「分手」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 分手とは

2018-09-13

 手三里



位置:腕の外側(表側)にあるツボで、肘の内側から指3本分手首寄りのところ

2018-09-11

サマータイムトラベラー

サマータイム法が通れば、あなた不老不死を手に入れるのです」

あのとき、あの男はそう言った。もう、遥かな昔の話だ。

その頃の私は、ニホンという国で要職に就いていた。国のためにと思って身を粉にして働いていたが、国民が報いることはなかった。何をしても批判の嵐だ。

そんな私にあの男は近づいてきて、時間を貸してくれと言ってきたのだ。

まぁややこしい話なのでかいつまんで話すと、その男には時間を操る能力があり、ただ、その能力の原資は時計の針の狂いなのだという。狂った時計が間違えて測った時間人間意識から失われ、男の元にやってくるのだと。そして男は最近とある事情から莫大な時間必要になり、その時間を工面するために私のところにやってきた。私がサマータイム法を通せば2時間の狂いが国民1億2000万人分手に入るのだと。それはもちろんタダで手に入れようとは思っておらず、私から借り受けて私に利子をつけて返す、そうすれば私の所持時間は莫大なものとなり、その利子だけで生きていけるのだと言っていた。

私は馬鹿馬鹿しいと思ったよ。しかし、この話がもし本当だとしたら私はこの国の滅ぶところまで見届けることができる。文句ばかり言う国民最後を見届ける、それはきっと愉快なことに違いない、そう思った。

そもそも誰に感謝されることもない仕事だ。だったら、自分のためだけにやってみたところで何も変わらないのではないか?そう思ったのだ。

そうして私は尽力し、サマータイム法は通った。日本中時計が2時間狂い、あの男は何かを成し遂げ、私に時間を利子付きで返す。そうすれば私は不老不死になれるはずだった。

だが、とある博士発明がその計画台無しにした。あの博士はあろうことか時間をそのまま操ることで、時計の針を狂わせることなサマータイムを実現したのだ。

その結果は驚くべきものだった。気がつけば何万年だか何十万年だかの時間が経っており、ニホン以外全部全滅していた。

私は慌ててあの男に会いに行った。この想定外イレギュラーにあの男はどうしているのか?男の部屋には、手紙けが残っていた。

自分は当初の計画通り2万5千年という時間を手に入れたら、その分時間を遡って世界史の様々な謎を解いて回りたかった。しかし、博士発明により動くことのない時間の中に閉じ込められてしまった。これはひどい絶望だ。だから命を絶つが、これを読むのはおそらくサマータイム法に尽力してくれた君であり、君には最後に私の能力を贈りたい。もし君にその気があるのならば、私の懐中時計を懐にしまうと良い。それだけで君は、タイムトラベラーになれる。今の君なら(この止まった時間が何年後に解けるかはわからないが)過ぎ去った時間の分だけ時間を溜め込んでおり、時間においては神になれるはずだ。君の幸運を祈る』

男の懐中時計と思われるものは、手紙のすぐ近くに置かれていた。その時計は、サマータイムが始まったあの時を指しているままだった。

私は迷うことなくそ懐中時計を懐にしまった。すると、一瞬でわかった。この時間が、どれほどの歪みの中にあるのか。そして、自分にはそれを修正できる能力が備わっていることに。

サマータイムが始まってから、この国は混乱していた。今はまだ混乱だけで済んでいるが、この先発電用の資源が尽きたら混迷に入り、そう長くは保たず壊滅するはずだ。

私はこの国の滅ぶところが見てみたいと思った。いくら仕事をしても全く良くなっていかないことに苛立っていた。だから、このまま放っておいても良かったのだ。今の私には、億年を超える寿命がある。この国どころかこの星の最後を見届けられるかもしれない。

でも、それはつまらない。

素直にそう思った。私という人間には、超越者としての在り様ではなく、ただの国の歯車として働き、そして死ぬのが一番向いている。だから、この国を元に戻そう。

そうして私は過去に遡り、私を殺した。

このサマータイム法を通すのに一番尽力したのは私なのだからサマータイム法をそもそもさないためにはそれが一番なのだ

時間修正され始めた。あの未来が消えていくことを懐中時計を通じて感じる。これでこの国は救われる。

そして同時に、パラドックスが私の存在を消していく。それは当然ながら覚悟していたことだ。きっと私のことは、ただのバグとして誰の記憶にも残らなくなってしまう。そもそも、誰もあの未来があったとすら思わない。

それだけが、少し、悲しい。

https://anond.hatelabo.jp/20180906085723

https://anond.hatelabo.jp/20180906170906

https://anond.hatelabo.jp/20180907181952

2018-08-31

最初ロボットアンドロイド)にエロス見出した奴は神

分手塚治虫かな?だとしたらほんとの神様だな

2018-08-10

anond:20180808192022

結婚して意味が分かった。君もまた、家事をしない夫と呼ばれるかもしれない

掃除

家にずっといる妻 朝起きて夜遅くまで働く旦那

どっちが掃除をする。

どっちの方が綺麗を求める?

グチグチ言う妻

まりかねて掃除をする夫

綺麗になってないという妻

十分だという夫

最低限でいい夫

最大限を求める妻

洗濯

一人暮らしの時には洗濯は週一だった夫

毎日洗濯をする妻

毎日回す洗濯を半分手伝ったら、結婚して家事が半分どころか、3倍なんだよな夫

夫の分もやってあげてると上から

ブラ・パンツとかネットを使って出して、あらうのも干すのも面倒が増えてうんざり

雑にトランクスを干して問題ない妻

週1手伝えば自分の分は出来てると思う夫

週1しか手伝わない夫を持つ可哀そうな私な妻

結局、家事を手伝わない夫と愚痴る妻

2018-07-11

1995年カルト教団

オウムウヨかサヨか、はたまたオタクかみたいなのは今とは時代が違いすぎるのであんまり意味がない。90年代日本がどうだったかというと、インターネットはまだほとんど普及していなくて一部の人パソコン通信を使っていたくらい。

国内情勢は、91年にバブル崩壊したとはいえ、まだまだ好景気下り坂になった程度の印象だった。頑張れば毎年給料上がるし、きつい仕事はその分手取りも高い。投資家とかだとバブルの見え方は違うかも。一般人好景気のなごりで気持ちに余裕があって当時の政権にも今と比べて信頼があったように思う。GoogleWikipediaスマホもない時代情報も集めにくいので右翼的思想も先鋭化しづらかったというのもあるのかな。街宣車は見かけた。

一方で左翼的思想は、昔学生運動をやっていたような人たちが労働組合日教組にいて、どちらかというと近寄りがたい雰囲気を持っていた。

多くの人は(米軍基地とか個別テーマはあったものの)政治の舵取り自体はあまり批判的な目では見ておらず、右でも左でもなかった。それより前の時代ノンポリと呼ばれていたけど、90年代くらいだとそれらはサブカルに飲み込まれていったように思う。これまで同じ人気ドラマを見て同じベストセラー小説を読んでみたいなライフスタイルから他人がどうであれ自分が好きなものを選んで楽しむことが普通になった。インディーズバンドを聴いたり、カルト映画とか、もちろんアニメも含めマニアック趣味が細分化していった。とはいえ、ネット検索できるわけでもないので、当時の普通アニメオタクよりも今の一般人の方が知識があるくらいで。まあ中には化け物みたいに知識をためこむ人もいたにはいたけど、知識検証も難しいので不正確な部分もあったりね。

サブカルというひとつ趣味があるわけではなくて、いくつもの分化した趣味総体サブカルと呼んでいた感じ。いまでは考えられないけどフジテレビサブカルっぽかった。糸井重里サブカル景山民夫サブカル千葉麗子サブカル丹波哲郎サブカル、そしてオウムサブカルだった。五島勉ノストラダムスの本もサブカル

そんな時代

2018-06-11

anond:20180611174016

セミ以下で1000円でまともなシルエットに切ってもらえるなら相当素材がいいよ良かったね、多分手かけたらもっと可愛くなるよ

でも他の子が真似したらえらい目にあうから勧めたら駄目だよ

2018-05-20

人脈広げるためにとりあえず美人になりたい

とっかかりが増える分手っ取り早いよなとマジで思った

2018-04-27

今月の出費が更新料やらで数万多かったのに増えた貯金が前月と同じだったので

不思議に思って家計簿精査しても原因がつかめなかったが通帳再確認したら給料振り込み増えてた

ここ十年くらい昇給なしで社会保険が増えた分手取りが徐々に減ってたので給料が増えるということが想定外になってた

昇給っていちいち言わないもんなんだな

2018-04-10

コンビニ店員のクソババア店員

クオカードが2000円分手に入った。やったね。

ってことで、nanac○にチャージしようと思ってた。

セブン食べ物を買うついでに

「nanac○に2000円、クオカードチャージお願いします」って言ったら

普通にスルーされた。聞かなかった振りか?普通に大きな声だったぞ。


そしてその後普通に「お支払いはクオカードですね?」とか言ってきたか

「いや、nanac○にチャージできますかね」って言ったら

クオカードはnanac○にチャージできないですけど!?」と何故かキレられた。

なんなのクソババア。

一番最初に言えや。

2018-03-21

モバマスでやってほしいこと

1.女子寮の追加

トレードキャンセルがあればいいってもんじゃない

そういう裏技みたいな行為を使うことをユーザーに当たり前と思わせている事が異常なくらいもうカード数が膨れ上がり続けている

2.765SR他低コストSRの救済措置

レアメダルか特技の餌なんてRでも十分手に入るのにSRはその辺が特に強いわけでもない

加えてこの辺はフリトレでも売れん

公式で手放すとなんかのドリンクくれるとかアイテムチケット(死んでるなこのシステムも)に変換できるようにとかならねえかなあ

3.多人数編成時の面倒さ解消

イベント10人入れる時せめてレッスンとか移籍とかみたいに顔アイコン選択できるようにならないかなあ

カードだけズラーッと次のページとかあるいはキャラ入力とかでもまだ面倒なんだけど

4.ぷちでれらのぷち衣装周り

着せ替えした後ツイッター投稿機能欲しい

いやスナップじゃなくてプロフ

あともう少し衣装見つけやすくして欲しい衣装スキルも含めて

5.ってことを事務局宛に送ってだいぶ経つが一向に反映されてないから今後するだけ無駄

2017-12-01

馬鹿税金払ってるから関係ある」

僕「税金分手放したと言うことでもあるので気を付ければ」

2017-11-01

食券制の店が好き

要するに、吉野家やすき家より松屋である

何と言っても、払おうと思ったら金がないというような無残な事態絶対に遭わない。

すでに清算済みなので、いつ店を出て行ってもいい安心感がある。

電車時間が迫った場合でも、支払いを済ませないと出ていけないというような事がない。


店員側にとってもメリットが大きいだろう。

機械メンテの手間はあるが、厨房レジを行ったり来たりする必要がない分手間は少ない。

金額を間違える事もなく、レジに行く度に手を洗いなおさなければならないような事もない。

急いで店の外に出たがる客を苛立たせる事もなく、食い逃げ心配もない。

注文は半券を受け取っているので、忘れたり間違えたりする危険性もない。ポチポチ注文を入力する手間もない。

この間、よく行く店(食券制)がしばらく店を閉めてたと思ったら、改装オープンした時には後払いに変わっていた。

から見たら店員レジに呼び出されててんてこ舞いの様子だった。

それきり行ってない。

馬鹿な店である

2017-10-24

タオルの手洗いって、どのくらい時間かかる?

から疑問に思ってて、でも比較対象が身近にないもんだから聞きたい。

タオル……いわゆるフェイスタオルってやつね。これを6枚分手洗いするのに、

だいたいどのくらいの時間必要だと思う?


……もう何年も前の話でアレなんだけど、

転職する前の職場の当番の1つにこの「タオル6枚洗う」って作業があったんだわ。

私はどんなに丁寧にやっても15分くらいで終わってたんだけど、

40代女性社員が、いつも1時間くらいかかって終わらせてたんだな。


ちなみに

「最優先すべきは通常業務だが、当番は業務の一環と考え、就業時間中にやってもよし」

という上司の考えにより、よっぽど切羽詰った状態でなかったら、

就業時間内にタオル洗ってても怒られない環境ではあった。

(繁忙期に優先順位間違えていつまで洗ってんだって怒られてたのは見たことあるけど)


まあこんな感じで、さすがに1時間はかかりすぎじゃないかなとずっと思ってて、

フェイスタオル6枚の手洗いって、実際にどのくらいかかるもんかな?

この人がどうこうっていうより、平均値が知りたいというか、そんな感じ。


ごめん追記。

漂白する時間は含まないで1時間かかってたんだ。

そこも含むと、問題の人は1時間半くらいかかってる計算になるね。

あと、漂白のあとに洗剤で改めて洗ってからすすぐっていう工程だったな。

これやらないと怒られたので、私も同じように洗ってたけど、この洗って濯ぐのに15分。

2017-07-19

主たる家計担い手ってなんだ

パートナー会社は基本給が安い。その分手当でカバーしてる。

まぁ中小企業に限らずよくある話だわな。ボーナスとか、そのほかのベースが下げられるからってやつ。

で、住宅手当とか諸々5万円超が「主たる家計担い手」にしか支給されない手当らしい。

なので、同じ家に住んでる人が、1円でも多く所得を得ていると、その手当は無くなるそうだ。

16年度、ついに私の所得金額パートナーのそれを超えた。1万円ぐらい。

なのでパートナーはもう「主たる家計担い手」では無いらしい。

来月から手当分が減額だ。年間で額面70万オーバーが減額だ。

なんだそれ。

10年働いてるのに、下手したら新卒で手当てもらってる連中より額面少なくなるんじゃないか

ちなみに手当がなくなった後でも、「主たる家計担い手」に戻ると復活するらしい。

なんなんだよ。

年間70万下がったうえで復活するって、その世帯所得いくら減ってるんだよ。

2017-02-26

http://anond.hatelabo.jp/20170226221809

こども手当なんかいい例だったよ

途端に「海外に49人の子供がいるんです、だからその分手当くれ」っていう在日殺到したっていう……

2017-02-13

http://anond.hatelabo.jp/20170202144732

元増田あんまりオススメするから読んだよ、『ソシャゲライタークオリアちゃん』。

これ、普通につまんなくて出来悪くて、普通につまんなくて出来の悪いラノベってなんなの、ということを考えるのにすごくいい素材になってしまっているように感じた。

ラノベなんてみんな同じだろw」というような声がどこからともなく(というか元増田ブコメあたりから)聞こえてくるんだけど、そんなことはない、『クオリアちゃん』はかなり出来が悪いよ、ということをしっかり言っておきたいな、と思って、エントリを起こす。

小説としての出来云々じゃない部分、ソシャゲシナリオライターとしての主人公たちの生き方については

http://hishamaru.hatenablog.com/entry/2017/02/09/003000

http://anond.hatelabo.jp/20170203190941

この批判が当たっていると思う。

とりあえず俺はクララ先輩には機を見て空売りを仕掛けていくことをオススメしたい。

さて。

漠然と出来が悪い、と言ってもわかんないと思うので、サンプルを用意する。

と言っても、ここで新城カズマとか古橋秀之とか秋山瑞人とか石川博品とか出してもそういうのは例外と流されるだけだと思うので、もっと普通っぽい奴を見繕いたいところ。

例えば、商業性があると評価された実績のある人が書いた作品、すなわち「アニメ化作家の新作」と、ラノベ業界作品を送り出す人たちが評価して世に出した「新人賞受賞作」……と考えて本屋ラノベ棚を見てたら『勇者セガレ』((アニメ化作品はたらく魔王さま!』の和ヶ原聡司の新作))というやつと『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』((第29回ファンタジア大賞大賞受賞作))というやつが目に入ったので、買ってきた。増田のために『クオリアちゃん』と合わせて2000円くらい課金した計算である

http://dash.shueisha.co.jp/bookDetail/index/978-4-08-631161-8

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-892615-7/

http://fantasiataisho-sp.com/winners/mother/

作品とも試し読みがあるので読み比べてみてほしい。冒頭だけだけど、それでも出来の良さの違いが見て取れるから

一見して『勇者セガレ』のレベルがとびきり高く、『お母さん』がその次、『クオリアちゃん』は論外、と俺は思うけれど、そう思わない人もいるだろう。

説明する。

小説には、概ね、お話が付き物だ。もちろん、お話で引っ張る小説は低級、みたいな話もあるんだけど、一般的エンタメ小説(多くのライトノベル一般的エンタメ小説である)においては、そういう議論はあまり考える必要はない。一般的エンタメ小説じゃないラノベに出くわす可能はいつでもあるので頭のすみっこにはおいておいたほうがいいけれど、でも、今回の三作品は全部一般的エンタメ小説志向なので大丈夫

さて、一般的エンタメ小説にはお話がある、という話だった。

勇者セガレ』なら、父親に異世界を救った勇者過去がある、と知ってしまった少年が、異世界での魔王復活を巡る騒動に巻き込まれお話。『お母さん』なら母親と一緒にMMORPG世界ダイブして冒険しながら親子関係を見つめなおす話。『クオリアちゃん』なら平凡な男が惚れた先輩に巻き込まれる形でソシャゲシナリオライターになる話。

んで、さっき示した試し読みで、そういう話だ、とわかるまでにかかる文字数は大体どれも同じ、5ページくらいなんだけど、その最初のとっかかりまでに与えられる情報無駄のなさを見てほしい。

勇者セガレ』は単刀直入お話全体像テーマ、というやつだ)を提示し、そのテーマについての主人公の開始時点での認識提示し、そして、それが揺るがされる場面が、いい意味で突然始まる。

『お母さん』はそれに比べれば随分もたつく印象だが、それでも母親と息子の関係物語だ、ということは十分手早く、一直線に提示されている、と言っていい。

クオリアちゃん』は無駄だらけだ。同級生に平がからかわれる話とか、いらない。

そもそも主人公の平凡さに何故ここまで言葉を費やすのか。クララ先輩にソシャゲシナリオライターの道に誘われる場面から入っていい。主人公が平凡さを脱して何者かになるお話なんだからスタート地点を明示しなければいけないのでは、というのは罠だ。平凡だ、とは、平凡という特徴がある、ということではない。非凡な特徴がない、ということだ。ならば、クララソシャゲシナリオの道に誘われるまで、何らかの特徴があるかのような描かれ方をしてはいけない。この主人公、狙ってか事故でか、かなり平凡ではないキャラなのだが、それもまあ、いいのだ。普通男子高校生と言って始まった話で主人公がとんでもない過去を思い出す、すげえ設定が明らかになるなんてのはよくある話だ。語り出す位置に変な癖をつけないことで間口を広められることだけが平凡な主人公という設定の美点で、それをこなしたらあとはどんどこヘンな奴にしていっていい。逆に、ヘンな設定をあとから盛りやすくするためにも、平凡さを積極的に描くのは悪手だ。

ここには多分、ライトノベルキャラクター小説である、という誤解がある。

商業性を認められたアニメ化作家も、送り手に評価された新人賞作家も、テーマ登場人物関係性を提示するところから小説を書きだしている。主人公人物像に無駄に筆を費やしたりしていない。主人公人物像を描いてはいけない、のではない。主人公人物像は、この際テーマ関係性よりも後回しにすべきだ、という話だ。

ライトノベルキャラクター小説だと早合点していると、主人公キャラクター性を提示するのが大事だ、と思い込んで、本筋のお話よりも先に名前からかわれるエピソードを入れ込んだりしてしまうのではないか、と思う。

そうした結果、ソシャゲシナリオライターの手伝いを頼まれるという展開の驚きが盛れなくなる。驚きのない掴みは最悪だ。

そもそも、ソシャゲシナリオ仕事を手伝うことになるって普通に考えて驚くような話なのか、という問題はある。

ソシャゲシナリオ仕事の手伝いを頼まれて驚くのは、ソシャゲシナリオに関わることをまったく想定していなかった場合だ。主人公脚本科の学生なんだからゲームであれシナリオ仕事を頼まれるのは、そんなに違和感のある話ではない。先輩に手伝ってと頼まれた、なんてのは、ライターデビュー王道と言ってもいい。

どうすればソシャゲシナリオライターデビューで驚きを演出できるのか。主人公ソシャゲを嫌いだ、という設定にしたらどうだろう……と王我は作者にささやいてはくれなかったのだろうか。

これも、関係性やテーマを後回しにしたことで生じた問題だ。ソシャゲ主人公関係をちゃんと設定していないから、こうなる。

ソシャゲマニア制作現場に関わることで現実を知る、でもよし、ソシャゲ嫌いが制作現場に関わることでソシャゲを認められるようになる、でもいい。ソシャゲどころか物書きとさえ無関係主人公なら(脚本科に在籍し、名作の名台詞を書きぬいてノートを作っている主人公はどう考えても無関係ではない)ソシャゲというものに触れる、というだけでも驚きがあるだろう。

半端にクリエイター志望でソシャゲ特に何も思うところがない主人公、というのは、掴みのインパクトを出すには最悪だ。

テーマ関係性、お話というあたりにあまり気を回さず、四姉弟の設定とかでインパクトを出そうとしている((『涼宮ハルヒの憂鬱』の構造をいただいているつもりなのかなって思いついて、ちょっと戦慄した。あれはハルヒについての話をあの三人がしてくれる構造であって、異能者が三人ただ自分異能を見せてくれるという構造ではないのだ。))んだけれど、そりゃ読者にも驚く理由がないよね、としか言いようがない。『ハルヒ』は、読者と視点を共有しているキョンハルヒ普通少女だと信じる理由があって、だからこそ、超常的な存在なのだ、と語る長門たちの言葉に驚かされることができる。本作では、クララタイムリープしない、オーガが異世界転移しないと信じる理由がどこにもない。だから、平がどれだけ驚いても読者は( ´_ゝ`)フーンとしか思わない。

あとがきラノベ200作品勉強した、って書いてあって、それは感心なんだけれど、でも、勉強する方向を間違えてはいなかったか、そこは疑問。

ライトノベルキャラクター小説だ、とか、男オタク向け作品関係萌えじゃなくて属性萌えだとか、そういう俗説を真に受けて、バイアスをかけた勉強をしてしまったんじゃないだろうか。

結果、普通につまんなくて出来の悪いラノベになってしまったんじゃないだろうか。

 

なお、ソシャゲ周りの設定について付言しておけば、作中作初恋メモリーズ』のシステムは、『プリンセスコネクト』に似ている、らしい。まあ伝聞なので確言はできないんだけど、だとすれば、元増田が言うほどソシャゲとは違うものの話をしているわけではない。とはいえ、『チェインクロニクル』のライターが書いた本で『プリンセスコネクト』の創作秘話を読まされることをみんなが望んでいたかどうかは不明だけれども。

2017-01-13

達ちゃんは語りたい

ちょうどアニメ放送と被るので若干語ってみますね。

はいってもぼくの場合は軽度であることと、ここ数年ちゃんとした受診をしておらず不正確な部分が多いです。

なにより自己診断の面が強いので話半分でお願いしたいです。ほんと半端者です。

からしましょう。とりあえず職場の話からです。

自分心療内科受診したきっかけは職場でのトラブルでした。よくあることです。

当時20代半ば、事務系と土方が半々の職場でした。特に事務系でそのトラブル遺憾なく発揮しました。簡単にいうとこんな感じです。

事務殆ど書類作りと整理、パソコン分手書き半分という感じです。量はあります新人研修の延長を超えません。この仕事を2年ほどしていましたが、ほぼ毎月同じようなことで怒られてばかりです。

例えばある1ヶ月の内容は「別の部署から仕様書を貰う->物品をパソコン入力->契約->受領->請求書を貰う->書類一式揃えて支払いに回す」とこれだけです。仕様書が遅いとかは特になく、むしろとても早く持ってきてくれます田舎なので契約もいつもの業者ばかりでとても楽ちん。そこそこの人がやれば月の半分は遊んでいられるような、そんな仕事です。

でも僕は、これが全然できませんでした。書類様式を覚えるのも何ヶ月かかったか。常に上長監視し、先輩からアドバイスを貰い、業者も他部署も全て好意的でした。それなのに9割がた僕のところで何もかも止まっていました。点検が終わっていない書類デスクは常に満杯。最後は僕の印鑑すら取り上げられた始末です。

僕を庇ってくれる人もたくさんいました。でも僕の仕事ぶりはその好意を軽く踏みにじります笑顔で泥を投げつけてました。

毎月同じような書類の不備と怒轟の嵐。

僕の安らぎは、たまにある社外での泊まり込みの施設整備でした。その時は何もかも天国だったのです。

もうわかると思いますが、僕は自分のことを客観的に見るのが苦手です。知らないことを知られたくないがために質問もあまりしなかったと思います。そのくせ自分勝手解釈で行動するので優先順位は全てデタラメコンプライアンスに触れるようなことを堂々としようとしたのは2・3度ではなかったはずです。僕は僕を理解せず、周りも人の形をした汚泥をみる表情に変わりました。

当然こんな状況で仕事が長く続くはずがありません。

とうとう本部の人から社内のカウンセリングを勧められ、そこから外部の病院への通院となりました。

僕の幸運は、会社業務比較的緩いことと、そのような精神面での問題に寛容な風潮があったこと、そして通院したのがそこそこマトモな部類に入る(と通院仲間から言われた)ことでした。たまたま駅の看板を頼っただけなんですが。

病院のことを話します。

そこはいわゆる心療内科であり、鬱や僕のような人間のためのリハビリを行う施設も併設しているやや先進的な場所でした。

初期に2時間弱のテストを受け、僕に発達障害の傾向があると言われました。残念ながら口頭説明だったので詳しい結果については明確に覚えていません。

そこから色々あり退職準備と併行して自立支援プログラムを受けることとなりました。入院ではなく平日はそこに通院して一日を過ごすのです。治療ですが内容は極めて簡単ものが多く、知らない人が見ると幼稚園老人ホームのような印象を持つかもしれません。

僕はそこでもポンコツでした。なんでも話せますしどんな個性も許される場ではありますが、僕はとにかく無知独りよがりで幼稚でした。職場環境のせいではないことをこんな形で理解するとか、今思い出してもきつい。

自分のことをちょっとします。

僕は心療内科広汎性発達障害と診断され投薬治療も受けました。でも効果があったのかはいまでも疑問です。そもそも心理テストの結果も一般人寄りだったはずですし、退職後にその病院から遠く離れてしまったので今となってはどうなのかよくわかりません。転院先は面倒であまり好印象でなく辞めてしまいました。

僕が他と違っていると感じたのは小学生くらいからです。当時から随分と幼稚な行動が目立つ子供でした。テストの成績が悪いわけではありませんし素行が悪いのではなく、しかし振り返ると妙に浮いていました。

「ふわっと」した感覚が今でも続いています。たぶん精神年齢実年からマイナス10歳くらいかと思います

この歳になっても生きづらさは続きます。とにかく物をなくしがちなのです。子供の頃からこの現象を「妖精仕業」と考えるほどに日常化しています

物をなくすというと勝手に捨ててしまう印象かもしれませんが、違います表現が難しいですが思考身体がずれるのです。無意識下でものを移動しているので、過程がまるで見えないこともしばしばです。自転車ライトを靴の中に入れていたり、手袋を片方だけコートポケットに入れて放置したり。必要ものを手に持っていたのに、玄関先でそれを持っていないことに気づいて部屋とを何往復もします。

誰にでもあることかもしれませんが、僕の場合はそれがほぼ毎日起こります。だから僕の周りにはものが溢れます

必要ないものでも捨てられません。常に目に見えないと危険です。机の中にしまったら次にいつ取り出すか不明なまま時が過ぎていきますしか整理整頓もできないので部屋には書類や本が地層となります

から僕はペンメモ帳を手に持ってどこかに置こうとした場合、できるだけ指差し確認をするようにして脳に刷り込みます

僕にとってペンメモ帳大事ものです。日々の出来事を書くのさえ億劫ですが、これがないと自分の最低限のことさえ空虚に感じます。役に立っているというより精神安定剤です。

心の支えは、同じゲーム仲間だったりこんな風に拙い文章を書くことくらいです。それもだいぶつらいですが。

今度再就職しますが、決して良い結果にはならないと思っています。僕は、僕の中の子供をどうしても躾けられないのです。また同じ失敗をするのかと憂鬱です。

僕は普通の人のように振る舞えない、けれど亜人にもなれない。半端者です。

よく発達した発達障害の人がとてもまぶしい。

2017-01-10

http://anond.hatelabo.jp/20170110101358

ファスナー合流については同意見だが、早めの車線変更は余計な渋滞を生むだけだろ。

手前から合流しようとすれば、元のレーンはその分手から列ができちゃうんだぜ。

2016-12-14

今年はふるさと納税3DS、自腹でvita買ったけど、vitapsplusはいい買い物だったな

3DSは一か月脳とれして秋田が、vita半年くらいずっとやってる

psplusはもっとはやくはいってフリプおさえるだけでもやっとけばよかったなー

ps3も4もヴぃたももってなかったかpsplusなんて意味ないと思ってたけど、月500円でこんだけコンテンツをためとけるなら、ハードなくてもやっときゃよかった

まあ今更だけど

vitaPSアーカイブスvitaソフトDL版にお世話になりっぱだったな

夏休みセールで買ったのをいまでもやってる

DL版の便利さに気づかせてくれたのもvitaだったな

vitaの次の新型出るまで待たずに買って正解だった

やりたいときにやるのが一番だな

ディスガイアみたいなやりこみげーとも相性抜群だし

買いためたDL版のソフトはたくさんあるし、psplusで思いがけないソフトも遊べる可能性もあるし、いつ死んでもいいわ

3DSポケモンゼルダアビスとやってみたいのあるけど、当分手でないだろうなー

据え置きはまったく意識してない自分でも今年は虜FFP5といろいろ出ててやりたいと思わせられた

あー仕事やめてゲームだけやりたいなー

久しぶりにゲームやりたいなんて思えたなー

2016-09-23

頭のいい人に聞きたい「考え過ぎ」と言われない方法

からよく「考え過ぎだ」と言われる。それが非常に腹が立つ。

自分からしてみればそういう人たちは総じて考えなさすぎている。

目の前に出来事が起きれば、その結末がいくつも想像できてしまう。

からその中から最良の結果になるように悪い結果になりそうな選択肢を潰していく必要がある。

それに対して「考え過ぎだ」と言っている人間を見ていると、よい結果になりそうな選択はできていても悪い結果になりそうな選択肢を潰さないから失敗していることが多い。

結末が見えてないから失敗するのは当然だ。

そんなんだから仕事を任されないし、いつまでたってもうだつがあがらないのだ。

それなのに、そんな人間たちに考え過ぎだと言われるのは非常に不本意であるし腹立たしい。

見えてしまったものは見えないふりなんてできない。

からその分手数が増えるし、準備も増える。

それを結果だけ引っ張り出してきて、あれは余計だったとか言われるのも本当に腹が立つ。

頭がいい人はわたしよりももっと色々な可能性や結末が見えてしまっているはずだ。

からそれだけ多くの準備や策を練っていることだろう。

そういう人たちは考え過ぎと言われないのだろうか。もしそうなら秘訣を教えてもらいたい。

もうバカどもにストレスを感じるのは沢山だ。

2016-06-10

実体験!障害児を黙らせる方法

http://anond.hatelabo.jp/20160609151641

俺が小学5,6年のときクラスにこんな感じのモンキーがいた。

そんなモンキーを黙らせられる人が2人いたんだよ、クラスKさんと4組の女教師

今だったら体罰と騒がれるが4組の先生はこのモンキー他人暴言暴行を加える度、殴っていた(今思うと多分手加減していた)。

めちゃくちゃ怒鳴って殴るのでモンキーも4組の先生が見ている集会では騒がなかったね。

親も相手女教師からなのか寧ろ感謝しているようで、授業参観で会った時、廊下で怒鳴られているのを見ても目をそらしているだけだったのを覚えている。

クラスKさんもこんな感じだった。

Kさん身長が高く少し怖かったのを覚えている。

最初4月モンキーが筆箱を持って襲いかかった時、椅子を持ち上げてモンキーを殴った。

「触んなやガイジ!死ね!」と良いながら反撃したKさんはかっこ良かった。

モンキーKさんKさんの友人には近づく事は無くなったよ。

小学校卒業した後、同じ中学校には進学出来なかったのかそのモンキーは居なくなったが、結局モンキーを黙らせるのは暴力しか無いのかもな。

モンキー大人になった時に、同じように暴力に…と思ったが元々暴力行為に出ていたので関係いか

2016-05-11

不動産屋ってなんなんだ

不動産屋で、契約してもろもろ支払ったあとから

web広告手数料無料を謳ってることに気がついてしまった。

きっちり1ヶ月分手数料とられてて、数万円余分に出費してすごく悲しい。

他にも色々手続きにいい加減なことが多くて

今更取り返せないとは思うけど、

なんかしらの制裁不動産屋に加えられないもんでしょうか?

2016-03-06

http://anond.hatelabo.jp/20160306121908

高校生の頃、うちは犬を飼ってた。

雑種の子を譲り受けたのだけど、赤ん坊のころはそりゃ可愛かった。

 

餌をやる(ごはんの残り物だったけど)のは母の仕事散歩に連れて行くのは俺の仕事だった。決めたわけじゃないけどそうなった。

でも今思えば、俺は随分手抜きしてたんじゃないかと思う。

生え替わった毛を掃除してたのも母だし、シッポの傷口にばい菌が入り込んで痛がるのを一晩中さすってやって、獣医に連れて行ったのも母だったからだ。

 

都会の大学に進学して、俺は犬の面倒をみれなくなった。散歩も母の仕事になった。

 

しばらくして、母から電話があった。シッポの傷から入ったばい菌が全身にまわったらしく、あの子安楽死させたと、涙声で言ってきた。

もう動物は二度と飼わない、こんな辛い思いをするのだからと泣いた。

俺は黙って聞いていた。

 

ペット死ぬまで面倒を見てやるべきだ、という元増田の考えは正しいよ。

そしてペットが死んだ時の哀しさを引き受ける覚悟もいるんだと思う。寿命から言えばペットの方が必ず先に死ぬのだから

2016-02-01

http://anond.hatelabo.jp/20160201160917

終身保険貯金自分が万が一早く死んだとき、父母と兄弟に「いやー先に死んじゃってすまん。せめてこの金でやりたいことやってくれ。」っていうやつ。

合理性からではなく感情的に。ほんとは職場に来た保険屋さんに言われて入ったののこじつけ。けどまあ、これはこれでいいかなと。

リンク先は勉強になりました。前に何かの記事読んだときちょっと苦手な感じだったんですけど、読みやすかったです。

円が紙切れにならなきゃよくて、目減りしなければ御の字なので、投資は当分手を出さないでおこうと思います

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん