「モンハン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: モンハンとは

2018-08-06

2018上半期買ってよかったものリスト

発売したの1年ぐらい前な気がするけど買って本当に良かった。爆速。起動も反応もめちゃめちゃ早い。今まで使ってきた中で最高のノート

そんなに風強いの?って使う前は半信半疑だったけど、使って感動。髪の毛乾かすのにかかる時間が半分程度になった気がする。

夏場は今まで髪の毛乾かす度にお風呂上がりに汗だくになっていたけど、これは爆風(冷風)で乾かせる。すべてのアタッチメントを外してから本領発揮。

このために会社一週間休んだ。最高だった。

こっちもかなり今更だけど勧められて買ったらどハマリした。SWITCH を充電なしでプレイすると2,3時間ぐらいしか保たないからそこだけどうにかならないかな…。

10年ぐらいは気にしていた鼻やその周りのザラザラが一発で解決した。ただただもっと早く知りたかった。他の酵素洗顔パウダーでは全然こんなにきれいにならなかった。

2018-07-31

メディアミックスぐらいしか主人公には出番がないんじゃないか

あくまでも印象の話であって確固たる統計データがあるという訳では一切ないです。


FGOの一部アニメ化に伴ってか、主人公性別についてのご意見がTLに流れてくるようになった。

曰く主人公性別選択可能ゲームであっても、メディアミックスで重宝されるのは男主人公ばかりで、これでは女主人公いくらゲーム本編で選択できるといっても実際のところはあくまで男主人公作品に置ける正当な主人公であり、女主人公はまるでオマケ、添え物扱いのように見えてしまうというものだ(と自分は読み取った)。


かに本当にごく一部の作品を除いて、主人公性別選択可能ゲームは、男主人公のほうがパッケージで女主人公より目立つ配置にされていたり、メディアミックスで当然のように主人公の座に居座っていたりと、所謂デフォルト主人公として扱われることが多いように見える。

FGOアニメでも主人公として出てくるのは男性としての藤丸立香だし、グラブルアニメでも本編で主人公立場にいたのは男主人公であるグランだった。

だがそれはあくまでも外部展開、メディアミックスについての話だ。

外部に提示される作品では確かに男性主人公主人公をやれている。

しかし実際の、プレイヤーゲーム画面において、果たして主人公はどこまで存在を許されているのだろうか。

……多分そこまで許されていないんじゃないだろうか。


自分FGOはそこそこ触っている程度だが、グラブルについてはそれなりによくプレイしている。

グラブルにおいて、ゲーム内のチャットマルチバトルの参加者欄では、そのプレイヤー現在主人公状態性別ジョブ)がプレイヤーアバターとして表示されるのだが、自分が目にしてきたプレイヤー殆どが女主人公だった。

主人公を使っているプレイヤー10人に2,3人入れば良いほうで、マルチバトルの参加者全員が自分を除いて全員女主人公であったことも珍しくない(ちなみに自分パーティメンバー女性比率が高くなりすぎるとどうも居心地が悪いので男主人公を使っている)。

FGOについても、TLに流れてくるゲーム内の画像スクショマスター画像ほとんど女性であり、あまり男性マスター画像を見たことがない。



思えばポケモンモンハンなども、プレイ動画スクショで目にするアバター性別は圧倒的に女性>>男性のような気がする。

世界樹の迷宮のようなキャラメイクRPGものに至っては、パーティ全員を当然のように女性キャラで固めたプレイ動画を目にすることもよくあった。

そもそも主人公は、同じ男性プレイヤーから男性という理由敬遠されがちらしい。「何十時間プレイするゲームで、せっかく選べるのにわざわざ野郎のケツばかりを眺めていたくはない」とはどこかで聞いた言葉だ。

また、女性プレイヤーでも、主人公に同一化してゲームを楽しみたい層は、デザインに華のある女性主人公を選ぶことがままあるらしい。

この話が正しいとするとやはり男主人公はどこまでも不利であるそもそも需要根本的に薄く、またデザインの段階でも負けがちだ。


実際のところ、あらゆる冒険活劇において、男性を無批判主人公に据えてしまうという在り方は、今後議論されなければならない問題になってくるかもしれない。

件の女主人公をなかったことにするなとのご意見も、実際のゲームでどれだけ使われているかではなくて、あくまで『女性』の、物語における扱いについての問題の一つなのだろう。

しかし男主人公のある種の需要の無さを常々目にしていると、メディアミックスぐらい主人公面させてやってもいいじゃないかと、どうしても思ってしまった。

結局モンハンWってどうなったの?

2018-07-25

anond:20180725201334

懐かしい。俺はPSPiPod touchの対抗機種だとなぜか信じて、PSPPodcastインターネットブラウザを使い遊んでいたソニー戦士だった。

同級生が皆モンハンを遊んでいて、同じPSPユーザーなのに理解されず、俺も特にモンハンには興味がなく、非常に寂しかった。

PSP vs iPod touch

PSP全盛期だった高校生の頃、クラスの連中は休み時間になるとこぞってモンハンをしていた。

そんなモンハンの輪にも入れず、初代iPod touch音楽を聞きながら寝たふりをして休み時間をやり過ごしていた俺は、iPod touchWi-Fi一覧にアドホック中のPSPが表示されてることに気づいた。

何となく接続しようとしたが当然つながらない。

その時「おいエラーかよ」という声がモンハン集団から聞こえてきた。

もしやと思い、時間を置いてもう一度試すと「また切れたー」という声が。

偶然にもiPod touchPSPアドホック通信妨害できることを発見してしまったのだ。

それから俺は連日モンハン妨害して楽しんだ・・・わけでもなく寝たふりをしていた。

2018-07-19

anond:20180716004008

みんなやってるから

そんな感じのノリだと思う

マルチプレイから一昔前に流行ったPSPモンハンに似てる

2018-07-05

anond:20180705143534

今まで互いに互いを認め合って来たように、

同棲結婚についても話し合って決めていけばよい。

モンハンぐらい世の中にはありふれてる出来事なのだから

同棲ブルー

付き合っている人がいる。一つ年下で、社内恋愛中。

何かあったらお互いにすぐに話すようにしているので、喧嘩らしい喧嘩は発生しない。

振り返ると、真逆なタイプ人間同士でよく関係が続いたもんだと思う。

こっちは菜食より、あっちは肉食より。

こっちはネガティブ、あっちはポジティブ

こっちはインドア、あっちはアウトドア

でも、それぞれ自分たちなりに解決したつもりだ。

自分は肉をよく食べるようになったし、向こうも嫌いな野菜が減ってきた。

すぐ根暗に全力疾走しようとする自分を全力で止めてくれたり、逆にポジティブ街道ひた走る相手を止めたり。

屋内スポーツちょっと遠くの大型ショッピングモールに行ったり、モンハンが世を賑わせてる頃に部屋にこもって過去作のモンハンを一からやったり。

とにかくそんな感じで、少しずつお互いを尊重?というか自分にない部分を尊敬して、取り入れて楽しい毎日を過ごしている。

楽しい。本当に楽しい。なのに、どうしてこんなに不安になっているんだろう。

自分たち関係は、それぞれの上司や近しい人達は知っている。応援もしてくれている。冷やかしたりする人が居ない、良い職場だ。

最初に年齢について触れたけど、自分たちはいわゆる『結婚適齢期』らしい。

相手方の上司と話をした時に「(お互いに)ご両親には会ったの?」と言われたのだ。

こういう話は、上司だけに限った話じゃない。共通の友人からは「いつ結婚すんの?」と言われ、別な友人夫からは「早く結婚すりゃいいのに」と言われる。

自分の周りの数少ない友人達ほとんど結婚しておらず、おかげさまで結婚式に呼ばれたことなぞついぞ無い。

一方で、相手は交友関係が広いためか少し前に結婚ラッシュあい、『ご祝儀貧乏』にまでなったようだ。友達が多いって大変なんだな…と当時は思ったものだった。

そう、結婚なんて自分とは縁遠いものだったのだ。これまでは。相手がどうかはさておき。

話は変わるが、自分は割と先を見て今を生きるタイプだ。相手は、今を見て今を生きるタイプだ。

どうしてここまで違うんだろうと笑うくらい、人生観すら違う。

そんな人生観すら違う男女が、近々同棲しようという話にまで発展してきている。

いつかは一緒に暮らしたいという話をしなかったわけではない。ただ、自分は何ヶ月も前の段階から話の内容をつめていきたいタイプだった。

こういうタイプの人って、自分の欲しいものを選ぶ時に凄く時間かけて似てるようで違うものをいっぱい並べて吟味したりしない?自分はする。

相手はと言うと、その時に考えたら良いというタイプだった。欲しいものもその時直感でコレ、と思ったものを買うタイプ

から同棲についてもやっと相手にとってのホット話題になったのだ。自分の住んでる部屋の更新期限がもうじきだから

今月から、色々な物件内見して回る予定で。いい部屋見つかるといね~なんて話したりもしている。

それすらも楽しいし、とても幸せことなのに。なのにずっと、ずーっと不安が消えない。

多分これは『同棲ブルー』と呼ばれるものなのだと思う。今はなんでも『なんとかブルー』って言葉があるんだなぁ。サッカーは観ていないけど。

ただでさえ自分ネガティブなのだ。悪い方に考えないでどうするというのか。

「これは、結婚を見据えた同棲なんだよね?」

重てぇー!こいつ重てぇー!って感じではあるが、そう思ってしまってるので仕方がない。

今更不安になる事なんて何もないはず。日頃の会話で、先の話をする時もあった。相手完璧に今しか見てない訳じゃない。事あるごとに不安を抱く自分と同じ目線で考えて、持論を展開してくれる。逆もまた然りだ。

…でも、明確なその『結婚』という言葉だけは口にしない。まぁ、お互い様ではあるが。

「いつ結婚するの?」には「先がどうなるかはわかりませんから」、「早く結婚すりゃいいのに」にも「先々の事はまだ、ね」とお互いに言っていた。

確約された未来はない。どっちかが盛大に事故って死ぬかもしれない。寝たきりになるかもしれない。二度と顔も見たくないレベルにまで発展する何かがあるかもしれない。

たくさんの『かもしれない』を胸の内に抱えている限り、はるか先のことを決めてしまうのは良くない。と自分は思う。相手はどうか知らない。

…単純に、今考えてないだけで、したいと思ったらするのかもしれないが。可能性は捨てきれない。ありえるから困る。

とち狂って「結婚を前提に一緒に住んでくれ」と言い出しそうな程度には追い詰められている。

こちらの仕事の都合で、相手ロマンティックに告白する予定だったデートをおじゃんにした罪があり、その他にも様々なフラグを壊してきた自分が下手になにかしたらまた可哀想なことになるかもしれない。

考えてないことはないだろうけど、何も考えていないだろう相手に焦らされ続けて、終わりのないそれをずっと持て余している。

ひと思いにやってくれ。頼むから

自分がやらかす前に。

2018-07-01

現代って過去よりもよくなってるんだろうか

昔の人の方が人生楽しそうな気がする

縄文時代とかリアルモンハンワールドで楽しそう

2018-06-28

敵を倒して武器を奪い次の敵を倒すのは完全にゲーム脳

モンハンっていうゲームがすっごくこの事件に近いです。

モンハン禁止しましょう。

危険です。

DDLCなんて目じゃないです。

危険ゲームです。

人が死にます

2018-06-25

anond:20180624155737

他の人も言ってるが前半は違いがわからん

キャラシステムメタなことを喋らせるのは違和感ある。特にフルボイスだと嫌。

「Yボタン」とか「L1ボタン」とか言って欲しくない。そこはシステムダイアログ表示みたいな感じがいい。

モンハンワールドとか結構よかった気がする。

2018-06-22

家のWifiルーターがすぐに通信制限かかる

家のau wifiルーターがすぐに通信制限がかかる。

3日で10G越えなければ大丈夫っていう話なのに

しょっちゅうなる。

Wifi通信しているものを考えた。

PS4モンハンバージョンアップ

スマホゲームダウンロード通信

PC⇒常にスタンバイモードから関係なし

3日で10G越えるとは思えないんだけど何で!?

あと、関係ないけど私のau設定が「20Gまで定額」だった。私はwifi使ったらもったいないな。

2018-06-05

anond:20180605120542

だいたい誰でもクリアできる

だいたい奇を衒ってないのでだいたい誰でも楽しめる

だいたいの人がなにがしかプレイ経験がある


わりと大事よこのへん

モンハンとかこうはいかない、プレイ慣れてる人にとって楽しいということはこのへん担保せんから

2018-06-03

ドラクエモンハン国内CS市場は復活する」とかいう話

実際どうなったの?相変わらず海外市場ゲーマー様の忌み嫌うガチャゲー市場に養ってもらってる感じ?

まぁ、人口が減っていく国で娯楽産業を盛り上げるってのがそもそも無理筋だったんだから

人口含めた環境が変わるまで待つしかないんだよね。

それまでどうやって関心を集め続けることができるかってのが問題だな。

2018-06-01

anond:20180601131423

ゼルダbotwやモンハンワールド並の話題性を予想してたならそりゃご期待に添えませんでと言うしかないが。

2018-05-31

モンハンまだやってる人いるの?

彼氏3月?もう少し前くらいで飽きてたよ。

大型アップデート!とか書いてあるときからやってない。

今はグランドセフトオートVやってる。

それが原因か知らないけど、寝言で「ムカツク」ってボソッと言ってた。

「え?」って言ったらグアアァアっていびき

2018-05-28

やっぱダークソウルおもしれぇわ

ダークソウルリマスター版が出た。

ダークソウルっていったらあれだ。俺にPS3を買わせた作品だ。

当時、自分は「PS2で十分でしょう。PS2の方が面白いゲームいっぱいあるし。」とか言っていた。てか、当時はそういう奴がいっぱい居た。

俺がPS3をはじめて触ったのは大学生になって大学の友人が大学の近くに居を構えて、働きたくないと考えて進学したバカ5人が20歳を越えて、そのワンルーム毎日のようにくだらく集い、馬鹿騒ぎをしていた頃だ。

友人が「めちゃくちゃおもしれぇゲームを買った。」といった。それが、今年の二月に惜しまれながらオンラインサーバーが閉じたデモンズソウルというゲームだった。

4人はその友人のプレーを見つつ「何回も同じ死に方してるんじゃないよ」だとか、「お前ほんとゲーム下手だな」と笑いながらプレーをしていた。

彼は、ガンダムVSガンダム NEXT PLUSで5人の中で自分の次に強かった。なのでアクションゲームは得意なのはなのだが、彼が操るキャラクターは慎重で、おおよそスタイリッシュとは言えない動きをしていた。

彼は「なら、増田くんがやってくれ。このゲームがどれだけ難しいかわかる。」と言われ、夜中の1時、酒も廻りに回って周りがグダグダしていた時刻に自分は友人からノーアドバイスキャラメイクを開始した。忘れもしない。

選んだのは「貴族」だ。レイピアを持っているのが気に入った。自分は当時の2chコピペで「レイピア」を「レイパア」というのが流行ったせいでレイピアが好きになっていた。

ゲームを開始する。説明を読みながら進める。青目の騎士を戦う時、友人はなにも言わない。拡散尖兵と戦う時、友人は「お前はこいつに負ける」と言い出す。自分は「馬鹿なこと言っちゃいけない。このゲーム本質はわかった。モンハンのようなアクションにみせかけたターンバトルだ。」といううちに自分尖兵に一発を喰らって負けたのだ。友人は笑っていた。

そこから、酒の酔も冷め、起きているのは自分と友人で金曜日の夜から日曜日の昼までひたすらにナビ友人、プレー自分デモンズソウルをして、一周終わらせたのだった。

 

その友人からデモンズソウルの続編がでる」と聞かされたのは社会人になったばかりの頃だった。

働きだして初任給を貰った時、「これだけあればPS3ダークソウルが買えるのではないか」と考え、働きたくない思い全てをこのダークソウルに託して初仕事をこなしていったものだ。

 

サービス開始したダークソウルは、まさしく「ダクソ」であった。

デモンズソウルの良さが全て失われたオンラインシステムに憤慨した。

まず、オンラインプレイなんてできないレベルサインが見えない。そもそも発売後1週間はオフラインプレイ強制だったはずだ。間違いない、自分は2日目あたりでオーンスタインとスモウというダークソウルの難関と呼ばれるボスで、レイピアと弓を巧みに使い、いや、実際はスモウが倒れた後のオーンスタインが柱に引っかかり、遠距離しかしてこなくなったおかげで、弓でチクチクとダメージを与えて勝った。「オンラインプレイさえあれば」と何回も思ったものだ。このオーンスタインとスモウに3日間進行をストップさせられたのだ。友人はその頃「病み村が越せねぇ、しかも戻れねぇ、詰んだ」と言っていた。

オンラインプレイが再開しても、とにかくサインが見れない。

友人に「手伝ってくれ」と言われてレベルをあわせたキャラを再度作り、サインを書くがマッチングまでによくて15分かかる。

それでも、自分ダークソウルをひたすら何周もしたのはストーリーが良かった。

一周目は楽しむことすらできなかったストーリーだが、情報が揃ってきて、NPCの腹の中がわかると自分の作ったキャラクター世界が広がったようでワクワクした。

ちなみに一番好きなNPCはローガンだ。彼はおおよそオビ=ワン・ケノービめいた賢者として書かれるが最後は神の智慧を身に着けて、服を脱ぎ去り狂ってしまう。しかし、主人公に分け与えた神の智慧により一撃で討たれてしまう。可愛そうで一番ダークソウルらしいキャラだと思う。ダークソウルでは、主人公に友好的であればあるほど狂人となってしまうのだ。悲しいね

全く飽きる事もなくやりこんでいたらその一年後、DLCがでた。いや、まずは先行でPC版(DLC内包)がでた。

日本ではおま国で変えなかったが、ロシアシリアルロシア販売サイトで買い認証させて無理やり始めた。PCでは、慣れないXBOXコントローラーを使い、☓と○が逆なのを有志が作ってくれたmodで解消し、これまた有志が作ったmodで画質を上げてプレイした。

正直言って震えた。DLC部分だ。正直に言うと、オーンスタインとスモウは、上述の経緯から完全に自分トラウマであり、敵であった。四騎士物語考察を読むが「シフがかわいそう(小並感)」ぐらいの感想しか抱かない程度に敵視していた。

深淵歩きのアルトリウス。DLCは彼にスポットが当たった。DLCをやり終わった後、自分にあったのは深い四騎士への愛情だった。

あんだけ敵だと思っていた四騎士も、結局は自分がいいと思うことをしているに過ぎなかった。アルトリウスはウーラシール深淵から救うため、オーンスタインはそうやって得た平穏を守り、グウィン王の意思に従った。キアランとゴーはなんかしてた。

よく考えたら無数に借り続けたオーンスタインとスモウ。オーンスタインが死んだ時、スモウはためらいなくオーンスタインの力を吸い自分を強化するが、オーンスタインはスモウが倒れた時、そっと駆け寄り、兜で顔は見せないが悲しむようにうつむく。そして、意を決して力を奪い取るのだ。王女の間へ行く資格プレイヤーがもつか試すために。

アルトリウスは主人公が相対するとき、完全に深淵に取り込まれ左手を失った狂人として戦う。その強さは凄まじいもので、今まで属性武器呪術に頼った人間ほど苦しめられる耐久と素早さをもっていた。オーンスタイン以上であるしかし、彼とシフの関係深淵歩きの逸話、そして、DLCクリアした後のシフとの戦いでプレイヤーの心は「フロム許せねぇ」という域まで生き身体闘争を求め、ACの新作が出た。

 

完全に四騎士特にオーンスタインアルトリウスに心を奪われた自分コスプレキャラを作り、わずかに拾われる可能性がありそうなDLCエリアサインを出しまくったものだった。

 

そこからダークソウル2の発売である

ダークソウル2のファンには申し訳ないが、自分ダークソウル2が受け入れられなかった。

騎士特にアルトリウスとオーンスタインの扱いが「お前らコイツら好きだろ?サービスして提供してやる」といったような雑な扱われ方されたのが一番うんざりしたが、自分思想を巡らせたダークソウル世界が完全にフロム側にいいように利用されたような気がした。

ゲーム内容は面白かった。多くの武器に多くのアクション。大味で迫力のある魔法と、ステータス重視のアクション性ははっきりいって面白いダークソウル2は好きな人がいるのも頷けるほどゲーム内容はよいからだ。

 

次はブラッドボーンだが、基本的ダークソウルとは無関係だ。

でも、ブラッドボーンは好きだ。ダークソウル共通点を見出すなら、ブラッドボーンダークソウルと同じく、主人公に友好的であればあるほど後半にひどい目にあうのだ。正直、主人公以外救われていない。これがフロムのやり方なんだなと安心した。

 

ダークソウル3は2よりマシだ。

まだ、四騎士が匂わせる程度で済んでいる。なんというか、自分みたいなめんどくさいファン配慮してか、批判を避けるためか、四騎士フレーバーとなった。しかし、ダークソウルガッツリと関わる「火継ぎ」の続きが書かれていて、ダークソウルプレイすればしているほど、自分冒険した結果が隅々に表れていて心を打たれた。

最後ボスBGMグウィンアレンジなのは今思えばあからさまかなとおもったが、ゲージを終わらせて、火継ぎの歴史と戦ってる前半では流れず、グウィンのような力を手にしたボスと戦う後半で流れるのはそんな事考える余裕もなく、感動でしかなかった。何百回とパリィで殺してきたグウィンパリィ拒否してきたがまさしくグウィンだった。

 

そして、ダークソウルリマスター版だ。

はっきりいって最高だ。多分、2や3をしたあとに全くプレイしていなかったが、2や3をプレイした後だからこそ、このダークソウル物語はまるでダークソウル内では歴史に確実に残るような大事演出がされているが、3からみるとたったちょっとことなのだ。たったちょっとだが、無ければ3の世界はなかった重要な事なのだダークソウル全体の世界で見ればものすごくものすごく小さな事。

そして、戻ってきたのだ。

デモンズソウルと同じようなオンラインシステムが。

アノール・ロンドのソラールが座っている篝火に到達した時、びっくりしたのはそのサインの多さだった。そして、サインを書くと数秒で拾われる活気。P2P方式オンラインからサーバー方式オンラインになり、ダークソウルが完成したのだ。

もうなにも言うことはない。完璧ダークソウルだ。自分ダークソウルに不満を持っていたことが解消された。

 

今後、SWITCH版がでる。

SWITCH版ではじめてダークソウルに触れる人もいるだろう。

そんな人が、自分勝手に思惑して、勝手に魅了されて、勝手妄想を爆発させた(俗に言うフロム脳)世界初見で、しかも最高の環境プレイできるなんて羨ましすぎる。

きっと自分みたいにオーンスタインを恨みに恨んで心が壊れる寸前まで行く人はいないだろうが、あんな思いはしなくてもいいのだ。最終的には自分はオーンスタインを愛しているし、きっとしゃべるNPCであったならローガンを越えて一番好きなキャラと言うほどだろう。まぁ、でもやっぱローガンが好きだ。

 

最後に、ローガンについてフロム脳を爆発させてこの増田を終わらせたいと思う。

再び見て思うのは、多分、ローガンはプレイヤーの時間軸の人間ではないということ。小ロンド遺跡鍛冶屋リッケルトがいるが、彼は「100年前にヴィンハイムにいた爺さん、ビッグハット ローガン」の話をする。

いや、このダークソウル世界人物は全員不死なので、爺さんが不死になり、100年間正気を保ったまま冒険をしていた事で辻褄は合うが、リッケルトやグリッグスが100年間生きているような器に思えない。また、ソラールが白サインを「100年前の伝説がいたかと思えば」というような話をして、その時間軸を合わせるために白サインがあるという話をする。一見すると、ゲームシステムを保管した説明に思えるが、実際はダークソウル世界では伝説的な人物なのだと思う。

事実ダークソウル3ではローガンの残した影響は大きい。結晶魔法はローガンが作り出した魔術だが、結晶の古老はローガンのように結晶魔法を使い、しかビッグハットかぶる。ローガンのスクロールには結晶魔法について書かれている。

ダークソウル3ではダークソウルの四騎士は匂わせる程度といったが、下手をすれば名が忘却の彼方へ行ってしまっているのに対して、ローガンだけははっきりと残っている。つまりダークソウルの時点で彼は伝説的、または伝説的偉業を残した事が伺える。そんな人物正気を保っている時の話を聞けるなんてものすごいことではないだろうか。最も、ダークソウル3の時点で名前を残しているキャラ結構いるが…(ハベルや、ファンサービスではあるがパッチなど)

2018-05-23

anond:20180523103042

まあでも増田もN年間を費やしたFF11orFF14orDQ10orモンハンを捨てるときは一瞬だっただろ。そういうことだよ。

2018-05-20

田口vsブドラー

モンハン双剣使いvsハンマー使いで対戦させたみたいだった

手数と細かい動きで攻めまくる双剣に対し徐々にハンマーアジャストしていって

最終ラウンドにぶん回したハンマーでダウンを奪ったのはなかなかのカタルシスだった

判定では負けたけどまぁしょうがない

2018-05-15

飽き性でも続けられるゲームってある?

私がゲームをやると、以下2つのパターンに陥り、クリアできない。

・単純に飽きる(作業ゲーだ!と思った瞬間に無理になる)

ゲームを続けても何も得られないじゃん?と正気に戻る(急になるから困る)

今やってるのが、リネージュレボリューション2.

スマホ版なんだけど、課金しないと強くなれないし、全然いからやる気がなくなってしまった。

ひまスラ(?)というスマホアプリを今やっているが、3日経てば飽きそうな気もする。

私がクリアしたゲームポケモン赤緑ピカチュウくらい。

金銀は途中で飽きた気がする。

ドラクエも途中で飽きたし、モンハンは1時間で断念。

牧場物語ゲームボーイ版)はクリアしたけど、

その後出てきた続編とかその他はクリアできずに断念している。

飽き性でも続けられるゲームって無いかな?

お勧めがあれば教えて欲しい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん