「お菓子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お菓子とは

2018-08-16

モノをくれる人

誕生日でもないのに洋服くれたり、お菓子もおすそ分けを超えたレベルのモノをくれたりする人がいるんだけど

からの贈り物じゃなくて引け目があるからモノでごまかそうとしてる感があって怖い。

嫌われないように必死みたいな。

これだけあげてるんだから私のこと全部受け入れてよね!っていう脅迫に感じる

ただのプレゼント好きならありがたいけどね

2018-08-15

今食べても美味しい駄菓子

先日出張東京上井草駅に行った。

から少し歩くと駄菓子屋があったので、フラッと入ってみたら懐かしさで胸が破裂した。

仕事用事別にしたことはなく、なんならメールで済ませられる内容だったが、旅行がてら来てみた。

上井草なんてローカル場所行ったことも無かったし。

前置きが長くなったが、私はその駄菓子屋駄菓子を買い込み、宿泊先のホテルハイボールを飲みながら今食べても美味しいか検証してみた。

また見あたらなかったものは後日近所、ネットで探して購入し食べた。

【今食べても美味しい駄菓子

かばやき太郎、酢だこさん、焼肉太郎カルビ太郎等々

→非常に美味い。科学的に美味い。これは今も全然食べれる。かばやき太郎は30個入りを買ってしまった……。

酢漬けイカ

プラスチックの容器に入っている棒に刺さっているイカ。コレは他にもカツとかノシイカとか色々あって実に美味い。

これも大人買いしてしまった。

おやつカルパスチーズ

ハイボールつまみに最適。10円という最強のコスパを誇る。

BIGカツ

→久しぶりに食べたが、こんなに美味しかったとは。

よっちゃんイカ

よっちゃんイカ一年に数回食べている。駄菓子マスターピース(息子に教えてもらった言葉)。

フライドポテト

→正直現時点でお菓子第一位。このサクサク感と塩味ハイボールのお友達である

きゃべつ太郎

→こんなに美味しかったっけ?

さくら大根

→これは子供の頃大嫌いだったけど、今食べたらもうただのおつまみ。味がケミカルなのは気にしない。

すもも漬け

→これも子供の頃大嫌いだったけど、今食べると美味しい。

汁は焼酎に入れて炭酸で割った。バイスサワーそっくり

などなど美味しかったものばかりでキリが無いのでここらへんで。

大人になった今食べて無理だと感じたのは粉末のジュースのみだった。

アメリカンコーラは今はもう飲めない。

歯並びにお金をかけるべきかどうか

20代半ばの女。前歯のうち一本が手前に飛び出してる。

虫歯治療でいま歯医者に通ってるんだけど、セラミックの詰め物一本で5万から13万とかかかる。それが3本なので30万前後か。

なんでこんなに歯に時間お金をかけなきゃいけないのか…と思うと辛い。

健康なら本来かけなくていいはずのお金なので。

頑張って歯磨きしても虫歯になるので、体質か何かもあるのかなあ?という気がしてる。

同じご飯を食べて同じようにお菓子を食べて育った弟はほぼ全く虫歯がない。

で、

今通ってる歯医者矯正歯科はやってない。

矯正、やろうと思うと2年間と100万円とかかかるらしい。

うーーーーーん。どうなんだ。

いま20代半ばなので、矯正終わる頃には20代後半か…。

ってか100万か。

女ではあるけど、お世辞にも可愛いと言える顔では無い。

でも彼氏は居る。

なんだろ……マジで絶対無理なブス、では無いけど、地味顔で、静止画ではなく動いているところを見る分には若干愛嬌があるか…?ぐらいの顔である

そんな女の顔に、というか歯並びに100万かける価値とは一体…。

まあ審美性だけじゃなくて、歯並びが悪いと肩こりや顔の歪み…なんかにもなってしまうらしいのでいいに越したことことはない。

うーーーーーん。うーーーーーん。

2018-08-14

anond:20180814111854

障害児が障害特性で別の子お菓子を食べたり殴ってしまっても、相手障害児なら

「他害しちゃってゴメン、でも特性から許して」で許してもらえるかもしれないな

2018-08-13

anond:20180813145826

残念だか騒がないからといっていい会社入れるわけでもない。

今の起業家子供の頃騒ぐ子供でなかったわけでもない

が、うちの子も騒がない。ファミレスでも座ってるし席立たないし、電車でもお菓子なんか与えなくても座ってる。

ので、育て方が甘いというのは同意

やっぱ可愛いんだよなぁ

先輩の気の抜けた顔はやっぱ可愛いんだよなぁ

残業中にお菓子もぐもぐしてるのも可愛い

その瞬間、電話が来て、慌ててモゴモゴしてるの見ちゃって、可愛すぎて癒やされた

あー、もっと話したいけど話題ないしなぁ

先輩かわいいから、いっつも周りに人がいて話すタイミングすくない

この前話そうとしたら「なに?今それ関係なくない?今忙しーの、あっちいって」とか冷たくあしらわれて泣きそう

でも、「朝日忙しくてイライラしちゃった、ごめん」とか笑顔で言われてモヤモヤ

部署の配置換えする前は「こいつうるさいな」ぐらいでなにも思わなかったけど、離れると寂しい

飲み会とかで雑に扱わないで、話しておけばよかった

事務的に話してくれればいいのに、先輩初めての後輩だったからなのか、タメ口で話してくれるからお姉ちゃんと話してるみたいで落ち着く

たまに「もっとしっかりしなよ!」とか叱られるけど

先輩ガツガツ働いて気が強くて、のんびり屋の僕と性格とか合わないしなぁ、でも、可愛いもの可愛いんだよなぁ

なんでいまこんなこと思うんだろうな

カノジョに振られたからかなぁ、はぁーおんなのこ…

anond:20180813145826

異常に(増田の言う通り恐ろしく異常に)騒ぐ子に特別ケア必要なのは概ね同意するけど

電車の中で何かを食べさせることなんかない。

たとえば電車の中で見かけるのは乗り込むなり親がなんか食べ物与えてるようなパターンね。

子供が欲しいとも言ってないうちに食べさせて黙らせてる。

子供おかし取引価値観を身につけるし、ごほうびがなかったら静かにしないどころか不満もつようになるし、

電車の中で物を食べるのは行儀悪い」という価値観も身につかないし、歯にもよくない。

子供に何かを与える増田言うところの「取引」を否定するのはちょっと焦燥な気がする。

親が楽をすることは別に悪ではない。

の子は偶々機嫌が悪い時なので、そう言う時はお菓子を与えてるかもしれないし、

楽をした結果、悪い方向へ育つのはそれぞれの家族責任だよなあ。

生存者バイアス増田たまたま必要性が無かっただけで、そう言う親子間の機微を伺ってうまくストレスを躱してるだけかもしれないぞ。

わざわざそこに口出すのは大きなお世話しか言いようがない。

コンビニ馬鹿にされる子供の話

私はコンビニで働いているのですが、コンビニというのは色んな客層の方がきます

今回来たのはおばあちゃんとその孫と思われる小学生くらいの子供でした

子供は髪を明るく染めていて商品を選びながらおばあちゃんに「そんなわけねーだろ」なんて口悪く話している子で

一つ30円ほどのキャンディーお菓子売り場でガサゴソと抱えて数種類、20個ほど持ってレジにきました

おばあちゃんが出したお金が少し足りなかったのでそのことを指摘すると子供の方が「そんな高くなくね?」「他の店でそんなしねーけど」なんて言うのでレジで打った個数を確認して説明、あと一つだけ減らせば買えることを説明したのですが

子供は1種類数個をぐしゃっと抱えて戻そうとしま

棚にグシャグシャに戻されては面倒だと「戻しておきますよ」と言うも無視して棚に向かいます

参ったなぁと思いつつ会計を済ませようとしたところで

あんた首かしげたでしょ?馬鹿にしてるの!?」とおばあ様の方からお叱りが

自覚はなかったのですがついそんな所作をしてしまっていたようで

「失礼しました」と謝るも「馬鹿にするんじゃない」と続けてお叱りの言葉

それだけなら(厄介な客だ)と思うだけだったのですが、その後に子供が言った言葉が衝撃的でした

「いつもそうだよ、どこに行っても馬鹿にされる」

教師ドラマで聞くようなセリフに思わずハッとしました

(そうか、私は今この子にとって『不当に見下してくる大人』になってしまったのか)と

かに私はその少し柄の悪い子供を(なにか悪さをしないか)という目で見ていました

しか首をかしげたのも不意に行ってしまった仕草で決して馬鹿にするつもりはなかったのです

しか子供言葉を聞くにきっとどこのコンビニでもそういう扱いを受けたのでしょう

同じようにお叱りを受けたであろうどこかのコンビニ店員に同情しつつ

しかし、そう扱われてしまう原因はこの子供にもあるのではないかと思いました

はい子供にはそんなことはわからないでしょう

きっとこの子は(どこにいっても大人馬鹿にしてくる)と思いながら過ごすのかと

そう思うとこの子供がとても可哀想に思えてきました

もう少し振舞いを丁寧にすればそう見られることもないはずなのです

それでもこの子供にとっては、社会大人というものがみな(悪意をもって見下してくる存在)になってしま

もちろん自分事実、この子供を見下してしまっていた部分もあるのだと思います

しかし、ほんの少しレジコミュニケーションが取れればこのお互いが不快になることはなかったのではないか

なんとかそれをこの子供に伝える術はないもの

その二人が去った後もしばらくそんなことを考えてしまいました

私にはなにか改善すべき点や、できたことがあったのではないか

の子は今後もずっと不当に見下されてると思いながら過ごしていくのだろうか

時間の経った今でも悩んでいます

食べるものが水と野菜ジュースお菓子しかなくて一日ごろごろしていたら具合が悪くなった

頭とかくらくらするっていうかぼんやりするっていうか

夕方カップ麺を発掘したので食べて 布団に居ても体が冷えるのでホッカイロポケットに入れていたら今になってだいぶ落ち着いてきた

かいものの大切さを感じた

2018-08-11

anond:20180811205243

いい返答ですねェ!

しかに、山と里が一緒になったアソートパックなる悪魔商品もよく売られている。

それを考慮すると、言うほどきのこ派たけのこ派に断絶の実態はないのかもしれない。

ただ、派閥性を生む程度の違いがあることは確実だ。

なおかつ、それをネタ化するのに適した「お菓子」というポジションであるのも大きい。

よって、ネットのようなバーチャル世界上の勢力図においては、

実態以上に、エアきのこ派・エアたけのこ派とでも言うべき、水増しされた虚構武装集団がいるという事だろう。

anond:20180811143618

夏コミよ夢に見し夜ぞいまは遥けき

※帰りの新幹線お菓子食べながら戦利品をこっそりチラ見する夜なんですけど

s谷さんのハムスター

実家マンション暮らしで、たまに近所づきあいがある。

小学生の頃、真下の階に住んでいるs谷さん(70台後半)に、妹と一緒に家に呼ばれて中で話を聞き、お菓子をもらって帰ってくるイベントが時々あった。s谷さんはとても親切で、足が悪いために手押し車を押して歩いていて、くれるお菓子賞味期限が切れていることがあった。今思えば、三兄弟の走り回る音によく耐えていてくれていたうえ、さらには可愛がってくれる聖人であった。

s谷さんの話はほぼ覚えていないが、なんとなくいごこちの悪い家に5匹程度のハムスターを飼っていた。s谷さんはそのハムスター達を放し飼いにしていた。さっきグーグルで調べたら上級者には可能らしいが、当時の私達には衝撃的であった。ケージを開けはなち、居場所を訪ねても「冷蔵庫の裏におるんかな?」と説明され

ハムちゃんずはほんまにおったんやと妹と興奮していたが、何回訪れてもハムスターを見ることはできず、s谷さんは引っ越しいかにも嘘っぽいエピソード友達にもふーんとか言われた。全ては幻だったのかもしれない…

anond:20180811154034

グルテンフリーなら勝てるよ。

米粉お菓子とか、豆のお菓子とか山ほどあるもんね。

ところてんとかなら、糖質オフかも。

確か昔は、お砂糖自体が高価だったので、お砂糖をふんだんに使ったお菓子が良しとされてたとかなんとかきいたことがあります

2018-08-10

初めてamazonレビューを書いた

地元しか売ってない美味しいお煎餅がある。無性に食べたくなってamazonで買った。

久しぶりに食べたらやっぱり美味しくて嬉しくて初めてレビューを書いた。

なんかこう、好きなお菓子(やや高い)を大箱で買って、今、ああわたし大人になったなあ。自分の力で働いて稼いで好きなことに費やしているのだ…とすごく満足した気持ちになる。

果物カロリーの低さについて

こんなに甘くておいしーのにお菓子よりヘルシーでうれション

anond:20180810131157

変な例出してすまんかったな。

考えてみると「お菓子大好き」とか「ご飯毎日食べる」みたいな会話自体したこと無い事に気がついた。

3歳児とかに「好きな食べ物は?」って話かけたら「お菓子大好きー!」って言ってくれるかもしれないが

それ以外ではありえない例だよな。

ありえない例だから、ありえないほど話してしまったのかもしれん。

元はと言えば

お菓子大好き」→スナック菓子煎餅チョコレートマシュマロ

毎日ご飯食べる」→白米?パン蕎麦ソーメン

「肉が一番好き」→牛肉豚肉?羊?鴨?

こんな例を出した増田が悪い。馬鹿なのか?

お肉が一番好きって、たぶん「肉と魚と野菜、どれが好き?」って聞かれないとその答えにならんだろ。

毎日ご飯食べる」の答えになる質問が思い浮かばいから怖いわ。

なんだったんだこの増田は。

anond:20180810125620

かにそんな気がしてきた。

考えてみると「お菓子大好き」とか「ご飯毎日食べる」みたいな会話自体したこと無い事に気がついた。

だいたい「この前ロッテから出た○○知ってる?ちょっと高いけど美味いしパッケージが秀逸。」みたいなピンポイントが多いんで、漠然とした好みをする(存在しない)相手否定していたのかもしれない。

何より、アイスの話で始まっているのに、BLだの釣りだの意味不明ジャンルにまで展開させた君に敬服するよ。

anond:20180810121403

そもそも、これはそこまでこだわる話じゃねーだろ。

お菓子全般好き~!」って言われたら

単に「俺はこれが好きだな~」って話に持っていけば良い話。

いちいち「どのタイプお菓子?」とか面倒くせぇよ。

大体好きで、嫌いなもの特にいから、お菓子と言うジャンルが全て好きなんだろうが。

さすがに、BL好きと言っておきながら特殊BLのみとかだったら先に細かく言えよって思うかも知らんがな。

趣味釣りです」って言って、「海ですか?川ですか?ブラックバスですか?」って面倒くせーよ。

「俺も釣り好きで、最近キスとか釣ったんですけど、何を釣るんですか?とかだろ。面倒くせー。

anond:20180810120201

そもそも、その答えになるような質問をしたお前がクソだろうが。

スナックチョコ煎餅大福餅も好きって事?

そんな総称対象にした嗜好について語るような会話自体そもそも無意味

「俺○○っていうチョコ好きなんだが、お前はどう?」とか「逆に、嫌いなお菓子ってある?」とか普通に話広がると思うが

トークスキル無さすぎだろ。それとも極端な面倒くさがりか?

あとね、俺だったら面倒くさそうなお前と話したくないか

わざと総称言うわ。話広げたくないですアピールのためにな。

anond:20180810115126

お菓子全般大好きだったら、何ていえばいいんだよ。

面倒くせー奴だな。

anond:20180810111738

そう、それ。あるある

似た例が数多ある。

2018-08-09

別に不公平とか差別だとか言うわけじゃないけど

職場で客からお菓子などの差し入れがあった時、女性社員から優先的に配るという謎ルールがあってなんとなく腑に落ちない。

女性ならお菓子を喜ぶと思ってるの?

それともレディーファーストしてるつもりなの?

私は普通にしているのだけれど、

よく『無性愛者』と言われる。

それから、長年の友人に『サイコパス』と吐き捨てられたこともある。

私は今年27歳の女性だが、結婚恋愛も興味がない。

SNSなんかでみんなが面白おかしいことを呟いているのを見ていると、それなりに笑うことができる。笑うのは免疫力高まるので良いと思う。

同じ場所に行くこと、同じ食事をすること、同じ遊びをすること。

ヒトに時間を割くこと、と言えば早いだろうか。

そういうことに魅力を感じないし、同じ趣味職場で知り合った人でも、時間を共有することは寧ろ苦痛だ。

「一緒にランチどう?」なんて言われた日には「昼休憩中に郵便局に行かなきゃいけないんで」と逃げる。二度目は通用しないので、奥の手だけれど。

別にその人が生理的に嫌とかそういうのはない。実際に声をかけてきた人は仕事普通くらいにできるので『職場の人』としては構わない。

私は実家を出て他県から上京した身なので「今度遊びに行かない?」なんて気軽に約束するような友達もいない。

職場の人と遊ぶなんてこともない。

お金を使うのは趣味収集やそれらの撮影に関する費用、あとは生活費だけ。

最初に無性愛者と言ったのは若い上司だった。私が22歳だかそこらのとき

私のそういった生活を知っての発言だと思うけれど、その人はもう500km以上離れた他県の部署に異動になったので真意は知らない。

別に犯罪歴なんてないけれど、調べてみると犯罪を起こすサイコパスというのは少数だそうな。

まぁ私には趣味があるし、楽しいことはまだまだあると思うので、犯罪を起こして人生に支障をきたしたくない。

(ヒ頁してやろうか)と思うことはよくあるけれど、前述の考えから事件には至っていない。

(正しい漢字で書くと規制とかあるのかな? 一応、某大型掲示板みたいな表記にしておく)

周りが上手く動いてくれなくなっても困るから、口にも出さない。


………そういう秘めた感情は誰にでもあって当然なのだと思っていたのだけれど、どうも違うらしい。

ヒトは、仕事で不遜な客がいても(コイツの家や個人及び家族特定する情報なんて私は閲覧し放題なのに、なぜこんなにワガママ放題なのだろう)と思わないらしい。

ヒトは、話しているときにポツリと漏らした情報を詳細に記憶しないらしい。

最寄りの〇〇駅から徒歩3分、東に大窓があるせいで朝日が眩しすぎて目覚ましより先に起きてしまうほど日当たりの良い、この前買った花柄カーテンがかかってる家って言ってたよね。

と言えば「なんでそんなこと覚えてるの?」とドン引かれてしまうので、言わないけれど。

趣味のほうで、目の前で欲しかった一点ものを奪われたことがある。

整理番号20番台、身長170cmくらい、痩せ型、紺に近い青の半袖Tシャツ、細身の黒いパンツ、黒縁メガネをかけた色白の20代後半~30代前半の男性

今でも脳裏に焼きついてる。

後を追いかければよかったと後悔したことも何度か。

他社からお菓子差し入れがあったときは嫌いなものを避けるとか、逆に好きなものを置いておくとか、しないかな。

そういうのもサイコパス、あるいは〇〇性パーソナリティ障害とかそのへんの特徴だと書かれていた。

ゲーム感覚』と書かれていて、まぁ納得することもあったけれど。

なんだろうな。このお菓子とこの人間の表情を合わせる、的な。その程度なんだけれど。


私は普通にしているだけで、というか今でも普通だと思ってる。

ただ困ることがあって。

たとえば私がやってきた仕事を、休みの間に勝手に書き換えられていて、それが仕事としてなんら問題なく、そのヒトが忙しい中で時間を割いてくれたという善意だったとして、頭の中が(ヒ頁してやりたい)でいっぱいになる。

私は右半身と左半身を動かす回数が同じじゃないと気が済まない(右の二の腕筋肉を3回収縮・弛緩させたら、左の二の腕筋肉も3回収縮・弛緩させないと落ち着かない、とかそういう感じ)のだけれど、何回何十回、手も腕も脚も足も、指や舌もまぶたも、どこをどう動かしても落ち着かないくらい。数は合っているのに。

それが善意だろうと私にとっては悪意に等しくて、邪魔をされたことに他ならなくて、余計なことをしやがって!って感じ。

仕事として問題があると、上の部署の偉い人にメール送っちゃうくらい。

会社がみんな仲良くしようね^^って感じなので、突然のメールは全く気にされないので有難い。

もちろん「ヒ頁してやりたい」と言ってしまえば私は社会的地位を失うので、口に出したことはない。ただ帰り道、脳いっぱいに(ヒ頁してやりたい)が詰まって、とりあえず帰ったら晩ご飯材料鶏肉冷蔵庫から取り出して、思いきり叩いてみている。

この音は好きだけれど『エロゲの肉と肉がぶつかり合う音はまさにこうやって収録している』と聞いてから微妙気持ちだ。

私は人間の体温を感じることが嫌いだから性交渉どころかイマドキでいうハグなんてもってのほか診療くらいはまぁ平気なんだけれど。なんて余談。

まぁ鶏肉が少しでもやわらかくなってくれれば一石二鳥と思っている。

困ることというのは、私にとって普通ことなのに、なんで我慢しなきゃいけないのだろうってこと。

私もあなた本音があって、なぜ私だけ我慢しなければならないのか。

脳がいっぱいになっているとき、もう我慢しなくてもいいじゃんって思っちゃう

別に何かしたってバレなけりゃ問題ないじゃん。

バレなかったから静かに終わったものだっていっぱいある。

失敗しても一人ひっそりリカバリーして、結果的にバレず成功扱いになったこだってある。

そんなもんでしょ?

みんなそうだと思ってたんだけどな。

どうもそうじゃないらしい。嘘でしょ?

「どうして殺人をしてはならないのか」という質問に対して「法的に問題があるから」とか明確な理由づけより先に『本能的に「ダメだろ」って思う』って、そうなの?

今回この長ったらしい文章を書いたのは、言いたいけれど突然それだけ言ったって何が何だかからないだろうし、匿名で書けるならついでに世間一般で言う一般的なヒトに不満も述べてしまえばいいやって思ったから。

私のこと普通じゃないって言う方々へ。

本音で話したらどうなるか、想像は容易だ。私の人生面白おかしくあるために、言ってはならない。理性ではわかってるのだけれど、でも、どうしようもなく言いたくなるときもある。

「ヒ頁してやろうか」って。

そんな人間一般ヅラしてあなたの隣に立っているので、とりあえず、静かにしてほしい。

長くてゴメンネ。


ああ、確かにいま、謝罪気持ちなんてなかったな。

追記

言葉足らずだった。ヒ頁せるなら誰でもいいって思うのも困るところだった。

2018-08-05

同人イベントに参加するのが怖くなった

どこかに吐き出して自分気持ちを整理したかった。

半分愚痴になる。そしてまとまりもない。

自分はしがない同人屋だ。ジャンル女性向け、ピコ手サークル

目立つのは苦手、ついでにいってコミュ障

それなのになんでイベントに参加してるんだ?って自分でも思うけれど

自分作品を人に見てもらいたくて参加している。

今のジャンルに来てからオンリーを中心にイベントに参加するようになった。

ジャンルまではずっとマイナー作品活動していて、小さいイベントしか

参加したことはなかった。今は結構人口が多い方になる。

いつものようにイベントに参加した自分は、とある女性と知り合うことになる。

(仮にAさんとする。年齢は自分より年上、活動ジャンルには珍しい層である

それまで軽く話しかけてくれる人はいたが、その人はかなり

お喋りが好きなようで、サークルの前で随分長い間喋っていた記憶がある。

内容は世間話9割、作品感想1割だったような気がする。

内容ははっきりと覚えていない。やたら喋る声の大きい人だな、と思った。

それからそのAさんは毎回サークルに来るようになった。

初めは「すごく喋る人だな」って思っていたが、回を増すごとに

喋る時間は長くなり(相手ほとんどしゃべっていて、自分は相槌を打つくらいしかしていない)

サークルの前に居座るようになっていた。

といっても、他に人が来たらどいてくれる。その辺は気にしてくれていたと思う。

自分の作った本に関してはかなりべた褒めしてくれる、正直言って怖い位に。

褒められて嬉しくない訳じゃない、だけど本当に怖い位褒めてくれる。

(ちなみに自分は褒められなれていない)

話も長くなっていったが、それに合わせて差し入れの数も増えていった。

初めは普通にイベントで知り合いなどに配る程度のお菓子とか、そんな感じだったと思う。

それがどんどん高価な物になっていき、流石にもらうのも気が引けるし、

自分も毎回「前回のお返し」を購入、前回頂いてしまったのでと渡していた。

自分の本をお返しに渡そうとするともらえない、お金を払うといって受け取って

もらえなかったので毎回お返しを購入して持参していた。

ここまでだと、よく喋りに来てくれる女性だけど彼女はそうじゃなかった。

世間話の内容も、最近あった出来事からだんだんと身内の愚痴ジャンル

推しカプの話になっていた。

ちなみに自分は腐ではない。(カプについて偏見はないけれど特別好きなわけではない)

眠いから続きは今度書く)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん