「自己実現」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己実現とは

2017-07-16

https://anond.hatelabo.jp/20170716062006

前にも書いたんだけど、

精神疾患になる人は優しいとか優しくないとかもあるかもしれないけど、

自分の考える理想自分現実ギャップが大きすぎて受け入れられない人だと思う。

理想(野心)っていうのは人間関係とか自己実現とか。自己実現の中に人間関係も含まれる。

から失恋するとみんなうつ病だし、人間関係における理想ポジション他人かぶると色々人間関係ドロドロするか病む。

なので小さい頃から色んなポジションカースト)で色んな人間関係の振る舞い方を経験した方がいい気がするのだよね。

最悪家の中小中学高校大学であるひとつポジションだけで生きていく人、あるひとつポジション目標にしてる人いるけど(アスリートとか頭いい天下りする人とか)、

大人になってから環境立場)の変化色々対応でき無さそうな人もいるよなと。

病んでいる人の中には、夢が叶わなかったことより、それに付随して得られるはずだった人間関係立場を受け入れられなくて病む人がいて、

わりとそちらは難しい。自己実現自己愛社会的地位パートナーとの関係とかカーストの中の自分)にからむ。

諦めるのは大変ですよ。




追記。

ポジションが安定してないと病むっていうのもある。

子どもとして安定するぐらいに、奥さん旦那さんとして安定する程度には。

自分が望む安定さを欲して、所属する社会組織不安定にしてしまう人がいる。

危害メンヘラもだし休職メンヘラもだし(最悪両方辞めさせられるでしょ)









あと東芝とかも。






また追記。

20代まではわりと夢が職業的自己実現であることが多く、

30代に近づくと夢が人間関係的な自己実現シフトしてくる。

上で書いたように、職業自己実現人間関係自己実現は関わっている。




またまた追記。

お金はそれらを色々解決することもある。






またまたまた追記。

理想自分理想ポジションを追い求めることはある程度必要

そういう人が社会を伸ばすこともある。

しかしながら、ストレスたまるし時には排除も起こるしぶつかり合いにも限度があるので、

よく話し合うこと大事。でも価値観の相違は埋まらないものもある。

諦めと妥協はどこかで必要

お金時間がある限り必要じゃない分野もある。アート界隈研究者界隈な。

でもそれ普通会社員も同じかな。

お金時間裁量少ないけど。

村上春樹ぐらいしか完全なる自由人いないイメージ

でもエッセイ読むと自己管理出来てて僧侶みたいだよな。井上雄彦も見た目はそんなん。





またまたまたまた追記。

精神疾患者に必要なのは自分の今に納得すること。

まり悩みについての思考の停止。悩みを終わらせる諦めること。

そして次の夢。趣味とか。

思考停止強制的にしたい人は環境を変える。

その環境選択肢の中に無意識的に死が存在するから微妙なことになってるよジャポン





さらにまた追記。

ポジションが人を育てることもある。

2017-07-15

信頼の話

百合が好きだ。百合本質とは何か? それは信頼関係である

異性であれば本能相手を求める。本能動物的なもので、「真実」ではあるが「真理」ではない。「あなたがいないと生きていくことができない」という愛の表明には程遠い、人間しからぬ反知性的な要素がどうしても混入してしまう。

百合にはこれがない。真実ではなく真理で、本能である性欲を越え(女性女性に性欲を抱く場合が多いのかもしれず二次元でも主流はそれだが)、「あなたがいなければ生きることができない」「あなたのために生きたい」という、理知的好意であるところの「愛情」による「契約」「契り」こそが美しいのである

時には男女の恋愛より尊く見えるのは、この「理性的愛情による契約」こそが現実的にはとても稀少性が高く、必然的に純度が高いものであるという理由に基づく。物語で描くのにも、男女が自然であり女性同士は本能的に不自然であるという点を越えるためのパワーが要るために、それを為していない百合モノはたいがいウソであると思ってしまう。

して、この「契約」、あなたを置いて突然いなくなったりしないという約束をわざわざ指輪で以て「結婚」としたりする文化もあるほど大事ものである信頼関係がない愛情は、真実であるかもしれないが真理を捉えたものにはなれない。

自分は21歳であり、LGBTなんかは当人同士が幸せであるならいい、誰かが誰かと一緒に居続けるという真理に基づいた契約制限することなど誰ができようと思うのだが、こういった考え方は風潮として身近な友人やツイッター世論などでもよく感じる。走りや発信者百合野獣先輩かもしれないが、それ以上に「誰かと信頼しあいたい」という欲求が、他の世代に比べてとくべつ強いのだろうと思うことが多い。

昔はインターネットなどなく、話をするなら面と向かってが普通だっただろう。これは普通に羨ましいと思う。社会スピード許容範囲世界へ抱けた夢の数、築けた信頼関係はより人間的なものだったのだろうなという想像が用意に浮かぶ。

いまは加速しすぎた。機械化が進み、コミュニケーション情報の速度も人間には到底扱いきれないものを感じる。理不尽な「出来て当たり前」が普通世界で、しかし出来なくて当たり前である自分たちは、これからどうしたらいいのかなんてわからない。社会にも大人にも信頼できる要素なんてないし、マスコミはよくないと一目でわかるし、それに騙される大人たちも信頼できるものではない。

自分たちは、自己実現よりも先に安定を求める。それは時間とか余裕のある給料とか信頼できる上司とかではなくて、深めていけば「信頼できるもの」と一括りにできると思う。自分を置いて勝手にどこかへ行ってしまわないもの本能精神論のような「真実」ではなくて、「あなたがいないと生きていくことができない」という「真理」に基づいた「契約」。こう言うと差別的と捉えられるかもしれないが、後天的LGBTは恵まれ信頼関係を持てなかったあぶれ者たちが行き着いた不自然契約ひとつだと思ってしまう。ただ、それは普通と違った形であっても、より美しく尊く罰されないべきものであるとも思う。

いまの大人が作る社会は、自分たちから見れば行き遅れたちのイス取りゲームしか見えない。そのイスは自分たちのぶんまで決して余ることはなく、30年経って自分たちがその世代になっても、きっと同じことを下の世代に繰り返すだろうとぼんやり察している。誰かが「ロスト・ジェネレーション」をもじって「シフトジェネレーション」と現代20代以下を指していたが、価値観の劇的な変化のなかで、最も大変な変化し始めを担う世代であるとしていたが、格好良くもあるが割を食えない世代でもあると思う。

いまや社会は、自分たちに真理の指輪を与えてくれはしない。だからこそ信頼関係をよそに求め、オタクというマイノリティ層さえもマジョリティ化して共通記号ひとつとされてしまった。バンドアイドルは神ではあるが自己実現の糧ではなく、物語投資することで自己実現委託するという歪つな信頼関係に変質した。そしてそれは更に加速している。

心が参る。㍄。安倍政権支持率が急落しつつもネットでは偏向報道情弱B層のせいだとしているが、それが真理であるかもわからない。自分たちは、ウソウソと見抜けなければ掲示板は使えない、すべてをすべからく疑うことが必要だと言われ続けたことで、逆に何も信頼できなくなってしまったと強く感じる。かつてない情報の氾濫と他者との分断。さながら情報の海に囚われた孤島。

からこそ僕らは叫ぶのである。「5000兆円欲しい!」と(それが貨幣経済における信頼関係根本的に破壊するものであると知っていても)。

2017-07-10

子供教育に悪影響」とは

http://mubou.seesaa.net/article/451671716.html

毒親子供自分区別がつかず、子供自己実現手段として役立つことを望み、子供制御から抜け出すことを恐れるから子供が親自身の実現に繋がらない知識を得ることを「悪影響」と見て取るんだよな。子供向けの性教育コンテンツなんて親が見ても面白くない。正しい知識を得ても自分上納金を納める役に立たない。自我を見失い自分依存させる役にも立たない。これらが「悪影響」。モラハラ親父に育つのは、親が教えた支配方法実践しているだけだから、良い傾向。痴漢魔に育つのも、弱い者を支配しようとする行為だし、誰かに支配するきっかけを与えているのだから、良い傾向。

純粋にあの手のコンテンツが好きではないとか、記事中にあるように扱いきれないと思って反対する親は勿論いるだろう。そこは寄り添いの余地がある。しか急先鋒子供教育に悪影響だから即刻廃止せよと騒ぎ出すグループは、子供支配するつもりでいる毒親と言っていいんじゃないだろうか。

2017-07-07

リベ系の奴等は常に正しそうなこと言って終わりなので役に立たない

「見た目問題障害バケモノと呼ばれた男性の願い 就活で心砕かれ

http://withnews.jp/article/f0170707001qq000000000000000W06810101qq000015484A


この件、俺は真剣に考えた。

というか前から考えてるんだけどな。

俺はずっと前からブサイク障碍者」とはっきり言っている。

記事にあるような病名のある症状で奇形不適切用語なら謝る)になった人までいかなくとも

あんまりにもブサイクでこれは人生に支障が出るってレベルの人を見かけたことあるだろ。

あの人達をどうするか?


究極的には誰も外見という障害差別をしない世界になるべきだが

そんなのはお前等人類には100年後でも無理だ。

からそんな絵に描いた理念の話はするな。

その話をすること自体障碍者への抑圧だ。


いるだろ?

現代ルッキズムが酷いから」とか「外見で差別するような心の貧しい人間相手しなくていい」とか

勇ましく外見差別者を罵る奴。 でも外見差別者の方が圧倒的に多いから。言ってるお前等だってそうだから

これは人類仕様からうそう治ることじゃねーのよ。

科学が発達して脳をいじる手術が出来るまで解決しないこと。

現代でこれを乗り越えようとしたら仏道修行をかなり頑張るしかない。


もしくは超ブサイクに向かって

「気の持ちようだ」とか「内面までブスになっちゃいけない」とか「人はそこまで気にしてない」とかいうやつ。

そんなわけねーだろ。

10人並みに可愛い顔した女と、どうお洒落しても覆い隠せないぐらいの容姿上の欠陥ある女と、同じハンデなわけねーじゃん。


そんなん言うの自体が抑圧に加担する行為だっつーの。

なのに言ってる奴は鼻息ぴすぴすしながら「わあわたし(ぼく)いいこといったったー」「差別に反対するぼくちん(あてくし)」ぐらいの気持ちなんだ。


からね。

「私は外見で差別しません」とか「人類は外見差別を克服できる」とか

そういう絵に描いた正しい理念の話はなんかどうでもいいから、

まずは「重度のブサイク人生に支障を及ぼすので立派な障碍者であると認めろと。

事実なんだから

障碍者と認めたら支援も出せるし年金も出せるだろ。


えらそうに言うお前はどうなんだっていうと、

ももちろん外見差別する人間だよ。

そういう自分について忸怩たる気持ちはあるけど、だからといって「差別しません」とか言ったらいけないと思う。

から「私は外見差別する人間です」とはっきり言う。



だって記事のおじさんだって職場に居てみろよ。

結構ギョッとするぜ。

表層意識では慣れるだろうけど、深層意識では恐怖や違和感持ち続けてダメージ受けたり仕事の能率落ちたりし得ると思う。

雄雄しく「そんなの気にしない」と言いたいとこだが、

おれは数十年生きてきて自分がそこまでタフじゃない人間なのを知っているし、

それを素直に認めるぐらいにはフェアでありたいと思ってるから


記事のおじさんはまだましだよ。

2人目の男の人を見てみ。

俺はこれは絶対に耐えられない。怖い。

ガンガン精神的なダメージを受けて最終的にはだめになると思う。

だって俺となりの席の奴のいちいち大きい動きすらイライラするんだぜ?

なんでお前はデスクワークでそんな激しい動きをするんだとか、ファイルを机に投げ出すようにカンカン音を立てるなとか、

ほんとイライラするんだよ。

その俺はあの顔の人が視界に入ったら絶対ダウンすると思う。

自分は平気だ」なんて奴は

リアル想像するための経験がないか単に嘘つくことを恥じないかのどっちかだ。


から、彼等のことはちゃんと障碍者と認めて

人生の困難さに応じて手帳年金も出すべきだし

彼等が外見差別者(俺たち全員のことさ)に露出せずとも可能職種自己実現できるよう特別支援体制も作るべきだろう。


おじさんのように表に出てきてるのはサバイバーだけで、

障害レベル容姿によって人生詰んだり死を選んでる人は相当居るだろう。

まず重度ブサイク障碍者と認めることから始めよう。

彼等は身体障碍者だ。

2017-06-19

おためごかしはやめな

余計なお世話だろ

ショーンはぶっ飛びすぎてたか仕事なくなったけど、別に悪いことしてた訳じゃなくて純九州男児ってばれたあと外人キャラ保てなすぎるだけだし

あれほどではない詐称してるやつなんかいくらでもいる

慶応国立大とか、部署詐称とか、その程度なら問題にもならん

その程度で命取りになるならやまもといちろうなんか何回死んでる?


そりゃそいつからしたらお前らはもううざいだけだよ お前らがそいつを見捨ててんじゃなくてそいつがお前らを切ったんだ

怪しいやつのサロンに金はらいたい人びとなんてそれが趣味なんだから国立慶応でも問題なんかねーよ

そいつは今の仕事も楽しくて、新婚で、あとブログ自己実現してるだけだろ?どこにも問題ないやんけw

正直に言えよ

同じゼミあいつはぼっちかいってハブってた対象就活自分等より下だったはずのやつが

意外な才覚見せて変なルートで逆転かけに来てるのが気になって腹立たしいだけなんだろおめーらはw

いや、「おめーら」はよくねえな、ゼミ全員そこまでせこい人間だというのも考えにくい

ぶっちゃけ嫉妬して粘着してるのは元増田含めてせいぜい数名だろ?お前の発言の感じからはショボいやつの臭いがする

いちいち自分発言のバックに仲間が大勢いるみたいな匂わせ方をするとことかな

自分に自信があるやつ、自分一個の良心で動いてるやつはお前みたいなものの言い方はしねーんだ

おまえあれだろ

お前自身ゼミの下の方のやつで、数少ない自分と同等か下ぐらいだと見なしてたやつが上手く行くかもしれないのみて慌ててんだよw

ほんま見苦しいわ

https://anond.hatelabo.jp/20170619182921

2017-06-14

http://anond.hatelabo.jp/20170614091149

煽りに対して、雑に返答してみた

anond:20170608091808

返事が遅くなった。すまない。

そういう社会理想なのかな。話はわかりやすいけど現実味を感じなくてイマイチピンとこないんだ。

結局俺は時間軸を今から離れて考えてないし、未来的な自動化リソースが潤沢な世界の実現に懐疑的なのかも。

弱者から生きていけないなんてつらいから、そういう人を救える社会が成り立つように、より結果を出す見込みがある人にリソースを支払うということを言ってるんだよね。

ただ実際には、単に弱肉強食がゆるやかになっている程度の話で、理想からくるべき論で成り立ってはいないと思う。そして人間が知恵のついただけの動物である以上、その構造は変わらないのでは?

セーフティネット現在未来弱者のためにの存在すると思ってる。

自由を得るには責任が伴う、というのが自然な気はするがね。自分生命にさえ責任を持てないのに、どうして自由を感じられるだろうか。

あとちょっと話ずれるが「義務果たしてこそ権利が与えられる」って錯誤なのか?権利は互いの権利尊重するから守られるのであって、それが義務というものだと思っていた。

いいね目標の話。

俺は「努力リソースと、挑戦する機会が平等で、かつあらゆる人の生命維持が最低限保障される社会」を現時点の目標にするよ。

正直「努力しない・自分人生生命維持に責任を持てない人間成功」って想像できないんだわ。頭が硬いのかもしれんが。

ただ未来にもし物理・人的リソースを持て余す時代が来たら、そのときは人々の生命維持は前提になって、自由自己実現に向かって活動するだろう。努力の有無に関わらず、人々は成功したりしなかったりするのかもしれない。

2017-06-11

年収と顔で人を判断する輩に嫌悪感が沸き起こるのってなんでだろう

物欲と性欲とに真っ直ぐに生きてるだけ、言ってみれば超純粋なだけなのに、なぜ嫌悪感が湧き出るのだろうね。

食欲に真っ直ぐ生きてる人には嫌悪感が湧きおこらないのに。

自己顕示欲承認欲求と性欲と物欲に極振りした人間が嫌われるのってなぜだ。

一方で、生存欲求と食欲と自己実現欲と知識欲に極振りした人間は嫌われないのってなんでだ。

2017-06-05

もはや風俗だけでいいんじゃない問題

当方アラフォー、未婚、年収低00万円の社畜

ストレスあるし彼女いないしソロ活動(オナヌ)も飽きたので、

えいやと風俗行ったら最高だった。

そんで賢者モードになったら「あれ、もう彼女要らないんじゃないか?」と考えた。

風俗

自分がやりたい時に出来る、終わればパッと自分用事趣味に戻る事が出来る

不景気からか嬢は選り取り見取り、可愛い

・高くない(2万円とか)

・ご機嫌伺わなくてオッケー、何なら愛想までくれる

なのに何だこの満足感は…?

デメリット

性病リスク

ホテルあたりで知り合いにあったら気まずい

風俗行ってるのを隠すのが大変…?

あれ、他にあるっけ?無いよね。つまり出会い系を使うより、嬢を定期的に性病検査行かせてる風俗店の利用がベターとなる。今時素人の方が怖い。


これまで20人くらいの女性と付き合ってきた。結婚までいきそうだったのは4人。残念ながら縁が無かった、もちろん自分甲斐性の無さもある。そして今後収入が上がるかどうかと言うと、正直心配である

アラフォーになってしまったし、今更家庭や子供が持ちたいと思わない。

今の収入じゃ子育ては辛いだろうし、何より生まれてくる子供可哀想だ。子育て自己実現方法趣味じゃない。

1人で生きていくには困らないし、ちょっと遊ぶくらいのお金時間も欲しい。

世間一般がそれでも結婚して子供を設けるのは、何故か。

「親から戴いた命を自分も繋げたい」

自分からすると綺麗事。これが人として普通ならば、不妊の人や同性愛者はどうだろうか。

子供から何にも代え難いものが貰える」

爽やかに子供を育てられる階級に許される事。残念ながら自分もっと下層にいる。

「寂しく無いか?」

周りに同世代若しくは上の世代の未婚の男性女性がいる。

口説き無しの遊びに行ったりも出来る。

飲み屋に行けば知り合いも友達もいる。

所帯持ちも一人で飲みに来てる。

セックスしたくなる衝動風俗で抑えられれば気持ちに余裕が出来るから

周りの女性から信頼度が上がる。更にみんなで遊ぶのが楽しくなる。

子供を設けるのは、先述したが自己満足も少なからずあると思う。自分には必要無いし、アラフォーからもう遅い。

彼女がいない生活って、

浮気だ何だと束縛されない。

どの女性とも付き合っていないから、風俗で毎回相手を変えてもオッケー。必要なのはお金だけ。

やれ誕生日だの記念日だの、ディズニーだのリョコウだの言わない。

予定を合わせてデートしたり、プレゼントを悩んだり、以前は楽しかったけど、しがない会社社畜から休み少ないし、付き合う人の年が上がっていくとプレゼントも高額になってくるし、風俗行くよりよっぽどお金が掛かる。

結婚しなくていい。

20代後半あたり、女性から結婚をチラつかされたり、こっちから結婚したくなったりするようになった。

30代あたりには、女性からのお願いで真面目に結婚を考えさせられる事もあって、お金無いのに結婚式したいとか、やっぱり子供欲しいとか言われて「(正直、重いな…)」と思った。

自分の両親は今でも仲が良さそうだが、社会に出て、色々な人と関わる中、こんなに人は離婚するものなのか、と驚いた。大きな世代の変化を感じる。

自分甲斐性が無いし、人の失敗をなかなか許す事が出来ないし、結婚しても離婚するような気がする。

今の仕事を続けたいし、彼女や奥さんや子供気遣いながら今のポジションを続けるのは、自分には難しいと判断した。

よって、もはや風俗だけでいいんじゃないか、と思った。


それでも「運命の人」よ、いるのなら出て来い(笑)

2017-05-24

上京

そこそこデキる奴は自分を含め大勢いることは高校生くらいの時に気づいた。大学卒業するまではそれで良かったんだけど、卒業してからは違う。そこそこデキるだけの奴は必要ないんだな。特に僕はベンチャーで働いているから。

そこそこデキるだけの奴以上の人は自己実現への「貪欲さ」と「野心」を持っていた。僕の居るベンチャーには僕を含めて誰一人それらを持っていない。このままでいいのかと思い始めていた。

僕は今まで自分はデキる奴だと思っていたが、自分組織も5年以上何も成長していない。何となく食えて、何となく生活できる状態が続いている。FacebookAppleみたいになりたいね最初の方は話していたのに「貪欲さ」と「野心」を持っていないから.....。これからも….?

そんなの嫌だ。そこそこデキるだけの奴で留まりたくない。

から僕は大学卒業してから5年間以上紡いだ人生ピースを全て壊し、今週末ほぼ無計画状態で1人上京する。

僕は29歳。もう遅いかもしれないが、とりあえずやってみる。

エリート女子ホストにハマらないのか?

http://anond.hatelabo.jp/20170523181252

確かにステータスの換金という視点はなかなか面白い

では男が性的もので換金することに対応する女のものってなんだろう?

と考えた時、すぐに思い当たるのはホスト

でもまあ一定数は存在するんだろうが、どうもむしろ例外のような印象がある

エリート女子だとホストにハマるのがありがちという統計がもし仮にあるなら、

ワイドショー女性誌などがここぞとばかりにそういった特集を組むはずだ

そうすると、エリート女子はじゃあ何をゴールに生きてるのか?ということになる

実はエリート女子たち自身も分かってないんじゃないか

男は成功ロールモデルがある程度確立されているから、

そのモデルに沿った自己実現をすればまあ満足は行く

だがエリート女子はそのモデルがないから、

それすらも自分自身で築き上げるしかない

だが女はそもそも男以上に世間で受け入れられることに価値観を置きやすい生き物だから

独自生き方を貫くってのは実は相当ハードルが高い

バリバリキャリアウーマンみたいなモデルまではマスコミが用意してくれていたが、

その先は実は行き止まりというか崖というか、

子ども持てないし幸せで平凡な過程も目指せないし、

かといってでは50、60でもエリートっぽさを保ちながら生きていける女の成功モデルも見当たらないし、

(蓮舫とか丸川珠代みたいなのが良いか?まあアレが女なら憧れる生き方、ではまずないだろうし)

どうすればいいの?

という状態なのではないか

から要領のいい狡猾な女子フェミニズムの美味しいとこを取りながら、

男との関係旧態依然マッチョイズムの価値観の中に逃げ込む戦略を取り始めている

フェミニズムは本当はこういう女を攻撃したいのだが、

内部分裂するのが恐ろしいからか、こういう女を無視して、こういう女が出現すること自体も含めて男のせいということにして攻撃性を増してきている。


フェミニズムの行き詰まりは畢竟、

エリート女子ライフプランを描ききれずに挫折した点にあるのではないだろうか?

2017-05-20

承認欲求

マズロー欲求5段階説

承認欲求の上にある自己実現欲求に行くには

有る特定の人との人間関係が大切

その人とお互い認め合える関係になることで

次のステップに進める

2017-05-17

http://anond.hatelabo.jp/20170517124553

横だけどいい服ってなんなんだろう

女性自己実現としての服飾もあればある状況に特化した機能のものもあるだろうし

普通に生活しているときにはその中間にあるだろうけど

服をセックスの途中で感じるとしてそのとき服はどういう立場にあるんだろう

2017-05-07

こんだけ便利グッズが充実してるのに自己実現に近づかないのは何故か?

スマホとか思いついたときに記録を残せるガジェット

TODOリストもいつでも見られる

GTD法なんかの優秀なメソッドも開発されている。

調べ物をするとき簡単検索ができる

電話のような突然鳴り響いて集中を阻害するくそガジェット駆逐されつつある

なのに自己実現に近づいてるような気がしないのは何故?

理由として考えられること

  1.  子供が小さくてうるさい
  2.  日本の景気が悪い
  3.  貧乏人まで車を所持しているためか渋滞率が高い
  4.  職場環境が悪い
  5.  飲酒の誘惑
  6.  くそみたいな知恵袋やりとりやくそブログ検索上位にきちゃう

2017-05-06

愛に気づいた。

ゴールデンウィークから実家に戻った。

正月以来だった。

正月に会った時は何も感じなかった。

きっとその時は正月というイベントの一部だと感じていたのだろう。

でも今回のゴールデンウィークを終えて、家に戻ってふと涙が出た。

少し寝て、起きて、今これを書いている。

親は私を受け入れてくれていた。

少なくとも今は受け入れてくれている。

私がどういう人間なのかを受け入れてくれている。

今の自分を一番受け入れてくれているのは親だ。

親を失えば、私を一番受け入れてくれている人がいなくなる。

それはとてもさびしい。

インターネットの知り合い、昔の友人、彼らには親に見せていない自分を受け入れて貰っているが、それは精神の裏側の部分だ。

肉体の表側、精神の表側にいる自分を受け入れてくれているのは親だ。

心の内側に居る自分は本当にたまに少しだけ受け止めてもらえるだけでもいい。それは本やSNSで同じ価値観を共有している人がいるのを知るだけでいい。

だけど、世の中に出している表側の自分は、定期的にしっかりと誰かに受け止めて貰う必要があるようだ。

外側に出しているからこそ傷つきやすい。否定されやすい。お前は認めないと日々何度も浴びせかけられる事になる。

滅多に出さない内側の姿と違い、日々傷つき続ける表側の自分には、はっきりと受け止めてくれる人が必要なようだ。

だけど、親はいれいなくなる。

母は自分から見ての祖父母、母から見ての両親をずっと前に失っている。

それでも今母が表面上元気に暮らしているのは、自分と父がいるからなのではないだろうか。

確かに自分はよく母に突っかかるが、それでも存在を認めないような態度を取り続けてはいない。

父も同じだ。

子か配偶者がいれば、誰かが自分を認めてくれるのだ。

だが自分には子供はいない。

配偶者もいない。

ふと、子供が欲しいと思った。

子供自分が受け止める時、子供を受け止めようと思った自分気持ちが、内側から外側を突き抜けて自分を通り抜けていくんじゃないかと思った。

その時、その気持ち自分も感じるのではないだろうか。

自分が誰かを受け入れる時、誰かを受け入れる気持ち自分も感じるのではないだろうか。

愛とは、それを誰かに与える時に自分身体から通り抜け、自分にも愛を与えるのではないだろうか。

自分が何かを愛する時に感じたあの快感は、誰かから同じように愛される感覚に似ているのかも知れない。

まり自分にも子供が居れば、人が人を受け入れる感覚に対して飢える事はなくなるのかも知れない。

ふとそう思った。

勝手かも知れないが、生まれて初めて、子供が欲しいと思った。

自分の中にある子孫繁栄の回路は長らく断線していたが、それが繋がりつつあるのを感じる。

恋愛社会的立場本能自己実現、そういったルートを通って子孫繁栄を目指す回路はとっくの昔に断線したままだった。

そうしてずっと錆びつかせていた。

そこに電気が走った。

新しい道を通って、子供が欲しい、家族が欲しいという気持ちが生まれた。

今まで、家族が既にあったから気づかなかったのだろうか。

私の家族はいつか失われる。

しかしたら、今まではもっと早く死ぬつもりだったから、自分より先に親が死ぬことを想像していなかったのではないか

長く続きそうな仕事にありつき、長生きの目が見えてきた。

そうしてようやく感じた。

いつか自分孤独になる未来を。

その時自分はどう生きるべきかを考えてしまう。

誰か私を受け入れてくれ。

本や映画SNSメッセージを詰める形ではなくて、私の目の前で私を受け入れてくれ。

やっぱ若い時は自己実現とか考えてしまうからなあ

人のことは言えない

2017-04-30

育児には参加しないけど子供は欲しいと言われた

婚活で会った男性に、

子供は2人くらいは欲しい。でも俺は育児には参加できない。仕事で帰りが遅いから」

と言われた。

因みに彼は、子無しなら結婚意味を見出さなタイプで、共働き希望

共働き希望子供が欲しいのは私も同じだし、仕事が忙しいのは理解できるんだけど、なんだかなあ。

だって、本当なら、悪阻陣痛で苦しみたくなんてないよ。24時間授乳乳児のお守りなんてしたくないよ。

本当は思う存分、仕事残業して稼いで自己実現したいよ…。

2017-04-27

7つ目のボムスター仏教的な悟りなのではないだろうか

7つ目のボムスター存在するけど存在しない。

まさに色即是空精神です。

このエントリボンバーマンジェッターズネタバレを含みます。まだ見ていない人は今すぐ見てきてください。その後この増田を読むかどうかは関係なく今すぐ見てください。

さて、7つ目のボムスターをシロボンが与えられたとき緑色の光を発しましたが、アレと同じ色の光が作中で出てきたことがあります

それはマイティ最後の戦いに向かったときです。


決死覚悟を決めボンバーマンとしての使命を貫く瞬間、マイティが投げたボムの色がまさにあの緑色なんです。

そのボムの名は「サニティボム」、サニティ、つまり正気という意味

相手基地と共に自爆しておいて正気とはこれ如何に。

ですが、ゼロに残されたマイティの姿はまさに正気のものだっのです。

人々の期待に応えるために自分を見失っていたマイティではなく、自分の大切な人を守りたいという思いに燃える、優しく気高いかつてのマイティだったのです。


ボンバーマンボムスターを集めていくなかで、ボムスターを集めたことによる慢心、そして真のボンバーマンという栄光への思いに取り憑かれていきます

シロボンも何度となくボムスターを手に入れる事を焦り、ボムスターを手に入れたことに驕っていました。

これは私の勝手妄想ですが、7つ目のボムスターはその真逆の方向にあるのではないでしょうか。

手に入れてきた物に囚われず、栄光に目をくらませず、純粋自己実現を求めていた頃の思いこそ、7つ目のボムスターなのではないでしょうか。


シロボンが7つ目のボムスターを手に入れたとき、その気持ち純粋に今目の前にある世界危機を見つめていましめ。

人を助けたい気持ち、人々を守るボンバーマンのあるべき姿でありたい気持ちが極限まで高まっていました。

そこに最後ピースとして、マイティが与えたモノが、マイティの弟であり、マイティが信頼するシロボンであることの再認識、つまり自分ならば出来るという自信です。

人というものは自信がないと、様々な理論武装を固めてしまい、心が硬直してしまます

かつてマイティが己を見失ったのも、自分が心のボンバーマンに相応しいかどうかという事に迷い、自信を失ったからです。

そのマイティを救ったのは、シロボン純粋な憧れの目、自分への絶対の信頼でした。

そして、物語の終わりで、マイティがシロボンに送ったものも、シロボン純粋さひたむきさへの純粋な信頼なのです。

自分を真っ直ぐに信じることからまれる、ある種の悟りのような状態こそが、7つ目のボムスターなのです。

さて話は表題へと移ります。この世界には悟り悟りに対する無知すらもないと語る教えこそが般若心経です。

そのマントラに「ぎゃーてーぎゃーてはらぎゃーてーはらそーぎゃーてーほーじーそわか」というものがあります

これは「行きなさい行きなさい彼岸に行きなさい、彼岸に行くものよ幸あれ」という意味だそうです。

これの意味を詳しく語ることは私には恐れ多くて出来ません。

それはさておき、この言葉が7つ目のボムスターと近しいものように私は感じるのです。

7つ目のボムスターを手に入れよう手に入れよう、手に入れた者こそが真のボンバーマンなり幸あれ、どうでしょうか?

7つ目のボムスターを手に入れたボンバーマンこそが、真のボンバーマンです。

しかし、真のボンバーマンに執着していては7つ目のボムスターは手に入らないのです。

ですがそれは悲しいこととして描かれていません。

真のボンバーマンであるということは、そこがゴールであることを意味します。

まり自己実現に果てが生まれしまうということです。

今より自分を高めたいと願い純粋に日々を励む人生にこそ、曇りのない幸福があるのでは無いでしょうか。

今よりよい明日を信じて祈るように、ボンバーマンは日々7つ目のボムスターを探すのです。

そして、その境地に達した者が、ただ純粋ボンバーマンの使命感に燃え自分限界を引き出そうとするとき、真のボンバーマンとなるのではないでしょうか。

そして、その者が真のボンバーマンであるがゆえに、日々をよりよく生きようとする願いに応え、7つ目のボムスターは再び姿を消すのではないでしょうか。

ふと夜中に寂しくなり、唐突子供向けアニメ考察をしてしまいました。

どうもお目汚し失礼いたしました。

2017-04-18

http://anond.hatelabo.jp/20170418102858

そういうのは地域の協力がなければ無理だからねえ。

つかそれが出来る地域は、保護者学校運営に協力的で教育熱心で子供の為に労力を厭わない人が沢山いるから揉めないってのもある。

有志で募集しても必要な数が足りるってのは、そういうこと。

元増田みたいな地域は、地域にも保護者にも協力的な人がいないか強制せざるを得ないわけで。

酷い地域になると、有志募集して出て来た人を何もやらない奴が寄ってたかって叩くって事もあるらしいね

から内心やりたいと思ってる人ですら「頼まれたから仕方なく嫌々引き受けた」というポーズをとらなければならない、という。

http://anond.hatelabo.jp/20170418103250

うそ、こういう連中もやる気がある人のやる気を削ぐ。

PTAなんて暇な主婦自己実現だろw」ってやつね。

「暇なジジイやらせときゃいーだろw」ってのもね。お前の何がそんなに偉いのかと。

何故か、何も知らないし知ろうともしないしやろうとしない人ほどこう言いたがるらしい。

学校地域の為に協力しようとする人が「脳無しの暇人」として見下されるってなら、そりゃ誰も協力しようとは思わなくなるわな。

こういう日本人によくある、面倒な役割を引き受けてくれる人に対し感謝尊敬ではなく侮蔑で返すって風潮は何なんだろうね。

http://anond.hatelabo.jp/20170418102858

省力化しようとすると、PTA自己実現()してる暇な主婦が「みんなでベルマーク集めることに意味があるんです!!」とか言って反対するという話は聞くw

http://anond.hatelabo.jp/20170418044917

役員権限無駄仕事全部なくしますっつってslack (https://slack.com) チャンネルでも立ち上げて全部そこでやるようにすればいいんじゃね。嫌なら辞めますっつって。

どうせPTAなんて暇な主婦自己実現()に過ぎない。

2017-04-17

http://anond.hatelabo.jp/20170417000720

たぶんあなたは優しい人。

そんな態度を取られたら怒る男はたくさんいる。

から普通女性は心の中に思っても言うことはない。

私も同じような事態から結局は離婚の道に至ることになった。

失敗した人間からアドバイスできることは、絶対にそういう態度に我慢してはならないということ。

夫婦の間に愛がないのなら、どう愛し愛されるか真面目に話し合わないとだめ。

それでも話にならなかったり、妥協点が見つけられない場合は別れを切り出すこと。

特に共働き実家などの帰ることができる場所がある女性は、旦那存在価値自己実現踏み台になることが多いのだと思う。

生活を作るのではなく、自己実現の道具にされてしまう。

それぐらいであれば別れてしまいましょう。

結婚というのは最終的には二人でいることで欠けた心をつなぎあわすことに意義がある。

それなのに離婚前提の自己実現の道具にされてしまうのなら、まだ一人で孤独に耐える方がましだ。

2017-04-10

http://anond.hatelabo.jp/20170410092217

横だけど社会性が少ない人って独特の謎理論持ち出すよね

そのロジックだと

父は一切育児参加せず、全て母に押し付けるのが当然

という旧態依然とした考えの父を容認しろってことになる

 

文章を読み取る力全くない人間ほどネットで偉そうに語っちゃうのはなんでだろ

子育て経験どころか他人と触れあった経験すら全くないんだろうね

ネット論破自己実現人生って楽しいの?

2017-04-08

http://anond.hatelabo.jp/20170408230205

君の頑張りを否定するつもりないよ

自分にできることとできないことを捉えて

その上でどうやって社会に順応していくか

自己実現をなしていくかを

考えている人を僕は否定するつもりなんてない

でも「発達障害から優しくするのが道理でしょ」っていう態度の当事者

やはり周囲からするといい気しないし

そんなんじゃできることもできないじゃない?

障害関係なく基本的なところで頑張る姿勢大事だし

できないことを誰かに肩代わりしてもらうってことは

誰かに負担をかけているってことだから

負い目を感じる必要はないけど

やっぱりある程度気にはかけてほしいな

って思うわけよ

想像力があるからレアケースを想定して断定せずあやふやな言い方になるんだよ

あくまで「こう思う」っていう個人的心情だから

気に食わないならさっさと忘れたほうがいいよ

こんなの読んで気分を害する価値もない戯言だから

2017-04-07

みんな自由が嫌いなのかもしれない

イギリスで胃を痛めて1ヶ月以上が経過しているはずなのに、未だに痛みが引かない。

痛いのに、大学の授業は始まるので仕方なく新幹線京都の3流大学底辺学部に向かう。

大学に行くと、自分政治への関心が薄まった気がした。

というのも、東京では政治的関心が大いにあったのだ。

色々と書籍も読んでいた。

自分たちから自由が無くなりそうな気配をとても心配していた。

しかし、頭の悪い大学では女やらが自己実現の為に化粧をしてセックスアピール必死だ。

男はやることしか考えていない。

その様を見て、こいつらは所詮セックス就職のことだけしか考えていないのだと気付いて呆れる。

そして、己の容姿の醜さで胸が締め付けられる。

自分自由になれないと。

ますます自分自由はなくなりそうだ

毎年、春に大学に行くと容姿がいい人間が増えているように感じる。

恋愛主義やらによる淘汰の結果なのだろうか。

自分ますます、苦しくなるのだろう。

容姿就活が全てで、みんな政治なんか興味が無いのだろう。

いや、本来思想やら内心の自由に興味がない。

村で一番になろうとすることしか考えていない。

いや、それが彼ら、私の自由への最短なのだ

自由になるためにはセックスアピール必要なのだ

そして、他人自由が嫌いだ。

美容整形をするには足りる額が口座にあるが、そもそも相談サイト医者が匙を投げるような酷く深い大量のニキビ跡がよくなりそうもない。

また、そもそも顔が大きく、持病で免疫抑制剤を飲んでいる。

政治的無関心自分権利が狭められようとしても平気な見てくれの良い人間を見ると絶望してしまう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん