「お菓子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お菓子とは

2017-11-23

ある男子高校生の日常

以前勤めていた某役所に、1人で3人分の仕事をこなす事務のおばちゃんがいた。

彼女仕事は裏方仕事でありながら、ある種の専門性必要

なのに、役所がその部署人員を一向に拡充しないうえに、彼女の異動も見送りまくった。

今や彼女がその役職に就いてから、実に15年が経過しようとしている。

結果、昔でも2人分の仕事量だったのが、彼女自身仕事をしやすくするよう徐々に権限を強化していったため、気がついたら3人分の仕事量になっていた。

権限が集中したら、そりゃ業務だって増えるさ。

でも旦那単身赴任かつ3児の親ということもあり、仕事めっちゃ速い。15年の積み重ねが仕事の速さをブーストしていることは言うまでもない。

ほぼ必ず定時で上がっている。


そんな彼女には自慢の息子が3人いるわけだが、そのうちの1人、末っ子高校生にして超絶リア充なのだ

彼女から伝え聞く所、こんな感じ。

…まあとにかく「凄い」の一言に尽きる。

この母親あってこの息子ありと言っていい。

勿論「誰にでも優しい」ことが引っかかる人(特に一部の女子)はいると思うが、そういう手合でさえ「憎めないやつ」くらいの位置確立してそうな勢いである。


しかし、教師の中にはそんな彼を快く思わず、目をつけている教師もいるのだから世の中分からない。

しかも彼が一番苦手な「自分を嫌っている人間がいる」ことをハッキリ示す叱責で責めてくるとか、指導者失格というか人でなしじゃね?

今の御時世「仕事問題≒人の問題なのだから、それを率先して解決できる素質を持っている、彼のような若者を潰そうとするとか、どういう了見なのか。

まあとにかく、彼のような超凄い若者がいる限り、日本の将来は決して暗くないと思う。

2017-11-22

anond:20171122141710

どこが?お前が見たエロ表紙の過激さが個人の感想しかないように

からみたお菓子過激さもまた個人の感想なんだが

どこにその違いがあんの?科学的に証明してみてよ~

anond:20171122135216

イチイチ食欲刺激されたくないんでお菓子のラベルは全部真っ黒にしてください

2017-11-19

「成長」って何なのだろう?

昨日は日没後、自転車駅前図書館に行ってきた。

田んぼの間を走って県道に出て、古びたスーパー駐車場を横切り高校周辺の路地に入る。

ランニングしている野球部員がふざけて追っかけてきて、少し気持ちがほぐれた。まだ自分高校生ぐらいに見えるだろうか。

駅の裏に自転車を止めて、地下道を通る。貧乏そうな老人が一人横切り、私の前を歩く女子高生

勉強しないとああなっちゃうんだよ」

とか話してる。

何となく自分が笑われたような気持になって、早足で彼女たちを追い抜いた。

芥川の「河童」を借りた。少女終末旅行に出てきたので物語と何か関係があるのか気になった。

  

高校通信高校に通っていたことがコンプレックスで、実際高校生活ってどんな感じなのかなって思って色々想像したりした。

行きたいなら努力して行ってみれば良いのだけど、自分のやりたいことに対して何も自信が持てなくて、自分が活かされる場所を求めようともしない。

厳しい環境に晒されて、自分の形が崩れてしまう恐怖があって、

案外不幸になっても平気で生きてしまって、でもある日大切な人からあなたはそれで満足なんだね」って言われたら

「本当はやりたいことも、欲しいものもあった。でも諦めるしかなかったんだ、こうするしかなかったんだ」

って叫びたくなるのだと思う。

絶望どん底でやっと楽になったのに「損だ」「得だ」と囃したてられるのが堪らなく苦痛で、

でも決して現状に満足しているわけではなくて、でも何で何もしないのかよく分からない。

「成長」って何なのだろう?

  

スーパーにも学校帰りの高校生がちらほらいた。しばらく店内を徘徊してアーモンドチョコナタデココグミを買った。

それほど食べたいとも思わなかったが買っておいたほうが得なのかなと。

帰ってから買ったお菓子を食べたが一度に食べてしまい苦しくなってしまった。

  

夢に小学生の頃のいじめっ子が出てきた。逃げようとする彼の胸ぐらを掴んで

「これから度々、心の中の後ろめたい気持ちが、後ろ暗い過去が、チクチクと顔を出して、お前を苦しめ離さない」

と言ってやった。

2度寝して起きたのが11時半。

今日履歴書は書かなかった。

2017-11-18

初デートがイオンラウンジだった

初めての彼氏デートに行くことになった。

どこに行くか聞かないで向こうが行き先を決めると言っていたので付いて行った。

行き先はイオンラウンジだった。

しょーもないお菓子を受付でもらい、無料サービスジュースを飲んだ。

30分以内に出てくれと言うので出た。

そそくさと茶を飲み30分で別れた。

もっと違う所がよかった。

カレーライスメリットデメリット

社食が閉店しているとき職場の周りにある

店と言ったらカレーショップくらいしかない _| ̄|○

カレーライスメリットデメリットを考える

メリット

  1. そこそこうまい
  2. お腹いっぱいになる

デメリット

  1. 糖質 高脂肪 高カロリー
  2. 血糖値乱高下して後でお菓子とか食べたくなる
  3. 食後のどが渇く

太る

ガキの頃から

おいしいよって食べ続けてきたから習慣化

依存症といってもよい

やめたい

2017-11-16

品薄状態が解消された後からピザポテトをよく食べている。

品薄騒動ときは「へー、そうなんだー」程度にしか感じていなかったのに、販売が再開され店頭で見かけるようになってから買うようになった。

このジャンクな味が、なかなか美味しく感じる。食べ過ぎると、もちろん飽きるけれども。

この際、品薄騒動から復活を果たしたお菓子などをピックアップして食べてみようかとも思うけれども、近所のお店にないものは面倒臭い

実は品薄騒動があったかどうかを調べることも、けっこう面倒臭い

まぁ、ピザポテトでいいか

anond:20171116164725

育休中なんて専業主婦と変わらないんだからハンドメイド手作りお菓子でも何でもやればいいじゃん

いや私はもうすぐ復帰するからそんな事してる暇なんかないのよ、とか何とか言い訳するなら

どうせ専業主婦になったってやりゃしないよ

いきいきママ予備軍の癖に偉そうなこと

今育休中。むすめかわいい

でも、SNSとかLINE友達の近況聞いて、

バリキャリの子が昇進したり

やりたいことに挑戦したり

きらびやか業界で働いているのが死ぬほど羨ましい一方で

専業主婦子ども家事情熱を注いでハンドメイド手作りお菓子に勤しんでるのも羨ましい

わたしはどちらにもなれずに来春復帰予定、きっとマミトラックメンバーとして

毎日へこへこしながら時短で帰って、

くたくたになりながら家事育児して毎日が終わるんだろうな

娘は生まれ半年寝返りハイハイ始めたのに、

わたしは何も進歩してない。。。

こうやってぐちぐち匿名で書き連ねてるだけ。。。

日本アニメの好きなところ

ぼーっと見ることもできるし

深く見ることもできるところ

 

動きとか演技とか演出とか

色んな文脈入ってるのが面白い

映画だったり、歌舞伎だったり、ドラマだったり、特撮だったり、ゲームだったり

過去の色んな業界の色んな表現方法を全部投入して全力出した上で、お手軽に見れるものを作ってるのが良い

決して驕らず、サブカルとして進化し続け、究極は子供向けであるというスタンスは、喩えるならお菓子のような感じ

2017-11-13

存在してる理由探し」ってしたことある

俺は小学生の時してた。

なんでこいつは存在してるんだろうな、って。

考えてみると、みんなあるんだわ。

こいつはイケメン、こいつは頭がいい、こいつは優しい、こいつはそいつの家にいった時にお母さんがだすクソまずそうなお菓子をどこか誇らしげに出す・・・など。

そう考えてみると、俺だけが存在する根拠がねえって思ったもんだ。


そんな感覚を『みなみけ』のフユキに対しても抱いた。

あと、ファンキー加藤に対しても抱いた。

コンビニ店員と顔見知りになってしまった

「ここで働かないか!」と勧誘されて以降、昼間コンビニお菓子を買いに行けなくなってしまったので塞ぎ込んだ気分。

実際働いて上手くやる自信はない。コミュニケーションが下手くそ相手自分要望を伝えたりするのも上手くいかいから、バイトを始めてもいつ辞めるかということしか考えられなくなってしまう。攻撃的な人と会話するのが耐えられなかったり、ずっと言われたことを引きずってしまうので決心がつかない。上手く感情表現ができなくて、喜んでいたら嫉妬されていじめられるんじゃないかとか、怒ったり泣いたりしたら馬鹿にされたり余計怒られるんじゃないかとか、手に入れたものが壊されてしまうのではないだろうかとか、考えてしまう。「被害者面するな」とか言われると「もう自分いない方がよいんじゃないかな」とか。

そうなってしまったのは社会のレールから外れてそうなってしまったのか。通信高校卒業したがずっと全日高校に通ってみたかったなと思うのだけど、家族に「お前には無理だろう」と馬鹿にされても否定はできなくて余計「自分社会の中で生きていくのは無理だな」って思い始めて、両親にいつ「将来はどうするのか」とか言われるかと思うと気が気でないし、「こいつは社会に出てもダメだろうな」と両親には思ってもらった方が楽だ。多分ずっと両親には自分が何もできない人間だと認めてもらいたかったのかも。自分の為に努力して結果を掴んでも自分より先に両親が喜んでいたりするのが嫌で仕方なかったから。

それで満足かというと、違うような。

これってモラハラ

最近いいなと思っている人がなんとなくモラハラっぽくて、好きになるのを辞めたんだけど、モラハラっぽい具体的な行動って意外と共有されていない気がする。

店員さんに横柄な態度を取る」というのはあまりにも有名な特徴だけど、それ以外にも「これやってたら危ないよ」という例を知りたい。

その人の気になった行動。

銀行員なのだが、銀行員でいる自分が誇らしいのか他の職業バカにしがち(証券マンとか不動産屋とかの批判をしていた)

同業他社批判(「あそこに入っても面白い仕事はできない」云々)

当方SEなのだが「○○(私)の会社って小規模だよね?社長って何歳?社長が辞めたらどうなるだろうね。息子さんはいるの?」と小馬鹿にしたような査定をする

・同じ社会人スポーツチームに入っているのだが「このチーム上手い奴いないから」と発言(皆をバカにしてるというか・・・

・正解のない理論活躍しそうな選手が誰とかトレードがどうとか)をしている時に「それは絶対ない」「本当にそう思ってるの?ちゃんとわかってない」とこちらの意見否定

・家に初めて来てもらった時「生活感が半端ない」と発言(要はおしゃれじゃないとかい意味?部屋はちゃんと片付いてた。ちなみに彼は寮暮らし

・家でご飯を用意したとき全く手伝うそぶりがない(亭主関白タイプかと思っていたけど、普通他人の家に初めて来たら多少気遣うかと・・・

かと思うと「私の仕事、そんなに難しくないから」と謙遜した時に「そんなことないでしょう」と言ってきたり、ちょっとしたプレゼント旅行土産お菓子キーホルダー)を買ってくれたりと優しい。

モラハラというよりただの否定したがり?

どうなのかな、これ。

どちらにせよこういう言動をする男子はやめた方がいいかなと思った。

※ちなみに彼は24歳。

2017-11-12

anond:20171112155115

お付き合いする寸前なら、相手の好みぐらいは把握しとけよ。

長続きしないよ。

万人にマッチするのはないよ。無難なのは手に収まるぐらいの高級チョコとかの高級お菓子だろうけどね。

anond:20171112095920

好き嫌いも影響するけど、やっぱり物の善し悪しの判断にはある程度の知識経験を要するから、それらが若い人に不十分であるのは当たり前なのだが、自分若い頃は大体親やおっさんに美味いものを食わせてもらって味を覚えたのだが、最近の親やおっさん達は貧乏なのでその機会が減っており、若者達の味覚に影響を与えてると思う

から変なコンビニスイーツみたいなのが好評になったりする、食べてみると安い砂糖と安い油(バターの代わりにマーガリンなど)を使った典型的な安いお菓子の誤魔化しの味、当然まったく味の豊かさや感動はない

まあ甘いもんばっか食ってると世間ことなんて気に食わなくなる一方だろうがブドウ糖の直接注入やめますかやめませんか

パンが無いならお菓子課税したらいいじゃない(マリーマスダワネット)

2017-11-11

発達障害かどうかを確かめた時点で経歴に傷がつくから恐ろしい

ケアレスミスの多い子供として育ち、メモを取ってないと凄い勢いで記憶を失う大人として社会人をやっている。

特技は電話口で会話を聞き取れなくて相手に何度も質問すること。

面と向かって会話してても3、4回同じことを言われてやっと理解することが多い。

文章理解しても文脈理解できずに相手何言ってんだこいつオブラートに包まれながら返されてようやく意味勘違いたことに気付くことも多い。

人間は悪いことばかり覚えがちだから自分でそう感じるだけで実際は平均的かせいぜい誤差の範囲なのだと信じて生きてきたが、どうもそうではなく回りと比べて明らかな有意差が出ているぞとそれなりの地位についてる人間から注意を受ける事が年数回。

おそらく発達障害一種なのだろう。

軽度ではあると思う。

社会生活他人の多少の善意を除けばこれといった補助もなしに送れている。

たまに被害妄想と加害妄想に脳が真っ黒に染められてメンタルが駄目になってしまいがちな事も多いが、これをはっきり障害と名付けるかどうかはグレーゾーンだろう。

なので発達障害なのかどうかは確かめないで生きている。

もしも確かめて、その事実がどこかから漏れればその瞬間に社会的立場が下る。

障害者としてちゃんと認定されて国から補助を受けられるレベルになれば社会的地位職場でのポジションも維持されるだろうがそこまでではない。

お菓子の食い過ぎで勝手肥満になったデブしょっちゅう体調を崩してスケジュールをかき乱すのを白い目で見られるように、甘ったれ生き方をしてきた奴が精神年齢の低い言動病気のせいにしているうちに本当に頭がイカれただけの自業自得だと扱われるのだろう。

から私は自分発達障害である可能性を感じながらも、それを確かめない。

かめようとしただけで白い目で見る奴が身近に、ないしはこれから転職した先等に1人でもいるかも知れないならやらないでおく。

かめた瞬間に様々なマイナスが付き纏うのなら、絶対に確かめない。

薬やカウンセリングなど無くてもよく、むしろそういった事をヘタにやって寝た子を起こすような真似をする方がリスクが高いのだという確証バイアスに全幅の信頼を置くことを選ぶ。

そうして本来なら薬でも飲むべきなのかも知れないのにそれを行わずミスを繰り返す私に周りの人間が付き合わされることを、私にそう思わせるにいたるような社会を作ってきた彼らの自業自得なのだと考えて生きていく。

だってそうだろう?

少しでも発達障害可能性がある人間が念のためにと精神科等で診察受けた事に、ちゃんとお医者さんに行って確かめるなんて貴方責任感と勇気のある人なのねと言える人間だらけならこんな事にはなってないのだから、それを言えない奴らの自業自得だ。

勝手だろうか?

勝手と言われても構わんよ。

勝手同士がぶつかりあってそれぞれの損益ポジション綱引きして生きていけないように社会が作られているんだから

そういう社会を作った奴らの自業自得さ。

から、来週も地獄に付き合ってもらう。

初めてダロワイヨマカロン食べたけど

やばいなこれ美味いってレベルじゃない

何これこんなお菓子がこの世にあったの

2017-11-10

カルディと母

カルディの手提げバッグを持つ人を見かけた。

母も持っていたな、と思い出した。

母は歩くのが速い人で、高校生になっても早めに歩かないと追いつけなかった。

脚力が強かったのか、自転車をこぐのも早くて、

私が15分かかる近くのイオンカルディ10分ほどで着くため、買い物が好きで

たことのないものに興味を惹かれる母はよく行っていた。

たまにそこで買ってきたコーヒーと、お菓子と、変わった調味料と、オリジナルのバッグを

「いいのがあった」と誇らしそうに見せてきた。たしかにいい感じのバッグだった。

大学卒業してフリーターをしていた私は母と一緒に暮らしていた。

仕事を見つけなくてはな、と思いアルバイトをしつつ、面接を受けていて、

このまま母と暮らすつもりだった。

何社か受けては落ちるを繰り返していたある日、受けた面接で「東京募集をしている」と言われた。悩んだ。

やりたい仕事もできそうで、正社員として働いた経験もない自分採用してくれる所はここを逃せばもうないだろうなとも感じた。

母は「すごいじゃない」と言って、ここを逃せばもうないよ、と続けた。親子だなぁと思って笑ってしまった。

私はその会社に入ることにした。そうして慌ただしく引越しをして、私は東京仕事一人暮らしを始めた。

一人ではカルディお菓子は多すぎた。

しばらく離れて暮らすうちに、電話越しの母に元気が無くなってきた。

子供が成人し、手元を離れたせいかもしれない。

年2回の帰省電話だけしかできない私は日々の話を聞くことしかできなかった。

冬の日、母は田舎へ帰った。一人で暮らすことが難しくなってきたためだ。

思えば自分家族家族としての交流が薄くて、個人が強かった。

お互いを理解しようする気持ちが薄いように見えた。

だけど本当は心の中ではちゃんと思いやっていたのかもしれない。会話が乏しい不器用家族なのだと思う。

危うい均衡を保っていただろう家族を、父は静かに、えぐるように壊した。

泣いていた母の顔は一生忘れない。どんな理由があってもやってはいけないことを父はしでかした。

それと同時に、父と色々なことを話せていればこれは起きなかったのだろうか、とも考えるがこぼした水は元に戻らない。

私の願いは家族に縛られず、母個人人生を楽しんでくれることだった。

だけど、そんな家族の中で20年以上過ごしてきた母の人生の中心は家族だった。

私があの日そのまま一緒に暮らしていれば、母は自転車をこぎ、好きなところへ行って

家族のために買い物をして暮らせていただろうか。過ぎ去ってしまった今ではこれもIFの話だ。

母の引っ越し田舎にもイオンがあってカルディが入っている。そこへはもう車でしか行けない。

母は久しぶりに運転し、休みの日にはちょくちょく出かけているようだ。

帰省する年末は一緒にカルディに行こうと思ってる。

昼ごはんを食べるか食べないかは好きにさせて欲しい

自分はあまり昼ごはんを食べないことが多く、だいたいコーヒーだけ飲んだり、間食で食べるようなお菓子みたいなものを摘んだりするだけで済ましているのだが、このことを仕事で付き合いのある年上の知り合いに話したところ、

昼ごはん絶対に食べんといけんよ!午後からエネルギーが出ないだろ!これから絶対に食えよ。」

って、すごく怒られてしまった。

そんなに昼ごはんって、仕事してしている人は必ず食べないといけないものだろうか?いっぱい食べてエネルギーをつける人もいれば、何も食べなくても集中できる人だってたくさんいると思うし、昼ごはん食べる、食べないかは人それぞれの体によると思う。

昼ごはんを抜いていると、「ダイエット中なの?」とか「節約しているの?」とかいちいち心配してくる人が多すぎる。そんなに1日3食が大事なのか?そのルールから外れた人は変な風に見られるのか?

だってお腹が減らないんだから、仕方ないだろ?食生活押し付けは何とかして欲しい。

骨髄提供をしてみた【追記/ 11/16さらに追記】

もう1年以上前になるが、骨髄提供をしてみたのでその感想をつらつらと書きます

そもそも献血が好きだったので、骨髄バンク登録もそのついでにした。登録はしたけど5年くらい音沙汰はなかった。

適合のお知らせは、オレンジ色のでっかい封筒で送られてきた。

「あ、これ、いつもの骨髄バンクニュース送ってきただけじゃないな」ってすぐにわかった。

==

ここから先、■は個人的にめんどくさいこと、★はマジでデメリットだなって思ったことですので、面倒な方は■は読み飛ばしてください

==

提供する意思骨髄バンクに返信するまで

最初に返信する書類の多さにもうめんどくさくなる

患者さんに提供する骨髄液だから健康面について聞かれるのはしょうがないなと思いつつ、読むだけでも結構多い。

貧血最後になったのはいつか」とか覚えてない。己の記憶力のなさが憎い。

はいえ、基本的健康優良児なのであんまり気にせず進む。


■当たり前だが親から許可めんどい

家族同意必要なので、親と話し合う。母親がメッチャ反対する。まぁでも「反対された」っていうのは、それだけ大切に思ってくれてるんだなと思い、なんだかありがたい気持ちになった。両親ともに「いいよ(適当)」だったら嫌だったかもしれない(し気楽だったかもしれない)。


■当たり前だが会社にも説明しなきゃいけない

一応正社員で働いている身としては会社への説明責任があるわけで、上司はとばして突然社長に直談判した。

社長めっちゃ理解があり、爆速許可下りた。

でも許可下りたのは繁忙期じゃなかったからだろう。

==

提供する意思が固まってから

弁護士同席で説明を受けてハンコを押す(親同席)

家族の同席必須なので、父親に頼んだ。うちの父は自営業なので時間が取れたが、平日のクッソ昼間に社会人2人が病院に出向いて説明を聞いて、弁護士の目の前でハンコを押す。「弁護士とコーディネーターがうちの近くに来てくれるんじゃだめなん?」って思った。医師必要からしょうがいか



■使っている薬の申告をする

これもしょうがないとは思うけど、提供前にちょっと風邪ひいたとか、目が疲れたとか、薬を使うときは「これ使っていいですか」って連絡しないといけない。時間時間だと「明日にならないとわからない」ってなった。「とりあえず使ってもらって、だめだったら明日中止させてもらうかも」っていう対応だった。私はセーフだったが、安くないお金を使って薬を買って、それを1回しか使えなかったってパターンもあるんだろうな。



検査血液を抜くために会社中抜けをする

これは入院前にもっとも面倒だった。先生が緊急手術で不在の時、時間通りに行って1時間待ちとかね。必要な骨髄液の量が多いと、事前に血液を抜いておいて、手術中に戻すための自己血が必要なのよ。他人の輸血だと、献血できなくなるしリスクも高いからね。わかっちゃいるが面倒。


旅行死ぬ

実は手術前、友達スカイダイビング付きの旅行に行く計画を立ててた。

でもけがリスクが高すぎるということで、(遠回しに)スカイダイビングをやめてほしいと言われた。正直、骨髄バンクキャンセル代は払ってほしかった…


==

入院・手術

パジャマ代は実費

手術や入院費は患者さんの保険負担だが、パジャマ代は実費負担だった。何だか知らんがパジャマが1回300円以上する病院だったので、家から持ってきてもらった。普通病院って1着80円とかじゃないの?

全身麻酔とその副作用

人生初の全身麻酔をした。麻酔か、事前に飲んだ薬の影響下はわからないが、手術後吐き気がとまらず、おなかはすいているのに食べたものは全部戻す状況に追い込まれる。これが一番きつかったかもしれない。

■個室ではない

場合によるんだけど、私は4人部屋だった。目の前の入院患者さんがずーっとうんうん言ってて、なんか不安になった。

パケット死ぬ

暇つぶしスマホと本しかないが、本は読み終わったのでスマホゲーに移動。wi-fiとんでないので、パケットが死んだ。はじめて通信制限くらった。次回から3DSを持ち込むことを誓った。

===

退院後とそのほか

お金はもらえない

みんなが骨髄提供を嫌がるとしたら、これが最大の理由ではないだろうか。

入院をし、会社中抜けし、「名前も顔も知らないだれか」のために健康な体の背中に穴をあける。これだけのことをして報酬がないのだ。

ほぼないとはいえ死亡リスクもあるのに。

報酬ゼロ

ちなみに私は医療保険生命保険にも入っていたので、問い合わせてみたけど「病気治療のための入院ではないので入院給付金下りない」と断られた。

なんのための保険だよ!!!背中注射器6回刺されてるんだぞ!!!

(ちなみにだが、私の住んでいる市区町村は骨髄提供をした人への助成金があり、それはもらえた。総額10万以上非課税。骨髄提供を考えている人は、自分の住んでいる市区町村助成金をやっているか調べた方がいいと思う)


■お礼もあるかわからない

じゃあ骨髄提供をなんでやるのかっていったら、「自己満足人助け」のためだと思う。

人助け」ならこれでいいのかもしれないが、私は「自己満足」もほしかった。

なんで献血するかって言ったら「献血ありがとうございます!」の一言無料でもらえてお菓子が食べられて「いいことしたなぁ」って気持ちになりたいからなんですよ私は。リストカットするよりは健全血液の使い道だと思う。自己承認欲求の強いメンヘラオススメ

医者さんに「うちに入院してくれてありがとう」っていう一生聞くことがないであろうセリフはきいたが、

一番ほしいのはなんといっても「骨髄をくれてありがとう」の一言である

私には手紙が来なかった。

ご本人の治療がつらくて、文字が書けないなら、近親者の方が代理でもいいから、とも思った。でも来なかった。

手術後、私から手紙を出した。やっぱりそれにも返事が来なかった。

「なんのために骨髄提供をしたんだろう」と思ってしまった。

====

私には、2回目の適合通知が来た。

でも、今回はお断りした。仕事が繁忙期だったのが最大の要因だが、正直「提供先が(病気の再発等で)同じ人だったらやだな」って思ったのも事実だ。

ももう一回、適合通知が来たらその時はするかもしれない。

久々に行った献血で、「骨髄提供をしたんです」と言ったときに、お医者さんが「あなたがした最大の功績は、患者さんの家族の救いになったこと」と言ってくれたからだ。

骨髄提供を受けられないまま弱っていく中で、「適合する方が見つかりました」の声は、病室の時間を一瞬とめて、途端に涙であふれさせ、結果がどうであろうとも「最後まで治療をしてあげられた」という患者さんの心の支えになるからだ、という。

まぁ、それならいいのかな、と思えてしまったのだ。







====

2017/11/10 17:48

まりコメントの多さに驚いています。興味を持っていただきありがとうございます

あと、誤字脱字が多くてすみません

一番ひどいのは

最後まで治療をしてあげられた」という患者さんの心の支え

→「最後まで治療をしてあげられた」という患者さん【とその家族】の心の支え

ですね。前半の文章主語が違いますね。見逃してください。


から説明不足で、追加しておきたいことがいろいろ。

病院までの交通費は支払われます

いくらだったか思い出せませんが、「入院に伴うお金」は少しいただけますので、そちらでパジャマ日用品は買ってくださいとのことでした。3000~5000円だったかな?1万円はなかった気がする。まぁそれにしたってパジャマ高すぎる

手紙は、「もらえないかもしれないし強制もできない」ということも事前に説明されていました。理解したうえで「手紙しかった~~!!!」とダダをこねています人間としての器が小さくて…すいません。我欲を捨てられるように、来世の自分に頑張ってほしいです。


・あとみなさんが知りたいであろう手術について書くのを忘れてました。

なぜならあんまり痛くなく、尿道カテーテルのほうがよっぽどイラついたからです。

私は麻酔が効きすぎるタイプのようで、手術室に入った途端寝たからなんにも覚えてないんだなこれが。麻酔解けるのも予定時間を3時間オーバーしました。

退院日翌日には会社に行き、2週間後にはプールに行っちゃうくらい健康だったからです。参考にならず申し訳ない…


なので現金的な持ち出しはあまりありませんし、少しばかりプラスかもしれません。

なお、この骨髄提供を経て失った有給は持ち出しに加算したら大変そうですよね。融通が利く会社でよかったなとつくづく実感しました。おかげで私の有休消化率は110%です(未来から借りました…)





===

2017/11/16 18:13

こんばんは増田です。たびたび文章を長くしてすみません

あと、「つらつら」の使い方が違う、というコメント、ほんとすみません。恥ずかしいです。ご指摘ありがとうございます

さんざん愚痴っぽくなってしまったんですが、ブコメ等すべて拝見して、うれしくて涙が出てきました。

みなさんがこんなに褒めてくれるのに、なんで拗ねた態度をとってしまったんだろうと改めて反省しました。ありがとうございます


・傷跡について

お察しのとおりきれいさっぱりないです。2週間後のプールでも誰にも何も言われなかったです。

でも残ったとしてもあんまり気にしなかったと思います

まれつき背中にでっけぇアザがあるんですが、「お、あるな~~~」くらいにしか思わないので…。

あと、「人を救ったかもしれない証」が背中にあるってオタク的にはかっこいいです。ごめん私思考回路おかしいから…参考にしないでください…


この記事コメントくださった、「骨髄提供は最高だった」っていう方すごくない?この方こそ聖人君子じゃんって思いました。親にひどい目にあわされながらも人を恨まずに救うことにためらいがないって…すごい…器が違う…この方、もしもお子さんができたら「私を母親にしてくれた」って子供をすっごく大切にしそうだなって思ったんですが、結婚に興味なしなのか~~


後日談ですが、この記事かいたの友達にバレた(ちなみに、この子は私の2度目の提供に反対した。1回で十分じゃないか、と泣かれた。私より私を大切に思ってくれてる…。)新聞投書欄テレビ番組の「この話題を扱ってください」の要望欄に投げたと言われた。行動力ありすぎかよ。

P.S.

ごはんをおごってくれるとかいて下さった方、日本中のおいしい茶わん蒸しのお店を書いておいて。行くから

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん