「大切なこと」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大切なこととは

2017-09-18

anond:20170918134146

超分かる。

日清なんかどんだけ無駄広告費使っているかからないけど、

あきらかに競合他社と性質の違うCMを「作りすぎている」気がする。

他との差をつける事は大切なことだけど、

「俺たちの商品はもちろんみんな知ってるよね〜〜〜〜よろぴくね〜〜〜〜」みたいな姿勢の展開の仕方、

それこそ昔から日清商品を知っている層から見たら不快になるわ。

過去遺産使っているだけで、でかい顔しないでほしい。

2017-09-17

差別する自由なんてねーよクソが

差別する自由」はある

https://anond.hatelabo.jp/20170916180720

共同体ルール尊重すべきもの差別ではない」と言う人がいる。

しか因習という言葉で示されるような差別的ルールは、元増田が示したように現に存在する。確かに私たちからすれば、それは差別である

はいえ、それは今自分らが属する共同体から見た意見であって、実際には共同体同士の意見の相違、西欧に端を発する価値観に身を浸した自分らが勝手に「差別だー」と言えるだけかも知れない。その定義からして差別であることに違いはないにしても、その共同体には差別以上に大切なことがあるのかも知れず、それを無視して私たち価値観押し付けるのもいいことなのかどうかわからない。

そういうふわっとした文脈で見るならば、この問題は「差別するのも自由ね」ということではなく、「その風習が「差別」だとしても気にしないある共同体価値観」が尊重されている、ということになる。つまり単純に、差別云々よりも優先される大きな枠組みがある、ということだ。

話は変わるが、「男女は違うのだから区別必要だ」などと言いながら無根拠ジェンダーロールを押し付ける人がいる。これは一つの例えで、「◯◯は区別差別ではない」ということを言う人が、そのじつ差別をしていることは多い。だから差別区別根本的に同根だと主張することには「あなた区別だと思っているそれは差別かも知れませんよ」という啓発の意味がある。実際問題区別する以上はそこに区別する意図があり、その意図区別される側からすれば不利益を被るものである場合、更にそのことに区別する側が無自覚場合(事実、往々にして無自覚である)は、こうした啓発には十分な意義がある。

しかし、差別区別は違う。何が違うって、単純に言葉が違う。区別差別と考えることは(ある意味で)わかりやすいかも知れないが、それでは人類差別主義者となってしまう。「生きるのは罪なことだ」と嘯いているうちはまだいいが、そこから「だから私も当然差別をする」までの論理的距離ゼロである。「差別」という言葉告発されるべきアホみたいな現実は山ほどあるし、それは生きる上で「区別」することを避けられない人間において、それでもこりゃあないよと言いたくなるような、一線を超えたものである

ちなみに、以上のような話題になると、「私も当然差別しているが、差別していることを自覚している」という人が現れる。自覚の有無で人間としての高貴さを測ろうとするこのタイプは、実のところ、自分差別-区別スキーム他人押し付けているだけで、過去の人たちが作った「差別」という言葉には興味がない。その「自覚した差別」を「区別」と呼び、「無自覚差別」を「差別」と呼べばいいだけなのに、なぜか自分用語法に拘る。それは、彼らが本当は差別に興味がない、あるいは差別をなくそうとは思ってないからだ。「差別がなくならない世界を知っている私」を誇っているだけである

長々と関係あるのかないのかわからない話をしたのは、「差別する自由」というのは、「差別がなくならない世界を知っている私」のどうでもよいアピールの亜種でしかなく、本当にクソみたいな話だと思ったからだ。別にそれだけなら勝手に言ってろという話だが、改めて言うと、そこから「だから私も当然差別をする」までには何の論理的手続き必要としない。その結論を止めるのは、ただ現実にクソどうでもいいことでアホみたいな差別されて不利益を被っている人の声を聞くことだ。

がんばれクソども。

2017-09-08

僕は人生放棄しているのだと思う

結婚もどうでもいい(どうでもいいと思っていい世の中になった)

恋愛も幾度かしたけどすべて浮気されて別れた、4回。女性男性を愛さない。そんな女性ばかりじゃないことは知っているけれど信じきって恋愛することはなんつうか難しい。

成功はもともとどうでもよかった

生きる目的が決定的にない。

昔の仲間と酒飲んでバカ騒ぎするぐらいしかないがみんな家庭を持っていて一番大切なことではない。僕だけが痛いやつ。

仕事はそつなく行っているが別に楽しいわけでもない。

婚活でも転職でもすればいいのだろうけど恋愛はもうモチベーションが働かないし仕事キャリアからはずれて成功とは程遠いしそんなに金が欲しいわけでもない。

gdgd妖精s見るぐらいしか楽しみがない。

かといって死にたいわけでもない。漫然な生をどう扱えばいいのか皆目わからない・・・

2017-09-03

SideMライブコールについて

まず初めに、これは現在約2万人いるとされているアイドルマスタ-SideMプロデューサー、そのうちの一人の日記です。

たった一人のブログを読んで、「これがSideMPの総意なんだ」と感じてしまタイプの方につきましては、私以外のPさんにご迷惑をお掛けすることになるので閲覧はしないでいただきたいと思います


―――――――――――――――――――――――――――――― 

 

 

SideMアイドル達の「歌」、お好きですか?

 

私は好きです。

通勤中や仕事で辛い事があった時も、担当ユニットの歌を聴けば元気になれるし「ライブのために頑張ろう」と気力もいただいています

 

 

ライブキャストの皆さんが、「315プロアイドルとして歌って踊る姿」が本当に大好きです。

そんな私にとって、歌声かぶさる客席の声、「自称コール」、これが本当に邪魔です。

 

例えば、

うぇるかむ・はぴきらパーク!の「めぇめぇ」「ぴょんぴょん」「がおがお」

JOKERオールマイティの「そんなものは壊してゆけ」

・バーニン・クールで輝いての「Oi Oi Oi

FunFun!Festa!の「オーイェイ」「オフコース」「オーイエス

こういった、『CDに入っている合いの手の部分』につきましては、キャスト歌声邪魔しない程度に入っています

 

少なくとも、「公式コール」は「CDに入っている部分」だと思われます

それ以外は、オリジナルであり特に公式から推奨されたものではないということがわかります。 

 

ですが、こちらも例えばBeyond The Dreamの「どんな苦しい時でも背筋伸ばせ/もしも心がくすんで見えなくても」の部分。

ここにかぶさる「オーハイ!オーハイ!」という大声。

 

この部分は、CDには入っていません。

 

 

CDを積んで、チケット代と遠征費を払って行ったライブ

この場面で、WとF-LAGSの歌声聴く以上に大切なことがあるでしょうか?

キャストの皆さんの頑張りを、この部分を聴きに来た観客の楽しみを、誰に邪魔する権利があるのでしょうか?

 

 

以前話題になった某はてブロの件で、「CDにない部分に声を出してコールと言い張る」方々の意見を目にしました。

その方々曰く、「コールは盛り上げるためにやっている」とのことでした。

 

盛り上げるためなら、キャストの今までの頑張りが詰まった歌声邪魔しても許されるのでしょうか?

盛り上げるためなら、まだキャストの方が歌っている最中に「せーの」と音頭をとりコールを先導しても許されるのでしょうか?

 

そもそもこの「盛り上げるため」というのは真実なのでしょうか?

 

自分が楽しく「盛り上がりたい」だけではないのでしょうか?

 

 

こういった、「CDに入っていない、キャスト歌声に重なる観客の声」を嫌がる声に対して、

 

・「コールが嫌ならライブに来るな」

・「アイドルライブはこれが普通、慣れるしかない」

・「静かに聴きたいならCDでも聴いていればいい」

・「コールが嫌ならライブに向いていない」

 

という反論がありました。

 

ライブってなんなのでしょう?

ステージにたたない観客が、大声を出すことを許された空間ですか?

 

キャストの、その時しか聴けない生の歌声聴く

これがライブなのではないのでしょうか?

 

キャスト歌声を黙って聴けない方が、よほどライブに行くのに「向いていない」のでは?

 

私は、よくとあるロックバンドライブに行きます

そこでは、当たり前ですが観客は演奏中誰一人として声をあげません。

 

彼等の演奏にだけ耳を傾けて、曲の世界に浸って、曲が終われば歓声や拍手自然に聴こえてくるとても心地の好い空間です。

まりMCをする方ではないメンバー達ですが、彼等が話してる最中に大声で名前を呼んで遮ったり、「水おいしい~?」なんて声もあがりません。 

 

これが普通ライブだと思っていた私に、アイドルマスターSideMライブは悪い意味で衝撃でした。

 

男性アイドル」という設定でステージの上に立っているので、次々に黄色い歓声があがるのは「ちょっとジャニーズっぽくてすごいな」とは思いました。

ちょっとうるさいな、と思うくらい大声で黄色い声を上げる方もいらっしゃいますが、基本的には歌の最初最後、又はなにか特別パフォーマンスがあった直後の部分だけで、私はですが歌っている最中もひたすらキャーキャー叫ぶ方にはまだお会いしたことがありません。

(自然に出てしまったものでしょうし、そこまで歌にかぶさって邪魔というほどではないですが、正直ないに越したことはないです。)

 

「せーの」という先導についても、押し付けであり「曲を聴きにきた人の邪魔になっている大声である」と自覚した上でやっていただきたいです。

 

 

自分たちコールライブを盛り上げる」。

とても綺麗な響きですよね。

 

 

ですが、彼等のライブはその程度のものなのでしょうか?

315プロアイドルとしてステージに立った彼等のパフォーマンスは、観客が意識的に頑張らなければ盛り上がらない程度のパフォーマンスしかできていないのでしょうか?

 

 

「盛り上がったよ」

「楽しかったよ」

「最高だったよ」

 

これらの気持ちを伝えるのであれば、

 

・曲の最中CD部分のコールレスポンスを全力でやる

・曲の最中ペンライトを振る

・曲が終わってから拍手、歓声をあげる

 

これだけで十分ではないですか?

本当に、キャスト歌声かぶさってまで大声を出すことが「盛り上げる」ということなのですか?

誰のためのコールですか?

自分が「盛り上がりたい」「盛り上げたんだと実感したい」だけではないですか?

 

その「自称コール」は、本当に必要ものですか?

キャスト歌声邪魔して、キャスト歌声を聴きにきた人の楽しみを奪ってまで、しなくてはいけないものですか?

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――

 

※※※※ 

コールは駄目と言うが〇〇はどうなんだ!という疑問つきましては、あなたがご自分判断してください。

SideMだけの問題ではない、ではなく、「いちSideMユーザーとして私が言いたかったこと」なので規模の問題ではありません。

・これは、「CDに入っていない、キャスト歌声に重なる観客の声はコールではなく、それを迷惑に思う人間がいる」という日記です。論点ずらしはおやめ下さい。

・繰り返しになりますが、これはただのいちSideMユーザーである私の日記です。これがSideMP全体の総意ではありません。

※※※※ 

 

 

最後に、「コールをするのがライブ」という人と「ライブ音楽を聴きにいくもの」という人の共存は、絶対不可能です。

 

何故なら、「叫びたい人が叫んだ」時点で「一度きりの生の音楽を聴きたい」人が曲を聴く妨げになってしまうから

曲を聴きたくてきた人は、強制的我慢を強いられてしまます

 

CDと同じものを聴きたいなら円盤を買え、CDを聴いていろ」

言われなくても買っています。彼等の歌やパフォーマンスが大好きだから

 

ですが、円盤では大なり小なり歌声修正されてしまます

からこそ、一度きりしか聴けない「ライブでの彼らの生の歌声」は本当に貴重なんです。

 

もし、「キャスト歌声に重なってあなたが声を出す」としたら、

それは「キャスト歌声聴くことを楽しみに来た誰かの楽しみを奪っている行為なのだという自覚をもって下さい。

  

 

SideMライブは、CDに入っていない部分でも観客が大声を出さなければ盛り上がらないライブではありません。

「盛り上げるため」に善意でやっていてくれるのだとしたら、もう大丈夫です。

キャストの方々からのコーレスも増えて、どこで声をあげて欲しいのかわかるようにしてくれています

どうか、キャストの方々を、そのパフォーマンスを、信じてあげてください。

 

 

 

掃除開運・運気アップした後にこそ考えてほしい大切な5つのこと

掃除開運して運気アップすることは可能です。

私も掃除開運し、運気アップした体験をしていますそもそも掃除をすることによってスッキリするのは当たり前のこと。

汚い部屋で暮らしていると心もドンドンと汚れていきそうな感じは否めません。

とにかく運気アップに掃除は欠かせませんが、開運してからも大切です。掃除で運気アップをしてから考えてほしい大切なことは以下の通り。

掃除開運・運気アップした後にこそ!



冒頭にも書きましたが、最近ついてないことが多いのであれば掃除しましょう。

面倒くさくても綺麗にするのです。別に年末大掃除並みにする必要はありませんが、できることなら徹底的に掃除したいもの

綺麗にすればするほど運気アップは間違いないですし、開運して人生さらに楽しくなるのは間違いありません。

けれども、ここで考えてほしい大切なことが。

掃除開運・運気アップしたからといって、何も行動しないと何も生まれません。運気アップした後にこそ、積極的に行動をしていきたい。

頭の中だけで考えていることは行動に移して実践していきましょう。

そうしないとどれだけ運気アップしても意味がありませんからね。

掃除開運したのはただのスタートライン


定期的に掃除をすることによって、さらに運気アップもします。

もちろん、毎日掃除をするに越したことはありませんが、やはり現在人は忙しいです。だからこそ、細切れ時間活用してはしっかりと掃除をしていきたいもの

くだらないことに時間を費やしている暇があるのなら、トイレ掃除や台所に溜まった食器類を洗いましょう。

それと大切なこと掃除をしたからといってそこで終わりではないということ。

掃除開運したのはただのスタートラインに過ぎませんからね。掃除をしてスッキリした後は今後の人生構築に華を咲かせていきましょう。

とにかく心地いい環境作りを意識する



掃除開運して運気アップするからといって、掃除のもの目的にしてはいけません。

あくまでも掃除きっかけにすぎません。

掃除をして心地いい環境作りを意識しては、本当に好きなことだけをするためにはどうすればいいのかを考えていきたいもの

辛いことや苦しいことをしなければ幸せになれないというのは迷信です。

自分にとって心地いい環境を作れるのは自分自身だけというのを理解していきましょう。

掃除開運・運気アップした後にこそ考えてほしい大切な4つのことのまとめ



人生において「運」というのは必ずあります

運がない人もいれば、強運の持ち主もいるのが世の中。

もちろん、運だけで生きていけるほど甘くはありませんが、運も実力のうちという名言があるようにやはり運気アップは大切なこと

そのための方法掃除があるだけで、他にも様々な運気アップ方法はたくさんあります

大切なことは運気アップ方法ばかりを漁らないこと。俗にいうノウハウコレクターみたいなものですが、ノウハウだけでは何も変わりません。

人生は行動して失敗しての繰り返しで成り立っていきます

行動なくして人生は変わりません。こればっかりはいつの時代にもいえることではないでしょうか。

心も身体スッキリする掃除で運気アップをしていきましょう! inoue311

2017-09-02

#9月1日の夜に

最近騒がれている9月1日自殺率に関する諸々の話題に触れると、蓋をしている自分の嫌な記憶が開けられる感覚がして胸が苦しくなる。

いじめの種類はいろいろあると思うし、相手いじめだと思っていなくても自分はいじめだと思うこととかもたくさんあると思う。

その中でも「学校が辛かったら逃げなさい」という風潮は間違ってないし、私もそうするべきだと思う。

ただ私が思うことは、それに加えて「逃げ場所に気をつけなさい」ということ。

私は高校時代部活が嫌だった。部活動の内容自体は好きだったけれど、どうにも人間関係がうまく築けなかった。

でも同じクラスの違う部活友達もいたし、真ん中くらいのカーストにもいたと思う。

ただ、私はとてつもないネガティブだった。口を開けば弱音みたいなネガティブ。こじらせナイトを今は笑って見られるけれど、出演者の方々は自分をまんま写したような性格で、苦笑いしてしまうこともある。

そのネガティブが災いして私は友達を失った。逃げ場所だと思っていた場所はそうじゃなかったのだ。

同じクラスの仲の良いグループに、私は軽い気持ちで「死にたい」と言っていた。今思えば私の非の割合が多いのは明らかだと思う。

始めは慰めてくれた友達も、段々と話を聞かなくなって、しまいにはハブられた。

地獄のような高校生活だった。別に罵詈雑言を浴びたわけじゃないし、席に落書きされたとか持ち物を失くされたとかそういうわかりやすいじめじゃなかったけれど、

私は空気みたいな存在になって、友達と過ごしていたはずの時間は確かにあったのに全部嘘みたいに思えた。本当の友達なんていなかったんだって思った。

目立つこともしなかったし、目立っちゃいけないって思った。あんなひどいこと言ったのは私だから

その後の進学先は地元を離れた。できるだけ地元友達とは関わりたくなかった。

進学先では友達もできたし、平穏生活を送れた。でも進学先での友達高校時代とか中学時代友達の話を聞くたびに、私にはそういう話がないことを実感して悲しかった。

同じクラスメイトだった人たちはきっと同窓会とかやってるんだろうな。LINEグループもあるんだろうな。空気は誘われるわけないんだけれど。

就職先を決めるとき地元を離れたかった。親元を離れたいとか、自立したいとか、都会で暮らしたいとか、少しはあったけれど、一番は「地元友達がいないから」だった。

いろんな事情があってUターンしてしまったけれど、正直毎日しんどいし、地元に帰ってきたメリットを見つけられないでいる。数年働いたら地元を離れたい。

コミュニケーションも人並みには取れるし、人並みに仕事もこなせるし、普通に生活は送れている。引きこもりになったりとか、対人恐怖症とか、そういうことはないけれど、

私は友達と深い話ができないし、距離の詰め方もイマイチからない。深いことを相談して高校時代の二の舞になることを恐れているからだと思う。

いじめや嫌なことから逃げることは自分の身を守るために大切なこと。でも、逃げ方を間違うことで降りかかってくる災難もある。信頼できる場所に逃げてほしい。

2017-09-01

稼げない人の特徴にはある1つのことだけが共通している!その真実とは?

稼げない人の特徴にはある1つのことだけが共通しているとのこと。

その特徴とは「継続できない」という真実

継続は力なりという言葉があるように、大半のことは継続すれば何とかなるもの。稼ぐ、稼げない以前にこの継続ができない人はかなりいるようです。

なぜ人は継続ができないのでしょうか。


稼げない人の特徴に継続できないという理由




とにかく稼げない人は継続できないということ。

継続するためにはそれなりのコツがありますが、まずはなぜ継続できないのかを知ることから始めましょう。

ほとんどの理由は以下の通り。

















なんだかんだいっても継続する理由が明確でないと、普通の人はすぐに継続放棄してしまます

自分にとっての都合がいい理由を見つけてきては、継続から逃げていくのです。

稼げない人の特徴にありがちなことですが、そもそも継続しようと意気込む必要はありません。


継続することを頑張りすぎない





継続することを頑張りすぎると人間ドンドンと疲れていきます

からといって、継続しないということではありませんが、無理に頑張る必要もないのです。

もっと分かりやす説明しますと、力を抜くところはしっかりと抜くということ。常に力が入っていると本当に疲れますし、継続自体億劫になってきますからね。

ブログを書くことに関しても、継続することはこのように力を抜いて書いていくということです。

継続することに頑張りすぎない。

少し難しいですが、これを理解すれば継続はそんなに難しいことではありません。


稼ぎたいのであればとにかく継続すること





何が起こるか分からない人生

今の働き口が急になくなることもありますし、収入源は多いに越したことはないですよね。

稼げない人の特徴には1つの収入しか持っていないというのもあります。稼ぎたいのであれば、ネットビジネスなどでもいいので、収入源を増やしていきましょう。

今の時代ネット環境さえあれば誰でも参入可能です。

お金がそこまでなくても自分の城を築き上げることができます大切なことはまずやってみること。失敗など恐れずに挑戦していくことです。

それも踏まえて継続が力なり。

本気で稼ぎたいのであれば、とにかく継続が命です。何を言われても、笑われても関係ない精神で進んでいきましょう。


稼げない人の特徴にはある1つのことだけが共通している!その真実とは?のまとめ




稼げない人の特徴から抜け出せない人は、いつまで経っても稼げないままで人生が終わります

そのような人生にならないためにも、稼げない人の特徴から脱したいもの

まずは継続してみては期間を決めて試行錯誤していく。その都度に改善をしていっては自分なりの答えがドンドンと見つかっていくことでしょう。

たった1度の人生をどのように過ごすかは人それぞれ。

できることなら、つまらない人生よりも楽しい人生の方が良いに決まっています

そのためにも稼げない人の特徴を本気で理解しては、今後の行動に繋げていきたいものです。


稼げない人は継続することの本当の意味をまず勉強していきましょう! inoue311

2017-08-31

子供読書感想文コンクールに行く

学校から帰ってきた子供が目を輝かせながら言った。

しかし、手放しで喜ぶにははいささか不安が残る。

なぜなら、その感想文は100%子供が書いたものではないからだ。

ここで少し、自分過去の話をしたい。

自分子供と同じ頃、じつは自分の作文もコンクールに行ったことがある。

結果は佳作としてローカル新聞に載る程度のものだったが。

このとき100%自分で書いた。しかも、子供がどの目線文章を書けば大人が喜ぶかを計算した上で書いた。

子供らしい向こう見ずな文章や、出て来る数字も敢えて理解よりも大げさに書いた。

なぜなら、周囲の子供たちはまだそのレベルだったからだ。

の子供らしい部分を大げさに表現すれば、間違いなく大人は喜ぶだろう確信があった。

果たして思惑の通りの評価が並び、子供ながらにしてうける文章とは何かを理解することになった。

しかし、賞に選ばれることはあまり嬉しいことではなかった。

少し特殊な生い立ちを持つ自分は、できるだけ目立たないように生きることが習慣づいていたのだ。

それでも中高の小論文は毎回と言っていいほど自分文章がお手本として選ばれた。

議題に対する切り口だけはこだわってしまった結果だろう。

遠慮して書いてもそのレベルなのだと感じられることに悪い気はしなかった。

ついでに言えば、その頃はすっかり本の虫としての毎日を送っていた。

今で言うライトノベルと呼ばれそうなジャンルから本格ミステリ純文学など節操なくなんでも読み漁った。

電車通学の30分を使って年間100冊は当たり前に読んでいただろう。

絵で描かれる物語とは決定的に異なる、活字が与えてくれる想像余地がたまらなく好きだったのだ。

ちなみに今でも心から尊敬する作家川端康成先生だ。

自分現実世界はいわゆる色弱としての生活を強いられているのだが、彼の本の中では健常者以上に鮮やかな色彩を感じられる気がしたのだ。

モノクロ世界淡々と描いておいて、突如蜷川某氏を思わせるような原色が巻き散らかされるようなシーンの移り変わりに脳天をかち割られるような衝撃を受けたものだった。

それに、彼自身折り紙つきの変質者であるのに、全くそ自覚を持たず純度の高い無邪気さのままに書き上げらる文章に、まるで自分の心の醜さを試されているような感覚もたまらなく好きだった。

しかし、生い立ちの都合でその時代一般的企業への就職を諦めざるを得なかった自分には進学という選択肢はなく、過酷肉体労働に進む以外の道がなかった。

今でこそ現場を離れて机に根を生やす生活を送っているが、最前線現場を仕切っていた時代文章は縁遠い存在になってしまっていた。

そんなある日、家に帰ると子供原稿用紙とにらめっこをしていた。

ひらがなで3枚を埋めることが目標だったのだが、あと一枚がどうしても埋まらないらしい。

どれどれとそこまでを読んでみると、いわゆる子供が陥りがちな感想文がそこにはあった。

本文を抜き出しては、ただ一言おもしろいとだけの感想がつく文章が並んでいたのだ。

どうやらここにたどり着く間にも母親の力を借りていたらしいことを聞いて思わず苦笑してしまった。

そうなのだ大人だって大半はこのレベルなのだ

自分面白いと感じた部分を掘り下げることばかりがうまくなっているだけで、それがあらすじなのか感想文なのかの違いをわかっていない。

そこで少しだけ手伝ってやることにした。

「この本の中で、一番おもしろいとおもったところはどこ?」

「それをどうして面白いと思った?」

「もし自分だったらどういうふうにしたいと思った?」

大切なのは、その時代、その人間しか感じられない感性を切り出して言葉に残すことだ。

思った通り、大人では絶対に思いつかないようなポイントに興味を惹かれていて、そしてそれに対する代替え案も、まさに今の時代を生きるこの子しか思いつかないような言葉が返ってきた。

それを子供の口から言葉にさせ、内容は変えないままに言葉より子供らしく無邪気なものに置き換えて子供に伝え返す。

子供はそれを黙々と書き写した。

そして、あえて終わりを歯切れの悪いものにした。

れいに終わらせることにこだわるのは大人だけのエゴだ。

文章とはもっと自由もので、それにそれこそが味と言われるものになりえるからだ。

小学校先生ときがその良さに気づくとは到底思ってもいなかったことだけが誤算だったが。

しかし、子供の話を聞いて驚くことが一つあった。

どうやらこの読書感想文に対して、コンクール前に先生と一緒に手直しと加筆をするというのだ。

なんだ。それではやってることが家でのことと変わらないではないか

結局子供大人エゴに躍らされるのだ。子供を通じて子供らしいと思えるもの大人同士がやり取りして楽しんでいるに過ぎないのだ。

願わくば子供大人言葉押し付けられることで文を紡ぐ楽しみを見失ってしまぬことを。

コンクールで賞を取ることなんかよりも、よっぽど大切なことからだ。


さて、蛇足をあえて加えさせて頂くと、卒業後しばらく疎遠だった物書きだが、このところは比較的高い頻度で文章を書くことができている。

はじめて誰に遠慮するでもなく、思っていることを好きなように書いてもいい場所を見つけたのだ。

そして、それに対して見ず知らずの誰かが色々とリアクションをしてくれるという、まるで夢のような場所がこの世に存在していたのだ。

おかげさまで、自由文章を書くということがこれほどまでに楽しいことだったのだと喜びを噛みしめる毎日を送っている。

子供読書感想文コンクールに選ばれたのもそこでの経験が大いに活かされているといっていいだろう。

ありがとう増田。そしていつもありがとうブクマカ

子供の作文がコンクールで賞に選ばれた暁には、スペシャルサンクスに今までブクマしてくれた皆の名前を載せようと思う。

2017-08-30

はてなブログアフィリエイトすると75%の確率文章力収入がなくなる原因

はてなブログアフィリエイトをすると、75%の確率文章力収入がなくなります

はてなブログ株式上場をして勢いづいていますが、はてなブログは昔に比べてもうアフィリエイトで稼げなくなってきているのは否めません。

理由は、はてなブログアフィリエイトをするブログやその他にもライバルが増えてきたからです。

ちなみにアフィリエイトというのは、ブログアクセスを集めて、広告収入や物販等でお金を稼ぐビジネス方法の1つ。

このアフィリエイトも、昔に比べて参入者はドンドンと増えていっているのが現状ですね。


はてなブログアフィリエイトをすると?




世の中には様々な無料ブログサービスがあります



その中でも「はてなブログ」は非常に人気があるブログサービスの1つ。アフィリエイトで稼ぐためにも初心者ブロガーはこの「はてなブログ」は最適ですね。



確かに、はてなブログは初めてブログを始める人にとっては分かりやすい仕組みですし、とてもブログを書きやすい。

日本初のソーシャルブックマークの「通称はてブ」もこの「はてなブログ」が作りました

過去にはアメブロ(アメーバブログ)が、アクセスを集めやす無料ブログということで、様々なアフィリエイターがこぞって集客用に使いました。

しかし、はてブ流行りだした頃からはてなブログ集客用に使えると気づいたアフィリエイターたちが、宣伝用にこぞって使うようになりましたね。

はてなブログ初心者に使いやす理由は、記事を書きやすいということ。



他にも読者登録簡単ですし、すぐにアクセスコメントを貰いやすいというメリットがあります

今ではあまり集客用、アフィリエイト目的でも効果のないアメブロですが、全く使えないということでもないです。

私は使いませんが……。

ちなみに、はてなブログも使いません。

はてなブログで書いているブログを時々読みますが、はてなブログで書いている75%の人たちは、他の無料ブログで書いている人たちよりブログレベルが高いです。

ブログレベルといっても色々とありますが、例えば読みやすい書き方をしている(段落の取り方)、タグカテゴリーを適切に使っているなどなど。

アメブロ使用している人は、段落を取りすぎて読みにくいブログが多いこと。ブログというのは人に読んでもらって初めてブログとして成立します。

やはり読んで頂く人のことを考えてブログを書かないと、アクセスは集まりませんし、アフィリエイトブログ収入も得られません。


はてなブログアフィリエイトをすると文章力がなくなる?




はてなブログ基本的アフィリエイト(出会い系)は禁止です。

全てではないですが、A8ネットなどの商品を紹介して売るアフィリエイト禁止ということ。

グーグルアドセンスアマゾンアソシエイト大丈夫です。



はてなブログ所詮無料ブログですし、他人会社ブログサービス使用しているのでどれだけブログ記事を書いても自分ブログにはなりません。


アフィリエイトブログ収入を得たいと思いながら書いている人ばかりではありませんが、はてなブログブログ収入を得たいと思っている人は少なくありません。



はてなProという月額に数千円を払ってブログを書いている人もいるぐらいですから、その目的お金を稼ぎたい!という気持ちが大きいはずです



いえ、ブログを始める人の98%はお金を稼ぎたい!という気持ちなはずです



はてブはてなブログ内の読者登録依存すると他で通用しなくなる





ブログ収入を得るためにはブログアクセスを集めなければならないのですが、アクセスを集めるためには魅力的なブログを書かなければなりません。


魅力的なブログを書くには、とにかくブログ記事を書いて試行錯誤を繰り返さなくてはなりません。

はてなブログはハッキリ言って、読者登録人数さえいればそんなに魅力的なブログではなくてもアクセスは何とか増えます

ここを勘違いして、「私のブログは人気がある!」とか「ブログアクセスを集めるのは簡単アフィリエイト余裕!」思ってしまったら、途端に文章力収入も落ちてアフィリエイトブログ収入が得られなくなります


はてなブログで書いている人はレベルは高いが文章力は低い





文章力といっても、一流小説家ベストセラー作家が書くような文章力必要ありません。

アフィリエイトブログ収入を得たい人に必要なのは文章力(ライティング力)も必要ですが、1番必要なのはコピーライティングです。

簡単にいいます文章で人の心を掴むということですね。

文章力といっても本当に基本的なことです。

句読点(句点は「。」読点は「、」)をあまり使わず文章連続して並んで読みにくい人や、「そういうこと」を「そうゆうこと」と書いたりすることです。



いわゆる「雑」ということですね!




そんな人いるの?と突っ込みたくなるとは思いますが実際にいるんですよね…。



しかもそれが間違いで恥ずかしいという気持ちも感じていません。

誤字脱字は人間ですので多少は仕方のないことですが、基礎的な文章力がついていない人のブログを読むのは本当に疲れます



そんな人のブログなんて読みたいと思うでしょうか?



ブログに書く文章というのは、その人の性格精神状態が正直に現れますので、会わなくても大体その人のブログを読めばどんな人かは分かります

そういう人がアフィリエイトブログに何かの商品を紹介しても買おうとは思いませんし、そもそも最後まで読みません。

ブログ最後まで読まれるということ自体が本当は難しいことなのです。

最後まで読まれるためには、はてなブログの読者登録人数の多さでも、はてブの数でもなくて魅力的なブログ文章なんですよね。


まり僕のような文章が一番なのです。



はてなブログアフィリエイトすると75%の確率文章力収入がなくなる原因のまとめ






いかがでしょうか?75%という数字にもはっきりと明白な理由があることが理解できたと思います


アフィリエイトブログ収入を得たり、文章力をつけるためにはブログ継続して書いていくことが1番大切なこと

はてなブログブログ継続して書ける要素が満載です。

そのはてなブログの力で得たアクセスは、はてなブログ内でしか通用しないことを頭に入れて置くべき。

これは何もはてなブログだけとは限りませんが、他の無料ブログサービスでもいえることですよね。

1番のアクセス増加はやはり検索流入ですので、ここを意識してブログを書いていかないといつまで経っても文章力はつきませんし、ブログ収入も微々たるものになります

例えるならば、今の会社いくら偉そうな顔で出世していても、所詮その会社だけで通用するノウハウしか身につかないということですね。

アフィリエイトブログ収入を得たいのなら、はてなブログよりもワードプレスブログを書きましょう。


はてなブログアフィリエイトをしても所詮他人資産です!

2017-08-20

最新ゲーム機を買わずに15年が過ぎた。あんまり問題なく過ごせてしまった。

子供の頃はずっとゲームが好きだった。

人生大切なことスーファミゲームボーイカラーと64とPSPS2から学んだ。

大学に入ったぐらいから新しいゲーム機を買わなくなった。

PS2で十分だった。

ブックオフで1000円出せば名作が買えた。

いくらでも遊びたいゲームが有った。

最新のゲーム機を買って一本7000円で博打をするよりも中古屋に行って一本1000円や2000円で超名作を遊ぶほうがコスパが良いのを昔から感じていた。

そうして気づけば中古の名作を部屋に積み重ねて、遊びきれなくて、最新のゲーム機を買おうなんて思えなくなった。

そうして安くて面白いゲームを求めてSTEAMを使い始め、気づいたら家にある一番最新のゲーム機は15年以上前に出たPS2になっていた。

ここ10年ぐらいは巷で話題ゲームほとんど遊んでいない。

バイオショックLoLHearthstoneぐらいだろうか。

ゼルダペルソナDQFFもやってない。

ポケモン最後にちゃんと遊んだのは金・銀だ。

ポケモンGOは2日だけやったが歩きスマホ死ぬのが怖くてやめた。


そろそろ最新のゲーム機を買って話題ゲームをやりたい。

そう思うのだけど、長年積み上げたコスパ意識邪魔をする。

今までの反動で遊びすぎてしまいそうでそれも怖い。

だけどもそろそろ潮時だと思う。

いい加減、巷で話題ゲーム普通にやって普通に話題にする普通ゲーマーをやりたい。

PCゲーム中古レゲーばかりやってる捻くれたゲームオタクみたいなスタイルにもそろそろ飽きた。

あとは、何か決定的なゲーム機が出てくれるのを待つだけだ。

スイッチはいい線言ってたけどゼルダ以外がピンとこないんだよね。

スプラトゥーンやアームズは興味あるけど、対人ゲーは勝つことにばかり必死になりそうであんまりきじゃないし。

そもそもスイッチは買うのが大変らしいから、本気で欲しい人に買う権利を当面は譲っておきたい。

うーん。

PSの新しいのとか出ないかな。

2017-08-17

子供が感じる、褒める、褒められることの大切さ

私は、高校三年生です。

先日、模試の結果が届きました。

第一志望は惜しくもE判定だったのですが、

確実に成績が上がり、前回D判定だった大学がB判定に上がっていていたのと、初めて偏差値が70を超える教科もあり、少なからず喜びました。

しかし、結果を親に見せたところ、「この成績で第一志望に行けるの?」と言われました。良かった教科には触れられもしませんでした。

とてもショックで言葉も出ません。

褒められることを期待したことが惨めに思えました。

確かにE判定では第一志望に行けない。

でもそんなことはわかっています。とても不安です。でも、すこしくらい褒めてくれてもいいんじゃないかなと思いました。

思えば、あまり褒められた記憶がありません。小学生ときも、中学生ときも、習い事も、部活動も、勉強運動も。

褒められないと、えも言えない気持ちになります

から褒められた記憶があまりないので、人からプラス意味形容詞を使われたとき、どう対処していいのか、わかりません。

褒められたい気持ちだけでいろいろなことを頑張っているわけではないけど、すこしは褒められたい気持ちがあるので、張り合いが無いような気がします。

私がB判定を取った大学に通い、地方公務員になった従兄弟は「すごいすごい」と褒められるのに、なぜ?と思うこともあります

私が褒められるためには、第一志望の大学に行き、将来、商社や省官庁に勤めるしかないんですかね?

もう何が何だかからない。

ひとつだけ言えるなら、もしこれを読んでいらっしゃる方にお子様がいらっしゃったら、ぜひ、褒めてあげてほしいです。(上から目線申し訳ない)

褒めることの重要性は長年説かれてきていて、とても大切なことです。

「生きてるだけで褒めてくれる〜」みたいなの、ツイッター流行ったのを思い出しました。

人はみんな頑張ってるし、社会人の方々も頑張ってる。

当然、子どもも、頑張っています

「よくやった」とか、「すごい」とか。

先生や友だちから言われるのも、きっと嬉しいけど、親から言われれば、もっと嬉しいだろうと思います

散文失礼しました。題通りの文章で無くて申し訳ないです。読んでくれてありがとう

文章を書いたら、すこしスッキリしたような気がします。模試が近いです。また、頑張ろうと思います

2017-08-16

見通しの持てない仕事。つらい

仕事に対してとても無気力だし、すこし恐怖感があるような状態になっている。このままではダメになりそう。

配属されてしばらくは、単純作業に明け暮れた。わたしの配属が、ちょうど人手が必要な時期と重なったのだ。わけもわからず、とにかく作業を消化した。楽しいとか、嫌とかい気持ち特になかった。毎日毎日出社して、必死作業していたら1日が終わった。

人手が必要な時期が終わるとともに、わたし仕事は無くなった。することもないのに、毎日出社した。どのチームにも属していないので、何をするべきかを聞きに行く相手がわからない。お休みしたくても、休みたいとだれに申し出たらいいのかわからなかった。まず辛かったのは、暇なこと。ずーっと暇なのが辛かった。そして、忙しそうな周りに対して後ろめたい気持ちもあった。働いているふりをいつもしていた。それも辛かった。将来も心配になった。なんのスキルも付いていない自分心配だった。たまに思い出したように雑用を頼まれた。数時間かかる作業を定時ごろに頼まれて、深夜まで帰れないこともあった。今日することはあるか、明日することはあるか、今日はもう帰ってもいいか、見通しが持てないことが辛かった。

しばらくすると、チーム編成が変わった。新しいチームでは、早く戦力になれるようにと、いろいろなことを教えてくれた。みんな忙しいのに、何もわからないわたしにつきっきりで教えてくれた。ありがたかったし、面白かった。毎日必死で、忙しかったけれど楽しかった。はやくしっかり仕事できるようになりたくて、家でも勉強した。

そのあと、またチーム編成が変わった。新しいチームでは、また単純作業をする日々に戻った。単純作業の量ははじめほどでなく、いつ仕事がなくなるかとそれだけが心配だった。仕事がなくならないよう、ゆっくりゆっくり作業をした。仕事が多いと、素早く作業をした。それほど忙しくもなくなり、余裕が出てきたので自宅での勉強を始めた。すこしずつ勉強を進めていった。いつか仕事を任せてもらった時に役立つようにと勉強した。そのうち、きちんと仕事ができなくなってきた。素早く作業をすすめようとしても、ゆっくりになってしまった。そして、ゆっくりやっているはずなのに、大切なことを見落としてしまった。そういうことが何度かあり、ますます仕事ゆっくりになった。

そうしているうちに、今のわたしには難しい仕事を任せてもらえることになった。仕事を教えてくれる人もいた。時間はあまりなく、期限や成果物の内容についての指示は曖昧だった。仕事を教えてくれる人は厳しかった。忙しいのに、わたしが何度も質問するのでイライラしている様子がよくわかった。怖くて質問できないでいるとまた怒られた。初めは優しく教えてくれるが、いろいろ質問を重ねるとイライラしているのがわかった。〜すればいいだけでしょ?と言われるのが怖かった。すごく時間と労力をかけて教えてくれたと思うけど、辛かった。感謝すべきと言われるし自分でもそう思うけど、感謝気持ちはまだ持ててない。

ういういろいろがあって、いま夏休み連休おわり。とても気持ちが重い。なんかもう仕事できない気がするし、はやくやめたい。自分には向いていない、という気持ちと、環境がわるい、という気持ちを行ったり来たり。このままでは仕事人生をめちゃくちゃにされてしまう、という気がする。

この日は早めに帰りたいか今日はがんばろう、こういう仕事をすることになるからこういうことを学ぼう、そういう小さいことでいいか自分のことを自分でも決めて舵取りしたい。会社プロジェクトの都合はわかる。わかるんだけど、あちこちのチームに突然移動させられて、仕事があったりなかったり、気が向いたように仕事を任されて、わけもわからず怒られて。なんだろう、懇切丁寧にやってくれ、やさしくしてくれとは言わない。先への見通しがほしい。その日の午後、明日、来週、来月のことを想像して、準備して取り組みたい。ちょっとでいいので半年後とか来年のことも想像できたらもっといい。もうすこしがんばれば、先への見通しを持って働けるようになるのか…。初めはそう思っていたけど、いまとなっては、どうなんだか。全部行き当たりばったり。自分もも支離滅裂なのわかるし、意味がわからないけど、すごくつらいしもう嫌だ。

2017-08-09

勉強子どものうちに

 たまに「勉強よりも大切なことがある」という、大人子どもに望む幻想寝言マスメディアで流れていることがある。

しか大人は、子どもに対して、できる限り苦痛を感じないように助けながら、勉強を頑張れるように支えるべきだと思う。


 勉強ができない・苦手な子どもは、大人になったときに『効率的物事を処理する力』が身についていないため、

大人になってから自らの能力のなさを嘆き一念発起して勉強しようにも、何をするにも時間がかかり、

苦痛を感じて継続することが困難なため、何かを身につけることは並大抵のことではなくなってしまっている。


 娯楽に興じたり友達遊んだりすることは、能力を生かしてある程度の収入を確保できる人間になれれば

成人してからでもできる。


 「大人は金はあるけど遊ぶ時間が無い」とはよく聞く話だが、能力を生かしてある程度の収入を確保できる人間は、

能力を身につける過程で『効率的物事を処理する力』を身につけているので、そもそも何をやるにも要領がよく、

またそれを大して苦にすることもなくやってのけてうまく空き時間を作り出す。

2017-08-07

ポケモンGOパズドラ攻略よりも時間無駄と思われる3つの理由

ポケモンGO時間無駄なのでしょうか。

スマホゲームパズドラ攻略よりも、時間無駄と思われる3つの理由を考えてみることにします。

ポケモンGO時間無駄なのか?

何をすれば時間無駄になるのかは本当に人それぞれ。

ポケモンGO」や「パズドラ攻略」も例外ではありません。

しかし、ポケモンGOをしている時間もっと違うことに使えば、人生が変わっていくのもまた事実

ポケモンGO日本配信されてからポケモンGOは急速に普及しました。

夏休みと合わさったのもあり、学生たちは1日中ポケモンGO時間を費やしている人も多いことでしょう。

(1)ポケモンGOをしても人生は変わらない

ポケモンGO歩きスマホ時間無駄問題定義にして、ポケモンGO「悪」とする風潮は少なからずあります

けれども、それは人それぞれの考え方であって正解ではありません。

ある人にとってはポケモンGOをしている時間幸せでもあり、ある人にとってはパズドラ攻略時間無駄に感じる人もいます

その理由には、ポケモンGOパズドラ攻略をしていても、人生において何も変化が起きないというもの

何をもって時間無駄なのかは難しいところですが、人生において幸せと感じることが多ければ、それにこしたことはないですよね。

(2)ポケモンGOでの歩きスマホマナーを守れない


ポケモンGO時間無駄と思われる理由の2つ目に、ポケモンGOでの歩きスマホマナーが守れないことがあります

それによって、事故事件を起こしては警察のお世話になり、人生の貴重な時間無駄にしてしまうということ。

そうなることはポケモンGO配信される前から問題視されていたことですが、やはり時間無駄と思われるようなことをする人は必ずいるものです。

ポケモンGOけが歩きスマホをする原因ではありませんし、ポケモンGO存在する前から歩きスマホ問題はありました。

マナーを守ることは当然ですし、そのルールを破ってまで時間無駄に過ごすのは、本当にもったいないだけですね。

(3)ポケモンGOをしてもお金にならない(収入が増えない)


お金がないよりも、ある方が幸せになれる選択肢は増えていきます

「時は金なり」とよくいったもので、ポケモンGOをしていてもお金にはなりませんし、収入も増えません。

ポケモンGO記事を書いて広告収入を得たり、ポケモンGO開発関係者なら話は別ですが、そういう人は稀な人。

ほとんどの人たちは、ポケモンGOをしたところで一銭にもなりません。

これは何もポケモンGOに限らずのことですが、やはり時間は有限ですし、無駄に使いたくないもの

確かに息抜きをする時間人生において大切なことですが、息抜きだけでは生きていけませんからね。

ポケモンGOパズドラ攻略よりも時間無駄と思われる3つの理由のまとめ


ポケモンGOパズドラ攻略時間無駄と思われても仕方がありません。

しかし、他人時間無駄と思われても気にする必要はないでしょう。

自分人生自分だけのもの

何を持って人生有意義になるのかは自分自身の考え方と感じ方しだいですからね。

2017-08-06

戦時中日本こそ俺らの敵である

アメリカ原爆投下により、国際法違法な非戦闘民の大量虐殺が行われた事実、 そして勝者が敗者を嬲る私的裁判が行われたことは事実だ。

しか事実に囚われすぎてアメリカや他の戦勝国非難することは阿呆しかない。

過程がどうあれ批判すべきは当時の我が国の弱さという大罪で、それを他国すり替えるのはお門違いと言っていい。

これは韓国中国にも言えることだ。 故に戦時中虐殺強制労働慰安婦なんてあるに決まってるだろ。戦争なんだから

しかしあったとしても、謝罪必要はあない。

彼らが謝罪を求めるべきは、負けた自身先祖である

戦争を終えて最も大切なことは、やがては事実事実として学べる環境を整えることだ。 ナチスヒトラーのように当時の思想暴挙をなかったと闇に葬るのではなく、

例えば政治家としての資質、行動に移る経緯を学び反省してことこそ犠牲者が報われる道ではないのか。

その過程ナチファッションが格好いいと評価されたとしてもそれはそれ、瑣末な問題に過ぎん。

改めて先の戦争犠牲になった全ての方の冥福をお祈りします。

2017-08-04

人生分岐点とは?30代で人生の転換期の8割が決まる前兆

人生分岐点とは一体どのようなものでしょうか?

30代で人生の8割が決まるとよくいわれますが、人生転換期の前兆経験談と私なりに調べてみました。

人生分岐点となる具体的な年齢は?

人生分岐点は人それぞれですが、一般的には28歳、35歳、50歳といわれています

もちろん、その年齢でピッタリとなる分岐点ではありません。

目安として考えればいいのですが、その前後人生分岐点や転換期があるのは間違いなさそうですね。

人生分岐点でやるべきこと

人生を変えるためには常にアンテナを立てて、試行錯誤をしていかなければなりません。

変化のない人生は楽でストレスもないような気がしますが、長い目で見るとつまらない人生となってしまます

「あ、これが人生分岐点かな?」と感じたら、とにかくジタバタせずに自分にとって正しい選択をしていくべきです。

人生での転換期の前兆


人生分岐点でどちらかを選択すると、次は人生の転換期が訪れます

良くも悪くも転換期が起こる前には、何度か前兆予兆みたいな出来事が頻繁に起こります

私が30代で経験した転換域の前兆

私が実際に人生の転換期で経験した前兆は細かいことを合わせて次の通りです。


一見何でもないことのようなことでも、後から考えてみると「そういえば…」ということがあります

電球が切れるなんて本当に偶然のことですが、私の場合はそういうときに限って何かしらトラブルがよくありました。

普段なら気にならないことも気になる

いつものことで、普段なら気にならない言動もやたらと気になるときがあります

それが人生の転換期かどうかは結果論にすぎないですが、うつ病性格的なものでなければ転換期と位置付けてもいいですね。

それだけではありませんが、少なくとも私はそれを人生の転換期としましたし、感情を抑えられずに爆発した時はある意味ではチャンスかもしれません。

ぬるま湯に浸かりすぎると人生が終わる

人生の中で、ぬるま湯に浸かりすぎると人生ゆっくりと終わっていきます

ぬるま湯というのは、何の刺激もなくて成長できない居心地のいい環境のこと。

昔の例えで、カエルが熱湯に入るとすぐに飛び跳ねて命が助かりますが、ぬるま湯ではその温度に気がつかずにゆでガエルとなって死んでしまうという話があります

居心地のいい職場人間関係は楽しくて理想とするものかもしれませんが、そこに安住すると成長できずに後退してしまます

やはり、何ごとも適度な刺激と変化する環境作りが大切なんですね。

人生分岐点とは?30代で人生の転換期の8割が決まる前兆のまとめ


30代というのはこれから人生の8割が決まるといっても過言ではない年代

転換期の前兆に気づく人は今後の人生幸せにする可能性があります

30代は本当にごまかしのきかない年代ともいわれていますので、今現在30代の人は今一度本気で人生について考えるべきでしょう。

30代ではもう遅いとかは決してありません。

40代でも、50代でも、60代でも人生の転換期や分岐点は訪れます

大切なこと自分人生と正直に向きあって、自分にとって本当に有意義時間の使い方とは何なのか?ということに目を向けるべきです。

2017-08-03

文章を書く能力を上げるため(上達)には才能よりも100年以上書き続ける

文章を書く能力を上げるため(上達)には、才能よりもとにかく書き続けること。

極端な話、100年以上書き続けることができれば、どんなに才能がなくても文章を書く能力は上達します。

からこそ、つべこべ言わずに書きましょう。

ブログ天才的な文章能力はあまり必要ありませんが、これから時代はより差別化するためにも多少の文才はないよりもあった方がいいです。

一般人個人ブログを読まれるためには、最低限の文章能力必要不可欠。

そもそも文章を書く能力を上げるとは一体どういうことなのでしょうか。

文章を書く能力を上げるため(上達)に必要なこと

冒頭でも少し触れましたが、文章を書く能力を上げる(上達)ためには文章を書き続けなければなりません。

それもただ書けばいいということではなくて、常に試行錯誤しながら書くというもの。常に考えながら書くという作業は本当に疲れますし、人によっては苦痛で仕方がありません。

それでも、文章を書く能力を上げるためには誰もが通る道なのです。

文章試行錯誤しながら書くということ

試行錯誤しながら文章を書くといっても、なかなか腑に落ちない人もいるでしょう。

具体的には第3者がその文章を読んでみて、読みやすいかどうかということ。そのためにも、まずは自分自身が読者となり、読みやすいかどうかをチェックしていきます

できれば、声に出して読むのがベスト。最低3回以上は読んでほしい。けれども、この作業はかなり面倒くさいですし、習慣にならないと継続できません。

ブログで書いた文章などは書いたら書いたで書きっぱなしの人が多いので、誤字脱字、読みやすさを追求するだけでも他人とは違うブログサイトになります

才能も大切だけど最終的には努力が勝る

文章能力は才能が全てと言われると、今後文章を書く気力が失われる人もいるでしょう。

もちろん、才能はないよりもあるに越したことはありませんが、最終的には努力が勝ちます

これは文章を書く能力に限らず、あらゆる分野にいえることです。こう思わないと人生の大半を過ごしていけませんからね。

別に気休めでも何でもなくて、努力はすればするほど能力は上がります個人差はあれど、やればやるほど上がる世界なので、気負わず書き続けましょう。

正しい努力の仕方は大事ですが、最初からそういうことを意識できるレベル人間はそうそういません。私も含めて人間だれしも凡人、もしくは凡人以下ですから

何が何でも書き続ける意地(維持)を持つこと

とにかく文章を書く能力を上げるためには、書き続ける意地を持つこと。漢字違いですが、そういう信念を維持することです。

何が何でも書き続ける意思を維持できれば、それなりの文章能力は身につきます

文章を書く能力を上げたい!」と言っている割には、文章をあまり書かない人は多いものです。

言っていることとやっていることが全然違うのですが、無料ブログでもいいので、まずは自分で書いた文章が人の目に触れる環境を作りましょう。

極端に体調が悪くなければ、できる限り毎日書くことをおすすめします。

文章を書く能力を上げるため(上達)には才能よりも100年以上書き続けることのまとめ


文章を書く能力を上げるためにはひたすら書き続けること。

大切なことなので何回でも書きますが、このように同じようなことでも、少しニュアンスを変えて伝えることも上達には必要不可欠。

そうはいっても、ブログ等で文章を書き続けることはなかなか難しいのも事実

そういう人には、ツイッター等の短文投稿サイトなどで文章を書くのもおすすめ自分だけしか読めない環境でなければ、どのような場所で書いてもOKということ。

文章を書く能力というのは人間だけに与えられた素晴らしい才能です。

からこそ、文章を書く才能がないということ自体おかしいということに気がつくべき。もっと気軽に文章を書いては、自分の思いを文章化してドンドンと発信していきましょう。

2017-07-28

ブログ毎日書く方法とは?10年間は誰でも更新できる運営術を発見した話

ブログ毎日書く方法を知りたい人は、ブログを書く人にとっては知りたい情報の1つ。

記事タイトルにもありますが、もしブログを誰でも10年間は更新できる運営術があるのなら実践してみたいでしょう。

なんと!その運営術を私は「3年間継続しただけで」発見しました!!!

====

ブログ毎日書く方法発見した運営術とは?

超々期待して読んで下さい!

でも、あまりに期待しすぎると読んだ後でやる気が伏せてしまうかもしれません。気軽に「ふ~ん、なるほどね~」てな感じの流し読み程度でよろしくお願いします。

かいって、ハードルを下げるのも毎日更新するポイント

書くつもりがなくてもパソコンの電源をつける!

これ、けっこう大切なことなんです。

ブログ毎日書けない人は時間がないとか、書くネタがないとかそういうことではなくて、大体がこのパソコンの電源をつけてブログ画面にスタンバイ!をするのが億劫なんです。

いざ、ブログを書こうかなと思っても肝心のパソコン節約のためにシャットダウンしていて、起動させるのに時間が掛かりそうなら電源ボタンすら押す気力が湧きません。

もちろん、パソコン以外の端末でブログを書いている人もおられるかも知れませんが、読むのはスマートフォンであってもブログを書くのはパソコンという人は多いです。

それにパソコンじゃないと実際書きにくいですし、ブログ運営効率は何かと悪いですしね。

とりあえずブログ記事タイトルだけでも書く!

パソコンを起動して、ブログ画面までいけたらとりあえず記事タイトルだけでも書きましょう。

「その記事タイトルが思いつかないんや!」と叫びたくなる人もいるかもしれませんが、それなら「ブログ記事タイトルが思いつかないときはこうする!」という記事タイトルを書いて下さい。

そして、今のその気持ちを素直にブログで伝えていきましょう。

心配しなくても大丈夫です。あなただけではありません。こういう悩みはブログを書いている人にとっては日常茶飯事です。

からこそ需要もあるし、良記事ならば共感もされてアクセスも増えます

ブログ記事内容のことをいちいち気にしない!

「こんなブログ記事大丈夫かな?」とか「このブログ内容で果たしてアクセスがくるのだろうか?」とか書く前から悩んでいても時間無駄です。

ブログを書く時間も生きている人生時間も限られているので、悩む時間は本当にもったいないだけ。

そのブログ記事が読まれアクセスがくるかどうかなんて、ブログを書いてアップしてみないと分かりません。だから書くしかないんです。とにかく書きましょう!

パソコン画面の細かい汚れとか気にしない!

こういう細かいことを気にしだすと、途端にブログを書くということの集中力が切れてしまます

突然の来客もそうですし、LINEの着信音とかも集中力を妨げます。だからブログを書くときはそういう事態にできるだけならないような配慮必要です。

「大切な連絡や緊急事態が起きたらどうするの!」と思う人もいるかもしれませんが、そんな緊急事態人生の中でめったに起きません。

ましてや、そんな緊急事態ブログを書いているときに起こる確率あなたブログ10年間続ける確率より低いです。だから心配しなくて大丈夫

ブログを書きやす環境自分発見して作る!

しかしたら、これが1番のブログ毎日書く方法の全てかもしれません。

ブログを書きやす環境は人それぞれですので、やはりブログ毎日書きやす環境自分自身の力と感覚発見していかなければなりません。

例えば、冬場の寒い部屋ならば電気代とか気にせずに、エアコン暖房機を使いましょう。夏場も同様です。

電気代もブログで稼いでやる!という気概があれば気にすることはありません。無理して電気代を気にして体調を崩す方がよっぽどお金が掛かりますからね。

パソコン周りのアイテムも快適にする!

私が使っているパソコンキーボードちょっと普通の人には変えないような高級なものを使っていますFilcoMajestouch2というものです!

普通パソコンキーボードでも充分なのですが、やはりブログを長時間書いていくとなると普通キーボードでは疲れてしまます

それに高級キーボードを使うと愛着も湧きますし、このFILCOのマジェスタッチの青軸文字を打つとカチャカチャという感じが心地よくて楽しくなってきますし、何よりも文章を打ちやすいです。

ブログ毎日書く方法とは?10年間は誰でも更新できる運営術を発見した話のまとめ

ブログ毎日書く方法は、「とにかくどんなことがあってもブログを書く!」という心構えが大切。

精神論ブログノウハウだけでは、なかなか継続してブログ運営をできないものです。

からこそ、ブログ継続するだけでその他大勢から抜け出せられるのですが、ほとんどの人たちは1年以内に辞めてしまます

ブログを無理して継続する意味があるの?」「ブログを楽しく書くためには休止も必要!」とか言ったりして、他にも自分を甘やかす理由はたくさんあります

基本的にある程度の成功体験を積むまでは毎日更新をするのがベスト

そうしないと結局何をしても中途半端継続できない人間になってしまますからね。

2017-07-25

節約生活貯金するなら一人暮らしは食費よりも大切にしてほしい3つのこと

節約生活貯金をするなら、一人暮らしは食費節約よりも大切なことがあります

運よく社畜生活から抜け出すことができても、すぐに収入の目途がない生活では貯金を切り崩していくか、節約生活暮らしいかなければなりません。

一人暮らしならば、これから書くことを守れば何とか節約生活をしながら貯金もできるでしょう。

一人暮らし節約生活貯金するなら?



一人暮らしでも楽しく節約生活をして、貯金をしていくためにはどうすればいいのでしょうか。

実は食費を節約するよりも大切なことがあるんです。

(1)夏場のクーラー代(電気代)は節約しない


暑い夏になると、クーラーを付けたくなりますが、電気代を気にしてクーラーをつけない人も多いことでしょう。

実はこれはあまりいい節約生活ではありません。

我慢は体に毒です。

適正温度を守れば電気代はあまりからない


快適な環境の中で過ごさないと、ストレスは溜まりますし、熱中症夏バテなどで余計な体力を奪われます

28度の適正温度をしっかり守って、扇風機を併用すれば涼しくなりますし、そこまで電気代は掛かりません。

クーラー電気代は、ONにして部屋全体を冷やすとき電気代が掛かります

温度が一定になれば、電気代はそんなに発生しません。つけたり、消したりする方が24時間つけっぱなしよりも節約できないんです。

涼しい快適な部屋でブログを書いて稼ぐ方が賢い節約生活


節約生活のために暑い暑い部屋で我慢するよりも、快適な環境仕事ブログを書く方が貯金はできます

クーラー代をケチって体調を崩しては、病院代で電気代以上のお金を使っている人は結構いるものです。

涼しい快適な部屋でブログドンドンと書いて、広告収入節約以上のお金を稼げば問題ありません。

(2)節約よりも自分自身投資をする

節約生活だけで貯金金額はなかなか増えていきません。

やはり、貯金金額を増やしていくためには、自分自身投資をする「自己投資」が大切です。

節約疲れで何も成長できない人生は、生きている意味や楽しさがなくなっていきます

節約生活のもの楽しい生活にするためには、本を買ったり、ブログで稼ぐための独自ドメインレンタルサーバー代に充てるのがいいですね。

目に見えないものお金を使うことが、節約生活よりも貯金ができることに繋がります

健康管理が1番の節約生活

一人暮らし節約生活には食費を削ることが最適かもしれませんが、やはり健康管理のためにも食費は削りすぎないことが大切です。

バランスよく食事をとって、適度な運動と快適な睡眠を心がければ、余計なお金は使いません。

なんだかんだいって、健康管理が1番の節約生活になるんです。

その結果、貯金もできますし、もっと収入が上がる生活にもなっていきます

節約生活のために食事を抜いたり、安いカップラーメンだけで済ます食事は辞めましょう。

節約生活貯金するなら一人暮らしは食費よりも大切にしてほしい3つのことのまとめ

やっぱり、快適な環境生活したいですし、その快適な環境を作れるのは、自分自身ですからね。

節約生活貯金も大切ですが、収入を増やす方が簡単です。

ブログサイト作成して、お金を稼ぐことができれば、我慢する節約生活から抜け出すことができます

食費よりもまず、快適な環境つくりを目指してくださいね

2017-07-23

名言人生とは何か?この記事のような哲学めいた本を読んでいる場合ではありません

名言ぽいことを書いている本などを読むと、「人生とは何か?」「人生とは旅である」といったことがよく書かれています

別にそれらを否定するわけではありませんが、本当に人生について考えるときに「人生とは何か?」と、哲学めいた本を読んでいる場合ではないということ。

あらゆる名言本に一時的な安らぎを求めるのはいいですが、それではいつまで経っても人生について何もわかりません。

人生とは何か?

今回はこの哲学いたことについて、気軽な気持ちで少し考えていきましょう。

本気で考える!人生とは何かということ

私なりの自論で「人生とは何か」というと、それはできる限り怠けること。 

毎日日曜日的な生活実践することです。そのためにも経済的な余裕はもちろんのこと、精神的な余裕は必要不可欠。 

どちらが欠けていてもこれらの生活は成し遂げられません。

中には仕事一筋の人生の方がいいという人もいるでしょう。それはそれで素晴らしいことですし、考え方は本当に人それぞれ。

大切なこと自分にとって、「本気で楽しい人生とは何か?」を追求し続けることですからね。

そこに他人の目やくだらないプライドなどは必要ありません。あるがままのスタイル自分人生を築きあげていきましょう。

真面目に生きることだけが全てではない

世の中の大半の人達は、他人と同じような生活をしがちです。

違うレールに外れることを極度に恐れすぎては、望んでいない人生勝手に歩んでいます。それ故に文句愚痴を吐いては精神病み毎日まらないとボヤキ倒す生活

果たして、それらの人生は本当に自分自身が望んでいた人生なのでしょうか。

真面目に生きることだけが人生ではないですし、全てではありません。もちろん、犯罪者になろうということではありません。

 真面目に生き続けてきた中で、ふと「人生とは何か?」と哲学めいたら、それは少し危険信号ということだけは理解しましょう。

人生とは何か?」と寝る前に考えてしまう人へ

人生とは何か?」と哲学いたことを考えるのは、寝る前に多いという人は結構ます

私自身も寝る前にはよく「人生とは何か?」と哲学しました。

別にそれを考えること自体は悪いことではありませんし、むしろ考えるべき行為いつまでも他人人生ばかりに嫉妬している人生よりかは数百倍マシですからね。

けれども、毎日のように「人生とは何か?」と哲学めいては、名言本などを読んでいる場合ではないということ。

人生は行動なくして変化は訪れません。頭の中やネット上の妄想だけでは何も生まれないということです。

今のつまらない人生を作り上げてきたのは、紛れもなく自分自身です。

人生とは何か?」と疑問に感じたら、まずは過去の人生を見つめ直すチャンスですよ。

名言人生とは何か?この記事のような哲学めいた本を読んでいる場合ではありませんのまとめ

人生とは何か? 

究極の名言であり、究極の疑問でもあり、究極の課題でもある言葉

あなたにとって本当の人生とは何でしょうか。

まらない日常を繰り返しては、ストレス解消のために他人を傷つけることでしょうか。

嫉妬愚痴に侵されては、安酒でも飲みながら一時的感情を忘れることでしょうか。

いつまでも哲学めいた本を読んでいる場合ではありません。また、このような記事検索から見つけては読んでいる場合ではありません。 

もっと他にするべきことがきっとあるはず。いえいえ、必ずあります。 

兎にも角にも、この記事が「人生とは何か?」という道しるべ的なきっかけになれば、本当に嬉しい限りです。

ノウハウコレクターとは?脱出するために必要対処法と心構え

ノウハウコレクターとは簡単にいいますと、知識ばかりを詰め込んでは行動に移さない人。

何かしらのノウハウばかりを集めてはそれだけで満足してしまうというもの

もちろん、何かを成功させるためや達成するためにはノウハウ必要です。けれども、ノウハウコレクターから脱出できないと、いつまで経ってもスキルアップはできません。

ノウハウコレクターから脱出して、その分野で成功するために必要対処法と心構えを書いていきますので、参考にして頂ければ幸いです。

ノウハウコレクターから脱出しよう

とにかくノウハウ(知識)を入れるのは大切ですが、ある程度のノウハウを知ればとりあえず実践していきましょう。

例えば、ブログで稼ぐノウハウを知ったらブログを書いていく。

完璧理解しなくてもいいので、とにかくノウハウを身につけながらブログを書いていくことが大切。

ノウハウコレクターから脱出できない人は、ブログで稼ぐノウハウを知ってもブログを書こうとしません。

書いたとしても3ヶ月くらいで辞めていきます。そして、また違う稼ぎ方のノウハウを探しに行きます

よくありがちなノウハウコレクターパターンですが、ここを脱出できることができればほぼその他大勢から脱出できるでしょう。

確かにノウハウコレクター楽しい

偉そうに書いている私ですが、過去私自身もネットビジネスで稼ぐためのノウハウコレクターでした。

今となってはそれが稼げる思考にもなっていますが、やはり時間は限られています

確かにノウハウコレクター楽しいですし、次々と新しい情報インプットするのは気持ちがいいもの

けれども、時間があまりない人にとってはノウハウコレクター時間無駄しかありません。だからこそ、ある程度のノウハウで少しづつ行動に移していきましょう。

大切なことなので何回でも書きたいくらいですが、何ごとも行動に移さなければ何も変わりません。頭の中だけでアレコレ考えていても始まりませんからね。

失敗も1つの素晴らしい経験。むしろ失敗しなければ成功はないと肝に銘じておきたいものです。

成功するノウハウは常に変化していく

勘違いしてほしくないのは今現在通用するノウハウでも、時代の変化と共にノウハウも変わっていくということ。

ネットビジネス世界では去年に通用したノウハウはすでに古すぎて使えないというのはザラにあります

からこそ、常に最新情報に目を向けては本などを読んだりして勉強したいもの。もちろん、ただ勉強するだけではまたノウハウコレクターになってしまます

勉強したことはその日にアウトプットするくらいの心構えでいきましょう。

ノウハウコレクターとは?脱出するために必要対処法と心構えのまとめ

ノウハウコレクターからといって、それが完全に悪いというわけではありません。

そのノウハウを活かさずに何もしないことがダメということ。

身につけたノウハウ知識は生きている間に遠慮なくドンドンと使っていきましょう。とにかくやってみなければわかりません。

失敗すればその度に修正していけばいいだけです。

からこそ臆せずに挑戦しては失敗しての繰り返しで、ノウハウコレクターから脱出していきましょう。

人生という時間は有限です。

素晴らしいノウハウを身につけては何に時間お金投資するかで、また人生は良くも悪くもなっていきますからね。

2017-07-20

性同一性障害を抱える人へ

わたしはいわゆる性同一性障害だった。

「だった」と明示的に書くのには理由がある。

性同一性障害世間に広く知られるようになってもう長い。

わたし現在20代で、比較偏見の目も少なくなりつつなる世に生まれた方だと思う。

言うまでもないが、性同一性障害といのは「性自認」における「同一性」の障害だ。

ジェンダーアイデンティティに置き換えても構わない。

よく性別適合手術まで受け、戸籍変更した元男性も言うが、性別適合手術を受けたからといって、遺伝子は変わらないし、元男である事実はまぎれもない事実だ。

要するに結局はアイデンティティに関する障害であると言うのがこの病の本質だ。

わたし自身性別適合手術を済ませ、戸籍変更も済ませているが、その後もカミングアウトによる偏見の目というのは少なからずある。

これは良い悪いという話ではなく、性同一性障害当事者をどう見るかなんて言うのは差別でも何でもない。

その人の捉え方だ。

もちろん、性同一性障害理由に不当な社会的制裁を下すのは現在法律では禁じられているが、どう思うかなんてのは自由しかない。

程度にもよるが、犯罪妄想したりするのと何ら変わりはない。

話を戻そう。

先にも述べたが、性同一性障害ジェンダー問題であると同時にアイデンティティ問題でもある。

アイデンティティ非難する理由の1つがジェンダーであり、ジェンダーというのは今の医療技術ではどうしても限界があるというのがこの病の難しい点だ。

しか視点を変えれば、アイデンティティジェンダーだけで構成されるものではない。

あたりまえのことだ。

わたし」を構成する要素は性別であり、年齢であり、特技であり、苦手なことであり、実に様々だ。

トランスセクシャル性的マイノリティというのはもちろんそれを構成する要素の1つだが、再三言うがそれだけではない。

自分遺伝子的な性はどうやっても変わらない。

それでも体を変えることで自分世界が少しでも明るくなるならば、治療を受けて見る価値はあるだろう。

性同一性障害を抱える以前にまず、自分アイデンティティについて一度考えてみるのも大切なことだ。

https://anond.hatelabo.jp/20170720043123

ストレス無意識レベルでも、現在抱えている問題について悩み続けてしまうこと。

と考えると、脳が悩むことを忘れるくらい、没頭できる趣味があるというのは大切なことなのかもね。

2017-07-07

子供向けアニメ労働問題を取り上げる姿勢

海外アニメスポンジボブシーズン8の1話)を見てたら、労働中のトラブルに対して労働安全局に報告するというテーマの話だった。

ギャグ風に描かれているので面白いし、構造も分かりやすい。


日本子供向けアニメでこんなシーン見たことない。

日本でもこういうことを子供のうちから教育したらいいんじゃないか?

学校の授業でやってもいいけど、もっとカジュアルに当たり前に生活の中にあるものとしてアニメの中で描かれる労働安全・・・すごい・・・

アメリカ労働環境実態は分からないけど、

子供が「そういうものがあって問題があったら報告してもいい」という意識をなんとなくでも持っているのはすごく大切なことな気がする。


自分自身大人になるまで労基の存在なんて知らなかった。

ネット労働トラブル記事など読んでなんとなく知っていった感じ。


労働者が当たり前の権利に対して声を上げられる社会になっていったら

もっと労働環境改善するんじゃないか

2017-06-28

規制緩和犠牲となる動物たち

加計学園問題を巡り、獣医学部規制が、国民のためなのか、獣医師会のためなのか?という議論が交わされています

規制が緩和され獣医師の数が増えれば、競争原理が働き、動物治療費が安くなるかもしれません。

また、腕の悪い獣医師競争過程で淘汰されてしまうのを恐れているのかもしれません。

その他にも、新設の結果、獣医学部法科大学院のように潰れてしまい、私学助成金などの我々の税金が、結果として無駄なってしまうかもしれないという問題点があります

しかし、ここには、重大な視点が欠落しています。それは、動物視点です。

「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る。」とはマハトマ・ガンジーが残したとされる言葉です。

獣医師になるためには多くの動物犠牲必要であることは、言うまでもありません。

解剖、手術、動物実験等様々な用途で、動物使用されます使用される動物としては、マウス、犬、豚、馬、牛などが挙げられます

獣医学部が新設されれば、当然使用される動物も増えるでしょう。

確かに獣医師の数が増えれば犠牲になった動物の数よりも多くの動物を救うことができるかもしれません。

しかし、需要を上回る獣医師養成し、人手が余ってしまったとしたら、その時犠牲となった動物の命は無駄になってしまうのではないでしょうか?

獣医師が余るなら、獣医師としては食べていけないなら、獣医師免許不要職種活躍していけばいいじゃないかという意見もあります

しかし、本当にそれで動物たちは浮かばれるのでしょうか?市場原理に目がくらみ本当に大切なことを忘れていないでしょうか?

獣医師は、 人間ではなく動物の命を預かるという点で、医師歯科医師薬剤師とは根本的に異なります

人間なら医学および歯学の発展のため献体を行うような教育における犠牲合意形成可能ですが物言わぬ動物たちはそれができません。

獣医学部新設の認可は文部科学省利権といわれていますが、結果的にこの規制動物のためにもなっていたと思います

市場原理に任せやみくもに獣医学部獣医師を増やしてはいけません。不足している分野の獣医師待遇改善など動物の命を犠牲にしない方法検討するべきです。

今こそ「命を守る政治」が求められているのではないでしょうか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん