「語源」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 語源とは

2018-05-23

社名に『翔』の字が入ってる会社DQN率の高さは異常

マジで。何なの、あいつら。

ようやく景気も上向き始めたとはいえ、うちみたいな社員10数名の会社は知り合いの知り合いか仕事を回してもらって、糊口をしのいでいるのが実情だ。

そんな会社の中には、明らかに社長や渉外がアレなのが混ざってて、そういう所との仕事は必ずといっていいほどにうちの社員からのウケが悪い。

いわく、大したミスでもないのに暴言を吐かれた・見積もりと違う条件を後から出してきてゴネた・官公庁には見せられない法律違反行為強要する・etc.etc.


しかに「名は体を表す」とはよく言ったもので、この業務に就いて以降、社名から「アレな会社」を区別できる嗅覚が備わったような気がする。

そんな実用ノウハウを、これから就職活動(または転職)を行うであろうはてなーらにも、お裾分けしたい。



これだけ例を挙げれば、なんとなくヤバさが伝わると思う。

要は、社名からヤンキー臭』を感じられる所、というくくりができる所だ。


そもそも、ああいう人たちは知識の積み重ねもろくにやってないのに、『自分を大きく・勇ましく・かっこよく見せたい』という欲望だけは人一倍あるので、その結果がこのような『珍妙な』社名につながっているのだと思う。

以上の事を踏まえて、就職転職提携先探しの際には、心してかかってほしい。

2018-05-15

anond:20180515114723

解説ありがとう

でもほら、やっぱり語源からないぐらい解釈巡って分裂してるやん!(笑)

専門家でもおそらく断言するまでいたらないんだよ!たぶん。

anond:20180515114143

rain cats and dogs(土砂降りの雨、激しい雨

It began raining cats and dogs.

「土砂降りの雨が降り出した」

猫と犬が喧嘩をして騒いでいる様子を表しています


語源北欧神話で、猫は雨を降らせる力があり、犬は風を起こす力があると信じられていた。

英辞郎


One of the less likely suggestions is pets sliding off sod roofs when the sod got too wet during a rainstorm. (Ever see a dog react to a rainstorm by climbing up on an exposed roof?) Probably rather an extension of cats and dogs as proverbial for “strife, enmity”.

可能性が低い説の一つは、ペットたちが嵐の間、雨にぬれた芝の屋根からすべり落ちるというもの。(むき出しの屋根に登って嵐に反応する犬を見たことがあるか?)あるいは、争いや敵対象徴としてことわざに出てくる「猫と犬」のイメージから来ているのかもしれない。)

Online Etymology Dictionary」



Drainage systems on buildings in 17th-century Europe were poor, and may have disgorged their contents during heavy showers, including the corpses of any animals that had accumulated in them.

17世紀ヨーロッパでは建物下水システムが貧弱だったので、大雨の間に、それまでに蓄積された動物の死骸を含め、様々なものを吐き出していた可能性がある。)



Cats and dogs” may be a corruption of the Greek word Katadoupoi, referring to the waterfalls on the Nile

Cats and Dogs は、ナイル川の滝を表すギリシャ語 “Katadoupoi” がなまったもの。)



The Greek phrase “kata doksa”, which means “contrary to expectationis often applied to heavy rain

(「予想に反する」という意味ギリシャ語 “kata doksa” がよく大雨を表すのに使われていることから。 )

2018-05-12

似てたり関連してるけど、互いにそれぞれの語源理由ではなく偶然そ

似てたり関連してるけど、互いにそれぞれの語源理由ではなく偶然そうなってるやつ

発音字形が似てる「9」と「q」

カレー」と「辛ぇ」

どちらも後ろがカツで同じシーンで出てくるけど漢字が違う「分割」と「一括」

他にあれば教えてください。「それは偶然じゃないよ」みたいな情報があればそういう情報提供してください。

2018-05-11

anond:20180511143315

シロサイもそんな話聞いたな。

英語でもwhite rhinocerosなんだけど、語源としては口の幅が「広い」のwideだったんだけど、訛ってwhiteなっちゃったとか。

2018-05-10

anond:20180510104510

http://gogen-allguide.com/te/debu.html

Double chin(二重あご)」が「デブちん」となり「デブ」になったとする説や、「Death and Burst(死と爆発)」からとする説がある。「デブ」という名詞明治時代以降に使われた始めた言葉であるため、これらの英語語源説は完全に否定できない。 しかし、江戸時代に「でっぷり」や「でぶでぶ」という言葉存在するため、「出っ張り」から派生した擬態語「でっぷり」や「でぶでぶ」が名詞化され「デブ」になったと考えるのが妥当であろう。



元増田の言う「デブっていうのは 賢いし 強いし すばやいの!」っていうのは間違いで、

そういう人も稀にいるっていう程度の話でしょ。

マ○コDXはスマートかもね。

2018-04-27

anond:20180427154553

英語だと思って テー を ティー にするアホによるものだな。

語源までは知らぬが saute はフランス語から業界では「ソテー」の他「ソテ」「ソーテ」という者も多い。

2018-04-25

オタク差別は無くなったってマジ?

オタクを「アニメ漫画好きなやつ」って定義するなら、世代によっては見ないやつの方が多いんじゃないのくらいの感覚なので別に無くなったと言っても良いとは思う。


んじゃ、オタク語源である「いつも家に居てインドア趣味に勤しむやつ」みたいに定義したらどーなんの?

この定義でも差別(というか蔑視)は無くなったって言えるのか?


定義一つで差別の有無なんていくらでも変えれるだろ。

"差別"の定義の話もあるし

2018-04-20

[]風呂敷

風呂に敷くことからの名。

室町時代風呂蒸し風呂のようなもので、蒸気を拡散させるために「むしろ」「すのこ」「布」などが床に敷かれていたもの起源であるが、現在風呂敷にあたるものは「平包(ひらづつみ)」と呼ばれていた。

足利義満が大湯殿を建てた際、大名達が他の人の衣服と間違えないよう家紋入りの絹布に脱いだ衣服を包み、湯上りにはこの絹布の上で身繕いをしたこという記録があり、これが「風呂敷」と「平包」の間に位置するものと考えられる。

江戸時代に入り、湯をはった銭湯誕生し、衣類や入浴用具を四角い布に包まれるようになったのが、現在風呂敷に最も近いもので、風呂に敷く布のようなもので包むことから風呂敷包み」や「風呂敷」と呼ばれるようになった。

銭湯が発展したのに伴ない、江戸時代元禄から「平包」に変わり「風呂敷」の呼称一般に広まっていった。

風呂敷(ふろしき) - 語源由来辞典

2018-04-17

anond:20180416212418

ゲイ語源を知っているか

”陽気な”って意味だ。

なんで、「ホモセクシャル男性」が「陽気」なのか。

自分が思うに、セクシャリティがどうであるかということを悩み、悩みを突き抜けて、差異ありのままに受け入れ笑い飛ばすことを身に着けたからだと思う。

差異でもって区別して社会位置付けられるのではなく、差異から生み出される位置エネルギーを運動エネルギーに変えて前進したり踏み台にされたりするでもなく。

まあ、当事者ではないから、勝手想像の域を出ないから、傷ついた奴がいたらすまん。

おれは幸運なことに(あるいは残念なことに)ヘテロセクシャルから、同性の裸を見ても勃たないしヌケないが、全部の異性に対して勃ってヌケけるかっていえば、「これはむりでしょ」ってたたないしヌケない異性もいる。

LGBTは、そう言う方向が様々違うってだけだ。

から自分は、ヘテロセクシャルであってもゲイの心意気をもって生きよう。

あらゆる差異を、寛容さをもって受け入れ、笑い飛ばし多様性奉仕しよう。

2018-04-09

anond:20180409094033

ふむふむ

Extrasensory Perception(超感覚的知覚)を略してESP

でその人だからESPer

psyche(魂)に語源を持ち精神的な何かを得たものがpsychic

2018-03-31

[] ドギー&マギー

その昔、アメリカコメディドラマで「ドギー&マギー」ってのがあったのを知ってる?

ドギーっていう男の子マギーっていう女の子が幼馴染なんだけど、思春期になってお互いのちょっとしたこと意識ちゃうっていうのが基本ストーリー

日本語吹き替え版も放映されたよ。

これが「ドギマギする」の語源

っていう与太話を考えたんだけどどうかな?

Document ID: 1726d097e046b908da990b2a0f9e39e3

2018-03-30

ファナモ

ファギナ

これらの語源はどこからきたんだろうw

ファギナは何となく分かるぞ!

でもファナモは……

思いついたブラックジョーク

「体毛を全部剃る男子ハイジ男子って言うけど、あれの語源ドイツだよ」

「詳しく」

「ひげの一部分を沿っている男子ハイルハイルって言ってたのが初めらしい」

2018-03-28

anond:20180328111448

水無月の「無」は神無月の「無」と同じく「の」にあたる連体助詞「な」で「水の月」という意味である

出雲大社に全国の神が集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神がいなくなるという説は、中世以降の後付けで、出雲大社御師が全国に広めた語源俗解である

ようするに神有月っていうのは神無月を「神のいない月」と間違って解釈した結果生まれ俗語っちゅうこっちゃな。

まあWikipediaによると平安時代からある由緒正しい俗説みたいやけどな。

2018-03-22

福生市民の心の雄叫び anond:20180322220849

嘘松語源福生村の松茸であるという嘘松論破する。元福生市民より。

史的事実を踏まえると、明治元年品川県となり、その後、神奈川県多摩郡となったり、

村内対立解体したりという複雑な歴史福生は持っている。

その中で、今回は、昭和15年11月10日福生村→福生町(合併により)となったという

事実重要である

次に、日本人がいつから松茸を珍重し始めたか重要である

実は、昭和20年代であれば、庶民が誰でも食べられた。

赤松林に行けばそこら辺に天然モノの松茸が生えている環境であった。

高度経済成長が始まる頃、マツクイムシの影響などで

採取量が減り、珍重され始めた。これが昭和30年代の話。

(注)この時代、実は、椎茸プレミアム扱い。

椎茸の枯木養殖確立され、椎茸庶民化が成し遂げられた。

さて、賢明な読者諸兄は「嘘松福生村の松茸」説が嘘松であることに

気づきであろう。私は寝る。

2018-03-13

増田、「バグ」を新しく言い直してよ

何ていう?

バグ語源は「虫」らしいんだけどさ、

人間の欠陥とかそういうものを言い換えることを命名するとしたら何て名づける?

全然思いつかないんだけど良いの無いかな。

anond:20180313110040

語源的に suc = 次に cess = 行く だからね。

2018-03-11

娘(むす)

ごく当たり前のように使われているが、語源的に問題ないのか

娘の「むす」は、国歌君が代』の歌詞にある「苔のむすまで」の「むす」と同じで、「生じる」「発生する」「生まれる」などを意味する「生す・産す(むす)」。 娘の「め」は、「女(め)」の意味である

http://gogen-allguide.com/mu/musume.html

2018-03-04

稲妻って

稲の妻と書くけど、これは稲妻が落ちるような天気だとお米が美味しく育つ的な逸話語源なのかな

は? 語源はどんなものにもあるから豆知識としては当たり前すぎて楽しめないからそんな話題ふるな?

めんごめんご

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん