「肛門」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 肛門とは

2020-05-30

anond:20200530072025

肛門はうんちを出し入れする穴ではない

2020-05-29

anond:20200529204650

一個の卵が分裂して、肉が出来て、最初に空いた穴が肛門で、それが口までつながってんだぜ?

それが手先だと、手と口しかない人間が出来るよ。

っていうか痔になったら、めっちゃ神経通ってるから痛いよ。

2020-05-28

盗撮のことばかり考えている。

最近盗撮ものでばっかりオナニーしてるんだけどさ。

歯磨き粉のチューブの先から出てくる歯磨き粉が美少女肛門から出てくるウンコに見えてくる。

anond:20200528143029

最近肛門バイブ突っ込むと突っ込んだ瞬間からモザイクがかかるけれど、口にバイブ突っ込んでもモザイクはかからいから、肛門よりはすこし手前のような気がする。

anond:20200528075727

肛門モザイクをかけなくてもわいせつ罪に問われないけれど
性器モザイクをかけないとわいせつ罪に問われる
鼻や口はチンコマンコではなく精々アナル程度ではなかろうか

性器肛門パンツで覆われてるやん?

未来の人が、「昔は鼻と口、マスクで覆われてなかったらしいで。」「エッロ!!!」みたいなことになるのかな?

2020-05-27

anond:20101021193622

日本語の傾向として例えば「最強の武器」の意味で「最強武器」という四文字が作られ使われたりするように助詞が省略されるというのがまずありそう。要は「アヌスセックス」でも日本語のできかたとして変じゃないから「名詞+名詞」だろうという解釈が発生し得る。あとは「肛門の」が「オブ・アヌス」と前置詞+名詞形容詞句となるタイプじゃなくアヌスアナルと変化するタイプだったというのもありそう。これはカタカナ言葉として普及する外来語全般に言えそうだし、そもそも形容詞としての単語別に発生する事自体英語の側で必要性があった生まれてそうだけど。

anond:20200527145900

別の言い方:棒状のものを頻繁に肛門に突っ込んでませんか?

ウンコ出しすぎちゃう

痔の恐れがあるから病院いきたいけど、持じゃなかったら恥ずかしいし、かといって自分肛門を見るのは本当にキツい…詰んだ

2020-05-22

ロストバージン

肛門の周りにできものができて痛みがあり病院に行った。結論としてただのできもので大したことなかったが、初めての肛門触診を受けた。

30歳くらいの女性看護士さんに尻たぶを拡げられた上で男性医師が荒々しく指をグリグリと5秒ほど。

できもののハレもあってメチャクチャ痛くて声が出てしまった。もう指を入れられている前後はなにも考えられない状態。終わった後にズボンを上げて良いと看護士さんに言われ、履こうとしたが体がわなわなしてベルトがうまくとめられなかった。

異物が体内に入ってくることがどういうことか40年以上生きてきて初めて知った。マジでバージンの人には特に優しくしてやってくれ。男女問わずだ。

2020-05-19

anond:20200519004843

異物キャッチャー的な意味でついてる毛は目鼻耳の毛くらいじゃないか

脇や股間肛門の毛は、汗や排泄物匂いを溜め込んで発散することがフェロモンとして機能していた時代の名残だと思う

anond:20200519004219

なぜ肛門付近に毛が生えているのかを考えるとき

人間の体内に入り込む虫で特に多いのがゴキブリであることを思い出すと

彼らが

2020-05-17

anond:20200517233359

同僚の肛門に高圧の空気入れて殺した社内いじめ事件ネット民めちゃくちゃキレてたけど。

アイスの実」って

お前の腸はそんなにヒエヒエなのかよ〜

肛門は製氷機じゃねえぞ

2020-05-13

女も玉ヒュンするの?

高所で身がすくんだり、ジェットコースターで落下する際にキンタマが上がるような感覚のことを玉ヒュンと言うらしい。個人的感覚ではキンタマじゃなくて、肛門ちょっと上あたり、詳しくないけど前立腺あたりがきゅってなる感じ。女もなるの?あれ

2020-05-12

anond:20200512175940

💩うんちさん、🐈増田さんの肛門へ帰ればいい。そこでまたあなたは再構築されるかも。

anond:20200512115800

追突をカマを掘るって言うのは知ってるけど、オカマからカマを掘るじゃなくてカマを掘るからオカマってことなのか

しかしじゃあなんで肛門性交がカマなんだ?

anond:20200512115300

マジレスすると、肛門性交の事を「カマを掘る」って言うんだよ…

2020-05-11

ローマ皇帝ヌメリアヌス肛門

子どものころから疑問に思っていた。どうしてローマ人名前にはアヌスがつくのだろう、と。

大人になってからラテン語男性名詞の語尾は-usで終わるので、必然的男性名前がなんとかアヌスになりやすいと知ったのだけれど、それでも疑問に思った。ローマ帝国の子供たちは、人の名前アヌスがついているのを見て「肛門だ! 肛門だ!」とゲラゲラ笑ったりしなかったのだろうか。子供下ネタを好むのは世界的な現象であり、ローマ帝国がその例外であったとはとても考えられない。男子小学生だったころなら、「運賃」「チンパンジー」という言葉だけで小一時間笑うことができたのだから

そこで調べてみると意外な事実に突き当たった。ラテン語肛門は「アヌス」ではない。「アーヌス」なのだラテン語では短母音と長母音を明確に区別する。「アヌス」では単に年齢を重ねた女性を指すに過ぎないのである

さらに、もう一つ驚いたことがある。「アーヌス」はもともと「輪」という意味しかない。「肛門」の意味派生的らしい。意外だったが、確かに納得できる。人体の細かい解剖学的な部位を、たった四文字名詞で表すほうが意外だ。「尻」と「穴」をあらわす単語を組み合わせれば事が済むのだから日本語でも「尻の穴」、方言も含めれば「ケツメド」と呼ぶし、英語でも「asshole」だ。実は、肛門名詞の組み合わせではなく、一つの単語で表していたのは、ローマ帝国解剖学の水準が高かったからではないかと思っていた。つまり、高度な文明ほど語彙が豊かで、肛門複合語ではなく単語で表すのではないか、という仮説を立てていたのだが、それはどうも違うらしい。

そういうわけで、ローマ皇帝ヌメリアヌス肛門は「アーヌス」ということになる。それでも、ローマの子供たちは笑っていたかもしれない。なんたって「賃金」という言葉で笑える年頃なのだもの

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん