「同化」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 同化とは

2021-04-19

anond:20210419080737

本当のアイヌは、大正時代には既に日本社会ほぼほぼ同化してしまっていた

失われかけていたアイヌ伝承を、金田一京助博士知里幸恵知里真志保天才姉弟を発掘して「ユーカラ」を編纂し、この世に残したのみ

当事者がいなくなった差別利権を斜め上の国の連中が乗っ取ったのが最近の騒ぎの真相

2021-04-12

はてブとかTwitter右派左派自称している人達って

敵方がなんかやらかしたら”敵の失態”だと喜んで味方がなんか成功したら”自分達の手柄”だと喜んでるよね。

政治的思想自分自身とが同化しすぎててキモい

2021-04-08

anond:20210408184241

推定しかないけどコミュニティ入ってる人は治療は受けないんじゃないか

ぼっちで隠してる孤独な人は周囲と同化したくて治療受けるかもね

2021-04-06

なんで日本英語教育って

「have to」だけ異様に熱心に発音を教えるの?

かに同化する語なんてたくさんあるのに

しかも私のクラス教師は「ハフトゥ」になる理由がわからないって言ってた

それで教師なのかよ

2021-03-21

anond:20210321233423

基本女性という性別自己同化してしまった結果みたいな感じなんよね。

二次元に描かれた女性自分を同一視するし、現実世界トラブル事件においても女性という性別が付く方に自己を重ね合わせて感情を高ぶらせる。

2021-03-18

女性という性別自己同化させるフェミニズム問題

あらゆる女性表象自己への言及として認識される、つまりあらゆる女性表象に対する決定権は自分達にあると誤認しているもんだいであり、さらに言えば女性表象支配する強者的な立場女性に与えてしまうところにある。

2021-03-16

anond:20210316013801

女性という概念自己を同一化させることの弊害はまだあって、他者の他の属性に対しても同じような同化を図ってしまうところにある。

 

個々の男性を見ずに男性という概念のみで語り個ではなく集団として糺弾を図る一部のフェミニズムの主砲がその最たる例。

anond:20210314213315

自己性別同化させた結果、女性思考理論が均質化してしまいその思考理論にそぐわない人たちは肉体的性別が同じでも女性としては認められなくなる。それが所謂名誉男性と呼ばれる存在

2021-03-14

anond:20210314112250

しばしばネット上で2次元女性キャラの描き方が問題になるのもこの女性という性別自己同化させてしまたことに依るところが大きい。女性というのは自分自身のことであるからこそ例え二次元キャラであってもそれは生身の自分に対することと同じことになる。

anond:20210314010000

前提として、「男性女性で扱いが変わる事」自体がなぜなのかを考える必要がある。

エレベーターは男女で分かれてたりしない。

男女で分ける必要がないなら、LGBTだろうが分ける必要はない。

風呂だろうとトイレだろうとスポーツだろうと、一緒にできるなら一緒に出来た方が良い。

じゃあ風呂トイレスポーツはなぜ分かれているのか。なぜ分かれている事を男女とも受け入れているのか。

それはトラブルが起こるからだ。

なぜトラブルが起こるかといえば、一定数の男性は、女性を襲うものからだ。(スポーツについてはいったん除外)

本来、「襲う男性」だけを隔離して、それ以外の男女については風呂でもトイレでも共同化してしまって構わないはずだが、

残念ながら「襲う男性」を事前に区別する事は不可能から、一律男女で分けるしかない。

これが前提だ。

そうすると、風呂トイレについて、トランスジェンダーな人たちがどっちを使うべきかは明確だ。

男の体を持ってる女性場合女性を襲うかどうかを事前に区別するのは不可能から、男用を使ってもらうしかない。

チューリングテスト的なもので、女性を襲う事は絶対にない、という判定でも出てるなら別だが、そんなテストをやろうとしたらそれも差別だとか言われそうだしな。

というか、そんな判定ができるなら、そもそも紳士的な男性も女用を使ってよいという話になり、前提に反する。

一方、女の体を持ってる男性場合、他の男に襲われる可能性があるのだから、男用のは使ってもらうわけにはいかない。

じゃあ、女用のを使ってもらえば良いかというと、そうでもない。なぜなら、女の体を持ってる男性女性を襲う可能性があるからだ。

これは前提に書いた「一定数の男性は、女性を襲うもの」という条件を適用したものだ。その人が男性であるなら、身体女性であっても女性を襲う可能性がある。

まりその人は男用も女用も使わせるわけにはいかない。

じゃあ、世の中は「男用」「女用」「女の体をもつ男用」の3つに分ければ片が付くかというと、そうでもない。

なぜなら「女の体をもつ男性」については他の「女の体をもつ男性」を襲う可能性があるからだ。

もともと、女性を襲うような男性は、相手精神など無視しているのであって、相手身体女性であるなら襲う可能性があるだろう。(そうでなければそもそも男用を使わせればよいという話になる)

という事で、「男性」「女性」「男の体を持つ女性」については、公共の場においてどっちを使うべきかは明確だが、

「女の体をもつ男性」については、どっちも使ってはいけないし、「女の体をもつ男性用」という場所も用意できないという事になり、常に個室を使うべきという話になる。

この扱いを差別的というのであれば、解決方法は2つしかないとおもう。

・襲われる可能性に目をつぶって全て共用にする(水着着てれば男女とも入れる温水プールみたいなやつ)

・「男用」「女用」を撤廃し、すべてを個室化する。

以上2つだ。

という事で、上の2つのどちらかになるまでは、世の中には「女の体をもつ男性」への差別が残っているのだ。

スポーツについては、もともと身体能力差が理由なのだから、この際すべて男女混合にして、女性の体を持ってるなら、勝つのが難しいのは甘受すべきだ。

幾ら黒人身体能力に優れていても、黒人枠とそれ以外に分けるべきではないのと同じだ。

勝てなきゃ勝てないで仕方ない。差別をなくして、勝てない事を受け入れるべきだ。

anond:20210313235019

追記読んで改めて「受動的だと飽きる」ってブコメが本当に的確だと分かった。

この人とことん受動的だわ。

最大の問題点評価軸すら受動的なことだね。

創作釣りの項目によく出てるんだけど、「他人評価するようなことを自分がやること」に焦点があってて「他人がどうかは関係ねえ自分が楽しけりゃそれでいい」「他人自分よりうまくても、自分過去自分より成長してることが楽しい」って感覚を持ててない。

他人に興味がない」を連呼してるけど、これはむしろその感触に寄り添いすぎてて気付けなくなってるだけ。もはや同化してるとさえ言える。

他人に興味がありすぎるから他人と一緒にいることに疲れてしまうし、失敗を恐れて人付き合いを遠ざけてる。それが自分の中で当たり前になってるから、逆に自分他人が興味がないと勘違いしてしまっている」が正解。

他人からどう思われてるか」に対して意識向けすぎるのを辞めないとどうしようもないね

まあそれを認めて「自分やっぱ承認欲求めっちゃあるじゃん」と認めて上手く付き合っていうかだろうねえ。

まずは自分状態分析する所から始めるといいし、それは本気でやるならかなり能動的だから楽しめると思うよ。

anond:20210312111707

自己女性という性別同化させた結果、女性という属性を持つ存在多様化ではなく画一化に向かっているというのは割りと悲劇なのかもしれない。所謂名誉男性問題もここが発端だし。

民族自決かいうのがそもそも悪だろ

混血を否定するのは「差別」なのに

民族」という純血主義肯定してしまう。

それこそが現代最大の矛盾だ。

すべての民族同化するのが必然

地球族」として一体化しようではないか

anond:20210314002706

まぁ香港はそうだね。あれは民族じゃないけど。

モンゴルも確かに報道はあるけど、ウイグルに比べたら温度差があるんじゃないかなあ。まぁ言語の話と殺人じゃ温度差があっても当然かもしれないが。

何より、「今の問題」に焦点を当てるのは当然なんだけど、「過去にも同じ(かそれ以上にひどい)状況があったよね」って話はそこまで触れられてないんじゃないかな。今の若い人とか、平均的な日本人って、五族共和かいって強制的同化してきた歴史とか、知らないんじゃない?

2021-03-13

ウイグルウイグル騒いでるけど

 一昔前はチベット虐殺があったし、ニンシヤホイ族は話題にすらならないし、内モンゴル満州族はとっくに同化済、現在言語弾圧強制が進んでる。

支那地域周辺の少数民族からすれば、何を今更騒いでんだ、ってとこじゃないか

ウイグル族漢民族同化させたいだけなら太陽政策のほうが良さそう

ウイグルって田舎じゃん?中華マネーで町を都会にしてじゃんじゃん楽しいもの作って医療費も安くして豊かな体験させて暮らし現代的に豊かなものにしてあげたら勝手についていきそうじゃん?

日本にもアイヌとか少数民族いるけどアイヌ固執せず大和民族とうまくやってるのはとかやらないのはそのほうが豊かな暮らしができるからだと思うのよね。

2021-03-12

anond:20210311215043

フェミニズムにおける性別ナショナリズム化の何がいけないかというと、自己性別同化させることにより本来一人一人の人間が持っていた個というもの性別で上書きして消失させてしまうところにある。それは性別から解放ではなく性別への隷属に他ならないのだけれども、男という性別に対する性別二項対立階級闘争という構図からして見ると実に友好的な手段であるのも間違いないので今日もまた個を失い女性という総体と化したゾンビのような存在ネット上を徘徊するのである

人間とはなにか?それ以前に "自分" とは何か?

エヴァ理解ある彼くん や 関係萌え に乗じて 人生観人間 について語りたい増田がいるようなので新しく増田作りました。 

タイトルの『人間とはなにか?それ以前に "自分" とは何か?』に入る前に、大前提としておさえて欲しいことがあるよ。

 

1. 大前提としておさえておいて欲しいこと:すべての個は独立したユニーク存在他者世界をみることも同化することもできない。

 

 

 

上記はおさえられている前提で話を進めるよ でないとタイトルに入れないので

 

 

2. 人間(Homo sapiens)とは何か?

スコープの大き過ぎる問いなので、ここでは、サピエンス理解する、知っている、知恵のある とは?限定するよ

 

増田の考える、"理解する" とはなんだろうか?人間以外の生物コンピュータ理解することはないのだろうか?

増田の考える、"知っている" とはなんだろうか?人間以外の生物コンピュータは知ることはないのだろうか?

増田の考える、"知恵" とはなんだろうか?人間以外の生物コンピュータは知恵を持つことはないのだろうか?

  

  

3. それ以前に"自分"とは何か?

増田の考える、"自分" とは何か? 自分身体のどこにあるのか?指し示して欲しい。

 

ちなみにこれは既に答えが出ているので先に答え書いちゃうね。頭を指し示してもそこに "自分" は無い。

身体環境文脈から完全に独立した脳機能は皆無だ。もっと言えば自由意志存在しない。

 

更に根本的なこと言えば "自分" は連続していない。

過去の "自分" と今の "自分" は組織からして物理的に違う。

人間記憶は同じだから連続した存在(同じ存在)とするのもだいぶ無理がある。

記憶五感を伴うものであり、身体組織が違っていれば、思い出しても当然感じ方は違うし、

(似たような環境で育てたとしても完全に同じ個体にならない理由がまさにこれ)

そもそも記憶インディックスを失い、正しく記憶を読み取れなくなるかもしれない

(いわゆる"忘れる")

 

早い話が人間は、身体記憶連続していない。少なくとも、連続性を保証するものは何も無い。

 

 

 

4. そもそも生物と非生物の違いは何か?

有機物無機物本質的な違いはない。

 

日本生物物理学会も材料的には生命と非生命物質の間に本質的な違いはありません.それでは,「生命」と「物質」の違いはどこにあるのでしょうか?“ とか言ってる。

 

強いて言うなら生命(命)とは現象

 

そしてその生命現象人類はいまだに理解が出来ておらず、生も死も非常にモヤっとしたものだ。

"未だ生を知らず、焉くんぞ死を知らん" (まだ生についてよくわかっていないのに、どうして死のことがわかろうか)みたいな?

 

たとえば、食肉処理場から食用解体された(お肉になってるので臨床的には当然死んでいる)の 豚🐖の頭部を使った実験

 

Nature]Pig experiment challenges assumptions around brain damage in people

https://www.nature.com/articles/d41586-019-01169-8

[日本記事][Nature ダイジェスト]死んだブタの脳を体外で数時間生存させることに成功

https://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v16/n7/%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%A0%E3%83%96%E3%82%BF%E3%81%AE%E8%84%B3%E3%82%92%E4%BD%93%E5%A4%96%E3%81%A7%E6%95%B0%E6%99%82%E9%96%93%E7%94%9F%E5%AD%98%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AB%E6%88%90%E5%8A%9F/99254

 

どうしよう、日本記事タイトルの通り、食用解体されお肉になった豚🐖の脳🧠が復活しちゃったよ?

 

研究チームは、BrainExに組み込んだブタの脳が6時間でどの程度回復できるかを調べた。

> その結果、保存液を注入しなかった対照群の脳の細胞崩壊してしまったのに対し、

BrainExに組み込んだ脳では個々の細胞や部位の構造が保存されていた。また、ニューロンや他の脳細胞が正常な代謝機能を再開したことや、

> 脳の免疫系も機能しているらしいことが分かった。さらに、BrainExに組み込んだ脳から採取した組織試料に通電したところ、

> 個々のニューロンがまだ信号を伝達できることも判明した。

> ただし、高度な脳活動意味する脳全体の協調的な電気活動パターンは全く見られなかった。

研究チームによれば、そうした高度な機能を復活させるには、電気ショックを与えるか、もしくは、もっと長い時間にわたって脳を溶液中で保存し、

酸素供給がない状態で受けたあらゆる損傷から細胞回復させることが必要だろうという。

> すでに、BrainExを使ってブタの脳を最大36時間生存させている。

 

さて明確に活動を再開してるのだけどこれは "生きる" のかな?"死んでいる"のかな? 

 

 

 

5. では1−4を踏まえて改めて問おう、増田にとっての "人生" とは? (人生観を語るのが好きな人が好きなワード "成長" や "大人" や "希望" や "救い" とかでもいい)

「我思う、故に我在り(Cogito, ergo sum)」

「私は在る、私は存在する、これは確実で ある。しかしどれだけの間か。もちろん、私が思惟する間である

なぜなら、もし私 が思惟することを完全にやめてしまえば、おそらくその瞬間に私は、存在することを まったくやめてしまうことになるであろうから

 

とか言った人もいたが、実際的には "自分" という存在は気のせいだ。

  

だが、増田は 『自分なんて気のせいだから自分があるように振る舞うのはやめろ!!』 と他人に言われて従う?従わないでしょ?

 

増田世界の主人はこの世の誰でもない増田自身なのだ

世界の主人が自分自身であることに正しさは要らない。

他ならぬ自分自身がそう選択し決めたことだ。

 

ーーーー・・・以上で前振り終わりで、本題に入る。

 

1−4を踏まえて、増田にとっての "人生" とは? (人生観を語るのが好きな人が好きなワード "成長" や "大人" や "希望" や "救い" とかでもいい)

社会的ごっこ遊び (Social Pretend Play) じゃないヤツで頼むね。

 

2021-03-10

結局、ウイグルけが虐殺されているのではなく

これまでに満州族(女真族)もモンゴルもニンシヤホイ族も、虐殺漢民族への同化が強行されてきたけど、当時は中国が未開の地すぎて誰も気付かず、問題にならなかったということなの?

2021-03-08

自分気持ち素養をいい方向に豊かに耕し続けるのって本当に難しい

日々普通に周りと同化しなければならないという事に押しつぶされて死ぬ

2021-03-07

集団によるダブルスタンダード

はてなではよく、「お前らはこの間はこう主張したのに、今回の件では矛盾しているじゃないか!」という指摘が発生している。

しかし、ある集団が頭の上から足の先まで統一した意見を持っているという前提が普通は成り立つものではない。

まり上記の指摘はそもそも指摘した側が何らかの幻影を見ているということになる。

これらはそもそも自分コントロールできる属性ではない。

たまたま、そうであるように生まれたというだけだ。意見統一する必要など微塵もない。

あの国人間(※ここでは政府の話ではなくただの国民意味政府の話は後述)は前と言ってることが違う」という指摘を見たことがあるが、

おそらく日本人が多いであろう君たちは、この狭い日本の中ですら意見の分断があることを知っているのでは?

たまたま前の人が何か意見を発したら皆それに準じなければならないとしたら、これほどの理不尽はないだろう。

こういった属性は先程とは違い、少なくとも自分で選びとった属性ではあるし、特定趣味嗜好に基づいているという点で共通性は見られるかもしれない。

しか共通性が見られるということと、内部で意見統一すべきということはイコールではない。

あくまであるサービスに魅力を感じて継続利用することに決めたというだけの関係であって、思想の全てを迎合させることに同意したわけではないし、そうすべきあらゆる理由もない。

よく「はてなダブスタ論」が挙がるたびに疑問に思っているのだが、「自分はてなユーザーである」という事実をどう処理しているのだろう?

自分というはてなユーザー」と「自分以外のはてなー」という属性があって、「自分以外のはてなー」全員が「自分」のために意見統一すべきと思っているのだろうか?(自分はそうしないのに?)

これはその人が会社人間として発信しているのか、一人の人間として発信しているのかで事情が違う。

会社として発信しているのであれば、それはその人個人思想とは完全に分離した「会社という法人言葉」を単に代弁しているに過ぎないので、今論ずる対象ではない(後で論ずる)。

構成員個人の発信である場合は、会社正反対意見を述べようが責められる謂れはない。

法人雇用契約を締結しただけの一人間がその思想まで同化させられたら、労働を遥かに越えた人権侵害だろう。

これは思想によって呼び分けられた集団から、当然思想は同じであるべきと考える人いるかもしれない。

ところがこれらの集団人間別に意見統一する必要はないのだ。

右派とか左派という言葉にはっきりした定義はない。

各人の思想便宜上近しいもので纏められているだけで、詳細まで同じであるとは限らない。

また、ある点(たとえばある政策の是非)でたまたま同じ意見を表明した人間同士が別の点でも同じ意見とは限らない。

同じもの好きな人同士でも、その好きになった理由全然違うかもしれない。アニメだったら、ある人はシナリオ、ある人は絵、ある人は声優みたいに。

政策とか党派だって同じことが言えるだろう。

たまたま好きなアニメが被った見知らぬ誰かが犯罪者からといって、自分まで犯罪者扱いされたら君たちも反論するだろう?極端だがそれと同じことだ。

これは相当程度、一国家の中で意見統一は求められる。

ただ、それは国家間の条約協定を覆さないという意味いであり、ダブスタ云々というよりも「契約を守りましょう」という話に整理される。

その原則が守られている限り、たとえば政府意見見解といったものは、その国の中で過去から未来に渡って常に統一しておく必要というものはない。

なぜなら政権交代に伴って必然的政府意見は変わるものだし、変わるべきだからである

それが許されないのであれば政権交代意味も、ひいては選挙自体意味もなくなってしまう。

アメリカ大統領トランプになった後、米政府としての考え方は180度転換したが、これは当然のことであってそうでなければ変わった意味がない。

これは流石に統一した意見を持て、と言いたい人も多いだろうが、基本的には上記議論が全てそのまま通じる。

組織に属しているからといってあらゆる全ての見解統一しなければならないまでの義務を負っているとは考えにくいし、組織トップが交代すれば見解も変わる。

逆に、組織と異なる意見は常に封殺され、どれだけトップが変わってもいつまでも見解が変わらないような自浄作用のない組織であれば、それこそ恐ろしい組織ではないだろうか?

組織としての契約約束事をその設定期限まできちんと守りきれるのであれば、それ以外の意見見解は変わりうるし、変わるべきなのだ

ここまで考えていけば、究極的には一個人意見見解ですら、変わりうるし変わるべきだという結論にたどり着くだろう。

それは脳内天使と悪魔なり自分会議なりマギシステムなりを開催しているところを思い浮かべてもいいし、単純に十年前の自分が今と同じ考えだったかと自問してもいい。

そもそものところ、主張の妥当性というものは、発言者関係なく、主張そのものから判定すべきというのが大原則のはずだ。

発言者過去発言という外部変数を取り入れなければ成立しない「ダブルスタンダード」という概念自体がその原則に反している。

ダブルスタンダードであることが良くないのは、「一つの議論の中で同時に矛盾した主張を挙げ、その両方を論拠にした何らかの主張をした場合」に限られるのだ。

(そのような場合は、そもそも論理矛盾を含んでいるのだから単にそう指摘すれば良いのだ)

結論として、お前の主張はダブスタだというような指摘は、はっきり言って論理性がない。

少し乱暴な言い方ではあるが、「ダブスタ指摘は愚かな主張」とすら言えると思う。

2021-03-05

「夏の学校」を調べてみた

夏の学校とは?

夏にその分野の人たちが集まって、ワイワイ勉強したりプレゼンしたりしあう集会

コミケみたいなノリ

いくつあるのか調べてみた(多すぎて調べ尽くせなかった。もっとこんなのあるぜ!ってのはコメントで教えてください)

天文天体物理若手夏の学校

物性若手夏の学校

原子核三者若手夏の学校

基礎理学療法学 夏の学校 

構造有機若手の会夏の学校

レーザー夏の学校

行動神経学 夏の学校

遺伝統計学夏の学校

病理・夏の学校

皮膚科サマースクール

生物学分科会 夏の学校

PETサマーセミナーサイクロトロン夏の学校

進化学夏の学校

SPring-8夏の学校

質量分析夏の学校

電子顕微鏡技術研修会夏の学校

バイオAFM夏の学校

流体若手夏の学校

放射線夏の学校

彗星夏の学校

モデル理論 夏の学校

錯体化学若手の会夏の学校

女子中高生夏の学校

性能・運動分野「夏の学校

データ同化夏の学校

INSD夏の学校

生物物理若手の会夏の学校

気象夏の学校

地震学夏の学校

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん