「実用」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 実用とは

2018-10-22

北風と太陽

北風と太陽っていう童話があるけど、これって結構芯をくった話だと思う。

というか、実用性が高い。

なんか人に特定の行動をさせたいときに、強く避難するのではなくて行動して気持よくなるような、例えば丁寧にお願いしますって言うとかするだけで結構うまくいく。

2018-10-21

いか、よく聞け。日本人ども、これがラストチャンスだ!

日本量子コンピューター2020年までに実用化し、国民全員に配布せよ!

敗戦国日本戦勝国アメリカから独立するための唯一の道は、日本人が地球で最高の知性を獲得する以外にはない。

道具として必要ものは「量子コンピューター」だ。

開発に国家予算の全てを注ぎ込んでもいい。

いか?今度は失敗するなよ?

量子コンピューター特許取得、コモディディー化で遅れをとったら、チャンスは2度と巡って来ないだろう。

 

日本敗戦原因

アメリカ日本の500倍のリソース(人・モノ・金)で原爆を開発した。

日本ドイツ原爆開発研究を進めていたが、一番乗りはアメリカ亡命したユダヤ人科学者たちだった。

日本が先に原爆を開発してホワイトハウスに打ち込んでいれば、アメリカ降伏していただろう。しかし当時の日本人にはそれができなかった。

 

当時の大本営天皇軍部は何をやっていたのか?

日本国民から鍋や釜などの金属製品を供出させて、大和武蔵などの大型戦艦を作っていた。

WW2は海戦勝負がつく時代ではなく、航空戦に移行していたが、時代の推移を見誤った。

その結果、大和武蔵はすぐに撃沈され、広島長崎原爆を投下されて、日本は完全無条件降伏連合国軍に負けた。

終戦直前に、日ソ中立条約を裏切ったソ連にも蹂躙され、北方領土を奪われた。

 

日本未来のために、ハッキリさせておこう。

残念ながら、当時の日本人はユダヤ人よりも知性が低かった。(今は? 今は当時よりも酷くなって、敗戦国日本人は痴呆に改造されている)

 

量子コンピューターを征する者が、次世代世界経済を征する

 

今がラストチャンス

その他の技術は目くらましだ。(ないよりはあった方がましだが、優先度が違う)

幸い、日本科学技術は、量子コンピューターの開発で世界最先端を行っている。

 

75年前の原爆開発レースでは、日本アメリカに負けた。

今回は、日本欧米の1000倍以上の国家予算を投入して、量子コンピューター開発の先駆者とならなければならない。

今の日本人は、首相をはじめ官僚技術音痴ばかりで、時代の推移を見誤っている。

同じ失敗を繰り返すのは、愚の骨頂と言わざるを得ない。

日本人はこの増田を読んだら、量子コンピューター実用化、電子通貨の改良に全力で取り組んで欲しい。

 

これ以上遅れたら、日本欧米中国の後塵を拝するだろう。

100年後には、日本自動車産業も衰退しているだろう。

日本国民はこの増田ブックマークして、忘れないようにいつも見返して欲しい。

2020年までもう時間はない。

 

日本地球未来栄光あれ!

https://anond.hatelabo.jp/20181021093430

現代アートが切り捨てたのは大衆的な部分じゃなくて、芸術的な部分では?

例えば、美術館という文脈便器を置けば芸術になるのであれば芸術性なんて形式的ものにすぎないよねと問うのが現代アート

裸婦画がポルノと同じ実用品として消費されないように、大衆だって芸術らしさぐらいは感じ取ることができる。

一般の人が現代アート理解できないのは、それが芸術からではなく、芸術では無いものであろうとしているものからだ。

anond:20181021094859

補足だけど数億円もするようなアート作品って「金持ち税金対策の為に購入する実用品」として大いに役に立っていて、理解しがたいアート作品って、貧乏人には役に立たないもの代表みたいに思えるけど、金持ちからしたら生活の役に立つ紛れもない実用品なんだよ。もしもそうでないとしたらそれでも難解な現代アートに今までと同じ価値があるのかというところには興味がある。

2018-10-19

Play Storeってなんであんゴミなの

Andorid 1.6の頃から手元の端末でPlay Storeが実用的に動いた試しがない。Apple App StoreMicrosoft Storeはちゃんと動くのに。

なんでPlay Storeだけあんなに異様に重くてすぐクラッシュするの?

anond:20181017234055

こと漢字の読み方に関しては、人それぞれ癖になっちゃってる場合結構あると思う

誤った読み方だと分かっていても、音として読み上げやすいとそっちを声に出してしまう事は割とある

文章原稿を見ながら話す場合でも、読み間違える人は少なくない

まして視聴者の反応を見ながら会話する場合は、素人ミスをしない方がおかしいくらいに思った方がいい

大抵の人は緊張するだろうしね

また、その人が暮らしている地方方言での独特の読み方というケースもある

標準語で、不特定多数に対して、流暢によどみ無く、かつ誤用もせずに話す事は、話す為の訓練をしていない人には難しい

Vtuberの様なものが今後も続いていくとしたら、こういった部分をリアルタイム修正する仕組みが研究されていくのではないかと思う

こういった技術実用化されたら、会話が困難になったお年寄り介護などの他分野にも応用できると思う

逆に純粋意味でのアナウンサーという職業はなくなっちゃうかもね

anond:20181018093010

優れているのはオリンピックエンブレム機能としてであって、それと切り離して評価はできんよ。エンブレムとしての機能性、実用性があってはじめて良し悪しが言える類のもの

2018-10-17

anond:20181017165840

まー実用性のあるところには美しさはあるよ

会社パソコン私物も認めて欲しい

セキュリティ対策についてはお金を使うのが許されているので、次から次へと処理が重たくなるのだが、

パソコンの性能は一向に良くならない。

置き換え時期になったら、コスト削減でより実用性もなく、性能も悪いパソコンになる。

BYODが一時期話題になったが、結局下火になってしまい、Outlookメールを見るだけでも固まる。

IEも表示が遅い。VisioMS Projectも重たい。

スマフォも2年で買い換えるが会社と家の行き帰りだけなので正直使えない。


うまい仕組みはないものだろうか。

ディープラーニングで何かやれと言われてもGPUもない。

中国の変化凄いが、このあたりどうなっているのだろうか。

2018-10-16

肉球認識技術実用化されてないの?

時々うちのイヌが外に締め出されてしまうことがあって、

イヌでも開けられるドアがあるといいんだけどな。今、どれくらい開発が進んでいるんだろう。

ポチっと肉球で押すとドアが開くやつ。

もちろん自分が知らない強盗イヌ押し売りイヌ宗教勧誘イヌが入ってきたらマズイので本犬確認をして欲しい。

anond:20181016112629

実用から考えればあのエロ漫画読み放題に決まってるだろうがぁ。

2018-10-15

イノベーション起業というのはわからないものから新自由主義が宛にする。

新自由主義は、ケインズの知見を意味もわからず取り去って、自由にしたらうまく行く、以上の意味もない。

恒常期待仮説を元にした国債破綻トリクルダウンマンデルレミングによる公的投資の増大による金利の上昇も起きなかった。

一つ一つの理論は当てはまる場合もあるかもしれないが、企業の強い資金余剰の前にはあまりにも無意味だ。

ただ、なぜその企業資金余剰が起きたかといえば、貸し剥がしフリーハンド法人税減税。資金余りの原因として、累進所得減税。金融分離課税もいれておこうか。

よって不景気を30年創りだした。

資金循環ガン無視で、ほっといたら金を貯めこむところに溜め込ませたら不景気になるというのは自由主義時代産業革命以降1920年以前の思想)の焼き直し。

自由主義時代と一点違うことがある。それはイノベーションという思想が生まれたということだ。それ自体は良いとは思っている。

ただ、どこから誰が起こすかは全くわからない。そのわからなさ故に、叫べば生まれてくるとおもってるのだろう。

新自由主義時代イノベーションなんて叫べば願いが叶う以上の意味しか無い。もはや洪水に人を殺してボンボン投げこめばイノベーションというのが生まれるようにすら思える。

具体的に金の流れをどうするか考えず、かつ、イノベーション必要リスクをとれるのは誰か?というのを完全に無視しているから。

だがイノベーションというのは結局のところ新しい知見で新しい商売が生まれた以上の意味は全くない。

実際創業率は経済成長率と強い関わりがある。創業なんてただ会社を起こしただけだから指標としては弱い。

しかし、それでも第一段階の創業をするという点でも元々の経済成長率を新自由主義の基では鈍化させるから起きなくなる。

これだけイノベーションだ!とさんざん騒いでもね。むしろ起業すると地獄を見るのが知れ渡ったから誰も起こさなくなったというのが正解だろう。

叫び声なんて、それが故にどうなるかというのが何年も積み重ねれば嘘だとバレる。

まあ、これはアカデミックポスト志願者数についても言える。ある程度の競争主義必要だが、競争と、実際得られるポスト比率の調整は必須だ。

ましてや競争資金だよりでポストの数は全く増やさないというものでは一方的アカデミックポスト志願者が減るのみだ。

新しい知見を作るのに時間がかかることもある。それは企業ベンチャーキャピタルでは耐えられないリスクマネーが必要になる。

企業ベンチャーキャピタルとかはすでに投資対効果が見えるものしかさない。とすると、もう理論が完成して、2,3年でうまくいくようなものしかさない。

大学の基礎研究としてやるぐらいしか選択肢は無いだろう。

近年目立ったイノベーションというのは免疫チェックポイント阻害剤だ。ただし、この現象発見されたのは1990年。

そこから実用化が2014年。そして、ノーベル賞だ。

実用化まで24年。一番最初の奇妙な鍵穴の発見をするところから企業ベンチャーキャピタルの金を入れることや、競争資金で持ってきた金で研究することな不可能だ。

まさに1980年代までの高成長を作っていたケインズ主義から新自由主義に切り替わり、バブル崩壊とやらのせいにされる直前の徒花だ。

新しい知見、その元となるのは?もちろん誰でも起こせる可能性はあるが、知見、科学として検証可能性が保てるように整えるのは大学だろう。

失敗した新自由主義を捨て、ケインズに戻し、なにか新しいことがあるかもしれないという息吹の基礎研究を整えること。ここからしか革新的イノベーションは起きない。

ただ創業率を増やす死体を増やせば革新的イノベーションを増えるという考えからぜひ脱却してもらいたい。

翻してみれば、きちんと基礎研究増強に立ち戻らないと革新的イノベーションは起こせない。それには新自由主義の破棄が必要だ。

競争資金一定必要だが、競争資金になじまないほど先駆的なものについては研究研究者の運営費交付金絶対にやらないとならないわけだからあくまで両輪で成り立たせないとならない。

2018-10-13

現代翻訳技術レベル

Google翻訳って、いつも「外国語日本語」を使うからまだまだだなって思うけど

実は「英語以外→英語」はすげーレベル高いよな

一番使われるからなんだろうけど

マジで実用レベル

2018-10-12

女だけど理系に進んでよかった

色々話があるけど個人的には理系に進んでよかった。

大学では化学科を専攻して、まぁジャンルあんまり言うと大学特定されそうだから具体的には言わないけど、1年のときから連日実験尽くしの日々だった。

所謂基礎研究にあたるものだ。それができたか実用的な何かになるわけではないのでSEかには及ばないかもしれないけど、論理的物事分析していくのは本当に楽しかった。大学に行って初めて勉強していて良かったと思えた。そんなマイナー専攻なので男女比は9:1くらいなもんだったけど、今でも大学女友達とは付き合いがある。研究で嫌ってほど言い合いにもなったけど、お互いの自論や仮説をぶつけ合う気持ち良さはあれ以来なかなか味わえないなーと思う。

男は男で女をちやほやするわけでもなかったし、マジの化学オタが集ってた気がする。大学時代ほど勉強に打ち込んだ時期はないし、今も底辺ながら研究職としてご飯が食べられるし、やりたいことやってお金もらえて本当に幸せだ。

anond:20181011161253

それ、基礎研究が死んでる流れじゃね?

あるいは、基礎研究クラス実用も全く見えないのに「これは〇〇に役立ちます」みたいな奇妙な言い回しを量産していった流れ。

実用化の根拠が見えないもの予算ゼロにしていこう」

みたいなね。

そもそも、どんな人間自分から専門離れたらまるでわからん(それはアカデミッククラスでも)なのに自分から縁遠いもの理解しようと真剣にやらんよ。

それが文鎮みたいな報告書を作ったが、案の定誰も読まないという流れを生んでるな。

anond:20181012084602

雑誌によって住み分けてるだけで

実用系は昔から時短」の嵐だし(それより前は「節約」だった)

雰囲気系は昔から「金と手間暇かけて上質な暮らしをしよう」がテーマだよ

レシピだって時短系もあれば手間暇系もある

2018-10-11

anond:20181011161849

そんな風に非論理的思考多数派なっちゃ社会「学」なんてものは、そもそも社会構成員たる大衆内面や、社会の動きやその未来予測においてなんら実用レベル考察ができないってことを自己証明しちゃってるわけだからアカデミズムの一端としてそれこそ滅ぼしても問題ないよねーでFAなんじゃたうん(c)ナムコ

https://blog.tinect.jp/?p=53983

実用」「役に立つ」というのは、実質正体不明言葉なんですが、一見すると「共通尺度」のように思える言葉です。

お金とか、知力とか、体力とか、普遍的尺度に紐づけやす言葉です。

から、「自分には楽しめないもの」にケチをつけたい人たちは、「役に立つかどうか」という物差しを持ち出そうとする。

他人の「楽しい」が自分には理解できないからといって、他人の「楽しい」にケチをつけるだけのために

「それ、時間無駄じゃない?」とか、

「それ、何の役に立つの?」という質問を投げつけたりするんです。

世の中こういう人間比率高かった気がしたけど

anond:20181011010616

こんなん見つけた「参考資料 海外大学における起業家輩出・起業支援環境」(tp://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/gizyutsu/internship/data/18FYreport_reference.pdf)

見た感じ独立したら資金繰り普通企業と同じっぽいぞ?

大学コンテストの賞金とか最初だけだし金満個人法人との橋渡しの役目も大きいし、大学ファンドも「研究室へ」実用化するまでの投資

まりただのファンド企業関係っぽいぞ?

実際ベンチャー企業株主構成大学ファンドが出てくるって例も知らないし

逆に1つの資金調達先にそこまで依存すんのかとか大学ファンドベンチャーキャピタルになるメリットなくねとかの疑問も出てくる

まぁ知らんけど、って保険かけとく

情報工学 CG分野の業績事情修正在り】

http://dlit.hatenablog.com/entry/2018/10/10/080521

https://anond.hatelabo.jp/20181010122823

私もこの流れに賛同したので続きます。私は博士課程の学生なので、多少間違いがあるかもしれませんが、大筋は合ってると期待します。身バレしない程度にざっくりとした纏めにとどめますが、誤りがあった場合修正については諸氏にお願いしたい。他の研究者の諸事情を聞くのは面白いですね。

はじめに

CG分野の研究は、大雑把に分けると

というようなモノになると思います。各分野を横断する様な複合的な研究も多いのですが、大雑把にというところでお許しください。最も著名な研究者現在ドワンゴリサーチ主幹しておられる西田先生でしょう。

論文事情

国内ですと画像電子学会VCシンポジウムといった会議雑誌投稿しますが、国内への投稿はあまり重要視されていないという現状があります。では、どこへ投稿するのか?といいますと、Siggraph (Asia) 、 Eurograph、Pacific Graphics などの主要な総合会議になります。主要会議については、インパクトを重視する面もあるのですが、各ジャンルで、例えばレンダリングではEGSRなど、主要な国際会議と同等レベル難易度とみなされる会議があり、これらの専門ジャンル分派会議総合会議よりは多分に理論的な研究が発表される傾向があります。最も評価が高いのは主要三会議ですが、それらでの採択が無理なら、再実験修正したのちに、ランクを落として投稿し、より注目度の高い会議での採択を目指します。

CG論文は、ACMデジタルライブラリーに公開されるほかは、殆ど場合は著者の一人がプレプリントを公開する慣習がありますACMのみですと会員登録をしていない実業界の人の目に触れにくいという事情が影響しているのかなと。SiggraphとEurograph及び主要な分会を除いては、基本的には国際会議で発表された論文は、Proceedingになります基本的にはというのは、その中の優れたもの何報かはジャーナルに採択されることもあるからです。またジャーナルに直接応募する事も出来ますが、ジャーナルへの投稿会議への投稿よりも時間を要する事情もあって国際会議投稿する人が多い様です。当然ですが、これらは全て査読されます。何度もリジェクトされます・・・

https://www.eg.org/wp/eurographics-publications/cgf/

https://www.siggraph.org/tags/tog

一般的論文のページ数は1ページ両面印刷 2段構成10P程度です。とても短いですが、短い分だけ綺麗に纏める能力が問われる事になりますし、一言一句と言えども無駄にできない厳しい調整を繰り返して執筆します。

主要会議は下記のリンクに纏められていますリンクから論文も見れますので、ご興味があればどうぞ。

http://kesen.realtimerendering.com/

論文雑誌とIF

CG業界における最高峰雑誌は、ACM Transactions on Graphics で、IFは 4,218となっています

次いで重要なのが、

IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics でIFは 3.078。

Computer Graphics Forum でIFは 2.046。

ieee computer graphics and applications で、IFは 1.64と続きます

残念な事ではありますが、CGではIFが1.0を超えるジャーナルは少ないので、研究者の多さに比較して掲載枠は少なく競争は非常に激しくなっています。これもジャーナルよりは、それと同等に評価されるトップカンファレンスの proceedingにする理由かもしれません。

業績事情など

学位の取得難易度は、理工学系では高くない方だと思います博士を取る過程要求されるのは、雑誌ないし高レベル会議のproceeding 2報というのが観測範囲での相場です。国内会議への投稿や、査読なし投稿、講演資料などを含めると5本程度はある感じになるのではないかと思います博士を獲得するまでにかかる時間は3年となっています。それより長くかかる人も、短く終える人もいますアカデミックポストは常に足りない状況にあり、非常に優秀な研究者結構苦労してるように見受けられますが、産業界就職する場合は非常に簡単です。

CGをやる上で必要になる数学物理は、基礎科学分野では学部時代にやる様な初歩的な数学物理です。最適化問題を解くことが多くなる関係最適化数学についてはよくやっておいた方が良いようです。この辺りはジャンル関係なく一通り勉強しておく必要があります数学物理勉強量は、基礎科学分野よりも多くはない分、情報系のアルゴリズムに関する基本的理論プログラミングによる実装能力問題になります研究の為には比較対象となる研究を数本程度自分実装したりする必要がある上に、バグを出せば致命傷になるという点が実装力の高さを要求する理由です。優秀な学生は、そこらの社会人よりも優秀という事は珍しくなく。プロコンレッドコーダー日本20人程度らしい)を持っているという様な人もいます

一本の研究を終えるのに読みこむ論文は、20~50、自分実装する研究が 1~3、という量になると思います斜め読みするものまで入れると、その倍くらいでしょうか。物理学と比べると明らかに楽ですね。

レンダリストはスタープレイヤー

CGでは、どのジャンルを選ぶかで博士の取り易さに差はないように思えますが、レンダリング分野は先鋭化しすぎていて、既存研究キャッチアップして実装し、自分研究を行うまでの間に膨大な努力必要とする上に、光学的にみて正しいのか?(追記: 実際に物体に光を当てた場合に得られる画像ないしデータは、計算によって得られた結果と等しい物になっているのか? )という様な厳しい評価を受ける傾向があり、(CG系の)他分野に比べて業績を出すのが大変だと思います研究者の中には10年以上に渡って育てて来たレンダリングエンジンベース研究を行う為に新参との差が大きいのです。そういう意味で優れた研究者師事する事が非常に重要と言われています師匠エンジンを持ってますので)。最近深層学習との組み合わせも増えてきているので、勉強量は非常に多いジャンルだと思います。その分、ゲーム映像分野で花形であり就職の際には引く手あまたになります

流体は希少研究

近年、流体シミュレーションや弾性体シミュレーションは、新規性を出すことが難しいジャンルの一つと言われていて、トップカンファレンスでは採択本数が多くはありません。テーマ選びが難しい分野だと思いますリアルタイムシミュレーションが難しい分野なので、ゲームなどでの応用を狙ったリアルタイム化の研究などが学生には人気がある様です。リアルタイム化すると理論的には正しくない、という様な齟齬が生まれる事が難しく、その折り合いの付け方に肝があるようです。レンダリング同様に就職に強い技術でしょう。流体力学や有限要素法などの知識特に必要しますが、定型化されている部分があるのでキャッチアップはレンダリングよりは容易と思います

モーション研究実用性が高い

モーションとはどんなものか?というと、ゲーム映画などで使われるキャラクタ動作アニメーションの事です。行われる研究はすぐにでも実用化できそうな研究が多く、実際に企業ディズニーなど)での研究成果が発表されることも珍しくはありません。髪の動作研究なども、モーション研究テーマの一つです。これも就職するなら強い分野です。特定数学物理依存せず、基本的数学知識全般必要します。例えば衝突を考慮するならば力学を使うというような感じです。

形状解析および形状処理は需要が弱い

かつてはCADなどで流行りのジャンルだったのですが、CAD研究が下火になったこともあり、現在は傍流の研究です。ただ形状解析の研究は、テクスチャ展開などCG必要技術を支えるものではあるので、現在も一部の研究者によって行われていますゲーム映画で使うLODを作成する技術も、この分野の成果の一つです。他にはMR赤外線センサーから取得した点群を形状に変換するといった場面で研究が役に立ちます就職という観点から見ると、企業から需要は少ないかもしれません。微分幾何と一部は位相幾何特に必要となる知識です。

画像処理は奥深い伝統ジャンル

画像処理画像認識系の会議へ行く事も多いのですが、近年、注目を浴びているのは、深層学習と組み合わせることで、ラフな線画をプロが書いた様な鮮明な線画に自動的に置き換えたり、また無彩色の画像に彩色する様な研究です。特に必要とするものはなく広く知識必要します。部分的には、色空間多様体と考える様な研究もあったりするので、位相幾何学をしっていないとというような事もあります伝統のある研究ジャンルだけに、問われる知識も広範です。画像認識系の研究にも精通している必要がある為、論文を読む量は多いでしょう。

追記 論文評価査読

基礎科学系では疑問視されることはないと思いますが、学科としての歴史が浅くかつ実業に寄った分野なので、論文評価はどうなってんの?という疑問があるかと思い追記します。

査読の際に問われるのは、手法妥当性です。先行研究との比べて何が改善されているか理論的にそれは正しい計算なのか?といった事を主に問われます情報工学のCG分野も科学ですので、先行研究との比較データを集め、解析的に、何がどの程度良くなっているか?を記述します。また、各研究基本的知識として使っている基礎科学系の知識にそって、理論的に研究手法が正しいものであるかも厳しく見られます査読によって疑問を示された場合一定反論期間を与えられます

研究者査読を通過するために、動画プログラムコードなど、再現性を示す資料を合わせて提出することで、査読者を納得させる工夫を行います。時には論文のものよりも追加提出資料のボリュームが大きくなるという事もあります。というか、それが常でしょうか。

自身研究も含めて既存研究は、後発の研究者によって実装され検証されます。上手くいかなければ質問を受けるし、疑問を提示され、後発の論文批判を受けることもあります。そうならぬように、実装したものを公開している研究者もいます。親切な研究者であれば、比較に使うと言えばコード実験に用いたデータをくれることもあります

以上のような仕組みによってCG系の論文研究としての質を保っています。地道で厳しい基礎研究ではなく、実業に近い応用的な研究なので、すぐに企業で使われる事も多く、それも研究妥当性を証明する一つの手段となっています

さら追記 間違いの修正

sisopt 結構りあると思う。SIGGRAPH(Asia)論文はTOGに自動的に載るし、TOGに載った論文SIGGRAPH(Asia)での発表権が与えられるからそれらは同等

これはその通りです。誤った情報を書いてしまい、失礼しました。業績要件については私の知ってる方を含めての狭い観測範囲ですが、なるべく高いレベルで 2報という方が多いようです。全大学ではないことはご了承ください。ご指摘いただきありがとうございました。

2018-10-10

ライフル実用射程距離

ライフルの平均的な弾の実用射程距離ダメージを与えるに充分な距離)は5000mとかいけるでしょうか?

またそんな距離から飛んできた銃弾は銃声が聞こえるより先に着弾したりしますか?

(音も聞こえず銃撃されたって演出です)

メーカーあるあるなのかもしれないけど、

今の会社ではカタカナ語の語尾の長音は基本的に省略する。(4文字目以降?にあるとき)

×センター ○センタ

×メーカーメーカ

みたいな。

慣れると意外と実用的。

なんだけど、次の3つだけは違和感が拭えない。

・ポリシ

シナ

カンパ

たまに「シナ模索中」とかい表現を見るとどうしても笑いが堪えられない…

(伸ばし棒を省略するのって、最初イギリス英語発音に合わせてるんだと思ってた。けどJISで決まってんのね)

anond:20181010165830

そうじゃなくてリボルバーサイレンサー実用的じゃなくなる弱点がシリンダーとバレルの隙間だって話なら「リボルバーサイレンサー」ではその隙間を埋めるツール提供してるだろって話よ。

anond:20181010104829

実際問題あのサイズデスクトップOSが入っていても全然捗らない問題があるぞ。

GPD Winとか持ってるか?特定用途以外に普段使い出来るブツじゃあないだろう。

windowsのモバイルOSが入っていて初めて実用級だよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん