「仇討ち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 仇討ちとは

2021-08-07

anond:20210807133448

世代とか文化とか時代とか色々ある。

時代劇と同じと思っていいい。時代劇で唐突切腹させたり主君仇討ちをしたり人助けをしたりとかは全然いまの世にないけど、そういうもんかなって思えるでしょ?想像力の話でもある

2021-05-10

anond:20210507001816

アニメ場合敵側だろうが味方だろうが仇討ち(かたきうち)に対して、96%は「よせ。そんな事しても無駄だ。仇討ち(あだうち)は空しい」みたいな感じだからじゃね

 

あっ1つパっと思いついた。えーと1期前の2021冬、ソシャゲ王座から追放からの国取返しアニメ

オルタンシアサーガの1フィラーエピソードで、逆上して来た敵の剣を叩き(はたき)落として勝利した後に

お前は俺には勝てない。なぜなら信条が無いからだと正論パンチマウント取って、

心を砕く展開はあった

 

2021-05-07

アニメ返り討ち

GWで色んなアニメを見てて思ったんだけどさ。

アニメって仇討ちはよくあるけど、返り討ちって少ないよね

たまたま見れてないだけかな?もし知ってたら誰か教えて

アニメ限定でなくてもいいよ

2021-02-02

殺人が悪ってのは現代価値観に過ぎないか過去の人物を見てもなー

仇討ちで「何で殺しに行かねーの?行かないなら主君の後を追って死ねば?」とか言われてた時代とか現代からしたら地獄しかない

2020-12-31

好きなシチュエーション伝統芸能

先日、ガス点検に来た作業員さんが夫のことを「ご主人」と言ったことについてガス会社クレームを入れるのなんのという話が盛り上がっていた。

根本問題として、夫妻と特に親しくもない第三者が(おそらく目の前に居る)夫妻の夫の方を指す適切な呼び方がない。

親しいなら「(下の名前)さん」、目の前に居ないなら「家の方」あたりだろうか? 「お連れ合い」は旅のボックスシートみかんを渡すくらいの距離感ならありだがガス点検は違う気がする。「お連れ様」は家に上がり込んで言うのはなんか変。

そもそもガス点検という状況を前提とすると夫婦とか家族であるかはどうでもよく、ガス契約契約者あるいは家の設備管理責任者と話したかったんだろう。そうだとしても責任者が夫であろうというのはアンコンシャス・バイアスというのは否めないか

もっと言うと発端の方は事実婚なので夫・妻として扱われることに好意的か否かも人によって違いがあろう。言われてみればガス点検で行った先にその家の人として男女が居た時に法律婚夫婦とは限らないよな。親子だったり兄弟だったり他人だったり色々する。

先入観を持って語りかけてはいけないんだな。

というのを枕として。

おそらく、今後相手属性類推して語りかけるのはタブーになるだろう。肩書き呼びも男女の呼びかけも。また、よほどの目的意識がなければカップルを男女の組み合わせに限定することもなくなるだろう。例えば店に二人組で来て欲しいなら男女ペア限定せず言えば良い。それらは多様性という観点から良いことだと思う。今まで顧みられていなかった人を救うことにも繋がる。

となると何が起きるか。自分が愛好する、付き合っていない男女が周りからそう見られていることに気付き相手意識し始めるというシチュエーションが発生しなくなる。

今まで各種フィクションで頻出していた――男女カップリングを取り扱う二次創作だと必ずといっていいほど見る――カップル席に案内される・カップルならおまけがつく甘味をすすめられる・モブに「素敵な彼女/彼氏/奥さん/旦那さんだね」「この商品彼女/彼氏/奥さん/旦那さんにどうだい」「お似合いのカップル/夫婦」と冷やかされる、あたりのことだ。そのイベント時に起こる心の揺れ動き、むきになって否定するのも心証いか? このままやりすごす? 外からカップルに見えるのか。でもまんざらでもない自分もいるぞ。カップル扱いされた相手の反応はどうだろう? 自分にとってこの人の存在って一体……! みたいな内省をも伴うやつ。そのイベント相手直視できずにぎこちなくなるのもよし。わーってなった後に落ち着きを取り戻しクール振る舞うもよし。混乱している時に相手にさっと助けられさらに惚れるもよし。恋心を自覚して堂々と振る舞うもよし。自覚してじんわり暖かくなるのもよし。これは好意じゃないと断じるもよし。動揺して千々に乱れる登場人物を見るのが好きなのだ登場人物感情はぐるんぐるんにかき回してこそ。無自覚カップルだと外部から力を加えないと自分の心に向き合わないから、これくらいフルスイングで揺さぶりかけるのは手っ取り早いんだろうね。便利なシチュエーションである

いやまあ、現実で発生しなくなるって言ったってもともとフィクション度高いシチュエーションだけれど。現実で「なかなか見ない」から「ありえない」になると心の距離もっと離れるというか、二次元限定イベントになるというか。

忠臣蔵仇討ちみたいに、過去には存在したらしいがこんにちでは見かけないイベントになるというか。

それもまた時代の流れ。

我々は先入観を持って相手に向き合ってはならず、また自分自身も外界の評価スタート地点に自分の心に向き合うのではなく自発的自分の心に向き合うことが求められているのだろう。

2020-12-24

叩く対象女子高生になった瞬間にバグってしまネトフェミ

自分ではtwitter愚痴ることくらいしかできないけど

なんとかして例の女子高生を殴りたい人たちが

なんとかしてマウント取りたいんだけど

相手女子高生というだけでうまくいかなくてバグってる。

普段オタク男を殴ることしかやってないか

オタクキモイと思ってもこういう時どうしたらいいのかわからないんだな。

ネトフェミ頭が悪いからな。


そのせいで、オタクたちが

自分たちが何かやったわけでもないのに

女子高生を盾にしながら

まるで女子高生の手柄を自分たちの勝利のように

イキり散らすというなんとも醜い光景が繰り広げられている。

ネトフェミたちも、自分たちは文句だけ言ってるわりに偉そうだが

オタクたちの今回のイキり方も相当キモイ

オタクたちはこういう時におとなしくできないもんかね。

そんなだからネトフェミが有利な時に

あの時の仇討ちとばかりにイキリちらすんだろうに。



ネトフェミオタクも、どっちもどっち

こいつら本当に学習しねえな。




それはそれとして。

オタクたたき以外では何一つ存在価値がないいつもの二人が

オタク男叩きのブログ記事書いて

はてブフェミに持ち上げられてホッテントリする展開まだ?

いつもならそろそろ記事書いてる頃なんだけど。

やっぱり単なるオタク男たたきはできても

賞をとったものとか女子高生叩きはできないんか?ん?

アクロバティックに女子高生を盾にしてイキるオタクキモイとかでもいいから早くなんか書けよ。

この二人って男としては最底辺から

なんとかしてオタク男をたたくことで自尊心を満たしたいっていう気持ちバレバレなんだけど

そういうやつらでも支持してしまうくらい

ネトフェミたちはバカから

今なら記事書けば一応バズるぞ。

あくまネトフェミ憂さ晴らしに利用されてるだけだから

お前たちの男としての価値は何一つ上がらないけど

それでもお前たちが注目を集める機会はこういうときくらいしかないんだから

早く記事書いてお仲間に拡散してもらえよ。

2020-12-23

anond:20201223005051

鬼滅見て最初に思ったのが、設定シンプルすぎない?で、読み込んで得た結論が設定少ない割に面白くできてるのすごいな…だった。

BLEACHだのハリポタだのナルトだのワンピだの進撃だの、メジャー面白いとされる作品ってだいたい設定というか世界観の作り込みがすごいんだよね。設定資料集読まんとついてけんレベルで覚えることがいっぱいある。BLEACH死神なんて一人の技と武器所属完璧に覚えるだけで大変だもん。そのぶん面白いんだけどさ。鬼滅は演出すごいけど基本普通に斬るだけでなんかすごい説明がいりそうな技はないし。

今までのヒット作は個々のキャラ設定だけじゃなく、それぞれの機関の思惑とか同じ組織でも派閥があるとかそういう複雑な背景も覚える必要もある。でも鬼滅って味方と敵ひとつつの組織で、政府非公認なので勢力図がすごくシンプル。鬼殺隊には階級あるけど、実質柱とつぐことその他で派閥どころか班分けだってされてない。鬼を殺す動機は基本仇討ちなので、思惑も出世したいなー位しかない。敵も生き延びたいだけなので、壮大な野望もないので話が一切複雑化しない。無惨どうやって倒すんだ!?ねずこはいかにして人間に戻れるのか!?という考察パートもくるかと思えばでたよ!研究の成果が!でかした珠世様!って感じで順当に解決し本当に話がこんがらがる要素が無い。少年漫画ありがちな思想対立(その正義は正しいのかみたいなサムシング)もなく、敵は同情できる要素はあるがやってることは絶対的に間違ってるので容赦なく倒したあと優しい言葉をかけるという一切読者を葛藤させないスタイルである。どこぞのナイスガイの苦悩が心底憐れに思えるシンプルである。でも面白い。これは革命ですよ。

2020-12-16

anond:20201216090503

かつての日本じゃ仇討ちも許されてたわけで

いつから日本人は感情を失い、そして取り戻したの?

第二次世界大戦で失ってコロナで取り戻したってこと?

2020-12-15

anond:20201214053722

日本史に残る二大主君仇討ち」これはじめて聞いたわ

日本三大仇討ち忠臣蔵曽我兄弟伊賀越 なら知ってるけど

2020-11-08

西洋復讐譚は自分被害を受けた話

日本仇討ちは、自分の目上(儒教的価値観において)の人間被害を受けた話。

2020-09-20

anond:20200919203817

希望するなら遺族にやらせてやれと思うが、法的建前は仇討ち禁止から始末が悪い。

2020-09-19

anond:20200919092336

元増田とは真逆に

被害者遺族が「犯人をぶっ殺してやりたい」と言えば

実行するかは別として(←ここが重要

その感情自体理解できる(←理解できる、であって断固支持とか言ってない!)

被害者遺族が「極刑を望みます」と言うと

自分の一個人的復讐心・怒り・殺意感情(それ自体自然だと思う)を

れいさっぱり全部、国家権力に預託して

死刑執行人に全部代行させているようで

なーんかすっきりしないというか、モヤモヤする

仇討ち合法化しろとは言ってない)

死刑制度をなくせ

死刑制度をなくして代わりに身内・恋人による仇討ち許可制度を導入しよう

2020-09-02

今年は商業BLばかり読んでいるので、読んだ作品のことを淡々と書く②

https://anond.hatelabo.jp/20200715133957

 最近商業BLの良さっていうのは手短に完結することなんじゃないかという気がしてきた。基本的に続刊は出ない前提なのか、単行本一冊で終わるように全力で話を畳みにかかる。

 私は漫画といえば終わりの一向に見えてこない連載漫画ばっかり読んできたので、ちゃんオチがついて終わる漫画というだけで尊いと思ってしまう。えっ、もしかして、私の意識低すぎ?

ネタバレには配慮してません。

『春と夏となっちゃんと秋と冬と僕』(佐岸左岸

 とある地方男子高校生カップル一年間を1話につき大体4コマで描いた漫画。前回紹介した『オールドファッションカップケーキ』の作者のデビュー作。

 4コマ漫画かぁ……萌えられるのかそれ? とちょっと不安だったんだが、読んでみたらとても良かった。シマもなつおも可愛い可愛い。何周も読めてしまう。なんなら一周目よりも二周目以降の方が萌えるかも。正月太りもっちもちになってしまうなつおがことのほか可愛い

 高校受験大学受験の間のちょうどいい時期をのびのびと過ごしながらも、将来のことを考えると辛くなってしまシマが切ない。

 シマとなつおがアラサーくらいになった話も読んでみたいなあ。

あなたを殺す旅』(浅井西)

 ヤクザBL。ヘマをしてほとぼりの冷めるまで逃避行生活をすることになった若頭片岡に、運転手として同行する小田島には片岡暗殺ミッションが課せられていた、という話。海沿いを町から町へと車で逃避行するロードムービーのような感じ。

 ヤクザものといってもそんなに殺伐とはしていない。ヘマをやらかして逃亡生活中なのもあって、ヤクザらしいことはあんまりしないのである。行く先々での人情エピソード中心。

 片岡が魅力的でいい男なのである。魅力的でいい男なのに、冒頭で唐突小田島レイプするのが物凄い謎行動だけど……。女には優しいのに何でだ。

『百と卍』(紗久楽さわ)

 江戸時代BL。確か時代江戸後期で陰間茶屋ブームがとっくに去ってしまったくらいの頃の話。陰間上がりの百樹と元火消で笛吹きの卍が下町長屋イチャイチャ日常を送るさまを描いた漫画主人公達が普通に月代・ちょんまげ果たして萌えられるのかと不安に思いつつ読んだら、とても良かった。

 絵がすごくいい。1ページ1ページがアート江戸時代風俗をかなりマニアックに描いている。

 お百と卍の仲睦まじさは見ていてほっこりする。あと卍のビジュアルがすごくいい……めちゃカッコいい……。

 本作は三巻まで出版されている。

『仇椿ゆがみて歯車』(吹屋フロ)

 これまた江戸時代BLこちらは寛永年間が舞台リアル指向の『百と卍』とは逆に、本作は時代劇! って感じの時代劇。なのでメインカプは都合よく月代を回避しているのである少年漫画青年漫画中間くらいやや少年漫画寄りの作風かな。

 かつて凄腕の暗殺者として恐れられていた、現・剣術指南役の間宮刀爾郎の元に訪れた青年一馬一馬間宮弟子入りを志願するが、間宮弟子を取らない主義だと拒絶する。散々食い下がって下郎として間宮の元に置いてもらうことになった一馬だが、実はかつて間宮に殺された男の息子だった。父の仇討ちと家の名誉挽回の為に挑む一馬間宮は受けて立つことに……。

 ストーリー重視でしかも絵がすごく良い。背景もよく描き込まれていて凄い。非常によく出来た少年漫画といった趣きなのだが、BLなので普通に18禁ガチムチぶつかり稽古シーンは入ってくる。

 こういうまとまりの良い少年漫画のようなものってそれ自体が希少だと思うので、腐女子でなくとも男同士の18禁ぶつかり稽古シーン平気な人は読んでみると良いかもしれない。

 第3話ラストキスシーンが情緒あってすごく好き。(ここまでお試しで読める)

 昭和チャンバラ時代好きな人おすすめ

2020-08-20

復讐はよくない

増田復讐はよくないみたいなのはうんざりってのがあっておもったんだが、

例えばガンダムだとシャアキッチリ復讐を完遂するじゃない?

時代劇なんかでも仇討ち物で復讐を諦めるみたいなのってあくま変化球

多くのものは見事仇を討ち果たすみたいなのが主流じゃない?

いつから復讐は良くないみたいなのがありきたりと言うほど多くなったんだろ。

2020-07-24

anond:20200724171919

嘘偽りのない絶対に許さない(可能なら自分自身で仇をとる)という本心

司法無視意味のないことをして誰かに負担を掛けるのは別だと思うから

中世仇討ち制度を復活させるか

死刑囚をあらゆる面から研究して、同じような犯罪者を生み出さないようにフィードバックする方が建設

2020-07-20

みんなは半沢直樹1話どうだった?

なんか、あんまりおしろくなかったというか…。いや、歌舞伎は見ていておもしろいんですけど、シナリオ?かなあ。なんなんだろうな。

要素(わかりやすシナリオ歌舞伎役者、顔芸、私利私欲が強い上司、などなど)だけで見れば、半沢直樹シリーズに求めるものは満たしているように見えるのに、何なんだこのついていけない感は・・・

唯一、1シーズンにはあって2シーズンにはないものって、半沢の父親エピソードみたいな、ミスリードでありながら物語の主軸というか、半沢の行動原理にかかわる部分だと思うんだけど、そこがないだけでこんなに満足感減る・・・

半沢だっていつまでも若くないんだから父親仇討ちへの熱量が落ちることに関しては、特に思うところはないし。

不思議だ。人気作品の続編とは酷評されやすものであるし、俺自身は細かいところを論って第2シーズンを叩く気は全くないし、応援しているシリーズなので今後も見続けるが、なんか、惜しい・・・

大阪西支店時代の部下連中、元気かなァ・・・

2020-07-14

anond:20200714185242

あ・・・

あのシーンは中年が思いだしたらアカンな、どこででも目頭あつくなるわ

『すきだ』『しってた』

無駄死にだ』

仇討ち後、号泣

ネタバレスマソ

2020-07-12

東大風に殺人自由にしたらいいと思うんだよね

日常生活を送っていれば殺したいほど憎む相手がでてくることもあるだろう。

元に江戸時代では仇討ちや、不倫の成敗が認められていたわけだし。

不倫自由化すべしと東大が言っているんだし、殺人自由化してはどうだろうか?

ついでに、窃盗詐欺なんかの犯罪自由化すれば警察いらなくてすむからちょうどいいんじゃない

殺人されたくない人は、保険みたいに集団傭兵雇うなり金持ってる人は個人傭兵雇うなりできるわけだし。

特に問題ないと思う。

何か問題想定できる?不倫自由化東大が言っているのに殺人自由化しないのはおかしいと思うんだが

2020-07-10

anond:20200710045020

腐女子の一意見です

BL作品って一部の、それこそ本当にジェンダー生き方問題に切り込んだ作品フリーダムな感じの話を除くと、基本的属性や展開が決まってることが多いんだよね

そういう話は展開が容易に分かるけど楽しく読める

こういうものを例に出すのは恐れ多いんだけど、なんだろう、展開の分かっている水戸黄門を楽しみに見るみたいな感じだと思う、たぶん

あるいは歌舞伎とか

キャラクターの「役」が、「悪代官」「ヒーロー」「お調子者」「ヒロイン」に分かれていて、必ず仇討ちをする、みたいな

受けとか攻めってたぶんBLっていうフィクションにおける型、つまり装置であって、キャラクター自体がその型と同化して作られているものだと思う(まあ二次創作妄想は知らんけど)

受け攻め撤廃を改変するっていう意見に反対の声が多いのはそういうところにあるんじゃないか

そのことについて「キャラクター人間扱いしないなんておかしい」と捉えるか「BL作品はたいてい日常とは切り離された紙芝居みたいな世界観なんだから現実を持ってきてもしゃあない」と捉えるかは人それぞれだと思うけどね

2020-05-05

anond:20200505004837

現代教育を受けた常識的人間テロを起こさな

その常識を踏み越えるのは狂気のみである

狂気駆動された人間テロ対象合理的に決めることができない

合理的テロを起こせるのは復讐仇討ち正義だと教わった正気人間だけ

幕末志士やイスラム過激派はこれに当たる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん