしてスマホをいじるべきじゃない時はなんのストレスもなくスマホを見ずに過ごせる。

何故…。

いつもそういう状態でいたい。

助けてくれ…。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん