「下半身」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 下半身とは

2018-09-18

anond:20180918194029

30年ってスパンなら書泉まんがの森コミック高岡のガサ入れあるじゃん下半身べったりな修正入るのはあの事件の後。

あれ以前の80年代オタクエロ漫画誌の修正はむしろ甘かった。レモンピープル読んでたならそのぐらい知ってるよね?

その後だって松文館裁判レイプレイ事件もあるよね?最近ではクジラックスの件もある。

漸進的に表現規制が緩くなってるのは否定しないが、自分に都合いい事実しか採り上げない論は説得力ないんじゃね。

さら10選手

自分仕事で履く革靴は、就職後数年の間に黒の外羽根プレーントゥ、ダークブラウンモンクストラップ、そしてブラウンの内羽根ストレートチップの3足にFIXし、以後10年以上そのパターンで固定されている。

このうち、気が付けば10年以上履いていたストレートチップを買い替えた。

某国ブランドが当時2万ちょっとで売っていたモノで、まあ本格的革靴の視点で見れば、ソールを張り替えてまで10年も使い込む価値なんて、無いに等しい安物でしかない。

貧乏性の面倒くさがりも大概にすべき話だ。

そんな自分が買い替えを決断したのは、今振り返ると数年前のソール交換が根本的原因だった。


元々その靴は、アンティーク仕上げのアッパーに細身ラウンドトゥラストと来て、薄いベージュラバーをマッケイ製法で縫い付け、更に茶色の半カラス仕上げという、なんちゃって革底のクセに妙に凝った造りだった。

当時は黒の外羽根プレーントゥがグッドイヤーウェルトだったのだが、履いた感覚では断然マッケイの方が好みになり、結果的に長らく愛用する理由になった。

しかし靴は、特に靴底消耗品であり、可能な限り手入れしつつ大事に履いてきたものの、とうとう「これ以上削れたら修理になってしまう」程度にソールが薄くなったところで、張り替えを余儀なくされた。

とはいえソールを張り替えれば更に長く楽しめるだろうと、そこは努めて前向きに捉えていたのだが…なんと戻ってきたソイツはグッドイヤーウェルトで縫い付けられていたのだ!!

うそれだけで靴としては完全に別物になってしまった。

しかも悪い事に、靴を買った当時はヒョロガリだった自分も、加齢で体重が激増し、上半身こそ割と華奢なまま=下半身デブと化していたわけで。

結果、とにかく固くて固くて、「この靴は鉄で出来ているのか?」と履くたびに泣かされる事になった。

でもそれは最初のうち、きっと馴染むだろうと思っていたら…先日、右足の親指付け根にタコができて痛み出す展開。

OKギブアップだ。

ちなみにソールの材質も、黒のゴムベージュ塗料を塗っただけ(そしてすぐに剥がれた)という、まあ値段相応かもしれないが、あからさまに安っぽい感じで、履くたびに少々辟易していたり。


それで昨日、新しいストレートチップを買った。やっぱり色は茶色で、いわゆる今流行の「見た目なオーソドックスオヤジ革靴、中身はスニーカーみたいなの」というやつだ。値段は先代の3分の1。

こうして自分若い頃の持ち物が一つ減った。

減ったのは別にいいが、こういう形での卒業微妙かな。

そんな連休最終日だった。

2018-09-17

洋ゲーキモさがきつい

ホロウナイトやってんだけど、

敵のデザインがエグくてキモくて精神にくる。

序盤はいいんだが、中盤の「ゲッゲッゲ」とか叫びながらダッシュしてくる牙の生えた蛆虫みたいなやつ(殺すと真っ二つになった上半身下半身が「ゲゲゲゲッ」とかブチャブチャ体液撒き散らしながら狂ったように襲ってくる)とか、

ダンゴムシカブトムシみたいな敵を殺すと、しばらくして死体からたくさん足を生やしてバタバタ襲ってくる寄生生物みたいなクモとか、

捕まってる幼虫に擬態(だか寄生だか)をしていて、救出するとブチブチモリモリ変形して奇声を上げながら襲ってくるやつとか、(こいつは死体感情が抜けたニセ幼虫みたいなキモさがある)

ちょっと勘弁してってくらい気色悪い。

ファンシーな絵柄なのに、えげつなさが凄い。

このゲームだけの特徴かというとそんな事なくて、デッドスペースとかでも主人公の首ぶっちぎって首から下を乗っ取る奴(宇宙服バイタルアラームらしき警告音が、首ちぎられた時は鳴るけど乗っ取り完了すると鳴りやむのが細かい)とか、

Dead Cellsでゾンビ倒すと腹ぶち破って出てくる芋虫みたいなのとか(アップグレードでだいぶ表現が緩和されたが、以前のはエグかった。最初の方のステージゾンビ倒すと、敵ってほどでもない蛆虫みたいのがポロポロこぼれるんだが、中盤のステージになるとそれが成長したとおぼしきデカい肉食蛆虫みたいのが飛び出して襲ってくるというムゴさ)

Grim Dawnっていういわゆるハクスラで沼地や水があるところでウジャウジャわいてくるヘビ人間みたいなのとか(巣に行くと元が想像できそうな感じの調理中の肉塊が置いてあったりする)、

縛り首にされたと思しき死体が大量に吊るされた大木ランドマークになってたりとか、

洋ゲーってなんでああいう、やってて吐きそうになるようなえげつない演出するんだかね。

バイオとか和ゲーでも怖いのあるけど、あん精神にくるようなキモさってないだろ。

ファンタジーなんて、日本のは「こういう世界冒険したい!」って少年の夢を煽るような世界なのに、

洋ゲーのは「うげっおえぇ。だめだこれ。こんな世界に生まれたら速攻死ぬわオレ」って感じの不潔でキモくてキツくて暗くて危険なロクでもない世界ばっかじゃねーか。

あいつら精神歪んでるのか、ゲームに対してストイックすぎるのか、どっちかだろう。

2018-09-13

ラノベ表紙排除するなら女性下着売り場も排除しろってのを見て

@wb_opus_1さんのツイート: https://twitter.com/wb_opus_1/status/1039455768620093440?s=09

前にここで

女性下着売り場は男へのセクハラ

女は男性下着売り場に男のもっこり表現した下半身マネキンがあったらどう思うんですかね

みたいなのを見て普通にあるやんと思ったのを思い出した

自分下着を買いに行った事のない彼は元気にしているだろうか

2018-09-11

anond:20180911103725

女に挿入できれば顔も性格も何もどうでもいい!っていう

下半身で生きてる男がいるからね

2018-09-09

anond:20180909125629

 《先生の子供を孕む刑》それが麻衣ちゃんに下された罰です。麻衣ちゃんは二週間先生性交をし続けました。それも完全公開で。すぐさま実験施設ひとつが完全にふたりの閨房として改造されました。私たちはというと、先生麻衣ちゃんセックスを見届ける観客として一日中二人を見守る役をさせられました(先生は見られて興奮するタイプなのです)。誇り高い麻衣ちゃんがそんな恥辱に耐えられるはずもありません。しか麻衣ちゃんは二週間ひたすら先生性交をし続けました。プライドが高いがゆえにそのような恥辱には耐えられないはずですが、むしろプライドこそが彼女を支えていたのかもしれません。麻衣ちゃん先生に負けたくなかったか性交を受け切ったのです。実際先生は三日も経つと体力も限界に達してふらふらに見えました。しかし彼もまた国会議員として高いプライドを持つ者であり、ついに二週間耐久性交をやり遂げてみせたのです。憎しみ合うふたりの間には何か他のものが生まれていても不思議ではありません、が、それは私の勘違いです。訪問最後先生が車に乗り込むときになり、麻衣ちゃん先生男性器に隠し持っていたフォークを突き立てたのです。すぐに麻衣ちゃんは取り押さえられ独房に入れられました。スーツが血だらけになっていた先生がその後どうなったのかはわかりません。麻衣ちゃん独房自殺しました。私は彼女のことを忘れません。

 同居人がいなくなり寂しくなりました。美少女狩りは日本各地で行われているようですが、良質の絶頂エネルギーを産出できる美少女は限られているため、すこしかわいい程度ではいけないのです。日本人材はいつも乏しく、朝鮮半島超兵器危機は間近に迫っていると大人たちは焦っていました。

 本来なら私は高校三年生。私の青春兵器開発のために消えました。今更どうしようというのでしょう。失った時間は返ってきません。二学期が始まるな、そう思ってすぐのことです。先日、北海道大地震が襲いました。研究所も揺れに揺れてちょっとしたパニックになりました。研究所電気は完全に途絶えました。不安の中で私は麻衣ちゃんのことを思っていました。彼女ならどうするかと。彼女なら私に脱走しようというだろうと思いました。脱走防止用の入り口機関銃が起動しない今しかないと。私は大地震パニック状態と夜陰に乗じて研究所を抜け出しました。もちろんあのワンピースの姿でです。二年ぶりに壁の外に出てだんだん私は自分感情というものが復活してくるのを感じました。押し殺し、存在しないものとして扱っていた私の感情人間らしさ、尊厳というものが鬱勃と私に沸き起こってくるのを感じます

 私は山の中をひたすら走りました。真夜中でしたが、走って走って、転んで、また走って、とにかく走り続けました。涙が止まりません。とにかくがむちゃらに走って走って走りまくりました。やがて時間感覚がなくなったころ、私は前方にたいまつのような明かりを見ます。こんな山奥に人が、こんな時間に、と不思議に思いましたが、やっと見つけた手がかりなので明かりの方へ向かいました。近くまで来ると人影に呼びかけましたが、彼が振り向いたとき私はしまったと思いました。未開部族だったのです。毛皮をまとい奇妙なお面をかぶった未開人は私に気づくとうぉううぉうと唸り声を上げて警戒のポーズを取りました。私は早口で何かまくしたてますが、当然未開人には理解されません。未開人はたいまつを掲げて、大声で私に何かを訴えています。彼らの言語についての知識がまったくない私には何も理解できません。しかし、彼がこういったのだけは聞き取れました。

「さあたああんだあぎぃ!?

サーターアンダーギー!」

 私は全力で「サーターアンダーギー」と叫びました。未開人はぶるっと身震いすると、その場でひざまずいて私に対して祈りを捧げ始めました。顔を上げてとお願いしても彼は祈り言葉を唱えたままです。肩に手を乗せると、ふごぉという音を立てて未開人がひっくり返りました。彼の持っていたたいまつで山火事になりそうなところでしたが、なんとか私が奪い取ってやりました。

「さあたああんだあぎぃ!?

サーターアンダーギー!」

 未開人は手を振ってついてこいというようなジェスチャーしました。脱走の興奮も収まり、冷静になってみると体はもうぼろぼろで体力の限界が近づいていました。私はまた麻衣ちゃんのことを思いました。国会議員先生にも負けなかった麻衣ちゃんのことを。私も今倒れるわけにはいきません。自由になるんだ、そう強く念じました。闇夜の中をどれくらい歩いたのか、しばらくすると未開人の集落らしきところにたどり着いていました。まさか未開人がいるとは思ってもいませんでした。この辺りはもともと政府政府とつながりのある裏社会管理下に置かれていて、結社研究所が作られてからはなおさら一般人が立ち入ることはありませんでした。この時代にまだ未開部族日本にいたのかと、まさかこんなところに未開の土地があったのかととても驚きました。しかさらに驚いたことに、集落には文明人の先客がいたのです。黒のライダースジャケットデニムパンツ登山靴ではなくイタリア風の革靴、縦長の登山用のリュックという格好で、髭を蓄え、未開人とコミュニケーションを取っていました。話を聞くと彼は諸事情あって芸能界引退した後、旅に出てこの場所にたどり着いたとのこと。髭を蓄えだいぶ顔つきは変わっていましたが、私も彼をテレビで見たことがあります

「酒に酔った勢いトラブルを起こしてしまってね。とても反省しているよ」

 星がとてもきれいでした。未開人たちは粗末な小屋から出てくると私を取り囲みました。彼らが「さあたああんだあぎぃ!?」というと、私は「サーターアンダーギー」と答えます。すると彼らはひざまずいて私に祈りを捧げます。とにかく私は「サーターアンダーギー」といいました。私たちコミュニケーションはその程度のものでした。しかしすべてがそれで通じていたのです。

 元芸能人は今は佐藤と名乗っているといいました。

「いい名前ですね」

「いい名前だ」

 文明人がふたりと未開人が多数、原始的キャンプファイヤーのような火を囲んで私たちは穏やかなときを過ごしました。夏の夜は明けかかっていましたが、安心しきった私はいつの間にかその場で眠りに落ちていました。起きた頃には正午近かったでしょうか。佐藤さんのGPS時計によれば午前十一時近くになっていました。昨夜のうちに私の状況はなんとなく話してありました。佐藤さんも最初は信じてくれなかったようですが、事細かな説明を聞いていて、それに私の着ていたわいせつ衣装というのも説得力があったのでしょう、やがて佐藤さんは私の話を信じるといってくれました。

「これからどうする?」

警察に行きます

警察グルに決まってる。警察になんて行けばきみは研究所とんぼ返りさ」

「それじゃ、どうすれば」

「俺の別荘に行こう」

 佐藤さんは放浪生活の末に北海道のこの地が気に入り、莫大な資産を使って郊外に別荘を作ったのだそうです。山を降りると佐藤さん所有のベンツが停まっていました。私のこの格好では万が一人に見られたとき大変だからと、佐藤さんはレインコートを貸してくれました。大地震からまだ半日も経っていませんでしたが、ひと気のない道路平和のものといったように見えました。北海道全域が大停電だなんて私はそのときまだ知りませんでした。見送りに来た未開人たちが手を振ってくれました。屈強な男たちの数人は車を追いかけてきました。が、すぐに彼らの姿も見えなくなりました。田舎道をずっと行き、文明人の暮らす町を目指します。佐藤さんは地震のことが気がかりな様子でした。

「少しでも人の役に立って罪を償いたいんだ」

 うとうとしているといつの間にか周りの風景が変わっていました。そこここに人の気配、生活のにおいがします。人の世界に帰ってきたんだと思いました。佐藤さんは別荘に一人暮らしのようでした。地下一階、地上三階建ての独身男性ひとりには広すぎる豪邸です。居間には高そうなギターベースが飾ってあり、大型のテレビ映画館並みの音響設備が客人を圧倒します。もっと停電中なので電化製品はすべてガラクタ同然となってはいますけど。冷蔵庫ももちろん止まっていて、缶ビールチーズがぬるくなっていました。お酒はやめられなかったのだと知ると少し残念に思いました。

「行き先が決まるまでここを拠点にするといい。使っていない地下室はきみの自由にしなさい」

 佐藤さんは着替えを持ってくるといって螺旋階段を上がって行きました。数十万はしそうな白い革張りのソファに座ってほっと息をついて待ちます。思えば性奴隷としての二年間は私をすっかり変えてしまいました。この世の地獄を生き延びた人間として、これ以上悪いことは起こりえないという確信があるからです。もはや私は些細なことで動じる少女ではないのです。かといって自分大人かといわれればそれも違う気はしますが。特殊すぎる体験によって自分少女でも大人でもない何か非人間的な存在になってしまったように感じられます。少しずつ元の社会に順応していけたらと思います

 足音が聞こえてきました。螺旋階段から降りてきた佐藤さんは学ランに着替えていました。

「これに着替えなさい」

 手渡されたのは女子校の冬服と使用感のある白い下着でした。制服の方はよく見れば女の子なら一度は憧れる東京の名門女子校のものでした。なぜ佐藤さんがこんなものをと訝りながらも、今着ている衣服と呼ぶにはあまりにも特殊デザインである研究所の服よりはましであるというのも事実ですから、私は素直に制服に着替えました。佐藤さんは私の着替えを目の前で見ていました。本来なら私は男性の目を気にして着替える場所要求するべきだったでしょう。しかし私はまだそういった当たり前の羞恥心を取り戻すところまでは精神回復していませんでした。

「すごくいい……」

 佐藤さんの表情が変わりました。そして私ににじり寄ってきました。

佐藤さん……?」

 私は頭を両手で押さえられ、思いきりキスされました。佐藤さんの髭が当たってちくちくします。

佐藤さん!」

 佐藤さんは鼻息を荒くして口の中に舌を入れようと試みてきますわずかの抵抗はあったものの私は突入を許し、彼の舌と私の舌が絡み合いました。佐藤さんは獣のような激しい息遣いになり、慣れた脚の捌きで私を床に押し倒しました。馬乗りになった佐藤さんの日焼けした顔はまるで本物のヒグマのようでした。芸能人として現役だったとき肉体派として人気を博した佐藤さんの筋肉は見せかけではなく本物で、私はそれまで研究所の男たち相手では感じたことのない凄まじい力で蹂躙されました。抵抗無意味、ほんの少しの希望もない、体の内側から動きを止められている、そんな圧倒的な侵略でした。顔を舐めまわされた後、佐藤さんの舌は首を経由して鎖骨に向かいますそれから優しい手つきで、しか抵抗永遠に諦めさせる圧倒的な力で、私の上半身はむき出しにされました。佐藤さんはブラの上からかめるように乳房を揉み、やがて耐え難い欲望の高まりに動かされて荒々しくブラも外し(少し痛かったです)、乳首に噛み付いてきました。

「痛いです」

 左の乳に、右の乳に、行ったり来たりむしゃぶりついてくる佐藤さんはもう理性が吹き飛んでいるようでした。それから連続的な淀みない動きで佐藤さんの右手が私のスカートの中にするりと入り、下着の横から中指(だと思います)が膣へと入ってきました。

「ん、んっ」

 佐藤さんの右手の動きは熟練職人技といったもので、私の急所を的確に捉えてきます。獣としての本能に目覚めた佐藤さんは私の微妙息遣いの変化や体の動きからその場所を割り出しているようでした。素早く、的確に、効率的に私を攻め落としていきます自分の顔が真っ赤だとわかりました。体がほてって、頭がぼうっとしてきました。膣はじゅくじゅくで、私の頭の中もとろとろに融けてしまいそうです。

佐藤さん、佐藤さん」

 絶頂に達すると私は痙攣し、泥の中に沈みました。私が行動不能に陥っていると、佐藤さんはソックスを脱がせて指一本一本に多量の唾液を垂らしながらしゃぶりつき、それから下着を脚からするりと脱がせて、ちゃぷちゃぷ音を立てながら性器にむしゃぶりついてきました。私はもう声も出せません。されるがままで自分がどこまで行ってしまうのか、それはすべて佐藤さん次第でした。学ランを着ていた佐藤さんはついに脱ぎ始めました。といっても上半身そのままで下半身だけずり下げたという格好です。完全には脱ぎませんでした。佐藤さんのふるふると怒張した男性器が現れました。黒々した血管に野性味を感じる極太の一物でした。あんなに大きなもの身長百六十センチ程度の私に入ってきたら、私の股は裂けてしまうかもしれない、一瞬不安がよぎりました。しかし考える間もなく佐藤さんの男性器が私を貫いていました。

 感じたことのない衝撃でした。経験したことのないほど膣が押し広げられ、その刺激によって女性としての機能が目覚めたのか、膣もまた佐藤さんの一物に吸い付き、快楽を根こそぎ享受してやろうと超反応しました。私のすべてが脈打ち、快楽に耳を傾けています。どんな小さな快楽の芽もしっかり開花させてやろうと、私の全身のすべてに研ぎ澄まされた超鋭敏な感受性が宿りました。

 芸能界トップで鍛え続けてきた佐藤さんの腰振り運動はまさに本物。修羅場を潜り続けた一流の元芸能人からこそ、誰が相手でも最高の戦果を得るのです。妥協はありません。激しいコミュニケーションの中で私は何度も絶頂に達しました。最後佐藤さんは膣の中で射精するのではなく、紳士礼儀として顔にかけてくれました。私は佐藤さんの優しさに包まれていました。疲弊しきったふたりは荒々しい息遣いでしばらく床に横たわっていました。お互い全力を出し合って快楽を貪ったのです。

 その後、私たちはあまり会話をしませんでした。佐藤さんは私を地下室に連れて行くと、停電中で真っ暗な中に放置しました。鍵がかかる音が聞こえました。激しく愛し合ったふたりに何が起こったのか、理解が追いつきませんでした。佐藤さんはその日顔を見せませんでした。

 何時間経ったでしょうか、次に佐藤さんが顔を見せたとき、外は明るくなっていました。食事として渡されたのはカロリーメイト四箱と二リットルペットボトルでした。

佐藤さん」

炊き出しに行ってくる」

 そういって佐藤さんは地下室に鍵をかけて出て行ってしまいました。まだ電気は復旧していないので地下室は真っ暗です。カロリーメイトの箱を手探りで開けて、袋を切って、もさもさと食べ、二リットルペットボトルに直に口をつけて飲みます。食欲はあまりありませんでした。

 私はまた監禁されていると理解しました。佐藤さんは「行き先が決まるまでここを拠点にするといい。使っていない地下室はきみの自由にしなさい」といっていましたが、あれは私を安心させるための罠だったのでしょうか。拠点というのはそこから外へと行動し、補給や休息のために戻ってくるから拠点なのです。拠点に引きこもる場合、それを拠点はいわないでしょう。ここから出たい、私はそう思いました。しかし地下室には鍵がかかっていて私の力では脱出不可能です。まただ、どうして私の人生はこうなんだ、そう思って絶望しました。しかし涙は出ません。私はまた無意識のうちにこの状況に順応しようとしていました。

 真っ暗闇の中でうとうとして寝てしまったでしょうか。ふと気づくと激しい打撃音が聞こえます。何かを打ち壊すような荒々しい野蛮な音です。複数の巨漢が暴動を起こしているような、そんな音が地上から響いてきます。何か声が聞こえます。さあた、ぎぃ。あん、さあ。だあぎぃ。

サーターアンダーギー!」

 私は状況を理解しました。未開人たちが私を取り戻しに来たに違いありません。とてつもない嗅覚と体力、人間の潜在能力には恐れ入ります。私は力の限り「サーターアンダーギー!」と叫びました。すると文明人が失ってしまった身体能力を今でも保有している未開人の聴覚が聞き取ったのでしょうか、彼らもまた、あの舌足らずな「さあたああんだあぎぃ!?」で応答してくれたのです。未開人たちの声が大きくなり、打撃音も大きくなります。数分間の格闘の末、未開人たちは佐藤さんの別荘に突入しました。私は「サーターアンダーギー!」と叫び続け自分位置を知らせます。未開人たちは地下室への扉を見つけると石斧で破壊にかかりました。それはあっという間の出来事でした。すぐに扉は打ち壊され、光が差しました。すぐさま二十代と思われる三人の屈強な未開人が顔を出しました。彼らは部族の中でエリート戦士なのでしょう。着ている毛皮も一等のものです。

「さあたああんだあぎぃ!?

サーターアンダーギー!」

 戦士たちは私の前でひざまずき、祈りを捧げました。私は彼らをひとりひとり抱きしめました。

ありがとうあなたたちは恩人。とにかくここを出ましょう」

 佐藤さんの別荘を出た私たち四人は人目につかない場所を選んで移動しました。佐藤さんがいっていたように私は警察に出向いて事情説明保護を求めることもできません。文明人のすべてが敵に見えました。

 逃走の中で私はスマートフォンを拾いました。ブラウザを起動してみると「はてな匿名ダイアリー 名前を隠して楽しく日記。」とあります。これしかないと私は思いました。三人の未開の戦士たちに見張りを頼み、私は今この文章を書いています。私は誰かにこの事実を知ってほしいと思いました。日本では野蛮な人体実験が行われていて、美少女たちが日々絶頂エネルギーを抜き取られているということ。その結社には国会議員などが関わっているということ。朝鮮半島を消し去るほどの破壊兵器製造しているということ。

 味方はあまりにも少なく、敵は権力も数も備えています。私に勝ち目がないことはわかっていますしかしどこかの誰かにこの話が伝わってほしい、そして頭の片隅で覚えておいてほしいと願います日本平和未来のために犠牲になっている美少女たちがいるということを。

[]ハシスタント橋口たかし)「突きたて!王様げぇむ」

あの焼き立てjapanの月のちゃん・・・!!!

と少しだけ、興奮した

でも絵はうまいのにエロ本としてダメダメすぎる

制服きてるのにハサミでちょきちょきしてヤルとき全裸になってる

・これが一番許せない せっかく萌える服きてるのに全部脱がすとかマジで馬鹿

・男の目がおっぱいになる演出とか、古い

しかおっぱいになった目から乳首がインマの乱舞かよって並に飛び出てて下品

・瞳の色が催眠状態というか悪落ちしたみたいな色になってて、普通エロなのか悪落ち・催眠ものなのかがわかりづらい

・男のギャグ顔で萎え

・男のズボンおろして一物が出るコマがでかすぎ

・誰も好き好んで一物がでてくるシーンを見たくない

しかもよりによって一物が出てくるシーンの効果音と月のがブラ切られておっぱいが出るシーンの効果音が同じ バイーンって

・挿入されたコマではきゃああああと言ってるのに直後のコマで歯を食いしばって無言 イミフ

・女のいっちゃいますううううというコマが大駒なのはいいが男の射精コマめっちゃちっちぇえから射精の興奮が同期しづらい

・月ののち首が興奮してるはずなのにたってない

・月のの胸はこんなにでかくない

・バックからついてるシーンが右のコマが女の表情 左のコマ下半身っていうのを2回繰り返したのはイミフ

・なぜ顔と体を逆に見せるのか

・突くことによって興奮することを見せるのであれば、突くコマを先に右のコマで見せてから左のコマでそれによって変化する表情を描くべき

・出して汚した全身図がないのもアホ エロ漫画で大事なのは余韻だというのに

イケメンのピロートークにあたるものエロ漫画でも必要なんだよ

2018-09-08

アブノーマル行為の果てに

懺悔意味も込めて書く。100%悪いのは自分な事も分かっている。

結婚4年目子供無し30代前半。妻はアラサー

子供は欲しいと常々から思っている。

しかし、俺にはセフレがいる。20代前半の子だ。

完全なセフレではなく交通費と飯代を渡しているので、言うなら売春である

俺はアブノーマル性癖があり、嫁さんには内緒にしており、裏でそういう人を探していて、ついに見つけてしまった。

の子とのアブノーマルな果てのSEXは本当に楽しくて、最高に高まる。毎月会っては行為に及んでいる。

もう1年近く妻とはセックスレスだ。妻には実はあんまり性的魅力は感じていない。でも一緒にいて楽だし、何より自分が本当に酷かった時に一緒に支え合って乗り越えたのはかけがえのないし、離れたいとも思ってない。好きなのは間違いないのだ。

でも下半身は無情にも反応しない。普通SEXでは満足いかいからだ。

セフレの子と付き合いたいとかそういう気持ちは1mmもない。

だけど、先日その子に「なんで俺とは最後までやってくれるの?」と聞いてしまった。返事は「あなたとなら良いと思ったから」と答えた。

なんかその時凄いグニャっとした。このまま続けてたらいつか取り返しのつかない事になるのではないかと。

ダメだとは分かっていても正直な下半身。一時の欲に呑まれ行為に励み、帰りの車で後悔する日々。妻と子供の話になるたび目の前が暗くなる。

俺は……どうすれば良いのか。

 今朝、キッチンカウンターに置いてあったハングルパッケージの袋麺を食べた。真っ赤なパッケージの上に、唐辛子っぽいマークもあるし、「×2.5」とか書いてあるから辛さで売っていることが予想された上に、全くこの暑い日に何故辛いものを食べなければならないかからなかったが、空腹に負けて、食べた。辛すぎて、麺をすすることができなかった。辛かった。からくて、つらかった。全部残そうかと思うほどからくて、それでも貧乏根性で全部食べた。汗をかいてうなだれて、意外とうまかったなと思った。

 その後、PCをぼちぼちいじっていると、なんだか妙に腹の調子が悪いことに気づいた。スピーディな解決必要だと思い、すぐに便所に駆け込んだが、空振りだった。私の力みはガスだけを放った。座椅子に座っては立って、便所に駆け込んで、空を切るという行為ルーティーン化してきた午後3時、なんだか虚しくなった。俺はうんちも出来ないのか。うんち野郎以下だ。クソったれ。いや、クソも垂れることができない。クソったらずだ。

 19時から用事があった。18時頃になるとお腹も落ち着いてきた。バイト前にシャワーを浴びてササッと出ようと考え、そのようにした。しかし、シャワーを浴びてからというもの、突如腹痛が再発した。今度は強烈な痛みを伴った。便座にすわっていたときだった。体を「く」の字どころかもはや「<」こんなくらいに折り曲げて腹痛が収まるのを待った。しばらくしても痛みは治らないので、「=」これくらい体を屈折させて気を紛らわせた。上体を起こすと腹痛が過激化するので、「=」この形で5分ほどうずくまっていた。下半身丸出しで「=」この形で5分も便座に座っていると、いくらいからといっても惨めな気になってくる。もし、神の目があらゆる所に行き届いているのだとしたら、私の「=」この状況を救ってほしかった。私は等号ではない。

 その後重ねて5分ほど経つと、急に気が変わったように腹痛はおさまった。神に思いが届いたのか、半時間前に飲んだ葛根湯が腸に届いたのか。よかった、これで外に出られる。

 しかし、あの袋麺を置いていったヤツは許さない。いつの間にか置いてあった袋麺は、おそらく韓国土産っぽい風体だったが、実際にはトラップ土産なのかもしれない。静岡行くと食べられる「わさびソフト」とか、そんなノリ。アホらしい。

2018-09-07

毛の処理と恥ずかしい思い出

先月、いわゆる股間についているモノの小さな手術を行った。

いわゆるモノに被っている皮の一部を除去するという簡易手術なのだが、真性と呼ばれるタイプだったので、仕方なしに病院でお世話になることになった。

手刀医は、男性だったので色々な意味で私は安心した。

病院にて事前に説明を受け、手術日を確定、手術日に病院の受付に行くと、事前の控室に案内された。

ここで下半身は全て抜いで待機することになるのだが、想定外事態が発生した。

手術前に少し毛の処理を行うというのだ。

そして、その処理をしてくれたのが、若い女性だった。

恥ずかしさもあり、嫌な予感がしたが、これは手術なのだからと思い切って、手術台に寝転がり、処理を受けた。

最初はハサミで「じょぎじょぎ」と毛をカットするだけったので、色々な意味大丈夫だった。

しかし、その後、カミソリで処理を行うと説明が入った。

冷たいカミソリ液が患部に塗られ、丁寧に毛が剃られていく。

私の股間にあるモノが、反り始めた。仕方がない、若いのだから

しかし、こういうシチュエーション自分が興奮していると若い女スタッフに思われることが恥ずかしくて、私は必至に反り上がるモノを抑えようと思った。

思い出したのは学生時代特にエロい妄想をしているわけでもないのに、授業中に反り上がって困った経験が、何度かあった。その度、必死数学問題計算すれば、反りが収まったのだ。

私は、思い付く限り複雑な計算暗算を始めた。

一方で、股間に伝わる確かな感触若い女性。

分かっていたことだが、計算問題程度では、太刀打ちができなかった。

いつも以上に元気になる私の恥部、そのような状況でもカミソリで剃り続ける女性スタッフ

「す、すいません」

恥ずかしい気持ちと、申し訳ない気持ちから、剃り剃りする女性に謝ったところ

「だいじょうぶですよ~」

笑顔で返事をしてくれた。彼女は、プロだった。

その後、手術が行われ、無事に皮の除去は完了。事前に麻酔注射ちょっと痛いと聞いていたが、ちょっとの痛さではなかったことを付記しておきたい。

とりあえず、股間の手術で恥ずかしい想いをしたくない男性諸君は、事前に毛の処理は自分でしておくことを強くお勧めする。

なお、私はこの経験が元となり、これまで一切行ったことのなかったプロ性的サービス提供するお店に通うようになってしまった。

以上である

2018-09-01

anond:20180901234019

男です。

範囲漠然としているけど、普通は股じゃないの?下とか下半身という言い方もあると思うけど。

前とかいう言い方もあると思うけど。

本当に限定的にいえば、性器とか膣にならざるを得ないのでは。

anond:20180901213350

なんでキャバクラに来るお客さんって

下半身から舐め回すように視線が上がって来るの?

2018-08-31

警察官下半身露出の件

https://www.asahi.com/articles/ASL8Z6GNHL8ZUTIL050.htm

l

この件が本当に無罪かどうかはわからないけど、局部がでてしまって気がつかないとか、そういうのはあり得る。

俺、若いトランクス派だったんだけど、ズボンの中でポロリしてしまうことはしょっちゅうあった。

ブリーフにすりゃよかったんだろうけど、当時ブリーフかっこわりぃと思っててボクサーにするまではトランクスだったんだ。

特に疲れている時なんかの朝通勤では悲惨で、朝立ちではなく勝手勃起して多少修まったと思ったら、仮性の皮が変に剥けてズボンの中でこすれて痛くて痛くて。

それで忙しいというのに途中の駅で降りたことなんどもある。

んでトイレ探すんだけど、知らない駅だと分からないんだよね。当時スマホ無かったし。

歩くのも痛いんで、影に隠れて皮を戻してたら女性声かけられたことある

無言で立ち去っていったけど、絶対アレ痴漢と思われた。

それから何とかしたいと思ってボクサー派になったんだ。

これは痛い場合で、痛くなくてズボンの中でモロリしているのはもっと沢山ある。多分。

気がついて無くてトイレチンコだそうとしたら横からはみ出ているんで元に戻すことしょっちゅうだったから。

若い頃は勃起回数も凄かったんで、パンツの中でサイズ変わったら位置が修まらないんだよ。ほんとに。

男性のここら辺の事情が分からないまま、アレ批判されるともにょるんでちょっと書いた。

あと、小さいって言うな。

[] #61-5「一人暮らしバイト

翌日から、俺はエレベーターを使わないようにした。

10階まで行くのに階段というのは、かなり疲れる。

だが、あんな思いをするのは二度と御免だ。

もしも、またあんなことが起きたとして、あの空間では回避しようがないしな。

ただ、階段を使えば安心かといえばそんなわけもなく、登っている間も言い知れぬ不安が頭をもたげた。

あることないことに対して、あることないことを考える、無意味思考サイクル。

精神衛生上、あまり意味がなかったかもしれない。


…………

何はともあれ、滞りなく10階までたどり着き、自分の部屋に入ることができた。

「ただいまー……」

その安堵感から実家に住んでいた頃のクセが思わず出てしまう。

当然、一人暮らしの今は「おかえり」なんて返ってこない。

「……実家なら返ってくるんだけどな」

今の一人暮らしを寂しいとは思わないが、ふと以前の生活を憂いた。

自分でいうのもナンだが、いやはや感傷的かつ無意味機微である

「……はは、バカか俺は。もしも今ここで『おかえり』だとかが返ってきたら、むしろ怖いだろうに」

自嘲気味にそう呟くが、その後すぐに自分言葉にギクリとした。

バカの上塗り。

昨日の今日に、考えなくてもいいことを考えてしまった。

一度でも考えてしまったら、もうダメだ。

自分気持ち次第なのに、自分では制御ができない。

警戒心を強め、俺は変なモードに入ってしまっていた。

「……エレベーターときは忘れていたが、あの構えを使うべきか」

俺は独特の構えをとる。

上半身右は空手の構え、上半身左は柔道の構え。

下半身右は相撲下半身左は剣道

それをマーシャルアーツによって包み込むことで調和させる。

センセイから教わった、全方位どこから来ても対処できる“モリアミマンゾウの構え”である

客観的に見れば滑稽な姿だが、効果の程は確かだ。

高速移動の超能力者ケンカする羽目になったときに、これで勝負を制したことがある。

その時に観戦していた弟は「テキトーに腕を突き出したら偶然ヒットしただけじゃん」と言っていたが、そういうマグレ当たり込みでこの構えは強いんだ。

必然的にも、偶発的にも強い万能の構えである

強いて問題があるのなら、今の状況は完全に“モリアミマンゾウの構え”の無駄遣いという点だろうか。

結局、部屋の中は俺一人。

“モリアミマンゾウの構え”の反動で、俺は無意味に関節を痛めることになった。

だが、未だ違和感が拭いきれない。

自分の住家のはずなのに、言い知れぬ居心地の悪さが気になって仕方なかった。

実家での、とある出来事を思い出す。

俺が知らない間に、親が自分の部屋をこっそり掃除したことがあった。

モノの位置は一切変わっていないため、帰ってきた俺は気づかないのが普通だ。

だが、その部屋に入った瞬間に異変を感じ取った。

部屋の様相はパっと見ほぼ同じ。

細部の違いが分かるほど、俺の記憶力は高くない。

にも関わらず、自分テリトリーを脅かされたような不快感に襲われた。

後にその不快感の正体を知った時、俺はとても驚いた。

部屋を勝手掃除されたこともそうだが、何より自分にそんな繊細さがあったということに、だ。

今のこの状況、感覚を、あえて例えるならソレに近い。

(#61-6へ続く)

2018-08-30

NHKの「みんなで筋肉体操」の再生数の差が酷い

みんなで筋肉体操腕立て伏せ ~ 厚い胸板をつくる - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=notJauNizIs

視聴回数 811,855 回

はてブ1003 users

 

みんなで筋肉体操】腹筋 ~ 凹凸ある腹筋をつくる - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=1GanGLmDt2I

視聴回数 272,960 回

はてブ数 727 users

 

みんなで筋肉体操スクワット ~ 強靱な足腰をつくる - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=PyJOEt2nsGQ

視聴回数 32,232 回

はてブ数 22 users

 

1日遅れで投稿されているのを考慮しても腕立てと腹筋の動画投稿した当日に10再生、数百ブクマがされていたのに、スクワットは1日経っても3万再生20ブクマ……

そりゃこんなんだから世間上半身だけムキムキで下半身ガリガリ気持ち悪い見た目の自称マッチョ野郎ばかりが出没するんだなと納得

2018-08-25

anond:20180825225426

髪→顔→上半身下半身

体の汚れを重力に任せて下にどんどん落としていくイメージ

2018-08-24

大好きな友達彼氏が出来た

大好きな友達がいる。

可愛い服を見かけたら「これ絶対似合う」

美味しい物を食べたら「これ食べさせてあげたい」

感性が刺激されるとその友達を思い浮かべてしまう。

そんな大好きな友達彼氏が出来た。

知り合って数ヶ月、相手から告白を「良い人を落ち込ませるのも悪いから」と付き合い始めたらしい。

付き合い始めたからといって私と友達関係は変わらない。

いつも通り就業後に集まって、呑んだそのノリで次の日も遊んで。

遊んでいる時に彼氏になる前の彼の話をして「ただの『良い人』ってやつかガハハ!」と盛り上がったり。

それでもきっと友達の周りは彼女の扱い方が変わるのだと思う。

ようやく落ち着いた彼氏が出来たのかと家族に喜ばれたり。

就業後は彼氏とでしょ?早く行きなよと職場で囃し立てられたり。

「同性の友達」な私ではどうあがいても「毎週友達とばっか、少しは落ち着いたら」とか「就業後は友達と?そんなんだ、少し残業お願い出来る?」となる。

私の方が付き合い長いのに。

私の方が綺麗なのに。

私の方が優秀なのに。

私の方が一緒に居て面白いのに。

私の方がその子の良い所・駄目な所100個ずつ言えるのに。

たか下半身に肉の棒が付いているだけで、私が唯一友達に出来ない「社会的幸せにする」権利が持てる。

何よりその彼氏は私の友達を「社会的幸せにする」気が満々だ。

心の底からめしい。

私は何から恨めば良い。社会の仕組みか?生物の成り立ちか?

幸い花の金曜日だ。

世界を変えてしまいそうな恨みをLINEに込めていつも通り友達を呑みに誘う。友達はきっと彼氏との予定があったとしても押して来るだろう。

そして「私の下半身にもホームランバーがあれば、この後も綺麗にしていて優秀で面白い私と気を遣わずただダラダラ呑むだけで良いのにさ!!」と愚痴ろうと思う。

2018-08-15

anond:20180815004533

下半身男女平等だが、上半身裸だと女性だけわいせつナントカの罪に問われるのは女性差別だよな

それとも特別法があるのだろうか

2018-08-14

セクハラって、人事が一番ひどい

某電機メーカーに勤めていますが、普段社員セクハラを取り締まっている人事が、一番セクハラひどいです。

飲み会女性社員下半身を触る、プライベート情報を公開させるなど、今年だけでも10件以上。他の部署なら当然処罰されている案件なのですが。

セクハラしている本人が懲戒案件担当しているのです。会社相談窓口はありますが、身内の人事グループなのです。労基署相談したところで、自分たち人事に確認が入るため結局おなじです。。

人事のセクハラ泣き寝入りするしかないのでしょうか。どうしたら人権は守られるのでしょうか。どこも同じですか。

2018-08-13

無職になったら勃起ヤバい

朝勃ちがヤバい。もちろんSEXときヤバいが朝勃ちは毎日からすごく実感がヤバい。朝トイレ座りション以外出来ない。もう初老なのにこれはヤバい

社畜生活から脱出し、規則正しい生活栄養に気を遣った食事、適度な運動毎日。当然ストレス皆無。これが下半身にも効いてるのだろう。

月金は朝から図書館勉強、帰ってローラー台。土日は遊ぶかロングライドボルダリング

この生活でギンギン、むしろガッキンガッキン。ヤバい

社畜ども、今すぐ会社なんて辞めてローラー台を買え、ガッキンガッキンだぞ。

anond:20180812225011

喜国雅彦の「傷だらけの天使たち」の四コマにこんなのがあった。 <h3>o- **</h3>

寿司屋大将「何、握りやしょう」

客「チンポ」

寿司屋大将下半身を丸出しにして、手でチンポを軽く握りしめる

寿司屋大将「次は何握りやしょう」

客「大トロ」←ネタが違うかも

寿司屋大将「ヘイ、大トロお待ち!」と、寿司差し出す

客「手を洗ったか?」

寿司屋大将(ギクッ)と青ざめる

2018-08-07

クロスアンジュ見始めた

突然歌うよ~からマクロスSEEDハイブリッドみたいな

OPのロボの動きがもろにSEED

と思ったらサンライズだった

気になったのはやたら下半身をアップでおっかけるけど、ズボン履いてないか座席がめちゃくちゃくさそうと思ったことかな

おもちゃありきじゃなくてもロボアニメやっていいんだってなってからいろいろあるよね~

詳しくないかわからんけど

2018-08-05

anond:20180805135610

でもそれ熱帯魚人魚くらい違うぞ

人魚の魚下半身を撫でるシーンを見て「魚にとって人間の手は熱過ぎる!火傷させる気か!!」なんて言わないだろ

それと同じだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん