「焼肉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 焼肉とは

2018-02-18

金のない俺が食べたいもの

焼肉寿司ピザ

お金持ちになったら毎日これらが

食べ放題になるんだよなあ。

いいよなぁ。

あぁー金持ちになりてえなぁ。

毎日グルメ三昧になりてえよ。

今日の予定

からストロングゼロ飲んでドラゴンボール見てた

午後に酔いがさめてからジムで2時間ほどみっちり体を動かしてくる

ついでにハァハァ言いながらランニングマシーンで走ってる女子大生を観察してくる

その後焼肉食って風俗行って帰ってからPrime Video見る

スカイプ英会話してストレッチしてトークアプリで知り合ったJKLINEして読書して寝る

2018-02-17

昔はすたみな太郎で充分すぎた

あれは楽しかった

今は一人1万円以上ぐらいの焼肉屋に行っても「あ、うん、うまいね」ぐらいでしか無い

今後もっと稼ぎが増えて、もうちょい高めの所に行くようになっても同じことだろう

使える金は増えたが、豊かになったのだろうか?

anond:20180217085641

焼肉おごって!

やっきにく!やっきにく!やっきにく!

2018-02-16

セブン焼肉弁当って、年々「小さく」なって「高く」なってねぇか?

セブン焼肉弁当が好きだ。

高校生くらいの時には、300円くらいで直径20cmの弁当だった。

でも今は、15cmないと思うし、より小さくなったのに500円くらいする。

どうしちゃったんだよ、セブン

セブンイレブン良い気分になれねーよ。

客の前で店員恫喝する飲食店って何なの

まさか自分はてブに書く日が来るとは…。

胸糞な愚痴なんで、読む時は注意してほしい。

読後の不快感には責任は持てない。


最初に、自分は肉が大好きだ。

焼肉ステーキ、いつでも食べたい。

肉おいしいよね。ステーキならヒレ、焼肉ならカルビ牛タン塩が好きです。


そんで最寄り駅に新しいステーキ屋ができたというので試しに行ってみた。

身近にふらっと寄れるおいしいステーキ屋ができたらいいなと期待しながら。

結論から言うと、多分もう二度と行くことはないだろう。


なぜなら、「店長らしきおじさんがバイトに感じ悪く指示を出してて、バイトの子もすごい委縮してて、とても感じが悪かったから」だ。

ステーキの味がまずいわけではないけど、美味しい!には何かが圧倒的に足りず、至って「普通」だったのもあるけど。

店に入って席について、「あ、失敗だったな」と思う程の場面に出会うのって、「滅多にない」ことだ。

昨日がその「滅多」な場面だったらしい。

できれば遭遇したくない「滅多」だが、運の悪いことに遭遇してしまった。


価格帯的には一人1,500円~2,000円くらいの店。

最近いき〇りステーキ無駄なく美味しいステーキ提供に慣れてたから、肉の質によってはそれは全然安い値段だ。

けど店の雰囲気、肉の質ともに断然「い〇なりステーキに行けばよかった。」だ。

これから絶対、おいしいステーキ肉が食べたくなったら倍出しても「いき〇りステーキに行く」。

一択だ。

こんな記事名前出して申し訳ないが、ほんと美味しくてシステムシンプルで、

食べたいと思い立った時に気軽に美味しいステーキを食べられるので、とても気に入っている。

シュラスコでもいい。もっと値ははるけど、おいしくて雰囲気もいい店を知っている。

だが、昨日行った店だけは、もっとずっと安かったとしても、誰かのおごりでも、もう絶対に選ばない。

飲食店サービス業というが、この程度の価格帯の店ではサービスなんて期待してない。

ただシンプルうまい肉が食べれればいいのだ。

当然のことだが、サービスというのはある程度対価が必要で、いいサービスを受けたければ

ホテルのディナーやある程度価格の高い、「心地よい空間」も料金のうち、という店を選ぶ。

繰り返すが、こんな店にサービスは期待していない。


だがいくらサービスを期待してないとはいえ、

「客を不快にさせる接客」をするなんてのは論外だ。

不愛想なら不愛想でいいよ、不快にさせられるよりはずっとましだし、

自分の店の料理にひたむきとも取れる。むしろ好感。



今日の店主の様子はこうだ。

いちいち大声。そして威圧的

指示と書いたが、命令で小姑みたいな偉そうな態度。

着席して注文取った瞬間始まったので、完全にやられたと思った。

注文する前に分かったら席を立ってたと思う。

「注文取ったらちゃんと繰り返して聞いて。確認したら間違いはないでしょ。」

「紙エプロン必要かどうか聞くタイミング今?違うでしょ、遅すぎるよ。」

「何回言ったら分かるんだよ、いい加減覚えろよ。」

こんな感じでずーっと文句言ってる。

まあさ、たしかに言ってることはその通りではあるんだけどさ、

それって今言うこと?そしてその言い方何?

店狭いから、ってかカウンターしかいから、丸聞こえですごい不愉快なんですけど。

そんで、おじさんがやってることって事前に(開店前に)(バックヤードで)(怒鳴らず)教えておくことだよね?

営業中に、客のいる前で、大声で、店内を最悪な雰囲気にしながら伝えることじゃないよね?

あの、どー見ても自分教育能力がないことを露呈してる残念な言動しか見えないんだけど。



昨日今日入ったバイトさんなのかな?

すごい怯えてて、委縮してて見てて可哀想だったし、指摘内容もそこまで偉そうにぐちぐち言うことじゃないと思った。

ほんとか知んないけどさ、脳って縮むらしいよね、こういう高圧的な態度で恫喝されると。

バイトの子たちは、こんな店で働く価値いから、一刻も早く辞めた方がいい。


で、最近できたお店なのかな、と思って調べたらオープンは去年だった衝撃。

おそらく…、店長が原因で辞めて、新しい人が入ったところなんだろうな、と思った。


たまに、ほんとたまーーーに、運が悪いと、

こういう偉そうなおじさんがバイトに偉そうに恫喝してる店に当たることがあるんだけど。

今まで遭遇したのはラーメン屋とかかな。その店も味は微妙だったね。

元々微妙料理が、さらにすっげーまずくなるんで、ほんとやめてください。


外食ってちょっと気分変えたいとき普段よりお金出して、自分ちじゃ作れない調理法技術料理を食べに行くもんじゃない?

もちろんただ食欲を満たすだけの外食もあるけど、自分の中ではステーキ焼肉ってちょっとした贅沢って位置付けだ。

用意できる肉の質のこともあるけど、高温の鉄板とか炭火焼の七輪とか、家にないしさ。

プロ飲食店としては商品としてのおいしさを追求するのはもちろんのこと、それを食べるお客のことも考えて行動してほしい。

目の前で恫喝されてびびってる店員さん見せられて、素直に料理を楽しめると思う?

自分自分の店の商品価値を下げてどうするよ。



とりあえず昨日の店のおじさんには、自分教育能力のなさ、無能さに気付いて一刻も早く黙ってほしい。

おじさん、あなたのやってること、すっごい恥ずかしいよ。


調べたら、チェーン展開?してるお店で、本店方針には「いつでもふらっと立ち寄れる場所になれたらいい」みたいなことが書いてあった。

すごい地元展開してる店みたいだから特定を避けるためにぼかすけど、そう思うようになったほっこりエピソードが書いてあって。それはすごくいい話だった。

けどさ、おいおい、真逆ですよと。

支店?ということで、いい歳になってやっと店持たせてもらって張り切ってんだか知んないけど、今日行った系列の店は本来の志から真逆接客をする最低な雰囲気の店でしたよと。

知らせる義理はないし、報復も怖いから連絡はしない。食べログにもレビューは書かない。


まあ、いつまで店が持つかは見ものかな。

多分あの感じだと、来年の同じ時期にはもう別の店が入ってると思う。



まり不快だったので、おなかいっぱいだったけど口直しに寿司を食べて帰った。

寿司はどれも提供が早くて、無駄のない接客も感じよくて、そして美味しかった。

心の不快感はまだ消えない。

2018-02-15

リベラル地位向上のための道具

っていうのは、リベラルに限った話ではない。外面がいい人が裏ではセクハラパワハラしてるなんてのは昔からよくあることで。

がんは放置しろという人も自分抗がん剤を使っているし、

ヴィーガン焼肉食べ放題でウェイしているし、

食べてはいけないなんて集金のためのポーズからな。

2018-02-14

反芻する?

焼肉とか鍋とか、うまいもの食べるじゃん? すぐ飲み込むけど、また味わいたくなるじゃん。そういうとき反芻してモグモグしてるとまた味が出て美味しいじゃん?

これってみんなやってるの?

2018-02-12

後継者講習会なるものに参加して来た

後継者講習会なるものに参加して来た。(http://www.tenrikyo.or.jp/yoboku/kokeisha/)

これは、20~40歳までの男女が3日間で教理を学ぶ合宿みたいなものだ。私も実家の流れには逆らえず今回参加した。

似たような行事学修リー講)にはよく参加はしていた。にもかかわらず大して得るものもなくなあなあで続けて来た信仰だが、今回の3日間では色々思うところがあった。

私の実家教会で、生まれからずっと天理教教育を受けていた。毎日おつとめ神名流し・路傍公演など経験させられて来た。しかも、管内の学校でがっつり教理を学んでさえいた。

だが私は釈然としない。本当に神様などいるのだろうか、いたとしてもコテコテ関西弁をしゃべるような神様なのだろうか

実家教会を継ぐこともあり得るようなポジションにいる私だが、幼少のころの実家貧乏惨状を覚えているので、自身の子供に同じような経験をさせたいとは到底思わないし、性格ねじ曲がっているので教会長を引き継げる気もしない

あくま天理教否定しているわけではない。しかし信じてはいない。宗教社会的にはセーフティネットであり、個人レベルでは内的なスタビライザーとして機能しているのだ。私はその一つとして天理教を見ている。

そんな状態で講習に参加した。

色々な講師お話を聞いていると、どの講師も同じような話しかしていない。「夫婦仲良く」や「陽気ぐらし自分がやればみんなに広がる」など、自明なことをつらつらと数十分と語っていることに改めて気づいた。天理教教理トピックは幾多にもあるはずだが、幼少から様々な講話教理勉強している私にとってはどれも何処かで聞いたような話(しか自明的な内容)である。それゆえ眠くなっても仕方ない。最初の5分ほど講師の話を聞くといつもまぶたが落ちて来ていた

これは1意見だが、20~40歳男子女子がそんな好んで教理を聞くだろうか?もっと面白い話や、エッジの効いた弁士オリジナル教理解釈を話せば良いのでは?と気になっていた。もし解釈他人と大きくずれていてもそれでいい。ずれが聞き手に疑問を残す。疑問が議論につながる。議論こそが思考を引き起こす手っ取り早い方法なのではと思う。

また、気になったのがグループワークだ。

このような講習では、毎回知らない人とグループを組み、教理について色々議論する時間がある。3日間でトータル5時間ぐらいだろうか、

参加者20歳を超えているから一部の大学生とその他大勢社会人のはずで、前で人が喋っている時にベラベラ喋ったり、出会いを求めにギラギラした目で女性を見る輩はいないだろうと思っていた。

しかし実際は各班30人のうち、一人はそんな輩が存在していた。いったい何をしに来ているのか?天理教教理を知っていながらどうしてああも横暴がでいるのか、「八つのほこり」を頭にきざみこめ低脳め。

複雑な思いになったのが、夜の飲み会である

講習中は基本的には各部屋での飲酒禁止されているのだが、ゆうづとめが終わると、大勢の受講者が近くのファミマでカゴいっぱいの酒を買っている。部屋で消灯を過ぎても飲んでいるzちゅ後者を見ても監督者は見て見ぬ振り。過去には鍋や焼肉宿泊部屋で行われていたらしい

私としては、同じ部屋の仲間と仲を深めれて楽しかったが、学修リー講の時は厳しかった門限やその他ルールと比べると、後継者講習会はルールというものが全く機能していない。

おそらく社会人になると、いうことを聞かない適当大人が増えているのだろうと思うと悲しくなった。

働きながら信仰をしている有名な方もたくさんいることに驚いた。

チューリッヒCEO万田酵素社長など、大成しているひともいらっしゃるのだ。こういう大人になりたいものだと私は思った

他、細かい感想


総括:私と同じく信仰意識低い系人間が多くいたのでまた参加したい、考え方の幅が増えそう

※バレたらやばいので多少フェイクを入れている

マイブーム

そば、ぎょうざ、焼肉、食欲出て来た...。

2018-02-11

ひとりごと日記

今日は某高級焼肉店でトップ会談会談内容は今後の人事についてなど。闇を見た。

ここの肉は高級過ぎて、5時間ぐらいするとお腹が緩くなる。

おそらく肉の脂を私の貧乏内臓が異物と認識してしまうのだろう。

さて、アルコールは控えめでビールジョッキ3杯。

焼肉って、やっぱり日本人ソウルフードなのかな。。

人気だよね。  

2018-02-10

翠星のガルガンティア 05。

チェインバーが荷受けなどの仕事をはじめた。

レドは手持ち無沙汰で笛をつくっているが、エイミーの話を聞きながら自分でも働きたいと思うようになり、いくつかの職場をまわる。

就活はうまくゆかず、牧場牛糞倉庫を見て逃げ出したのを最後戦線離脱

警報音とともに凪となる。

ガルガンティアの電源が落ち、各スタッフメンテナンスと休憩にはいる。

ピニオンとエイミー、レドをバーベキュー大会に誘う。

海に面したひとつの艀の上が会場。

チェインバーが艀の端に降りると艀は傾きちょっとしたビーチがあらわれる。

海水浴のため水着になった少女たちは戦闘服のレドを押し倒しパンツ一丁にしてしまう。

エイミーの友達や弟、主治医先生などもあつまり焼肉大会の準備がはじまる。

宇宙育ちで地球2日目のレドはカナヅチ。エイミーに手をにぎってもらってバタ足の練習

肉を焼きはじめるピニオン、電源が復旧しないことのほかにある忘れ物気づき、その調達をレドに託す。

真面目なレドは任務をもらったと意気込むがピニオンはちょっとおもしろがっている。

任務を帯びてひとり船体の奥へ向かうレド、パンイチにアロハシャツ一枚で向かうのはゲイバー街。

レドをみオカマたちは発狂、レドの捕獲こころみ追撃をはじめる。レドはおもいっき仕事オファー、それも好待遇オファーを受けるが本能的に逃走。ともかくにげまわり、さいごは塔のてっぺん階段から落下。

落下中のレドはエイミーのカイトで救けてもらい、ルートを教えてもらった上で目標付近で降下。再度パンイチ状態ゲイバー街に突撃

ゲイバー街のかたすみ、ついに目的地、占い師のばあさんの店にたどりつくレド。レド、パンツは無事だがアロハがぼろぼろ。

ともかく荷物を受け取ったレド、覚悟をきめてパンイチのままふたたびゲイバー街に突入


艀の上。

ピニオンがチェインバーの装甲板の黒いところで肉を焼き始めている。

客が増え肉はたらなくなりそう。

そこにレド、ブツをもって帰還。パンツは無事だがアロハシャツは大破、上半身と顔はキスマークだらけ。

ブツレミーマルタンの瓶だが中身は婆さん特製の焼肉のたれ。

この焼肉大会就活がうまくいかないレドをはげますたのものだった。

エイミーからもらった焼肉をほおばるレド、うまさに笑顔。こんどはタレをつけて焼肉をほおばる。あまりのうまさにショック。

チェインバーは装甲板の黒いところをフライパンにされていた。最後まで状況を理解できないチェインバー

2018-02-09

順番を決める話題で盛り上がるのと言ったら?

寿司の食べる順番

焼肉の焼く順番

もう一つは?

めっちゃモテる腐女子友達

仲のいい腐女子友達Aちゃん、めっちゃモテる。誰だオタクモテないとか言ったのは。私は同じ腐女子として全然モテてないけど。

顔は普通だと思う。体型はスレンダー。そして本人も言っていたが、服はそこそこにダサい。今の季節は防寒を優先しているらしいのでそれも原因だと思う。会社行くのにモンベル着てるくらいだから。と、お世辞にも「見た目がすっごくいい!」ってわけではない。そしてオタク腐女子なのにすっごいモテる。それは男にも、女にも。

Aちゃんはオタク腐女子だ。だが「オタク腐女子」の活動に「高額な資金時間をつぎ込まない」のに「楽しい場を提供できる」タイプなのだ

彼女がいまドハマリしているのは悪名がたき謎排出ガチャを振りかざすFGOだ。

課金額を聞いて驚いた。たったの5000円。しかも今年の「新年福袋ガチャSSR、☆5が確定でもらえる)」のみなのだTwitterで「どぶった~~~」「☆5でた~」と騒いでるじゃん!と思ったけど、それも無課金範囲内でやってるらしい。なのでもともと運がいいのかもしれない。

推しピックアップが出たら課金するかも」と言っていたが、私は知っている。彼女課金しない。昨年、彼女推したる某☆5ピックアップが来た時も彼女課金しなかったからだ(そして来なかった)。

高額なガチャを回してどぶっただの当たっただのすり抜けただので盛り上がるの、オタクのみんなならわかるんじゃないかな。居酒屋で酒に酔った勢い課金してゲラゲラ笑ったりするでしょ。でも彼女は違うの。

宅飲みで、FGOカード付きウエハースを買ってきて「みんなで今から巌窟王ピックアップガチャ物理)やろ!!」とか言うの。これほんと、バカみたいに楽しくて、外れても全然むなしくない。

実家暮らしの私が、親と喧嘩して、突然家を飛び出したとき彼女は「マジ!?からアフター6行こう!!!」と、そのままディズニーランドに一緒に行って、京葉線沿いの適当ラブホに泊まって突発的ラブホ女子会を開催してくれた。「このベッドに〇〇くんと××くんの香りが残ってて、几帳面な××くんが必要もないのにファ〇リーズしたベッドに寝たい」と言い出して、使ってもいないベッドにファ〇リーズをしはじめたのは笑った。

彼女のそういう頭のおかしい(褒めてる)発想に、おなかを抱えて笑わされ、救われたことが何回もあった。

そして低予算で長く遊べて、手元にグッズが残ったり、何度も思い出して笑えるような経験をたくさん提供してくれた。


「どこ行きたい?」「どこでもいいよ」「どこでもいいが一番困る」みたいな会話、男性イライラするって言いますよね。

Aちゃんは「わがまま言ってるだけなんだけど、付き合ってくれる友達多くてラッキー☆」というが、「〇〇コラボカフェいきた~い!」「焼肉食べたい!できればラム!笑」みたいな提案をいつだってしれくれた。上記のような会話がないのだ。フットワークが軽い。意見も言える。決して高額でないのにハッピーな場を提供する。それらに労力を惜しまないのだ。

彼女といるとすっごい楽しい。だからモテる彼氏もいて、近いうちに結婚するだろう。最近、Aちゃんと遊んでいると、「服や化粧は自分のほうがきっちりしてるのに…」「ジャンル買い支えしてもいないくせに」と嫉妬してしまう。一緒に遊ぶのがつらくなってきた。

はあちゅうがまた童貞バカにしたので「売れ残り女」に置換して反省して欲しい

童貞イジメ炎上したはあちゅうが、また童貞イジメをしているので、「童貞」を「売れ残り女」に置換したらどんな気持ちになるか鑑みて反省して欲しいという気持ちから書きました。

元ネタ:【はあちゅう×霜田明寛】童貞男の「ラブホに入ったのにやれなかった夜」を語る|新R25 - 世の中がわかるジブンもいい。

https://r25.jp/article/509968794490730624

霜田→サセコ

はあちゅう→ドリチン

▼サセコ

私ら2人の組み合わせで、売れ残り女の主人公って…。結構危ないヤツですよねコレ。

▼ドリチン

おもに僕が危ない。「まだ売れ残り女をビジネスにするか」ってなりますね。

でもまあ、フラットに話したほうがいいですよ。読んでてムカついたとしても、僕たちじゃなくてドラマにムカついてもらうことにしよう!

▼サセコ

また炎上しそうだなあ…(笑)

初々しい焼肉デートにキュン…

▼サセコ

就活面接の後、待ち合わせて焼肉デート。いいですね~!

▼ドリチン

焼肉の楽しみ方って、たしか学生のころはよく分からなかったよね。

最初タン」みたいなの、僕も社会人になってからだんだん覚えたな。

▼サセコ

今回のカップルサークルの先輩後輩ということですからね。

▼ドリチン

なんか、学生のころの初々しい感じを思い出して「わかるよ、わかるよ」って観てました。

ラブホの受付での葛藤についてあれこれ語る

▼サセコ

さて、焼肉の後は割とスムーズラブホへ行くわけですが…。

▼ドリチン

ここでさあ、入るかどうか聞かれた女の子が「任せる」って言うじゃん。これはダメだろと思っちゃった。

▼サセコ

おっ?

▼ドリチン 

もうちょっと「私も喜ばしい」みたいなものを態度で見せないとさぁ、何をどう任せるんだ!? みたいな。

ぜんぶ男の人に委ねちゃうから売れ残りさんにとってはプレッシャーだったんだろうなぁ。かわいそう。

▼ドリチン

あとこのシーンで「ウッ」ってなったのが、受付で「休憩ですか? 宿泊ですか?」って聞かれるところ。

▼サセコ

ああ~(笑)

▼ドリチン

まず、女の人に払わせるとしたら金額が大きいじゃん。「半分払うよ」とか言ったほうがいいのかどうか。

でも、そう言うとあまりにも前のめりな気もする。

▼ドリチン

あと、「ギリギリ終電間に合うな」みたいなことも考えちゃうと思う。実家に住んでる大学生だったら1泊するって結構大きい話だから

終電で帰りたいかも」みたいな“ざわめき”が発生する気がする。

▼サセコ

それって、ぶっちゃけホテルで何時間かると想定してるんですか?(笑)

▼ドリチン

2時間あれば十分っていう計算(笑)

▼サセコ

なるほど。じゃあ22時に入ってギリギリ(帰れる)って感じですかね。

▼ドリチン

まあ、でもこのシチュエーションは初々しすぎるね。

もはや割と意思が決定されたうえでのホテルのほうが多いから、こんな「この人と今夜初めてやるのだろうか…」みたいなシチュエーション見るの久しぶりだった(笑)

▼サセコ

私はラブホのおばあちゃんのしゃがれ声のリアルさに笑いましたね。あと、こっちに出てきてカギ渡すんかい!っていう(笑)

こんなおばあちゃん、実際に新大久保あたりのラブホにいそうだなあ…。

▼ドリチン

新大久保はわかんない…(笑)

▼サセコ

渋谷で済ませてる感じですか?

▼ドリチン

(笑)。でも、ホントこのおばあさんはこっち側に出てこないでほしいよね。「今から僕たちはやります!」っていう感じになっちゃうから

ラブホに入った時点で、女は勝ちを確信しているが…

▼サセコ

で、問題の“ない”シーンになるわけですが…。

▼ドリチン

コンドームがないからって、変に可愛い子ぶるからダメなんだよね。あそこで焦ってしまって、言い出せないところが売れ残り女っぽい。あのプライドはいらないですよね。

▼サセコ

あの女の子としては、あそこまでいってコンドームがないとか言うと男の子に失礼だと思って、ゴマかしたのかなと思ったんですけど…。

▼ドリチン

全然失礼じゃないよ。そういう初々しいところを出してくれたら、こっちも「そうだよね」って笑って、緊張の空気がゆるむし。

▼サセコ

でも女からすると、ラブホ入った時点でもう「やれた」と言っていいんじゃないかと。今回の話は完全に「やれた」判定ですよ。

▼ドリチン

僕は「やれてない」もあると思うけどね。

僕の知り合いの女性の話で、「何もしないから」って言って会社の後輩男子ラブホに入って、いざしようとしたら「何もしないって言ったじゃないですか!」ってガチギレされたっていうことがあって。

▼サセコ

いやー、その悲しいエピソード、女側から反論していいですか?(笑)

だってラブホに入ってる時点で、こっちは勝ちを確信してますから

家ならわかりますけどね。「DVD観ない?」みたいに誘って、「本当にDVD観るだけだと思ってた!」ってキレられるならまだしも。ラブホですから! そういうことするためだけの場所ですから

▼ドリチン

いやいや、本当に純粋男の子っているんだって

▼サセコ

その鈍感に近い純粋はいらないっす!(笑)

ただ、僕もラブホで「添い寝」して終わったことがあるんですよ。

▼ドリチン

どういう状況?

▼サセコ

なんか年上の男性と飲んでて終電を逃したあとだったんですけど、「ダメだよ」みたいなこと言われて、結局朝まで添い寝して終わりましたね。

「こんなカッコイ男性添い寝させてもらえるだけで光栄なことだ」と自分に言い聞かせて眠りにつきました(笑)

▼ドリチン

でも、私はむしろこれ、男子側の『やりたかった委員会』だと思うな。これはやりたかった!

▼サセコ

男子からすると、行為を途中で止められるっていうのはどうなんですか?

▼ドリチン

トラウマになりますよ。理由がわかんなかったらすごいモヤモヤする。

もしかして変なニオイするのかなとか、動きがぎこちなくて萎えたのかなとか…。

▼サセコ

あの時点で心は許してるわけですからね。

▼ドリチン

女の人って1回やったら未練がなくなったりするんだけど、男の子って「やったら好きになっちゃう」みたいなところもあるから

逆に、この回みたいにちゃんとできなかったら、2回目へのハードル高まるかも。

▼サセコ

しかに、今回は相手が付き合ってる彼氏だったからよかったけど、彼氏じゃなかったら今後会いづらくなっちゃパターンですね。

「人は、手に入れられなかったものでできている」

▼サセコ

私は、最後の「やれてない気持ち世界平和にする」っていう結論が好きで。

やれなかった経験を思い出して、自分肯定することができました。

▼ドリチン

そうだね。だってこれ、やれてしまってたら、数多くいる彼氏のうちの1人でしかないもん。

▼サセコ

坂元裕二脚本の『anone』っていうドラマで、「人は手に入ったものじゃなくて、手に入らなかったものでできている」っていうセリフがあって。

▼ドリチン

それだ!

▼サセコ

そのセリフのことを考えながら『やれたかも』を観てましたね。

▼ドリチン

まあ、女の人はこういう「やれなかった夜」があるほうが可愛げがあるよね。人間として深みがある。

この人はもうコンドーム忘れないんじゃないかと思うよ。

▼サセコ

いい『やれたかも』でしたね。

▼ドリチン

では、次回もお楽しみに…ってこんな感じでいいのかな?

anond:20180208164512

俺がカルビを「つらい」と思ったのは27歳のときだった。

就職氷河期200社近く受けて、新卒で入った会社が二年で潰れ、派遣社員としてギリギリ生活をし、派遣元派遣先ダブルパワハラ精神を壊し、数年の投薬治療の果てに寛解し、ようやく安定した職についた直後のことだった。典型的ロスジェネだった。

自分の金で焼肉を食べたことなんか、それまでほとんどなかった。アラサーでまともな職にありついて、これからは、自分の好きなときに好きな金で好きなものを食べられるんだと思った。

もう自分の体は、脂っこい肉を受け付けなくなってた。長年の野菜炭水化物自炊生活牛肉なんか買ったことない。揚げ物もやったことない。家賃4万のワンルームIHですらない電熱キッチンで揚げ物なんか出来ない。

たまに食べる脂っこい食べ物なんて、飲み放題付き3500円のワタミ唐揚げくらいだった。

手取り20万に届くか届かないかだけど、少なくとも職を失うことに怯えることはない。毎月一万円は貯金できる。数千円を外食に当てることができる。そんな生活を手に入れた俺は、身体内臓老いて、脂っこい飯を楽しむことすら出来なくなっていた。

自分の金で自分の好きな肉を食べられる時期というのは、驚くほど短い。夕焼けが輝く瞬間よりも短い。

できればそのわずかな時間を逃さず、思いっきり好きなだけ肉を食べてほしいし、オッサンに「肉食わせてやろうか」と言われたら、一も二もなく飛びついてほしい。

きっとそのオッサンは、自分が食べたくても食べれなかったカルビを、お前に腹いっぱい食ってほしいのだ。

2018-02-08

好きな食べ物持ってるやつキャラ作り必死すぎじゃね?

それでその好物とやらとステーキハーゲンダッツならどっちが好きなんだよって話だよ。

北海道で食う寿司や高級店で食う焼肉よりその食べ物が好きだっていうなら認めてやるけど、そうでもないんだろ?

それじゃあそんなのただのキャラ作りと言って差し支えないでしょ。

2018-02-07

anond:20180207131537

俺も昔は食い放題行って食い過ぎて気持ちわりーってなってたけど

最近いい肉出す焼肉屋いくようになったら、いい肉は食い過ぎた後のゲップすら美味いという事実に衝撃を受けた。

焼肉食べ放題メンタリティ

行く前:久しぶりの焼肉楽しみ!思いっきり食うぞー!

序盤:うめえうめえ焼肉うめえよ最高だ もっとどんどん持って来い



帰宅時:腹が苦しい 脂がきつい 二度と行かない

2018-02-06

anond:20180206225151

ぶっちゃけて言うとコンベアーで実用新案、「回る」関連で商標登録してたか

自由に使えなくて発展しなかったんだよ

どちらも切れてからはぼちぼち

回転焼肉とかあるし

零細企業で働いてきたある社会人の恨み言

まえがき

きっかけは今日仕事中に聞いていたFMラジオで、「こんな理由謝罪文書きました」という体験談募集していたことだ。

あれ、私謝罪文って書かされたことあるな…

っていうかその謝罪文書いたあげくでその会社やめたな…とふと過った。

一体なんでそんなことになったんだっけ。

思い出せないのだ。

これが。

謝罪文書くなんてそうそうないことなのに、しかもそのせいで仕事をやめまでしているのに、何を謝らなければいけなかったか思い出せない。

たぶん、今でも理解していないからだ。

これから書くのは、大体10年くらい前に働いていた零細企業に対する恨み言だ。

きっと世の中にはあふれているタイプ理不尽だと思う。

これを世に放つことに何らの建設的な意義はない。

ただ、社会人をはじめて十年を数えて思うんだが、

理不尽にたいして「理不尽だ」と考え、適切に怒ることには、知性と経験値必要なのだと思う。

どちらも足りていない私は、こうして何年かあとにじんわりと怒ることしかできない。

それでも、次に待ち受ける理不尽に対抗するために、私は私の怒りを書きとめ理解しておこうと思う。

目次としては

会社のこと

社長くそだったこ

次期社長くそだったこ

謝罪文を書いて辞めさせられたこ

である

思い付いた順にむかついたことを書くのでものすごく長くなると思う。


会社のこと

私が勤めていたのは小さな編集プロダクションだ。

経験でその会社入社した。

編集プロダクションというのは、ジャンルにもよるが

ほとんどが零細で人が足りなくて激務で、即戦力以外を雇う余裕はない。

から、未経験者を雇ってくれる会社なんて貴重だった。私は飛び付いた。編集仕事がしたかったのだ。

よそで編集を学んできたやつは素直じゃないから、未経験若いやつを育てるのだ、という話だった。

社長は当時60前後、すでに編集者としては現役を退いていた。

ある30半ばの社員に時期社長を譲ると決めていた。

というか、それ以上年上の社員はいなかった。


社長PCを使えないので、社員PC仕事をすることはあまりまれなかった。

もう一度いうが10年前、2008年前後のはなしである

たとえばメール連絡。たとえばPDFによる校正のやりとり。

それらはなるべく避けるべき手段とされ、

電話FAXと郵送による仕事を余儀なくされた。

会社コピー機は白黒コピーFAXしかできなかった。

(余談だが、そこをやめてスキャナつき複合機に触れたとき、便利すぎて涙が出た)

机の回りにはいつも紙が溢れ、複数案件を進行しているとすぐになにがなんだかわからなくなった。

でも社員は全員その環境仕事をしていたので、これは私が能力が足りなかっただけかもしれない。

社長くそだったこ

そういえば入社時の面接からくそであった。

確かどっかの転職サイトを通じて応募したんだが、

エントリーシート大学の在籍ゼミテーマ、という欄があった。

私は素直に書いた。社会学部出身構造主義を中心に学ぶゼミで、卒論テーマはこれこれでした。

そしたら面接の場で、構造主義とはなにか説明しろ、と言われた。

私は一瞬言葉につまった。

どこからどう説明したらいいんだろう?構造主義のあらましを知りたいんだろうか、考え方を知りたいんだろうか?

そんなことを探り探り喋ったので要領を得ない話し方になった。

それは確かに私の力不足だった。

ただ、そしたらそこからブチキレられた。

雑居ビルのワンフロアで、仕切りもなにもない打ち合わせスペースみたいなところで、

社員みんなが聞き耳をたてているなかで怒鳴り散らされた。

バカの癖にいきがるんじゃない、その利口ぶった精神が気にくわない。

そのくらいのこと俺はわかる、教えてやろう構造主義というのは~~で○○で××だ!

みたいなことだった。

ちなみに~~で○○で××の部分は、あとでわかったがウィキペディア丸写しだった。


今ならわかるんだが、要するにエントリーシートに偉そうに小難しいこと(?)を書いたのが気にくわず

私の鼻っ柱を折りたくて、わざと答えにくい質問をし、わざと怒鳴り、

事前に用意しておいた丸暗記の知識を捲し立てたのだと思う。

ともかく社員自分の知らないことを知っている、のが許せない人だった。

ただ、その時はわからなかった。

バカだったし、まだ就職氷河期の残り香が漂っている頃だったし、編集者になりたかった。

すらすらと説明できなかった私が悪いし、中途半端しか理解していないのに偉そうにエントリーシートに書いた私が悪い。

そう思ってしまった。


もちろん裁量労働制()だったか残業代という概念はなかった。

仕事をしていると、時々社長に呼び出された。

○○~、ちょっとこ~い、といって。

呼び出されていくと、近くの店でおしることかハンバーグとかを奢られた。

ありがたいようだがそれで一、二時間はゆうにつぶれたし、そのぶんの時間は深夜まで働いて埋めるしかなかった。

聞かされる話は益体もないものだった。

キャバクラのおねえちゃんは学費を稼ぎながら大学にも通っていて偉いんだ、俺がバッグを買ってあげたら喜んでいた。

スナックママに褒められた。俺はどうもそこら辺のおっさんとは違うようだ。

俺は百人切りを目指しているんだ、あと何人だ。

ほんとにこんな話ばっかりだった。

勤めて一年かなにかのとき、お祝いだと言ってつれていかれた焼肉屋で、

社長がした一番よかったセックスについてとうとうと語られた。

あと高校同級生半陰陽の人がいて、性器を見せてもらった話とかもしてた。

ここまで書いてふと注釈必要に気づいたが、エロ本会社ではない。

しろエロはやらないというのが社長方針だった。

次期社長くそだったこ

次期社長の話は社長に比べたら小粒なんだが書く。

当時まだ30半ばだったが社長になれと言われて会社の株を買わされていた。

見た目は好青年風であり人当たりが柔らかかった。

だが、その実態は、上には媚びへつらい下には無理をさせる、社長イエスマンだった。

少し話が遠回りをするが、私には同期入社の同僚がいた。

なんだか惚れっぽい女の子で、入社一ヶ月後には次期社長に心酔していた。

の子が、次期社長仕事の采配が甘かったせいで、

恐ろしいくそ進行の仕事に巻き込まれた。

はじめから無理とわかっているスケジュール仕事を、次期社長はなんの調整もせず経験一年にも満たない彼女に投げた。

仕事のできる子だったが、無理なものは無理だった。

悪いことに彼女実家住まいで、片道二時間弱くらいかけて通っていたため終電が早かった。ますます彼女仕事は進まない。

私は気の毒に思い、帰れない日はうちに泊めてあげていた。

そしたらものすごい速度で依存された。

もともとそういう性質の子だったのだと思う。

彼女は平日だけではなく休日も私の家に入り浸るようになった。

もちろん仕事を手伝わされた。

の子は次期社長に心酔していたぶん、采配が甘く助けてもくれないことがわかると怒りもひとしおで、ずーっとうちで次期社長悪口をいっていた。

彼女が辛い立場なのはわかっていた。でも私は一人で眠りたかった。

休みの日まで侵食されてしまうと逃げ場がなかった。

ある日、「悪いがどうしても無理だ、なんとか今週末は一人にしてくれ、家に帰ってくれ」と彼女に頼んだ。

本当に限界だった。

しか彼女彼女で、それは困るなんとか手伝ってくれと食い下がった。

そこでわかったのだが、彼女上司である次期社長とともに、

「私の家に泊まれる前提で」「休みの日は私が手伝う前提で」仕事スケジュールを組み立てていた。

待てと思った。

百万歩譲って同僚の彼女は仕方がない。

彼女立場では、次期社長にそういわれてはそのスケジュールに間に合わせるしかない。

だが、次期社長は。

次期社長は私が私生活侵食されていることを知っていて、

その対策を講じるどころかそれを利用して、

しかも次期社長自ら言うのでなく同僚の彼女にその交渉を任せて、

それで社長には「仕事は進んでますよ、でも彼女新人ですから」なんて言っていたのだ。

くそではないか

この次期社長のやりくちは一事が万事こうだった。

そうして社長はいい顔をし続け、部下への嫌な交渉は部下にやらせていたのだ。

私はこの人が大嫌いだった。社長も大概くそだが社長より嫌いだった。

長くなったので続く。

2018-02-05

謎の格上感:餃子 謎の格下感:シュウマイ

謎の格上感:ステーキ 謎の格下感:ハンバーグ

謎の格上感:クッキー 謎の格下感:ビスケット

謎の格上感:蕎麦 謎の格下感:そうめん

謎の格上感:焼肉 謎の格下感:すき焼き

謎の格上感:広島風お好み焼き 謎の格下感:関西お好み焼き

謎の格上感:エクストラヴァージンオイル 謎の格下感:ピュアオイル

謎の格上感:塩 謎の格下感:たれ

謎の格上感:赤ワイン 謎の格下感:白ワイン

謎の格上感:サントリー角 謎の格下感:ジムビーム

謎の格上感:柔道 謎の格下感:空手

謎の格上感:アメフト 謎の格下感:ラグビー

謎の格上感:ハンマー投げ 謎の格下感:砲丸投げ

謎の格上感:福山雅治 謎の格下感:木村拓哉

謎の格上感:とんねるず 謎の格下感:爆笑問題

謎の格上感:ウッチャン 謎の格下感:ナンチャン

謎の格上感:宮﨑駿 謎の格下感:高畑勲

謎の格上感:織田信長 謎の格下感:徳川家康

謎の格上感:坂本龍馬 謎の格下感:西郷隆盛

謎の格上感:猫 謎の格下感:犬

謎の格上感:キツネ 謎の格下感:タヌキ

謎の格上感:鷹 謎の格下感:鷲

謎の格上感:イカ 謎の格下感:タコ

謎の格上感:チーター 謎の格下感:豹

謎の格上感:ゾウ 謎の格下感:サイ

謎の格上感:一反もめん 謎の格下感:ぬりかべ

謎の格上感:文系 謎の格下感:理系

謎の格上感:明治 謎の格下感:大正

謎の格上感:ジュラ紀 謎の格下感:白亜紀

謎の格上感:紀元前 謎の格下感:紀元

謎の格上感:9.11 謎の格下感:サリン事件

謎の格上感:モダニズム 謎の格下感:ポストモダン

謎の格上感:芥川賞 謎の格下感:直木賞

謎の格上感:モンドセレクション 謎の格下感:グッドデザイン賞

謎の格上感:ひらがな 謎の格下感:カタカナ

謎の格上感:ハードロック 謎の格下感:ヘビーメタル

謎の格上感:ハウス 謎の格下感:トランス

謎の格上感:ドキュメンタリー 謎の格下感:フィクション

謎の格上感:リアリズム 謎の格下感:シュルレアリスム

謎の格上感:俳句 謎の格下感:短歌

謎の格上感:シリアス 謎の格下感:コメディ

謎の格上感:女子高生 謎の格下感:女子大生

謎の格上感:腐女子 謎の格下感:夢女子

謎の格上感:オタク系 謎の格下感:サブカル系

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん