「実用」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 実用とは

2018-08-16

[]2018年8月15日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0010315088146.534
01100879187.936
02374275115.547
03284586163.873.5
0431255682.530
05628547.536
06141692120.915.5
07263122120.142.5
0841255762.430
0971618487.134
10116856173.841
1110216618162.951.5
121821362174.839.5
1313915653112.638
141241044384.239.5
15133890867.039
161121000589.337
1774597080.742
1812617192136.428
191261150391.334.5
20127789762.237
2115220888137.440.5
2214015545111.049.5
231691438485.144
1日227922632499.338

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(232), 自分(181), 増田(106), 今(85), 子供(76), 話(75), 仕事(71), 人間(60), 好き(56), 時間(54), 女(53), 日本(53), 男(53), あと(51), 前(51), 問題(48), 意味(47), 感じ(45), 気(45), 相手(45), 必要(42), 普通(41), 場合(38), ネット(36), 気持ち(36), 関係(35), 全部(33), 最近(32), じゃなくて(31), 他人(31), 他(30), 昔(30), 場所(30), 人生(30), 今日(29), 親(29), ー(28), 世界(27), 手(27), 一緒(27), ゴミ(27), 理解(27), 言葉(26), 会社(26), 嫌(26), 最初(26), 女性(26), 結局(25), 無理(25), 文章(25), 方法(25), 社会(25), レベル(25), サマータイム(24), 理由(23), 結婚(22), お金(22), 完全(22), 自体(22), 興味(22), 可能性(22), 頭(22), 一人(22), 内容(22), 大人(21), 本(21), 娘(21), 意見(21), コメント(21), 結果(21), 目(21), 顔(21), 情報(21), しない(20), 簡単(20), ファミレス(20), しよう(20), 先生(20), 男性(20), ブコメ(20), ワイ(20), 警察(20), 勝手(20), 感情(20), 国(20), 絶対(20), 仕方(20), 反応(19), 次(19), 勉強(19), 自由(19), 日本人(19), 正直(19), 違い(19), 苦手(19), 金(19), 生活(19), いま(18), ゲーム(18), 批判(18), 解決(18), 逆(18), 上司(18), 家(18), 話題(18), テレビ(18), 心(18), ダメ(18), 部分(18), OK(18)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(106), 日本(53), じゃなくて(31), 可能性(22), ブコメ(20), ファミレス(20), ワイ(20), OK(16), AI(15), 娘(14), …。(13), わからん(12), 笑(12), 元増田(12), 東京(12), ブクマ(12), SNS(11), トラバ(11), いない(11), 何度(11), ブクマカ(10), 10年(10), ツイッター(10), youtube(9), 基本的(9), v(9), 好きな人(9), なんだろう(9), hatena(9), はてブ(8), リアル(8), いいんじゃない(8), スマホ(8), バズ(8), カス(8), なのか(8), 2018年(8), にも(8), PC(8), 低能先生(8), 甲子園(7), Twitter(7), 安倍(7), 行方不明(7), NHK(7), blog(7), ありません(7), 終戦記念日(7), 平成(7), 二次創作(7), いいね(7), -1(7), チェーン店(7), 発達障害(7), xevra(7), 関係者(7), ホッテントリ(7), 分からん(7), コミケ(7), エビデンス(7), -2(7), 北方領土問題(7), twitter(6), u.(6), 視聴者(6), マジで(6), 社会人(6), 読書感想文(6), ブログ(6), 1日(6), 1時間(6), アイコン(6), 毎日(6), 自分たち(6), キチガイ(6), ネトウヨ(6), 障害者(6), いつまでも(6), アレ(6), 被害者(6), ここに(6), 消費者(6), s(6), 性的虐待(6), IT(5), 6時(5), ネット上(5), あいつら(5), 何回(5), お仕事(5), 大塚家具(5), livedoor(5), 2時間(5), お土産(5), 1人(5), アメリカ(5), イケメン(5), wwwww(5), 個人的(5), Amazon(5), 中国(5), 日本全国(5), B(5), no(5), かな(5), ヤバい(5), 普通に(5), 精神的(5), パワハラ(5), detail(5), 1番(5), 支持者(5)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

うんち (8), ゴミを貼るな (5), くやちくて空増田w (4), 🍮 (3), やらせろ (3), グーの手も出ないほどの正論 (3), カイリュー はかいこうせん音程(2), あ? まず作業仕事の違いを明確に定(2), 涼しくなったかい? (2), それ、詳しく (2), たとえば? (2)

頻出トラックバック先(簡易)

タイトル西暦が入っている曲 /20180815142355(20), ■徹底的に実用的なことしか教えない学校 /20180814105206(19), ■ヤミ民泊の現状、最前線から情報共有 /20180815112442(18), ■現時点でAIが奪える仕事って何がある? /20180815011453(18), ■xevra先生ってほっといたら低能先生の二の舞にならない? /20180815065712(16), ■一度は乗りたいグリーン車 /20180814094532(11), ■自分の一日を録音してみたら(さら追記あり) /20180815010718(10), ■男の人っておっぱい静止画でなんで興奮するの? /20180815164454(9), ■ /20180815115633(9), ■読書感想文って /20180815104513(9), ■男の人生の罠 /20180815072840(8), ■足湯ってなんなんだよ /20180815110348(8), ■二次創作をやりたいと思わない /20180815000047(8), ■xevra「日本なんか5年後から子供達がバタバタ白血病で多量に死に出す /20180814140646(8), ■どんな増田が伸びるの? /20180815015456(7), ■ /20180815090439(7), ■もしもテレポで通勤できたら /20180815181044(6), ■ /20180815033058(6), ■承認欲求が満たされない /20180815153148(6), ■ /20180815121906(6), ■今から10分後にスタバにいくんだけど /20180815180722(6), ■子供不寛容だった俺が寛容になった話 /20180814021922(6)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5505133(6320)

2018-08-15

anond:20180814105206

実用的なことを勉強しようと思ったらその前に理論的な部分を勉強しなきゃいけないと思うんですけど...

anond:20180814105206

リボ払いとかFXとかは自分生活関係無い事柄なので実用的とは言えないですね。

anond:20180815011453

AIというか、機械学習が奪う仕事という意味であれば「医者の診察」が筆頭だと思う。こういった新技術仕事を奪うためには「技術的な可否」だけじゃなくて人的労働力技術で置き換えたときの「経済性」もかなり重要。実際優秀な機械学習技術者をひとり雇うのはかなり高額な賃金がいるわけで、それを単価の安い仕事に置き換えようとしてもペイしないことが多い。その点医者賃金も高く需要もかなり高いのでうってつけなんだよね。

あと機械学習は「論理的思考」がとても苦手で、経験を積み重ねた上での「直感判断」、特に画像判断が最も得意。そういう意味で「単価が極めて高く経済効果が高い」かつ「経験必要マニュアル化が難しく直感判断が多い」という特徴を持つ「医者の診察」は機械学習によって奪われる可能性がかなり高いと思うね。

逆に薬剤師禁忌とかそういうのは機械学習ではきつい。こういう論理的判断が入るものAIでやるなら機械学習でなく膨大なルールベース辞書的なものを作るという単純なアルゴリズムで行うことになるのだが、これは経済的にペイしない可能性が高い。薬剤師年収もそれほど高いわけではないしね。

弁護士とかは文書相手にしていて画像ではないのでまだしばらくは安泰じゃないだろうか。機械学習文章認識研究としては進んでいるけど実用という面では画像認識に比べてまだまだ遠い。といっても10年ぐらいの時差だとは思うけどね。

anond:20180815210152

実際の職業人の多くは、たとえば海外文化とか自分の専門知識外の仕事に関わることは滅多にないんだが、いきなり全然違う部署仕事とかたまにあるんだぜ

政治家でも、票田の有力者や地元経済のことはよく知ってても海外知識はてんで皆無って奴は少なくない。支持者に対して有能なら別にそれでいいんだけど、黙ってりゃいいのに知ったかぶりSNS拡散して大恥かく奴は絶えない。オバマ大統領を「奴隷の子孫」と言ってた奴とかな(あれは先祖代々のアメリカ黒人ではなく移民二代目)

無論、こういうのは「実用知識ではない

そういうのが必要な場にいっさい縁がなかったり、黙ってさえいれば恥はかかないんだよ、黙ってさえいれば

anond:20180814105206

そういう自分主観で「実用的」と思える知識しか修めなかった奴が将来、たとえば商社就職して中東に行かされたとき、「相手に酒や豚肉を勧めてはいけない」とか一切知らないで億単位の商談をぶっ壊したりすんだよ

anond:20180814105206

徹底的に哲学的視点で教える学校結果的実学のみの学校より実用人間を育てられる。

生きるとは?

勉強するとは?

自分とは?

人生の早めの段階でなぜ生きるかに折り合いをつけないと、どう生きるを考えられない。

anond:20180814105206

それを学ぶための方法の道具が普通の授業の科目なんで使わないような授業を受けてそれを道具として実際に取り組まないといけない実用的なものに応用することで学ぶんよ

ふつうの授業っていう棒きれを渡して、日常にある石とか荷物といった問題を動かさせる

ダメ場合もあるしいける場合も応用もほかの道具のほうがいいという気付きもある

道具と解決をセットで実用的として渡すとそれで完結するから思考が広がらんと思わんか

じゃあ実用性の無い授業ランキング作るか?

集計は任せた。

プログラムhtmlもかけねーから

とりあえず道徳図画工作総合学習古典が上位争いすると思うわ

2018-08-14

anond:20180814105206

実学工学であり、実用的な知識なら工学部で身につく

金融工学モデリングとフィッティング

もっと低いレベル日常で役に立つ知識はおおよそ中学生までの教科ですべて賄えるのでそもそも高等教育必要としない

利息計算はただの四則演算と漸化式と等比数列、どれも高校範囲

徹底的に実用的なことしか教えない学校

サインコサインとか微分積分とか古典文学とか、ああいうのは省いて徹底的に実用的なことしか教えない学校を作るとしたら何を教えたらいいだろう。

リボ払いなんて使わないように、金利計算とか。

FXとかリスキー金融商品に金を突っ込まないように、金融知識とか。

フェイクニュースに騙されないように、ネットリテラシーを高めるとか。

職業訓練的なことをやるとか。

まあ、教養のある金持ちの子弟は行かないだろうけど。

2018-08-13

悲報ウナギの完全養殖実験成功の発表から8年経っても実用化の目処は立たず


増田情報なんてこんなもん

anond:20180813173035

元増田の書いている内容から察するに、好きなだけ食べても「うなぎ絶滅危惧するまでもない状態」になっていることを望んでいるのだと思ったが。

実用化されてなければ好きなだけ食べていいってことにはならないんじゃね?

anond:20180813172948

マジで?無理かどうかじゃなくて実用化されてるかどうかの話だっけ?

うなぎって養殖物は食べていいの?

もう10年くらい食べてないけど

(追記)

実用化の時期はまだ先のようですね

完全養殖うなぎ供給されるのを待ちます

2018-08-10

悲報オーパーツ、解明されすぎて終わる

水晶ドクロ!

最近作られただけだぞ


モヘンジョ・ダロ攻撃滅亡論

ガイガーカウンターは反応しないし汚染体もないぞ

噴火の跡が見つかったぞ


バクダット電池

偶然だし実用できる発電量はないぞ


古代クロムメタル刀剣

中国業者売れ残りを投棄しただけだぞ


ガラス化した街!

噴火の煤がガラスに見えるだけだぞ


カブレラストーン

1940年に作られたお土産だぞ


アンティキティデバイス

紀元前に作られた天体測定端末の一部だぞ

地動説を元に作られていて六曜星の動きを1/37000000の誤差の精度で予測するほか

現代では認知されていない16種の天体予測装置がついてるぞ

失われたであろう大部分はいまだに明らかになってないぞ

2018-08-09

ふろむださん金に困ってるんかな

ここ最近しょっぱい記事を連発してると思ったら、書籍出版の足がかりだったわけね。

出版社が最近インターネットの人に出版を持ちかけるときに、バズったら出版という条件で持ちかけているそうだけど、それで低クオリティ記事をせっせと書いていたのか。

本当にふろむださんが自称するようなお金持ちなら、こんな小さいお金を頑張って拾いにいったりしないと思うんですよね。

インターネット胡散臭いけど凄いっぽい人はあんまり自分フィールドから出ないほうがいいですね。

ところで、最近のふろむださんが重視している「エビデンス」や「科学的」というのはこの「錯覚資産」「実用的な心理学」とやらにはちゃんとあるんですよね?

論文の出典がズラッと巻末に並んでるんですよね?

http://delete-all.hatenablog.com/entry/2018/08/08/190000

2018-08-08

anond:20180808180114

そもそも変な校則記憶がほぼないし、あってももう無くなってるし

当時無くて今加わった校則も納得出来るものばかりだしで

今でも理不尽だと思っていて更に無くなってないものって精々ランドセルくらいなんだけど

自分が生まれる遥か前からのものなので、お前の世代が成立させたものだろうと言われても知らんわとしか思えんし

つの学校校則レベルじゃなくて日本全体で強制されているものだし

(あの重くて高くて何の実用性もないもの強制するのは本当に日本のクソ習慣だと思う)

「変な校則はあって当たり前で、それを成立させたのはお前の世代だろう」と言われてもその前提が全くピンと来ないんだけど

2018-08-07

優秀な医者とそうでない医者の違い

残念ながら、この世の中には優秀な医者とそうでない医者がいる。

では、その違いは何なのだろう?

まず始めに断っておくが、性別関係ない。

男女問わず優秀な医師は優秀だ。

ちなみに出身大学ともあまり関係はないと思っている。東大京大を出ようとアホな医師はアホであり、カネを積めば入れると言われている私立を出ても優秀な医師は優秀だ。


実は、医師が遭遇する多くの場面において両者にそう大きな違いはない。

診断・治療に対する各種ガイドライン等が(内容の是非はともかくとして)かなり整備されてきており、医療機器進歩も相まって、大抵の場面においてどんな医者が診察・検査治療を行っても結果に大きな違いが生じない状況がかなりできあがってきている。

ただ、残念ながらあくまで多くの場面においてであり、すべての場面で違いが出ないわけではない。


しろ、多くの場面で違いが出ない分、違いが出る場面では如実に優秀さの違いが結果に表れる。

重症患者管理や急変時の対応、難しい症例における診断能力年末年始など繁忙期の救急外来の待ち時間などなど、決して頻繁に遭遇するわけではないが避けては通れない状況においては優秀さがその結果にコミットする

当たり前と言えば当たり前の話だが、うまくいっている時は誰がやってもうまくいくが、うまくいっていないときは優秀なやつがやらないと最終的にうまくいかない。もちろん優秀なやつががんばってもうまくいかないことも多々あるが。


一見したところ合理的制度に見える複数主治医制がイマイチまらないのもここに理由がある。

あなた主治医女性が交代でやりますがいいですか?~東京医大女子減点問題が迫る「患者改革」”

という記事はてブで大いに叩かれているが、内容の是非は置いておいて、ブクマコメントを読むと多くのはてなユーザー複数主治医制に賛成らしい。

だが、実際に自分患者もしくはその家族になったときに、諸手を挙げて賛成してもらえるかは甚だ疑問だ。


もちろん、診断や治療がうまくいっている時はいい。別に誰が担当しようとほぼ変わりない。

問題はうまくいっていない時だ。

ひどくざっくりした例えで申し訳ないが、ほぼ同じ経験年数の優秀な医師A、普通医師B、アホな医師Cという3人で患者主治医をしていて、担当医は研修医基本的に指示したことしかできない、指導医外来で忙しくて基本的入院患者は任せっきりという状況を考えてみる。

担当患者の一人が急変して集中治療室に入室して厳密な管理必要になったため、当直帯や休日も3人の主治医のうち誰かが交代で病院に常駐して対応することになったとしよう。


優秀なA医師が綿密な治療計画を立てて、B医師・C医師とも積極的ミーティングをして治療方針を共有し、当初は治療がうまく進んでいるように思えたが、やはりこうした状況で急変はつきものであり、当直帯で急激な状態悪化があった。

そのとき病院にいたのはA医師で、適切な検査対応によって何とか状態は持ち直し、患者家族は「やっぱりA先生は優秀で頼りになるわ」と胸をなでおろした。

ただ、その後は状態不安定になり、一進一退を繰り返す状況になった。

今度はC医師病院に残っている時に急変が起きた。A医師は優秀なので、考えられる限りの状況とその対応法を電子カルテに申し送りとして記載して家に帰ったが、急変の状況はA医師も予想していなかったものだった。

C医師も考えられるだけの検査を行って原因と対応法を探るが一向にわからない。

そうこうしている間に患者状態はどんどん悪化していき、患者家族にも「大丈夫か?」と不安が募っていく。

C医師自分だけでは対応できないと考えて指導医電話するが、指導医も「電話ではよくわからいからとりあえず病院に行くけど、私も集中治療は得意じゃないかちょっと対応できるかわからないけど・・・A先生相談してみたら?」と言うのみ。

担当医の研修医不安そうに「C先生、どうしましょう?A先生呼びますか?」と言ってくる。

患者家族も「この前状態が悪くなったときA先生がうまくやってくれた。このまま死んじゃったらどうするの!早くA先生を呼んで!」と怖い顔をして言い出す始末。

アホながらも責任感の強いC医師はなおもA医師電話しようか迷っているが、その間に「このままでは患者さんが死んでしまます。C先生が呼ばないなら私が呼びます!」といって夜勤担当看護師がA医師に外線で電話をかけて状況を説明し、A医師ダッシュで来院。

レントゲンと各種データ確認して人工呼吸器の設定を変更し、何とか状態改善したものの依然予断を許さない状況。

かい投薬の調整や人工呼吸器の設定の調整が必要なため、A医師は結局その後1週間は泊まり込みで患者対応に当たることになり、B医師とC医師シフト表に従って病院に泊まってはいものの、看護師は「A先生が泊まってるならA先生相談しよう」と言うことで、シフト表を無視して何かあれば時間関係なくまずはA医師電話をかけるように。

患者家族も「A先生対応してくれるなら安心」と言うことで急変時の怖い顔はどこへやら。

その後患者さんはA医師献身的治療によって何とか状態を持ち直し、集中治療室を退室して一般病棟へと戻っていきましたとさ、めでたしめでたし


だいぶデフォルメして書いたが、これと多かれ少なかれ似たようなことは日本全国津々浦々で起こっている。

同じ医療職で看護師ではチームによる交代勤務ができるのに、医師ではなぜできないんだと言われているが、看護師業務については教育指導によって個人技量をある程度均一化できるが、残念ながら、ここで書いたような医師の「優秀さ」は教育指導で何とかなるものではない。いかに優れた教育をしようと、到達できるレベルには限界がある。

一定基準保証されているものの個々人のレベルが大きく異なり、しかも置かれた状況によっては求められるレベルが限りなく高くなるということが、医師業務看護師業務根本的な違いであり、多くの人が思っているように医師の交代業務が浸透しない理由だと思う。

一定基準保証されているのであれば、それで満足すべきだと言うのが理屈ではあるが、人間はそんな単純なものではない。

選択肢がないのであれば納得するしかないが、眼前に別の優れた選択肢があるのであれば、理に適っていなかろうが、それを選びたくなるのが人情というものだろう。

上に書いたような状況で、理屈に従って「A医師を呼んで!」と言わない自信がある方は大手を振って複数主治医制に賛成と言ってもらっていい。

自信がない方は少し考えて欲しい。


A医師が身を粉にして奮闘した結果として得られるのは、自分の優秀さで患者さんを良くしたという大きな達成感と幾ばくかの時間外労働に対する報酬、そして周囲からの高評価のみである

治療を受けた患者さんや家族負担は変わらない。今の日本では誰に治療を受けようがかかる医療費は同じである患者さんが呼び出し手当を払うわけでもない。

A医師のことだから他の担当患者外来などにも迷惑をかけないようにしっかりやっていただろう。

果たしてこれはフェアな関係と言えるだろうか。


色々なところで言われているが、現在医療において「利便性」と「成果」と「医療者の労働環境を含めたコスト」の3者は残念ながらトレードオフ関係にある。

現状ではこのうち「コスト」、しかも「医療者の労働環境というコスト」に負担のしかかっている状態で何とかバランスが取れている。まぁ、そよ風程度でもう崩れそうであるが。

極論すれば、この「医療者の労働環境というコスト」を最も多く払えるのが若い活きのいい男性医師と言うのが、東京医大女子減点問題に端を発する一連の問題の原因の大部分を占めている。

この問題を受けて、この「医療者の労働環境というコスト」を減らせば良いという意見が声高に聞こえてくる。全く以てその通りである。このアンフェア関係を早く何とかして欲しい。

ただ、そのコストの総量が減った場合にどこがそれを補填してくれるのだろう。

AIを含めたテクノロジー進歩で状況は劇的に変わるかもしれないが、すべての医師を「優秀」というレベルまで持って行くには到底至っておらず、現状は実用面ではまだまだ未来の話としか言いようがない。


とにかく、リソースが限られている以上、夢のような解決法がないことだけは確かである

医療関係者だけでなく、多くの人が当事者として今後の医療のあるべき形を考えて行って欲しいと思う。


「優秀な医者とそうでない医者の違い」とかいタイトルのくせに結局この話か、と思われた方におかれてはタイトル詐欺で誠に申し訳ない。

そろそろ食傷気味なのはよくわかる。

だが、現在システム崩壊によって結果的患者さん側に「利便性」や「成果」のコストを押しつけるようなことはできればしたくないと多くの医療者が思っていると思う。

その医療者の端くれとして、微力な自分にできるのはこうして増田として自分の考えを書くことくらいなんだよ。

ここまで読んでくれてありがとう

2018-08-05

[]

多治見市の陶都創造館にいってまいりましたわ

以前は多治見創造館と呼ばれていた建物ですの

二階のテナントがなくなって立ち入り不能になっていましたわ……

多治見市PRセンターでは「やくならマグカップも」のポストカード

売っていました

おでこ先輩のおでこにお便りを書いて使うのですわね

三階には新しく博物館多治見商人物語なる展示室ができていて

近代陶器が拝見できました

五代目西浦圓治と加藤助三郎という他の博物館の展示で聞き覚えのある方が

目立っていましたわ

加藤助三郎さまのお父様は加藤助四郎さまでしたの

子孫に加藤助ぜろうさまはいらっしゃるのかしら?

西浦圓治さまがアメリカ旅行をしながら家族に送ったポストカード

展示されていて当時の旅行雰囲気が伝わってきましたわ

同じ三階のギャラリーヴォイスでは、うつわの展示販売中でした

うつわと言っても実用可能とは限りませんわ

中には名の知られた陶芸家作品もありました

鈴木徹さまの作品二十三万円、若尾誠さまの作品が三十四万円でしたの

いまは数千円の作家さんの作品でも二十年後には数十万円になるかもしれませんわ!

さすがは多治見「屋外の気温が三十八度を超えましたわ。お気をつけ遊ばせ」と市内放送がありましたわ

前回のギャラリーヴォイスですわ

https://anond.hatelabo.jp/20180121205916

anond:20180805213533

一時はどうなることかと思うくらい実用向け新言語が出た感があったが、最近はそういうの聞かなくなって少しホッとしてる。

あー早く全面ディスプレイポップアップカメラ液晶指紋認証最上位スナドラを搭載するMi Mix 3が発売されて、

かつそれを買えるお金が空から降ってこないかな~。最強だよねー。

ああでも欲を言うと、割れない強化プラスチック?画面のスマホ実用化されだすまで待ったほうがいいのかなー。

あとAptX-LL対応かな。それくらいまで揃ったらもうスマホに求めるもの何もなくなるんだよね。

でもよく考えたら5G通信対応してほしいって時代になるのかな。

背面も割れない方がいいよね。かつ傷つかない。そしたらケースも保護ガラス不要になるじゃん。

曲がる・折り畳めるスマホには興味ないけど、使い方が想像できないだけで、キラーコンテンツ的なのが出たら心変わりするかもしれない。

あーあと冷却技術もっと進歩してほしいかなー。ゲームしたらホッカイロになるのは勘弁だし、バッテリーにも悪くて心配になる。

Black Sharkみたいな自称液冷って良かったのかな?でも常に30度台くらいに抑えてほしいよね。

バッテリーといえば、置くタイプ無線充電はべつになくていいけど、欲を言えばそのへんを飛んでるWiFiとかの電波から勝手に充電して、山奥にでも居ない限り常にフル充電みたいな時代がきてほしいな。

「充電」という概念がなくなるのにはまだまだ時間がかかるかな。

うーん悩ましい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん