「ワンパンマン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ワンパンマンとは

2021-06-14

anond:20210614195208

「その世界の中では絶ッッッッ対に強い」と「あらゆる架空作品と比べても設定上強い」ってのとではまた違うんじゃないか

サイタマとかワンパンマン世界の中ではダントツで強いけど、あくま人間って考えたら限度はあるだろうし

(まあ宇宙行ったようだからだいぶ人間離れはしてるが…)

つーか最強スレって知らん作品だと設定だけ並べられてもよく分からないんだよな

anond:20210613184110

脇役だと使い方が難しくて色々制限がついたり消化不良になりがちなやつだな

いっそ主人公にして無双させると案外成り立つっていうの、ワンパンマンとかなろう小説とかではあるな

2021-06-02

anond:20210602093000

近年の海外ファンタジー洋書)その2


海外ファンタジーに関する情報収集なんだけど、それ系の海外ブログを見るか

日本でも翻訳が出ている(出てない?)マークローレンス(Broken Empireとか。個人的にはBook of the Ancestorシリーズの方が好き)が主催している(?)らしいSPFBOという賞を探してみると自費出版系の作品を見つけやすい。

あと、よくよく考えたらイマイチ作品を紹介しても意味がないかもしれない。

ものすごく有名な作品ロビンホブのアレとか)は入れてないです。

【傑作!】
The Library at Mount Char(Scott Hawkins)

そもそも、なぜこんなまとめを書こうと思ったのか、いま思い出した。この本を紹介したかったのでした!!

Fatherと呼ばれる人物に集められた孤児たちは、彼の秘密の力を授けられる。

そのFatherが行方不明になり、Fatherの秘密が隠されたLibraryを狙って……

みたいな、あらすじとかどうでもいいから読んで。

主人公のCarolynは全ての言語動物言葉も含めて理解できる。

初っ端で出てくる登場人物の一人のDavid血液と髪の毛を固めたヘルメットかぶりチュチュを履いている殺し屋

ダークだけど、最終的には昇華して終わる感じ。

ちなみに作者名検索するとLinuxがどうのこうのとかApacheがみたいな本が出てくるけど、同一人物らしい。


おすすめ
The Fire Sacraments シリーズ

「The Chathrand Voyageシリーズの作者 Robert V.S. Redickの新シリーズ。まだ二冊しか出てない。しかし読んで損はしない。

一巻目の「Master Assassins」はカバーエピックファンタジーっぽさもあって、ちょっとD&Dや剣と魔法もの勘違いちゃうんだけど、読んでみると全然違う。

内容には触れないけど、「殺し屋に間違われた二人組の逃走劇」と聞くと面白そうでしょ?

Chronicle of the Unhewn Throne シリーズBrian Staveley)

おすすめに入れるべきかはちょっと悩んだ。

なぜなら、とんでもなく嫌な女(皇帝の子供3人のひとり)が登場して、主人公ヅラをするからだ。ちなみに、3人とも間違った決断ばかりします。


【まあ、そこそこ】
LightbringerシリーズBrent Weeks:翻訳でてる?)

この人の「Night Angel三部作は大好きだけど、これはいひとつ入り込めなかった。最初からスケール大きすぎて、ちょっとリアリティを感じなかったせいかもしれない。

でも完全に好みの問題です。

Wolf of the North シリーズ(Duncan M. Hamilton

It has been generations since the Northlands have seen a hero worthy of the title. Many have made the claim, but few have lived to defend it. Timid, weak, and bullied, Wulfric is as unlikely a candidate as there could be.

よく考えたらComing Of Ageが好きなようだ。

The Broken Earth シリーズ(N.K. Jemisin)

まだ2巻までしか読んでなかった。

とても文章が達者な人だと思う。その分一生懸命読む必要があるような。

独特な世界観。読んでて辛くなるかもしれないので好き嫌いが分かれと思う。

ここ20年くらいは、かなり捻った世界観小説が増えているようで嬉しい。

Chronicles of the Black Gate シリーズ(Phil Tucker

いちおう3冊で一通りの話は終わってるはずだけど、いま見たら続きが出ていた。

「A war fueled by the dark powers of forbidden sorcery is about to engulf the Ascendant Empire. Agerastian heretics, armed with black fire and fueled by bitter hatred, seek to sever the ancient portals that unite the empire - and in so doing destroy it.」

よくある光と闇の対決。

King's Dark Tidings シリーズ(Kel Kade:未完結)

「暇があればどうぞ」にするか悩んだんだけど、こっちにした。

なぜなら設定はつまらなそうなのに、読んでみたらなぜか楽しい、そんな作品なので。

ちなみに、設定は「完璧スーパーマンとして孤立した世界で育てられた男が、外の世界で大活躍する」というお話案の定、この完璧な男は女性気持ちが全くわからないという設定。とにかく女性関係以外は全て完璧なので、戦いで負けることはなく、むしろワンパンマン的な圧勝しかしない。その上、殺し屋ギルトや盗賊ギルトの長に簡単になってしまったりるする。すごいぞ、こいつ!

Solomon Creed シリーズSimon Toyne)

ファンタジーに入れていいんだろうか?現代物でミステリーなんだけどファンタジー要素もあり。

とある田舎町で人々が埋葬のため墓地に集まっていた。その近くで飛行機が墜落して消防隊が現場に向かうんだけど、途中で一人の男とすれ違う。男は記憶をなくしていた。

男は、さっき埋めたばかりの人間を助けるためにきた、らしい。

みたいな話。

 The Raven TowerSF「叛逆航路」で有名なアンレッキー

達者だわ、が感想

色々書くとネタバレになるけど、語り手は岩で、終始「Youは」って二人称で語りかける。ジャニーさんかな。小粒だけどなかなか。


【暇があれば、どうぞ】
Six of Crows シリーズ(作者の写真エキセントリックなことで有名なLeigh Bardugo)

とても評判の高いシリーズ。でも一巻でやめた。なんだかリアリティがないのである。やはり、ジュブナイルなのかな。

くだらない内容でも Will Wightの作品は楽しく読めるんだけど、何が違うんだろうね。

The Demon Cycle シリーズ(Peter V. Brett)

翻訳されていると思うので、入れなくていいのかもしれないけど読んだので入れた。

一巻はまあまあだと思う。2巻以降は耐えられなくなる。それが何かもう忘れてしまった。頑張って4巻まで読んだけど。徒労感だけが残った。

The Faithful and the Fallen シリーズ(John Gwynne

これも割と古き良き光と闇の戦い。

anond:20210602124112

わりと企画は進行してるんだよなあ。

君の名は」「ヒロアカ」「ワンパンマン」「進撃の巨人」…

まあ大半は実現しないのが常なんだけど。

2021-05-21

ワンパンマン

・最果てのソルテ

ブランクスペース

ジャンプ+以外だとこんなもんです

2021-05-14

anond:20210513152256

ワンパンマンは味方80~100敵150~200でわちゃわちゃ人間ドラマを積み上げてる所を

子供砂場の城を壊すように1000000で全部台無しにするための装置からちょっと違うな

2021-05-13

一人だけ格が違うトッププロが好きだ

一般人レベルが1~40くらい、プロレベルが80~100くらいの世界で、ただ一人だけレベル150くらいの化け物スコアを叩き出しているオーパーツレベルトッププロが好きだ。

ただ一人抜き出ていることがポイントで、基本的ライバルなどいない孤高の存在

F1ならセットでプロストの名前が挙がるセナではなく、全盛期のミハエル・シューマッハイメージ

全盛期の羽生さん(将棋)とか、全盛期のイチロー野球)とか、コピペになるレベル超人が好きだ。

そういう超人存在する競技は珍しいし、存在する時代も限られている。

あと、そもそも一般人普通プロレベルに大きな差がある競技だと、さらポイントが高い。

一般人1~40/プロ80~100よりも、一般人1~10プロ90~100の世界の方が超人凄さが際立ってくる。

そもそもプロ選手自体超人の集まりなのに、そこから更にワンランク上の存在ってめっちゃゾクゾクしない?

ちなみにこの手の超人萌えってなんとなくフィクションだと難しいような気がしていて、多分、超人のさじ加減が難しいのがその原因だと思う。

漫画とかだと簡単レベル200とか1000とか、なんなら100000とかの超人を出すのも容易い分、ついついやりすぎてしまうのがいけないんだと思う。(ex.ワンパンマン

一方で、仮に主人公超人に設定した場合レベル150くらいでは普通に強すぎて面白みがないし、ライバルを150にした場合には結局主人公がそのレベルに追いつかないと話が進まないので孤高の存在ではなくなってしまうというジレンマがある。

強いていうなら、魔人ブウ編で桁違いに強い超サイヤ人の中でただ一人超サイヤ人3に到達した悟空なんかは、割とイメージに近いかもしれない。

皆さんのオススメレベル150超人は誰ですか?

続き

https://anond.hatelabo.jp/20210514121053

2021-05-11

埼玉県のそこはかとないアホっぽさ

埼玉ってどうしてアホっぽいんだろう?

2ch時代の「さいたまさいたま〜」のイメージもあるけど、

あれもアホっぽいからこそあんAAネタになった気がする

県庁所在地ひらがななのもアホっぽさに拍車をかけてるけど、

ひらがなからアホなんじゃなくてアホだからひらがなになったような気がする

「翔んで埼玉」とかも、そのアホっぽさをネタにしてヒットしたらしいけど、

県民が一番そのアホっぽさを認めてしまっているところもアホっぽい

なんか埼玉出身の芸能人とかも軒並みアホっぽくない?

ワンパンマン」のサイタマとかも、多分アホっぽい名前にしようとしてサイタマにしたんだろうと思う

千葉とか神奈川全然アホっぽくない

よく千葉埼玉ライバル関係で語られるけど、

千葉は多分なんであんなアホとライバルにされてるんだって思ってると思う

でも埼玉はアホだけどかわいい 

いや、アホだからこそかわいいのか

そんな埼玉が好きだ

2021-05-06

anond:20210506172318

鬼滅の刃』の、太陽に弱い敵をみんなで寄ってたかってやっつけるって、ジョジョ第3部そのままじゃん。

DIO普通に能力バトルやって勝ってぶちのめした後に朝になって太陽消滅したってだけ。

鬼滅は最初から太陽以外で倒せないと分かってる敵を皆で必死こいて夜明けまで足止め作戦、で全然違うじゃん

所でマッシュル=ハリポタワンパンマン、は指摘しないのか

相当あからさまだと思うんだけど

ボコドラえもんベースのパロ漫画、ってのは「敢えて」だから指摘するのは野暮だけど

2021-05-05

[]ワンパンマンONE版)140話まで

数年前に100話ちょいのガロウ編がおわったあたりまで一気読みしてたけど、

久しぶりに最初からまとめ読みした

ガロウ編めっちゃながいイメージあったけどそうでもないなと

しろその後が長い

ネオヒーローがでてから展開遅いし、明確な終わりが見えないかマンネリgdgdがひどい

これまではどのお話も明確なボスがいたけど今回は違うから、いろんな方向に話が発散しがちでつらい

ソニックとかの過去がやっとおわったとおもったらこんどはジェノスのはなしだし

あーいちおうなんとか博士黒幕ってことになんのかな

あと神様

しっかし村田版のホームレスの強さみてて原作どうしてたっけって思ったらゾンビマンがあっさり倒してて拍子抜けしたわ

2021-05-03

[]

うひひひい・・・

スマホマンガをいっぱい入れてやったぜ・・・

いまから布団の中でニヤニヤしながら読んでやる・・・

連休から夜更かししたって大丈夫・・・

おっとその前にワンパンマン原作をもっかい全部再読してやろうかな・・・

ヒャアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!1我慢できねえええええええええええええ!

2021-04-10

ワンパンマン声優

はえなりかずきがやってるってマジ?

2021-04-05

作画アニメ、もしくは、綺麗なテレビアニメ2010-2021

Kシリーズ マナリアフレンズ 神撃のバハムートG 神撃のバハムートVS Lapis Re:LiGHTs 少女歌劇レヴュースタァライト 残響のテロル ヴァイオレットエヴァーガーデン ギルティクラウン ワンパンマン1期 進撃の巨人1-3 鬼滅の刃 呪術廻戦 モブサイコ GARO VL ラブライブ虹ヵ崎 ラブライブサンシャイン グランブルーファンタジー1 甲鉄城のカバネリ ウマ娘1・2 メイドインアビス 凪のあすから 色づく世界明日から ユーフォニアム 氷菓 yuri on ice SK∞ 強く風が吹いている Fate/zero Fate/UBW DRIFTERS チェインクロニクル 禍つヴァールハイトZ 幼女戦記 

 

ドロヘドロ Beastars プラネットウィズ ブレイクブレイド 銀河機攻隊マジェスティックプリンス 舞武器舞乱伎 宝石の国 

 

アクダマドイブ SSSSグリッドマン アクエリオンEVOL ダーリンインザフランキス 月がきれい 放浪息子 プリンセスコネクト 三月ライオン 魔法使いの嫁 魔女の旅旅 少女週末旅行 ハクメイとミコチ ゆるキャン△ ヤマノススメ 天体のメソッド 宇宙よりも遠い場所 TARITARI 花咲くいろは ウィッチクラフトワークス あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 ヴィンランドサガ キルラキル 血界戦線 輪るピングドラム メガロボクス タイバニ 蟲師 終わりのセラフ 青の祓魔師 ソードアートオンラインアリシゼーション 灰と幻想のグリムガル エ[]マンガ先生(萌) ハッピーシュガーライフ 盾の勇者 ((ヤマト2199(TV)、ヤマト2202(TV)))

anond:20210329160130

2021-03-22

アニメの間の悪さ・良さ

ふと気になったアニメしこしこ孤独に見ているオタクです

いま毎週録画して見ているのは「進撃の巨人

ファイナルシーズンから制作会社が変わりましたね 作画原作寄りになり巨人CGになり……と変更点がありつつも、前作との違いを良い意味で感じさせるクオリティに毎週ワクワクさせてもらってます

ただ、今作になってからどうしても感じるのが、「間の悪さ」です

これ、長年感じつつもどう言語化していいのかいまだによくわかっていないので、わかる人がいたら良い表現の仕方を教えて欲しいなと思って増田に投げました

テンポの悪さ」は話全体の進行について言及していると思いますので、それとは違います

ただただ「間が悪い」んです

話を進撃に戻しますが、前作までは特に感じなかった「間の悪さ」が今作どうしても引っかかるんです

そのひとつひとつは魚の小骨より小さいもので、いちいち気にする方が神経質なことは間違いないのですが

全体的なストーリーの流れ、各話ごとの話のボリューム、印象的な場面の切り替わり、それらはとても良いんです あの原作の難しさをよくまとめたなと感心しきりです

ただ、細部がどうしても引っかかります。これが自分の中で言語化できないが故に、もやもやが残るんです

映像作品特にアニメにおける「物語の間」を何というのか、どう表現したら良いのかわかる人がいたら教えてください


※以下全て個人的見解であり好みであり蛇足です

この「物語の間」というのは非常に大事ものだと思っていて、「物語の間」がとてもよければそれだけで作品を成立させることができるとすら思っています

その最たる例がギャグアニメで、印象強いのは「ボーボボ」、他に「ギャグマンガ日和」「カブトボーグ」「カッコカワイイ宣言「日常」カニファン」あたりですかね

最悪内容がわからなくても、勢いだけではなく「間の良さ」が完璧で笑いを生み出している、それで成立しているんです

「間の良さ」は場面説明を省く記号的な意味でもよく使われると思いますので、男児女児向けアニメにもよく見られると思います

また、「間の悪さ」でいうと、最近だと「鬼滅の刃」が最悪だと感じました (disりたいわけではありません、アニメ面白く見させてもらいました)

全てではありませんが、ぼんやり覚えているものをまとめておきます

間が良いと感じたアニメ
間が悪いと感じたアニメ(※面白さは別です)

2021-02-20

なんか意識高そうなサイトに出てくる奴

ダイバーシティ表現してるのかわからんが、必ず黒人(深すぎない黒)で髪が巻いた感じのパーマで若めの女いない?なんか人種イメージ固定化してるみたいだなぁって感じる。みんなああいう感じなの?って。

ワンパンマン黒人が唇厚くて叩かれてたけど、なんでこっちだめであっちはいいのか意味不明

2021-01-27

Android 超絶オススメアプリ

Androidプレイストアを漁るのが趣味と言っても過言ではない。

そんな俺が厳選して入れてるアプリを紹介する。

セキュリティとか考えずに数百入れては消してを繰り返しているので、隠れた神アプリもあると思うので、見てみて欲しい。

まずはスペック

35歳会社員底辺月小遣い4桁円、嫁あり子なし結婚2年目、レス1年半。

旧型ミドルレンジスマホ

Ymobile Android one x4SH Android10

CPU SDM630(オクタコア)2.2GHz +

容量 1.8GHz 32GB / メモリ3GB

アプリ、順は適当

adguard

神。野良定番広告ブロックアプリ。安いとき永久会員になった。これがないと安心してオカズサーフィンできない。

でもアプリごとの設定をうまくしないと支障が出る。広告前提のアプリゲームは外したり。一周回って要らないのかもしれない。

BitDefender

神。AntiVirusは一通り使って見たけど名前が知れてて無駄掃除機能とかなくて電池消費やメモリ消費が少なかったのはコレ。安心

App volume control

神。1つ1つのアプリ起動時、終了時で音量調整してくれるアプリ動画音楽とか爆音にしても元に戻るので安心。何故か電池消費はない。(何故か教えてエロい人)プロ版買ったけど買わなくてもアプリ5つまで設定可能なので十分だった。

feedly

いいねGoogleReaderから移行してずっと使ってる。もう少しスタイリッシュにならないものかと思うが…

FXplayer

神。シークレットモード搭載の動画アプリあん動画、こんな動画を隠し込める。分かりやすい隠し方なので意味ないと言われたら意味いかも。更新頻度高い。広告がウザいのがアレだが、adguard があるのでノーダメ

はてなブックマーク

神。よいしょしてるわけじゃないんだからね!

LINE

いいね。入れてない人はいないだろう。軽くならないものかと思うが、わざわざ野良LINEliteには手を出していない。

ジモティー

いいね。安く物を買える闇フリマアプリ。今でもひまつぶしに見たりする。引越し直後は重宝する。税金とかどうなってるんだろうね…

Murakumo

神。野良あん動画、こんな動画をよっこいしょするアプリ。ないと困る。

マジカミ R18版

神。野良プレイストアではなくDMMから落とすエロゲゲームは色々やったけど結局飽きたり、突然の忙しいプライベートにより辞めてしまう。

エロゲなのでゲームに飽きても続けられるだろうと見込んでる。なにしろエロい

特筆すべき点はデイリーミッション。大抵のスマホゲームはこれに30分から1時間掛かってしまう。義務感が生まれ時間に追われ辞めるパターンが多い、その点10分あれば終わるのは強い。開発者運営?分かってるわ。

自分スペックだと少し重いのが難。

なろう朗読

神。アニメ化作品アニメ予定の作品簡単に聴ける。通勤中、入浴中、イヤホンスピーカーがあれば余裕。快適。

Playゲーム

悪くない。Google公式標準搭載アプリゴミだと思って開かないでいたけど、中にマインスイーパソリティアが内蔵されててショートカット追加するとまるでゲームがたくさんあるみたいになる。暇つぶしに悪くない。

radiko

悪くない。定番ラジオが聞ける。これを飛ばした方が車で聞いたときにFMAMより音質がいい。

ワンパンマンびゅあー

悪くない。ONE村田ワンパンマンが読めるアプリ暇つぶしに最適。更新頻度が少ないのかONE版の最新話がリンクがない。ブックマークで事足りるので要らないといえば要らないけどあると嬉しい。

少年ジャンプ+

いね話題作が読める。暇つぶしに最適。コイン集めに広告を流さないと行けないのでadguard はオフ

Niagara Launcher

神。Launcherは色々試したけどシンプルなのが1番。電池消費や使いやすさを考えたらデフォQuickstepかなと思ってた。

激軽でめちゃくちゃスタイリッシュこれなら変えても良いと思いました。使いやすい。

ベータ版なのでセキュリティとか考える人はやめたほうがいい。プロ版は買ってない。

chooma float live wallpaper

神。自動生成で毎度チェンジしてくれるアプリ。飽き性なので壁紙が毎回同じだと嫌。少し動くのもいい。電池消費が気になる人にはおすすめしない。電池消費は表示がないのでどの程度違うか不明

同じ作者のchooma live wallpaperもデザイン違くていいよ。

銀行アプリ

通帳書込だとかキャッシュカードだとか使ってたけどアプリ入れたらこんな快適なのかよ。ってなった。

もう入れてないけど良かったアプリ

クリックアシスタント-オートクリッカー

ミニ四駆超速グランプリやってるときは入れてた。この手ので1番使いやすかった。

chmate

読んでたときもあった。

ひまつぶクエスト

神。この作者のゲームは恐ろしく面白い。一通りやったので除外。

アプリゲームは飽きたものや興味の無くなったものなので特筆すべきものはない。備忘録程度に残す。

2021-01-16

anond:20210115124411

お探しの漫画サイコミで読める

Tsuyoshi』ではありませんか?

時点で『ワンパンマン』をお勧めします。

2020-12-28

村田ワンパンマンの展開が心底気に入らねえ


 村田パンマンについてはずっと前から気に食わなかったけど、今回最新話でのタツマキとブラストの邂逅のシーンで完全にキレたわ


 まずこのブラストの登場シーンが背景ホワイトになってるのが気に食わねえ。ここは、村田意図的原作との方向性を変えた部分だと思う。

 原作においてブラスト趣味ヒーローとしての役割を貫徹する一種の異常者として描かれており、一種ダークヒーローとしての役割を持っている。一方で村田パンマンにおいて、ブラストヒーロー化身として全てを救済する完全な理想図、言わばヒーロー青写真として描かれているのだけれど、はっきり言えばこれは村田解釈の逸脱である上に、「とりあえず原作とは方針逆にして攻めてみました」くらいの浅い作品理解が見え見えになってて辛い

 まず原作ワンパンマン106話におけるブラストセリフ「いざという時に誰かが助けに来てくれると思ってはならない」を、村田は、「強者の心得として」という(余計な)一言を付けてダウングレードした解釈を行っている。

 ちがう。全然違う。

 第一に、原作ワンパンマンにおいてブラスト純粋に異常者なのである主人公サイタマがそうであるように、ブラストは一介の人間趣味ヒーロー活動をしているに過ぎず、その精神根本には「趣味楽しいからやってる」という以上の信念が存在していないことは、原作最新話に至るまでのサイタマ発言を見れば一目瞭然である。そして、ポイントはサイタマにせよブラストにせよ、自身一種の異常者であることを自覚しているところだ。そう、普通人間ヒーローに憧れて自分を血反吐ぶちまけるまでに鍛え上げて怪人とタイマンで戦ったりしないのである。誰かを助けるためにスタコラ駆けつけたりしないのである。じゃあ何でそんなことをするのか、ヒーローとしての義務感があるのか? 誰かを助けなければならないという強迫的な使命感に促されているのか? 違う。「趣味」なのである

 そんなあやふや精神条件において何年ものヒーロー活動を行い続けることができているブラストとサイタマ根本的に異常者なのであり、また、サイタマ自身が述べているように、そのような常軌を逸した行動の反動として、そもそもサイタマ自分自身空虚さを日々感じているのだ。強くなりすぎてしまった、と。


 その辺の解釈が全く村田パンマンに通っていないことに俺は以前からかなりの怒りを抱いていた。勿論、村田イラストレーターとしての技術画力業界随一のものであることは確かなのだけれど、彼はそもそもジャンプ編集部から何故自身原作作画双方を担当する漫画を任せてもらえなかったのかを根本的に理解していない気がする。そう、作品理解構成根本的に浅いのだ!

 多分村田雄介という漫画家は努力と才能の二本の柱によって自己ブラッシュアップしてきた人間から、ある種の才能の無い人間葛藤とかそういうもの無理解なんだろうなと思う。ある種の人間の心の動きとか細かい心の機微といったもの無知なんだろうなと思わざるを得ない。才能がある人間特有浅薄さが彼のアイディアからは漂ってしまう。彼にはそういう意味編集から仕事を受け渡しづらかったんではないかと思う。ハァーーーーーーーーーー。

 とりあえず一番最初違和感を抱いたのは「海人族編」である。同編のクライマックス自分の腕の中に倒れ込んだ無免ライダーに対して、サイタマがポツリと言うシーン。

「よくやった ナイスファイト

 村田版と原作ONE版においてそのシーンの描き方の差は顕著である


 村田版:サイタマ笑顔で無免ライダーを受け止める。まるで部活コーチ選手を褒めるかのように。

 ONE版:サイタマは無表情に無免ライダーを受け止める。感情の動きは伺えない。


 この時点で二人の作品理解の深度が全く異なっていることは明らかであるONE原作なのだから当然なんだけど)、そう、先に述べた通りサイタマ日常空虚を抱えているのでそもそも根本的には無免ライダーの奮闘に感動していないのである。それは、同編ラストシーンにおける「つまんねえな、今回は期待したんだけど」というセリフからも明らかである

 村田に対して言いたいのは、何でそんな感情豊かやねん、という話である。勿論、これと同趣旨ツッコミは散々浴びせられてるだろうから村田にとってはこういう意見は今更なんだろうけれど。でも、それにしても作品解釈が雑すぎんかね? という話なんです。

 他にも、同場面において、背後から一撃を加えたにも関わらず何らダメージを受けたようには見えないサイタマに対して、海人王が沈黙の後に名乗りを上げるシーン。ここも明らかに原作意図を掴み切れていない浅薄描写となっている。本編において海人王はサイタマ生物としてのポテンシャルの高さを如実に感じ取っており、やや苦戦したジェノスと比較してさえなお「今までのゴミとは明らかに違う」と述べている。このことからして、海人王はこの時点で自身の敗北を些か覚悟していた可能性が高い。その上で、これまでどのヒーローと相対した時にも発さなかった「名乗り」を上げるのである

 つまりこの名乗りは、自身の敗北の予感を覚えつつも、目の前の強者推定)に対して敬意を表した「名乗り」だと言えるのだ。自分と同等かそれ以上の生命体を目の前にして、戦闘を開始する前に礼儀を尽くそうとしたのである敵役ながら天晴な心理描写に俺は感動してしまっていた。でも、当然ながら村田パンマンにおいてはそのような感情機微が捉えられている様子はない。ガッカリ


 そういった村田パンマン原作との齟齬は全体的にはそれほど多くないものの、時折というペースで伺えてしまうのである

 例えば地獄のフブキとサイタマ最初に邂逅するシーン。フブキは戦闘においてナイフを取り出しサイタマに切り掛かる。その目尻には涙が浮かんでいる。

 この涙は、フブキのナイーヴさの表現であることは明らかなのだけれど、その解釈ONE村田では幾分異なっているように見える。


村田版:子供自分の願いを聞き届けられなかったかのような悔しさを滲ませた涙

ONE版:目の前の相手に対する恐怖、そしてナイフという直接相手を傷つける武器によって相手殺傷することへのストレスを含んだ涙


 やはりこの描写からも二人の作品に対する深度の違いが現れているようでならない。村田普段仕事はきちんとしてるんだけれど、こういう見せ場みたいなシーンでしょうもない解釈ドヤ顔ブツけてくるからホント辛い。上記の通り、フブキはナイーヴであるため根本的に他者を傷つけることにストレスを感じていることが前後の流れから読み取れる。更には、相手武器で傷つけてまで自分地位を守ろうとすることへの葛藤さえもその表情から伺える。一方で村田……ヘイ村田

 上記の通りフブキの涙についての解釈が、その表情に関する解釈が、村田パンマンには希薄であるように思われるのだ。

 というわけで作品解釈がところどころ浅いっつーか、キャラクター人格根本の部分について村田は読み違えているように思えてならないのだ。いやまあ大体は大丈夫なんだけど、原作ファンとしては「ここが見せ場!」ってなってる場面でやらかすのが村田って感じなんだよな。例えば無免ライダーナイーヴファンボーイ的なキャラクターとして描写してるきらいが村田にはあるけれど、無免ライダーヒーローに対して明るい観念ばかりを持ってるファンボーイじゃなくて、ヒーローとしての自分への失望とか周囲の人間自分に向ける視線への恐怖(タンクトップタイガー発言「C級1位の座寄越せ!」などに代表される)と日頃戦っているキャラクターの筈なのだ。つまり根本的に暗くて弱い人間の筈なのだ。それでも、信念に従って倒されても立ち上がって戦い続けているから彼は魅力的なのだ

 なのに村田ときたら無免ライダーのことを「スパイダーマンに憧れたのでとりあえずスパイダーマンコスプレしてみた」的なファンボーイとして描いている。ハァー、バカチンが。


 まあ勿論繰り返すように全体は丁寧で、仮に褒めるとすればボロス編とかは全面的に良かったと思うんだけど。でもところどころやらかしてんだよなあ村田は。

 長くなったけど今回の最新話での蛇足描写もそうで、「強者の心得として」っていうセリフはいらなかったの。

 これは俺の作品解釈なのでONE想像と合ってるかどうか分からないけれど……、恐らく「いざという時に誰かが助けてくれると思ってはならない」というセリフは、根本的にブラストの優しさと厳しさの混じったセリフっていうところは当然村田解釈しているのと同じなんだけど、根本的にそこには齟齬があるようでならない。

 つまりあのセリフは「人を助けるってことは普通人間にはできない」という意味が籠もってると思うんだよな。

 だから普通人間にはできないことを期待しちゃいけない、って意味なんだと思う。そしてここで述べた解釈もまた表面的な解釈に過ぎず、裏を返してみればブラストが言いたかったのは次のことだろう。

「人を助ける人間は異常者だ」

 ってこと。

 繰り返すように、ブラスト趣味ヒーロー活動をしている自分の異常性について幾分自覚である。「普段は働いていて、これは趣味なんだけどね」と原作において付け足している部分からも明らかであるように、「自分はこんな異常者じみた活動をしてるけど、普段普通社会人なんだ」という、既に解消され消化されたであろう葛藤の、単なる痕跡としての「後ろめたさ」を匂わせているのである。そう、ヒーロー活動なんて本来は異常者の行うことなである。サイタマしかガロしかり、本当にヒーロー活動に真面目に取り組んでいる連中なんて皆まとめて異常者なのだ

 そしてブラスト自己意識においてもソフィスティケートされているので自身の異常性を認識している。彼はこう言う。「(自分ちょっとおかしいか趣味の一環で君を助けたりはするけれど、そうじゃない普通の人が君を助けることなんてまずないのだから、)いざという時に誰かが助けてくれると思ってはいけない」と。そしてここには更に裏の意図が込められていて、つまり「誰かを助けるなんてことを考えるのは、誰かに助けてもらいたいという弱者の望みを叶えようとするのは、根本的には異常者の仕事だ。君が、そういう弱者の望みを叶えたり、あるいは、『誰も助けになんて来てくれないのが普通の世の中』に対して忸怩たる感情を抱いているなら、君自身が異常者になって、つまりはただ助けを待ち望むだけで誰かを助けることのない普通人間から抜け出して、誰かを助ける側に回るしかないんだよ」と。


 ブラストはそういうヒーローなのだ。異常者としての、しかしサイタマガロウと同じく善なる傾向を持つと同時に、冷徹感情をも持ち合わせるダークヒーローであるのだ。その辺のしっかりとした解釈を、村田自分仕事に持ち込んでもらいたい。以上一読者から意見でした。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん