「原稿料」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 原稿料とは

2018-10-09

anond:20181009034132

小説本の表紙を絵師に頼むとき相場はどれくらいか相談するスレを覗いたことがあったが

お金よりも菓子の詰め合わせなどの贈答品という答えがけっこうあった

やはり具体的に金のやりとりをしてしまうと、トラブルになりやすいらしい

好意的に考えるとすればAさんは、あなた創作活動相棒と思っていたのではないか

文字書きと絵描きが組んでサークル活動をして、相方からわざわざ原稿料をもらうなんて話は聞いたことがない

リソースは削らず」というが、Aさんだって自分作品を作って、同人誌印刷代を出していたのでは?

最初に快諾してしまったAさんにも問題はあると思うが

たぶんAさんから見たら、あなたお金目当てに絵を描いていただけで、自分創作の楽しさを分けあってくれる仲間ではなかったという失望や怒りがあるのではないだろうか

絵が描けなくなった話。

タイトル通り、私が絵が描けなくなってしまった話。もしかしたらもう二度と描けないかもしれないなって思いながら最近を過ごしてます

すごく愚痴。長くなるし読みにくいと思いますごめんね。

描けなくなった理由。私の絵を持って行かれてしまたから。

元々二次創作一次創作も気ままに描いていて、数年前とある事で知り合ったAさんに誘われサークルを組んだ。その人は文字書き専門で、私が頼まれてAさんの一次創作キャラを絵に起こすってのが定番でした。

最初は楽しかった。根が認証欲求の塊だった私は誰かに頼られる、必要とされる事に心底喜んでたし、何よりAさんの創作が好きだった。何枚もキャラデザして気に入って貰えるまで何度だって手直しもしたりした。

それからAさんはTRPGもする人だったのでAさんが使うキャラクターの絵やNPCの絵も描いていきました。

とにかく私はAさん自身やAさんを通じて絵を見てくれた人たちに褒めて貰えるのが嬉しくて色々描いた。

なんか雲行きが怪しくなってきたのが去年の夏くらい。Aさんに同人誌の挿し絵を頼まれた。

私は(えー、値段がついちゃうんだ…こわ…)とか思いつつも、お金が伴うなら私自身も作品責任持ちたいよな、と考えて原稿料を貰うことにした。

この辺から噛み合わなくなってきてた感じ。

最初にAさんに、お金が伴うなら私にも責任が出てくるので原稿料貰いますけどいいですか?と持ち掛けたら快諾してくれた。お互い相場とか分かんないねーなんて話しつつ1.5万出すよと仰ってくれた。

そんなにくれるんだーなんて思いつつ、元々あったカラーキャラ絵4枚+デフォルメしたキャラ絵6枚、それぞれのモノクロにしたものも足して渡した。カラー絵は買ってくれた人におまけで公開すると言われた。同人誌完売したらしく喜んでもらえたみたいだった。

でもしばらくしても原稿料をくれなかった。勝手にご褒美みたいに思ってたから少し落ち込みつつ聞いてみたら1万くれた、ちょっと渋々だったのが引っ掛かった。

(やっぱりお金の話はなぁ、なんかやだもんなー、でもくれるって言ってたしなぁ)と悪い事したみたいな気持ちになりつつ受け取った。

有耶無耶と言うかモヤモヤと言うか、取り敢えずすっきりしないまま今度は挿し絵だけでなく表紙も描いてくれと頼まれた。

今回は気合い入れるからイラストは私だけに頼みたいと言われて二つ返事しました、だってしかたから。

今度はAさんが原稿料しますね、と先に言ってくれた。その時もやっぱりお互い相場がよくわからいね、なんて言いつつまた1.5万くれると。再びそんなにくれるんだーと思いながら表紙と挿し絵を頑張った。

まぁ分かると思いますがまたしばらくしても原稿料は貰えず、もう駄目だなと思いつつ話をしたら今度は態度を隠さず渋々と1万くれた。さすがにうーんとなる。

それから私はAさんに創作話を振られても当たり障りのないよう受け流すようになっていき、なんだか向こうは盛り上がってるけど私は冷めた態度しかとれなくなってしまった。それを悟られたと言うかAさんも馬鹿ではないし気づいたんでしょう。

ちょっと距離を置きませんか、そう持ち掛けられたのでした。私は(もうこの人とは楽しくいられないな)と感じて、サークル解消を申し出ました。

Aさんはそれも致し方なし、みたいな感じだったので渋々了承してくれました。ここまで来てまだ渋々なんだ、と変な笑いが出そうになったとき追撃が。

「私のメインにしてる一次のキャラは貰っていきます

そして彼女は去っていきました。

は?そんなのありかよ…

要するにAさんは、「自分リソースは削らず、言えば絵が出るイラスト生産機」が欲しかっただけで私自身を必要としてはいなかった。そう解釈するしかないような終わりかたで去ってしました。そりゃ私の軟弱な心なんて300回は折れる。

原稿料貰うのは悪い事だったかも知れないけど、そこまで露骨にする事ないじゃんね。

長々と申し訳ない、そんなこんなで軟弱女が絵を描けなくなった話でした。

2018-10-01

自分脳内にあるマンガが読みたいのだが、いかんせん俺は絵が描けん

もうこのマンガ自分脳内から取り出されることなく、この世から消滅していくだろうと思っていたのだが、

今日ネームぐらいなら自分で描けるから、それを元に絵を描ける奴に描いて貰えばいいということに気がついた。

短編マンガ約30ページぐらいを、できるだけ安く絵が描ける奴に描かせたいのだが、

どうしたらいいのだろう?

クラウドワークに出せば可能だろうか?

それともpolcaあたりに屯する乞食から絵を描ける奴を探せば良いのだろうか?

マンガ原稿料ネットで調べると新人なら1枚5000円ぐらいらしい

だいたい30ページなら、15万円。正直、自分けが読むマンガとしてはちょっと高い

もうちょっと安く上がったりしないもんだろうか

2018-09-24

anond:20180924155746

森薫みたいなタイプなら時間もかかるし技術もずば抜けてるから待遇希望するのはわかるけど

ラクガキみたいな上に特にストーリーがしっかりしてるわけでもないスッカス漫画が同じ原稿料求めるっておかしいだろ

2018-08-23

漫画家が隔月原稿料1p7000円で舐められてる

https://twitter.com/con_beef/status/1032381371610628096?s=21

---

1p7000円ですよ。隔月で。

それじゃあ生きていけないから他社さんと掛け持ちしようとすると編集から他所ではやるなと言われるんです。

じゃあ会社内の別の雑誌に載せて下さいと言うと、あなたの人気だとちょっと無理ですねーって言われるんです。

人気が無いのが悪いと言われればそれまでなんですけど

(引用終わり)---


こんなに絵が上手い人が月収8万の世の中おかしくないか

こういう気が狂った社会を何とかしたい。

パトロン制度でも投げ銭でもクラウドファンディングでも、多数の人がこの人の作品を読まずとも

熱量の高い数人がこういう人を救いwin-winになる社会がいい。

でもまだお金問題ハードルが高い。


こういう話をすると、好きなこと仕事にしてんだから我慢しろ論が湧くけど

好きなことを仕事にしてても多数に受けなくてもそれでもきちんと対価が支払われる世界になって欲しい。

2018-08-22

anond:20180822095021

クオリティ云々いうけど、コミックエッセイなんかもっと適当な絵もあるし

それでももっとまともな原稿料なり印税なり貰えるからな。

anond:20180822095423

雑誌漫画単行本になったら印税が入ってくるけど、Web漫画はそれもないし、原稿料の段階でもっともらわないと収入低すぎな気がするわ。

twitterに限らず、全ての話は脚色されている

っていうあったり前の話を忘れて

漫画の通りのやり取りがあった」前提で話を進める奴はなんだ?

原稿料一万円じゃ生活できません」「なら借金すればいいでしょ」ってストレートなやり取りが発生するわけねーだろアホか。漫画用に端折って面白く脚色しただけやろが。

なんなんだろう、この手合い。思考論理推定力がまるでない共感ゾンビかなんかか?

2018-08-20

「この度やっと特典漫画に稿料がつくことになりました」の人

長年の戦いの末、裁判に勝ちました!くらいの勢いで呟いているけれど、この人以外は自ら言い出さないのは何でだろう。いや私は出てるよ!って人が現れないのも不思議出版社から口止めされてるの?この人はBL漫画を描いているらしい。今まで払ってくれなかった出版社はどこで、今回払ってくれることになった出版社はどこなんだろう。この人が原稿料ついてなかったってことは、ほかの人もなんだよね?同じ頃に出るほかの人は今回は原稿料どうなってるんだろう?日本出版社は無数にある。BLだけに絞って、さらにこの作家の書いてるところを絞ったらおおよその見当は付くのだろう。しかしこの人はさも『出版業界全体の慣例』として話しているように感じる。でもBLという狭いジャンルしか書いてない作家。どこまで本当なのか。担当営業はどのような気持ちでこのツイートを見るのか。気になる。

2018-07-20

anond:20180720101211

擁護するわけではないけどライターイラストレーターを雇う側の問題もあって

出版がもうダメからできるだけ原稿料抑えたい事情があってその結果実暮らし

夫の収入があって安定してる主婦ターゲットにする傾向がある。漫画家なんかも

近年そういう傾向があって実家ぐらしと主婦アルバイトみたいな奴らだらけになってる

2018-07-04

漫画家への愚痴というか…

ツイッターフォローしてるwebでの連載が主の漫画家がいるんだけど、結構から連載してるやつを最近よく落とすんだよね

本人は体調悪いとか言ってるけど「応援上映行った」とか遊んだ呟き割としてて「遊んでる場合じゃないだろ」とか思うけど、まあ仕事スタンスなんて人それぞれだよねと思うことにしたんだけど…

最近おや?と思うことが割とある

その人、最近連載しだしたN〇Kの仕事は毎週絶対に落とさなかったり、そもそも最近仕事めっちゃ詰めすぎだったり、別の連載の単行本が出たときは「表紙の原稿料がもらえる!素敵!」とか「webの連載は金にならないか掲載媒体変える相談してる」とか…

あっコレ前から連載してるやつだけ不満があるやつだ

毎度楽しみにしてるけど、なんだかなぁ

2018-06-04

ソーシャルワーカーライターさんってチョロイよね

ライターさんはいとき原稿料だけど、俺らアフィサイト継続的に稼ぎを得てるのにね。

搾取されてることに気づかない人多すぎて楽勝。

どんどん「個人でアフィは無理」ってバズってくると嬉しい。

2018-05-21

地獄のミサワってまだ生きてるの?

原稿料印税で食えるほど活動してないように思うんやが…

2018-05-19

嫌な時代になったなぁと思う

商業誌漫画描かせて貰って10年以上経つ。

昔と比べて変わったなぁと思う事は多々ありその中でもSNSの発達の後押しもあるのかと思うけど

感想を発信する読者の地位は飛躍的にあがったよなーと思う。

漫画家の社会的地位原稿料も上がんないのにね!

ネット書籍通販サイト素人評論家気取りで声高にレビュー書く様見て、本当どれもこれも上から目線でご苦労様ですだよ。

さら同業者レビューに怯え、好意的レビューには媚びへつらい、担当編集者ですらネットで声の大きい、本当に購入してくれてるんだかも分かんない勢の顔色を伺い、上手く言えないけどおかしいでしょ。読者様は神様ですで納得出来ないほど力関係偏ってきてない?変なの。

何か笑いがこみ上げて来るけど原稿は落とせないから描いてる自分にも笑える。

嫌なら辞めればいいんじゃん。

こんな時代になるんだったら漫画家になんかなりたくなかった。

2018-04-19

anond:20180419022433

質問なんだが

「そこで得た利益」ってどうやって利益を得るのさ

よくyoutube比較して議論してる人がいるけど、大きな違いがある

youtubeでは製作者は無償コンテンツyoutube提供し、youtube側は広告料の一部を製作者払う。

漫画出版は多くの場合出版社が作者に原稿料を支払って作者が出版社コンテンツ提供雑誌連載、その後コミックスとして出版した本の売り上げから印税を作者に払う。

このスキーム無料プラットフォーム追加するとなると

広告料のみで雑誌売り上げと単行本売り上げ両方を賄わなきゃならないことになる

出版社利益を確保しつつそれをview数で割るということになると作者の元には今よりもずっと少ないお金しか入ってこなくなる。

しかネット広告料はどんどん減ってきている。

自費出版ならともかく、商業ベース作品無料流通させるのは現状は不可能

2018-04-10

anond:20180410153056

そりゃ好きに描ける同人の方が楽だし儲かるから商業は優先しないでしょ。

BL界隈は商業名前売るための手段くらいにしか思ってない人多いよ。

時代的にも出版社通す意味がなくなってきてるし。

どうしても商業優先して欲しいなら原稿料めっちゃ上げないと。

関係作家の方が上な時代になってくと思う。

2018-03-24

これは恐らく自分相手失言をした事によると思う。

同人から商業デビューした人の、それで食っていけない苦労やら自分は頑張ってます話を聞かされるのが面倒で仕方ない。

こちらが商業で頑張りたいと言い始めるとそれで食っていけないだの今の現実の逃げでそういう事を言っている、と諌められてしまう。

そして今考えているよりもずっと大変で…と諦めさせる話が延々と続く。

優しさから言っているとは思うが今の自分とは考えが合わない。

同人から商業うつることを軽く考えていると思われているのだろう。

真面目に考えている、というかある出版社編集ともやり取りして色々な話をしている最中だが言えないので言ってない。

そもそもその人は全てに対してやだ〜!かきたくない〜!と言いながらやっているので、それは辛さしかないだろうと思っている。

書きたくない→モチベが下がる→プロットも通らない→書かない→原稿料も入らず金がない

漫画を描く以外の仕事は何もした事はない。

悪循環しかないじゃん……。

しかも常日頃から二次同人の人気キャラの絵をアップしてるわけでもないので作家として覚えられてもいない。

漫画を描く事は今や企画力プレゼン力を伴った営業も出来ないと売れない職業だ。

なのに何もせず辛い売れないやめた方がいいと言われても頑張ってくれとしか言えない。

不幸を煽られてもその先の苦しみは自分の苦しみでしかない。

そして自分漫画一本で食っていこうとは思っていないので、すれ違いまくっている。

自然消滅かな。

2018-03-20

パトロンが欲しい。若しくは新卒副業OK企業を教えて欲しい。

私は現在就職活動真っ盛りの大学3回生だ。同時にフリーライター編集者でもある。

まぁライター/編集者とは言っても、実名を出せる記事を書けるようになったのは去年の12月のことであり、それも一本だいたい2000円から4000円くらいの原稿料である

現在の私の執筆スピードでは日に2000字を3〜4本書くのが限界なので、このライターという職業は、今のところ自分が生きていくための手段にはなり得ていない。

だが同時に、この職業自身にピッタリであること、そして会社に入って1社員として働くということが向いていないということも企業説明会に赴く度に感じている。

およそ1年間長期インターン生として会社に潜り込みやれデバックやら企画やら営業やらを通じてwebサービス運営仕事をしてみたこともあったが、その時にも「あぁ企業に入る事向いてないなぁ」と出社する度に感じていた。

仕事自体面白かったのだが、上司のしょうもない飲み会に付き合わされたり、「チームに新しい風を吹き込めるか」とかいうよくわからない評価制度に振り回されるのが苦痛だった。

要するに私には社会人適性というものが無いのである。そういうこともあって、最終的にはweb媒体拠点フリーライター編集者として生活していきたいなと考えている。というか、それが昔からの夢なのだ。何故そんな夢を抱くようになったのか、主にどんな文章書いているのか、という詳細は申し訳ないが論点がズレるので省略させていただく。ファミ通や電撃といったゲーム雑誌アルティマニアなどのゲーム攻略本に救われた経験が元になってはいるのだが。

では本題に入る。

上記の通り、私は企業の一員になるのは向いていないなぁと常々感じているものの、将来生きる糧としたいライター/編集者という職業現在そのレベルに達していない。

どうにか自分ライター/編集者として独り立ちできるまで食っていく必要がある。そこで、自分パトロンとして住まいと心の安定を提供してくれる方、若しくはサイボウズのような副業許可している会社をどなたか教えて頂きたい。なお、プログラミング系のスキルは全くありません。(ゲーム作りたくてCとC++を勉強してはいる)

最初から新聞記者なり出版系、web媒体をやってるところにエントリーしろよと言いたい方は勿論いるだろう。そりゃエントリー自体はしているのだが、こういった業界最初から高学歴エリートしか採用しないし、入社したところで目当ての部署にいけるかどうかすらわからない。そもそも採用人数もごく少数だ。だから2流の私大である私にとって全然あてにならないのである

だったらパトロン募集するなり、副業容認している会社に入ったほうが今後のキャリアとしては効率的だろう。だがwebに潜ってみても「最近増えてきている」という記事ばかりで副業許可しながら新卒募集している会社がなかなか見つからない。それこそサイボウズくらいである。

どっかに入って確定申告黙ってやればいいじゃんという意見はバレた時のリスクが高すぎると思うので採用しない。

もしこの文章を読んだ方で私のパトロンとなってくれる方、若しくは「ウチの企業副業OKしてるし尚且つ新卒募集しているよ」という企業を知っていたらトラバブコメで教えてください。ライター/編集者として興味があるという方がいるのであれば、その方に向けて情報を解禁したいと思っています。よろしくお願いいたします。

P.S.本当は自分ブログにこういうこと書きたかったんだけど、そもそもアクセス数が少ないのと表立って弱音を書くということにどこか引け目を感じてしまいできなかった。セルフブランディングも頑張らなきゃなぁ。

2018-03-09

anond:20180113160120

自分コミティアに参加しているのだが、このところ、よく作家仲間でこういう話をする。

例えば、二次創作だけど漫画ネットにアップすれば何万RTもされたり、一次でも数千RT行ったりするような時代なので

ぶっちゃけ雑誌に載ってしまった方が、ネットに上げてたときより読んでくれる人が少なくなってしまう。

だいたい、1万RTくらい行くとPV数だけで50万~100万、それよりもっと多いこともある。

2,3万RTもいけば、少年ジャンプに載った時より読んでくれる人は多い。

それを反映してか、コミティア等の同人誌即売会の方が読者の反応が明らかに多かったりする。

Web再録本ならなおさらだ

なのに編集者は依然として、

「ウチの雑誌に載せてあげてもいいけど~」

みたいな口調でダメだしをしてくる。

ネームを送っても返事もないし、催促しても感想も来ない。

これは当たった担当が悪ければ連載作家でも同じだったりする。

原稿料お小遣い程度、読む人はネット趣味で上げていた頃の10分の1、感想もない…

こんな状況で、編集者上から目線で失礼なことをガンガン言ってくる感じだったら、

お金のことをメールで聞いてもはぐらかされたりしたら…

結論なんて言う必要はないと思う。

編集者漫画家も、ネットがある今、昔とは求められる役割立場が変わったんじゃないか

それがお互い自覚できないと、おかしいことになるように感じている。

2018-03-07

anond:20180307191109

漫画村さんだったらそれに近いサービス可能かもね。

作家に払う原稿料だけでもページ1万5千×180ページ×10巻で2700万円、さら編集さんなどの人件費と数年の時間製作側は支払ってる。

漫画村人件費含めても10万円以下で商材にできるわけで、利用者優遇に2500万使っても製作するより低コストなんだもの。色々できる。

そういう相手サービスで勝つ方法があるんなら教えてほしいよね。

海賊版サービスで勝てるわけない

向こうは本1冊作るための数百万の原稿料人件費、数カ月の時間といったコスト負担してないんだから

これ言った奴のブログ記事をパクったり、有料記事転載しても文句言うなよ。読者にとってより便利なサービス提供して勝つべきなんだろ?

2018-02-15

平日働いてる1人暮らし兼業漫画家、よくみんな生きてられるな

2年弱やったけどもう無理だわこれ

スケジュール管理してなんとかやってきた。

が、自分スランプによりついにペースが崩れた。

〆切に間に合わない罪悪感、朝起きれず会社行けない~なんてのはまずいから寝るんだけど

寝なきゃいけないプレッシャーで余計に寝付けない悪循環

寝不足で心に余裕はなくずっとイライラしてるし、この安~~い原稿料で何してんだろって思った。

あわよくば売れて~~!とか思ってたけどもう無理だわ~~~~

2018-01-30

anond:20180130124003

そういう趣旨発言する事もあるし、そっちの方がバズるからそうしてるんだろうけど。普通に商業雑誌経由の単行本っていう流れにおいて、出版社が支払う原稿料が、漫画家が支払う経費に対して少な過ぎる」みたいな話をする事もあるので、軸足が完全にフリーミアムみたいのに向いているとは思わないんだけど。

彼は先行者利益を得ただけで、後に誰が続けるか?っていうと、それはそれで微妙から、誰も真似しないんだと思うし。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん