「愛国心」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 愛国心とは

2017-09-17

先に殺してはいけない

タカ派の一部は先制攻撃を煽っているけどさ。

やっぱ、後世の歴史家()から悪者扱いされることはしたくないよね。

まあ、パールハーバーパールハーバーってしつこく言われてトラウマになってる分、ナーバス過ぎる部分はあると思うけどさ。

でも過去歴史特にWW2以降)を見ると、大体の場合において、戦争正当性()を主張できるのって「先に殺してない」側だと思うんだよね。

イラクアフガニスタンを見ても、アメリカ悪者っぽく見えるのは、やっぱり客観的に見て9.11との因果関係が弱いせいでしょ。

戦争する以上、口実が大事ってのは大昔から常識で、そこで失敗すると勝っても後ろ指さされることになるのは歴史証明してるはず。

勝てば官軍」は嘘じゃないけれど、正確には「負ければ賊軍」であって、勝っても非難を浴びることは往々にしてある。

この辺を失敗すると、例えば盧溝橋のように延々と禍根を引きずることになる訳だ。

まり何を言いたいかというと、どうしても攻撃なり暗殺なりをしたいなら、相手を罠にハメてでも、向こうが先に殺したという確たる証拠を作る以外にないよね、ということだ。

挑発合戦を繰り返しているのもそういう背景があってのことだし、その辺も理解せずに先制攻撃を煽るのは明らかな利敵行為なんだけど、本当に愛国心()があるのかねーと思う次第でございます

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091600374&g=prk

2017-09-16

安倍首相は、偽の愛国心日本人に押しつけようとしている

安倍首相は、偽の愛国心日本人に押しつけようとしている

2017-09-15

北朝鮮ミサイル発射って、アメリカ北朝鮮の間では事前に具体的な事を予告されてると思うんだよね。日本には伝わってなさそうだけど。

からJアラートとか無駄じゃない?空騒ぎすると多分経済は盛り上がるからさ、別に良いけど、あんなもん信じて愛国心を深めるような奴は間違いなく馬鹿だというのはホリエモンが正しいと思うな。

映画ワンダーウーマンを見た

ワンダーウーマン」を見たので感想。と言うか考えたこととかのメモネタバレ気にしてないのでそういうの嫌な人は回避推奨。あらすじ解説とかもやる気ないので、見た人向けだと思いますフェミの話とかも出てくるんでそういうの苦手な人も回避でよろしくっす。

総評

まず最初に、「ワンダーウーマン」、個人的にはそんなに評価高くない。少なくとも世間で(特に欧米で)いうほど大絶賛、大感動をすることはできなかった。これは映画を見終わったあとのファーストインプレッション

しかしじゃあ評価低いのかというとそんなこともない。

「1800円という価格&2時間という投資に見合った体験できるのか?」という視点で自問したところ、その答えは「100点」なのだ。十分高評価だろう。いい加減な脳みそだなあ、オレ。とも思った。

なんでこんな評価のすれ違いが発生してしまったかというと、今年見たアメコミ映画の先行2本、すなわち「レゴバットマン ザ・ムービー」と「スパイダーマン:ホームカミング」の評価が高すぎた、というのが原因であるらしい。前出の基準で言うと、「レゴバットマン」も「スパイダーマン ホームカミング」も200点くらいの評価なので、「ワンダーウーマン」はタイミング的に損をしてしまったのかもしれない。これが「ドクター・ストレンジ」のあとだったら感激できてたのに。

「100点である理由」としては大きく2つ。

まず「予告編で期待される要素が全て入っている」。無垢主人公ダイアナの島での生活スティーブとの出会い、「外の世界」への出発、人間社会との交流、第一次世界大戦の泥臭い戦争描写、圧倒的な戦闘シーン、ど派手なCGバトル。主人公ダイアナの衣装替えもアマゾン戦闘服マント姿→1910年代のヴィクトリアンはいったロンドンファッション→鮮やかな青のナイトドレス神の子戦闘服と飽きさせない。

そして「アメコミ映画ありがちなダメダメ要素を極力入れないようにしてある」。とくに3点「主人公の不幸描写に力点をおいたヒーロー誕生秘話」「クリフハンガーの繰り返しによるピンチ感の陳腐化」「取ってつけたような絶対悪敵役」の排除には成功している。そういう意味では、既存作品の悪いところがよく研究されているのだ。これは簡単なことじゃない(アメコミ映画はこの3つの罠によくハマるのだ)。

要約すると、よくできている。期待通りの作品だ。

一方で「100点でしかない理由」としては「取ってつけたような批判回避策」、「人物描写の底の浅さ」だろうか。

主人公ダイアナスティーブ自分たちの定めた使命を果たすためにチームを結成して第一次対戦の最前線に向かうのだが、そのチームは「絶海の孤島で育った主人公の女戦士ダイアナ」「イギリス軍諜報部に協力中のアメリカ外征軍大尉スティーブ」の2名を中心としているのだが、それ以外の参加者が3名いる。

フランス領モロッコ諜報員サミーア(おそらくイスラム系)」「ネイティブ・アメリカン密輸業者で通称酋長」「スコットランド人の酔いどれ狙撃チャーリー」この三人なかなか個性豊かで好感がもてるにはもてるのだが、「イギリスvsドイツ塹壕戦」にたいしてイギリス陣営でこれを主人公チームにするのは、いかにもPC的な取ってつけた感があった。

それを言うと映画冒頭のアマゾン族が暮らす絶海の孤島にも、白人だけじゃなく黒人アマゾンが配置されてたりして「こんな風に色のバランス取っとけばいいよね」的なそれを感じる。

この種の気遣いがあるのはもちろん良いことなのだが、それが気遣いの要素を超えていない、多様性テーマに対して踏み込んでないという部分があったせいで、浮いて見えてしまっている。またそれに対応するドイツ軍が通り一辺倒な描写で(つまりは白人集団なので)片手落ちに見えてしまう(ドイツ下げをしたかったわけじゃないだろうに)のも気にかかる点だった。

総じてエンタメ作品として秀作ではあるけれど、秀作止まりというのが個人的評価である

無垢子供ダイアナ

たぶんこのPC的なディレクション――批判に対して自覚的で先手を打って内容を適正に作っていこう――は最近ハリウッド映画では多かれ少なかれあるのだと思う。ただ、そういう制約(どういってもある種の制約ではあるだろう)を逆手に取って笑いやネタにしたり(デッドプールにおける「女性も男同様にブン殴ったほうが公平じゃない?」)、むしろそこに正面から踏み込んでえぐり出す(スパーダーマン:ホームカミングの敵役ヴァルチャーはいま注目されている「見捨てられた白人労働者」)のにくらべ、ワンダーウーマンのそれは踏み込みが浅くどうしても「そういうルールなので設置しました」感が出てしまっている。

重ねていうけれど、これは減点部分だという話ではなく、加点はなかったという話だ。

おそらく「ワンダーウーマン」という作品――つまり女性戦場に出て戦うという作品を作るにあたって、制作側は、(フェミニズムを中心に)炎上の可能性を覚悟して作ったのだと思う。だから、予め潰せる問題点は潰しておいた。

それは主人公ダイアナの人物設定にも反映されていて、彼女美女で、アマゾン族の王女で、めっちゃ強い。すごい跳躍力や筋力を持ってるし、噛み殺しの特殊能力を持つスーパーゴリラだ。だが多分そのままだと脳筋批判も巻き起こすだろうから、島で英才教育を受けてた設定になっている。作中でも数百の言語を操り、古典に詳しく、第一次世界大戦当時の最先端化学式を読み取るなど知能面でも卓越している。(第一次世界大戦当時の)女性だからといって馬鹿ではないのだ!

しかし、だからこそというか、逆説的にというか、なんだかすごく残念な人物描写になってしまっている。

彼女世間から隔絶された島で育ったので無垢だ……という設定なので、物語終盤になるまで「人間は悪神アレス洗脳されているせいで地獄のような戦争をしているのだ。悪神アレスさえ倒せば人間は正義と慈悲に立ち返り戦争は即座に終わる」と信じ込んでいる。ここは物語のテーマなので、外せない重要な要素だ。

それはそうで、重要に間違いはないのだが、それってどうなのだろう。

言語というのは必ずその文化を含んでいる。外語を学んだことがある人ならわかると思うけれど、外語を学ぶというのはその言語を操る民族や地域文化を学ぶということをニアリーイコールだ。文化も歴史も言語には含まれているからで、そこに理解無くしては言語の意味を理解するなんてできない。ましてや古典まで学んだダイアナが、人間の持つ二面性や、善悪といった内面を「全く理解してない」なんてのはありうるんだろうか? いやまあそこが物語のキーなわけだから、理解していないということにしないといけないのはわかるのだが、そういう描写にしてしまったせいで作品は別のメッセージを持ってしまった。

すなわち「知識も教育も倫理や人間について理解の助けには全くならない。世界を良くするという意味では、教育は全く無意味である」というメッセージだ。多分これは随分うがった見方だろうし、制作側はそんなメッセージを発信するつもりはないだろう。けれど、物語上ここでねじれが生じているために、そう取られかねない「隙き」が生じてしまっている。批判される要素をなくそうと頑張っていた制作陣が、塞げなかった穴に見えてしまうのだ。こういうねじれが、どうも彼女をそこの浅い子供に見せてしまっている。

ワンダーウーマン」は「(邦画では珍しくもないが)戦う女性主人公」「女性が監督した初めての大手スタジオによるスーパーヒーロー映画」という点で、フェミニズム界隈から賞賛を受けた。

けれど、個人的にはダイアナ女性ではないのだと思う。すくなくとも、フェミニズムが想定するような「解放されるべき女性」ではまだなくて、子供なのだ。まだ思春期すら迎えていないような子供で、世界に対して良く言えば無垢だし、シニカルに言えば無知無責任だ。

ダイアナに強い好感を覚えられなかったのがこの映画評価に加点が少ない理由だと、整理した今なら自覚できる。

善き大人スティーブ

多分、自分にとって不幸だったのはこの部分で、それは「ワンダーウーマン」を観るまえに「ウーマンリブ的な文脈でフェミニスト絶賛」みたいな評価を知ってしまった点だ。「そういうつもり」で見てしまったせいで捻じれが目についてしまった。

しかし、見終わったあとに思い返してみると、魅力的な部分がいくつもある映画だ。その最大のものアメリカ外征軍大尉のスティーブトレバである

彼はドイツ軍スパイした結果恐るべき毒ガス計画を知り、逃亡の最中に絶海の孤島アマゾン島に漂着し、主人公ダイアナを「外の世界」に連れ出す役目をする。無垢美女ダイアナエスコート役であり物語最終局面まで彼女を支えて導き続ける。

ぶっちゃけ、序盤はただのイケメン俳優だと思っていた。

いやイケメンなのは最終盤まで変わらないけど。

ヌードシーンがあったりもするので、女性向けの眼福要素も担当させられたイケメン俳優だと思っていたのだ。二回もイケメンって言ってしまったよ。

彼は優秀な軍人でありパイロットなのだが当然人間なので、スーパーヒーロー神の子であるダイアナに比べたら喧嘩においてはまったく弱い(軍人として適正に強くはあると思う)。おまけに非文明圏であるアマゾン島では虜囚に近い扱いも受けていたし、さらにいえば彼はアメリカ軍大尉であり、物語中盤の舞台イギリス(&イギリス議会イギリス軍)では大きな権力を持っているわけでもない。上司に対しては愛想笑いを浮かべたり、自分意見をひっこめたりもする。

物語中盤、未知の世界である外界に出たダイアナは完全にお上りさん状態であり、大都会ロンドンにおいて常識を知らないことから、スティーヴに迷惑をかける。それにたいしてスティーブはなだめたり、すかしたりしてダイアナに行動を抑制しようとする(そして失敗する)。スティーブダイアナに「外の世界常識や考え」を事細かに説明して理解を得ようとはせず、断念する。命の恩人ではあるし天下無双の戦闘能力を持ってはいるけれど、「面倒くさい子供」でしかないダイアナに呆れているように見えることもある。

こうやって説明すると際立つけれど、スティーブイケメンが売りなだけのダイアナの介添に見えていた。

しかし、上映後に振り返ってみるとこの映画の中心はスティーブだと思う。

ド派手なCGバトルアクションとか、世間フェミ的な評価を全部取っ払って、個人的に「ワンダーウーマン」の感想を述べるならば、「ワンダーウーマンスティーブ映画なのだ

全般的に人物の内面描写が浅いきらいのあるこの映画だが、スティーブに関しては脚本も俳優も素晴らしい仕事をしている。

彼は心の中にロールを持っている男だ。それは「善き男」であり「善き大人」であり、おそらくだけど「善きアメリカ人」であり「善き隣人」だ。彼はそういうふうに生きたいのだ。正しさや信念というよりも、自分の中に理想像ロールモデルがあると表現したほうがしっくりくるのがスティーブである

彼が軍に身を投じたのは、混迷続く世界情勢の中で、善きアメリカ人として社会に奉仕しようとした時、そのモデルが軍人だったかである。今の価値観で言えばもちろん異論はたくさんあるだろうけれど、その当時の常識で言えばそれは愛国心であったし、善き市民の善き行動だった。

ドイツ軍に密偵した結果、彼は恐るべきマスタードガスの開発と、それが講和間近のイギリス軍へ向けられていることを知ってしまう。彼はこの情報を持ち帰るために命を捨てるような危険を犯す。それもまた、彼の中にある「それが善き男の行動」だからだ。

その過程ダイアナに命を救われ、彼女の「外の世界戦争を止めたい」という希望を叶えるためにも、一緒にイギリスまで情報を持ち帰ることにする。

しかし、イギリスにそれを報告したが、結果ははかばかしくない。講和が間近に迫ったイギリス軍は、ドイツ軍(の一部)に災厄的な行動があったとしても全面攻勢には移りたくない。スティーブ情報事実上握りつぶされる。

彼はここで彼自身の行動規範である「善き人」を曲げられる。軍の階級差という世俗の権力構造のせいで、彼がすべきだと信じる行為を行うことができない。

講和のためとは言え、前線舞台をマスタードガスの脅威の前に放り出してよいのか? 良いはずはないが、議会や政府の決定に従うのも「善き国民」の義務ではあるのだ。

でも隣には精神的に子供ダイアナがいて「ねえなんでなんで? なんで正義しないの? まさかここでやめるわけ? 処す? 処そうか?」という視線で見てくる。彼は、その結果、軍の命令を無視して、私費で(というかボランティアのつもりだった?)傭兵を雇い前線に向かう決意をする。彼は心の中にある「善き人」の指し示すところに従ったのだ。ダイアナがあんまりにも無垢なので引っ込みがつかなくなったという側面があったにせよ。

前線に向かい、血みどろの後背地を抜けて塹壕にたどり着き、取り残された村をダイアナ神話的な能力にも助けられて開放して、ダイアナスティーブの関係は接近する。男女間の性愛的な意味での愛情もあったような描写だったけれど、個人的にはスティーブ父性も強く感じた。その父性というのは、子供しかないダイアナに「善き大人」を見せるというものだ。戦争なんて醜悪なものなのだけれど、それだけではないということ、世界には「善き隣人」の「善き努力」もあるということを示したかったように見えた。孤島から世界に連れ出した人間として、世界に失望してほしくなかったのかもしれない。

終盤。マスタードガスの大量生産はすでに完了しており、その暴挙を止めるために一行は秘密基地に忍び込む。ダイアナはその中で、アレス化身だと思われるドイツ軍ルーデンドルフ総監を倒すことに成功する。ダイアナは「これで悪神アレス洗脳は溶けて戦争は終了する!」と歓喜するが、兵士たちは戦闘をやめない。殺戮の準備を辞めない兵士ダイアナパニック状態になる。ダイアナにとっては今まで信じてきた世界観が崩れ去った瞬間なのだ

そのダイアナに向かって、スティーブは今まで何度も説明しようとしてしきれなかったことを告げることになる。

それは「この戦争は人間が開始して人間が拡大させたものなんだ。神はいない。僕たちの責任だ」ということだ。その告白はとても辛い。「善き男」として生きたかったスティーブは、まったく「善き男」ではなかった。戦争をしちゃってるのだから極悪人なのだしかし、スティーブは「この戦争は僕達の罪なのだ」ということを認める。なぜなら、戦争の責任を誰かに転嫁するのは、戦争を始めるよりも更に恥ずべきことだからだ。「善き男」として彼は、世界の醜さの責任を取らなければいけないと決意する。

スティーブダイアナの間にあったものは多分とても複雑で、男女でもあったし、父と娘でもあったと思う。でもその一部には神と人間というものもあった。

彼女の戦闘能力があまりにも隔絶してたかスティーブもその視点を持たざるを得なかったのだろう。

ダイアナの考えは「神が神の邪悪を振りまいたせいで人間が迷惑をしている」から「神の使命を持つ私が人間を救う」というものなわけだけれど、スティーブはこれに「善き人間」としてノーを叩きつける。ダイアナの考えはある種のパターナリズムだが、スティーブの答えはそこからの脱却だった。

神々の戦いは神々であるアレスゼウスの娘ダイアナが決着をつけるだろうし、人間であるスティーブは戦闘能力の関係上そこには関与することができない。しかし人間の始めた戦争であり、人間の悪意であるマスタードガスは人間であるスティーブが止めなければならない。筋としてそれが正しい。

ダイアナの戦闘能力やスティーブたちの状況を考え合わせると、彼らはここで戦闘を放棄すれば逃げて安全に暮らすことは十分に可能だったように見える。その場合はもちろんマスタードガスで前線の部隊は凄惨なことになるのだけれど、倫理的に考えてスティーブが彼らを救う(その結果命を落とす)絶対的な義務があったわけではない。戦争の悲惨すべてを、個人であるスティーブが背負う必要はないからだ。

スティーブが命をかけた動機として、父(先行者)として娘(後続)に「この醜悪な外の世界にも善はあるのだ」という事を示したかったのか、人間として神に「あなただけにすべてを背負わせない。人間は弱いけれどそれでも自分たちのしでかした行為の責任は取る」ということを示したかったのか、それとも男として女に「俺も戦う」といいたかったのか、それはわからない(そこが返ってスティーブという男のテーマとしてよかったと思う。彼の愛情には名前がつけられない)。

けれど、スティーブは「自分の戦い」として今まさに離陸していこうとする毒ガス満載の爆撃機を止めるために飛び出す。そして乗り込み、爆弾を抱えて、前線を救って、結果としてダイアナを残して死ぬ。

こうやって思い直してみると、中盤、ロンドンの街で常識知らずにうろつくダイアナに手を焼いていたのも、「善き大人」として子育てに苦労してたんだなあ、と思える。

スティーブは大尉だからおそらくエリートなんだろうけれど、まだ若いし、それ以前にすべての人間がそうであるように、不完全で未熟だ。しかしそうであるからこそ、彼には「こんな存在でありたい」という理想像があった。そして常にそうであろうと、努力していた。都会ではトラブルメーカーダイアナを「善き保護者」として(オロオロしつつも新米父親のように)導こうと思ってたし、最前線では「善き戦友」として肩を並べて戦った。戦火から救い出した村でチャーリーが歌ったときは「善き男」としてダイアナを熱っぽく見つめた。彼は最終的に、「惚れた美人との安全な生活」よりも自らの役割を優先した。自分自身の信じる正しさに殉じた。それは「善き人間」として神の前に立った時、他の誰でもなく自分が、人間すべての代表として神に「人間の誠実」を見せるべきだと思ったからだ。

それは上野千鶴子あたりの言葉を借りると「男性の安っぽいヒロイズム」であり「戦争に興ずる幼児性」なのかもしれないけれど、物語としてみるとスティーブの人物描写はこの映画の中で一番複雑で深みがあった。魅力的だった。

そんなことを考えると、「ワンダーウーマン」はウーマンリブ的な価値観映画というよりも、男性的な価値観の、そして「神(あるいは超越的な力を持つスーパーヒーロー)の前に立った『善き人間』の覚悟と誠意」の映画だと思う。そして、そこがこの映画の美点だと思える。

2017-09-06

そんなに金甌無欠で揺るぎない国家観でいたいのかね

長尾議員しかり。

ネトウヨの多くは、日本の歴史上の汚点を徹底的に除去したがる。事実はどうでもよくて、一点の汚れもない歴史にしようと執着する。そして汚点を事実として捉えようとする人に対して反日だと反発する。

 

けど、2600年以上の歴史を有する国なら汚点の一つや二つあるでしょう。てか、汚点があったら国を愛せないんですか?

その程度のアイで、愛国って言えるんですか?僕は妻の厭な部分も含めて愛してる。アイってそういうものじゃないのかな。

 

僕は左翼だけど、日本は大好きだよ。

南京虐殺しようが、慰安婦をこき使っていようが、アホなインパールやろうが、その駄目な部分については尊敬はできないけど、それは僕らが糧にしてプラスに持っていけばいい話で、そのうえで、そんな駄目なところもあるご先祖さまでも僕らの先祖だし尊敬している。ご先祖さまが作ってきた、この国ことも好きだ。そんな国でも故郷を捨てて帰化してくれた日本人も好きだ(在日コリアンに、限らない)し、住んでくれている外国人も好きだ。

  

愛国心が欠けているのはどちらか。

反日なのはどちらか。

2017-08-29

ネトウヨ世界で負けても、国内では勝利する

南京事件従軍慰安婦関東大震災朝鮮人虐殺

これらは学問的に否定することができない。

ネトウヨのごとき歴史修正主義の言い分は、国際社会通用しない。

  

だが、ネトウヨは、日本国内勝利することができる。

例えば日本政府は、国際社会にむけた公式見解としては南京事件従軍慰安婦も、どちらも戦時中の過ちだったと認めている。

それにもかかわらず、国内ではそのことを巧妙に隠蔽し、歴史修正主義増長させるような態度を取り続けてきた。

  

歴史修正主義は、海外にはぜったいに通用しなくても、国内ではそれなりに通用してしまうのである

政府もそうやって愛国心ナショナリズムを煽っておく方が、支持率も上がって、選挙には勝てるんだろうし。

  

https://anond.hatelabo.jp/20170828223222

2017-08-25

戦争になって、5人組とか作られたら、LINEグループで、日本場合相互監視になりそう。

この人は愛国心のある発言をしていなかったとかで、SNSで叩き合いがおきそう。

日本人場合は、やっかいなことに、自分が正しいと個々で忖度し合った結果によって、悲劇が生まれそう。

ITリテラシーもさることながら、IT流通される情報を、正しいか否かを、情緒で殴ってきそうで、事実が歪みそうだし。

2017-08-18

ひょっとして

ウーマン村本が戦争反対を再度表明 「愛国心!って言うなら、モテる国になれよ」「ブラックジャパンにはなって欲しくない」

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2925656?ref=video_watch_html5_marquee

この記事の内容はひとまず置いとく。

ひょっとして、自分生活圏内にいない人の発言も、割りと身近に受け止めて怒りを感じる人多いの?

そうだとしたら、スマホPCの画面越しにいる人と、目の前にいる人の隔たりが無いってことだよね。

俺は一枚壁がある。

ひょっとして、俺が鈍いのか。

愛国心高めようとしてるのか何かしらないけど「日本人なら〇〇!」系の主張って逆効果じゃね?

日本人DNAにはラジオ体操が刻まれている」とかさぁ……

ラジオ体操DNAってなんだよ。そんなもん俺のDNAには刻まれてねぇよ。

2017-08-16

不良は、どっちかと言うと中流になれなかった保守だろう

暴力+思想左翼

暴力+馬鹿ネトウヨ

最近は色々言葉や使い方が揺れているから誤解されやすいけれど、古い意味での保守ネトウヨは違う。

保守志向自体本来は「現状容認」がベースになるから、ある程度成熟した社会下では

生活が安定してるノンポリ層は保守親和性が高くはなる。だが、保守的右翼というわけでもないし、

そもそも右翼極右Alt-Rightネトウヨだったりもする。

「このままで良くね?」と考える旧来型消極保守中産階級からすら、落ちこぼれ人達も当然いる。

彼らは、グローバル化とか女性進出自分たちが「このままで良くね?」な中産階級から追い出された、と考え

闘争」という手段をとって、「地位」の回復を求めるわけだ。

「戦う保守」みたいな言い方をし出したのが、Alt-Rightとかネトウヨとかそんな感じに言われてる一群。

まぁここで「その地位グローバらなくても(または女性社会進出らなくても)無かったんじゃないですか?」という疑問もあったりはするが、

そこは、Alt-Right的なものの、また別の側面の分析、例えば愛国心空洞化・または架空理想の「国」への幻想としての郷愁とか

そういう暗い未来ぽい話になったりもするのでちょっと置いておいて。

本来であれば「資本主義的な競争からこぼれ落ちた層」のだから労働運動方面に行ってもよさそうなものなのだが、

そうならないあたり、こぼれ落ちた理由はお察しという感じもするし、

それだけ「労働運動」というものが無力化しちゃったんだなぁという情けない気持ちにもなるわけだが。

いやー、資本主義ってほんとこわいっすね。

https://anond.hatelabo.jp/20170816012916

売国奴

イマイチこれのメリットがよくわからないんだけど

自分の生まれた国に不利な情報売って報酬があるというなら

報酬次第で是非どうぞと売れると思うんだが

 

愛国心だの郷土愛だのって心の中で考えるもの

現実の損得とはそれはそれ、これはこれが成立する気がする

2017-08-14

ネトウヨって愛国心なくね?

彼らは国を擁護して自分ニートとかうんこかい

状況から目を背けたいだけでは?

あと、意見なんかなくてただスレの流れをいいかえたこと

自分意見かのように言ってるだけでは?

あれ?!おれ新発見したんじゃない?

ノーベル賞芥川賞もらえるかな

2017-08-12

右翼の本を読みたい

左翼論客はたくさんいるし、読むべき本も分かりやすい。究極的には『資本論』読めってことになるだろうし。

右翼愛国心国粋主義)の代表的論客って今は誰なんだろう。左翼思想にも精通しててまともな議論ができる人。渡部昇一

2017-08-09

https://anond.hatelabo.jp/20170809111756

教育無償化の真の危険性は幼児教育高等教育義務教育化です。

どうももうすぐ(現在すでにかもしれない)幼児教育から愛国心が取り入れられるようになるそうです。でそれが無償となればおそらく義務教育となるのではないか。そして政府による洗脳が本格的に始まるのではないか危険に思っています

無償と言う言葉簡単に騙されてはいけません。

それと同様高等教育義務教育化もいずれ自衛隊体験入学の開始につながる可能性もあります。年齢的に都合が良いのです。大学入試の条件になるでしょう。

もとより少子化で人数が少なくなるので財政的にも無償化やすいかもしれません。人口減で税収も減ると思われます増税もありえますので十分考えられます

政府愛国心宗教的精神論経済力回復を目論んでいると思われます。おそらく宗教的精神論洗脳させることで苦労を乗り越えさせたり、感じさせないようにしたりようとしているのです。そして労働者として酷使させようとしているように思います

2017-07-30

https://anond.hatelabo.jp/20170730074005

そういうことを考える開き直りキモカネは昔から多い

でも、実際にそういう話を聞かないっつーことはほとんど実現してないっぽい

シェアハウス自体成功例がギークハウスくらいしか見ないしね

小林銅蟲phaみたいな異能持ちだからこそ上手くいっているっていうのはあると思うし

シェアハウスが無理だと男は孤独死まっしぐらだけど

女は女で悲惨ルートが待ってる↓

1.「白人精子買って天使みたいな子をシングルで育てる!」

まぁ普通夫婦ですら排卵日考えて頑張ってようやく当てるのに、精子購入には一回ウン万もかかるコストに耐えられず100%断念する

2.「〇〇国の男のがジャッポスより上等!」

これ、発展途上国の男に入れあげるタイプと、白人に入れあげるのに分かれるんだけど、

共通点としてヤるだけやってポイ、というのがある(金目的かどうか、というのは割とケースバイケース)

3.「〇〇を駆逐するぞ!」

愛国心ならず者最後のとりで」なんて言うが、過激思想はなんでも終の棲家になるみたい。

〇〇には外国人とか、ジャッポスとか、左翼とか右翼とか、まぁ色々入る。

大抵は3みたいな気狂いに到達するまでもなく、1に到達する途中で還暦を迎えるキモカネババアが多い

でもま、ブーストはどこでかかるか分からんから20代で3までいくやつもいるっちゃあいる。

2017-07-26

https://anond.hatelabo.jp/20170726142655

実力で金持ちになったと信じている尊大さ。

敵に回った者を徹底的に潰すヤクザ感。

なんでもスパッと一刀両断

トンデモ含みの愛国心

まあよくいる成金じゃね。

2017-07-17

想像なんだけど、

例えば共謀罪とか集団的自衛権とかが今のまま罷り通った場合、多分それを良いって言っている人達は、なんか悪い所があれば引き返せると思ってるんじゃないかな?

これって凄い楽観主義で、歴史的には引き返す事は甚だ難しいというか、最近見てきたようなデモ市民が集まるとかい牧歌的もんじゃなくて、そこで起きる反発は本当に暴力による弾圧だったんだよ。

これは右翼暴力的とか左翼平和的とかじゃなくて、警察とか軍とか、本来的に暴力内包する組織曖昧基準でそれを行使する権限を与えるとまずいよ、って単純な論理なんだよね。

から安倍政権は本当はそれ狙いなんじゃないかってくらい、基準曖昧なままで警察や軍に有利な法案を通した、これは引き返せるって思ってる人達への意図された暴力内包してる。

安倍総理とそのお仲間の本当の意図を知るのは、実は引き返したいと思った時、愛国心を持った組織がどう機能するかという事だろうね。

頼むから政治家官僚法律家の方にはまともに仕事をして欲しい。私は思想は人の勝手だと思うけど、仕事を雑にするのはロクデモナイ大人だと思う。

今の人達仕事評価しない。やれどんな思想なのかとか愛国だとかリベラルだとか良い人だとか。そんな曖昧ものより、通った法案を見よう。彼らの仕事はまともな法案を作ることであって、どれだけ愛国かとかいう事で評価されるべきじゃない。

2017-07-16

安倍政権が終わり、左翼政権に戻った頃

2012年から続いた日本右傾化実験の失敗を認めるかのように、とある男が退陣を表明し、日本左翼政権に戻ったころ・・・

グダポン(bonchacchanga)は2007年頃にネトウヨだったことから、再びネトウヨに戻る。

彼は安倍叩きならぬ左派叩きを始めていた。

一方、高山直人(greatchina2)は更に左派色を強め、愛国心など必要ないとのたまるようになった。

国旗アレルギーすら抱くようになり、挙句の果てに中国マンセー連呼ますますサヨク主義者

日本各地で天皇制廃止運動が盛り上がり、鉄道界隈は鉄道支持母体たる自民党公明党の低迷により影響力を失いつつある。

一方、自動車界隈では、鉄道を取り巻く既得権益がなくなったということで元気を取り戻していた…

2017-06-29

https://anond.hatelabo.jp/20170629151051

野党の行動はすべて純粋に国のためを想っての行為だよ。

大した力もないのに国家の最大権力者に歯向かうのは愛国心がなければできないことだよね。

これが与党になると利益誘導ができる権力があるのですぐに自分のための行為に走ってしまうんだよ。

2017-06-26

https://anond.hatelabo.jp/20170626160327

日本愛国心気持ち悪い勢の人と同じで、国が価値観教育をするのが許せない人がいるみたいなんだよ。

父親なんてただの精子提供者とだけ教え、母親だって卵子提供者であり出産までの生育場所提供者なだけだから尊敬などしてはいけないって教えるべきだっていうのかね?それだって価値観教育だと思うけど。

道徳を教えるというのならある程度は価値観教育をせざるを得ないと思うんだけどねぇ。

2017-06-17

最近鉄道おじについて

車社会派による鉄道いじめっていうけど鉄道民がいじめいじめってわめき散らしてるだけで、嫌われているし貧しい奴ばっかでいじめられても仕方ないのは事実だろ。

車・バイク叩きばかりで鉄道存在意義を唱える反論は少ないし。

ただ、鉄道おじさんこと高山直人(greatchina2)が滑稽なのは自分矛盾したこと平気で言う上に

地元横浜川崎がその忌み嫌う車・バイクスポットで、高山直人自身元ヤン(しか小中学生時代経験)なことだ

しか日本鉄道欧米基準では完全な商売施設だと外国人間すら言ってたよ。

という事をこいつに聞かせると発狂必至。

それに高山直人はもう鉄道好きですらなくなって

完全な乗り物オタクミーハーのかけらすらない

奴の行動パターン2014年よりも激変している。

なのであとは自然消滅を待つだけ

趣味黒歴史ですら道具でしかなかったのか。鉄道好きのリア充にgreatchina2こそ逆張りした馬鹿って言われて発狂する様子も見てみたかったが、まあ鉄道自動車も使った実体からするとどちらももつながった一つの世界世界観なんて意味ないし、鉄道独自文化圏というよりは時代遅れの寄せ集めみたいな感じだと思った。

バイク嫌いの正体はバイク乗り

鉄道好きの正体は落ちこぼれ

自称元ヤンの正体は軽度障碍者

愛国心つぶしの正体は元ガイジン

アウトロー趣味の正体はキモヲタ

学歴煽りの正体は高学歴

左翼煽りの正体は左翼

ネトウヨの正体は非国民

>たった1人でこれだけの事実証明した模様

2017-06-16

うるせえ手前らこの野郎

観光列車について歓迎するイベントの後の自身SNSのリプの様子。

若者「ダサーイ」

鉄道は今が旬だぞ!!

高校生大学生「こんなもの使うならオートバイ乗り回すよ」

学校が幾らいいと言っても高校出るまではオートバイやめとけ。これは大人の乗り物なんだよ。

ネトウヨあなた売国奴なんですか?」

鉄道好きに国籍愛国心なんか関係あるか!!

リア充鉄道ってキモイよね」

キモくて悪いか

自称意識高い市民観光列車反対のビラ配り、反対活動のためのポスティング

たかが街宣やビラの山なんて痛くも痒くもないわ!

自称義憤に駆られた公共交通利用者「腐った鉄道好きの日本人大都会から摘み出す!!!

やれるもんならやってみろ。

またJR東日本に続いてJR西日本観光列車云々で意味不明な非協力運動するとか言っているけど、不買のどこに意味があるんだよ?

鉄道嫌いではない大人は恥を知れとかいうが、鉄道に何の不満を抱かない俺たちはどうすりゃいいんだよ。

観光列車運行する鉄道会社に対して公共交通への冒涜だの鉄道会社自公政権を支えているのが気に食わない云々だとして不買運動だかやってるが、今俺たちは「田舎に帰れ!!早く帰れ!!!」とか言われても何もできねーんだよ。

日本人全員鉄道嫌いになっちまえだ?

そんなもんできねえに決まってるんだよ。

今日観光列車なんてなくなってちまえ!!とわめき散らしながら俺様尾行しかけた馬鹿がいた。

あのな、幾ら汚いとはい観光列車なしでは鉄道は生きていけないんだよ。

バイク3ないのあった時代とは違うんだよ。

鉄道会社公共交通を返せとわめき散らした馬鹿もいた。

ここは国鉄なんかじゃない。お前らの気分しだいでは利用しないこともできる。これは現実的権利だ。

どこにも投げられないフラストレーションを人様にぶつけられるから楽しいだろう?

俺様大阪駅観光列車を歓迎しているときに「恥を知れ!日本自称公共交通は!」とか言うの楽しいだろ?

暖かく観光列車を迎える人たちに何かひどいことするの楽しいだろ?

観光列車の出発会場周辺に俺様はいる。それだけは言っておく。

2017-06-14

俗に言うネット右翼って

愛国心というより愛自民党心というか愛日本会議心だよね

右でも左でもなさそうだけど便利だからネット右翼って言われてるのかな

カリフォルニアイデオロギーをなぜか日本継承したのがはてな民って印象ですね

ITと金が大好きなのに

古き良きものも嫌いではないので奴隷の皆さんが必死に守ってください

でも潰されたら自己責任ですよねという実践と何も結びついていない無根拠で宙に浮いた愛国心も持ち合わせた歪なキメラ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん