「自己実現」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己実現とは

2018-10-16

収入を上げるのに有効勉強って

割りと真面目にプログラミング投資勉強しかないと思うんだけど、なんか他にある?

自己実現目標がほしいわ

2018-10-13

anond:20181013125559

社会進出を阻まれ続けた女性が全体として力をつけるには時間がかかるだろう。過渡期の今はいまだに女性社会進出を阻む人間がいる限り多少の優遇措置大臣女性枠など)をしてでも女性社会進出を後押しする時期なんだろう。ただ、女性男性同様に力そつけた後の社会は当然離婚率は上がり、伝統的な家族のかたちは崩壊するだろう。人は皆神のもとに平等すべからく神の子であるという思想欧米と異なり、血縁家族重要視する日本男女平等社会となった中でどのように子育てしていくのかは興味があるところだ。キリスト教圏ではこのような思想によりステップファミリーでも日本人よりも抵抗なく家族になれるようだ。男女平等子育て支援が充実する社会では婚姻継続率は低くなるだろう。わざわざ結婚という形態をとることも減るだろうし。親になっても一人の人間として仕事恋愛自由であるべき、という社会子供たちにとってはどうなのだろう。子供たちもいずれ大人になるわけだから、望ましいと考えて良いのだろうか。それに、大人の方も子育てを生きがいとすることはできなくなる。仕事趣味恋愛...なんでも良いけれど、自己実現自分で探さなければならない。俺は子供たちのために生きていて、何物でもない自分に、彼らの父親という他の誰かには代のきかない役割を与えてもらったことに感謝している。子育ては、自分の全てを捧げなければならないということはありがたいことだと思っている。他になすべきことを自分で探す必要がなくなるから。どんな社会になっても全てが満たされる社会にはならんだろう。だから何を選ぶかだよね。今、自分たちが何を選択するか。

2018-10-06

第19回未来投資会議出資料 【日本労働組合総連合会連合会長 神津 里季生】

○全世代型の生活保障としての「働くことを軸とする安心社会

働くことを軸とする安心社会

“働くことを軸とする安心社会”は、働くことに最も重要価値を置き、誰もが公正な労働条件のもと多様な働き方を通じて社会に参加でき、社会的・経済的に自立することを軸とし、それを相互に支え合い、自己実現に挑戦できるセーフティネットが組み込まれている活力あふれる参加型の社会

----------------------------------------------------------------------

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai19/index.html

----------------------------------------------------------------------

未来投資会議連合出資から抜粋

連合よ。「働くことに最も重要価値を置く」なんて、頭おかしいのか…?

なぜ、はてな村で叩かれないのか不思議でならない。

2018-10-05

anond:20181005054838

増田は、親がそこそこ金あるし、ひとまず経済格差問題クリア

そこで次なる問題として、容姿問題が浮上したってことか。

 

悪いが、個人問題社会問題ストレートに繋ぐと、説得力が落ちるぞ。

(まぁ、そういう問題もあるのは認めるが。そこそこ大きい問題としてな。)

 

格差容姿問題クリアした人間が、「自己実現」かなんかを増田と同じ論調で書いていたらどうか。

短絡と言わざるを得ないだろう。修正バージョン期待ということで。

2018-09-29

企業化する人間 市場を生きるパーソナリティ」を受講した

講師京都沖縄東京カウンセリングを行ってきた博士(教育学)・臨床心理士の東畑開人氏。

「感じのいいエリート」が、鬱を排除するための躁的防衛慢性的な虚しさ疲労感、神経症症状、親密な関係の難しさなどを抱えているケースについての話だった。

貧困層カウンセリングでは「今すぐに治して」等の無茶を言われることがあったが、新自由主義適応したエリートのクライエントは行儀が良い。治療者のことを専門職として丁寧に扱う。自主的認知行動療法実践しておりエクセルにまとめて報告してきたりする。カウンセリングを利用するという依存的なシーンですら、相手迷惑をかけないことを重視する。こうした様子に、パーソナリティ自分自身CEOジャックされ、たゆまぬPDCAを励行している印象、あらゆるところに透明性・公平性を求める監査が入りアカウンタビリティ要求されている印象がある。こうしたタイプのクライエントの治療過程について、クライエントが行儀の良い状態→小さな依存が徐々に形成される→治療者に対する不信感・怒りが生まれる(希望があるから怒る)→治療者に対して軽視・軽蔑したり身勝手な振る舞いをする→気持ちの良くない関係を生き残る・やり抜く→クライエントの子供の部分が動けるようになっていく→自己他者の不純(リスクマネジメント不能な部分)に耐えられるようになる、というものらしい。この内容について書籍が出たりしないだろうか。東畑氏本人がまとめるのが一番正確で良いだろうけれども、私はこんな風に受け取り、要約した。

エリートのクライエントは社会的成功出来ているが自分の中の子供の部分が死んでいることによる問題が出ている。それを治療者との依存関係構築によって治療する。依存心が強すぎて社会的に失敗するタイプには認知行動療法効果的かもしれない。「認知行動療法は効かない、精神分析が優れている」という話ではなく、クライアントの状況に合わせた治療法を提案すると、質疑応答で東畑氏は言っていた。

 

福祉国家から新自由主義へ、自意識から市場へ、消費から投資へ、自己実現からサバイブ

これらの時代認識には共感しかなかった。これ自体解決したい人は政治運動に向かうのだろうか。私は政治運動をしたくない(政治が悪いというより産業構造の変化・人口動態によるものなので根本的な無力を感じる)ので、新自由主義への適応を選んでいるんだと思う。社会は助けてくれないので、自意識過剰でいられる・自己実現を求めていられるゆとりがなくなっており、望むこと自体が身の丈に合わない贅沢に感じている。消費と投資についても、弱者からこそ将来の資産価値を考えて不動産の購入を検討しなければならず、強者なら純粋好き嫌いだけの消費的感覚で住む家を建てたり買うことができる。弱いからこそ投資、余剰たっぷり強者からこそ消費する余裕がある、そういう世界観

 

自由で自立した個人自由にやりとりするのが市場市場ロジック内面化されている。

その外側に依存を引き受ける人たちがいるが、不可視化される。

仕事に繋がりやすいのは自立した個人同士の弱いつながり

深いつながりは依存ケアを引き受けるので重たくてお金にならない=経営者にとって正社員が重たい

経営者にとっては正社員よりフリーランス相手のほうが楽だろう。自立しているし、解雇規制もない。そうして誰も依存先を引き受けなくなった結果、ケア依存先の供給が不足する。というよりケア供給者、依存供給者の価値がこれまで不当に軽く扱われていたのではないかと思う。依存先の供給が無くなり、精神的な問題が噴出したことにより、今やっと価値発見されている。

 

市場ロジック適応して経済的にうまくいっている人間価値評価しない、妬むだけで苦労への関心を持たない、ねぎらわないこと。深い重いつながり、ケア依存先の供給を行っている人間価値評価しない、使おうとするだけで苦労への関心を持たない、ねぎらわないこと。自分の苦労にだけ関心があって、自分とは環境能力も全く違う他者の苦労への関心が根本的に無いこと。

そういった、人間の素のわがままさに対して、子供的に・動物的に・自動的他者を軽んじる態度に対して、私は割と狭量で、嫌って憎んでしまう。私がある価値に気づいておらず軽んじていたことに気づいたときも私は私自身に対して狭量になり嫌って憎んでしまう。業務人生経営必要価値判断は、感情面では不幸を産む姿勢ではあるんだけど。

「商取引の脱価値化」言説は私を疲弊させてしまう。家庭において稼ぐ役割を担わされており稼がなければならない立場の人はいる。感情的な極論は対立する勢力の持ち物・貢献の価値を無いものとする。東畑氏は市場ロジックを取り入れたり自分経営する目線が無さすぎると収入面で上手くいかないことや、自分支配するCEO市場適応的で強力だと勝てる、鬱を排除するための躁的防衛が人をバリバリ働かせるので勝てる、という本人の利益にも言及していた。ケア依存だけに肩入れする治療者とは違うバランス感覚が感じられて、そのバランスになんだか救われた。既婚男性一家大黒柱として稼ぐ義務家族に負わされていることが多いし、未婚女性である私も稼いで自分を養う義務から逃れられるとは思えない。

2018-09-23

anond:20180923104649

こういうプロジェクト様式は、上手く回ることもあったが、形骸化することもあった。

後者場合、本当にプロジェクトに組み込むというより、「こういう様式を使っている自分でいたい」という抑えきれない欲望が前面に出ているだけだった。

合理化が、上司自己実現侵食されていた。

2018-09-18

子どもが興味を持ったことをやらせてあげたいのにお金が足りない

こういう話を読む度に、胸が苦しくって苦しくってしょうがなくなる。

https://toyokeizai.net/articles/-/237554

>>では、どうしたらこのような自己実現力がついて本当の自立ができるようになるのでしょうか??そのためには、子どもがやりたがることをやらせてあげるのがいちばんです。そして、さらに深められるように応援してあげてください。 <<

やらせてあげたいんだよ、そんなことは分かってるんだよ。子どもが興味を持ったことをたくさんやらせてあげて、子どもの才能を伸ばしてあげたいよ。出来るか出来ないかギリギリのところで必死努力する子どもの姿を応援して、出来るようになった時には思いっきり褒めてあげたいよ。

けど現実問題我が家家計は本当にギリギリなんだ。子どもピアノを習わせてあげることも出来ないし、練習用のバイオリンを買ってあげることも出来ない。地元サッカークラブの月会費を払うのだって苦しいし、ユニフォームや靴を買いそろえてあげるお金だってうそう捻出出来ない。

子どもが何かに興味を持った時、本当なら嬉しい筈なのに、「これやってみたい」って言われるのが怖い。「あー、通わせてあげたいけど、ちょっといね…」と言わないといけないのが怖い。もうそういうやり取りに慣れてしまって、わがままを言いすらしない子どもに本当に申し訳なくって申し訳なくって泣きそうになる。刻一刻と子どもの興味の芽を摘んでいるのかと思うと焦りと苦しさでいっぱいになる。

皆、一体どうやって子どもに「好きなこと」をやらせてあげてるんだよ?

2018-09-11

anond:20180911221951

どちらかというと妻が職業上の自己実現育児のために犠牲にしたくない・両立したい系の需要であって、金銭理由での共働きではないんだけど。

夫1200、妻800の両方医師世帯なんかを想定してる。夫の年収生活は余裕で成り立つけど、高学歴で実務経験も積んだ妻自身専業主婦におさまりたくないわけ。性格的にも向いてなかったりして。

医師のほかに経営者とか投資家とか。そういうレイヤーも激務で、雇用ほどの男女区別がない。

2018-09-07

日本から脱出したっていうはてブユーザーがいるが

わざわざ糞ジャップジャップってブコメで繰り返し言ってんだよね、何のために日本を出ただろう。そんなにクソな日本がそれでもやっぱり気になっちゃうんだろうか。

本当に日本に愛想尽かしたんなら完全に日本など振り返りもせずに移住先で思いっき自己実現を図ればいいのに、未練があるのか執着があるのか、なんではてブあんな惨めな日本dis垂れ流してるんだろ。

2018-09-05

anond:20180905181337

ゆうこすは、可愛い子が敵も作らずセクハラも受けずに自己実現するロールモデル確立してるから、若くて可愛い女の子だったら憧れるだろうなって思う。要は、前の世代で、はあちゅうが間違えた部分に対して、正解を踏んだのがゆうこす。

すでに識者ポジションに到達してしまってて、そこらのソーシャルマーケティングおじさんよりも立ち位置が上なんだよな。

2018-09-03

anond:20180903180752

仕事するのは第一義的に食べて行くためだから。自己実現はその次。

別に女性に限らないよ。

なんで自分のやりたい職種じゃないことを

勉強して資格とらないといけない訳?

女だとそんな制約がついて回るの?アホらしい。

2018-08-30

私に社会は変えられない。

自分が立ち上げた会社事実上クビになった。

後入りのトップとやり方が合わず、長きに渡って志を共にしたチームも反旗を翻した。

小さい頃から漠然とながら、大きな、前向きな変化を社会にもたらしたいと意識し、幾度の挫折を経ながらも、厳しすぎるほどに自らを律して行動してきた私であった。しかし、今回に限っては思うことがある。

私に社会は変えられない。

悲観的になっているわけではないと言っても強がりに聞こえるだろうが、必ずしもそうではない。

今までのやり方のままでは、世界を変えることは、僅かでも前向きなインパクトを与えることは、私にはできない。今私はそう強く思う。

今までの挫折に対する反応と大きく異なるのは、最近になってアスペルガー症候群の診断を受けたことに由来するのだろう。

物心ついた頃から言い知れぬ生きづらさを感じてきた。幸いにも運と環境には恵まれ、親の許可のもとに義務教育放棄し、留学の名の下に海外に逃避し、社会人になってからフリーランスに近い形態で働いてきた。

ただ、私みたいな弱い人間でも自己実現を追求しやす社会を実現するためには、独りの力では限界がある。下克上で急速に社会に変革をもたらす海外スタートアップに魅了されたのは、そんな思いからだった。

とはいえアスペルガーにとって、チームで働くことは容易でない。高い理想と強い確信があるからこそ耐え忍ぶことが出来るが、1日が終わる頃には疲労困憊で、にもかかわらず感覚過敏で夜は眠れない。

追い討ちをかけるように、我の強さが災いして起こる衝突は日常茶飯事で、今回の件も、その極端な例の一つだった。

今までであれば、一定反省を終えた後に、運が悪かっただけと気を取り直し、再度挑戦を試みたものだったが、今回は違う。

自らの遺伝的特徴を明確に認識した今、戦略再考する必要に迫られている。

ここまで長々と文字を連ねてなんだが、昨日の今日では今後の方向性すら見えていない(アドバイスがあれば是非伺いたい)。

今まで心配ばかりかけてきた実の家族安心させられるキャリアをまずは優先するか、新たに認識した自身の特徴とうまく付き合いながら再度挑戦に乗り出すか。そんなことすら決まっていない。

ただ、不思議と後ろ向きな気持ちほとんどと言ってよいほどにない。幸いにも多少の貯金と多少のお金を稼ぐ知恵と気力も残されている。

どんな明日が来るかは分からないが、この前向きな気持ちが何かしらの道を切り開いてくれることを今はただ願うばかりだ。

2018-08-29

そもそも無理に障害者雇用する意味あんの?

補助金とか罰金とかあるのに雇用したくないってことは

これはもう差別というよりよっぽど彼等を雇用することが現状では効率よくないんだろう。

更に努力してヘンケンがなくなってバリアフリー体制が整えば今強要されてるライン障害者雇用することも合理的になるの?ほんとに?

よほどすごい知能や職能を有してない障害者は単にベーシックインカム受けててくれる方が社会の為なんでは?

それとも目的社会のためではなく障害者個人自己実現なの?

もしそうならそれはスポーツとか趣味とかでやるべきでは?

そこでまた補助金要求してもいいからさ。


要するになんというか、

効率を追求すべき「仕事」と効率度外視せねばならない「支援事業」とをガバく合体させてるところが気に入らない。

そんなの根本矛盾と無理がないか

2018-08-25

anond:20180825083543

下方婚あきらかに成功している例として自分を挙げたいがもうすでに終わったのとソースを出せないので、

リアタイ例としてhttp://www.kawauchisyun.com/ こちらの主夫さんを挙げておく。

また、勝間和代さん、女性芸能人(覚えてる限りで夫は歯医者など比較的高給とりだけでなく、ADや脚本家などもいる。歯医者にせよさほどの高給取りではないと思える)なども

おそらくすべて下方婚にあたるとおもう。

そのすべてが失敗例とはとても見えない。

(あとりゅうちぇるご夫妻なんかも最初色物扱いで女性のほうがしっかり稼いでいたように見えた。これは逆転婚とでもいうべきか)

勝間さんなど、結局は離婚しているものの、また再婚というかパートナーを見つけて子供を育てている。

旦那さんの意識を変えるのと、自分の属している方の意識を変える簡単な手として、

離婚協議転職おすすめするが、それはおそらく今ではない。

今は産休・育休を使って将来を見据えたり、あと体にうめこまれ出産ダメージという爆弾を除去してほしい。

 

だれにとってもこどもという愛しいくびきをつけたままの自己実現というのは難しいけれど、そのすべてが下方婚のせいではない。

これを言うのは残酷なことかもしれないが、あなたよりちゃんとできてる下方婚女性現実にいる。

だんなさんも「生まれたての子供さえいなければ今すぐにも転職して上方婚状態にしてあげたい」と思っているかもしれない。

話し合うことが第一歩。

===

26日の追記みたけど、貼ったリンク先を一個も読んでないよなーと。

ようするに、「男がこんなに気が利かないなんて。下方婚なんてするんじゃなかった」は二重に誤認がある。

あなたの男だけが気が利かないのであって全体に演繹してはいけない。

下方婚はするべき場合もある。

なので炎上ネタとしては男女ともにケンカを売るという基本的なやり方で成功してますが、

ほんとに胎盤剥離とかしたんならネットなんかしてないでとりあえず寝れば。

親戚に写真送って子守相談できそうな人を探すとか保育園活動とか解禁と同時に注射しまくりとか、別にやるべきことが相当あるわけで。

2018-08-21

anond:20180821110638

自称フェミニストを気取る学者大学先生)や弁護士高級官僚になれるなら、自分結婚しても仕事を続けるかもしれないけど、結婚しても子どもができても、なお続けるに値する専門職に就けないのなら、妻の労働はただの家計補助であり、遣り甲斐のない単純な作業しかない。仕事の代わりはいくらでもあるが、わが子の母親の代わりはない、と。女性問題は、階層問題にとって代わられ、高階層にいるフェミニストが、すべての女に「結婚しても働きつづけよ」と叱咤激励する資格は何もない。誰もが、意味のある、自己実現のできる仕事なら、したいのだ。

小倉千加子が「結婚の条件」で批判して10年経ったが、一向に改まらないよな

2018-08-11

とにかく大きなことをやって歴史に名を残したい政治家にとって、暦を動かすというのは究極の自己実現なのかも、と言われていたが

2018-08-03

東京医科大の話題と便乗フェミニストについて

今回の東京医科大だけど、女性社会進出をどう捉えているかが、ブクマから読み取れる。

自己実現手段を阻害されたと見るなら、人権侵害であり、

医療システムの護持というなら、必要悪だと言える。

これは医師に限らない。

女性社会進出自己実現目的にしたものか。それとも、社会労働力の確保なのか。

この議論が混在しているように思われる。

輪にかけて質が悪い主張として、「女の方が優秀」という自己の願望を投影した風説を流布しようとするのもいる。この議論上記の2つの混在と別物の、極めて低俗且つバカ丸出しの主張である。が、突っ込まれにくいのは、混乱に乗じて、批判分散されるからだ。バカに付き合う余裕がないだけであるが、あまり批判がない中でそうした主張を泳がせているうちに勝手に周囲はそれが事実だと勘違いし始める事を狙っているのだから、これは議論を深めたいからというより、扇動しようとしているのだ。

やたら、論文をあげて正当性を主張するが、読めばツッコミ満載だったりして、更にアホだとわかる辺り、どうにかならないものだろうか。 一般いう 優秀 というのは男女関係なくランダムだろうとお思うけどね。

閑話休題。この問題の元を辿れば、ブラック労働で成立する医療システムが源であろう。

詳しくはわからないが、医療システムも元を辿れば、その場しのぎの制度設計の上に成立したというのが関の山ではないだろうか。結果的に、男性医師がやってきたことができる女性医師以外は退場させられてしまう。

そこで、男性と同じ事を女性ができるかと考え直してもらいたいが、産休や育休を含めて見ると、全然無理な話だ。体力をつけるのはメチャ頑張ったらできるかも知れない、代理出産まで含めればできるかもだが、それは現実的でない。つまり、現行システムではどうしてもデメリットとして残る。

一方でその分男性も苦しむ。忙しすぎて家族に会えない。女の3倍働かされるとか、ブラックすぎるでしょ。とはいえ、この状況で最も大変なのは、やはり入学できなかった女性だし、従来の女性生き方に見切りをつける意識変革を求められる女性医師である

育休を男性にも義務付けるのはやりやすいだろう。しかし、社会通念的にも男性が育休を取らないのは見過ごされて来ており、現場としても現実的でないので、結局は男性医師既得権益受益者として強者に仕立て上げられ、女性医師弱者としてしわ寄せが来る。

それじゃ、もう少し、余裕のある働き方を実現する仕組みにすればと思う。定員増だ。でも、しない。人口減少するからというけど、本音歯医者のように、格差が広がって平均年収は下がる事を恐れてるからだろう。でも、最大の懸念は、破格の年収を得られる場所も出てきて、そこに優秀な人が移るから年収が良くない大学病院から更に人がいなくなるからではないだろうか。

この定員制限の発想って患者のことを考えてないなと思うし、このやり方が上級国民のやり方と批判されても仕方ないと正直思う。

なぜ、声を上げられないかというと、専門家集団なので、上司に見限られたら出世はできないし、技術も教われないままになるからであろう。

蔑ろにされて来た、プライベートの充実が並立できる仕組みの重要性を真剣に捉え直すと時代差し掛かっているのではないかと思う。

そのために、男性下駄は貸されていたのは事実としても、女性の方が優れてるとか、対立を煽る奴にはお前がA級戦犯だぞと言いたい。

もう一つ、専業主婦専業主夫をやりたい人の存在も忘れないでもらいたい。

2018-07-29

anond:20180729093940

俺は別にゲイレズも受け入れるよ、ああそういう人なんだって

でも、

人間誰しも他人との差異認識し受け入れながら生きてるんだけど

それはゲイに限った話じゃないんだけど

そんなもんでウジウジ言ってるコイツみたいなのはク・ソ・キ・モ・イ

他人の目を気にして他人自己実現の押しつけを許容してくれない世界キラ

あん甘ったれたこと言ってる厚顔無恥なクソ野郎

anond:20180726114740

こんばんは、ゴイサギです。淋しいとき、私は少しないています

それはいつ現れますか。私のそれは自分と向き合うことでやってきます。月夜、水面にはこちらを覗き込むもう一人の私が現れ、すると魚を追うのも忘れて、魔法にかけられたごとく見つめ合ってしまます。もうひとりの自分が、私の様子を確かめに来てくれたようで安堵します。水が少し温んだ気がします。

水面の自分が小首を傾げ、順調?と問いかます。順調です。魚は美味しく、コロニー安全で、ホシゴイと呼ばれる子供も2羽育てていますマズロー的にはやがて自己実現の段階です。そうですが、このまま自己を実現して良いのでしょうか?幼い頃、将来は月まで飛んでいき、星粒を集めて暮らすと信じていました。けれど今、こうして小さな橋の下にじっとしています。ねぐらと餌場を行き来するだけで、この翼で月まで行けるか試してもいません。私は、私でいられていますか?濡れた瞳の自分が、向こうの世界から見つめています

風が吹き、水面はモザイクタイルのようにバラバラに散ります。胸元がはたはたと波打ち、嘴がゆるみます自分がいなくなり、私はまたひとりになってしまいました。かわりに強烈な淋しさがやってきて、しばらく動くことができません。こんな話は誰にも言えません。そもそも誰にもわからないことです。

しかし、もはや、帰るべき場所があります。冷えた泥を蹴って飛び立つ瞬間、大きな声でないてみました。それはうめき声に聞こえたか、掛け声として響いたか。暗い夜を突き抜けてむこうの自分に届くように願いました。順調、すべて順調です。

「鳴く」と「泣く」は同じでしょうか?ふとした事で胸がつまり、その気持ちが体を膨らませ、えも知れない音が自分から溢れ出る。大人になっても律せないこの衝動を、私は「なく」とよんでいます。なき声が、やがて明るい朝を連れ、漂う淋しさも、ここにいない自分も、ここにいる私も、全てを慈しむ力を与えてくれますように。

2018-07-20

anond:20180720111951

道楽とか自己実現より何より、いざという時に子どもを抱えて身体を売らないと生きていけないような境遇にならないため、働いてるんだよ。

ダウト

女性社会進出しだしてから出生率が落ちてる。

少なくとも子供のためではない。

anond:20180720110238

女が働くのって、半ば保険みたいな部分あると思う。男に養われてたら、男の気まぐれで捨てられるし虐待されても逃げられない

すべての男が、年金もらうまで健康で、仕事ができて、人格に優れていればそんな保険はいらない。

昔はそれでもちゃんとした家柄の人を選べば家が守ってくれたかもしれないけれども、いまの世の中そんな保証はない。

道楽とか自己実現より何より、いざという時に子どもを抱えて身体を売らないと生きていけないような境遇にならないため、働いてるんだよ。

2018-07-17

anond:20180716224406

はあちゅう世間流行してる#MeToo 運動に乗って大ネタ出して話題になりたかっただけだし、そもそもフェミではない。フェミ転向してジョブチェンジかと思ったら、童貞いじり問題の流れ見る限り、全然そんなことなかった。ゲスっていったらなんだけど、まあ良くも悪くも女の武器使ってしたたかに生き抜いていくスタイルはこれからも崩さないんだと思う。それはフェミとは完全に違う生き方だよ。

一方、AV業界AV業界で、出演強要問題とかポリコレなんかはうまく切断して「うちはちゃんとやってます」「最近女優さんは意識高くて自己実現としてAVに出てます」「もうそんな時代じゃありません」ってことにして生き残りたいわけだよね。で、男優とか監督とかって男から見たら女に言うこと聞かせてエッチできるだけで一種ヒーローであり、しみけんサロンとかやってカリスマとして食べていきたいんだろうし、すごい同業者って感じする。

何も矛盾点がないし、似合いのカップルだと思うよ。

2018-07-14

anond:20180714214532

自己実現欲求に結びつかない趣味だと思われているんだろうよ

死にたい奴、目標のない奴

自分が、どうしようもなくなった時のための忘備録なのだ

多分どうしようもない奴が既にいると思うので、提案というか疑問

1.自己破産覚悟で挑戦する。

借金して事業をしないのは何でか?勿論既にその信用すらない人は除外。どうせセーフティネットが充実してるこの日本なのだから、一発破覚悟で頑張ってみては?

それができないのは何で?→自分場合低リスク収入を得られる状態にある為

2.北欧国籍を取って刑務所に入る

最後に大きなストレス発散をして福利厚生抜群の刑務所に入る。まぁ国籍取れるくらい頑張れる人は、こんな選択肢に至る必要はないか現在進行形で書いていてないなぁと思った笑

3.ディグニタスで死ぬ

これはある程度の収入水準があるが自己実現自己確立生き甲斐が失してしまった人向け。要はこれ以上生きていたくないけど死ぬのが怖い人

スイスにディグニタスという安楽死支援する団体がある大体渡航費含め300万くらいで死ねるらしい。勿論現地の医者の診断がいるし、健康体は診断が認可されないばかりか

日本人を安楽死認定させることに関してあまり乗り気でないから、実際どこまで行けるかわからない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん