「願わくば」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 願わくばとは

2019-06-18

延命というエゴ家族押し付けるのってどうなの?

私の両親は「延命はしないで欲しい」と良くお願いしてくる。

まだ61歳で、そんな事は考えたくないけれど

苦しみながら病院で生き続けた祖父母を見たからだろう。

兄弟が何ていうか分からないが、「延命しますか?」と聞かれたら断ろうと思う。

そのまま病気が治るのでなければ、吐いたりその他苦しむような措置をとりたくない。

願わくば、本人が一切苦しむことなくポックリいってくれること。

延命ってのは、残された側のエゴしかないと思う。

復活しようのないものは、もう切っても良いのではないだろうか。

生きているうちに、「延命措置はしない」みたいな文書が作れないだろうか。

anond:20190618094315

だよねえ

願わくば子供にも将来苦労してほしくないからそれなりの環境を与えたいし 習い事でも学校でもなるべく子供希望に沿いたい

未婚も既婚も一番大事なのは健康と体力と精神衛生で それを維持するにはある程度の収入が、ある程度の収入を得られる状態を維持するにはそれが必要 すべて失った今ならわかる

2019-06-03

anond:20190603224216

いや農水省事務次官に対しては「良くやった」以外ないでしょ。

家庭内暴力があり、住んでいられなくなるほどの近隣住民との間にもトラブルがあり、小学校に対して害意を持っていた。

自分暴力さらされていたんだから実感として「いずれはやる」と判断して、社会から忌み枝刈りをしてくれた人でしかない。


例えばカウンセラーを呼んでみたところで、隔離してくれなければ、家庭内暴力悪化する燃料にしかなり得ないし、自分家族危険だと考えれば専門家に頼るという判断は出来ないよね。

まず被害を身近で受けている家族を守る為に、クズ社会から隔絶する、その上で独り立ち出来るように支援をするというのであれば、ほんの僅かな可能性もあるけど更生なんか無理でしょ。絶対

忌み枝を刈り取った父親は立派だったと思うね。殺される前に殺して身を守ったんだろうし、子供たちに被害が及ぶ事をも防いだわけでしょ。


たとえゴミでもクズでも、自分の子供には違いないし、生きてるのを殺しちゃうと罪に問われてしまう上に、人生に大きな汚点を残してしまう。

立派な父親ゴミクズを殺して犯罪者にならずに済む様に、国や社会積極的クズ排除する様にして、家庭内暴力から父親を守るべきだったでしょう。

事務次官の様な国に尽くした大物ですら警察も国も守ってもらえないのだから一般引きこもりから暴力を受けている老人たちはもっと難しい立場にいる。

今回の事件で足りないことが分かったのはそれだよね。家庭内暴力を振るうような犯罪者予備軍を、社会から排除して一人で死んでもらう仕組みを作らなくちゃならない。

家庭内暴力で苦しんでいて、死の恐怖を感じていたかよわい老人が、「二度と報復を受けない決定的な反撃をしていい」と自分正当化して、社会のために事に及ぶ類似例は増えるかもね。

引きこもり家庭内暴力を振るいながら親の財産を食いつぶす中年が殺されたとして自業自得しかない。願わくば、親の手を煩わせず一人で死んで欲しかったが。

2019-05-28

anond:20190527201552

想像だけど、そもそも自身が「我が子が生まれる」というライフイベントを前に、不意に自分趣味に疑問をもったのがコトの始まりだったんじゃないかあなたは夫を、同じ「ヤバい趣味もち、として「同士」と認識してたのかもしれないが、夫にとって「趣味」は、何かの代替しか過ぎなかったという可能性。そう整理すれば、それはよくある「音楽性の違い」みたいな話になる。


高校生バンドを組む、お互い、他の人と違って「音楽好き」でNo Music,No Lifeだよななんて言いながら楽しく仲良くやってたりするんだけど、しばらく経って双方に彼女できたら、片方は以前と変わらず音楽に打ち込んで依然ガチ勢だけど、もう片方はなんか以前ほどの熱量音楽やらなくなって、あれひょっとして俺ってモテいかバンドやってただけなんじゃね? って今更のように気付いたりして、そうなるまでは分かんなかったりするんだよね。そういうの。で、後者はその自分自身への疚しさからつい口に出してしまう。「音楽とか、そろそろいいんじゃね? 俺らもいい大人なんだしさ」


たぶん、夫は、これまでその趣味人生の何らかの空白を埋めてきたのであって、それがとても深刻な空白であるほど彼は自分自身趣味ガチ勢だと認識してきただろうけど、子供ができたこれまでの過程の中で、ふっとその空白が満ちてしまったのかもしれない。その瞬間彼は、自分がもはやガチ勢ではないと気付いてしまったのではないか。あるいは、これまで完全にファンタジーとして機能していた自分趣味現実と強い関わりを持ち始めた瞬間に、ファンタジーとして機能しなくなり始めたのかもしれない(妹のいない妹属性マニアが、突然妹ができて妹がファンタジーで無くなるとともに、妹属性マニアでなくなるような現象)。だが、その場合は、あらたファンタジーをどこかに求めるだろうし、それなら、突然安易他人趣味に踏み込んだりはしないだろう。おそらく前者の想像が正しいと思う。あなたの夫は、実は同士ではなかったのだ。最初から。それは彼の勘違いに過ぎなかった。


この想像が当たっているなら、おそらくあなたが混乱しているように、あなたの夫もまた混乱の極みにあることと思う。あなたはまだ夫を遠ざけることが(何なら物理的に)できるが、夫が本当に「やめさせたい」のは過去自分自身行為であり、それは、何をしても消すこともできなければどこまでもつきまとう呪いである自分過去、変化した現在自分、どちらも受け入れがたい彼は、いま救いのない混乱の中にあるだろう。普段なら、今までならしなかったようなあなたに対する一連の言動も、つまるところその混乱が生んだやつあたりに過ぎない。正直、彼の心がどうすれば、どのようになれば元に戻るのか、想像もつかない。

これは、何か目の覚めるような画期的アドバイスとかではない事態を分かりやすく整理しようとしただけの何かだ。余計なお世話だ分かってるよバカヤローと言われればそれで終わる、ただの落書きだ。ただ一つ言いたいのは、結婚というのはだいたい勘違いでできているのだから勘違いが即「婚姻継続しがたい主な原因」とはならないってこと。そして私が期待するのは、こんな風に整理したとき、たとえ勘違いに根ざした絆であっても、「情」に基づく対応あなたの側から可能なのではないかってことだ。あなた結婚するとき、病めるときも健やかなるときも……と誓ったのではないだろうか。あなたの夫はいま、明白に病んでいる100%自身責任であると思うが、病んでいる。病んだ夫の病んだ行動を、自分に益がないものと切り捨てる判断をするなら、それはもちろん止めようがない。だってあなた自身もいま明らかに平常ではないのだから妊娠出産という、およそ通常ではない時間を過ごしているところなのだから。無理をして夫に寛容になれ、とはとても言えない。ただ、平常ではない二人が、意地を張ったまま早急な決断をしても、それは誰も幸せにはしないと思うな。あなた幸せはいったい何か。


あなた問題なく善なる人であり、そして、おそらくあなたの夫もただの善なる人なのだ。お互いにまだその一点について同意し合えるなら、そこには落としどころというものが必ず存在し、幸福未来もあり得るはずなのだ


それにしても「俺も止めるからお前も止めろ」はないね。それは卑怯だ、だって全く等価じゃないんだから。オタマジャクシと魚の友情。お前は実は蛙だったのかもしれないけど、私は魚なんだ。「そろそろ陸にあがろうぜ」なんて言われてもどうしようもない。そんな気分だろう。それでも蛙が無茶さえ言わなけりゃ、水の中でなら仲良く暮らせたりするかもしれないんだよ。願わくば時間が万事うまく解決しますように。やれやれ

2019-05-22

ある未央Pの反省

シンデレラガール総選挙本田未央に全票投票していた一人だが、内省していることが2つある。

未央ちゃんとほかの未央Pにはとても申し訳ないことで、表では言えないことなのでここに書く。

総選挙で負けたらとても言えないことなので、今だから言えることでもある。


1つ目は今回の総選挙でもしかしたら未央が勝てないかもしれないと思ってしまたこと。

対抗はシンデレラガールズ一番人気のユニット(6周年アンケート参照)「トライアドプリムス」の北条加蓮

もう一人は、ツイッターPixivで今一番勢いのあるアイドル夢見りあむ

特にはてなブログ界隈とかだと、りあむ人気はすごくて、内心今度こそ勝てるよねと思いつつ結果が出るまでずっと不安だった。


2つ目はそれで弱気になって、もしかしたら今回の総選挙勝たないほうがいいんじゃないかって思ってしまたこと。

ただこれは、ずっと上位だと曲が貰えるとかそういう話だけじゃ済まない。

もし今回の総選挙で勝てないと未央と未央Pどうなるか想像するのは怖かったが、正直ゾクゾクもした。


加蓮に負けるならまだ大丈夫だ。未央は加蓮にとりあえず「おめでとう」を言いにいくだろうし、後でちょっと泣くかもしれないが、来年こそ頑張ろうと言える。未央は加蓮を尊重している。問題はりあむに負けた時。

アイドルとPは似るという。繊細で真面目な未央を推している未央Pがりあむに負けたことを許せるだろうか。

「どうして未央ちゃんの得票こんなに少ないの?ずっと頑張ってきたのに」とか「私総選挙やめる」とか言ってアニデレ6話の再現になりかねない。総選挙上位どころか圏内ですらないアイドルのPからは「ふざけるな」という怒号を発する者も出てきただろう。

未央は裏で大泣きするだろうと思った。未央Pは未央らしい綺麗事で未央はもう挫けないなんて言ってるけど、アニデレ前半であの件から立ち直ってもう大丈夫だろうと思っていたら後半でもしぶりんがトラプリと兼任すると言ったら泣きながら部屋を出ていったからね。彼女の繊細さは本質であってどうこうなるものではない。誤解を恐れず言えば未央はデレマスアイドルの中で「特別努力家」では決してない。だが、何より努力価値を重んじる人だ。りあむに負けたら努力なんてしてない新人に負けた悔しさと、「皆と仲良くしなくちゃ」という規範彼女を引き裂いただろう。(妄想にだが、りあむはまた意図せず暴言を吐くかもしれない。もしそうなったらしぶりんあたりが加蓮と未央のためにりあむをぶん殴りにいったりしただろうか。)


妄想は置いておいて、仮にもし今回の総選挙に負けていたとしても、そのことはアイドル未央の成長の糧になっただろう。

何の気なしに受けた最初オーディションに落ちたこと」

「お客さんが思ったより少ないと言って、やめるとか言い出したこと

「しぶりんがトラプリ兼任するといってニュージェネじゃなきゃ嫌だと言って泣いたこと」

(いずれも書き出してみるとひどい理由ではあるが)挫折の度に未央は大きく成長してきた。アンチは決して理解しようとしないが、そこが未央のいいところなのだ



結果として以上の心配杞憂だった。未央は2位の加蓮に大差で圧勝した。未央担当あるいは周辺のアイドル担当の多くのPから熱烈な支持を受け、シンデレラガールズのセンターたるニュージェネレーションズのリーダーとしての正当性証明した。

特筆すべきは結果発表の数時間前にデレぽで勝利宣言ツイートしたことだろう。不満を持った人もいるようだが、結果確定前の勝利宣言アメリカ大統領選挙等でも見られる光景であり、なんらおかしいことではない。


「あの臆病だった未央ちゃんが、そこまで強く成長していたなんて」

正直、自分が信じるべきアイドルを見くびっていたことが恥ずかしいし申し訳ない。加蓮は悔しがっているだろうか?正直彼女は(病気とそれに伴う初期のひねくれた性格とで)未央ほどの失敗はしてないにせよ出遅れアイドルであり、栄冠を掴むのが一年遅れてしまうのは仕方ない面があるだろう。りあむはコメントを読む限り、1位にならなかったのは本人にとって救いだったと言える。未央が少しでも彼女のためになれたのなら幸いだ。今なら未央も未央Pもりあむのボイスと歌を心から祝福できる。


選挙結果発表後にニュージェネ3人が喜んで泣いているところを書いてくれた絵師さんが何人かいたが、ニュージェネは(仕事の都合が合えば)今日笑顔で祝賀会をしていると思う。しまむーあたりは泣いたかもしれないし、未央や凛もちょっとぶって泣いたかもしれないが号泣することは決してないだろう。そう。これは「当然の結果」なのだから。多くのアイドルが、多分未央ちゃんを祝いに来てくれると思う。他のアイドルPで未央アンチ寄りの人たちを煽っているようだが今はそういった羨望が心地よい。


一つ補足をしておきたいと思う。何も知らないはてな民には「自己承認欲求」や「炎上」をテーマにした夢見りあむこそが斬新で時代に合ったアイドルであり、本田未央運営に推されているだけのつまらん旧時代アイドルだと勘違いしている人もいるだろうが、そんなことはない。5chやらなんやらの掲示板を見れば、夢見りあむの「炎上」などなんでもなく、実際常に燃え続けているのは本田未央のほうだとわかるだろう。一度上位をとった多くのアイドルが身を引く中、未央と未央Pは前々回総選挙と前回総選挙の2位という素晴らしい結果にすら不満を抱き、「シンデレラガール」の座に誰よりも強い欲望を見せた。これが肥大承認欲求でなしに何だというのか。そしてそんな未央を多くの人々が支持している。

本田未央はこれからも炎の中をさらなる高みを目指して進んで行く。未央を推せとまでは言わずとも、どんな感情を抱こうが、願わくば彼女の行く末を見守って欲しい。

2019-05-21

川島瑞樹というアイドル

川島瑞樹が好きだ。

担当Pをしている。かわいいアイドルを目指す彼女も、ハジケる彼女も、大人の顔を見せてくる彼女も魅力的だと思う。

けれど、私はいつも迷う。

ちょくちょく聞く「川島瑞樹は全属性」という言葉は、実はあまり彼女を表してはいないのではないかと。

そもそもそういう「多面性のあるアイドル」は他にも多くいるはずだ。名前は挙げないが、心当たりはぱっと浮かぶ

そして全属性を兼ね備えるがゆえ、オールラウンダーとして認識されるがゆえ、一つ飛び抜けた属性認識されづらいのではないかとも思う。

まり、「飛び抜けた特徴がない」。

これは誤解を招くので補足するが、私は彼女を魅力的なアイドルだと思っているし、目立った特徴のないアイドルだとは思っていない。出来得る努力を惜しまず、人生を楽しむ彼女の強さは唯一無二だ。実際お姉さんポジションとしての活躍めざましものがある。

ただし、彼女にはぱっと示せる「アイコン」があまりない。ブルーナレオンメンバーでいうならメガネだとか、漫画ペンだとか、うさぎさんのような。またはセクシーデリバリーのような。そういった彼女を表すものが、ないのだ。強いて言うなら美容クリームか(グッズや他アイドルの絵で確認した限りは)。

決して特徴がないわけではないが、アイコンのような、ダイマ必要インパクトやわかりやすさのあるものが、今手の内にはない。

After20での露出も増え、コラで盛り上がった当時とは違う形で認知度が上がっているこのタイミング、どうか来年まで保ってほしいし、活かしたいのだが。

本気で川島瑞樹を上に上げたいのなら、もう少し危機感を持った方がいいと思った。

「なんで入ってないの?」の層にもわかってもらわなければならないし、川島瑞樹をよりわかりやすく、ユニークに伝えやすくする何かが必要なのをわからなければならない。

何度でも言うが、私は川島瑞樹が大好きだし、魅力的だと思っている。だからこそ歯痒い。

私自身答えは見つかっていないし、これから必死に探すつもりだ。もちろん探して見つかるものかはわからないし、その辺りはもはやどんなに頑張っても運なのかもしれないが。

しかし最終的には総選挙近くにそういったものが発揮できなければならないし、少しずつ流れを作っていかなければ、上どころか圏内も厳しいだろう。

来年こそは、来年こそははいつまでも続かない。

彼女は長らくデレステには登場していないが、それを待つのも含めこれから1年間頑張ろうと思う。

願わくばルナポ、フォーリンシーサイドなど参加ユニットの躍進を。

異論は大いに認める。だけど、本当に来年頑張るというのなら、第1回より後から1回も圏内に入っていないという事実はきちんと考えなければならないのではないだろうか。

2019-05-20

さよなら、夢見りあむ。楽しかったよ。

夢見りあむに票を投じた楽しい総選挙が幕を閉じた。

残念ながらりあむは三位というそこそこ順当な順位に終わってしまったが、まぁこんなものなのだろうか。

私は今年のGWから始めた選挙エンジョイ勢なので、別にアイドルキャラクターストーリーなどにはあまり興味がない。

メタ対人ゲームとしてのモバマスはとても面白いがそれはそれであって、所詮このゲームアイドル虚構存在であると思っている。

今回の選挙は、残念ながらりあむを一位に送れなかった以上は敗北と言えるだろう。

加えて、結果的にはおそらくモバマス運営の手のひらの上であったことも残念ではある。

ただ、負けても得るものはあった。

特に一番の収穫は、モバマス運営の素晴らしい腕前を身を持って体験できたこである

結果論ではあるのだが、彼らはヲタクをカモることに関しては天才であると思う。

今回のモバマス運営は、炎上上等の手を打って、それをコントロールしきったという点で極めて優れているプロデューサーであると言える。

デレステ登場の初手から声が付いている二組のコンビアイドルは、おそらく声のない捨て駒アイドル担当プレイヤーを煽るためのものであろう。

そして煽られたPが不満を爆発させたところで、満を持して炎上上等の三アイドルを放り込み、そのうちの誰かが炎上することで総選挙新しい風を吹き込む。

おそらくこれは狙ってやったものだと思う。

なぜならば、今回追加された七アイドルは、全て「今現在」勝っても物語が完結せず、「総選挙で勝った後と、負けた後のストーリーが組める」からだ。

そしてそれは全て、プレイヤーの手によって構成されるようになっている。

これは私もこのゲーム初心者故に大きく勘違いしていたのだが、運営物語を組む必要性はなかったのだ。

例として、今回三位の夢見りあむを見てみよう。

りあむは「自分はがんばれないけれど、がんばるアイドルを見て癒されている、アイドルになりたいヲタクである

もし彼女総選挙で勝った場合彼女は「がんばっていないのに勝利してしまった」ことによりヲタクとしての信念と自身の現状がぶつかり合う、という「本当のアイドルになる」ストーリープレイヤー側が期待するようになっている。

もちろん、敗北した場合は「これから本当のアイドルになっていく」ストーリーとなる。

この「これから本当のアイドルになっていく」点はあかりあきらにも共通している。

現実主義あかりは儲けることが狙いのキャラクターであり、アイドルはただの手段に過ぎず、実際に受け狙いの属性は口調を除いて持っていない。

あきらに至ってはただひたすら属性過多であるというだけで、本人にアイドルをやる理由は現状では特にないのだ。

もしも勝利した場合彼女たちの物語は「これから本当のアイドルになっていく」という点を読み取ったプレイヤーの手によって幾らでも作り出せるようになっている。

デレマスの四アイドルは、上記三人と同じようなキャラクターの上に、更にプレイヤーの不満を煽るという役割を負っていたと思われる。

ちとせは「己の死の後の世界を本当に変える」、千夜は「これから己の人生を見つけ出す」、凪と颯は「姉妹から独立する」、などのストーリーを構築できる。

そして、彼女たちは今この時点でシンデレラになるだけでは意味がない上で、最初から「寵愛を持っている」キャラクターとして作られている。

それは最初から曲を引っ提げてきた・声が付いていたという事実だけではなく、二人の関係性がやたらと強固であるという点にも見て取れる。

この四人は、いずれも他のキャラクターをあまり必要としないのである

もちろん既存プレイヤーが求めているのは己がリソースを吐いたキャラクターの強化なのだから、この四人のようなキャラクターは少し的外れであろう。

からこそ、炎上火種になれるし、プレイヤーは「コンビ関係性が外に開いてゆく」これからストーリーを期待するのだ。

まぁ、こういった狙い撃ちがどれだけ成果を出したか、はツイッターなりブログなどを見れば容易に確かめることができるだろう。

私は夢見りあむを使って、頑張って課金してアイドルに票を突っ込んでいる、他のプレイヤーのやる気をそぎ落としたかった。

この手のゲームは九割の売り上げを一割のプレイヤーが上げるので、その一割のプレイヤーゲームから退場させてしまえば勝てる(ついでにゲームが終わるが)からである

そして、それができるキャラクターは、中間発表の時点では「特に何の物語もない」と思われていた、りあむを置いて他にはなかった。

増田を使ってお気持ち怪文書投稿したのも、プレイヤー攻撃たかったのが理由の一つだ。

しかしそれはプレイヤー積極的物語を作るこのような構造により、りあむを一位にしないかぎりは不可能であったし、仮にりあむを一位にしてもダメコンが効いた可能性が高い。

全く持って見事だと思う。

物語がないことすらも物語に取り込むのであれば、もはや私にできることは”ヲタクすげーなー”といいつつゲームアンインストールすることしかない。

大量の課金で票をつぎ込む重課金者と、お気持ち怪文書を訳知り顔で解説する暇人捨て駒アイドルリソースを突っ込んだ敗北者に、運営の狙い通りに後乗っかりした愚者

妄想溢れる愉快な人間人間で遊び遊ばれる、本当に楽しい半月間であった。

さよなら、夢見りあむ。楽しかったよ。

願わくば来年コイル枠になり得るアイドルが登場せんことを。

2019-05-18

命の選択をした

奥さん高齢出産で、世帯所得も多い方じゃない。

13トリソミー18トリソミー、そしてダウン症の子が生まれた時に支えられる自信がない。

から羊水検査で命の選択をすることにした。

もし陽性だったら中絶をしてもらうと思う。

まれて初めての殺人をすることになるのかもしれないと思うと、結果の出る再来週が怖い。

インターネットを調べても生かす方法がよくわからなかった。願わくば、誰か染色体異常のある子が生きていける方法を教えて欲しい。

2019-05-16

RPAにこだわるのがなんか気持ち悪い

RPAて、業務システムの間を繋ぐグルー的なものなので、業務システムが変わったら使えなくなる。

そんな一時しのぎな道具なので、いつでも捨てられるようなジャンクな処理だけを担うべきだと思う。

さらに、たとえジャンクな処理であってももっとオープン技術スタンダード技術実装すべきと思う。RPA製品がなければ動かないのでは将来は負債しかならなくなる。

なのに!なんとしてもRPAを使って工数削減した実績を作るべし!という雰囲気職場に渦巻いている!RPAにこだわるの気持ち悪い!

そのRPA製品を覚えるより、VBA覚えたほうがいいし、WEBスクレイピングを覚えたほうがいいですよ!と思うが口に出せない。

RPA製品だけ使えるようになっても価値がないと思う。

RPAなら自動化してみようか」という人がいるのか?プログラム書けない人は自動化の発想すらないと思う。RPAも使えないでしょ。

と悲観しつつも、願わくばRPA自動化の機運が高まりRPA以外の何らかのプログラムを書ける人が増えんことを!と少し希望を持ってみる。

メギド72の協奏

私はメギド72が好きだ。

初期からプレイヤーで、課金もまぁまぁしている。

新しいメギド(メギド72ではユニットの事をメギドと呼ぶ)が実装されるたび、ある程度までは課金してきた。

  

そんな大好きなメギド72だが、謳い文句に「レアリティが無い」というのがある。

まり、どんなユニットであっても「完全に使い道が無い」とか「完全に他のユニット劣化」というのが無いという事だと思っている。

公式生放送でも「どんなメギドでも役割があるのがいい所」と言ってるぐらいだし。

また、配布ユニット課金しなくてもイベントストーリーを進めると手に入るユニット)が強いというのもユーザー間では言われていた。

かに強い配布ユニットも多いと思う。

しかし、上記二つが真実かというと実際には違う。

使い道がなかったり、他ユニット劣化だったりする事は結構ある。もちろん完全に劣化というのは少ないが。

配布ユニットに関しても、ガチャから出るユニット劣化だったり使い道がなかったりもする。

まぁよくある事だ。

  

そして、メギド72にはタクティカルソートという概念存在する。

これは普通の行動とは違う行動全般を指し、同じタクティカルソートを用いるユニット同士でパーティを作ると一風変わった戦い方ができるというものだ。

その中の「協奏」というタクティカルソートについて思ったことがある。

メギド72はいわゆる「課金すればするほど強くなる」ソーシャルゲームとは違う事を盛んにアピールしていたように思える。

ユーザー間でも「配布だけで戦える」とか「配布が強い」とか言われていた。(配布ユニットの中にも特に強いユニット存在する)

そして、「戦闘の奥深さ」に関しても盛んにアピールされている。

プロデューサー自ら「メギドではユニットが増えるたび戦闘選択肢が増えるゲームを目指しています」と言っていたぐらいには戦闘に重きを置いている。

ユニットが増えるたび、敵に対して取れる戦略の幅が広がり、ユーザーはその中から適切なものを選ぶ事を楽しむ。

そういうゲームだったと思う。

  

4月の新ユニット実装で、前述した「協奏」を使うユニットが追加された。

「協奏」では音楽に関するユニットを用いる事で、「音符」を溜めることができ、溜まった音符の数に応じて技の性能が増減するというものだ。

同時に行われたイベントで「協奏」を用いるユニットは配布されたが、同じ頃に行われているピックアップガチャから排出される「協奏」を用いるユニットの方が明らかに良い性能をしていた。

ここまで露骨に配布ユニットとそれ以外で性能格差を付ける事はなかったので驚いたが、そういうものだろうと思った。

そして、この「協奏」が非常に強かった。

間も無くしてメインの方のストーリー更新されたが、「協奏」で大体進めてしまう程度には。

この「協奏」というタクティカルソート、強いのだが動きが固定化されており、最初の方はその圧倒的な性能を楽しめたが、そのうち戦闘のものを楽しめなくなってきた。

だが、せっかく強い手段が使えるのにわざわざ弱い手段を用いる気にはならなかったので、結局「協奏」で出来るところは全部終わらせた。

配布ユニットの「協奏」との差に運営への不信感を募らせながら。

  

そして5月に入り、新しいイベントが始まったが、やはり「協奏」で全部突破できてしまった。

ストーリー自体面白かったが、戦闘自体面白くない。

でもわざわざ「協奏」を捨てて別の手段を用いるのは、なんだか無理矢理メギド72を楽しもうとしてるみたいで嫌だった。

そして何故「協奏」はここまで強いんだ?運営バランス調整を間違えたのだろうか?と疑問に思うようになった。

だが冷静に考えたら、運営が「協奏」をどういうものにしたいのか気づいてしまった。

  

「協奏」は音楽に関するユニットを同時に使う事で本来の強さを発揮する。

そして、音楽に関するユニットほとんどがガチャから排出されるユニットなのだ

たとえ4月のピックアップで「協奏」を用いるユニットを手に入れたところで、それを支える音楽に関するユニットを持っていなければ使えない。

「協奏」の最大の力を引き出すために必要ユニットは全部ガチャから排出されるユニットである課金して手に入れるユニットである

「協奏」が強いのは私がそのユニットを持っているからであり、つまり課金たから強いのだ。

課金たからこそ何も考えずとも敵を倒すことができ、脳死で戦う事ができたのだ。

課金すればするほど強くなる」そのものだった。

  

私は今、「協奏」を封印してメギド72をプレイしている。

課金すればするほど強くなる」なんて嫌だし、運営がそんな事をするなんて信じたくないからだ。

こんなところに書き込んだって何にもならないだろうが、吐き出さずにはいられなかった。

願わくば第二の「協奏」が現れん事を。

2019-05-07

anond:20190507074344

依頼したうえで、エクスプローラーは、それが成功したものとみなして画面表示だけ更新している。

エクスプローラーは、操作を快適に行うために画面表示内容をキャッシュしたりする機能があるんだ。

その機能弊害として、エクスプローラーの画面表示内容と実際のフォルダの内容に食い違いというか、ラグが生じることは稀によくある。

うーん、単純な削除とかなら別にこの動作でも問題なさそうだけど、移動についてはコピー同様、プログレスバー出して完了まで待たせる仕様にしてほしかったわ。

でないと、本当に移動が終わったかを知るすべがない(タスクマネージャ見ればわかるのかもしれんけど、それも面倒)ので、移動元フォルダの削除を伴うファイル移動という条件では、原則移動ではなくコピーで行うという「運用回避」を頭の片隅に覚えていないといけないし、それも万全とは思えない。他に設定で回避とかも無理なんでしょ?

てか、願わくばWindows10辺りで治っていてほしい話なんだが、そもそもMSバグと思ってなさそうなのが気になるし。

女性可愛いとか美人とか面と向かって言うのは楽しい

世間には可愛い女性がたくさんいる

美しい女性もいる

これには容姿性格も含まれ

しか日常生活の中で、本人にそれを言うのはハードルが高い

ことにこちらが男ならばなおさらだ

彼女たちは気のない男性にそういうことを言われても気持ちが悪いだけだセクハラだという

全くもって正論である

たとえちょっとこいついいなと思われてても、職場の同僚など、普段から接している女性

それを表明するのは関係性を大きく変えてしま危険を孕んでいる

仮にステディ関係であっても、こちらの言い方次第で相手不快にさせてしまうことがある

他人容姿性格というのはそれだけセンシティブ話題なのだ

から私は女性を褒めたくなったら水商売女性に会いに行く

こんなことは言われ慣れてるだろう、しかしこれも仕事から適当に流してくれるだろう

日常生活とは無関係のところにいる人なので関係の変化を怖がる必要もないだろう

そうした安心感が私の舌を軽くする

しかし、帰途でいつも思うのは、もう少し色んな語彙を駆使すべきではなかったかということだ

ひたすらかわいいかわいいばかりでは、いくら仕事といえど相手うんざりするに違いない

願わくばもうちょっと称賛のための語彙を増やしたいもの

2019-05-06

昨日のプリキュアにモヤってしまった。

昨日のプリキュアにモヤってしまった。

モヤったのは、プリキュアの1人である天宮えれなのお父さん(メキシコ人)が、他のプリキュアの娘たちをハグした場面だ。

こうした場面は、いわゆる異文化の人を書くときに使われがちなものであり、多くのアニメハグによる挨拶が描かれているのはわかっている。

だが、今作のプリキュア多様性をコンセプトにしており、これまで「異文化とどのように関わるか」という問題を丁寧に描写してきた。

そんな作品において、いきなり相手ハグするえれなの父は配慮が足りず、不適切ではないかと思ってしまった。

いくらメキシコでは挨拶ハグするのが普通であっても、日本で長く暮らしている人間が、日本において、初対面の相手に、何の説明もなしにいきなり相手を抱きしめる、というのは、かなり乱暴挨拶である

幸いプリキュアの3人に気にする様子はなかったが、抱きしめられることを嫌がる子もいるだろうし、場合によってはセクハラにもなり得るはずだ。

製作者達は、おそらく様々な挨拶の仕方があり、それを受け入れることが多様性尊重することだと伝えたかったのだと思う。

しかし、相手文化を「一方的に」受け入れるだけが多様性尊重することではない。自分他者が「お互いに」相手文化を受け入れ合うことこそ、多様性において最も大切なことではないだろうか。

そういう意味で、えれなの父のハグ多様性を軽視した、一方的行為だったと考える。

トゥインクルプリキュアはすごく楽しく見させてもらっているし、多様性というもはやありふれた言葉について改めて考えさせられる優れた作品だと思う。

からこそ、たった一場面の取るに足らない行為についても、考えずにはいられなかった。

願わくばえれなの父にも握手声かけによる挨拶を覚えてくれるようになってほしい。

(えれなの母もハグによる挨拶をしていて、それも問題だと思うが、そちらは異文化問題というよりジェンダー問題だと思ったのでここでは取り上げなかった)

2019-04-30

夢見りあむは歴史を変えるかもしれない

まずこのタイトル説明する前に私の担当を軽めに紹介しておく。私の担当宮本フレデリカだ。とても可愛い。魅力もたくさんあるが今回のタイトル関係がなくなってしまうので割愛させていただく。しかし今回は担当のフレデリカには票を入れずにりあむに票を入れようと決意した。ではなぜフレデリカPの私が自分担当の票を投げてまで今回はりあむに票を入れようと決めたのか話していきたい。私個人お気持ち表明みたいなものなので「こいつ晒してやろうw」みたいな軽い気持ちで聞いていってほしい

さて、今行われているシンデレラガール総選挙中間発表でPa2位総合3位と新人にしてとんでもない記録を打ち立てた今話題の夢見りあむについて少なからず他P達がお気持ちを表明したこと記憶に新しい。それを真に受けてそれについてのお気持ちを表明する者、りあむPのミスリード論だろうと軽々しく構える者やそれすらも面白おかしく見ている者など今期総選挙はかなり混沌としている。しかし、それすらをも飲み込んでなお行進し続けるりあむを一言形容するのならば"台風"といった表現である個人的には思う。

先日、このはてな匿名ダイアリーにて投稿された「夢見りあむに夢を見るべきではない」という日記Twitterにて話題になっていた。内容は要約すると「未央が1位に立つべきなのでりあむに票をいれるのをやめろ」といった感じの内容である。これについて私は馬鹿馬鹿しいといった感情しか出てこない。こんな記事を書いてもただただりあむが有名になってより票が入るだけの燃料としかならないのにと。もちろんこの記事がりあむPによる陰謀である可能性もあるが、そんな事はこの嘘が横行するインターネットでは議論するだけ無駄である

では本題だ。なぜフレデリカPであるこの私が今回は担当の票を投げてりあむに票を入れようと決めたのか?それはタイトルにも書いた通り、夢見りあむという女性文字通り「歴史」を変えるかもしれないからだ。

これまでの総選挙で1位になったシンデレラガールにはコミュという名の「シンデレラになるまでのストーリー」があるのだ。もちろんそれ以外のアイドルにもそのストーリーはあるのだが、新アイドルである夢見りあむにはまだそれがない。文字通り彼女は虚無なのだ。これまで彼女が歩んできた過去も。そしてアイドルとしての物語も。なにもない。まだ真っ白なキャンバスなのだ

しかしその彼女が今回の総選挙でPa2位総合3位というとんでもないことをやってのけている。ぽっと出で、まだアイドルしても真っ白な状態で、キャラ炎上系で俗に言うファッションメンヘラで、オタクから嫌われる系のアイドル彼女がだ。これは素晴らしい快挙といってもいいだろう。そして私はこの結果を受けて、「こいつは優勝してもしなくてもデレマスの、ひいてはアイマス歴史を変え、今までの古くさい常識をぶち壊して、いつか必ずトップアイドルに立つ女の子だ。」と強く思ったのだ。

彼女歴史はまだないに等しい。しかし、だからこそ彼女が優勝しシンデレラガールになることは、大きな意味を持つのであるしかし、その大きな意味を持つ1位は「今」でなければ意味がないのだ。りあむが大番狂わせを起こして何もかもを飲み込むのは今しかないのだ。

これを批判する人ももちろん出てくるだろう。「なんであん炎上アイドル応援してるんだw」「そんなに必死発言する意味w」「熱弁キモいよ」「どうせ流行りに便乗してるだけだろ」みたいなコメントが出てくるのも当然だと考えている。しかし、りあむがその時の人気で1位になるのは許せないと考えている人にはこう言いたい。

選挙浮動票を集めたやつが勝つものである」と。

思い出してみてほしい。よくある興奮するものはあるだろう。スポーツ界におけるジャイアントキリングを、奇跡の逆転を。りあむには、それを起こせる話題性と力がある。と個人的に思う。

彼女が1位にもしなれるのであるならば、それは今のデレマス界の環境も、歴史も、常識も、何もかもをぶち壊して革命してしまうかもしれない。しかしそれは今でなければ、このぽっと出の新人のままシンデレラにならなければいけないのだ。もしシンデレラになれなくても、もしなったとしても、彼女は「オタクたちを手のひらの上で転がしてやった」と結果発表の後の喜びや悲しみや苦しみの中でただ1人笑っているのだ。私はそれが見たい。彼女が望むのなら、俺は手のひらの上で転がってやろう。そして私が望むことはただこれだけである。「本田未央をその玉座から引きずり下ろし、それすらも飲み込んでしまえ」と。

願わくば、この至らない私のただの感情ばかりのお気持ち表明が、ポジティヴネガティヴも全て飲み込んでいく夢見りあむの炎上パワーの一つになるように。

2019-04-29

夢見りあむは人間の屑である

せっかくの機会なので便乗して記事を書かせて頂きます

いやアツいですね、夢見りあむお気持ち界隈。かく言う私もりあむに対して初見否定的でした。

今までのシンデレラキャラクターとは全く違う杏が可愛く見えてくる程のクズっぷり。この前にあかりんごとあきらを見ていただけにこのキャラクターを見た時は流石に拒否反応を起こしていました。

しかし、その後数日経つと夢見りあむへの見解は変わりました。出るわ出るわ、ファンアートの数々。pixivでは新キャラ7人で最多のイラスト数となり、最も成功した新キャラクターと言えるでしょう。

また、R-18比率が極端に高く、こうした現象はB105で度肝を抜いた及川雫彷彿とさせます。やはりビジュアル正義な訳です。

そのような「りあむ旋風」冷めあらぬ中、遂にやってきた「第8回シンデレラガールズ総選挙」。大方の予想ではpa3位に入ると思われていたりあむですが中間ではその上を行くまさかの全体3位。露出の多さこそが最大の正義だということをその順位で示しました。

その一方で、シンデレラしからぬ性格からか一部のPにはりあむに対して反発のお気持ち表明がここで相次いでいます

私としてはいくら気持ちを表明したところでりあむが人気になるだけなので無駄だと考えていますが、何も問題を抱えてないのにアイドル批判されてる訳がないとも考えています

本田未央運営ゴリ押しが酷く、白黒の歌声は正直聞くに耐えません。ましてや黒埼ちとせ役の声優に関するアレコレはグレーであり、これには否定できずただ沈黙することしかできません。(もちろんアイドル自体に罪はありません。悪いのは運営なのですから)

しかし、夢見りあむというアイドルが抱えている問題、というのは多くの人達が誤解をしていると私は考えています

結論から言えば「夢見りあむは常に人間の屑でいなければいけない為伸び代がない」ということです。

ここで例を一つ挙げましょう。皆さんアニポケロケット団はご存知ですよね?コメディリリーフであり悪役であるロケット団の二人と数匹は今やアニポケに欠かせない存在であり、サトシ達と同じく視聴者に愛されてる存在です。

ところが、ロケット団豹変した時期が存在しました。アニメBW編前半です。この時期のロケット団ギャグ要素が無くなり、彼らは「極悪非道本来ロケット団」へと変貌し、今までにない狡猾さでサトシ達を苦しめました。BWのコンセプトは原点回帰ですからロケット団同じようにも初代に原点回帰して本来の姿を見せると同時にマンネリを打破しようとしたんですね。

その狙いとは裏腹にアニメBW自体アニポケ始まって以来の大失敗となり、特にこのロケット団関連は失敗の要因の一つとして極めて批判されました。

我々が好きだったのはドジをやって「やな感じ〜」で吹っ飛んでいくロケット団だった訳です。(そもそも代アニポケのロケット団パロディ全開でふざけまくってたので原点回帰ですらない、一体何をしたかったのか。)ガワだけで性格をまるっと変えたロケット団なんか受け入れられなかったのは当然の結果だといえます

公式もこうした事態を重く見たのか後半のロケット団は元の明るい性格へと戻っていきました。

ここで夢見りあむに話を戻しましょう。彼女が「どうしようもないメンヘラ屑女」であることはこのシンデレラガールズにおける唯一無二の「アイデンティティ」です。

ですが、シンデレラガールズのテーマというのはアニメデレマスプロデューサー鳥羽洋典氏のインタビューから引用するに

(http://dengekionline.com/elem/000/001/161/1161624/)

環境や状況の変化に恐れず、夢に向かって正面から立ち向かう女の子

このテーマゲームだと少し違ってくるかもしれませんが、どちらにせよ「挑戦」や「成長」、そして「トップアイドルという夢」こそがシンデレラガールズ全体のテーマである訳です。

普通女の子努力の末に魔法のような輝きを放つ。(特訓前→特訓後)それがシンデレラガールズの方程式なのです。

ですが、この方程式にある成長パターンは夢見りあむには通用しません。挑戦なんて無理、精神的成長も見せない、彼女の夢は「トップアイドル」ではなくただ「楽してちやほやされたい」だけ。才能はあってもポジティブ気持ちは森久保にすら劣ります

からといってこれを変えることは即「アイデンティティ消失」に繋がるでしょう。夢見りあむは屑でどうしようもないアイドルであるからこそ愛しいのです。つまり彼女はこの世界基本法則通用しない極めて例外的存在だといえます

その個性の代償として、彼女性格破綻させないでコミュなどのストーリーで出来る事は最初から限られています

もし私がライターだったら「友情物語」は彼女性格抵触しないですからここら辺をメインに描いていきながら、コメディリリーフトラブルメーカーとして動くのが当たり障りない所でしょうか。

さらに言うなら、夢見りあむ個人のみに焦点を当てるともっと展開に苦しむことになります。成長は出来ず、夢に自分から向かわせる事は彼女存在否定します。精々、恋愛ごっこお茶を濁し続けるぐらいしか出来なさそう。

仮にデレステでりあむが「もうクソザコなんかじゃない!」なんて言うコミュが展開されたならそれはもう我々が望んだ夢見りあむではないでしょう。個性消失したキャラクターというのは苦しいものです。現に「ぼっちじゃなくなった星輝子」「怖さが無くなった佐久間まゆ」などデレマスには初期から幾つかのキャラ改変が見受けられますが、コンテンツを続ける為といえ彼女らが初期の魅力を幾分か失っているのは少し残念です。(これは大きな問題ではないと思いますが)

では「メンヘラじゃなくなった夢見りあむ」はどうでしょう。それはもうおっぱいデカいだけの女です。個性もヘッタクレもありません。さっき話したロケット団みたいに屑じゃないりあむにその魅力はまるで無くなっているでしょう。彼女の「弱み」というのは「強み」なのです。

最初及川雫彷彿とさせると述べましたが彼女が鮮烈的なデビューを果たし声が付いてから活躍どうでしょうか?正直声優もさっぱりで彼女性格比較的地味です。輝きたいという意思も穏やかな性格のせいで薄弱、展開に困ります。時が経つにつれ、ただおっぱいデカいだけの女だったということが後々に分かってきてしまったのです。

結局、キャラクター力×声優演技力=人気だろと言われればそれまでですが、成長すれば個性を失うりあむに伸びしろがあるとは到底思えません。私は彼女心臓病を克服した三杉君、人間から超人になったジェロニモ、そしてドジじゃないロケット団らのような無個性未来をりあむに歩ませたくありません。

何故りあむを嫌う人間がこれ程にもいるのか。それは彼女が輝けないことをなんとなく感じ取っているから、「シンデレラ魔法が効かない」ことを無意識に分かっているからこそなのでしょう。そして、正直今の運営ユーザーを納得させるだけの夢見りあむの素晴らしい成長ストーリーを描けるとは到底思えません。

それでも、私には淡い期待がありますもしかして運営はりあむをそのままの性格シンデレラストーリーを展開する方法運営は知ってるんじゃないかと。そうでなくても、りあむの性格が変わることが許されるぐらい感動的なコミュが作られるんじゃないかと。

1ユーザーである私はそう望みながらただ傍観することしかできません。

願わくば夢見りあむの未来が虚栄ではなくクズらしい栄光に輝いていることを。

発達障害ブームはそろそろいいのでは

今に始まったことではないが、ツイッターをやっているといちいちイデオロギッシュなものが目に付いてイラっとくるというか、疲弊する。

フェミニズム障害者権利ネトウヨ教養主義etc.

誰が主宰するわけでもなく界隈が発生し、排他的になる。

近年著しいのがフェミ系と発達障害

特に発達障害は診断済みとグレーゾーン就労している者としていない者で内ゲバが起こっているようにも見える。

自分人生がどこかうまくいかない原因を発達障害に求めることができれば、ある種の慰撫にはなるだろう。

そして診断基準バーナム効果を生みやすいので、自己診断がどんどん蔓延る。決して自己診断自体が悪いわけではないが、自己診断をもってしてネット上で体験談を語ることを、診断済みの者たちは快く思わない。

誰しも救われたいのは自分だけなのだろう。正規の診断を受ければ、プチ覚醒剤合法的に使う権利が得られる。

診断済みの者からしてみれば、これを健常者にまで使われてしまってはたまらない。

ツイッターでは、一種資格持ちのように自己紹介欄に「診断済み」と記載している者が目立つ。

去年だったか発達障害がついに大衆誌『SPA!』の表紙を飾った。「一本釣りSEX」、「美女を確実にオトす」、「山口組結集」などの文言とともに「発達障害」が並んだのである

発達障害という概念は、すでに「プチうつ」くらいの陳腐ものになってしまった。

ブームはもう終盤に差し掛かっている。

願わくばコンサータリタリンの二の舞とならないことを。

2019-04-28

夢見りあむはアンリマユの夢を見るか

いやー、今回の総選挙面白いですねー。

なんといっても台風の目となっているのが「夢見りあむ」。

はてなブログでも様々なお気持ちが渦巻いていて、

この総選挙の全ての感情の中心を担っているといってもいいでしょう

しかし、いくつかのブログを読んでいて気づいたのですが、

彼女総選挙トップになることに否定的ものが多くあります

その中で「彼女ストーリーがない」ことを挙げているものが多くあります

曰く

総選挙というのは、上位になるべきキャラクターであるバックボーンがあり、

ストーリーがあるから輝くのだと。

翻って夢見りあむはどうだ。

ストーリーなどない

なるべきキャラクターバックボーンもない

それどころかクズというただ一点しか見ていない有象無象面白がって投票しているだけではないか、と。

からあいつが上位になるべきではなく、もっとふさわしい人がなるべきだと

なるほどー、確かにバックボーンがないぽっと出の新人がなるべき場所ではないかもしれませんねー。

それこそ格というものがあるのでしょう。

シンデレラガールズ世界に対しての正義がそこにあるのかもしれません。

でも、そんな言説こそがあの子炎上の燃料です。

いや、そんな言葉があの忌子ともいうべき存在を生み出したといっても過言ではないです。

もしそれが正義だというなら

夢見りあむは、シンデレラガールズの「この世のすべての悪」を背負った存在になり始めています

シンデレラガールズはもう7年目になるそうです。

思えば遠いところに来たものですが、コンテンツというのは長くやっていくと停滞していきます

シンデレラガールズ最近の展開としてどのようにすればいいのかという停滞の中にありました。

自分が感じたのは5thライブが終わったあたり)

繰り返し行われる総選挙ルーチンワーク

そこでストーリーが展開されることはあったとしても、

それは今までの積み重ねの延長でしかありません。

もちろんそれは長くなってやってきたことの利点でもあるのですが、

それと同時に積み重ねの中ではじかれてしまったストーリー存在します。

シンデレラの中ではじかれてしまったストーリーには少なくないファンもおりました。

いま存在を多くの人に届けられていないストーリーは取捨選択の結果として選ばれなかったものでした。

土台シンデレラの物量が物量なのでそれは致し方ないことなのですが、

新しい風を入れる総選挙があっても、順当なキャラが選ばれ、予定調和的に一位が決まる。

そう感じてしまった人たちでシンデレラを去った人も多くいます

そういった選ばれなかったストーリーは少しずつ少しずつガラスの靴の底で溜まっていったわけです。

その積もり積もったストーリーの「泥」は時たま漏れしましたが、シンデレラの中では見ないふりをされてきたものでした。

しかし、それも限界がきた。皆その泥の存在空気感として見え始めてしまったわけです。

それにより、シンデレラはある種の停滞をしていました。

人は変わらずいる。しかし、やる景色や見栄えが大きく変わることはない状態でした。

このまま変わらないまま徐々に人が減っていくのではないか

そんなループする停滞感の中、今回の新キャラ追加があったわけです。

そして、夢見りあむが現れたのです。

夢見りあむはザコメンタルであり、くずであり、炎上癖のあるどうしようもない存在です。

でも彼女本質は「空っぽ自分」を持ったまま「承認欲求を満たそうとする」ところにあります

彼女彼女が把握している限りにおいて「自分」というものがありません。

自分がないけど認められたい。

自分がないのにちやほやされたい

承認欲求とは「自分というものがあって」初めて昇華されますが、それ自体がなければ彼女は何を人に認めさせるというのでしょうか?

彼女承認欲求という自動的意思によってその外形を保っているという稀有キャラなのです

じゃあ、その空っぽに何を詰め込まれるのか。

それこそが先ほど言ったストーリーの「泥」達です。

存在すら認識されなかった絶望

切り捨てられた可能

ふさわしくないと断罪された物語

それらの形にあまりにも、承認欲求だけ求めるりあむの形は最適すぎた。

彼女はそのストーリーたちの殻として今回の総選挙に殴りこんだわけです。

から彼女ストーリーがないという批判はあらゆる意味で悪手です。

だって彼女の中に詰まっているのは切り捨てられ、存在をなくしたストーリーなのだから

あなたたちがストーリーを追いかけて追いかけて追いかけた結果忘れてきたものなのだから

あなたたちの目の前には今あなたたちが捨ててきた可能性が現れただけです。

おそらく、今の夢見りあむが願いをかなえた後はぺんぺん草も生えなくなるでしょう。

なぜなら、彼女が勝ったとしてもストーリーの泥は存在を認められるわけではない。

それは今はもう変質して後戻りもできなくなったなれの果てだからです。

そのストーリーがそのまま成就するわけではない。

しかしたら、総選挙なんて願望機は破壊され、泥に覆われてなにも残らないかもしれない

ただ

そのストーリーが再度生えてくる可能性を夢見れるくらいには何もなくなるのなら

それも一つの選択なのかもしれません。

それは停滞と変わらないことを求めた何かに対しての悪のアンサーです。

さて、あなたはどう答えますか?

願わくば逆天の月の果てで解答を見たいものです。

あと千夜に、りあむに対して「あなたロックスターみたいね」と言わせれば完璧だと思う

2019-04-23

夢見りあむをおもちゃにしてる連中が嫌い

 最初に言っておくが、私は夢見りあむのことが嫌いな訳ではないし、りあむ関連の状況について筋の通った意見を書きたい訳でもない。議論をしたい訳でもないし、是非を問う気もない。

 ツイッター本垢叩かれるのが超怖いので、匿名で、一方的に。私はこういう連中が嫌いだという意見を表明したいだけだ。

 

 と言っても別にツイッター自由なので、キャラdisをしてもいいし、幸子に腹パンをしてもいいし、声優ネタを持ち込んで美嘉をロリコンにしてもいいし、「夢見りあむが嫌い」って言ってる人に「それが狙いw」とか「そう思う奴はりあむの思う壺w」とか言ってもいい。

 そういう連中を駆逐することは出来ない。そもそもキャラdisは良くない」という意見ですら間違ってはないが正しくもない。実際には「キャラdis不快に思う人間もいる」というだけだ。それを愉快に感じる連中が存在する限り、無くならない。

 私がそういう連中に対して出来るのは、ただ「全員まとめて死ね」と言うことくらいだ。だから私がこれから書くのはそういう話だ。

 

 私はモバマスを6年ほどプレイしてきたプロデューサーだ。デレステアイドルマスターシンデレラガールズではないので触れていない。

しばらくアイドルが追加されていなかったモバマスに新アイドルが7人追加されると知った時には、「まだ声が付いていない子もたくさんいるのに正気か?」とは思ったが、3人が追加されると、3人ともモバマスらしい雑さと、ニュージェネの頃とは違った新しさ、面白さを持った子たちばかりであり、自分でも意外なほど3人のアイドル追加を楽しめた。

 ただ、夢見りあむの追加の時はかなり不安ものを感じた。夢見りあむに対する、プロデューサーたちの悪乗り自慢のようなものが目につくようになっていたのだ。

承認欲求クズ」「グーパンしたい」「地獄に行って欲しい」

 挙句の果てにはりあむに暴力を振るうイラストや、頭を刈り上げたイラストなども回ってくるようになった。

とりあえずりあむ周りで一番嫌いなのはこの辺のクズだ。担当Pもまだ多くなく、声優もいないのをいいことに、意図的にやりすぎる連中。死ね

「りあむ嫌い?それが狙いw」「アンチですら応援になる、無敵」「りあむ嫌いな奴、公式の思う壺w」

 この辺の言い方クソ嫌い。ポプテピとか、某映画の「4回泣けます」ってキャッチコピーみたいな愚劣さを含んでいる。要は他人感情の揺れを弄んだり、勝手規定したりして楽しむ連中。死ね

ツイート集計とか見る限り、総選挙パッションとか大分シビアだし、そういうナーバス感情も含めた「りあむ嫌い」を「それが狙いw」とか「思う壺w」って言ってる連中は一人残らず死ねばいいと思うよ。

自分クズな所と似てて嫌い」「りあむ、見れば見るほど自分

 自称夢見りあむに似てるオタク。お前にはいい顔も胸も無いし、人に縋りも一歩踏み出しもしてないだろ。鏡と現実を見ろ。特に嫌いではない。

 

 言いたかったのはこれだけ。この記事を読んで不快になったなら、私の粗探しをしてもいいし、担当当てクイズをしてもいいし、記事への反応で「うんち」と書いてもいい。

 この記事はやりすぎるクズを一人くらい減らすかもしれないし、逆に増やすかもしれない。どちらでもいい。人の意見を変えるなんてことはおこがましいし、大抵不可能だ。私は書きたいことを書いた。それだけで十分。願わくば、人の感情嘲笑クズが全員死にますように。

2019-04-19

架空タイトルを挙げると誰かが粗筋書くスレ

まだ5ちゃんねるが2.5倍されていなかったころ、こんなスレがよく経っていた

色んな人がタイトルをあげて、時には受け手に回って架空小説を、映画を、本を作っていく

突出した出来栄えのものは注目を浴びるし、ひねられて考えたものには舌を巻いて称賛される

今思えばクリエイターはおろか、ワナビですらない人がほとんどだっただろう。それでも、そこには創作があった。


昨今そういったスレは立たなくなったものの、多分完全に無くなったわけではない。

例えばTwitter能登たわし氏が製作している「ない本」も同じ系譜を汲んでいるのだろう。

最も画像から表題と粗筋をアウトプットし、体裁を整えたブックカバーにまで昇華させる技術力は遥かに氏の方が上だし完成度も高いけれど。

そういったものを作る人がいて、しかも幅広い人に興味を持ってもらえている。その事実だけでも十分である

まだ、この手の創作娯楽は死んではいないのだ。


願わくば、この源流はまだまだ続いてほしい。

欲をいえば、こういう娯楽に触れて、わたしの様に国語創作に興味を持つ人が一握りいてほしい。

かつて遊んでいたフィールドで、まだ遊ぶ人々が残り、あわよくば増えているのなら、物書きの端くれとしては至極重畳である

2019-04-09

友人が障害者手帳を取るらしくて困惑している

タイトル通り、困惑している。ウッソだろお前っていうビックリと、そこまでやるのかっていう唖然と、そんな事しなくてもお前ならやってけるだろっていうツッコミと、そこまで深刻に悩んでいたのかもしれなかったことに気がつけなかった悔しさ等々、色んな感情が渦巻いて、困惑している。

ハッキリと書いてしまおう。私は障がい者に対して差別感情を抱いてしまっている。好きとか嫌いとかい生理的ものでは無い、人生で数少ない経験の積み重ねから障がい者と接する事がとても怖くなってしまっている。心の中に、所謂健常者との垣根のようなものがしっかりと出来てしまっている事を差別と称するのならば、私は差別心を持ってしまっている。

本題からちょっと逸れるが、障がい者の事を恐怖に感じてしまっているか理由説明する為に、幾つかのエピソードを紹介したい。身バレ回避したいので、ある程度はフェイクやぼかしを交える。それでもバレるかも分からないけど、少なくとも生理的嫌悪だけでこの感情を持ってしまった経緯は説明しておきたい。

エピソード①・vs知的障害者

私が通っていた小学校には当時、特殊学級というものがなかった。当時カーストも低くぼっちになりがちだった私は、2人組で知的障害を持った生徒と組まされる事が多く、しまいにはその生徒にまでタゲられてしまった。

体育の授業の時に鳩尾を彼に思い切り蹴られたその日、遂に耐えきれなくなって、そのダウン症の彼に罵詈雑言の限りを浴びせてしまった。

その日のうちに我が家に連絡が言ってしまったらしく、夜にブチ切れた父親に「弱いものいじめとは何事だ」一方的罵倒され、「捨てるぞ」と最寄りのPAまで連れてかれ、最後は大泣きしながら電話母親謝罪して話は終わった。

そんな役回りにさせられた当時の自分にも問題大ありだが、己の心に明確に憎しみが生まれしまったのはこの頃である。この感情が恐怖に変わったのはもっと少し先である

エピソード②・vs精神疾患

とある趣味サークルで知り合った女性所謂OD常習者の薬ソムリエ。この女性クレジットカードスキミングされ、ネットで買い物をされた。丁度口座に金が入ってなかった時と引き落としのタイミングが一致し、買い物された金額が口座から落ちなかったこから発覚した。

商品の受け取り先から大体犯人が分かったが、本人はこれを強く否定。細かい過程は書けないが、結果的に一緒に戦ってくれた恩人が大打撃を被ることになってしまった。

後処理はカード会社に一任したので細かい事は追っていないが、証拠は固まっていたのに障害理由に不起訴となった。その証拠に用いられたのが障害者手帳である

この時から私は「障害者なら何やっても許されるのかよ」と叫ぶ人々の一人になった。

エピソード3 vs精神疾患

このエピソードちょっと毛色が違う。私の知人が遭遇した被害である

この知人、とある資格スクールをしている方である精神疾患者はこの知人の元友人である

精神疾患者が「社会復帰したい」と知人に打ち明け、知人も「そういうことなら」と指導を引き受けた。もちろん受講料も大幅に割引き、この資格を受けるには最低限の費用での指導となった。国内に多数存在する資格と呼ばれるものの例に漏れず、その資格受験に至るまでは規定量の授業を受け、規定量の熟練必要となる。

本人の体調や精神状態考慮しながら、ゆっくりと確実にやっていこうという段取りで話は決まり指導が始まった。実際に指導を休むことも多く、講習の進みはかなりスローペースであったらしい。

しかし、ある時突然「いつまでも試験を受けさせないとはどういうことだ、金だけ取って何もしないつもりか、差別だ!」と詰問されたとのこと。その人が受けた授業時間試験を受けるに足る規定量には倍近い差があるにも関わずである

知人がその旨を何度も伝えたが、伝わることは無く、最後はその資格を統括している団体クレームを入れられてしまった。当初は知人が差別を疑われたが、その団体に粘り強く当時の状況を説明した結果、指導する講師を知人からチェンジする事で事なきを得た。

この頃から障害者に恐怖を感じ始めた。彼らはやり方によっては理不尽に健常者を蹴落とすことが出来るのだ、と。

エピソード4 vs難病患者

長々と書いたエピソードもこれが最後です。どうか辛抱していただければと思います

これは私と先述の知人が絡んだちとめんどくさい話なので、この話だけはフローチャートで。この難病患者の方は元々私の知り合いで、知人と面識はありません。

某SNSヘルプマーク話題が上がってきた

確か「悪用する人も多いから、それを減らす為にも啓蒙大事」みたいなことを私が書いた

それに対して難病患者の方がコメントを入れた(消されちまって覚えてない) ↓

それに対して知人が「(私)はヘルプマークの事をよく理解していますよ」的なコメントを打った

難病患者の方、唐突に「怖いコメントが来たから消した」と打ち込む

ここまでは良かったが、難病患者の方は何が気に入らなかったのか、仲間を募って知人にメッセージ暴言をひたすら投げまくった。知人が謝罪をすると無言でブロック、これを20人近くにやられたらしい。

先述のエピソードの話に対処してる最中出来事だけあって、知人のダメージも相当大きいものだった。というか難病患者の方も元々私の知り合いだから、ただひたすらに知人申し訳ない気持ちが強い、今でも。

同時に、気に入らなかったのならせめて私に一言入れてくれれば、とも難病患者の方に対して感じてしまった。

ここに来て本当に障害者の方々と関わるのが怖くなってしまった。それまでは知的障害だったり精神疾患だったりと、理不尽な目に遭ってもまだ己を納得させるだけの何かがあった。

しかし、この難病患者の方は、罹患に至るまでは無難社会人として企業に勤め、情熱を持って一心仕事に打ち込み続けた人である。むしろ病魔に負ける事をよしとせず、回復と復活を心に誓っていた方である、少なくとも知る範囲の中ではという話だが。私と「障害を持っている人」という概念関係に完全に亀裂が入った瞬間である

随分と長くなってしまったが、これらの出来事を経て、私は障害者に対して強い恐怖心を持ってしまった。関わったら最後、何をされるかわからない、健常者は健常者であると言うだけで被害を訴えることも許されない。運が悪かっただけかもしれないが、金銭被害スレスレの話に連発して遭遇してもなお平常で居られるほど勇敢であることは出来なかった。

街中で白杖をついている人を見ても手を差し伸べられなくなった、ヘルプマークを付けている人を電車で見かけたら車両を変えるようになった。ただ私が臆病で、恐怖を感じるからだ。

妄言一つで彼らは何の咎を背負うことなく我々を罪人に出来るからだ。弱者なんて嘘だ。彼らは強い、理不尽なまでに強い。私にはその理不尽を被る強さがない。だから近寄りたくないのだ。

そんなことを考えている人間の友人が、障害者手帳を取ることになった。本当に仲良くしている友人だ。同じ趣味を持ち、強気に見せて実は脆い、でも人に対しては誰よりも誠実な友人が障害者手帳を取る。

私が己を弱いと形容したのは、彼と積み上げてきたものを脅かしかねないほどに、障害者に対する恐怖心が強いからだ。障害者手帳であろうが何であろうが、友人であるからには心を許し、信用するのが友としての正しい在り方であるのに、それが揺らぎかける程に弱いからだ。この弱さに腹が立つ。何故友人は友人であると断言できないのだろうか、己よ。

誰にも吐き出せず、でも我慢しきれずに辿り着いたのがここだった。数々のエントリーを読み漁っているうちに、いつか自分も書くことになるのだろうかなんてうすぼんやりと考えていたが、その機会は思った以上に早かった。

願わくば、私がこの恐怖を乗り越えて彼と今まで通りの関係を続けていきたい。そして、彼が私や知人を襲ったモンスター障害者になってしまわないように心から強く願いたい。

モンスター障害者なんて言葉を使う時点で差別なのかもしれない。しかし、未だに弱い私はこの恐怖感を拭いきれない。

私に強さをください。

2019-04-07

はじめての統一地方選

4年前はまだ18歳未満だったから、

はじめての統一地方選投票してきた。

正直注目されるような戦いの行われるところじゃないし、あんまり意味はないかもしれんが

とりあえず若者投票率を高めるのも意義があろうと思って票を投じてきた。

願わくば若者投票したという事実をもって、若者を向いた政策とか出してほしいなあと思いながら。

で、投票上には17時時点での投票率の掲示があった。

25%だった。まあ、もっと遅くまでやってるし、駆け込みとかもあるんだろうけど、なんというか、その……

初めての参議院選挙ときも、近所の人に投票なんか俺はいかんよと言われてしまったし、なんというか……

次は7月に再び参議院選挙若いくせに投票するなんざ流行らんのかもしれんが、それでも票を投じに行こうと思う。

[] けもフレの「終わり」ってなんだろうねって話

 

 どうも。おじさんです。

 最初はてなブログに書いてたんだけどツイッターとかないし読まれくそうだったからここに書くよ。

 おじさんはけもフレ自体アプリはやってなくて1が好きだったおじさんだよ。

 2のアニメ評価は、もう言わなくてもわかるね。

 あえて言うなら「雑」の一言に尽きるよ。

 そんな2期の話は一瞬で終わってしまうおじさんが今回なんでこんなブログ始めたかというとね。

 今のけもフレの界隈に失望とさみしさの混じった気持ちを感じてるからなんだ。

 これはおじさんの気持ちをつらつらというだけの話だから

 そんなおじさんの話はどうでもいいよって人はもう帰ってもらっても大丈夫だよ。

 

 おじさんの気持ち?まぁ試しに聞いてやってもいいぜって優しい人はそのままページを下にすすめてくれるとうれしいね

 

 それでね、おじさんがまず何を思ってるかというとね。

 公式に対する暴言リプと、それを許容してしまってるほどのユーザー全体の悪意についてだよ。

 

「え、おじさん、別に俺は公式暴言リプなんてしてねぇよ」

 

「いや、あん公式なんだからあれくらい叩かれてちょうどいいだろ」

 

「むしろ早く潰れてくれ」

 

 たぶん暴言リプしてなくても、このくらいのこと思ってる人、いっぱいいるよね。

 あんな1期に対する悪意じみたアニメ作ってるんだから、これくらいの仕打ちはされて当然だって。思う人もいると思うんだ。

 

 でもさ、ああい暴言を「当然」って思っちゃう界隈って、他所から見たら、どうかな。

 

 怖いよね。

 いくらそれに正当性を持ち出されたとしても、印象としては「うわなんかキレちらかしてて怖い……ちかよらんとこ」ってなるよね。

 けもフレは終わったんだよ。って思う人もいるかもしれないけどさ。

 僕たちが好きだったけもフレは、例え二次創作の中だとしても、あるじゃない。

 たつき監督が示してくれたやさしさを、後から知る人のためにもその入り口キレイにしておきたくないかい。

 

 

 でね、これはおじさんの勝手想像なんだけどね。

 以前のけもフレの界隈の空気だったら、例え2期でひどいものを見せられたとしても、暴言に対する注意喚起っていうのはもっと広く行われていたと思うんだ。

 じゃぱりさん、っていうけもフレ考察動画投稿している人がいるね。

 たぶんこの記事を読みに来てくれるような人は知ってると思うけど。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm34681332

 

 この人のことだね。

 この人も動画内では「公式へのリプ欄とかで騒ぐのはやめようね」って言ってるね。

 こういうね、冷静に物事を見たり、判断したりする人は以前のけもフレではちらちらと、特にそういうものを漁ってないおじさんでも目に付くくらい活動が見えていたんだ。たつき降板で荒れたときとかね。冷静な電話凸とか署名活動とか、あったと思うんだ。

 https://www.nicovideo.jp/watch/sm31994753

 9.25けもフレ事件タグ動画を昔の方を漁れば、その手の注意喚起や呼びかけの動画普通にあると思う。

 

 今はどうかな。

 あん作品は潰れて当然だって言葉空気、悪意。そしてそれを黙って見ているだけの人たち。

 なんというかね。おじさんは、別に「それをするな」って言いたいというよりね。

 

 ただ悲しくなったんだよね。

 ああ。もう、優しく注意をしてくれる人ってのはけもフレ2が始まるころには離れていっちゃったのかなって。

 

 これをね、読んでくれた人へ。

 まずはありがとう。こんなお話に付き合ってもらって。

 そしてね、もしもその気が少しでも湧いたら、身近に、公式への暴言してるような人がいたら。

 

 暴言をやめろとまではいわないでもね、公式じゃなくて別のところに当たったほうがいいんじゃないかな、とか。

 そんなことするくらいならKADOKAWAテレ東自体電話とかして抗議するとか。そういう署名を募るとか。僕らができることってもっといい方法があるんじゃないかなって。

 (実際、けもフレ2のせいで1期すら見れなくなってる精神的に傷つけられた人も何人か見えてるしそういう人たちで訴えることできちゃうんじゃない?)

 

 そういう説得をできたらそれが一番いいけど。

 心に留めてもらえるだけでもうれしいから気にしないでね。

 そもそもおじさんだってこういうのはいっちょ前に作ったくせにそういう運動してないからね。「お前やってねぇじゃねぇか!」「それくらい言うなら自分でやれ!」って言われちゃう反論できないからさ。

 

 おじさん、もうけもフレに疲れちゃったんだよね。

 空気もそうだし。もうたつきけもフレも見れないだろうって諦めちゃってるし。

 だから、こういう思いをみんなに言葉として伝えるくらいしか、できないんだ。

 おじさんのけもフレに対する思いはもう薄れてしまってるけれど。

 

 けもフレ2に対するやさしさなんて思わなくてもいいけどさ。

 

 

 「けもフレ」に対する優しさを忘れないでくれ。

 

 どうか終わらせないでくれ。

 

 君たちがおしまいだって投げちゃったら本当に終わっちゃうんだよ。

 

 僕たちの怒りの声を、ただの罵詈雑言で終わらせないでくれ。

 

 

 

 ここまで読んでくれて本当にありがとう

 

 願わくば、二度とこんな、悲しいアニメが作られませんように。

 

 けもフレ2のせいで心の歪んでしまったみんなの気持ちがどこかで癒されますように。

 

 それではどうか、お元気で。

2019-04-01

カーマ詐欺にあって引退した話

先日FGOにて実装されたカーマパッケージ詐欺を食らって引退しようと思ったので備忘録的にまとめ

まず前提として殆どソシャゲ(アプリ含む)はキャラクターゲームであり、イラストや固有のセリフ(ボイス)、設定なんかが商材になっているということがある

FGO場合その商材はカードイラスト4枚、セリフ(ボイス)、マテリアル(設定テキスト)に分けられる(絆礼装はマテリアル属?)

カーマ場合イラストは1:3、セリフは1:2、マテリアル共通という形になると思われる

この比率は未プレイだと分からない話になるが別キャラクター同然に変化するという意味で分けたものになる

2臨と3臨以降を別と分ける人もいるかもしれないがひとまず同じとしておきたい

この別キャラクター同然に変化するというのが引退を決めたキモになる

カーマ実装される数日前のイベントステージにて今後の予定としてゲームイベント情報がお披露目された

PVの公開やちょっとした情報の他、これが実装されますという形でカーマの初期の姿が公開されたのである

前述の比率の通り、初期の姿は全体の1/3の要素であり最終段階がいわゆる完成形の状態である以上、本質的な部分ではない

にもかかわらずイベントステージで公開されたのはそのガワであり、再臨(進化)段階で演出と宝具名称が変わるという情報のみだった

そして実装当日の告知にも同様の形で情報掲載されガチャ実装された

私はイベントを触る前にガチャを回し、再臨させて上記事実を知りそのままフェードアウトしてしまったが、時限式シナリオとの記載があったので恐らくイベント上でも数日はこの再臨による変化は明かされないのだろう

キャラクターを売り物にする上で「初出のキャラクターで」「宣伝に出した見た目が」「実際には別物に化ける」というのは消費者馬鹿にしていると私は思う

過去の例で言えば同じくシナリオ上のギミックになる(と思われる)キアラの様に後から追加される、だとか

カーマと同様に別キャラクターのように外見が変化するサリエリの様に登場シナリオクリア後に追加される、だとかなら私は何も言わない

初登場の時点でガチャという商品に追加したなら「外見で気に入る」か「なんとなく」で回すくらいしかないのにその外見を裏切る行為をまともだとは思えない

FGOというタイトルシナリオを売りにしていることもあり、これが今回のイベント及び次の2部シナリオにおけるシナリオギミックであろうことは理解する

だがその上で提供者の「やりたい」の為に消費者犠牲を強いることが真っ当な行いだろうか

過去の例と同様に後からの追加で良かったではないか商業的にはマイナスでもメインシナリオを年内にやりたいからとクリスマスを前倒しにしたFGOなら出来たではないかと思うのだ

カーマ依代体年齢は不詳なのでキリよく10歳とするが、10から20歳20歳から30歳、30歳から40歳と成長するにあたり、一番が意見変化が大きいのは「子供から大人であるのは誰でも分かる

現実的にも成長期を介する時点で人によっては「これ誰?」くらいの変化があるのは経験しているだろう

子供から大人に変化するというのは壮年から老齢に変化するような大きな話なのだ

初見一目惚れしたキャラクターが再臨した瞬間、老人になったら素直に「やったぜ」と言えるだろうか

リアル人間の付き合いなら外見の変化は些細なことかもしれないが、付き合いすら発生していないキャラクタービジネスでやられても困る

正直今回の件について怒りを覚えているのはごく少数ではあると思う

大多数の人には「なにキレてんだコイツ」としか見えないだろうし理解もされないと思う

「初登場キャラクターの見た目を気に入って、無償石ではなく有償石を購入し、手に入れたものは外見が大きく別物になるものだった」などという体験は通常ほぼできないというのもある

FGOにおける再臨はごく一部のケースを除いて服装が変わる程度のもので告知にも宝具の演出名前が変わるとあった、という「常識的にこうなるだろう」という思い込みもあった

それでも私にとって今回の事案は詐欺しかなく、運営元の両社はこういった行いを平然とするものだと認識をしたのでこの備忘録を持って引退とする

願わくば二度と私のような思いをする人が出る施策が今後起きないことを祈っている

2019-03-05

ただの感情の掃き溜め。機能不全家庭と離婚した母の病気

自動思考の書きだし...

なんかムカつく。。

私は本当にしんどい思いをしてきたのに、それを否定されているように感じる。

私が母に怒りを感じるのは当たり前で、それを許そうと私だってしんどい思いで乗り越えようとしてるのに。。

結局病気になるまで罪悪感なんて全く感じずに、好き勝手生きていて、自分病気になったから、治すために自分の罪を許してもらって解放されるために呼んだってこと?それは私のためじゃない。自分のためだ。

私には献身的サポートをしてくれる人なんて、中学の時から誰もいなくて、人格否定を常にされながら育って、そのおかげで相当に苦しくて人生希望が見出せなかった。死にものぐるいで努力して、普通の人と同じ土俵に立ったと思ってもすぐに足元をすくわれた。

この精神病質は一生治らないんじゃないかって、思い悩んで、死んだ方がましで消えてしまいたいと何度も何度も繰り返しながら、原因と思われる事を恨んだ。

ずっと消えない、トラウマと変容してしまった脳と、心の歪みを抱えて、幸せを感じることができない。

そんな、人生を経てきている。何も知らないあなたが、それを否定しないでほしい。私だって病気と闘っている、幼い頃からずっと。サポートだって本当は欲しい。でも誰もいなかったから、1人で闘ってきている。本当はあったはずの青春楽しい子供時代も奪われてコンプレックスの固まりで、出来損ないの心を持って、周りに迷惑をかけている事に罪悪感を感じながら、自立しようと、まともになろうと、認められようと努力をしている。

母のことばかり優先は出来ない。母に似てるだなんて、私にとっては侮辱と同じなんだよ。私はそうは思わない、嫌なんですって前にも言っているのに、なぜ繰り返し言うの?何故、私の気持ち意見を伝えているのに、否定するようなこと、私の不幸なんて大したことじゃないみたいな風にいうの?

あなたに何が分かる。あなたに私の想いなんて分からない。母のことを本当に愛しているようだけれど、その為に私達を、利用したり、センシティブ話題に首を突っ込まないで欲しい。どんな思いで、私が病院に来ていると思っているの?

本当に腹がたつ。自分病気よりも、子供幸せを願うくらい利他的であったなら、わたしもこの感情を和らげることが出来るけど。

あんなひどいことをしておいて、一言くらいで簡単に許されると思わないで欲しい。。変なスピリチュアルカードで、どうやって病気が治りますかって聞いたら、"許し"というメッセージが出たから、だから謝ろうと思ったってそういう事なの?

罪悪感を抱えて、罪を背負いながら、生きて欲しい。それが贖罪であるから解放されただなんて思わないです。事情がなんにせよ、あなたしたことは、ひとり、ふたり人生を大きく毀損してしまったんだから

私は、人を傷つけることに凄く罪悪感があるよ。よくもあなたあんなに酷いことが出来て、言えたよね、、まだ子供の私に。それを、癌になるまで悪いと思ってなかったってこと。。?病気になるまで、謝るつもりは全く無かったって、そういう事?

から私のことが心配なら私の話をもっと聞いてくれるはずじゃない?私のことに興味を持ってくれるはずじゃ無い?応援してくれるはずじゃ無い?自分の考えの押し付けで、人の気持ちを考えていないんだよな。相手立場を慮る余裕やキャパがないのか。。いつも結局自分勝手で結局自己中。自分が常に優遇されていて、贅と快楽享受しないと気が済まない...結局そんな浅ましい人間本質は変わっていない...

そんな母のことが、ずーーーーーっと嫌いだった。そんなにすぐには、この感情は変えられない。時間がかかる。私は、母を好きになることは出来そうにないや。過去を仕方がないと受け入れて許し、彼女幸福を祈ることは出来るけれど。やっぱり、好きにはなれないよ。やっぱり近づきたくないと思ってしまったよ。死んでしまったら悲しいのかもしれないけれど、何を話していいかからないよ。まだ怒りが残っているようだ。私は次の世代や、周りの大事な人を傷つけるような事をしたく無いから、自分人生を強く幸せに生きて、周りを不幸にする愚かな選択をしたくないから。だから母の事を、少なくとも過去の母の言動思考パターンは病的で否定しないといけない。そうしないと、同じ事を、私も連鎖してしまいそうで怖いんだよ。。。。

今は献身的な夫に見せてる旦那さんだって家族が酷い状況の時に母をたぶらかし不倫して、一層家庭をかき回して、母は外泊三昧で父も子供達もみな傷ついて、私の思春期楽しい思い出が殆ど無い。離婚した時なんて、はっきりと思い出せず記憶が飛んでいる。わたしはとっくに母からサポート愛情なんてものは諦めて、必要ない、自分努力して立派になるんだって理想生活を手に入れるんだって、母の存在否定して1人で頑張るしか無かった。誰にも辛さ、悲しさ、苦しさを話すことができなかった。

そんな風に奪われるべきじゃなかった。

そのことについて、罪悪感は感じない?謝ろうとは、思わないかな?

母は離婚して旅行や贅沢三昧で罪悪感もなく、手厚いサポートあなたにしてもらえて、私は荒れた家庭でずっとひとりぼっちだった。

食事だって困ってた。病気になっても、自分対処するしか無かった。

兄や孫たちが来るのは良いけど、被害側の私や弟が来て話すのは、負担になるからもうやめた方が良い?もう来なくていい?

何なの?マジでムカつくわ....。もう2人で勝手にやってくれだなんて思うよ。私は一体何に巻き込まれていて、どうしてこんなにストレスを感じないといけないの?

せっかく過去に向き合って、母を許し、過去のことを水に流して今の母さんと、新しく絆を作ろうと思って、トラウマに苦しみながらも、体調崩して休職せざるを得なくなっても、今は母との時間を作って母のためにも自分の為にも向きあおうとしているのに....

カウンセリングだって言った。心療内科にもお世話になっている。

当たり前かもしれないけれど、現旦那は母のことしか、全く考えていない。私達がどう感じるか、どんなショックを受けるかなんか考えていない。

他のことなんてどうでも良いと思ってる。

私が昔つらかったことを話すのは母を傷つけて、体調を悪化させる、悪者扱いされている?初めに向こうから過去の嫌だったこと全部話して、言いたいことはなんでもゆってって言うから、ゆったのに。ずっと蓋をして出来れば忘れてしまいたい感情で、向き合うのも思い出すのも辛かったのに。それなりに、自分なりに人生築き上げてたところだったのに。。思い出したらフラッシュバック気持ち悪くなっちゃったよ。

どうして、それで母を悪くいう私が悪者扱いなの?

お金持ちをひけらかして、一体何なのか。ディズニーホテルなんて私は泊まったことないよ。うちの家庭ではディズニーは私が行きたいといっても兄がいかないとゆって、私だけでは連れて行ってもらえなかったよ。

母が捨てて出てった家に今でも住んでいる私は、カビだらけのエアコン20年以上未だに使っていて、母が壁に穴を開けて、嫌な思い出の詰まった部屋に住んでいるよ。一人暮らしが出来る気力も体力もないんだよ。努力してスキルを磨いて、職を手に入れ、鬱や体調不良に苦しみながら、精一杯稼げるお金年収400万だよ。

あーー良いご身分ですねーー。なんでもやってもらって、なんでも買ってもらって、好きなことだけして働きもせず、金持ちに甘やかされて、離婚して良かったですねー。あれだけそんなんじゃお前は社会でやっていけないよって、私を否定していた癖に、自分はちゃっかり、お金持ち見つけて不倫して、愛されて自立もせずに余裕があるふりして、孫を甘やかして良い人ぶって幸せ満喫ですかーそうですか。

私に贖罪したいなら、アパートの一棟くらい買って欲しいくらいだわ。言葉じゃなく、行動で示せ。利己的な動機が透けて見えるうちは、言葉は信用することが出来ない。

なんせ今までなんども裏切られてきたからねー簡単に信用したら、危ないって染み付いてるのよ。

病気が分かってから自分の住む家の改築に、自分趣味2000万ものお金を使って、私の将来のことを心配してくれる事はないもんね。成人後何度か食事に言った時もいっつも自分の話ばかりして、良い家に住んでるから遊びに来てって、自慢していたなー。こんな生活が出来る私すごいでしょーって、何にも努力してないくせになー。

私の仕事に興味待って話を聞いてくれたり、思いやってくれたり応援してくれることはなかったな〜。

子供達や孫のために、お金を残したいとは思わなかった?おまけに連帯保証人にされそうになったんだ。あれは危なかった。こうして死にそうになっていて、あの時すでに病気の事分かっていたのにね...

嗚呼、ならなくて本当に良かった。信用しなくて良かった。はあ。こういう、落し穴とか罠みたいなのがちょこちょこ潜んでいるから母と対面すると気を抜けない。

旦那は偉そうに、自分は何でも知ってるみたいな言い方しやがって、あなたに、私の気持ちや辛さは分からない。

一体母の何が良いのか。話を聞いているだけで気が滅入ってくる。論理的な話が出来ず、頓珍漢で意味不明。標準医療を拒み、代替医療大金を注ぎ込み、挙句に癌がどんどん悪化して苦しんでいる。見てるだけで、話を聞いているだけで頭が痛くなってくる。

ちゃんと、彼等との間に防御壁を作っておかないと、医者なんてヤブ医者ばかりだとか、抗がん剤は毒だとか、検診なんて無駄だとか、あなた病気じゃないか医者なんて行くなとか、そんな、将来の私に不利益になるような全く根拠のない価値観押し付けられそうになる。

から自己をしっかりと保ち、それを受け入れず、ただそれを信じ込んで祈っている弱った母の事を傷つけないように配慮しなくてはならない。

私は、素人意見よりも専門医意見を、信じる。結局それが、一番当たっている可能性が高いから。医者だって、間違うこともあるだろう。分からないこともあるだろう。でも、素人のそれよりは、断然信用出来る。良い医者に当たれば本当に信頼してお任せしたくなる。

日々、研究努力を惜しまない、優秀な医師判断を聞かないだなんて、本当に頭が悪い素人判断思い込みが何故正しいと思うのか?愚かだ。。。実に愚かだ。。。

論理的合理的思考破綻している。

まじない病気は治らない!!

揃いも揃ってアホか!!

肯定出来ないのはね、私は母のようになりたくないし、母のように生きたくないし、まともな人になりたいから。。私と同じような思いを将来子供にさせたくないから。だから私は母と似ていたらいけないんだ。母のようになったら、虐待連鎖をしてしまうことになるから

---

まあでも、今は私だって父さんに支えてもらっているし、母さんだって本心から謝ってくれたのかもしれないし、母さんも辛い思いはしてきているし、職場の人にも状況理解してもらって配慮してもらっているし、、恵まれていて、皆から思われて心配されているんだよ。だからいつまでも被害者意識抱えなくていいんだよ。私のために。許せないと思い続けることが、私の負担でもあるんだよ。

私のことを愛していた、悪い事をしたと思っている、それが母さんの本心。受け入れてみよう。愛を受け取る努力をしよう。信じたい。本当は人の善意を、心から信じたい。

怒りなんて感じたくない。実の親を否定して悲しい気待ちになりたくない。昔のことは、ただのすれ違いで、今は仲直りができると思った。心から、私の事を愛している、心配してくれると思った。。

今は疑い深い、闘争本能が出ているだけなんだよ。臆病な警戒心の強い幼い私がでてるだけなんだよ。客観的に見つめて落ち着こう。


ふう。今は強く怒りの感情を感じている。

これは正当な怒り..?

この怒りの根っこは...?

これは認知のゆがみ?

被害妄想なの?

相手発言を、恣意的に歪めて、攻撃だと捉えている?

腹が立って、仕返ししてやりたい、傷つけること言ってやりたいだなんて思ってしまう。

ただ、反射的にそれをしたら私は母と同じになってしまう...

から実際には言わないで、相手が喜ぶような事を言ったりするんだけど。それが"すべき"事で自分本来の"ありたい姿"であるから

でも現にこうして私の自動思考が怒りを反射的に感じてしまうことは事実で、これをうまく解放できないと、怒りや悲しみの感情自分の中に、溜まってしまうんだと思う。そして一定以上溢れると、また抑うつや体の不調や感情麻痺が起こるのかもしれない。

アンガコントロールを学びたい。

感情を無理やり押さえつけたり、見ないようにするんじゃなくて、怒り上手く操ってあげたい。怒りを必要以上に恐れないようにしたい。

普通の人はこういう場面で怒りを感じないのかもしれない。母に似てるって言われて凄く嫌で、怒るってたしか一般的にみれば普通では無いよね。

なんだかもう会いたくなくなっちゃった

次に会うのは別にお葬式でもいいや。

私って本当愛情無いのかな。

信用してないんだな。

寂しいやつなのかな。

開きかけた扉が閉まっていく音.........

こうして、全人類に対する愛を失って、新たなトラウマになってしまうんだろうか....

人を信頼することは怖い事で、愛は存在しないと、潜在意識に刷り込まれしまうんだろうか。。。

とりあえず現旦那とは、話したく無い。うちの家庭の事情のことを理解していないのならば、悪意が無かったとしてもその余計な発言は私を苛立たせる。

はあ。イライラ些細な発言ひとつで。

疲れたな。

でも、怒りを感じる事は当然!今まであまり使っていなかった、吐き出していなかったから、ちょっと過剰反応で出ちゃってるかもしれないね

そう、この怒りは受け止められる。

私が悪いわけじゃ無い。

大人対応して偉かったね〜

もっと言い返しても良かったんだよ。

あいつ偉そうに。何なの?ムカつく。

でも、あの人も母の癌が良くなることだけを考えていて、精神的に余裕がないんだろう。

あー虐待加害者の母が愛されていることにも腹が立ってんだな。私はひとを傷つけることが怖くて、パートナーを作れないでいるのに。

だって口論なんてしたら疲れる。余計に、分かり合えないしんどさを抱えて落胆してしまうかも。問題を起こす自分として、自己否定をしてしまうかも。

母の本音が聞きたいのよ。

私の幼少期のことが聞きたいのよ。

可愛いと思ってくれていた?

愛してくれていた時はあった?

私は本来はどんな性格で、小さい頃に何があったの?何が、私の心に今も引っかかっているの?

私はどんなトラウマを抱えさせられたの?

今も私の人生にしつこくしつこくついて回る暗い影の正体を知りたいの。

どんな事を、謝りたいと思っているの?

ちゃんと思い出して話して。

私がこれから健全な心と精神を取り戻せるように協力して。

じゃないと、私はあなたを許すことは出来ない。

あなたはもう十分、人生楽しんだでしょう。子供お金をかけるより、子供希望を叶えたり、喜ばせることよりも、自分欲求を満たすことには躊躇なくお金を使って。

かわいそう?そんな風には思わない。

あれはあの人の業。

人にねー、呪詛ばかり撒き散らしていたからねー、帰ってきているんだよー。

弱い存在の子供をいじめて、鬱憤はらしていたんだから

母さんとの楽しい思い出、いくら探してもなかなかなかなかなか出てこなかったよ。

それでもね、今日は本当は、母さんにハグをしてね、昔のことはもう気に病まないで、母さんは一生懸命だったの分かっているし、育ててくれてありがとう産んでくれてありがとうって感謝を伝えようと思っていたんだよ。

そうすれば彼女の心が明るくなって、病気に良い影響になるかなと思ってさ。喜ぶかなと思ってマッサージジェルも持っていったよ。

これからは愛を与え合う関係になろうと思っていたんだよ。

そんな、私の努力と決心を踏みにじられた気持ちだよ。苛々してしまって言えなかった。

あいつ、私が3才の頃にいつも駄々こねて母が置いていくよといって置いていっていくら離れても動こうとしないなんてことが何度もあったなんて話をして、なにが言いたいわけ?3才の私が悪いとでも言うの?私の性格おかしいとでも言うの?

ああそう言う事柄があって、私のこころは少しずつ傷ついて壊れてしまったんだなって、怒りしか感じないんですが。

ムカつく。

加害者側の癖に。。。

私は誰かに加害したことなんてない。問題があると、怒りを感じても出さないようにして、うまく平和にやり過ごそうとして、そう感じる自分を責めて、全部負の感情背負ってきたんだよ。怒って口論になることが、トラウマなんだよ。イラときても人に適切に怒りの感情を出すことが出来なくなってしまったよ。子供の頃に私が怒る=倍で帰ってきて、人格否定される =罰を受けるっていうパターンが染み付いていたからかもしれない。地獄だった。そうして怒る母を否定しているからかな。。。。

一度、この感情が全て放出されるまでキレてみたい。徹底的に相手をやり込めてやりたい。言い返せないようにズタズタに心を切り刻んでやりたい。私が正しいんだって証明してみせたい。闘いたい。勝ちたい。

私が経験した、この辛さや苦しみを味あわせたい。後悔させて、泣いてすがって謝らせたい。

おっと、出てくる感情そのままに書き出していたら、まさかこんな言葉自分から出てくるとは。

本能というか、潜在意識からメッセージだろうか。気づかなかった。蓋をしていた頃は。こんな激しい強い怒りを抱えてたんだ私は。あの人の発言はキッカケで、過去の事、その時溜めてしまった事、今まで感じないように抑えていた事、ひっくるめて出てきたんだ。

今は随分穏やかになったと思っていたけど、やっぱり昔封じ込めた何かが開きかけている。何か、恐ろしいものが私の中に眠っている。

でも、こうして感情を感じられるのは良いこと。私はある時から空虚諦観を抱えた感情の無い人形のようだった。

人格は、普通のふりをしているだけで、中身が存在していなかった。楽しみも、嬉しさも感謝幸せも、ポジティブものを感じられなかった。まずは怒りを徹底的に吐き出す。そうして健全な心が帰ってくるかも!

あーーーーーーーーーむかつく!!!!!

うざい!!!自業自得だよー。

ほんまに。神さまは見てる。

それがあなたが負うべき業なのかもしれないね。赦し、だなんて。

ぴったりじゃないか

そうやっていつまでも利己的なままでいたら、きっと治らないだろうねー。

良い最後じゃん。いい気味だよ。

人を苦しめた分だけ、自分に返ってきてるんだろう。

叔母は、同じ家庭で育っても、あんなに優しく繊細で人の気持ちを思いやれる人に育った。努力して自分と向き合ったから。

あなたは何度も気づけるチャンスがあったのにも関わらず、他人責任押し付けては、自分欲求を満たすことに夢中だった。ひとを傷つけることに躊躇が無く、非常に冷酷で、それを見せつけて楽しんでいるようにもみえた。

人格障害レベルやで。許されることじゃないで。これが許されたら世の中の頑張ってる本当に子供思いのお母さんが報われないで。

これ以上私みたいな思いをする子供が、居なくなりますように。子供達が愛情たっぷりと受けてのびのびと育つことが出来ますように。

願わくば私も、そんな家庭を築けますように。


---

長い、要約編

被害感情

軽率な非合理的判断への軽蔑

・哀れに思う気持ち

・ここから学び、二の舞にはならないぞ、という決意

自分をまず大事に、母とのことで消耗しすぎない

相手問題と、自分問題は別

・この怒りは、嫉妬かもしれない

本来私が欲しかったものを持っている人、それをわたしから奪った人。

・私は今のの自分を不幸だと感じ満たされていないんだろう

・母を許せていない

・私がしんどい時に母は寄り添ってくれなかった。何故私が、心配しなくてはならない?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん