「ステレオタイプ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ステレオタイプとは

2018-01-20

からこそ私はこう思う

狂気世界に心酔しちゃってるこのわたし注意」みたいに他人からどう見られるかとか意識して作品視聴やプレイするべきじゃあない。

そんな事を気にしてたらどんな本に対しても読者層を勝手ステレオタイプ化した挙句「私はあえて一歩引いた距離感で読んでます」みたいな保険かけたつまんねえ触れ方しかできなくなるんだよ…。

人に影響を与えられる番組映画っていうのは毒になろうとも薬になろうともそれだけで貴重な財産なんだ!

イタイとか恥ずかしいとか思われようが視聴完了後生き方が変わるくらいどっぷり作品世界に浸からないと濃厚で価値のある作品体験は得られないんだよ!!

https://anond.hatelabo.jp/20180110194621

2018-01-16

ボーイスカウトって何のためにやるの?

ふと見かけた「ボーイスカウト」って単語、懐かしい。

探検隊みたいな服着た子供たちが同じ服の大人に連れられてた。

敬礼とか教わったりキャンプとかで活動するイメージ

あれ楽しいの?

実態も謎だし・・・

声のデカステレオタイプな陽キャを育成してるみたいでちょっと怖い。

健全精神をはぐくむなら今どきアウトドアよりネットリテラシーだろとも思うし。

経験者いたらボーイスカウトがどういうものか教えてほしい。

2018-01-12

anond:20180112105506

つか、元増田の「腐女子」を「女」に変えてもさほど違和感がない。

女について語る事はめんどくさい。

100人の女がいれば100通り違うから、「女って~~だよね」と言えば炎上しがち。

でもやたら「女である私」を語りたがる人がいる。

「女」というだけで「自分と男との関係性」を考えさせられる場面に遭遇しがち。

自分性格や嗜好について、男との性的体験と関連付けられる事が多い。

そういったものステレオタイプの「女」から外れていると認識されると、「男との関係性に何らかのトラウマがあるんだろう」認定されがち。

マツコに触れてるけど、男性性的マイノリティにも同じ感覚を持つ人・集団は多いんじゃないだろうか。

マイノリティ共通して、よくある話でしかない。

その中でも腐女子が目立つのは、単に関心を持つ人が多いからバズりやすい、というだけだと思う。

女の性に関わる話は、男も女も関心を強く持つけど

特に腐女子は「男女の恋愛セックスより男同士のそれに興味を持つ女」であるからか、やたら食いつきたがる男が多い。

一昔前であれば「男に相手にされない喪女が、男女の恋愛ものだと嫉妬してしまうから男同士に逃げてるんだろwwwww」と単純に決めつけて終了だったけれど、

今はそれでは済まされない程度に、腐女子普通に彼氏や夫がいる人も多い、と言う知識が広がったせいもあるだろうか。

逆に男の百合オタの話が腐女子の話ほど関心を持たれないのは、女も百合オタではない男も彼らに関心がないからだろう。

腐女子であれば似たもの同士として多少の関心はあるかもしれないが)

anond:20180112001841

「女には~~な傾向があるから

ってのも十分炎上しがちな地雷ワードだと思うけど。

実際こう言われてイラッと来る女ってのは世の中多いと思う。

「女は男に愛されたいでしょ」「女は結婚したいでしょ」「女は子供産みたいでしょ」「女はピンクが好きでしょ」とか散々炎上してるよね。

しろ腐女子に「(腐女子じゃない)女には~~な傾向があるから(私は違うけど)」と平気で言う人が多いのに違和感がある。

「(腐女子じゃない)女」に対して、昭和ミソジニーオヤジかよと言わんばかりなステレオタイプ押し付け腐女子、よくいるよね。

「女は恋愛の事しか考えてなくて少女漫画を本気にしていて男と結婚すれば幸せになれると思ってるバカな生き物、でも私は違うの」的な。

非オタや、オタクでも乙女系の人を物凄く見下していたり。

そういうのが若い腐女子に多いのは、一種中二病(「バカ他人とは違う賢い私」と思いたい)だからというのもあるんだろうけど

とっくに中二年齢を過ぎていてもそういう認識の人も見る。

2018-01-08

47都道府県蔑称リスト

都道府県蔑称由来
北海道試される大地北海道庁によって決められたキャッチコピーだったが、過酷環境揶揄する意図で使われることもあり、今ではキャッチコピーも変更になったようだ。
青森
秋田
岩手日本チベット開発が遅れ交通の便が悪いことから昭和の頃から使われだしたらしい。
山形マット県中学校でのいじめで死者が出た山形マット死事件の経緯から村八分が起きる陰湿な県という意味で使われる。
宮城リトル・トーキョー宮城というか仙台のこと。東京の真似をした地方都市に送られる蔑称
福島ふぐすま東北弁の訛りから東北全体でトウホグと呼ばれることも。
茨城ちばらき千葉風土が近いため、一纏めに馬鹿にするニュアンスで使われる。
栃木日本一影の薄い県テレビ番組ランキングから
群馬グンマー職務質問群馬出身と答えたらグンマーという国から来た不法入国者扱いされたという2ちゃんコピペから
埼玉埼玉タモリによって付けられたダサい埼玉という意味造語
千葉ウン千葉特に意味があるわけではなさそうだが、2ちゃんなどで使われることがあるようだ。
東京トンキン大阪民国と呼ばれることに対抗する形で生まれ蔑称2ちゃんニュー速発祥
神奈川神奈川埼玉ウン千葉と並べて使われるらしい、悪口と県名の合体系。
新潟
富山越中強盗北陸三県県民性を表す言葉として古くから使われる「越中強盗加賀乞食越前詐欺能登はやさしや土までも」から
石川加賀乞食北陸三県県民性を表す言葉として古くから使われる「越中強盗加賀乞食越前詐欺能登はやさしや土までも」から
福井越前詐欺北陸三県県民性を表す言葉として古くから使われる「越中強盗加賀乞食越前詐欺能登はやさしや土までも」から
山梨甲州商人農産物がとれにくく、地域を出ざるを得なかった甲州出身商人商売に精を出したこから、金にがめついといったニュアンスで使われる。
長野
岐阜名古屋植民地存在感が薄く、モーニング名古屋巻きなどの文化名古屋に取られたこから使われる言葉
静岡アニメ不毛の地静岡関東広域放送圏と中京広域放送圏に挟まれながらも、隣接する二県と比べて極端にTVアニメ放送数が少ないことから
愛知名古屋県県名より都市名前の方が知名度が高いよね、というよくあるパターン蔑称
三重伊勢乞食ケチ倹約家だという意味蔑称。もとは近江泥棒伊勢乞食と言って、江戸っ子が繁盛する近江伊勢商人への負け惜しみで使った言葉
滋賀滋賀京都人滋賀県民に対して「田舎者め!」というニュアンスで使う言葉
京都凶都当て字系。この蔑称とはあまり関係ないが、京都人はなにかとプライドが高いとか陰湿といったステレオタイプでいじられることが多い。
大阪大阪民国韓国人が多いとか民度が低いというイメージから大阪日本ではないというニュアンスで使われる蔑称
兵庫
奈良奈良県名+悪口パターン
和歌山
鳥取
島根鳥取鳥取の左お互い認知度が低く漢字がにてることもあり、鳥取とセットで語られることが多い二県。特に島根県民が鳥取扱いされて怒るシーンが多い気がする。
岡山大都会岡山徳島出身アンジェラアキ岡山に来たとき大都会だと思ったという発言ネット住民が食いつき、コピペコラ画像が作られた。
広島ケロカスなんjで広島カープファン広島県民に対して使われる蔑称。由来はわかると思うのであえて書かない。
山口
徳島
香川うどん県うどん名産で、県民であることからPRのために使われることもあるので蔑称かは微妙ではある。
愛媛
高知
福岡修羅の国暴力団が多かったり手榴弾がよく見つかることなから
佐賀福岡植民地長崎植民地植民地ネタは他県でもよく見られるが、九州では佐賀に対してよく使われるようだ。
長崎
熊本肥溜め肥後の肥をとってこう呼んでいる書き込みを幾つか見たが、もしかしたら同一人物かもしれない。
大分九州宮崎と合わせてこう言われていたようだが、宮崎が割りと有名になったので大分だけに使われることになってしまった。
宮崎
鹿児島
沖縄

追記

2018 01/09 山形山梨島根に追加

2018-01-07

anond:20180107203806

わけわかんねえなあ

マイノリティを出さないのはダメ、出してもコメディリリーフや端役ばかりなのはダメってんで、

しょうがいから今あっちの映画とかだと、無理やりねじ込ませてヒーローの役やらせてるわけじゃん

ガキの学芸会じゃねえんだぞって感じだけどさ

なんかそのうちそれすらもステレオタイプに繋がるからダメって文句言われちゃいそうな勢い

もし日本に大量に黒人が入ってきて自分たちの職を脅かしはじめたら日本人の大半が「黒人は力が強くて頭が悪いからドカタをやらせとけ」みたいなステレオタイプを振り回しはじめる自信があるわ。

2018-01-06

anond:20180106181453

からそんなゲイばかりじゃないから、他のゲイが快く思わないんだよ

そもそも女装だってテレビ用で普段普通に男やってるタレントだっていっぱいいる

そもそもドラッグクイーンだってゲイ自発的ってのはどうかと思う

文化的なもんはそんな簡単自発的か外部要因かなんて判断できない

見方によっては同性愛者のサーカスで、人が集まるように過剰な演出していったとも捉えられるんじゃわないの?

それとも学術的に自発的ものだって定義されてるもんなの?

それに黒人だってみんなコミックリリーフな訳じゃないのに、面白おかしく笑いの種にされるのが不快だって演出もある

ステレオタイプに凝り固まった差別的演出なんて腐るほどあるじゃん

はてな的あるいは反差別的な理屈では、お前が別物としたところで、不快に思う人がいるんだから自粛すべきなんじゃないの?

「年上好き」と「熟女好き」は違うっつってんだろ

「年上の女の子と年下の女の子どっちが好き?」

よくある質問

それも女からよく聞かれる質問

年上年下からこの質問をするのは少々露骨になるからか、主に同年齢の女からこの質問をされる

おそらく、この質問だけである程度男のパーソナリティや付き合った時の振る舞い、彼女に何を求めているかなんかが推して知れるからだろう(男の俺からしてもそう思う)

例えばあくまでもステレオタイプだが、年上好きはなよなよでリードしてくれなくて情けなくて大人しくて甘えてくる

対象的に年下好きは男らしくてリードしてくれてオラオラ系で頼り甲斐がある甘えさせてくれる

何より女はマザコン死ぬほど嫌う傾向があるため、この質問で男にマザコン兆候があるか否かを探ろうとしている(と思われる)

俺はシングルマザー家庭に育ち、立派な年上好きに育った

お母さんにデレデレというわけではないがよく二人で食事をしたりするため、世のマザコン嫌悪症の女性からしたら即刻マザコン烙印を押す対象になってしまうだろう

しかし嘘をついたところで俺の好きな女が年上なことに変わりはないのだから臆せずに正直に言うことにしている

「俺は年上かな〜」

「うわ〜熟女きじゃん〜w」

ちげえよ

俺は1個2個上の「先輩」が好きなのであって

断じて「おばさん」でも「友達のお母さん」でもない

年下が好きですって言ったら普通に1個2個下を想像するじゃないか

年下が好きと表明したところで小学生大好きロリコン人間と見なされるわけではないのに

なんで年上好きだけこんな仕打ちに会わなくてはならないのか

おそらく女性の皆さんは「年下好き」の回答を求めていて、「年上好き」を恋愛対象から除外するためにこの質問をしてるのだろう

だって年上好きの男ってちょっと気持ち悪いし

それはいいんだよ分かってるから

からって年上好きを熟女好きと勝手認定して蔑むのはよしてくれよ

あと俺は熟女好きもロリコンも立派だと思ってます

anond:20180106113043

「単に別のステレオタイプ押し付けしかなってない」

まさにそう。

勝手自分たちの国の中で人種差別しておいて、そしてその過去の過ちのことを持ち出して、その価値観押し付けてくる。

日本人相互理解しようみたいな気持ちが、欠片もないよね。

人種差別うんぬん以前に、そういう態度が非常に不快だわ。

anond:20180105223437

なんで不快に感じたかって記事見たけど

アメリカ差別されてきた歴史があるからって話で

その反発を日本に当てはめていいのかって問題もある

不快に思った人がいれば、それは差別って話なら

大抵の同性愛者のタレントテレビ出れんぞ

同性愛だって多種多様なのにステレオタイプなオネエに扮装して露出するのを快く思ってないゲイはたくさんいる

デブハゲだってネタにされて不快に思う人はいっぱいいる

バラティ番組から別に気にしない人もいる

受け取る方の捉え方を考慮しないで決めるなら、ありとあらゆるコンプレックスステレオタイプもの見方を取り入れた番組は全部アウトじゃん

ちゃんと受け取る側にもその批判妥当かって問いをしっかり返して回答を得るべきだろ

anond:20180106112243

やっぱ普段から別に西洋立場関係ない奴に無理やり西洋ルールを守らせようとすると

どうしても文化侵略というか折伏じみたものになってしまうよな

ポリコレなんて言っても、単に別のステレオタイプ押し付けしかなってない

これが最初から、私は欧米白人フォロワーですよ、って言ってる奴なら問題ないんだけどな

はあちゅうなんかはモロに欧米metoo日本に輸入しようと企んだ結果

「いやその基準だとお前の言ってることもアウトじゃん」って突っ込まれトンズラこいたわけで

黒人にもグラデーションがあるはずだが

ハーフクォーター等による肌の色のグラデーションは勿論、上流階級差別された経験の無い人からミンストレル・ショーとったコンテキストを知らない黒人もいるわけで。

で、そういったグラデーション無視して一方的黒人配慮しろ!ってのは、様々なグラデーションを持つ黒人に対して「黒人はめんどくさい」というステレオタイプ助長すんじゃないの?

2018-01-05

anond:20180105093059

元増田は知らんが、俺は直してるぞ!

誇ることでもないだろう 笑

俺が言いたかったのはステレオタイプに忠実なのは問題ないだろう?ということね

2018-01-04

anond:20180104172216

「男女 告白」とかで検索すると、関係性構築が男性に期待されていると分かると思う(これは顕著な例だけ)

ただぶっちゃけていうと、こういうステレオタイプ男性観と言い寄られるヒロインって構図は政治的に正しくない。

男性観点でもマッチョになるの面倒だしね。

「笑ってはいけない」黒塗りメイク問題論点整理

多くのブコメをみたけどいろいろな論点があるなと感じたので、整理してみたい。


まだいくらでも互いに反論できると思う。なお私自身は結論を持っていない。

個人的には、ヨーロッパに住んでたときに何度も釣り目のジェスチャーからかわれたり「チンチャンチョン!!!」とか言われたりしてちょっと嫌な思いをした経験があるので、今回のやつを見て怒る黒人にとても共感する。

でも世の中にはいろんな立場の人がいて、それぞれ利害も異なる。

「いいか基準を教えろ」「~~したらとにかくダメなの?」という人が多いけど、残念ながらそう簡単な話ではなく、面倒でも大勢時間をかけて合意形成するしかないのだと思う。

「めんどくせえ」という人も多いな。どうでもいいと思う人が多数派じゃなかったらそもそも問題」にならないので、まあ当然の反応ではある。

(追記)

他にも整理してる人がいらした anond:20180104015530

"黒塗りメイクが物議"にモヤモヤしているので整理のために書く

この記事が物議を醸しているようでモヤモヤしたので自分の中で整理をつけるために文章化してみる。

「笑ってはいけない」浜田の黒塗りメイクが物議 黒人作家が語った不安

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.huffingtonpost.jp/2018/01/02/history-of-blackface_a_23321243

考えを書き出してみる

[1]. 単にエディ・マーフィという役者モノマネをするためのメイクであって(意図的無意識わず)黒人をいじるものではないのは明白

[2]. 被差別対象だった人たちの身体的な特徴を使った表現相手を傷つける可能性がある。(ただし被差別対象ではない人が差別だと叫ぶ場合差別の拡大になるだけで誰も得しないことがあるので注意が必要)

[3]. 特に黒人風の肌メイク差別的エンターテイメントとして使われた歴史的バックグラウンドから米国などでは差別的表現として扱っている

[4]. (意図的無意識わず)民族人種ステレオタイプ身体的特徴を使った表現差別的であると言われるだろうが、エディ・マーフィという個人モノマネについては差別的ではないという意見もそれなりに見かける。

[5]. 個人モノマネ黒人差別と言われるのは[3]に配慮していないかである

[6]. 本質的差別がなくなった状態というのは[3]のようなものへの配慮をしなくて良い状態といえるので、逆にそれらへの配慮を増やすことは差別意識させるだけともいえる。

[7]. しかし[6]のような考え方は理想ではあるものの、実際に差別され傷ついてきた人たちが存在している以上は過渡期に極端な理想を求めるのではなく、ある程度の配慮をしながら緩やかに配慮する範囲を減らしていくしかない(ので[6]のように配慮しないことを良いことと捉えない方が現実的である)

[8]. 程度問題として[7]にある「ある程度の配慮」をするには歴史的バックグラウンド未来に向けて緩やかな変化を見据えて議論しながらすりあわせていくしか無い。

[自分なりの結論].

上記の[8]にあるように、本質的には差別的ではないものでも歴史的バックグラウンドから相手を傷つける場合がある。

はいえ「本質的差別ではないのだから傷つくな」と言っていい性質のものではなく、現実的にはそういった配慮をしながら未来に向けて本質的差別だけに配慮すれば良い状態を作っていければ良いのではないかと考えました。

※これは私個人における自分なりの結論なので他人にそれを押し付けものではありません。

2018-01-02

アニメキャラ白人に見える問題

外人が「アニメキャラはなんで白人ばかりなの?目が大きいのは白人の特徴で日本人は細目でしょ」とかいうやつ。

キャラを細目出っ歯のステレオタイプに書かないのは白人コンプからっていう指摘はひどい差別じゃない?

anond:20180102001957

何を聞きたいのかいまいちよく理解できないけれども、出っ歯って日本人ステレオタイプの一つです。なので私が例に上げた扮装は日本人の真似という範疇に十分収まると考えられます。(この例は「ティファニーで朝食を」の日本人設定キャラクターモチーフしました。)

このブコメで言いたかったのは、こちらに差別をするつもりがなくても、ステレオタイプを無理に(扮装のような形で)具現化することによって、誰かを傷つける可能性があるっていうことです。当事者気持ちを少しでも感じてほしいと思い、百文字以内で表すには無理がありましたが、このようなブコメを書きました。

そもそも差別かどうかって、とても白黒はっきりできないと思います。実はグレーゾーンで、自分の内心でもわからないのではないでしょうか。この番組製作者や出演者黒人差別をしたつもりではないと思いますしかし一方で黒塗りにした浜田さんの顔を見て笑いものにしています。ここに、必ずしも黒人馬鹿にする思いがなかったと言えるでしょうか。

この日本メディアでの黒塗り問題は深刻に受け止める必要があると思います海外メディアには見つかってはいませんが、もしredditなどに貼られたら、日本人世界中バッシングされる事態になってもおかしくはありません。それぐらい、世界常識から考えると異常なことなのです。ちなみに数十年前のハリウッドも同じ間違いを何回も犯しており、未だにネット上でバッシングを受け続けています。(googleyoutubeでhollywood, black faceなどの言葉検索してみてください。いかに黒塗りが人を傷つけているのかがわかると思います。)

拙い文章すみません。私の意図することが少しでも伝わると幸いです。

追記

外国人の行うつり目行為ですが、あれも多くはアジア人馬鹿にする意図はなく、ただ真似をしただけだと思いますしかし私はすごく馬鹿にされた気持ちがするし、あれは大嫌いです。あれを気軽にやる人を心底軽蔑します。今回黒人の方がツイッターで傷ついたと言っているのは同じような心理だと私は思います

2017-12-29

たまに風俗行くけど、学費に困ってる嬢に出会たことない

私が話した感じだと、

・お店を出したい(ネイルサロン率高すぎw)

・他に働くすべがない(頭が良くない)。

本業収入では足りない。

という感じ。ステレオタイプ苦学生出会たことはない。

私に話した理由は建前なのかもしれないけど。

ゲンダイとか東洋経済オンラインで見かけるような学費奨学金の支払い云々って感じの子がそんなに多いとは思えないな。

2017-12-27

人生物語は要らない

 先日ホッテントリに上がっていた単著持ち増田のエントリを読んで、そういえば自分も増田が原因で本を書いたんだったと思い出した。


 数年前、初めて増田に文章を投稿したら2000ブクマ付いた。「文才がある」「物書きとして食っていける」とか言われたので、24万字の文章を書いてKindleで出版した。ぜんぜん売れなかった。人の言うことを安易に信じてはいけないと思った。

 そのあとまたホームレスになったので(2年ぶり3回目)しばらく福島で除染作業員として働いた。除染と言うと何か特別なことをしているように聞こえるけど、実はただの土木工事である肉体労働は久しぶりだったけど、小難しいことを考えず黙々と目の前の作業に打ち込んでいると、頭の中の不純物が取り除かれていく感じがした。

 そうだ、僕は物書きになりたいなんて思っていたわけじゃない。そんなものは誰かから押し付けられた「物語」でしかない。いままでも「元ホームレス成功者になる」みたいなステレオタイプな物語を押し付けられたことは何度もあったけど、いつも心の中で蹴り飛ばしてきた。なぜ今回に限って勘違いしてしまったのか。


 福島では相馬市松川浦という観光地にある旅館に住んでいた。国からの補助があるので宿泊費はかからなかった。旅館だけあって飯がめちゃくちゃうまかった。直前までわりと本気で食うや食わずの生活をしていて、就業前の健康診断で「就労可能です」のハンコの横に「貧血症――経過観察お願いします」とか書かれるレベルだったけど、1か月で元の体重に戻れた。

 そしてこういう現場に集まる人間というのは基本的ろくでなしばかりである。入ったばかりの給料を数日で飲み代やパチスロに使ってしまい、すぐに前払い制度を利用するはめになるような、そんな人間ばかりだ。同じろくでなしとして、とても居心地がよかった。やはり自分はこちら側の人間だと思った。

 そんなわけでしばらくここに居着こうと思ったけど、東北の夏は意外と暑かった。僕はそれまで日本の東側に来たことがなく、東北の夏なんて京都盆地の夏に比べたら余裕だろとか思ってたけど、ぜんぜん余裕ではなかった。しかも仕事中は半袖作業服禁止で、手袋は三重、さらに安全長靴にヘルメット、高性能防塵マスクというフル装備で、炎天下の中、延々と作業するのだ。このままでは干物になってしまうと思い、涼を求めて北海道へ行くことにした。


 割のいい仕事をしたおかげで金はそこそこあったので、JRの青春18きっぷを使って道内をしばらく旅した。

 旅の途中、いろんな人に出会った。日本一周中のライダーチャリダー、本州でこういう人に出会う機会は少ないけど、北海道ではさほど珍しくない。彼らには独自の文化があるようだった。こういった旅人向けに格安で宿を提供するライダーハウスの存在も教えてもらった。ライダー専用のところもあれば、旅人なら誰でもウェルカムみたいなところもあるようだ。

 美瑛にある「蜂の宿」というライダーハウスはめちゃくちゃ居心地がよくて、しばらく沈没してしまった。同じように沈没中の旅人が多く、宿を出るときは少しバツが悪くて、朝早い時間、夜逃げのように出発した。稚内の飲み屋では一人旅の女性客に「函館に住んでるから着いたら連絡してね」と電話番号を渡された。でもいざ函館に着いて連絡しようとしたらだんだん死にたくなってきたので忘れてたことにして函館を後にした。小樽のライダーハウスではなぜかオーナーに気に入られて「上の階の空き部屋に住んでいいよ」と言われたけど、結局置き手紙だけ残して去ってしまった。

 そんないつも通りのあれこれがありつつ、最終的に札幌でクソボロいマンスリーマンションを借りて住み始めた。


 札幌では2年ほど暮らした。つまり冬を2回越した。

 石狩平野ドカ雪が多い地域で、昨日まで普通だった街の景色が、朝起きたら突然、一面の銀世界になっていることも珍しくない。人の背丈より高く積み上げられた道路脇の雪。凍った路面をすいすいと歩いていく人たち。数センチの積雪で大騒ぎになるような地域に住んでいた僕には、すべてが新鮮だった。海外を旅したときも自分がいかに世間知らずかを思い知らされたけど、同じ日本でも住む土地が違えばこんなに空気も文化も違うのかと思う。

 そうだ、僕はあまりにも世界を知らなさすぎる。ホームレス経験があるからなんだというのだ。「なんでも知ってるゲンさん」みたいなステレオタイプキャラクターはどこにも存在しないということがわかっただけじゃないか。インド東南アジアを旅したからなんだというのだ。日本の近所をちょろっと見てまわっただけじゃないか。アメリカにもアフリカにもヨーロッパにも行ったことがない。政治も経済も科学も宗教も、本当に何も知らない。

 もっと世界を知りたいと思う。いままで自分ひとりで知識や経験を積み重ねてきたけど、もう限界だと思った。独学には「体系的に学べない」という決定的な限界がある。だから大学へ行こうと思った。もっと世界を知るために、僕には高等教育が必要なのだ


 しかし僕は中卒なので大学へ行こうにも受験資格がない。まずは高認(旧大検)を受ける必要があった。とりあえず過去問ざっと目を通してみると、文系科目は特に対策しなくても合格点を取れそうだったけど、理系科目は壊滅的だった。数学なんて問題文の意味さえわからない。やべえよ。

 コールセンターWindowsテクニカルサポートの仕事をしつつ、参考書と格闘する日々が始まった。途中で何度も心が折れそうになったけど、数学が扱うのは実体のある数(かず)ではなく、数(すう)という概念なのだということがわかってから、唐突に理解できるようになった。数を感覚的に扱えるようになり、数式の手ざわりがわかるようになった。

 勉強時間の半分くらいを数学に費やしたおかげもあってか、本番の試験では90点を取れた。分数の足し算すらあやしかった状態からここまで持ってこれたのだから、まずまずの結果だろう。国語は無勉強で満点取れたので、読解力は普通にあるようだ。他人の評価は主観が混じるので話半分に聞くけど、こういう機械的な評価は信用できる。英語も無勉強で満点取れるかと思ったけど、2問ほど間違えた。どちらも穴埋め問題だ。自分でも文法力が足りてないことは自覚していたけど、やはりその通りだったようだ。他の教科もなんとか70点以上をマークし、無事、高認に一発合格した。

 これで大学受験の資格は得た。学力はまだぜんぜん足りてないけど、土台部分は構築できたはずだ。これからさらに何年かかけてこの上に知識を積み重ねていくとして、次に考えるべきは資金の問題だろう。無給で4年間大学に通うなら最低でも800万、できれば1000万は貯金しておきたいところだ。しかしこの額はさすがに札幌の労働単価では厳しい。やはり稼げるところに行くべきだと思い、住んでいた部屋を引き払ってまたホームレスになり(2年ぶり4回目)今度は東京へ向かった。

 ちなみに僕には家族も友達もいないので、こういうときバックパックに入りきらない荷物はウェブ管理可能なトランクルームに預けるようにしている。ダンボール1個分の荷物を月数百円で預かってくれて、いつでもウェブから出庫できるので、こういう生活スタイルにはとても便利な存在だ。


 いままであちこちを転々としてきたけど、東京に来るのは初めてだった。西成で暮らしていたときに山谷の話は聞いたことがあったので、まずはドヤで当面の寝床を確保する。西成みたいに1泊1000円前後で泊まれればしばらくそこで暮らそうかと思ってたけど、2000円前後が相場のようだったのでドヤ街からは早々に引き上げ、少し北上して南千住駅近くにあるシェアハウスの一室を借りて住み始めた。

 次は仕事だ。自分の持つスキルの中で最も金になるのは、やはりプログラミングだろう。上京する前にリハビリとして最新技術はひととおりさらっておいたし、その経緯を文章にまとめてQiitaに投稿しておいた。なぜかその記事は「文学作品」という評価を受けたけど。技術記事なのに……なんでや……。しかし職探しのときにその記事をポートフォリオとして使ったらめちゃくちゃウケがよかった。東京エンジニアが不足しているとは聞いていたけど、これほどとは。仕事も多ければ単価も高い。いままで自分が住んだことのある都市と比べると、京都・札幌の倍以上、大阪の1.5倍以上の単価だと思う。

 そんな感じで生まれて初めて金に困らなくなった(!)ので、まずは渋谷に引っ越した。JR渋谷駅ホームまで徒歩5分のマンションなので、主なオフィス街は自宅から30分以内で行けるし、渋谷にある会社ならもちろん徒歩圏内だ。ジュンク堂(東急)まで徒歩10分くらいで行けるのもすばらしい。近くに庶民派スーパーがないことだけが難点だけど、西友のネットスーパーに助けられている。いつも配送ありがとうございます

 次にPCを買い換える。生活スタイルの問題もあってここ数年はずっとノートPCを使ってきたけど、東京には腰を据えて何年か住む予定なので、ハイエンドデスクトップPCを買うことにした。WindowsLinuxどちらも使いたかったので、これまで通りデュアルブートにしようかと思ったけど、切り替えが面倒なのでWindows上の仮想マシンとしてLinuxを動かすことにした。開発は基本的にその中ですべて完結させるので、仮想マシンの中でさらに仮想マシンを動かす場面も出てくる。こういう使い方だとそれなりにスペックが必要だろうと思い、CPUはi7-7700K、メモリは64G積んだ。どうせハイスペックにするならいっそVR Readyにしようと思い、グラボは1080Tiにした。そんな感じでいろいろぶっこんでいったら最終的にPC本体だけで40万かかった。さらにDELLの34インチ曲面モニタ東プレの変荷重キーボード、HTC Viveとデラックスオーディオストラップ、等々、もろもろ合わせて最終的に総額60万以上かかった。半年かけて海外を貧乏旅行したときの旅費を軽く超えててさすがに草生えた。


 2017年末になってもVR市場は未だ揺籃期の様相を呈している。キラーコンテンツとなりそうなゲームはちらほら出始めているものの、起動直後の「おお! VRすごい!」からその後が続かないものが多い。

 そんな中で僕がハマったのはQuiVrという弓ゲーだった。ゲーム中で何度も繰り返す矢を放つ感触がとにかく素晴らしく、現時点で250時間プレイしている。まだアーリーアクセスだけど、毎週コンスタントアップデートが続けられていて、次々と新しい要素が追加されていくのも飽きない理由だと思う。でもその分バグが多く、プレイしていてだんだん腹が立ってきたので、Discordに乗り込んでバグ報告しまくっていたら、いつまにかベータテストに参加するようになっていて、いまではランキング上位プレイヤーのひとりになっている。

 Rec Roomもおすすめしておきたい。ユーザーコミュニティがとても活発なソーシャル系VRゲームで、RedditDiscordを覗くと、運営とユーザーが一丸となって、いいゲームにしていこう、いい場にしていこうと努力している様子がうかがえる。そのおかげか、マナーの悪いプレイヤーが非常に少ない。ハラスメント行為等はほぼ皆無と言ってよく、Fワードを使っている人さえあまり見かけないほどだ。ゲーム自体も、チーム戦のペインボールレーザータグ、協力プレイアクションRPGゲーム等、無料とは思えないほどのクオリティの高さなので、VR機器を持っている人はぜひやってみて欲しい。

 そしてそのRec Roomよりさらにコミュニティが活発なのがVRChatだ。もはや活発という次元を超えてカオスと言っていい。半年前に初めてログインしたときは10~20人くらいのユーザーがHub(ログイン直後のワールド)で適当にダベっていて、他のワールドにはまったく人がいない、みたいな閑散とした状況だったのだけど、今月初旬に同時ログイン数が1000人を超え、Discordオンラインメンバー数は2000人を超えた。現在は同時ログイン数3000人を超し、Discordオンラインメンバー数は4000人を超すような状況だ。どうも有名なYoutuberや、Twitchの有名生主といったインフルエンサーが最近こぞってVRChatを取り上げているようで、この爆発的なコミュニティ拡大はまだ収まる気配がない。デスクトップモードがあるので参加するだけならVR機器が不要だというのも大きいか。

 Rec Roomとは違いVRChatはコミュニケーション主体のソーシャル系VRゲームだ。ミニゲームは前者に比べて見劣りするものの、ユーザーカスタムアバターワールドが自作・公開可能で、これが海外のオタクたちの創作意欲を刺激したのか、黎明期ニコ動を彷彿させる盛り上がりを見せている。こういった事情によるためか、もしくは別の何かが彼らをひきつけたのか、実際のところはわからないが、VRChatのユーザーはほとんどが日本のアニメフリーク・漫画フリークだ。ユーザーカスタムアバターはそれらに影響を受けたものが多く、美少女キャラロボットモンスターが目の前を行き交う様は、まるで攻殻機動隊電脳空間のようだ。とはいえ現状では4chan的な文脈そのままの著作権ガン無視状態なので、前述の爆発的なコミュニティ拡大にともなって近いうちに問題になることが予想される。なんとかソフトランディングして欲しい。

 しかしこの未来感すさまじい仮想現実の世界にいると、なぜか昔のインターネットを思い出す。特にテレホーダイ時代の2ちゃんねるのことを。夜の11時を過ぎると一気に人が集まり、どこの誰とも知らない人たちと一晩中バカ騒ぎをして、朝になるとネット全体が静まり返っていた、あの懐かしきオールインターネット。VRChatをやっているとあの頃の記憶が蘇ってくる。ドイツ人ドイツ語を教えてもらったり、サウジアラビア人にアラビア語を教えてもらったり、台湾人に3Dマーカーペンで中国語を書いてもらって「おおー、漢字の意味なんとなくわかるー!」とか感動したり。そんな多種多様国籍・人種の人たちとアニメについて語り合ったり、アニソンをみんなで大合唱したり。MMDナイトクラブというワールドでMMDモデルダンスが見られるのだけど、ステージ上で踊る初音ミクを囲んで、みんなで一晩中踊り明かしたりもした。マジでなんなんだこのカオスな空間は。しかしこれだ。これがインターネットなのだ夜明け前の静けさと、どこか熱に浮かされたような興奮。それらが齟齬なく同居する、この奇妙な感覚。久しく忘れていたこの感覚を、強烈に思い出す。

 でもいちばん印象深かったのはラノベ朗読会だ。ある日、いつものように適当に外国人たちとダベっていると「いまからショーが始まるから来ない?」と誘われた。開かれた転送ゲートをくぐってみると、その先は100人以上収容できる劇場のワールドで、さまざまなアバターの人たちが観客席に座っていた。舞台上の主催者とおぼしき人は「みなさんお好きな席にご着席ください。いまから『転生したらスライムだった件』の朗読を行います」とか言っている。え、どういうこと? と思う間もなくショーが始まる。やたら渋い声で、VRならではの身振り手振りも混じえて、感情表現豊かに読み上げられていく、まだアニメ化すらされていない日本のラノベ(正確にはウェブ連載版の英訳版)。ああ本当に世界は広いんだと思った。自分の知らないことなんて星の数ほどあって、そのすべてを知ることは絶対にできないんだと、少し胸が苦しくなった。


 と、最近はVRの世界にどっぷりだったのだけど、遊んでばかりいたわけではなく勉強もしていた。特に英語だ。いままでリーディングリスニングについてはそれなりにできていたのだけど、文法力がないのでライティングスピーキングに関しては壊滅的だった。しかしVRを始めてから英語圏コミュニティ英文を書いたり、VRゲーム内で英語を話したりする場面が増えてきたので、文法を基礎からじっくりとやり直した。二十代の頃に文法をみっちりやったときは死にそうになるくらいしんどかったけど、今回はそうでもなかった。やはり目的があると吸収力が段違いだ。そのおかげか、ライティングに関しては文法間違いがかなり減ったように思われる。スピーキングはいまでもだいぶあやしいけど。客観的かつ機械的な判断が欲しいので、来月久しぶりにTOEICを受ける予定だ。10年前に受けたときのスコアは680だったけど、今回の目標は800に設定している。2年後くらいには900を目指したい。ここまで英語力を上げておけば、大学受験の際にかなりのアドバンテージになるはずである

 あとはやはり数学だ。英語の勉強が一段落したら、数Iの復習から始めて、数IIへ進む。僕が受験しようとしているのは文系(経済学部)なので必要ないかもしれないけど、余裕があれば数IIIに関してもどんなものかくらいは頭に入れておきたい。前回の勉強のときに、数学は小さな理解と小さな納得を積み重ねていくしかないということが身にしみてわかったので、この科目に関してはじっくり腰を据え、時間をかけて少しずつ勉強していくつもりだ。

 国語に関しては受験前に赤本で少し対策すればいけそうなので、あまり心配はしていない。その他の科目は最悪捨ててもいいけど、時間があれば知識を少しずつ補填していこうと思う。

 こんなやり方で本当に大学に行けるのかはわからない。すべてが手探りだ。たとえ行けたとしてもその先のことはわからない。この歳で「大学を目指している」なんて言うと、先のキャリアを見据えてのことなんだろうと勘違いされることが多いけど、僕の場合、本当に何も考えていない。大学で政治や経済を学んで自分が何をしたいのかなんてまったくわからないし、それが金になるとも思えない。卒業したあと食い扶持が稼げなくて野垂れ死ぬかもしれない。その可能性は決して低くない。以前と比べれば多少はマシになったように思えても、やっぱり基本的に僕はバカなんだと思う。

 でも同時に、それでいいとも思う。行動に理由なんていらないのだ、と。行動の理由なんて事前にいくら用意したところで、たいていの場合、それは建前やこじつけでしかなく、本当のところは後になってからしかわからない。ミネルバフクロウなのだ。後になってからしかわからないなら、後になってから知ればいい。いまは行動するだけでいい。そう思う。


 先日、久しぶりにKindleのストアページを見てみたら、あの24万字の本へのレビューが1件増えていた。

 やっぱり僕はこれでいい。こうして増田で誰に宛てるでもなく近況報告をしたり、Steamに長文レビューを投稿したり。誰が読んでいるかもわからなくて、でもたまに反応があったりして、それが少しくすぐったくて。

 特別なことなんて何も起きなくていい。夢も希望もなくていい。

 人生に物語は要らない。

2017-12-25

引きこもり支援と同じものはてなに感じる件

カウンセラーとして引きこもり支援に携わってたんだけど

引きこもりの人たちにはある特徴がある

カウンセリンググループワークの場に来て社会復帰の為の話し合いをすると必ずといっていいほど

政治や国を引き合いに出して批判が始まるということだ

この根底にあるのは、現状の不遇は社会や国のせいだという被害者意識

しかし、実際は多くの人が学生時代につまづき社会に出たことのない人たちばかりなんだ

なんで社会に出たことのないひとが社会や国の被害者だと思うのかを遠回しに聞くと言葉につまるばかりだ

まり彼らは単に自責感というものを一切持てないから、自分に何か原因があるということを自覚できないんだよ

突き詰めて話をしていくと結局のところ、社会に出て行きたくない働きたくないというのが本音

それを正当化する為に借りてきた反権力的な正義攻撃的になるというのがステレオタイプ引きこもり支援問題

これを如何に自覚させるかに骨を折るわけだけど

はてなでの左巻きの言葉の数々を読むようになって、自分支援活動と重なってしかない

ちょっとたらここにいる多くの人が引きこもりとまでは行かないもの

社会から孤立して疎外感を正当化する為に、頭の良い人たちの借りてきた社会正義武器にして

人を攻撃しているんじゃないかと思えてならない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん