「現実感」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 現実感とは

2022-06-24

anond:20220624023752

障害者モノの創作で失敗してしま理由

障害者に自らを投影しているにも関わらず

明らかに創作とわかる現実感のなさ

それゆえに設定が矛盾してしまうことです

 

自分リアル従事していることをネタに選んで

文章創作のコツを掴んでください

2022-06-18

毎日幸せすぎて

家にもうお金がないこと忘れてた。

コロナ禍で夫は失職、私は正社員パート扱いになりお給料が下がってしまった。毎月20万の赤字を叩き出している。

保険を解約したり貯金を削ったりしてきたけど、もう後が無い。もってあと3か月かな。

それでも、子どもが3歳になり毎日可愛くて幸せだ。

その日あった出来事を、拙いながらも一生懸命話してくれる。

ぎゅーっと抱きついてきて、腕やお腹にちゅっちゅとキスをしてくる。

私が描いたラクガキを見て、すごいすごいと手を叩いて喜んでくれた。

保育園でもらってきた七夕飾りの短冊

ママが代わりに書いてあげる。なにか欲しいものや、お願いごとはある?」と尋ねたら

カレーライスアイスリム!」と元気よく答えたので笑ってしまった。3歳児らしいよね。

これからさき生活ヤバイのに、毎日ふわふわして現実感がない。

2022-06-15

anond:20220615000832

日本が衰退して、市民感覚として「世界にはアメリカっていうすごく豊かな国があるらしい」くらいまでアメリカが遠くなって現実感が無くなったら、人生クオリティ比較とかしなくなってまた子供が増える気がする。

2022-06-11

anond:20220611091443

30で閉経寸前のあたり現実感がない。非モテ妄想かな

妻はバリバリ生理で不機嫌だよですよ

2022-06-07

anond:20220607172319

昭和なら同性愛=禁断の愛ってのもあったけどねえ

今時はなあ

禁断の愛描きたいなら別増田も言ってるけど兄弟姉妹とか親子とかだな

それは気持ち悪い、あくま他人事として楽しみたいってなら時代物・ファンタジー身分ものとかだと現実感なくていい

2022-05-25

理解のある彼くんにはリアリティが足りない

理解のある彼くんが嫌われてるのは現実に起こった出来事だったしてもご都合展開にしか見えないから。

スカッジャパンなんて見たくないんだわ。

貧困で苦しんでたけど宝くじ当たって解決

マック女子校生勇気ある一言撃退して拍手喝采

弱者男性だけど超美人パートナーを見つけました

etc

スカッジャパンが嫌われるのはどう考えても創作みたいな展開で話が進むのに

現実に起こった話のように演出されてるのが気持ち悪いんだよね。

いじめられてたけどチート能力に目覚めて撃退しました!現実の話です!

なんて書かれても誰も信じないように現実の話にも一定リアリティが求められる。

そこには事実として起きたかどうかは関係がない。

現実で起こった体験談にも現実感が必要になっている。

理解のある彼くんが登場してくる体験談登場人物は何かしらの問題を抱えている。

体験談では自身問題について長々と語っているが、理解のある彼くんは解決フェーズになって突然現れてくる。

それは同じように苦しんでる人からしたら奇跡が起きたようにしか見えない。

実際には彼くんと最初出会い理解のある彼くんになるまでには紆余曲折がありスムーズはいかず長い苦しみが存在しているのだと思う。

しかしそれは体験談には描写されない。描写されない内容は見た人から存在しないとの同じだ。

理解のある彼くん漫画にはリアリティラインを積み重ねる作業を怠ってしまっている。

(それはTwitter向けに短く編集するせいでもあるが)

そういった創作者の怠慢が積み重なっていった結果

理解のある彼くん」概念はご都合展開として認識されて嫌われていったのだ。

2022-05-19

じゃあ俺がオチとしてオタク気持ち悪い平成ベスト音楽語りでもするか

最初に言っておくけど俺は音楽センス0で音楽は完全に「情報を食う派」だからな。

以下目次。順番は思いついた順なので特に意味はない。食える情報系統が違いすぎて順位はつけられねえや。

・硝子ドール

アカシア

eternal reality

Love Destiny

きれいな旋律

バンバード

・Constan Moderato

In the Blue Sky

・群青

・CROSSING

・夏の記憶

Gの閃光

Kiss the Future

・硝子ドール

作詞こだまさおり

作曲編曲帆足圭吾MONACA

歌:もえ・すなお from STAR☆ANIS

データカードダスアニメアイカツ!』より藤堂ユリカ様(ヴァンパイア設定アイドル)の持ち歌。女児向けでまさかプログレッシブメタルを!更にはピロピロギターソロを完備。個人的特筆すべきは「永遠の時を生きる吸血鬼少女」という設定からまれた『超・少女趣味耽美的・モラトリアム語り』な歌詞である。「ビロードの重い空」、「鍵が壊れた鳥籠」、「自分だけに見える鎖」などなどの歌詞によって浮かび上がる永遠の暗闇の中に自ら引き籠もりその悲観的な世界に酔いしれる姿。それを「いつまでも少年時代トラウマに引き込もったまま人間関係を構築しなくて良い趣味フィクション世界に籠もり続ける」オタク勝手自分に重ねてガン刺さりである。人目を恐れて締め切った暗い部屋の中で人生絶望しながら聴きたい曲。

アカシア

作詞作曲藤原基央

歌・編曲BUMP OF CHICKEN

ポケモンMV『GOTCHA!テーマソングMVを見ればそこにはポケモンの20年分の歩みが。目を閉じればBUMP OF CHICKENの25年の歩みが。

バンドってのはときに「メンバーAがメンバーBに音楽やらせ続けるために存在し続けている」なんて表現されることがあるが、BUMPもそういうタイプバンドだと思ってる。最高の仲間と出会い仲間を輝かせる中で自分も輝く道がある。ウッチャンとナッチャン、ピカチュウサトシオタクオタク趣味。まあ俺みたいな消費オンリーオタク一方的に貰うだけでは誰かに何かを与えたことはないが、心の中で出しもしないラブレターはいくらでも綴ってきたから輝きを見出してきた回数じゃ負けてねえぜって気持ちで聞いてるぜ。

eternal reality

作詞編曲八木沼悟志

作曲小室哲哉八木沼悟志

歌:fripSide

TVアニメとある科学の超電磁砲S』の後期OP。でももっとずっと重要なのはfripSide小室哲哉作曲した歌を歌ってるってこと!オタクソングの中には一定割合でコレもろに小室の影響を受けているなって曲が存在する。I'Veが一時期量産したエロゲソング代表されるように!それが、今、遂に、交差する!伝説との共闘。始祖との共演。夢のクロスオーバー。内容それ自体よりなんかもうそこが凄い!fripsideクロスオーバーだと『escape -crossroads version-』という白詰草話大槍葦人ガンスリンガーガールっぽいやつ)のOP(元はresetの曲)をfripsideが歌ったバージョン個人的には激推しなんだが、だが、eternal realityは……小室とのクロスオーバーは圧倒的すぎる……俺たちがずっと心のなかで思ったことが具現化してんだぞ……。

Love Destiny

作詞作曲伊藤千夏

編曲小林信吾

歌:堀江由衣

アニメ版『シスター・プリンセス』のOP。ある日突然12人の妹ができることで知られるあのシスプリ代表する曲。「lovelovelove」に「アイアイアイ」とルビをふる歌詞は一度見聞きすれば忘れられない。内容自体は「ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!」で長年愛される堀江由衣が歌うバリバリ純愛ソング。とにかくシスプリは凄かった。いま流行りのラブライブと設定を考えたのが同じ人(公野櫻子)だと言えば、その凄さの片鱗が少しは想像できるかも?一時期インターネット個人日記でどこもROラグナロクオンライン)とシスプリの話をしてる時代が確かにあったんだ。KANONROシスプリの話を皆してたんだ。最近だとシスプリキャラが20周年を記念してVtuberをやっていてまたちょっと話題になった。そのVのバーチャルライブ最中でこの曲のイントロが流れた時、どこからか「きょええ~~~~~~」という叫びが聞こえた。その時「わかる。」と思ったもんよ。だって本当に心拍数が凄い上がって、まるで初恋の人に夢で再開したみたいになって、さすがは運命の恋を歌う超名曲だなって。美化された思い出の完成形なんだよ。


きれいな旋律

作詞今野緒雪

作曲マーティ・フリードマン

編曲中沢伴行井内舞子

歌:KOTOKO

OVAマリア様がみてるEDオタク的にマーティと言えばももクロかコレ!本当にきれいな旋律なんだなコレが。その綺麗さがマリみてイメージと最高に噛み合って神々しい清涼感がある。聞いている間だけはどんな汚いオタク静謐気持ちになってしまうのだ。この曲を聞いてるとき必要な語彙力は「きれい」の3文字だけで十分だ。

oblivious

作詞作曲編曲梶浦由記

歌:Kalafina

劇場版空の境界』第1章OP。あの頃の日本に漂ういよいよ駄目なのではという閉塞感、自分価値を高めて生き残るしか無いという焦燥感、そうはいっても俺には無理だろという絶望感、そこから逃げるために広がる妄想膨らむ悲観の非現実感。そういったロクでもないものが心のなかで混ざり合ううちに、都会の暗黒へと魂が霧散していくような浮遊感。青く光る闇が広がりがちなビジュアルイメージとの噛み合いが最高だぜ。梶浦由記名曲まみれな中でコゼットの肖像からまり.hackまどマギやら脳内で次々トーナメントで戦わせていった結果最後にはコレが残った。研ぎ澄ましてもしょうがないオタクペラペラ感受性が尖らされた挙げ句センサー無限の虚無の中に落ちていく感じが好き。

バンバード

作曲:mozell

フリーゲーム遺跡島と7つのまほう』等で使われているフリー楽曲。数多くのアレンジ存在し、その中でも『バンバードPiano Version~』が特に有名。ノリノリでテンポのいい民族風の音が非常に軽快で楽しい。とにかく「音」が「楽」しい。うわーい「音楽」だ―。鼓膜に気持ちの良い周波数が次々叩き込まれて脳が快感に揺られる気持ちを味わいたい欲求を満たす能力が非常に高い。

Constan Moderato

作曲:ミツキヨ

スマホゲームブルーアーカイブタイトルBGMタイトル画面にふさわしい柔らかさをベースとして軽快にピッコピッコと音を叩いていくエレクトロな曲調に妙な安心感がある。これは……GBCとかGBAゲームでありがちだったアノ感じや……なんちゅうもんを食わせてくれたんや……。強めの味付けでスパイス聴かせて音を立たせていくレトロさは健在。そこにGB時代と比べ物にならないスマホゲーの豊富な容量が実現する当時にはなかった柔らかさを追加。古臭さは感じさせずに圧倒的に懐かしい全方面にあったっけえ音。これぞまさに実家のような安心感デジタル羊水よ。

In the Blue Sky

作曲小山健太郎

アーケードゲーム(家庭用もあるけど)『電脳戦機バーチャロン』の主人公ステージBGM。知ってる人なら一発で分るレベル自己主張抜群のイントロを聞けば魂が当時のゲーセンへと帰っていく。対人ゲーというストレス憎しみ発生装置からまれたとは思えない爽やかさと前向きさ。それでいてピリピリきてる神経とのくっつきの良さ。いつしか意識は画面の中へとシンクロし機体と痛覚がリンクするのだ「痛っ」「食らったのお前じゃないだろ」

群青

作詞作曲編曲:Ayase

歌:YOASOBI

ブルボンアルフォート』のCMソングらしいが、オタクからすると漫画ブルーピリオドイメージソング。八虎の「好き」が受け入れられた感覚手拍子コーラス表現する発想が天才すぎる。コーラスパートの明るさによって今度は1人で歌っている時の孤独さが加速する。芸術というコミュニケーションを通して不安を抱えながら恐る恐る胸襟を開く怖さ、伝わることの喜び、ブルーピリオド世界観がよく表現されてるぜ。そんな姿に漫画家と音楽家の間でもグッドコミュニケーション成立してるなと俯瞰視点古参面だ。ブルーピリオドが本当に面白いって皆が知ってくれて俺も鼻が高いよ。

CROSSING

作詞田中ロミオ

作曲:Funczion

歌:Marica

18禁ノベルゲームCROSS†CHANNELED。「絶望でよかった」から始まる歌詞自己社会への失望感を語りながらも、それでも結局は人と関わる道を選ぶことを歌う。聞き手社会不適合度が高いほどに何度も何度も頷いてしまう。同じように社会への不適合を嘆く歌詞の歌は世の中に数あれど多くはメタルオッサンヘドバンしながら聞き手を責めるがこちらはゆったりとその懺悔を復唱するかのように歌ってくれるので非常にメンタルにいい。社会が怖くて仕方ない夜でも何度も聞いているうちになんとか社会に戻ろうと思わせてくれるので助かっている。このゲームインスパイアされたらしい岸田教団の『84』もオススメ

夏の記憶

作曲前口渉

編曲鈴木Daichi秀行

作詞・歌: 清浦夏実

TVアニメスケッチブック』の最終話前回の限定OP。どこまでも広がる夏草の真横でママチャリ漕いでるような光景が浮かぶ曲。シットリとしていながらも爽やかな夏限定の青いノスタルジーまったりしたいときに聞くとちょうどいい。

Gの閃光

作詞井荻麟富野由悠季

作曲編曲菅野祐悟

歌:ハセガワダイスケ

TVアニメガンダム GのレコンギスタED。散々鬱っぽいことを繰り返してきたガンダムシリーズながらもまさかの超前向きソング。と思わせて2番では「リアル地獄」と言い出し、3番にいたっては「出来ると思ってない」なんて語ってしまう躁鬱の激しさ。富野監督が今までの人生の中から『やらないと始まらいからやるしかない』という答えを導きそれを若者へと伝えようとするある種の説教ソング。でも富野がそこまでいうならまあ地獄の中であがくしかねえなって気持ちになれる。


Kiss the Future

作詞元長柾木

作曲高瀬一矢

編曲C.G mix

歌:SHIHO

18禁ノベルゲーム未来にキスを-Kiss the Future-』テーマソング歌詞叙述トリックかけてくる歌でこれ超えてるの俺はまだ知らない。OPネタバレしてたアニメゲームは知ってる。叙述トリック仕込んでる恋愛ソングも知ってる。でも曲単体で叙述トリック成立させつつゲームの設定とも絡めてきててやってることのスケール作品世界根底全部ひっくり返してくるようなのは自分が知る限りこれだけ。それ以上にやってることのテーマが好き。気持ちのいいリリックで気の狂ったトリックしかけてくるし作曲高瀬一矢全部好き。なにより今の世界だと「まあ人類って結局何度もピンチを乗り越えられてるからうそう滅びなくね?」が蔓延してるけど、その直前の「本当にピンチになったとき人類は遂に滅びるのでは?」に神経をとがらせることがまだ出来た時代の名残とかデジタル技術指数関数進歩への盲信とかが加わってこの曲の展開に対してコレマジであり得るんじゃねみたいなノリがまだ可能でさ……つまりは失われた技術オーパーツだよ。

2022-05-18

anond:20220517225148

とっても良くわかる

ロリコンだけど女児と付き合ったことないのでロリラブラブえっち現実感がなくて抜けない

ロリレイプしか抜けない

俺たち仲間だよな!

2022-05-08

anond:20220507141019

分かる。

肉体労働せずにクーラー効いた部屋でオフィスワーカーできて月20万くらい稼げてたら、その時点で少なくとも奴隷身分からは開放されてるし自由じゃん。

それ以上を目指すこともあるんだろうけど、それ以上は贅沢のためって気がする。

はてなで時々出てくる年収1000万とか、本当に同じ国の話かと思うくらい現実感ない。

2022-04-21

実際だとジンみたいなタイプはヤれなかったら次の女を探すだけ

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1875545

性欲を持て余してる時のターゲットとして、こういう女のワンナイトを狙っていくのが基本戦略だから

チャンスがあったら行くけど、面倒になりそうだったら切るのが正解

これで結婚とか現実感ねーな

まあ妄想からこそマンガになるんだろうけど

2022-04-09

良い夢を見た時のあの感じ

たまにだが、自分にとって良い夢を見る時がある。

そういう夢を見て起きた時には、見れてよかったという思いがあり、いい気分になる。

人によって良い夢は違う。

自分場合だと「非現実的だが妙な現実感があり、実際に自分体験したようなものになれる夢」がいい気分になれる夢の要素の1つだ。

登場人物場所など整合性を取るのが難しいものも多く、空想のようなものも多い。

なのに、実際に自分が起きている状態体験したような現実感があるのだ。

周りの光の明るさ、視点空気感雰囲気など…実際にはおかしい部分もあったりするのだが、妙に納得する現実感がある。

しかも夢の中の出来事現実では実現することが難しいものも多いため、余計にその夢を見れてよかったと思うのかもしれない。

このような良い夢は、自分経験上、見れる機会があまり多くなく貴重なものだ。

そういう夢を見たとき気持ち自分も忘れていることが多く、見た時はその時の気持ちを思いだすことにより懐かしく思う部分もある。

いつ、どのような時に、このような良い夢を見れるのか自分自身でも分からない。

そういう夢を見たときは、しばらくは夢を見るのが楽しみになる。

今夜は見られるだろうか。

楽しみだ。

2022-04-03

anond:20220402105857

中目黒東京では、ぎりぎり生活感のあるオシャレタウンとして有名(例えば原宿とか代官山は住むのはイマイチ現実感ない、中目黒家賃バカ高いがそれでもね…)

中目黒あたりから戸建も増えて、大型犬が増えそうなのはありそうな話

・オシャレタウンなので、良くも悪くも、普通犬種でなく、スタンダードプードルとか、大型ドゥードゥルとか、ボルゾイとか目立つ犬がいそうではある

・ここから西の方4-5kmに駒沢公園があって、そのあたりはオシャレ犬ゾーンとして有名

・大きな犬いるかもと小さな期待をもって出かけたら、期待が叶って嬉しかったという機微がある

なのだが、中目黒を知らなくとも、そういう機微は伝わるから意味あるじゃん

2022-03-31

誰にもいえなかったからここでいう

ウクライナ関連のニュースをみてて思うんだけど、誰もマスクつけてないよなぁ…。

ウクライナも、避難先の隣国も。

戦争で余裕がないからではない。戦争前の様子を振り返る映像でも誰もつけてない。

戦争ってだけでも同じ世界とは思えないのに、マスクしてないことでもう二重に同じ世界で今起きてることとは思えない非現実感が生まれてる。自分の中で。

2022-03-27

anond:20220327101520

わたくしは高い教養を身につけて、感性を研ぎ澄ますに従い、田舎風景空気感のものが耐え難く孤独で悲しみを湛えていると感じるようになり、都会で生涯暮らすことを決意した。

買い物や友人に会いに行くために車に乗って移動している時、社内の音楽を消して少し窓を開けると、きれいな空気と風を切る音、そうして近くに見える山の圧力。道端を歩く人の姿すらほとんどなく、山の稜線けがやけに現実感をもって景色を区切る、あの風景の変わらなさ、その変化の無さが恐ろしく感じられてしまったわけ。

都会はいいよ、店なんかポンポン潰れたと思ったらニョキニョキ新しく生えてくる。新陳代謝スピードが早く、生命感に溢れている。

2022-03-22

現実感消失について

ここのところずっと、どんなことが起きても現実感がないというか、生きているという実感がわかない。知恵袋とかで同じような症状の人がいないか調べてみると、どうやら現実感消失症、離人症という精神的な病気があるらしい。現実感消失は意外と経験している人は多いらしいが、内的な体験であること、また自覚しにくいことなから、表にはあまり出てこない話題みたい。現実感が感じられないというのはメリットもあるが、あまりいいことではない。自分体験することに対して何も感じない。というのは想像以上につらいことである。唯一楽しいことといえば、週一でラーメンを食べることぐらい。でも生きているだけましなのかも。。

2022-03-12

しっくり来るカップルが居る創作物が少ない

男向け漫画アニメ → 女の媚びがきもい

女向け漫画アニメ → 男がクズすぎて現実感がない、もしくは爽やかイケメンすぎてキモい

洋画 → しっくり来るけど人種文化が違う

邦画 → キモい

サブカル系映画 → 悪くないがキャラが全員キモい

 

から付き合うまでを描く物語を見てしまうんだと思う

あとはバトルのなかの共に戦う系カップルは好き、ファンタジックなのに一番現実的だと思う

 

そういや韓国映画とか良いんじゃないかね、見たこと無いけど

2022-02-27

戦争が起きてるけど

遠い世界出来事のように思えて現実感がない。

2022-02-19

まれて初めて救急搬送された話

これは個人的メモである。もう二度とこんなことをしないためのメモである

2月9日、その日私はある人への誕生日プレゼントを買いに30分ほど離れた大きな駅に行っていた。その人はTwitterで知り合った異性で、何度か会ったことがあった。通話したことがありかなり仲が良かったが、あくま友達だった。翌日2月10日はその人の誕生日で、たまたま会うことになった。そのためプレゼントを買いに行っていたのだ。

時間くらい迷って高めのボールペンを買った後、昼ごはんを食べていないことを思い出し、近くのマクドナルドに入った。ダブルチーズバーガーのセットが550円だった。罪悪感を押し殺してなんとなくそれを頼み、YouTubeを見ながら食べた。

その時にふと思った。ODをしなければ。そうじゃないと私はこの虚無感を壊せない。ちなみにODとはオーバードーズの略で主に精神科の処方薬や市販薬を大量に服用することである。私は精神科に通っていたが薬の効果を感じられなかったこともあって真面目に薬を飲んでいなかった。まるで溜めているかのように大量に積み上がっていく薬を毎日眺めていた。よし。そう決めたら視野が狭くなって、それしか考えられなかった。ODでは死ねないことはわかっていたので死ぬ気はなかった。もちろん普段から死にたい気持ちはあったものの、自分が死んで遺される家族のことを考えると死ねなかった。だからむしろ死にたくなかった。本当は今日スーパーで買い物をする予定だったがそんなことはもうどうでもいい。家までの30分の間に治まるかに思えた気持ちは治まるどころかどんどん膨らんでいき、私は電車の中でTwitterアカウントを全部消した。

そして家に着いた私はお茶ペットボトルを用意して一心不乱に薬を飲み始めた。薬を飲むのには時間がかかる。パソコンYouTubeをつけた。いつも見ているゲーム実況動画たまたまおすすめに出てきた病院経営ゲーム動画再生し、聞き慣れた挨拶を耳にしながら私はどんどん薬を飲んでいった。

時間くらい経っただろうか。抗うつ薬睡眠薬合わせて120錠を飲んだ私は、完全にふらふらでまともに歩けなくなっていた。そして思った。私は一人暮らしだ。このまま家でいたら死んでしまうかもしれない。直接薬の影響で死ぬことはなくても吐瀉物が喉に詰まるなどの事故はあり得る。そう考えた私は外に出ようと思った。外に出て倒れれば誰かが救急車を呼んでくれるかもしれない。もうそれに頼るしかなかった。今考えれば大迷惑カスである。家で自分救急車を呼ぶという考えも、今ならなんとか薬を吐き出せるかもしれないという考えも頭から抜け落ちていた。

そうして外に出たものの、全然歩けない。なるべく家から離れようと思ったがそんなことを言っていられる状況ではなかった。吐き気が込み上げてその辺に吐いてしまいそうになるのを何とか抑えて、道の脇にうずくまった。やばい動けないどうしようと思っていると通りすがり青年が「大丈夫?」と声をかけてくれた。うなずくだけで精一杯で、首を縦に振ったり横に振ったりしていると救急車を呼んでくれることになった。電話してくれた青年は私のことを10歳くらいだと思っていたらしいが、私は実際には19歳である。情けなかった。電話をしてもらっている間に我慢できなくなって道端に吐いてしまい、道路と服を汚した。

救急車サイレンの音がして、救急隊が来た。全く現実感がなく、まるで夢を見ているような感覚だった。立てますかと言われてなんとか立ったものの一歩踏み出すだけで倒れそうになり、最終的に担架に乗せられて救急車に乗った。睡眠薬をたくさん飲んだせいで横になるとすぐ眠ってしまいそうになり、何度も肩を揺すられた。とりあえずこれは言わないとどうしようもないと感じたので「オーバードーズしました」と伝えた。その後名前や住所、親の連絡先などを聞かれたが答えられる状態ではなく、勝手に財布の中を漁ってもらった。「できれば親に知られたくない?」と聞かれてこれは親に知られない道があるのかと一瞬期待したが別にそういうわけではなかった。未成年絶対に連絡しないといけないらしい。だが親の携帯の番号がどうしても思い出せず、何度も意識が飛びそうになる度に肩を揺すられて、わからないと首を振るだけで精一杯だった。揺れる救急車の中で、ああ取り返しのつかないことをしてしまったと思った。だが一方であまり現実感がなさすぎてこれは夢ではないかとずっと感じていた。夢ではなかった。

数分で病院に着いた。このコロナで大変な中こんなどうしようもない患者を受け入れていただいたことに感謝してもしきれない。

この後もいろいろあったがちょっと書く気力がなくなったのでここで終わりにする。本当に申し訳ございませんでした。

2022-02-15

伯父の火葬を思い出した

そういえば命日が今ぐらいだったかなと気づいたので書き起こしてみる

 

伯父は今で言うところの非モテを拗らせたマザコンDV男みたいな性質人間だった

内弁慶で身内にしか強く出られないタイプだそうで、私が物心つく前に自分DV離婚していた

離婚の時は私の両親を含めた近い親族が手を尽くして良い弁護士を探し回ったそうだが、その事にお礼の言葉一つも無かったようで、親族から評価は悪かった

唯一、彼の母親、つまり私の祖母だけは、そんな事があったにも関わらず、聞き分けの良い自慢の息子である認識していたようだが

 

ちなみに、当時の事情をよくわかっていなかった私達(甥姪)には優しい…などということもなく、突如として自分を棚に上げて言いたい放題説教を始めるし、進路についても口を出してくるので当然嫌われていた

例えば、姪は私一人だったせいなのか、大した容姿ではないのに「お前はい大学に行ってアナウンサーになれ」と進路の話題になる度に言われて気持ち悪かったのだが、髪を染め始めると一転して不良だあばずれだと罵られるようになった

その辺りで両親もこっち側親族と極力関わらないようになっていったので、誰かの葬儀以外では顔を合わせることもなくなった

 

そんな伯父だが、神聖化していた祖母介護の後に亡くし(老々介護はいうが、DV遍歴のあるマザコンにまともな介護ができるはずもなく、実情は酷いものだったようだ)、10年近く独居老人をした後に亡くなった

火葬場でお経を読んでもらうだけの簡略な葬儀には、三親等ぐらいまでの親族が数名だけ来ている状態だったし、故人を惜しむような声は1つも無かった

なんなら同じ時間帯に火葬場に居た別のご遺族とご友人の方に同情してしまうぐらいだった、遺影写真がかなり若い方のように見えたので

 

伯父は生前から周囲に嫌われる言動を取ってきたからこその最期だったと思うのだが、親族からも嫌われ、たった数名が無表情で事後処理に来る火葬もあれば、ご家族だけではなくご友人が大勢駆けつけ、すすり泣きがあちこちで聞こえる火葬もあるのだなと

 

同じ日、同じ時間帯の火葬だったけれど、あまりにも対照的で、現実感が無かったようにすら思う

ただ、伯父のような終わりはやっぱり嫌だなとぼんやり考えていたのは覚えていて、これからも時折思い出す記憶の一つになる気がする

2022-02-13

よく考えたら谷間見せた若い女よりアフロ若い男のほうが現実感ないだろ

2022-01-31

anond:20220131163655

オタク高齢化で10代の妹って言われても現実感がないからじゃない?

今のエロ漫画エロCGロリジャンル界Tier1属性は「姪」「田舎少女」よ。

2022-01-25

ワールドトリガー アニメ14話 犬飼の心情について

遅まきながらワートリ一気見!

アニメ漫画に忠実なんだけど、カットの魅せ方がよりドラマチックだと思う。

特に秀逸だと思ったのは次のシーン。

------------------------------------------

漫画ではシンプルな3コマ:

犬飼「ナイスキル」(ニコッ)

雨取「あっはいありがとうございます…」(ペコ)

タタタタ(銃声、犬飼が雨取をキル)

アニメで補完されたシーン:

犬飼が雨取に逃げるよう目配せして、雨取がノロノロ立って歩くところを撃つ、少し残念そうな?表情をしながら。

------------------------------------------

雨取は小さい女の子から特に男は、雨取を攻撃したがらないキャラが多い。

至近距離無抵抗の雨取をキルしたのは犬飼がはじめてだが、その時なんとも言えない微妙な表情をしており、その内心も計り知れない。

犬飼はフレンドリーで明るいキャラだけど何を考えているかは謎で、表情と感情が全く違うと感情受信体質の影浦に評されている。

底知れないキャラだと思うけど、漫画ではそこまで表現してないから、犬飼の性格が今後の展開を左右するかは不明

アニメの感じだと犬飼は将来死ぬ

件のシーンの犬飼の気持ちを深堀してみる。

人当たりは良いのに少しサイコっぽい描かれ方をしている犬飼。

雨取を押さえろというオーダーを果たさなければならないし、味方をキルされた借りを返さなければならない。

小さい女の子からといって特別扱いはしない。

犬飼が雨取に近距離で迫った時点で雨取は詰みなのだが、さすがに無抵抗のところを撃つのはどうかと思い、最低限の体裁を整えるため、雨取に逃げるよう目配せした。

雨取がノロノロ立って歩くのを、犬飼は真顔で見つめた。

現実感が犬飼を襲う。

雨取をただ歩かせただけになってしまい、客観的にはなんだか非道っぽさが増してしまった。

葛藤、拘泥、罪悪感のようなものがちらりと芽生えたけれど、それらを飲み込み、モヤモヤを振り切るように雨取をキルした。

いつもと変わらない銃声が、犬飼のフワッとした意識現実に引き戻してくれたかな?

2022-01-24

anond:20220116003448

女の読む漫画かには早くから恋愛の延長にそういうものがある、という描写がされるけど、少年漫画にはそういう描写がないので、漫画とかから好きな人とするもの、みたいな刷り込みは実は起こらないんだ

大人から教育とか、少年誌的には、エロいことはしてはいけません、のような悪として刷り込まれ

そしてラッキースケベみたいな描写で、性的な興味を少し満足させてるだけ

男は友達の兄ちゃんとか、小学校の高学年の先輩とかから聞いて、セックスという概念を知る

あとはバラエティ番組とかで下世話な話をやっていて知る

で、AVまではなかなか見れないけど、エロ本を拾ったりして、モザイクのかかった女の裸を見てドキドキするんだ

で、その時感じるのは、大人エロ禁止、駄目なこと、って教えてたけど、性的な興味や欲求をいつか合法的にかなえられるんだ!悪いことじゃないじゃん!俺もやってみたい!というのが正直な気持ち

それと同時に、具体的なクラスの女とかがその対象になることはあまりないと思う

女体には興味あるけど、目の前のこの子はなんか違う、みたいな

イメージがわかない、というのが正確かもしれない

そして、好きな女の子とかがいると、なんかそういう下世話なものをその子に重ねることは失礼なような下品なような気がして、気が引けてしま

友達が、あの子とやりたいだろ、みたいにからかってきたら、やりてー!じゃなくて、普通に腹立つ

性的なことに対して興味はすごくあるけど、戸惑いも同時にあって、現実のこととしてうまく折り合えないのが小学校時代かな

からそうか、女と逆だな

ダメなこと、卑怯なことと教わっているからこそ性的な関心を好きな女に向けたくない気持ちがあると思う

でも性的欲求がないわけではないから、好きじゃない女とか、抽象概念としての匿名の女に性的欲求が向かうんだな


中学生くらいになると、ようやくセックス対象に少し具体性が出てくる

「目の前の〇〇さん」とセックスすることに、イメージが湧くようになる

そうすると性への嫌悪感も以前より少し強くなることもあるけど、同時に、その嫌悪感と折り合えるようになってくる

風俗お金もないし、大人になるまで無縁だから特に何も思わない

大人になってお金ができて、ああそうか、行こうと思えば行けるんだ、と気付く日まで現実感はない

そんな感じじゃないか

今思えば、女と同じく、セックスは悪いことじゃない、素晴らしいこと、ただ、好きな人としないと傷つくこと、傷つけることがある、というふうに教えてほしかたか

スケベは非紳士!悪いこと!ダメ!って教えて終わりなんだから反動もそりゃくるさ

2022-01-21

八本脚の蝶を見つけて

 同僚が新型コロナ感染した。

 わたしたち仕事の大半はリモートワークになっているのだが、その日たまたま彼と対面で打ち合わせをしなければならず、はたしてその日の晩に彼は発熱したのだった。

 おたがいにマスクをしており、打ち合わせもそれなりの距離をとって、アクリル板のパーティションを設置していたのだが、わたしは濃厚接触の疑いがあるということで勤務先から自宅待機を命じられた。

 結局のところ保健所は濃厚接触に該当しないと判断したのだが、勤務先から大事をとってそのまま三日間は自宅待機してほしい」と連絡があった。

 かくしてわたしは自宅でみずから家族から隔離するように、リモート部屋に布団を敷いて起居することとなった。

  

 リモート部屋は六畳ほどの広さで、窓際の隅に机と椅子モニタープリンターが置かれている。

 そのほかの荷物雑然と置かれているのだが、布団で寝るぐらいの広さはある。

 自宅待機の旨を関係各所に連絡し、そのおかげで滞った仕事をなんとか終えて、夜中にようやく身を横たえるとふと文庫本が目にとまった。

  

 リモート部屋には文庫本専用の本棚が四つあり、棚の上の方には未読の、つまり積ん読状態の本が並べられている。

 下の段には、すでに読み終えたものか、読み途中のもの(あるいは挫折したもの)が入っている。

 布団に入らなかったら下段の本には目が届かなかったかもしれない。

 そこにあったのは、二階堂奥歯『八本脚の蝶』(河出文庫2020年)。

 かつてハードカバーも買い、読み終えることができず、文庫が出たら文庫も買い、こちらもまた読み終えることができず、そのままになっていた。

 なぜか今度ばかりは読めるような気がした。

 そうしてこの三日間、仕事の合間に少しずつ読み進めている。

  

 本書によれば、二階堂奥歯プロフィールは下記の通りとなる。

 <1977年まれ早稲田大学第一文学部哲学卒業編集者2003年4月、26歳の誕生日を目前に自らの意志でこの世を去る。亡くなる直前まで更新されたサイト「八本脚の蝶」は2020年現在も存続している。>

  

 二階堂奥歯と面識はない。ただ彼女大学にいた当時、わたし留年を重ね、まだキャンパスをふらふらしていた。わたしのいた文系サークルには、彼女がいたという哲学研究会に出入りしている者もいた。留年を終えて、なんとか会社勤めを始め、学生時代の知人に再会したところ、「哲学研究会OBが中心となって『記憶の増大』というサイトをやっている。二階堂奥歯という人がそこに『八本脚の蝶』という日記を書いている。あなたボルヘスを好きなようだから、もしかしたら彼女が書いているものも気に入るかもしれない」と言われた。そのようないきさつがあって、わたしは時折パソコンで「八本脚の蝶」をのぞいていた。

  

 「あなたボルヘスを好きなようだから」という言い回しはやや唐突なようだが、わたしとしてはそう言われたのがわからないでもない。およそ大学というような場所にはひそかにボルヘス読者の群生地があり、わたしはそこにはいなかったけれど、きっと知人には生息地を離れてひとりはぐれているような存在に思われていたのかもしれない。実のところ、ルルフォの書くものの方が好きだったのだけれど。

  

 彼女がみずからの死を「八本脚の蝶」の中で宣告し、日記更新がとまってからどれくらいたっただろうか。ひと月もなかったかもしれない。

 仕事を終えてひとりぐらしのマンションに戻り、夜中にネット巡回していると、彼女の別れの言葉を見つけた。

 本当に亡くなったのかわからなかった。現実感がなかった。

 それでも彼女を追悼する言葉ネット散見されるようになり、わたしはそれが実際に起きた出来事だと知ることになった。

 直接の知り合いではなかったけれど(知り合いの知り合いだ)、彼女の死はずっと引っかかっていた。

 だから「八本脚の蝶」が出版されたとき、迷うことなく買い求めた。

  

 読めなかった。

 ずっと読めなかった。

  

 あれから二十年近くたち、ようやく読む気になったのはどういうわけか自分でもよくわからない。

 一方で、この二十年ばかりの間なぜわたし文学書をほとんど読むことができなかったのかはなんとなくわかった。

 学生の時分には翻訳文学をそれなりに好んで読んでいたはずなのだが。

 わたし社会生活を送るために、いつの間にやら自分リソース脳味噌キャパティ)のほとんどすべてを消費していたのだ。

 「八本脚の蝶」を読みながら、他者が構築した架空世界に遊ぶときのどきどきした感じ、わくわくした感じ、ひりひりした感じ、そういったものを思い出し、わたしはきっとそこに惑溺してしまうから意識的に遠い場所に置いていたのだろうと思った。

 二階堂奥歯生活しながらも虚構現実を往還していたのだろうと考えると、そのために使われた膨大なエネルギー超人的なものだったと想像してしまう。

  

 二階堂奥歯のおかげで久しぶりにちゃん小説を読もうという気になったのだけれど、やはりわたしは本の中に沈潜してしまって、なかなか仕事が手につかない。

 これから実務的な文書をいくつか作らなくてはいけないのに。

 だから自分を鎮めるために、ここに書いた。

  

 「八本脚の蝶」は東大寺大仏殿にある意匠(飾り)のことらしいのだが、そういえば三年ほど前に東大寺を訪れたとき、そのことを確認するのをすっかり忘れていた。

 今度行くときは八本脚の蝶をちゃんと見つけよう。

2022-01-19

最近自分現実感がない

先月あたりまでドラマとかアニメとかから離れてたけどここにきてはまりつつある。

ただ、自分生活現実感がない

何か見てる時だけ、感情が動かされるわ

なんか解離してるんだよなー自分が。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん