「強い力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 強い力とは

2019-01-19

anond:20190119204700

社会的強い力を持っていますお前を潰すことができます的なマウンティングを織り交ぜた自分語りは嫌いだが

単に自分のことを知って欲しい自分語りは嫌いじゃない

2018-12-30

anond:20181230180125

これはね、私もずっとわからなかった。美しいとは、なんなのか。

美しさとは、なぜこれほどまでに強い力を持つのか...とか考えてた。

子供を育ててやっと分かった。

可愛いは、正に正義なの。子供って本当に可愛さだけで大人が、全てを捧げたくなるの。

まり、人に可愛いと思わせたらそれで勝ちなのよ。可愛い=みんなが愛情を注ぎたくなるように、生物本能に刷り込まれてるのよ。

あのね、子供ってほんとーに育てるの手がかかるの。でもね、なんで育てるかって言うともう本当に可愛いのよ。動作可愛いし、見た目も可愛い10大変なんだけど1の可愛さが100の力を持ってて、大人が全てを捧げちゃう訳。

可愛い生き物ってだけでかなり得してるのよ。可愛い生き物ってだけで全てを得てる。

2018-12-08

人間の持つ一番強い力

それは信じる力です。

2018-11-25

anond:20181120075905

アレンジして書き直したよ

 

 夕焼け小焼けのメロディ今日も変わらない。

それだけじゃない、俺の日常は朝から晩まで何一つ変わらない。

今日も昨日と同じように、上司にビクつきながら逃げるように退社した。

 俺の人生は退屈だ。熱くなれるものなどなく、ただ毎日起きて出社して退社する日々。

そして退屈だと思いながらも、そんな自分を変える気もない。

 帰宅してからもやることは変わらない。出来合いの総菜を広げ、缶ビールのフタを開ける。

アルコールけが俺を癒してくれる。まるで機械のような日々から少しでも目を背けたくて、

つまみもそこそこに一本、二本と酒を開ける。

何本か飲むと眠ってしまって、気づいたらまた朝、わかっている。それが俺の日常だ。

 明日明後日も、夕焼け小焼けのメロディを聞きながら同じ道を通り、同じことを考えるのだろう。

 変化などないのだ。あるはずがない。ほかならぬ俺自身が、変わろうとしていないのだから

 誰かに身体を揺すられている。……誰だ? 俺は自分の家で眠ったはずだ。

一人暮らしの家で誰かに起こされることなどあり得ない。

「やい、起きろ、起きろ」

 ぼうっとした頭がゆっくり覚醒していくのと同時に、視界もクリアになっていく。

俺を揺する手はとても小さく、ピンク色の毛に覆われていた。

野良猫が迷い込んだのだろうか? しかしだとしたら、声をかけているのは誰だ?

「やい!」

「痛っ」

 頭に強い力が加わる。ブチブチという音と痛みに襲われ、俺は完全に目を覚ました。声のしたほうを振り返る。

 そこに立っていたは、むしり取った俺の髪の毛を握りしめた、ピンク色のうさちゃんだった。

 次回『つるっぱげのプリキュア』 お楽しみに!

2018-11-17

ハッシュタグの使われ方がいつもおかしく感じる

最近「#私を布教して」というハッシュタグツイートが頻繁にTLに流れてくる。

アマチュア活動している人や絵師などが作品ツイートして「RTして宣伝しろ」という主旨のものである

布教」とは、こういう使われ方をする言葉だったか

もちろんオタク自分の好きなものを「他人に勧める」とき

よく使われる言葉だとは知っている(つもりではある)。

そしてこれが「宣教」、つまり宗教を広めることが由来であることも

理解しているつもりではある。

しかしこれは「その作品好きな人」が使う言葉ではなかったか

もしくは好きな作品をしつこく勧めてくる迷惑さを

いくら揶揄するために使われる言葉ではなかったか

私はこれを「言葉誤用」や「言葉意味の変容」だとは捉えていない。

宣伝広告費なしに行うことで物事が歪まされる過程である認識している。

そしてハッシュタグとはのきなみ(広告費なしに)宣伝を行う際に多用されるものである

すでに私は「ハッシュタグ嫌い」になりつつある。

Bボタンを押して望まぬ進化キャンセルするまで、もうほとんど余裕はない。

しかし誰もこのBボタンを探さないし、押すつもりもない。そもそも存在を知らない。

そして、我々にこの流れを押し止めるような強い力はない。

たとえ嫌悪の怒りを垂れ流したとして、金を求める動きには敵わないだろう。

個人としては、どのようにハッシュタグを避けていこうかという課題喫緊となっている。

諦めだ。私は諦めたのだ。この冷めた思いに、金への欲求は火を灯さない。

ぐんねりとハッシュタグにも絡みつく金への有象無象欲望の炎を、

いつ枯れるとも知れぬ焚き火のように見つめるしかないのだろうか。

演繹的には、そうするしかないのだろう。

2018-11-08

anond:20181107100806

デファクトスタンダード

GUM #211M

これを、バス法(歯と歯茎境界に斜め45度にあてる)でつかう。

硬すぎると歯茎が傷つくし、柔らかいと汚れが取れにくいから、普通を選ぶ。

同じ理由で毛先が細いのもお勧めしないし、耐久性が低い。

ジェネリック

・Tuft24 M

使用感はほぼ一緒で、値段が2/3くらい。

歯磨きがどうしてもうまくできない人に

・DENT.EX systema genki

障碍者向けに開発されたもの。掌で握って、普通歯ブラシより少し強い力で磨くと、

多めのテーパード毛束が細かいところまで入り込んで、適当に磨いても比較的きれいに磨ける。

少し口を閉じ気味にして磨くと、上下同時に磨けるので、不精な人にも。

最近歯ブラシはよくわかんないけど、基本的には上にあげたものバリエーションだとおもいます

何よりも、磨き方が大事ですから歯医者で衛生士のおねえさんに習うか、YouTube見て勉強しましょう。

2018-10-31

anond:20181031123221

「主を試すな」とあるのは単に試されたら困るからじゃね?

だって「思い上がりを糺す」目的なら「人知の及ばないより強い力を見せる」の方が効果的じゃん。

2018-10-10

女の「気持ち悪い」は男の性欲と同じ

まず男の「性欲」と言っても、それが必ずしも性犯罪行為を引き起こすとは限らなくて、一番多いのは「ある人間評価理不尽に高くなる」なんだよね

わかりやすいのは小保方ユニットリーダー。あの人、研究者としてはものすごいポンコツじゃないですか。禄に実験ノートもつけられない。で例えば、笹井芳樹ほどの研究者が、オボちゃん論文共著して、そのポンコツっぷりに気がつかないはずがないのよ。不正に気付いたかどうかはわからんけど、ポンコツなことは絶対知っていた。でもああやってオボちゃんを華々しく売り出してしまった、それが「性欲」の力なわけです。

で、女性の「気持ち悪い」は、効果としては逆方向に働くんです。ある人間評価理不尽に低くなる。でも、「理性でコントロールできない」「場合によっては行動を支配してしまうほど強い力」「結果、ひどく不合理な行為を生む」あたりが性欲と一緒です。

女性って、それまで平気だった人、なんだったら好きだった人がいきなりキモくなること良くありますからね。さしたる理由もなく。俺が調べたところによると、結婚5年以上の夫婦の8割において、妻は夫をキモいと思ってますね。そこから不倫だとか離婚だとかに発展するのも全く珍しくない。その結果、女性側が大損することも。

からまあ、男が性欲に振り回されるがごとく、女は「キモい」「生理的に無理」に振り回されて生きているわけですよ。それだけだったらあいこなんですけど、ひとつ困るのが最近フェミニズムってやつで。あれ、「性的搾取」とかなんとかレッテルを貼ることで、「キモい」をあたかも崇高な社会正義の基盤に見せてしまう回路を生み出しちゃったのね。

昔は「うわ、オタクキモい」と感じたとしても、特に高学歴リベラル女性ほどそんなこと口に出せなかったわけよ。オタク自分に害をなしたわけでもないのに、そんなに人を嫌うなんて理不尽なの分かってるから。そんなことしたら差別主義者と一緒になるの分かってるから。でも最近は、「オタク女性性的搾取するので、あいつらがキモいのは当然なのだ」になっちゃったのね。これは本当に都合のいい理屈で、おかげで最近自称フェミニスト達は、自らの「キモい」を思う存分振りかざして他人を殴りつつ、自分加害者ではなく被害者の振りをしてみせることが可能になった。

から予言しとくけど、この流れは止まらないし、もっとひどくなっていくよ。男が自ら性欲を垂れ流しつつ社会正義のフリができる理屈が手に入ったのと同じなんだから

2018-09-23

物理学者バカっ!何よ意気地なしっ!

一つにまとめられないのを

重力のせいにして

重力ちゃんと見えてるわ!

だって原子核を結びつける強い力

密集したらどうなるか明確じゃない!

物理学者の甘えん坊!

怖がり!意気地なし!

どうしてできないのよ

そんなことじゃ一生、統一できないわっ!

それでもいいの?

物理学者の意気地なし!

あたしもう知らない!

物理学者なんかもう知らない!

2018-09-05

知るかっ!!

数カ月前に書いた便乗して吐き出しの続き。

向こうの考えてる事がだんだん解ってきた。
向こうがこちらに対して持っているのは明確な「敵意・殺意」だ。

向こうは、私がこの世に存在する事が許せないと考えている。

その上で、ここ数カ月、共通の知り合いを通して何度か連絡してきていた。
要約すると「何故、この世にまだ存在してるの」「お前が存在してると気分悪い」という内容のメッセージを。

延々と敵意を向けられるというのはしんどいしかもそれを共通の知り合いを使ってやってくるのだから
その知り合いに対する不信感になる。

向こうからメッセージを伝えられる度に不信感が募る。だから、私は言った「この件から降りてくれ、これはもう、私と奴の問題だ」と。
時を同じくして、向こうも共通の知り合いに行ったらしい「この件から降りて下さい」と。

これは言いたくないと思ったが、向こうがここ数カ月やってきてたやり方は、共通の知り合いを人質に取って私に要求を突き付けて来ている様なものだった。

向こうが共通の知り合いに降りてくれと言った理由はおそらく、人質としての意味が無い、
人質を取っても要求をのませる事は無理と考えたからだろう。
そうなると、次に取ってくる手段は大体想像がつく。
こちらに物を言わせない強い力を使って要求をのませようとしてくる。

向こうは相変わらず私の事を「日本語の通じない奴」と言っている。

知るか!!

それ、私から見たらお前の事だよ。
「何考えてるか解らなくて怖い」だと?…敵意・殺意を際限無く向けてくるお前の方が怖いわ。
弁護士立てて法的に対応しようと考えてる。」ほら来た、こちらに物を言わせない強い力…と向こうが思ってる物。
…なら、こちらも弁護士立てて裁判でもやりますかね?

解決への道が見付からない。何を以て解決というのか悩むけど。

そもそも、事の発端はこちらの何気ない一言と、その一言を向こうが壮大に勘違いした事に始まる。
根本勘違いがあって、その上に様々なボタンの掛け違いが発生して、経緯を弁護士相談したら言われた
「これ、裁判たらこちらが100%勝てますよ、発端が相手勘違いで、相手が述べてる被害が全部勘違いから思い込み
(=実際には向こうの言う被害存在しない)なんだから」と。

とりあえず、向こうが何言ってても無視する事にした。…無視するの得意じゃないけど。

間に入ってた共通の友人に言われた「お前たち、昔は仲良かっただろ。あの頃みたいに戻って欲しい」。

無理だよ、多分。…そう思いつつ、でも、仲良かった頃の縁を否定したくはない。だから苦しい。

2018-08-20

自分オタクからプログラマーにならなければ駄目だったのに!

この増田は何を言っているのだろうか?

そう貴方が疑問に思うのも当然だ。

だって、長年ずっとこの気持ちを抱えながら同時に何を言っているのかと何度も問いかけた。

オタクプログラマーになるものなのだ

いつからそんな妄想に苛まれるようになったのか、その原点は既に定かではない。

振り返ると、今よりも20年近く前から自分オタクからプログラマーになるべきなのだ」と思い込んでいた気がする。

20年弱、その間に様々なことがあった。

大学受験勉強プログラマー勉強を両立させようとしてどっちつかずになり、最後はどちらも上手くやれない自分への苛立ちから現実逃避気味になりプログラム勉強と称してビデオゲームにのめり込んでいた。

自分学力で入れる大学の中からプログラマーになれるような学校を選ぼうとするも、両親はITなんてものブラックばかりだし、お前はただゲームネットが好きなだけの自分プログラミングが向いていると勘違いしているだけだと説得された。正しかった。今思えば。

それでも諦めきれ無かった自分プログラマーへの道が少しでも太く残るようにと電子系の学部に進むも、そこでやっていたのは電気工学の基礎ばかりでプログラミングなんてものに触れるのは卒業研究が始まってからだった。

卒業研究プログラミングが関与すると知ったときは、ようやく今まで少しずつ勉強したプログラム知識が生かされる瞬間だと興奮したが、膨れ上がった理想現実自分乖離に再び打ちのめされる日々が続いた。

その頃ちょうど続けていた就職活動では、プログラマーへの道を志す気持ちと、ブラック企業への恐れがぶつかりあって、情報を集めるだけ集めて結局どこにも応募しないままに時間が過ぎた。

高めすぎた理想現実、結局何も身に着けていなかった自分への絶望感、やる気を失い全く進んでいない卒業研究就職活動、全てが滅茶苦茶だった。

持て余された精神エネルギー自分への攻撃へと向かい自己嫌悪自己否定に全ての活力が使われていき、生活リズム脳みそも何もかもがボロボロになり、気づいたときには2年間引きこもって、そのまま大学をやめていた。

大学を辞めた自分に残ったのは6年の空白期間、折れ曲がりながらなおも成長を続ける野心(プライド)、壊れかけた心と脳、プログラミングスクールに3ヶ月通った人間と同程度でしかない知識、そんな自分を許せない自分自身。

それから人生はただダラダラと時間が流れていった。

もうプログラムなんて見たくもなかった。

それでも「自分オタクからプログラマーにならなければ駄目だったのに!」と叫ぶ自分が心の中にずっと住み着いていた。

自分自分を裏切らせるよう先導してきた憎むべき対象なのだから当然だ。

数年ほど引きこもり空白期間が10年前後にしながらも社会に戻ろうとした時、電気系の学校で3年生まではそこそこにマジメな学生をやっていたことはプラスとなった。

電気系の資格を取った上で面接に挑み、研究室での思い出や、プログラマーを目指してやっていた勉強のことを語りながら「心を入れ替えてこれからはがんばります」と語ると、意外とアッサリ就職は決まった。

そうして何だかんだで今は、それなりに普通に働けている。

一度メンタルを駄目にした影響か、今でも時折妙な頭痛がしたり、突然気分がどん底に下がっていくことはあるが、まあそれなりに働けている。

年代大学時代の同級生たちの平均と比べれば給料は安いが、実家に5万ほど入れて住まわせてもらう分には問題ない程度はもらえている。

そんな毎日を送りながら今も「自分オタクからプログラマーにならなければ駄目だったのに!」と叫び続ける自分が心の中にいる。

彼が言うには「自分のような人間IT業界に行けば才能が爆発して自分にずっと自信が持てるようになっていた。フリーランスとして今よりずっと自由の多い暮らしが出来て、今よりも給料はずっと多い。嫌な上司取引先にペコペコしなきゃいけない時でも技術力を背景に言い返すことだって出来たしだろうし、有名人としてロクロを回しながらインタビューにも答えられた」といった人生が待っていたらしい。

しかにその可能性はあっただろう。

でも可能性だけだ。

なんなら今やってる電気設備仕事だって、突然才能が爆発して技術力で殴ってなんでも思い通りに出来る人生が始まるかも知れないじゃないか

IT系に進んでいたら、あっさりブラック企業で心が壊れていたかも知れないじゃないか。(そもそも就活をしている段階で壊れていたり、既に壊れたあとだったのだからちょっと強い力がかかったらアッサリ砕け散っていただろう)

今の人生ベストじゃないのは知っている。

ベターと言えるのかすら怪しいのも分かる。

だけど最悪ではない。

それなりだ。

ハーゲンダッツを食えば美味いと思えるし、ゆゆ式を見れば楽しいと思える。

プライドをこじらせてイキるだけイキった挙げ句、周囲の人間に不満と不安を撒き散らした挙げ句自分までぶっ壊した奴の末路としては十分にハッピーエンドだ。

ソレだというのにいまでも「自分オタクからプログラマーにならなければ駄目だったのに!」と叫ぶ自分がいる。

どうにかしてくれ

2018-07-23

日本人の9割がカトリックイスラーム改宗すれば少子化解決する。

刹那的唯物論だけでは、子育てという人生の一大事業を成し遂げるにあたっての精神的な支柱とはならないんだよね。

宗教的根拠というのは、人間を動かす上でそれだけ強い力を持っているんだよ。

2018-07-09

キッチンにて

私はペペロンチーノを作るのが好きだ。

オリーブ油ニンニクを泳がせると、浜辺で見た波に漂うクラゲを思い出す。穏便にただ波に揺られているだけの。

キッチンニンニク香りが揺らぎ始める。初めは一筋だった臭気は次第に部屋中に広がり、彼が喜ぶ。焦げないうちにニンニクフライパンから引け上げて、火を止めてトウガラシパセリを余熱に馴染ませる。

波打ち際にクラゲが取り残されていた。クラゲの打ちひしがれた姿は、まだ生きていたいんだという意志がうかがえて、少し哀れに思えた。打ちひしがれたクラゲに触れてみた。ゼリーよりも少し弾力のある初めて感じる感触は、何か硬いものにぶつけてみたいと私に思わせた。

茹で汁をおたまですくってフライパンに加える。フライパンを何度も揺すり、水と油を混じり合わせる。本来混じり合わないが、パスタから出るでんぷん質が乳化剤の役割果たしているとテレビで観た気がする。

私はクラゲコンクリート塀に投げつけてみたが、思うような感覚ではなかった。

フライパンに茹でたパスタを加えて、ソースを絡ませ、皿に盛る。彼はテーブルを片付け始め、グラスを用意する。彼は私が台所に立つ姿を眺めるのが好きみたいだ。

浜辺に鋭く先の尖った流木を見つけて、手に取った。コンクリートの上に転がるクラゲはまだ生きているのかもしれない。そしたら泣いているかもしれないし、命乞いをしているかもしれない。私だったらどうしただろうか。

仕上げに、オリーブ油を滑らせてフライパンの上に残ったものを馴染ませて、パスタの上へ落とす。テーブルの上には私が作ったペペロンチーノと、彼が選んだ辛口白ワインが並ぶ。乾杯、と彼が微笑み、食べ始める。

クラゲに尖った流木が食い込む。クラゲは、硬いコンクリートと先端の鋭い流木に挟まれたが、鶏肉の皮を包丁で上手く切れないみたいにクラゲを突き抜けない。更に強い力で刺して、クラゲコンクリートに擦り付ける。

私は彼が食事する姿を眺めるのが好きだ。ペペロンチーノをすすって白ワインを飲む彼。いつまでもこうして漂っていたいと願った。

2018-07-04

バトルメックのテクノロジー(後半)


原文:

 https://bg.battletech.com/universe/battlemech-technology/

兵装 WEAPONS

 バトルメックが装備できる武装は幅広い。メック搭載の核融合から事実上いつまででもエネルギー供給を受けることができるエネルギー兵器弾薬の補充を必要としない。このため一般的なバトルメックは、荷電粒子兵器もしくはレーザー兵器を主武装として搭載している。加えて、多くは短距離ミサイルや長距離ミサイルの発射システムを持っている。その他、連射型オートキャノンやマシンガンを搭載しているメックも多く、これらは対歩兵、対航空機、対メック戦闘に用いられる。兵器の各分類に関する概観は下記のとおりである

オートキャノン Autocannons

 オートキャノンは高速で連射が可能自動装填兵器であり、高性能炸薬を詰めた徹甲弾の奔流を吐き出す。「通常型」オートキャノンは徹甲弾、フレシェット弾、焼夷弾狙撃弾などの各種弾薬使用可能である。加えて、機能を追加した3種の改良型オートキャノン(LB-Xオートキャノン、ロータリー・オートキャノン、ウルトラオートキャノン)が存在する。オートキャノンの弾薬は、致命的な損傷を受けたりオーバーヒートによる自動発火が発生した際にメックの内部で誘爆を起こす可能性がある。

火炎放射器 Flamers

 メック搭載型の典型的火炎放射器は、核融合炉の発する熱を利用して短射程ながら強力な爆炎を作り出す。発熱が大きいわりに与えるダメージが小さいため、メックに搭載されることはまれであるが、焼夷兵器として有効場合もある。

ガウスライフル Gauss Rifles

 ガウスウライフルはライフル砲身の中に設置された磁石の列によって、標的に向けて弾体を加速する。動作必要な電力は莫大だが、発熱が非常に少ない上、発射時の弾速は他の通常兵器の二倍に達する。ヘビーガウスライフル、通常型ガウスライフル、軽量型ガウスライフルの3種がある。オートキャノンとは異なりガウスライフル弾薬は誘爆しないが、ガウスライフル自体ダメージを受けると爆発する。

ハチェット Hatchet

 中心領域製バトルメックの中には、装甲を切断するための劣化ウランの刃を備えたハチェット(手斧)を装備している機種がある。ハチェットはメックに固定され、標的にダメージを与えるにはターゲットに振り下ろさねばならない。ハチェットの変形としてソード(剣)がある。

レーザー Lasers

 レーザーは狭い範囲に莫大な熱量を集中することで標的にダメージを与える。バトルメック搭載の各種レーザーは射程と威力対応してマイクロレーザー、小型レーザー、中型レーザー、大型レーザーのいずれかに分類される。このほか、射程延長型レーザー、ヘビーレーザーパルスレーザーがある。レーザーダメージを受けても爆発することがなく弾薬不要だが、大量の熱を発する。

マシンガン Machine Guns

 バトルメックが装備することはまれだが、マシンガン機関銃機関砲)は高速で連射することが可能なので、素晴らしい対人兵器となる。マシンガンにはライトマシンガンとヘビーマシンガンがある。

ミサイルランチャー Missile Launchers

 ミサイルランチャーミサイル発射装置)は推進力と誘導装置を持つ弾体を発射し、標的にダメージを与える。非常に多くの種類があり、長距離ミサイルに始まって中距離ミサイル、短距離ミサイルさらにはクランの改良型戦術ミサイルシステムや〈ストリーク〉短距離ミサイルなどの各種改良型ミサイルまで様々である。その上、「通常型」長距離ミサイルランチャーであっても無数の派生型弾頭を使用できる。たとえばフレア型、分裂型、焼夷型、半誘導型、それに〈サンダー地雷散布ミサイルなどである。オートキャノン同様、ミサイルランチャー弾薬ダメージを受けたりメックが過剰に加熱すると誘爆を起こす可能性がある。

荷電粒子砲(PPC) Particle Projector Cannons (PPC)

 PPCは要するに磁気加速装置であり、高エネルギー陽子もしくはイオンの矢を撃ち出して衝撃と高熱によるダメージを与える。各種PPCはバトルメックが装備可能兵器のうちでは最強クラスだ。PPCには通常型PPCと射程延長型PPC存在する。

その他の装備 Other Equipment

 装甲と兵器に加えて、メックは広範な各種システムを装備可能である。多くは武器の正確性を向上させる電子システムや各種防御手段提供するものだが、各種の防御的機能を持つ純粋機械的システムもいくつか存在する。

アクティブプローブ Active Probe

 動力を切ったユニット偽装されたユニットであっても標準レベル電子戦装備一式より遠距離から探知・識別することができるため、アクティブプローブはあらゆる偵察部隊にとって有効な追加装備となる。

アンチミサイルシステム(AMS) Anti-Missile System

 アンチミサイルシステム(AMS)は連射可能な定点防御用マシンガンである。飛来するミサイルを追跡し、迎撃し、破壊することができる。きわめて効果的ではあるものの、大量の弾薬を消費するのが最大の弱点である

対人攻撃ポッド Anti-Personnel Pods

 対人攻撃ポッド(Aポッド)は要するに指向性地雷である。設置するのはバトルメック脚部の膝から下であり、そこは敵歩兵が繊細な駆動装置に爆発物を仕掛けようとする場合には必ず攻撃せねばならない部位である

アルテミスⅣ〉射撃管制システム Artemis IV Fire Control System

 〈アルテミスⅣ〉射撃管制システムは、通常型ミサイルランチャーによる射撃の正確さを向上させる。

C3コンピューター C3 Computer

 指揮/統制/通信Command/Control/Communications、すなわちC3)コンピューターは中心領域特有システムである複数の機体ーー最大12機ーーが照準データを共有することを可能とし、これによって射撃の精確さは大幅に向上する。このシステムには重大な欠点があり、それは「主要マスターコンピューター群」が破壊もしくはダメージを受けたり、敵の電子対抗手段干渉をうけたりすることで、ネットワーク構成部品が「消えて」しま可能性があることである。改良型のC3コンピューターでは「マスターコンピューター群」が失われることによるネットワーク消失という問題はなくなっているが、合計6ユニットまでしか接続できない。

弾薬収納運搬装備(CASE) Cellular Ammunition Storage Equipment (CASE)

 CASEは機体内部の弾薬誘爆による被害を軽減するダメージコントロール技術である。CASEによって防護された部位に格納された弾薬が誘爆した場合、CASEは特殊設計の外鈑と装甲を通じて爆圧を逃がす作りになっているため、爆発力のほとんどをコクピットエンジンなどバトルメックにとって致命的な部分から逸らすことができる。

CMスイート電子対抗措置装備一式) ECM Suite

 〈ガーディアン〉ECMスイートは広い帯域にわたってジャミングおよび電子対抗措置を行なう装置であり、敵の長距離探査・監視装置の効力を低下させる。

人工筋肉加速信号回路(MASC) Myomer Accelerator Signal Circuitry (MASC)

 MASCはバトルメックに短時間だけ爆発的なスピードを与えるが、繊細な脚部駆動装置を損なう危険もある。MASCの作用は脚部マイアマー(人工筋肉)への信号を増幅し、通常可能なよりも高速で収縮・弛緩を行なわせるというもので、これによってスピードは上がるが、使用時間が伸びると駆動装置と人工筋肉への負荷によって破滅的な事故が発生する可能性がある。

〈ナーク〉ミサイル・ビーコン Narc Missile Beacon

 〈ナーク〉ミサイル・ビーコンは大改造を施したミサイルランチャーであり、「ポッド」と呼ばれる特殊ミサイルを発射する。ポッド磁気を帯びた弾頭とその後ろに搭載される強力なホーミング・ビーコンで構成される。このミサイルは標的に命中すると、〈ナーク〉の信号を受信できる味方のミサイルシステムすべてに向けて追尾信号を発する。〈アルテミスⅣ〉ミサイルシステムと同様に、〈ナーク〉のポッドによって命中するミサイルの数が増える可能性がある。改良型の〈ナーク〉発射装置は通常型よりも射程が増大しているのみならず、以下の特殊ミサイルを発射することもできる。すなわち追尾型、爆裂弾頭型、ECM型、〈ヘイワイヤ〉および〈ネメシスミサイルである

TAG(タグ/照準確定機) Target Acquisition Gear (TAG)

 照準確定装備は観測機によって用いられ、〈アローⅣ〉ミサイル投射システムが発射するホーミングミサイルのため、もしくは長距離ミサイルランチャーが発射する半誘導タイプのLRMによる攻撃のために、標的を指定する。氏族もTAGの軽量化バージョンを用いており、これは軽量ではあるがより短射程である

照準コンピューター Targeting Computer

 氏族は様々なミサイル兵器用の特殊照準システムに加えて先進的な照準システムを開発しており、中心領域でこれに比肩するものが現れたのは最近のことである。照準コンピューターは以下の種類の直射兵器パフォーマンスを向上させる。すなわちレーザーPPCガウスライフル、オートキャノンである

三重強化筋肉 Triple-Strength Myomer

 中心領域科学者特殊タイプマイアマー(人口筋肉)を開発した。これはメックがオーバーヒートした時に極めて強い力を出す。この技術氏族のバトルメックでは使用できない。

※前半はこちら→ https://anond.hatelabo.jp/20180704014245

2018-03-12

刃物

刃のような強い力をもっている言葉をわざわざ使うということは、そうせざるを得ない理由と、受け取り手がどういう気持ちになるかを十分に考えている、ということだよね?(´・ω・`)ショボーン

2018-03-11

anond:20180311085548

から陰謀論定番で「シオンプロトコル」って本があるよね。

 

単なるサスペンス小説として読んでも結構面白い。まだ読んだことなければ一読をお勧め

支配者の思考配下民衆いか統治するか?

 

男と女敵対させるように仕向けている論者、情報操作をしている人たちは、支配者の片棒を担いで給料をもらっている御用学者なんですよね?

頭が悪い男女ほど、てのひらの上で踊らされていると実感します。

2018-03-07

10オナニー報告 (2017年度)

絶頂 2回

凶器 なし

オカズ タイトスカート痴女OLが手マンされる妄想

総評 ★★★☆☆

昨日激しく致したばかりなのにまたしてしまった…

職場新人男に「増田さんの格好がエロい」と言われていたと知った。

格好は普通スーツだ。白のブラウスに黒のタイトスカート、黒ストッキング 増田と夜は淫れるわたしとて昼は真面目なバリキャリなのだ

言われたことが気になって、出張先のホテルの全身鏡で自分を見ると確かにエロい

顔はお悔やみだが、大きい胸でブラウスがつっぱって、タイトスカートで尻のアウトラインが大雑把に描かれ尻の厚みで後ろの生地が上によれるので丈が短くなったスカートからむっちりとした太ももが覗くのだ。

かにエロい。 後ろ姿エロい。 みんなにこれを見せつけてると思うと恥ずかしさがこみ上げたし、OLものAVを見ながらスーツエロさというものを学んだ。

スカートの内側のツルツルの裏地フェチというめちゃくちゃニッチ趣味のみなさんがいることも知った。

スーツエロい。なぜ知らない人に触られたりするのかようやく分かった。これはエロいわ。気をつけよう。

指一本で乳首を弄びつつ、マンズリした。

昨今、我が膣の過労働問題が露呈しているので逝かずになあなあで終わらせる気だったがOL電車痴漢の手マンでおもらしするシーンに感情移入しすぎてクリトリス擦りだけで逝った。

ナウシカ見るより痴漢されてイかされる女の子見る方が感情移入できるし実質ジブリ作品なんじゃないかな。

ちなみに中学の頃からクリトリス先輩を強い力で擦る癖が付いていて、不感症気味である。困る。

擦られるたびに「こいつまたやってるわ…」って思ってたんだろうな ごめんなクリトリス先輩。これからもよろしく。先輩には性感帯としての第一線を走っていてほしい。オナニストとしての私がいるのは先輩のおかげだから

ティッシュで拭こうと思ってパンツ脱いだら潮を吹いたのか予想以上にぐっしょりだった。

それにまた興奮してしまって、中に指を入れて2ndライブが始まった。

好きな人に「お前○○にも○○にもこれされたのか?誰でもいいのか??会社でこんなことされてびしょびしょに濡らして変態だな」などと罵倒されながら野外で激しい手マンをされる妄想をした。

変態でごめんなさい〜〜〜〜!!逝きます!!!」と小さい声で呟いて中イキをキメた。

メロスには政治がわからぬ。けれどもいやらしい罵倒には人一倍敏感であった。

ちなみにここ最近で1番興奮した好きな人発言は「ストーカーがでるってそりゃあ、、お前が部屋で変な声出してるからだろ」という自分オナニー事情ちょっとバレてたやつだ(2人とも会社の寮ぐらし)。寮ぐらしのヒトリエティ

しかもわりとみんなの前で言われた。

勇者は、ひどく赤面した。

2018-02-22

anond:20180222000530

https://lidea.today/articles/713

強い力でみがかない

舌はとてもデリケート組織です。舌の粘膜や味を感じる味蕾(みらい)を傷つけないよう、軽い力で行いましょう。

2018-02-02

日本出版業界について説明こころみる

アマゾン出版取次外し加速 印刷工場から直接調達

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26392390R30C18A1TJ2000/

ネット通販なら取次いらないし、マージンとられないし、出版社が儲かるし、ウハウハじゃんwww

ではない事情をできるだけ話を単純にして説明してみたいなー。と思った。

日本で本が書店に並ぶまでの流れ

→[出版社]が原稿を作って

→[印刷会社]が本を作って

→[取次会社]が買い取って

→全国の[書店]に配本されて消費者に売る。

まず、これが基本。出版業界は、大別して[出版]、[印刷]、[取次]、[書店]の4つの業種で成り立っている。

再販制」と「委託制」について

解説

日本出版業界は、この2つの制度採用している。

再販制;書店販売する本の価格を、出版社が決定できる契約の事。本など特定商品以外では独占禁止法に引っかかる違法行為

委託制;書店で売れ残った本は、出版社が買い戻さなければならない契約の事。

【背景】

出版は「文化的活動であるため、市場原理から保護されるべきである」という思想から

単純な市場原理に従って本を作ってしまうと「売れないけど文化的価値のある本」は儲からないので、作られなく・売られなくなってしまう。これを避けるために上記つの制度特別保護を行っている。

再販制」によって、出版社は、市場原理に基づく価格競争に対して強い抑止力を持つことができる。

委託制」によって、書店は、売れない本でもほぼノーリスクで店に置くことができる。

効果

「大して売れないだろうけどニッチニーズに答えられる可能性のある本」を作るリスクを極端に下げる事ができるので、出版文化多様性が確保できる。

「取次」について

原始的役割倉庫と配本】

出版社日本の隅々の書店まで本を届けるのは難しいため、その部分に特化した1次受け書店が「取次」。

本業務は、ある程度まとまった数量の本を出版社から買い入れて倉庫ストックしておいて、全国の書店からの注文に(ある程度)従って適宜本を配る。

ただ、これだけだと、ネット通販の普及とともに消えてしまう業種になる。

役割の変遷:銀行

委託制のため、取次は「出版社から一旦本を買い取って全国の書店に配本。その後、全国の書店からの返本を受け取り、出版社に買い取らせる」という業務を担う事になる。

このため、出版社は、とりあえず大量の本を作って取次に買い取らせれば、一時的にはまとまった資金調達する事ができる。

通常、新刊を出してから返本までには1年程度の猶予があるため、出版社は、作った本を担保にして、無利子で1年程度、お金を取次から「借入」する事ができる訳だ。

取次が出版業界における金融機関である、と言われる所以

業界内における力関係

1) 取次は、出版社に対してはお金を貸して、書店に対しては自分裁量で本を配る事ができる。

2) 取次は、大規模に展開するほど、商品多様性が増し、配本コストが下がるため、企業規模が大きくなる。一方で、出版社は高い専門性を保つ必要があり、書店地域に根差す必要があるため企業規模が小さくなる。

3) 取次は、「文化的活動を促進する企業」として錦の御旗を掲げることができる。

結果、取次は業界全体に対して圧倒的な支配力を持つことになる。

まとめ

このように日本出版業界では、出版文化多様性を確保しようとした結果、取次が非常に強い力を持ってしま構造になっている。

Amazonによる取次外しが、いかに大きな話であり、しかしそんな簡単ではない話なのかが判る。

さてここで、これまでの話に全く登場していないプレイヤーが一人いる。

出版業界における「最強の奴隷印刷会社である

(つづかない)

2018-01-15

専門家思想信条

専門家人格にどんなに難があろうとも、その人の専門においては何か聞いても概ね妥当意見が出てくることが多い。

でも思想信条が絡むと途端に様子が変わってきて、専門家が専門のことについて言ってたとしても、コンセンサスが取れてない説を平気で定説のように説明したりする。ひどいケースだと、自分信条に合うようにエビデンスを作り出したりする人まで出てくる。絡むのが利害関係だけなら解決できる問題も、信条原動力だと解決はほぼ不可能になる。

思想信条って縋って生きることすらできるくらい強力で強烈なもので、そういうバイアスに優秀な専門家が絡め取られてるのは害があるし、見ててつらいものがある。よっぽど注意してたとしても、いつのまにか囚われる強い力から自分が逃れられる保証もない。遺言のようにその時は黙殺してくれと記しておくしかないのだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん