「諦観」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 諦観とは

2020-08-05

あの犬へ

私が今この世に居るのはあの犬のおかげだと思う。

出会い犬種を書くのは気が引けるが、私がたった1週間弱の一人暮らしをした時、母と衝突した時、何もかもが上手くいかなくて事ある毎に「死にたい」と思った時、脳裏によぎるのはいつもあの犬の笑顔だった。

はてな匿名ダイアリーで、なぜこんなことをいきなり書いたかには理由がある。

先日あるSNSで、【自分の飼っている犬が満月の夜にほんの一瞬、数分間だけ人間の形を成して言葉を交わせるとしたら、何を伝える?何を聞く?】という発信を見た。

ありふれた想像だが、多くの愛犬家がほんの一瞬でもこの子言葉が伝わったらと思ったことがあるだろう。

普段の私はというと、気持ちが強いときにある、物事諦観しているような“おもて”がある。

なんとなく、自分名前を明かして書くには気恥しさに耐えられなかった。

色々なことを考えた。

拙い語彙で、陳腐表現で、どうにか美しく私の想いを飾ろうとした。

人並み以上に本を読んできたし、国語の成績もずば抜けていた。

作文や小論文も自信があった。正直、犬に対する想いを言葉にすることくらいなんとでもない、と舐めて掛かっていたのだ。

あの犬に伝えたい言葉は、ただありがとうしか無かった。

こう書くともう亡くなっているかのようだが、もちろんまだ生きている。

あなたの毛並みは本当に素晴らしく、まるで輝く宝石のようだった。あなた言葉の通じない私に対して深い深い思いやりがあり、何度その心に救われたかからない。あなたが生きて、健康で、傍にいてくれることだけが私の幸せなんだと、伝えたいことは沢山あった。

だが、いざ数分間で何を伝えるか、と考えると感謝言葉しか出てこなかった。

あの犬を褒め讃える言葉はいくらでもある。あの犬の素晴らしさをほんのひとかけらでも伝えられる。でも、私があの犬に伝えたい言葉は「ありがとう」だけだった…。

“あの犬”と言っている犬は老犬で、犬種的にもそうそ長生きは見込めない。

出会ったのはあの犬が4歳の冬。空は分厚い雲に覆われ、風は無く、何枚着ても冷たさが足元から這い上がってくるような日だった。

あなたが私を嫌っても、死ぬまで、死んでも傍に居る。新しい犬を迎えて、あなたが思い出になっても、あなたは誰とも比べられない私の1番の友。どうか来世でもきっと、あなたの友になりたい。

追伸

はてな匿名ダイアリー投稿感情が乱れているので文章がごちゃごちゃです。ここまで読んで頂いた方、ありがとうございました。

2020-07-27

anond:20200725215225

私も「子どもがほしい」という感情をほぼ持たないまま、30年近くの人生を生きてきました。

根本にあるのは間違いなく家庭環境で、親は苦労して私を育ててくれたけど、道具で叩かれたり蹴られたり、外に長時間出されたり、ひどい時は下着一丁で家を追い出されたこともありました。「今すぐ窓から飛び降りて死んでこい」と言われたこともあります生活の質に直結するから必死勉強したけど、幼い頃やはり子どもたちを木刀で殴っていたという祖父は、そんな私の成績を外で自慢していました。

一方で、子供学費を稼ぐためにパート先で苛められている親の姿を見て、子どもであることも親であることも、大きな苦しみであると学んでしまたことが、子どもをほしいと思わなくなった大きな原因です。小さい兄弟の面倒を見るのもそれなりにしんどかった。

今はこの親とほぼ絶縁しているけど、結婚して子どももつことは、私にとっては、成人してせっかく得られた自由を手放すことのように思えて、とても受け入れがたい考え方でした。私にとって、家族幸福経験ではありませんでした。

今は結婚しています。現時点ではDINKSですが、夫は子どもを持つことを希望しています

あなたが挙げられていたような理由(すべてに同意します)を述べて、交際を始めて早いうちに、子どもはほしくないと伝えていました。夫は、子どもをほしいと思う感情に疑問を持たないまま人生を歩んできた人でした。私は、この関係を続けるか、子どもをほしくないという結論を出して別れるか悩んだけれど、どうしても目の前の恋人と別れるという決断を下すことができなかった。

(この人の子どもがほしいと思えないなら、愛情が足りないから別れたほうがいい、と人様には言われたり……)

結局、「いつかは子どもを持つことになるのだろうな」という半分諦観のような予感を抱えつつ、結論をだせないまま結婚しました(本来なら、きちんと結論を出してから結婚のような一大事は進めるべきです。間違いなく)。私が折れて子どもを持つことになったとしても、このひとは家庭人として子育てにともに関わり、一緒に悩んだり喜んだりしてくれるひとだという確信けが頼りでした。

今は、「いつかは子どもを持つようになる」の具体的なタイミングも、見えてきた気がします。結婚を契機に実家と絶縁して、新しい家族を作るうちに、その延長線として子どものいる未来視野に入ってきた感じです。実家との絶縁と新しい家族形成を機に、自分人生の舵を自分でとる感覚を得たり、読書や書くことを通じて自分人生ネガティブ記憶も含めて)を振り返ったり、家族観を見直す契機が得られたことが大きいです。とはいえ、今でも子どもを持つ持たないの間で揺れたり(「二人で十分幸せでいられるのに」)、メンタル不安定な日には泣いたり、過去の極端な日には「相手子どもがそれだけほしいなら、子どもだけ産んで死にたい」と考えたこともありました。

育児漫画は見ないようにしています。やはりSNSSNS現実現実で、両者は必ずしもイコールではないなと最近強く思います

妊娠出産にまつわるトラブル支援、ありうる疾患、失職のリスク、失われる自由時間アイデンティティの変化、そうしたものについて、よく考えたり、勉強したりするようにしています(もちろん生まれてみないとわからないことばかりで、最後は賭けですが、覚悟がないよりはましかなと……どんな決断にもリスクはあると)。

子どもを愛せるか、自分の持つ疾患の遺伝可能性等々、感じた不安は必ず夫に伝えて共有してもらいます。夫は、自分子どもがほしいという理由について考えたことがなかったらしく、周囲の育児中の家庭に機会を見つけて聞いているらしいのですが、結局曖昧な答えしか返ってこなかったらしいです。色々話し合っていますが、たぶん生まれたらたくさんの「こんなはずじゃなかった」があると思います

ここまで、結局「子どもを持ちたくないと思っていたけど、なんとなく子どもを持つのだろうなと予感している女の話」で、何かしらのマウントや自慢に聞こえるかもしれません。不愉快にさせたらごめんなさい。どちらかというと自分に向かって、自分気持ちの整理のために書いてきた気がします。

あなた子どもを産みたくない理由のすべてに共感しますし、尊重したいと思っています。この先の人生で、無理に子どもを持つ必要はありませんし、一昔前に比べたら私達は自由意志の時代に生きているわけで、どんな決断だっていいと思います

あなたの持つ違和感不安や憤りに対して、「子どもを持たない」という選択ひとつの大きな解決策です。

子どもを持たないひとから税金をとれみたいなことを言い放つ発想には(税制上は事実そういう側面があるわけですが)、反吐が出ます。何もしなくたって私達みんな、社会の一員じゃないですか。

ただ、子どもを持たないことに対して理解のあるパートナーを見つけることや、あなた意見に耳を傾けてくれて、真剣な話し合いのできるパートナーを見つけること、別れ話をされるという今の相手の方とも、よく話し合うことをすすめます。別れ話をするにあたっても、できるだけ言語化して自分の考えを伝えること、相手にも自分意見言語化してもらうこと、などがあったほうがいいと思います(書き終わったあとで気付いたのですが、割とそういう感じでない方っぽいですね……すいません)。

えらそうなことを書いてすみませんあなた文章を読んで、同じことを考えているひとがいたと、とても共感しました。

2020-07-19

Go Toキャンペーンは現政権に一度も票を入れてない者のみ石を投げ

タイトルから言うまでもないけども、自分は今の政権は支持してない

こんなタイトルだと、むしろ政権不支持派が叩かれそうなタイトルだけども、もうそれでもいいやって思って投稿した

今はおもに観光業界の人たちからの、Go Toキャンペーン話題ホット

(それでも後1ヵ月もしたら、みんな忘れるんだろうけど)

でも、観光業界なんて、これまでは中国外国をたくさん呼び込んでくれる今の政権にずっと入れてきたんじゃないの

彼らが、自分身の回りしか守ろとしない人たちだってのは、森友とか加計とか、それ以前の諸問題でずっと前から、化けの皮は剥がれてた、それでも、彼らを支えてきた人たちなんじゃないの

それにGo Toがあったとしても、もうあの政権はそれぐらいで傾くことはないんじゃないかって諦観がある

現に、コロナの諸対応ですら、あのザマなのに、それでも、なんの義務感なのか、自分の足元が崩れてきてるのに、ずっと海の向こうをにらみ続けて、この政権を守る人たちがそれなりにいる(この増田はてなブックマークですらも)

我々の嘆き苦しみ、混沌の渦はもはや無意味なんだろうねぇ…

以上、東日本大震災以降、民主党政権から今の政権に切り替わって、それから18歳初の選挙権をもらってから、頑張って投票してきたけれども、何も変わった感じがしない人の愚痴でした

2020-07-18

大学生日常も大切だけど

 コロナに罹ったらその日常すら過ごせなくなる。

 キャンパス内で三密を避けながら講義を行うことは困難だ。徒歩で通学できる学生限定して対面授業にするくらいなら現実的だけど、その方法を採ったとしてキャンパスに行けるのは全体の何%なんだろう。

 大学クラスターが発生した日には医療機関に多大なる負担をかけ、大学と生徒は白い目で見られることになる。そしてコロナ罹患したら最悪死ぬ

 自分大学生だ。友人にはロクに会えず、お粗末なリモート授業はどう考えても学費に見合っていない。就職する頃にはおそらく大不況。はっきり言って、コロナのヤバさを知っていたくせに春節でのこのこ来日してきたボケナスどもと目先の利益に目が眩んで大した規制もしなかった政府クルーズから下りた後大人しくしなかった老害が許せない。

 しかし、いくら文句を言ったところでコロナ収束してくれない。過去は変えられない。GoToキャンペーンの是非は置いといて(個人的には反対寄り)、義務教育である中学校よりも対応が後回しになるのは致し方ないことだと思う。

 歴史においてどの時代もどこかしらがクソで、令和においてはそのクソな部分がコロナなのだろう。

 例のハッシュタグを見つけたとき当初は恨み辛みを書き連ねてやる気満々だったけど、書いてるうちに諦観の方が強くなってしまったのでこっちに書いて投げた。

2020-07-11

anond:20200711174855

男は年齢を経ることに諦観みたいのがないよね。お前も同い年だろ…と思う。

2020-07-07

anond:20200707174328

・ぜんぶ丸ごと喋っちゃうガチャガチャキャラになる

中年になるまでなんとかテンプレ会話のサンプル数を増やし、中高年の諦観でもってフツー人を装う(←あ、これワイですわ)

※まあなんにせよいちばんええのは気にせんことやけどね!

2020-07-06

anond:20200706095420

エストニアはもちろん日本なんかより遥かにIT技術の発展した素晴らしい国なんだけど、そんなエストニアでも電子投票って全投票の3割程度に過ぎないんだよな…

選択肢として電子投票があるってことは大事なのはそうだが

常にロシア政争の種を抱えてる国だし、侵略危機もまた身近にあるから国民政治への関心もそこそこ高いし

ソ連から独立するために戦った人たちがまだまだ現役で活動してる訳で

日本投票率の低さは政治への関心の低さ、失望率の高さ(自分が行動しても何も変わらないという諦観)等も大きいしな

日本人口技術力と紙ベース文化国民意識ではエストニアの真似は無理だよね

日本ならではの道を模索しなくちゃいけない

2020-06-20

なぜ私は安倍晋三不愉快でないのか

表立ってネット右翼だったりしないのだけれど、自分にはそのケがあると思う。

そんな自分がどう考えているかを明らかにしてみたい。

安倍晋三には個性がない

自分不愉快になるのはどんなときか?

そんな自分はどんな国になってほしいと思っているか

ここまで書いて気づいた

他の安倍晋三を緩やかに支持している人間はどのように考えているか

では自分安倍晋三を見限るのはどんなタイミング

知りたい

2020-05-05

バカって天災扱いだよな

たとえばその辺をちょっと散歩して、小川とか用水路とかを見下ろしてみるとほぼ確実に空き缶とかプラ容器とかビニール袋が捨てられている

でもそれを見て毎回強い怒りを感じる人はあまりいないだろう 「世の中そういうもの」っていう諦観を学んできてるから いくらゴミ捨てるなって言っても平気で捨てるバカはいるし、怒ったってどうしようもない

女性が(できたら男性も)夜中に一人で人通りの少ないところを歩いてはいけない っていうとき、襲ってくる暴漢とか性犯罪者は熊みたいな扱いだ 話が通じる相手じゃないし、いくら社会成熟しても完全にいなくなるってことはない

反社会的な行動をとるバカとか犯罪者ってもの存在天災とかどうしようもないものとして受け入れられてるよな

10しかいなくて訪問者も来ない村で川にゴミが捨てられてたら問題になるけど人口500万人の街だと無視されるっていうのはわりと面白いような気がする バカ天災として確実に存在するし、それに対していちいち腹を立てても仕方がない っていう諦め

2020-05-01

メンヘラ(が/で)遊ぶ

新しい人間関係なかにメンヘラがいるとつい懐柔しちゃう

自分弩級メンヘラから周りに隠してる子のメンヘラ臭もわかるし相手もこっちが頑張って隠してる諦観を敏感にかぎ取ってくる 「メンヘラメンヘラにひかれ合う!」 これはマジ

今まで知り合ったメンヘラは9割9分恋愛とかで悩んでる外向型メンヘラから相談とか聞きつつ全肯定して包容すると勝手に落ちてくる 長いことメンヘラやってると相手メンヘラが何をしてほしいか何を望んでるか手に取るようにわかるよね なんかゲームみたいで楽しいけど知り合ってそんなに経ってない人間自分の全てを差し出して大丈夫なのか!?

しばらくして相手の全部を知ると飽きてきちゃうから向こうが人間関係になじんできたあたりで適当LINEの返信そっけなくしたり飲みの誘い断ったりでフェードアウトしてきた ほかに友達できたみたいだしそんなにしつこく追いかけてこないでしょ!という打算だけど実際1か月もしたらときどき恨めしそうな視線をよこすくらいでLINEも誘いもこなくなる

でも今回の子はいまだにバリバリ依存されている ちょっと罪悪感が湧いてきたからもうやめようかな、刺されるのも怖いし

2020-04-29

anond:20200429100131

俺は、病死、狂死はいいけど、衰弱死はやだな。焼死も。あと窒息死・溺死もできれば避けたい。

「死にたくない!」と思わされながら死ぬのがいやなんだよ。なんつーか、諦観して死にたい

2020-04-19

anond:20200419222013

変わってほしいことは変わらないんだろうなぁという諦観に包まれている

2020-04-16

パパ活生活が豊かになって、胸が痛くなっている。

こんにちははじめまして

私は所謂パパ活」と呼ばれる援助交際によって生計を立てている者です。

私の育ちは豊かとは言えないがそこそこ幸せだったように思う。

お金はそんなにない家庭だった。

まあでも、無くても無いなりの幸せってのはあるもので親元を離れるまでは地元で楽しく暮らしていました。

勉強はそこそこだったが突出して良いという訳ではなく、スポーツや一芸に秀でていることもなかった。

おまけに学校での素行は悪く高校は2年生の冬に辞めた。

両親は共にヤンキー上がりで、私が問題を起こすたびに「若さ大事からそんなに気にしないの。子供の行いは親が責任取るものから」なんて言って励ましてくれていたが、流石に退学処分を食らったときは泣いていた。

そんなこんなで学もなく、真面目さの一つもない私が持っていたものは両親から譲り受けた"可愛さ"だけだった。

高校を辞めた私はバイトを始めた。

未成年だったので朝9時から夕方の6時まで、有名雑貨店バイト仲間と駄弁りながら時間を浪費していた。

家に帰れば大好きな両親と兄弟がいた。

休日地元の不良仲間とカラオケプリクラ、安い古着屋で服を漁る。

今思えば私の暮らしは何の不満もなかったはずだ。

ある日、ふとテレビで見た原宿に強い憧憬を抱いた。

私の地元はお世辞にも発達しているとは言えない、辺鄙な所でした。

そんな土地で十数年暮らしていた不良少女が華やかな東京の街を見てしまった。憧れないわけがない。

車の免許費用として貯めていた40万円の貯金を元に突発的に上京した。

ここから私の生活は一変、彩度が低い田舎からカラフルキラキラ輝いている街を闊歩するように。

当時の私にとって全ての体験が新鮮で刺激的でした。

とりあえず東京暮らしをするためにガールズバーで働き始めた。業務内容も、時給ひとつとっても全て田舎の比ではないくらい良いものだったし。

毎月20〜30万ほどの収入があって、こんなにお金が貰えるなんて...と感動した。

人とは愚かなもので一度甘い蜜を味わってしまうとさらに上を求めてしまうんですね。

家はもっと立地がいいところ、服や鞄はブランド物じゃないと嫌、一流のデパコスで顔を彩りたい。

とにかく貪欲になっていく。

当初は満足していたバイトですら物足りなくなって風俗嬢になった。

ここで私は可愛く生まれたことを激しく両親に感謝した。整形しなくとも指名は入り、バンバン固定客を掴んでいった。

月収はゆうに100万を超えていたと思う。ただ、それ以上に出費がとにかく多かった。

新宿家賃20万くらいのマンションに住み毎週のように百貨店ブランド品を買う。貯金なんてしなくても稼いでるからいいでしょ?と自分に言い聞かせ。

そんな生活をしていたらまあ、誰でも破綻するだろう。

働けど働けど一向に貯金は増えなくて、いよいよ生活費を賄うことすら厳しくなってきた。

つくづく私は運の良い人間だ。

いつもの様に出勤し、太客から指名が入り開口一番「君のことを本当に愛してる。僕に養わせて欲しい」

なんて言われた。

その瞬間私が思ったことは、やはり可愛く生まれて良かった と、傲慢過ぎる感覚だった。

金以外何も見えていなかった。

こうして私は水揚げされ、彼と暮らすことにした。

早速住んでいたマンションから退去し、都内有数の超高級住宅の部屋を与えられた。

凄い。これが本当の金持ちなんだ。私の暮らし虚構だった。

詳細は伏せるが有名人御用達の高級マンション家賃は3桁万円。これだけでなく毎月うん百万のお小遣い、それだけで軽自動車が買えてしまう服に鞄に家具

夢にまで見た暮らしがあっさり手に入ってしまった。

こうして私のパパ活が始まった。

初日から1ヶ月目くらいまでは興奮のあまり寝ることすらままならなかった。

自分の通帳を何度も開き、これは嘘でも夢でもないんだと都度幸福に浸る。

エルメスセリーヌバレンシアガディオールルブタンジバンシーフェンディヴィトンバーバリー。まあなんとも成金臭の強い物ばかりだが部屋の中で買い込んだブランド品で自分を着飾っては恍惚した。

田舎1000円以下の古着を漁っていた頃の自分はもういない。今の自分は、一枚10万もするシャツを惜しみなく買える。それも際限なく。

もう私の頭の中はとにかくお金でいっぱいだった。

専属運転手毎日ブランド品を取り扱う店に走らせた。使わなければ溢れてしまうほどのお金があるのだから

半年ほどこの様な生活をしてみたが遂に、またしても「飽き」に到達した。

欲しいものはもう買い尽くした。新商品が出たら別に欲しくなくても、惰性で買っていた。

上京して2年。私を取り巻く環境はあまりにも変わりすぎた。

しか生活水準は地元にいた頃とは比較にもならないぐらい上がった。

それでも、何かが足りない。

それから私は思考を巡らせました。

あぁ私に足りないのは無償の愛だ。という答えに辿り着いた頃にはもう遅くて彼から受ける一方的暴力的とも言える施し。私は1秒も彼を愛していなかった。

只々与えられ続けブクブクと肥えた心を得ただけでした。

そういえば上京してから家族と連絡をあんまりとっていなかった。

みんな何をしてるんだろう、と思い友人数名と母親のインスタを覗いた。

...。

結論から言いますと、あまりにも私の家族や友人と私自生活の差に号泣してしまいました。

仲が良かった友人らは相変わらず某ショッピングモールで屯し、安いフードコートスイーツを食べ、プリクラを撮って、カラオケに行っている。

母親100円ショップで可愛い小物を探すのが楽しみです♪なんて投稿をしていた。服なんてもう何年も新しいものを買っていないだろう。私の母は美人だ。美人だが、金はない。ルックスと身につけている物の落差で余計にみすぼらしく見えてしまう。

妹もとびきり美人だ。勉学に勤しみ、運動神経もずば抜けている。なのに、私のお下がりを着続けてボロボロになったランニングシューズ大事に使っている。

ショックだった。

私は、最悪だ。

金に塗れ、周りの事など見ていなかった。

思えば収入が増えた時点で実家仕送りをすれば良かったのにそれをせず自分お金を使い続けた。

なぜあんなに大好きだった家族に何もできなかったんだ。

本当なら、母にはいつまでも綺麗でいてほしいし妹にはもっと自分の可愛さに気づいてほしい。これは押し付けかもしれないけど、私はそう思う。

お金は一番の麻薬。与えられれば与えられただけ、求める量も増えていく。

現に私はまだパパ活を続けている。

今の生活を手放すのが怖い。

ただ変わった点はいつ見限られてもいいよう貯金は常に2千万を切らないようにし、家には毎月20万の仕送りをしている。

本当なら100万でも200万でも送ってあげたいけど、私がどのようにして稼いでいるかを知ったら、ひどく悲しませてしまう。

20代前半にしてこんな暮らしを覚えた私の行く先は、どうなってしまうのだろう。

この身体が私の商売道具だ。身体さえあれば稼げるが、逆に言えばそれ以外何もない。

もう一般的幸せは手にできないと諦観しています

私の幸せが飽和してしまった分、家族や友人らに幸せを与えることが、今後私の役目だろうか。

お金以外で感情表現することができなくなった私は、毎月お金実家に送り、使わなくなったブランド品も定期的に送っています

愛情ゆえの行為ですが、正しくはないんだろうな。

正しい愛を誰か私に、再教育して下さい。

パパ活生活が豊かになって、胸が痛くなっている。

こんにちははじめまして

私は所謂パパ活」と呼ばれる援助交際によって生計を立てている者です。

私の育ちは豊かとは言えないがそこそこ幸せだったように思う。

お金はそんなにない家庭だった。

まあでも、無くても無いなりの幸せってのはあるもので親元を離れるまでは地元で楽しく暮らしていました。

勉強はそこそこだったが突出して良いという訳ではなく、スポーツや一芸に秀でていることもなかった。

おまけに学校での素行は悪く高校は2年生の冬に辞めた。

両親は共にヤンキー上がりで、私が問題を起こすたびに「若さ大事からそんなに気にしないの。子供の行いは親が責任取るものから」なんて言って励ましてくれていたが、流石に退学処分を食らったときは泣いていた。

そんなこんなで学もなく、真面目さの一つもない私が持っていたものは両親から譲り受けた"可愛さ"だけだった。

高校を辞めた私はバイトを始めた。

未成年だったので朝9時から夕方の6時まで、有名雑貨店バイト仲間と駄弁りながら時間を浪費していた。

家に帰れば大好きな両親と兄弟がいた。

休日地元の不良仲間とカラオケプリクラ、安い古着屋で服を漁る。

今思えば私の暮らしは何の不満もなかったはずだ。

ある日、ふとテレビで見た原宿に強い憧憬を抱いた。

私の地元はお世辞にも発達しているとは言えない、辺鄙な所でした。

そんな土地で十数年暮らしていた不良少女が華やかな東京の街を見てしまった。憧れないわけがない。

車の免許費用として貯めていた40万円の貯金を元に突発的に上京した。

ここから私の生活は一変、彩度が低い田舎からカラフルキラキラ輝いている街を闊歩するように。

当時の私にとって全ての体験が新鮮で刺激的でした。

とりあえず東京暮らしをするためにガールズバーで働き始めた。業務内容も、時給ひとつとっても全て田舎の比ではないくらい良いものだったし。

毎月20〜30万ほどの収入があって、こんなにお金が貰えるなんて...と感動した。

人とは愚かなもので一度甘い蜜を味わってしまうとさらに上を求めてしまうんですね。

家はもっと立地がいいところ、服や鞄はブランド物じゃないと嫌、一流のデパコスで顔を彩りたい。

とにかく貪欲になっていく。

当初は満足していたバイトですら物足りなくなって風俗嬢になった。

ここで私は可愛く生まれたことを激しく両親に感謝した。整形しなくとも指名は入り、バンバン固定客を掴んでいった。

月収はゆうに100万を超えていたと思う。ただ、それ以上に出費がとにかく多かった。

新宿家賃20万くらいのマンションに住み毎週のように百貨店ブランド品を買う。貯金なんてしなくても稼いでるからいいでしょ?と自分に言い聞かせ。

そんな生活をしていたらまあ、誰でも破綻するだろう。

働けど働けど一向に貯金は増えなくて、いよいよ生活費を賄うことすら厳しくなってきた。

つくづく私は運の良い人間だ。

いつもの様に出勤し、太客から指名が入り開口一番「君のことを本当に愛してる。僕に養わせて欲しい」

なんて言われた。

その瞬間私が思ったことは、やはり可愛く生まれて良かった と、傲慢過ぎる感覚だった。

金以外何も見えていなかった。

こうして私は水揚げされ、彼と暮らすことにした。

早速住んでいたマンションから退去し、都内有数の超高級住宅の部屋を与えられた。

凄い。これが本当の金持ちなんだ。私の暮らし虚構だった。

詳細は伏せるが有名人御用達の高級マンション家賃は3桁万円。これだけでなく毎月うん百万のお小遣い、それだけで軽自動車が買えてしまう服に鞄に家具

夢にまで見た暮らしがあっさり手に入ってしまった。

こうして私のパパ活が始まった。

初日から1ヶ月目くらいまでは興奮のあまり寝ることすらままならなかった。

自分の通帳を何度も開き、これは嘘でも夢でもないんだと都度幸福に浸る。

エルメスセリーヌバレンシアガディオールルブタンジバンシーフェンディヴィトンバーバリー。まあなんとも成金臭の強い物ばかりだが部屋の中で買い込んだブランド品で自分を着飾っては恍惚した。

田舎1000円以下の古着を漁っていた頃の自分はもういない。今の自分は、一枚10万もするシャツを惜しみなく買える。それも際限なく。

もう私の頭の中はとにかくお金でいっぱいだった。

専属運転手毎日ブランド品を取り扱う店に走らせた。使わなければ溢れてしまうほどのお金があるのだから

半年ほどこの様な生活をしてみたが遂に、またしても「飽き」に到達した。

欲しいものはもう買い尽くした。新商品が出たら別に欲しくなくても、惰性で買っていた。

上京して2年。私を取り巻く環境はあまりにも変わりすぎた。

しか生活水準は地元にいた頃とは比較にもならないぐらい上がった。

それでも、何かが足りない。

それから私は思考を巡らせました。

あぁ私に足りないのは無償の愛だ。という答えに辿り着いた頃にはもう遅くて彼から受ける一方的暴力的とも言える施し。私は1秒も彼を愛していなかった。

只々与えられ続けブクブクと肥えた心を得ただけでした。

そういえば上京してから家族と連絡をあんまりとっていなかった。

みんな何をしてるんだろう、と思い友人数名と母親のインスタを覗いた。

...。

結論から言いますと、あまりにも私の家族や友人と私自生活の差に号泣してしまいました。

仲が良かった友人らは相変わらず某ショッピングモールで屯し、安いフードコートスイーツを食べ、プリクラを撮って、カラオケに行っている。

母親100円ショップで可愛い小物を探すのが楽しみです♪なんて投稿をしていた。服なんてもう何年も新しいものを買っていないだろう。私の母は美人だ。美人だが、金はない。ルックスと身につけている物の落差で余計にみすぼらしく見えてしまう。

妹もとびきり美人だ。勉学に勤しみ、運動神経もずば抜けている。なのに、私のお下がりを着続けてボロボロになったランニングシューズ大事に使っている。

ショックだった。

私は、最悪だ。

金に塗れ、周りの事など見ていなかった。

思えば収入が増えた時点で実家仕送りをすれば良かったのにそれをせず自分お金を使い続けた。

なぜあんなに大好きだった家族に何もできなかったんだ。

本当なら、母にはいつまでも綺麗でいてほしいし妹にはもっと自分の可愛さに気づいてほしい。これは押し付けかもしれないけど、私はそう思う。

お金は一番の麻薬。与えられれば与えられただけ、求める量も増えていく。

現に私はまだパパ活を続けている。

今の生活を手放すのが怖い。

ただ変わった点はいつ見限られてもいいよう貯金は常に2千万を切らないようにし、家には毎月20万の仕送りをしている。

本当なら100万でも200万でも送ってあげたいけど、私がどのようにして稼いでいるかを知ったら、ひどく悲しませてしまう。

20代前半にしてこんな暮らしを覚えた私の行く先は、どうなってしまうのだろう。

この身体が私の商売道具だ。身体さえあれば稼げるが、逆に言えばそれ以外何もない。

もう一般的幸せは手にできないと諦観しています

私の幸せが飽和してしまった分、家族や友人らに幸せを与えることが、今後私の役目だろうか。

お金以外で感情表現することができなくなった私は、毎月お金実家に送り、使わなくなったブランド品も定期的に送っています

愛情ゆえの行為ですが、正しくはないんだろうな。

正しい愛を誰か私に、再教育して下さい。

2020-04-06

政治への不満と諦観

この一連の安倍首相対応に不満は持ってるけど、居丈高政権批判に気後れするのは

例えば与野党わず他の誰かが首相になっていたとしても、今以上のことができている気はしないんだよな。

利益調整や責任回避野党マスコミ批判への対応なんやかんやで

多少の誤差はあっても誰が首相やっても布マスク配るし、緊急事態宣言は遅れ気味で発令されてる気がする。

逆に言えば首相安倍さんじゃなくても構わないんだけど。

2020-04-02

収入の半額を税金で取られて有事の際には布切れ2枚とか笑える

なんかもう怒るとか通り越して諦観の笑いが出る

2020-03-18

過去は、今よりもあの時に近くて

https://anond.hatelabo.jp/20200318051728の続き

人は老いていくにつれて、あの頃に比べて未来に運ばれていく

「かつて、あれほどまでに切実だった思い」も、その場所(時間)から遠く離れていく

あの頃は、やはり今よりも過去に近くて


生々しく胸を焦がす欠乏も、苦痛に喘いだその夜も、閉塞感が満ちるあの教室

全て遠く、遠く、遠く、狂う程に永遠

遠景に臨み滲んだ色は棘が抜け、綺麗な平面だけを見せてくれる


時は常に今を過去に流し、時の蓄積は現在体験を「年齢」で除して相対化してしま

積み重ならない我が身の不甲斐無さを、記憶の砂粒が時の河へと溶けてしまうこの人生を、それでも足掻くように繫ぎ止めようとするこの蒙昧を、無常を、諦観を、苦渋を、

ああ、だから今日も死んでいたい、何も考えないでいたい、早く人生を終えてしまいたい、この束縛から逃れていたい、意識を持つ人間であるこの苦痛から解放されたい

そんな人生の、この瞬間に過去になる現在の話でした

2020-02-28

ヒトラー 最期の12日間を思い出す

机上の情報だけで命令

下も独裁者を恐れて都合の悪い情報をあげてこない

独裁者は怒り狂い、周囲には諦観が漂う

ソ連軍ベルリンに到達する代わりに

コロナウイルス官邸に到達するのかね

正直、終わり方が見えない

2020-01-17

建築士は男(がなってはいけないはず)の特権職業

ようやく合点がいきました。

デザイナー物件が済みにくいというのはもう昔から言われてることですが、なぜなのか。

なぜ建築のことを勉強し続けてる人たちが作った家が住みにくいのか。

デザインステータス全振りしたらそりゃ住みにくいだろうというなんとなくふわっとした理由づけにみんな納得してきましたよね。

でもデザイン物件に住みたい。高くておしゃれな家は住んでて気持ちいい。

でもトイレ風呂が妙な位置についてたり、ほかの部屋に行くのにいったん外に出ないといけなかったり、子供部屋が鬼のように狭かったり暑かったり、プライバシーがなかったり、ベランダ洗濯物を干すには狭すぎたり、でかすぎて物置になっていたり…まあとにかく妙なことになっています

テレビ番組で「突撃!隣のスゴイ家」というのがあります

田中卓志遼河はるひ仮装夫婦になって人様の建てたばかりの家を見に行く番組なんですが、私はずっと引っかかっている回がありました。

その回で紹介された美容師夫婦の建てた家は、建築素人の妻が家の設計をして建てた家でした。それに遼河はるひが食いついた。

設計したのが素人と知る前から、家に入った時から彼女はくいついていました。いつもとは違う熱量だったのが印象的でした。気に入ったんだなあと誰もが思ったでしょう。

そして見終わって、遼河はるひが言った言葉は「この家を真似しよう、このままの家が欲しい」でした。

そこまで?私は正直思いました。

おそらくその場に立ってみないと見えないところがあったんだと思いました。

個人的には今まで番組で紹介された家の中にはもっと素敵であこがれる家はたくさん出てきていました。でも彼女が食いついたのはその家だったんです。

その後も毎週、建築にこだわりがあり、趣味にこだわりぬいた家が紹介されていきます

そしてある回で二階にプールのある家を紹介したときのことです。

その夫婦の奥様が中国人だったためでしょうが、どの夫婦も濁してきた「住んでみての失敗点」のコーナーで、彼女は住みにくくて不満ですとはっきり言ってしまいました。

やはりデザイン性を追求すると住みにくくなるのか……、そう思いながらも、あの美容師夫婦の家を思い出していました。

そして、すべてバラバラだった事象が突然ぽんと腑に落ちた。

陳腐言い回しだがパズルピースがはまるように突然わかりました。

それは理由としてはごくごく当たり前のことでした。

普段家事をしない男がデザインした家が住みやすくなるわけないだろう」。

いわんや、「士業の男」をや、です。世の中建築デザイナーの妻が10歳以上年下で専業主婦でなかったためしがありません。そこに見える男のロマンといわれるような傲慢思想ブラジャーを作っている大手企業幹部が全員男だった時と同じ構図です。

主人よりずっと長く家に住む女子供を思いやれる建築士の顔が浮かびません。彼らは良い服、靴、時計自分趣味に興味があるだけで、妻や子供自分の家にも住まわせてやってるという意識が働いているのです。代々木上原にあるような賃貸デザイナー物件などに至っては「俺の設計した賃貸に住まわせてやるよ」という傲慢が見えるようです。

彼らの設計する家は、デザイン性によって生じる利便性の悪さをすべて自分居住区以外に押し付けており、表から見える場所はきれいでも裏方がぞんざいです。

子供部屋は狭く、暑かったり寒かったり、子供が大きくなったら壁を作って狭い部屋をさらに二つに、とリビング二の次、三の次の扱いです。私が子供なら成長につれ狭くなるような子供部屋は嫌です。

そして自分のこだわりのために毎日家で長時間家事をする妻の動線無視されています自分の金をつぎ込みたいところにつぎ込み、自分が使わない場所への節約が顕著にでた家の数々。そんなもの「家族」にとって住みやすいわけないのです。

そしてデザインに大きな権限を持つ建築主はこう言った番組で必ず言うセリフがあります

キッチンは妻の希望に任せてこのようにしました……」

丸投げなのです。そして換気扇が恐ろしく遠い位置だったり、キッチンの規模に対して小さすぎたりするのです。料理をしないからわからないのでしょう。

日中は家におらず家事なんかするわけない、家事がどういう流れで行われるかなんて考えたことも実践したこともない人間が、特に家事労働時間の長い家族の住み心地になんか元より考えられるわけないのです。

彼らが立てているのは実物大玩具プラモデルなのです。

家の建築士には家事労働時間の長い人こそがなるべきだったのではとおもいました。(日本では女性になるでしょう。)

いわゆる男の特権職業。それが家の建築なのだなと諦観とともに腑に落ちたのでした。

2020-01-12

成人式に行かなかった

今日は1月12日。令和二年成人式が開かれる日だ。成人式って、なにも成人の日に開催されるわけじゃないんだな。まさに今年度に成人を迎えた人間なのに、そんなことすら知らなかった。お察しの通り、成人式には出ていない。

理由はいくつかある。昔の知り合いに会うのが面倒くさい、当時付き合ってた仲の良い友人には別にいつだって会える、そもそも式に着ていくスーツを持っていない、高校卒業してからニートをやっているのでなんとなく気恥ずかしい、など。

どれも言ってしまえば、すべて俺の社会不適合性に由来するものだ。

「類は友を呼ぶ」のことわざ通り、俺の周りにも社会不適合者みたいなやつばかり集まってくる。成人式が近づくにつれて、自然とその話題になったときだって、みんな「面倒だしどうすっかなー」なんて積極的ではなかった。

内心ではそれを聞いて安心していた。成人式なんて別に行かなくたっていいよな、と。

さて、前述したように本日成人式。蓋を開けてみれば、案外俺の友人たちも式に参加していたようだ。というか、本当に出ていないのは俺くらいのもんだった。

普段と同じように昼間に目が覚めて、何とは無しにスマホを開いてみると、そこにはLINEの通知がいくつか来ていた。

「お前成人式来ないの?」

俺はそのメッセージ今日成人式だと知ったよ。と、思ったことをそのままに返信した。寝耳に水とはこのことだ。

朝飯(昼飯と言った方が適切か)を食いながら、俺は考える。そういえば、あいつらと過ごした中学生の頃も、似たようなことを感じた覚えがある。

定期テストだ。

定期テストといえば「やべー、俺全然勉強してねーよ」でお馴染みだが、俺もクラスメイトと同じように、紋切り型のそのセリフテストが近づくたびに口にしていた。俺はバカからみんなも勉強なんてしていないのかと思い込んでしまったが、マジに勉強していないのは俺だけだった。

だけど、思えばみんなが裏で勉強してることなんて、本当は俺だって気がついていた。気がついているくせに、「みんなも勉強してないか大丈夫だろう」なんて、浅薄安心に浸っていたくて、それに気付かないフリをしていた。

中学卒業してから五年も経つのに、ガキっぽいところは変わっちゃくれないんだな。その歳月で俺が得たものと言えば、そういった自分ダメさを素直に受け入れる諦観だけだ。子ども大人のしょうもない部分だけを継ぎ接いだのが20歳の俺だが、もはやそんなことすらも「どうでもいい」と受け流せる。

そう、思っていた。

揺らいだのは、飯を食った後に再びLINEを開いたせいで、もっと正確に言えばそこに送られてきた一枚の写真のせいだ。

仲の良かったグループが集まって撮った写真。そこに、当時好きだった女の子が写っていた。

固まった。振袖を着たその子を見て。そして、(遅れて気が付いた)同じく振袖スーツを着た友人たちを見て。

みんな俺とは違って、これまでの五年間、時間の流れにきちんとしがみついて生きてきたんだな。我に帰るとそんなことを悟っていた。

どうして成人式に行かなかったのだろう。俺は時間の流れについていけなくて、途中でドロップアウトしてしまったけれど、もしかしたら再びその軌道に戻るための、最後のチャンスが今日だったのではないか

なにより、この機会を逃したら、もうこの先の人生彼女に会うことは二度とないのではないか別に今まで引きずって生きてきたわけではないけれど、中学卒業して別々の道に進んだあと、俺は誰かを好きになることすらなかった。だから、なんとなく、一度でいいから会って他愛もない話をしたかった。

それが可能最後の日を、俺はみすみす逃してしまったのだ。

一人だけ本当にノー勉テストを受ける羽目になったり、成人式に行かなかったり。

俺はこの先の人生でも、緩い安心に浸るために目を背けた現実のツケを背負い続けるのだろう。

不吉な予感を抱えたまま、俺は今日も一人で暗い天井を見ながら、飲めるようになった酒に口をつけている。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん