「スタンス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スタンスとは

2020-07-13

anond:20200713161146

スタンスに迷ってる程度でイラつくなんて言われると思ったらそりゃあ気が弱い人なら煮え切らなくもなる

ポリコレ全面的に賛成みたいなスタンスの人よく現れるけど

具体的にポリコレの内容全部把握してるの?

ミスターミスみたいな表現はやめましょう」とか

メリークリスマスは言い換えましょう」とか

「あの生物学名差別用語由来だから別の呼び方しましょう」とか

言葉狩りみたいなのが無数にあって把握して対処するの凄い大変だと思うけど、把握できてるの?

理念自体には賛同できるが現状ポリコレ対象になってる要素には大分精査が必要」くらいスタンス限界じゃない?

ネタより怖い地雷

まず、私は死ネタが嫌いではない。

しろ好んで読むことすらある。

人によって作品確信や結末にあたる【ネタ】部分は心に刺さることが多い。死ネタ地雷として表現されることが多いと考えてタイトル表記した。人それぞれ、地雷とされる【ネタ】は様々だと思う。取捨選択して、素晴らしい二次創作ライフを楽しんで欲しい。

もしも、作品に注意書きがなく、自分の思う内容ではなかったとしても、目くじらを立てずスルースキルを発揮する力を養うべきだ、と。そこそこ長くオタク腐女子経験した身としては、蚊帳の外からそっと思っていた。

今回、どうしても、どうしても、言葉綴りたくなってしまった。

私だけが?と思う推しキャラクターを巡る世の流れや趣向の違いを飲み込めない意固地なオタクだとわかっているのだが、やるせない孤立感が大きい。

私の推しキャラクターは、唯我独尊タイプだが信念のある支配者然とした男性キャラクターである。知性も理性も備えている。また、彼自身遊び心も持ち合わせており、絶え間なく変わる姿に心の底から引き込まれしまう。正直、作品の中で、1・2を争う完璧生物であり、私の語彙程度では正しく表現できないことが悔しいが男前キャラクターに分類されると思っている。

当然のように、支えている部下たちも一流の男たちである完璧仕事ぶり、所作言葉使いまで、各人員が要所に個性気品があると思う。

かなりこの方々は人気がある。

私は推しキャラクターには多大なる恩義があるので、もう一生推す・この人で最後、と本気と書いてマジで思っている。盲目であることを許してほしい。

別の機会に、かの推し人生救われた話も書きたい。

ここから少し推しを巡るカップリングの話をしたい。私の推しキャラクターとその側近のような部下がいる。人により捉え方は変わると思うが、複数人いる部下の中で、この2人だけ作中で別次元の描かれ方をしていたように感じた。ここにストンとおさまってしまった腐思考の方々も多いのではないだろうか。実は、私もその口だ…

そんなあっさり、おまえ。と思うかもしれないが、視覚と音の効果は絶大で逃れようがないんだ。世界中に見せたい、これできてるよな?と、10億人思うはず。

私はその推しキャラクターを単体で推して長いが、今までカップリングで考えることは、稀にある、程度の頻度であった。

推しキャラクターをとにかく彼らしく描いていて欲しいという願いを持っていたので、二次創作よりも公式に傾倒していた事もある。ここで書く彼らしいは、公式を逸脱しない設定でという意味で捉えて欲しい。それも、わたし個人主観によるものなので、人により解釈は変わるだろう。簡単に考えれば二次創作に重きを置いていなかった、公式最重視型オタクだったのだ。

でも、拗らせ方がひどい時期は


推しキャラクタートイレ行かないか


と、ここまでは流石に思っていなかったかもしれないが、人間活動としてのリアル事象はなるべく想像したくなかった。神様レベル信仰対象に限りなく近かったのではなかろうか。また、夢女子的な思考はなかったが推しキャラクターへ心酔に近い考えを持っていたために、ドリーム思想の方々とは相入れないとわかっていた。住む畑が違うならば耕さなければいい、ノータッチを貫いた。

そして当時から最近まで、確信的な推しえっちなシーンを想像するのはギリギリラインに留めたいという気持ちがあった。やってもいいけど直接的には見たくない。暗転希望、事後描写にしてくれ。反して、支配タイプの成人男性なのだから、女は抱いてていいと思っていた。

みたいものが少ないと判断していたためか、二次創作を進んで読むことは少なかった。


そして、

2020年7月現在、これは全く当てはまらない。公式からの新しい情報投下により私の世界は一変した。

部下(攻め)×推しキャラクター(受け)がめちゃくちゃ読みたい。毎日読みたい。沢山読みたい。朝起きてからおやすみまで読みたい。作中まだ幸せそうに見えない推しキャラクター幸せにしてくれ、部下!と願いながら広大なネットの海で神々の作品に溺れさせてくれ。

そして根っ子には腐った女を飼っているので求めるところは以下である

推しえっちなシーンメタクソ読みたい。

メタクソ読みたい。

洗浄からきちんと見させていただきたいですし、わたし、上に乗るのが好みです。

できたらステイさせられるのは攻めがいいし、女王然としていて欲しい。

貴方の優位は揺るがない。で、お願いしたい。

わたしは、えっちなシーンが読みたいんだ

これ。

今回、自分認識が変わり、二次創作を楽しめるようになった。ブームにのり溢れてくる作品群、雲が晴れたように私の世界は明るかった。とても喜ばしい日々が続いていた、自分作品をかきたいという気持ちもあった。少し前まで創作意欲も創作物にも触れる事が怖かった時期があったので本当に感謝気持ちで、推し五体投地して過ごしている気持ちだ。

しかし、気づいてしまう。

意識的に、自分が読み飛ばしているシーンが、だんだんと、だんだんと、増えていくことに。

その頻度が増えていることに。



推しキャラクター(受)を、

軽率呼び捨てにする部下(攻)



これだ。

まりにも唐突に、コーヒーいれたよー!みたいな感覚呼び捨てにされる推しキャラクターと、唐突呼び捨てにする部下という図に思考回路が追いついていなかった。

頭の中のシナプス伝達が出来てない、言語中枢が真っ黒に塗りつぶされたのか、拒否してるとしか思えない。視覚からも受け付けてはくれない、意図して目を滑らせる。これは、これはダメかもしれない…のみこめないのだ。素直にびっくりしてしまった。

繰り返すが【呼び捨て行為】の話だ。

わたし革新的苦手分野は、この推しに関してこれだったのだ。

私は、オタクとして自覚もつ頃には、読めないものが少なかった。漫画小説もとりあえず読んでから考えるスタンスで生きてきた。そして、殆ど多様性をもった【ネタ】として別時空のキャラクター達として読み進めることができた。ハッピーエンドもバッドエンドもそれぞれの解釈を楽しむことが作者の世界観を知り楽しめる、そこに幸せを感じていた。

勿論、記憶に残らないものや、私には難しいかもしれないという世界観もあったがそれほど気にせず受け流していたのだと思う。

わたし二次履修背景からしてこんなことになるとは思わなかった。しかしながら今回に限り頭の中を占めるのは、

推しキャラクター呼び捨てにするという身に余る行為軽率にしている部下。

なぜか?という疑問が拭えない。なんでなんだ部下…なぜ敬意を払わない。お前にとって、唯一無二のお方ぞ。

(わたしは冷静ではないので、細かな前後描写文脈から作者の意図を汲み取ることができない、また読み返してもできる自信がない。)

補足をしておきたいが、全ての部下→推しキャラクター(上司)への呼び捨て行為が受け入れがたい訳ではなかった。

ストーリーの流れで呼び捨て行為スムーズまたは、必要とされれば受け入れられた。

そこに至る設定というのはとても大切で、呼び捨て行為スイッチ理屈があることが重要な鍵となっているようだった。


人によって、なんとないことかもしれない。名前の先に付ける敬称が無いだけだ。

しかし冷静になれない内なる過激思想体が騒ぎ出す。

推しの事を呼び捨て行為について、部下は許しを得ているのか。

不敬であろう、なんて、不敬なのだろうか。

そもそも部下はこんなことをするだろうか。そんな信念でお仕えしているのか、望むだろうか。

推しはあっさりと呼び捨てることをさせるだろうか、高貴なあなた!?

いや、無理だなぁ涙涙涙


過激な日陰オタクの心は狭い


しかしながら、界隈の流行があるようで、ポンポンポーンとお名前を呼んでいる部下。

呼ぶにしても、推しから許可や切羽詰まった懇願をしてからにと切望してしまう。推しキャラクターは受けだが完全生物なんだ。オメガバ○スならαだろうし、セクヒ○スなら重種だ。マーメイドかも。メタくそ美しいんだ世界が傾く美貌なんだ。


ひとり四面楚歌に立たされている中、追い討ちをかけるように、客観的作品への同意マークが増えていくことが不可思議でならない…みんな呼び捨て呼称は気にならないのか、この方をあっさりと名前で呼んでいいの…様つけないの…

自らの中に警備員を飼っていたことにも驚愕し、同時に作品創作してくださった方への罪悪感や裏切られた気持ち、受け入れられない自分への失望が一気に流れ込んできていた。相反する感情で潰れそう、きつすぎる。

ただ、推しキャラクターが好きでたまらなくて、カップリング趣向を楽しめるようになったのに、このような感情を持っている自分への悲しみ呆れ。でも、やはり受け入れられない真理。

萎えるのだ、受け止められない。呼び捨てるという行為を見た瞬間に、サッと血の気がひく、どんな行為最中だろうと冷静さを取り戻してしまう。その後には、怒りすら覚えてしまう。どうしようもない…


そして、恐ろしいのがこれは記載される可能性が低い、無いだろう地雷なのだ

私自身は作品を読むうえで地雷を気にしたこと殆どない、読んでから考えるタイプだった。対して、過去自身創作に関しては慎重で注意記載は多すぎる方だった。だからわかる。


注意 (キャラクター名)が呼び捨てされます


という至極丁寧な記載をしていただけるだろうかと言えば、私にはそこまで求められない。小説ならば数千数万の作品を書いてくださる偉人たちにそこまでさせるか、と言えばできない。自身も攻めが受けの呼称を変えますと、表記したことはない。もしかしたら、私も誰かの脳にダイレクトアタックをキメていた可能性もある。なんてことだ。


自営したいのに、とても回避が難しいことに頭を抱えている。

つらいつらいつらいつらい。

えっち推し小説が読みたい

読みたい!!!なんでこんなに面倒なことになった

素直に推しえっちシーン読めよおおおお!拗らせないでくれマイブレイン

でもやっぱり呼び捨ておがじぃ!

冷静では無い。

素晴らしい作品出会い読み進め、いざこれから本番です。きたきたきたあああああ盛り上がってまいりましたっ!という時に突如として推し呼び捨てされる行為、いともたやすく行われるえげつない行為

すべてが止まる、静寂が訪れる。

心の男根沈黙する。ああ、終わった。

まだ私のシナプス伝達は仕事をしない

腐女子ポリコレ支持するのは矛盾」の増田同意できない

私は男性向けエロ女性向けも嗜む雑食オタクポリコレ支持者だけど、別にBLは全部18禁になったっていいと思ってるよ。

BLって誰が判断するんだっていう話はまた別の話になるけど、例えばオメガバースとかね。ああいう設定が入ってたらエロ無しでも18禁BLコーナーに置けばいいと思う。

それでBL文化のもの死ぬって理屈がわからない。だってBLって元々現実同性愛を描いたものじゃなくて、BL好きが男同士の恋愛性愛を都合良く楽しむためのものから、コソコソ楽しむものだという考えだし。二次創作も多いしね。見たくない人の目に触れさせないのは当然のマナーというか、自衛だと思う。だからSNSで同志と繋がりたければ隠語を駆使したりするのであって。むしろ全部剥き出しにして、ポリコレと真っ向から戦うスタンスの方が「自殺/自傷」しにいってる感じがある。もちろん増田寄りの考えの腐女子が居てもおかしくないけど、私は自分の考えが矛盾してると思わない。

BL嗜好を全開陳して許されたい腐女子が、BL以外の趣味嗜好に関してポリコレで縛れって主張するならそれは矛盾だし都合がいいけど。

それと増田が挙げてる海外の例って、全年齢全世界向け作品の話じゃない?

私は日本人女性だけど、アジア人女性男性にご奉仕する系のAVがあっても構わない。でもそれは18禁かつ注釈(これはフィクションです、実際の〜)がついていてほしい。そしてもしハリウッドマーベルDC作品日本人が常にチビ出っ歯釣り目の瓶底眼鏡として描かれていたら(それが皮肉批判文脈ではなく普通のこととして描かれてたら)、多分抗議する。

それは偏見ステレオタイプ助長するものから

トラバで「ムスリムの例、喩え下手じゃね?」って書いたのは私なんだけど、繰り返すと、ポリコレって「世界はいろんな主義・主張・思想宗教の人がいるし、年齢・性別国籍職業と色々な属性もあるけど、とりあえずそれぞれを毀損しないようにしましょうよ」みたいなことじゃん。だから政治的」正しさなのであって。

英語SNS掲示板を見ても、ポリコレにおける「コレクトネス」って当然一人の意見で決まるわけじゃないし、お互い批判したり説明したりしてるけど、基本は「差別偏見は無くそう」のスタンスから、それと正面から戦っても負け戦では?と思う。だってそれは創作を無制限に楽しむことより優位な社会的倫理だし。

から根本から突っぱねるより、ちゃん議論に参加した方がいいと思う。

2020-07-12

日本沈没2020というネトフリアニメが物議を醸してるらしい

ネトフリアニメ嫌いだから日本沈没2020もみない。

なんでも日本沈没パニック状態になったとき民衆描写がひどいとネトウヨ的な人達に反感を買ってるらしい。

その描写人間の醜さが強調されたものらしく、ネトウヨ的な人達にとっては日本民度を貶されたと感じたらしい。

この点で筒井康隆などの旧来からSF作品が引き合いにだされていた。

筒井康隆小説作品基本的文体から虚構感を十分に出している点が特徴だ。人間の凶暴性や情念猟奇性や変態性を戯画的に誇張して出しているという作者のスタンスがすぐによくわかる作家である

日本沈没2020の湯浅政明監督過去作品ケモノヅメなど)をみればそういう戯画的な強調を傾向のある作家であることはわかる。より客観性を持ちやす現代リアリズム系を基調とした系統アニメであり日本全体を舞台としたパニックムービーいう娯楽的な映像作品としては虚構戯画化というよりドキュメンタリー的な表現として受け取られる余地が大きかったのかなと思う。

anond:20200712221129

そういう人らって「自分の都合で好き勝手言う」っていうスタンス一貫性があると思うんだけど

なんかい表現いか

星井美希showroom配信が素晴らしかったので書き殴る

 良かった話しか書いてないが声優の話もするので注意。

 はーーーーーーー良かった。年甲斐もなく泣いてしまった。

 

 いやアイマスMR ((横浜DMM VR THEATERで開催されていた 「THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC GROOVE」のこと)) 自体は1stの真回見てたんですよ。

チケット余ってるな~765AS大丈夫(笑)と思ってたら初回見たP達の口コミが凄くて、なんかヤバい気配を感じて片道5時間運転して行って、

正味1時間見てすぐそのままトンボ返りしたけど高いチケ代に見合う価値は十分にあった、むしろもう一度真に会いたい…と思うぐらいにはMR感情を揺さぶられていたので、

アイマスMR凄さは十分に分かっているつもりだったんですね。

 

 ただMRってあのクッソ狭いDMM THEATER((DMM THEATER 狭い狭い言ってるけどすごく良い箱でした))に純度高いPが密集しているからこそ成り立つ空間だとも思ってたんですよ。

星野源アイマスを『皆で嘘を作っていくうちに嘘が嘘じゃなくなっていく感じがすごい好き』って表現してくれてたけどもまさにそれで、

アイマス宗教と良く言われるが本当にその代名詞に見合うだけの揺さぶりと多幸感をくれるわけですよアイマス教は。

 

 MR STAGEについて言えば、その場にいる全ての人間765プロアイドル実在する/実在させたいと心から100%願ってその空間に向き合うからこそ、その場にアイドルを顕現させられるワケで。

こう書くと本当に神を降ろす宗教儀式めいて見えるが実際その通りなので仕方ない。知らない人間から見ればアイマスPは全員狂人なのだ

 

 だからSHOWROOMで美希の配信やるっていった時、コロナ禍でMR中止になって美希だけがMR舞台に立てなかったのが悲しく本当に落胆してたので心底喜んだんだけど、

それと同じくらい不安だったのよね。DMM THEATERのようにクローズド空間じゃないから万一失敗した時取り返しがつかないし、

なまじ全世界配信からMRの時のように100%善意のPじゃないお客様(蔑称)も当然来るだろうし、MRの時みたいにあの狭い劇場臨場感で脳がバグる地形バフも効かないだろうし、

しかMRじゃない生配信って形態も初めてだし、MRの時でさえ試行錯誤してたのに本当に大丈夫だろうか…?と不安大で観ておりましたが、

いやーーー完全に杞憂でしたね。星井美希トレンド入りですよ。今2020年だぜ?これは過去?それとも未来??一体ここはどんな世界線??

 

 生配信って体で進行してたけど、めっっっっちゃ美希がカメラ近いのな!!!あの距離感ヤバいMRの時の同じ空間にいるっていう臨場感とはまた別物っていうか…。

画面越しなの実在性を感じるのって何なんですかね…?大体画面越しっていうんだったらステラミリシタの中にいて普通に動いてるんだけどさ…

いやそれが普通キャラクターの在り方だってのは分かってるんだけど…。やっぱり違うんだよな。

ゲームの中で予め動きが決められている動き喋りをするあの子達を眺めるのと、今目の前でどう動くか何を話すかって身構えながら望むのと…。

こないだのMRとか今回のSR配信特有の、あの「生で」、今の同じ時間を「本当に」一緒に生きてるって感じ…。なんて言えば伝わるんだろう…。

アーカイブ配信するみたいだけどアーカイブでこの感じちゃんと伝わるのかな…?アーカイブ組の感想気になるな…。

 

 アイマスに限らないけど、ディズニーでもジブリでもガンダムでもラブライブでも○○(あなたの好きなIPを入れて下さい)でもなんでもいいんだけど、

我々はこの世知辛い現実を生き抜くために、色んなフィクションキャラクターに元気を貰ったりしてるじゃないですか。大仰な言い方をすれば『生きる力』みたいなものをさあ。

なんかそういうのを送り手側も分かってくれてるのが分かるような本気具合でそこが堪らなく嬉しいのよね。

 

 普通だったらさ、当然我々もそれらのフィクションキャラクターだって分かってるからあくま架空の話だと踏まえた上でキャラに対して愛したり思い入れたりするんだよね普通は。

でも今回のSHOWROOM配信を覗いてた人達って(自分も含めてだけど)765プロアイドル達にガチ実在して欲しいって思っている人達ばっかりなんだろうなって思った。

これってかなり頭ヤバいんじゃなかろうか。例えばディズニーミッキー現実にいるって思う人いないじゃない?

…いや実際のディズニーファンはいるって信じてるんだろうか…?例えが悪かったかな…。

他の例えで言うなら大人になったのに未だにサンタクロース((グリーンランド公式サンタクロースでは無いプレゼントを配る存在としてのサンタのこと))が実在すると思い込むのと同じくらいのヤバさ。

 

 配信終了後の感想観たけどみんななんかの熱にアテられたみたいで感想がなんかフワフワしてるんだよな。星井美希実在したみたいな、当たり前のことをさあ。

…当たり前じゃなくてフィクションだろって?いやでも美希居たしな…。さっきまでSHOWROOMで生配信してたし…。

 

 ここまで書いて思ったけど、こんなにもリアル実在性に拘泥するIPってなかなか無いよなーって。

冷静に考えればですよ、声優の人がキャラクターに声を吹き込むってのは分かってるわけでしょう。

例えば悟空の声だったら野沢雅子さん。美希の声だったら長谷川明子さんが声を当ててるってのは分かってるわけで。

大体、普段ラジオとかライブとかだとあくま星井美希役の長谷川明子さんに感謝手紙とかメールとか送ってるわけじゃん。

にも関わらず、今日は誰もアッキーのことに触れずに星井美希星井美希しか言ってない。なんかこういう時ばっかり都合の良いところに目を瞑る調子の良さあるよなwww

アイマスPのそういう頭キマってる所が私は好きですが、今回すごいと思ったのはそんなに熱心に見えないかつてのPとかアイマス離れた人もみんな一斉に星井美希星井美希って言ってんの何なんだろうな。

みんなで頭MADになってるとしか思えない。いやでもすごいことですよこれは。みんな自然と嘘を本当にしようとしてるんだもの

 

 なんかTwitter上でVTuberとの違い云々って流れてたけど、…VTuber詳しくないので断言できないけど、そもそも別の性質のものだし競合するものでは無いと思うんだよな。

VTuberの方々はもうそこに”実在”しているわけじゃん?VTuberとして。外側は可愛かったりイケメンだったり二次元のガワ被ってるけど、中身は個人としてあるわけでしょう。

モデルが粗かろうが流麗だろうが、そこに実在していることは変わらない訳で、実在証明する必要が無い。だっているんだもの

アイマスアイドル架空なのよ。元々がゲームキャラクターからあくまフィクションなの。

だけどゲーム自体のすごく滑らかに動く3Dモデルとか、演者身体張ってライブキャラ降ろしたりとか、そもそもユーザー勘違いさせるプロデューサーというロールプレイ強制したりとか、

本気で色々プロデューサーごっこしているうちに現実虚構区別が付かなくなってきた。

からその実在性を証明するためにタートルトークだったりモーションキャプチャーだったり生アテレコだったりと、彼女たちを実在させるために出来ることは何でもする。

そのために色んな技術が注ぎ込まれてるけどあくま架空アイドル実在させる目的のための手段であって。

どちらも同じ3Dモデルで声当てて動かすって同じ手段使ってるけど、それぞれの目的が違うよね。

VTuberはどんな活動をするかがコンテンツアイマス実在することがコンテンツ

からアイマス技術VTuberには必須ではないし、VTuberコンテンツ内でなんでもできる感はアイマスと相性が悪いだろうし。

似てるけど非なるものだし、バンナムが殴り込みみたいな書き方はちょっと違うんじゃないかなと思うんだけど…

今回VTuberの方々が美希に言及しまくって言葉を無くしていたのは大変ありがたい…嬉しい…という思いでした。

 

 中の人のことにも触れとくか。

なんか観てる最中はうわー美希が実際に動いてるって認識してるんだけど、ふとした瞬間にアッキーの気配を感じる時があってさ。

おにぎりの話してた時もみんな好きだよ~って当たり障りなく言ってたりして、美希だと結構ドキッとするような遠慮ない返ししそうな気がするんだけど、

アッキーの人柄の良さっていうか配慮ある控えめな感じが受け答えに出てたような気がしてさw

完全にこれって普段ライブの時と逆だなーって。

普段演者が上がってるライブを観て、ステージ上にいるのは演者の人だって分かった上でその奥にキャラの気配を感じ取るわけじゃん。アイマスライブ知らない人には知らんと言われるだろうけどそうなのよ。

いつもとは主と従が逆になってるのがさ…。いつもはステージにいる実存長谷川明子さんを通して星井美希を見てるのが、今回の配信だと画面の星井美希を見ててアッキーの気配を感じられるんですよ。

…ということは、やっぱり画面に映っていた星井美希実在していた…?(頭が狂ってきた)

 

 これはもう完全にアイマスオタクとしての感想だけどさ、最初キャラ好きになって入って声優なんか知らんっていうスタンスでいるつもりでも、

段々とそのキャラに寄り添って大事に演じ続けてくれていることの感謝の念が演者人達にも芽生えてくるのよ。

段々中の人への思い入れキャラに追い付いてくるというかさ。もう中の人も大好きなワケですよ。

というか15年もキャラと一緒にいるって凄いことよな…。美希15歳なんだからキャラ実年齢と同じ時間が経ってるわけでしょ…恐ろしいな…。

 

 これ今回配信があったのを受けて、他のアイマスアイドルも同じように見たい!っていう声がもう上がってて、そういう要望が出るのは分かるんだけど、

これって多分そんなに簡単にホイホイできる企画じゃないからな!!

いや普通動画とか配信とかでも一般人が考えてる100倍くらいの労力が掛かってるのがあまり知られてないって言われてるけど、

多分これ普通動画とか配信の労力のさら100倍くらいのエネルギー注がれてるだろうなって…。

何というか、今回に限らずMRでもなんだけど、『頼む……!この幸せ時間が何事もなく無事に終わってくれ……!!』って思ってしまうのよね。

見ている側もハラハラしてしまって気が気じゃないんだよ。たった30分で作り手も受け手も消耗しまくる超ハイカロリー配信。何これ?

 

 あの30分の配信のためにどれだけの技術的苦労と精神負担関係者に掛かってるかと思うと恐ろしいよね。

15年分の受け手の期待とかそういうの全部背負ってるわけじゃん。自分だけのものじゃないわけでさ。そういうものに正面から向き合って現実化するっていうのものすごいわけだよ…。

アイマス門外漢の人にも結構驚かれている感じがあるけど、そういう背景を何となく察知した上でこれ凄いなって評してる人が結構いるのが印象的だった。そうだよな…。

「Pじゃない自分がこれだけ凄いと思ってるんだから根っからのPの人達死ぬんじゃないか」ってほんそれだから。実際ふわふわしてやることが手についてません。今日休みで良かったな。

 

 ニコニコMAD見てた時の自分に『15年後に美希が配信するんだぞお前』って言っても『へーすごいね』って言われて終わりだろうなと思う。

というか10年前の自分にこの感情を伝えられる感じがしない。

そもそも当時10年もアイマス続くと思ってないしな。あの時はニコ生すら無かったし。

 

 2007年頃に初めて無印XBOX版の家庭用アイマス)のポリゴンモデルを見たとき本当にビックリしたし『この子達はマジで生きてる…』って思ったものだけど、

2020年に『美希が実在してる…』って同じようなこと考えされられるとは思わなかったわ。

いや同じようなこと言ってるんだけど13年前のそれとは意味合いが違うんだよ!?

つーか技術はめちゃくちゃ進歩してるっていうのに自分の語彙は全然進歩しねーな!!

 

 なんか2月からコロナ自粛私生活イベントが重なって色んなものに興味が持てなくなってたんだけど、

コロナ禍で中止になったイベント代替的な配信コロナ禍に立ち向かう元気を貰えた感じがして、もう本当美希ありがとうって感じ。

俺も実生活がんばるわ。

2020-07-10

anond:20200710171826

ひとりで過ごせるのは彼の特技ですか

かにそうですよね、その視点が抜けてました。

ありがとうございます

今のところ困ってることはなさそうですが、今後ずっとこのスタンスだとイジメの標的になることもあるかもしれませんし、注意深く見てみます

まあトラブルが起こってからし対処はできないですが。

今のままじゃイジメにあう確率が高いから周囲の子と仲良くしてなさい、なんて言えないですし、そもそも言いたくないですし

2.5次元という文化交差点にある地獄

原作厨「演じる俳優声優と同じであくま黒子でいてほしい、キャラクター準拠してできればカテコでも素を出さないで、SNSでは変にキャラの真似はしないで。原作へのリスペクトプロ意識を感じれば推すこともあります

俳優厨「推しくんのキャリアの一端として興行のことを考えて推してるのを批判されても困る、こっちのファン活動はこれ。カテコで素の俳優としての想いは聞きたい。原作厨キャラクターを通して接触イベに来るのはおかしい」


これは一例であり、原作厨にも俳優厨にも全く違う考えや主張もあることは勿論承知している。

その上で、たとえば上記のように、原作オタと俳優オタのスタンスはおそらく永久に相入れないものだ。

考えてみれば当たり前のことで、2次元至上主義アニメオタク芸能畑の追っかけは、同じオタクと括れないほど違う人種。それらをひとつ舞台という作品にブチ込んで両取りしようというのだから価値観大事にしているものも衝突するに決まっているのだ。


2.5次元の厄介なところはこのネーミングだ。2.5と言うが、個人的には3だと思う。強いて言えば3-0.5だ。そこに展開されている舞台も、興行必要な様々な役割の人や会社も、すべて芸能のものである。.5とはただ単に、発案・企画二次元作品から持ってきたというだけのことで、舞台という形がもはや、アニメ漫画ゲームを中心とした二次元コンテンツ世界とは全く違う、三次元芸能世界のものなのだ

そう、あれほどオタクが忌み嫌っていた実写映画化・実写ドラマ化と、実態的に言えばなんら変わりはないのである

ところが、二次元コンテンツ界隈に理解がある人が、「原作へのリスペクト」という実写化批判の最大の争点を持ち出し、さら二次元コンテンツベースであることを強調するために考え出した名前が「2.5次元」。このネーミングのおかげで今日商業成功2.5次元という界隈の確立に至ったのだと思えてならない。

仮にも2とつくから二次元しか知らないオタクが騙されるのだ。あれは3だ。三次元の、芸能世界と関わりたくないのであれば、どんなに好きなジャンルでも2.5次元には触れない方が身のためだと思う。


個人的には地雷特になく、昔から二次元三次元も並行して消費してきた雑食なので、2.5次元特に強い抵抗はないものの、それでも二次元ベースに考えて2.5次元を見ようとは思えない。基本的に生身の人間が出てきた時点で、三次元世界存在だ。それを二次元に重ねる面白味もあるものの、もともと三次元を楽しめる人間しかできない楽しみ方ではないかと思う。

そう考えると、女オタク界隈はいつの間にか三次元を楽しめる人間がずいぶん増えたような気がする。昔はナマモノと聞けば忌避し、少しでもアイドル的なもの拒否反応を示すオタクが多かった。今2.5次元を楽しんでいるオタクは、たとえ原作で見る作品を選んでいるとしても、三次元を楽しむ才能がある人なのではないか

三次元を楽しむ才能のないオタクはいる。おそらく今は少数派になってしまっていて、肩身の狭い思いをしている。俳優声優キャラを重ねることに違和感がある、コスプレフィギュアすら避けているという人。2.5次元ライブ(ミュージカル作品の曲だけやる)のMCで、役者として喋ることに動揺するオタク。それは三次元オタク感覚から言えばごく普通の、なんの違和感もないことだ。だからそういう人は、2.5次元に近づかないほうがいい。

 

なぜ「近づかないほうがいい」とまで言うかというと、本人が傷つくということも勿論あるが、周りの2.5次元を楽しんでいるオタク必死からだ。原作厨原作厨俳優厨は俳優厨でオタク特有苛烈必死さを持っている。これは出会わないようにするより他に打つ手がないのである

それなのに、よりによってその両者を引き合わせ、両方から動員数を稼ぐことで成り立つ興行。それが2.5次元舞台である。この文化交差点地獄だ。この地獄が金を生み出す仕組みは、一体いつまで栄えるのだろうか。

anond:20200710090454

最近だと「BLは腐ってないか腐女子と名乗るのはおかしい」って主張もまあ無くはないしねえ…

同性愛差別されるような物ではないという認識が広まった以上その同性愛を扱うBLも腐ってなんかない、と言われるのは自然な流れではあるんだろうけど…

Twitterとか見ると隠れる気なんかある訳ねえ!ってスタンスの人も結構居るけど逆に言うと完璧に隠れて存在すら認知されない人も相当数居るんだろうね

2020-07-09

anond:20200709185951

    • 知ってたけど。統計改竄が明るみにでるまでは安倍政権を許容していたの単なるイキった言い換えじゃん。どうせまだ隠れて安倍支持なんだろ。たぶん絶対そうだよ b.hatena.ne.jp/entry/4688130804954782946/comment/cloq

    • これが Whataboutism というものです b.hatena.ne.jp/entry/4688132834328066786/comment/cloq

    • まともかそうでないかが首尾一貫してるかは問題だろ b.hatena.ne.jp/entry/4688136103337131170/comment/cloq

    承認評価二面

    はじめに

    最近創作主に感想を送るか否か、送られてどうだったか、送られなくてどうだったか、そんな感じのテーマについて語る増田が多い気がします。

    というか、この手の話題創作活動をする人にとって極めて身近なものなんじゃないでしょうか。現に、増田で見かける前、Twitterでも何度か見かけた内容だったから。

    エロ絵は伸びるのに、他が伸びないと嘆く萌え絵描き。一次創作をメインでやりたいけれど、どうしても版権の方が伸びがいいことに悩む創作主。

    ジャンル覇権・あるいは王道カプだったときと現ジャンルでの反応のギャップ

    多分、男女問わず評価多寡は気になるところなのかもしれない。個人差はあるけど。

    でもなにより、ギャップダメなんじゃないかって私はにらんでいます

    創作主は一度自分がたくさんの人(主観)から評価され、承認されるという経験を果たし、それ以降何故だか筆が乗らなくなる。

    評価が得られそうにないジャンル作品はどれだけ好きであっても描(書)くのがおっくうになる。

    前作の評価を超えられないんじゃないか、期待に沿えないんじゃないかと、全く文章が、構図が作れなくなってしまう。

    ああ、これアンダーマイニング効果だ。風呂入りながら、ふと思い当たることがあったんです。

    アンダーマイニング効果とは

    これを説明するにはまず、人が何故行動に移すのか、その原因についてお話しする必要があります

    人が行動に至るための動機づけは大きく分けて二つ。

    一つは、内部から沸き起こる興味・関心を満たさんとする内発的動機づけ

    二つ目は、外部環境から与えられる報酬を求めて、あるいは罰を避けようとする外発的動機づけ

    具体例として勉強を使わせてもらいます

    内発的に動機づけられて行われる勉強というのは、勉強の内容そのものに興味を持っている状態ですね。

    人体ってこうなっているんだ!この公式使うとなんですぐ解が出るんだろう。昔の人の考えることを知れるって面白いなあ。

    内発的動機づけは非常に有効動機づけでして、高い意欲をもって行動に取り組むことができます

    結果、それがよい成績に繋がったり、広く深い知識の獲得に至ったりするでしょう。

    一方、外発的動機づけというのは、良い成績取るとお小遣い上がるから先生に褒められたいから、悪い成績をとると怒られるから、恥ずかしいから……etc.

    結果行動に至れば悪くはないかもしれません。しかし、意欲は低いです。だって勉強のものに対する意欲より、報酬や罰に意識が向いているから。

    アンダーマイニング効果とは、もともと内発的に動機づけられていた人に外的報酬を与えてしまうことで起こる現象です。

    例えば好きで勉強をしていた人に、~位に入ったら欲しがっていたゲームを買ってあげると約束します。

    無事、その順位以内に入り彼は念願のゲームを手にします。両親にとっては、いつも頑張る彼に対してご褒美のつもりなのです。

    しかし、そういったやりとりが繰り返されるうちに、彼の中にあった勉強への興味関心は薄れていきます

    勉強をすることは良い成績をとるため。良い成績をとることで好きなものが買ってもらえる。勉強は彼にとってほしいものを得るための手段に成り下がります

    内発的動機づけがもともと高かった人に安易に外的報酬を与えてしまうことは、本来の内発的動機づけを低める効果があるのです。

    振り返ってみると

    最初は確かに楽しいだけで、書(描)きたいだけで周りの目なんか気にせずやってこれた。

    多分この時期の人って評価の数なんか気にならないんですよね。

    仮に評価数少なくても、拙作をこれだけ見てくれた人がいるんだなあって思えるんですよ。あるいは、次はもっと頑張るぞ!とかね。

    この時点でもすごいんですよ。大体周囲を見渡せば才能に満ちた人ってたくさんいるわけじゃないですか。

    自分と比べては、勝手に自滅していく人も多いから。はい。私もそのタイプでした。

    でも、ある時転機が訪れるんですよ。たまたま、一気にどーんって評価がつくんです。

    あれ?何かの間違い?ってくらい。感想とかももらえちゃったりして。

    そしたらふつうすっごく嬉しいですよね。でも思えばきっと、これが魅力的な外的報酬だったんでしょうね。

    彼ら・彼女らにとっては、その時点まで確かに、絵を描くこと・文章を書くことそのものが好きなはずだった。

    でも、その魅力を上回るほどの評価承認経験し、味をしめてしまった。

    創作はもう、その人たちにとっては、評価を得るための手段になってしまっているのかもしれない。

    そのことに気づきながらも、戻りたくて、戻れないのが現状なのかなと、それは苦しいなあと、ぼんやり思いました。

    最後

    いつだったかな、Twitterで誉め言葉は塩水だって言ってる方がいました。

    自己肯定感が干上がって乾いた心に、水はすごく沁みますよね。けれど、その水に塩が含まれていたら、またすぐに心は渇いてしまう。

    次の水を、誉め言葉を求めます。けれどどんなにもらったって、心が本当に潤うことはなく、ずっと満たされない心を抱えることになってしまます

    これは趣旨から逸れたかもしれませんが、増田に対して「そんなに承認もらっておいて贅沢言うな」みたいなことを言ってる人を見るたび、薬にばかりにはならないよって思うんです。

    評価承認も、自分を認めるためのツールの一つであるのには間違いありません。

    感想をもらえることで、次への創作の意欲にしてくださる方もいらっしゃいます。(私は完全に衝動のまま感想を送ってしまう側の人間なのでそのスタンスはとても有難いです)

    ただ、評価承認感想も、そういったものを歪みなく受け取るには、その人の土台あってこそです。

    完全に蛇足

    蛇足ですが、エンハンシング効果というものもあります

    こちらは、内発的動機づけの低い人に対して外的報酬を与えることで内発的動機づけを段々高めていく現象です。

    まあ、好きな人につられてスポーツに打ち込んでいたら、いつの間にかスポーツのものを好きになっていたみたいなやつです。

    結局、評価承認も、使いようってことです。

    こういう普遍的現象にきちんと名前がついているのを見るとなんだかうれしくなります。蛙化現象という名前を見たときと同じような快感がありました。

    まるで視界が開けるような。昔の人、すご~~~~~~~~い!!!!!!

    「うちにはお金がない」母の言葉を本気で信じていた

    お金持ち」というのは、フィクションバラエティ番組特集に出てくるような、豪邸に住み、ブランド物を身に着け、湯水のように金を使う人達の事だと思っていた。

    きっとそういう人たちは、”何億”だとかそういう、学校で習ったけれど想像もつかないような莫大な単位の額のお金を稼いでいる。自分とは違う、遠い世界に住む人たちだ。

    人口一万人足らずの町に生まれ公立学校に通い、田んぼに囲まれた片道4キロの通学路の途中で今日の夕飯はなんだろうとお腹を空かせながら考える。休日友達との娯楽と言えば、街の方のショッピングセンタープリクラを撮ること。そんなあまりにも在り来たりな日常を送っていた私にとって「お金持ち」というのは遠い存在だった。

    私は田舎町の寺で一人目の子として生まれた。父親大学教授で、母親実家呉服屋専業主婦祖父母は元々教師をやっていたようだ。

    私の両親は母親の方がしっかりしていて気が強かった。浪費家で行きもしないスポーツジムに入会したり、テレビショッピングを見てはお腹をぶるぶるするダイエット器具やらフードプロセッサーやらを買い集めてすぐに使わなくなる父に、母は「うちはお金がないんだから」といつも文句を言っていた。父はお金管理が下手な上にお人よしだったのですぐに人にお金を貸したり奢ったりしていた。私が友達と街の方へいかなければならなくなった時には、「鈍行で時間かけていくくらいならみんなで新幹線で行きな、全員分お金だしてあげるから」と言って友達の親を驚かせていたことを覚えている。

    父はそんな風だったが、母は元々呉服屋の娘で商人気質ということもありお金に対しては厳しかった。子供に対しても「何でも買ってあげる」というスタンスは取らない。本や楽譜ならいくらでも買ってあげるけれどおもちゃゲームは別。私や弟たちがあれが欲しい、これが欲しいと駄々をこねたとき咎め文句はいつも「うちはお金がないから」だった。

    「うちはお金がない」

    幼かった私は、たびたび母が口にしていたその言葉を本気で受け止めていた。欲しいおもちゃを買ってもらえなかった時に母はそう言った。テレビショッピングお金を溶かす父を見るたび母はそう言った。

    我が家には私のためにプレゼントされたグランドピアノがあった。

    家族海外旅行に行った回数は両手の指の数を超えるだろう。

    父親外車スポーツカーの二台の車を持っていた。

    ファミリーレストランに行ったことがなく、外食祖父母行きつけの懐石料理フランス料理が多かった。

    高校受験のために、私は安くない値段の塾に通うことを許されていた。

    これだけの状況証拠がそろっているのになぜ気が付かなかったのか、今考えると恐ろしい。だが私はなんと高校卒業するまで、母の言う通り我が家お金がないのだと信じていた。

    友達に「○○ちゃんちはお金持ちだもんね」なんて言われても、「でもお母さんはああいってたし」と信じていた。

    馬鹿げた話だと思うだろうか。確かに自分の頭で判断することなくただ言われたことを鵜呑みにしていた私が馬鹿だったのは間違いない。

    だが、スーパーが町内に一つしかなく最寄り駅までは車で20分、今のようにSNS情報を得る手段もなければ携帯電話も持っていなかった当時の私の世界はとても狭かったのだ。

    私は隣町の高校へ進学し、その後県外の大学へ進学して一人暮らしを始めた。一人暮らしを始めると金銭について意識するようになった。もちろん自分家計を成り立たせることもさることながら、周りの人達がどうやって生活を成り立たせているのかも。私は学費家賃も親持ちだったがどちらも自分で稼いでいる人も少なくなかった。アルバイトを始めてみると少し働くだけでは大した足しにならず、学費家賃自分で稼いでいる人はどうやって生活を成り立たせているんだ、と果てしなさを感じた。

    今まで自分が得ていた物の値段も知った。例えば旅行友達ちょっと旅行をしようとすれば大した贅沢をしていないのに数万がすぐに飛んでいく。観光客向けの値段のアトラクションなんてそうそう手を出せるものではない。その時にふと自分が今まで行かせてもらった家族旅行のことを思いだした。あの旅行では安い飛行機をわざわざ選ぶようなことはしていなかったし、ホテルだって限られた値段の中で最大限を、といった配慮はしていなかったように思う。中学生の頃リゾート地で船の上のホテルに泊まったことを思い出しながらあれには一体いくらかかっていたんだと宇宙を感じた。そうやって私は実家で得ていたすべてのものの値段についてぐるぐると考えを巡らせた。グランドピアノは確か100万くらいしたらしい。やりたいと頼めばやらせてくれた習い事も決して安いものではないだろう。お父さんが持っていた外車、あれもすごく高いヤツだ。そうやって考えを巡らす中で、小学生の頃に出された「親の職業について調べましょう」というありがちな宿題を思い出す。父は仕事の内容について教えてくれた後、お金価値も分からない私に自分年収を教えてくれた。今ならわかる、その数字は決して「うちはお金がない」家庭で出てくる数字ではない。一般的に言えば高収入だと言われるような数字だった。

    成人直前になってようやく私のバイアスは外れたのだ。

    私は自分のこのバイアスに気が付いたときにゾッとした。公立中学に通っていた頃、私は自分と同じ家庭環境だけではない沢山の人がいる場所生活をしていたはずなのに、いかに狭い視点世界を見ていたのか。

    そして自分バイアスゆえに、他人に対して無神経な言動を取ってしまたことがあったのではないかと恐ろしく感じたのだ。

    大学に進学してから、私は今までよりも社会問題に敏感になったと思う。大学法学政治学を学んでいたことも理由の一つだけれど、大学交通アクセスのいいところにあったことやSNSを多く始めたためにに色々な世界を目で見ることが多くなったのも大きいだろう。私は「明日ご飯にも困るくらいの貧困」というのは日本のような先進国には全く関係ない遠い国の話だと思っていたのだが、そういった実態は確かに存在している。「うちはお金がない」と信じていた私は、実際の「貧乏」なんてうちみたいなものなんだろうなと本気で考えていた。もしそれを信じて生きていたら、「貧乏」なんて努力でなんとかできるものだろうと思いこんだまま大人になっていたかもしれない。自分のいる位置を正しく把握できていないがために他人への想像力が欠如したまま社会に出ることになっていたかもしれない。「自分はこうだからそんなの甘えだ」とか「自分だってこうしてるんだからこうすればいいのに」といった考えを持ったまま、本当にどうすることもできない状況にある人のことを想像できないまま生きていたとしたら、恐ろしいことではないか

    私はこのバイアスに気が付いたあと、母親に当時のことを聞いてみた。我が家一般的に言えば決して「貧乏」なほうではないだろう。ではなぜ、私たち子供にあのように言ったのかと。咎めるつもりはなく、単純な疑問だった。

    母は答えた。「油断をしないためだ」と。

    「確かにうちは貧乏じゃないし、一般的に言えば高収入なほうだよね。私たちお金があるから大丈夫って思うんじゃなくて、ちょっとお金がないくらいに思っていた方が節約しようってモチベーションになるでしょ。今の現状に油断せずに引き締めて生きようって気持ちになるじゃない。お父さんは浪費家だったしね」

    母は、決してその場しのぎのために「うちは貧乏だ」と言っていたわけではなかった。だが母は、そのあとこう続けたのだ。

    「でも私も、最近になってやっと自分は恵まれていたんだなって気づいたんだよね」

    私が大学に入ってすぐ父は亡くなった。我が家収入は激減し、遺族年金貯金生活をするようになった。専業主婦だった母は、住職仕事パート生活費の足しを稼いでいる。

    最近ドラッグストア化粧品を買うようになって、今まで使ってた化粧品ってこれの5倍ぐらいするじゃん!って。お父さんに買ってもらってた時は物の価値なんて考えたことなかったし、近所の人に『〇〇さんは奥様だから』って言われてもそんなことないでしょ!?って思ってたんだけど、よく考えたらあの時は贅沢していたし恵まれてたのよね。お父さんがすぐお金使うから貯蓄があまりなかったし、”うちはお金があるほう”だなんて思ったことはなかったんだけど」

    母は短大を出てすぐに父と結婚し、すぐに専業主婦になった。社会に出て働いていたのは、高校卒業してから社会入学短大入学するまでのたったの数年だけだった。

    母もまた、我が家が「貧乏」ではないことに気が付いていなかったのだ。母は、完全にそう信じていたわけではないが、それでもどこかで本気で「うちはお金がない」と思って私たちにもそう言っていたのだった。母が本気で信じていたからこそ私も母の言葉を信じていたのだろう。

    父が亡くなり収入が激減したとはいえ我が家明日ご飯に困るようなことはなさそうだった。母親ヨガお茶を今でも習っている。私は奨学金授業料免除を駆使して大学に通い、下の弟2人は私立学校に通っている。父が亡くなってから、私は父の大学関係の伝手から援助を得て半年海外留学に行くこともできた。父親が亡くなったことの影響は大きかったけれど、私たちはやりたいことを諦めなければならないような事態には陥らなかった。それも決して誰でも得ることのできる「当たり前」ではないはずだ。

    今まで得ていた物が誰でも簡単に得られるもの努力だけでなんとかなるものではないことに、母もようやく気が付いたようだった。

    このエントリを書いたのは、自分の中に長らく根付いていたバイアスの恐ろしさに気が付いたからだ。

    「うちにはお金がない」その言葉は、私の認知に歪みを作っていたのだと思う。

    母が悪い、と言いたくてこのエントリを書いたわけではない。単に私の思い出語りとちょっとした問題提起のつもりだ。

    子供の我儘を窘めるとき、本当はそうではないのに「うちにはお金がないから」「貧乏から」という決まり文句で一蹴してしまうことは、自分が居る位置への認識を歪めてしまうのではないか

    そしてそうやって客観的自分位置が分からないことにより、他人への想像力の欠如を生む可能性はないか

    「うちにはお金がない」と20歳手前まで信じていた馬鹿な私は、そう懸念している。

    七瀬と友川は神に名乗れ

    神字書きの件、あれは七瀬と友川が悪い。

    名乗らなかったのが悪い。

    名乗れ。

    神の作品公開ツイートあるいはpixiv作品に公開垢からLikeなりお気に入りなり入れた後、おもむろに長文感想を送れ。

    「初めまして、○○と申します。いつも綾城様の作品を楽しく拝読しております

     ~~~~~感想~~~~~

     ~~~~~感想~~~~~

    長々とすみません。綾城様の書く推しカプが本当に大好きです。返信不要です」

    これを繰り返すと神は○○という人物に格段に絡みやすくなる。

    なぜか。○○は長文感想を何度も送りつけている。自分アカウント推しカプ作品だって公開している。したがって神は○○の推しカプ観や萌え傾向、書き手としての作品に対するスタンスという交流必須ともいえる情報をあらかじめ把握した状態で好きなタイミングで○○と交流を図ることができるのだ。

    神に気を遣わせるかもという心配はしなくていい。感想にはTwitterアカウントpixivIDも書いていないから、神は自ら○○のアカウントを探さない限り○○に気を遣う手段はない。

    とにかく名乗れ。名乗るとき自作品アカウントに置け。神に関心を寄せられた時点で「実はこういうものを書いていまして……」と横から差し出せるよう自作品を用意しておくのだ。

    anond:20200708183924

    障害には「社会モデル」と「医学モデル」という2つの考え方があります

    まずはそれを調べてみて、発達障害にどう向き合うかというスタンスの部分を再考してみるといいと思います

    2020-07-08

    企画書さえ通れば、相手がBLMだろうがKKKだろうが等しくコラボするスタンスを貫けば、それはある意味平等反差別と言うて宜しいのではないかと思いますが……

     

    特にキティ姐さんは昔から会社シノギを稼ぐ為に相手属性とか深く気にせず数多のコラボをしてきた筈だし、今さらアパと組んだから外野がギャーギャー言う程のモノかね

    今日配信日本人おかしな部分について真面目にしゃべってしまったけど

    まともに受け取ってもらえなかったんで

    やっぱりクソ真面目なのはダメだな

    言いたいことを言うというスタンスは崩さないつもりだけど

    2020-07-07

    anond:20200706161059

    左翼からだめなんじゃなくて駄目な左翼から駄目なんだよ。

    オリンピック中止で浮いた予算福祉充実とか、震災瓦礫デマとか山本太郎と変わらん上に、中共に対する態度があいまいで下手すりゃ香港チベットでやっているような悪事容認しかねない。

    蔡英文みたいに「内政はリベラル外交タカ派」みたいな人も政党もない。日本からは完全に嫌われている文在寅もそういうスタンスから支持率高い。

    安倍自民党リフレ政策縁故腐敗政治と糞改憲がセットになっているけど、野党共闘側は再分配に放射脳や反ワクチン時代錯誤護憲がくっついてくる。どっちを選んでも糞

    2020-07-06

    anond:20200706161059

    都政をチェックし続けていたところには好感が持てたが、政策集に「震災がれき焼却凍結」が未だに入ってたり、2014年ではアピールしていた「表現の自由」へのスタンスが弱まってたり、防災力強化を謳っているのに外環道など道路計画を「不要から見直す」としたのはちぐはぐに感じたので魅力を感じなかった。

    山本宇都宮かなら宇都宮だが、現職か宇都宮なら現職でいいか……という感じ。

    anond:20200706115912

    ソースが本人のツイート一つだしゴシップサイトしか記事にしてないし真面目に捉えてるほうがおかしいんだよ

    立候補者登録を締め切ってる州もあるんだから、どう考えてもありえない

    それはそうとして、カニウェストトランプ支持はイメージアップのために右ならえでリベラルアピールばっかしてる近年のアメリカンセレブへのアンチテーゼだったんだろうな

    オバマヒラリーいくら正論を説いたところで実際の世界はいっこうによくならなかったという絶望と、

    そんな失敗を反省せず俄然同じようなアプローチをとり続けるリベラリストへのフラストレーションが、

    民主党員への当てつけとしてのトランプ支持といういささか幼稚くさい行動にカニエを走らせたのかもしれない

    またセンシティブ発言をしたときに「これだから黒人は」という風にトーンポリッシングによって論点をずらされることを危惧して

    表面上は共和党保守層フレンドリーに接したほうがいいという考えもあったようで、それはまだ理解できなくもない言い分かなとは思う

    カニエって誤解されがちだけど共和党支持者ではなくてアンチ民主党ってだけなんだよな

    めちゃくちゃトランプのこと馬鹿にしてる

    「いつまでこんな古臭い二大政党にしがみついてんだよ疑問に思わないのかよアメリカっていう国家黒人にやさしくしてくれたことあっか?」としか考えてないリバタリアン

    個人的カニエはそういう「政治じゃ何も変わらない、変えてくれない」ってスタンスでいてほしい。そういう発言をする人もいてほしい。

    2020-07-05

    引きこもり脱出した

    大学卒業後7年間引きこもっていたのだが、心機一転働き始めて約1年になる。その経緯を記しておこうと思う。

    子供の頃

    プライドが高く、失敗や恥を極度に恐れる性格だった。

    というのも、幼少の頃、一つ上の兄とは別に母方の実家で年下の従兄弟と一緒に祖父母に育てられたり、

    父親無意味に脅かされたり(曲がり角や暗がりから「ワッ!」と言って脅かしてきた)、小さな失敗を蒸し返し執拗からかわれたことなどが影響したためだと思う。

    自分から心を開くことはなく、相手が心を開いているかどうか疑いながら仮面を被って人と接してきた。

    大学生の頃

    初めての一人暮らし、滑り止めで受かった大学では周りに馴染めず(若者が怖い)、居場所2ちゃんねるだけだった。大学憂鬱不安と恐怖と怠惰にまみれた日々だったと言える。

    高校の頃から長らく体調不良気味(慢性的下痢眼精疲労)だったのも関係しているかもしれない。

    勉強のやる気を失い、優等生だった高校までと打って変わり落ちこぼれた。アルバイトサークルも続かず、夜ふかしによる寝坊で授業をサボった。

    大学カウンセリングを受けたこともあったが効果はなかった。

    人生が何かしっくりこない感じがあり、1年休学して第一志望を目指し予備校に通わせてもらったがすぐ行かなくなった。その後勇気を出して復学した。

    実家から通うようになってしばらく続いたが、4年生の研究室で馴染めず、一時期登校拒否になった。

    なんとか卒業の目処が立ったもの就活するのが怖かったため、作曲家を目指すと言って逃げ、就活せずそのまま無職引きこもりになった。

    どうせ就職しても、責任が伴うのが怖いし、周りから浮いて仕事適応できずにうつになったり自殺したりしてしまうだろう、だったら働かない方がましだ、とも考えた。

    これからビジョンがまるで浮かばなかった。ただ休みたかった。

    世の中の人達と自分全然違うという意識があった(それは今も変わらない)。また、世の中嫌な奴ばっかりだとも思っていた。大学に入ってから、気が緩んで性格が悪くなったのが原因かもしれない。

    引きこもりの頃

    作曲について人一倍プライドがあったが(雑誌投稿して賞をもらったこともある)、独学だし楽器も得意ではないのでとんでもなく無謀だった。

    人生に失敗した分を取り返そうという、ギャンブル依存症的な感情に囚われていたのだ。

    高校時代友達がいたが、煩わしくて連絡を無視して縁を切ってしまった。

    次第に作曲苦痛になり、ネットゲームをして過ごした。

    昼夜逆転はそれほどしなかった。2時半に寝て10時に起きるという感じ。昼寝もしていた。

    一歩も外に出なかったわけではない。たまに自転車で人気の少ない場所に出かけた。

    また、母親と一緒に図書館に月1で自分が車を運転して通い、小説を借りて読んだ。

    両親になぜ就職しないのかと問い詰められることがあったが、無視するか、人と関わりたくないからと答えた。

    自分人生台無しにしたかった。

    それでも、引きこもりの繰り返しの日々で、体調不良の原因がわかってきて改善していった。

    また、お絵描き落書きレベル)、日記将棋ラジオ体操読書を始め、次第に心が癒やされていった。

    色々なYoutuber動画を見たり、将棋藤井君や羽生さんの活躍を見て感動するときもあった。世の中に希望見出してきた。

    心身ともに回復するにつれ、「そろそろ働けるかも」と思った。だが、あと一歩の勇気が出なかった。

    引きこもりきっか

    そうして引きこもり7年目、30歳目前になって焦りを感じた。もはやモラトリアムなどと言っていられる年齢ではない。

    母親がもうすぐ退職することになり、すでに退職している父親だけでなく母親とも日中顔を付き合わせることになるのが嫌だった。

    その頃、8年使っていたパソコンが壊れて起動しなくなってしまった(幸い後に復活したのだが)。

    パソコンには、過去作ってきた絵や曲が合計一千点以上入っている。作曲についての考察ソフトの使い方のメモも書き残してある。

    それらが失われるというのは、引きこもりの間、自分は死んでいたと言うのと同然だった。

    死を意識してみると、絵も曲も自分人生においてどうでも良いものだったと悟った。ショックでベッドに横になった。如何に時間を空費していたか痛感した。

    あれだけ取り組んできたのに、人生において意義のあることではなかったのだ。

    人との関わり合いの中でしか大事な思い出は生まれないのだ。

    そんな中、記憶の底に沈んでいた何人かのことが頭に浮かんだ。

    大学生で塾講師をやっていたとき、わからないところを教えたら「ありがとうございます!」と笑顔で答えてくれた中学生女の子

    高校文化祭で(歌うのが好きなので)バンドボーカルやらせてもらったとき、終わったあと「良かったよ。」と声をかけてくれた先生

    高校部活で、居残り練習をしていたのをお世辞で褒めたら、本気で受け取ったのか嬉しそうに微笑んだ後輩の子

    その3人だけ。他愛もないことだ。人生無駄にした後悔の念と、人に少しでも喜びを与えることができた嬉しさに涙が止まらなかった。

    誰かのためにならずして死ねない、死ぬ前に感謝されたい」という答えに行き着き、それが根本的に自分の求める生きがいであることに気づいた。

    それからなけなしの貯金を叩いて新しいパソコンを買った。しかし運の悪いことにそれも初期不良で壊れてしまった。

    さら国民年金の支払いを全額免除するかどうかの通知(よく覚えていない)も届いた。当然年金は一銭も払ってなかったためだ。

    パソコン関連のゴタゴタに加え、冬の時期で冬季うつ病っぽくなっていたため、神経が参っていた。

    母親パソコン年金の件を相談していたら「働いたら?」と言われ、そこで素直に頷いたのだ。

    まるで、立てこもり犯が説得に折れて投降たかのようだった。それが脱引きこもりきっかけだった。

    就活は半ばやけくそだった。引きこもりで自信がなかったので正社員なんぞ端から目指さなかった。

    ネット求人サイト事務職の応募に電話したのがきっかけで、紆余曲折あって地元工場検査業(肉体労働)の派遣社員をすることになった。

    親に反対されたが言うことを聞かなかった。流れに乗ろう、直感を信じようと腹をくくった。

    働き始めてから

    どうせ自分は働くのに向いてないので、続くところまで続けようというスタンスで挑んだ。

    明日はどうなるかわからない、と覚悟した。おんぶに抱っこで、ずるい人間であろう、とも考えた。

    始めは何も仕事がわからず、赤ん坊同然の気分だった。初日は久々に初対面の人と会話したり見知らぬところを歩き回ったので、

    夕方帰宅したとき、まるで3日ぶりに家に帰ってきたかのように感じた。

    出社拒否にならずに一日一日出勤できたことを自分で褒めた。3ヶ月くらいかかって次第に仕事に慣れていき、やりがいを感じるようになった。

    職場人達は親切な人が多くて意外だった。ここは本当に現実世界なのか?と思ったりした。女性の多い職場(お母さん達ばかりだが)なのもツイていたかもしれない。

    職場の人に前職について聞かれたが、塾講師をしていたと嘘をついた。

    から近い工場なので近所にも勤めている人がいる。元引きこもりなんて言ったら噂が広まってメンツが潰れる、と親に止められたからだ。

    正直に答えたかったが、職場の人に心配されると逆に面倒だったかもしれないので結果的に良かった。

    週5のフルタイム勤務だが、残業したり土曜日出勤もある。仕事がきつくてストレスが溜まって週末泣くこともあった。

    働いて良かったこと、変わったこ

    ・好きなものを好きなだけ買って食べることができるようになった。その他欲しいものが買えるようになった。

    ・気後れすることな病院保険証を見せることができるようになった。

    ・人の視線が気にならなくなった。

    高校の頃から死にたいと思っていたが、徐々にそう思わなくなってきた。

    肉体労働で汗をかいて、体調が良くなった。大食いになって、筋トレもするようになり、7kg体重が増えた。元々ガリガリだったので丁度いい。仕事ぶりを褒められるようになり自信がついた。

    ネットに毒されていたが、毒が抜けた。ネット距離を置けるようになった。

    不安と恐怖で胸がいっぱいということがほぼなくなった。

    ・心に余裕が出来たためか恋愛したくなった。

    変わってないこと

    ・せっかく大学卒業したのに非正規肉体労働の身なので自分自身を認めることができず、気持ちが楽になることがない。

    人生がつまらない。引きこもっているときほとんど同じことしかしてない。

    スーパー雑貨店本屋以外の店に怖くて入れない。外食も怖くてできない。

    ・涙ながらの決意もどこへやら、感謝されるようなことを何もしていない。

    引きこもってて後悔したこと

    ・低収入で親と同居しているため、彼女を作る自信が出ない。まともな職についていれば良かった。

    もっと早く働き始めれば良かった。

    大学生の頃までは、同級生自分というのをよく比べて劣等感を感じていたが、今は、自分自分だと思うようになった。そんな心持ち大学生の頃に就活をすれば良かったかなと思う。

    展望

    デスクワーク転職して都会で一人暮らししてみたい。

    7/7追記

    たくさんのコメントありがとうございます!すべて読ませてもらいました。

    真剣に読んで下さったんだなあ、としみじみ感じますアドバイス参考になりました。

    皆さんに明日、嬉しいことがあるよう祈ります

    anond:20200705183526

    ありがとう

    まれ意味なんてないけど生きる意味付けはしていきたい、が多分わたしスタンスなんだけど、そもそも細胞が分裂してく理由を考えてるのと同じだから意味ないよ、って言ってくれてる?

    2020-07-04

    ぜんぜんわからん

    おけけパワー中島なる単語ツイッターに流れてきたか元ネタとそれに対する反応(悲鳴じみたもの)をいくつか読んでみたけど、1ミリ共感できなかった。

    そもそも七瀬さんと友川さん、綾城さんとお近づきになりたいとか振り向かせたいがために取る行動が「自分作品クオリティを上げる」なのがまずズレてない?

    相手に気づいてほしいなら、普通に考えて相手コンタクトを取ればいいのでは…?別に相手は鍵アカウントでもないんだし、感想を送るなりなんなりさ。

    そうじゃないお友達になりたいんじゃなくて実力で認めて貰いたいだけなんだっていう話なら、おパ島さんにあん悪感情を抱く意味がわからない。

    結局、自分から相手へのアクションは起こしたくないけど、相手に気づいてもらって、その上で相手に対して特別存在になりたい、みたいな感じかなと理解したんだけど、初手からズレてるし、その謎ルートから外れてるっぽいからとおパ島さんに悪感情を抱いてるの独善的すぎませんか。

    そもそも“神“に自分みたいな大した作品も作れない人コンタクトとるなんて烏滸がましい、みたいな思想があるのかなとも思ったのだけど、相手がそういうスタンスを明言してない限りそれってあなたの頭の中の勝手ヒエラルキーだし、それで自家中毒みたいになってるの生きづらそう。

    勝手ヒエラルキー作ってその枠で自分を自縛して、その枠で勝手におパ島さんを裁いてるの、端的に言って怖い。

    そこからその負の感情創作昇華させて偉い!という反応も沢山見たけど、最初負の感情の湧きどころからしておかしいとしか思えなかった。

    自分同人創作まったく関わりない人間なのでよく知らなかったけど、こういうのが普通というならすごく息苦しそうなコミュニティだなとまで思った。

    以上個人の感想でした。

    七瀬サイドの人間はなぜ対価システムに至るのか(おけけパワー中島)

    ■おけけパワー中島人間関係に対価システムを持ち込むオタク

    https://anond.hatelabo.jp/20200703193938

     先日こちらのお気持ち文を投下したところ、想像以上の反響があった。私も主にツイッター感想などを眺めていたのだが、感想をつぶやいてくれた人のうち7割ほどが七瀬サイド、2割ほどがおパ島綾城サイド、残り一割はどちらにも属さないという比率であった。

     追記や補足で、七瀬サイドが対価システムに走る理由や、それらが巻き起こす事故についてざっくりと説明をしたが、やや説明不足なところがあったため、あらためて対価システムの成り立ちと、巻き起こった事故などについて書かせていただく。

     なお、今回の文章漫画への関連性が薄く、私の実体験や周囲で観測した事故の話を多分に含んでいるため、人によってはトラウマの想起を招いたり、公平性に欠けるところも多々見受けられると思う。不快に思われたら、体調を崩す前にブラウザバックしていただきたい。

    有能アピールはなぜ始まるのか

     心理学に、マズロー欲求5段解説というものがある。下から順に、生理的欲求安全欲求社会的(愛の)欲求承認欲求自己実現欲求ヒエラルキー型に並び、一つの欲求が満たされると、もう一つ上にある欲求を満たしたいという気持ちが湧いてくるようになる、というものだ(詳しくはググってほしい)。

     対価システムにとらわれるコミュ障は、多くがこの社会的(愛の)欲求か、承認欲求に大きくかかわる、ネガティブ経験(いじめ孤立暴言虐待など)がある。要因はコミュ力の低さや容姿機能不全家庭(いわゆる毒親)や身体的欠落によるハンデなどさまざまだが、とにかく、これらが幼少期に満たされていないと、自己肯定感を持てなかったり、不安障害発症したりと、成長後人格成型に大きな傷跡を残すこととなる。

     自己肯定感のなさやコミュニケーション能力の欠落はストレスを加速させ、やがて他者言葉行為意味を悪意的にとらえたり、常に攻撃的な態度をとるなどして”周囲に期待をしない”ことで、自分を守ろうとする。これは努力性格問題というよりは、本能的な防衛反応である

     ストレスに晒され続けると人間の脳は委縮し、判断力選択肢を失い、やがて自傷他傷の二択に追い込まれしまう。自分含め、人を傷つけるのは世間一般的に望ましい行いではないが、酷寒の雪山で身震いを止めることが不可能であるように、”いま”そうでない人であっても、追い詰められればこうなる可能性があるということは、どうかご理解いただきたい。

     無条件に愛されるという経験が少ない人間は、「何かメリット相手に感じさせないと見捨てられる」という不安に取りつかれがちで、かつ自分をとことん下げているので相対的相手は雲上人となり、相手の”貴重な”時間無駄にしないため、関心を引くために、有能アピールを始めるようになる。自己顕示欲というよりは、お友達料金に近い。

     親切心で行うというよりは、存在しているだけで周囲に迷惑を与えていると考え、その損失を埋めるべく”他の分野で”役に立つことで相殺しようというシステムだ。

     しかし埋め合わせが毎回成功するなどは到底あり得ない上に、対価システムを持つようになる人間社会的能力が低めなため、昼食に誘ってもらえた際に、誘ってくれた相手に報いようと必死で話しすぎて空気を凍らせてしまったり、面倒ごとを引き受けることでいい顔をしようとして、身の丈に合わぬことを一人で背負いこみ、結果周囲に尻拭いをさせてしまったりと、心臓が痛くなるような失敗をしてしまいがちだ。

     埋め合わせに失敗したら、さら必死に償わなければならない気持ちになる。そしてそういう時に限ってますますやらかし雪だるま式焦燥感無力感と、ストレスが膨らんでいく。とてもつらい。


    対価システム押し売り

     不平等相手に飲ませていることに抵抗を覚え、距離を取るようになるのは一般的な考えだと思うが、対価システム保持者はニュートラル自分という存在に、強力なデバフをかけている。生きているだけで常時-10点といった状態だ。向こうからすれば存在しないその10点分を穴埋めしようと、できれば次にミスった時のための貯蓄をしようとやっきになって空回りし、無駄疲弊して疎遠になるケースもある。

     これを相手視点で見ると、やたら労力の成果を見せてきたり、マウントを取ってあわあわした挙句、急に疲れ果てた様子になり、そのうち連絡もしなくなるという、まったく謎の状態である相手の期待を裏切りたくないという気持ちや、一緒にいるだけで迷惑から……という卑屈さは、相手には関係ないのだ。

     まだそれだけならただの変な人で終われるが、もっと悲惨なケースだと、最初は完全に捧げる気持ちで書いていたのだが、もらってばかりでは悪いからと返礼があり、やがて絵を描く目的が返礼になって相手疲弊させてしまったり、見返りを求めず書いていたはずが、自分ばかり書いていて不公平だとなぜか不満を抱き、それを相手にぶつけ不快にさせたり……などがある。

     当然のことだが、人はそれぞれ価値観や許容量が異なるし、ルールマナーモラルはそれぞれ別物である。自他の区別境界線あいまいだと、「自分は平気だから○○さんも平気だろう」「自分はこれを守っているのだから、向こうも当然守るだろう」と、無自覚価値観押し売りをはたらいてしま可能性がある。コミュニケーションに自信のない人は、よほど普遍的な事例を除いて、基本的にその都度確認か観察する癖をつけたほうがいい。


    対価システムの行く末

     七瀬の目的は、一貫して「綾城に認められる」であった。話が進むにつれいろいろと拗らせ、ついには諦めてしまうも、最後までそのスタンスぶれることはなかった。

     気さくなリプライを送り、ジャンル外の話題なども提供してくれ、通話して楽しいおパ島と、まったく交流を持ち掛けてこず、静かに有能アピールをしてくるだけの七瀬。楽しい相手交流したい綾城が後者を選ぶ可能性は、限りなく低い。

     「何かしら対価を支払えば、正当な結果が返ってくるものだ」と思い込んでしま認知バイアスのことを世界公平仮説と言うが、対価システムはこれに限りなく近い。

     しかし、実際は努力が必ず報われるという保証はない。どんなに頑張っても認めてもらえない、ありのままではなお肯定されない状況が続けば、世界を恨むか、オカルトに走るか、すべてを諦めるようになってしまう。頼むから、こうなる前に七瀬はカウンセリングに行ってほしい。

    最期

     私は心理学権威でもカウンセラーでもないのだが、私の言葉が、少しでも自己分析の助けになり、気持ちを整理するきっかけになれたなら、この上ない喜びだ。

     それと、自己肯定感が著しく低い人には、どうか自分を、ほんの少しでいいので肯定してほしい。全肯定ではなくていい。なにかひとつだけ、人より優れてなくていいから、好きになれる個性を見つけてほしい。箸の持ち方でもお礼をちゃんということでも、声でも足でも字でも、なんでもいい。ひとつあるだけで、少しずつでも自己肯定感をはぐくんでいけるから

    追記

    ■対価システム人間の面倒くささと負の公平仮説(おけけパワー中島)

    https://anond.hatelabo.jp/20200705112649

    公平仮説についての補足と、個人的にとった解決手段他山の石にしてもらうべくしたためた。今回と同様に、科学的な根拠などはほぼないことをご容赦願いたい。

    都知事候補者全員の嫌いなとこ

    都知事候補は全員終わってるらしんだけどよくわからんので調べた

    政策比較とかはもう出回ってるからこの文章では全員の個人的な嫌なポイントを挙げていく

    よくよく考えると、ひとりの人生をころっと変えることのできる権利を持ってるのはガチいかれてるよね

    その権利は存分に味わいたいと思う

    てなわけで候補者全員の個人的ダメポイントを列挙していく

    (届け出順)

    山本 太郎れいわ)

    子宮頸がんワクチン撤廃とか東日本の大震災とき放射能知識の低さが露呈していた。

    常套手段である、ひとりのこまった人を取り上げて「ストーリー」で推してくる

    今回のコロナ科学的だったり、課題の整理と視覚化に問題があったから、この人にそれができるのか?

    総理大臣になりたいらしんだけど、それと立候補矛盾してないかってことに対する文章ポエム過ぎて読めなかった

    小池 百合子(無所属

    女帝読んだ。百歩譲って学歴詐称がなかったとしても、なんでこの人が都知事になれたのかがまじで意味不

    誰が入れたの?

    コロコロ意見政党も変わるし、やりたいことないし。

    同性パートナーとか、外国人地方参政権とかあんまりきじゃない話に関しては

    国政の問題とか言って明確な考えを示さないところに人間性が出ちゃってる

    ほんとに同性パートナーを認めたいんなら、知事でも都に証明制度導入できるんじゃないの?

    七海 ひろこ(諸派

    所属政党がもろに宗教政党からその時点で嫌なんだけどおまけに軍事力高めていこうってとこがもうヤバい

    アメリカレーザービーム作るらしいんで勘弁してください。

    オリンピック損害賠償中国に対して求めるっぽいですけど、発想がぶっ飛んでます非科学的。

    と思ったら出るの辞めたんだね

    宇都宮 健児無所属

    コロナ対策PCR検査の拡充を第一にしてて、疑問。非科学的なところがある。

    問題点を潰していくのは得意そうだけど、いい感じにしていくのって大丈夫?できる?

    桜井 誠(諸派

    歩くヘイトスピーチ

    とにかく差別発言を繰り返す。韓国とか中国とか嫌いな人にとってはもう大スター、まじできつい。

    差別的発言で訴えられて負けてるし。その時点で終わってる。

    込山 洋(無所属

    毎月8日がスマイルデーにしようってんだけどそれはきついよ。いい人なんだろうけど政治能力があるとは思えない。

    恋愛婚活に関する支援が謎。結婚式代、100万円出すってそこじゃないだろ。

    小野 泰輔(無所属

    過去ツイート韓国人に対するヘイトがあった

    差別してない?って指摘されて韓国人の友達もいるって答えるあたりこれまでの政治家の嫌な雰囲気をまとってる

    ラジオ取材で「関東大震災をめぐる朝鮮人虐殺に対する追悼メッセージ」に関する問題に無回答だったのが怖い

    なんとか言えよ

    竹本 秀之(無所属

    こんな時代の転換点で消費税廃止横田基地問題電柱のことしか公約にないって、どんなだよ!

    自分の主張を伝える場所として都知事選使うにしてももうちょいやり方あるだろ。

    西本 誠(諸派

    政治に興味を持ってもらうために出てるとのことでありがとうございました

    こんなパフォーマンスしか興味持てないって思われてんのか、舐めんな

    でも事実なんだろうな、悲しい

    関口 安弘(無所属

    総合大学を作ろうって考えてるらしんですが、もう大学はこれ以上いらないです。

    そのナンセンスぶりが冴えてる。

    これまたラジオ取材で「物まね禁物(中略)日本流で考えることが一番。(中略)日本の文化思考力は世界一

    と語っていて、昔の人感がすごい

    押越 清悦(無所属

    選挙ポスターに「武漢肺炎」の表記おはようございます差別主義者

    中国に対してコロナ賠償求めるし、関東大震災虐殺もなかったという思想。。。

    服部 修(諸派

    言いたいことがあるなら出てもいいけどホリエモン宣伝ってスタイルどうなの

    立花 孝志(諸派

    なんか正論というかみんなが言えないことを言ってるという気持ちなんだろうけどただの差別

    貧困は深刻だし、人間は醜いかもしれないけど、それをどうするか聞きたいんだよね。

    外国人地方参政権に関しては有権者で決めろって最終的にはそうだけど、お前はどっちでもいいってなんだその意見

    斉藤 健一郎(諸派

    今回の選挙の争点で衆院選の話をしてる時点であざしたという感じ

    後藤 輝樹(諸派

    改憲に反対なんだけど日本軍を作りたいって主張すごい

    世界人口を5億人以上、30億人にするってのは考え方が怖い

    立花もそうだけどヤバい奴ってすぐに人工コントロールしたがるよな

    国債を一切発行したくないらしんだけど?問題はそこじゃない気がするぞ。

    沢 しおん無所属

    ITに強いって話なんだけどネット活用できて無くない?

    ツイッターに至っては5月から始めてるし、遅いぞ!

    インターネットのことわかってるスタンスで来られるのがこわい

    外国人地方参政権については反対で、理由は「ここは日本」だからひょえー。

    市川 浩司(諸派

    義務教育における性教育では元AV男優を呼びたいらしい

    医療問題米倉涼子に語ってもらう的な話だよ?

    石井 均(無所属

    新型コロナ特効薬を開発してもらえたらしいです、ありがとうございます

    ヤバいのが関東大震災朝鮮人虐殺を知らなかったくせに

    日本人が朝鮮人虐殺したというのですか?そんなことは絶対にありません。」

    っていう圧倒的信じる力、忠犬ハチ公もびっくり

    長澤 育弘(無所属

    処方箋の話はわかりました

    都知事じゃなくても良くない?

    牛尾 和恵(無所属

    ワクチンが出来たときの配布順がおもしろくて

    1医療関係者

    2先のある若者

    3世の中に役立つ研究者専門家

    4企業家起業家

    5中堅

    6その他

    7引きこもり

    8年配者

    2の世の中に役立つっていうのが怖くない?わざわざ入れるあたりがこわい

    その他以下の引きこもりってのもすごい

    平塚 正幸(諸派

    自然派のひとですね、ワクチン嫌いの。

    この手の人ってインフルエンザとよく比較しますけど

    仮にインフルエンザと同程度だったとしても、一個そういう病気が増えたら医療現場は大変になるよ、そりゃ。

    自粛の度合いの話ではなく、ただの風邪と言ってしまうそ言語能力の低さがヤバい

    内藤 久遠無所属

    水道公営化したいらしい、良質で安定的ものにしたいからと。

    今のままで良くない?てか、外国での失敗例とか知ってるよね?

    参考リンク

    https://go2senkyo.com/articles/2020/06/30/53108.html

    https://www.tbsradio.jp/496423

    ログイン ユーザー登録
    ようこそ ゲスト さん