「書籍」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 書籍とは

2018-11-16

小出版社の人が

書籍電子版を出せないのを「電子版を出すのはコストがかかるんです。こんなに費用がかかります!うちでは無理です!」とか開き直ってるのを見たことあるけど、たぶんITに詳しい人がいないとか、当人らにやる気がないとか、紙にこだわりがあるとか、真相はそんなとこなんじゃないかと思う。

2018-11-15

業務に直結する書籍ネット情報って少なくない?

ソフト業界勉強したら業務に直結している情報が多いと思うのだけど、自分業界からすると全くない。

雑誌はあるのだけど広告ばかり。

ノウハウと言ってしまえばそれまでなのだけど、別会社でも同じ暗黙知となっていて業界標準っていうのが明文化されてない。

2018-11-13

定額サービス音楽くらいしか使わないな

動画書籍も払っているほどには使わない

anond:20181113065532

スマホ一言で括るのはイマイチだと思う。

スマホで実際にやっていることは人それぞれで、ある人は小説を読んでいるし、ある人は漫画を読んでいる、ある人は絵を見ていて、ある人はゲーム、ある人は描いたりなにかを書いたりしていて、ある人はオーディオプレイヤーとしていてそれを操作している。

たとえば一律電車内でのスマホ禁止したとしても、代わりに書籍あるいは電子ペーパーが持ち込まれたり、携帯ゲーム機が持ち込まれたり、使っているもの多様化すれどやっていることは同じようなものだろう。

SNSをやってる人間を減らしたいなら、有効かもしれないけれど。

2018-11-12

anond:20181112112026

お前が憎いだけでオタク全然憎くない。男性作者さんに沢山書籍代貢いでるぞ。

2018-11-11

anond:20181111232616

映像をきちんとみるのは時間集中力がかなり要るって感じる人間からすると、

適当に読み飛ばしながらとかできる書籍はまだまだあってもらわないと困るなあと

アスナの罪って何?SAO

「確かにあの事件で多くの人が亡くなりました。団長犯罪は決して許されることではありません。でも、ものすごくわがまま言い草ですけど多分、

たぶん私はキリトくんと暮らした短い日々を、これから人生の最良のひと時として思い出すでしょう」

団長に罪があるように私にもキリト君にも、そして凛子さん、あなたにも罪はある。でもそれは誰かに罰してもらえば償えるようなものじゃない。

永遠に許しを得られる日はこないのかもしれません。だとしても私たちは罪と向き合い続けていかなければならないんです」

Web版と違って書籍版・アニメ版ではアスナはクラディール殺してないよね。

キリトと一緒にザ・シードをばらまいてVRMMOが広く普及して死銃事件始め色々事件を起こしたこと

SAO ソードアートオンライン

anond:20181111180718

そうなのか

金払って書籍を買わないとなると業界も衰退するし

その分野の参加者ほとんどが趣味の人みたいな時代になったりもするのかもなあ

anond:20181111180435

小説投稿サイトを見てると

プロ素人小説は大差ないことが分かる

書籍小説に金を払うのは無駄

2018-11-10

日本は結局どこに選択と集中すればいいん?

個人的に駄目っぽいもの

  1. ビッグデータGoogleAmazon
  2. AIGoogleAmazonに勝てない
  3. パソコン国内は死んだ。CPUインテルAMDGPUNVIDIAAMDPCIe拡張ボード国内特殊用途しか出せてない。
  4. テレビはまだ生きてそう。Android積んだらGoogleお金持っていかれる。テレビについてる音声認識Google。中のサービスYouTubeNetflixHulu
  5. スマフォAppleGoogle中国メーカ日本部品は使っている部分あるがもう飽和っぽい
  6. VRは、Oculus、HTC Vive、中国メーカPSVRはあるがパッとしていない。
  7. 360度カメラアメリカ中国360度録音は中国。見る環境YouTube
  8. 洗濯機冷蔵庫電子レンジオーブン中国
  9. 飛行機アメリカ
  10. 電子書籍Kindle強い。
  11. 書籍。売れるもの最適化していくと、難しい話はなくなり、ネットと変わらなくなった。
  12. ドローン中国のみ。
  13. Webアメリカサービスアメリカ

まだ大丈夫っぽいもの

  1. 一眼レフ日本勢がまだ強い。設計ソフトアメリカスマフォにいつ負けるか
  2. 電車新幹線
  3. アニメ。でも給料低い。海外に出ていけない。
  4. ゲーム3D CGアメリカゲームエンジンはアメリカ
  5. スマフォゲー。
  6. 漫画Kindle上だけど。
  7. 工作機械

外資に入ってこられた時点で駄目っぽい

2018-11-09

anond:20181109173442

書籍という発明品をなぜ使わないのか。

本を読んで考えれば人生ほとんどの問題解決する。

2018-11-08

問題解決

多くの人にとって最も重要知識と言えば問題解決に関する知識である。この知識が体系化され書籍にまとめられていれば良いのだが現実問題解決に役立つ知識は驚くほど少ない。問題解決の名を冠した学問がないわけではないが十分ではない。仕方ないのであらゆる分野から役に立ちそうな情報をかき集め体系化を試みているがこの作業に多くの時間を奪われ困っている。最近では問題解決研究をするために生きているような気持ちにさえなる。誰か自分の代わりに良い方法を考えてくれないだろうか。

2018-11-07

左翼批判がチョロい理由

左翼右翼批判した点は、左翼も似たような事をやっているから。

ケントギルバートを「右翼商売」と批判するなら、出会い系バーに通って独自研究を行いつつ天下り斡旋首になった前川のやっているイベントでの講演会やら書籍出版も「左翼商売」だろう。おしどりマコ一種左翼商売だし。

2018-11-05

anond:20181105164245

個人的イメージだけど、そういう人って金出さないんだよね

クラウドなり自宅なり環境を作らない、試すための資料WEBばっかで書籍買わない

知識付けるけど、それをもう1回試してみようって1歩が重い

美術で何か成そうと思ってる女性結婚しないほうがいい

学生時代から創作系の趣味がある。学校美術系。なので友達はもともと絵を描いたり、物を作ったりするのが趣味友達が多い。

アラフォーになるが、この歳になると何かを成した人と成さなかった人の差が出てくる。

キャラクターデザイナーとして人気の人、公営美術館で展示している人、書籍を数冊出版している人、大手メーカーでヒット作を手がけている人…など。

私の観測範囲に限ってしまうが彼女達は例外なく結婚していない。

結婚している40歳くらいの女性が30歳くらいで結婚して、子育てして…としていた10年間に

彼女達はせっせと自分を成すための活動をしていたのだ。

そりゃ、かなうけがない。

美術創作に関してに限ってしまうが何者かになりたいと思っているのなら結婚はしない方がいい。

結婚したとしても子どもは産まない方がいい。

結婚して子どもがほしいのなら早めに何者かになることだ。

かになるにはストイックさと自由時間重要なんだろう。

先日、学生時代にとても好きな絵を描いていた友達と久しぶりにあった。

当時は賞を獲るくらいに才能がある人だった。

泣けるくらいに感動する絵を描くひとだった。

「今、絵を描いているの?」と聞いたら

学校印刷物に使う為のイラストを描いたくらいかな」と言っていた。

もったいないなー。

でも、とても幸せそうだった。

Amazonマーケットプレイス内で大規模な詐欺事案が発生している模様

現在進行形の事案なのでできれば拡散してもらいたい。

10/28より数十万点規模で書籍カタログ古本を大量出品している出品者。

相場とかけ離れた安値で出品しており、注文すると発送処理だけを行い、実際には発送していない模様。

特徴は商品価格\400+送料\1,900など、送料を異常に高い設定にして出品していることが多い。(そうでないものもある)

当然悪評価が入りまくっているが、片っ端から評価を削除しており、昨夜の時点では13%とかの評価だったのが、現時点で※"95%の高い評価"に復活している。

総評価数も3,000を超えており、価格違和感に気づかなければ詐欺出品者と見抜くことは難しい。

もし詐欺にあわれた方がいたら、泣き寝入りせずに、Amazonマーケットプレイス保証申請してもらいたい。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201889250

さすがに大量のAmazonマーケットプレイス保証申請が行われればAmazonとしても動かざるをえないはずなので。

※ Amazonマーケットプレイスには出品者がAmazon評価削除を依頼するフォームがあり、そこから依頼すると、一定以上の実績があるような出品者の評価は「自動的に」削除されるシステムになっている模様。(Amazon内の評価はすべて信用してはいけない)

不倫相手の子どもが欲しい - GOOD GENES と GOOD DAD を知った話 -

まさか自分不倫をするとは思わなかった。しかもそれが2年半も続くなんて、想像もできなかった。

ニュースで、不倫が原因で仕事を干されたり、活動休止を発表する有名人の話をよく目にしますよね。そういうニュースを見ても、自分の身には関係のない、理解共感もできない話だと思っていました。

夫(当時はまだ彼氏)とのセックスに不満はあったけれど、一緒に暮らすのは楽しくて、別れるつもりはなかったし、他の人となんて考えられなかった。

でも、「その時」は簡単に訪れた。

そうなることが当然であるかのように、台本でも用意されていたのではないかと思ってしまうくらい自然に、私は他の男の人とも寝るようになった。

セフレといえばそうかもしれないけど、その呼び方はどうもしっくり来なくて

私が結婚してから不倫なのだけど、その呼び方もしっくり来なくて

人に話したことはないけれど、誰かに説明するとしたら、そういう関係と言わざるを得ない男の人が、私には3人いる。

自分がどういう心理状態なのか分からないので探してみた

からしゃべることが苦手な私は、自分気持ち言葉にするのがすごく苦手で、というか、そもそも自分がなにか感情を抱いているのかどうかも分からなくなることが、よくある。

自分のことが、分からない。

結婚して挙式や新婚旅行を終えて落ち着いた今、自分の将来をどうしたいのかが分からない自分に(今さらながら、改めて)気がついた。

彼氏(夫)以外の男性と会うようになってから、本当に自分でも驚くくらい、毎日身体も心も満たされている感覚がある。純粋恋愛を楽しんでいるような、味わったことのない感覚恍惚としていた。それは、彼氏(夫)といる時にはなかったような新鮮な刺激だった。

一方で、彼氏(夫)と暮らす毎日は、それはそれで別の次元幸せである。何が幸せかというと、「衣食住の価値観が合う」「頼れる」「かわいがってくれる」ということに集約されるような気がする。とても楽で、とてもQOLが高く、なによりも幸福を感じられる。

性的に満たされない、という部分を除いて。

このままでいいわけがないと思いつつ、このままでいたいような気もしていた。

普通じゃない道を進んでいる気もするし、よくある話のような気もした。本能的には、間違っていないような気さえしていた。

今の自分をちきんと捉えて言葉で整理しないとどんどん苦しくなる気がして怖くなった。

そこでようやく私は、自分客観的に見ようと思った。

自分言葉で考えるのが苦手な私は、世の中に溢れる情報の中に、答えを求めたのだった。

良い遺伝子(グッドジーン) と 良い父親(グッドダディ)

恋愛系のお悩み相談ブログとか、分析系の記事というのはネット上に溢れていて、そういうものをいくつか読んでみたり、専門家の本を読んでみたりした。

不倫 なぜ 」とかってひたすらググった。笑

一番しっくりきたものとしては、

「人はなぜ不倫するのか」という、様々な学問専門家インタビュー形式不倫について語ってもらうという内容の新書があり、次のような話が載っていた。

女 =メスにとっては 、 「グッドジ ーンとグッドダディ (よい遺伝子かよい父親 ) 」は両立しにくい問題です 。だからこそ 、適当な男を確保しておいて子を産み 、あとから別の男と浮気してよりよいグッドジ ーンを取り入れるメスがいるのはうなずけます本来 、女にとっては夫よりいい男との子を産むことに躊躇はないはずですから

モテる男の要素として"good genes, good dad" という考え方があるらしい。

この考え方は恋愛工学という類の書籍でも目にした。提唱者が誰なのかは分からないけれど、不倫をしている(夫がいて、夫以外にセックスするパートナーがいる)私にとって、今の自分が揺らいでいる根本的な原因を言い表しているのはこれだ、と思った。

まり、私にとって夫は圧倒的にグッドダディであり、不倫相手は圧倒的にグッドジーなのだということです。

そういうことか・・・

と納得するうちに、今の自分が何をしたいと思っているのか、分かってきた。

そしてそれはとんでもなく恐ろしいことだった。

気づいてしまった自分本音

「夫と暮らしていたい、そして不倫相手のこどもがほしい。」

グッドジーン、グッドダディの話を読む中で、自分の中でもやもやとしていた思いが言語化されていくのを感じた。

グッドジーである不倫相手の子どもがほしいという気持ち自分の中にあることを、はっきりと自覚したのだ。

しかもその子はグッドダディである夫と一緒に育てたいと思っているということにも気付いた。

自分気持ちに素直に向き合って、言語化してみると、恐ろしい本音が浮き彫りになった。

そういうことか。

なんということだ。

しかにそう思ってるかもしれないけど、

改めて言葉にするとすごいやばい

当事者同士で解決するしかない

自分気持ち、望んでいることをようやく言語化することができた。

では、どういうアクションを取るのが最適解なのだろうか…

夫に黙って不倫相手のこどもを作る?

そんなの、隠し通せる気がしない。

でも、不倫相手のこどもがほしい。

でも、離婚するのはいや。

離婚が嫌というか、夫との暮らしを手放すのが嫌だ。

結婚しなければよかったのだろうか。

この先、夫とも不倫相手ともうまく付き合っていく方法はないのだろうか。

自分客観的に整理してみた結果、

より深い迷宮

足を踏み入れることになったような気がする。

2018-11-04

anond:20181103133949

Altium Designer はどうかわからないけど、結局のところ、売れる見込みが立たなければ翻訳もされないんじゃないかな。

「"Altium Designer" site:baike.baidu.com」とかでぐぐると大量の書籍紹介が出てくるから中国では Altium Designer はそれなりに利用者がいるのだろうとは思う。

最近中国SF なんかは日本でも少しずつ翻訳が出始めているけど、技術書だと買い求める人もだいぶ限られるだろうから、待っていてもおそらく出ない。

となれば自分で何とかするしかないけど…中国語の知識がない状態ではどこが単語の切れめかさえわからないだろうし、かといって一から中国語を勉強していては到底間に合わないしでいろいろと悩ましくもある。

あとは、電子書籍原書自炊したものGoogle 翻訳にかけるくらいしか思いつかない。最近Google 翻訳中国語 → 日本語)も比較的高い精度で訳出してくれるので、ざっくり意味をとりたい時は自分もよく利用している。

# 自分が関わる分野も同じ状況で、日本書籍には突っ込んだ内容のものがないから、旅行中は学生相手書店などに寄って新しい本が出ていないかチェックするようにしている。

#

# 自分大学中国語をやっていたけど、他の言語はまったくの門外漢なので、例えばロシア語の文献に当たれと言われてもたぶん手も足も出ないです。

2018-11-03

anond:20181103183308

名前が変わるでいうと、成年コミックもそうだけど、たとえばpixivで連載していたりとかのWEBコミックが紙書籍になるときペンネーム変更も多いよね。

anond:20181103222901

有名な書籍に「ハッカー画家」というものがあるくらいにはプログラマー性質クリエイターに近い

良くも悪くも情熱的で、そして無関心であり、時に気さくで、時に気難しい

中国語出版され、英語でも日本語でも出版されていない技術書の話

Altium Designerという電子部品の基板を作成するツールがある。

業界ではそれなりの知名度なのだが、日本では代理店撤退ライセンスが高額なこともあり、個人趣味で使う値段ではないため、書籍が1つもない。

日本語がないなら洋書なら、と思うのだが、これが不思議なことに1冊も見つからない。


じゃあ中国語ならと中国Amazon検索をかけると100件を超えており、2018年については毎月1冊のペースで出版されているようだ。



洋書から日本語への翻訳については、事例はたくさんあるのだが、中国語から日本語への翻訳というのは受け入れられるのだろうか。

iPhoneの修理するための本ですら、国内で表立って販売されていない。

つの間にか中国にも技術が追い抜かされていると感じている人は出てきていると思うが、技術書の豊富さでも中国に負けるのはもうすぐではないだろうか。

独学しろっていうけど、仕事に関する書籍ネット記事もなくない?

製造業だが、入門書くらいはあるかもしれないが、実務レベルになると全然ないし、どうやって勉強しろというのか。

家に数百万の測定装置はないし、法人向けにしか販売されていないソフトボーナスで買うこともできない。

2018-11-02

anond:20181102122313

原作少女マンガだが、アニメが導入になって購入されるムーブメントがあり、

CDTVなんかでは漫画書籍ランキングトップに度々登場してたんやで。

増田がどう感じたかは別として、CCさくらアニメ結果的CCさくら漫画も「萌え絵」にした。パラダイムシフトが起きたゆうこっちゃ。

これは後年伝聞だけで聞いても絶対理解できんとは思うが、その時代はそうだったんやで。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん