「嗅覚」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 嗅覚とは

2021-05-07

東京オリンピック崩壊は、欧米の不参加表明から始まるかも

以下、妄想ですが、

ニュージーランドカナダあたりは、もう内心すでに心は決まっていて、間違いなく不参加だろう。

ただ他の国が言い出すまでギリギリまで表明しないかもしれない。

いやどちらか一か国が近い将来、先手を打ってくるかもしれない。

有力国から不参加国がひとたび表明されれば、当然、アメリカ国内でも波紋を広げ議論が沸き起こる。

アメリカメディアは、もうすでに日本政府が中止を言い出せない原因を分かっている。

そうすると、矛先はバイデンにも向き始めるだろう。

バイデン指導力就任100日でだいたいみえた。

まだ製薬大手と話が付いているわけではない段階で、ワクチン特許停止を打ち出す、

この調整能力への自信はなかなかのものだ。さすが党派間調整のプロを自任するだけある。

同じリーダーシップオリンピックへの不参加を表明してもおかしくないのでは。

一方、その頃、日本では。米国内での議論を受けて、

各国の不参加が今後、雪崩をうって広がる可能性があることが懸念されていた。

インド株も順調に従来株と置き換わりつつあるなかで、緊急事態宣言を解除するタイミングをはかれず、ダラダラと延長がつづいていた。

つのまにか、自粛のお願いがどんどん形骸化し、実質、普段営業とさほど変わらないユルユル措置になり下がっている。

こんな状況下で、アメリカに不参加を表明されては困る。日本政府組織委員会東京都、すべてが叱られる。

そんなかなで、いち早くバンドワゴンに乗る嗅覚を持っているのは、恐らく小池都知事だろう。

先日、ファイナンシャルタイムズへのオンラインインタビューでにこやかに五輪への意気込みを語った彼女

一見すると、五輪推進かのようにみえるが、腹のなかでは自分が不利にならないようにいつも気を配っている。

欧米で二か国目の不参加表明が報道された翌日、6月半ばごろかな、突然、手のひらを返して、五輪の中止を宣言

一転して、自身英断アピールし、感染症対策に無策だった菅政権を責め始める。

我先に責める側に回っておかなければ自分が責められるからだ。

そのタイミングはやっぱり都議選なのだろう。

以上、妄想でした。

anond:20210506140734

これからコロナ後遺症で味覚嗅覚の衰えた人が増えて、巷の店もそれに合わせて味落ちるんだろうか。もうどうなっても元の世界に我々は戻れない。

2021-05-06

anond:20210506133311

後遺症は?

基礎疾患なし2040代後遺症結構SNSで見かけるけど

嗅覚を失うとか相当辛くね

2021-05-04

anond:20210504222030

自分がかかって何週間も入院して禿げて味覚嗅覚も失わないと思い知らんのちゃう

1万通貨だけFXをやっている

1日で狙う利益は1,000円~5,000円くらい。

もともと1日5時間労働パート主婦からこのくらい稼げれば御の字かなと思う。毎日コンスタントには無理だけど、月5万くらいになったらいいな~と。

狙うのはクロス円の買いとユーロ円の売り。コロナ後の相場に乗れたらよかったんだけど、去年はそれどころじゃなかったので今年から

カナダドル円はコツコツ地道に上がってたね。ドル円も結局112円くらいまではいくのかな。100円切る円高ちょっと想像できない……。

毎回「たぶん0.1円くらいは動くよね?」とビクビクしながらイフダン注文。決済すると嬉しい。読みが外れたら、わずかな利益でも決済して逃げるスタイル

何百万も動かしてる人から見たら下らないかもしれないけど、0.5円動くだけで+5,000円だもんなあ。読みが当たったら間違いなく嬉しいよね。

自分貯金だけでこっそりやってるけど、チャート見ながら次の動きを予測できるような嗅覚を身に着けたい。

コロナ永遠に視力を失う可能性があるの?

サイトメガロウイルス?などに誘発されるような角膜内皮炎が起こる?

翻訳機能使っても、まともに訳されても門外漢だし、よくわからんのだけど、

ヘルペスとか帯状疱疹とか書いてあって帯状疱疹ユーザーだった自分としてはちょっと怖くなってきた

まあ、これからなにがどうなるのか、未来ことなんてさっぱり分からんが、

ぶれないのは新型コロナ基本的血液になんらかの悪さをするウィルスであって、

発熱だの肺炎だのというのはその結果の一部に過ぎず、

騒ぎになり始めた初期の頃でさえ三十代で髄膜炎で死亡した日本人がいたはずであって、

血管が詰まりやすくなるとか、だから肥満あかんのだろうし、肺炎が起こるのもそのためであって、

多分そういうメカニズムの延長線で味覚や嗅覚細胞破壊して味覚障害を起こさせてもいるのだろうから

眼球内も血管だし、肺の中も血管だし、当たり前だが人体のあらゆる場所にまで血管は伸びているわけで、

もうなにが起こってもおかしくないウィルスなんだよなあ

みんな偶然ヒットしてないだけで、当たり所が悪いと一瞬で死にかねないというか、

あー、もー、なにもかもいやんなるなー



というか、姫路日赤マニュアルちょっと眺めてみたら、

蕁麻疹とか全身への皮膚症状とか書いてあるんだが、写真最近自分が困ってる症状と似ている…

ほぼ全身の蕁麻疹なんて人生初めてだったのだけど、身体を冷やせば時間とともに軽減するので放置してたんだけど…

ヤバいんだろうか…

2021-05-02

1週間前から喉が痛くてたまに咳き込むが熱もなく味覚嗅覚に異状ないかコロナではないんか?

なお倦怠感はもっとからある模様

2021-05-01

コロナ(Covid-19)の自分理解まとめ

コロナ(Covid-19)に関する前提

①季節性インフルエンザ感染する人が国内に約1,000万人/年いるけれど、今年はコロナ対策をした結果、インフルエンザはほぼ0だった。

②①の対策をしているにも関わらず、コロナは累計で約59万人に感染した

コロナによる死亡率は年代が上がるごとに増え、全体では約1.4%。季節性インフルエンザは約0.1%

感染してから発症までに1-12.5日(多くは5-6日)程度の潜伏期間があり、潜伏期間中も他人感染させる可能性がある

⑥約3割の患者発症後4ヶ月経っても何らかの後遺症(味覚異常、嗅覚異常、脱毛等)がある

感染者数が増えたことで、突然変異可能性が高くなり、変異株がいくつか生まれている

上記から言えること

①と②から言えること…感染対策をしなかった場合インフルエンザ以上の感染者数が発生すると思われる

その場合、③と④から、相当数の感染者、死者、後遺症を抱える人が出てくる

③と④から言えること…世代によってリスクは異なる

若い人…感染しても死ぬことは無いが、何らかの後遺症を抱える可能性がまぁまぁある

老人…感染するとまぁまぁな確率死ぬ。生き残っても後遺症リスクあり

理由をつけて感染対策をしない人たちは、以下に同意していることと等しい。

⑤→「他の人に感染させても構わない」 

⑥→「感染して後遺症が残っても構わない」 

③→「老人は死んで構わない」

⑦→「新たな変異株が発生しても構わない」

ちゃん理解できていないこと

日本における各種変異株の死亡と後遺症可能

無症状の感染者が「無症状のまま回復する」のか「その時点で潜伏期間なだけ」なのか

数字回りのそーす

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html#100

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/assets/flu/2020/Vol23No4.pdf

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000716059.pdf

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/012/970/31kai/2021020407.pdf

https://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/home/hp-infect/file/ictmon/ictmon162.pdf

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596861.pdf

2021-04-30

anond:20210430172003

ウイルス学的にみた、感染メカニズムは、新型コロナと従来型のいわゆる風邪コロナの間に明確なちがいは見られません。

感染対象細胞に取り付き、内部に入り込んで増殖し、その細胞破壊して放出される。

単純にこの仕組みが繰り返されているだけです。

まり、新型コロナはただの風邪なんです。

唯一大きな違いは、感染対象細胞が、

従来の風邪咽頭限定であるのに対して、新型コロナは広範囲細胞侵入できるという特徴があるだけです。

その結果として、嗅覚細胞がやられた人は匂いが分からなくなり、腸内細胞がやられた人は下痢をし、

いきなり肺胞細胞がやられた人は肺炎になってしまう。

(正確には、ACE2という受容体のある細胞にの侵入可能で、

ACE2は、呼吸器系の2型肺胞細胞、腸上皮細胞、内皮細胞、眼や腎臓の上皮細胞、肺胞単球細胞マクロファージなど一部の免疫細胞

大脳皮質脳幹などの神経系細胞にある)

感染して重症化すると死ぬ確率ちょっとだけ高い風邪である

それが正しい意味での、ただの風邪 という認識だと思います

2021-04-29

コロナ風邪だと思っている人は考えを改めてほしい

家族コロナにかかった。

症状はかなり厳しめで、本人は息も絶え絶えになっていた。

特に遊びにも出かけず、仕事テレワークだったが生活品を買いに行った際に感染したっぽい。

体調を崩してから、すぐに相談して検査を受けた。

が、時は既に遅く体調はどんどん悪くなっていった。

感染した本人は「コロナ風邪に近いし、インフルより軽い」と軽く見ていたのだけど、

入院してからしばらくして、テレビ電話で話をした時には「コロナ風邪どころでもインフルどころでもない」と落ち込んでいた。

退院したあとも「甘く見ていた。あんな苦しい思いをもうしたくはない」と痩せた身体が辛そうだった。

結構太っていたのに、退院した後のガリガリさはホント病的だった。

今はもうだいぶ良くなったのだけど、相変わらず味覚や嗅覚は変な状態らしい。

名前のそこそこ知られている人やSNSなんかで「コロナ風邪より軽い」とか「インフルより死亡率が低い」なんて言っている人がいるが、甘く見るのは考え直したほうがいいと思う。

感染していないから軽く見られるだけで、実際にかかったらそんな事は言っていられなくなる。

実際に家族が痩せこけてしまった姿を見てきたからこそ、考え直してと言えるし、ましてかかった本人が目の前で語った言葉があまりにも重かった。

ホントに笑えない病気なので、未だに軽く見ている人がいるのであれば考え直してください。

2021-04-26

anond:20210426235719

ワイは熱や味覚嗅覚異常はないけど喉と頭の痛みはあるやで

2021-04-18

anond:20210417204658

うちのチームのTechLeadは誰でも入れる雑魚企業への嗅覚がすさまじく、うちの会社転職Gitの使い方もわからないレベル。こんなレベルだ、日本の某クソダサ有名EC会社は。

2021-04-17

学校に行く意味について思うところを書いておこう

ゆたぼんとかいう子が学校に行く必要がないとか言ってて、

それに対する反論が、学力とか友達とかそんなのばっか目に付くんで、小学校中学校に行く意味はそうじゃないと言っておく。

学校ってのは、自分がどうなりたいのか、どうなって行くべきなのか知るために行く場所だ。

学校という集団の中で、色々な子を見て、その成功も失敗も挑戦も振る舞いも見て、何をすればどうなるのか、どういう振る舞いがどういう結果につながるのか。

どういう振る舞いが評価され、どういう振る舞いがけなされるのか、どういう子に人気があり、どういう子に人気がないのか。

何をしたらいい結果につながるのか、何をしたら悪い結果につながるのか。

何をしたら誇りになるのか、何をしたら恥をかくのか。

他人をまとめるとはどういう事か、集団の中ではどの程度まで勝手が許されるのか。

自分が何に優れていて、何に優れていないのか。

自分一人だけでなく、周囲の同学年や他学年の子達、同じ部活や違う部活の子達も見て、色々試行錯誤する場所だ。

優れた子とも劣った子とも交わって、他者との距離感の取り方や、自分を演じる事を学ぶんだ。

人生の恥の半分以上は、小中学校のうちにかくんだ。

そうすることでバランス感覚や、信用できる人や信用できない人への嗅覚を養い、その後の人生で致命的な事態を避けて上手く恥をかけるようになる。

それは、学校に行けない海外難民ストリートキッズみたいな子達であっても、同年代の子たちと同じ時間を過ごす事で身につける事ができる、社会生存するための最低限の教養と言っていい。

学校に行かず同年代の子たちと恥をかいたりかかせたりという事をしないまま齢を重ねるのは、

その教養を身につけないまま失敗できるモラトリアムの期間を失って社会に放り出される事を意味する、本当に危険な事だ。

彼の周囲にいるのは、すでにそれらの修羅場を潜り抜けて、社会生存するための最低限のバランス感覚距離感を身に着けた人たちばかりだ。

たまにネット炎上する人はいても、死なずに済ませるための基本的対処法はみんな知っている。

逆に言うと、彼の周囲では「やらかすとまずい事」「どうやったらうまくいき、どうやったらうまくいかいか」「何をやったら褒められ、何をやったら叱られるのか」を体当たりで見せてくれる子たちはいないのだ。

おそらく、彼はこのままだとその辺のバランス感覚が欠如した、ネット上でしか通用しない引きこもりのような存在になってしまうだろう。

学校に行かなくても良いけど、同年代の子たちと過ごす時間を失うのは、大変危険な事だと認識するべきだ。

茂木健一郎氏とか、日本学校教育の内容に一家言あるらしくて学校教育批判文脈で彼を擁護してる人もいるようだけど、

そういった人たちは、自分たちが小中学校で得たものが本当に学力だけなのか、小中学校に行ってなかったら自分はどんな人間に育っていたと思うのか、その辺を考えて言ってるのだろうか?

ゆたぼんという子は、周りの子たちがロボットに見えると言ったそうだが、なぜロボットのように見えるのかちょっと立ち止まって考えてみたらどうだろうか?

それは、外国人がみんな同じような顔に見えるのと同じで、もう「差異を感じ取ることができないほど異質な存在になってしまたから」そう見えるんじゃないのか?

ロボットに見えるというのなら、なぜその子達がロボットに見えるような振る舞いをしているのか、それを考えたのだろうか?

あなた擁護してる人たちは、みんな学校に通ったうえで、その齢まで生き抜いて名を遂げてきた人たちだぞ。彼らはロボットに見えるのか?

なんか学校に行ってない期間が長すぎて、もう立て直しようがないんじゃないかという気がしないでもないけど、

どこか同年代の子供たちと一緒になって、彼らを自分の鏡としながらバランス感覚を養う場所を持った方がいいんじゃないかと思う。

2021-04-14

鬼滅の刃』の三感覚(嗅覚聴覚・触覚[皮膚感覚])

 竈門炭治郎の「嗅覚」、我妻善逸の「聴覚」、嘴平伊之助の「触覚(皮膚感覚)」という組み合わせを何処かで見た記憶が有るなあと思っていたのだが、思い出したかメモしておこう。小松和彦の『神々の精神史』(講談社学術文庫)に収録されている「屍愛譚」に関する論文だ。

anond:20210414105821

まあ、元増田は前提から共有しないと理解は得られないよな。

犬はサイトハウンド以外は基本近視で遠くの物を認識できないし、色も青と黄色しか検知できない。

その代わり嗅覚が人の数億倍いいか臭いであらゆることを認識している。

群れで行動しリーダーに従うことが生存確率を上げると本能に刻まれているため、君臨か服従の2択に思考が偏っている。→犬人両方が「自分が主人」と思っていると無用な衝突が多発する

一部の犬の祖先基本的に穴を掘り地下で生活していたため暗くて狭い場所を好んでいる。→広くて明るいと落ち着かない


最低限これくらいの前提知識は共有しないと話が通じない。

文字通り犬が違う「世界」で生きているとわかってない人多すぎるから

キレるって要するに的確な嗅覚弱者を嗅ぎ分けてるだけだから

あいつらが強面上司に同じノリで突撃していったシーンを見たことがない

そんで格下だと思ってたヤツにSNSマスコミタレコミされて急に公にコメントを求められるようになって

借りてきた猫みたいにそんなつもりはありませんでしたとか言ってるのを見ると

お前の弱者センサーも衰えたもんだなと笑ってしまうのだ

2021-04-07

anond:20210407110014

gamewithは生放送が盛んでゲストバンバン呼べるようなゲーム(つまりセルラン上位)はちゃん攻略記事も書くし攻略班ずっとつけるけど、

そうじゃないゲームに関してはやっぱりしょっぱい記事しか書けずゴミを量産する印象。

奇跡的なメギド72攻略班の偉業はあるんだけど、あれも結構界隈が盛り上がってきて口コミで広がってきている時に再開したっぽいからそういう嗅覚は優れてると思うよ。(事実メギドは日本ゲーム大賞なわけだし)

2021-04-04

夜の香り

夜中、外に出たとき匂いが変わっていることに気が付いた。

から夏にかけて匂う香りだ。

なんの香りなのかは分からないが、朝昼には特に気が付かなかったので、夜の香りとする。

懐かしい気持ちになり、冬は終わったのだと実感した。

過ごしやすい気温で香りも良く、夜風で涼むに適している。

夜の匂いは季節ごとに違う。

春には春の。冬には冬の。

なぜ、季節によって香りが違うのか、そして夜だけ香るのか。

それは草花が芽吹いた影響や、日中と比べ視界が良くないため嗅覚がより敏感になっている影響かもしれない。

実際のところ、よく分からない。

2021-03-30

anond:20210330182059

本気でやってる陰謀論は嫌いだけどそういうゴシップ嗅覚は好き

春は最悪。

モウモウ立ち込めるクソ花粉、しょぼいピンク色のだっせえきったねえ花、少し散ったのが踏まれると、アスファルトの黒さを透かすようになっていかにも汚らしい。

夏はクソ。

6月あたりからクソの片鱗はあるが、8月ごろがさらにひどい。なんてったって暑すぎる。

コンビニなんかから外に出た瞬間に、バカ熱い空気と一緒に超うるさい蝉の鳴き声がしてうんざり無駄に涼しげな入道雲がかえって癪に触る。

秋はゴミカス

一年の終わりが近づいてきたからなんなんだ、と思っているはずなのに気ばかり無駄に焦る。

金木犀かい普段どこに生えてるかわからん地味〜な陰キャ花が突然イキリだして、嗅覚を刺激してくるのも勘弁して欲しい。

冬はダボハゼ

雪が降りはじめた瞬間は悪くないが、2日後には靴がビチョビチョになってムチャクチャ寒くなる。

天気もずっと悪いし、空が一面真っ白な上に日暮れも早くて、気持ちドンドン沈んでいく。

2021-03-29

メチャクチャうまいレベルが違う!と思った食い物

わりかしバカ舌なのでなんでもおいしく食べられるんだけど、いっぽうでとてつもない感動みたいなものが得られることはあんまりない気がする

ウマーイ!ヤッター!つって3ヶ月後には綺麗さっぱり忘れてしま

あれはうまかったぞ、っていうのをはっきり覚えてる料理といえば

 

ハンガリーで食った鴨肉乗せラーンゴシュ

ラーンゴシュは平たい揚げパンみたいなもの

鴨肉のローストモヤシ?か何かがベースちょっとしたサラダが、そのラーンゴシュに乗っている

結構いいお値段したんだけども、非常にうまかった マジでうまかった

鴨肉がガツンと旨くて、でも所詮はアッサリ系の肉なのですぐに消えてしまうところを、揚げパンであるラーンゴシュくんがすかさずカバーし、油のうまさまで追加して、強烈な旨味が長続きする

サラダがそれをええ感じにサッパリさせてくれるのでくどさもない

最高だった 

ポロ

シルクロード料理の店で食った、ウズベキスタンウイグル料理

羊肉ニンジン・米の3つをスパイスと塩で味付けした炊き込みご飯あるいはチャーハンみたいなもので、これも抜群にうまかった

羊肉は上にちょっと乗っかってる程度なので、基本的には米とニンジンばっか食うことになるんだけど、それがもう多幸感って感じの味わいなんですわ

ニンジンは細かく切られているので、食感らしい食感はなくやわらかい そんで甘みがある

米は脂と旨味を吸って、非常にいい感じに仕上がっている 甘くやわらかいニンジンとのシナジーがすごい

そんで、肉は肉で当然にうまい ステーキみたいな存在感っていうよりは、わりとダシを出すのに使いました!って感じの趣で、肉汁が溢れてきたりはしない

でも、旨味とかジューシーさは米とニンジンのほうで足りてんですよ 肉の食感と香りがここではありがたい

肉で米を食うんじゃねえ 米で肉を食うんだ そういうソウルが感じられる

非常にうまかった

丈六の醤油ラーメン(の一口め)

大阪難波にある丈六ってラーメン屋のラーメン、アレはうまかった

全体が完璧!とか、いくらでも食える!って感じではない たしか一回肉増しかなんかを頼んだら後半普通にしんどかった

でも丈六はひと口目が鮮烈なんだよな

完全に感覚的なものなので表記不能なんだけど、濃い系の醤油ラーメンってこれが到達点なんじゃねえか?と思えるうまさがある なんじゃこれ!ってなる なった

あの感動が最後まで持続したら本当に最高なんだけど、まあその辺は味覚と嗅覚の悲しいところだよなあ……

 

この3個くらいな気がする

俺はこう、トリコでいうところのフルコースみたいなものを作りたいんだよな

単位時間が経った後にも克明に思い出せるようなものが食いたい 細かい味付けじゃなくて、超うまい!という感動を思い出せればいい

俺はうまいものが食いたいんですよ

VTuber悪魔の発明

またVtuber炎上した。今度は他人同人誌を無断で動画に出すというネタだ。


コレがなぜ炎上したのか?などの話はSNSごまんと流れているので私は語らない。

2次創作作家だって盗用してるだろ!外野文句言うな!などと、論点視野思考もズレた連中については相手にも話にもならないので知らない。


Vtuberのものが悪などとは言うつもりは当然無いし、いい事も沢山ある。あらたビジネス不安定は付き物である


ただバーチャルユーチューバー、いわゆる「V」という業界、そこに携わった1人の人間について、私の経験したことを少々語らせて欲しい。


所詮ここは増田ネットに投げた時点でこの記事の真偽がどうのこうのと言われるだろう。信じるも信じないも勝手にすればいい。



Vtuberは金の成る悪魔の発明

から3年ほど前、大学の同期だった学友はそう言った。


大学広しと言えど、絵描き人口は少ない。講義の合間などに絵を描いていた彼は、オタク趣味のある学生達の間の目に止まった。というか彼は積極的に見せに行っていた。


自分たまたまそいつとは学生番号が近く、オタク趣味話題入学から親交があった。


 だがそいつ所謂同人ゴロ」と呼ばれるような絵描きだった。

基本的に描く絵はボーカロイド東方艦これFGOなど…数年おきに勃興する一大ジャンルの絵を描きつつ、3〜6ヶ月のサイクルで回る覇権アニメ同人誌を描いては同人イベントで売るのを生業としていた。

流行りのソシャゲが出ればそれもやり、ジャンルの人気が下火になればアカウントごとメルカリで売り払い身銭としていた。

 それを得意げに話すそいつのやり口はひどく気に入らなかったが、「何がなんでも有名になりたい!」「絵が上手くなりたい!」という欲求は本物で、実際上手い絵を描く努力はしていたし、やり方はさておき「金になるモノ」についての嗅覚は鋭く、向上心に関しては私も一目置いていた。


 そんな彼が突如として生業2次創作を描かなくなったのが今から3年前。

自分は既に空間デザイン関係会社に勤める事となっていたが、そいつ卒業しても職に就かなかった。

そして久しぶりに会って話をした際だ。


「ゴロより稼げるもの見つけちゃってさ」


久々に見た彼はずいぶん羽振りが良さそうだった。


 大学卒業した1年目、彼は当時盛り上がりつつあったVtuber同人イベント公式イベントに足繁く通い営業活動スタートアップしたてのとあるVの会社イラストレーターとして採用されたらしかった。

曰く「同業者コネのおかげで無職にならずに助かった」「知り合いが沢山いた」との事だった。


そして

Vtuberは金の成る悪魔の発明だよ」

そう言った。


顕示欲の高い彼は時間の許す限り、Vの会社やVの現状について、当時の内情を語りに語ってくれた。(今思えばこの時点で迂闊に内情を語ってしまう事についても考えされられるものがある)


V界隈は業界の成長の割にとにかく技術者が不足しており、3Dモデラーイラストレーターなど、さまざまな技術者を欲しがっていた。

そして"同業者"に導かれ、イラストレーターとしての枠を取りに行った1人が彼だったそうだ。

業界の平均年齢も20~30代が殆どで占められ社長も年が近く、会社のみんなが上司と部下といった関係というよりは、共に事業を立ち上げたビジネスフレンドといった感じだ。

彼がV業界絵描き地位を固めた頃にはもうVの絵描きは溢れておりキャラデザの枠は厳しいが、世界観設定や家具内装などをデザインできる人はとても少ないらしく、空間デザインをやっていた私に業界の話ついでにその仕事の話を持ちかけてきたのだった。


VR空間デザインという新領域に興味が湧いたが、一見美味しい話だからといって二つ返事はもちろん危ない。返事は一旦保留。

Vの業界を取り巻くヒト、モノ…色んなことについて探りを入れてみて、やめた。


Vに関わる人間コンプライアンス意識があまり杜撰だったからだ。


Vはそもそもゲームアニメなどの既存コンテンツプレイしたり、何かに「乗っかる」事によって成立しているコンテンツであり、謂わば「常に何かとコラボしている」と言っても差し支えのないコンテンツであるコラボ先への配慮は言うまでもなく当然の礼儀、というか社会活動における常識である

だが、Vに携わる者達の話を見聞きしても、その重要性を本当の意味理解している者は少ないように思えてならなかった。

 そもそも話を持ちかけてきた彼自身、自他ともに認める同人ゴロ権利モラルに関してはたびたび学生時代から賛否を呼ぶ問題を起こしていた。


そんな彼が"同業者"の導きによって"知り合いの多い"場所に身を置き仕事をしている。


自分が彼の誘いを受けてVに対して何かしらの制作物を用意したとして、その先自分プロダクトを守れるか自信がなかった。

なのでそれ以降、彼からの誘いは受け流すようにした。



 Vは良い言い方をすれば新領域開拓に意欲的なハングリー精神に満ちたベンチャー企業。本気で新しい何かを作りたいという明るい未来を描いて携わる者達もいる。

だが、とにかく人気になりたい、何がなんでもお金を稼ぎたい、SNS話題を掻っ攫いたい…生々しい欲求を叶える為にホット現場へ飛び込む者も多くいる。

勢いこそあれど、その様相はあまりに勇足で、危うさを感じた。


今もなお尽きぬゲーム会社の許諾問題著作権問題などでVの炎上騒動が起きるたび「やっぱりなぁ」と思う。


Vtuberに求められること

改めて言うが、Vそのものが悪であるわけではないし、Vに関わる人間全てが悪い!などと言う暴論を展開するつもりはない。

だが、界隈のコンプラ意識モラルに欠ける者が多いという傾向自体は紛れもない事実である

Vという未知のジャンルはこれから先のサブカルチャーの新領域開拓する可能性を秘めたものであるが故に、Vtuber本人はもちろんのこと、そこに携わる組織メンバー応援するファン共々襟を正し、一般的良識を崩さぬよう常に意識すべきではないだろうか。

またVtuber本人と運営は、何か問題を起こしてしまった場合真摯問題と向き合い、二次加害を行うような過激ファンをある程度諫めるようなアフターケアもやっていくべきであろう。


 あなた達は未知を切り拓く者達であるからこそ、通った道を見るだけで嫌がられるようなイバラだらけにしてはならないのだ。


 その界隈に携わる者でありながら「悪魔の発明」などと言った彼の言葉真実になってはならないと強く思う。


 少なくとも、極まったエコーチェンバー化現象の末にV全体が偏見の目で見られ、先鋭化した信者他者を過剰に攻撃するような状況は「明るい未来」とはとても言えないだろう。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



「Vはオタク承認欲求を叶える。アニメと違ってスパチャで投げ銭すればありがとうって答えるし」

地下アイドル交流もっとダイレクトにしたみたいな?」

「そう、なんならキャバみたいに会話できるし」


「金積めば積むほど上客になれるって感じ?」

「そうそう。実際なれるかどうかは知らないけどねw」

ソシャゲガチャっぽい?」

「そうかもw」


信者とかっている?」

「そりゃもう、今売り出し中でまだ無名の子にさえいるし」


ゲームとかの許可って大変じゃない?」

「俺の知り合いでなんかやってた人がプロデューサーやってるけど…なんとかなる的なの言ってたなぁ」


「Vの炎上とかってどうなの?」

始末書書かされるし面倒増やすなって感じ」


ぶっちゃけ、Vってどういうところが面白い?」

「ごめん、実は俺もよくわからないw金稼げるからこの会社行ったw

所属Vの子動画も流し見してるだけだし、何してるかよく知らないんだよねwコネ使ってそれっぽく業界のこと話して、キャラ描くの上手いか採用してくれたし」


「まあ仮にVがダメになっても、俺はVで得た実績があるし立場上もそんなに痛くないしね。なんならまた同人ゴロやるし」



ネットキャバクラ、オンラインサロンなどと揶揄され、問題を起こした推しへのバッシングに対し異常に敵対反応を示す"信者"の攻撃や過ちの正当化簡素謝罪黙殺を貫き、問題本質真摯に向き合わない演者運営など、現状のVの混沌とした様相は後を絶たない。



そのたび、今でも彼とのやり取りを鮮明に思い出す。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん