「患者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 患者とは

2019-05-22

性犯罪被害にあわない権利」を要求する運動は、「現状の社会で認められている権利」の一部を、直接的・間接的に否定する運動でもある。

奴隷制廃止運動場合は「白人黒人奴隷を持つ権利」や「奴隷農場生産された物品を購入したり使用したりする権利」を否定することになった。

女性参政権を認めると「女性意見が反映されていない社会に暮らす権利」は失われる。

子ども権利を認めると「子ども虐待したり子供コントロールする権利」は失われる。  

まりMeTooは「痴漢をしないと震えてしまう性依存症患者が、これまで通りのライフスタイル継続する権利」を不当なものとして否定している。

女性部下にセクハラをして泣き寝入りさせる権利」も、明文化はされていないながらもずっとあった。

文化されていなかったり当人たちの「自覚がないほど当たり前のものとしてその社会存在する制度や慣習」も、

性犯罪被害にあわない権利運動が起こることによって「不当に認められている権利」として明るみに出る。

自覚がないほど当たり前のものとしてその社会存在する制度や慣習」の受益者は、反発して当然。自分が損をするから

ヴィーガンが「動物がと殺されない権利」を主張すると、肉を食べる権利が脅かされる。

MeTooに怒るのはそれと同じ。「自覚がないほど当たり前のものとしてその社会存在する制度や慣習」から受益する権利を失う危機感

anond:20190522113719

ピエール瀧みたいなドラッグ使用被害者が居ないからなぁ。

池袋脱法ハーブキメながら危険運転して人をひき殺した奴は、相当叩かれた記憶がある。

アルコール依存で失職・引きこもり系には比較的同情が集まるけど、

息子をボッコボコに殴るアルコール依存親父などのケースは普通にまれまれてるんだよな。

被害者不在だと「依存症という病気患者、弱い存在治療してあげないと」となる。

被害者存在すると、処罰感情のほうが高まるんだよな。

性犯罪は必ず被害者存在するからなぁ。

2019-05-20

入院中のお楽しみ

入院経験があると、ナースAVめっちゃ興奮する。ちょっと地味な演出ぐらいでちょうどいい。

僕ぐらいの入院経験だと、入院中に見ちゃうよね。トイレで抜いたり。

まぁ、性欲が戻る頃は退院間際だけど。

ーーーーー

入院中ってやたら、看護婦さんが天使に見えるってホントですか?

容姿でいえばブスはほぼいない。

(美女美魔女もほぼいないけど)

職業柄、性格が悪い人もいない(患者目線)

そういう意味では天使しかいない。

回復しても感謝気持ちは残るので、ただのおばさんとは思えない。

看護師を悪く言う奴は、命に関わる病気・ケガをしたことないやつだろう。

2019-05-19

人生に救いが欲しい

新卒採用された仕事毎日ミスばかりしている。

周りと比べてあまりにも単純なミスを何度も繰り返すものから、優しい職場の方々にも呆れられてしまった。業務内容はとても単純なものなのに、自分でもするべき事がわかっているのに、何度も同じミスを繰り返す。今は悪い意味で心が凪いでしまっているけど、4月頃は毎日家で泣いていた。

これはマズいと思い4月の終わりにメンタルクリニック受診したところ、発達障害だと診断された。本当は大学の頃からそうなんじゃないかと思っていたけど、クリニックを受診するのにかなりの抵抗があった。

クリニックではインターネットで受けられるものと同じ問診票を書かされ、5分程度で診断がおりた。精神科ゆっくり患者の話を聞かないとの話は聞いていたし、話したい事をまとめたメモを渡していたので時間については驚かなかったが、もう少しちゃんとした検査をするものだと思っていた(WAISとか)。

よくネットで「自称発達障害乙」とか言ってる人がいるけど、この程度の診断なら「自称」と「他称」にそこまでの差があるのか疑問だ(もちろん第三者の冷静な目が必要な人は居るのだろうけど)。

ストラテラ40mgを処方され4日ほど服用したところ、ミス結構減り、これでやっと救われると思った。今まで学生生活アルバイトでずっと苦しんできたけどこれでやっと終わるんだ、普通の人と同じ生活が出来るんだと思っていた。

でも、4日目以降から副作用が落ち着いてくるのと同時に効果も感じられなくなってきた。同じようなミスをまた繰り返すようになった。自分用のマニュアル作りをする、許される限り残業させてもらうなど思いつく限りのことをしたがダメだった。これ以上もうどうしたらいいのか分からない。最後の頼みが服薬だった。

日常ミスを書き残したものを眺めていると、私は知的障害なんだろうか?とさえ思うようになってきた。学業でそこまで躓いた記憶はないのに、どうしてここまで何も出来ないのだろう。日常会話の流れさえ掴めないことがとても多い。

これから毎日死ぬまで人に迷惑をかけ、白い目で見られながら生きていかなければならないのだろうか?

転職したってダメ自分が付いてくるのでは同じだし、結婚したくても容姿も醜いしコミュニケーションスキルも低い。友達趣味お金もない。生きていて楽しい事が一つもない。

phaさんの「ニートの歩き方」や高村さんの「自作小屋で暮らそう」を読んでアーリーリタイアという手段も考えてみたけれど、別の人のブログ等を読んでいると40歳近くまでまでアルバイトをするのは周りの目がかなり冷たいそうだし(私はアルバイト程度の仕事でも満足にこなせない自信があるからもっと冷たい目で見られるだろう)、どちらにせよ暫くは人に迷惑をかけながら働かなくてはいけないというのが耐え難いと感じてしまう。

この絶望解決する方法が自×以外ににあるんだろうか。

薄々死ぬしかないと分かっているのに、いざ死のうとそういう場所に行っても死ねずに帰ってきてしまう。親の介護、失敗のリスク死ぬまでの苦しみ。死ぬのは思っていたより簡単ではなく、それを実行する力がない。

普通人達結婚に向けて着々と準備したり、キャリアアップの為に努力したりしている。私は発達障害という点を除いてもいろいろな部分が壊滅的におかしいんだろうけど、具体的に何がおかしいのかも分からない。

人生周回遅れの癖にリタイアすることも出来ず、他人迷惑をかけながらゆっくり坂を下りていくしかない恐怖。どうしたらいいのか誰か教えてほしい。

2019-05-18

粉瘤を切った話

背景

粉瘤がなんであるかは、ググって見てください。

ややグロ画像と共に紹介している記事があると思います

私は子供の頃から左耳の裏に粉瘤があって気になっていた。

一度体調を崩したときに派手に化膿して顔の輪郭が変わるぐらいに腫れ上がったことがあった。

本当はその時に切除してもらいたかったのだが、化膿していると切除できないそうでそのときは膿を出すための小さく切開だけして粉瘤本体はそのままだった。

粉瘤は中に垢などが溜まって、開口部から臭い匂いがする内容物が出ることがあったのでいつか切除したいと思っていた。

仕事関係などもあって、余裕が出たタイイングで切ってもらった話。

初診

近所の皮膚科受診して摘出をしたい旨を伝える。

別に無理に切らなくてもいいんだけどね、と言われるも経緯と希望説明したらあっさりと近所の大きめの病院への紹介状を書いてくれた。

三日後に診察の予約。

手術前の受診

予約していた大きめ病院受診

切除したいという希望は伝わっていたので、患部を軽く診察してすぐに手術の予定調整。

その病院は週に2回手術日があるのでなので明日でも手術可能だがと提案されるが仕事の絡みもあって三日後の朝一番の回にしてもらう。

手術当日

午前9時ごろに病院に行く。

受付をして、下着Tシャツ以外は手術服に着替える。

看護師さんに連れていかれて、外来の診察室から病棟の手術室へ。フロア全体が手術室のようだ。

クリーンルームになっているエリアに入ってスリッパの履き替えと手術室担当看護師さんに引き渡される。

その後、手術室に案内される。

結構広めの部屋に中心部分に患者が寝るベッド、周囲には機材がポツポツと置かれている。

ベッドは案外簡素ものでクッションもさほどない。血圧を測るため右腕を出してくれと言われたので出すと、ベッドの脇に腕を置くようの台が置かれる。

次は化膿止めの点滴を打つがどちらが良いかと聞かれる。右手血圧を測るための機材が巻かれているので左手にお願いした。腕の内側に打つのかと思いきや、外側に打たれたのがちょっと意外。

手術時間の見込みに合わせてなにやら滴下量を相談していた。

看護師さんを中心に人が何度か出入りしているうちに執刀医が来た。

50歳ぐらいの気さくなおじさん医師だった。すぐに患部を確認してどう切ろうか相談していた。

まずは患部全体の消毒。粉瘤は左耳だったので顔の左半分を消毒される。

患部以外をカバーするようなシートをかけられる。開腹手術などの映像で良く見るあれだ。ただし顔にかかると息がしにくくなるだろうということで穴の部分から鋏を入れてやや顔が出るようにしてくれた。

いよいよ、麻酔注射をしていく。一箇所に注射して終わりというものではなくて、手術箇所を十分にカバーするように何度も小分けにして打つ。

これはそれなりに痛い。

効果はすぐにあるようで、「これ感じる?」と麻酔のかかった部分をつつかれたようだ。「ようだ」というのも何をされたか分らないほど麻酔効果があった。

麻酔効果確認してから切開が始まる。患部を引っぱられる感覚はあるのだが、何をどうされているのかはさっぱり分らない。一々実況されても嫌なのだけど

わりとおしゃべりな先生看護師や私に話かけてくる。やれ出身はどこだ、仕事は何をやっているのかなど大半は手術とは関係のない話題

まるでフレンドリー美容室のようだが、一切押し黙って重い雰囲気で手技をされるよりは良いか

切って摘み出せばすぐに終わるかと思っていたがそんなことはなく、手術中ジョキジョキという音がひっきり無しで聞こえる。

患部を切り取っている音だったようだ。

かれこれ30分ほどで手術は終了。術後の写真などを取りつつ縫合して終了。

手術中執刀医が摘出した部位が大きい大きい強調して、やたらと見せたがるので術後に見せてもらった。

液体に漬けられた患部は奥まで広がっていたようで大きさよりも形状がいびつだったのに驚いた。

なんとなく球状なのかと思っていた。

切除した部分は紡錘形になっており、そこから袋状になって奥へと広がっていたようだ。

縫合後に記録用に撮っていた写真を見せてもらう。思ったよりも切開範囲は狭い。

腫瘍を引っぱり出しながら周りをジョキジョキと切っていったのだろう。切開部を開けて中を写した写真では奥に残留物がない様子が見えた。

手術後には前室に戻って、再び診察側の看護師さんに迎えに来てもらい帰る。

費用は1万490円也。抗生物質と抗炎症剤を処方される。

全行程で2時間ちょっとだった。

その日は、そのまま仕事に行った。

術後の診察

術後の経過を見るための診察を受ける。

切除した粉瘤は一応生検をしたそうで、悪性ではなかったとのこと。

手術箇所周辺をがっちり固めていたテープ剥がし目視確認の後、市販品と同じような絆創膏を貼って終わり。傷口はきれいに塞がっているとのこと。

抜糸は翌週の同じ時間で予約が入れられた。一週間はこのまま。

数日後

絆創膏がいい加減水に濡れてよれよれになってきたので自分で剥がす。確かに傷口はすでにかなり塞がっていて縫合した糸を除くと目立たなくなっている。

縫合した部分を自撮りしてまじまじと見る機会は始めてだったのだけど、まつり縫いのように一本の糸で縫うのでなく一針ごとに結び目ができているのだな。

医療物のドラマとかで研修医鶏肉とかで縫合の練習をしているのがまさにこんな感じ。

から抜糸するためだろう、外に出ている糸は敢えて出しっぱなしにしているようだ。凄く抜きたくなる。

抜糸

傷口が融着しているのを確認して、糸をパチパチを切って終了。

傷跡は自分では直接見ることができない場所だが、うっすら線が入っている程度が見えるだけ。

後日触ってみると、粉瘤がもとから無かった右耳の耳たぶと比べると若干しこりがあるようだ。

あれだけやっても取りきれてなかったのだな。

若干残り物があるようだが開口部がなくなったので臭い内容物が出なくなったし、その後も粉瘤が化膿することもなくなったので良かった。

anond:20190517184350

昔えらい教授HIV患者隔離政策すべきとか言ったことがあったね

問題視もされずニュースにもならなかったか日本人本音なんだろうな

2019-05-17

自動AEDロボが発明されれば万事解決じゃね。

ロボが患者カーテン的なので覆って、服はハサミで前からバッサリ切る、んでAEDやる。

人間がやらなければよい。

anond:20190517101227

分娩室の横のトイレなんだから一般患者や見舞客なんかが利用する所とは分けてるはずだし

(全く分けてないならそれはそれで衛生管理とかどうすんだと思う)

患者がいる時は清掃員は入ってくんなくらいのマニュアルはなかったのかと思うが。

2019-05-16

anond:20190516121132

知ってる限り医者患者もだれも安楽死医者による安楽他殺)なんか支持してないよ

そしておまえは混同できない鉄道自殺安楽死混同してる妄想バカ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E6%A5%BD%E6%AD%BB

anond:20190516094551

患者を苦しみから救う」という点で「殺す」は手段ひとつだぞ。いまのところ許されていないがな。

anond:20190516093709

まあ医者が「癌患者は殺すしかない」って言ったらそりゃクビでしょ…

「殺すしかない」は只の放棄だが、「戦争するしかない」は手段模索でしょ。

北方領土あきらめてないってこと。

「がん患者は殺すしかない」をたとえに使うなら、「北方領土放棄しかない」が相当では?

anond:20190516093358

まあ医者が「癌患者は殺すしかない」って言ったらそりゃクビでしょ…

2019-05-15

高額医薬品として注目されていたスイス製大手ノバルティス遺伝子治療薬「キムリア」(一般名:チサゲンレクルユーセル)の国内での薬価が1回の投与で3349万3407円に決まった。厚生労働省5月15日に開催した中央社会保険医療協議会で、原価計算方式に基づいて算出した案が了承された。5月22日保険適用され、施設基準を満たした医療機関において治療が受けられるようになる。

 キムリアは患者免疫細胞を取り出して、がん細胞に対する攻撃力を高めるために特殊遺伝子を導入した後、細胞を増やして患者の体に移植するという製品だ。米国2017年9月世界で初めて承認され、日本でも2019年3月厚労省承認していた。

 臨床試験では、通常の治療では治らなかった難治性の白血病リンパ腫などの血液がんに対して高い有効性が確認されている。ただし、一定割合で効かない患者がいるほか、非常に重篤副作用が生じる場合があることが分かっている

2019-05-14

anond:20190514170615

大腸がんも、腫瘍が腸管を塞いで腸閉塞を引き起こすと、猛烈な苦痛に苛まれるという。2000人以上のがん患者相談無償で乗ってきた「がん難民コーディネーター」の藤野邦夫氏が解説する。

放置すると、便が出なくなり、嘔吐するようになります。この時、胃液など通常の吐瀉物でなく、腸などから逆流して便のようなものが口から出てくることがあるのです。肉体的な苦しさはもちろん、これを繰り返し経験すると、精神的に参ってしまう」

anond:20190514135912

 悪化してからだと色々間に合わないことが多いから早めに病院行っとけ。

間違い。

悪化してからだと間に合わない」のではなくそもそも精神科医精神病を治せない。

ちんこ患者は治ってないのが明らかだから治せてないとばれるだけ。

軽い患者医師によって改善されてなくても通院して「先生ありがとうございました」つって去っていくので

医師がなにかしたような体裁を繕えてるだけ。

2019-05-13

anond:20190513205527

自分病気障害である!!丁重に扱われるべきである」って主張したい人達はかなりの数いる。

こういう人たちは、生活習慣病心因性・加齢・ストレス等のキーワードを激しく否定する。

自己責任ではないというストーリーラインに沿って医療情報解釈する。拡散する。

こういう歪曲デマを、顧客サービスなのかモンスター患者対策なのか、医療者は正さない。

患者様の意向診断基準になる精神疾患のようなジャンルもある。

文盲迷信からの脱却の結果が、医療ポピュリズムかいって思うと感慨深い。

anond:20190513191528

透析患者のやつは、治療中止だろ

少なくとも安楽死ではない

引用している定義に合わせても尊厳死のほうだろ(俺はそうは思わないが)

引用してるお前が混同するなよ

anond:20190513173925

医者同意とっても問題になった件とはり間違えた

https://president.jp/articles/-/28042?display=b 

これも殺人罪といわれているが、しか医者安楽死のつもりで患者の方は苦しんで死んでる。

仮にこの記事タイトル殺人罪でなく自殺幇助罪でないのか?という記事であっても

刑法にとわれ、汚名を着せられ、

他の患者を救えなくなる医者にとってはたまったものではない、

患者患者で「安楽」のはずが苦しむなんて、となる。

双方にとって不幸な出来事である点にかわりがない。

 

国民合意して法律ちゃん改正させ、苦しまない死に方とはどういうもの定義までしないことには

医者というプロの手によりますます安楽死がとおざけられるだけです。

 

簡単安楽死(=プロによる苦しまない他殺をうける)を口にし望まないこと。

安楽自殺混同しないこと。

望むなら望むでしっかり最後まで政治に働きかけないといけない。

無知国民長谷川豊(金がかかるから透析禁止と書いたブログ炎上)みたいな無知政治家を増長させるだけ。

追記 どうせ増田は上のリンク先よまないか定義部分だけでも転記しておくね

死が迫る終末期において、延命治療を中止し、自然な死を迎える方法もある。「尊厳死」と呼ばれる死である

尊厳死医学界で常識である日本老齢医学会は2012年に「胃ろう」を止めるための指針をまとめ、日本救急医学会も2007年一定の条件下でのレスピレーター(人工呼吸器)などの生命維持装置の取り外しを提言している。

今回の公立福生病院事件は、こうした医学界の考え方と大きくかけ離れている。病院が終末期医療尊厳死の在り方を自分勝手に、都合よく判断した結果、透析患者の命を奪ってしまったのではないだろうか。沙鴎一歩はそう考える。

1995年安楽死事件では医師殺人罪が確定

尊厳死混同されがちなものとして、「安楽死」という言葉がある。

1995年3月横浜地裁東海大安楽死事件判決安楽死の3つのタイプ積極的安楽死、間接的安楽死消極的安楽死)を示している。東海大安楽死事件とは、東海大付属病院で末期がんの患者医師が塩化カリウム注射して死亡させた事件で、安楽死問題が初めて司法の場で大きく問われた。判決後、医師殺人罪執行猶予付き)が確定している。

anond:20190513162538

植物状態から患者同意してる」と見なされなかったんでしょ…

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん