「大衆」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大衆とは

2019-05-21

anond:20190521103320

結局、大衆絶対に反撃してこない藁人形が欲しいだけなんだろうな。

https://anond.hatelabo.jp/20170811212332

小説が読めて正当に評価できるプロパーなら知っているだろうけど、芸術性の高い小説はいかにまらない小説を上手く書けるかを競っているようなところがあり、そうした小説大衆的な評価を得られないのは当たり前だし憤るようなことでもない。

それが分かってない時点でこの増田も、文学界隈で議論されて来たような「小説価値」を全く理解できていないスノッブしか見えない。

 

増田は上手い小説が正当に評価されと欲しいと言っているが、そのわりには上手い下手の基準曖昧で、上手さの基準が違うジャンル小説をひとまとめにして語っている。

何が上手さかをちゃん言語化し、これが基準だよと指し示す。国語ができるかを口にするなら、目的の為、それぐらいはできてしかるべきではないだろうか。

もっとも、後半の仮説を読むと察するのだが、この増田は表向きの目的よりも別の目的、あるイデオロギーに囚われているのがわかる。

 

それは、良い小説や良い表現を読むことにより立派な人物になれる、という人格形成神話だ。

こうした読者にとって、読んでいる小説人格や知性は比例する(しなければならない)ので、悪い小説や下手な文章評価するのは単に評価のものさしが違うのではなく、小説を読まないような読者だということになる。

そのような読者を分析してみせ、自身の完成した人間性披露したがる文芸スノッブは多い。しかし、この程度のありきたりな分析ほとんど自己紹介のようなものである

要するにそれぐらいの藁人形相手でなければ、まともに誇れないような知性を現しているにすぎないからだ。

 

増田は「評論が読めるのか」などと煽っているが、こういう連中こそまともに評論を読んだことがあるのだろうか? 非常に疑わしい。

名の通った評論家の本を読んでいくだけで、文学という制度自覚的かつ批判的な本に何冊も目を通すことになり、この程度の脳天気小説観など出てこようはずも無いのである

 

小説の正当な評価を望むのは私も同じである

しかし、それはスノッブ好みの文芸保守復権してほしいからではない。

文学とは何か、小説価値とは、それらの議論を踏まえ、歴史の上に積み上げていくような営みにこそ未来があるからだ。

anond:20170811212332

そもそも大衆向けなもの」と「芸術性の高いもの」は色んな分野で同じことが起こっている。芸術性の高いもの大衆からすると取っつきにくい。その芸術性を下げずに大衆に受け入れやすものにすることだってひとつ能力ではないだろうか。それは必ずしも作り手だけのものではなく、読み手が「少し長い話だけど、こういう性癖の人には刺さると思う」などと広げていくのもその一つの手段だろう。それはただの口コミではなくて、解説になるし、見所を教えてくれる道標になる。

「高尚な芸術が分からぬ凡俗どもめ」と切り捨ててしまうのは簡単だろうし「早く皆がわかるようになれ」というのは言うだけ容易いけれど、それよりも「素晴らしいものの素晴らしいところをプレゼンするからみんな見て」の方がよっぽど効果があるんじゃないか

2019-05-20

anond:20190520202331

「どのようなものを作り出せば、既に存在する他の誰かの作品よりも高い評価を得られるだろうか?」



一部を除き、内実、そんな芸術家ばっかりだと思うよ。過去現在も。すぐに思いつくのは芸術起業論みたいなの。

そのような陳腐な考えを持っているはずがない


アートとして評価されることを選べる人はいる。それは金に余裕のある人達で、そういう人は惜しみなく金を投じて回収することを考えない。

でも、企業体であるなら、その一介の社員たる人はどんな役職であれ、資金回収を考えている(底辺一般社員を除く)。

アイドルの魅力を最大限に発揮させるということを最大の目的


アイドル芸術性は、常に後付けであり、アイドルとは若年(一般には若い女性、女の子)に現代価値を与えて換金するビジネスしかない。

芸術性やアートを見出すのは、偶然であり、常に大衆である

温厚で普段怒ることのない彼女


しかし、アイドル対象は、息をして現代を生きる一人の人間でもあるので、芸術性がないことを知り仕事従事するが、

芸術性以上の誰かの悪癖が存在してると気付けば、当然、一人の人間として怒り出すだろう。

アイドルの神


神はどんな場合幻想妄想であり、内的心象が外的物体かのように錯覚されることでしかない。

あるいは、それを自覚して、通常では不可知である何かを別のものとして表現したに過ぎない。

anond:20190520002645

その大学とかのコミュニティルール

大衆向けであるPC-VANNIFTY-SERVE、ひいてはあめぞうやら2chルーツとして影響を及ぼしうるのだろうか

ちなみに私はWindowsXP以降のインターネッツしか知らん

2019-05-19

anond:20190519222644

そう、デジタルイラストがまともに大衆機でも出来るようになりオタク女がインターネットに増えたが、コミュニケーションの蓄積がなかったので住み分けに失敗し、コンピュータ文化へ先に触れていたオタク男と衝突したんだ

検索避けが生まれ理由増田の考えの他に、バックグラウンドにはYahoo!インデックス検索アクセスランキングや、Googleロボット検索の登場など細かく説明しようと思えばできるんだが、それは結局やらかした後の話なので若い世代は「昔のオタク女はヘイトを集める行動をしていた」と認識するだけで良いと思うぞ

2019-05-18

最後魔法使いとして夢見りあむ ~夢見りあむがシンデレラガール

話題の第8回シンデレラガール総選挙だが、夢見りあむのシンデレラガールはないと考えている。

夢見りあむは第8回総選挙のために生み出されたアイドルだが、彼女シンデレラになるために生まれたわけではないかである

 

順を追って説明していこう。

夢見りあむについて語るときに、直近で起こった事件で触れるべきことがある。

 

バーチャルタレントとしての魂の座をかけたバーチャル蟲毒である

このイベントもまたいわば選挙であり、その構図は非常に似ている。

そしてここで、語るべきは当然だが、九条林檎の№5である

ヴァーチャル蟲毒において、彼女が盤面をひっくり返すための最初戦術は、無課金勢という大衆武器の使い方を教えたことだ。

当初のヴァーチャル蟲毒を独走していたのは、重課金騎士に守られた姫だった。

九条林檎№5はこの状況に一石を投じた。

重課金の完全武装騎士だろうと、武器が鍬だろうと、10人ならば?100人ならば?1000人ならば?

ほら、見ての通りだ、寄ってたかれば勝てる、お前も参加しよう。

 

今回の総選挙とこの構図はよく似ている。

夢見りあむの票は、当然だがほかの上位勢のアイドルみたいな強力な騎士に支えられたものではない。

だがそのうえで中間3位という結果が、この総選挙においては本田未央すら”倒しうる”ことを知らしめた。

これらはもちろん純粋ファンもいるだろうが、興味本位好奇心運営への怨嗟憎悪といったものがないまぜになった薄く広い票田

だ。

これはこれまでの総選挙お題目だった純粋ファンに支えられてシンデレラを目指す、というストーリーへの巨大な一石だ。

 

起きた結果だけを見れば、同じように見える両者だが、決定的な違いがある。

りあむはキャラクターであり、意思を持った個人ではない、という点だ。

夢見りあむの言動運営に完全にコントロールされたものだということだ。

りあむは声もないため、声優暴走というイレギュラー存在しない。

まり九条林檎の№5のそれはいわば運営への仕掛けだったが、りあむのそれは運営からの仕掛けなのである

 

 

さてそういう見方でみると、夢見りあむの中間3位は別の意味が見えてくる。

彼女は、自然発生した台風ではなく、運営意図した爆弾なのである

夢見りあむは、既存総選挙問枠組みの破壊であることは間違いない。

夢見りあむの出現によって、アイマス界隈は不可逆の変化を遂げた。

シンデレラ魔法が解けたと少なくない人間が感じただろう。

だが、少なくともこの総選挙で生まれ最後シンデレラには魔法をかけなくてはならない。

その最後魔法をこそが夢見りあむ中間3位という順位だ。

夢見りあむは1位でも2位でもいけなかった。

それでは構図が2位もしくは1位のアイドルとの一騎打ちになる。

シンデレラ魔法がかかるためにはそれがりあむに勝つためだけの票に見えてはならない。

りあむは4位以下でもいけない。

りあむは勝つかもしれないという魔法がかからない。

りあむが爆弾たりうるには勝てるかもと思わせなくてはならない。

3位がベストだ。

その場合、構図はりあむによる露払いによって否応なく発生した1位と2位の純粋一騎打ちになる。

りあむは魔法を解いたがそれでもなおりあむに飲み込まれなかった二人は本物ではないか?、と思わせる。

上に2人いることで分かりやすい反りあむの投票先はその2人に分かれる。

まり、りあむの対抗票として投じられるそれは彼女たちを汚さない。

そしてりあむが勝ってもおかしくない空気のまま、どちらかが勝てばよい。

 

   

ここまでくれば分るだろう。

夢見りあむ中間3位は、運営が仕掛けた欺瞞であることが。

りあむはけして悪くはない順位だったとは考えられるが果たして3位だっただろうか?

1位と2位の一騎打ち演出するこんなに都合のいい道化がいるだろうか?

運営がそんな操作をするわけがない?

シンデレラにしたいアイドルガチャブーストらする運営をどうしてそこまで信じられる?

声がついた後、トップアイドルにも下積みにもなれずくすぶるアイドルが少なからずいるのに運営ユーザーに常に真摯であると?

そういう露骨誘引より、もっと分かりにくく巧みな操作を行うようになったのだけではないか

総選挙アイマス最大のコンテンツである以上、票を単純に数えるだけのはずがない。

ドラマの生まれるかどうかわからない総選挙をするようなやわな運営だろうか?

断言しよう、いつからかはわからないが総選挙は間違いなく台本と筋書きがある。

しかし、これはエンターテインメントとして当然の帰結である

しろりあむ事変を計画的に起こしたのであればその手腕は大いに評価すべきだ。

きっとこれからもすごいコンテンツ提供してくれるのは確かだからだ。

  

運営の用意周到さはりあむが投入される前段階として声のあるSSR実装された新アイドルの投入という実験を行っている点からも見て取れる。

アイドルSSRを背負い、声を持つこと、この反響を試したのだ。

いまのゲームは全キャラクターにボイスがついていてもおかしくない時代だ。

そのうえで、新アイドル全員に声をつけない、というのは予算などではなく、もっと大局的な戦略的判断であると考える。

彼女らは目論見通り、燃え上がった。

声がついていて、SSRがあったから、それらをねたむ人間から憎悪しか浴びなかった。

おそらくりあむの声優は既に決まっている。

りあむは明らかに火中の栗であり、燃え上がってから声優を打診するはずもない。

おそらく鎮火のための施策提示も含めてのオファーが回っているはずである

そのうえで、あえて、りあむは、声も、SSRも背負ってこなかった。

りあむが、シンデレラ憎悪を燃やす人間からの票を取り入れるためだ。

シンデレラ魔法時間切れが近かった。

暴発寸前の彼らの票を投じる先を用意してコントロールする必要があった。

りあむは、この第8回総選挙のために生まれた。

だがそれはシンデレラになるためではない。

彼女炎上アイドルとして送り出されているが、実のところ家を壊してでも延焼を防ぐ火消しであるのだ。

彼女こそがシンデレラ最後最後で守るた、最後魔法使いだ。

  

から、この総選挙で夢見りあむはシンデレラガールになることは絶対にない。

だが、彼女は死なないと私は信じる。

これまでアイマスというコンテンツが切り捨ててきた層(見向きもしなかった人を含む)をこそ夢見りあむという女の支持者にしてアイマス世界に取り込むこと。

それが夢見りあむに与えられた役割のはずだからだ。

この負けるために生まれてきて、生きるだけで地獄の綱渡りするアイドルを、私は愛そう。

遥か空高く飛び立つ姿と同じぐらい、彼女燃え尽きて墜落するまでのその姿を見てみたいと思うからだ。


まぁなにかまかり間違ってシンデレラガールになるようにことがあれば、それは私が夢をかなえたファンになるというだけなので、私は全然かまわないのだが。

2019-05-17

話題津原泰水作品を読んだ

一番代表作っぽい『五色の舟』っていう短編だけだけど。

率直に、とっても面白かった。わかりやすく言えば「大人向けのお伽話」って感じ。

短いながらにも、その作品世界観ちゃんとあって、読後に考えさせられるテーマ性もあった。あまり触れたことのないような題材と空気感作品だったから、読んでいて新鮮で良い読書体験ができたと思う。

ただ、共感重視の大衆には受けないだろうなあ、とも感じた。

何はともあれ、売れないからって無碍にされては非常に勿体ない作家さんだということはわかった。

2019-05-16

anond:20190516190811

日本の将来ガーとはよく聞くが

そいつの子供が私に対して具体的に何かやってくれる保証でもあるのだろうか。

あると言うのであれば今すぐ契約書の一つでも持ってきてほしいものだ。

そんなものは何もない時点でカラ手形他人強制的に売りつけているだけなのである

自由意思存在しないだけ大衆免罪符を売りさばいていた中世教皇よりも罪が重い。

2019-05-15

同性愛者を笑い者にする淫夢営業をした人たち

LGBTへの理解が求められる時代に、同性愛者をバカにし日本インターネット最大の恥部ともいえる真夏の夜の淫夢

匿名淫夢ネタを使うだけでも眉をしかめるのに、実名や顔出しで使うバカの多いこと。その一部を挙げる。

杉田智和(声優)

オタク知識の一部としてネットホモネタを使っているんだろうが、はっきり言って不快しか無い。

お仲間の中村悠一マフィア梶田も同罪。

ポプテピピック

原作は読んでいないが、アニメ淫夢ネタが使われているシーンがあった。

ネットスラングの一つ程度の認識なんだろうが、集団制作アニメにおいて使って良いネタ悪いネタ区別も付けられなかったのだろうか?

手塚治虫時代から進歩していないどころか退化する姿には呆れて物が言えない。

しかし、漫画を描くうえで、これだけは絶対に守らねばならぬことがある。

それは、基本的人権だ。

どんなに痛烈な、どぎつい問題漫画で訴えてもいいのだが、基本的人権だけは、断じて茶化してはならない。

それは、

 一、戦争災害犠牲者からかうようなこと。

 一、特定職業を見くだすようなこと。

 一、民族や、国民、そして大衆をばかにするようなこと。

この三つだけは、どんな場合にどんな漫画を描こうと、かならず守ってもらいたい。

https://kanimaster.hatenadiary.org/entry/20100429/1272470913

犬山たまき(佃煮のりお)

淫夢語録やネタを使い登録者数を稼いでいるVtuber(漫画家)。

淫夢にはまったきっかけをこの動画で語っているが、いやいやおかしいだろ。

風評被害にあったのに嫌悪するどころか逆にはまるって。ホモ好き腐女子らしいが本当にホモが好きな腐女子なら怒れよ。まさか淫夢同性愛者への理解を深めると本気で思っているタイプ

そんな人の代表作が男の娘漫画って。性同一障害者バカにして楽しい

ついでに言えばコメント欄もすっっっごく気持ち悪い。こういう人たちが集まる気持ち悪いコンテンツなんだなと確認できる。そもそも日本Vtuberブームの発端が「ホモと見る○○」というニコニコ淫夢界隈からだったという事実を考えれば親和性は高いんだろうが、ホモガキ相手に媚びて恥ずかしくないのか?

漫画も打ち切られる程度の売上らしいし必死になるのも分かるけど、いずれ淫夢営業をしていたという過去が足を引っ張ると思う。こんな人が超会議テレビに出ているというのが信じられない

ゆゆうた

淫夢のみならずsyamu、唐澤貴洋、長谷川亮太らをネタにしガキの人気を集めてお山の大将を気取っているホモガキ。

名前も住所も割れてるのに続けている以上スタンスを変えるつもりは無いんだろうが、ガキに媚びを売って投げ銭を稼ぐのは楽しいか?

こいつをすごいと褒め称える信者共も同罪。

ニコニコ

ホモガキの巣窟淫夢関連の動画は本当にまずい物は削除するが、基本的放置。結果本編丸上げや音MAD等でホモを笑い者にする文化形成される。

AV企業のACCEEDははっきりと「作品無断転載使用をやめろ」と警告を出しているのになぜ放置し続けるのか?

オワコン扱いされたくなったらまずランキングから政治淫夢動画を消せ。淫夢動画は削除しろ淫夢語録をNGワードしろ

保毛尾田保毛男や「LGBT生産性がない」と言うだけで炎上する時代に、こいつらはよく淫夢ネタを使えるものだね。

人権感覚が欠如してんじゃないの?実在する(した)人物がいる以上、傷つく人もいるどころか明確に個人を指してバカにしているって認識が無い?

百歩譲って子供ネットスラングの一部として使うのは理解しよう。うんこちんこレベル下ネタで笑っているのと同レベルから

でも上に挙げた奴らって大人じゃん?恥ずかしくならないの?面白い面白くない以前に人としてやっちゃいけない事だって理解してない?

セクシュアルマイノリティ揶揄し笑い者にする淫夢厨とそれを利用して人気を稼ごうとする淫夢営業をする人間たち。

はっきり言って異常だ。

2019-05-13

日本革命派は、革命のために、日本不景気誘導に奔走している

天皇制反対派のような革命派は革命をしやすくするために日本不景気誘導しているって、本当です。

韓国台湾保守政権を倒すために、革命派を官僚に送り込んで景気を悪化させました。景気の悪化によって怒った民衆によって結局朴大統領も馬総統退陣しました。日本最近現実化した景気低迷も実は革命派が革命惹起する目的で仕組み、大衆扇動しているのです。なぜ、そんなことをするのでしょうか?景気が悪化すると利益を得るのは反政府革命勢力です。

性犯罪が頻繁に報道されるのも、貧困バッシング過激化も、皇族関係者襲撃未遂事件も、全部革命派の利益になっている。

2019-05-12

金持ち嫉妬する意味が分からない

大衆って金持ち嫉妬しがちだけど何でなの?

金持ちが羨ましいと思うなら自分金持ちになればいいだけじゃないの?

お前が金持ちじゃないのは金持ちのせいじゃないぞ。嫉妬して足を引っ張ってる暇があるなら努力しろよ。

金が無いのはお前のせいであ自己責任。こんなの資本主義社会では当たり前のこと。

金持ちは何も悪いことをしてないし多額の税金も納めているのに何で叩くんだよ。理解できないわ。

anond:20190511225025

お前は大衆より苦労したが、苦労人はお前より苦労している

anond:20190512013230

テレビ劣化版つーか、テレビ劣化世間の賜物だけどな。

テレビ動画サイトバラエティものをみる人達って、マスのターゲットでどちらかというと勉強偏差値でいえば並~並以下なんだよ。いわゆる、大衆

大衆ウケるのが、一番数がとれるから、考えないとわからないような小難しいことはやらないんだよ。

その場でウケて笑えて、数稼げる、これが一番単純で低コストで儲かる。テレビもおんなじ。

動画は、数がシビアにでるからテレビよりも競争が激しいんで、より劣化するのはあるだろうな。

2019-05-11

国難脱出のチャンス

https://anond.hatelabo.jp/20190511112944

サイバー戦争の所は最近の事ですので具体的に状況を説明しますと、

お金すりまくり

知財吸いまくり

情報操作しまくり大衆洗脳しまくり

●謀略しまくりの

権力財力税金公務員男性集団で、

スピードを何よりも重視し、

自分欠点を全カバーする

集団から圧力により「あげる戦と盗む戦(https://anond.hatelabo.jp/20190509131059)」のサイバー戦争が本格化したの2016年の前半からです。

それまでも圧力長期間か掛かっていたのですが、これまで以上に強烈になり始めたのが2016年です。

私はある圧力の衝撃を受けて窮地を切り抜けるために、とっさにNさんという方に情報発信を一本に絞り、およそ5万通のメール送信しました。

●大量の発信をすることで「知財盗作タイムリーであること、盗作の量が多すぎて偶然ではないこと」を発見して、

盗作バラマキ企業メディア政府vc大手企業など)もメモして、

こんな事が出来るのは上層の権力しかいないという犯人を推測することもできました。

5万通の知的財産を捻り出すのは容易ではなく、下積みに15年かかった知的財産です。これを犯人はざーーーと吸い上げていきました。

●そこから99巻まではパクられたんですけど100巻以降をコピー不可にして完成できないように逃げ切って、

https://anond.hatelabo.jp/20190502125140

(元々失敗したら損失のデカイ超巨大設計にはしていたのですが、この時は、それよりさらデカ設計で、あげる戦いと盗む戦いをしました。またコピー不可になったのは2017年11月頃で、ウィリアム斉藤氏とペジコンにメスが入った頃です)

●その後、流出キーワードサイバー戦争言語化して説明する資料を纏め、警察へ一応は持っていき、

圧力が掛けられない最小限の起動していけるシステムを作り、

はてな匿名証拠探しの拡散依頼をして、

スノーデン氏に届けて頂ける様にお願いし、

●アサンジ逮捕タイミング証拠に近いもの発見して、

●その事をウィキリークスの人に伝えて貰えないかを発信して

●巨大ダークウェブ運営者とアサンジ氏の逮捕を指示した者が怪しいという、

https://anond.hatelabo.jp/20190505193916

所まで来ているのが私が現在立っている地点となっています

2019-05-10

大津事故から見る「マスゴミ批判の風潮

先日、大津市散歩中の保育園児の列に自動車が突っ込む事故が発生した。この保育園記者会見のようすから報道への批判が高まっている。

事件と会見の詳しい内容はもう各自ニュース記事を見ていただきたい。

このような被害者への過熱報道や無遠慮な態度をめぐってマスメディアが「マスゴミ」と揶揄される事態は頻繁に起きている。少し前にはジャニーズグループ嵐の活動休止会見でも、記者が「無責任ではないか」と質問を投げかけたことに怒りの声が集まった。

SNS上でみられる批判の内容のほとんどは、現場にいる記者に対して「良いニュース写真を得たいあまり良心を失っている」と指摘するものだ。しかし、記者はいったい何のためにこのような人道に反しているとも思える行動をするのだろうか? 「お金になるから」と多くの人は答えるだろう。ではどうして被害者の悲しむ姿がお金になるのか。

それは「閲覧数が増えるから」に他ならない。マスコミ情報を売る仕事であるのだから、当然、たくさんの人が見たがる情報積極的記事にする。過熱報道批判する声はもう何年も何十年も前から絶えることがないにもかかわらず、彼らは被害者被害者遺族への取材を一向に辞めない。誰にも求められていないのに、人々のニーズ無視してまでこのような記事を書き続けるほどマスコミも愚かではないだろう。ということはやはり、これらの記事は「求められている」のだ。

おそらくきちんと考えれば、説明するまでもなく誰でも分かる理屈だろう。しか最近マスゴミマスゴミと騒ぎ立てる人々を見ているとどうもこのことを忘れているように思えてならない。もちろん、「いくら稼げるからって良心に反していいわけがない」という主張は尤もである。ただ、SNS上でみられる批判の多くからはまるで記者自身被害者の悲しみを見たがっている、とでも言うようなニュアンスが感じられる。先の嵐の会見の場合でも、記者自身が「無責任だ」と感じているためにそう発言したわけではないと個人的には思う。(ファンを除く)一般大衆が薄ぼんやりと抱くであろう疑問。彼らは直接話ができる立場としてそれを代弁しているに過ぎないのではないだろうか?

一番最初にあるのは大衆需要であり、マスコミは望まれるとおり供給を与える。どちらが悪かという問題でもない。ただそういう形でうまく歯車がかみ合った結果、今回の園長先生のように泣かなければならない人が生まれしまう。これはシステムだ。「極悪非道記者」や「極悪非道編集長」というドラマのように分かりやすい巨悪が存在するわけではない(だいたい最近ドラマにすらそんな明確な悪はいない)。

きっと多くの人は、その事実をはっきり意識しないにしろなんとなくは理解しているはずだ。だがそれを認める前に、心のどこかが声を上げる。

「じゃあこの怒りをいったい誰にぶつければいいんだ」。

需要がなくなればこんな痛ましい過熱取材報道もなくなるかもしれない。だがその需要とは? 「ついついセンセーショナル記事を読んでしまう」程度の人々は本当に弾劾されなければならないほどの悪なのか。私は被害者の苦しみを糧として制作された記事を読むのが好きですなんて主張する人はいないはずだし、そもそもそれ程の自覚もないだろう。

から誰に怒ればいいのか分からない。なんとなくこんな報道が間違っているということだけはわかっても、その正体までは考えつかない。

そういうとき、ぱっと目について直接的に悪を為しているように見えるのは現場記者なのである

繰り返すが、彼らにまったく罪がないとは言わない。この文章を書いたのはマスコミ擁護するためではない。しかし、考えてほしいのだ。ものごとの本質とは何なのかを。

2019-05-08

最近ブコメを読まないことが増えた

はてなブックマークは今まで通り情報収集に役立てている。

トップページを開いて面白そうな記事を片っ端から読み漁る。

でも、ブコメを読むのはそのうちの半分くらいになった。

トップブコメ同調できないとか大喜利ばっかりで嫌気が差したとかではない。

なんとなく、今、この記事を読んで自分が感じた気持ち大事にしたいと思うようになったからだ。

星を集める人気コメントと同じようなことを考えているときはたしかにホッとする。

正反対のことが書かれていても、自分にかかっているバイアスに気づくきっかけになってハッできる。

そういう意味ではブコメはとてもいいアイデアだと思う。

だけど、最近思うことは、ブコメを読んでしまうことで一瞬にして自分大衆に溶けていってしまうのではないかという不安だ。

せっかく自分感性自分からこそ思いつく感想に至っているのに、それをクリック一回で消費してしまうのがもったいないような気がしてならなくなってしまった。

読後感にしんみりと浸っているのと似ているかも知れない。

もしいい記事出会った時、その瞬間湧き上がった気持ちにほんの少しだけでもいいので浸ってみてはいかがでしょう。

いままでとは違ったはてなの楽しみ方ができるかも知れません。

2019-05-07

anond:20190507100141

はいはい純文学純文学 要はミステリ代表する大衆文学特有文体気持ち悪いんでしょ、俺はそう思う

脂ぎったオッサンの皮脂の味がするんだよな

2019-05-06

anond:20190506225629

大衆受けする話は儲かる。逆に、儲けるためには(真実でなくとも)大衆受けする話にする。

みんなが信じている常識自分も信じようとするのは愚かだね。

https://anond.hatelabo.jp/20190506100957

俺はもちろん専門家じゃないし当事者でもないので、読んだ幾冊かの本や番組から判断となるが、

昭和天皇東条英機が当初は開戦反対派(というより、開戦を望む主戦派を押さえるために東条が登用された)というのは、誰が良識的で誰が空気に流されてしまったのかという点について示唆的だと思っている。

当時の背景として原油が採れない日本が、中国大陸をめぐる権益米国対立していたにもかかわらず、戦力の源である原油の輸入を米国に頼らざるを得ないという、外交的にやってられないほど厳しい環境下にあり、

もう一方の背景として、米国と和平を続けるには中国大陸から全面的ではないにせよ)大きく手を引く以外の選択肢がなかったにも関わらず、

中国大陸陸軍は戦友の血であがなった中国から黙って手を引くなど到底受け入れられず、統帥権干犯を楯にして政府から撤退命令を出せない状態だったと認識している。


で、陸軍が言う事を聞かなきゃ米国和解できないんだから陸軍大将であり開戦反対派」である東条英機首相に任命した所までは筋が通ってるのだが、

その先がなんだか不透明で俺にははっきり分からなくなっている。


陸軍は西でしか戦ってないので、東の米国なんて海軍がなんとかすりゃいいだろとしか思ってなかった。

これは分かる。

海軍米国がやべえ相手認識していたが、山本五十六ですら「勝てない」とは言わなかった。

これは本気で勝機はあると思ってたのか、単に立場上「勝てない」と言えなかったのかは分からない。

ただ、昭和天皇東条英機も「米国と戦いたくない」とは思っていても、「米国と戦ったら絶対負ける」とまでは考えていなかったであろうと思っている。

だって陸軍統帥権理由政府にたてついてるなら、統帥権を持ってる天皇に逆らえるわけないから、天皇が引けといったら引かざるを得なかったはずだからな。

実際、終戦だって最終的に天皇がやめろと言ったからやめたんだし。

そう考えると、昭和天皇は「米国と戦えば敗滅必至」とまでは考えていなくて、あくまで「東条が上手い事、波風立てずに陸軍を纏めてくれる事」位しか期待してなかったのだろう。

その状態米国から原油輸出打ち切りを告げられ、昭和天皇も東条も「陸軍あくま中国から手を引かせて米国要求に屈するか、勝つ可能性に賭けて米国と戦うか」の二択となり、後者を選んだ、というのが俺の認識

東条と同じ状況なら俺でもそうすると思うよ。

そこで屈して原油の禁輸を回避したとしても、その先の将来像が全く描けないからな。

そんなわけで、ここに至るまで、大衆の「た」の字も出てきてないんで、

正直、当時の大衆が開戦賛成だろうと反対だろうと結果は変わらなかったんじゃないかと思う。

仮に大衆になんらかの決定権があったとしても、それが「隠忍自重して開戦を回避する」という判断を下したとは想像しにくいし。


そういう情勢だった事を考えると、よく言われる「軍部暴走」というのは、当たらずとも遠からであるとは言える。

陸軍統帥権を楯にして政府外交の足を引っ張ったわけだし、海軍は正しい戦力分析政府に渡せなかったわけだからな。(俺としては、負けるものを負けると言えなかった海軍責任陸軍より大きい気がしている)

米国との開戦が避けられれば後はどうでも良かったかと言えばそんな事はないと思うが、少なくとも「なぜ天皇総理も開戦反対派だったのに最終的に開戦に賛成したか」と言えば、この陸軍海軍の間違いが主要因の一つだったと言える。


から戦後改革は、半分は悪くない線だと思っている。

統帥権とか無くなって総理大臣が自衛隊最高司令官になったから、陸軍外交の足を引っ張る事は一切できなくなったのは大きい。

(※だからちょっと前に首相自衛隊最高指揮官だと言った事に対して妙なバッシングが加えられた事について、俺はバッシングした人たちこそ正気を疑いたい。

首相最高指揮官である事は、自力で勝ち取ったとは言い難いにせよ、第二次大戦で流れた数万トンの血で贖った成果の一つと考えているので)

ただ、もう半分は戦後も直せていないんじゃないかと思っている。

もう半分というのは、『陸軍海軍がそれぞれの組織内の空気を読んでしまい、「上の言う事も聞かねーし、上に正しい状況分析提供できねえ」って状態だった』事で、これが何よりヤバかったと思ってるんだが、

なんか最近、記録隠しとかさ。

それヤバくない? って思うんだけどね・・・


日米開戦時と同じ轍を踏まないようにするには、

・軍は政府絶対服従する。

・軍は軍事専門家として政府に適切な判断材料提供する。

国民国家が重大な二択を迫られた時に最終的な決断を行う。(結果の良否はともかく、brexitの投票みたいなやつね。戦前なら天皇がこの役割だが、今は主権在民だし)

・その政府国民が正しく判断できるように、軍および官僚情報絶対に曲げない・隠さない。

最低でもこの4点は必須だと思ってるから、記録隠しだけは何が何でもダメというのが俺の立場

anond:20190506100541

横だけど大日本帝国の悪行って当時の日本全体の上澄みでしかない可能性は想定すべきだと思ってて、「良識派大衆は一部の軍部に押された」というナラティブ安易に受け容れるべきではないと思うっていうか良識派って華族で一部って大衆じゃねえのという気がする

なんでYouTuberが人気なのか分かった

あんなクソどうでもいい動画ばかりなのに…と思ってたが、あることに気づいた。

雑書のクラスやコーナー、また、テレビにおいては局や番組にもよるが、大衆向けコンテンツはいだってクソどうでもいいものだし、期間を置いて繰り返される。

その役割を今、担ってるのがYouTuberなワケだ。正確にいうと、それだけだと流行りのお店とかが抜けるから、そこにインスタが入ってくる。

ここで面白いのは、新たに関心を持たれた関心領域ではないということね。

ゲーム映画2ちゃんなどの雑多なネットサーフィンはその登場により新しくパイが生まれた(その分どこか減った)けど、YouTuberテレビ雑誌ネットザッピングの置き換わりなんだ。

えー、雑じゃねー?スマソ…。

2019-05-05

ガチャSSR引きたかった

金持ち容姿が良くて高知能で人格者の両親からまれてきたかった。

ガチャSSR引いてベリーイージモード人生大衆を見下して優越感に浸りながら生きたかった。

少子化で困るのは金持ちだけ

少子化問題だと騒いでる奴の大半は金持ちだ。

金持ちからしたら労働人口が減ったら搾取する対象が減るから困るわけだ。

そりゃ大衆子供を産ませようとするわな。一回三千万ガチャを引かせようとするわな。

まれてきさえすれば人間簡単には死ねないし死ぬまで搾取できるもんな。

2019-05-04

anond:20190503203707

1990年代当時、竹熊健太郎相原コージの『サルでも描けるマンガ教室』で解説していたことだが、「サラリーマン漫画」の王道展開は

平凡な下級社員がなぜか直接に社長とか偉い人とコネを作って、人格の良さとか、趣味の一芸とかでチートモードを送ることらしい

釣りバカ日誌』とか『美味しんぼ』とか、そういう感じ

で、これをもっとアクションエンターテインメントっぽくしたのが、多分『特命係長只野仁』なんだろう

つーわけで、社畜には横暴な上司と戦う話より、トップと直につるんで良い思いする方がウケる模様

まあ、社内での地位温存を考えたらそうなるわな

直上の上司悪者だけど社長会長主人公の味方という発想は水戸黄門と同じで

学園物で教頭先生悪者だけど校長先生は味方とか

首相悪者だけど天皇は味方てのと同じ発想

こういうのが大衆にはウケるんだよ、多分

(俺個人趣味なら社内下克上が常套の会社サバイバル物とか面白そうだと思うけど)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん