「真夏」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 真夏とは

2019-01-16

anond:20190106202059

真夏だと水道水が30度近くあったりするから風呂場でもなかなか冷えなくない?銅管をぐるぐる曲げただけのチラーだけど、鍋にぶっこんどけば風呂場に運ぶ手間もないし、水流しっぱなしで30分とか放置でいいから楽々だけどなぁ。

あと、発酵が終了したら、温度を下げて一次容器のままコールドクラッシングしてるんだけど、ほんとは二次発酵容器に移し替えて澱引きした方がいいのだろうか。ただ澱引きのメリットよりも、容器の移し替え時に酸素と触れるのが気になる。

2019-01-15

もう昭和結論先にありきの世界なんか行けないだろ

 あん危機感で全感情大脳にかき集め、都民1000万人あげて、軍人みたいにパニくったように仕事する

昭和真夏祭りなんて、無理すぎるわ。

 あれをやろうとした人は、苦しんで死んだんだよ、結論先にありきでやるぞーって言って回っても

もついてこなかった。結果、一人で発狂しているキチガイの観を呈し、とにかくどうにもならなかった

だって参加者がいないんだもの。極みを言えば、昭和オヤジが独りで盛り上がっていると評されただけで

平成の、危機感も何もないご時世に、あんトチ狂ったようなやばい軍隊式の社会形成活動は、世間理解されず

本人は、社会に受け入れられず、苦しんで死んだ。仮に今社会内にそういう昭和のすげえ奴が居たとしても、凄まじい鬱病

発狂しているよ。だってもう二度と、ああはならないんだから。そんな生活上の危機感もないし、平成体制によって

食うに事欠かない豊かな社会が実現されたから、昭和オヤジは、もう刑務所とかでひっそりやってんだよ、あんなの社会

出してきても、もう社会がああなることはねえよ。

やってた奴も、ほとんどは既に興奮が無くなっており、やりたいことやれなかった不幸で、人生投げている。

2019-01-13

知らない人に声をかけられたシチュエーション

ブルースブラザーズのTシャツを着て札幌駅前をブラついてたらニヤついたおじさんから「良いシャツ着てるねー」と声をかけられた

野球戦後、他球団ユニフォームを着ながら地下鉄東豊線に乗っていたら、地元日ハムファンのおばさんに「どうして日ハム応援しないのか」と質問された

・夜中に豊島園映画館に行く途中でおじさんに道を尋ねられた。「この辺のことはよく知らない」と言うと「そうかーごめんなー」と言われた

池袋駅構内を歩いてたらブサイクホスト崩れがついて来て「モデルに興味はないか」。ずっと無視してたけど、池袋から有楽町線の改札あたりまで話しかけてきた

都営地下鉄三田線に乗っていたら、おじいさんが「3億円事件犯人は俺だよ」と話しかけてきた

真夏京都観光レンタサイクル二条城から京都駅へ向かう途中で信号待ちしていると、東南アジア系の若い男が「今日暑いねー」。「そうですね」と返した。当日は35度以上あった

ブサイクな男だと、25年以上生きていてもこの程度の体験しかありませんわ

平成時代明治天皇がいなかったかスクウェア明治天皇

 今30代の当時の若者は、95年にダイエーができたとき

 ファイナルファンタジー マジ神!神!神!

 プレステソフト、神作品ばっか、クソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 状態で全国超絶熱狂で、その大革命の陰で瞬間消滅していた昭和の腐った老人や国家機関学校

哀れだったことことのうえない。若者からの、教師公務員ジジイ、ざまあwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

感も爽快だった。いじめとか復讐とかじゃなくて、神出現で、悪は自然消滅だったし、若者の間では

んほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!

状態で、そりゃまあ凄かったな。そのおかげで、若者が活気づいて、感動した!!!自分勉強する!!!!!!!!!

っていう若者が続々出てきて、その後につながっていって、その後の盛り上がりはもうめっちゃ濃かった。

性的にみなぎってて若々しくて、墓から一番遠い、性の真夏で何から何までが素晴らしくて、昂揚感に溢れていたし

腐った昭和の失敗作は、その性的勢力に吹き飛ばされて枯死したし、もうそから先は、あらゆるもの新時代に向けて狂い始めた

とにかく人生楽しすぎて、若者は、自然自分から狂ったように受験競争に参加し始める者もあれば、インターネット関係掲示板

咲いて、何もかもが美しい意味性的刺激が強すぎたし、強すぎて、若者は興奮で、夜も寝ないし、インターネット通信料金が3万超えて

腐った父親とけんかに成ったりなんたりと、もうとにかく日本全国が希望に溢れ、善良な意味で、性野獣化してて、飛ぶ鳥を落とす勢いだったな

今はそんな善良な風俗もないし、夢も希望もないし、あの頃の目の輝きはもどらない

東京矯正区長世間を席巻したらネットに書きこんでる奴は全員死ぬ

 あの男はクソ危険真夏に作られた執念深い勧善懲悪の男だから

お前があいつの目の前にいたら殺されるよ。

 まああの男も既に耄碌していて、何もできねーけどな。

 勧善懲悪で悪は絶対許さんとかってことで管区長になったのにあっさり悪を

 許してやんの。あのおっさん、もうプライドないし、終わってんな。

東京矯正区長かいう男

 あれは昭和真夏勧善懲悪をやってやってやりまくる凄まじく執念深くて若い男だったが

 その男もあっさり悪になったし、今では一人で興奮しているだけで哀れ。

 さいたま新都心ビル矯正管区の職員普通人間なのに対して、管区長だけやばいやつ

 だから、もうあの辺は伏魔殿過ぎて恐ろしい。それからあいつら仕事してないのに何で生きてる

 

 のか理解できない。所詮やりてーときだけ思いっきりやって、飽きたらやめんのか。クズだな。

2019-01-12

ここ12年インターネットにいるようなやつが死ぬような善良で一番素晴らしい奴を公開すればいい

 善良な意味において最高に刺激の強かったやつを公開すればいいんで、それによって悪人が怯んで死んでしま

ことに意義がある。

 昭和28年ごろの、犯罪者に対する刑事の取り調べ風景とか、そういうドクソエロい記録はないんか

そういう真夏のクソエロい奴を公開すれば、増田にいる奴は今後一切、悪いことを書き込めなくなろう

30代で東大文1合格した奴らって本当にクソだよな

 受験時は、俺らこそ日本支配者、とかいう、ガチキチみたいな発狂したような顔して文1合格したし

2003年頃の東大前入試つったら、今と違って真夏ガチゲーで、予備校実施の全国模試ガチ上位

取らないと受からない、つわものもの天下分け目の合戦みたいな、超絶クソバトルで、受かったら発狂して

喜ぶし、落ちたら自殺者も出るほどの、魅力的なもので全国の我こそはというものが刺激臭の強いマンコを

たぎらせ、チンポもフル勃起で臨んだ悲喜こもごもの超絶フェスティバル死ぬほど活気あって、15年前の

東大はマジ日本中のナマの若者熱狂して殺到して参加した、死ぬほど面白いコンテンツだったのに、あれで

受かった連中は、今は東大以外はクソとも考えてないし、行方くらましてどこにいるかも分からない。東大こそが

帝国であり、日本本部だという執念もないし、こいつらは当時国家なんてクソで利用するつもりはなかったはずなのに

国家時代になってるし、こいつらほんと、一貫性なかったな。何のために、落ちたら自殺するまで思い詰めてあの

ガチバトルに興奮して参加し、受かったら喜悦の絶頂、落ちた奴の中から自殺者も出たかもしれないし、東大受けたが

落ちて慶応かに流れた奴は、東大合格者に対する嫉妬心が凄くて、発狂していたのも懐かしい。あの時代は、東大京大

慶応早稲田の前期入試なんて受かった日には全日本から、sugeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee

とか言われてたもんで、あんな超難問解けるとかキチガイすぐるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

かいってそりゃもう、面白かったもんだが、今のこの界隈は、そんなのなくて全然面白くないし、まじつまら

東大入試問題も、もう遊んでるガキ虐待目的のクッソセンスのないゴミ問題作ってるし、東大は2005年まで。それ以前は

センスのある問題がドバドバ出てて、地域にも、東大過去問を極めた達人の先生とかもいて、当時の若者はそういう人に

ついてついてついていきまくった。ほんと面白い真夏だった。今の東大生は、つまらん。

2019-01-11

裁判所判例ダメになった経緯

 ア 明治時代判決はクソ神だった。死ぬほど詳細に検討したし、裁判長検事長は、日本島に出現した文章スーパースターとして崇められた。

 イ 大正時代に入って知識専門オタク化してクソになった、以後、終戦まで、マジクソ。

 ウ 戦後アメリカから死ぬほど日本に合わない、アウト性的コンテンツであるアメリカ憲法押し付けられたため、当初から使うつもりないの全開で

   大量の法律を書き散らしてアメリカを全力でだまし、実務としては、東大法学部卒で司法試験に通った権力者がいいようにできるテキストコンテンツ

   なったので、昭和39年まで日本人受けしてクソ流行った。

 エ 昭和40年代に、調子に乗りすぎて法解釈が高度化していたが、当時はあまりに狂い過ぎていて自分おかしいことに裁判官らが気づいてなかった。

 オ その背後で、祭りみたいにやってたオヤジジジイ裁判官がいて、権力真夏の話過ぎて狂い過ぎてて現在では趣旨不明

 カ 昭和50年~64年は、アニメセリフか、季節物のジジイ詩集と化し、悪質でないものの、判例ゴミに成り、趣旨不明になった。

 キ 平成以後の判例は、ゴミ

 このような経緯でダメになって今は死ぬほど最悪。

2019-01-10

anond:20190110163745

時間を表すうちでは、真とはまさしくそ状態にあることを意味し、

真冬真夏はあるけど春と秋はうつろいの途中なので言わない。

同様に、朝と夕は、昼と夜の間のうつろい時間から真は当たらない。

anond:20190110005951

え、自然だぞ?しか皇居なんか江戸時代から状態保つために厳重に在来種保護されてるから都心なのに真夏に周辺3度くらい涼しいでやんの

古木もあるし玉川上水とか森としか言えねえ……ほんとトトロ再現できるわなにあの戦後直後の街灯

マムシ普通23区内に出る。びっくりしたわ!あとたぬきめっちゃおるし新宿公園とか梟いる。かわいい

2019-01-03

過去の思い出に囚われてる

22歳女。社会人になってもうすぐ一年つのか。早いね

友達ほとんどいなくて彼氏もいない陰キャだよ。

過去の思い出ってどうして美化されて事実よりも美しく見えるんだろう。

どうしてあんなに煌めいてるんだろう。まぶしい。

結局自分が大好きってことなんだよね。今から自分の思い出振り返りするね。

毎回テストテストばっかで勉強に追われてた。受験の時なんてこれで人生きまっちゃうんだ、落ちちゃったらどうしようってすっごく心配だったけど今となってはあのどきどきも愛おしい。いじめられたこともあって学校も行きにくかった、けど今の年になっても付き合いのある一番仲がいい友人もできた。

すごく好きな人ができた。結局告白もせず自然に疎遠になっていったけど。毎朝7時50分に家を出るとね、好きな人交差点で会えた。それが楽しみで楽しみでどんなに朝寒くても起きるのが苦痛じゃなかった。あんなにときめいたり誰かを好きになったりすることってもうないかもな。授業中や休み時間、気がつけばその人のこと目で追ってた。帰り道だってしかしたら会えるかもしれないなんて期待でウキウキしてた。ほんと、若いよね。

修学旅行なんて行く前は「行きたくない~」とか言っちゃうめんどくさいやつだったけど、いざ言ってみたらすごい楽しくて。好きな人と見た長崎夜景が忘れられない。付き合ってなかったけどずっと私の胸の奥底でキラキラ輝いてる。心の中でシャッター切ったみたいに覚えてる。肌寒かった空気も。ずっとこの思い出に囚われていくのかな。

オープンキャンパスに行ったとき真夏日差しギラギラしてて、涼しい研究室の中から見た木漏れ日の翠が美しかった。あの時大学紹介してくれた先輩たちはすごく大人びて見えて大学生活ってなんて自由楽しいものなんだろうって心がうきうきした。今でもこの時のこと思い出すと将来への期待と不安が入り混じった何とも言えない甘酸っぱい気持ちがこみ上げてくる。つらい勉強も頑張ろうって思えた。今振り返ってみても、自分はあの時の先輩たちみたいに大人になりきれていなし、きっとこれからもあの人たちより大人になれることはないんだろうな。

大学生の時は片道2時間もかけて電車通学してたんだよ。同期からは散々馬鹿にされたけど、親が一人暮らしさせるの心配だったから。学費全部出してくれるのも親だったから。同期と飲み!とかサークル活動とか研究室に籠って勉強とか世間一般にいう大学生らしいことは全くしなかったけど、電車から風景眺めながら論文読んでたのがすごく懐かしい。

初めてデートもした。この人とも結局付き合わなかったけど。水族館に行って一緒に観覧車に乗った。2人とも緊張してがちがちしてたな。自分で言うのも何だけどすごく初々しかった。あれから観覧車のってない。

一人で初めて旅行もした。奈良燈花会。朝早く行き過ぎて、ライトアップはじまるころには足がクタクタになってた。我ながらあほだな。

卒業式ではきれいな袴を着た。学友たちと写真撮ったり、教授感謝気持ち伝えたりしたけどいまいち「卒業」っていう実感がわかなかった。

去年の4月から社会人になった。毎朝起きて、化粧してヘアセットして職場に向かう。先輩からの小言愛想笑いでかわして、上司に頭ペコペコさげて。お客様対応とか笑顔もうひきつってるし。残業も長くて毎日家に帰ったら風呂入ってすぐ寝て朝。の繰り返し。土曜出勤もあるから日曜は死んだように寝てる。その分お金は稼げるんだけどね。好きだった趣味社会人になってからやってない。

感情の起伏がなくなった。大人になるってこういうことなの?

自分以外の人間がすごい充実して煌めいて見える。

過去の思い出は煌めいて見えるけど、社会人になってからの思い出と現実は今もこれからもずっと煌めいて見えないような気がする。

2019-01-02

イケメンになったところで何の意味もないからな

 日本に生まれた最大の不幸、それは、真夏の性に狂ってる感情に溢れた

本物のイケメン美少女には勝てぬということだよ。30,40歳過ぎて、

整形したり、倒錯して西洋人みたいになった挙句に、抽象的に自分イケメン

と思い込むなど、哀れでしかない。そんな外形的なイケメンになる価値なんか

どこにもないからな。狂っていて感情のある具体的なイケメン美少女でなければ

意味がないのだ。したがって、生まれつきイケメン美少女でなかったら、顔で

勝負するのを諦めて、頭で勝った方が1000倍まし。今の日本は、本来頭で勝つべ

人間が、イケメン妄想に走っているから最悪なのだ

2018-12-29

anond:20181229014859

わかるわかる。クラブとかでいきなりエロい言葉挑発されてみたり、

真夏の誰もいないプール全裸で50メートルどっちが早いか競争してみたい。

2018-12-18

anond:20181216085309

2021年買ってよかったもの

1) スマートシューズ

歩行発電が地味に便利。そして、たった数百グラムなのにカウンターウェイトのアシスト機能が意外と良かった。通勤はいつもエクササイズモードで歩幅広めにアシストしてもらってるので良い運動になります。あと、重心チェックモニターのおかげでだいぶ姿勢がよくなった気がする。アブラ足なので定期強制ベンチレーションの頻度を上げたいけど、排気時に臭いで周りに迷惑かけちゃいそうで使ってません。

2) スマートパンツ + スマートジャケット

服装自由職場なんで、スウェットパンツタイプパーカータイプのセットを使ってますスマートシューズの発電電力をサイドにある導電繊維通してパンツの腰にあるバッテリーユニットまで引っ張ってますさらに、繊維密度の調整機能のおかげで夏は風通し良くてさわやか、真夏ジャケットファンを回して送風でひんやり、冬は繊維密度を閉じてジャケット空気室に空気入れて防寒耐風。ほんとにこの上下組み合わせで一年中使えます構造が複雑なせいでクリーニングメーカー送りなのがちょっとマイナス。高いけどもう二枚ずつくらい買うかも。

3) スマートまくら v2.0

形も柔らかさも自由自在。あと、寝返りの頻度が少なかったのか朝起きると身体が痛かったんだけど、定期的に変形して寝返りを促してくれるので目覚めた時の身体の痛みがなくなりました。眠りモニターや目覚ましは去年あたりに出てた旧世代スマートまくらでもあったけど、この変形機能と、入眠時に二酸化炭素を出して入眠させてくれる機能はやっぱ未来って感じがします!

追記二酸化炭素機能誤作動で死者が出たって聞いて、最近は怖くて使ってないです。

2018-12-17

日本終わってるよな

 日本人はもう昔から、ドツボにはまることは、みんな、いの一番

やってやってやり倒している。今東京にある繁栄ほとんど痕跡だけで

生産して生産して生産しまくってた頃の面影はどこにもない

何もかも形式的普通、あまりに冷静

もう、日本人の本性からは一番遠い時代になっていると思う

街に見えているものでも一見いっぱいあるようにみえるが、もはや展示されてるだけ

人が買ってる実態も薄いし、真冬並み。都会も、一見完成してるようで、実はほぼほぼ残っていない

狂ったようにしまくってた真夏と比べると、最悪やな

そして、そこに輪をかけたように最悪なのが、狂ったようにしまくってた頃のことに限って

誰も記録に残していないということ

栄えていたものを闇に葬るという、日本社会本質的な悪は、なぜいつの時代にもあるのだろうか

2018-12-02

anond:20181202074402

公平自体そもそも存在しないのやで?根本的な話

自然現象無視して、世界は公正である、徳を積むと報われるとするのが宗教

そして信仰している宗教否定する気はない

なお『野球部の可愛がり』や『謎坊主』や『真夏に続けられる甲子園』は有名な話である

いわゆる脳筋の『スポーツをやっていないからだ!』やら『根性が足りないからだ!』も有名な話

というか数年前も野球部マネージャーが走らされて死んだばっかだよな

社会動物は不平等を嫌うが公正世界信念を持っている訳ではない

個体Aと個体Bが作業をした時に個体Bだけ報酬を貰えないのは、

自身生存に関わるので許容しないだけ

しかし許容しないと言っても自然現象として起こり得ることである

その場合選択肢は、戦いを挑む、その組織を去るで

徳を積んで報われるのを待つはない

2018-11-27

セフレやめたら寝汗の海

そのまま。

ここ4年間ずっと銀河一好きなセフレに、一昨日LINEさようならと告げたら昨晩まさかの返信をくれた。

インスタ徘徊を終え、ふとホーム画面のアイコンに目をやると未読数が増えている。

友人かなと確認したらトークリストの1番上に彼の名前が上がっていた。思わず体が跳ね、緊張からかガタガタ全身の震えが止まらない。

仕事を終え友人の家でダラダラ過ごしていた時のことだったので、どうしたの?大丈夫?と彼女背中をさすってくれた。

目の前の私の様子にビビっていた、怖がらせてしま申し訳ない。

誇張でもなんでもなく、気を失いそうになりながら恐る恐る細目でトーク画面を開くとそこにはひたすら誠実な返事があった。

引き止める為の文句は1つもなかった。

私を前に進めてくれる誠実な言葉けが並んでいた。

好意を抱いていることを知られるのが怖くて(捨てられると思った)、4年間必死気持ちを殺し求められたセックスだけに徹していた。

何も誰にもどこにも吐き出さなかったが、短い時間を共にする間彼は優しい言葉を絶えず掛けてくれていたので、どうにか意思を貫き通していた。

もっと早く、本当の気持ち言えばよかったなぁ。

家まで送るという友人の優しい申し出を断り号泣しつつ帰宅コンビニで買った食べ物を詰め込み少し吐いて、2時半頃ベッドの上で力尽きた。

ふと目を覚ますと5時、下着も寝間着も寝具もぐっしょり濡れていた。立ち上がると全身に滴る汗。

気持ち悪いどころの話じゃない。

窓を閉め切った真夏体育館で激しい運動をした時、高熱を出して寝込み続けた時、そんな時と比べ物にならないくらいの汗、汗の海だ。

洗濯機から脱水せずひっぱり出してきたような寝具カバーを急いで外し、自分も急いでシャワーを浴びる。

敷き布団と掛け布団を取り替え、念のためバスタオルを敷いて再び眠りについたのが6時手前。1時間弱して目を覚ますと再び汗の海。

呆然としながらまたカバーを外し、二度目のシャワーを浴びた。

そして泣きながら食べたものがうまく消化できないようでお手洗いに何度も駆け込む。

調べたところ自律神経の調節がうまくいっていないようだ。

悲しく寂しい気持ちも確かにあるがそれにしても...

今日会社休みました。

これしばらく続くのかな。参った。









追記を消し新しく書きました。涙の海です。

anond:20181202214623

2018-11-10

野球ドラフトパワハラ

というか人権無視じゃね?「交渉権の獲得」という言葉で誤魔化してるけど相当な実力がある選手以外、拒否権は無いに等しいよね。

お偉いさん方のくじ引きで「取ったぞ、ガハハ」なんてマジで低俗中世かよ。選手はモノじゃあないんだからさ。

あと、チームに10年縛りつけるルールも完全にいかれてるよね。ほんと前時代的。そんなんだから人気度がサッカーに追い抜かれるんだよ。

そういえば甲子園短期間で投手酷使する。しか真夏猛暑炎天下日本野球ってマジでゴミ野球界全体が"狂った常識"を一度リセットすべきだよ。

2018-11-01

anond:20181031081923

ひとりひとりの力ではどうにもならないけど、みんなで力を合わせれば真夏に雪を降らせられる

2018-10-20

YUIMETAL

スーパーで夕飯の買い物をしている最中LINEの通知が届いた。

BABYMETAL新体制のお知らせ」という件名を見て、とたんに胸騒ぎがした。嫌な予感だったから、ボタンを押すのを何度かためらった。


結局、後回しにしても結末は一緒だと思ったので、買い物かごの野菜を袋に入れるついでに、LINEを開いた。

YUIMETALが脱退したニュースを私はそうやって知った。

そのまま家に帰り、風呂に入り、泣いて夕食を食べて、今少し落ち着きを取り戻してこれを書いている。


私がBABYMETALにハマったきっかけは、サマソニ2014の出演者紹介ビデオのギミチョコMV

不敵な顔で客席を煽る女の子の顔を目にしたかである

それがYUIMETALだった。

それからはよくあるメイトの話といっしょで、昼夜YoutubeLIVEビデオあさり、一週間後にはアルバムを買って

サマソニに参加した後は幕張に申し込んだ。

イベントホール最上階で見る米粒のような彼女たちのパフォーマンスに心打たれた。以来4年間、ずっとファンである

私はラウド系の音楽が大好きで、独身のころはよくモッシュピットでその場の有象無象がもみくちゃになる激しいライブが大好きだったが、

BABYMETALライブで初めて、地蔵になるファンの心境を理解したし、実際自分がそうなった。

ノリのいい爆音の中で、体を動かすことより彼女たちのダンスから目が離せなかった。

そういう体験BABYMETALが初めてだった。


本当は彼女活動中にこういう記事を書くべきだったが、私は心底YUIMETALのダンスに惚れた。

彼女ダンスは、静と動の緩急が見事だった。

私はダンス素人批評できるほど色々を知っているわけではないが、

激しく頭をふったかと思いきや、音ハメをするステップ乱れることもなく、

時ににこやかに時にクールに表情を作る彼女プロフェッショナルだと思った。

マニアックな話だが、彼女ダンスの中で私が一番好きなところは

ヘドバンギャーという曲の最後最後操り人形がこと切れるように、腕を持ち上げてぶらぶらと揺らす振付の部分だ。

彼女たちのことを良く知らない人に説明すると、BABYMETALライブは毎回ほとんど同じ曲で展開するが、

パフォーマンス中は曲転換の演出を除いてトークなしのノンストップライブである

およそ一時間半ほどのライブ中、インターバル3分程度の状態で、十数曲やるのが彼女たちのライブスタイルである

スポットライトや火柱などの演出の中、たまにバラードバンドソロを挟むとはいえ、ずっと踊りっぱなし、歌いっぱなしになる。

その運動量は凄まじいの一言に尽きる。

ヘドバンギャーは大抵ライブラスト前など、最後のほうに持ってくる曲だ。

BABYMETAL振付PerfumeMIKIKO先生がほぼ振り付けている。

ヘドバンギャーのダンスは、ジャンプ土下座などのダイナミックな振付から

先のMIKIKO先生らしい上半身の、特に腕の先までビタッと止める動きまで多様だ。

曲の中で腕をまっすぐ伸ばしながらも、肘から下をぶらぶらさせて

段々と力を抜いて座り込む一連の動作を見ていて気付くのだが、

YUIMETALはこの四年間ほとんど、あらゆるライブにおいて

持ち上げる腕を水平に保つ、姿勢を保持する長さが変わらない。

ピタっと水平のまま持ちこたえて、ゆっくりとしゃがみ込む。

その間の腕は吊り下げられたかのように持ち上げられ、キープされている。


真夏酷暑の中のフェスステージだろうが、パイロの炎をガンガン焚いて観客まで熱風の餌食になった幕張だろうが、

90分ノンストップで繰り広げるどのライブステージでも、タイミングは変わらなかった。

疲れていれば、腕を早く下してしまうほうが楽だろうに、彼女はそういうことをしなかった。

どの状況でも、いつものベスト振付を全うする。

そういうダンスへのプライド垣間見れるようで、私はそのパフォーマンスを楽しみにするようになった。

私といえば毎回のライブの総括としてそれを見逃さないように躍起になった。

祈るような気持ちヘドバンの腕の角度を見ては、その夜のライブもいいライブだったと満足するのが常だった。


YUIMETALのダンスは、上半身が激しい動きをする中一切下半身をぶらさな体幹の強さと動きのキレ、

バランスを保ちつつも、着地の位置まで決まっているかのように無駄のないステップなど

あらゆる点が華麗だった。

何度も上演する曲を、私が想像できないほど修練したのだろうと思う。

まりにも洗練されているので、見ていて重力を感じることがないほどだった。

そういう彼女パフォーマンスを、私はいつも楽しみにしていた。


YUIMETALのBABYMETALからの脱退はショックだ。

しかし、彼女は恐らくとても自分を強く持つ女性だということは、パフォーマンスの端々で感じていた。

その人が、あんなに大成功したグループを抜けるという意思を持ったら

これはもう何があっても覆らないのだろうと思う。

彼女がどんな夢を叶えたくて、あるいはどんな事情があって脱退するのか、私にはわからない。

でもあらゆる状況でも素晴らしいパフォーマンスをやり遂げた人が意思を持ったら

それは貫かれるものだと思う。

から彼女の脱退を承認した、このバンドに関わる全ての人に、彼女意思尊重してくれてありがとうと言いたい。

SU-METAL、MOAMETAL、そしてマネージメントスタッフにはこの状況下で、ひっそりと新体制リリース準備を進めたことは

頭が下がる思いだ。


私は来週、幕張イベントホールBABYMETALライブを観に行く。

奇しくも初めてBABYMETALライブを観たのと同じ会場だ。

大好きなYUIMETALはいない。そのダンスは二度と見れない。

新しい体制となったBABYMETALを、私は目撃しに行くのみだ。



BABYMETALは、パフォーマンス以外の意思表示の機会は少ない。

ファンとして感じていたYUIMETALの信念を、意思の強さに、私は心底惚れていた。

一回り以上も年の違う女性に対して、同じ女性として尊敬をしている。

彼女の体調の詳細は知らない。回復を祈っている。

水野由結の名義で発表されたメッセージどおり、己で決めた自分の夢に向かって、これから突き進んでいてほしいと思う。

これから人生女性としてのターニングポイントは多くあると思うが

どうかあなた未来が素晴らしく輝いていますように。

夢を見せてくれてありがとうあなたファンより。

2018-10-19

anond:20181019060214

釧路は年間を通して冷涼な気候で、真夏でも夜にはウィンドブレーカー羽織らないと肌寒いくらいだ。

そこでデータセンターです。エアコンガンガンやすデータセンターには冷涼な気候がぴったり。

冬には窓(簡単のため建物に窓があるとする)を開けておけば冷房はいらないかもしれない。

計算機が発する熱を暖房にすれば人間も快適かもしれない。

昔大きな地震があったのでデータセンターには不向きって声も出るかもだけど、そんなこと言ったら日本には安全場所がない…。

安全場所がない以上、可能な限りリソース分散しておくのが有効だ。知らんけど。

2018-10-11

キズナアイには実はおちんちんはえています

ってなったら解決するのにね。あの不毛な論争すべてがさ。」

そういって彼はやれやれといった仕草バーボンを一気に飲み干してさらに続けた。

「女ってやつは、だからいつももめごとを起こすんだ」

僕は彼の意見に賛成だった。だから賛成だと伝えた。

おちんちんランドさえ存在すれば、そう願わずはいられないよな。」

だが彼は僕の言葉には意外なほど反応しなかった。

それどころか、僕の事を冷めた真夏ピザであるかのような目で見ながら吐き捨てた。

「それは違う。大切なものは、目に見えないもなんだ。」

物憂げにそう返す彼に対して、期待した答えが返ってこなかった僕は食い下がった。

「それじゃあ君はおちんちんランドことなんてどうでも良いって言うのかい?」

そうじゃない、と彼は告げた。

「むしろ逆だ。」

そう聞いたとき僕の心臓が止まりそうになり、急にあたりが静まり返ったような感覚を覚えた。

大事なことは、おちんちんがあるかどうかではない。」

それ以上、言わないでくれ。僕はそう願った。

から僕は、自分から口に出そうとした。

「「おちんちんは、僕たちの心の中にあるんだ」」

意図せず輪唱の形になってしまった彼は驚き、そして苦笑した。

僕も苦笑して、それから左手に持ったままであった旧世紀の遺物に火をつけゆっくりと吸った。

メビウスの煙がいつもより目に染みた。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん