「昇華」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 昇華とは

2018-04-22

http://h.hatena.ne.jp/furutanikaede/227135929639264483

ほりいゆうじはすごいよな、やっぱ!

(よくしらんが、TRPGドラクエ昇華したとのことなので、まあ、すごいのだろう

TRPGドラクエ昇華したの否かは、ともかくとして。

それがシナリオ的、物語的なものでなく、ゲーム的な意味なら、プログラマ中村光一を褒めるべきでは? とほんの少しだけ思ったが、まあ中村光一の功績は全てクルーザーで帳消しになってるからどうでもいいか

あーあ、こうしんまるみたいに中村光一クルーザー炎上するぐらいの「もってる」感がないのが、今のチュンソフトのありようの象徴だよなあ。

そりゃ炎上したら悲しいし悲劇なのは間違いないから、揶揄もんじゃないんだけど、芸能人として「もってる」感がすごいもん。

もうありありと、炎上するこうしんまるの上でバイオハザードを楽しんでる絵が浮かぶもん。

(何が何やらな上に不謹慎な気がするので匿名投稿しておく)

以下、こうしんまる炎上並みにスパイクチュンソフトが「もってる」感を出せる架空ニュースの例。

イシイジロウが狼を発見するも、腕をかじられる。

サッカー日本代表監督が冨江慎一郎になる。

ジニアス・ソノリティドラクエGOを作り大ヒットする。

パワポケゴルフが再評価され、続編が発表される。(タイトルが明らかに間違えているが、もう思い出せないしググる気力もわかない)

トリックロジックシーズン3が発表されるも、こるもの、円居辺りが暴走してFGOアンソロジーみたいになる。

トリックロジックシーズン3が発表されるも、まほろんが例によって例によって炎上発売中止になる。

トリックロジックシーズン3が発表されるも

れいものミステリ作家揶揄いになるからもうやめるわ

2018-04-21

俺が 2017-02-18 に書いた日記ポジティブ過ぎる

今見返していて「ヒェ…」ってなったww

-------------------------------------------------------

2017-02-18

覚悟を決めるのだ。そして前に進もう。

人生とは目先の快楽に因われて生きるにはあまりにも短すぎる。


優先順位を決めるのだ!そしてすべてを注ぐのだ!

余すところなく、心血を注ぐのだ!

失敗するとか成功するとかそういう事をあまり深く考えては行けない。


自分を甘やかすな!!

そうなんだ!言い訳するな!全力で生きろ!


日々、灰になるまで燃えつきろ!


ストレス? 上等だよ!!

肉体疲労? どんとこいよ!

痛み、苦しみ? 屁でもねぇぜ!

責任? 全部オレが背負ってやる!

プレッシャー大好物だぜ!

リラックス? そんなん必要ねぇぜ!

慰め? 犬にでも食わせちまいな!


自分の心のうちにある全てのエネルギーを使うのだ!

どす黒い欲望も、闘争心も、慈悲も自愛も、すべてを昇華させ、そして成し遂げるのだ!

できないと思うな。無理だと思うな。


どんな時も、どうやったらできるのか?どうやったら成し遂げられるのか?それだけを考えろ!


結局、お前はどうなりたい?

お前はどのように生きたい?

お前は何に価値を感じる?

何が大切なんだ?それをはっきりさせるのだ。

そして取捨選択をするのだ!すべてを捧げよう!


熱く熱く、純粋に、純情に。

でも、狡猾計算高く、企みを持つことだ

2018-04-18

アラサー独女片思い

数か月前に私の職場にきた27歳男性

物静かで滅多に笑わないし、あまり感情の起伏が見られないので最初はとっつきにくかった。

まあ研究職だし、典型的理系男子だわ、と思って特に何の感情も抱かなかったんだけど、ある日彼が手作り弁当を持ってきた。尋ねてみると自分で作ったらしい。

正直彩りがいまいち茶色が多めの弁当だったが、「男性弁当作ってくるなんて偉いなあ」と思った。

毎日昼が一緒になるわけではないんだけど、気づいたときに彼の弁当を見て見ると、日に日にレベルが高まってきていることに気づいた。

最初はほぼ茶色だったのが、今やハンバーグやらプチトマトやらが登場し、彩りが明らかにグレードアップしている。

尋ねてみると、最初節約のために作ってたが、だんだん楽しくなり短時間いかにおいしく美しく作れるかを試しているそう。ハンバーグもタネから手作りしたらしい。

私があまりに美味しそう、と連呼していたら「ひとくち食べますか」と言っておかずの入った弁当箱をグイっと寄こしてきた。もらっただし巻き卵はめちゃめちゃ美味かった。

完全に胃袋を掴まれた私は気づくと彼の姿を目で追うようになっていた。

仕事に対する姿勢や、人への接し方、見れば見るほど彼のことが好きになっていった。よく見ると顔もカッコよかった。

先日、彼を交えて少人数で飲む機会があった。

内心ガッツポーズして、あわよくば連絡先を交換したい…と考えていた。

周りは結構な勢いで飲んでるにも関わらず自分のペースを崩さない彼のことを、「ぶれないなー」と酔った頭でぼんやり見ていた。

どんな話の流れだったかは覚えてないけど、誰かが「●●さん、彼女かいないのー?」と聞いた。

私は平静を装いつつも心臓バクバクだった。

「いますよ」

とのことだった。

遠距離だそうだが、今度のGW会えるのをすごく楽しみにしていることや、毎日弁当も、結婚資金を貯めるために始めたなどという話をしてくれた。

誰が聞いても彼女のことめちゃくちゃ大好きで愛してることが伝わってくるような口ぶりだった。私の入る隙などなかった。

アラサー独身女の恋が誰にも知られることなく散っていったのが悲しすぎるので増田昇華させてください。

2018-04-16

アニメキャラが好き!→エロい絵やセックスをする同人誌を描く

にだけ昇華される好きってなんなんだろうね

陵辱されるだけの好きって悲しいし、個人的違和感を感じる

2018-04-14

anond:20180414213655

旧態依然が悪い理由か…。欲望を知ってしまたからかな…。

ドーピング手段としてダメというルール化には成功したけれど、速くなりたい。という欲望は、技術を高める修練を積むシューズなどの用具の性能を高める。という別の手段昇華できたか欲望が満たされたと考えると、漫画村で知ってしまった欲望に対し正規昇華する手段が乏しいというのはある。

まぁでもたしかに、ここまで書くと、既存出版業界の出している漫画閲覧コンテンツ昇華しろ、とはなるね。

2018-04-11

主人公トラブルに巻き込まない小説漫画

日常系しか思いつかない

小説を書こうとしているんだけど、

どうしても主人公いじめられない。ピンと来ない。

私自トラウマ特に無いし、いじめられ経験2回だけどなんとも思ってないし

のらりくらりトラブル回避して逃げて生きてきたんだと思う。

思い出すと恥ずかしい出来事なら2回ほどあるけど

自ら話のネタにし、笑い話に昇華しているか問題ないんだよね……


小説家や漫画家ってそんなにトラブル抱えてるもんなの?

楽天家には向かないのかな……。

2018-04-07

「産めない男」の代替行為

ふと思ったことをダラダラ書いた駄文であるから

もし読む人がいるとしたらそういうつもりで読んでいただきたい。

あと多分だけど妊娠中の人は読まない方がよいと思う。

通勤電車に乗りながら「贖罪」について考えていて、

要するにsacrificeである

要するにというかそのままなんですが。

誰かのために死ぬことです。自己犠牲のことです。

で、この自己犠牲というのはとても男性的というか、逆に女性的というか、

女性の体の仕組みとして実に自己犠牲であるのかなと思ったというのは、

要するに(時に命を賭して)子供を産むということです。

種を生かすための仕組みが個体を殺すことがあるってどうなんだろ。

で、その仕組みを体に持たない男性主語が非常に大きいがここはあくまで体の仕組みのあるなしの話なのでご容赦いただきたいし、女性であるがそういう仕組みがそもそもない、あるいはもはやない人についてははしょらせていただきたいし、あとそんな難しく考えられない)は、なんというか反動的女性性に対してそういったものを求めてしまいがちなのかなと思ったわけです。

んでこう、求めるというのは押し付けがちということなんですけど、

まぁ三歩下がってなんたらとかね、奥さんは家に入ってなんたらとかね、

特に日本ありがちなんだろうかこう(他の国を知らないだけだが)、

女性に対して自己犠牲を強いるというのはつまりそういうことなのかなぁと思ったわけだが、

基本それは女の人が我慢してるわけじゃん、いやいややってるわけですよね。

でもなんかそういったことを強いる側の人間

まり自己犠牲の仕組みを持たない男」は、

そういう女性の行動について「愛情かな?」みたく思ってんじゃねーのかと思ったわけです。

(思ってるのかな? と思う理由も考えたりしたけどはしょります

しかもそれは尊い、すげぇ尊いと「自己〜略〜男」は多分思ってて、

愛情だと思ってるから女の人が我慢してるなんて全然思ってないか

(そぶりを見せてもそぶりだけだと思ってて)

なんかもうそれでよし! ウィンウィン! とか思ってんじゃないかと思ってて。

で、これが一番言いたいんだけど、

その「尊さ」に憧れるあまり気持ちの具現化がつまり切腹」なのかなって思ったんですよ。

あれはつまり自分の腹に「女性器」のようなものをつくって、

そこからピンキーなのをドバドバと、つまり「産む」ことの模倣なのかなって。

憧れるあまり「それになりたい」と、

自己犠牲の仕組みを持たない男」が「自己犠牲の仕組み」を、

無理やり自分の体に作り出す行為なのかなって。

なんか男ってバカだな…と思いました。朝の通勤電車で。

おしまい


【番外編】先回りのQ&A(という形式自分対話

Q.切腹なんてしたくてしてたやつがいると思う?

A.いないと思います

いないとは思うけど「やんなきゃいけない! おれ死なないといけなくなった!」てなった時に、

じゃあどういう形で死にますかっていろいろあったうえであの形になっているのは、

なにかしらの意味というか理由というか紆余曲折があってのあれなのかなと思うと、

そこにあてはまる話が今回書いたようなことなのかなと思いました。

思っただけだから特に調べたりとかしてない。

Q.なぜ「産む」行為が「死」に直結する行為になる?

A.死なないと「自己犠牲」にはならないからねぇ。

この場合自己〜略〜男」にとって「自己〜略〜女」は、

「産める生物」というよりも「自己犠牲できる生物」という点で憧れの対象ということでは。

となると逆に「産む仕組みを持った生物」としての女性について、

「産む仕組みを持たない生物であるところの男性が、

そもそも憧れているのか? どう思っているのかもわからないけど、

どういうふうに感じていて、それをどう表現しているのか、

というのは考えてみるのもおもしろいでしょうな。全然思いつかないけど。

単純に「神様」に昇華してんのかな、やっぱり。

となるとそこで「生」と「死」が繋がるわけかね。知らんけど。

2018-04-04

創作に便利すぎるお手軽素材

anond:20180404125803

なんか短めの物語を量産してみるとわかる。

切り裂きジャックは便利なんだよ。正体不明からどんな設定でも足せるし、みんな知ってるし、わかりやすく残虐なやつだから

あと大多数の読み手にとってはすでにファンタジー昇華されてるよね。

「か弱い女性」とかもこれの一種。「か弱い男」だと特別説明必要になるし、そんなに効果的じゃない。もちろん人物の背景を十分掘り下げられるなら、そういうコテコテキャラクターに頼らずに済むんだけど、短い物語場合ちょっとむずかしい。最近は減ってきてると思うけど。

anond:20180404103042

元増田は目指すボディイメージ少女であり、成長に対して違和感もつことになっちゃってるからわりと嗜めるようなコメントついてるけど、20代の時に着てた服が40になって似合わなくなってつらいというのは普通によく聞く話だし、男性場合ハゲたら相当ショックだと思う。

老人になってもそこから逃げられない。キリっと着物着てたおばあちゃんが、病気やケガで楽なワンピースしか着られなくなった瞬間ふさぎ込んでしまったりする。

自分の現状を「新しい身体」と考えて、それに見合うような美意識更新し続けられたらいいけど、こだわりと愛着があるとしんどいと思う。美意識は美意識として切り離して昇華していくしかなさそう。(できれば他人には仮託しないほうがいいと思う)

2018-04-01

主人公が中高年の禁書目録学園アリス)が無いのが不思議

主人公ヒエラルキー最下層の無効化能力者で超能力者だらけの世界の中で大活躍してチヤホヤされる話は何故ないのだろうか。

そもそも超能力者がオッサンである話が日本だと珍しいのだが。

アメコミヒーロー無効化と言えばX-MENリーチか。

でも彼は主人公ではないしオッサンでもない。

不思議だ。

俺は実は凄い能力を持ってるけど世間評価してくれないんだと嘆くオッサンは山のようにいるのに、そんなオッサン達の心を汲み取るような娯楽が存在しないのが不思議だ。

それとも、釣りバカ日誌島耕作を見てそういった欲望が満たされるのだろうか。

はたまた、竿役がブサイクAVを見てそういう欲望昇華しているのだろうか。

不思議だ。

謎い

2018-03-29

推しが弟と死んだ犬に似ている

喪った過去憧憬を追い求めているのだと気付いた時、滂沱の涙が流れた。

我が家には常に不和があり、結果的崩壊を迎えてしまったが紛れもなくそれは家族団欒の象徴だったのだ。

私が犬にした事は覚えているのに、弟が犬にしていた事といえば全く思い出せない。岬の宿を借りて犬も泊まった事。そこには父親の姿がまだあった。

今はといえば、父に対して母が嫌悪感情を抱いたままギスギスした関係が続いている。

私は無意識に圧し殺していたのかも知れない。またあの頃に帰りたいという気持ちを。

結婚し家を出た身なので実家には帰れないと思い込んでいる。それがストレスとなって悪夢を見ざるを得なくさせていたのかも知れない。

創作活動では、ずっと成人指定作品ばかり扱って来た。その方が閲覧者は増えた。そのCPは攻が過去、別の人物と深い関係を持っていたのでそちらが公式とばかり思っていた。

でも私は弟と愛犬を重ねられるあのCPの方に夢を抱いてしまった。「ずっと一緒にいて欲しい」と最後まで二人に言わせる事が敵わなかった。それは、他ならぬ私の願いだったに違いない。似たような光景を目にした時、作品昇華する以外方法存在しなかったのだ。だから私の作品根底にある物は死であり別れであるしかしそれを口に出す事は憚られた。読者には作品を通じ何か満たされた気分になって欲しかった。

あれから同じ犬種の犬を飼った。今生きている犬に愛情を注ごう。

二次創作は不調だが、愛する気持ちは失わずにいよう。理想を追い求め過ぎるのもよくないがこれだけ傾倒しているのだから何かしらの意味はあるはずだ。作品を公開する事で、繋がれた縁もあった。多くの作品群が自分勇気づけてくれる。イベントで会話するような深い関係性は期待しなかった。それでも救われているのだから私は感謝を述べるべきだ。

2018-03-26

anond:20180111231317

50話ちょっとあって長いけど、カレイドスター

前半のクライマックスにやる大技が、自己肯定感がないと不可能なヤツ

前半おわったあとの4分の一は、自己肯定感否定されまくる展開になってしんどいけど

ラストの4分の一はそのうっぷんを蹴散らして、最後は一気に昇華されて最高のエンドを迎える

anond:20180325183846

大変だったな。お前さんの人生これからだ、親父さんの遺産も大いに利用したらいいさ。

客観的に見たら親父さんもずいぶんと気の毒に見える話だが、殴られたりして育った当人がそういう気持ちになるのは全く無理ない。

その煮えくり返る怒りが昇華されるには時間がかかるだろうけど、若いから怒りをパワーに何かしたりもできるだろう。

その状態子供二人とも大学行かせたのは親父さんとしても頑張ったところだと思うよ。

良き旅立ちを。

2018-03-21

anond:20180321133754

元増田趣旨に戻ると、

試合以外では感情特に怒りのような身体を突き動かす系)の起伏を抑えられない人間は、一流ではない。

で、一流ではない人が叩かれている、ということですね。

からアンガーマネジメントをどうしているのか、という問いに対しては、

昇華できない人間格闘家アスリートではなく、格闘家アスリートと呼ばれる人たちはアンガーマネジメント必要すら無い(怒らないから)。

例で挙げてくださっているのは恐らく一流の方ですよね。

大多数であろう二流以下の人たちが除外されているのが気になりますが、

一般的見解としては理解しました。ありがとうございます

anond:20180321130753

なるほど、昇華仕切っているから、悟ったようなコメントする人が、よくテレビに出るんですね。日本の例しか知りませんが。

ところで、試合前後は昂ぶっていると思うのですが、これも切り替えることが求められるというのは、なかなか高潔人物像。

そりゃ人材も少ないわ。

anond:20180321130025

昇華できない人間格闘家アスリートとして失格なんだよ

から被害者の程度がどうあれ、一般人に比べて必要以上に叩かれる

anond:20180321123723

ムカッとしたら、爆走し始めたり、猛烈にスクワットしたり、シャドウボクシングをするってことでしょうか?

相当沸点が高く、怒るまでの助走期間が長くないと難しそうです。

もしかして、怒りという感情を持たなくなるまで普段から昇華するということでしょうか?

それならまあ、解る気も。

いずれにしても、だいぶ非現実的ですが。

2018-03-19

投稿できなくてよかったかも知れない

投稿したら◯◯の日記とだけ出てきて何も表示されなかった。いろいろ負の感情も含まれてたのでそれで良かったのかも知れない。書くだけでちょっと昇華してくれた。

2018-03-18

プログラミング歴とプログラミング能力ほとんど関係無い件について

ほとんどの人はもう既に気付いていると思うけど、あえてこの表題言及している人はあまり多くないんじゃないかと思ったので書く。炎上したら💩なのでここに書く。

結論から言うと、プログラミングを何年やったかプログラミング能力はこのぐらいと言うことは絶対にできない!

これは何もIT業界だけでなく他の分野でもそうだ。たとえば野球とか絵画かにも言えることで、ただ年数を重ねればいいってわけではない。勘違いしてほしくないのは、他の業種ではただ年数を重ねればいいといっているわけではない。

コンビニだったら始めはレジ打ちから入るだろうが、だんだん品出し、他者とうまく調整できv、何が売れるか・何が利益率を叩き出すかを把握し、接客態度は絶えず磨き……というように、能動的にスキルを身につけるなければあっという間に「経験した年数」などというものは何の武器にもならないであろう。(「やっても給料変わんない」とかそういうのは抜きにしても)

IT業界でもこれが言えるのだ。

その証

個人的経験によるサンプルしか無いが、ぼくの経験上では年数が高ければ高いほどいいと思ったことは全くない。もちろん2ヶ月の新人と5年目の人での比較はなかなか難しいが、情熱ある新人プログラマ半年で5年目を追い越すなどということはありふれた話だ。あたか大人小学生中学生さらっと数学英語能力で負けるように負ける。

残念ながらしっかりした実証などはないので、周りの環境がそうではない場合は納得できないかもしれないが、以下は明らかであろう。

経験年数とは時間であり、重要なのは時間を代入すると成長度合を求められる関数(ここではFとする)の違いである。(F: time -> ability)

Fの方が大事理由も明らかだ。timeケチをつけようとする例外を除けば誰にとっても同じであり、おもしろくもなんともない。

Fの次元が違う場合は、能力次元文字通り違う。そのため、かなり重要だ。

プログラミング歴が増えることは恥だと思いたい

プログラミング歴2年だからこんなことを知っている」と周りから評価されるというのは、要は「プログラミング2年生」だということだ。これははっきり言って侮辱である。2年プログラミングをやったから知っているんじゃなくて、2年の間で勉強したことたまたま別の箇所で出現したということだ。決して2年やったからではない。2年の間に獲得したスキルがいっぱいあるからだ。2年は重要じゃない。どれだけやったかだ。2年という期間それ自体は全く重要ではない!

プログラミング歴2年なのにそんなことまでできるのか」というのが真の評価なのだ

これはまあまあ高い評価である。「プログラミングを始めてまだ半年なのにそんなことできるのか」という評価はより容易く得られる。年数を重ねれば重ねるほどこの評価に達するのは難しくなる。したがって「プログラミング10年なのにそんなことまでできるのか」という評価ほとんど得られない。ほとんどの場合、「10年やってるからできるんだな」とか、ひどい場合10年やってるのにこんなこともできない」という評価になる。

これもある種、年数というもの全然重要じゃないとみなされている証左であろう。みんな知らず知らずのうちに周囲の人々の経験年数と能力とでおのおの相関図を作り上げて、標準偏差をなんとなく作り出して、「45歳……クソコード……チーン!こいつは偏差値37!落第!死刑!」みたいなことをやってるんだろう。

プログラミングも慣れてくると、特に新しいことを勉強しなくてもなんとなくできるようになってきはじめる。これが危険シグナルだm

謙虚でありたい

自分プログラミング歴が長いのに、HTTPSの仕組みもTCPの仕組みも詳しく知らず、JavaScriptもまともに書けず、WebAssemblyは全く知らないし、RDBのことは知らないし、もちろんRDB以外のDBちんぷんかんぷんで、デスクトップアプリは作ったことがない、サーバサイドはRailsしか知らない。Railsがどう作られているかも知らない、gitの触りぐらいしか知らない、AWSGCP全然使いこなせない、公開鍵暗号方式もよく知らないし、アルゴリズム簡単ものしかからない。デザインパターン勉強してないし、関数型言語もわからないし、C言語全然読めない、アセンブリはやろうと思ったことすらない、正規表現も複雑なものはいまいちわからないし、機械学習はわからないし、そもそも数学不安で、AndroidアプリiOSアプリもまともなものリリースしたことがなく、エディタは人が作ってくれたプラグインをただインストールするだけで、英語ほとんどできず、セキュリティに関してはザルもいいとこ」

のように自分を見直すべきである。もちろんほとんどの人はそうしているとは思う。そもそも自分プログラミング歴が長いのに」という部分はもはや要らないだろう。

あとはただ穿つだけである能力は、どれだけ、何を、どうやったかとの方と強い相関を持つ。能力とは現在状態であるのだから、強い相関を持つのは最最もである

結論

少年老い易く学成り難しである

一刻も早く「プログラミング歴」でなんとなくの判定するのをやめて、プログラミング歴1秒の人に対しても、プログラミング1000年の人に対しても、そのFを見るようにし、自分はとっとと次元を越えて昇華したいものである

結局、「いっぱいやればいっぱい成長する」という自明結論自体は変わらないんだが(高)

2018-03-17

自分の怒り感情ちゃん対応したい

怒るのがへたくそだ。自分の中に生じた怒りの感情の扱い方がへたくそだなぁと感じている。

こらえきれず、怒りを衝動的にアウトプットしてしまうこともあるのだが、やはり、できるならば極力避けていきたい。怒るなら、怒りを丁重に、なるべく冷静さを保ちながら、必要なことだけを選んで伝えたい。

それをするためには、綿密に、丁寧に、相手想像して、自分言葉や行動をどうすればいいものか、じっくりじっくり悩む必要があるように思う。そしてそれは、正直にいってしまえば、めっちゃ大変だ。言い方は悪いが、めんどくさいことでもある。

から、なるべくなら怒りたくないなぁと、自分の怒りセンサーをなるべく鈍感な状態にして、怒る件数自体を減らしてしまえーと無意識に思っているような気がする。

一方、一度怒りだしてしまうと、ずっとアクセルを踏みっぱなしになってしまう。

アクセルを踏んでいる状態=怒りをアウトプットしっぱなし、ということではなく、主に心の中が怒りっぱなしになる。怒る発端になった出来事が時折フラッシュバックしてきては、怒りの雪だるまを転がして、また増幅させて、怒りを心に長期滞在させてしまう。

あんまりに怒りが膨れ上がってしまうと、うまく昇華できていない雑な状態のまま、外に漏れ出すこともある。そして、たいがい後悔する。

「なぜあんなことを言ってしまったんだろう」と自己嫌悪ばかりつのるだけで、全然解消には向かわないし、むしろますます心に負荷がかかる。

なので、なぜこうなるのかちょっと考えてみて、ひとつ仮説を立てた。

これは、日々の小さい怒りをちゃんと適切に処理せずに、めんどくさがってしまったがゆえの、感情疲弊なのではと。

見なかったふりをしていた怒りは、見ないようにしていただけで、そこに確かにあったのではないだろうか。かなり蓄積されてくるまで、わたし本人がその存在に気がつかずに、ひょうひょうと暮らしていただけなのかもしれない。

ならば、めんどくさがらずに、怒るところでちゃんと怒りたい。

かい怒りを早いうちにちゃんと見つけて、大きくなるまえに対処したい。

溜め込んで長期的に怒り続けるのでなく、ちょいちょい怒って、なるべく素早く過去の怒りにしていきたい。

怒らない人に憧れたこともあったけど、わたしは怒らないようにはなれそうにもない。

だったら、怒る気持ちもっとちゃんと付き合いたい。

2018-03-14

anond:20180314183048

あなたトラウマとかある?人に話しづらいやつ。

それを「ねぇねぇどんな感じ?ねえ、どんな感じ?」って聞かれて

嬉々として話せるの?

すぐに笑い話に昇華できるタイプなら問題いかもしれないけど

そうじゃない場合は話すのも辛いんだよ?

でも、気持ちからいかしかたないよね。

言葉として伝えたところで「へー、そうなんだねー」で終わって

「そのくらい俺は大丈夫だけどな」という謎のマウントになったりするもんね。

実際にそういう経験あるし。

anond:20180313103825

この「文系は暇」「大学生時間がある」という前提が違うんだよね。

バイトに遊びに明け暮れて、楽しいフィールドワーク積極的にいくけど、それをまとめたり研究昇華できる学生なんかごく一部。

2018-03-09

手塚治虫ならたぶん作品昇華していた

現役作家だと誰がやってるだろうか、その労多い作業

損な役回り

そう感じるのは自分だけなんだろうか。

人間、得した!と思うことより損したと思うことの方がよく覚えてるとは言われるが。食べ物の恨みは怖いって言葉があるけど、食べ物の恩義は忘れないみたいなのはまりいたことがない。自分のものを食べられたら損だと思って覚え続けるけど、もらってももらったなぁとしか覚えないんだろう。そういうもんだ。

いや、余程命を助けられたとかなら別かな。それは話が違ってくるか。

損な役回りばかりだなって感じる。まあ被害妄想9割なんだろうけど。損を感じたことがない人っているのかな、いたらどんな感じなのかな。すごい金持ちなんだろうか、そうでなくとも運と親に溺愛されたような人なのかな。

いきなり変わるけど、また創作云々の話だ。友人の創作レベルがみんな上がりすぎてついていけない。みんな絵の人だから文のわたしとは比べ方が違うんだろうけど、みんな、すごい。

もう嫉妬とかも消えかけた気がする。すっぱり手を引いたらどうでもよくなった。

はいえまだまだ未練はある。それは捨てきれない。けどいつか自分の中で昇華して消えるものだろうな、なんてこじつけてる。書きたいのか書きたくないのか、やめたいのかやめたくないのかどっちつかずなままだ。やめたくはない、けど、書けそうにはない。ずっとうだうだ悩んでる。

新しいアイシャドウが欲しいな。化粧品、色々なくなりかけてきてるから買いに行きたい。髪も切りたい。

クサい台詞だけど、今日幸せでしたって一日の終わり方をしたい。そりゃそういう日もあっただろうし、子供の頃なんかそんな今日幸せかなんて考えてもなかったけど。できれば毎日、そう思いたいもんだ。そう上手くは行かないけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん