「おざなり」を含む日記 RSS

はてなキーワード: おざなりとは

2020-06-14

親父がバカウヨなので絶縁しようと思っている

うちの父親は今年72歳の高齢の爺さんだ。

倫理的ギャンブルもしないし、タバコも吸わない、人に迷惑をかける人ではないので、その点は一見問題はない。

ただ、絶望的に頭が悪い。会話しているとわかる。発言論理性が一切ないのだ。頭で考えるより先に言葉が出ている感じ。だから支離滅裂なことも平気で言う。

ステレオタイプ色の強い人間科学的にもIQが低いとされるが、まさにその典型のような人だ。

本日父親からLINEが届いた。何やらアベノマスクが届いたと喜んでいた。もうただただ、絶句

これにどれだけの税金が投入されたかわかってるのか?72歳にもなって政治に無関心って社会の一員として恥ずかしいと思わないのか?

親父は勉強はしない、ニュースもみない、そのくせ無条件に自民党応援する。自民党党首であれば無条件に支持する。

先程、父親倫理的問題ないと言った。しかし、たとえ無知理由といえど、現政権のような自分のためだけに政治を行い、ビジョンもなく、ただただ保身に走り、倫理観は完全に欠落状態悪事が多すぎて、国会はほぼ全てが野党による悪事の追求と自民党による稚拙な釈明のやり取りのみ、そんな邪悪愛国心ゼロ政権を信じることが倫理的に正しいのだろうか?

汚職隠蔽に大忙しで、本来やるべき社会問題解決は完全におざなり状態となっている。我々は日本未来をとんでもない政権に委ねているのだ。

バカウヨとか書いたが、ウヨクだのサヨクだの、そういう次元ではないまでに腐敗している。正しいとされる異なる2つの方向性選択肢があってそれを議論するのとはわけとは違うのだ。

例え無知であっても、あのような政権を無条件に支持する行為倫理的に正しいわけがない。

父は愛国心はあると自分では思っているのだろう。でも圧倒的な無知が結果として売国奴のものになってしまっているのだ。

父よ、あなたはもう高齢だ。政権が以下に邪悪自分のためだけに政治家をやっていようと、どんな税金の使い方をされようとどうでもいいのかもしれない。

回復不能なまでに少子高齢化を進行させ続け、日本社会から完全に持続可能性が消え去った。残された者に待ち受けるのは増税の嵐と、何の保証もない未来だけだ。ミドルクラスすら貧困で苦しむ時代が来ようとしているのだ。

父よ、あなた年金さえもらえ続ければ何の不満はないかもしれない。

ただ残された子供はまったく違うのだよ。そんな不毛時代を生きなければならないのだ。

父よ、私は今まであなた教養の無さを責めたことは一度もない。なぜなら人柄は悪くないからだ。

しかし、無知理由といえど、悪を支持する行為は許しがたいのだ。

アベノマスクに喜んでいる父が心底恥ずかしかった。悪を信じる人間自分は身内といえど許容できない。

そんな自分もまた成長の過程にいるのだろう。ただ、今の自分にはこんな父とどう接していいかからない。

絶縁しようと書いたが、そんな簡単ではないのだ。

2020-06-08

差別」は社会問題ってことを分かってないやつ多すぎ

社会問題であるっていうのは、内心の問題でないってこと。

自分の中に差別感情がある~とか

お前の中にも感情があるから反差別欺瞞~とか

そういう2歩後ろの議論されるとお話にならないんだよね。社会的事実としての差別を何とかしましょうって言うべきなんであって、そういうのはもう考え終わった段階で居て欲しい。

 

それが無理なんだよなどうやらネットでは。

大抵は、嫌悪感情が無くせないとか言い出すやつに対して、誰かがマウント善意かで「内心は関係ないぞ」的なことを言って、しかしやっぱり初歩の話過ぎて面倒だから言い方がおざなりで、無駄に反撃してくるやつでツリーが膨らんだり、本来社会問題としての差別のことは全くしゃべる事すらない感じになる。

 

 

これなんなんかな? 日本道徳教育おかしいのが原因?

それとも個人の心は社会によって作られる、みたいな教育社会的な前提が認知されてないせい?

2020-05-30

[]

今回も雑感

内容は悪くない、むしろ良い。けれども……

となジャンで『DINER ダイナー』っていう漫画があるんだけれども、これ最初は週刊のヤンジャンで連載されてたんだよね。まあ色々な事情があるんだろうけれども、私の印象としては「打ち切るほどではないが……」って作品移籍している感じ。今じゃ移籍連載なんて珍しくもないから、あんまり邪推するのもなんだけど。

他にも雑誌媒体から移籍した作品結構あるよね。近年だと『銀魂』とかは有名か。個人的には『SOUL CATCHER(S)』が今でも記憶に残ってる。あれほど媒体翻弄された作品も珍しいと思う。そのせいで、途中で読む気を失くしたって人は結構いそう。最初から最後まで一つの媒体で、コンスタントに連載し続けられていたら、もう少し評価されてた漫画だったろうに。

で、話を戻して『DINER ダイナー』なんだけれども、すっげえコメントに困る展開なんだよね。主役たちを置いてけぼりにして、サブキャラの回想に何十話も使ってる。『DINER ダイナー』は現在109話やってるけれども、その大体4分の1くらいを回想に費やしてる。これがね、個人的には面白い

そのサブキャラ物語として割り切って見る分には、割と面白い内容なんだよね。作者達が丁寧にやっているのは伺える出来。でも『DINER ダイナー』という作品でやるのはどうかっていう思いも正直ある。サブキャラ過去話に何十話も使うのはスピンオフとかでやるべきことで、主人公達をほっといて本編で長々とやるのは悪手だと思う。

で、最近やっと回想が終わったっぽいんだけれども、今後はちょっとビジネスモデルを変えて連載していきますよ~っていう感じの告知コメント失笑してしまった。オブラートに包まず言うなら、ぶっちゃけ萎えた。せめて、その告知は別ページに書くべきだったかな。

こんな感じで、企画単位作品単位として見た場合、「内容は面白いけど、ちょっと舵取りミスってない?」って感じることがあるんだよね。変なところでケチがついてしま漫画はちょくちょく見る。そのせいで下げなくていいところで評価下がってる。内容そのもの面白さも大事だけれども、もっと総体的に見て「その作品をどうしたいか」って意識おざなりだと、ついてくる読者は減っていく。「いいから、ついてこい!」って感じの態度は無用軋轢を生む。

ベクトルの話では、ちょっと騒動になった『ぼくたちは勉強ができない』別ルートも似てるかな。あれも側面的にみれば各メインヒロイン推し需要に応えているし、平行してサブキャラの補完もしているなど丁寧な仕事が光る。けれども、どうしても蛇足感は拭えない。最近、2人目のルートが終わったところだけれども、本作をフラットに読んでいる身としては「この調子で残りもやるのか……」っていう倦怠感があった。ラオウ倒した後の北斗の拳くらいの感覚。まあ、WEBコミックじゃないんでここで詳細に話すことではないけれども。

2020-05-27

ヒステリーおじさんに背筋が凍った

仕事で遅くなってしまい、終電近い電車に乗った日のこと。

なんとか座席を確保し、ほっと一息ついていると大きな揺れが。

そのはずみで前に立っていたおじさんが抱えていたカバンの角が顔面クリーンヒット

不意打ちのあまりの衝撃に声も出ない。

相手のんきに「あ、すみません大丈夫ですか」と。

なんとか相手の顔を見てようやく痛みが追いついてきて、思わず声を上げた。

「イッターい!全然大丈夫じゃないですよ!」

その時のオッサンの目といい、顔つきといい、今思い出しても背筋が凍る。

ぶつけたことをなんとも思っていない、こちらを見下したようなうんざりした目。

おざなりにもう一度、「すみませんでした」と気持ちのこもっていない言い方で謝罪

一歩間違えば失明だぞ。信じられない。

周りの乗客がチラチラとこちらを見ているのを感じる。

次にオッサンはなんと逆ギレした上、恫喝までしてきた。

カバンがあたったのは申し訳ありませんが、僕それほど怒られることをしました?」

「僕それほど怒られることをしました?あ?」

こいつは関わったらいけないサイコパスだ。

そう直感的に思って、黙ったまま下を向いてもう目を合わせないようにした。

ふつうのくたびれたリーマンに見えるのに、相手が女で自分より弱そうというだけで傷害の上に逆ギレして噛み付くんだと思うと恐怖を感じた。

そんなことを考えながら下を向いて自分の手を見つめていた。

10分位でオッサンの最寄り駅に到着するとオッサンこちらをにらみながら降りたような気がした。

自分の最寄り駅について、ホーム階段を降りる時、あの恐ろしい目、あの恐ろしい顔を思い出し、背筋が寒くなった。

2020-05-25

木村花選手の死を利用する人々

いやほんとにさー…関係者でもないのに

何でこんないきなり正義ヅラ振りかざす人が多いの?

木村花選手の死を悼んでる間にやれ誹謗中傷だ開示請求だのなんだの

うんざりするんだけど

それも正義暴走じゃないの?木村花選手を追いつめた人達の二の舞じゃないの?

もちろん誹謗中傷は良くないってわかってるよ

でも今回の件に乗っかって、木村花選手のことを気にもせず持論展開する部外者があまりにも多すぎるよ

もっと木村花選手や周りのケアのことに気をつかってほしかった

彼女のことがおざなりにされている現状が本当にかわいそうです

親戚がスターダム花束渡してたんだよ

彼女大江戸隊のときにね

すごく優しくて対応よくてさ

まだまだ若いしこれからレスラー人生も長いものだと思っていたからとても残念なんだよ

もちろん原因のひとつだったのも知ってる

でも今は純粋に悲しみにくれていたかった

いきなり誰々が悪い!何何が悪い!!ってみんなで犯人探し

素行の悪い人々も開示請求RTして「批判すんなよ、全部誹謗中傷からな、開示請求してやるぞ」のポーズ

木村花選手の死ってあんたらの正義のためにあるんじゃないんだけど?

もううんざりなんだよ

2020-05-24

から不思議なんだけど

なんでステマする企業はフルパワーのステマしないの?

例えばはてブでお目当の記事ホットエントリー入りさせることを考えたら、1か月くらい前に100個くらいアカウント取得して適当ブクマしといて、バズらせたい記事無難ブコメをぎゅっと詰め込めば容易にステマ出来るじゃない。今のステマは無言ブコメとか賞賛ブコメおざなり10くらい並べるだけだからぜんぜん効果ないのよ。ブコメなんて定型文書いて星もらうゲームなんだからAIにでも学習させて色んなブコメをちりばめとけばブクマカなんて馬鹿なんだから騙されるのに。

2020-05-16

自分が取るに足らないゴミであるように感じる

色々な人や物事から自分自身を軽んじられているように思える。

1ヶ月くらいずっと在宅勤務をしていて、昨日自分の住む地域緊急事態宣言から解除されていて、今日病院とか美容室に行って来た

病院はなんともなかったのだけど、美容室でへんな髪型にされてしまった

自分コミュ障からうまく意思の疎通ができなかったからだろうか?でもちょっと切るってだけでなんで変にされちゃうんだろう。

何か聞かれて、答えたらいちいち半笑いで、すごく嫌だった

ずっと人と接していなかったから、表情とか声とか話し方がおかしかったのだろうか?

自分をかわいそうで惨めだなと思ってしまって、一日中涙が止まらない。

今日は一日中土砂降りで、自分もっと沈ませるために天気に嫌がらせされているように思えた そんな訳ないのは判っているけど余計に涙が出てくる。

綺麗に掃除したのに角にちょっと埃が残っていて、それを見ただけで泣いてしまった。やばいと思う。

でも、昔に、心療内科に通って安定剤でラリった兄弟受験勉強妨害され続けたトラウマがあるので、そういうところには行きたくない

一人は気楽だし、こうした状況になる前から休日はずっと家に引きこもったりしていたし、一人で家にいることそのものが辛い訳じゃない

でも、何だろう?

この1ヶ月、友達家族恋人電話したりしてたけど、いつも自分代替可能なんだという感じがしていた

自分には全然友達がいないけど、自分友達にはたくさん友達がいて、zoom飲み会はしごして忙しいと言っていた

別に自分がそうなりたい訳じゃないけど、何だか、うまく言えないけど、そうか、と思った

親は職業柄、人の微細な感情に敏感なせいか自分だんだん鬱々として来ているのを勘付いて、気を遣ってよく連絡をくれる

その気遣いも、ありがたいけど、そうやって見られているんだなと思わされて辛かった。プライドが高いから。

恋人とは、いつもより連絡を取り合おうと言ったのに、途中からそれがおざなりになった。

連絡をするたびに、体調を心配してくれたり、早く解除になって会いたい、と言ってくれるけど、なんかそれはただのテンプレ空虚な感じがした。

実際、解除になってから連絡は来ていない。自分からすればいいのだと思うけど、連絡をしたり誘ったりするのは自分ばかりで、なんか馬鹿馬鹿しくなってきてしまった。このまま来なかったらどうなるんだろう。

あるとき、暗い気持ちで暮れそうな空を見ながらいつもの散歩ルートの海沿いを歩いていると、

自粛で行くところがないせいか、いつも人がいない散歩ルートに人がたくさんいて、

みんな家族連れとか犬連れとか友達同士とか恋人同士で来ていて、なんだよと思った。

自分だけの海沿いじゃないことは判っているのに。

やめとけばいいのに、H.G.ウェルズの「白壁の緑の扉」を読み返す。

中学校の時から何度も何度も読んでもうぼろぼろだ。ぼろぼろの本にも悲しくなる。

今、自分の目の前に白壁の緑の扉が現れたら、全てを捨てて飛び込んでしまうかもしれないと思う。

この本に出会った頃、自分は小さな田舎町にいて、周りを半透明のカプセルで囲まれているような気がしていつも息苦しかった。

親は干渉が強くてあれもこれもダメだと制限されて、兄弟には親にバレないようにネチネチ嫌がらせをされて、思春期同級生はびっくりするくらい残酷で、

から早くここから出て誰も知り合いのいない遠くに行きたいと強く思っていた。

一日の中で一番好きなのは、寝る前に自分好きな人間(自分キャラクターとかを考えた)だけが暮らしている素敵な世界自分設計した)で、ちやほやされまくったり、めくるめく恋をしたり、ハラハラするような冒険をするといった妄想をするひとときだった。

今は生まれ育った場所からものすごく遠い場所暮らしていて、高校までの同級生とは全て縁を切って、一人暮らしをしていて、好きなこともしている

なのに何でこんな気持ちになるんだろう。

昔の悲惨だった頃を思い出してまた涙が出てくる。ゴミはずっとゴミのままで、色々夢見て主人公みたくなろうとしても、無理なんじゃないかと思う。

バカみたいだ。自分が。すごく悲しい。

2020-05-14

anond:20200514230438

たーくさんある仕事のうちの、たった1つをおざなりにやったくらいでエラいのか?

・・・任せてる仕事を上手くやらねえヤツの人間性なんぞ知ったことかよ!

2020-05-11

キャラクター重視のソシャゲをやめた話

動画サイト広告に惹かれてキャラクター重視のソシャゲをはじめた。

一人のキャラを好きになって推すようになった。

インストリーの出来はとても良くて推しを更に好きになれた。

その推しがメインのイベントが始まって

嬉しくてガチャ回して推しを出して喜んでて

いざイベントストーリーを読んだら内容に絶句してしまった。

推しがメインのイベストなのだから当然推し活躍すると思って期待しながら読み始めたのだが

実際には自分推しが他のメインキャラを騙したり周りに迷惑かけまくる内容だった。

一回二回迷惑かけた程度ではない。

ストーリーの初めから終わりまで終始迷惑かけっぱなしでずっと適当な態度で楽して自分けが目立つことしか考えず

自業自得ピンチになったところを(騙して迷惑かけた)他のメインキャラに助けてもらい、最後推しが軽く謝罪しておしまいだった。

とにかく自分推しの知能を低下させられて本来の魅力すら無くなったストーリーを見せられた。

からキャラageに使われる子だなとは思ってたけどこんなのってない。

キャラファンが「さすがに扱いひどくない?」って同情するレベルだった。

推し古参ファンは「前の推しメインのイベスト推しが周囲に迷惑かけまくりで最悪だった。嫌いになりたくないから不穏だなって思った今回のイベストは途中から読むのやめた」とまで言っていた。

これがメインストだったらまだ納得はいたかもしれない。

インストだったらああもうこういうどうしようもない性格の子なんだな。って受け入れられた。

大好きなキャラが楽しそうに活躍したりするのが見れるのがイベストなんじゃないのか?

ベストライター推しのことすごく嫌いなんだろうな。って思った。

キャラクター成長ものにしては過度に迷惑をかけすぎだし

迷惑をかけた推しへの制裁おざなり推しの軽い謝罪でなあなあで終わっていたからだ。

でもこれが公式で出たということは公式推しを”こういうキャラ”として扱っていくんだろうなと思った。

それを覚悟して推しいかなきゃなんないんだろうなって諦めにも似た気持ちで続けてた。

ライターに恨みを募らせていたら新しい推しベストが始まった。

おびえながら読んだらそこには嘘みたいに性格の良い推しがいた。

信じられなかった。

とても前イベントと同じ人間とは思えなかった。

聖人のようだった。

正直どちらのイベストもメインストを読めばまあ、納得はできなくはない。

インスト推し自己中な面もあれば家庭環境から愛に飢えている面もあれば心を開いた人をとても大事にする面もある。

どちらのイベスト推しの側面を強調しただけといえばそれまでだが

私には受け入れがたかった。


今後、推しのイベストがくるたびに過度にsageられるのかageられるのかわからいからだ。

ライター名前公表されていないので誰が書いているかからない状況が不安を煽った。

推し迷惑かけたイベストは成長ものにしてはあまりにも不出来だったし

推し聖人のようなイベストはとにかくキャラ全員を大事に書こうという姿勢が見られたか

とても同じライターが書いているとは思えなかった。

まだライターがわかっていれば読む読まないの選択をできたかもしれない。

あるいは古参ファンのように不穏だと思ったら途中で読まなければいい。

でも私は思ってしまった。

推しのイベストがくるたびに毎回こんな不安気持ちになるのか…?と思った。

それならメインストだけ読めばいい、もうイベストは読まなきゃいいんだ。とも思った。

しかし、それってゲームをする意味あるのか?と思った。

なんならメインストだってキャラ性格が著しく変貌してしま可能だってなくはないのだ。

インストライターも誰が書いているのか・何人で書いているのかわからいからだ。

推しの出番が少ない・思ったより活躍しない。

いままでのソシャゲでもそんな理由で悩んだことはあった。

しかしここまでライターによって性格が変貌したり他キャラのための舞台装置と化す推しを見続ける気力が無くなってしまった。

それがいつくるかもわからないのだからなおさらだ

ゲーム公式自体を信用することができなくなってはもう続けられなかった。

推しのことは好きだけど、明記されない複数人ライターで書かれるジャンルにハマるのが怖くなってしまった。

2020-04-27

なぜ男が基本的に国のトップに向いていないのか、理詰めで説明する

魔法少女♪ぶっ殺コロナちゃん★のおかげで世界中で男社会の化けの皮が剥がれてるけど

これは以下の理由から合理的説明できる

 

・かつて男は狩猟本能に従い集団で狩りをした、それゆえ男だけの意見の固まった

先鋭化した集団(ホモソーシャル)を形成やす

 

命に係わった狩りの時には、団結と命を捨てる勇気必要になった

しかしそれは反面、ブレーキの利かない集団心理として働き

有史以来数々の戦争を産み出す原因となった

特に「未知の」ウイルスと戦う際には、反論封殺される土壌はあまりにも危険

 

・また、狩猟と言うは基本的に「奪う事」「争い」が前提にある

ウイルスを前にして米中の無意味な対人的非難合戦が繰り広げられ、

肝心の本国においてのウイルス対策がおざなりになっているのは

他の集団から攻撃を受けた」という男の闘争本能が働き

その集団と戦えば解決すると言う短絡的な思考に陥ってるのが原因だ

(無論、単に責任逃れという理由もあるがこれはもっとヒドイ)

 

トランプのハッタリ、交渉術マッチョアピールなどウイルスには微塵も通用しない

既に本国にいて、今も尚広がり続けるウイルス相手外交などまったくの無意味である

 

・また男は子孫を残すため、異常なほど他者に対する競争心を露にする

これは女と言う限られたリソースを奪うための本能だろう

 

当然コロナ禍、戦争などの有事においても発揮され、

有事を利用した自身(あるいは自分所属するグループ)の地位の向上

体のいいビジネスチャンス競争として捉えられ、利権が優先され本来なされるべき対処が遅れる

古くは第二次世界大戦、現政権のお友達優遇マスク和牛などの体たらくを見ても明らかだろう

 

  

  

以上のことから、少なくとも農耕社会として理性を重んじる現代においては

こうした男の野蛮さ、粗暴さは末端では開拓者としての機能を発揮できるが

国全体を統べる首長国民の命を与る者としては

まり軽率で、危険まりないのがお分かりいただけるだろう

 

脅威を脅威と認識し、透明性を担保国民対話をして封じ込めた

台湾ニュージーランドドイツなどの女性リーダーの国

クォーター制を導入した韓国とは正反対である

anond:20200427145352

またまたあ。

じゃあ現状の女の「風俗嬢になりたくない」をまず尊重しなよ。

 

そもそも社会的尊敬って、体を張った仕事かどうかで得られるものだったっけ??

から、他にも体を張った大変な仕事ってあるよね。

しか風俗より給与が低いような。

それはおざなりのまま、どうして「風俗嬢だけ」そんなに取り上げるのかっていう話になるとやっぱり増田の中で風俗特別からなんだよね。

 

その客観性の欠如、自分視点のみの偏重

今までにも指摘されたことあるでしょ。

2020-04-23

風俗徒然体験

いつもこの時期になったら仕事も落ち着き、旅行がてら風俗でも行ってリフレッシュしようかな..と思う頃なのだが、このコロナショックの中、性風俗店に行けるわけないのでどうしようかなぁ...と思い、暇なので今まで行った私の風俗での何気ない体験記を備忘録も兼ねて記していこうと思う。他の増田風俗日記と比べ、凝った文章は書けないし、拙い内容になるかもしれないが、他愛のない日記として見ていただけると嬉しい。(内容によっては、覚えている記憶の差があるかもしれないのでご了承願いたい)。

初めて風俗に行った日

バイト先の先輩から、ふと話の流れで「ソープ楽しいよ」と言われたのがきっかけで、一人で千葉栄町人妻風俗店に行ったのが私の初めての風俗デビューだった。初めてだったのでサイト女の子を選んでから、前日に電話でしっかりと予約してから訪れようと思い、「さてまずは予約から..」と携帯風俗店の電話番号を入力したところまでは良かったのだが、そこから急に「何から話せば」「どのように予約すれば」「〇〇ちゃん?〇〇さん?でお願いします、でいいのかな?」などなど、一気に謎の不安と緊張が押し寄せてきて、車の中でかけようとしていたので誰が見ているわけでもないのに何だか急に恥ずかしくなってしまったりして、なんだかんだで既に40分ぐらい経過していた。このままではいかん!と思い、意を決してかけてみたら、受付の方は非常にやさしく対応をしてもらい、結果、杞憂となったのは今となってはいい思い出だった。ちなみに予約までは良かったが、初めての街に初めての風俗と、とにかく当日は緊張していたので、変に道に迷ってしまい、時間に遅れて、金のアクセサリーを身に着けた怖そうな受付の兄ちゃんに怒られたのもいい思い出。初めて行く人は時間に余裕をもっていった方がいいと思う。待合室もあるしね。

やたらと歌を歌ってくるソープ

沖縄の辻のソープに行ったとき、お店のオススメで選んでもらった女の子にお相手してもらった話なのだが、よく言えば明るいギャル、悪く言えばちょっと不良っぽいような感じの女の子だったのだが、「マットお願いできる?」と尋ねたら、「うん!できるよ!」とやる気満々の声を聞けたので、意気揚々と服を脱いで、さぁ!お楽しみのマットプレイ!!!とマットにうつ伏せになって待ち構えていたら、上に乗った途端に沖縄民謡らしき歌を歌い始めた。「ん?そういうプレイなのか?」と始めはその歌を聞きながら、女の子を思うようにやらせていたのだが、中々終わる気配がなく、「これ何の歌なの?」と一旦歌うのをやめさせて、すぐにプレイに移ろうかと思ったのだが、「これは沖縄民謡で~...最近同窓会で歌ったんだよ~。どうだった?」などものすごく歌に関しての質問をしてくるので、真面目な私は変にその質問に答えてしまい、結局歌を聞いていただけで、半分ぐらい時間が過ぎていた。女の子によってはナメられているとプレイおざなりになることが多々あると、バイト先の先輩からいたことがあったので、この沖縄での経験があった後は、プレイ前のトークが長くなりそうな時などに「もうそろそろしない?」と強く言えるようになった。

ボーイの対応がいいソープ

神戸福原はテカテカしたネオンアーケードがお出迎えしてくれたりと、とにかく風俗街に来たな..と雰囲気だけで満足感に浸れる街なのだが、福原での予約を入れていた店に訪れたとき入り口に入った途端に「こちらですよ~!あっ、靴はそのままで構いません!直しておきますので、どうぞおあがりください!」とものすごく丁寧に出迎えられたら、また別のボーイが出てきて待合室までこれまた丁寧に案内してくれた。案内し終わったら、またまた別のボーイが「お飲み物はどうされますか?緑茶麦茶コーヒーコーラソーダなどございますが?」と膝をつきながら、ものすごく腰を低くして丁寧に応対してくれたのを今でも鮮明に覚えている。そんな対応の良いボーイばかりがいるお店、女の子はどうたったのか..と言うと、これまた素晴らしい対応でまた是非行きたいと思った。ボーイが良い店は、女の子接客も素晴らしいのではないのではないかという持論が、このお店がきっかけで生まれた。

ラブホテル電気の明るさ

私はどちらかというとソープに行く割合が多いのだが、たまにデリヘルにも行きたい気分にもなる。店舗型のソープとは違い、ホテルをとって、電話をして、実際にホテルの部屋まで女の子が来るまでのドキドキ感たるやいなや、ソープとはまた違う興奮を味わえるのが魅力だ。そんなデリヘルを利用したとき、いつもソープでは女の子が部屋の電気の明るさを調節しているので、薄暗い中でのプレイばかりだったのだが、ふとラブホテルでのプレイなら部屋の電気を調節できるのでは?AVみたく、こうこうと照らされた明るい部屋であんなことやこんなことができるのでは?と、ホテル内の備え付けのテレビAVみながら思いついたので、部屋の明るさを90%ぐらいにして、女の子が来るのを待っていた。だが、いざ女の子が来ると開口一番、「部屋の電気明るいよね?もう少し下げようか?」とすぐに40%ぐらいの明るさにさせられてしまった。女の子にとっては明るい部屋でのプレイ絶対に嫌だと思うが、死ぬまでに一度は明るい部屋でやってみたい。

ソープまでの送迎

始めて沖縄の辻の風俗に行ったとき那覇市内のホテルから歩いて赴いたら結構距離があったので、行くまでに疲れた経験から次回から送迎の車を頼むようになったのだが、その時の送迎のおっちゃんがものすごく気さくな方で車内で話す時間がとても楽しかったのをよく覚えている。話した内容と言えば風俗のことに関することは一切話さず、「沖縄っていい所ですよね。」「いやいや..そんなことないですよ。ごみごみしてて、車は混むしで..」「へぇーそうなんですか。この時期って観光客とかはやっぱり多いのですか?」「うーんそうですね。」など、文字に起こすと本当に他愛のないことなのだが、普段ほとんど人と接しない私にとってはこの何気ない時間が本当に居心地が良かった。緊張も適度にほぐれたので、初めて風俗に行く人で緊張しい方は、送迎を頼むのをお勧めしたい。

初めて入れられる喜びを味わった日。

千葉栄町ソープで、人妻系のよさげなお店を見つけたので予約して入ってみると、そこで出会った女性に初めてアナル気持ちよさを教えてもらった。今までも「アナルやってみない?」と勧められることは少なくなかったが、好奇心につれられて誘いに乗ってみたはいいが、いざやってみると痛さだけが残って気持ちよさを味わえることはなかった。「アナルって本当に気持ちよいのか?」と心の中ではアナルに対する疑いの気持ちばかりが大きくなっていたので、アナルの興奮を味わえることはもうないのか..と半分諦めた気持ちでいたのだが、この人妻嬢との出会いが私のアナル遍歴を一変してくれた。この女性テクニックが異様にうまかったのかもしれないが、今までは入れる気持ちよさしか味わてこなかったが、アナル経験することによって、入れられる気持ちよさを感じられるようになり、これがまた入れる気持ちよさの何倍も興奮してしまった。すげぇ気持ちいい、超気持ちいい。徐々に指が奥まで入っていく感じ、どんどんと抜き差しするストロークが大きくなっていく感じ、四つん這いになって恥ずかしい部分を全開にして見られてる羞恥な感じ。アナルを責められることによって、これらの普段は味わえない極上の快感を一点に感じることができる。女性セックスときに毎回、こんな気持ちよさを堪能しているのか。入れられる気持ちよさを味わえないとセックスの楽しさのほとんどを堪能していないと言っても過言ではないのではないかと思うほどの、快楽がそこにはあったので、是非風俗行ったときには、アナルOKであれば食わず嫌いせずに挑戦してみるのをお勧めしたい。彼女とか奥さんとでは、中々アナルまで頼むのは大変恥ずかしいかと思うので、ここは素直に性風俗店に身をまかせれば良いのではないかと。

晩酌しながらの記述なので、かなり冗長しい部分があったかもしれないが、ざっくり私の風俗体験記を書いてみた。風俗というもの一期一会で、前に会えた女性と次に同じ店で会えるとは限らない儚さもあれば、風俗に行くまでの・女性プレイに及ぶまでの・風俗遊んだあとの・・などなどの様々な出来事に大きさの度合いはあれど、その時に訪れることでしか触れることのできない色んな経験を味わうことができる。今後、性風俗業界、どうなるか全く想像できないが、もしま風俗を訪れることがあれば、そこにまた新たなドラマが生まれるのだと思う。

2020-04-04

失ったものの大きさに気づく

今日も何もできなかった。昨日も、一昨日も、先週も、先々週も。

部屋は乱雑に散らかり、湿った匂いを振りまく。堆積する洗濯物と本。傍らにあるピアノは、厚い埃に覆われている。

風呂に入るのが途方もなく億劫に感じる。食後の歯磨きをする腰が重い。それだけじゃない。出歩かない日に着替えをしないのはもともとだけど、爪も伸びるままだし、日課の朝洗顔おざなりになったし、ある日目についた眉毛は気づいてから2週間そのままだ。

やらなきゃいけないことはたくさんあるし、やりたいことはそれに輪をかけてたくさんある。先方へのメールアポ取り、日課ピアノ練習、チームの作業TOEIC勉強、部屋の掃除勉強ならプログラミングもやらなきゃいけないし、他に溜めている仕事もある。全て進行していない。現状を鑑みてできないはずがなく、単純にサボっているだけとしか言いようがない。毎日惰眠を貪り、空いた時間起きることもなくゴロゴロし、ギリギリ体が動くとき思い出したように少しゲームをして、ただ夜が更けるのを待ち、空が白み始めた頃になって、今日も何もできなかったという後悔・自己嫌悪とともに眠りにつく。そんな毎日を過ごしている。どう考えてもサボっている。

そう。できないのではない。やる気になれない。もはや自分が頑張ることに意義を感じない。今の頑張りが明日につながるようには、到底思えない。今頑張ることは、明日含み損を減らしこそすれ、すでに抱え込んだ大赤字を解消してくれるわけではない。雪だるま式に増える借金の、無限に膨らみ続ける利息に押し潰される人生しか思えない。

誰も助けてくれない。おそらく、自分明日を気にしてくれる酔狂はどこにもいないのだろう。自分過去に目をかけてくれた人もほとんどいないから。私はこの数年間、日々硬直と停滞が進む体と神経に抗いながら、ボロボロになっていく心を誤魔化しながら、それでもできる範囲で実績を積み上げてきた。だとしてもそういうことなら、その実績はハリボテだし、ひいては自らの人生も廃棄寸前の見切り品しかなかったということだろう。そうではないと言える証拠は乏しいが、そうであると言える状況はいくらでもある。

どうしてこうなってしまったんだろう。どこかで道を間違えたことは分かっているが、どこかを修正してもこうなる未来から逃れられない気がする。

こんな状況だから……というわけでもないが、『恋する小惑星』というアニメを観た。『恋する小惑星』に登場するキャラクターたちは、与えられた問題に対して先送り的な解決法を見出しているシーンがいくつかあったように見受けられた。

正直、はっとさせられた。誰に限った話でもない、みんな明日に対する無力感は持っているし、それを根本的に解決する力を持っていない人だっている。でも、自分の周りにいる誰かが受け入れてくれるなら、明日意味生まれる。明日に何かあるなら、今日頑張れる。関係によって、問題をうやむやにしてしまうことで、多くの人は救われる。私にも、そのような光景があったならば。

いや、違う。私にも確かにあったのだ。単に選ばなかっただけで。選ばぬことを選んでいるうちに、一向に姿を見せぬ青い鳥を探し求めているうちに、褒め言葉や励ましは全ておべんちゃらに聞こえるようになり、損得勘定によって物事判断するようになり、快晴の空に思いを馳せる心の余裕が追いやられ、やがて慈しみの関係絶滅したのだ。それからのことは、語るに及ばず。私は、自分の逃した魚がどれほど大物だったかを、この段になって初めて悟った。

しかし。だからといって、だからといってどうすればいいのだ。もはや人と話していても言葉が通じている感触がない。失われた関係も、捨て去った機微も、粉々に崩れたパーソナリティも、もう戻っては来ない。軌道修正するにも、燃料の残量は少ない。気づいたところで、目の前にそびえる借金が消えてなくなるわけではない。

価値のない人間の行動に、価値は見出されない。価値のない人間言葉は、空虚のものだ。価値のない人間との関係は、価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない

詰んだ。来ないかもしれないかもしれない明日に、望みをかけて耐え続けることに何の意味があろうか。どうして誰かの代わりにもなれない欠陥品なのに生きていかなきゃいけないのだろう。これから何年、督促状でできた蟻地獄に耐え続けることになるのだろう。

存在しないと分かってもなお、私は銀の弾丸を探し続ける。生きている感覚がない。きっと4割位死んでいる。

2020-03-23

日本医者専門家は飛び抜けてレベル低い(2) 〜研究不正

日本医師研究者レベルモラルが低いのは昔からだぞ

論文全体に日本が占める割合が2.9%なのにも関わらず(米国:26.1、中国:19.3%、 英国:5.9%、独逸:5.2%)、

Nature や Science に正を名指しされるレベ

[Science] Researcher at the center of an epic fraud remains an enigma to those who exposed him

https://www.sciencemag.org/news/2018/08/researcher-center-epic-fraud-remains-enigma-those-who-exposed-him


[nature] What universities can learn from one of science’s biggest frauds

https://www.nature.com/articles/d41586-019-01884-2


日本語の研究不正問題記事は下記


なお、記事内に “撤回論文” が出てくるが、論文の変更措置は「訂正」「懸念表明」「撤回」 があって、「撤回」が最も重い

不正証拠が決定的でない場合は、懸念表明にとどまり

撤回される論文とは、有害無益な「世にないほうがよい論文


ネイチャー誌が糾弾日本発最悪の研究不正が暴く日本大学の「不備」(2019/06)

https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20190626-00131623/


撤回論文監視する「リトラクションウォッチ」は撤回論文の数でランキングを作っている。


 ちなみに、世界第一位日本麻酔科医、第五位はS氏の共同研究者医師、第六位は一位の麻酔科医と共同研究したことがある麻酔科医だ。上位6人中3人が日本人の医師、上位15人中6人が日本人(うち医師が5人)と、日本人は世界に恥をさらしている状態なのだ


日本大学の不備を指摘

 ただ、ネイチャー誌の記事は、日本研究者問題を取り上げたわけではない。ネイチャー誌が指摘したのは、日本大学研究不正調査体制問題があるということだ。


(略)


 大学調査は「不透明で、不十分」であったという。誰がどの論文調査したのかも明らかにしなかったうえ、研究不正調査にばかりエネルギーを注ぎ、重要であるはずの研究妥当かどうか、論文撤回修正必要かどうかの判断おざなりだったという。


 記事の中で、研究の誠実性に関する専門家であるCK Gunsalus氏は、日本機関は、不正行為を調査するためのプロセスを見直すべきであると指摘している。日本研究機関は外部の評価委員を入れる、Gunsalus氏が作成したチェックリスト活用するといったことが必要だという。


 私自身何度も記事にしてきたが、日本研究機関研究不正調査には大きな問題がある。研究不正認定されなければ、調査報告書は公開されないうえ、研究不正可能性があることを指摘した研究者処分したりもするのだ。



関連増田


参考になりましたか

anond:20200323175727

2019-12-11

anond:20191211004341

そもそもどうして野党議席が少ないのかというと、それは有権者の信頼を失ってるからに他ならない

そういう政治勢力は早々に淘汰させるのが本来真っ当な民主主義運用なのに、なぜかこの国には有権者から無用烙印を押された野党の存続に血道をあげる人がいる

おかげで与党は緊張感を失ってだらけるし、野党も何もせずとも自動的に得られる票があるので仕事おざなりになる

何の益もないよ

2019-12-06

年下の嫁をもらうときはよく考えろよ

40歳とき趣味で知り合った12歳年下の女性となぜかうまくいき結婚

身内を褒めるのもなんだが、いや可愛かった。

ピチピチしててキャイキャイしてて猫飼ってるみたいな。

ごめんよ。一緒にキャイキャイしてる姿はだいぶキモかったと思う。

まあ、とにかく嫁は明るく付き合ってた当初は楽しかった。

結婚後1年で子供も生まれ数年はお互いに育児もし充実した日々。

しかしやはり子供っぽい性格の嫁は襲いかかる育児理不尽さに耐えられなく

なって来て、家事子育ておざなりになってきた。

かに結婚するとき「病める時も支えまーす」って言うたよ。

けどプチメンヘラが3年もつ続くと辛い。

育児などで仕事時間が減り、家に持ち帰ったりしたけど

やはりできずに責められることもあった。

そう言う時な、妻に一切愚痴とか言えんのよ。

一度言ったら「家事のできてない私のせいって言いたいの?」と半ギレ。

はっきり言ってもうちょっと丈夫な嫁をもらえばよかったと思ってる。

年下の嫁をもらうってことは、ずっと嫁を支えなくちゃいけない、

自分は誰にも頼れない人生をこれから歩むと考えといたほうがいいぞ。

2019-11-20

現実セックスができない

できるが、楽しめない。汚いと思ってしまう。エロ二次元しか摂取してこなかったせいか現実性器グロテスクに感じてしまう。前戯おざなりにしてしまう。よくないとはわかってるけど、生身の人間って匂いとか味とかあって、舐めたりするのキツい。それでも我慢してするけど、楽しいものではない。それが嫌で、セックスはあまりしたくない。キスディープなやつは好きじゃない。汚い気がしてしまう。潔癖症ではないのに、むしろ物理的な汚さには耐性がある方なのに、何故なんだろうか。毎回セックスレスになって振られる。

2019-11-18

表現規制は隠れ家作り?

献血ポスター案件もそうだが、性に関してちと過敏すぎやしないだろうか?

しろ知識おざなりバカを量産して裏で楽しむためにやってんじゃないのとすら陰謀を感じてしまう。

いたよね?規制だなんだと正論かましているように見えて実は児童売春してたとか。

2019-11-17

アルファベット略称とか横文字とか

ニュースにでてくるアルファベット略称

あれ何とかならんもんかといつも思うのだが。

GSOMIA

何だかからない。

General Security of Military Information Agreement

軍事情報に関する包括的保全協定

なのだから

「軍情協定

の方がピンと来て分かりやすいはず。

いっとき騒いでたTPPも、

Trans-Pacific Partnership Agreement

環太平洋パートナーシップ協定なのだ

「環太協」

と呼んだ方がストンと来るやん。

明治時代人達は横文字に対して一生懸命訳語を作ったわけでしょ。

philosophy→哲学、とか。みんなが母語で物を考えられるようにと。

何かそのへんの感覚が今はおざなりになってる気がする。

日常生活もこないだ、

フライパンで魚を焼くにはクッキングペーパーが必要、という記事ネットで読んだので、

マツキヨでそれらしいのを買ったわけ。

そしたら何だか勝手が違うのでよく見たら、

俺が買ったのはキッチンペーパーで別のものでありました。

調理紙」「台所紙」となってればアホな俺でも分かったのに。

あとちょっと違うけど「持続可能な」ってやつ。

これsustainableの訳語でしょ。「長持ち」でええやん。

2019-11-13

人を変えることができるのは教育だけ

青森県でも小中高校で「いのち教育」しっかりやって欲しい

ちゃんとやらないと少年犯罪が起きる

他県と比べておざなりになっていたのではないか

2019-11-10

俺のお気持ちを全開にすると朝の情報番組は全滅するけどいいのか?

芸能ニュース芸能人がメインで取り上げられて芸能人が出演したイベント本体おざなりになることも二度と無くなるがいいのか?

2019-10-29

塩の量には基準があるけど子育てにはない

厚生労働省はさ、子供は0歳から保育園に預けて働けって言うじゃん。それもおざなりだけど。

保育士子供気持ちとか知ってるだろうけどさ、オーバーワークなんだから

一人一人にいい顔できないでしょ。

愛情たっぷり与えるには、父兄地域の協力が必要で、不審者通報させてる場合じゃなくて…とか。

どういう接し方したら子供が素直になるとか。

ゴミみたいな情報が山積してる世の中なんだからさ、国がそういうの示してくれないとさ。

頼むわ。

来年入試制度がクソな件

自分はあまり賢くない受験生だが、その自分ですら、民間試験といい、新テストといい、永田町の人たちは就職氷河期ならぬ進学氷河期でも起こそうとしているのか、と疑いたくなるほどの出来である

まず民間試験

自分英検、GTEC、TEAPと受けたが、かなりレベルに差がある。どれがどれとは明言しないが、こんな簡単なのか、というものからセンター試験より難しいものもある。

そんな差がある中で、どうやって共通の成績を出せるのか。一応、CEFRというものがあるらしいが、能力が変わらない自分一人でも試験ごとにズレが生じた。

能力に差がある人が受ければ、自分の実力以上もしくは以下の成績になってしまうだろう。それを「公平」と呼べるわけがない。

そして、首都圏の人たちはまだいい。自分に合った試験もしくは簡単試験選択できる。だが、地方の人たちはどうだろうか。地方の人でも受けやすいように受験会場を近くに設置するとあるが、それはすべての団体が同じような場所に設置してくれるのだろうか?

A地方はGTECしか受けられません。とか、B地方はTEAPだけです、とかになればどう考えても地域格差が出るのは目に見えてる。そうでなくとも、首都圏の生徒のように日帰りで受験する事ができない生徒だってでてくるだろう。少なくとも、地域によって格差が生まれるのは明確だ。

折角、地方創生大臣なんて役職作ったのに地方忌避させるような事をしてどうする。もはや呆れや怒りを通り越して滑稽としかいいようがない。

そして試験の中身もグローバルとは程遠いものが多い。特にスピーキングガバガバである

GTECは機械スピーキングテストを行うが、各問に与えられる解答時間はかなり短い。何回か考えている間に解答時間を過ぎて解答出来なかった。だが、実際の会話で制限時間などあるだろうか?流石に何時間も黙るというのはダメだろうが、流石に十数秒話さないだけで話を聞かなくなる人などおるまい。重要なのは少し時間がかかってもいいから内容をちゃんと伝えられるかが重要であろう。コミュニケーションとはそういうものではないだろうか。

英検とTEAPは試験官とのテストであるが、当たり外れがひどい。英検は受けてから久しいので忘れてしまったが、TEAPは日本人のおばあちゃんだったが上手い下手の前に声が小さくて聞こえなかった。聞こえなければ会話なんてできるわけない。大きくと何回かお願いしてやっとだ。(というかそもそも日本人同士で英語能力テストするのに意味はあるのか。グローバルとは何なのか。)

リスニングICプレイヤーでなくスピーカーであるスピーカーだと座席位置によって聞こえ方が違うし、だれかが咳をしようものなら、耳に入ってくるのは英語ではなく咳の音である

これを避けるためにセンターではICプレイヤーを導入したが、民間試験採用する気配はない。なぜわざわざ劣化させようとするのか。

極めつけは、グローバル人材育成のための導入だと言っているくせに、英語しか選択肢が無いことだ。グローバル化とは、世界中の人たちとコミュニケーションをとる事ではないのか?

であるとしたら、何故、英語以外の外国語試験が導入されていないのか?

お偉いさん方は、英語さえ話せれば世界中で会話が可能だと思っているのか。そんな訳ない。

英語以外は学習指導要領外だから採用するわけない、という人がいるかもしれないが、この試験採用されている英検1級やIELTSはどう見ても、高校指導要領外のレベルである英語であれば要領外でも許されるかと言われればNOであろう。なおかつセンターでは外国語選択できる。

私にはグローバル化云々と語る文部科学省ホームページ胡散臭いものに見えてしょうがない。

次に新テストである

プレテストを一回しか行わなかった地点で地雷しか見えない。

どんな商品であれ、実験であれ、試行修正を繰り返して完成するのは自明だろう。試行を一回行っただけで、精度が完璧になる事は奇跡に近い。

だが、もうプレテストは行わないという。それでどうやって精度を向上させるつもりか。まあ、「1~2年は精度向上の期間」と言っているので、来年整った試験ができるのは望み薄だろう。

内容もこれまた酷い。解いてみたが、ほぼほぼ文章抜粋しろというものだが、小学校中学校とやってた「~に当てはまる部分を本文中からn字で抜き出しなさい」を思い出させてくれる出来であった。要するに、思考力などほぼいらない。そして、おそらく言っている事は同じでも、言い回し特殊だという回答も出てくるだろう。それを対応できるかも問題だ。

おおよそ50万人が受験する試験20日程度で採点しなくてはいけないので、学生バイト採用するといっていたが、学生バイトに公平かつ適切な採点をしろというのは無理な話だ。

彼らは素人である。たとえ明確な採点基準があったとしても、それと全く同じ言い回しの解答とはいかないだろう。そういったときに彼らの採点は公平と言えないだろう。

また不正や贔屓も横行するのでは、という心配もある。自分の後輩に受かってほしいと思う先輩もいるし、受験する側も大学生にいい点が取れるように「お願い」するだろう。そうなると、もはや公平云々など言っていられない。

数学は単に数式を書き込むので、採点ミスというものは少ないだろうが、それならなぜセンターのままにしないのか甚だ疑問である

そして大学入試とは本来独立行政法人仕事、すなわち利潤追求を目的としない事業ではないのか。何故、事業を請け負っているはずのベネッセ対策講座などという、あからさまに利潤追求を目的としたものがあるのか。

この改革に一体どれほどのメリットがあるのか?

受験者も大学も得をしない、得をするのは一部の企業だけだ。そんなことは既に分かっている。様々なところから不満や怒りの声、中止を求める声が上がっている。(当然だろうが特に高校から

どうして、この問題当事者であるはずの学生の声を政府は聞いてくれない?教育は国の繁栄の最重要課題ひとつではないのか。

大学での教育重要なのは、ご存じだろう。なのに、なぜさらに実力とは違う部分で門戸を狭めようとするのか。

ここまで長々と書いてきたが、詰まるところ、改善なき改革はやめていただきたい。もし、どうしてもというのなら、きちんとした整備された状態になってから、いつに実施するというのを決めてほしい。受験生は数か月で新しいもの対応できるほど万能ではない。中止すると混乱するなどとおっしゃるが、混乱するのは我々高校生ではない。学生おざなりにしてきたあなた方だけだ。

最後に、

この日記を書いてて、懐かしい言葉を思い出した。子ども保育園入園させられなかったお母さんが放った、「保育園落ちた日本死ね!」という言葉だ。

自分たちの努力ではどうしようもできないほどの壁がある、しかもそれが国民代表であるはずの行政によるものであると感じている今、あのお母さんの言葉が重く響く。

以前は保育。そして今度は教育

だれからも「入試落ちた日本死ね!」という言葉が出てこない結末を迎えられる事、そしてこの日記がしがない高校生の戯言で終わる事を祈る。

(ここまで見てくれた方、ありがとう。色々言いたいことはあるでしょうが、とりあえず拡散でもしてもらえると幸いです。)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん