「家事」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 家事とは

2017-10-21

anond:20171021170045

自分でもガンガン稼げる女性なら、男性育休大歓迎なのかな?

旦那には稼ぐのに集中してもらって、自分家事育児だけしていたいという女性もいるよね。

anond:20171021170045

女にとってはニーズありまくりだろ。

国にとってもそうしないと少子化進む一方だからそうして欲しいわけだ。

男にとっては家事育児やるより全部女に任せて仕事だけしてた方が楽と言う方が多そうだが。

anond:20171021161302

最近ビジネス記事でもそういうのを時々見かけるね

育児負担がキツくて仕事が上手くいかないイクメンパパの憂鬱、的なやつ

そういうのを我が身にも起こり得る事として自覚出来ている男は、まだ相当少ないだろうけど

家事育児を全部外注出来るレベルに稼いでる超パワーカップル以外は

仕事全力投球夫&専業主婦夫婦、か

共働きでお互い仕事ほどほど給料少な目な夫婦、か選ばないといけない時代になりそう

anond:20171021113955

「イキイキ働いてる」女の裏には、大抵犠牲になってる女がいるんだよなあ

孫を丸投げされ娘世帯家事も全て押し付けられてる祖母とか

町内の仕事とかPTAとかを押し付けられてる近所の他のママと

そいつが休んだ分の仕事の尻拭いをさせられてる同僚の女とか

そういうのは、ずっと男が女に押し付けものだったわけだけど

今は男だけではなく女の一部も名誉男性として他の女に押し付けるようになっただけ

「イキイキ働いてる」女たちのそういう実態が知られてきて、

自分は他の女を踏み台にしてまで子供産みたくないわ、って人も増えてるよね

anond:20171021123014

代わりに女が男に家事育児や家の雑用を求めるのと同じ構図だね

神戸市ごろごろ神戸2「第23回 「母親」を半分引き受ける」

タイトル記事が人気だそうで。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/public/online/gorogorokobe2/171018.html

はてブ的にはこういうところがいいと思うのかぁ...

ほんまでっかTVを見ていて、家事はどちらかがやった方が分担するよりも家庭が円満というのをやっていたのを思い出す。その理由は、お任せしていると感謝言葉しかないけれど、分担してやっていると自分と比べて口出しをしたくなるからだったと思う。「脳が壊れた」の著者 鈴木 大介氏が、相手必要ないと思っていることをお願いしてやってもらっているんだから家事してもらったら感謝しろ文句言うなというようなことを言っていたけれど、そういうものだと思う。

「妻が子育てする事によって出来なくなる事は自分もしない」からの、じゃあ妻が出来るようになれば自分も出来るのだから

幸福の共有ではなく、不幸の共有をしましょうということだよなぁ。

これもよく考えると善し悪しで、自分が出かけたいからとほとんど寝ていなくてもっと休みたい奥さんにも外出を促すとかなったら本末転倒だと思う。

ずっと疑問だったのだ。父親育児評価は0点が基本からの加点方式なのに対し、母親育児評価は100点が基本からの減点方式なのはなぜなんだろう。世の中は、母親に対して厳しい目を向けすぎなのではないだろうか

インターン学生そもそも会社即戦力としては期待していないし、楽しく会社生活を送ってもらえばいいのでちょっと何かできるとプラスになる加点方式でしょ。逆に、ある程度の年次がいった社員だと、戦力として使えないと困るので評価は減点方式だと思う。

この著者の周囲において、男性インターン学生みたいな立場なんだよ。男性育児勉強しに来てくれている人、お手伝いに来ている人で、ちょっとできるだけでもたくさん評価して伸ばしていこうとなっている。ただそれだけ。難しいことになってくると、「責任者(母親)を連れてこい。おまえで話にならない」という態度を露骨にとられる。

二言目には「ママはどうしたの?」と聞かれるとか、保護者をさす言葉が大抵「お母さん」とか「ママ」とか言われるのってみんな気にならないんだろうか。

私は性別的には父親であるが、役割的には半分は母親でありたい。子育てに関するよろこびもしんどさも、分け合えるものはすべて均等に分け合いたいと思うから

結局、性差から逃れられていない感じだと思うんだけれど、そんなにいいこと言っているのか?

父親母親もそれぞれキャラが違うんだから、違うキャラを生かして得意なことをやればいいんじゃない

誰かがやらないといけない役割を誰かがやってくれて、やってもらっている人はやってくれている人に感謝するというので自分はいいと思うんだけれどな。

2017-10-20

https://anond.hatelabo.jp/20171020181412

そんなの家庭によって違うでしょ。離婚の時の財産分割の話と、日常的な収支バランスは別の話。

普通に考えれば給料旦那スキルに払われているのであって、奥さんは関係ない。旦那子育てだの家事だの手伝わせるなら内助の功も主張出来ないしな。

anond:20171020212823

ああ、優しさって、良いですよね。

私は兄弟がいないので、同年代が多い職場兄弟がたくさん出来たようで嬉しいんです。

ご飯皆で食べにいったり。

ちょっとした自分が考えた仕事のコツを教えてもらったり、

親が教えてくれなかったような、家事の至らない処をわざわざ指摘してくれたり。

正直、家より居心地がいいなんて事もあります

2017-10-19

拒絶

ちょっとした喧嘩からまり、妻に拒絶されるようになった。

喧嘩はよくあるんだけど、基本的には無視

何か手伝おうかと言っても「いいよ別に。」と返される。

はいえ何もしない訳にもいかないので、家事はやれることは見つけては勝手にやってる。

から喧嘩になるとこちから謝るんだけど、無視されるとイライラしてくるのでつい反論してしまい、さら喧嘩に発展してしまう。

今はとにかくこっちは普通な態度を取るようにしてる。

妻の気持ちを汲み取れない言動をする自分が悪いんだと思うけど、

世の中の夫婦はこういうときどうしてるのだろう。

子供を育てるのは大変で誰にでも出来る事じゃなくてもっと高い収入が得られるべき仕事だ!」と言ってる人の何割が

専業主婦なんて誰でも出来る事やってるだけな癖に専業主婦給料年収千万レベル価値とか言う奴いるけど馬鹿じゃねーの?」と言ってるんだろう

労働時間が決まっていて(8時間残業くらいだろう)休日もある保育士と比べて

24時間365日勤務の専業主婦は単純に労働時間保育士の3倍以上、

しか育児だけではなく家事その他もやってるわけだから3倍以上の給料貰えていいはずで、

保育士年収400万くらいの価値があるとしたら(↑のような事言ってる奴はもっと高い給料であるべきと思ってそうだが)

専業主婦は余裕で一千万以上の価値あると思うが

逆に専業主婦価値なんて300万くらいだろwってなら、保育士給料は100万で十分、となるわな

転職すべきか迷ってるので客観的意見を下さい

某士業のアシスタント業務としてパートを始めてから4年。パートは私一人であとは全員が正社員

少しずつ任される仕事が増えて、今はパートなのに担当先を持たされている。

最初は期待されてることにやりがいを感じて楽しかったけど、私以外の正社員仕事の内容が全く同じで、むしろ勤務時間が長い正社員のんびり仕事をして、私は限られた時間必死にやって、それなのに給料待遇全然違うことに最近疑問を感じている。

ちなみに家庭では家事育児はほぼ全て私がやってるので、時間的、体力的な事情から正社員で働く希望はない。しか専業主婦になるほど経済的な余裕もない。

今の仕事内容は性に合ってるし職場人間関係もいい。子供風邪で突然休むのも全く問題なくて、ありがたく思っている。

でも今日上司から仕事上のミスをやんわり責められていよいよ心が折れそう。確かにミスをしたのはすごく申し訳ないけど、パートなのになし崩し的に難易度の高い仕事任されて、気が重いながらも文句わずに何とかやってきたのに。

時給も地域の平均くらいだから、辞めてもっと時給なりのパート探し直そうかな。

でも転職先の方が環境悪かったらどうしようとか、転職にまつわる諸々の気苦労を考えると一歩が踏み出せない。

現状から、どうするのがベストだろうか。ちなみに夫は私の決断に任せると言っている。

率直な意見を下さい。

https://anond.hatelabo.jp/20171019171316

奥さんが料理作ったり家事しているとき

増田は当然別家事してるんだよね!

いね!!

昨日嫁と喧嘩した

嫁が毎晩寝られなくて3時まで起きていて起床が11時という生活を繰り返してる

嫁は13時からパートから帰ってきて18時になりそれから晩御飯を作って食べ終わる頃には20時過ぎてて

家事負担になってるのかと思って毎日俺が皿洗いと気が付いたとき洗濯(全自動から仕事ってほどでもない)をやってあげていたのだけど俺が家事をしてるときスマホで遊んでる

それが3時まで続いてる

これが何かカチンと来て昨日夫婦喧嘩になった

助け合って行くのは当たり前だけど何か違うと感じたのだよ…

anond:20171018003526

本当にセックスだけしていたら殺されないよ。

「女に熱烈な恋愛感情を持たれていて、俺は恋愛感情を持っていない」という状態が好きでそういう状態を作りたがる男や、

「そんなつもりは一切ないのに結婚につながる真剣交際可能性をチラつかせて己の性的魅力のなさをカバー」といった、

コスい真似をする男が殺されるんだよ。

セックス以外の時間も一緒に過ごしたい、将来も約束したい、その人の子供の頃の話や家族の話も聞きたい、

女側がそういう感情を持っているから代わりに家事をしたり尽くしたり話を優しく聞いたりするわけ。

女側にそういう感情が無かったらかなりドライセックスだけする関係になるよ。

殺される男はドライセックスだけする関係を寂しいとか物足りないと感じる男。女を心も労力も骨の髄まで搾取したい。

自覚はないけど「セフレ関係」ではなく詐欺・二枚舌。だから殺される。

別れるのが上手い男は、女が後悔しない関係を作れる人なのだと思うよ。

anond:20171019090910

よくわかります。まずは鬱に関しての一般論として、鬱が重い時にはパートナーに関わることも含めて重大な決断はせず、治療に専念するべきです。問題が起きたり後悔したりして、またストレッサーになる可能性が高いので。「治療中なので結論は出せない」と信じて、一旦棚上げするべきかと思いますさら一般論として、その男性が本当に良い人なのかも冷静になってから考えるべきです。病状としての自信の喪失から他人が優れて見え、ほとんどの人物自分より優れた理想人物かのように感じてしまうことがあります現実には人間なので、良いところも悪いところもあります

自信の喪失不安を感じているようですが、自分に合う薬を見つけて治療を続ければ完治時には不安感はかなり減少しますので(健康でも気分の波はあるので完全に無くなるわけではありません)、安心して良いと思います。ちなみに鬱の際には記憶論理的思考が低下するので、段取りをしっかりしなければいけない料理などの家事がやや難しく感じます。これも治療によってかなり改善します。

幸せになるチャンスから逃げてしまった

昨日、気になっている人から告白された。

相手大学生。頭がわりと良くて何より優しい。

当方20代前半。高卒フリーター現在無職+鬱(入院中)。

「なんで私なんかのこと好きなの?」と何度も聞いた。

でも納得出来なかった。

どう考えても釣り合わない。相手の人には絶対もっといい女性がいるはずなのだ

自分には何も取り柄がない。経歴もしょうもない性格だって特別良いわけじゃない。家事も得意じゃない(練習中)。

何より相手のご両親に申し訳が立たない。愛情をこめて育てた立派な息子がゴミみたいな女を連れてきたらがっかりだろう。

「私なんかと付き合ったらいけない。絶対もっと素敵な人いるから。自分価値を下げちゃだめだよ」

なんか私はそんなことを言っていた気がする。

その後、相手に「もしこのまま一人になっちゃいそうだったら貰ってくれる?」と聞かれたけど、

絶対にそんなことありえないから!大丈夫から!!」と言い放ち、逃げてしまった。

幸い、まだ相手との関係が切れたわけではないのだけれど、某掲示板で内容を書き込んだら「もったいない!」と言われた。

幸せになれるチャンスだったかもしれないのに、と。

けどどうしても自分に自信がない。どうやったら自信が持てるのだろう?仮に退院して就職出来たとしても、同じことを思っている気がする。

以前、元彼の実家に訪れたことがあるのだが、その時元彼のご両親に「そんなんじゃ就職面接通らないよ」と言われた。これも自信がない一つの要因かもしれない。

幸せになりたい。努力し続けたらいつか自信が持てるのだろうか。でも幸せになるのも怖い気がする…

そんなことを考えて頭がぐちゃぐちゃしている。だめだ。とりあえず不在者投票行ってくる。

2017-10-18

子育て家事のことで姑にまた怒られた。

具合悪くて寝たいとき根性か。

苦しい。

社会人っていつ自分時間を持ってるんだ?

朝、寝ぼけ眼で弁当作って身支度して、

片道一時間程度で通勤し、仕事

定時~少し残業して帰って、

スーパー寄って特売品買って。

帰って洗濯物があれば洗濯して飯作って食べて弁当の仕込みして、

風呂沸かしてる間に洗い物して軽くフローリング掃除して。

風呂入って洗濯物があれば干して一息つくか、と思ったらもう23時半くらいで、

ゆっくり寝たいし寝付きも悪いか24時には布団に入る。

眠ることが好きだから睡眠時間を割きすぎなのか?

でも2時とかまで起きてたら翌日の朝の弁当しんどいし、朝から仕事終わるくらいまでずっと眠い

休みの日は溜まった家事したり、恋人と会ったりちょっとゆっくり寝たりするとすぐに過ぎていくし、

本当に世の中の働いてる人達がどうやって自分時間を作っているのかがわからない

anond:20171018122103

大谷直人


最高裁裁判官としての信条や審理にあたる心構え、仕事の印象、難しさは。

予断を持たずに事件に取り組み、判決などで具体的な理由を示すにあたっては、最終審としての説明責任を果たす内容になるよう、力を尽くしたい。最高裁には多様な紛争についての不服が申し立てられ、どの事件も最終的な決着が求められている。社会的に影響の大きな事件も少なくなく、責任の重さを日々痛感している。

国民裁判所に期待する役割は何だと考え、身近な司法とするために取り組んでいることは。

広い視野の下で、公正な判断を行うことが期待されていると感じる。その期待に応えるためには、判断の内容を説得力ある分かりやすものにすることが大切である。また、裁判所存在国民に身近なものとなるよう、情報発信手続きの工夫などといった面にも一層留意する必要がある。

これまでに関わり、最も記憶に残っている裁判とその理由は。

地裁高裁で勤務した時代、3人の裁判官の間でさまざまな議論を重ね、充実した判断につながったと感じられた事件は、著名かどうかを問わず長く記憶に残っている。最高裁においても同じだろうと思う。

最高裁裁判官の任命手続きについての考え、出身母体出身別の割合は妥当だと思うか。

任命権限に関わる事柄であり意見差し控えたいが、現在バックグラウンドの異なる同僚裁判官とさまざまな角度から率直な意見交換ができる環境にあり、日々の仕事にとって大きな意義があると感じている。

憲法改正をどう考えるか。

裁判の中で憲法判断を示す立場にあり、お答えは差し控えたいが、憲法は、我が国における「法の支配」の基盤となるものであり、普段からそのありように国民の目が注がれていることは、大切なことであると考える。

憲法9条戦後日本で果たした役割と、9条に自衛隊を明文で位置づける論議をどう考えるか。

前項と同じ。

国政選挙で「一票の格差」の問題が長く続いていることをどう考えるか。

これまでに関与した定数訴訟についての私の意見は、大法廷判決の中で示してきたところであり、これからも個々の事件判断の中で示していきたい。

注:16年参院選の「1票の格差」を合憲とする多数意見(17年9月)

東京電力福島第一原発事故を踏まえ、司法責任原発関連訴訟への司法姿勢をどう考えるか。

法的判断司法に求められている大きな問題の一つであるが、今後訴訟最高裁に係属する可能性があるので、意見差し控えたい。

裁判員制度で、公判前整理手続きの長期化や裁判員候補者の辞退率上昇が問題視される現状をどう考えるか。制度課題や見直すべき点は。

国民の皆さんの理解と協力に支えられて、制度が定着しつつあることを、刑事裁判に携わってきた者としてうれしく思っている。大改革であり長期的なものさしで改善を図っていくべき課題もなお残っているが、刑事裁判が、「開かれた司法」の方向に大きく変わったことは確かである

静岡県で1966年に起きた一家4人殺害事件など、再審無罪判決が続くなか、刑事裁判の現状への感想や反省点、冤罪(えんざい)を生まない司法の実現への教訓は。

誤判を防ぐためには、一つ一つの事件において、当事者が適切な訴訟活動を行い、裁判官が曇りなき目で判断を下すことが、何より重要である制度運用改善点については、法曹三者の間で、実情をもとにして、率直で冷静な検討を深めることが欠かせない。

日本弁護士連合会が昨年の人権擁護大会死刑制度の「廃止宣言」を採択した。死刑制度の存廃や、再審請求と死刑執行との関係をどう考えるか。

国民の間で議論を深めていくべき重要テーマであると思っているが、具体的事件に関与する立場にあるので、立法論に関わるご質問についてはお答えは差し控えたい。

取り調べの録音・録画や司法取引制度の導入が刑事裁判にどんな影響を与えると考えるか。新制度導入にあたり、司法判断はどうあるべきか。

重大な刑事事件裁判員裁判によって審理されており、今回の新制度運用については、裁判員裁判証拠調べにおいてどのような評価が示されるかが、重要ポイントになると思う。裁判員裁判と同様に、長期的なものさしで検討すべき問題であると考える。

法科大学院募集停止が相次ぎ、法曹志望者が減少するなか、法曹養成制度の現状をどう評価し、どうあるべきだと考えるか。

さまざまな課題を抱えていることは認識している。法曹養成制度教育制度の一つであり、時間をかけて行うべき人づくりの土台だといえる。長期的なゴールを見定めて、じっくり検討していく姿勢大事だと思う。

経済活動の国際化に伴い、国をまたぐ法的な争いを円滑に解決するために日本裁判所に求められることは何だと考えるか。

国際的経済活動が原因となった訴訟はこれからますます増加すると思う。裁判官は、紛争の背景にある実情も視野に入れた上で、判断を下すことが求められる。そのためには、研修、人的交流などの機会も一層充実させる必要がある。

外国裁判手続き電子化が進むなか、国民が使い勝手のよい裁判所にするにはどうすべきだと考えるか。電子手続き導入への賛否アイデアはあるか。

「開かれた司法」を推進していく上で、テクノロジー活用重要な柱の一つだと考える。それだけに、単に「便利かどうか」というのにとどまらず、司法へのアクセス裁判手続きの将来のあり方も念頭に置いた上で、総合的に電子化などの改革を進めていく姿勢が大切だと考える。

最近の出来事で、最もうれしかたこと、腹立たしく感じたことは何か。

個人的には、今年は名演と観客席の熱気が一体となったライブ出会う機会が多く、終演後はその場の一員であった幸福感を味わえた(例えば、ロシア劇作家チェーホフの「ワーニャ伯父さん」)。

趣味尊敬する人物、好きな言葉、座右の銘と、それぞれを選んだ理由は。

尊敬」という意味とは少し違うように思うが、強さ、弱さを含めて、人間的魅力に富んだ人物として、最近興味があるのは、森鷗外趣味コンサート観劇。好きな言葉はゲーテの「人間努力する限り迷うものだ」。

最近読んで感動した本、面白かった本とその感想は。

千葉聡の「歌うカタツムリ」。身近な生物を手のひらの上に乗せながら、生物進化に関するダーウィン以降の研究の歴史が物語られており、科学読み物として非常に新鮮だった。


木沢克之


最高裁裁判官としての信条や審理にあたる心構え、仕事の印象、難しさは。

約40年間、弁護士活動から培った経験市民感覚を踏まえ、弁護士出身裁判官であることの自覚と誇りを持って、正義と公平にかない、かつ、健全社会常識にかなう法律解釈適用に努めていきたいと考えております最高裁裁判官に就任して約1年3カ月経過しました。最終審としての判断の重さを更に自覚し、一つ一つの事件謙虚に向き合い、よりよい判断解決のため、誠実に職責を果たしていく覚悟です。

国民裁判所に期待する役割は何だと考え、身近な司法とするために取り組んでいることは。

裁判所に対して、一つ一つの事件について、迅速かつ適正妥当な判断を期待していると思います最高裁判所としては、主な事件判決などについて、ホームページなどでも公表していますし、法廷の傍聴人の方々にも事件の争点など概要がわかるような工夫を積極的に進めています

これまでに関わり、最も記憶に残っている裁判とその理由は。

個別事件判決の中で示した意見のとおりであり、これを離れてお答えするのは控えさせていただきます

最高裁裁判官の任命手続きについての考え、出身母体出身別の割合は妥当だと思うか。

いずれの質問についても、憲法で定められている任命権者が判断する事柄ですので、お答えするのは控えさせていただきます

憲法改正をどう考えるか。

憲法改正は、国会の発議により国民投票を経て行われるもので、主権者としての国民判断される事柄であり、各国民真剣に考え議論すべきものと思います

憲法9条戦後日本で果たした役割と、9条に自衛隊を明文で位置づける論議をどう考えるか。

国家存立の基盤である国の安全保障政策については、各国民自分の問題として真剣に考えるべき事柄であり、司法立場にある者として、個人的意見は控えさせていただきます

国政選挙で「一票の格差」の問題が長く続いていることをどう考えるか。

具体的事件において考えを明らかにすべき事柄と思います

注:16年参院選の「1票の格差」を合憲とする多数意見(17年9月)

東京電力福島第一原発事故を踏まえ、司法責任原発関連訴訟への司法姿勢をどう考えるか。

裁判所は、どのような訴訟においても、法にのっとり公平かつ適正妥当な判断をしていかなければならないものと考えております

裁判員制度で、公判前整理手続きの長期化や裁判員候補者の辞退率上昇が問題視される現状をどう考えるか。制度課題や見直すべき点は。

裁判員制度はおおむね順調に運営されてきていると思いますが、問題点もご指摘のとおりあります。更なる審理の工夫や制度広報に努める必要があると考えております

静岡県で1966年に起きた一家4人殺害事件など、再審無罪判決が続くなか、刑事裁判の現状への感想や反省点、冤罪(えんざい)を生まない司法の実現への教訓は。

誤判絶対にあってはならないものです。刑事事件事実認定においては、思い込みを排し、様々な視点から十分に証拠吟味することが大事です。刑事司法に携わるすべての者が、誤判防止に向けて、それぞれの立場で誠実に職務を行わなければなりません。

日本弁護士連合会が昨年の人権擁護大会死刑制度の「廃止宣言」を採択した。死刑制度の存廃や、再審請求と死刑執行との関係をどう考えるか。

死刑制度の存廃や終身刑の創設などは、最終的に国民意見により決められるべき立法課題であり、司法立場から意見は控えさせていただきます。とはいえ、死刑は究極の刑罰であり、その適用は極めて慎重に行われるべきものと考えております

取り調べの録音・録画や司法取引制度の導入が刑事裁判にどんな影響を与えると考えるか。新制度導入にあたり、司法判断はどうあるべきか。

制度は、捜査公判が取り調べ及び供述調書に過度に依存している状況にあるとの指摘を受けて立法化されたものであり、これにより、刑事手続きにおける証拠収集方法の適正化及び多様化がされ、公判審理の更なる充実が期待されます

法科大学院募集停止が相次ぎ、法曹志望者が減少するなか、法曹養成制度の現状をどう評価し、どうあるべきだと考えるか。

具体的な政策についての発言は控えさせていただきますが、法科大学院で5年間教壇に立った者として、法曹養成の理想に向けて開校した有力な法科大学院募集停止が相次ぐこととなり、残念でなりません。社会の様々な分野で法律家活動することは、法の支配する公正な社会を実現するために必要であり、大変意味のあることだと思います。わが国社会の今後の発展を支える有為人材として質の高い法律家いか計画的に養成するかという観点検討されることを望みます

経済活動の国際化に伴い、国をまたぐ法的な争いを円滑に解決するために日本裁判所に求められることは何だと考えるか。

国際取引事件家事渉外事件をはじめとする国際的紛争事件に十分対応できるよう、裁判所における人材の育成が求められるものと考えております

外国裁判手続き電子化が進むなか、国民が使い勝手のよい裁判所にするにはどうすべきだと考えるか。電子手続き導入への賛否アイデアはあるか。

裁判手続きのIT化のあり方としては、裁判手続き利用者利便性の向上だけでなく、本人訴訟への対応を含む関係者手続き保障情報セキュリティー、事務合理化を含めた費用対効果などの諸般の事情配慮しつつ、裁判手続きにとって真に望ましい姿を探る必要があります

最近の出来事で、最もうれしかたこと、腹立たしく感じたことは何か。

うれしかたことは、稀勢の里関の優勝と横綱昇進です。

趣味尊敬する人物、好きな言葉、座右の銘と、それぞれを選んだ理由は。

趣味は、歌舞伎鑑賞です。尊敬する人物は自分を育ててくれた両親で、感謝尊敬をしています。好きな言葉には「道を伝えて、己を伝えず」という言葉があります日本幕末から明治にかけての動乱期に、キリスト教の伝道を行った宣教師チャニング・ムーアウィリアムズ生き方表現した言葉です。私はキリスト教信徒ではありませんが、ウィリアムズは、幾多の困難に全身全霊で立ち向かいながら人々の心を一つにまとめ、教会や学校病院を造り、社会や世界を動かしました。そのような信仰の姿こそが、「『道を伝え』ることではないか」と思われます。そして「己を伝えず」。真の意味はいまだ計り知れないものの、「自分の考えを相手独善的に押しつけようとしない」とか、「自分名誉欲望のためにけっして人を利用しない」と解釈されています事実ウィリアムズは一介の宣教師に過ぎない自分の名が記憶されることを徹底して拒み、日記手紙の多くを燃やしまでしたとも言われています

最近読んで感動した本、面白かった本とその感想は。

松井今朝子師父遺言」。歌舞伎演出家武智鉄二師弟関係にあった著者の波瀾(はらん)万丈の半生を描いた自伝です。

国民審査を受ける最高裁裁判官7人のアンケート回答全文(整形済・注釈付)

22日投開票衆院選と同時に実施される最高裁裁判官国民審査に向け、朝日新聞社を含む報道各社は、審査対象裁判官7人に共通アンケートを行いました。質問と回答の全文は次の通りです(文意を損なわない範囲で、表現の一部を変えています)。

国民審査を受ける最高裁裁判官7人のアンケート回答全文:朝日新聞デジタル

質問と回答が分かれていて読みづらいので整形した。

参考:国民審査 | 衆議院選挙2017 - Yahoo!みんなの政治

小池


最高裁裁判官としての信条や審理にあたる心構え、仕事の印象、難しさは。

常に中立公正であること。法と良心に従い、幅広い視野から事件に取り組み、考え方の筋道がよく分かる判断をするように努めたい。

国民裁判所に期待する役割は何だと考え、身近な司法とするために取り組んでいることは。

適正迅速で分かりやす裁判をすること。利害や見解の対立する事柄について、証拠と法に基づき筋道立てて判断を示す裁判役割への期待に応えることが大切だと考えている。

これまでに関わり、最も記憶に残っている裁判とその理由は。

これ一つと挙げることは難しい。医療事件は、事実認定法律判断科学的知見の理解当事者の心情などについて考えを巡らせることが多く、深く記憶に残るものが少なくない。

最高裁裁判官の任命手続きについての考え、出身母体出身別の割合妥当だと思うか。

最高裁判事の任命権は内閣にあるので、回答は差し控えたい。

憲法改正をどう考えるか。

国のかたちを定める憲法改正については、国民的な議論を経て国民判断することであるので、回答は差し控えたい。

憲法9条戦後日本で果たした役割と、9条に自衛隊を明文で位置づける論議をどう考えるか。

具体的な事件を離れて、憲法条項の在り方について見解を述べることは差し控えたい。

国政選挙で「一票の格差」の問題が長く続いていることをどう考えるか。

議員定数訴訟判決の中で示した意見のとおりである。具体的な事件を離れて見解を述べることは差し控えたい。

注:14年衆院選の「1票の格差」を違憲状態とする多数意見(15年11月

東京電力福島第一原発事故を踏まえ、司法責任原発関連訴訟への司法姿勢をどう考えるか。

具体的な事件を離れて見解を述べること、個別事件に対する見解を述べることは差し控えたい。

裁判員制度で、公判前整理手続きの長期化や裁判員候補者の辞退率上昇が問題視される現状をどう考えるか。制度課題や見直すべき点は。

裁判員制度は、課題はあるが、おおむね順調に運営されていると考えている。司法国民的基盤に関わる極めて重要制度であるので、課題については実証的な検討を重ね、中長期的な構想をもって粘り強く対応していくことが大切だと考えている。

静岡県で1966年に起きた一家4人殺害事件など、再審無罪判決が続くなか、刑事裁判の現状への感想反省点、冤罪(えんざい)を生まない司法の実現への教訓は。

司法制度改革以降、刑事司法は大きく改善されてきたと思う。事実認定については、常に謙虚さと恐れをもって取り組み、誤りのないよう様々な角度から慎重に証拠吟味することが大切であると考えている。

日本弁護士連合会が昨年の人権擁護大会死刑制度の「廃止宣言」を採択した。死刑制度の存廃や、再審請求死刑執行との関係をどう考えるか。

究極の刑罰である死刑については、様々な意見議論があるところであり、格別の検討必要であると考えているが、具体的な事件を離れて見解を述べることは差し控えたい。

取り調べの録音・録画や司法取引制度の導入が刑事裁判にどんな影響を与えると考えるか。新制度導入にあたり、司法判断はどうあるべきか。

かねてよりの懸案事項が立法化されたものであり、刑事司法適正化などが更に促進されることを期待している。

法科大学院募集停止が相次ぎ、法曹志望者が減少するなか、法曹養成制度の現状をどう評価し、どうあるべきだと考えるか。

具体的な政策についての見解を述べることは控えたいが、幅広い素養を備えた法律家養成され、司法制度を支え、更に様々な分野で活躍することを期待している。

経済活動の国際化に伴い、国をまたぐ法的な争いを円滑に解決するために日本裁判所に求められることは何だと考えるか。

国際取引事件家事渉外事件をはじめとする国際的紛争事件に円滑に対応するためには、手続き的整備のほか、裁判所における人材の育成、専門集中部などの処理態勢の整備を図ることが重要であると考えている。

外国裁判手続き電子化が進むなか、国民が使い勝手のよい裁判所にするにはどうすべきだと考えるか。電子手続き導入への賛否アイデアはあるか。

裁判一種情報処理作用であるから情報処理革命の外にいられない。法的手当て、関係者の発想転換などが必要になるが、情報伝達、情報の整理検索などの切り口から従来方法の思い切った見直しを図ることにより、アクセス、迅速性などが大きく変化するであろう。

最近出来事で、最もうれしかたこと、腹立たしく感じたことは何か。

若いスポーツ選手棋士たちが伸び伸びと活躍していることを頼もしく、うれしく思う。理不尽事柄に対しては、感情によるより、事実を見つめて捉えるようにしている。

趣味、尊敬する人物、好きな言葉座右の銘と、それぞれを選んだ理由は。

好きなことは、読書速歩による散歩、総菜作りなど。好きな言葉は「初心忘るべからず」。市井に生きた両親への感謝と尊敬の念を忘れることはない。

最近読んで感動した本、面白かった本とその感想は。

コリン・パウエル氏の「マイ・アメリカンジャーニー」。パウエル氏の軌跡からアメリカ社会構造を興味深く感じ取ることができた。

戸倉三郎


最高裁裁判官としての信条や審理にあたる心構え、仕事の印象、難しさは。

当事者に主張立証を尽くす機会が与えられ、裁判所が適正で公平な審理判断をしたかという観点から原審までの手続き判断先入観なく審査したい。上告理由など該当性の判断と結果の妥当性とのバランスや従前の判例との整合性など、上告審法律審としての判断の在り方に難しさを感じている。

国民裁判所に期待する役割は何だと考え、身近な司法とするために取り組んでいることは。

納得性の高い審理に基づき、分かりやす理由を示した適正で迅速な裁判が行われ、その内容が社会一般正義観念にも合致するものであること。傍聴して内容を理解できる分かりやすい審理・判断をすることが重要であり、最高裁で行われ始めた判決理由要旨の告知などもよいことだと思う。

これまでに関わり、最も記憶に残っている裁判とその理由は。

任命後半年余りに過ぎず、無我夢中事件に取り組んできたというのが正直なところであり、まだ記憶に残る事件を申し上げられるだけの経験がない。

最高裁裁判官の任命手続きについての考え、出身母体出身別の割合妥当だと思うか。

最高裁判事の任命の在り方などについては、最高裁判事の任命権が属する内閣において検討される事柄であるので、お答えは差し控えたい。

憲法改正をどう考えるか。

憲法改正は、国会による発議と国民投票によるものであり、司法権に属する立場から個人的意見を述べることは差し控えたい。

憲法9条戦後日本で果たした役割と、9条に自衛隊を明文で位置づける論議をどう考えるか。

諸情勢が変化する中で憲法9条を巡り様々な議論があることは承知しているが、司法権に属する立場から個人的意見を述べることは差し控えたい。

国政選挙で「一票の格差」の問題が長く続いていることをどう考えるか。

具体的な事件の中で判断を示すべき事柄であるので、回答は差し控えたい。

注:16年参院選の「1票の格差」を合憲とする多数意見(17年9月)

東京電力福島第一原発事故を踏まえ、司法責任原発関連訴訟への司法姿勢をどう考えるか。

高度な科学技術を用いたシステム効用リスク社会的許容性の的確な判断は困難だが、中立公平な姿勢で双方の意見に耳を傾け、多角的判断をするよう心掛けたい。

裁判員制度で、公判前整理手続きの長期化や裁判員候補者の辞退率上昇が問題視される現状をどう考えるか。制度課題や見直すべき点は。

長期化は証人らの記憶の減退、被告人の身柄拘束の長期化などの弊害を招く。法曹三者が具体的な長期化要因を分析・共有し、改善策を協議することが重要。辞退率上昇の原因は様々だと思うが、法曹三者は、審理期間、審理・判断難易度心理的負担感等、裁判員負担感を軽減するための努力重要

静岡県で1966年に起きた一家4人殺害事件など、再審無罪判決が続くなか、刑事裁判の現状への感想反省点、冤罪(えんざい)を生まない司法の実現への教訓は。

誤判はあってはならず、裁判官は、虚心に被告人の弁解や証拠を精査し、わずかな疑問点でも納得するまで解明する姿勢を堅持しなければと自戒している。

日本弁護士連合会が昨年の人権擁護大会死刑制度の「廃止宣言」を採択した。死刑制度の存廃や、再審請求死刑執行との関係をどう考えるか。

死刑制度の存廃は国民の間で様々な観点から議論されるべき問題であり、司法権に属する立場から個人的意見を述べることは差し控えたい。

取り調べの録音・録画や司法取引制度の導入が刑事裁判にどんな影響を与えると考えるか。新制度導入にあたり、司法判断はどうあるべきか。

制度の下で得られる証拠が事案の解明に効果的であればあるほど、証拠としての適格性や信用性の判断も一層慎重に行わなければならないと考えている。

法科大学院募集停止が相次ぎ、法曹志望者が減少するなか、法曹養成制度の現状をどう評価し、どうあるべきだと考えるか。

法科大学院教育の更なる充実を図るとともに、プロフェッションとしての法曹価値に対する社会評価を高め、需要裾野を広げることも重要

経済活動の国際化に伴い、国をまたぐ法的な争いを円滑に解決するために日本裁判所に求められることは何だと考えるか。

国際感覚を身に付け、事案に応じて外国法制度、文化生活様式価値観などを適切に考慮した判断を行うことのできる裁判官の育成が求められる。

外国裁判手続き電子化が進むなか、国民が使い勝手のよい裁判所にするにはどうすべきだと考えるか。電子手続き導入への賛否アイデアはあるか。

電子手続きは、裁判所へのアクセス負担を軽減する等の効用が期待できるが、当面はコストに見合う利用と効果が期待できる分野から始めるのが現実的

最近出来事で、最もうれしかたこと、腹立たしく感じたことは何か。

うれしかたことは、1968年メキシコ五輪の年に100mで10秒の壁が破られてから49年後に日本人も10秒の壁を破ったこと。体格差を考えると偉業。腹立たしく感じたことは、歩きスマホ自転車スマホの人とぶつかりそうになった時。本人も危ないが、相手に負わせるかもしれない被害想像してほしいと思う。

趣味、尊敬する人物、好きな言葉座右の銘と、それぞれを選んだ理由は。

鉄道趣味全般。古い車両に乗るのが楽しい健康維持で始めたウォーキングは10年になり、街歩き、街道歩き(ゴールは遠い)も楽しんでいる。小学校から高校時代の恩師の中には人間形成面で重要な影響を与えてくださった方がおられ、折に触れて思い出し、感謝の気持ちを新たにしている。好きな言葉座右の銘は、「一隅を照らす」。どんな仕事でも受けた以上責任を持って行わなければならないという戒めとして。「一度に一つずつ」(One thing at a time)。トム・クランシー小説の中で主人公が緊迫した状況で出る言葉で、仕事交錯して煮詰まった時の呪文として。

最近読んで感動した本、面白かった本とその感想は。

少し前に読んだものであるが、鎌田浩毅著「地球歴史(上)(中)(下)」(中公新書)。地球46億年の歴史コンパクト記述され、億年単位の長いスパン地球活動の前では人類は微小な存在であることが素人にもよく分かる。

2017-10-17

https://anond.hatelabo.jp/20171017134240

横だけど

もうほとんどの女性が専業をできるような時代ではなく、共働き主体時代だと理解しているか

女性社会進出の最大の妨げは出産育児よね

保育園不足で産んだら働けない状態では産めない

男の意識が低く共働きでも家事育児は手伝い程度なら負担が重すぎて産めない

会社意識が低くマタハラをしたり産まないように圧力をかけても産めない

そこを手厚くすれば産める訳だから関係あるだろ

出産育児収入が下がったり雇用が危うくなったりしないとか、収入が低くても夫が家事育児を主にやってくれて自分安心して仕事に打ち込めるとかなら、定収入夫と結婚選択する女性も増えると思う

anond:20171017135711

「亭主元気で留守がいい」「女房に楽をさせるのが男の甲斐性」って旦那奴隷扱い。

前者はCMCMを作っているのは広告業界の男(当時の企業発言権がある女なんて殆どいなかっただろう)であって専業主婦なわけがないし、

後者は男が言う事だと思うけど

自分は働かないで旦那の稼ぎを湯水のように使う、

生活費だろ?

それとも専業主婦生活費すら使ってはいけないと?

奴隷だって主人から衣食住くらいは与えられてる(というかそれ無いと生きていけない)わけだが、

それすら許さないという事は専業主婦奴隷以下という事になるんだが。

お隣が車買ったか旅行言ったからうちも連れてけと上から目線要求する。

まり漫画っぽくて現実味がない

専業なのに男も家事を手伝えといって旦那ゴミ出しさせる。

ゴミ出しくらいやれよ

旦那が死んだときのために高い保険をかけている。

子供がいたら当たり前では?

anond:20171017142957

それ以前だと家が農家自営業で、家事に加えて家業の手伝いまでやらされてただけ

そういうのが減ってサラリーマンが増えたから、都市部郊外家事するだけでも許された

いずれにせよ、それで家計が十分回ってたごく一時期の存在でしょ

anond:20171017140345

男が望んだって、どういう根拠

もともと主婦ってのは炊事洗濯掃除子守でほぼ時間に余裕がなく大変だから楽をさせろってのが前提で

家長制度破壊

・力強い男性よりも優しい男性が好まれるようになった

企業社会圧によって不本意な(お見合い結婚が増えた

家事家電で劇的に楽になった

・子無、あるいは子供がある程度育って時間に余裕ができた

等が複合して『時間を持て余してゴロゴロしてても怒られない妻』『傍若無人専業主婦』が増えたんだとおもうけど。

調べたらオバタリアンって30年前か……

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん